sponsored links
TED2006

Richard Baraniuk: The birth of the open-source learning revolution

リチャード・バラニック:オープンソース学習

February 23, 2006

ライス大学教授のリチャード・バラニックが、自身のオープンソース・オンライン教育システム「コネクションズ」を支えるビジョンについて語る。「コネクションズ」は、教師が教材をオンライン上で共有したり自由に修正を加えるのを可能にし、世界中どこからでも、そこから教科書を作り出すことができるシステムである。

Richard Baraniuk - Education visionary
Richard Baraniuk founded Connexions -- now called OpenStax -- a free, open-source, global clearinghouse of course materials. Students and educators tap into its vast store of texts on everything from engineering to ornithology to music, adapting the content as they see fit. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
リチャード・バラニックです
00:24
I'm Rich Baraniuk and what I'd like
to talk a little bit about today
今日は皆さんに いくつかのアイデアについてお話しします
00:27
are some ideas that I think
have just tremendous resonance
この二日間語られてきた全てのことと
00:30
with all the things that have been
talked about the last two days.
共鳴するものばかりです
実際 多くの異なった点で関連があります
00:34
So many different points of resonance
すべてお話しするのは難しいですが ベストを尽くします
00:36
that it's going to be difficult
to bring them all up,
00:38
but I'll try to do my best.
これがなんだか 皆さん覚えてますか?
00:40
Does anybody remember these?
00:41
(Laughter)
(笑)
そう LPレコードです 別の物に取って代わられましたよね
00:43
OK, so these are LP records
and they've been replaced, right?
過去二十年以上にわたり世界を圧倒したデジタル技術によって
00:49
They've been swept away
over the last two decades
追いやられてしまった そうでしたね
00:52
by these types of world-flattening
digitization technologies, right?
00:56
And I think it was best witnessed
今日 私たちがこの部屋に入ったとき
トーマスが音楽を「再生」してたのが 良い例ですね
00:59
when Thomas was playing the music
as we came in the room today.
音楽の世界では ある種の文化
01:03
What's happened in the music world
is there's a culture,
というか 生態系が生み出されました
01:06
or an ecosystem that's been created
01:07
that, if you take some words from Apple,
アップル社が広告コピーで言うところの
Rip (読み込み) Mix (ミックス) Burn ( CD作成) です
01:10
the catchphrase --
that we create, rip, mix and burn.
世界の誰もが新しい音楽や音楽的なアイデアを
01:14
What I mean by that is that anyone
in the world is free and allowed
自由に創れるということなのです
01:17
to create new music and musical ideas.
既存の音楽的なアイデアを 世界中の人が取り込み コピーしたりしながら
01:20
Anyone in the world is allowed
to rip or copy musical ideas,
イノベーティブな方法で再利用できるということです
01:23
use them in innovative ways.
音楽的なアイデアの端切れを様々にミックスしながら
01:25
Anyone is allowed to mix them
in different types of ways,
つなぎ合わせ 新たな作品として(CD)作成できる
01:28
draw connections between musical ideas,
そういう創作のサイクルを繰り返していく
01:30
and people can burn them or create
final products and continue the circle.
そのようにして作り出された
01:34
And what that's done
is it's created, like I said,
活気のあるコミュニティーの中で
01:37
a vibrant community that's very inclusive,
人々は音楽的なアイデアを結びつけ
01:39
with people continually working
to connect musical ideas,
01:42
innovate them and keep things
constantly up to date.
新しい作品を生み出し続けているのです
今日のヒット曲は 去年のものとは違います
01:46
Today's hit single
is not last year's hit single.
でも 今日は音楽の話をしに来たのではなく
01:50
But I'm not here
to talk about music today.
本の話をしに来たのです
01:52
I'm here to talk about books.
01:53
In particular, textbooks
and the kind of educational materials
とりわけ 我々が毎日学校で使う
教科書や教材についての話です
01:57
that we use every day in school.
この中に学校へ通ったことのある方はいますか?
01:59
Has anyone here ever been to school?
(笑)
02:01
(Laughter)
学校が危機に瀕していることはご存じですか?
02:02
OK, does anybody realize
there's a crisis in our schools,
02:06
around the world?
世界中で
その辺りにはあまり時間を割きませんが
02:08
I'm not going to spend
too much time on that,
特にお話ししたいのは著者が本を出版する際の
02:11
but what I want to talk about
is some of the disconnects
幾つかの断絶についてです
02:14
that appear when an author
publishes a book.
実際 出版過程というのは
02:17
That in fact, the publishing process --
02:18
just because of the fact
that it's complicated,
とても複雑であるが故に
本は重く 高価にならざるを得ず
02:21
it's heavy, books are expensive --
02:22
creates a sort of a wall
between authors of books
ある種の壁を
著者と本の利用者(教師や学生、一般読者)
02:26
and the ultimate users of books,
02:27
be they teachers, students
or just general readers.
