sponsored links
TEDxSaltLakeCity

Kevin B. Jones: Why curiosity is the key to science and medicine

ケビン・ジョーンズ: 好奇心が科学と医学の鍵となる理由

September 19, 2015

科学とは、試行と失敗と修正を伴う学びの過程であり、医学も科学として例外ではありません。がんの研究者であるケビン・B・ジョーンズが、外科手術と医療において未知の深淵に触れるとき、彼はシンプルな姿勢で臨みます。その姿勢とは誠実。認識の性質について扱う思慮に富んだトークで、ジョーンズは、科学者が謙虚に自分にとって未知のものを認めるときにいかに素晴らしい成果が得られるかを示しています。

Kevin B. Jones - Cancer researcher
Kevin B. Jones is a life-long student of human nature, fascinated most by the decision-making capacity intrinsic to each of us. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
サイエンス
00:12
Science.
この言葉を聞くと皆さんの多くに
つまらない退屈な記憶が蘇るでしょう
00:14
The very word for many of you conjures
unhappy memories of boredom
高校時代の生物や物理の授業の思い出です
00:18
in high school biology or physics class.
でも私に言わせれば 高校時代の授業は
00:21
But let me assure that what you did there
サイエンスとはほとんど無関係でした
00:24
had very little to do with science.
それはサイエンスの「何」でした
00:26
That was really the "what" of science.
他の人が発見したものの歴史でした
00:28
It was the history
of what other people had discovered.
科学者としての私が最も興味を持つのは
00:32
What I'm most interested in as a scientist
サイエンスは「いかに」進展するかです
00:35
is the "how" of science.
何故なら サイエンスは
プロセスに関する認識だからです
00:37
Because science is knowledge in process.
私たちは観察を行い 観察から
観察結果に対する推定して解釈し
00:41
We make an observation,
guess an explanation for that observation,
そこから 実験や観察で実証可能な
00:44
and then make a prediction
that we can test
予測を立てます
00:46
with an experiment or other observation.
いくつか例を挙げましょう
00:49
A couple of examples.
人類が まず気づいたことは
地球が下にあり 天空が上にあって
00:50
First of all, people noticed
that the Earth was below, the sky above,
太陽も月も 自分たちの周囲を
回っているように見えることでした
00:54
and both the Sun and the Moon
seemed to go around them.
当時の人類が推定した解釈は
00:58
Their guessed explanation
地球は 宇宙の中心にあるはずだ
ということでした
01:00
was that the Earth must be
the center of the universe.
予測は「全ては 地球の周りを
周っているはずだ」というものでした
01:04
The prediction: everything
should circle around the Earth.
この予測が初めて実際に試されたのは
01:08
This was first really tested
ガリレオが 初の天体望遠鏡を手に
01:09
when Galileo got his hands
on one of the first telescopes,
夜空を覗き込んだときでした
01:12
and as he gazed into the night sky,
ガリレオが発見したのは木星という惑星と
01:15
what he found there was a planet, Jupiter,
その周りを回る 4つの衛星でした
01:18
with four moons circling around it.
ガリレオは この4つの衛星を使って
木星の軌道を追跡し
01:23
He then used those moons
to follow the path of Jupiter
木星もまた
地球の周りを周っているのではなく
01:28
and found that Jupiter
also was not going around the Earth
太陽の周りを周っていることに気づきました
01:31
but around the Sun.
予測が反証された訳です
01:35
So the prediction test failed.
これにより
「地球が宇宙の中心にある」という理論が
01:38
And this led to
the discarding of the theory
01:40
that the Earth was the center
of the universe.
棄却されました
もう1つの例「ニュートン卿は
物が落下する先は 地球だと気づいた」
01:42
Another example: Sir Isaac Newton
noticed that things fall to the Earth.
推定された解釈は 引力であり
01:46
The guessed explanation was gravity,
「万物は 地球に向かって落下する」
と予測されました
01:50
the prediction that everything
should fall to the Earth.
でも 当然ながら 全てが地上に
落下するわけではありません
01:53
But of course, not everything
does fall to the Earth.
では 引力の理論は却下されたか?
01:58
So did we discard gravity?
そうではなく 理論が見直されて
引力が物を地球に向けて引っ張るのは
02:00
No. We revised the theory and said,
gravity pulls things to the Earth
「同じ大きさで反対向きの力が
働いていないとき」と表現されました
02:05
unless there is an equal
and opposite force in the other direction.
