ダニエル・スアレース: 人殺しの決定をロボットに任せてはいけない

TEDGlobal 2013

ダニエル・スアレース: 人殺しの決定をロボットに任せてはいけない


ダニエル・スアレースが普段小説家として描き出しているのは悲観的未来像ですが、TEDGlobalのステージで彼が語るのは私達がもっと知らなければならない現実のシナリオ、自律的ロボット兵器の台頭です。最新鋭のドローン、自動兵器、人工知能搭載の諜報ツールなどが、人の手を離れて自ら決断を下す可能性を彼は示しています。

ゲオルギオス・パパンドレウ: 国境のないヨーロッパ的民主主義を想像しよう

TEDGlobal 2013

ゲオルギオス・パパンドレウ: 国境のないヨーロッパ的民主主義を想像しよう


ここ最近ギリシャは欧州経済危機の象徴として見られています。でもそれは、これから起こる事態の前兆に過ぎないのではないかと、ゲオルギオス・パパンドレウ元ギリシャ首相は考えています。彼によれば、我々の民主主義は大き過ぎて潰せないシステム、より正確に言えば、大き過ぎてコントロールできないシステムに捕らわれており、その一方で、彼を含め政治家は民衆の信頼を失っているという現状があると言うのです。これをどうしたら解決できるでしょうか?新たな民主的意思決定に、市民がより直接的な形で再び関わるように呼びかけるのです。

ラファエロ・ダンドリーア: クアッドコプターの驚くべき運動能力

TEDGlobal 2013

ラファエロ・ダンドリーア: クアッドコプターの驚くべき運動能力


TEDGlobalのロボット・ラボで、ラファエロ・ダンドリーアがクアッドコプターのデモを披露します。運動選手のように考え、学習を助けるアルゴリズムで物理的な問題を解決します。一連の素晴らしいデモで、ダンドリーアはドローンがボールをキャッチし、棒のバランスを取り、協調して意志決定する様をご覧にいれます。きっとすぐにでも欲しくなる、キネクトでクアッドコプターを操るデモもお見逃しなく。

ロドニー・ブルックス: なぜ、私たちはロボットに頼ることになるのか

TED2013

ロドニー・ブルックス: なぜ、私たちはロボットに頼ることになるのか


ロボットに仕事を奪われ人は要らなくなると、まことしやかに ささやかれています。でもロボットは私たちの重要な協力者となり、私たちは単純で機械的な作業から解き放たれ、他のことに時間を割けるようになります。ロドニー・ブルックスは、労働人口が減少し老齢人口が増える中、これがどれだけ価値のあることか指摘します。彼がここで紹介するロボットのバクスターは、目を動かし、腕に触れば反応します。バクスターは、高齢化する労働者のそばで働くことができ、さらに家庭でも高齢者を支援できるかもしれません。

アル・バーナキオ: セックスは新しい比喩が必要 — これがその1つ —

TED2012

アル・バーナキオ: セックスは新しい比喩が必要 — これがその1つ —


教育者のアル・バーナキオ氏は、1点を取ったとか、1塁に行けたなどと、なぜかアメリカでは、野球の比喩を使いセックスは語られていると言います。この問題は、セックスを勝ち負けを決める競技、という枠に入れているという事です。その代わりに、楽しみ、話し合い、同意し、満足感や喜びをもっと共に分かち合う新しい比喩を氏は提案しています。 話し合いましょう…ピザについて。

マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について

TED2013

マーティン・ヴィルヌーブ: 私が不可能な映画を製作した方法について


映画制作者のマーティン・ヴィルヌーブが、カナダのSF大作である『Mars & Avril』を事実上無一文で製作した方法について語ります。 魅力的なトークの中で、彼の未来に対する個性的で創意に富んだビジョンが、どうやって資金面、運営面の制約に、様々な方法を用いて打ち勝ったか説明します。

アンドリュー・マカフィー: 「未来の仕事は、どうなって行くだろうか?」

TED2013

アンドリュー・マカフィー: 「未来の仕事は、どうなって行くだろうか?」


そう、恐らく人型ロボットが人間の仕事を、すくなくとも今ある類の仕事を、奪ってしまうだろうと経済学者アンドリュー・マカフィーは示唆します。 未来を予見したトークでは、未来の仕事がどうなって行き、未来の仕事を掴むために次世代をどう教育するべきかじっくり考えます。

デニーズ・ハージング: ヒトはイルカの言葉を話せるだろうか?

