sponsored links
TED2007

Nick Sears: Demo: The Orb

ニック・シアーズ(Nick Sears)氏、球体を実演

March 3, 2007

発明家ニック・シアーズ(Nick Sears) 氏は、残像が回転するディスプレイ、第一世代の「球体」を実演しており、この球体は煌々と輝く三次元画像を作り出している。簡潔で素晴らしい話である。

Nick Sears - Inventor
Working with his father, Ron Sears, Nick Sears is designing and building the Orb, a rotating LED display that uses persistence of vision to produce moving images in 3D space. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
In 1962, Buckminster Fuller
1952年、バックミンスター・フラー(Buckminster Fuller)氏は、
00:19
presented the particularly audacious proposal for the Geoscope.
ジオスコープに関する、実に斬新な空間原理を提唱しました。
00:21
It was a 200-foot diameter geodesic sphere
直径200フィートの測地線の球体を
00:25
to be suspended over the East River in New York City, in full view of the United Nations.
国連本部が一望できる、ニューヨークのイースト・リバーの上からつるしました。
00:28
It was a big idea, for sure, and it was one that he felt could truly inform
これは壮大なアイデアであり、またフラー氏は、このアイデアこそが、真実を伝え、
00:33
and deeply affect the decision making of this body
この天体の意思決定に深く影響を与えることができるのではないかと感じていました。
00:39
through animations of global data, trends
このアイデアでは、アニメーションを通して、地球のデータ・傾向
00:43
and other information regarding the globe, on this sphere.
といった、地球に関する、つまりこの球体についての情報を伝えます。
00:47
And today, 45 years later,
そして、それから45年後の現在、
00:51
we clearly have no less need for this kind of clarity and perspective,
私達には、こういった明確さと全体像が明らかに必要ですが、
00:54
but what we do have is improved technology.
現在の技術は向上しています。
00:57
Today we don't need one million light bulbs to create a spherical display.
今日、私達はこの球体状のディスプレイを作るのに100万個の電球を用いる必要はありません。
01:00
We can use LEDs.
発光ダイオードを使用できます。
01:03
LEDs are smaller, they're cheaper, they're longer lasting, they're more efficient.
発光ダイオードは、従来の物と比較すると、より小型で、より安価で、耐久時間がより長くなっています。
01:05
Most importantly for this, they're faster.
そして最も重要なことは、発光するまでの時間がより短いということです。
01:10
And this speed, combined with today's high-performance micro-controllers,
この速度は、今日の高性能マイクロ・コントローラを搭載することによって、
01:12
allows us to actually simulate, in this piece,
この作品では、17000個を超える発光ダイオードを実際にシミュレートできます。
01:16
over 17,000 LEDs -- using just 64.
しかも、たった64個で。
01:19
And the way this happens is through the phenomenon of persistence of vision.
この現象は、残像性によって起きています。
01:24
But as this ring rotates at about 1,700 rpm -- that's 28 times per second.
しかし、この輪は約1700rpm、つまり毎秒28回転で、回転しています。
01:28
The equator's speed is actually about 60 miles per hour.
赤道下の地球の自転速度は実際、時速約60マイルです。
01:33
There are four on-board micro-controllers
この球体には4つのマイクロコントローラが搭載されており、
01:36
that, each time this ring rotates
この輪が回転するたびに
01:38
it, as it passes the rear of the display,
ディスプレイの後部を通過すると、
01:41
it picks up a position signal.
位置信号をキャッチし、
01:43
And from that, the on-board micro-controllers
その時点から、搭載されたマイクロコントローラが
01:45
can extrapolate the position of the ring at all points around the revolution
回転中の全地点での輪の位置を推定することができ、
01:47
and display arbitrary bitmap images and animations.
任意にビットマップ画像とアニメーションを表示することができます。
01:52
But this is really just the beginning.
しかし、これはまだほんの序の口です。
01:55
In addition to higher resolution versions of this display,
このディスプレイの高分解能版に加えて、
01:58
my father and I are working on a new patent-pending design
父と私は現在、同じ現象を利用して
02:01
for a fully volumetric display using the same phenomenon.
新しく特許出願中の完全容積測定用ディスプレイを設計しています。
02:04
It achieves this by rotating LEDs about two axes.
LEDを2つの軸の周りで回転させることでこれを実現できます。
02:07
So as you can see here, this is a, eleven-inch diameter circuit board.
さて、ここでご覧になっていただいているように、これは直径11インチの回路基板です。
02:10
These blocks represent LEDs.
ここのブロックがLEDです。
02:13
And so you could see that as this disc rotates about this axis,
ですから、このディスクがこの軸の周りを回転すると
02:15
it will create a disc of light that we can control.
コントロール可能な光のディスクを作りだすということがお分かりいただけますね。
02:19
That's nothing new: that's a propeller clock;