ここから 私たちは 新しいことを学びました
02:10
This led us to learn something new.
私たちは 鳥とその翼に注意を向け始め
02:12
We began to pay more attention
to the bird and the bird's wings,
このような考え方から様々な発見が
02:16
and just think of all the discoveries
生まれたことを考えてみてください
02:18
that have flown
from that line of thinking.
推論が反証され 例外や特異な事象から
02:21
So the test failures,
the exceptions, the outliers
何を知らなかったかがわかり
新たな発見につながります
02:26
teach us what we don't know
and lead us to something new.
このようにして サイエンスは
前進し新たなことを学ぶのです
02:32
This is how science moves forward.
This is how science learns.
メディアが時として使う表現であり
02:35
Sometimes in the media,
and even more rarely,
さらに稀とはいえ ときに科学者も使う表現に
02:38
but sometimes even scientists will say
何かが「科学的に証明された」
という言い方があります
02:40
that something or other
has been scientifically proven.
ご理解いただけると思いますが
サイエンスが何かを断定的に証明し
02:43
But I hope that you understand
that science never proves anything
それが永遠ということはありません
02:48
definitively forever.
願わくば科学が
次の特異例を探し求める好奇心を
02:51
Hopefully science remains curious enough
持ち続け
02:55
to look for
私たちが次の特異な症例を見つけたときに
02:56
and humble enough to recognize
次の例外を見つけたときに
02:58
when we have found
それに気づく謙虚さを忘れず
03:00
the next outlier,
それに気づく謙虚さを忘れず
03:02
the next exception,
ちょうど 木星の月の発見の時のように
03:03
which, like Jupiter's moons,
そこから 未知なるものを
学んでいきたいものです
03:05
teaches us what we don't actually know.
ではここで ちょっとの間
ギアを入れ替えましょう
03:09
We're going to change gears
here for a second.
医学のシンボルである カドゥケウスの杖は
03:11
The caduceus, or the symbol of medicine,
様々な人にとって
多くの様々な意味がありますが
03:13
means a lot of different things
to different people,
医学に関する一般の議論では
03:16
but most of our
public discourse on medicine
技術的問題へとすげ替えられます
03:18
really turns it into
an engineering problem.
議会や
保険会社の重役会議で
03:21
We have the hallways of Congress,
議論されるのは
医療費の支払い方法です
03:23
and the boardrooms of insurance companies
that try to figure out how to pay for it.
倫理学者や疫学者は
03:27
The ethicists and epidemiologists
医療を配分する最善策に
知恵をしぼり
03:29
try to figure out
how best to distribute medicine,
病院や医師たちが
すっかり心を奪われているのは
03:32
and the hospitals and physicians
are absolutely obsessed
手順書やチェックリストを使って
03:34
with their protocols and checklists,
安全に医療を提供するための
最善策です
03:36
trying to figure out
how best to safely apply medicine.
以上述べたのは全て良いことです
03:40
These are all good things.
でも 彼らは皆 ある程度のレベルにおいて
03:42
However, they also all assume
医学の教科書は完成品だという前提があります
03:45
at some level
医学の教科書は完成品だという前提があります
03:47
that the textbook of medicine is closed.
医療の質を測るとき
私たちはまず
03:51
We start to measure
the quality of our health care
医療を受けられるまでの時間を
物差しにします
03:53
by how quickly we can access it.
これは驚くにあたりません
今の風潮では
03:56
It doesn't surprise me
that in this climate,
医療を提供する施設は
03:58
many of our institutions
for the provision of health care
オートバックス並みの迅速対応を
重視することから始めるからです
04:01
start to look a heck of a lot
like Jiffy Lube.
(笑)
04:03
(Laughter)
医学部を卒業したての時
私にとって唯一の問題は
04:06
The only problem is that
when I graduated from medical school,
自動車整備士が持っていて
車のプラグに差し込めば
04:10
I didn't get one of those
little doohickeys
何が問題か正確に割り出せるような
04:12
that your mechanic
has to plug into your car
そういう小洒落た装置を
持っていなかったこと—
04:14
and find out exactly what's wrong with it,
その理由は 医学の教科書の内容は
04:17
because the textbook of medicine
未完だからです
04:19
is not closed.