との間に 築いてしまいます
02:31
And this is even more true
if you happen to speak a language
もしあなたが 世界の主要言語 特に英語を理解できない場合
この問題はさらに深刻です
02:35
other than one of the world's
major languages, and especially English.
02:38
I'm going to call these people
below the barrier "shutouts"
私は彼らを「締め出しバリアに隔てられた人々」と 呼びます
02:41
because they're really
shut out of the process
なぜなら 彼らは 知識を世界と共有できる過程から
02:43
of being able to share
their knowledge with the world.
完全に閉め出されてしまっているからです
今日お話ししたいのは まさにこの点です
02:46
And so what I want to talk about today
is trying to take these ideas
音楽文化の世界で起きていることについてふれましたが
02:49
that we've seen in the musical culture
同様のアイデアによって 本を書いたり使ったり
02:51
and try to bring these
towards reinventing the way
教えるのに使ったりする方法を変えることができます
02:53
we think about writing books,
using them and teaching from them.
では 実際どうやって このようなことを
02:57
So, that's what I'd like to talk about
実現していくかについてお話しします
02:59
and, really, how we get
from where we are now
03:01
to where we need to go.
まず最初に 簡単な思考実験をしましょう
03:03
The first thing I'd like you to do
is a little thought experiment.
では 世界中のありとあらゆる本を
03:06
Imagine taking all the world's books.
手にしているところを思い浮かべてください
03:08
OK, everybody imagine books
and imagine just tearing out the pages.
それから それらの本のページを破り取ってください
03:11
So, liberating these pages
そして 解放されたページをデジタル化し
03:13
and imagine digitizing them
and then storing them
全世界につながった巨大なデータ貯蔵庫に収めます
03:17
in a vast, interconnected,
global repository.
03:19
Think of it as a massive iTunes
for book-type content.
書籍コンテンツのための大規模な「iTunes」を想像してください
そして 中身をすべて公開し 誰もが自由に
03:25
And then take that material
and imagine making it all open,
03:28
so that people can modify it,
play with it, improve it.
しかも無料で 修正を加えながら改善することができ
03:31
Imagine making it free,
世界中の人々が これらの知識にアクセスし
03:33
so that anyone in the world can have
access to all of this knowledge,
内容を更新改善し 好きなように利用することが
03:36
and imagine using information technology
03:38
so that you can update this content,
improve it, play with it,
情報技術によって可能になり 何年もかけてきた作業が
数秒で処理されるのを 想像してください
03:42
on a timescale that's more
on the order of seconds instead of years.
二年ごとに再版されてきた本が
03:46
Instead of editions of a book
coming out every two years,
25秒ごとに更新されていくのを想像してください
03:49
imagine them coming out every 25 seconds.
人々の力を動員して そういうことが可能であることを
03:52
So, imagine we could do that
and imagine we could put people into this.
想像してみてください
本の著者だけでなく 将来書き手と成りうる人々すべてを巻き込んだ
03:57
So that we could truly build
an ecosystem with not just authors,
エコシステムを築けるのです
04:00
but all the people
who could be or want to be authors
しかも それは世界中の様々な言語を介したものです
04:04
in all the different
languages of the world,
こんなシステムが実現したら 何と呼びましょうか
04:06
and I think if you could do this,
it would be called --
とりあえずは 「ナレッジ・エコシステム(知識生態系)」とでも呼びましょう
04:08
I'm just going to refer to it
as a knowledge ecosystem.
これは 夢のような話です
04:11
So, really, this is the dream,
我々の試みを分かりやすく例えるなら
04:13
and in a sense what you can think of it
世界中の誰もが
04:15
is we're trying
to enable anyone in the world,
どんな人でも
04:17
I mean anyone in the world --
教育的DJになれるということです
04:19
(Laughter)
04:20
to be their own educational DJ,
教材を開発したら世界と共有し
04:22
creating educational materials,
sharing them with the world,
つねに改善してゆくことができる そんな夢です
04:25
constantly innovating on them.
04:27
So, this is the dream.
実際 この夢は実現されつつあります
04:28
In fact, this dream
is actually being realized.
過去6年半をかけて
04:31
Over the last six-and-a-half years,
04:32
we've been working really hard
at Rice University
我々はライス大学にて 「コネクションズ」というプロジェクトに
一生懸命に取り組んできました
04:35
on a project called Connexions,
残りの時間は コネクションズを通じて
04:37
and so what I'd like to do
for the rest of the talk
行われている試みについて お話しします
04:39
is just tell you a little bit
ニコラス・ネグロポンテ氏が昨日話された内容と
04:41
about what people are doing
with Connexions,
04:43
which you can kind of
think of as the counterpoint
対照的に捉えてもらえるでしょう
04:45
to Nicholas Negroponte's talk yesterday,
彼らの試みは 教育を世の中に行き渡らせるための
04:47
where they're working on the hardware
of bringing education to the world.
