12:04
TED2012

Liz Diller: A new museum wing ... in a giant bubble

リズ・ディラー: 美術館の新しい翼(よく)は巨大な泡

Filmed:

ありふれた建物の中に素晴らしい公共空間を作るには、どうすれば良いのでしょうか? リズ・ディラーが、ワシントンD.C.のハーシュホーン美術館における友好的で陽気(そしてセクシー)な増築のストーリーを語ってくれます。

- Designer
Liz Diller and her maverick firm DS+R bring a groundbreaking approach to big and small projects in architecture, urban design and art -- playing with new materials, tampering with space and spectacle in ways that make you look twice. Full bio

私たちは空間というものを慣例的に
00:12
We conventionally divide space
個人と公共の領域に分けています
00:15
into private and public realms,
00:17
and we know these legal distinctions very well
私たちは法律的な個人と公共の
境目をよく知っています
なぜなら私たちは
00:20
because we've become experts
自らの財産と土地を守ることに
長けているからです
00:22
at protecting our private property and private space.
一方 私たちは
00:26
But we're less attuned
公共というもののニュアンスに
慣れていません
00:28
to the nuances of the public.
何が公共の空間を
特別なものにするのでしょうか?
00:31
What translates generic public space into qualitative space?
実は このテーマは
00:35
I mean, this is something
私たちのスタジオがこの10年間
00:36
that our studio has been working on
取り組んでいることで
00:38
for the past decade.
いくつかのケーススタディを
行ってきました
00:40
And we're doing this through some case studies.
私たちは多くの労力を使い
00:42
A large chunk of our work
00:44
has been put into transforming
廃墟となり誰も見向きもしなくなった
この工業施設を
00:45
this neglected industrial ruin
脱工業的で活気にあふれ
00:48
into a viable post-industrial space
過去と未来をつなぐ空間へと
00:51
that looks forward and backward
00:52
at the same time.
再生しています
00:53
And another huge chunk of our work
また 時代にそぐわなくなった場所を
00:56
has gone into making relevant
現在に結びつける活動にも
力を入れています
00:58
a site that's grown out of sync with its time.
リンカーンセンターでの例は
01:01
We've been working on democratizing Lincoln Center
普段はオペラチケットに300ドルも出せない
01:04
for a public that doesn't usually have $300
一般市民にも
その場が開かれるようにしました
01:08
to spend on an opera ticket.
私たちは公共の空間で
何かを食べたり
01:12
So we've been eating, drinking,
飲んだり考え事をしたり
生活したり
01:13
thinking, living public space
長い時間を過ごしています
01:16
for quite a long time.
そのことから わかることは
01:17
And it's taught us really one thing,
真に有用な公共空間を
作るためには
01:20
and that is to truly make good public space,
建築や都市計画
01:24
you have to erase the distinctions
風景やメディアデザイン
その他もろもろの
01:27
between architecture, urbanism,
区別を取り払う必要があるということです
01:30
landscape, media design
01:31
and so on.
これらの区別を
越えなくてはいけません
01:33
It really goes beyond distinction.
現在 私たちはワシントンD.C.で
01:35
Now we're moving onto Washington, D.C.
次のプロジェクトに
取り組んでいます
01:38
and we're working on another transformation,
ハーシュホーン博物館です
01:40
and that is for the existing Hirshhorn Museum
それはアメリカで
最も知られている公共広場
01:43
that's sited
01:45
on the most revered public space in America,
ナショナル・モール
に隣接しています
01:47
the National Mall.
ナショナル・モールは
01:50
The Mall is a symbol
アメリカ民主主義の
シンボルです
01:52
of American democracy.
素敵なことに
このシンボルは
01:54
And what's fantastic is that this symbol
ものや画像
01:57
is not a thing, it's not an image,
人工物ではなく
02:00
it's not an artifact,
空間なのです
02:01
actually it's a space,
両脇の建物によって形作られる
02:03
and it's kind of just defined by a line of buildings
ただの空間です
02:06
on either side.
02:08
It's a space where citizens can voice their discontent
市民が意見を述べ
力を示せる場所です
02:12
and show their power.
ここは アメリカ史における
02:13
It's a place where pivotal moments in American history
いくつもの歴史的瞬間の舞台となり
02:16
have taken place.
それらが永遠に刻み込まれています
02:18
And they're inscribed in there forever --
例えば ワシントン大行進や
02:20
like the march on Washington for jobs and freedom
マーティン・ルーサー・キングの
素晴らしいスピーチがありました
02:23
and the great speech that Martin Luther King gave there.
ベトナム戦争への抗議デモや
02:26
The Vietnam protests, the commemoration of all that died
エイズ流行の問題を訴えるデモ
02:30
in the pandemic of AIDS,
女性の性と生殖の権利を訴えたデモは
02:32
the march for women's reproductive rights,
つい最近のものです
02:35
right up until almost the present.
ナショナル・モールは
この国で市民が意見を唱える上で
02:38
The Mall is the greatest civic stage
最も偉大な場所なのです
02:41
in this country for dissent.
ナショナル・モールは
言論の自由そのものです
02:45
And it's synonymous with free speech,
たとえ明確に言いたいことが
分からなくてもです
02:49
even if you're not sure what it is that you have to say.
