29:19
TED2010

Natalie Merchant: Singing old poems to life

ナタリー・マーチャント: 古き詩に歌声で生命を吹き込む

Filmed:

ナタリー・マーチャントが、彼女の新しいアルバム『Leave Your Sleep』から曲を披露します。忘れられつつある19世紀の詩が彼女の個性あふれる声と溶け合い、TEDの聴衆に届けられました。

- Singer/songwriter
Natalie Merchant's career spans three decades -- as the leader of 10,000 Maniacs and in her own solo work -- of making warmly personal music. Full bio

(Music)
(音楽)
00:16
♫ My age is three hundred ♫
私は300と
00:20
♫ and seventy-two ♫
72歳
00:22
♫ I think with the deepest regret ♫
深い後悔とともに懐かしく思うのは
00:25
♫ How I used to pick up
出会った
00:30
and voraciously chew ♫
かわいい小さな男の子たちを
00:32
♫ the dear little boys
拾い上げては
00:35
that I met ♫
貪るように食べたこと
00:38
♫ I've eaten them raw
晴れの日の装いの
00:40
in their holiday suits, ♫
男の子たちを
私は生で食べたのだった
00:42
♫ Eaten them
カレーにして
00:45
curried with rice, ♫
ご飯と一緒に食べてしまった
00:47
♫ I've eaten them baked
ジャケットとブーツのまま
00:51
in their jackets and boots, ♫
丸焼きにして食べてしまった
00:53
♫ And found them exceedingly nice. ♫
とてもおいしい男の子たち
00:56
♫ But now that my jaws
でも あごが弱った今
01:01
are too weak for such fare, ♫
そんなご馳走は食べられない
01:03
♫ I think it's increasingly rude ♫
それに だんだんと無礼な
振る舞いになってきてしまった
01:06
♫ To do such a thing
小さな男の子たちが
01:12
when I'm quite well aware ♫
むしゃむしゃ噛まれるのを
01:14
♫ Little boys do not like
嫌いなのを 私は十分承知なのに
01:17
being chewed. ♫
そんな事をするのは
01:19
♫ Little boys do not like
小さな男の子たちは
01:21
being chewed. ♫
むしゃむしゃと噛まれるのが
好きじゃない
01:24
(Music)
(音楽)
01:26
♫ So now I contentedly live upon eels, ♫
だから 今はうなぎで我慢しているの
02:12
♫ And try to do nothing amiss ♫
間違ったことをしないようにして
02:16
♫ And pass all the time
食事をとる以外の時間は
02:22
I can spare from my meals ♫
こんな無邪気なうたた寝で
02:24
♫ In innocent slumber like this, ♫
やり過ごしながら
02:27
♫ Innocent slumber
こんな無邪気な
02:33
like this. ♫
うたた寝で
02:37
(Applause)
(拍手)
02:44
I suppose I owe you an explanation.
説明しなければなりませんね
02:56
I've been working on a project for the last six years
私はこの6年間 子供向けの詩を
03:00
adapting children's poetry to music.
音楽に取り入れています
03:02
And that's a poem by Charles Edward Carryl,
これはチャールズ・エドワード・キャリルの詩で
03:04
who was a stockbroker in New York City
彼はニューヨーク・シティで トレーダーとして
03:07
for 45 years,
45年間 働いていましたが
03:10
but in the evenings, he wrote nonsense for his children.
夜には 自分の子供たちのために
不思議なお話を書いていました
03:12
And this book was one of the most famous books in America
この本はアメリカで 約35年間
03:15
for about 35 years.
もっとも有名な本のひとつでした
03:18
"The Sleepy Giant," which is the song that I just sang,
先程 歌った『眠れる巨人』は
03:20
is one of his poems.
彼の詩のひとつです
03:24
Now, we're going to do
さて 今度は
03:26
other poems for you,
他の詩を歌いたいと思います
03:28
and here's a preview of some of the poets.
