sponsored links
EG 2007

John Q. Walker: Great piano performances, recreated

ジョン・ウォーカー、偉大な演奏を再創造する。

December 12, 2007

想像してみよう。故人となった偉大なピアニストがその場によみがえり、再び演奏しているのを聴くことを。ジョン・Q・ウォーカーは、どのようにして録音を正確な打鍵とペダル操作に分析し、コンピューター制御のグランドピアノによって再演奏するかを示してくれる。

John Q. Walker - Musician and inventor
Software entrepreneur John Q. Walker uses computers to bring piano legends back to life -- digitally reconstructing their performances from audio tracks and playing them on real instruments, live. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
Ninety-nine percent of us have the dream of listeners.
私たちの99%は、リスナーとしての夢を持っています。
00:16
Not being the musicians -- the listeners, right?
音楽家の、ではなく、リスナーの、です。いいですね?
00:20
And we crave one thing,
私たちはあることを強く願っています。
00:22
even though we kind of don't know it all the time.
たとえ常にそれに気付いてる訳じゃなくても
00:24
We crave to be in the room with the musician
音楽家と同じ部屋に、
00:26
the day it was recorded, the day it was played.
録音された日、演奏された日に居合わせたいと願っています。
00:31
And we go to live concerts, and we get that as much as we can.
私たちは生演奏のコンサートに行くし、できるだけ行くといいのです。
00:33
But then we listen to the other 99 percent of our stuff recorded.
それでも、私たちが聴く音楽の99%は録音された物です。
00:36
And it turns out the further back you go in history,
歴史的な古い録音ほど
00:39
the little rougher it sounds.
音が粗く聞こえることがわかります。
00:42
And so we said, there's a solution to this.
私たちは、これに対する解決策を見出しました。
00:44
Let's separate the performance, as a thing,
演奏を別物として
00:48
out from the recording, which was how it was made.
録音から分離するのです。
00:52
You know, the thing with microphones in the room and all that day.
一日中部屋にマイクを置いておくのが録音です。
00:55
But the performance itself was how the musicians worked their fingers,
しかし演奏そのものには、どのようにして音楽家が指を動かしたか
00:58
and what instruments they were using.
そして、どの楽器を使ったかの情報が含まれています。
01:01
And it's the data hidden inside the recording.
録音の中にそうしたデータが隠されているのです。
01:03
In order to do this, it's a lot of hardware and software
これを実現するためには、非常に高精度な
01:08
that runs in a very high resolution.
多くのハードウェアとソフトウェアが必要です。
01:11
And Yamaha makes an incredible thing called the Disklavier Pro
そこでヤマハは「ディスクラヴィア・プロ」という驚くべき道具を作りました。
01:13
that looks like a nice grand piano there.
素敵なグランドピアノのように見えるあれです。
01:17
And you probably didn't realize it's going to do all these things --
おそらく、どうやって全ての処理をしているのか分からないでしょう。
01:19
but full of solenoids, and fiber optics, and computers
ソレノイドや光ファイバー、コンピュータ諸々が詰まった
01:21
and all this kind of stuff. The highest resolution out of Japan.
日本発の、最高精度のものです。
01:24
And this just didn't work until we could cross this line that says high-definition.
高品位と呼ばれる以上のものでないと使えません。
01:27
And we were able to cross this line, called the uncanny valley,
私たちは「不気味の谷」と呼ばれるこのラインを超えることができました。
01:31
in terms of -- artificial intelligence terms.
人工知能の用語です。
01:34
We have a process where we, you know,
私たちが行おうとしているプロセスは、
01:39
kind of put it into the computer and digitize it, and then a whole lot of analysis.
コンピューターに入力し、デジタル化して、全体を分析することです。
01:41
And we look at every single note,
私たちは音符の1つ1つについて
01:44
and all the attributes of those notes:
その全ての特徴、つまり
01:46
how hard they were struck, and how they were held down,
鍵盤をたたく強さや、どのように押さえられているか、
01:48
and how you move the fingers.
そして、どのように指を動かしているのかなどを調べました
01:50
So we had to develop a whole new science of how you move your fingers.
運指についての全く新しい科学を開発する必要がありました。
01:52
And, you know, it's a thing your piano teacher teaches you,
ピアノの先生が教えていることではありますが、
01:54
but we never had a science behind these kinds of things.
私たちがこれまで科学的には捉えていなかったものです。
01:57
I'm going to start with Glenn Gould.
さあ、グレン・グールドから始めましょう。
02:00
He died 25 years ago this year, and was born 75 years ago this year.
彼は25年前に亡くなりました。今年で生誕75周年です。
02:02
