ジェームス・キャメロン: 「アバター」を生み出した好奇心

TED2010

ジェームス・キャメロン: 「アバター」を生み出した好奇心


ジェームス・キャメロンの大予算な(そしてそれ以上に利益をあげる)映画は、それぞれが独自の世界を作り出します。彼はこの私的な話の中で、子供の頃に感じたSFやダイビングの魅力が、いかに彼を「エイリアン」「ターミネーター」「タイタニック」や「アバター」の成功に導いたかを明かします。

Richard Feynman: Physics is fun to imagine

BBC TV

Richard Feynman: Physics is fun to imagine

No Transcript

In this archival footage from BBC TV, celebrated physicist Richard Feynman explains what fire, magnets, rubber bands (and more) are like at the scale of the jiggling atoms they're made of. This accessible, enchanting conversation in physics reveals a teeming nano-world that's just plain fun to imagine.

ゲリー・フレーク 「Pivotはウェブ探索における分岐点となるか?」

TED2010

ゲリー・フレーク 「Pivotはウェブ探索における分岐点となるか?」


ゲリー・フレークがPivotのデモをお見せします。Pivotはネットにある膨大な画像やデータを整理し閲覧するためのソフトで、革新的技術Seadragonを基盤にしており、ウェブデータベースに自在にズームイン・ズームアウトして、通常のウェブブラウジングでは見えないパターンや関連の発見を可能にします

ハルシャ・ボグレ: クリケットの台頭、インドの台頭

TEDIndia 2009

ハルシャ・ボグレ: クリケットの台頭、インドの台頭


クリケットのコメンテータであるハルシャ・ボグレが、スピード感あふれる 20-20制クリケットの到来と、それに並行した現代インドの成長について語ります。イギリス生まれののんびりしたスポーツとして知られていたクリケットが、今やオーナーはセレブで選手契約は100万ドルという世界になっている様子を伝えています。

ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎

TED2010

ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎


ノーベル賞受賞者であり、行動経済学をつくり上げたダニエル・カーネマンが、休暇や大腸内視鏡検査の例を交えながら、「経験の自己」と「記憶の自己」の幸福の捉え方の違いを語ります。この識見は、経済や公共政策、我々の自己意識と密接な関係をもち、意味深いものです。

ラガヴァ・KK: アーティストとして5つの人生

TED2010

ラガヴァ・KK: アーティストとして5つの人生


人の心を引きつける正直さと弱さ、ラガヴァ・KKが色とりどりの話をします。どうやって芸術が彼を新しい土地へ連れて行ったのか、そして人生経験がどのように作用し、アーティストとして何度も生まれ変わるに至ったのか。マンガ家から画家、メディアにもてはやされてから社会に見捨てられるまで、そして息子から父親になった話です。

パワン・シンハが脳がどのように見ることを学ぶかを語ります

TEDIndia 2009

パワン・シンハが脳がどのように見ることを学ぶかを語ります


パワン・シンハは人間の脳の視覚システムがどのように発達するかという画期的な研究内容を説明します。シンハ氏と同氏のチームは生まれつき目の見えない子どもたちに、無料で視力視覚回復の治療を施し、どのように視覚データを脳が解釈するのか研究しています。この研究は神経科学、技術分野、自閉症に関する洞察も含まれています。

Bobby McFerrin: Watch me play ... the audience!

World Science Festival

Bobby McFerrin: Watch me play ... the audience!

No Transcript

In this fun, 3-min performance from the World Science Festival, musician Bobby McFerrin uses the pentatonic scale to reveal one surprising result of the way our brains are wired.

テンプル・グランディン: 世界はあらゆる頭脳を必要としている

TED2010

テンプル・グランディン: 世界はあらゆる頭脳を必要としている


子供の頃に自閉症と診断されたテンプル・グランディンが、彼女の脳の働き方について話します。彼女の“絵で考える”能力が、一般的な脳が見落としがちな問題の解決に役立つと言います。世界は、自閉症の領域にあるとされる人たち-視覚型思考者、パターン型思考者、言語型思考者や全ての風変わりな天才達-を必要としていると訴えます。