他の詩人をご紹介しておきましょう
03:30
This is Rachel Field,
こちらは レイチェル・フィールド
03:32
Robert Graves --
ロバート・グレイブス
03:36
a very young Robert Graves --
若かりし頃の彼の姿です
03:38
Christina Rossetti.
クリスティーナ・ロゼッティ
03:42
Ghosts, right?
幽霊たちだとお思いでしょう?
03:45
Have nothing to say to us,
私たちに訴えるところのない―
03:48
obsolete,
すたれて―
03:51
gone --
忘れられた―
03:53
not so.
それが そうでもないんですよ
03:55
What I really enjoyed about this project
私がこのプロジェクトを愉しんでいるのは
03:58
is reviving these people's words.
こうした人々の言葉を
よみがえらせることです
04:00
Taking them off the dead, flat pages.
彼らを死んだ平板なページから
取り上げること―
04:02
Bringing them to life,
よみがえらせ
04:04
bringing them to light.
光を当てることです
04:08
So, what we're going to do next
それでは 次に
04:13
is a poem that was written by Nathalia Crane.
ナタリア・クレインの書いた詩を
演奏したいと思います
04:15
Nathalia Crane was a little girl from Brooklyn.
ナタリア・クレインはブルックリン出身の
女の子でした
04:17
When she was 10 years old in 1927,
1927年には 10歳で
04:20
she published her first book of poems
彼女は初めての詩集
04:23
called "The Janitor's Boy."
『門番の息子』を出版しました
04:25
Here she is.
これが彼女です
04:28
And here's her poem.
そしてこちらが彼女の詩です
04:30
(Music)
(音楽)
04:32
♫ Oh, I'm in love
ああ 私は
04:37
with the janitor's boy, ♫
門番の息子に恋をしている
04:41
♫ And the janitor's boy
門番の息子は
04:45
is in love with me. ♫
私に恋している
04:49
♫ Oh, I'm in love
ああ 私は
04:54
with the janitor's boy, ♫
門番の息子に恋をしている
04:58
♫ And the janitor's boy
門番の息子は
05:02
is in love with me. ♫
私に恋している
05:06
♫ He's going to hunt for a desert isle ♫
彼は 私たちの近くに
05:11
♫ In our geography. ♫
無人島を探しに行こうとしている
05:15
♫ A desert isle
かぐわしい木々のある
05:19
with spicy trees ♫
無人島を
05:21
♫ Somewhere in Sheepshead Bay; ♫
シープシェッド湾のどこかにある
05:25
♫ A right nice place,
2人にちょうどいい
05:28
just fit for two ♫
ぴったりで素敵な場所
05:30
♫ Where we can live always. ♫
いつでも2人で住める場所
05:33
♫ Oh, I'm in love
ああ 私は
05:38
with the janitor's boy, ♫
門番の息子に恋をしている
05:42
♫ And the janitor's boy, ♫
門番の息子は
05:46
he's busy as can be; ♫
とってもいそがしい
05:50
♫ Down in the cellar he's making a raft ♫
地下では 彼は古い長いすで
05:55
♫ Out of an old settee. ♫
いかだを作っているの
05:58
♫ He'll carry me off,
彼は私を連れ去ってくれる
06:03
I know that he will, ♫
わかっているわ
06:05
♫ For his hair is exceedingly red; ♫
だって 彼の髪はとっても赤いんだもの
06:08
♫ And the only thing
そして 私が
06:12
that occurs to me ♫
考えているのは
06:14
♫ Is to dutifully shiver in bed. ♫
ベッドの中では
お行儀良く震えなくてはということ
06:16
♫ And on the day that we sail,
私たちが漕ぎ出す その日には
06:20
I will leave a little note ♫
短い置き手紙をするわ
06:23
♫ For my parents I hate to annoy: ♫
両親が困るといけないから
06:25
♫ "I have flown to an island
「私は入り江にある
06:29
in the bay ♫
島へと逃げるわ
06:31
♫ With my janitor's
赤毛の
06:33
red haired-boy." ♫
門番の息子と」
06:35
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
06:38
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
06:42
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
06:46
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
06:50
♫ I'm going to sail away ♫
私は船で旅に出るの
06:54
♫ Gone to Sheepshead Bay ♫
シープシェッド湾へ行くの
06:56
♫ With my janitor's red-haired boy. ♫
門番の赤毛の息子と
06:58
♫ On an old settee ♫
古い長いすに乗って
07:02
♫ My red-haired boy and me ♫
私の赤毛の彼と2人で
07:04
♫ The janitor's red-haired boy. ♫
門番の赤毛の息子
07:07
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
07:11
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
07:15
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
07:19
♫ The janitor's red-haired boy ♫
門番の赤毛の息子
07:23
(Applause)
(拍手)
07:27
The next poem is by E.E. Cummings,
次の詩はE.E.カミングスのもので
07:39
"Maggie and Milly and Molly and May."
