16:16
TED2004

Chris Anderson: Technology's long tail

WIRED誌のクリス・アンダーソンがテクノロジーのロングテールについて語る

Filmed:

WIRED誌編集者である、クリス・アンダーソンが有望なテクノロジーがたどる4つの主要な段階について話します。それは適切な価格設定の段階、マーケットシェアを獲得する段階、既存テクノロジーの代替となる段階、そしてユビキタスな存在となる段階の四段階です。

- Drone maker
Chris Anderson is an authority on emerging technologies and the cultures that surround them. Full bio

I'd like to speak about technology trends,
テクノロジーの動向について話します
00:25
which is something that many of you follow --
皆さんもフォローされているはずです
00:29
but we also follow, for related reasons.
私たちが動向をフォローするには 理由があります
00:33
Obviously, being a technology magazine, technology trends
まず WIREDは技術雑誌ですから テクノロジーの動向を
00:37
are something that we write about and need to know about.
記事にしますし 情報も得ておく必要があります
00:40
But also it's part of being any monthly magazine --
また月刊の雑誌でもありますから
00:44
you live in the future. And we have a long lead-time.
未来のことを考なければなりません 長いリードタイムがあります
00:47
We have to plan issues many months in advance;
数ヶ月先の記事を考えなければならないのです
00:50
we have to guess at what public appetites are going to be six months,
半年先に 皆さんの関心がどこにあるか予想しなくてはなりません
00:52
nine months down the road. So we're in the forecasting business.
9か月先かもしれません ある種の予想ビジネスなのです
00:55
We also, like a lot of companies, create a product
また 製品を作り出すという点では 他の会社と変わりがありません
01:00
that's based on technology trends.
テクノロジーの動向にそって製品を作ります
01:02
In this case, ours is about ideas and information, and, if we're lucky,
我々の製品は アイデアや情報であったり 時には
01:03
some entertainment. But the concept's quite the same.
エンターテイメントであったりしますが コンセプトは全く同じです
01:08
And so we have to understand
我々が理解すべきことは
01:12
not only why tech's important, where it's going,
テクノロジーがなぜ重要なのか どこへ向かうのか だけではなく
01:14
but also, very importantly, when -- the timing is everything.
「いつ」 がさらに重要だということです タイミングが全てなのです
01:16
And it's interesting, when you look at the predictions made
1990年代の景気の絶好期にあった予測について考えてみるのも
01:22
during the peak of the boom in the 1990s, about e-commerce,
面白いと思います 例えば 電子商取引
01:26
or Internet traffic, or broadband adoption, or Internet advertising,
ネットのトラフィック ブロードバンドの採用 ネット広告
01:31
they were all right -- they were just wrong in time.
どれも考えは正しかったのですが 「いつ」が間違っていたのです
01:36
Almost every one of those has come true just a few years later.
どのテクノロジーも 数年後に実現されました
01:40
But the difference of a few years on stock-market valuations
しかし 株式市場の評価における数年間の差異は
01:43
is obviously extreme. And that's why timing is everything.
誰の目にも明らかです つまり タイミングが全てなのです
01:47
You've probably seen something like this before.
これはご覧になったことがあると思います
01:52
This is the classic Gartner Hype Curve, which talks about
古典となったガートナーのハイプ曲線ですが
01:54
kind of the trajectory of a technology's lifespan.
これはテクノロジーがそのライフスパンにおいて描く曲線です
01:56
And just for fun, we put a bunch of technologies on it,
試しに テクノロジーをいくつか重ねてみましょう
01:59
to show whether they were kind of rising for the first high peak,
最初の高いピークを上っていたのか
02:01
or whether they were about to crash
あるいは
02:05
into the trough of disillusionment,
失望の淵へ急降下するところだったのか
02:06
or rise back in the slope of enlightenment, etc.
理解が広がって回復軌道に乗ろうとしていたのか 等々
02:09
And this is one way to do technology forecasting: get a sense
これはテクノロジーの予測を行う手法のひとつで
02:14
