19:49
TEDSalon NY2012

Adam Davidson: What we learned from teetering on the fiscal cliff

アダム・デビッドソン 「『財政の崖』が解決しない本当の理由」

Filmed:

2012年末、アメリカの政治は「財政の崖」をめぐって混乱状態にありました。共和党と民主党が合意しない限り、増税と歳出削減のダブルパンチによってアメリカの景気は冷え込んでしまうのです。世界もアメリカの政治判断に注目していました。 経済ポッドキャスト「Planet Money」の司会者アダム・デビッドソンが、この問題の解決に役立つかも知れない、驚くべきデータを披露してくれます。

- Journalist
Adam Davidson is the co-host and co-creator of "Planet Money," a weekly podcast and radio feature about the economy. Full bio

So a friend of mine who's a political scientist,
政治学者の友達が
数カ月前にこんな予言をしました
00:17
he told me several months ago
政治学者の友達が
数カ月前にこんな予言をしました
00:19
exactly what this month would be like.
政治学者の友達が
数カ月前にこんな予言をしました
00:21
He said, you know, there's this fiscal cliff coming,
「財政の崖が訪れるのは2013年の初めだ
00:23
it's going to come at the beginning of 2013.
「財政の崖が訪れるのは2013年の初めだ
00:26
Both parties absolutely need to resolve it,
民主党も共和党も この問題の解決を望んでいるけど
先に動くのを嫌がっている
00:29
but neither party wants to be seen as the first to resolve it.
民主党も共和党も この問題の解決を望んでいるけど
先に動くのを嫌がっている
00:32
Neither party has any incentive to solve it a second before it's due,
ギリギリまで解決を引き延ばしたがっている
00:35
so he said, December, you're just going to see lots of
これから君は 色々なところで
交渉が難航してるとか
00:39
angry negotiations, negotiations breaking apart,
これから君は 色々なところで
交渉が難航してるとか
00:42
reports of phone calls that aren't going well,
決裂したとかという報道を聞くことになるだろう
00:45
people saying nothing's happening at all,
でも クリスマスか新年辺りには
00:48
and then sometime around Christmas or New Year's,
でも クリスマスか新年辺りには
00:50
we're going to hear, "Okay, they resolved everything."
『万事解決』しているだろうね」と
00:53
He told me that a few months ago. He said he's 98 percent positive they're going to resolve it,
彼は数ヶ月前は この問題は98%の確率で
解決すると言っていました
00:55
and I got an email from him today saying, all right,
しかし今朝 彼からきたメールには
01:00
we're basically on track, but now I'm 80 percent positive
「基本的には僕の予測通りだよ でも問題が解決する確率は
01:02
that they're going to resolve it.
80%に下がったね」とありました
01:06
And it made me think. I love studying
私はこの話からあることを思い出しました
01:08
these moments in American history
これまでアメリカの歴史の中で
二つの党派の対立があったとき
01:10
when there was this frenzy of partisan anger,
これまでアメリカの歴史の中で
二つの党派の対立があったとき
01:12
that the economy was on the verge of total collapse.
経済は崩壊の淵に立っていたということです
01:16
The most famous early battle was Alexander Hamilton
一番有名な歴史上の例は
ハミルトンとジェファソンの戦いです
01:19
and Thomas Jefferson over what the dollar would be
一番有名な歴史上の例は
ハミルトンとジェファソンの戦いです
01:24
and how it would be backed up, with Alexander Hamilton
両者はドル貨幣の発行と安定化について議論しました
01:27
saying, "We need a central bank, the First Bank of the United States,
ハミルトンは「アメリカに最初の銀行となる
中央銀行を設立すべきだ
01:30
or else the dollar will have no value.
さもなくばドルの価値はなくなり
経済は機能しなくなるだろうと」主張しました
01:33
This economy won't work,"
さもなくばドルの価値はなくなり
経済は機能しなくなるだろう」と主張しました
01:35
and Thomas Jefferson saying, "The people won't trust that.
一方 ジェファソンの意見は
「国民は中央銀行なんて信用しないだろう
01:36
They just fought off a king. They're not going to accept some central authority."
独立戦争に勝って自由を得たばかりなのに
中央権力など受け入れられない」というものでした
01:39
This battle defined the first 150 years of the U.S. economy,
この論争はアメリカ経済の最初の150年を
決定付けるものでした
01:42
and at every moment, different partisans saying,
いつだって党派が対立するときは
「経済が崩壊する」と言われますが
01:48
"Oh my God, the economy's about to collapse,"
いつだって党派が対立するときは
「経済が崩壊する」と言われますが
01:52
and the rest of us just going about, spending our bucks
対立の当事者以外はお金を散財し
01:54
on whatever it is we wanted to buy.
欲しい物を買うなんてことも 多いものです
01:56
To give you a quick primer on where we are,
さて 現在の経済を簡単に説明しますと
01:59
a quick refresher on where we are.
さて 現在の経済を簡単に説明しますと
02:02
So the fiscal cliff, I was told
実は財政の崖というのも
党派の対立の見せかけに過ぎないのです
02:04
that that's too partisan a thing to say,
実は財政の崖というのも
党派の対立の見せかけに過ぎないのです
02:06
although I can't remember which party it's supporting or attacking.