TED2013

デニーズ・ハージング: ヒトはイルカの言葉を話せるだろうか?


デニーズ・ハージングは、28年間夏の5ヶ月間をタイセイヨウマダライルカの群れの中で、3世代にわたる家族関係と行動を観察しながら暮らしてきました。イルカたちがお互いに意思疎通しているのは間違いないことですが、言葉を使っているのでしょうか?ヒトはイルカの言葉を話すことができるのでしょうか?この問いを解くためのすばらしい実験を披露します。

アナス・アレメヤウ・アナス: 「どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか」

TED2013

アナス・アレメヤウ・アナス: 「どうやって名前をさらし、汚し、刑務所に送り込んだか」


ジャーナリストのアナス・アレメヤウ・アナスは、これまで、ガーナ全土での汚職や組織犯罪を何十件も暴露してきました。それも、決して正体を明かさずにです。このトークで、アナスは―ここでも正体は隠したまま―これまでの取材の中から身の毛のよだつような映像を紹介し、不正に立ち向かうことの重要性を身をもって示します。

アンドリュー・ソロモン: 揺るぎなき愛

TEDMED 2013

アンドリュー・ソロモン: 揺るぎなき愛


自分と根本的に異質な子供(例えば天才児、あるいは特異な才能を持った子供や犯罪に手を染めた子供など)を育てるというのは、どのようなことなのでしょうか?この静かに進行するトークの中で、作家のアンドリュー・ソロモンは何十組もの親たちとの対話を通して学んだことを語ります。無条件の愛と無条件の受容とは何が異なるのでしょうか?

リサ・ブー: 読書で心が広がる

TED2013

リサ・ブー: 読書で心が広がる


子どもの頃の夢が...叶わなかったとき、何をしますか? リサ・ブーはアメリカでの新しい生活に慣れるにつれて、視野を広げて彼女の新しい道を作るため、本に頼りました。本の魔法についての素敵な彼女自身の話を通し、読書へのユニークな向き合い方を紹介します。

アレックス・ラスキー: 行動科学で電気代が安くなるわけ

TED2013

アレックス・ラスキー: 行動科学で電気代が安くなるわけ


電気代を安くする実証された方法とは?それはなんと近所の家庭の利用料を知る事なのです。アレックス・ラスキーが、人間の奇妙な性質が人々をより善良な、賢い資源節約家に変えられることを示します。電気代が下がるという証拠付きです。

ジャクソン・カッツ: ジャクソン・カッツ:女性への暴力―男の問題

TEDxFiDiWomen

ジャクソン・カッツ: ジャクソン・カッツ:女性への暴力―男の問題


DVや性的虐待はしばしば「女性の問題」と呼ばれる。しかしジャクソン・カッツは大胆かつ率直に、これらの問題は本質的に男性の問題だと指摘し、こうした暴力的な振る舞いがいかに男らしさの定義と結びついているかを示す。男女問わずすべての人に対し、こうした暴力を許さない態度を取り、変化を起こすリーダーとなれと高らかに呼びかけている。

パオラ・アントネッリ: 『パックマン』をMoMAに収蔵した理由

TEDSalon NY2013

パオラ・アントネッリ: 『パックマン』をMoMAに収蔵した理由


ニューヨーク近代美術館(MoMA)が14本のビデオゲームを収蔵すると2012年に発表した時は、大騒ぎになりました。MoMAの建築・デザイン部門のシニアキュレーターであるパオラ・アントネッリは、幅広い話題について深く洞察しながらも楽しく紹介する中で、芸術や美術館に対する先入観を打ち破ろうとしている理由、そしてデザインについての理解を広げたいという思いを熱く語ります。

ヘンドリック・ポイナー: 毛長マンモスを復活させよう!

TEDxDeExtinction

ヘンドリック・ポイナー: 毛長マンモスを復活させよう!


