チャールズ・ヘイゼルウッド 「信頼がつくるアンサンブル」

TEDGlobal 2011

チャールズ・ヘイゼルウッド 「信頼がつくるアンサンブル」

July 13, 2011


指揮者チャールズ・ヘイゼルウッドが演奏のリーダーシップにおける信頼の役割について話します。それがどう機能するものなのかステージでスコットランド・アンサンブルを指揮しながら示します。またオペラ「ウ・カルメン・イ・カエリチャ」と「パラオーケストラ」の2つの音楽プロジェクトをビデオで紹介します。

マイク・ビドル:プラスチックもリサイクルできる

TEDGlobal 2011

マイク・ビドル:プラスチックもリサイクルできる

July 14, 2011


リサイクル率が90%の金属廃棄物に比べ、様々な種類を区別し分離するのが非常に困難なプラスチック廃棄物は10%もリサイクルされていません。これに不満を感じたマイク・ビドルは、どのような種類のプラスチックでもリサイクルできる低コストで信じられないほどエネルギー効率の良い処理所を開発し、実際に稼動させています。

グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」

TED2011

グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」

March 1, 2011


作家でありデザイナーのグラハム・ヒルが問います「モノやスペースを制限することは、幸せを増幅させるだろうか?」スペースを節約し、あなたの人生をコンパクトに編集する3つのルールをご紹介します。

クリストフ・アダミ: 私たちの想像を超える生命の探求

TEDxUIUC

クリストフ・アダミ: 私たちの想像を超える生命の探求

February 19, 2011


地球外生命体が、私たちの知識をはるかに超えたものだとしたら、どうやって探せばいいでしょうか?TEDxUIUCでクリストフ・アダミが解説するのは、人工生命、つまり自己複製するコンピュータプログラムに関する研究を応用して、生命の徴候である「バイオマーカー」を見つける方法です。そしてバイオマーカーは、生命に対する私たちの先入観を超えたものなのです。

楊瀾(ヤン・ラン):中国を再生させる若者たち

TEDGlobal 2011

楊瀾(ヤン・ラン):中国を再生させる若者たち

July 13, 2011


「中国のオプラ・ウィンフリー」と呼ばれるジャーナリストであり、企業家でもある楊瀾が、中国の次の世代を担う、都会的で、不正を許さないネット世代の若者たちを紹介します。

ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア

TEDGlobal 2011

ダニエル・ドゥ・ニースが歌う艶やかなアリア

July 12, 2011


オペラはどれほどセクシーでありうるのでしょう? 燦爛たるソプラノ歌手ダニエル・ドゥ・ニースが“Meine Lippen, sie küssen so heiss”(私の口づけはかくも熱い)を歌ってそれを見せてくれます。曲はフランツ・レハールの「ジュディッタ」から、伴奏はイングリッド・サージェナーです。

ベン・ゴールドエイカー:悪い科学とのバトル

TEDGlobal 2011

ベン・ゴールドエイカー:悪い科学とのバトル

July 13, 2011


健康についての新しいアドバイスは毎日のように報じられますが、それが正しいかどうかは、どうすれば判るでしょうか。医学博士で疫学者のベン・ゴールドエイカーは、栄養学における極めて明白な問題から、製薬業界における非常に巧妙なトリックまで取り上げ、誤った根拠について矢継ぎ早に紹介します。

ジャレット・メルツ「ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影」

TEDGlobal 2011

ジャレット・メルツ「ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影」

July 14, 2011


スイス生まれでガーナ育ちの映画プロデューサー、ジャレット・メルツは2008年のガーナ国政選挙のドキュメンタリ撮影のためガーナへ赴きました。そこでの経験からは彼は民主主義と、更には彼自身について新たな見識を得たのです。

ジョフ・マルガン:スタジオスクールへの案内

TEDGlobal 2011

ジョフ・マルガン:スタジオスクールへの案内

July 12, 2011


聞いて学ぶ子供たちもいれば、行動で学ぶ子供たちもいます。ジョフ・マルガンはスタジオスクールというイギリスの新しい学校を紹介します。子供たちのチームはプロジェクトで働きながら、マルガンが目指している世の中に役立つ教育を目指しています。

エイブラハム・バルギーズ:医師の手が持つ力

TEDGlobal 2011

エイブラハム・バルギーズ:医師の手が持つ力

July 14, 2011


近代医療は、人の手が持つ力という、昔からある強力なツールを失いつつあります。医師であり作家でもあるエイブラハム・バルギーズは、患者がもはやパソコン上のデータに過ぎなくなった現代社会の奇妙さを描き、昔ながらの一対一の診察への回帰を呼びかけます。

サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」

TED2011

サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」

March 3, 2011


研究によると、スケッチや落書きは私たちの理解力や独創的な思考力を高めることが示されています。ではなぜ私たちは未だに会議中に落書きしているのを見られると恥ずかしく思うのでしょうか? サニー・ブラウンは「落書きする人、集まれ!」のかけ声の元、紙とペンで頭は活性化できると主張しています。

エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う

TEDGlobal 2011

エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う

July 14, 2011


タスマニアデビルの大量死の原因とは?何千ものタスマニアデビルが悪性のガンにかかっています。他のガンとは異なり、これは感染性のガンなのです。研究者のエリザベス・マーチソンが、タスマニアデビルを救うためどのように奮闘しているのか、またこの特別なガンについての新発見をお話します。(刺激の強い、顔にできたガンの画像を含みます。)

エイミー・ロックウッド「コンゴでのコンドーム販売」

TEDGlobal 2011

エイミー・ロックウッド「コンゴでのコンドーム販売」

July 14, 2011


HIVはコンゴ共和国の深刻な問題の一つですが、コンゴには支援団体の支給する安価な、もしくは無料のコンドームがあふれています。しかしこれを利用する人はほとんどいません。なぜなのでしょうか?マーケティング経験のあるエイミー・ロックウッドが典型的な慈善活動の形をひっくり返すような驚きの答えを導き出します。(職場閲覧にはふさわしくない画像が含まれています。)

5百万冊の本から学んだこと

TEDxBoston 2011

5百万冊の本から学んだこと

July 24, 2011


Google LabsのNgram Viewerをいじってみたことはありますか? 何世紀にも渡って書かれてきた5百万という本のデータベースの中から言葉やアイデアを探せるやみつきになるツールです。エレズ・リーバーマン・エイデンとジャン・バプティスト・ミシェルがその仕組みと、5千億語のデータが教えてくれるちょっと驚くようなことを見せてくれます。

ニーアル・ファーガソン:繁栄のための6つのキラー・アプリ

TEDGlobal 2011

ニーアル・ファーガソン:繁栄のための6つのキラー・アプリ

July 14, 2011


過去数世紀に渡り、西洋文明は繁栄を謳歌してきました。歴史学者のニーアル・ファーガソンは問いかけます「なぜ西洋だったのか?なぜその他の地域ではなかったのか?」と。彼は自身の問いかけに対して、西洋文明の持つ6つの特徴をキラー・アプリケーションに例えて答えます。これらのアプリは繁栄、安定、そして革新を促進します。そして彼によれば、これらのアプリは今世紀に入って共有可能になったのです。

Sasha Dichter: The Generosity Experiment

NextGen:Charity

Sasha Dichter: The Generosity Experiment

November 16, 2010


In this inspiring talk at the NextGen:Charity conference, Sasha Dichter of the Acumen Fund shares the results of his month-long "Generosity Experiment" where he said "yes" to every request for help.

ローレン・ザラツニック: テレビの良心

TEDWomen 2010

ローレン・ザラツニック: テレビの良心

December 3, 2010


テレビ会社のエクゼクティブ、ローレン・ザラツニックがテレビの人気番組について深く考察します。50年にもわたる視聴率とその評価について大胆な分析を行った結果、テレビは私たちの真の姿を、予想もしないような形で映していると論じます

リチャード・レズニック「ゲノム革命の時代へようこそ」

TEDxBoston 2011

リチャード・レズニック「ゲノム革命の時代へようこそ」

July 6, 2011


TEDxBostonで行われたこのわかりやすいスピーチの中で、リチャード・レズニックが、どれほど安価に、そして速く、ゲノムの配列解析が健康管理(そして保険や政治)を激変させようとしているのかを語ります。

ケイト・ハートマン 「身に着けられる情報伝達の芸術」

TED2011

ケイト・ハートマン 「身に着けられる情報伝達の芸術」

March 2, 2011


芸術家ケイト・ハートマンは装着型電子工学を使って人間同士での情報伝達の方法、そして人間と世界との情報伝達の方法を探究しています。気まぐれで示唆に富む話の中で、ハートマンは「自分と話す帽子」「エアーハート」「氷河抱擁スーツ」など予測不可能な器具を紹介します。

ミシャ・グレニー: ハッカーを雇え!

TEDGlobal 2011

ミシャ・グレニー: ハッカーを雇え!

