ドロシー・ロバーツ: 人種に基づく医学の問題

TEDMED 2015

ドロシー・ロバーツ: 人種に基づく医学の問題


社会正義について発言する法学者のドロシー・ロバーツには明確でパワフルなメッセージがあります:人種に基づく医学は悪しき医学です。現在も、医師は人種を診療上のショートカットとしていまだに使っており、痛みに対する耐性などのような、重要な判断を医学的な観察や測定からではなく、皮膚の色に基づき行うのです。このトークでは、ロバーツは人種に基づく医学が、どのように根強く残っているのかを示し、共にこれを終わらせようと呼びかけます。「この過去の遺産と決別することが、これまで以上に急務です。互いを深く隔てる社会的不平等を終わらせ、私たちは同じ人間であるということをはっきりと示しましょう」

マイク・ベリングス: 育てる漁業論争

Mission Blue II

マイク・ベリングス: 育てる漁業論争


私たちは世界的な食糧危機に向かいつつあります。30億人近くもの人々が海の恵みを頼りにしていますが、現在、私たちは、海が自然に回復可能な量以上の魚を漁獲してしまっています。このトークでは、企業家であり自然環境保護家である、マイク・ベリングスが打開策を提案します。その打開策とは―水産養殖または育てる漁業。ベリングスは偉大な海の探検家、ジャック・クストーに倣い 「私たちは、海を猟師のようにではなく農民のように使い始めるべきなのです」と語ります。「その日は来るのです ―人々が適切に健康的に育てられた魚がテーブルに並ぶことを望む日が。そして、それ以外はいらないという日が」

マシュー・ウィリアムズ: ありのままの自分―チャンピオンになれる場所、スペシャルオリンピックス

TEDxVancouver

マシュー・ウィリアムズ: ありのままの自分―チャンピオンになれる場所、スペシャルオリンピックス


知的障害についてどれだけ知っていますか?スペシャルオリンピックスのチャンピオンであり、アンバサダーでもあるマシュー・ウィリアムズは、運動競技とそこで培われる仲間との結束が、競技場の内外双方で、アスリートの人生を変えるのだという生きた証拠です。アスリート仲間たちと共に、ウィリアムズがあなたを次の大会へ招待します。障害者に対する見方を変えずに会場を出られるでしょうか?

パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について

TEDWomen 2015

パーディス・サベティ: 死に至る新たなウイルスに立ち向かう方法について


エボラ熱が2014年3月に発生し、パーディス・サベティのチームはウイルスのジノム(genome、ゲノムとも表記)解析により、その変異の仕方や感染拡大の経緯を解明しました。世界中のウイルス追跡チームや科学者たちがこのウイルスとの喫緊の戦いに参加できるよう、パーディスは即座に彼女の研究をネットで公開しました。 このトークで、彼女はオープンな共同研究がウイルスを食い止める為には必須であり、次に来るであろうウイルス感染症への対応に必要だと示しています。「私たちは透明性のあるオープンさを持って協業し、情報を共有し、共に戦わなければなりませんでした」サベティは続けます「世界が一つのウイルスによる破壊に振り回されないよう、何十億もの暖かい心や思いやりの協力で 世界を照らして行きましょう」

アンドレス・ルーソ: アマゾンで伝説の煮えたぎる川を見つけた話

TEDGlobal 2014

アンドレス・ルーソ: アマゾンで伝説の煮えたぎる川を見つけた話


アンドレス・ルーソがペルーに住む少年だった頃、祖父から聞いた話に奇妙な描写がありました。アマゾンの奥深く火で沸かしたように煮えたぎる川があるのだと。12年後、地球科学者として教育を受けた彼は、その煮えたぎる川を見つけようと南アメリカのジャングル深くへと分け入りました。すべてが地図に載り計測されているかのように見える今、既知と未知の境界に疑問を投げかけるその川への探検に加わって、世界にはまだまだ未解明の大きな謎があるのだという認識を新たにすることにしましょう。

ダンビザ・モヨ: 経済成長の行き詰まりを打破するには

TEDGlobal>Geneva

ダンビザ・モヨ: 経済成長の行き詰まりを打破するには


経済成長は現代において重要な課題です。経済成長が停滞すると政治や社会に不安が広がり、人類の進歩は滞り、やがて社会に暗雲が立ち込めるようになります。エコノミストのダンビザ・モヨは、資本主義単独では現代社会が必要とする経済成長は実現しないと言います。国家主導型と市場主導型の経済モデルのどちらにおいても、資本主義は、社会悪を解決せず汚職を促し所得の格差を生み出しているという指摘です。モヨは現在の経済状況を調査し、より良い経済成長を育むためには、資本主義をスペクトルとしてとらえ、異なった経済モデルを融合するべきだと提案します。

ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法

TEDMED 2015

ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法


つい引きずっている悪い習慣を新たな視点から捉え直すことで、その悪習を断ち切れるとしたらどうでしょう。 精神科医ジャドソン・ブルワーは、喫煙から過食に至るまで、よくないと自覚していても、どうしてもやめられない習慣、つまり依存症と「マインドフルネス」との関係を研究しています。習慣形成のメカニズムをまず詳しく学び、その知識をもとに、簡単に実行できるのに実は深い意味のある、悪習への対策を見つけましょう。今度こそ、つい一服、ほんの一口、車の運転中に一瞬だけメール…という誘惑に勝てるかもしれません。

アウケ・エイスペールト: イモリの様に走り、泳ぐことのできるロボット

TEDGlobal>Geneva

アウケ・エイスペールト: イモリの様に走り、泳ぐことのできるロボット


ロボット研究家のアウケ・エイスベールトは、複雑な地面を進むことが出来る本物の動物をモデルにした、家にあるSF小説に登場するような生物的ロボットをデザインしています。このようなロボットを作る過程は、現場作業、点検、捜索や救出作業に使えるような自走式ロボットの改善につながります。こういったロボットは自然の世界の真似をするというのだけではなく、生物の仕組みをより深く知り、脊髄の知られざる秘密を解き明かしてくれます。

メラティ&イサベル・ワイゼン: 子どもたちが成し遂げた「バリのレジ袋廃止運動」

TEDGlobal>London

メラティ&イサベル・ワイゼン: 子どもたちが成し遂げた「バリのレジ袋廃止運動」


レジ袋は基本的には分解されませんが、使用後は後先考えずに捨てられています。ほとんどは最終的に海に辿り着き、海水を汚染し、海の生命体を傷つけています。ごみとして燃やされたものは、大気中に有害なダイオキシンを放出します。メラティとイサベル・ワイゼンは、美しい故郷バリ島が、レジ袋によって汚染されるのを阻止しようという使命に目覚め、署名を集めたり、海岸を清掃したり、ハンストを決行しました。この努力は、バリの知事が2018年までに島におけるレジ袋を廃止するという宣言をしたことで報われました。イサベルは他のやる気溢れる活動家たちに向け「若いから分からないのだなどと、誰にも言わせちゃだめだ。」と言います。「楽な道のりだとは言いません。しかしやる価値はあると言いたいのです。」

リンダ・リウカス: 子供に楽しくコンピューターを教えるには

TEDxCERN

リンダ・リウカス: 子供に楽しくコンピューターを教えるには


プログラミングは次世代の万国共通語です。その力を制限するものは、次世代のプログラマたちの想像力だけです。問題解決できる子供を育てる手助けをしているリンダ・リウカスは、コンピューターを機械的で退屈で複雑なものとしてではなく、好きなように作り替えてよい、表現力豊かな生きた機械として見るように子供たちに促しています。この講演で彼女は、未来のエイダ・ラブレスたちがテクノロジーに対して楽観的で勇敢な人間に育ち、テクノロジーを使って素晴らしくて、気まぐれで、ちょっと奇妙な新世界を作る未来を想像するよう誘います。

ターニャ・シモンチェリ: 遺伝子特許業界と争い、勝利を収めるまで

TEDxAmoskeagMillyard

ターニャ・シモンチェリ: 遺伝子特許業界と争い、勝利を収めるまで


ヒト遺伝子の特許は取れるでしょうか?2005年にターニャ・シモンチェリは初めてこの複雑な問題を検討し始めましたが、その頃はアメリカ特許法で可能とされていました。そのせいで特許権者には、特許を取得した遺伝子を解読したり、検査したり、調べることを止めさせる権利が与えられていたのです。この法律は患者に害を及ぼす上に、生体医療のイノベーションに対する障壁になることを憂慮して、アメリカ自由人権協会のシモンチェリと同僚たちはこれに立ち向かいました。誰もが負けると考えた訴訟をあえて起こし、最高裁にたどり着くまでの緊張感あふれる話をお聞きください。