どちらの党がどのような主張をしているか忘れましたが
02:09
People say we should call it the fiscal slope,
財政の「崖」と呼ぶほど斜面は急でないと言う人や
02:12
or we should call it an austerity crisis,
逆に 「崖」どころではなく緊縮危機だと言う人もいます
02:14
but then other people say, no, that's even more partisan.
また一方で 財政に目を向けるのは本質的ではなく
これは政治戦略だという人もいます
02:16
So I just call it the self-imposed, self-destructive
要するに これは自作自演の自爆で
02:19
arbitrary deadline about resolving an inevitable problem.
本質的な「不可避の事柄」の解決から
目を背けようとしているのです
02:22
And this is what the inevitable problem looks like.
「不可避の事柄」とはこういう事です
02:26
So this is a projection of U.S. debt as a percentage
ここのグラフは 議会予算局が発表した
アメリカの借金とGDPの将来予測です
02:30
of our overall economy, of GDP.
このグラフは 議会予算局が発表した
アメリカの借金とGDPの将来予測です
02:34
The light blue dotted line represents
水色の点線は 議会が何の対策もしなかった場合の試算です
02:37
the Congressional Budget Office's best guess
水色の点線は 議会が何の対策もしなかった場合の試算です
02:40
of what will happen if Congress really doesn't do anything,
水色の点線は 議会が何の対策もしなかった場合の試算です
02:42
and as you can see, sometime around 2027,
ご覧の通り 2027年あたりで
アメリカの債務額はギリシャ並みになり
02:46
we reach Greek levels of debt,
ご覧の通り 2027年あたりで
アメリカの債務額はギリシャ並みになり
02:50
somewhere around 130 percent of GDP,
GDPの約130%にまで達しています
02:52
which tells you that some time in the next 20 years,
つまり 今後20年の間に
議会が一切手を打たなければ
02:55
if Congress does absolutely nothing,
つまり 今後20年の間に
議会が一切手を打たなければ
02:58
we're going to hit a moment where the world's investors,
アメリカが世界中の投資家から見放される日が来るのです
03:01
the world's bond buyers, are going to say,
彼らはこう言うでしょう
03:04
"We don't trust America anymore. We're not going to lend them any money,
「アメリカはもう信用しない
これ以上金は貸さないよ
03:06
except at really high interest rates."
利率を高くしない限りはね」
03:09
And at that moment our economy collapses.
その瞬間にアメリカ経済は崩壊するのです
03:11
But remember, Greece is there today.
でもギリシャと違って
私たちには20年も猶予があります
03:14
We're there in 20 years. We have lots and lots of time
でもギリシャと違って
私たちには20年もの猶予があります
03:15
to avoid that crisis,
この危機を回避する事もできます
03:19
and the fiscal cliff was just one more attempt
そして財政の崖を回避するには
両党をあと一押しするだけでいい
03:22
at trying to force the two sides to resolve the crisis.
そして財政の崖を回避するには
両党をあと一押しするだけでいい
03:25
Here's another way to look at exactly the same problem.
この財政の崖に対して 全く違った見方もあります
03:29
The dark blue line is how much the government spends.
濃い青色のグラフは 政府の支出額です
03:32
The light blue line is how much the government gets in.
水色のグラフは 政府の収入額です
03:35
And as you can see, for most of recent history,
昨今のアメリカは一部の短い期間を除いて
収入より支出が多かったことが分かります
03:39
except for a brief period, we have consistently spent
昨今のアメリカは一部の短い期間を除いて
収入より支出が多かったことが分かります
03:41
more than we take in. Thus the national debt.
だから債務が膨らむのです
03:45
But as you can also see, projected going forward,
さらに 時が経つにつれてこのギャップが
広がっていくのが見て取れます
03:48
the gap widens a bit and raises a bit,
さらに 時が経つにつれてこのギャップが
広がっていくのが見て取れます
03:52
and this graph is only through 2021.
ちなみに このグラフは2021年までしか予測していません
03:55
It gets really, really ugly out towards 2030.
2030年にはこの現象はよりひどくなります
03:57
And this graph sort of sums up what the problem is.
問題の本質は
このグラフに表れています
04:01
The Democrats, they say, well, this isn't a big deal.
民主党は言います
「大したことじゃない
04:05
We can just raise taxes a bit and close that gap,
ちょっと税金を上げて
ギャップを埋めるだけだ
04:08
especially if we raise taxes on the rich.
富裕層に増税すればいい」
04:12
The Republicans say, hey, no, no, we've got a better idea.
共和党は言います
「待て もっと良い方法がある
04:14
Why don't we lower both lines?
両方の線を下げたら良い
04:17
Why don't we lower government spending and lower government taxes,
政府の支出を減らして 税率も下げよう
04:19
and then we'll be on an even more favorable
その方が長い目で見ると
財政のために良いだろう?」
04:22
long-term deficit trajectory?