ハードウェアの開発ですが 我々の試みは
04:50
We're working on the open-source tools
オープンソースのツールと教育コンテンツに関する取り組みです
04:53
and the content.
04:54
So, that's sort of
to put it in perspective here.
そこのところを 頭に入れておいてください
では どんな人たちがこのようなツールを利用しているかと言うと
04:57
So, create.
04:59
What are some of the people
that are using these kind of tools?
まずは ケンブリッジから京都にまたがる
05:02
Well, the first thing is,
05:03
there's a community
of engineering professors,
工学系教授たちのコミュニティーがあり
05:06
from Cambridge to Kyoto,
電子工学の教材を開発しています
05:08
who are developing engineering content
in electrical engineering
巨大なスーパー教科書の開発だと考えてください
05:12
to develop what you can think of
as a massive, super textbook
それは 電子工学分野の全領域を網羅しているだけでなく
05:16
that covers the entire area
of electrical engineering.
それぞれの大学が目的に合わせて
05:19
And not only that --
05:20
it can be customized for use in each
of their own individual institutions.
カスタマイズして利用できるように作られています
また キティー・ジョーンズさんという
05:26
If people like Kitty Jones, a shut-out --
イリノイ州シャンペーン市出身のお母さんで 音楽の家庭教師をされている方は
05:29
a private music teacher and mom
from Champagne, Illinois,
子供たちに音楽の演奏法を教えるための独自の教材を
05:34
who wanted to share her fantastic
music content with the world,
世界中に公開したいと考えました
05:37
on how to teach kids how to play music --
現在 彼女の教材は 毎月60万回以上も利用されています
05:39
Her material is now used
over 600,000 times per month.
大変な利用頻度ですよね
05:45
Tremendous use.
05:46
In fact, a lot of this use coming
from United States K-12 schools,
実際 米国の幼稚園・小・中・高校で利用されているケースが多いのですが
05:50
because anyone who's involved
in a school scale back,
それは 学校の予算削減により真っ先に影響を受けるのが
音楽教育だからです
05:55
the first thing that's cut
is the music curriculum.
それ故に 無料で自由に利用できるこのような教材の需要は
05:58
And so this is just indicating
the tremendous thirst
とても大きいのです
06:00
for this kind of open, free content.
06:02
A lot of teachers are using this stuff.
多くの先生たちがこのシステムを使っています では 教材のRipping (取り込み)
06:05
What about ripping?
What about copying, reusing?
複製 再利用については どうでしょうか
テキサス大学エルパソ校では 大学院生のボランティアグループが
06:08
A team of volunteers
at the University of Texas at El Paso --
先ほどのスーパー電子工学教科書の内容を翻訳しています
06:11
graduate students translating
this engineering super textbook ideas.
一週間以内には ラテンアメリカ 特にメキシコの至る所で
06:16
And within about a week,
06:18
having this be some
of our most popular material
評判の教材として多く利用されるようになるはずです
06:20
in widespread use all over Latin America,
and in particular in Mexico,
06:24
because of the open,
extensible nature of this.
それは この教材の本質がオープンな拡張性にあるからです
06:27
People, volunteers and even companies
ボランティアの人たちや 企業までもが
06:30
that are translating materials
into Asian languages
この教材を 中国語や日本語 タイ語など
アジア諸国の言語へ翻訳し
06:33
like Chinese, Japanese and Thai,
さらに広範に知識を行き渡らせようとするこの試みに参加しています
06:35
to spread the knowledge even further.
それでは Mixing (ミキシング) についてはどうでしょう
06:39
OK, what about people who are mixing?
06:41
What does "mixing" mean?
ミキシングとは それぞれのニーズに合った教育課程を作る
06:42
"Mixing" means
building customized courses,
06:44
means building customized books.
つまり それぞれの用途に合った教科書を作ることを意味します
ナショナル・インスツルメンツなどの企業は
06:48
Companies like National Instruments,
効果的なインタラクティブ・シミュレーションを埋め込むことで
06:50
who are embedding very powerful,
interactive simulations
06:55
into the materials,
普通の教科書を用いてはできないような
06:56
so that we can go way beyond
our regular kind of textbook
インタラクティブな学習体験を実現させる
06:59
to an experience
07:00
that all the teaching materials
are things you can actually interact with
実際にシミュレーションをインタラクティブに使いながら
07:04
and play around with
and actually learn as you do.
