09:25
TEDxParis 2010

Guy-Philippe Goldstein: How cyberattacks threaten real-world peace

ガイ・フィリップ・ゴルトシュタイン: サイバー攻撃が現実世界にもたらしうる脅威

Filmed:

今日、攻撃者側の痕跡を残すことなく他国のコンピューターシステムに干渉するサイバー攻撃が増加の一途をたどっています。(スタックスネット・ワームはその一例です。) TEDxParisにて, サイバー攻撃がデジタル世界を飛び越え実世界における武力衝突引き起こすそのメカニズムと、この地球全体のセキュリティ危機をいかにして回避するのか、ガイ・フィリップ・ゴルトシュタインがお答えします。

- Author
Guy-Philippe Goldstein is the author of Babel Minute Zero, a novel that examines the reality of cyberwar in our current geopolitical topography. Full bio

Good afternoon.
こんにちは
00:15
If you have followed
先週 外交関連の
00:16
diplomatic news in the past weeks,
ニュースをチェックしていた方は
00:18
you may have heard of a kind of crisis
Googleという米国企業を標的とする
00:20
between China and the U.S.
サイバー攻撃を巡っての
00:22
regarding cyberattacks
米中両国間の緊張を
00:24
against the American company Google.
取り扱った記事を目にしたはずです
00:26
Many things have been said about this.
これには諸説あります
00:28
Some people have called a cyberwar
ちょっとしたスパイ活動でも
00:30
what may actually be
サイバー戦争と
00:32
just a spy operation --
呼んでしまう方もいます
00:34
and obviously, a quite mishandled one.
これは敏感になりすぎです
00:36
However, this episode reveals
しかし今回の騒動により 西欧で拡大する
00:38
the growing anxiety in the Western world
サイバー攻撃に対する不安が
00:41
regarding these emerging cyber weapons.
浮き彫りになりました
00:43
It so happens that these weapons are dangerous.
これは今までは存在しなかった
00:46
They're of a new nature:
大きな脅威なのです
00:48
they could lead the world
デジタル世界の紛争から
00:50
into a digital conflict
実際の兵器を利用した
00:52
that could turn into an armed struggle.
戦争に発展する可能性を秘めているのです
00:54
These virtual weapons can also destroy the physical world.
つまりバーチャルウェポン = 現実世界の脅威なのです
00:56
In 1982, in the middle of the Cold War
1982年 冷戦の真っ只中
01:01
in Soviet Siberia,
旧ソ連 シベリアにて
01:04
a pipeline exploded with a burst of 3 kilotons,
パイプ爆発事故が発生しました その規模は広島を襲った
01:06
the equivalent of a fourth of the Hiroshima bomb.
原爆の1/4にあたる3000トンに相当します
01:10
Now we know today -- this was revealed
ロナルド・レーガン率いる米国空軍の元長官―
01:12
by Thomas Reed,
トーマス・リードが明らかにした通り
01:14
Ronald Reagan's former U.S. Air Force Secretary --
実は この爆発事故は
01:16
this explosion was actually the result
米国中央情報局の行った
01:18
of a CIA sabotage operation,
妨害行為が原因でした
01:21
in which they had managed
この妨害工作では
01:23
to infiltrate the IT management systems
米国はパイプラインの
01:25
of that pipeline.
ITシステムへの侵入に成功しました
01:27
More recently, the U.S. government revealed
より最近の事例としては
01:29
that in September 2008, more than 3 million people
ブラジルのエスピリトサント州にて
01:32
in the state of Espirito Santo in Brazil
2008年の9月に300万を超える人が
01:35
were plunged into darkness,
ハッカーによるインターネット上の
01:38
victims of a blackmail operation from cyber pirates.
恐喝被害にあったと米国政府は発表しています
01:40
Even more worrying for the Americans,
米国にとっての最大の懸念要素は
01:45
in December 2008 the holiest of holies,
イラクやアフガニスタンでの軍事活動の
01:47
the IT systems of CENTCOM,
中央指揮システムとして中央軍が
01:50
the central command
使用しているThe Holiest of Holies と
01:52
managing the wars in Iraq and Afghanistan,
呼ばれるITシステムが2008年12月に
01:54
may have been infiltrated by hackers
ハッカーに侵入された可能性があったのです
01:57
who used these:
ここで漏洩した情報を利用した
01:59
plain but infected USB keys.
ウイルスが作成され これを
02:02
And with these keys, they may have been able
USBドライブ経由で流布させることで
02:04
to get inside CENTCOM's systems,
米国中央軍全体のシステム内の
02:06
to see and hear everything,
情報が盗み取られたり
02:08
and maybe even infect some of them.
改ざんされる可能性があったのです
02:10
As a result, the Americans take the threat very seriously.
米国も事態を重く受け止めました
