18:01
TEDSalon NY2013

Bruce Feiler: Agile programming -- for your family

ブルース・ファイラー: 家族のためのアジャイルプログラミング

Filmed:

ブルース・ファイラーは、革命的なアイディアを持っています:近代の家庭生活におけるストレスに対処するには「アジャイル(=機敏さ)」が大切だと。ソフトウェア開発における「アジャイルソフトウェアプロプラミング」に発想を得たファイラーは、フレキシビリティ(柔軟性)、アイディアのボトムアップ、絶え間ないフィードバック、責任感を持つことを、家庭で実践し、その体験をみなさんにご紹介します。見どころは、「子ども達が自分でお仕置きを決める」ところです。今までにない、斬新なアイディアをお楽しみください。

- Writer
Bruce Feiler is the author of "The Secrets of Happy Families," and the writer/presenter of the PBS miniseries "Walking the Bible." Full bio

So here's the good news about families.
家族について良いニュースです
00:16
The last 50 years have seen a revolution
家族とは何か―その意味は
この50年で革命的に変わりました
00:19
in what it means to be a family.
家族とは何か―その意味は
この50年で革命的に変わりました
00:21
We have blended families, adopted families,
異父母兄弟が混ざったり
養子がいたり
00:23
we have nuclear families living in separate houses
みんなが別々に住む核家族や
00:26
and divorced families living in the same house.
離婚した夫婦が同じ家に暮らしていたり
00:28
But through it all, the family has grown stronger.
それでも家族の絆は強まっています
00:31
Eight in 10 say the family they have today
10人に8人は 自分が育った家族以上に
今の家族の絆の方が強いと答えます
00:34
is as strong or stronger than the family they grew up in.
10人に8人は 自分が育った家族以上に
今の家族の絆の方が強いと答えます
00:36
Now, here's the bad news.
ここで悪いニュースです
00:41
Nearly everyone is completely overwhelmed
ほとんど誰もが家庭生活のカオスに
完全に参っています
00:43
by the chaos of family life.
ほとんど誰もが家庭生活のカオスに
完全に参っています
00:45
Every parent I know, myself included,
自分を含む 全ての親が
00:48
feels like we're constantly playing defense.
常に予防線を張っているような気分です
00:50
Just when our kids stop teething, they start having tantrums.
歯が生えたと思ったら
癇癪を起こすし
00:52
Just when they stop needing our help taking a bath,
風呂に入れるのを卒業したら
00:55
they need our help dealing with cyberstalking or bullying.
次はネットストーカーやイジメの問題
00:57
And here's the worst news of all.
更にみなさんへ最悪のニュース
01:01
Our children sense we're out of control.
子ども達は親達がお手上げだと
感づいています
01:03
Ellen Galinsky of the Families and Work Institute
FWI の エレン・ガリンスキーが
1000人の子ども達に聞きました
01:06
asked 1,000 children, "If you were granted
FWI の エレン・ガリンスキーが
1000人の子ども達に聞きました
01:09
one wish about your parents, what would it be?"
「親にひとつお願いをするなら何?」って
01:12
The parents predicted the kids would say,
「親ともっと沢山の時間を過ごしたい」
そう答えると思うでしょう
01:15
spending more time with them.
「親ともっと沢山の時間を過ごしたい」
そう答えると思うでしょう
01:17
They were wrong. The kids' number one wish?
でも違うんです
子どもの一番の願いとは?
01:20
That their parents be less tired and less stressed.
「親の疲れやストレスが もっと減ってほしい」
01:23
So how can we change this dynamic?
さぁ この差をどう埋めましょうか
01:27
Are there concrete things we can do to reduce stress,
なんとかストレスを減らし
家族の距離感を無くし
01:29
draw our family closer,
なんとかストレスを減らし
家族の距離感を無くし
01:33
and generally prepare our children to enter the world?
皆で子ども達を世界へ送り出す準備をする
確実な方法があるでしょうか
01:35
I spent the last few years trying to answer that question,
過去数年間 この答えを出そうとしてきました
01:39
traveling around, meeting families, talking to scholars,
あちこちを巡って 様々な家族に会い
学者たちと話し合い
01:43
experts ranging from elite peace negotiators
和平交渉のエリートから
ウォーレン・バフェットの銀行家からグリーンベレーまで
01:46
to Warren Buffett's bankers to the Green Berets.
和平交渉のエリートから
ウォーレン・バフェットの銀行家からグリーンベレーまで
01:49
I was trying to figure out, what do happy families do right
「幸せな家族」が どう上手くやっているのか
私は模索しました
01:53
and what can I learn from them to make my family happier?
自分の家族を より幸せにするために
彼らから何を学べるだろうかと
01:56
I want to tell you about one family that I met,
ある家族の例を紹介します
何かヒントが得られると思います
02:01
and why I think they offer clues.
ある家族の例を紹介します
何かヒントが得られると思います
02:03
At 7 p.m. on a Sunday in Hidden Springs, Idaho,
日曜の午後7時
アイダホ州のヒドゥンスプリングス
02:06
where the six members of the Starr family are sitting down
6人家族のスターさん一家の
週一回の 家族会議の様子です
02:09
to the highlight of their week: the family meeting.