体感的に学べるオンライン教科書の開発をしています
「国境なき教師団」は 我々の教材をミキシングして用いることに
07:08
We've been working
with Teachers Without Borders,
大変な関心を寄せています
07:10
who are very interested
in mixing our materials.
我々の開発した「コネクションズ」のシステムをプラットフォームにして
07:13
They're going to be using
Connexions as their platform
07:15
to develop and deliver teaching materials
for teaching teachers how to teach
教師に教授法を指導するための教材を開発し
全世界84カ国に配信しようとする
試みを計画中です
07:21
in 84 countries around the world.
彼らは現在 米国国際開発庁の支援を受け イラクで2万人の教師を養成中です
07:23
TWB is currently in Iraq,
07:26
training 20,000 teachers
supported by USAID.
彼らにとって 現地のニーズに合ったものに
07:31
And to them, this idea
of being able to remix
教材を改良できるという考え方は 大変重要です
07:34
and customize to the local context
is extraordinarily important,
なぜなら 発展途上国の人々が 無料で教材が入手できるなら
07:39
because just providing
free content to people
07:41
has actually been likened
by people in the developing world
何でも喜ぶだろうというのは
07:44
to a kind of cultural imperialism --
一種の文化帝国主義だからです
彼ら自身が現地の事情に沿った教材に作り直し
07:47
that if you don't empower people
07:48
with the ability
to re-contextualize the material,
彼らの母語に翻訳したものを所有できる
そのような仕組みがなければ
07:51
translate it into their own language
and take ownership of it,
うまくいかないのです
07:54
it's not good.
我々と一緒に仕事をしている団体は他にもあります
07:56
OK, other organizations
we've been working with, UC Merced --
カリフォルニア大学メルセド校をご存じですよね
08:00
people know about UC Merced.
カリフォルニアのセントラルバレーにある新設大学で
08:02
It's a new university in California,
in the Central Valley,
コミュニティーカレッジとも密接に連携しています
08:06
working very closely
with community colleges.
08:08
They're actually developing
彼らは 科学・工学系のカリキュラムを実際に開発中で
08:10
a lot of their science
and engineering curriculum
我々のシステムを通して世界中に公開しようとしています
08:12
to spread widely
around the world in our system.
さらに 全てのソフトウェアツールを 完全にオープンソースで開発しています
08:17
And they're also trying to develop
all of their software tools
08:20
completely open-source.
他には AMDという企業が 「50 by 15」というプロジェクトを通じて
08:21
We've been working with AMD,
which has a project called 50x15,
2015年までに世界人口の50% にインターネットアクセスを行き渡らせる
08:26
which is trying to bring
Internet connectivity
という取り組みをしています
08:29
to 50 percent of the world's
population by 2015.
我々は 既存の教材を多言語で提供することで
08:32
We're going to be
providing content to them
この試みに協力しています
08:34
in a whole range of different languages.
08:36
And we've also been working
with a number of other organizations.
他にも多くの団体と協力しています
特に ヒューレット財団に援助を受けた多くのプロジェクトは
08:40
In particular, a bunch of the projects
that are funded by Hewlett Foundation,
オープンコンテンツの領域では
リーダー的な役割を果たしました
08:44
who have taken a real leadership role
in this area of open content.
次は 「Burn」 ここがとても面白いところですが
08:48
OK, burn -- I think
this is, sort of, quite interesting.
これはつまり このような教育課程を物質化する行為を指します
08:52
"Burn" is the idea of trying
to create the physical instantiation
08:56
of one of these courses.
皆さんの多くが すでに受け取られたと思いますが
08:57
And I think a lot of you received --
皆さんへのギフトパックの中に このような音楽の本が一冊入っていたと思います
08:59
I think all of you received one
of these music books in your gift pack.
ささやかな贈り物です
09:05
A little present for you.
かいつまんでお話しします この工学系の教科書を例にしましょう
09:07
Just to tell you quickly about it:
this is an engineering textbook.
分厚い300ページもの本です
09:10
It's about 300 pages long, hardbound.
誰か値段を当てられますか?
09:15
This costs -- anybody guess?
書店では一体いくらで売られているでしょう
09:19
How much would it cost in a bookstore?
(聴衆): 65ドル(約6千円)
09:21
(Audience) 65 dollars.
09:22
Richard Baraniuk:
OK. This costs 22 dollars to the student.
学生は22ドル(約2千円)で買えます
どうして22ドル(約2千円)で済むのか
09:27
Why does it cost 22 dollars?
09:28
Because it's published on demand
それは オンデマンドで刊行され
09:30
and it's developed
from this repository of open materials.
この公開教材の貯蔵庫を利用して作られたからです
もし仮にこの本が 一般の出版社を通して出されたら
09:34
If this book were to be published
by a regular publisher,
最低でも 122ドル (1万1千円)はするでしょう
09:37
it would cost at least 122 dollars.
