ジェイ・ブラッドナー「癌研究のオープンソース化」

TEDxBoston 2011

ジェイ・ブラッドナー「癌研究のオープンソース化」


癌細胞は、自身が癌細胞であることをどうやって記憶するのか。ジェイ・ブラッドナーの研究室では、この問いの鍵を握るJQ1という化合物を見つけました。そして、特許を取得する代わりに、研究を進めるために、研究成果と化合物のサンプルを40の研究施設と共有しました。オープンソース手法を活用した医学研究の将来を、ここに垣間見ます。

マルコム・グラッドウェル 「ノルデン爆撃照準器の奇妙な話」

TEDGlobal 2011

マルコム・グラッドウェル 「ノルデン爆撃照準器の奇妙な話」


ストーリーテリングの名手マルコム・グラッドウェルが、第二次世界大戦における画期的な発明品であったノルデン爆撃照準機とそれがもたらした予想外の結末について聞かせてくれます。

Iain McGilchrist: The divided brain

RSA Animate

Iain McGilchrist: The divided brain

No Transcript

Psychiatrist Iain McGilchrist describes the real differences between the left and right halves of the human brain. It's not simply "emotion on the right, reason on the left," but something far more complex and interesting. A Best of the Web talk from RSA Animate.

リチャード・ウィルキンソン 「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」

TEDGlobal 2011

リチャード・ウィルキンソン 「いかに経済格差が社会に支障をきたすか」


所得格差の大きい社会はどういうわけか悪化していると私たちは直観的に感じています。リチャード・ウィルキンソンは信頼できる経済格差のデータを図表にし、格差が広がりすぎると健康や寿命、さらには信用のような非常に基本的な価値観などに対する実質的な影響が悪化するのだと説きます。

ナタリー・ミーバック 「嵐から生まれた芸術」

TEDGlobal 2011

ナタリー・ミーバック 「嵐から生まれた芸術」


芸術家ナタリー・ミーバックは巨大な嵐から気象データを取り出し、自然や時間の力を具現化する複雑な立体像に変換します。そして立体像は楽譜となって弦楽四重奏団に演奏されるのです。

トッド・クイケン: 「感覚を持つ」義手

TEDGlobal 2011

トッド・クイケン: 「感覚を持つ」義手


リハビリテーション医のトッド・クイケンは人の神経系と接続された義手を開発しており、操作性だけでなく感覚性の向上も目指しています。ステージでは患者であるアマンダ・キッツが彼の次世代義手をデモンストレーションしてみせます。

ガイ・フィリップ・ゴルトシュタイン: サイバー攻撃が現実世界にもたらしうる脅威

TEDxParis 2010

ガイ・フィリップ・ゴルトシュタイン: サイバー攻撃が現実世界にもたらしうる脅威


今日、攻撃者側の痕跡を残すことなく他国のコンピューターシステムに干渉するサイバー攻撃が増加の一途をたどっています。(スタックスネット・ワームはその一例です。) TEDxParisにて, サイバー攻撃がデジタル世界を飛び越え実世界における武力衝突引き起こすそのメカニズムと、この地球全体のセキュリティ危機をいかにして回避するのか、ガイ・フィリップ・ゴルトシュタインがお答えします。

ジャスティン・ホール・ティピング:送電網を必要としないエネルギーを

TEDGlobal 2011

ジャスティン・ホール・ティピング:送電網を必要としないエネルギーを


窓ガラスで発電が出来たとしたら世界はどうなるでしょう?事業家ジャスティン・ホール・ティピングが、これを実現する素材や、いかに「通常」という概念を問うことが類稀な飛躍的進歩に繋がるかについて説明する心を打つ講演です。

バンカー・ロイ:「裸足の大学」から学べること

TEDGlobal 2011

バンカー・ロイ:「裸足の大学」から学べること


インドのラジャスタンに、驚くべき学校があります。大半は読み書きもできない地元の女性や男性を訓練して、村で働く太陽光発電の技術者や職人、歯科医や医者にするのです。「裸足の大学」と呼ばれるその学校の創始者であるバンカー・ロイが、その仕組みを語ります。

ジェー・リム・リー:私のキノコ死装束

TEDGlobal 2011

ジェー・リム・リー:私のキノコ死装束


「死後も自分の体が環境へ配慮し地球を汚染しないように責任を持てるか?」芸術家ジェー・リム・リーが有害物を分解するキノコの胞子が入った特製の死装束を使ったやり方という途方もない提言をします。TEDでも前代未聞の奇妙なトークかも…。

パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方

TEDGlobal 2011

パメラ・メイヤー:嘘の見抜き方


私たちは1日に10~200回ほど嘘をつかれており、嘘を見抜く手掛かりはとてもとらえにくく、また直感で自然に分かるものでもありません。「しょっちゅうウソをつかれてしまうあなたへ 」の著者パメラ・メイヤーが、嘘の手法と、嘘が多く使われている場面でどうやって訓練をした「嘘を見抜く専門家(嘘発見人)」が嘘の検知を行うのか、その方法を見せてくれます。 また「正直さ」は守るべき価値観であると彼女は主張しています。

Michael Nielsen: Open science now!