市民感情のはけ口と
なる場所なのかもしれません
02:51
It may just be a place for civic commiseration.
市民のエネルギーがあふれるモールと
02:57
There is a huge disconnect, we believe,
それを囲む博物館の間には
03:00
between the communicative and discursive space of the Mall
大きな壁があると
私たちは考えています
03:05
and the museums that line it to either side.
これらの博物館は多くの場合
受動的なのです
03:09
And that is that those museums are usually passive,
展示をする側の博物館と
03:12
they have passive relationships between the museum
情報の受け手としての観客の間には
03:16
as the presenter and the audience,
受動的な関係があります
03:17
as the receiver of information.
私たちは恐竜を見たり
03:19
And so you can see dinosaurs
昆虫や機関車のコレクションなどを
03:21
and insects and collections of locomotives
見ることができます
03:25
and all of that,
しかし そこに参加しているわけではなく
03:26
but you're really not involved;
ただ話を聴くだけです
03:28
you're being talked to.
2009年に リチャード ・ コシャレックが
03:30
When Richard Koshalek took over as director of the Hirshhorn
ハーシュホーン美術館の
ディレクターに就いたとき
03:34
in 2009,
彼は美術館が
03:36
he was determined to take advantage
合衆国で最もユニークな場所
すなわち―
03:39
of the fact that this museum was sited
連邦政府権力のお膝元にあることを
03:42
at the most unique place:
うまく利用したいと考えました
03:44
at the seat of power in the U.S.
芸術と政治は
03:46
And while art and politics
常に本質的かつ無条件で
密接に結びついているものですが
03:48
are inherently and implicitly together always and all the time,
ワシントンでは
ワシントン固有の
03:53
there could be some very special relationship
特別な関係性がありうる
と考えています
03:57
that could be forged here in its uniqueness.
芸術は究極的な意味において
04:01
The question is, is it possible ultimately
国家的・世界的な事柄に関する対話に
04:04
for art to insert itself
入っていくことができるのでしょうか?
04:06
into the dialogue of national and world affairs?
博物館は文化交流における
外交の役割を担えるのでしょうか?
04:09
And could the museum be an agent of cultural diplomacy?
ワシントン D.C.には180 以上の大使館
04:13
There are over 180 embassies in Washington D.C.
500以上のシンクタンクがあります
04:18
There are over 500 think tanks.
この知的で国際的なエネルギーを
04:21
There should be a way
取り込み 博物館を通して活かす方法が
04:22
of harnessing all of that intellectual and global energy
何かしらあるはずです
04:25
into, and somehow through, the museum.
それには 専門知識を持った
ブレーンが必要です
04:27
There should be some kind of brain trust.
そこで私たちが
ハーシュホーン美術館の
04:30
So the Hirshhorn, as we began to think about it,
手助けをすることになり
リチャードのチームと
04:34
and as we evolved the mission,
このミッションに取り組んでいます
04:36
with Richard and his team --
それは彼の活力の源泉と
なっています
04:38
it's really his life blood.
現代美術の展示を超えて
04:40
But beyond exhibiting contemporary art,
ハーシュホーンは公のフォーラム
04:44
the Hirshhorn will become a public forum,
芸術や文化 政治や政策に関する
04:47
a place of discourse
04:49
for issues around arts,
04:51
culture, politics and policy.
議論が行われる場所に
なろうとしています
それは世界経済フォーラムのような
国際的な影響力を持つでしょう
04:56
It would have the global reach of the World Economic Forum.
TEDカンファレンスのような学際的な場に
05:00
It would have the interdisciplinarity of the TED Conference.
そして 街角のような
気軽さを持つ場になるでしょう
05:03
It would have the informality of the town square.
この新しい構想を実現するには
05:08
And for this new initiative,
ハーシュホーン美術館は
05:10
the Hirshhorn would have to expand
現代的で柔軟性のある建物に
05:12
or appropriate a site
生まれ変わる必要があります
05:13
for a contemporary, deployable structure.
これがハーシュホーン美術館です
05:16
This is it. This is the Hirshhorn --
直径70メートルの
コンクリート製ドーナツです
05:18
so a 230-foot-diameter concrete doughnut
70年代初頭
05:21
designed in the early '70s
ゴードン・バンシャフトが設計しました
05:23
by Gordon Bunshaft.
武骨で物静か
05:25
It's hulking, it's silent,
閉塞的かつ尊大
05:26
it's cloistered, it's arrogant,
これはデザインの挑戦です
05:28
it's a design challenge.
建築家から憎まれながらも
愛される建物で
05:30
Architects love to hate it.
05:32
One redeeming feature
良いところの一つは
建物が地面から持ち上げられており
05:34
is it's lifted up off the ground
空っぽで何もない
05:35
and it's got this void,
中心部分を持っていることです
05:37
and it's got an empty core
その外観は企業や連邦政府のスタイルに
05:39
kind of in the spirit and that facade
よくあっているようです
05:42
very much corporate and federal style.
中心部分を囲むリング状の建物が
05:45
And around that space,
実際のギャラリーとなっています
05:47
the ring is actually galleries.
展示会をするのはとても難しいです
05:49
Very, very difficult to mount shows in there.
ハーシュホーンがオープンしたとき
05:51
When the Hirshhorn opened,