巨大な野生動物が再び大地を踏みしめて歩く姿を見ることは、世界中の子どもたちの夢です。その夢は実現できるのか、実現すべきなのか?ヘンドリック・ポイナーが、目前に迫った大革新について語ります。私たちが大好きな毛長マンモスにそっくりな動物を蘇らせる計画です。第1段階である、毛長マンモスのゲノム配列の解明はほぼ完了しました。その体躯と同様にマンモスのゲノムはマンモス級なのです。(TEDxDeExtinctionにて収録)

ジヘ・パク: バイオリン―魂の暗闇を越えて

TED2013

ジヘ・パク: バイオリン―魂の暗闇を越えて


世界的に有名なバイオリニストになるために模索していたとき、ジヘ・パクは深刻なうつ病を患いました。音楽だけが彼女を再び立ち上がらせ、一流のコンサートホールで演奏することだけが目標ではなく、できるだけ多くの人にバイオリンの素晴らしさを伝えることが目標になりうることを示してくれました。

アラスタ・パーヴィン: 人民による人民のための建築

TED2013

アラスタ・パーヴィン: 人民による人民のための建築


建築士 アラスタ・パーヴィンが単純ながら刺激的なアイデアを提示します。報酬を支払える人のために建築士が建築するのではなく、ごく普通の市民が自ら設計し建築できるとしたらどうでしょう?ウィキハウスの核心的なこの考えは、オープンソース化された建築組立キットを使って、どんな人でもどこでも家が建てられるというものです。

フィル・ハンセン 「震えを受け入れる」

TED2013

フィル・ハンセン 「震えを受け入れる」


フィル・ハンセンは美術学校時代、激しい手の震えに襲われ、大好きだった点描画が描けなくなりました。完全に打ちのめされた彼は、目標を見失います。立ち直るきっかけは神経科の医師のこんな単純なアドバイスでした。「限界を受け入れなさい・・・そして乗り越えなさい。」

ピーター・シンガー: 効果的な利他主義者になる方法

TED2013

ピーター・シンガー: 効果的な利他主義者になる方法


もしあなたが物欲無しに生きることができたら、利他主義的になる資質が自然と備わっているかもしれません。では、「与えること」の最も効果的な方法は何か、哲学者のピーター・シンガーに聞いてみましょう。彼は驚くべき思考実験を実例に、感情と実用性のバランスを取ることや、あなたが分かち合うものを最大限に活かす方法を教えてくれます。

セルゲイ・ブリン: なぜグーグル・グラスなのか?

TED2013

セルゲイ・ブリン: なぜグーグル・グラスなのか?


なぜグーグルのセルゲイ・ブリンと彼のチームは、グラスというコードネームがついたヘッドマウント式のカメラ兼コンピュータを作りたかったのでしょうか?このトークでは、デモンストレーションではなく、その哲学について語られます。TED2013のステージで、ブリンは、スクリーンを覗き込むのではなく顔を上げて世界と向き合うという、モバイル・コンピュータを使った新たな関係性のあり方を提唱したのです。

ジュディ・マクドナルド・ジョンストン 「人生で良い終わりを迎えるためにするべきこと」

TED2013

ジュディ・マクドナルド・ジョンストン 「人生で良い終わりを迎えるためにするべきこと」


死について考えるのは恐ろしいことです。でも、前もって計画をしておくことは現実的で、最期の日々を穏やかな気持ちで過ごせるようになります。厳粛で、思慮に満ちた話で、ジュディ・マクドナルド・ジョンストンは、人生の良い終わりを迎えるために 実践するべき5つのことを紹介します。

ジェイ・シルバー 「バナナをハッキングして、キーボードを作る?!」

TEDSalon NY2013

ジェイ・シルバー 「バナナをハッキングして、キーボードを作る?!」


ピザ2切れを使ってスライドを操作? ケチャップで音楽を奏でる? この魅力的なトークで、発明家 ジェイ・シルバーは、身のまわりの世界と遊ぶことを強く勧めます。変わった発明をいくつか紹介し、Makey Makeyという日常生活にあるものをハッキングするセットのデモをします。

マリア・ベザイティス: 違和感に対する驚くべき必要性

TED@Intel

マリア・ベザイティス: 違和感に対する驚くべき必要性


私たちのデジタルな世界においては、社会的関係性はデータによって仲介されるようになりました。それを実感しないとしても、私たちは自分自身を違和感(私たちが既に知っている人達と合わない人や考え方)から守っています。しかし技術に頼ってみることが、たとえ違和感を感じるようなものもでも、自分にとって必要な人や物を届けてくれます(TED@Intelにて撮影)