『マギーとミリーとモリーとメイ』です
07:41
(Music)
(音楽)
07:48
♫ Maggie and Milly,
マギーとミリー
07:58
Molly and May ♫
モリーとメイ
08:01
♫ They went down to the beach
ある日 1日 砂浜へ
08:08
one day to play ♫
遊びに行った
08:12
♫ And Maggie discovered
マギーは歌う貝がらを
08:19
a shell that sang ♫
見つけた
08:22
♫ So sweetly she couldn't remember
とても甘い歌声で
08:29
her troubles ♫
悩みなんか忘れてしまった
08:35
♫ Maggie and Milly,
マギーとミリー
08:42
Molly and May ♫
モリーとメイ
08:45
♫ Maggie and Milly,
マギーとミリー
08:52
Molly and May ♫
モリーとメイ
08:55
♫ Milly befriended
ミリーは ひとり取り残されて
09:03
a stranded star ♫
星のようなヒトデと友達になった
09:05
♫ Whose rays,
その光は
09:13
whose rays ♫
その光といったら
09:16
♫ Five languid fingers
元気のなくなったヒトデの星の
09:21
were ♫
5つの指は
09:24
(Music)
(音楽)
09:29
♫ Maggie and Milly,
マギーとミリー
09:42
Molly and May ♫
モリーとメイ
09:45
♫ Maggie and Milly,
マギーとミリー
09:53
Molly and May ♫
モリーとメイ
09:56
(Music)
(音楽)
10:01
♫ Molly was chased
モリーは恐ろしいものに
10:32
by a horrible thing ♫
追いかけられた
10:34
♫ Which raced
歩道をうなりながら
10:42
sideways blowing ♫
駆けていくものに
10:47
♫ Blowing ♫
うなりながら
10:54
♫ Blowing ♫
うなりながら
11:01
♫ May came home
メイは すべすべした
11:10
with a smooth, round stone ♫
丸い石を持ち帰った
11:12
♫ Small as a world
世界と同じくらい小さくて
11:20
and as large as alone ♫
1人ぼっちと同じくらい大きい
11:23
(Music)
(音楽)
11:28
♫ For whatever we lose
あなたや私を
11:52
like a you or a me ♫
失ったとしても
11:55
♫ Always ourselves
いつでも海で
12:03
that we find
見つけるのは
12:07
at the sea ♫
私たち自身
12:11
(Applause)
(拍手)
12:19
Thank you.
ありがとう
12:21
(Applause)
(拍手)
12:23
The next poem is "If No One Ever Marries Me."
次の詩は
『誰も私と結婚してくれなかったら』
12:37
It was written by Laurence Alma-Tadema.
これはローレンス・アルマ=タデマのものです
12:40
She was the daughter of a very, very famous Dutch painter
彼女はイギリスで名を上げた
とてもとても有名な
12:43
who had made his fame in England.