6人家族のスターさん一家の
週一回の 家族会議の様子です
02:11
The Starrs are a regular American family
スター家は一般的な家族で
アメリカの家族が持つ一般的な問題を抱えています
02:14
with their share of regular American family problems.
スター家は一般的な家族で
アメリカの家族が持つ一般的な問題を抱えています
02:16
David is a software engineer. Eleanor takes care
デイビッドはソフトウェアエンジニアで
エレアノアが10~15歳の4人の子供の世話をします
02:19
of their four children, ages 10 to 15.
デイビッドはソフトウェアエンジニアで
エレアノアが10~15歳の4人の子供の世話をします
02:22
One of those kids tutors math on the far side of town.
1人は町の反対側で算数の家庭教師
1人は近所でラクロス
02:25
One has lacrosse on the near side of town.
1人は町の反対側で算数の家庭教師
1人は近所でラクロス
02:28
One has Asperger syndrome. One has ADHD.
1人はアスペルガーで
もう1人はADHDです
02:30
"We were living in complete chaos," Eleanor said.
エレアノアは言います
「うちは完全なカオスよ」
02:34
What the Starrs did next, though, was surprising.
スター家が次に取った行動は
驚くべきものでした
02:37
Instead of turning to friends or relatives,
友人や親戚を頼る代わりに
デイビッドの職場に目を向けたのです
02:40
they looked to David's workplace.
友人や親戚を頼る代わりに
デイビッドの職場に目を向けたのです
02:43
They turned to a cutting-edge program called agile development
「アジャイル開発」という
斬新な手法に目をつけたのです
02:46
that was just spreading from manufacturers in Japan
これは日本のメーカーから
シリコンバレーのベンチャー企業にまで広まったものです
02:49
to startups in Silicon Valley.
これは日本のメーカーから
シリコンバレーのベンチャー企業にまで広まったものです
02:52
In agile, workers are organized into small groups
「アジャイル」では メンバーを小さなチームに分けて
短期間のタスクを進めます
02:55
and do things in very short spans of time.
「アジャイル」では メンバーを小さなチームに分けて
短期間のタスクを進めます
02:58
So instead of having executives issue grand proclamations,
上層部から指示を発するのではなく
03:00
the team in effect manages itself.
その小チームが各々の判断で動く訳です
03:03
You have constant feedback. You have daily update sessions.
常にフィードバックがあり
毎日情報のアップデートが行われます
03:06
You have weekly reviews. You're constantly changing.
毎週レビューを行うので
常に変化があるのです
03:09
David said when they brought this system into their home,
デイビッドはこの仕組みを
家庭に取り入れたところ
03:13
the family meetings in particular increased communication,
特に家族会議によって
コミュニケーションが増え
03:16
decreased stress, and made everybody
ストレスが減り
皆が家族の一員としてより幸せになったのだとか
03:19
happier to be part of the family team.
ストレスが減り
皆が家族の一員としてより幸せになったのだとか
03:22
When my wife and I adopted these family meetings and other techniques
私が妻とこのような
家族会議や他の手法を
03:25
into the lives of our then-five-year-old twin daughters,
当時5歳の双子の娘の生活に 取り入れたところ
03:28
it was the biggest single change we made since our daughters were born.
娘たちが生まれて初めてとも言える
大変化が起こったのです
03:31
And these meetings had this effect
20分もかからないミーティングで
効果が表れて来るんです
03:35
while taking under 20 minutes.
20分もかからないミーティングで
効果が表れて来るんです
03:37
So what is Agile, and why can it help
ではこの「アジャイル」が
03:40
with something that seems so different, like families?
企業とは全く異質の―
家庭などで どう役立つのでしょう?
03:42
In 1983, Jeff Sutherland was a technologist
1983年 ニューイングランドの金融機関の
技術者だったジェフ・サザーランドは
03:45
at a financial firm in New England.
1983年 ニューイングランドの金融機関の
技術者だったジェフ・サザーランドは
03:47
He was very frustrated with how software got designed.
ソフトウェアの設計について
大きな不満を抱いていました
03:50
Companies followed the waterfall method, right,
会社のやり方は
ウォーターフォール形式 つまり―
03:53
in which executives issued orders that slowly trickled down
滝のように 上層部で決めた方針が
順々に下りてきて
03:55
to programmers below,
そして一番下がプログラマー
03:58
and no one had ever consulted the programmers.
彼らの意見を聞く人など誰もいない
04:00
Eighty-three percent of projects failed.
83%ものプロジェクトが
失敗に終わりました
04:03
They were too bloated or too out of date
完成時には
肥大しすぎていたり 時代遅れだったり
04:05
by the time they were done.
完成時には
肥大しすぎていたり 時代遅れだったり
04:08
Sutherland wanted to create a system where
サザーランドが目指した仕組みは
04:10
ideas didn't just percolate down but could percolate up from the bottom
アイディアが上から流れてくるのではなく
下からアイディアを上げていって
04:13
and be adjusted in real time.
リアルタイムに変化させられるものでした
04:17
He read 30 years of Harvard Business Review
彼は30年分のハーバード・ビジネス・レビューを読み
1986年の ある論文に出くわします
04:19
before stumbling upon an article in 1986
彼は30年分のハーバード・ビジネス・レビューを読み
1986年の ある論文に出くわします
04:22
called "The New New Product Development Game."