お話しているのは この「Burning」という出版のプロセスを
09:40
So what we're seeing
09:41
is moving this burning
or publication process
一般的な一人の著者によるものから
09:44
from the regular,
sort of single-authored book
コミュニティーによって執筆された教材を
09:47
towards community-authored materials
それぞれのクラスのニーズに合わせて組み立て
09:50
that are modular, that are customized
to each individual class
低コストでオンデマンド出版するものへ変革するということです
09:54
and published on demand
very inexpensively,
09:56
either pushed out through Amazon
アマゾン経由で販売しても良いですし
コープ(生協)などのオンデマンドサービスを通しての出版もできます
09:59
or published directly
through an on-demand press, like QOOP.
これは とてつもなく面白い分野だと思います
10:03
And I think that this is
an extraordinarily interesting area
10:06
because there is tremendous area
under this long tail in publishing.
なぜなら 出版ではロングテールの部分に素晴らしいものが存在するからです
ハリーポッターのようなロングテールの左側に属するものではなく
10:12
We're not talking
about the Harry Potter end,
10:14
right at the left side.
超幾何偏微分方程式のような本について話しているのです
10:16
We're talking about books
10:17
on hypergeometric
partial differential equations.
そう 一年に100冊から1000冊程度しか売れない出版物のことです
10:20
Books that might sell
100 copies a year, 1,000 copies a year.
この「ロングテール」による驚くほど持続的な収益は
10:24
There is tremendous
sustaining revenue under this long tail
我々のようなオープンプロジェクトを維持していくだけでなく
10:29
to sustain open projects like ours,
この二冊を出版したコープの事業のような
10:31
but also to sustain this new emergence
of on-demand publishers,
新興のオンデマンド出版を支えるのにも役立っています
10:36
like QOOP, who produced these two books.
10:38
And I think one of the things
that you should take away from this talk
この話の中で大変重要なのは
中間業者の省略です
10:42
is that there's an impending
cut-out-the-middle-man disintermediation,
脱中間業者の動きは さらに盛んになり
10:46
that's going to be happening
in the publishing industry.
数年の間には 出版業界における大きな潮流となるでしょう
10:48
And it's going to reach a crescendo
over the next few years,
そしてこれは 我々そして世界にとってより有益に働くでしょう
10:51
and I think that it's for our benefit,
really, and for the world's benefit.
では この流れを可能にしてくれているのは 何でしょうか?
10:55
OK, so what are the enablers?
この変革を促している真の立役者は何か
10:57
What's really making all of this happen?
大量のテクノロジーがある中で
10:59
There's tons of technology,
11:00
and the only piece of technology
that I really want to talk about is XML.
私が本当にお話ししたいのは 唯一XMLについてです
11:04
How many people know about XML?
XMLをご存じの方は どのくらいいらっしゃいますか?
11:06
Oh, great.
素晴らしい XMLは ウェブの未来を支えるテクノロジーです
11:07
So it's the future of the web, right?
XMLは コメントやコンテンツの意味的表現であり
11:09
It's semantic representation of content.
この場合のXMLの意味合いは
11:14
And what you can really
think of XML in this case
これらのページ群をひとまとめにするパッケージだと考えられるでしょう
11:16
is it's the packaging
that we're putting around these pages.
先ほど本を取り出してページを破り取ったことを覚えてますか?
11:19
Remember we took the book,
tore the pages out?
11:21
Well, what the XML is going to do
つまり XMLの役目とは 基本的に
11:23
is it's going to turn those pages
into Lego blocks.
これらのページをレゴのブロックに置き換えることなのです
11:27
XML are the nubs on the Lego
XMLは コンテンツを無数の様々な形で組み立て直すための
11:29
that allow us to combine the content
together in a myriad different ways,
レゴ的機能の中心的役割を担っており
11:33
and it provides us a framework
to share content.
さらに コンテンツを共有するための「枠組み」を提供してくれます
XMLは 皆さんに これらの教材コンテンツや
11:37
So, it lets you take this ecosystem
破り取った数々の本のページが散在する「原始段階」にあるこのシステムから
11:40
in its primordial state
of all this content,
高度に洗練された学習装置を
11:43
all the pages you've torn out of books,
作り出すことを可能にしてくれます
11:45
and create highly sophisticated
learning machines:
(学習装置とは)本や学習課程や授業教材のことです
11:49
books, courses, course packs.
11:51
It gives you the ability
to personalize the learning experience
このXMLという技術が それぞれの学生の学習体験を
ニーズに合ったものにしてくれるので
11:55
to each individual student,
各学生は 個人の学習スタイルや学習環境
11:57
so that every student
can have a book or a course
使用言語や関心に合った教科書や学習課程を
12:00
that's customized to their
learning style, their context,
手に入れることができるのです
12:03
their language and the things
that excite them.