医学はサイエンスです
04:21
Medicine is science.
医学は プロセスに関する認識です
04:23
Medicine is knowledge in process.
観察して
04:27
We make an observation,
その観察の解釈を推定し
04:28
we guess an explanation
of that observation,
実証可能な 予測を立てるのです
04:30
and then we make a prediction
that we can test.
医学における予測のほとんどは
その検証の対象が
04:33
Now, the testing ground
of most predictions in medicine
人間の集団です
04:37
is populations.
退屈な生物の授業を
思い起こせば
04:38
And you may remember
from those boring days in biology class
集団の特性は平均の周りに
04:42
that populations tend to distribute
ガウス曲線 すなわち
04:44
around a mean
正規分布を描くものです
04:45
as a Gaussian or a normal curve.
従って 医学では
04:47
Therefore, in medicine,
推定した解釈に基づいて
予測をした後で
04:49
after we make a prediction
from a guessed explanation,
ヒトの集団を使って
検証します
04:52
we test it in a population.
その意味は
医学において私たちの知り得た—
04:55
That means that what we know in medicine,
知識や専門技術は
04:58
our knowledge and our know-how,
集団に基づいて得られたものであり
05:00
comes from populations
その適用が許されるのは
05:02
but extends only as far
次の特異な症例や例外が見つかって
05:05
as the next outlier,
私たちが実は知らない存在 ―
木星の月のことを
05:07
the next exception,
05:08
which, like Jupiter's moons,
05:10
will teach us what we don't actually know.
知るまでの間だということです
さて 私は外科医として
05:14
Now, I am a surgeon
肉腫の患者の
治療にあたっています
05:15
who looks after patients with sarcoma.
肉腫は悪性腫瘍のごくまれなケースです
05:17
Sarcoma is a very rare form of cancer.
筋肉や骨にできるがん[悪性腫瘍]です
05:20
It's the cancer of flesh and bones.
これらの患者さんは全員
特異な事例であり
05:23
And I would tell you that every one
of my patients is an outlier,
例外的な症例であると言えます
05:27
is an exception.
私が 肉腫患者に対して行った
外科手術は どれを取っても
05:30
There is no surgery I have ever performed
for a sarcoma patient
医学において 最も信頼性が高いとされる
集団に基づく根拠であるところの
05:33
that has ever been guided
by a randomized controlled clinical trial,
ランダム化比較臨床試験に
基づいたものではありません
05:37
what we consider the best kind
of population-based evidence in medicine.
既存の枠組みを超えて考えろと
言う人はいますが
05:42
People talk about thinking
outside the box,
肉腫に関して
既存の枠組みなんてありません
05:44
but we don't even have a box in sarcoma.
肉腫に関連して
不確実性、未知、例外
05:47
What we do have as we take
a bath in the uncertainty
特異な症例にどっぷりと浸かるとき
05:50
and unknowns and exceptions
and outliers that surround us in sarcoma
あらゆる科学にとって 私が最も大切と考える
05:55
is easy access to what I think
are those two most important values
2つの価値を容易に手にするのです
05:59
for any science:
すなわち 謙虚さと好奇心です
06:01
humility and curiosity.
私が謙虚かつ好奇心旺盛であれば
06:04
Because if I am humble and curious,
患者さんの質問を受けて
06:06
when a patient asks me a question,
私が答えを知らない場合
06:08
and I don't know the answer,
私は 同僚に尋ねるでしょう
06:10
I'll ask a colleague
その同僚は よく似た別の症例を
知っているかもしれませんから
06:12
who may have a similar
albeit distinct patient with sarcoma.
また 国際的な協力体制を組み立てるでしょう
06:15
We'll even establish
international collaborations.
患者同士は チャットルームや
支援団体を通じて
06:17
Those patients will start
to talk to each other through chat rooms
対話を始めるでしょう
06:21
and support groups.
この種の 謙虚な好奇心のある
コミュニケーションを通じてこそ
06:22
It's through this kind
of humbly curious communication
私たちは 新たなことを
試したり 学んだりするのです
06:26
that we begin to try and learn new things.
私の患者の1人を例にとりましょう
06:31
As an example, this is a patient of mine
その人は膝のあたりに悪性腫瘍がありました
06:33
who had a cancer near his knee.