オランダ人画家の娘でした
12:46
He went there after the death
画家は妻を水疱瘡で亡くしてから
12:49
of his wife of smallpox
イギリスへ渡り
12:51
and brought his two young children.
2人の幼い子供を育てました
12:53
One was his daughter, Laurence.
その1人が 娘のローレンスでした
12:55
She wrote this poem when she was
彼女は18歳の頃 この詩を
12:59
18 years old in 1888,
書きました 1888年のことです
13:01
and I look at it as kind of a
私にとっては
13:03
very sweet feminist manifesto
とてもかわいらしい
フェミニストの宣言書のように見えます
13:05
tinged with a little bit of defiance
少しばかりの挑戦的な態度と
13:10
and a little bit of resignation and regret.
少しのあきらめと後悔がにじんでいます
13:13
(Music)
(音楽)
13:19
♫ Well, if no one ever marries me ♫
もし 誰も私と結婚してくれなかったら
13:39
♫ And I don't see why they should, ♫
だって 結婚してくれる理由も
わからないもの
13:43
♫ Nurse says I'm not pretty, ♫
乳母は言うの
私はかわいくないって
13:47
♫ And you know I'm seldom good,
それに あまりいい子じゃない
13:49
seldom good -- ♫
あまりいい子じゃないって
13:52
♫ Well, if no one ever marries me ♫
もし 誰も私と結婚してくれなくても
14:00
♫ I shan't mind very much; ♫
私は 別にいいわ
14:04
♫ Buy a squirrel in a cage ♫
かごに入ったリスと
14:08
♫ And a little rabbit-hutch. ♫
小さなウサギ小屋を買うの
14:11
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
14:14
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
14:18
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
14:22
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
14:25
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
14:29
♫ I'll have a cottage near a wood ♫
林のそばの小屋と
14:37
♫ And a pony all my own ♫
私だけのポニーを手に入れるわ
14:40
♫ A little lamb quite clean and tame ♫
街を連れて歩ける
14:44
♫ That I can take to town. ♫
清潔でおとなしい小さな仔羊も
14:47
♫ And when I'm really getting old -- ♫
そして 本当に大きくなったら
14:51
♫ And 28 or nine -- ♫
28か29になったら
14:54
♫ Buy myself a little orphan girl ♫
小さな孤児の女の子を買うわ
14:59
♫ And bring her up as mine. ♫
私の子供として育てるの
15:02
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
15:05
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
15:08
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
15:12
♫ If no one marries me ♫
もし 誰も結婚してくれなかったら
15:16
♫ Well, if no one marries me ♫
ええ もし 誰も結婚してくれなかったら
15:19
♫ Marries me ♫
結婚してくれなかったら
15:24
♫ Well, if no one marries me ♫
ええ もし 誰も結婚してくれなかったら
15:26
♫ Marries me ♫
結婚してくれなかったら
15:31
♫ Well, if no one marries me ♫
ええ もし 誰も結婚してくれなかったら
15:33
Thank you.
ありがとう
15:44
(Applause) Thank you.
(拍手) ありがとう
15:46
I became very curious about the poets
6年間取り組んでから
15:52
after spending six years with them,
これらの詩人について
とても興味がわき
15:54
and started to research their lives,
彼らの人生について調べ始めました
15:57
and then decided to write a book about it.
そして そのことについて
本を書くことにしました
16:01
And the burning question about Alma-Tadema
アルマ=タデマについて
ずっとくすぶっていた疑問は
16:04
was: Did she marry?
彼女は結婚したのだろうか
ということです
16:07
And the answer was no,
その答えは いいえでした
16:09
which I found in the London Times archive.
ロンドン・タイムズ紙の記録からわかりました
16:11
She died alone in 1940
彼女は1940年に
独身のまま
16:16
in the company of her books and her dear friends.
数々の本や近しい友人たちに
囲まれて 亡くなりました
16:19
Gerard Manley Hopkins,
ジェラルド・マンレイ・ホプキンスは
16:24
a saintly man.