July 13, 2011


サイバーセキュリティに数十億ドルが投資されているにも関わらず、その根本にある問題の一つにはほとんど手が付けられていない。悪意のあるコードを書いているのは誰か?裏社会の研究者であるミシャ・グレニーは有罪判決を受けた数人のプログラマーの人物像を浮かび上がらせ、驚きの結論を導きだした。

ヤーシャン・ホアン: 民主主義は経済成長を抑圧するのか

TEDGlobal 2011

ヤーシャン・ホアン: 民主主義は経済成長を抑圧するのか

July 12, 2011


経済学者のヤーシャン・ホアンは中国とインドを比較し、「民主主義は実はインドの成長を抑圧してきたのではないか」という大きな論点を掲げ、中国の独裁支配がいかにして驚異的な経済成長へ寄与してきたかを問います。そこでホアンは驚きの答えを導き出します。

ラガヴァKK 「揺すぶって変えるストーリー」

TEDGlobal 2011

ラガヴァKK 「揺すぶって変えるストーリー」

July 12, 2011


画家であるラガヴァKKが、子ども向けの楽しい機能が詰まった新しいiPadの本を紹介します。揺すぶるとストーリーが変わり、観点が変わります。この魅力的な短い講演で彼は、自分の観点を少しばかり揺すぶってやることをみんなに勧めています。

リー・クローニン: 物質に生命を吹き込む

TEDGlobal 2011

リー・クローニン: 物質に生命を吹き込む

July 13, 2011


生命が誕生する前に地球上にあったものは、無機質の死んだ「物質」だけでした。生命の誕生する可能性はいかに、はかないものだったのでしょうか?そして、生命の誕生には、未知の化学反応が作用したのでしょうか?化学者であるリー・クローニン氏は、いかなる物質も進化することができるという、生命についての素晴らしい定義を打ち出し、炭素を含まない無機分子の「レゴブロック・キット」を組み立て、増殖させ、競争させつつ、完全に無機的な細胞を作ることで、これらの疑問に答えようとしています。

エドワード・テナー: 意図せぬ結果

TED2011

エドワード・テナー: 意図せぬ結果

March 2, 2011


あらゆる新発明は、期待通りにせよ予期せぬ結果にせよ世界を変えます。歴史家のエドワード・テナーは、人間が発明をする能力と結果を見通す能力の間に存在するギャップが過小評価されている述べ、これを示す事例を紹介します。

ジョアン・ハリファックス:慈悲、そして共感の真の意義について

TEDWomen 2010

ジョアン・ハリファックス:慈悲、そして共感の真の意義について

December 3, 2010


仏教徒であるジョアン・ハリファックス老師は、ホスピスや死刑囚監房など、死を目前とした人々の元で活動を行っている。このスピーチを通してジョアン老師は、死の瀬戸際における慈悲について彼女自身が学んだこと、そして共感の本質についての深い見識を、私たちに伝えてくれる。

スカイラー・ティビッツ:自己構築する物をつくる事は可能か?

TED2011

スカイラー・ティビッツ:自己構築する物をつくる事は可能か?

February 24, 2011


MIT研究者のスカイラー・ティビッツは自己組織化と呼ばれる、DNA鎖が自身を結合するように、何かをつくる(椅子や、超高層ビル)代わりに物が自身をつくるというアイディアに取り組んでいます。これは初期段階における大きなコンセプトです。ティビッツは3つの研究室内のプロジェクトを通して自己組織化の未来の展望を紹介します。

ジュリア・バッチャ:非暴力に注目を

TEDGlobal 2011

ジュリア・バッチャ:非暴力に注目を

July 13, 2011


2003年、パレスチナの村ブドゥルスは、10ヶ月にわたり非暴力デモを繰り広げ、村のオリーブ園を横切る壁の建設を中止させました。このことを知っていましたか? 答えはきっと「No」でしょう。ブラジル人映画監督ジュリア・バッチャがこう問いかけます。「どうしてイスラエル・パレスチナ紛争の武力衝突にばかり注目し、いつか平和をもたらすかもしれない非暴力の指導者を無視するのですか。」

スバンテ・ペーボ:  DNAがつなぐ私たちの内なるネアンデルタール人

TEDGlobal 2011

スバンテ・ペーボ: DNAがつなぐ私たちの内なるネアンデルタール人

July 14, 2011


遺伝学者スバンテ・ペーボ博士が、国際的な大規模研究の結果から、現代人の祖先がアフリカを旅立った後にネアンデルタール人と交配したという、遺伝的証拠を紹介します。私たちの多くはネアンデルタール人のDNAを持っているのです。また、博士は小指の小骨から新しいヒトの種を発見した経過も説明します。

ダン・アリエリ「利益相反にはご注意」

TED2011

ダン・アリエリ「利益相反にはご注意」

March 1, 2011


心理学者のダン・アリエリが自身に起きた2つのトラブルを科学的な視点から検証します。自己の短期的な目標は、意識・無意識に関わらず、知識への探求心や見識にどうのような影響を及ぼすのでしょうか。彼は、この難問を考える際に、彼は人間の欲望に満ちた脳を忘れてはならないと説きます。

マルコ・テンペスト「嘘と真実とiPodのマジック」

TEDGlobal 2011

マルコ・テンペスト「嘘と真実とiPodのマジック」

July 14, 2011


3つのiPodをマジックの小道具として使い、マルコ・テンペストが嘘と真実、芸術と感情についての巧妙で驚くほど心温まる省察を展開します。