エリク・トポル:無線通信を使うこれからの医療

TEDMED 2009

エリク・トポル:無線通信を使うこれからの医療


エリク・トポルは、近いうちにスマートフォンを使って生命徴候や慢性疾患を確認するようになると説き、TEDMEDではこれからの医療で特に役立つ無線通信機器をいくつか紹介しています。これらの機器を使えば、病院のベッドで寝なくてすむ人がもっと増えるでしょう。

フィリップ ハワード: 壊れた法制度を直す4つの方法

TED2010

フィリップ ハワード: 壊れた法制度を直す4つの方法


自由の国は法律の地雷原になってしまったと フィリップ・ハワードは言います。特に医師と教師の仕事は訴訟の恐怖に麻痺してしまいました。どうすれば良いのでしょう。自身も法律家であるハワードが、米国の法律を簡単にするための 4 項目を提案します。

ケビン・ケリー: テクノロジーの壮大な歴史について

TEDxAmsterdam

ケビン・ケリー: テクノロジーの壮大な歴史について


今回のTEDxアムステルダムから届ける広範囲・刺激的な話は、ケビン・ケリーが人の生活にとってテクノロジーは何なのかについて語ったものです。個人的レベルへの影響から宇宙における意義について話します。

エイミー・マリンズ: 逆境から生まれる機会

TEDMED 2009

エイミー・マリンズ: 逆境から生まれる機会


類義語辞典が示す“disabled” (不能にする)の類義語は「役に立たない」「足を切断された」などという言葉ですが、草分け的存在のエイミー・マリンズが、この言葉の新しい定義づけをします。このような連想されがちな言葉をものともせず、マリンズは逆境がいかに人間の潜在能力の門戸を開くのか、脛骨が無い状態で生まれた彼女自身の事例を交えながら語ります。

デービッド・キャメロン: 政府の新時代

TED2010

デービッド・キャメロン: 政府の新時代


英保守党党首のデービッド・キャメロン氏は、私達は新しい時代に突入していると説く。政府の権力と財力が低下する、一方、国民がテクノロジーによって更に権限を得る新時代だ。行動経済学の理論を利用して、このような傾向をいかにして賢明な政策に発展させられるかについてキャメロン氏は探る。

「ゼロへのイノベーション」 ビル=ゲイツ、エネルギーについて語る。

TED2010

「ゼロへのイノベーション」 ビル=ゲイツ、エネルギーについて語る。


TED2010において、ビル=ゲイツがエネルギーの将来についてのビジョンを明らかにしました。地球的規模の終末を避けるためには「奇跡」が必要であるとし、従来とは全く異なるタイプの原子炉をなぜサポートしている理由を説明します。必須の目標は?2050年には地球全体での炭酸ガス排出量をゼロにすることです。

ペーター・アイゲン: 政治腐敗を明るみに出す方法

TEDxBerlin

ペーター・アイゲン: 政治腐敗を明るみに出す方法


世界で一番困っている社会問題のいくつかは、グローバルな企業と一体となって組織的で広範な政府の腐敗に原因があるとペーターアイゲンは述べています。TEDxBerlinでアイゲンは彼のTransparency Internationalが行ったスリルあふれる腐敗に対する反撃の様子を語ります。

トム・シャノン: 画家と振り子

TED in the Field

トム・シャノン: 画家と振り子


TEDはマンハッタンにあるトム・シャノンのアトリエを訪れ、科学からヒントを得たアート作品を楽しく体験する。ジョン・ホッケンベリーとの驚きに満ちた親密な対話から、シャノンの人生と作品の中で、自然のさまざまな力と、シャノンの患うパーキンソン病による手の震えがどのように作用し合っているかが明らかになる。

デイビット・アガス: がんとの戦いへの新しい戦略

TEDMED 2009

デイビット・アガス: がんとの戦いへの新しい戦略


デイビット・アガスは従来のがん治療は個々の細胞を攻撃することに焦点をあてた視野の狭いアプローチだったと説明する。そして、今までになかった薬やコンピューター・モデリング、タンパク質の解析などを活用し分野を超えて体全体を分析し治療する新しいアプローチを提案する。

ジョージ・ホワイトサイド:切手サイズの検査室

TEDxBoston 2009

ジョージ・ホワイトサイド:切手サイズの検査室


昔ながらの臨床検査は、必要を要する地域では高価で、扱いにくいものでした。TEDxBostonでのジョージ・ホワイトサイドの解決策は、独創的で、コストゼロで生産でき、誰でも簡単に扱える物でした。