ニューヨーク・タイムズの評論家
05:53
Ada Louise Huxstable, the New York Times critic,
エイダ・ルイーズ・ハックステーブルは
05:55
had some choice words:
「モダンなネオ刑務所」
05:57
"Neo-penitentiary modern."
「不完全なコレクションのための
不完全な記念碑と不完全なモール」
05:59
"A maimed monument and a maimed Mall
と表現しました
06:02
for a maimed collection."
40年が経ち
06:03
Almost four decades later,
新しい進歩的プロジェクトにおいて
06:05
how will this building expand
この建物はどのように
拡張されるのでしょうか?
06:07
for a new progressive program?
一体どこに広げれば良いでしょう?
06:09
Where would it go?
ナショナル・モールの中に
06:10
It can't go in the Mall.
増築するスペースはありません
06:11
There is no space there.
中庭に新しい建物を作ることもできません
06:13
It can't go in the courtyard.
すでに風景と彫刻美術によっていっぱいです
06:14
It's already taken up by landscape and by sculptures.
中心の空間はどうでしょうか?
06:20
Well there's always the hole.
しかし どのようにすれば
この中央の空間を取り出し
06:21
But how could it take the space of that hole
外から見えるようにできるでしょうか?
06:26
and not be buried in it invisibly?
どうすれば象徴的なものになるでしょうか?
06:28
How could it become iconic?
06:29
And what language would it take?
どのような言葉を用いればよいでしょうか?
ハーシュホーンはモールの中でも
記念碑的な施設の中に位置しています
06:33
The Hirshhorn sits among the Mall's momumental institutions.
それらのほとんどは新古典主義です
重く不透明で
06:36
Most are neoclassical, heavy and opaque,
石やコンクリートで作られています
06:39
made of stone or concrete.
問題は
06:42
And the question is,
そこに居場所を見つけたとして
06:44
if one inhabits that space,
モールの材料は何になるのかです
06:45
what is the material of the Mall?
周りを囲む建物とは
異なる材料になるでしょう
06:48
It has to be different from the buildings there.
それは全く異なるものになるでしょう
06:51
It has to be something entirely different.
それは空気のようなものでしょう
06:53
It has to be air.
私たちはそれは光のようなものだとも
想像しています
06:55
In our imagination, it has to be light.
それは はかなく形のないものでしょう
06:57
It has to be ephemeral. It has to be formless.
そしてそれは自由なものでしょう
06:59
And it has to be free.
(ビデオ)
07:02
(Video)
これは大きなアイディアです
07:13
So this is the big idea.
巨大なエアバッグです
07:16
It's a giant airbag.
エアバッグは入れ物の
かたちを反映しつつも
07:19
The expansion takes the shape of its container
建物のてっぺんやら
端やらから
07:22
and it oozes out wherever it can --
溢れ出してきます
07:24
the top and sides.
詩的に言うのであれば
07:26
But more poetically,
ナショナル・モールに満ちる―
07:28
we like to think of the structure
民主主義の空気を吸いこんで
07:30
as inhaling the democratic air of the Mall,
内部に取り込んだ建物だといえるでしょう
07:32
bringing it into itself.
改修前と改修後です
07:36
The before and the after.
メディアには「泡」と称されました
07:40
It was dubbed "the bubble" by the press.
07:43
That was the lounge.
ラウンジです
泡の内部は基本的にひとつづきの空間で
07:45
It's basically one big volume of air
様々な方向に溢れ出しています
07:48
that just oozes out in every direction.
膜となる部分は半透明です
07:51
The membrane is translucent.
シリコンコーディングの
グラスファイバーを使っています
07:53
It's made of silcon-coated glass fiber.
年に2回 1ヶ月ずつ
膨らむ予定です
07:56
And it's inflated twice a year for one month at a time.
これが内側からの眺めです
08:00
This is the view from the inside.
我々がどのようにして
08:04
So you might have been wondering
連邦政府の承認を得ることができたのか
08:05
how in the world
不思議に思うかもしれません
08:07
did we get this approved by the federal government.
このプロジェクトは二つの機関によって
承認される必要があったのですが
08:09
It had to be approved by actually two agencies.
その一つはナショナル・モールの
08:14
And one is there to preserve
尊厳と神聖さを守るための機関です
08:18
the dignity and sanctity of the Mall.
この形を見せるたびに
顔を赤らめてしまいますが
08:20
I blush whenever I show this.
みなさまの解釈にお任せします
08:23
It is yours to interpret.
ひとつ言えることは
08:27
But one thing I can say
それは偶像破壊と
08:29
is that it's a combination
崇拝の
08:31
of iconoclasm
組み合わせです
08:33
and adoration.
さらに創造的な解釈も使いました
08:37
There was also some creative interpretation involved.
1910年の建築法によると
08:40
The Congressional Buildings Act of 1910
ワシントンD. C.での建物の高さは
08:43
limits the height of buildings in D.C.
尖塔やドーム、ミナレットを除いて
08:45
to 130 feet,
約40メートル(130 フィート)
以下に制限されています
08:47
except for spires, towers, domes and minarettes.
逆に言うと教会や国家の建造物であれば
法適用が免除されるわけです
08:50
This pretty much exempts monuments of the church and state.
私たちの泡は
45メートル(153フィート)あります
08:54
And the bubble is 153 ft.
横には神殿を表示しています
08:58
That's the Pantheon next to it.
中には3万4千立方メートルの
圧縮空気が入っています
09:00
It's about 1.2 million cubic feet of compressed air.
私たちは泡が聖堂として扱われるように
09:03
And so we argued it