その方が長い目で見ると
財政のために良いだろう?」
04:26
And behind this powerful disagreement between
この民主党と共和党の深い対立の背後には
04:28
how to close that gap,
この民主党と共和党の深い対立の背後には
04:33
there's the worst kind of cynical party politics,
政治家ではなく政治屋としての
04:35
the worst kind of insider baseball, lobbying, all of that stuff,
内部競争や 政治活動などがうごめいています
04:38
but there's also this powerfully interesting,
一方でとても興味深くすばらしい
2つの経済観の違いとも言えます
04:44
respectful disagreement between
一方でとても興味深くすばらしい
2つの経済観の違いとも言えます
04:48
two fundamentally different economic philosophies.
一方でとても興味深くすばらしい
2つの経済観の違いとも言えます
04:50
And I like to think, when I picture how Republicans
共和党はいわば
経済を精密な機械だと考えています
04:54
see the economy, what I picture is just some amazingly
共和党はいわば
経済を精密な機械だと考えています
04:59
well-engineered machine, some perfect machine.
完璧な機械です
05:04
Unfortunately, I picture it made in Germany or Japan,
残念ながら
日本製かドイツ製でしょうね
05:07
but this amazing machine that's constantly scouring
この機械は 人々の生産活動を入念に調べて
05:11
every bit of human endeavor and taking resources,
この機械は 人々の生産活動を入念に調べて
05:14
money, labor, capital, machinery,
資源、お金、労働力、資本、機械を
05:19
away from the least productive parts and towards the more productive parts,
生産性の低い部分から高い部分へ
移動させます
05:22
and while this might cause temporary dislocation,
瞬間的に混乱が起こるでしょうが
05:26
what it does is it builds up the more productive areas
生産性の高い所を強くし
05:28
and lets the less productive areas fade away and die,
低い所を潰します
05:31
and as a result the whole system is so much more efficient,
結果として 社会システムは全ての人にとって
より効率的で豊かになります
05:34
so much richer for everybody.
結果として 社会システムは全ての人にとって
より効率的で豊かになります
05:37
And this view generally believes that there is a role for government,
この共和党の考えの中では 政府の役割は小さくてすみます
05:39
a small role, to set the rules so people aren't lying
政府はただ 人びとがだましあったり
傷つけあわないようにすれば良いだけです
05:43
and cheating and hurting each other,
政府はただ 人びとがだましあったり
傷つけあわないようにすれば良いだけです
05:46
maybe, you know, have a police force and a fire department
つまり 警察 消防や軍隊は置くけれども
05:48
and an army, but to have a very limited reach
経済のメカニズムそのものには
ほとんど介入しなくて良いのです
05:51
into the mechanisms of this machinery.
経済のメカニズムそのものには
ほとんど介入しなくて良いのです
05:54
And when I picture how Democrats and Democratic-leaning
それでは民主党や民主主義的経済学者はどうでしょう?
05:57
economists picture this economy,
それでは民主党や民主主義的経済学者はどうでしょう?
06:01
most Democratic economists are, you know, they're capitalists,
彼らは資本主義者ですから
共和党のメカニズムには大概賛成です
06:04
they believe, yes, that's a good system a lot of the time.
彼らは資本主義者ですから
共和党のメカニズムには大概賛成です
06:07
It's good to let markets move resources to their more productive use.
資源をより生産性の高い所に持って行くことは
評価しています
06:10
But that system has tons of problems.
しかし これには 間違った場所に富が蓄積するという
問題があります
06:14
Wealth piles up in the wrong places.
しかし これには 間違った場所に富が蓄積するという
問題があります
06:18
Wealth is ripped away from people who shouldn't be called unproductive.
つまり 生産性の低い所(言い方は悪いですが)から
富が奪われるのです
06:20
That's not going to create an equitable, fair society.
これでは公正公平な社会は生まれません
06:24
That machine doesn't care about the environment,
それに 共和党の主張するメカニズムでは
環境や人種差別などの問題が考慮されません
06:27
about racism, about all these issues
それに 共和党の主調するメカニズムでは
環境や人種差別などの問題が考慮されません
06:30
that make this life worse for all of us,
これでは私たちの生活は悪化するでしょう
06:32
and so the government does have a role to take resources
だからこそ 共和党は
06:35
from more productive uses, or from richer sources,
政府は 資源をより生産性が高いもしくは裕福な所から
06:38
and give them to other sources.
そうではない所に再分配する役目をすべきだと考えています
06:41
And when you think about the economy through these two different lenses,
さて 民主党と共和党という 異なったレンズを通して見ると
この危機の解決の難しさがわかるでしょう
06:44
you understand why this crisis is so hard to solve,
さて 民主党と共和党という 異なったレンズを通して見ると
この危機の解決の難しさがわかるでしょう
06:49
because the worse the crisis gets, the higher the stakes are,
なぜなら 事態が重くなり 失うものが大きくなるほど
06:53
the more each side thinks they know the answer
両党とも自分たちの解決方法に確信を持ち
他党を潰そうとするからです
06:57
and the other side is just going to ruin everything.
両党とも自分たちの解決方法に確信を持ち
他党を潰そうとするからです
07:00
And I can get really despairing. I've spent a lot
私はこの状況に絶望していました
07:03
of the last few years really depressed about this,
ここ数年間 ずっと絶望しっぱなしでした
07:06
until this year, I learned something that
しかし 今年になって
07:09
I felt really excited about. I feel like it's really good news,
興奮するような素晴らしいことに気づいたのです
07:12
and it's so shocking, I don't like saying it, because I think
でも 衝撃的でもあるのであまり言いたくありません
07:16
people won't believe me.