敬虔な人でした
16:26
He became a Jesuit.
彼はイエズス会士になりました
16:28
He converted from his Anglican faith.
アングリカン教会から宗旨替えしたのです
16:30
He was moved to by the Tractarian Movement,
彼はトラクト運動 または
16:33
the Oxford Movement, otherwise known as --
オックスフォード運動に
心を動かされ
16:37
and he became a Jesuit priest.
イエズス会の僧侶となったのです
16:41
He burned all his poetry at the age of 24
彼は24歳の時に 詩をすべて
焼き払ってしまい
16:44
and then did not write another poem for at least seven years
その後 7年間は
詩を書きませんでした
16:47
because he couldn't rectify the life of a poet
それというのも 詩人としての生活と
16:49
with the life of a priest.
僧侶としての生活と
両立できなかったからです
16:52
He died typhoid fever
彼は腸チフスにより
16:55
at the age of 44, I believe,
44歳で亡くなりました 確か
16:57
43 or 44.
43か44歳です
16:59
At the time, he was teaching classics
当時 彼はダブリンの
17:01
at Trinity College in Dublin.
トリニティー・カレッジで古典学を
教えていました
17:03
A few years before he died,
亡くなる数年前に
17:09
after he had resumed writing poetry,
詩作を秘密裏に
17:11
but in secret,
再開してから
17:13
he confessed to a friend in a letter
彼は友人に宛てた手紙で
こう打ち明けています
17:15
that I found when I was doing my research:
私は調べる中で見つけたのですが
17:17
"I've written a verse.
「僕はある詩を書いた
17:19
It is to explain death to a child,
子供に死について
説明するための詩なんだが―
17:22
and it deserves a piece of plain-song music."
単旋律のメロディをつけたらいいと思う」
17:25
And my blood froze when I read that
これを読んで 私は凍りつきました
17:29
because I had written the plain-song music
この手紙が書かれた130年後に
17:31
130 years after he'd written the letter.
私は実際に単旋律のメロディ
をつけていたからです
17:33
And the poem is called, "Spring and Fall."
詩の題名は『春と秋』と言います
17:36
♫ Margaret,
マーガレット
17:43
are you grieving ♫
君は悲しんでいるの
17:46
♫ Over Goldengrove
黄金の木立が
17:49
unleaving, by and by? ♫
少しずつ 葉を落としていくのを
17:52
♫ Leaves, like the things
葉は 人のものと
18:00
of man, you ♫
同じように
18:03
♫ With your fresh thoughts care for,
生き生きとした考えで
18:05
can you? ♫
大切にするものだよ
18:08
♫ But as the heart grows older ♫
けれど 心が年老いるにつれて
18:16
♫ It will come to such sights
だんだんと
18:22
much colder ♫
冷たいものになりゆく
18:24
♫ By and by,
少しずつ
18:26
nor spare a sigh ♫
ため息ももらさずに
18:28
♫ Though worlds of
衰えた木々と
18:35
wanwood leafmeal lie; ♫
朽ちた葉の横たわる世界
18:37
♫ And yet you will weep
それでも君は涙を流し
18:42
and you'll know why. ♫
その理由を知るだろう
18:44
♫ No matter child, the name: ♫
大丈夫だよ その名前
18:52
♫ Sorrow's springs are all the same ♫
悲しみの春もまた同じ
18:55
♫ They're all the same. ♫
また同じ
19:00
♫ Nor mouth had
口も頭も
19:07
nor no mind expressed ♫
言い表したことはないんだ―
19:10
♫ What heart heard of,
心が聞いたものを
19:14
ghost had guessed: ♫
幽霊が知っていることを
19:17
♫ It's the blight
人間は その暗い影の
19:24
man was born for, ♫
もとに生まれたんだ
19:27
♫ It is Margaret
そのために マーガレット
19:31
that you mourn for ♫
君は弔うのだ
19:34
Thank you so much.