『The New New Product Development Game』
(新しい新商品開発手法)
04:25
It said that the pace of business was quickening --
「ビジネスのペースが速まっている」
と書かれています
04:28
and by the way, this was in 1986 --
1986年当時ですよ
04:31
and the most successful companies were flexible.
「特に成功している企業はフレキシブルである」
と記した上で
04:33
It highlighted Toyota and Canon
トヨタとキヤノンの名前が挙げられ
04:37
and likened their adaptable, tight-knit teams to rugby scrums.
柔軟かつ緊密な組織は
ラグビーのスクラムに例えられています
04:38
As Sutherland told me, we got to that article,
その論文に出くわした時 サザーランドは
「これだ!」と思ったそうです
04:43
and said, "That's it."
その論文に出くわした時 サザーランドは
「これだ!」と思ったそうです
04:45
In Sutherland's system, companies don't use
サザーランドの方式では
会社は2年もかかるような
04:47
large, massive projects that take two years.
大規模なプロジェクトは
行いません
04:50
They do things in small chunks.
より小さな単位で行います
04:53
Nothing takes longer than two weeks.
最長で2週間
04:54
So instead of saying, "You guys go off into that bunker
つまり
「その穴ぐらに閉じこもって
04:57
and come back with a cell phone or a social network,"
ケータイかSNSを作り上げてこい」
と言う代わりに
04:59
you say, "You go off and come up with one element,
「何か部品を1個見つけて
05:02
then bring it back. Let's talk about it. Let's adapt."
持ち帰ってきてくれ
それで話し合って 組み込もう」
05:04
You succeed or fail quickly.
初期段階で
成功か失敗か 判断できます
05:07
Today, agile is used in a hundred countries,
最近では「アジャイル」は
多くの国で取り入れられ
05:10
and it's sweeping into management suites.
マネージメント方法として浸透しています
05:14
Inevitably, people began taking some of these techniques
必然的に これらの手法を
家庭へ持ち込む人が現れます
05:16
and applying it to their families.
必然的に これらの手法を
家庭へ持ち込む人が現れます
05:19
You had blogs pop up, and some manuals were written.
ブログもあれば
マニュアルも出版されています
05:21
Even the Sutherlands told me that they had
サザーランド家でさえ
こんなことをしたとか
05:24
an Agile Thanksgiving,
「アジャイル感謝祭」
05:26
where you had one group of people working on the food,
あるグループは料理を
05:27
one setting the table, and one greeting visitors at the door.
他のグループはテーブルを
または招待客の案内
05:30
Sutherland said it was the best Thanksgiving ever.
過去最高の
感謝祭になったんだとか
05:33
So let's take one problem that families face,
ここで家族の問題を
1つ例に取ります
05:37
crazy mornings, and talk about how agile can help.
慌ただしい朝
「アジャイル」がどう力を発揮するか
05:39
A key plank is accountability,
鍵となるのは「責任」です
05:42
so teams use information radiators,
会社でチームは大型ディスプレイを使います
05:44
these large boards in which everybody is accountable.
誰もが見ることの出来る大きなボードです
05:46
So the Starrs, in adapting this to their home,
なのでスター家はこれを家に持ち込み
朝やる事のチェックリストを作りました
05:50
created a morning checklist
なのでスター家はこれを家に持ち込み
朝やる事のチェックリストを作りました
05:52
in which each child is expected to tick off chores.
子ども達が家事を
各自こなせるように
05:54
So on the morning I visited, Eleanor came downstairs,
ある朝 訪ねたところ
エレアノアが下りてきて
05:57
poured herself a cup of coffee, sat in a reclining chair,
自分のコーヒーを注いで
リクライニングチェアに座りました
06:00
and she sat there,
そこに座ったまま
06:02
kind of amiably talking to each of her children
階段を下りてくる子ども達に
にこやかに 話しかけ
06:04
as one after the other they came downstairs,
階段を下りてくる子ども達に
にこやかに 話しかけ
06:07
checked the list, made themselves breakfast,
子ども達はチェックリストを見て
自分で朝ごはんを作り
06:09
checked the list again, put the dishes in the dishwasher,
リストを見て食洗機に食器を入れ
06:11
rechecked the list, fed the pets or whatever chores they had,
またリストを見てペットのエサやりなど
それぞれの家事をこなし
06:14
checked the list once more, gathered their belongings,
もう一度リストを見て
自分の持ち物を確かめて
06:17
and made their way to the bus.
スクールバスのバス停へと向かいました
06:19
It was one of the most astonishing family dynamics I have ever seen.
それは今まで見たこともないような
驚くべき家族の力でした
06:22
And when I strenuously objected this would never work in our house,
これは うちでは絶対にムリだ
僕は強く主張しました
06:26
our kids needed way too much monitoring,
うちの子達は
全部見てやらなきゃいけない と
06:29
Eleanor looked at me.
エレアノアが私を見て言いました
「私もそう思ったのよ
06:32
"That's what I thought," she said.
エレアノアが私を見て言いました
「私もそう思ったのよ
06:33
"I told David, 'keep your work out of my kitchen.'
デイビッド 仕事を家庭に持ち込まないで って言ったの
06:34
But I was wrong."
でも私が間違ってたわ」
06:36
So I turned to David: "So why does it work?"
それでデイビットに聞いたんです
「なんで上手くいくんだい?」って
06:38
He said, "You can't underestimate the power of doing this."