謙虚な好奇心による
コミュニケーションを
06:35
Because of humbly curious communication
国際的な協力のもとに交わしたおかげで
06:37
in international collaborations,
がん[肉腫]に侵された膝の除去を
行わねばならなくなったとき
06:40
we have learned that we can repurpose
the ankle to serve as the knee
かかとに膝の役割を与えられることを
学びました
06:44
when we have to remove the knee
with the cancer.
これで義肢を装着すれば 患者が
走行、跳躍、遊戯できるのです
06:46
He can then wear a prosthetic
and run and jump and play.
このような治療の機会を得られたのは
06:50
This opportunity was available to him
国際的な協力によるものです
06:53
because of international collaborations.
患者がそれを望ましいと感じたのは
06:56
It was desirable to him
同じ治療を経験した他の患者と
自ら連絡を取ったからです
06:57
because he had contacted other patients
who had experienced it.
従って 医学における
例外や特異な症例は
07:01
And so exceptions and outliers in medicine
私たちが知らないことを気づかせてくれ
新しい考え方へと導いてくれるのです
07:06
teach us what we don't know,
but also lead us to new thinking.
さて 非常に重要なことですが
07:11
Now, very importantly,
医療において特異な症例や例外から
私たちが導かれる新たな考え方は全て
07:12
all the new thinking that outliers
and exceptions lead us to in medicine
特異例や例外に
適用されるだけにとどまりません
07:16
does not only apply
to the outliers and exceptions.
私たちが 肉腫の患者から
学ぶのは
07:20
It is not that we only learn
from sarcoma patients
肉腫患者の
管理法だけではありません
07:24
ways to manage sarcoma patients.
時として 特異な症例や例外は
07:26
Sometimes, the outliers
07:29
and the exceptions
07:30
teach us things that matter quite a lot
to the general population.
私たちに 一般的な集団にとって
大切なことを教えてくれます
森の外に単独で生える木のように
07:35
Like a tree standing outside a forest,
特異な症例や例外は
私たちの注意を惹き
07:37
the outliers and the exceptions
draw our attention
木とは何かといったような
より大きな理解へと私たちを導きます
07:41
and lead us into a much greater sense
of perhaps what a tree is.
私たちはよく 「木を見て森を見ず」
という議論をしますが
07:45
We often talk about
losing the forests for the trees,
森の中で
07:48
but one also loses a tree
1本の木を見失うこともあるのです
07:50
within a forest.
しかし 一本だけ目立って生えている木は
07:53
But the tree that stands out by itself
木を定義するこれらの関係すなわち
07:54
makes those relationships
that define a tree,
木の幹、根、枝の間に生じる関係を
07:57
the relationships between trunk
and roots and branches,
より明瞭にします
08:01
much more apparent.
たとえその木の幹が曲がっていても
08:03
Even if that tree is crooked
またたとえその木が
幹、根、枝の間に
08:05
or even if that tree
has very unusual relationships
ごく非凡な関係を持っていたとしても
08:08
between trunk and roots and branches,
それにも関わらず その木は
私たちの注意を惹きますし
08:10
it nonetheless draws our attention
私たちは観察することが出来ます
08:13
and allows us to make observations
それから一般的な集団で
検証できるのです
08:15
that we can then test
in the general population.
私は 肉腫を稀だと申し上げました
08:18
I told you that sarcomas are rare.
全ての悪性腫瘍の約1%です
08:20
They make up about one percent
of all cancers.
皆さんもおそらくご存知でしょうが
がん[悪性腫瘍]は遺伝性疾患とされています
08:23
You also probably know that cancer
is considered a genetic disease.
遺伝性疾患という言葉で
私たちが意味するのは
08:27
By genetic disease we mean
that cancer is caused by oncogenes
がん遺伝子が
がん細胞中で活性化したり
08:31
that are turned on in cancer
がん抑制遺伝子が不活化すると
がんになるということです
08:32
and tumor suppressor genes
that are turned off to cause cancer.
みなさんは
私たちががん遺伝子や
08:36
You might think
that we learned about oncogenes
がん抑制遺伝子について学んだのは
一般的ながん —
08:38
and tumor suppressor genes
from common cancers
乳がんや前立腺がんや
08:40
like breast cancer and prostate cancer
肺がんからだと思われるかもしれませんが
08:42
and lung cancer,
それは違います
08:44
but you'd be wrong.