02:12
I'll quote General James Cartwright,
アメリカ統合参謀本部副議長―
02:14
Vice Chairman of the Joint Chiefs of Staff,
ジェームズ・カーライト大将は
02:16
who says in a report to Congress
国会への報告書で以下のように述べました
02:18
that cyberattacks could be as powerful as
「サイバー攻撃の危険性は
02:20
weapons of mass destruction.
大量破壊兵器のそれに匹敵する」
02:23
Moreover, the Americans have decided
更に米国は今後5年で
02:26
to spend over 30 billion dollars
サイバー兵器の開発に
02:28
in the next five years
300億ドル以上を
02:30
to build up their cyberwar capabilities.
投入するとしています
02:32
And across the world today, we see
本日では北朝鮮や
02:34
a sort of cyber arms race,
イランを筆頭に
02:36
with cyberwar units
世界中がサイバー戦争に
02:39
built up by countries like North Korea
向けての準備を
02:41
or even Iran.
整えています
02:43
Yet, what you'll never hear
しかしペンタゴンやフランス防衛省は
02:44
from spokespeople
敵対国はどこなのか ということは
02:46
from the Pentagon or the French Department of Defence
あまり問題視しておらず
02:48
is that the question isn't really
実際に議論の焦点となっているのは
02:51
who's the enemy, but actually
サイバーウェポンの備えている
02:53
the very nature of cyber weapons.
その性質なのです
02:55
And to understand why, we must look at how,
その理由を理解するために
02:58
through the ages, military technologies
今まで 軍部の技術が世界の平和を
03:00
have maintained or destroyed
いかに保ち いかに脅かしてきたかを
03:03
world peace.
考察してみましょう
03:05
For example,
例えば
03:08
if we'd had TEDxParis
このTEDxParisが
03:10
350 years ago,
350年前に開催されていたら
03:11
we would have talked about the military innovation of the day --
当時の軍部のめざましい開発 とりわけ
03:13
the massive Vauban-style fortifications --
巨大ヴォーバン式要塞について議論を交わし
03:16
and we could have predicted
「これでヨーロッパは安泰だ」
03:19
a period of stability in the world or in Europe.
などと予測を立てていたことでしょう
03:21
which was indeed the case in Europe
実際1650年から1750年の間は
03:24
between 1650 and 1750.
ヨーロッパは安定していました
03:27
Similarly, if we'd had this talk
更に 30 - 40年前にTEDxParisが実現していれば
03:29
30 or 40 years ago, we would have seen
当時騒がれていた核兵器の台頭と
03:32
how the rise of nuclear weapons,
相互確証破壊の脅威が
03:35
and the threat of mutually assured destruction they imply,
いかにして二つの超大国間の対立の
03:37
prevents a direct fight between the two superpowers.
抑止力となりえるか議論したことでしょう
03:41
However, if we'd had this talk 60 years ago,
さて 60年前ではどうだったでしょうか?
03:45
we would have seen how the emergence
新型の航空機や戦車技術がもたらす
03:47
of new aircraft and tank technologies,
攻撃面における優位性に
03:50
which give the advantage to the attacker,
着目していたことでしょう
03:53
make the Blitzkrieg doctrine very credible
電撃戦の戦闘教義に説得力を与え
03:56
and thus create the possibility of war in Europe.
ヨーロッパ戦争を引き起こすに至るのです
03:59
So military technologies
つまり軍部の技術は
04:02
can influence the course of the world,
世界の行く先や世界平和そのものに
04:04
can make or break world peace --
直接に影響を及ぼすのです
04:06
and there lies the issue with cyber weapons.
そこでサイバーウェポンが問題となるのです
04:08
The first issue:
まず一つ目の問題ですが
04:10
Imagine a potential enemy announcing
敵対国が自己防衛のためと謳って
04:12
they're building a cyberwar unit,
サイバー兵器の開発を
04:15
but only for their country's defense.
宣言したとしましょう
04:17
Okay, but what distinguishes it
いや待てよ 攻撃用と防衛用は
04:19
from an offensive unit?
どうやって見分けるんだ?
04:22
It gets even more complicated
使用原則が曖昧になれば
04:24
when the doctrines of use become ambiguous.
事態は更に不透明性を増します
04:26
Just 3 years ago, both the U.S. and France
ちょうど3年前 米仏両国は
04:30
were saying they were investing militarily in cyberspace,
ITシステム保護の強化のためと言って軍のサイバースペースに
04:34
strictly to defend their IT systems.
資金投入をしていることを発表しました
04:38
But today both countries say
しかし今日では両国揃って言っています