なぜなら おそらく誰も私の言うことを信じてくれないからです
07:19
But here's what I learned.
ですが 言いましょう
07:20
The American people, taken as a whole,
アメリカ人は 経済の問題になると
07:21
when it comes to these issues, to fiscal issues,
アメリカ人は 経済の問題になると
07:24
are moderate, pragmatic centrists.
穏健派で現実的かつ中立派になるのです
07:27
And I know that's hard to believe, that the American people
アメリカ人が穏健派で現実的で中立派だなんて
すぐには信じられないでしょう
07:31
are moderate, pragmatic centrists.
アメリカ人が穏健派で現実的で中立派だなんて
すぐには信じられないでしょう
07:33
But let me explain what I'm thinking.
説明させてください
07:35
When you look at how the federal government spends money,
連邦政府のお金の使い道を見てみましょう
07:37
so this is the battle right here,
ここが議論の中心です
07:40
55 percent, more than half, is on Social Security,
55%が社会保険や医療保険
公的低所得者医療扶助に使われています
07:43
Medicare, Medicaid, a few other health programs,
55%が社会保険や医療保険
公的低所得者医療扶助に使われています
07:46
20 percent defense, 19 percent discretionary,
20%は防衛費 19%が自由裁量
6%は利子の支払いです
07:48
and six percent interest.
20%は防衛費 19%が自由裁量
6%は利子の支払いです
07:51
So when we're talking about cutting government spending,
これは政府の支出削減を議論する際に使われるグラフです
07:53
this is the pie we're talking about,
これは政府の支出削減を議論する際に使われるグラフです
07:58
and Americans overwhelmingly, and it doesn't matter
実は ほとんどのアメリカ人は
08:00
what party they're in, overwhelmingly like
支持政党は関係なく
08:03
that big 55 percent chunk.
この55%の支払い先に賛成しています
08:07
They like Social Security. They like Medicare.
社会保障にも医療保険にも賛成していますし
08:09
They even like Medicaid, even though that goes to the poor and indigent,
大した支援にもならなそうな
公的低所得者医療扶助にさえ賛成しています
08:11
which you might think would have less support.
大した支援にもならなそうな
公的低所得者医療扶助にさえ賛成しています
08:15
And they do not want it fundamentally touched,
基本的には変えられたくない部分なのです
08:17
although the American people are remarkably comfortable,
とはいっても、より安定な保障とするような
多少の変化であれば
08:21
and Democrats roughly equal to Republicans,
共和党も民主党も
08:25
with some minor tweaks to make the system more stable.
驚くほど寛容ですけどね
08:28
Social Security is fairly easy to fix.
つまり 社会保障制度は比較的簡単に合意が得られます
08:33
The rumors of its demise are always greatly exaggerated.
制度が無くなるなどという噂は大げさです
08:36
So gradually raise Social Security retirement age,
いくつかその理由となる例を挙げましょう
退職年と給付開始年を
08:40
maybe only on people not yet born.
これから生まれてくる世代だけを対象に
引き上げるという考えに対しては
08:42
Americans are about 50/50,
民主党と共和党 関係なく
賛否の割合はほぼ1対1です
08:44
whether they're Democrats or Republicans.
民主党員と共和党員関係なく
賛否の割合はほぼ1対1です
08:47
Reduce Medicare for very wealthy seniors,
では 富裕高齢層への医療保障の減額は?
08:49
seniors who make a lot of money. Don't even eliminate it. Just reduce it.
保障を無くすのではなく減額ですよ
08:51
People generally are comfortable with it, Democrats and Republicans.
民主党も共和党も良いと思っています
08:54
Raise medical health care contributions?
では最後に 医療保険料の引き上げは?
08:59
Everyone hates that equally, but Republicans
反対が多数です
民主党も共和党も共に反対しています
09:02
and Democrats hate that together.
反対が多数です
民主党も共和党も共に反対しています
09:04
And so what this tells me is, when you look at
このように 財政問題について言えば
09:07
the discussion of how to resolve our fiscal problems,
大部分では国民の意見が一致しているのです
09:10
we are not a nation that's powerfully divided on the major, major issue.
大部分では国民の意見が一致しているのです
09:14
We're comfortable with it needing some tweaks, but we want to keep it.
私たちアメリカ人は多少の変化には寛容ですが
現状は維持したいのです
09:21
We're not open to a discussion of eliminating it.
社会保障の廃止については議論さえできません
09:24
Now there is one issue that is hyper-partisan,
では何を議論するかといえば
09:27
and where there is one party that is just spend, spend, spend,
片方の党が
支出を増やしている分野です
09:31
we don't care, spend some more,
とりあえず増え続けています
09:35
and that of course is Republicans
その党とは もちろん共和党です
09:37
when it comes to military defense spending.
共和党は民主党よりも防衛費の増加に積極的です
09:39
They way outweigh Democrats.
共和党は民主党よりも防衛費の増加に積極的です
09:41
The vast majority want to protect military defense spending.
共和党の多くは 防衛費を維持したいと
考えています
09:43
That's 20 percent of the budget,
防衛費は予算の20%を占めています
09:48
and that presents a more difficult issue.