交渉しました
09:05
on the merits of being a dome.
泡は 堂々たるモール内の建物に並んで
09:07
So there it is,
泡は 堂々たるモール内の建物に並んで
09:09
very stately,
非常に堂々としていますね
09:11
among all the stately buildings in the Mall.
ハーシュホーンはランドマークとなる
建物ではありませんが
09:14
And while this Hirshhorn is not landmarked,
歴史的な事柄にとてもとても
気をつかう必要があります
09:17
it's very, very historically sensitive.
このため私たちは建物の表面に
触れることができず
09:19
And so we couldn't really touch its surfaces.
痕跡を残すことは許されませんでした
09:22
We couldn't leave any traces behind.
このため泡は端からケーブルによって
09:24
So we strained it from the edges,
引っ張られ固定されます
09:26
and we held it by cables.
ボンデージ技術の
ケーススタディです
09:28
It's a study of some bondage techniques,
これは実際に非常に重要なところです
09:31
which are actually very, very important
泡は常に風を受けているからです
09:33
because it's hit by wind all the time.
上部には鉄製のリングがついていますが
09:34
There's one permanent steel ring at the top,
モールの中からこれを見ることはできません
09:36
but it can't be seen from any vantage point on the Mall.
また 光の加減についても
09:39
There are also some restrictions
制約がありました
09:42
about how much it could be lit.
泡は半透明のため内部から輝きます
09:43
It glows from within, it's translucent.
しかし 国会議事堂やその他の施設よりも
09:45
But it can't be more lit than the Capitol
輝いてはいけないのです
09:49
or some of the monuments.
泡があまり明るくないのは
このためなのです
09:50
So it's down the hierarchy on lighting.
09:51
So it comes to the site twice a year.
泡は年2回だけ出現します
泡は配送トラックから降ろされます
09:55
It's taken off the delivery truck.
立ちあげられます
09:57
It's hoisted.
そして 低圧縮空気によって
09:59
And then it's inflated
膨らみます
10:01
with this low-pressure air.
そしてケーブルによって固定されます
10:03
And then it's restrained with the cables.
そして底に重しとして水が入れられます
10:04
And then it's ballasted with water at the very bottom.
モールを管理する役人たちに
10:08
This is a very strange moment
設置期間を尋ねられたのは
10:12
where we were asked by the bureaucracy at the Mall
とても奇妙な瞬間でした
10:15
how much time would it take to install.
最初の設置には1週間ほどかかりますと
言いました
10:18
And we said, well the first erection would take one week.
彼らはそのことがとても
気に入りました
10:21
And they really connected with that idea.
そのあとは 簡単でした
10:24
And then it was really easy all the way through.
ですので 政府やその他の機関を説得するのに
10:28
So we didn't really have that many hurdles, I have to say,
実際には言うほどのハードルはなかったのです
10:32
with the government and all the authorities.
一方で技術的には
10:34
But some of the toughest hurdles
難しいハードルがありました
10:36
have been the technical ones.
これは縦糸と横糸です
10:37
This is the warp and weft.
これは点群です
10:39
This is a point cloud.
ここに強い圧力がかかります
10:41
There are extreme pressures.
泡はこれまでに例のない建築物です
10:43
This is a very, very unusual building
重力による圧力がかからない一方
10:44
in that there's no gravity load,
(空気による)全方向への圧力がかかります
10:46
but there's load in every direction.
そろそろプレゼンの締めに入っていきます
10:48
And I'm just going to zip through these slides.
10:53
And this is the space in action.
ここが活動が行われるスペースです
議論のための柔軟な内装
10:56
So flexible interior for discussions,
このような感じです
10:59
just like this, but in the round --
内側では 光や再構成を利用した
11:01
luminous and reconfigurable.
パフォーマンスや映画や展示など
11:02
Could be used for anything,
いろいろなことに
11:05
for performances, films,
使えます
11:07
for installations.
最初のプログラムとして
11:09
And the very first program
外交問題評議会と共同で企画されている
11:12
will be one of cultural dialogue and diplomacy
文化対話と外交に関する
11:13
organized in partnership
プログラムが計画されています
11:15
with the Council on Foreign Relations.
形式と内容がここでは一緒になっています
11:18
Form and content are together here.
泡は反建築物です
11:19
The bubble is an anti-monument.
参加型民主主義の理想が
11:22
The ideals of participatory democracy
厳格さよりは しなやかさによって
11:25
are represented through suppleness
表現されます
11:27
rather than rigidity.
芸術と政治が
11:28
Art and politics
博物館の壁の外の曖昧な空間を
満たしていますが
11:30
occupy an ambiguous site outside the museum walls,
しかし博物館の中央部分では
11:33
but inside of the museum's core,
その空気が
11:37
blending its air
モールの民主主義の空気と
ブレンドされるのです
11:39
with the democratic air of the Mall.
泡が 最初にふくらむのは
11:41
And the bubble will inflate
うまくいけば
11:47
hopefully for the first time
2013年の終わり頃になるでしょう
11:48
at the end of 2013.
ありがとうございました
11:50
Thank you.
(拍手)
11:53
(Applause)
Translated by Toshiya Komoda
Reviewed by Yuko Yoshida