どうもありがとう
19:44
(Applause)
(拍手)
19:46
(Music)
(音楽)
20:31
I'd like to thank everybody,
みなさんにお礼を申し上げます
20:38
all the scientists, the philosophers,
科学者 哲学者
20:41
the architects, the inventors,
建築家 発明家
20:44
the biologists,
生物学者
20:47
the botanists, the artists ...
植物学者 芸術家...
20:49
everyone that blew my mind this week.
この1週間 私を圧倒したみなさん
20:52
Thank you.
ありがとうございました
20:54
(Applause)
(拍手)
20:56
♫ Oh, a li la li la la la ♫
オー ラララララララ
21:00
♫ La li la la li la la la la la la ♫ (Applause)
ラララ… (拍手)
21:04
♫ La li la la la ♫
ラララララ
21:08
♫ La li la la la la ♫
ラララララ
21:11
♫ La li la la la la la la ♫
ラララララララ
21:13
♫ La la la li la la la la la ♫
ラララララララララ
21:15
♫ You've been so kind and
あなたはとても親切で
21:26
generous ♫
寛大でした
21:30
♫ I don't know how you keep on giving. ♫
人に与え続けるあなた
21:33
♫ And for your kindness,
あなたの親切に
21:37
I'm in debt to you. ♫
恩を感じています
21:40
♫ And for your selflessness,
無欲なあなたを
21:46
my admiration. ♫
尊敬します
21:51
♫ And for everything you've done,
あなたがしてくれたこと全てに
21:56
you know I'm bound; ♫
私は負うています
22:02
♫ I'm bound to thank for it ♫
あなたにお礼を言わなくては
22:05
♫ La li la li la la la ♫
ラララララララ
22:08
♫ La li la la li la li la la la ♫ (Clapping)
ラララ… (手拍子)
22:10
♫ La li la la la ♫
ラララララ
22:14
♫ La li la la la la ♫
ララララララ
22:17
♫ La li la li la la la ♫
ラララララララ
22:19
♫ La li la la li la li la la ♫
ララララララララ
22:21
♫ And you ♫
そして
22:27
♫ Now you've been so kind and ... ♫
あなたはとても親切で…
22:31
Curb the enthusiasm, just a little bit.
ちょっと興奮を押さえましょうか
ほんの少し
22:36
Just bring it down a little. (Laughter)
ほんの少し 抑えましょう (笑)
22:38
It's my turn.
今は私の話す番ですから
22:41
I still have two minutes.
まだ2分残っています
22:44
(Laughter)
(笑)
22:46
Okay, we're going to start that verse again.
オーケー この詞をもう1度
繰り返しますよ
22:48
♫ Well, you've been so ... ♫
あなたはとても親切で…
22:52
That's innovative, don't you think?
これは革新的だと思いません?
22:54
Calming the audience down;
観客を落ち着かせるなんて
22:56
I'm supposed to be whipping you into a frenzy, and I,
私は観客を盛り上げなきゃいけないのに
私ときたら
22:58
"That's enough. Sh." (Laughter)
「もういいわ しーっ」だもの (笑)
23:00
♫ Now, you've been kind and ... ♫
あなたはとても親切で…
23:04
I'm going to sing this to Bill Gates. (Laughter)
この歌をビル・ゲイツに捧げようかしら
(笑)
23:08
I have so much admiration for him.