特に目新しい事ではありません。プロペラ・クロックです。
02:22
that's the rims that you can buy for your car.
皆様が購入できる車のリムです。
02:24
But what is new is that, when we rotate this disc about this axis,
では何が新しいのかというと、このディスクをこの軸を中心として回転させると、
02:27
this disc of light actually becomes a sphere of light.
光のディスクが実際に光の球面となるということなのです。
02:32
And so we can control that with micro-controllers
そして、マイクロ・コントローラーでこの球面を操作することで、
02:35
and create a fully volumetric, three-dimensional display with just 256 LEDs.
完全に体積を持つ3Dのディスプレイが、たった256個のLEDで 作れてしまいます。
02:37
Now this piece is currently in process --
この作品は現在まだ作成中で、5月に発表予定ですが、
02:43
due out in May -- but what we've done is we've put together a small demo,
我々は小さな実演用の作品を作りました。
02:45
just to show the geometric translation of points into a sphere.
点が面となる幾何学的変換をお見せするためです。
02:50
I've got a little video to show you,
短いビデオをお見せしますが、
02:54
but keep in mind that this is with no electronic control,
覚えておいていただきたいことは、これには電気制御を全く用いておらず、
02:56
and this is also with only four LEDs.
しかも、たった4つのLEDしか用いられていないということです。
03:00
This is actually only about 1.5 percent of what the final display will be in May.
実際これは、5月に発表される最終版のディスプレイの約1.5パーセントに過ぎません。
03:02
So, take a look.
さあ、ご覧になって下さい。
03:05
And here you can see it's rotating about the vertical axis only, creating circles.
さて、ここでは縦軸のみを中心として回転して、円を描いているのが見えますね。
03:09
And then, as the other axis kicks in,
そして、もう一つの軸を中心とした回転が始まると、
03:17
those actually blur into a volume.
2つの軸が混じり合って容積を作り上げます。
03:19
And the shutter speed of the camera
カメラのシャッター速度のせいで、
03:21
actually makes it slightly less effective in this case.
今回は実際ちょっと良く見えないですね。
03:23
But this piece is due out in May.
この作品は5月に発表されます。
03:26
It'll be on display at the Interactive Telecommunications Spring Show
ニューヨークのグリニッジ・ビレッジで行われる
03:28
in Greenwich Village in New York City -- that's open to the public,
「春のインタラクティブ・テレコミュニケーション・ショー」で展示されます。このショーは一般公開されており、
03:31
definitely invite you all to come and attend -- it's a fantastic show.
是非皆様にもご参加いただきたいと思います。素晴らしいショーです。
03:33
There are hundreds of student innovators with fantastic projects.
何百名もの学生がすばらしい作品を発表します。
03:37
This piece, actually, will be on display
この作品は、
03:41
down in the Sierra Simulcast Lounge
今から今日のショーの終わりまでの休憩時間中、
03:43
in the breaks between now and the end of the show.
シエラ・サイムルキャスト・ラウンジに展示されます。
03:45
So I'd love to talk to you all, and invite you
そちらで、皆様ともぜひお話しできればと思います。
03:47
to come down and take a closer look.
また、是非作品に近づいて良くご覧になっていただきたいと思います。
03:49
It's an honor to be here. Thanks very much.
本日この場に立てましたことを光栄に思います。ご清聴有難うございました。
03:51
(Applause)
(拍手)
03:53
Translator:Tommy Yoshikawa
Reviewer:Nami Matsumoto

sponsored links

Nick Sears - Inventor
Working with his father, Ron Sears, Nick Sears is designing and building the Orb, a rotating LED display that uses persistence of vision to produce moving images in 3D space.

Why you should listen

Nick Sears is a classic tinkerer -- his resume  lists jobs that run the gamut from writing a mobile messaging framework to building a DC-DC switching voltage regulator. Along with his dad, Ron Sears, he's got a pretty neat father-son project going on: the Orb.

It's inspired by Buckminster Fuller's 1962 proposal for the Geoscope, which called for "a 200-foot-diameter sphere covered with 10 million computer-controlled light sources to be suspended over the East River in full view of the United Nations." But by making the sphere spin, the Sears realized, they could use persistence of vision and LEDs to create a bright display with a three-dimensional effect using far fewer light sources.

Sears is now a student in the Interactive Telecommunications Program at NYU. He and his father presented the Orb version 2 at Coachella in 2008 and continue to tinker with it.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.