of where technology is and then anticipate the next upturn.
テクノロジーの現況を理解し 次の変動を予測します
02:17
We tend to do any technology that we think is sufficiently important;
重要だと考えるに足るテクノロジーについては こういったことを行います
02:21
we'll typically do it twice. Once, we want to do it first.
たいていは二度 行います まずは一番最初に
02:24
We want to be the first to do it, for the geeks who appreciate that,
あるテクノロジーに一番乗りしたいと思うのは マニアが評価してくれるからです
02:28
we'll catch it right there at the technology-trigger.
あるテクノロジーが誕生したところでキャッチするわけです
02:31
You can see in 1997, we put Linux on the cover.
1997年にはLinuxを表紙にしました
02:33
But then it comes back. And sufficiently big technologies
そして再び 戻ってきました Linuxの存在は大きくなり
02:37
are going to hit the mainstream, and they're going to burst out.
今や主流になろうとしています Linuxブームは爆発寸前です
02:41
And then it's time to do it again. Last year.
もう一度 取り上げるときが来たのです それは去年のことでした
02:43
And that's one way that we try to time technology trends.
この手法でテクノロジーの動向について把握しようとしています
02:48
I'd like to talk about a way of thinking about technology trends
では テクノロジーの動向に関する考え方について話しましょう
02:52
that I call my "grand unified theory of predicting the future,"
未来予測の大統一理論と呼んでいるものです
02:55
but it's closer to a petite unified theory of predicting the future.
本当は 未来予測の「小さな」統一理論と呼ぶべきかもしれません
02:59
It's based on the presumption, the observation even,
ある推定または観察結果に基づく理論です
03:05
that all important technologies go through four stages in their life --
重要なテクノロジーはすべて 4つの段階のうち少なくとも一つ
03:08
at least one of the four stages, sometimes all four of the stages.
あるいは4段階すべてを経て成長するという推定に基づきます
03:13
And at each one of these stages, can be seen as a collision --
そして それぞれの段階で 衝突が起こります
03:17
a collision with something else --
なにか他のものと衝突するわけです
03:22
for example, a critical price-line that changes both the technology
例えば 限界価格のラインがそうです テクノロジーと
03:25
and also changes its effect on the world. It's an inflection point.
テクノロジーが世界に及ぼす影響を変えてしまいます これが変曲点です
03:29
And these are the inflection points that tell you
この変曲点によって テクノロジーが向かえることになる
03:33
what the next chapter in that technology's life is going to be,
次の章について知ることができるのです
03:36
and maybe how you can do something about it.
あたなが取るべき行動も知ることができるかもしれません
03:40
The first is the critical price.
まず 限界価格
03:44
The first stage in a technology's advance
テクノロジーの進歩における第一段階は
03:46
is that it'll fall below a critical price.
限界価格を下回ることにあります
03:48
After it falls below a critical price, it will tend,
限界価格を下回ることができれば そのテクノロジーは
03:52
if it's successful, to rise above a critical mass, a penetration.
臨界質量に達し 市場に浸透できる可能性があります
03:54
Many technologies, at that point, displace another technology,
この時点で 多くのテクノロジーが別のテクノロジーの代替となります
03:59
and that's another important point.
ここが もう一つの重要なポイントです
04:05
And then finally, a lot of technologies commoditize.
そして最終的には 多くのテクノロジーがコモディティ化します
04:09
Towards the end of their life, they become nearly free.
寿命の終わりが近づくに従って 無料に近づきます
04:12
Each one of those is an opportunity to do something about it;
これらのポイントこそ なにかを行うチャンスです
04:15
it's an opportunity for the technology to change.
テクノロジーに変革をおこすチャンスなのです
04:18
And even if you missed, you know, the first boom of Wi-Fi --
分かりやすいよう 最初のWi-Fiブームについて考えてみましょう
04:20