彼をとても尊敬しているもの
23:11
♫ Now, you've been so kind and
あなたはとても親切で
23:14
generous, ♫
寛大でした
23:18
♫ I don't know how you keep on giving. ♫
人に与え続けるあなた
23:20
♫ And for your kindness
あなたの親切に
23:24
I'm in debt to you. ♫
恩を感じています
23:27
♫ And I never could have come
あなたなしでは
23:33
this far without you. ♫
ここまで来られなかった
23:38
♫ So for everything you've done,
あなたがしてくれたこと全てに
23:43
you know I'm bound ♫
私は負うています
23:48
♫ I'm bound to thank you for it ♫ (Clapping)
あなたにお礼を言わなくては (手拍子)
23:53
♫ La li la la li la la la ♫
ララララララララ
23:55
♫ La li la la li la la la ♫
ララララララララ
23:57
♫ La li la la la ♫
ラララララ
24:01
♫ La li la la la la ♫
ララララララ
24:03
♫ La li la la li la la la ♫
ラララララララ
24:06
♫ La li la la li la li la la la ♫
ララララララララ
24:08
♫ La li la la la ♫
ラララララ
24:11
♫ Oh, I want to thank you for so many gifts ♫
たくさんの贈り物に
お礼を言いたい
24:15
♫ You gave in love with tenderness ♫
優しい愛情でもって与えてくれて
24:18
♫ Thank you ♫
ありがとう
24:21
♫ I want to thank you
あなたの寛大さに
24:26
for your generosity ♫
お礼を言いたい
24:28
♫ the love and the honesty that you gave me ♫
愛情と誠実さにも
24:30
♫ I want to thank you
あなたにお礼が言いたい
24:36
show my gratitude, ♫ My love
感謝の気持ちを表したい
24:38
and my respect for you ♫
私の愛情と尊敬を
24:41
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい
ありがとう
24:47
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
24:51
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
24:53
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
24:56
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい ありがとう
24:58
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
25:01
You know what?
そうだ
25:03
I'll show you how to clap to this song. (Laughter) (Clapping)
どうやって手拍子をしたらいいか
教えてあげましょう (笑) (手拍子)
25:06
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい ありがとう
25:19
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
25:23
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
25:25
♫ Thank you, thank you ♫
ありがとう ありがとう
25:28
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい ありがとう
25:30
It works better, right?
この方がいいでしょう?
25:32
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい ありがとう
25:40
♫ I want to thank you ♫
あなたにお礼が言いたい
25:43
♫ Ooh hoo ♫
Ooh hoo
26:02
♫ Ooh hoo ♫
Ooh hoo
26:05
♫ Ooh hoo ♫
Ooh hoo
26:07
♫ Ooh hoo ♫
Ooh hoo
26:09
Let's bring it down.
音量を落としましょう
26:11
Decrescendo.
デクレッシェンドして
26:15
Gradually, bringing it down,
少しずつ 弱くして
26:17
bringing it down.
弱くして
26:20
♫ I want to thank you, thank you ♫
あなたにお礼が言いたい ありがとう
26:22
Finger popping,
指を鳴らして
26:26
ain't no stopping.
まだ終わらない
26:28
Thank you so much.
どうもありがとう
26:32
(Applause)
(拍手)
26:34
Translated by Moe Shoji
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the Speaker:

Natalie Merchant - Singer/songwriter
Natalie Merchant's career spans three decades -- as the leader of 10,000 Maniacs and in her own solo work -- of making warmly personal music.

Why you should listen

In the 1980s, Natalie Merchant led the great folk-rock band 10,000 Maniacs. She went solo in the '90s, and to maintain creative control over her music, she self-funded her debut album, Tigerlily, which had chart-toppers like "Jealousy," "Carnival" and "Wonder." She recorded her sophomore album, Ophelia, at her home studio; the album went platinum, and she headlined at Lilith Fair and joined the American Folk Music Tour before releasing Motherland, which paired her rich voice with more strings.

Merchant independently released her 2003 album, The House Carpenter's Daughter, which veers back toward classic folk; she covers traditional songs such as "House Carpenter" and "Weeping Pilgrim," an 18th-century hymnal she found in the NY Public Library archives. Merchant is dedicated to supporting a wide array of nonprofits and social justice groups. For the past five years, she has been researching, writing and recording a collection of songs adapted from the works of classic and contemporary poets. She is set to release Leave Your Sleep in March 2010.

More profile about the speaker
Natalie Merchant | Speaker | TED.com