エリザベス・レヴ: 誰も聞いたことのない、システィーナ礼拝堂の物語

TEDGlobal>Geneva

エリザベス・レヴ: 誰も聞いたことのない、システィーナ礼拝堂の物語


システィーナ礼拝堂は地球上で最も象徴的な建物ですが、知られていないことも沢山あります。美術史家エリザベス・レヴが巧みに案内してくれるのは、この有名な建物の天井画の全体像、そしてミケランジェロが生き生きと描いた、いにしえの物語です。そして彼が当時の宗教的な図像を乗り越えて、新しい芸術の海図を作り上げていった様子を教えてくれます。レヴによれば、ミケランジェロがこの絵を描いて500年経った今、私たちはシスティーナ礼拝堂によって、鏡を覗くように世界を見て、自問するように仕向けられます。「自分は何者か、そして人生という大舞台で自分はどんな役を演じているのか?」と。

デビッド・グルーバー: 暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち

Mission Blue II

デビッド・グルーバー: 暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち


波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。

ヤニス・ バルファキス: 資本主義が民主主義を食い尽くす—今こそ立ち上がろう

TEDGlobal>Geneva

ヤニス・ バルファキス: 資本主義が民主主義を食い尽くす—今こそ立ち上がろう


今は昔に比べてろくな政治家がいないと思ったことはありませんか? なぜ、政府は真の問題を解決できないのでしょうか。前ギリシャ財務大臣であり経済学者のヤニス・バルファキスは、今や経済を支配する者たちが真の権力を握り、政治が無力な場合もあるからだと言います。超富豪たちや企業が政治の世界を食いものにし、経済危機を起こしている、と彼は確信しています。 それでは、ヤニスの理想像―資本と労働が対立し、いがみ合う時代を超えた「自由主義、マルクス主義とケインズ主義が同時に成り立つような世界」についてお聞きください。

ジル・ファラント: 干ばつに耐えられる農作物の作り方

TEDGlobal>Geneva

ジル・ファラント: 干ばつに耐えられる農作物の作り方


世界人口が増加し、気候変動の影響が顕著になるに従い、限られた農耕地で十分な作物を、生産しなくてはならない日が来るでしょう。分子生物学者のジル・ファラントは、死から蘇るかのような超耐性を持つ、珍しい “復活植物” を研究しています。復活植物は、これから増々暑く乾燥して行く地球の未来に、十分な農作物を約束してくれるでしょうか。

オスカー・シュワルツ: コンピュータに詩は書けるか

TEDxYouth@Sydney

オスカー・シュワルツ: コンピュータに詩は書けるか


ある詩を読んで心を動かされときに、実はその詩がコンピュータによって生成されたものだとしたら、異なる感情を抱くでしょうか。あなたは、コンピュータが創造力豊かに自分の感情を表現できるようになったと考えますか。それとも、狐につままれたような気分になるでしょうか。文筆家のオスカー・シュワルツによるこのスピーチでは、コンピュータが詩を書くという考えに対し、なぜ人間が強い反発を示すのか、その理由を分析しています。コンピューターが詩を描くということに対する抵抗感こそ、「人間とは何か」を考えるのに役に立つのです。

ショーン・フォルマー: 形状変化テクノロジーが仕事を革新する

TEDxCERN

ショーン・フォルマー: 形状変化テクノロジーが仕事を革新する


キーボードとマウスよりも進んだ世界は、どんなものでしょうか? インタラクション・デザイナーのショーン・フォルマーは、操作する指先で情報に生命を吹きこむことのできる機械で未来を形作っています。このトークで、3Dの形状変化テーブルや、リストバンドに変形する電話、形を変えることのできるゲームコントローラーなど、私たちの暮らしや仕事のやり方を変える可能性のあるものをご覧ください。

ジル・ハイネス: 水中洞窟の神秘の世界

TEDYouth 2015

ジル・ハイネス: 水中洞窟の神秘の世界


洞窟潜水士のジル・ハイネスは地球に流れる隠された地下水路を探検します。生物学者、気候学者、考古学者と協力して、ハイネスは地球の最も遠隔地に住む生物の謎を明らかにし、研究者が気候変動の歴史を解き明かすのを助けます。このトークで波の下に飛び込み、地球内部の驚異を探検しましょう。

アチェニョ・イダチャバ: どのように私は有害な植物を繁栄するビジネスに変えたのか

TEDWomen 2015

アチェニョ・イダチャバ: どのように私は有害な植物を繁栄するビジネスに変えたのか


綺麗な花を咲かせるウォーターヒヤシンスは、一見すると無害に見えるかもしれません-- しかし、実際には水路を塞ぎ、交易を止め、通学を阻害し、毎日の生活を崩壊させる有害な水草でした。この災難を、環境起業家のアチェニョ・イダチャバはチャンスとみなしました。彼女が水草を素晴らしい工芸品に変えていくまでをどうぞご覧ください。