XMLを使えば 同じ教材を異なった斬新な方法で
12:06
It lets you reuse the same materials
in multiple different ways,
12:09
and surprising new ways.
再利用できます
12:11
It lets you interconnect ideas,
さらにXMLは 異なる領域の関連性の表示を可能にし
12:13
indicating how fields
relate to each other.
多様なアイデアを結びつける過程を支援します
個人的な話ですが 我々がこのようなアイデアを思いついたのは
12:18
And I'll just give you my personal story.
6年半ほど前に 赤い四角枠で囲まれた内容(方程式)を
12:20
We came up with this
six-and-a-half years ago
12:22
because I teach the stuff in the red box.
教えていたのがきっかけです
クリスが言ったように 私は電子工学の教授です
12:25
And my day job, as Chris said --
I'm an electrical engineering professor.
例えば信号処理について教える際に大変なのは
12:29
I teach signal processing
この数式が...
12:31
and my challenge
was to show that this math --
12:33
Wow, about half of you
have already fallen asleep
おや この方程式を見ただけで 半分の方は居眠りしてしまいましたね
12:35
just looking at the equation.
(笑)
12:37
(Laughter)
しかし このつまらなそうな数式が
12:38
But this seemingly dry math
12:40
is actually the center
of this tremendously powerful web
テクノロジーや音楽のシンセサイザーのようなアプリケーションを
12:44
that links technology --
莫大な経済的成功の機会に結びつける
12:46
that links really cool applications
like music synthesizers
12:49
to tremendous economic opportunities,
非常に強力なウェブの中心的存在であり
また 知的所有権によって統制されているものなのです
12:53
but also governed
by intellectual property.
そして私が解ったのは 一人のエンジニアとして
12:55
And the thing that I realized
12:56
is there was no way
that I, as an engineer,
このように包括的な本は 決して一人では書けないということでした
12:59
could write this book
that would get all of this across.
コミュニティーがあってこそ 成し遂げられたことです
13:01
We needed a community to do it
幾つものアイデアを結びつけるための新しいツールも必要でした
13:03
and we needed new tools
to be able to interconnect these ideas.
ある意味で 我々が取り組んでいるのは
13:07
And I think that really,
in a sense, what we're trying to do
ミンスキー教授の夢の実現なのです
13:10
is make Minsky's dream come to a reality,
図書館にある様々な本が お互いに
13:12
where you can imagine
all the books in a library
会話を始めるのを想像できるでしょう
13:14
actually starting to talk to each other.
教師や教えたことのある人なら
13:16
And people who are teachers out here --
whoever taught, you know this --
この意味がお分かりでしょう
教えるという行為の真髄は アイデアを相互に連結させることですよね
13:20
it's the interconnections between ideas
that teaching is really all about.
数学の話に戻りますが 次のようなことが可能だと想像してください
13:24
OK, back to math.
13:26
Imagine -- this is possible:
あなたの電子教科書に載っている全ての方程式の一つ一つを
13:29
that every single equation that you
click on in one of your new e-texts
クリックするだけで探究や実験をしながら更に詳しく学ぶことができるとします
13:33
is something that you're going to be able
to explore and experiment with.
例えば 中学二年生のお子さんの代数の教科書に載っている
13:37
So imagine your kid's
algebra textbook in seventh grade.
すべての方程式をそれぞれクリックするだけで
13:41
You can click on every single equation
13:42
and bring up a little tool
to be able to experiment with it,
簡単なツールが出てきて 実際にシミュレーション実験し いじりながら
13:45
tinker with it, understand it.
方程式についての理解を深めることができます
13:47
Because we really
don't understand until we do.
実際にやってみないと 真の理解はできないからです
MathMLと同様の化学用マークアップ言語を使用すれば
13:50
The same type of mark-up,
like MathML, for chemistry.
13:54
Imagine chemistry textbooks
分子構造を 手に取るように理解できる
13:56
that actually understand the structure
of how molecules are formed.
教科書を作れますし
XMLを音楽の分野へ応用すれば 音楽の意味的構造を探究し
14:00
Imagine Music XML
実際に体験しながら
14:02
that actually lets you delve
into the semantic structure of music,
理解できるような教科書の作成が可能です
14:05
play with it, understand it.
誰もが(XMLに)飛びつきたくなるのも不思議じゃないですよね
14:07
It's no wonder that everybody's
getting into it, right?
東方の三賢者でさえ そうですよ
14:10
Even the three wise men.
14:11
(Laughter)
(笑)
さて 二番目に大切な変革の立役者である知的所有権についてですが
14:13
OK, the second big enabler,
and this is where I told a big lie.