Was a beloved pianist, maybe the great cult pianist of the twentieth century.
非常に愛され、おそらく20世紀で最も熱狂的に支持されたピアニストでしょう。
02:06
He just got tired of being in front of an audience,
彼はコンサートで演奏することに嫌気がさし
02:10
and felt like -- a performing monkey was, in fact, his term.
彼いわく「芸をする猿」のように感じてしまい、
02:12
So he stepped back, and did nothing but the crafting of his work.
それで隠遁して、録音に専念しました。
02:14
And Gould's specialty was playing Bach.
グールドの専門は、バッハでした。
02:18
His maybe most famous recording
彼の最も有名な録音は、おそらく
02:20
was something called "The Goldberg Variations."
「ゴルトベルク変奏曲」でしょう。
02:22
Bach only wrote themes and variations one time.
バッハは、たった一度だけ変奏曲を書きました。
02:24
He wrote some early pieces,
実際には初期の作品が幾つかありますが
02:27
but late in his life, in his mature period,
人生の後半、円熟した時期に
02:29
he said, "Here's a theme -- 30 variations."
バッハ自身が「これこそが主題と30の変奏だ」と言ったのです。
02:31
In fact, the theme isn't even the melody, it's the bass line.
実のところ、主題はメロディーではなく、ベースラインなのですが。
02:34
And Gould recorded it in two major recordings that you may know about,
この曲についてグールドは2つの偉大な録音を残しています。
02:37
one in mono, and one in stereo.
ひとつはモノラルで、もうひとつはステレオです。
02:42
And the one in mono, by the way, he used the pedal,
ところで、モノラルの録音では、彼はペダルを使いました。
02:44
and as he got older, he said, "No, no, wait a minute.
彼は年老いてから言ったことは「いやいや、ちょっと待ってくれ
02:47
I'm going to get very scientific about this, and not use the pedal."
僕はとても科学的にやろうとしてるんだ。ペダルは使うんじゃない。」
02:50
What I'd like you to hear live is the 1955 version,
1955年録音のものを聞いて頂きましょうか
02:53
and we'll play the first couple pieces of it.
最初の何曲かを演奏します。
02:57
Glenn Gould, 1955.
グレングールド、1955年。
02:59
(Music)
(音楽)
03:02
How about that?
どうでしたか?
05:35
(Applause)
(拍手)
05:37
So let me tell you a little bit how this was done.
ではどうやったかをご説明しましょう。
05:41
First of all, let me get you to the end step.
まず最初に、最終工程の話をさせてください。
05:43
This is -- we have a fairly complex process
これです。とても複雑な工程です。
05:45
that, you know, software and musicians and so on,
ソフトウェアやミュージシャン、その他諸々が必要ですが、
05:47
but when we're all done, we know that the ear is the final arbiter.
結局、耳こそが最終的な審判者になります。
05:50
We can play the original in one ear, and a new recording in the other.
片側でオリジナルを、反対側で新しい録音を再生するんです。
05:55
So I'm going to do this for you right now, what you just heard.
今、それをやってみます。
05:58
And in the right speaker is going to be the original recording,
右のスピーカーからはオリジナルの録音、
06:01
and the left speaker is going to be the new recording,
左のスピーカーからは
06:03
actually of an instrument just like that one,
あそこにあるような楽器で演奏した新しい録音
06:06
and I'm going to play them together at the same time.
その2つを同時に演奏します。
06:09
(Music)
(音楽)
06:11
That's the original. [Unclear] That's the two together.
これがオリジナルです。(不明瞭)これが一緒の演奏。
06:17
(Music)
(音楽)
06:19
Before "Jurassic Park,"
映画「ジュラシックパーク」以前には
06:55
there was no science for how skin hung off of muscle, right?
皮膚がどう筋肉にくっついているかなんてことに関する科学はありませんでしたよね?
06:57
So, in the video world,
それが、いまや映像の世界では
07:03
we've been able to invent, in our lifetimes, natural behavior.
自然な動作を作り出せるようになっています。
07:04
And this is kind of another example
そしてこれは、科学を使って
07:07
of putting a science behind natural behavior.
自然な動作を生み出しているもう1つの例なのです。
07:09
And then you heard the original.
そうしたオリジナルをお聞きいただきました。
07:12
Ultimately, I started with the experience.
究極的には、私は体験から始めました。
07:14
And the experience is: I want to be in the room and hear the musicians.
音楽家達に同席して音楽を聞く体験をしたいということです。
07:16
Lots of you can afford to buy one of these.
あなた方も、ここにあるような物を買えますよ。
07:20
But, if not, there is now high-definition surround sound.
それが無理でも、今は高品位サラウンド音響があります。
07:22
And I got to tell you, if you haven't heard high-definition surround,
もし高品位サラウンドをご存じなかったら
07:28
go down to your audio dealer, your audiophile dealer.
オーディオ店に行ってみてください。
07:31
It's so involving compared to regular stereo.