メルビン・ラッセル: 警察官であることは好きですが、改革が必要です

TEDxMidAtlantic

メルビン・ラッセル: 警察官であることは好きですが、改革が必要です


「市民を守る警察に多額の税金を使っていますが、警察は地域社会に奉仕することの意味を忘れてしまいました。」とボルティモアの警察官のメルビン・ラッセル警部補は言います。そのため、警察は冷淡で無神経になり、人間性も失われてしまいました。ボルティモアの最も治安の悪い地域の一つの地区警察署長に就任後、ラッセル氏は地域の信頼回復と犯罪率の低下を目標に掲げ、一連の改革に取り組みました。「法の執行は危機に瀕しています。でも、再び素晴らしい町や国を作るのに遅すぎることはないのです。」とラッセル警部補は言います。

ジェイムズ・ヴィーチ: 詐欺メールに返信すると何が起きるのか

TEDGlobal>Geneva

ジェイムズ・ヴィーチ: 詐欺メールに返信すると何が起きるのか


持ち主不明の保険証券、ダイヤモンドびっしりの貸金庫、友達が外国で足止めになっている話—こういう怪しいメール、よくありますよね。普通は見た瞬間削除するものですが、もしも返信したら何が起こるのでしょうか? ライターでコメディアンのジェイムズ・ヴィーチが、儲け話に巻き込もうとしてきたスパマーとの間で数週間続けたという、面白すぎるメールのやり取りの実況トークをお楽しみください。

デイビッド・セドラック: 壊滅的な水不足を避ける4つの方法

TEDxMarin

デイビッド・セドラック: 壊滅的な水不足を避ける4つの方法


世界の気候パターンが予想も付かない変化を続ける中、今まで飲み水が豊富にあった場所でも、貯水池が枯渇し、地下水が激減するかもしれません。このトークでは、市民環境エンジニアのデイビッド・セドラックが進行中の都市の水問題を解決する4つの実用的な解決策を紹介します。彼の目標は、私たちの水源を、地域内の新しい水源に移行して、気候変動により将来起こるかもしれないあらゆる困難に耐えるシステムを作り上げることです。

セバスチャン・ワーニック: データから人気テレビ番組を作るには

TEDxCambridge

セバスチャン・ワーニック: データから人気テレビ番組を作るには


たくさんデータを集めると、よりよい意思決定ができるようになるでしょうか?AmazonやGoogle、Netflixといった競争力が高くデータに強い企業は、データ分析だけでは常に最適な結果は出せないことに気づいています。データサイエンティストのセバスチャン・ワーニックが純粋にデータだけに基づいて決断する場合、どこがうまくいかないのか分析し、賢いデータの使い方を提案します。

アオマワ・シールズ: 他の惑星の生命を見つけ出す方法

TED2015

アオマワ・シールズ: 他の惑星の生命を見つけ出す方法


天文学者であるアオマワ・シールズは、遥かかなたにある系外惑星の大気を調べることで、宇宙に住む生命の手がかりを探しています。天体の探求を行っていな時間には、古典的な訓練を受けた俳優(そしてTEDフェロー)である彼女は、演劇、著作や視覚的な芸術によって、若い女性達を科学の世界に興味を持ってもらおうとしています。「いつの日か、彼女たちが様々な背景をもった天文学者の仲間に加わり、その背景を活かして、ついには私達だけが宇宙における唯一の存在でないことを見出してくれるでしょう」と彼女は言います。

ティム・ハワード: 障害こそが人をクリエイティブにさせる

TEDGlobal>London

ティム・ハワード: 障害こそが人をクリエイティブにさせる


障害や問題は人の創造的プロセスを狂わせるのか?それとも、これまでにないほど人の創造性を高める可能性があるのか?空前のベストセラーとなったピアノ独奏のアルバムの驚くべき裏話を例にとりながら、ティム・ハワードは、ちょっとした障害や問題に取り組まなければならないことにはメリットがあると説明します。

ワエル・ゴニム: 本物の変革を促すソーシャルメディアをデザインしよう

TEDGlobal>Geneva

ワエル・ゴニム: 本物の変革を促すソーシャルメディアをデザインしよう


ワエル・ゴニムは、簡単なフェイスブックページを立ち上げ、故郷エジプトで「アラブの春」が起こるきっかけを作りました。彼が語るように、この革命は広まってすぐ希望に満ちた状況から一転、混乱に陥り、その後、醜く悲惨なものになってしまいました。ソーシャルメディアも同様でした。かつてクラウドソーシング、対話、共有の場だった存在は、二極化した戦場へと姿を変えたのです。ゴニムは問いかけます。私たちはオンライン上でどう振る舞えばいいのか。インターネットやソーシャルメディアを使って礼儀や理性的な議論を生み出す為に、どうすればいいのか。