すると彼は
「このパワーを見くびっちゃいけないよ」
06:40
And he made a checkmark.
とチェックマークを描き 言いました
06:43
He said, "In the workplace, adults love it.
「職場でも大人はこれが大好きだけど―
06:44
With kids, it's heaven."
子どもたちにとっては至福なんだよ」 と
06:47
The week we introduced a morning checklist into our house,
この朝のチェックリストを
うちでも取り入れてみると
06:49
it cut parental screaming in half. (Laughter)
親の怒り声が半減したんです (笑)
06:52
But the real change didn't come until we had these family meetings.
でも本当の変化は
家族会議をする時に訪れたんです
06:56
So following the agile model, we ask three questions:
「アジャイル」のモデルに従って
3つ 問いかけます
06:59
What worked well in our family this week,
今週 うちで上手くいったことは何?
07:02
what didn't work well, and what will we agree to work on in the week ahead?
何が上手くいかなかった?
上手くいくために 来週みんなでどうする?
07:04
Everyone throws out suggestions
みんなが提案をします
そして その中から2つ選んで実行します
07:09
and then we pick two to focus on.
みんなが提案をします
そして その中から2つ選んで実行します
07:10
And suddenly the most amazing things started coming out of our daughters' mouths.
ある時 驚くような言葉が
突如 娘たちから出てきたのです
07:13
What worked well this week?
今週 うちで上手くいったことは何かな?
07:17
Getting over our fear of riding bikes. Making our beds.
「自転車に乗るのが怖くなくなった」
「ベッドメイキング」
07:19
What didn't work well? Our math sheets,
上手くいかなかったことは?
「算数の計算問題と…
07:22
or greeting visitors at the door.
お客さんが来た時の受け答えとか」
07:25
Like a lot of parents, our kids are something like Bermuda Triangles.
殆どの親が自分の子どもは
魔の海域みたいなものだと思っています
07:28
Like, thoughts and ideas go in, but none ever comes out,
思考は入っては行くけれど
二度と出てこない と
07:31
I mean at least not that are revealing.
明かされているもの以外はね
07:34
This gave us access suddenly to their innermost thoughts.
これは私たちに突如
思考の深部へのアクセスをくれたんです
07:35
But the most surprising part was when we turned to,
最も驚いたのは
来週どう問題を解決するか に焦点を向けた時
07:39
what are we going to work on in the week ahead?
最も驚いたのは
来週どう問題を解決するか に焦点を向けた時
07:41
You know, the key idea of agile is that
「アジャイル」の鍵は
チームが自力でマネージメントすること
07:44
teams essentially manage themselves,
「アジャイル」の鍵は
チームが自力でマネージメントすること
07:46
and it works in software and it turns out that it works with kids.
ソフトウェアの開発同様
子どもにも効果的だと判明したんです
07:47
Our kids love this process.
私の子ども達はこの作業が大好きなんです
07:51
So they would come up with all these ideas.
だから色んなアイディアが出てきます
07:53
You know, greet five visitors at the door this week,
「来週は5人のお客さんを出迎える」
07:55
get an extra 10 minutes of reading before bed.
「寝る前に10分読書をする」
07:57
Kick someone, lose desserts for a month.
「誰かをキックしたらデザート1か月抜き」
07:59
It turns out, by the way, our girls are little Stalins.
あ ちなみに私の娘達は
独裁者ばりに無茶を言うので
08:02
We constantly have to kind of dial them back.
常に彼女らを引き戻し
落ち着かせる必要はあります
08:04
Now look, naturally there's a gap between
自然な事ですが 会議で立てた作戦と
実際の行動にはギャップがある
08:07
their kind of conduct in these meetings and their behavior the rest of the week,
自然な事ですが 会議で立てた作戦と
実際の行動にはギャップがある
08:09
but the truth is it didn't really bother us.
でも正直 それは問題ではないんです
08:13
It felt like we were kind of laying these underground cables
今巡らせている地下の電線が
08:15
that wouldn't light up their world for many years to come.
彼女らの人生を明るく照らすのは
何年も先だろう といった感じ
08:17
Three years later -- our girls are almost eight now --
3年経ち じき娘たちは8歳ですが
この家族会議は続けています
08:20
We're still holding these meetings.
3年経ち じき娘たちは8歳ですが
この家族会議は続けています
08:23
My wife counts them among her most treasured moments as a mom.
妻は母親として これを
最も価値ある時間だと言います
08:25
So what did we learn?
ここから何を学んだか
08:30
The word "agile" entered the lexicon in 2001
「アジャイル」と言う言葉は
2001年に辞書に載りました
08:32
when Jeff Sutherland and a group of designers
ジェフ・サザーランドとデザイナー達が
ユタ州で会合を開き
08:35
met in Utah and wrote a 12-point Agile Manifesto.
「アジャイルソフトウェア開発宣言」
を書いた年です
08:37
I think the time is right for an Agile Family Manifesto.
そろそろ「アジャイル家族宣言」が
出来ても良い頃では?
08:41
I've taken some ideas from the Starrs and from many other families I met.
スター家や 他の様々な家庭から
アイディアを得て
08:45
I'm proposing three planks.
3項目 提案します
08:48
Plank number one: Adapt all the time.
項目1 「常に順応する」
08:51
When I became a parent, I figured, you know what?