04:41
the best defense is to attack.
「攻撃こそ最大の防御である」
04:44
And so, they're joining China,
つまり攻撃用であり防衛用であると
04:46
whose doctrine of use for 15 years has been
15年間言い続けてきた
04:48
both defensive and offensive.
中国と同じ立場に立つに至ったのです
04:52
The second issue:
第二の問題ですが
04:55
Your country could be under cyberattack
サイバー攻撃の対象となれば
04:57
with entire regions plunged into total darkness,
一国全体が混沌とした状態に陥ることになります
05:01
and you may not even know
更には攻撃者側の
05:04
who's attacking you.
特定が一切不可能な場合もあります
05:06
Cyber weapons have this peculiar feature:
サイバーウェポンには
05:08
they can be used
使用者の痕跡が残らないという
05:10
without leaving traces.
特異な性質が備わっています
05:12
This gives a tremendous advantage to the attacker,
これは攻撃者側には大変な利点です
05:13
because the defender
被害者側は報復の
05:15
doesn't know who to fight back against.
対象を定めることができないのです
05:17
And if the defender retaliates against the wrong adversary,
報復相手を見誤れば
05:19
they risk making one more enemy
敵対国を一つ増やすだけでなく
05:21
and ending up diplomatically isolated.
政治的孤立の可能性も高まります
05:24
This issue isn't just theoretical.
理論だけでは片付けられないのです
05:26
In May 2007, Estonia was the victim of cyberattacks,
2007年5月サイバー攻撃により
05:28
that damaged its communication
エストニアは銀行業務システムと
05:30
and banking systems.
通信系に被害をうけました
05:33
Estonia accused Russia.
エストニアはロシアを責めました
05:35
But NATO, though it defends Estonia,
NATOはエストニアを擁護しながらも
05:37
reacted very prudently. Why?
迅速に対応をしました なぜでしょう?
05:39
Because NATO couldn't be 100% sure
NATOはクレムリンが今回の件に
05:41
that the Kremlin was indeed behind these attacks.
関わっているか否か100%の確信は持てなかったからです
05:43
So to sum up, on the one hand,
つまり裏を返せば
05:48
when a possible enemy announces
敵対国となり得る国家が
05:51
they're building a cyberwar unit,
サイバー戦争用の兵器開発を
05:53
you don't know whether it's for attack
宣言した段階では攻撃用・防衛用の
05:55
or defense.
見境はつけられないのです
05:57
On the other hand,
他方で
05:58
we know that these weapons give an advantage to attacking.
攻撃には大変有効で有ることは認識しています
05:59
In a major article published in 1978,
1978年に発表されたある論文で
06:03
Professor Robert Jervis of Columbia University in New York
コロンビア大学のロバート・ハービス教授は
06:06
described a model to understand
争いが起こるまでの過程を
06:08
how conflicts could arise.
モデル化しています
06:10
In this context,
今回の事例では
06:12
when you don't know if the potential enemy
敵対国になり得る国が
06:15
is preparing for defense or attack,
攻撃手段になりえるサイバーウェポンの
06:17
and if the weapons give an advantage to attacking,
開発に取りかかっている段階こそが
06:20
then this environment is
確率論的には
06:22
most likely to spark a conflict.
最も争いを引き起こしやすいとしています
06:24
This is the environment that's being created
これが今日のサイバーウェポンが
06:28
by cyber weapons today,
作りあげてしまった環境なのです
06:30
and historically it was the environment in Europe
歴史を振り返ると 第一次世界大戦前の
06:32
at the onset of World War I.
ヨーロッパはまさにこの状態でした
06:35
So cyber weapons
サイバー兵器はその性質上
06:39
are dangerous by nature,
危険をはらんでいますが
06:41
but in addition, they're emerging
更に具合の悪いことに 最近では
06:43
in a much more unstable environment.
不安定化してきています
06:46
If you remember the Cold War,
冷戦時を思い出してください
06:48
it was a very hard game,
とても厳しい時代でしたが
06:50
but a stable one played only by two players,
当事者は安定して二ヶ国だったために
06:52
which allowed for some coordination between the two superpowers.
なんとなく平衡は保てていました
06:54
Today we're moving to a multipolar world
今日 私たちが歩みを進める多極化した世界では平衡を
06:57
in which coordination is much more complicated,
保つことが難しくなっています
07:02
as we have seen at Copenhagen.
コペンハーゲンがその良い証拠でした
07:03
And this coordination may become even trickier