これがより難しい問題にしている原因です
09:50
I should also note that the [discretionary] spending,
「自由裁量」の部分にも
注目しなければなりません
09:54
which is about 19 percent of the budget,
予算の19%を占めています
09:57
that is Democratic and Republican issues,
党によって使い道の考え方は変わります
09:59
so you do have welfare, food stamps, other programs
民主党は 福祉や食品割引などに
この部分を割く傾向があります
10:01
that tend to be popular among Democrats,
民主党は 福祉や食品割引などに
この部分を割く傾向があります
10:04
but you also have the farm bill and all sorts of Department of Interior
一方 共和党は農場の生産価格規制法令や
10:06
inducements for oil drilling and other things,
石油採掘等の事業を促進するような内務省の補助金などに
10:09
which tend to be popular among Republicans.
予算を割り振ります
10:12
Now when it comes to taxes, there is more disagreement.
そして 税金については 不一致が多くなります
10:15
That's a more partisan area.
対立が激しい分野です
10:19
You have Democrats overwhelmingly supportive
民主党は年収25万ドルを超える
富裕層への増税に積極的です
10:20
of raising the income tax on people who make 250,000 dollars a year,
民主党は年収25万ドルを超える
富裕層への増税に積極的です
10:24
Republicans sort of against it, although if you break it out by income,
共和党はこれに反対しています
もっとも共和党員の中でも
10:28
Republicans who make less than 75,000 dollars a year like this idea.
年収7万5000ドル以下の人は
賛成していますが
10:33
So basically Republicans who make more than 250,000 dollars a year don't want to be taxed.
つまり 基本的に年収25万ドルを超える共和党員は
自分達に対する増税が嫌なのでしょう
10:38
Raising taxes on investment income, you also see
投資収益への増税についても
10:42
about two thirds of Democrats but only one third of Republicans
民主党員は3分の2が賛成なのに対し
共和党員は3分の1しか賛成していません
10:45
are comfortable with that idea.
民主党員は3分の2が賛成なのに対し
共和党員は3分の1しか賛成していません
10:48
This brings up a really important point, which is that
ここで有る事に気付きます
それは
10:52
we tend in this country to talk about Democrats
アメリカ人はほぼ全員
共和党員か民主党員のどちらかに属し
10:55
and Republicans and think there's this little group
アメリカ人はほぼ全員
共和党員か民主党員のどちらかに属し
10:58
over there called independents that's, what, two percent?
それ以外は約2%ぐらいしかいないと見なされているのです
11:00
If you add Democrats, you add Republicans,
民主党員と共和党員を足せば
アメリカ人全体になると考えているのです
11:02
you've got the American people.
民主党員と共和党員を足せば
アメリカ人全体になると考えているのです
11:04
But that is not the case at all.
これは大きな間違いです
11:05
And it has not been the case for most of modern American history.
近代歴史上 アメリカが二分されていた
期間はわずかです
11:08
Roughly a third of Americans say that they are Democrats.
おおよそ アメリカ人の約3分の1が民主党で
11:14
Around a quarter say that they are Republicans.
約4分の1が共和党でしょう
11:17
A tiny little sliver call themselves libertarians, or socialists,
それ以外に 革命派や社会主義者など
少数派もいます
11:20
or some other small third party,
それ以外に 革命派や社会主義者など
少数派もいます
11:25
and the largest block, 40 percent, say they're independents.
最も大きな40%の部分は独立無党派なのです
11:27
So most Americans are not partisan,
つまり多くのアメリカ人は
政党支持者ではないのです
11:33
and most of the people in the independent camp
無党派層の多くは中立的な意見を持っています
11:36
fall somewhere in between, so even though we have
無党派層の多くは中立的な意見を持っています
11:38
tremendous overlap between the views on these fiscal issues
従って 経済問題に関しては
共和党と民主党はすでに同一の意見をもっていますが
11:41
of Democrats and Republicans,
従って 経済問題に関しては
共和党と民主党はすでに同一の意見をもっていますが
11:45
we have even more overlap when you add in the independents.
この無党派を加える事で
さらに多数が同一の意見を保有する事になります
11:47
Now we get to fight about all sorts of other issues.
他の分野での意見の対立はあります
11:51
We get to hate each other on gun control
例えば 銃規制や中絶や環境政策です
11:54
and abortion and the environment,
例えば 銃規制や中絶や環境政策です
11:56
but on these fiscal issues, these important fiscal issues,
しかし財政問題については
深刻な対立はないのです
11:59
we just are not anywhere nearly as divided as people say.
しかし財政問題については
深刻な対立はないのです
12:02
And in fact, there's this other group of people
そして経済学者たちでさえも
12:05
who are not as divided as people might think,
実は一般の人が思っているほど
考え方が違っていません
12:07
and that group is economists.
実は一般の人が思っているほど
考え方が違っていません
12:11
I talk to a lot of economists, and back in the '70s
70年代や80年代の経済学者は
見苦しい対立をしていました
12:13
and '80s it was ugly being an economist.