私が親になった時に 気づいたんです
08:54
We'll set a few rules and we'll stick to them.
いくつかルールを決めて それを守る と
08:56
That assumes, as parents, we can anticipate every problem that's going to arise.
それは 親が 起こりうる問題が
いつも想定内であると期待する事
08:59
We can't. What's great about the agile system
無理です
それが「アジャイル」の素晴らしい点で
09:03
is you build in a system of change
変化の上に成り立つので
どんな変化にも順応できます
09:06
so that you can react to what's happening to you in real time.
変化の上に成り立つので
どんな変化にも順応できます
09:08
It's like they say in the Internet world:
インターネットの世界ではこう言います:
09:11
if you're doing the same thing today you were doing six months ago,
半年前と同じ事をしてたら
今やってることは間違いだと
09:13
you're doing the wrong thing.
半年前と同じ事をしてたら
今やってることは間違いだと
09:15
Parents can learn a lot from that.
親はこのことから多くを学べます
09:17
But to me, "adapt all the time" means something deeper, too.
私にとって「常に順応する」とは
もっと深いことも意味します
09:20
We have to break parents out of this straitjacket
私たちは 親を束縛している
堅い考え方を破りたい
09:23
that the only ideas we can try at home
家庭で唯一試せるのは
09:26
are ones that come from shrinks or self-help gurus
自己啓発論者や家庭カウンセラーなどの
教えに限るといった考えです
09:28
or other family experts.
自己啓発論者や家庭カウンセラーなどの
教えに限るといった考えです
09:31
The truth is, their ideas are stale,
正直 彼らのアイディアは古い
09:34
whereas in all these other worlds there are these new ideas
世界にはチームを効果的に動かす
新しいアイディアがこんなにあるのに
09:36
to make groups and teams work effectively.
世界にはチームを効果的に動かす
新しいアイディアがこんなにあるのに
09:38
Let's just take a few examples.
いくつか例を挙げてみましょう
09:42
Let's take the biggest issue of all: family dinner.
家族の大問題のひとつ:
夕飯の時間
09:43
Everybody knows that having family dinner
皆 家族と夕飯を共にする事が
大切だと言う事は分かっています
09:46
with your children is good for the kids.
皆 家族と夕飯を共にする事が
大切だと言う事は分かっています
09:48
But for so many of us, it doesn't work in our lives.
しかし 我々のほとんどが
それを実践できていません
09:50
I met a celebrity chef in New Orleans who said,
以前ニューオーリーンズのセレブシェフで
こう言った人がいました
09:53
"No problem, I'll just time-shift family dinner.
「あぁ 問題ないよ 家族の時間をずらすから
09:56
I'm not home, can't make family dinner?
家にいないから夕食を作れない?
09:58
We'll have family breakfast. We'll meet for a bedtime snack.
じゃあ朝食を家族の時間にしたり
それか 夜食でもいい
10:00
We'll make Sunday meals more important."
その分日曜のご飯はもっと大切にする」
10:03
And the truth is, recent research backs him up.
事実 最新の研究結果で
彼の言った事が正しいと判明しました
10:06
It turns out there's only 10 minutes of productive time
家族の食事で 本当に意味のある時間は
10分程度だそうです
10:10
in any family meal.
家族の食事で 本当に意味のある時間は
10分程度だそうです
10:12
The rest of it's taken up with "take your elbows off the table" and "pass the ketchup."
残りの時間は「肘を下しなさい」
「ケチャップ取って」とかです
10:14
You can take that 10 minutes and move it
その10分を 1日のどこかに移せば
同様の効果を得られます
10:18
to any part of the day and have the same benefit.
その10分を 1日のどこかに移せば
同様の効果を得られます
10:20
So time-shift family dinner. That's adaptability.
家族の時間を夕食からずらす
これが順応性です
10:24
An environmental psychologist told me,
環境心理学者が言いました
10:26
"If you're sitting in a hard chair on a rigid surface,
「堅い椅子に座っていると
心も頑なになる
10:29
you'll be more rigid.
「堅い椅子に座っていると
心も頑なになる
10:32
If you're sitting on a cushioned chair, you'll be more open."
クッションの利いた椅子に座れば
もっとオープンになる」
10:33
She told me, "When you're discipling your children,
また「子どもをしつける時 親は―
10:37
sit in an upright chair with a cushioned surface.
背中がまっすぐで柔らかい椅子に座ると
会話が上手くいくはず」
10:39
The conversation will go better."
背中がまっすぐで柔らかい椅子に座ると
会話が上手くいくはず」
10:41
My wife and I actually moved where we sit for difficult conversations
妻と私が深刻な会話をする時
席を移動します
10:44
because I was sitting above in the power position.
私が「権力者の位置」にいるから
10:48
So move where you sit. That's adaptability.
席を移動する
これも順応性です
10:50
The point is there are all these new ideas out there.
要点は 新しいアイディアが
こんなに溢れていると言う事
10:53
We've got to hook them up with parents.
これを親たちに
教えてあげたいのです
10:57
So plank number one: Adapt all the time.
これが項目の1番目
「常に順応する」
10:59
Be flexible, be open-minded, let the best ideas win.
フレキシブルに 心を開いて
ベストアイディアを取り入れましょう
11:02
Plank number two: Empower your children.
項目2 「子どもに委ねる」
11:06
Our instinct as parents is to order our kids around.