私たちががん遺伝子や
がん抑制遺伝子について学んだのは
08:46
We learned about oncogenes
and tumor suppressor genes
最初は
08:48
for the first time
肉腫と呼ばれる わずか1%の
がん[悪性腫瘍]からなのです
08:50
in that itty-bitty little one percent
of cancers called sarcoma.
1966年 ペイトン・ラウス博士は
ノーベル賞を受賞 —
08:54
In 1966, Peyton Rous got the Nobel Prize
受賞は ニワトリが 伝染性の
肉腫を持つことを
08:57
for realizing that chickens
発見した功績を讃えてのことでした
08:59
had a transmissible form of sarcoma.
30年後 ハロルド・ヴァーマスと
マイケル・ビショップが
09:03
Thirty years later, Harold Varmus
and Mike Bishop discovered
伝染性の要素の正体を究明しました
09:06
what that transmissible element was.
遺伝子を持つウィルスでした
09:08
It was a virus
遺伝子を持つウィルスでした
09:10
carrying a gene,
srcというがん遺伝子です
09:11
the src oncogene.
srcを がん遺伝子の中で最も重要だと
申し上げるつもりはありません
09:13
Now, I will not tell you
that src is the most important oncogene.
すべてのがんの中でsrcが
09:17
I will not tell you
最も頻繁に活性化する
がん遺伝子であると言うつもりもありません
09:18
that src is the most frequently
turned on oncogene in all of cancer.
srcは初めて発見された がん遺伝子でした
09:22
But it was the first oncogene.
この例外であり 特異な事象であるsrcが
09:25
The exception, the outlier
私たちの注意をひき それがきっかけとなって
09:28
drew our attention and led us to something
私たちは その後の生物学における
重要な事柄を知るに至りました
09:31
that taught us very important things
about the rest of biology.
さて TP53は もっとも重要な
がん抑制遺伝子です
09:36
Now, TP53 is the most important
tumor suppressor gene.
TP53はがん抑制遺伝子の中で
もっとも高頻度に不活化されるもので
09:41
It is the most frequently turned off
tumor suppressor gene
ほぼ全種類のがんで認められています
09:43
in almost every kind of cancer.
でも私たちがそれを学んだのは
一般的ながんからではありません
09:46
But we didn't learn about it
from common cancers.
私たちが学んだのは
リーとフラウメニが
09:48
We learned about it
when doctors Li and Fraumeni
いくつかの家族を診ていて
09:51
were looking at families,
これらの家族が 異常に高い頻度で
09:52
and they realized that these families
肉腫を発症することに気づきました
09:54
had way too many sarcomas.
肉腫は珍しいと申し上げました
09:57
I told you that sarcoma is rare.
百万人に1人しか診断されない肉腫が
09:59
Remember that a one
in a million diagnosis,
1つの家族で2人診断されれば
10:02
if it happens twice in one family,
その家族での発症が
あまりに高頻度だということです
10:05
is way too common in that family.
肉腫が珍しいという事実こそが
10:08
The very fact that these are rare
私たちの注意を惹き
10:11
draws our attention
新しい考えに導くのです
10:13
and leads us to new kinds of thinking.
さてみなさんの多くは
こう言われるかもしれませんが
10:17
Now, many of you may say,
もっともなことです
10:18
and may rightly say,
「そうだ ケビン 確かにすごいよ
10:20
that yeah, Kevin, that's great,
でも 鳥の翼の話じゃないだろう」と
10:22
but you're not talking
about a bird's wing.
「木星とかいう惑星の周りに浮かぶ
衛星の話をしているんじゃないだろう」と
10:24
You're not talking about moons
floating around some planet Jupiter.
「これは人間だろう
10:28
This is a person.
この特異な症例や例外は
科学の進歩につながるかもしれない
10:30
This outlier, this exception,
may lead to the advancement of science,
でも これは人間だろう」と
10:33
but this is a person.
そして私に言えることはただ一つ
10:36
And all I can say
私はそのことを重々承知しているということ
10:37
is that I know that all too well.
私は この稀で命に関わる疾患を持つ
患者さんたちと対話をしてきました
10:41
I have conversations with these patients
with rare and deadly diseases.
その対話について 執筆をしています
10:45
I write about these conversations.
この対話は ひどく困難に満ちています
10:47
These conversations are terribly fraught.