これにサイバーウェポンが加わることで
07:06
with the introduction of cyber weapons.
事態は更に悪化します
07:09
Why? Because no nation
なぜ? 隣国が攻め込んでくるのかどうか
07:12
knows for sure whether its neighbor
確証を持っている国は
07:14
is about to attack.
どこにも存在しないからです
07:17
So nations may live under the threat
つまりノーベル賞受賞者の
07:19
of what Nobel Prize winner Thomas Schelling
トーマス・シェリングが提唱した「奇襲攻撃の相互的恐怖」に
07:21
called the "reciprocal fear of surprise attack,"
陥ってしまう可能性があるのです
07:24
as I don't know if my neighbor
隣国が攻め込んでくるのか否か
07:26
is about to attack me or not --
こんなことは
07:28
I may never know --
誰も知りえません
07:30
so I might take the upper hand
そこで覚悟を決めて
07:32
and attack first.
先制攻撃に出るのです
07:34
Just last week,
先週のことですが
07:37
in a New York Times article dated January 26, 2010,
2010年1月26日のニューヨークタイムズの記事の中で
07:39
it was revealed for the first time that
米国国家安全保障局側は
07:43
officials at the National Security Agency
米国がサイバーアタックの標的となり
07:45
were considering the possibility of preemptive attacks
緊急の危機に直面すれば
07:48
in cases where the U.S. was about
先制攻撃に出る可能性があるということを
07:52
to be cyberattacked.
初めて公表しました
07:55
And these preemptive attacks
しかもこの先制攻撃は
07:58
might not just remain
サイバースペースだけに
08:00
in cyberspace.
とどまらないのです
08:01
In May 2009, General Kevin Chilton,
2009年5月 米戦略軍司令官のケビン・チルトン将軍は
08:05
commander of the U.S. nuclear forces,
米国を対象とするサイバー攻撃時には
08:10
stated that in the event of cyberattacks against the U.S.,
あらゆる対抗手段を検討する準備があることを
08:13
all options would be on the table.
明らかにしました
08:18
Cyber weapons do not replace
サイバー兵器は実世界の
08:21
conventional or nuclear weapons --
兵器の代用にはなりえませんが
08:23
they just add a new layer to the existing system of terror.
既存の脅威に拍車をかけてしまいます
08:25
But in doing so, they also add their own risk
しかしそれと同時に
08:30
of triggering a conflict --
争いの引き金にもなってしまいます
08:33
as we've just seen, a very important risk --
このリスクを見逃すことはできません
08:35
and a risk we may have to confront
このリスクに立ち向かうには
08:37
with a collective security solution
ヨーロッパ連合の加盟国を初め
08:39
which includes all of us:
NATO加盟国・米国・―
08:42
European allies, NATO members,
その他西欧諸国が一致団結して
08:44
our American friends and allies,
セキュリティソリューションを
08:46
our other Western allies,
提示していかなくてはいけません
08:48
and maybe, by forcing their hand a little,
少し背中を押せば
08:50
our Russian and Chinese partners.
ロシア・中国とも連携していきます
08:52
The information technologies
ジョエル・ド・ロズネーが話をしていた
08:55
Joël de Rosnay was talking about,
情報技術というものは
08:57
which were historically born from military research,
元はといえば軍部の調査目的で開発されたものですが
08:59
are today on the verge of developing
今日では 道を誤れば
09:01
an offensive capability of destruction,
世界平和を一転 破滅に導くだけの
09:03
which could tomorrow, if we're not careful,
途方もない脅威を生み出してしまう
09:06
completely destroy world peace.
一歩手前の所まで来てしまっているのです
09:10
Thank you.
ありがとうございました
09:13
(Applause)
(拍手)
09:15
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the Speaker:

Guy-Philippe Goldstein - Author
Guy-Philippe Goldstein is the author of Babel Minute Zero, a novel that examines the reality of cyberwar in our current geopolitical topography.

Why you should listen

By day, Guy-Philippe Goldstein is a management consultant. At night, he writes gripping political thrillers treating of cyberwar. He's a graduate of France’s prestigious Hautes Études Commerciales, and has an MBA from Northwestern University. Babel Minute Zero is his first novel.

More profile about the speaker
Guy-Philippe Goldstein | Speaker | TED.com