親の本能として
あれこれ命令しがちです
11:10
It's easier, and frankly, we're usually right.
簡単だし まあ たいてい正しいし
11:13
There's a reason that few systems have been more
滝のように上から下への構造は
家庭において もっともな理由があるから
11:16
waterfall over time than the family.
滝のように上から下への構造は
家庭において もっともな理由があるから
11:18
But the single biggest lesson we learned
しかし 1つ大きく学んだ事は
11:21
is to reverse the waterfall as much as possible.
この水の流れを
できるだけ逆にしようということです
11:23
Enlist the children in their own upbringing.
子どもを 自らの成長に 参加させる事
11:26
Just yesterday, we were having our family meeting,
つい昨日の家族会議のことですが
11:29
and we had voted to work on overreacting.
議題は「オーバーリアクションについて」
11:31
So we said, "Okay, give us a reward and give us a punishment. Okay?"
「じゃあご褒美とお仕置きを考えて」
と言うと 娘の1人が
11:34
So one of my daughters threw out, you get five minutes of overreacting time all week.
「1週間で5分間の
オーバーリアクションをしていい」
11:37
So we kind of liked that.
なんかそれいいな と思って
11:42
But then her sister started working the system.
でも もう1人の娘が
仕組みを活用して言いました
11:44
She said, "Do I get one five-minute overreaction
「5分を1回だけなの?
それとも30秒を10回でもいいの?」
11:45
or can I get 10 30-second overreactions?"
「5分を1回だけなの?
それとも30秒を10回でもいいの?」
11:49
I loved that. Spend the time however you want.
それいいね!
好きなように分割していいよ
11:52
Now give us a punishment. Okay.
じゃあ次はお仕置きは?
11:54
If we get 15 minutes of overreaction time, that's the limit.
「15分のオーバーリアクションがリミットで
11:57
Every minute above that, we have to do one pushup.
それを越えたら
1分につき 腕立て伏せ1回」
12:01
So you see, this is working. Now look, this system isn't lax.
ほら成立してるでしょ
甘やかしでもないんです
12:05
There's plenty of parental authority going on.
多くの場合 何事に関しても
親が判断を下しがちですが
12:08
But we're giving them practice becoming independent,
私達は彼女らに
自立の練習をさせてるんです
12:11
which of course is our ultimate goal.
もちろんそれが最終目標です
12:14
Just as I was leaving to come here tonight,
ここに来る直前に 娘の1人が
叫び始めました
12:16
one of my daughters started screaming.
ここに来る直前に 娘の1人が
叫び始めました
12:19
The other one said, "Overreaction! Overreaction!"
するともう一人が
「オーバーリアクション!オーバーリアクション!」
12:20
and started counting, and within 10 seconds it had ended.
それで数え始めたんです
そしたら10秒で止んだのです
12:23
To me that is a certified agile miracle.
表彰モノの「アジャイルミラクル」です!
12:26
(Laughter) (Applause)
(笑) (拍手)
12:29
And by the way, research backs this up too.
更に これも研究に裏付けられています
12:32
Children who plan their own goals, set weekly schedules,
自分でゴールを決めて
週間予定を作り
12:36
evaluate their own work build up their frontal cortex
自己評価を行う子ども達は
前頭皮質が育ち
12:40
and take more control over their lives.
自分の人生をコントロール出来るようになる
12:44
The point is, we have to let our children succeed on their own terms,
要点は 子ども達に
彼らなりの成功を味わわせる事
12:48
and yes, on occasion, fail on their own terms.
もちろん たまには失敗しながら
12:51
I was talking to Warren Buffett's banker,
ウォーレンバフェットの銀行家と話した時
12:54
and he was chiding me for not letting my children
「お小遣いでの失敗」をさせていないことを
彼に叱られました
12:56
make mistakes with their allowance.
「お小遣いでの失敗」をさせていないことを
彼に叱られました
12:58
And I said, "But what if they drive into a ditch?"
でも私は
「もしあの子達がつまづいたら?」
13:01
He said, "It's much better to drive into a ditch
「6ドルのお小遣いで 一度つまづいておいた方が
6万ドルの年俸や60万ドルの遺産で失敗するよりマシだ」
13:03
with a $6 allowance than a $60,000-a-year salary
「6ドルのお小遣いで 一度つまづいておいた方が
6万ドルの年俸や60万ドルの遺産で失敗するよりマシだ」
13:05
or a $6 million inheritance."
「6ドルのお小遣いで 一度つまづいておいた方が
6万ドルの年俸や60万ドルの遺産で失敗するよりマシだ」
13:08
So the bottom line is, empower your children.
これが「子どもに委ねる」と言う事
13:11
Plank number three: Tell your story.
項目3 「自分の話をする」
13:14
Adaptability is fine, but we also need bedrock.
順応性も大事ですが 基盤も大事です
13:18
Jim Collins, the author of "Good To Great,"
『ビジョナリーカンパニー2』
(原題:Good To Great) の著者…
13:22
told me that successful human organizations of any kind
ジム・コリンズが言っていました
「成功する組織には 2つの共通点がある」
13:24
have two things in common:
ジム・コリンズが言っていました
「成功する組織には 2つの共通点がある」
13:27
they preserve the core, they stimulate progress.