対話は ひどい言葉で満ちています
10:50
They're fraught with horrible phrases
例えば「悪い知らせがあるんだ」とか
「手の施しようがありません」とか
10:51
like "I have bad news"
or "There's nothing more we can do."
時として これらの対話は
次の一言に結びつきます
10:55
Sometimes these conversations
turn on a single word:
「終末期」と
10:59
"terminal."
無言は居心地の悪いこともあります
11:04
Silence can also be rather uncomfortable.
医学における無言の箇所は
11:09
Where the blanks are in medicine
11:11
can be just as important
これらの対話で私たちが使うことばと
同じくらい重要になり得るのです
11:13
as the words that we use
in these conversations.
未知のものは何か?
11:17
What are the unknowns?
今行われている実験は何か?
11:18
What are the experiments
that are being done?
ちょっと実演してみましょう
11:21
Do this little exercise with me.
画面でこのフレーズをご覧ください
「no where (どこにもない)」です
11:23
Up there on the screen,
you see this phrase, "no where."
スペースの位置に注意してください
11:26
Notice where the blank is.
「no where (どこにもない)」の
11:28
If we move that blank one space over
スペースの位置を1つずらしてみましょう
11:32
"no where"
「now here (ここにある)」と
11:34
becomes "now here,"
真逆の意味になります
11:36
the exact opposite meaning,
スペースを1つずらしただけでです
11:38
just by shifting the blank one space over.
忘れもしないあの夜
11:43
I'll never forget the night
私は ある患者さんの
病室に入りました
11:45
that I walked into
one of my patients' rooms.
その日 私は長い間手術を行いましたが
11:48
I had been operating long that day
それでも その患者さんを
診たいと思いました
11:49
but I still wanted to come and see him.
患者さんは 男の子で 2、3日前に
骨肉腫と診断されました
11:52
He was a boy I had diagnosed
with a bone cancer a few days before.
彼はお母さんと一緒に
化学療法の医師の診察を
11:55
He and his mother had been meeting
with the chemotherapy doctors
その日の早い時刻に受けていました
11:58
earlier that day,
男の子は 化学療法を始めるために
入院していました
12:00
and he had been admitted
to the hospital to begin chemotherapy.
真夜中近くに私が
その子の病室に着いた時
12:03
It was almost midnight
when I got to his room.
その子は眠っていましたが
私は お母さんが
12:05
He was asleep, but I found his mother
その子のベッドのわきで
懐中電灯で
12:07
reading by flashlight
何かを読んでいるのに気付きました
12:09
next to his bed.
お母さんは 廊下に出て
私と数分話をしました
12:10
She came out in the hall
to chat with me for a few minutes.
そこで分かったことですが
お母さんが読んでいたのは
12:14
It turned out that
what she had been reading
その日 化学療法の医師から渡された
12:16
was the protocol
that the chemotherapy doctors
治療の手順書でした
12:18
had given her that day.
母親はそれを暗記していました
12:20
She had memorized it.
そして言いました
「ジョーンズ先生 言いましたよね
12:23
She said, "Dr. Jones, you told me
このタイプのがんは
必ず治るとは限らないと
12:26
that we don't always win
このタイプのがんは
必ず治るとは限らないと
12:28
with this type of cancer,
でも 私はこの治療の手順書を学んで
やれそうな気がします
12:31
but I've been studying this protocol,
and I think I can do it.
とても難しい治療法ですが
その通りにやれそうな気がします
12:35
I think I can comply
with these very difficult treatments.
私は仕事を辞めて
両親と同居し
12:39
I'm going to quit my job.
I'm going to move in with my parents.
私の子どもの安全を守ろうと思います」と
12:42
I'm going to keep my baby safe."
私は彼女に言いませんでした
12:47
I didn't tell her.
話をさえぎって 彼女の考えを正すことは
しませんでした
12:49
I didn't stop to correct her thinking.
彼女は 治療の手順書を信頼していましたが
12:53
She was trusting in a protocol
手順を全て守ったとしても
12:55
that even if complied with,
息子さんの命を救えるとは
限りませんでした
12:59
wouldn't necessarily save her son.
でも私は言いませんでした
13:03
I didn't tell her.
私は書かれていない余白を埋めませんでした
13:06
I didn't fill in that blank.
でも1年と半年が過ぎたとき
13:09
But a year and a half later
彼女の息子さんは 治療の甲斐なく
がん[骨肉腫]で亡くなりました
13:11
her boy nonetheless died of his cancer.
