04:32
TED2009

Kevin Surace: Eco-friendly drywall

ケビン・サーレスは環境に優しいプラスターボードを発明しました。

Filmed:

ビルの製造や建設などによる大量な二酸化炭素排出量を削減するためにケビン・サーレスはみんなが基本的な建設資財(例えばよく知られているウォールボードなど)を再考するべきだと言っています。米Serious Materialのチームが作り、彼が紹介している「EcoRock」は、効率が良く、汚染もなく、再利用可能なプラスターボードです。

- Engineer, executive
Kevin Surace is looking at the climate crisis from an engineer's perspective -- and creating products that prove there's no piece of our daily lives we can't redesign to be cleaner and greener. Full bio

What's happening to the climate?
気候に何が起きているのでしょうか。
00:18
It is unbelievably bad.
信じられないくらい悪くなりました。
00:20
This is, obviously, that famous view now of the Arctic,
これは、北極の有名な景色ですが、
00:22
which is likely to be gone at this point
あと3、4年間で無くなってしまうことでしょう。
00:25
in the next three or four or five years. Very, very, very scary.
とても恐ろしいことです。
00:27
So we all look at what we can do.
私たちには何ができるでしょうか。
00:30
And when you look at the worldwide sources of CO2,
世界中のCO2排出量の原因を考えてみると、
00:32
52 percent are tied to buildings.
その排出量の約52%はビルの建築に関係があります。
00:34
Only nine percent is passenger cars, interestingly enough.
面白いことにたった9%しか乗用車に関係ないんです。
00:36
So we ran off to a sushi bar.
我々がすし屋に出かけた時、
00:39
And at that sushi bar we came up with a great idea.
いい考えが浮かびました。
00:41
And it was something called EcoRock.
それは"EcoRock"というものです。
00:43
And we said we could redesign the 115-year-old
我々は今までに115年間使われてきた、
00:45
gypsum drywall process that generates
200億ポンドのCO2を排出する石膏プロセスを
00:48
20 billion pounds of CO2 a year.
変えることができる。
00:50
So it was a big idea. We wanted to reduce that by 80 percent,
それは非常に大きな計画でした。私たちはCO2排出量を80%まで減らしたかった。
00:52
which is exactly what we've done.
その希望の通りに成功しました。
00:55
We started R&D in 2006.
2006年に研究開発を始めました。
00:57
Decided to use recycled content from cement
"EcoRock"は
00:59
and steel manufacturing.
セメントや鋼などをリサイクルしたものです。
01:01
There is the inside of our lab. We haven't shown this before.
ここは研究室の中です。私は今までその部屋の中を見せたことはありませんでした。
01:03
But our people had to do some 5,000
研究者は目標を成功させるために
01:05
different mixes to get this right, to hit our targets.
約5000回いろいろな混合を試してきました。
01:08
And they worked absolutely very, very, very hard.
彼らは一所懸命に働きました。
01:13
So then we went forward and built our production line in China.
中国で製造ラインが作られました。
01:15
We don't build this production equipment any longer in the U.S., unfortunately.
あいにく米国ではその産業設備が作られていないんです。
01:18
We did the line install over the summer.
我々は夏の間、製造ラインの設置に取り組みました。
01:21
We started right there, with absolutely nothing.
私たちは全く何もないところから始めました。
01:23
You're seeing for the first time, a brand new drywall production line,
これは真新しいプラスターボードの製造ラインです。
01:25
not made using gypsum at all.
石膏を全く使わずに作られました。
01:29
That's the finished production line there.
これは完成した製造ラインです。
01:31
We got our first panel out on December third.
12月3日に最初のパネルが作られました。
01:33
That is the slurry being poured onto paper, basically. That's the line running.
基本的には糊状の物質が紙の上に流れているところです。製造ラインが動いています。
01:35
The exciting thing is, look at the faces of the people.
皆の顔を見ることがとても楽しいです。
01:39
These are people who worked this project for two to three years.
彼らは2、3年間このプロジェクトに取り組みました。
01:42
And they are so excited. That's the first board off the line.
皆がとても興奮しました。これは新しい製造ラインによって作られた最初のボードです。
01:44
Our Vice President of Operation kissing the board. Obviously very, very excited.
我が社の事業副部長がボードにキスしているところです。
01:47
But this has a huge, huge impact on the environment.
これは環境に非常に大きな影響を与えるでしょう。
01:51