ジェイミー・ヘイウッド:弟が命を吹き込んだ大計画

TEDMED 2009

ジェイミー・ヘイウッド:弟が命を吹き込んだ大計画


ジェイミー・ヘイウッドの弟はALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、ジェイミー自身も弟の闘病生活に力を注ぐことになった。ヘイウッド兄弟は精巧なウェブサイトを立ち上げ、患者が病状を共有し、経過を追うことができるようにしたのである。収集されたデータが、患者を癒し、病状を説明し、予測するのにどれだけ大きな威力を発揮するか二人は知ることになる。

センディール・ムライナサン: 社会的な問題解決の後押し

TEDIndia 2009

センディール・ムライナサン: 社会的な問題解決の後押し


MacArthur賞を受賞したセンディール・ムライナサンは行動経済学からの視点を利用して複雑な一連の社会的な問題を研究しています。どうすれば解決するか分かっているのに、解決されない問題についての研究です。 下痢が原因で死亡する子供を減少させる方法、糖尿病が原因の失明を予防する方法、太陽電池の技術を実現する方法はいずれもわかっています。しかし、なぜか実行されず、そう出来ないのです。なぜなのでしょう?

JK Rowling: The fringe benefits of failure

Harvard University

JK Rowling: The fringe benefits of failure

No Transcript

At her Harvard commencement speech, "Harry Potter" author JK Rowling offers some powerful, heartening advice to dreamers and overachievers, including one hard-won lesson that she deems "worth more than any qualification I ever earned."

ジェーン・チェン 命を救う暖かい抱擁

TEDIndia 2009

ジェーン・チェン 命を救う暖かい抱擁


発展途上国では、コストと距離のために保育器の使用は限られており、そのため毎年何百万という未熟児が死んでいきます。TED仲間のジェーン・チェンがそういう何百万という赤ちゃんを暖かく保てる発明を披露します。それは安全で、携帯可能で、安価で、命を救うデザインです。

イヴ・エンスラー : 忘れられた女子細胞

TEDIndia 2009

イヴ・エンスラー : 忘れられた女子細胞


情熱的なトークの中で、イヴ・エンスラーは私たちの中には女子細胞があると宣言します。私たちはそれを抑圧するように教えられてきました。 世界中で信じられないような逆境や暴力を克服した女の子たちの衝撃的な物語を語り、「女子」の驚くべき強さを明らかにします。

ビル・ダベンホール:健康はあなたの住む場所次第

TEDMED 2009

ビル・ダベンホール:健康はあなたの住む場所次第


あなたの住む場所は遺伝や食習慣と同じようにあなたの健康に大きな影響を与えます。しかしそれはカルテには載っていません。TEDMEDでビル・ダベンホールは地理データ(心臓発作レートから有害廃棄物の情報まで)がどのように携帯電話のGPSと組み合わさり、医者たちにその情報を与えれるかを説明します。それを“地理医学”と呼びます。

Taylor Mali: What teachers make

Bowery Poetry Club

Taylor Mali: What teachers make

No Transcript

Ever heard the phrase "Those who can't do, teach"? At the Bowery Poetry Club, slam poet Taylor Mali begs to differ, and delivers a powerful, 3-minute response on behalf of educators everywhere.

Richard Dawkins: Growing up in the universe

Royal Institution

Richard Dawkins: Growing up in the universe

No Transcript

At the Royal Institution in 1991, Richard Dawkins asks us to look at our universe with new eyes. Packed with big questions and illuminating visuals, this memorable journey through the history of life magnifies the splendor of evolution and our place in it.

アンソニー・アタラ:臓器の培養

TEDMED 2009

アンソニー・アタラ:臓器の培養


アンソニー・アタラの最先端技術を駆使した研究所では筋肉、血管、膀胱を始め様々な人間の臓器が培養されています。TEDMEDでアタラ医師は生体工学の研究者たちと取り組んでいる様子を紹介します。摂氏37度に予熱されるオーブンのようなバイオリアクタ―や人間の組織をプリントする機械など、どれもSF小説の中から飛び出して来たような発明ばかりです。