実は 一つ大嘘をついてしまいました
14:18
The second big enabler
is intellectual property.
この壇上から 音楽の世界で起きている変化がいかに素晴らしいか
14:21
Because, in fact, I got up here
お話ししたばかりですが 音楽を共有したり
14:23
and I talked about how great
the music culture is.
分解してリミックスして(CDなどを)作成するのは すべて違法行為なのです
14:25
We can share and rip, mix and burn,
but in fact, that's all illegal.
(違法な複製を行った)著作権侵害者として 告発されうるのです
14:29
And we would be accused
of [piracy] for doing that,
14:32
because this music has been propertized.
もとの楽曲には所有権がありますからね
そして そのほとんどを巨大産業が握っています
14:36
It's now owned,
much of it by big industries.
つまり このようなことは 本来可能ではないのです
14:40
So, really, the key thing here
is we can't let this happen.
ナプスターがやっていたようなことは 許されないのです
14:43
We can't let this
Napster thing happen here.
そこで 原点に戻ってこの問題を解決するために
14:46
So, what we have to do
is get it right from the very beginning.
取り組まなければならないのは
14:48
And what we have to do
is find an intellectual property framework
「共有」を可能にし しかも容易に理解できるような
14:52
that makes sharing safe
and makes it easily understandable.
知的所有権に関する枠組みを見つけることなのです
突破口は LinuxやGPLのような
14:57
And the inspiration here
is taken from open-source software.
オープンソースソフトウェアと
15:01
Things like Linux and the GPL.
15:04
The Creative Commons licenses.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにあります
クリエイティブ・コモンズのことを聞いたことがありますか?
15:07
How many people
have heard of creative commons?
ご存じでなければ まず「Creativecommons.org」にて学んでください
15:09
If you have not, you must learn about it.
15:11
Creativecommons.org.
コネクションズで共有されている全教材と
15:13
At the bottom of every piece
of material in Connexions
その他多くのプロジェクトの教材の末尾には
15:16
and in lots of other projects,
15:18
you can find their logo.
15:19
Clicking on that logo
takes you to an absolute no-nonsense,
このロゴマークが付いており クリックするだけで
公開された内容を用いて何をすることが許されているのかが
15:23
human-readable document, a deed,
誰にでもわかる証文に誘導されます
15:26
that tells you exactly
what you can do with this content.
実際 (このラセンスのもとでは)自由に共有したり コピーしたり
15:29
In fact, you're free to share it,
to do all of these things:
修正を加えること 商業的に使用することさえもが
15:33
to copy it, to change it,
even to make commercial use of it,
(元の作品の)著者を明記する限り 許されています
15:36
as long as you attribute the author.
なぜなら 学術出版や
15:39
Because in academic publishing
and much of educational publishing,
多くの教育出版の目的は
知識の共有により社会的インパクトを与えることにあり
15:43
it's really this idea of sharing knowledge
15:47
and making impact.
お金儲けのためではないからです
15:49
That's why people write,
not necessarily making bucks.
ここで言っているのは 「ハリー・ポッター」のことでななく
15:53
We're not talking
about Harry Potter, right?
ロングテールの末端部分の本のことです
15:55
We're at the long tail end here.
15:56
Behind that is the legal code,
very carefully constructed.
法的規定がしっかりされているので
注意深く使えば
クリエイティブ・コモンズはうまく働いてくれます
16:01
And Creative Commons is taking off --
4千3百万以上もの著作物が
16:03
over 43 million things out there,
クリエイティブ・コモンズのライセンス下で提供されています
16:07
licensed with a Creative Commons license.
文章のみならず音楽や画像やビデオなどの作品も含まれます
16:09
Not just text,
16:12
but music, images, video.
実際 楽曲をこのライセンス下で公開し
16:15
And there's actually a tremendous uptake
誰もが自由に「取り込み、ミキシング、作成、共有」できるようにするという
16:17
of the number of people
that are actually licensing music
16:20
to make it free for people
who do this whole idea of re-sampling,
「再サンプリング」のアイデアに
賛同する人々の数も増えています
16:24
ripping, mixing, burning and sharing.
最後に 要点を二三まとめて終わりたいと思います
16:26
OK, I'd like to conclude
with just the last few points.
我々が作った「コモンズ」のアイデアは すでに人々に利用されており
16:30
So, we've built this idea of a commons.
16:32
People are using it.
我々のサイトだけでも 毎月50万人以上のアクセスがあります
16:34
We get over 500,000 unique visitors
per month, just to our particular site.
別の巨大オープンコンテンツサイトであるMITオープンコースウェアも
16:40
MIT OpenCourseWare,
which is another large open-content site,
同様の数のアクセスがあります では 我々の試みを
16:44
gets a similar number of hits.
16:46
But how do we protect this?