TEDxWaterloo

Michael Nielsen: Open science now!

No Transcript

What if every scientist could share their data as easily as they tweet about their lunch? Michael Nielsen calls for scientists to embrace new tools for collaboration that will enable discoveries to happen at the speed of Twitter. (Filmed at TEDxWaterloo.)

イアン・リッチー 「ワールド・ワイド・ウェブの創始者を断った日」

TEDGlobal 2011

イアン・リッチー 「ワールド・ワイド・ウェブの創始者を断った日」


想像してみて下さい。1990年代後半、ティム・バーナーズ=リーと名乗る若者がいきなりやって来て、自作のワールド・ワイド・ウェブというシステムを提案してきます。イアン・リッチーはその場にいました。しかし、彼は買いませんでした。これは情報・ネットワーク、そして失敗から学ぶことについての一口話です。

リチャード・セイモア: 美をどう感じるか

TEDSalon London Spring 2011

リチャード・セイモア: 美をどう感じるか


物語、美術作品、顔、デザインされたオブジェ — どのようにして、それが美しいと感じるのでしょう?またなぜ、そのことは重要なのでしょうか?デザイナーであるリチャード・セイモアは、美に対する私たちの反応と、美的な物の驚くべき力を追求します。

Paul Lewis: Crowdsourcing the news

TEDxThessaloniki

Paul Lewis: Crowdsourcing the news

No Transcript

When every cellphone can record video and take pictures, everyone is a potential news source. Reporter Paul Lewis tells two stories that show us the future of investigative journalism. (Filmed at TEDxThessaloniki.)

アリソン・ゴプニック:赤ちゃんは何を考えているでしょう?

TEDGlobal 2011

アリソン・ゴプニック:赤ちゃんは何を考えているでしょう?


心理学者のアリソン・ゴプニックは、「乳幼児はさながら人類における研究開発部門です」と説明しています。彼女は幼児が遊んでいる時に、実際に行っている洗練された情報収集や意思決定について 研究しています。

チャールズ・ヘイゼルウッド 「信頼がつくるアンサンブル」

TEDGlobal 2011

チャールズ・ヘイゼルウッド 「信頼がつくるアンサンブル」


指揮者チャールズ・ヘイゼルウッドが演奏のリーダーシップにおける信頼の役割について話します。それがどう機能するものなのかステージでスコットランド・アンサンブルを指揮しながら示します。またオペラ「ウ・カルメン・イ・カエリチャ」と「パラオーケストラ」の2つの音楽プロジェクトをビデオで紹介します。

マイク・ビドル:プラスチックもリサイクルできる

TEDGlobal 2011

マイク・ビドル:プラスチックもリサイクルできる


リサイクル率が90%の金属廃棄物に比べ、様々な種類を区別し分離するのが非常に困難なプラスチック廃棄物は10%もリサイクルされていません。これに不満を感じたマイク・ビドルは、どのような種類のプラスチックでもリサイクルできる低コストで信じられないほどエネルギー効率の良い処理所を開発し、実際に稼動させています。

グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」

TED2011

グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」


作家でありデザイナーのグラハム・ヒルが問います「モノやスペースを制限することは、幸せを増幅させるだろうか?」スペースを節約し、あなたの人生をコンパクトに編集する3つのルールをご紹介します。

クリストフ・アダミ: 私たちの想像を超える生命の探求

TEDxUIUC

クリストフ・アダミ: 私たちの想像を超える生命の探求


地球外生命体が、私たちの知識をはるかに超えたものだとしたら、どうやって探せばいいでしょうか?TEDxUIUCでクリストフ・アダミが解説するのは、人工生命、つまり自己複製するコンピュータプログラムに関する研究を応用して、生命の徴候である「バイオマーカー」を見つける方法です。そしてバイオマーカーは、生命に対する私たちの先入観を超えたものなのです。

楊瀾(ヤン・ラン):中国を再生させる若者たち

TEDGlobal 2011

楊瀾(ヤン・ラン):中国を再生させる若者たち


「中国のオプラ・ウィンフリー」と呼ばれるジャーナリストであり、企業家でもある楊瀾が、中国の次の世代を担う、都会的で、不正を許さないネット世代の若者たちを紹介します。

ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア

TEDGlobal 2011

ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア


オペラはどれほどセクシーでありうるのでしょう? 燦爛たるソプラノ歌手ダニエル・ドゥ・ニースが“Meine Lippen, sie küssen so heiss”(私の口づけはかくも熱い)を歌ってそれを見せてくれます。曲はフランツ・レハールの「ジュディッタ」から、伴奏はイングリッド・サージェナーです。

ベン・ゴールドエイカー:悪い科学とのバトル

TEDGlobal 2011

ベン・ゴールドエイカー:悪い科学とのバトル


健康についての新しいアドバイスは毎日のように報じられますが、それが正しいかどうかは、どうすれば判るでしょうか。医学博士で疫学者のベン・ゴールドエイカーは、栄養学における極めて明白な問題から、製薬業界における非常に巧妙なトリックまで取り上げ、誤った根拠について矢継ぎ早に紹介します。

ジャレット・メルツ「ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影」

TEDGlobal 2011

ジャレット・メルツ「ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影」


スイス生まれでガーナ育ちの映画プロデューサー、ジャレット・メルツは2008年のガーナ国政選挙のドキュメンタリ撮影のためガーナへ赴きました。そこでの経験からは彼は民主主義と、更には彼自身について新たな見識を得たのです。

ジョフ・マルガン:スタジオスクールへの案内

TEDGlobal 2011

ジョフ・マルガン:スタジオスクールへの案内


聞いて学ぶ子供たちもいれば、行動で学ぶ子供たちもいます。ジョフ・マルガンはスタジオスクールというイギリスの新しい学校を紹介します。子供たちのチームはプロジェクトで働きながら、マルガンが目指している世の中に役立つ教育を目指しています。

エイブラハム・バルギーズ:医師の手が持つ力

TEDGlobal 2011

エイブラハム・バルギーズ:医師の手が持つ力


近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。

サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」

TED2011

サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」


研究によると、スケッチや落書きは私たちの理解力や独創的な思考力を高めることが示されています。ではなぜ私たちは未だに会議中に落書きしているのを見られると恥ずかしく思うのでしょうか? サニー・ブラウンは「落書きする人、集まれ!」のかけ声の元、紙とペンで頭は活性化できると主張しています。

エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う

TEDGlobal 2011

エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う


タスマニアデビルの大量死の原因とは?何千ものタスマニアデビルが悪性のガンにかかっています。他のガンとは異なり、これは感染性のガンなのです。研究者のエリザベス・マーチソンが、タスマニアデビルを救うためどのように奮闘しているのか、またこの特別なガンについての新発見をお話します。(刺激の強い、顔にできたガンの画像を含みます。)

エイミー・ロックウッド「コンゴでのコンドーム販売」

TEDGlobal 2011

エイミー・ロックウッド「コンゴでのコンドーム販売」


HIVはコンゴ共和国の深刻な問題の一つですが、コンゴには支援団体の支給する安価な、もしくは無料のコンドームがあふれています。しかしこれを利用する人はほとんどいません。なぜなのでしょうか?マーケティング経験のあるエイミー・ロックウッドが典型的な慈善活動の形をひっくり返すような驚きの答えを導き出します。(職場閲覧にはふさわしくない画像が含まれています。)

5百万冊の本から学んだこと

TEDxBoston 2011

5百万冊の本から学んだこと


Google LabsのNgram Viewerをいじってみたことはありますか? 何世紀にも渡って書かれてきた5百万という本のデータベースの中から言葉やアイデアを探せるやみつきになるツールです。エレズ・リーバーマン・エイデンとジャン・バプティスト・ミシェルがその仕組みと、5千億語のデータが教えてくれるちょっと驚くようなことを見せてくれます。

ニーアル・ファーガソン:繁栄のための6つのキラー・アプリ

TEDGlobal 2011

ニーアル・ファーガソン:繁栄のための6つのキラー・アプリ


過去数世紀に渡り、西洋文明は繁栄を謳歌してきました。歴史学者のニーアル・ファーガソンは問いかけます「なぜ西洋だったのか?なぜその他の地域ではなかったのか?」と。彼は自身の問いかけに対して、西洋文明の持つ6つの特徴をキラー・アプリケーションに例えて答えます。これらのアプリは繁栄、安定、そして革新を促進します。そして彼によれば、これらのアプリは今世紀に入って共有可能になったのです。

Sasha Dichter: The Generosity Experiment

NextGen:Charity

Sasha Dichter: The Generosity Experiment

No Transcript

In this inspiring talk at the NextGen:Charity conference, Sasha Dichter of the Acumen Fund shares the results of his month-long "Generosity Experiment" where he said "yes" to every request for help.