軸を維持すること
進歩を褒めること
13:29
So agile is great for stimulating progress,
「アジャイル」は進歩を促します
13:32
but I kept hearing time and again, you need to preserve the core.
でも 軸を維持する大切さも
度々耳にします
13:34
So how do you do that?
どうやって?
13:37
Collins coached us on doing something
コリンズは企業でやっている事を
教えてくれました
13:39
that businesses do, which is define your mission
自分のミッションを明確にし
その価値を見出すと言う事
13:42
and identify your core values.
自分のミッションを明確にし
その価値を見出すと言う事
13:44
So he led us through the process of creating a family mission statement.
彼は家族のミッションを見出す方法を
教えてくれました
13:47
We did the family equivalent of a corporate retreat.
社員旅行の家族版をやってみたんです
13:50
We had a pajama party.
パジャマパーティーです
13:53
I made popcorn. Actually, I burned one, so I made two.
ポップコーンを作って
焦がしたので もう1個作って
13:55
My wife bought a flip chart.
妻はフリップボードを用意
13:58
And we had this great conversation, like, what's important to us?
素晴らしい対話をしたのです
私たちに大切なことは何か
13:59
What values do we most uphold?
優先すべき価値は何か
14:02
And we ended up with 10 statements.
10ヶ条が出来ました
14:04
We are travelers, not tourists.
「旅人であり 観光客ではない」 とか
14:06
We don't like dilemmas. We like solutions.
「ジレンマは嫌で 解決策を望む」 とか
14:08
Again, research shows that parents should spend less time
ある研究では 親達は
自分の失敗を悔やむ時間を減らし
14:11
worrying about what they do wrong
ある研究では 親達は
自分の失敗を悔やむ時間を減らし
14:15
and more time focusing on what they do right,
自分の正しい行いを重視して
14:17
worry less about the bad times and build up the good times.
うまくいかない時の心配を減らし
良い時間を作り出すべきだと言います
14:20
This family mission statement is a great way to identify
この家族のミッションを約束事として
きちんと文にする事で
14:24
what it is that you do right.
何が正しい行いかを定められます
14:27
A few weeks later, we got a call from the school.
数週間後 学校からの電話で
娘の1人がケンカをしたと
14:30
One of our daughters had gotten into a spat.
数週間後 学校からの電話で
娘の1人がケンカをしたと
14:32
And suddenly we were worried, like, do we have a mean girl on our hands?
うちの子は意地悪なのかと
心配になりました
14:34
And we didn't really know what to do,
僕らはどうして良いか分からず
彼女を僕の書斎に呼びました
14:36
so we called her into my office.
僕らはどうして良いか分からず
彼女を僕の書斎に呼びました
14:37
The family mission statement was on the wall,
家族のミッションが壁に貼ってあり
14:39
and my wife said, "So, anything up there seem to apply?"
妻が聞きました
「ここに当てはまるものはある?」
14:41
And she kind of looked down the list, and she said,
娘はリストを眺めて言いました
14:44
"Bring people together?"
「人と協調する?」
14:46
Suddenly we had a way into the conversation.
突然 会話の糸口が
見つかったんです
14:48
Another great way to tell your story
「自分の話をする」 他の例は
子ども達のルーツを話す事です
14:52
is to tell your children where they came from.
「自分の話をする」 他の例は
子ども達のルーツを話す事です
14:53
Researchers at Emory gave children a simple
エモリー大学の研究者は子ども達に
簡単な「何を知ってる?」テストをします
14:56
"what do you know" test.
エモリー大学の研究者は子ども達に
簡単な「何を知ってる?」テストをします
14:59
Do you know where your grandparents were born?
「おじいちゃんおばあちゃんが
どこで生まれたか 知ってる?」
15:01
Do you know where your parents went to high school?
「両親が どの高校に行ったか 知ってる?」
15:03
Do you know anybody in your family
「家族の誰かが 病気とか辛い事に遭った時
どう乗り越えたか 知ってる?」
15:06
who had a difficult situation, an illness, and they overcame it?
「家族の誰かが 病気とか辛い事に遭った時
どう乗り越えたか 知ってる?」
15:07
The children who scored highest on this "do you know" scale
この「知ってる?」テストで高得点を得た子は
15:11
had the highest self-esteem and a greater sense they could control their lives.
強い自尊心を持ち
自分は人生をコントロール出来ると確信します
15:15
The "do you know" test was the single biggest predictor
この「知ってる?」テストは 心の健康と
幸福度を調べる 最良の診断法なんです
15:20
of emotional health and happiness.
この「知ってる?」テストは 心の健康と
幸福度を調べる 最良の診断法なんです
15:23
As the author of the study told me,
この研究の著者が言いました
15:26
children who have a sense of -- they're part of a larger narrative
この物語の一部である と実感できる子は
より強い自信を持つ事ができると
15:28
have greater self-confidence.
この物語の一部である と実感できる子は
より強い自信を持つ事ができると
15:32
So my final plank is, tell your story.
これが最後の項目 「自分の話をする」 です
15:34
Spend time retelling the story of your family's positive moments
家族の良い思い出話を
繰り返し語ってあげてください
15:37
and how you overcame the negative ones.
そして どうやって辛い時期を
乗り越えたかを
15:41
If you give children this happy narrative,
この幸せな物語を贈ることで
子ども達は自らを幸せに導くための糧を得ます
15:44
you give them the tools to make themselves happier.