母親に告げるべきだったか?
13:15
Should I have told her?
さて みなさんの多くは言うかもしれません
「だからどうなの?
13:17
Now, many of you may say, "So what?
私は肉腫ではないし
13:19
I don't have sarcoma.
私には肉腫の家族もいません
13:20
No one in my family has sarcoma.
それで万事がうまく行き
13:22
And this is all fine and well,
多分 私の家族には関係ありません」と
13:24
but it probably doesn't
matter in my life."
ごもっともかもしれません
13:27
And you're probably right.
肉腫はみなさんの人生に
関係ないかもしれません
13:28
Sarcoma may not matter
a whole lot in your life.
しかしながら 医学で
書かれていない部分は
13:33
But where the blanks are in medicine
みなさんの人生に重要です
13:35
does matter in your life.
みなさんに言わなかった
後ろめたい秘密があります
13:38
I didn't tell you one dirty little secret.
医学では 集団を対象に予想をたてて
それを検証すると申し上げました
13:40
I told you that in medicine,
we test predictions in populations,
でも 私が言っていないことがあります
13:45
but I didn't tell you,
また 医学がしばしば
みなさんに言わないことがあります
13:46
and so often medicine never tells you
つまり 人が医学と出会う度に
13:48
that every time an individual
つまり 人が医学と出会う度に
13:51
encounters medicine,
その人が 確かに母集団の中に
収まっていることはわかっても
13:53
even if that individual is firmly
embedded in the general population,
本人にも 医師にも 分からないのは
13:59
neither the individual
nor the physician knows
その人が 集団のどの部分に
属しているかということです
14:01
where in that population
the individual will land.
従って 医学と遭遇する機会の1つ1つが
14:05
Therefore, every encounter with medicine
実験です
14:07
is an experiment.
患者になることは
14:09
You will be a subject
被験者になるということです
14:11
in an experiment.
良い結果もあれば 良くない結果も出ます
14:14
And the outcome will be either
a better or a worse result for you.
治療がうまく行けば
14:20
As long as medicine works well,
私たちは 順調に 素早く措置をし
14:22
we're fine with fast service,
大威張りで 自信たっぷりに話します
14:25
bravado, brimmingly
confident conversations.
でも 事態がうまくいかないとき
14:29
But when things don't work well,
時として 違うことが必要になります
14:31
sometimes we want something different.
一人の同僚が ある患者の足から
一個の腫瘍を切除しました
14:34
A colleague of mine
removed a tumor from a patient's limb.
彼はこの腫瘍について懸念がありました
14:38
He was concerned about this tumor.
この腫瘍が 高リスクで同じ部位に
再発するタイプの
14:40
In our physician conferences,
he talked about his concern
14:43
that this was a type of tumor
腫瘍ではないかと言いました
14:45
that had a high risk
for coming back in the same limb.
でも 彼は 患者との会話では
14:48
But his conversations with the patient
患者さんが望みそうなことをずばり
14:50
were exactly what a patient might want:
自身たっぷりに話しました
14:52
brimming with confidence.
「腫瘍は全て取り除きましたので
順調ですよ」と
14:54
He said, "I got it all
and you're good to go."
患者とその夫は 非常に喜びました
14:57
She and her husband were thrilled.
夫婦で出かけ お祝いのディナーで
シャンパンのボトルを開けました
14:58
They went out, celebrated, fancy dinner,
opened a bottle of champagne.
唯一の問題は 2〜3週間後に
15:04
The only problem was a few weeks later,
その患者が 同じ箇所にある
新たな結節に気づき始めたことでした
15:06
she started to notice
another nodule in the same area.
腫瘍は取り残しがあり
全治しなかったことが分かりました
15:09
It turned out he hadn't gotten it all,
and she wasn't good to go.
でも その段階で 起こったことに
私は非常に注目させられました
15:13
But what happened at this juncture
absolutely fascinates me.
その同僚は 私のところに来て
こう言ったのです
15:17
My colleague came to me and said,
「ケビン 私に代わって
この患者を診てくれないか?」と
15:18
"Kevin, would you mind
looking after this patient for me?"
「どうして?君は私と同じくらい
何をすべきか分かっていて
15:22
I said, "Why, you know the right thing
to do as well as I do.
君は間違った治療はしていないのに」
と私
15:25
You haven't done anything wrong."