70年代や80年代の経済学者は
見苦しい対立をしていました
12:18
You were in what they called the saltwater camp,
ハーバード大やプリンストン大やMITの
いわゆる「海水派」と
12:21
meaning Harvard, Princeton, MIT, Stanford, Berkeley,
ハーバード大やプリンストン大やMITの
いわゆる「海水派」と
12:24
or you were in the freshwater camp, University of Chicago,
シカゴ大やロチェスター大出身の「淡水派」の
12:29
University of Rochester.
シカゴ大やロチェスター大出身の「淡水派」の
12:32
You were a free market capitalist economist
両者が激しく敵対していました
12:33
or you were a Keynesian liberal economist,
湖組の自由市場主義と海辺組の集中投資派の戦いです
12:36
and these people didn't go to each other's weddings,
派閥が違えば結婚式にも行かず
学会では互いに非難しあいます
12:39
they snubbed each other at conferences.
派閥が違えば結婚式にも行かず
学会では互いに非難しあいます
12:41
It's still ugly to this day, but in my experience,
しかし現在は 私の感覚からすると
12:43
it is really, really hard to find an economist under 40
40歳以下の学者の間では
ほとんど対立はありません
12:46
who still has that kind of way of seeing the world.
40歳以下の学者の間では
ほとんど対立はありません
12:49
The vast majority of economists -- it is so uncool
大半の学者は派閥に入ることを
格好悪いことだと思っています
12:53
to call yourself an ideologue of either camp.
大半の学者は派閥に入ることを
格好悪いことだと思っています
12:56
The phrase that you want, if you're a graduate student
大学院生や若手の教授だったら
こう言うでしょう
12:59
or a postdoc or you're a professor,
大学院生や若手の教授だったら
こう言うでしょう
13:02
a 38-year-old economics professor, is, "I'm an empiricist.
「私は科学者です
データに基づいて意見を言います」
13:04
I go by the data."
「私は科学者です
データに基づいて意見をいいます」
13:07
And the data is very clear.
データははっきりしています
13:09
None of these major theories have been completely successful.
これまで有名な経済理論の中で
完璧に成功したと言えるものは一つもありません
13:11
The 20th century, the last hundred years,
この100年間
13:15
is riddled with disastrous examples
様々な学派が過去の説明と
未来の予測を試みましたが
13:17
of times that one school or the other tried to explain
様々な学派が過去の説明と
未来の予測を試みましたが
13:20
the past or predict the future
様々な学派が過去の説明と
未来の予測を試みましたが
13:23
and just did an awful, awful job,
最低な結果しか残せませんでした
13:26
so the economics profession has acquired some degree of modesty.
それで経済学者たちは控えめになったのです
13:27
They still are an awfully arrogant group of people, I will assure you,
依然として彼らは傲慢ですが
偏った考え方は捨てています
13:33
but they're now arrogant about their impartiality,
依然として彼らは傲慢ですが
偏った考え方は捨てています
13:36
and they, too, see a tremendous range of potential outcomes.
彼らは可能性は何百とあると考えています。
13:39
And this nonpartisanship is something that exists,
アメリカでは無党派は存在してきましたが
13:46
that has existed in secret
その事実は今まで隠されてきました
13:51
in America for years and years and years.
その事実は今まで隠されてきました
13:53
I've spent a lot of the fall talking to the three major
この秋 私は3つの大きな
13:54
organizations that survey American political attitudes:
アメリカの政治意識を調査する組織と話し合いをしてきました
13:58
Pew Research,
ピュー・リサーチ・センター
14:02
the University of Chicago's National Opinion Research Center,
シカゴ大の研究センター
14:04
and the most important but the least known
そして重要な割に無名なのが
アメリカ投票研究会です
14:08
is the American National Election Studies group
そして重要な割に無名なのが
アメリカ投票研究会です
14:10
that is the world's longest, most respected poll of political attitudes.
1948年から投票行動を研究している
伝統ある団体です
14:13
They've been doing it since 1948,
1948年から投票行動を研究している
伝統ある団体です
14:18
and what they show consistently throughout
調査の結果
14:20
is that it's almost impossible to find Americans
「政府を小さくし 税金を減らすべきだ」と
14:23
who are consistent ideologically,
主張し続けているアメリカ人は
14:28
who consistently support, "No we mustn't tax,
主張し続けているアメリカ人は
14:31
and we must limit the size of government,"
ほとんど見当たたりませんでした
14:34
or, "No, we must encourage government to play a larger role
また「政府の役割を大きくし
14:37
in redistribution and correcting the ills of capitalism."
資本主義によって受けるダメージを回復させるべきだ」
という主張に固執した人もいません
14:41
Those groups are very, very small.
頑固な人たちはごくわずかです
14:45
The vast majority of people, they pick and choose,
大半の人は その時に応じて
14:47
they see compromise and they change over time
それぞれの政策の良い所と悪い所を選びながら
14:50
when they hear a better argument or a worse argument.
妥協点を見出し意見を変えてきました
14:52
And that part of it has not changed.
これは現在も変わらぬ傾向です
14:55
What has changed is how people respond to vague questions.
変わったのは
あいまいな質問への答え方です
14:58
If you ask people vague questions, like,
変わったのは
あいまいな質問への答え方です
15:02
"Do you think there should be more government or less government?"