you know, Wi-Fi did the critical price, it did the critical mass,
Wi-Fiは限界価格になり 臨界質量に達しましたが
04:24
but hasn't done displacement yet, and hasn't done free yet --
まだ代替とはなっておらず 無料でもありません
04:28
there's still more opportunity in that.
まだチャンスは残っているというわけです
04:31
I'd like to demonstrate what I mean by this
私がお伝えしたいことを
04:33
by telling the story of the DVD,
DVDの話で考えてみましょう
04:35
which is a technology which has done all of these.
DVD技術は 全ての段階を経たテクノロジーです
04:37
The DVD, as you know, was introduced in the mid-1990s
DVDが1990年代の半ばに登場したのはご存じの通りです
04:40
and it was quite expensive. But you can see that by 1998,
当時は非常に高価でしたが 1998年には
04:43
it had fallen below 400 dollars, and 400 dollars was a psychological threshold.
400ドル以下になりました 400ドルは心理的な分岐点です
04:48
And it started to take off. And you can see that the units
そして上昇を始めました 販売台数が
04:53
started to trend up, the hidden inflection point -- it was taking off.
上昇し始めました 見えない変曲点を経て 上昇が始まりました
04:57
The next thing it hit, a year later, was critical mass. In this case,
そして一年後 臨界質量に到達しました
05:03
20 percent is often a good proxy for critical mass in a household.
家庭用品では20パーセントが一般的な限界質量とされています
05:08
And what's interesting here
おもしろいことに
05:12
is that something else took off along with it: home-theater units.
同時に上昇し始めた商品が他にもあります ホームシアターです
05:14
Suddenly you have a DVD in the house;
DVDが家にやって来ると
05:19
you've got high-quality digital video;
高品質のデジタルビデオを手に入れたことは
05:21
you have a reason to have a big-screen television;
大型のスクリーンを購入する理由
05:23
you have a reason for Dolby 5.1 surround-sound.
ドルビーの5.1チャンネル サラウンドも購入する理由となりました
05:25
And maybe you have reasons for starting to connect them,
機材を一式そろえて エンターテイメント機器と
05:29
and bring the rest of your entertainment in.
つなげる理由になったのかもしれません
05:31
What's interesting also is -- note that Netflix was founded in 1999.
ネットフリックス(Netflix)が1999年に創設されたというのも興味深い点です
05:33
Reed Hastings is here. He clearly saw that that was a moment,
リード ハスティングスは時機を捉えることができたのです
05:37
that was an inflection point that he could do something with.
彼は そこが変曲点であり 何かができるに違いないと考えたのです
05:42
The next phase it hit was displacement.
DVDが次に達した段階は「代替」でした
05:46
You can see around 2001 it finally out-sold the VCR.
2001年頃に DVDがVTRの販売を追い越しました
05:48
And here too, you can see the implications in the world at large.
ここでも 世界的に どういう事が起こったのかお分かりいただけると思います
05:52
Netflix was right -- the Netflix model could capitalize on the DVD
ネットフリックスは そのビジネスモデルで利益を得ることに成功しました
05:58
in a way that the video-rental stores couldn't.
それはレンタルビデオ業界ではできなかった方法でした
06:02
Among the DVD's many assets is that it's very small;
DVDには様々の利点があります メディアが小さく
06:05
you can stick it in the mailer and post it cheaply.
封筒に入れて 安く送れるという点もそうです
06:08
That gave an advantage; that was an implication
こういった利点は テクノロジーが進歩するまで
06:11
of the technology's rise that wasn't obvious to everybody.
だれも その存在に気づくことがなかったのです
06:15
And then finally, DVDs are approaching free.
そして最終的にはDVDは無料に近づいています
06:19
There's a company called Apex, a no-name Chinese firm,
Apexという 無名ブランドの中国企業があります
06:22
who has, several times in the past year, been the number-one
過去数年間で何度か 米国のDVD販売で一位になりました
06:24
DVD seller in America. Their average price, for last year, was 48 dollars.