メグ・ジェイ: 30歳は昔の20歳ではありません

TED2013

メグ・ジェイ: 30歳は昔の20歳ではありません


臨床心理学者メグ・ジェイは、社会通念とは逆に20代は無駄にしても良い10年間ではない、と20代の若者に対してはっきりとしたメッセージを投げかけます。ジェイはこの刺激的なトークで、結婚や仕事や出産が人生の遅い段階で起こる傾向があるからと言って今計画を始められないわけではないと語ります。人生を決定付ける10年間を20代の若者が成人期を有効に活かすための3つのアドバイスを贈ります。

ジョン・レジェンド 「True Colors」

TED Talks Education

ジョン・レジェンド 「True Colors」


心和ませるひととき、TED Talks Educationで、ジョン・レジェンドが「True Colors(トゥルー・カラーズ)」の弾き語りをします。歌詞には、子どもたちや先生への特別な思いが込められました。「怖がらずに / 本当の心を出してごらん / 君の本当の心は / 美しく 虹色に輝く」

ビル・ゲイツ: 教師へのフィードバックでもたらせる変化

TED Talks Education

ビル・ゲイツ: 教師へのフィードバックでもたらせる変化


最近まで、教師が受けられる唯一のフィードバックは、年に一度の「十分」という一言だけでした。フィードバックや指導がなければ改善しようがありません。優れた教師でも適切なフィードバックによって改善できるところはあるとビル・ゲイツは言います。そしてそのようなフィードバックをすべての教室にもたらそうというビル&メリンダ・ゲイツ財団のプロジェクトを紹介しています。

ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」

TED Talks Education

ケン・ロビンソン: 「教育の死の谷を脱するには」


人の精神が豊かに花開くために必要な3つの条件と、現在の教育風土がいかにそれに反したものであるかをケン・ロビンソン卿が語ります。可笑しくも心動かされるこの講演で彼が示すのは、私達の直面している教育の「死の谷」をどうすれば脱することができるのか、どうすれば若い世代を可能性の土壌で育むことができるのかということです。

マルコム・ロンドン: 「高校という名の訓練場」

TED Talks Education

マルコム・ロンドン: 「高校という名の訓練場」


若い詩人、教育者でもある活動家マルコム・ロンドンが、高校の最前線での日々についての心揺さぶる詩を披露します。「若者は 海のように」学校に押し寄せ、「泳ぎひとつ覚えない。」「父のいない家で育った男がマッチョぶりを誇り。」 紡がれる言葉は美しく、詩的で、ゾッとしさえします。

シャオラン・シュエ:「漢字の読み方はこんなに簡単!」

TED2013

シャオラン・シュエ:「漢字の読み方はこんなに簡単!」


外国人にとって、中国語を話せるようになるのは非常に困難ですが、中国語の美しく、時に複雑な文字の読み方を学ぶのはそれほど難しくありません。シャオランは、簡単なレッスンを通じて、漢字とその意味の背景にある考えを理解し、簡単な文字から、より複雑な概念を組み立てていく方法を教えます。Chineasy とでも呼びましょう。

ティモシー・バルティック: 幼児教育の経済論

TEDxMiamiUniversity

ティモシー・バルティック: 幼児教育の経済論


ティモシー・バルティックはマクロ経済の観点から幼児教育について論理的に訴えます。そして子供が該当する年齢ではない人(もしくは子供のいない人)にとっても、子供への投資が喜ばしいものである理由を説明します。そして子供に十分な教育を与えることの経済的利益は、自己犠牲愛をはるかにしのぐ結果となるのです。(TEDxMiamiUniversity にて撮影)

パール・アレドンド-「ギャングの娘からスター教師へ」

TED Talks Education

パール・アレドンド-「ギャングの娘からスター教師へ」


刑務所入りを繰り返すギャングの親を持つパール・アレドンドは、治安の悪いイーストロサンジェルスで育ちました。教員のいう事が聞けず沢山の教師に見捨てられましたが、後に自分自身が教師になり、新しく学校を築きました。生徒達に自分が彼らと同じくらいの年齢だった時の話をし、学校の宿題が出来ない状況の時もある、それはそれでいいんだと教えます。