We signed the first panel just a few weeks after that, had a great signing ceremony,
その数週間後、調印式を行い、我々は最初のパネルにサインしました。
01:54
leading to people hopefully using these products across the world.
この製品が世界中で使われるようになることを期待しています。
01:58
And we've got Cradle-to-Cradle Gold on this thing.
この製品は「クレードル・トゥー・クレードル・ゴールド」に認定されました。
02:02
We happened to win, just recently, the Green Product of the Year
最近「プラスターボードの再設定」は、
02:04
for "The Re-Invention of Drywall," from Popular Science.
ポピュラーサイエンスの最優秀グリーン製品オブザイヤーを獲得しました。
02:06
Thank you. Thank you.
ありがとうございます!ありがとうございます!
02:09
So here is what we learned: 8,000 gallons of gas
我々が学んだことは、
02:11
equivalent to build one house.
8000ガロンのガソリンは一軒の住宅を建設するのに相当するということです。
02:14
You probably had no idea. It's like driving around the world six times.
皆さん知らなかったでしょう。これは自動車で世界を6周回るのに匹敵します。
02:16
We must change everything.
我々はすべて変えなければなりません。
02:18
Look around the room: chairs, wood,
この部屋を見てください。椅子など木造のものがありますね。
02:20
everything around us has to change or we're not going to lick this problem.
すべてを変えないと、問題の解決にはなりません。
02:23
Don't listen to the people who say you can't do this, because anyone can.
そんなことできない言う人々は無視してください。だれでもできるんです。
02:26
And these job losses, we can fix them with green-collar jobs.
失業問題もグリーンカラー産業によって解決できます。
02:29
We've got four plants. We're building this stuff around the country.
もう4件のプラントが建てられました。我々は全国に新しい乾式壁を製造している。
02:32
We're going as fast as we can.
できる限り早くやっているんです。
02:34
Two and a half million cars worth of gypsum,
石膏プロセスで排出されるCO2は、
02:36
you know, CO2 generated. Right?
2.5億台の自動車に相当します。
02:39
So what will you do? I'll tell you what I did and why I did it. And I know my time's up.
どうすればいいんでしょう?私が何をしたのか、なぜしたのかをご説明しましょう。(時間がきてしまいましたね)。
02:41
Those are my kids, Natalie and David.
うちの子供たちです。ナタリーとデイビッド。
02:44
When they have their kids, 2050,
2050年ごろ、
02:46
they'd better look back at Grandpa and say,
彼らの子供たちが私のことを振り返って「おじいちゃんはよく頑張ったね」
02:48
"Hey, you gave it a good shot. You did the best you could
「チームと一緒に全力でやれることをやったね。」
02:50
with the team that you had."
と言ってくれるでしょう。
02:52
So my hope is that when you leave TED,
皆さんがTEDを終えて、
02:54
you will look at reducing your carbon footprint
自分のカーボンフットプリントのことを考え、
02:57
in however you can do it.
減らす努力をしてくれることを私は期待します。
02:59
And if you don't know how, please find me -- I will help you.
もし方法を知らなかったら、私に連絡してください。助けてあげますよ。
03:01
Last but not least, Bill Gates, I know you invented Windows.
最後に大事なことを言います。ビルゲイツはWindowsの発明者ですね
03:04
Wait till you see, maybe next year, what kind of windows we've invented.
来年ごろ我が社が発明する窓を楽しみにしていてください。
03:07
Thank you so much.
どうもありがとうございました!!!
03:10
(Applause)
(拍手)
03:12
Translated by James Bryan
Reviewed by kenichi ebara

▲Back to top

About the Speaker:

Kevin Surace - Engineer, executive
Kevin Surace is looking at the climate crisis from an engineer's perspective -- and creating products that prove there's no piece of our daily lives we can't redesign to be cleaner and greener.

Why you should listen

Kevin Surace wants to reduce the use of fossil fuels and their effect on the environment by greening manufacturing processes that create the basic components of our everyday life. As CEO of Serious Materials, he's helping to reduce the energy usage (and CO2 emissions) generated by the world's largest contributor -- buildings.

Before Serious Materials, Surace worked with Perfect Commerce, General Magic, Air Communications, National Semiconductor and Seiko-Epson.

More profile about the speaker
Kevin Surace | Speaker | TED.com