昨年の平均価格は48ドルでした
06:28
You're aware of the
おそらく 噂話になった
06:35
perhaps apocryphal Wal-Mart stampede
ウォルマートでの30ドルDVDへの殺到の件を
06:37
over the 30-dollar DVD.
思い出されるかもしれません
06:41
But they're getting very, very cheap,
DVDは安く 安くなっているのは確かです
06:45
and look at the interesting implication of it. As they get cheaper,
さらによく見てると興味深いことが分かります DVDが安くなるにつれ
06:47
the premium brands, the Sonys and such, are losing market share,
プレミアブランド つまりソニーなどがマーケットシェアを失っています
06:51
and the no-names, the Apexes, are gaining them.
そしてApexeなどの無名ブランドがシェアを奪っています
06:54
They're being commodified, and that's what happens
DVDはすっかりコモディティ化されました
06:56
when things go to zero. It's a tough market out there.
これがゼロに近づく時に起こることです ビジネス環境は厳しくなります
06:58
(Laughter)
(笑)
07:03
Now they've introduced these four ways of looking at technology,
テクノロジーを考える際に それを分割できる4つの段階をすべて経験しました
07:06
these four stages of technology's life.
テクノロジーがたどる4つの段階を経験したのです
07:09
I'd like to talk about some other technologies out there,
それでは その他のテクノロジーについてもお話ししましょう
07:11
just technologies on our radar -- and I'll use this lens,
我々のレーダーで捉えたテクノロジーです 同じ考え方をしましょう
07:14
these four, as a way to kind of tell you
この4つの段階の考え方で
07:17
where each one of those technologies is in its development.
テクノロジーがそれぞれ開発のどの段階にあるか考えたいと思います
07:19
They're not necessarily the top-10 technologies out there --
トップ10に入るテクノロジーである必要はありません
07:22
they're just examples of technologies
それぞれの段階にある
07:25
that are in each one of these periods.
テクノロジーの例としてお話しするだけなのですから
07:26
But I think that the implications of them approaching
しかし こういったテクノロジーが交差路
07:29
these crossovers, these intersections, are interesting to think about.
あるいは交差点に近づいていることについては 考えるに値します
07:32
Start with gene sequencing.
まず 遺伝子配列解明技術について
07:35
As you probably know, gene sequencing -- in a large part,
ご存じのように 遺伝子配列解明は そのほとんどを
07:37
because it's built on computers -- is falling in price
コンピュータによって実装しており 価格が下落しています
07:40
at a kind of a Moore's Law-like level.
ムーアの法則と同じ状況です
07:43
It is now possible -- will be possible,
現在可能 あるいは可能になると思いますが
07:45
and if Craig Venter indeed comes today,
クレイグ ベンター博士が今日来られていれば
07:48
he may tell you something about this --
このように言ったに違いありません
07:51
to sequence the human genome for 40 million dollars by the end of this year.
「年末には 4000万ドルでヒトの遺伝子配列を解析できるようになる」
07:52
That's as opposed to billions just a few years ago.
数年前には数十億ドルが必要だったのです
07:57
You know, our ability to capture the tools of creation
創造のツールを理解するための我々の能力は
08:02
is getting closer and closer.
ますます高まっています
08:07
What's interesting is that at the same time, the number of genes
もう一つ面白いことは 発見される遺伝子の数も
08:09
that we're discovering is rising very quickly.
非常な速度で増えているということです
08:12
Each one of these genes has potential diagnostic test.
どの遺伝子に対しても診断テストが可能になります
08:14
There will come a day
将来 希望すれば 何十万という遺伝子の
08:17
when you can have hundreds of thousands of tests done, very cheaply,
テストを受けられる日が来るかもしれません 非常に安価で
08:19
if you want to know. You can learn about your own mosaic.
自身のモザイクについても調べることができるでしょう
08:23
Here's another technology that's approaching a critical price.
限界価格に近づくテクノロジーがもう一つ
08:28
This is a fascinating research from WHO that shows the effect