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?
最も長期に渡る幸福の研究から

TEDxBeaconStreet

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から


一生を通し、私達を幸福で健康にするものは何でしょう?名声や富 ―そう考える人はたくさんいます。しかし、心理学者ロバート・ウォールディンガーに拠ると、それは間違っているのです。75年に渡る成人発達に関する研究のディレクターであるウォールディンガーは、真の幸福と満足感に関する無類のデータを基に、この研究結果が私達に教える3つの重要な教訓と、昔からの知恵、幸せな長寿の秘訣を、このトークで語ります。

ロドリゴ・ビジュー: 政府はサイバー戦争を理解していない—必要なのはハッカーだ

TEDGlobal>London

ロドリゴ・ビジュー: 政府はサイバー戦争を理解していない—必要なのはハッカーだ


インターネットは、戦争の最前線を一変させ、政府は置き去りになっています。セキュリティ・アナリストであるロドリゴ・ビジューは、現代における紛争はインターネットにおいて非国家組織、活動家、民間企業により行われ、ネット空間がテロリストにとって兵員獲得や急進化のための肥沃な土壌となっていることを示します。その一方で、政府による徹底した監視プログラムは悪用される危険を抱えています。ビジューは政府に大規模監視プログラムをやめてバックドアを塞ぐよう強く促し、個人が立ち上がって行動するよう訴えます。

アントニオ・グテーレス: 難民には保護される権利がある

TEDGlobal>Geneva

アントニオ・グテーレス: 難民には保護される権利がある


国際連合難民高等弁務官であるアントニオ・グテーレスは、世界的な難民危機を解決することができると信じています。 そして、それを実現するためには努力が必要であるという、説得力に富み、また驚くべき理由を述べます。TEDのブルーノ・ジュッサーニとの対話の中で、グテーレスは現在の危機が起きた歴史的要因について論じ、行き場を失い必死に生きる何十万人もの家族を検問、保護、移住させようとしている欧州諸国の世情について説明します。大まかに要約するとグテーレスは、ISISなどのようなグループによる難民反対のプロパガンダや入隊の仕掛けに屈せず、難民に対する受け入れや尊重へと多数の国々が方向転換することを呼びかけています。

ハリー・クリフ: 物理学は終焉に達したのか?

TEDGlobal>Geneva

ハリー・クリフ: 物理学は終焉に達したのか?


なぜ物は存在しているのでしょう? 宇宙に面白いものがこうもたくさんあるのはどうしてなのでしょう? CERNの大型ハドロン衝突型加速器を使って研究する素粒子物理学者であるハリー・クリフのメッセージは、そのような疑問への答えを求める人たちにとって悪い知らせかもしれません。地上最大の装置と科学者達の最善の努力にもかかわらず、自然の持つ奇妙な性質を説明しきることは出来ないかもしれないのです。これは物理学の終焉を意味するのでしょうか? 宇宙が秘める構造の研究状況を伝えるこの刺激的な講演に耳を傾けましょう。

ジェイソン・デカイレス・テイラー: 生命で輝きを増す海中美術館

Mission Blue II

ジェイソン・デカイレス・テイラー: 生命で輝きを増す海中美術館


彫刻家のジェイソン・デカイレス・テイラーにとって、海は、想像力の源というだけでなく、展示空間であり美術館です。テイラーは、人間や地上でのありふれた暮らしを彫刻の形にし、それを海底に沈めます。すると、海の一部と化した彫刻は、生気のない石から一転、サンゴや甲殻類といった生きものの活気にあふれた住みかに生まれ変わります。結果として、私たちの はかない存在をめぐる不思議で、長きにわたり鮮明に残される回想録として、また海の神聖さや息をのむような再生の力を表すものになるのです。

ジェーン・フォンダ、リリー・トムリン: 女同士の長年の友情を楽しく祝う

TEDWomen 2015

ジェーン・フォンダ、リリー・トムリン: 女同士の長年の友情を楽しく祝う


伝説的な2人の女優、ジェーン・フォンダとリリー・トムリンは数十年来の友人です。パット・ミッシェルの司会のもと、3人は率直に思いやりをもって、幅広い話題について—長生きすること、フェミニズムや男性と女性の友情の違い、有意義な人生や、将来の世界における女性の役割について語ります。「女友達がいなかったらどうしていいかも分からないわ」「女友達あり、故に我あり」とフォンダは言います。