どうしたら未来につながるように守っていけるでしょうか
16:48
How do we protect it into the future?
最初に挙げられるのは質管理のことでしょう
16:50
And the first thing
that people are probably thinking
16:53
is quality control, right?
16:54
Because we're saying that anybody
can contribute things to this commons.
何しろこのコモンズには 誰が何を提供しようと
かまわないことになっていますから
16:59
Anybody can contribute anything.
それ(質管理)は 問題になり得ます
17:02
So that could be a problem.
例えば下着についての投稿が出始めるまでには
17:04
It didn't take long until people
started contributing materials,
そう長くはかかりませんでした
17:09
for example, on lingerie,
実際 なかなか出来の良いモジュールでしたが...
17:11
which is actually a pretty good module.
唯一の問題は、内容がフランスの大手フェミニスト雑誌からの
17:13
The only problem is it's plagiarized
from a major French feminist journal,
盗作であり
17:18
and when you go
to the supposed course website,
講義のウェブサイトに行こうとすると
17:21
it points to a lingerie-selling website.
下着販売サイトに繋がってしまうことでした
さすがに これは少々問題ですよね
17:26
So this is a little bit of a problem.
ですから 明らかに何らかの質管理の考え方が必要なのです
17:28
So we clearly need some kind
of idea of quality control
ここは正に 検証と査読いう考え方が必要なところです
17:31
and this is really where the idea
of review and peer review comes in.
皆さんが TEDに来られたのは なぜですか?
17:35
You come to TED. Why do you come to TED?
それは クリスと彼のチームが このイベントの質の高さを
17:37
Because Chris and his team have ensured
17:39
that things are
very, very high quality, right?
確保し続けてきたからですよね
我々も同様のことを可能にする仕組みを
17:43
And so we need to be able
to do the same thing.
考案する必要があります
17:45
And we need to be able
to design structures,
だから我々は 誰もが自分のピアレビュー(査読)過程を
17:48
and what we're doing
is designing social software
実現するためのソーシャル・ソフトウェアを開発しているのです
17:51
to enable anyone to build
their own peer review process,
このような仕組みを「レンズ」と呼んでいます
17:54
and we call these things "lenses."
このソフトによって 誰でも自分用の
17:56
And basically what they allow
17:58
is anyone out there can develop
their own peer-review process,
ピアレビュー過程を設定し
本当に重要だと思われる
18:01
so that they can focus
on the content in the repository
貯蔵庫の内容だけに集中できるのです
18:05
that they think is really important.
TEDもまた このレンズ的な存在としてとらえることができます
18:07
And you can think of TED
as a potential lens.
最後になりますが
18:10
So I'd just like to end by saying:
このような変革は 「行動への引き金」だと見ることができます
18:12
you can really view this
as a call to action.
コネクションズとオープン・コンテンツの真髄は 「知識の共有」です
18:17
Connexions and open content
is all about sharing knowledge.
ここにいる皆さんは
18:22
All of you here are tremendously imbued
with tremendous amounts of knowledge,
膨大な量の知識に満ちあふれています
私が皆さん一人一人にぜひお勧めしたいのは
18:27
and what I'd like to do
is invite each and every one of you
我々のプロジェクトを含めその他同様の試みへの参加と貢献です
18:29
to contribute to this project
and other projects of its type,
我々が共に行動すれば 教育と教育出版の在り方を
18:33
because I think together
we can truly change the landscape
18:36
of education and educational publishing.
真に変革することができると私は思います
ご静聴ありがとうございました
18:39
So, thanks very much.
Translator:Hiromi Iiyoshi
Reviewer:Toru Iiyoshi

sponsored links

Richard Baraniuk - Education visionary
Richard Baraniuk founded Connexions -- now called OpenStax -- a free, open-source, global clearinghouse of course materials. Students and educators tap into its vast store of texts on everything from engineering to ornithology to music, adapting the content as they see fit.

Why you should listen

Rice University professor Richard Baraniuk has a giant vision: to create a free global online education system that puts the power of creation and collaboration in the hands of teachers worldwide. He's realizing that vision with OpenStax (formerly named Connexions), a website that allows teachers to quickly "create, rip, mix and burn" coursework -- without fear of copyright violations. Think of it as Napster for education.

OpenStax's open-source system cuts out the textbook, allowing teachers to share course materials, modify existing work and disseminate it to their students -- all for free, thanks to Creative Commons licensing. Baraniuk envisions OpenStax as a repository where the most up-to-date material can be shared and reviewed (it's far more efficient than waiting for a textbook to be printed); it could become a powerful force in leveling the education playing field. Currently encompassing hundreds of online courses and used by a million people worldwide, Baraniuk's virtual educational system is revolutionizing the way people teach and learn.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.