WHOの素晴らしい調査によれば ジェネリック薬品が
08:31
of generic drugs on anti-retroviral drug compounds and cocktails.
抗レトロウイルス薬の混合薬およびカクテル療法での使用において効果を示しています
08:35
In January 2000, the price was 10,000 dollars, or 27 dollars a day.
2000年1月時点では その価格は1万ドルでした  一日27ドルです
08:42
The generics came in, first in Brazil and elsewhere,
ジェネリックが登場したのはブラジルあたりだったと思いますが
08:48
and the effect was just dramatic on pricing.
その価格に対する影響は劇的なものでした
08:51
Today it's less than 50 cents a day.
今では一日50セント以下になりました
08:55
And what's interesting is if you look at the price elasticity,
この価格弾力性をご覧になり
09:00
if you look at the correlation between these two,
この二つの関連性について考えてください
09:05
as the anti-retrovirals come down, the number of people you can treat
抗レトロウイルス薬の値段が下がれば 治療できる患者の数は
09:08
goes radically up. And the Clinton Foundation and WHO
劇的に増加します クリントン財団とWHOは
09:11
believe that they can treat three million people worldwide by 2005 --
2005年までに世界で300万人を治療できるとしています
09:17
two million in sub-Saharan Africa.
内200万人がサハラ以南のアフリカです
09:21
And the falling price of drugs has a lot to do with that.
これには薬価の下落が多いに貢献しています
09:23
Linux is another good example.
Linuxも良い例でしょう
09:26
Now we've switched to critical mass.
Linuxは限界質量を超えました
09:28
These are now technologies that are hitting critical mass.
こういったテクノロジーが限界質量を超えようとしています
09:30
If you look here, here's Linux in red, and it's hit 20 percent.
Linuxを赤で示していますが 20パーセントに達しています
09:32
Interestingly, it's done a crossover before,
面白いことに 以前にも交差点がありました
09:38
but not the crossovers that matter.
しかし その交差点ではなく
09:40
The crossover that's going to matter is the one with the blue.
考えるべき交差点は この青い線との関連です
09:42
But you can look and see the direction those lines are going,
線が向かっている方向をよく見てください
09:45
you can see that at the 20 percent, it's now taken seriously.
20パーセントに達したところで その扱われ方が変わりました
09:47
It's not just for the geeks any more.
オタクだけのものではなくなったのです
09:50
That is, I imagine, what people in Redmond
レドモンドの住人が夜中に目を覚まして
09:54
wake up in the middle of the night thinking about.
考えているところを想像しました
09:56
(Laughter)
(笑)
09:58
Another technology that we see all around us out here is hybrid cars.
最近よく見かけるようになった例としてハイブリッドカーがあります
10:00
I don't know whether anybody has a Prius 2004, but they're fantastic.
プリウス2004を運転されているでしょうか すばらしい車です
10:04
And if you look at the trends here, by about 2008 --
この傾向をご覧になれば 2008年頃までに
10:07
and I don't think this is a crazy forecast --
プリウスが自動車販売の2パーセントをとることは
10:11
they'll be two percent of auto sales.
奇妙な予測であるとは思いません
10:13
Two percent isn't 20 percent, but in the car business,
2パーセントは20パーセントではありません しかし 自動車産業での話です
10:15
which is slow moving, that's huge; that's arrival.
この産業は動きが鈍く 強大なものです しかし ここにも時が至ります
10:18
At two percent, you start seeing them on the roads everywhere.
2パーセントでも あちこちでプリウスを見かけるようになります
10:24
And what's interesting about the hybrids taking off
ハイブリッド市場が活発になることで 考えるべきことは
10:27
is you've now introduced electric motors to the automobile industry.
電気モーターが自動車産業に持ち込まれたということです
10:31
It's the first radical change in automobile technology in 100 years.
それは自動車産業100年において 初めての劇的変化です
10:35
And once you have electric motors, you can do anything:
電気モーターの使用で 多くのことが可能になります
10:39