すると同僚は「頼むから この患者を
私の代わりに診て欲しい」
15:27
He said, "Please, just look
after this patient for me."
彼は ばつが悪かったのです
15:33
He was embarrassed --
治療の内容ではなく
15:34
not by what he had done,
患者と交わした
15:37
but by the conversation that he had had,
自信過剰な会話のせいでした
15:39
by the overconfidence.
そこで 私は
より侵襲的な外科手術を行い
15:42
So I performed
a much more invasive surgery
その後 その患者と
全く違った内容の会話をしました
15:45
and had a very different conversation
with the patient afterwards.
「おそらく腫瘍は全て取り除いたので
15:48
I said, "Most likely I've gotten it all
おそらく 順調だと思いますが
15:50
and you're most likely good to go,
私たちの治療は 実験でもあります
15:53
but this is the experiment
that we're doing.
ここを自分で注意して
見て行ってください
15:57
This is what you're going to watch for.
ここを 私も注意して見ていきます
15:59
This is what I'm going to watch for.
そして 今回の手術が がん[肉腫]の除去に
有効だったかどうか
16:01
And we're going to work together
to find out if this surgery will work
一緒に観察して行きましょう」と
16:04
to get rid of your cancer."
受け合ってもいいですが
私と話した後
16:06
I can guarantee you, she and her husband
この患者がご主人とシャンパンで祝杯を
あげることはなかったでしょう
16:08
did not crack another bottle of champagne
after talking to me.
でも この患者は そのとき
一人の科学者となりました
16:13
But she was now a scientist,
単なる被験者ではありません
16:16
not only a subject in her experiment.
ですので みなさん ぜひ
16:21
And so I encourage you
自分がかかる医師の中に
16:23
to seek humility and curiosity
謙虚さと好奇心を求めてみてください
16:27
in your physicians.
毎年 200億回
16:28
Almost 20 billion times each year,
人が医師の元を訪ね
16:31
a person walks into a doctor's office,
その人が患者になります
16:35
and that person becomes a patient.
あなたもしくは あなたの大切な誰かが
間もなく その患者になるでしょう
16:39
You or someone you love
will be that patient sometime very soon.
医師に どう話しますか?
16:43
How will you talk to your doctors?
医師に 何を話しますか?
16:46
What will you tell them?
医師はあなたに 何を話すでしょうか?
16:48
What will they tell you?
医師は自分の知らないことを
16:52
They cannot tell you
話すことはできません
16:54
what they do not know,
医師は質問されたことを知らないときに
知らないと答えるでしょう
16:57
but they can tell you when they don't know
尋ねさえすればね
17:02
if only you'll ask.
なので 対話に参加してください
17:04
So please, join the conversation.
ありがとう
17:08
Thank you.
(拍手)
17:09
(Applause)
Translator:Hiroko Kawano
Reviewer:Masaki Yanagishita

sponsored links

Kevin B. Jones - Cancer researcher
Kevin B. Jones is a life-long student of human nature, fascinated most by the decision-making capacity intrinsic to each of us.

Why you should listen

Kevin B. Jones diagnoses and performs surgeries to remove rare cancers called sarcomas from the limbs of children and adults. Counseling patients -- especially teenagers with bone cancers -- about the decisions they must make with regard to their bodies has brought the uncertainties of medicine into keen focus for him. How does a person decipher what medicine has told her? How can a person choose among options given very limited understanding of the implications of each? Intrigued by these riddles and conundrums that patient-physician communication frequently creates, Jones wrote a book, What Doctors Cannot Tell You: Clarity, Confidence and Uncertainty in Medicine.

Jones also runs a scientific research laboratory focused on the biology of sarcomas. Here, his team studies the decisions cells make on the way to becoming a cancer. Again the complexities and uncertainties inherent to these decisions are in full relief.

Jones sees patients and does surgery as an associate professor at the University of Utah in the Department of Orthopaedics, working at both Primary Children's Hospital and the Huntsman Cancer Institute. His laboratory is in the Huntsman Cancer Institute, where he is an adjunct faculty member in the Department of Oncological Sciences.

Jones studied English literature at Harvard, medicine at Johns Hopkins, orthopedic surgery at the University of Iowa, and musculoskeletal oncology at the University of Toronto. He lives in Salt Lake City with his wife and four children.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.