▲Back to top

About the Speaker:

Liz Diller - Designer
Liz Diller and her maverick firm DS+R bring a groundbreaking approach to big and small projects in architecture, urban design and art -- playing with new materials, tampering with space and spectacle in ways that make you look twice.

Why you should listen

Liz Diller's firm, Diller Scofidio & Renfro, might just be the first post-wall architects. From a mid-lake rotunda made of fog to a gallery that destroys itself with a robotic drill, her brainy takes on the essence of buildings are mind-bending and rebellious. DS+R partakes of criticism that goes past academic papers and into real structures -- buildings and art installations that seem to tease the squareness of their neighbors.

DS+R was the first architecture firm to receive a MacArthur "genius" grant -- and it also won an Obie for Jet Lag, a wildly creative piece of multimedia off-Broadway theater. A reputation for rampant repurposing of materials and tricksy tinkering with space -- on stage, on paper, on the waterfront -- have made DS+R a sought-after firm, winning accounts from the Juilliard School, Alice Tully Hall and the School of American Ballet, as part of the Lincoln Center overhaul; at Brown University; and on New York's revamp of Governer's Island. Their Institute for Comtemporary Art has opened up a new piece of Boston's waterfront, creating an elegant space that embraces the water.

Learn more about the Hirshhorn Museum >>

 

More profile about the speaker
Liz Diller | Speaker | TED.com