you can change the structure of the car in any way you want.
車の構造を 思うがままに変えることができるのです
10:42
You can have regenerative braking; you can have drive-by-wire;
回生制動装置 電子制御方式による運転
10:45
you can have replaceable body shapes --
交換可能な車体形状
10:48
it's a little thing that starts with a hybrid,
ハイブリッドがもたらす小さな変化にすぎません
10:50
but it can lead to a whole new era of the car.
自動車が全く新しい世紀を迎えることになるかもしれないのです
10:52
Voice Over IP is something you may have heard something about.
Voice Over IPについては すでにご存じだと思います
10:55
Again, it's kind of coming out of nowhere;
このテクノロジーも突然現れたものです
10:58
it's a little hard to use right now.
今のところ 使い勝手はよくありません
10:59
There's a company created by the Kazaa founders called Skype.
Kazaaの創業者たちが作ったSkypeという会社があります
11:01
Look at these numbers. They launched it in August of last year;
この数をみてください 去年の8月にビジネスを立ち上げましたが
11:05
they already have nearly four million registered users --
登録ユーザ数は400万に達しようとしています
11:08
that's critical mass.
これは限界質量です
11:13
And the same thing's happening on the carrier side.
キャリアの側でも変化が起ころうとしています
11:16
You're looking at IP taking over from some of the traditional
過去に存在した電気通信規格のいくつかが
11:19
telecom standards. This is a tipping point --
IPに置き換えられたのです ティッピング ポイントです
11:23
if Malcolm's here, forgive me -- and it's going to change the economics,
マルコムの方には申し訳ありませんが これは経済
11:27
and the speed, and the players in the industry.
スピード 業界のプレイヤーをも変えてしまうのです
11:31
It's going to look a little bit like that.
こういうことになる可能性は高いのです
11:35
And finally, free. Free is really, really interesting.
そして最後にフリーについて フリーとは非常に興味深いものです
11:41
Free is something that comes with digital, because
フリーはデジタル化とともに到来します なぜなら
11:47
the reproduction costs are essentially free. It comes with IP,
その再生産に要するコストは実質的にフリー(無料)となるからです
11:53
because it's such an efficient protocol. It comes with fiber optics,
IPは効率の良いプロトコルであり フリーをもたらしまします
11:59
because there's so much bandwidth.
広大なバンド幅によって 光ファイバーもフリーをもたらします
12:02
Free is really, you know, the gift of Silicon Valley to the world.
フリーはシリコンバレーから世界への贈り物です
12:03
It's an economic force; it's a technical force.
経済的な力であり 技術的な力でもあります
12:08
It's a deflationary force, if not handled right.
正しく扱わなければ デフレ圧力となります
12:11
It is abundance, as opposed to scarcity.
あり余るほどあるもので 希少性とは対極にあります
12:15
Free is probably the most interesting thing.
フリーはおそらく最も興味がひかれるものです
12:18
And here you have just the number of songs
ハードディスクに格納できる曲数を
12:20
that can be stored on a hard drive.
示しています
12:23
You know, there could be a film's [unclear] there,
映像でも構いません
12:25
but it's basically, every song ever made could be stored
今までに作られた全ての曲を 400ドルのディスクに
12:29
on 400 dollars worth of storage by 2008. It takes that entire element,
格納できる日が2008年にはやって来るかもしれません
12:32
the physical element, of songs off the table.
音楽から物理的な制約が取り除かれたわけです
12:39
And you've seen the numbers.
こういった数字から
12:43
I mean, you know, the music industry is imploding
音楽産業は崩壊しようとしていることがお分かりいただけるでしょう
12:44
in front of our very eyes, and Hollywood's worried as well.
正に今起こっていることです ハリウッドも困惑しています
12:48
They're facing a force that they haven't faced before.
今まで経験したことのない力に立ち向かっているのです
12:51
And their response is draconian, and not necessarily