「大きな政府干渉か 小さな政府干渉か?」とか
15:05
"Do you think government should" — especially if you use loaded language --
言葉遊びのような台詞で「政府は〜するべきか?」とか
15:08
"Do you think the government should provide handouts?"
「政府は再分配をすべきか?」等の
あいまいな質問に対しては
15:12
Or, "Do you think the government should redistribute?"
「政府は再分配をすべきか?」等の
あいまいな質問に対しては
15:15
Then you can see radical partisan change.
答えは大きく二極化します
15:16
But when you get specific, when you actually ask
しかしより具体的に
課税や 支出の使い道を聞かれると
15:19
about the actual taxing and spending issues under consideration,
しかしより具体的に
課税や 支出の使い道を聞かれると
15:22
people are remarkably centrist,
人びとは中立派になります
15:26
they're remarkably open to compromise.
簡単に妥協が成立するのです
15:28
So what we have, then, when you think about the fiscal cliff,
財政の崖について議論するとき
15:31
don't think of it as the American people fundamentally
米国において原理的に両論は並び立たず
15:35
can't stand each other on these issues
国論を分裂した戦いもやむを得ない
15:40
and that we must be ripped apart
国論を分裂した戦いもやむを得ない
15:42
into two separate warring nations.
などとは考えない方が良いのです
15:43
Think of it as a tiny, tiny number of ancient economists
妥協できないのは ごく少数
時代遅れの経済学者と
15:46
and misrepresentative ideologues have captured the process.
偏った狂信家です
15:52
And they've captured the process through familiar ways,
しかし現実には
15:55
through a primary system which encourages
彼らの声ばかりが目立ちがちです
15:58
that small group of people's voices,
彼らの声ばかりが目立ちがちです
16:01
because that small group of people,
少数派の人たち
16:03
the people who answer all yeses or all noes
すなわち 政治的に偏った人たちは
16:05
on those ideological questions,
すなわち 政治的に偏った人たちは
16:08
they might be small but every one of them has a blog,
ブログを書くのが大好きで
メディアにも顔を出します
16:11
every one of them has been on Fox or MSNBC in the last week.
ブログを書くのが大好きで
メディアにも顔を出します
16:13
Every one of them becomes a louder and louder voice,
彼らの発言力はどんどん大きくなっていきます
16:17
but they don't represent us.
でも決して 私たちの考えを
代弁しているわけではないのです
16:20
They don't represent what our views are.
でも決して 私たちの考えを
代弁しているわけではないのです
16:22
And that gets me back to the dollar,
冒頭にお話した中銀論争を思い出しますね
16:26
and it gets me back to reminding myself that
私たちはあの論争を教訓とすべきです
16:27
we know this experience.
私たちはあの論争を教訓とすべきです
16:31
We know what it's like
政治的に偏った人々はテレビや議会で
世界の終わりを予言します
16:33
to have these people on TV, in Congress,
政治的に偏った人々はテレビや議会で
世界の終わりを予言します
16:34
yelling about how the end of the world is coming
「自分の考えに従わなかったら
どんなに悲惨なことが起きるか」と
16:40
if we don't adopt their view completely,
「自分の考えに従わなかったら
どんなに悲惨なことが起きるか」と
16:42
because it's happened about the dollar
恐れることはありません
16:46
ever since there's been a dollar.
ハミルトンとジェファソンの論争と
同じことです
16:47
We had the battle between Jefferson and Hamilton.
ハミルトンとジェファソンの論争と
同じことです
16:49
In 1913, we had this ugly battle over the Federal Reserve,
この論争の結果をお教えしましょう
16:53
when it was created, with vicious, angry arguments
感情的で激しい争いの末に
最後には妥協が成立しました
16:58
over how it would be constituted,
感情的で激しい争いの末に
最後には妥協が成立しました
17:02
and a general agreement that the way it was constituted
感情的で激しい争いの末に
最後には妥協が成立しました
17:04
was the worst possible compromise,
最悪の妥協策でした
17:06
a compromise guaranteed to destroy this valuable thing,
ドルの価値を破壊するかとさえ思われました
17:08
this dollar, but then everyone agreeing, okay,
しかし大方の人は賛成したのです
17:12
so long as we're on the gold standard, it should be okay.
「金本位制がある限りは大丈夫
ダメにはならない」と
17:14
The Fed can't mess it up so badly.
「金本位制がある限りは大丈夫
ダメにはならない」と
17:17
But then we got off the gold standard for individuals
しかしその後 大恐慌期に
個人は金本位制を捨て
17:19
during the Depression and we got off the gold standard
しかしその後 大恐慌期に
個人は金本位制を捨て
17:23
as a source of international currency coordination
世界通貨レベルでも
ニクソンの時代に
17:25
during Richard Nixon's presidency.
金本位制は終わりました
17:29
Each of those times, we were on the verge of complete collapse.
経済が崩壊する と思われましたが
結局何も起こりませんでした
17:32
And nothing happened at all.
経済が崩壊する と思われましたが
結局何も起こりませんでした
17:36
Throughout it all, the dollar has been
時代を通じてドルは
17:38
one of the most long-standing,
長期に安定で 広く使われる
通貨であり続けたのです
17:40
stable, reasonable currencies,
長期に安定で 広く使われる
通貨であり続けたのです
17:42
and we all use it every single day,
私たちも毎日使っています
17:44
no matter what the people screaming about tell us,
声の大きい人の主張は
間違っていたわけです
17:46
no matter how scared we're supposed to be.