この幸せな物語を贈ることで
子ども達は自らを幸せに導くための糧を得ます
15:47
I was a teenager when I first read "Anna Karenina"
『アンナ・カレーニナ』 を
初めて読んだのは 10代でしたが
15:52
and its famous opening sentence,
有名な書き出しで始まります
15:55
"All happy families are alike.
「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが
不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある」
15:57
Each unhappy family is unhappy in its own way."
「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが
不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある」
15:59
When I first read that, I thought, "That sentence is inane.
初めて読んだ時
「この文は馬鹿げてる
16:03
Of course all happy families aren't alike."
幸せな家族がどれも似ている訳がない」
16:06
But as I began working on this project,
このプロジェクトに関わってから
その考えが変わり始めました
16:09
I began changing my mind.
このプロジェクトに関わってから
その考えが変わり始めました
16:11
Recent scholarship has allowed us, for the first time,
近年の研究によって 初めて
16:14
to identify the building blocks
成功している家庭が持つ要素が
明らかになってきました
16:17
that successful families have.
成功している家庭が持つ要素が
明らかになってきました
16:19
I've mentioned just three here today:
今日ここで 3項目挙げました
16:22
Adapt all the time, empower the children, tell your story.
「常に順応する」 「子どもに委ねる」 「自分の話をする」
16:25
Is it possible, all these years later, to say Tolstoy was right?
こんなに時が経って トルストイは
やっぱり正しかった なんてありなのか
16:30
The answer, I believe, is yes.
答えは「イエス」だと信じます
16:34
When Leo Tolstoy was five years old,
レフ・トルストイが5歳の時
兄のニコライがやってきて
16:37
his brother Nikolay came to him
レフ・トルストイが5歳の時
兄のニコライがやってきて
16:40
and said he had engraved the secret to universal happiness
言いました
「全世界が幸せになる秘密を
16:42
on a little green stick, which he had hidden
小さい緑の棒に刻んで
敷地内の渓谷に隠した」と
16:45
in a ravine on the family's estate in Russia.
小さい緑の棒に刻んで
敷地内の渓谷に隠した」と
16:48
If the stick were ever found, all humankind would be happy.
もしその棒が見つかれば
全人類が幸せになれる
16:51
Tolstoy became consumed with that stick, but he never found it.
トルストイはその棒を
必死に探したけど 見つからなかった
16:55
In fact, he asked to be buried in that ravine where he thought it was hidden.
事実彼は その棒があると信じた渓谷に
埋葬してもらったのです
17:01
He still lies there today, covered in a layer of green grass.
彼は今もそこに眠っています
緑の草に覆われて
17:05
That story perfectly captures for me
この物語は私の学んだことを
完璧に捉えています:
17:10
the final lesson that I learned:
この物語は私の学んだことを
完璧に捉えています:
17:12
Happiness is not something we find,
幸福とは見つけるものではなく
17:14
it's something we make.
作り出すものだと言う事
17:17
Almost anybody who's looked at well-run organizations
良い組織を見たことがある人は皆
大体同じ結論に達します
17:20
has come to pretty much the same conclusion.
良い組織を見たことがある人は皆
大体同じ結論に達します
17:23
Greatness is not a matter of circumstance.
偉大さは 状況や環境の問題ではなく
選択の問題なのだと
17:26
It's a matter of choice.
偉大さは 状況や環境の問題ではなく
選択の問題なのだと
17:29
You don't need some grand plan. You don't need a waterfall.
壮大な企画や
滝のようなトップダウンも必要ないんです
17:31
You just need to take small steps,
ただ小さいステップで
17:35
accumulate small wins,
小さい勝利を積み重ね
17:37
keep reaching for that green stick.
緑の棒を 求め続けることです
17:39
In the end, this may be the greatest lesson of all.
最後になりますが
これが今日のポイントになります
17:42
What's the secret to a happy family? Try.
幸せな家庭への秘訣?
―やってみる事です
17:46
(Applause)
(拍手)
17:50
Translated by Shiho Ottomo
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the Speaker:

Bruce Feiler - Writer
Bruce Feiler is the author of "The Secrets of Happy Families," and the writer/presenter of the PBS miniseries "Walking the Bible."

Why you should listen

Bruce Feiler is the author of nine books, including Walking the BibleAbraham, and America’s Prophet. He is also the writer/presenter of the PBS miniseries Walking the Bible. His book The Council of Dads tells the uplifting story of how friendship and community can help one survive life’s greatest challenges. Most recently Feiler published The Secrets of Happy Families, in which he calls for a new approach to family dynamics, inspired by cutting-edge techniques gathered from experts in the disciplines of science, business, sports and the military.

Feiler’s early books involve immersing himself in different cultures and bringing other worlds vividly to life. These include Learning to Bow, an account of the year he spent teaching in rural Japan; Looking for Class, about life inside Oxford and Cambridge; and Under the Big Top, which depicts the year he spent performing as a clown in the Clyde Beatty-Cole Bros. Circus.
 
Walking the Bible describes his perilous, 10,000-mile journey retracing the Five Books of Moses through the desert. The book was hailed as an “instant classic” by the Washington Post and “thoughtful, informed, and perceptive” by the New York Times.

More profile about the speaker
Bruce Feiler | Speaker | TED.com