彼等からの反応は厳しいものですが その対応によって
12:56
the one that's going to get them out of this.
必ずしも この状況から抜け出せるとは限らないのです
13:03
And finally, I'll give you one last example of free --
最後に もう一つだけフリーの例をお見せしましょう
13:07
perhaps the most powerful of all. I mentioned fiber optics --
おそらく最も強力なフリーです 先ほど光ファイバーについて話しましたが
13:10
their abundance tends to make things free.
その「あり余るということ」で フリーが生まれます
13:13
This is the price of a phone call to India per minute.
インドにおける一分あたりの通話料を示した資料です
13:15
And what's interesting is that it was just 1990
1990年には
13:19
when it was more than two dollars a minute.
一分あたり2ドル以上していました
13:22
India had, still has, a regulated phone system and so did we.
米国同様 インドでも電話のシステムに規制がありました
13:25
It was surprisingly non-innovative, moved very slowly,
革新は全くなく 何事もゆっくり進んでいました
13:33
but then there was just so much fiber out there,
しかし 光ファイバーがどこでも利用できるようになったのです
13:38
you couldn't hold back, and look how quickly the price fell.
価格が急速に下落しているのがご理解いただけるでしょう
13:41
It's seven cents a minute, in many cases.
多くの場合 一分あたり7セントです
13:45
And the consequence of cheap phone calling, free phone calling,
インドへの電話が非常に安く あるいは無料がもたらした結果とは
13:49
to India, is the pissed-off programmer, is the outsourcing.
怒れるプログラマ つまりアウトソーシングです
13:54
It is probably one of the most dramatic shifts in globalization
グローバル化の中で起こった変化でも劇的なものでしょう
13:59
and one of the most powerful economic tools
そして 今日の世界に存在する経済のツールの中でも
14:03
that we're seeing in our world today.
最も強力なものだと思います
14:06
The force of India, and then China, and any other country
インド そして中国 その他の国々にある
14:07
that can contact our markets
我々のマーケットに参入可能な企業は
14:12
and will work with our companies -- because the communications are free --
国内の企業と仕事をすることになるでしょう 通信はフリー(無料)なのですから
14:14
is just beginning to be felt.
まだ 始まったばかりです
14:19
And I think that's probably one
おそらく これは
14:21
of the most important technology trends that we're looking at today.
今日のテクノロジーの動向において最も重要なものといえるでしょう
14:22
Thank you.
ありがとうございました
14:24
Translated by Kazuyuki Shimatani
Reviewed by Kei Sawada

▲Back to top

About the Speaker:

Chris Anderson - Drone maker
Chris Anderson is an authority on emerging technologies and the cultures that surround them.

Why you should listen

Before Chris Anderson took over as editor of WIRED, he spent seven years at The Economist, where he worked as editor of both the technology and business sections. Anderson holds a degree in physics and has conducted research at the Los Alamos National Laboratory, and has done stints at the leading journals Nature and Science.

(He is not, however, to be confused with the curator of TED, who has the same name.)

He's perhaps most famous for coining the term "the long tail," a whiteboard favorite that describes the business strategy of pursuing many little fish (versus a few big fish), as typified by both Amazon and Netflix. Anderson first introduced the term in an article written for WIRED in 2004; the book-length version, The Long Tail: Why the Future of Business Is Selling Less of More, became a bestseller. He maintains a blog, The Long Tail, which he updates with impressive regularity.

More profile about the speaker
Chris Anderson | Speaker | TED.com