声の大きい人の主張は
間違っていたわけです
17:49
And this long-term fiscal picture that we're in right now,
現在の財政問題では
17:52
I think what is most maddening about it is,
議会は実際に合意しなくても良いのです
17:56
if Congress were simply able
上手く妥協する必要もありません
18:00
to show not that they agree with each other,
妥協するために動き始める
18:04
not that they're able to come up with the best possible compromise,
それだけで良いのです
18:07
but that they are able to just begin the process
それだけで状況は良くなります
18:10
towards compromise, we all instantly are better off.
なのに議会は動かない
18:13
The fear is that the world is watching.
恐ろしいのは世界がこれを見ていることです
18:17
The fear is that the longer we delay any solution,
私たちが解決を先送りにするほど
アメリカに視線が集まります
18:22
the more the world will look to the U.S.
私たちが解決を先送りにするほど
アメリカに視線が集まります
18:25
not as the bedrock of stability in the global economy,
世界経済の基盤どころか
自己管理のできない国と見られかねません
18:27
but as a place that can't resolve its own fights,
世界経済の基盤どころか
自己管理のできない国と見られかねません
18:30
and the longer we put that off, the more we make the world nervous,
解決を延期するほど 世界は神経質になり
18:34
the higher interest rates are going to be,
そうなると 利子率はますます高くなり
災難が訪れる日は早くなるでしょう
18:38
the quicker we're going to have to face a day
そうなると 利子率はますます高くなり
災難が訪れる日は早くなるでしょう
18:40
of horrible calamity.
そうなると 利子率はますます高くなり
災難が訪れる日は早くなるでしょう
18:42
And so just the act of compromise itself,
実際に妥協しなくても良いのです
18:44
and sustained, real compromise,
妥協する動きを見せるだけで
時間が生まれます
18:48
would give us even more time,
妥協する動きを見せるだけで
時間が生まれます
18:50
would allow both sides even longer to spread out the pain
痛みを抑えることができます
18:52
and reach even more compromise down the road.
将来 より良い妥協もできるでしょう
18:55
So I'm in the media. I feel like my job to make this happen
私はメディアの人間です
18:57
is to help foster the things that seem to lead to compromise,
メディアの使命は妥協に導く物を
19:00
to not talk about this in those vague and scary terms
あいまいで大仰な極論を避けて
ありのままに財政問題を語ることです
19:05
that do polarize us,
あいまいで大仰な極論を避けて
ありのままに財政問題を語ることです
19:09
but to just talk about it like what it is,
あいまいで大仰な極論を避けて
ありのままに財政問題を語ることです
19:10
not an existential crisis,
財政危機は絶滅危機ではありません
19:13
not some battle between two fundamentally different religious views,
宗教戦争でもありません
19:15
but a math problem, a really solvable math problem,
解のある数学の問題に過ぎないのです
19:20
one where we're not all going to get what we want
誰もが満足とは行かなくても
19:22
and one where, you know, there's going to be a little pain to spread around.
全体で痛みを分かち合うことは
できるはずです
19:25
But the more we address it as a practical concern,
財政の崖は行動にすることによって
19:29
the sooner we can resolve it,
早く解決できます
19:32
and the more time we have to resolve it, paradoxically.
そして逆説的ですが
じっくりと時間をかけて解決するのです
19:34
Thank you. (Applause)
ご静聴ありがとうございました
19:37
Translated by Kohei Kikuchi
Reviewed by Ai Kishioka

▲Back to top

About the Speaker:

Adam Davidson - Journalist
Adam Davidson is the co-host and co-creator of "Planet Money," a weekly podcast and radio feature about the economy.

Why you should listen

Adam Davidson is co-founder and co-host of Planet Money, a co-production of NPR and This American Life. He also writes the weekly "It's the Economy" column for the New York Times Magazine. In two weekly podcasts, a blog, and regular features on Morning Edition, All Things Considered and This American Life, Planet Money helps listeners understand how dramatic economic change is impacting their lives. Planet Money also proves, every day, that substantive, intelligent economic reporting can be funny, engaging, and accessible to the non-expert.

His radio documentary on the housing crisis, "The Giant Pool of Money," which he co-reported and produced with Alex Blumberg, was named one of the top ten works of journalism of the decade by the Arthur L. Carter Journalism Institute at New York University. It was widely recognized as the clearest and most entertaining explanation of the roots of the financial crisis in any media. Davidson and Blumberg took the lessons they learned crafting "The Giant Pool of Money" to create Planet Money.

Before Planet Money, Davidson was International Business and Economics Correspondent for NPR. He traveled around the world to cover the global economy and pitched in during crises, such as reporting from Indonesia's Banda Aceh just after the tsunami, New Orleans post-Katrina, and Paris during the youth riots. Prior to coming to NPR, Davidson was Middle East correspondent for PRI's Marketplace. He spent a year in Baghdad, Iraq, from 2003 to 2004, producing award-winning reports on corruption in the US occupation.

More profile about the speaker
Adam Davidson | Speaker | TED.com