普通のステレオと比べて、すごく臨場感があります。
07:33
But if you don't have that, maybe you can listen on your headphones.
それも無ければ、ヘッドホンで聴いてみてください。
07:37
And so on the same disk we have five recordings --
このディスクには、5つの録音が入っています。
07:39
Sony has five recordings.
ソニーには5つ音源があるのです。
07:41
And you could listen in headphones
ヘッドホンでバイノラール(両耳)録音と
07:43
with this thing called binaural recording.
呼ばれるものを聴くことが出来ます。
07:45
And it's a dummy head that sits in front of the instrument,
ピアノの前に座っているのはダミー人形の頭です。
07:48
and it's got microphones where the ears are.
耳のところに、マイクが着いています。
07:52
And when you put on headphones, and you listen to this,
ヘッドホンをつけてこれを聴くと
07:56
you're inside of Glenn Gould's body.
グレン・グールドの体内に居るようです。
07:58
And it is a chuckle until, you know, the musicians,
このシステムを使ってピアノを弾いた音楽家達本人が
08:00
who are musicians who play the piano, listen to this, say,
これを聴いて、「信じられない!
08:03
"I can't believe it! It's just what it's like to play the piano."
まるで自分がピアノを弾いてるみたいだ」と言ったのは笑えます。
08:05
Except now you're inside Glenn Gould's body playing the piano,
ピアノ演奏中のグールドの体内に居て
08:07
and it feels like your fingers are making the decisions
まるであなたの指が決定を下し
08:09
and moving through the whole process.
全てのプロセスを進んでいるように感じるのです。
08:11
It's a game changer.
これは世の中を大きく変えるものです。
08:13
Here's now something we know in spectacular quality.
ところで、素晴らしい品質についてですが
08:15
The whole process is very sensitive to temperature and humidity.
全プロセスは温度や湿度に非常に敏感です。
08:17
What you heard today was not perfect.
今日お聴きいただいたものは完璧ではありません。
08:21
It's an amalgam of wood, and cast iron, and felt,
木、鋳鉄、フエルト、そして
08:23
and steel strings, and all these,
スチール弦の融合、これら全てが
08:27
and they're all amazingly sensitive to temperature and humidity.
驚くほど温度と湿度に敏感なのです。
08:29
So when you go into the recording session,
ですから録音に参加する時には
08:32
you get to stop after every piece and rebuild the piano if you need to.
必要に応じて、1曲毎にピアノを組み直します。
08:35
There's the whole action there, sitting, kind of, on the side,
この写真は一連の動作ですね。
08:39
and the dummy head and our recording engineers
ダミーの頭と録音エンジニア達は
08:41
standing around while we rebuild the piano.
組み直し中は周りに立っています。
08:43
Without putting dates next to these things,
これらの出来事に日付を記すことなしに
08:45
step-by-step music will be turned into data,
少しづつ、音楽はデータに変えられていくのです。
08:47
like every field that's occurred in the past 35 or 40 years.
ちょうど、過去35~40年間に起きた様々な分野と同じように。
08:50
Audio has come very late to this game --
オーディオがこのゲームでは最後に来ました。
08:54
I'm not talking about digitizing, and bits, and re-mastering.
デジタル化やビット数やリマスタリングについてはお話ししません。
08:57
I'm talking about turn it into the data that it was made from,
どう演奏されたかという情報をデータ化することについて
09:00
which is how it was performed.
お話しします。
09:03
And audio came very late because our ears are so hard to fool --
オーディオが一番最後になったのは、私たちの耳は
09:05
they're high-resolution, and they're wired straight to our emotions,
高精度で、感情と直接つながっていて
09:08
and you can't trick them very easily.
そう簡単には騙せないからです。
09:11
Your eyes are pretty happy with some color and movement, you know.
あなたの目は、色彩や動きが好きでしょう?
09:13
All right, there's this episode of "Star Trek."
さて、「スタートレック」でこんなエピソードがあるんです。
09:16
(Laughter)
(笑い声)
09:19
I get it -- it was all just laid in for me yesterday there.
ちょうど昨日仕入れました。
09:22
The episode of "Star Trek" for me was James Daly played Methuselah --
メトセラを演じたジェームス・ダイリーが・・・
09:24
remember this one?
この話、覚えてます?
09:28
And at some point he's dancing with his --
ある時、彼が踊っていると・・・
09:30
and I won't ruin the episode for you, from 1967.
ああ、1967年からのこの話を台無しにしたくないな。
09:33
Right, do you know where I'm going?
まあいいや、皆さんついてきてますか?
09:35
And Nimoy, I'm sorry, Spock sits down at the piano,
ニモイが、失礼、スポックがピアノの前に座って
09:37
and he starts playing this Brahms waltz, and they all dance to it.
ブラームスのワルツを弾き、皆がそれにあわせて踊るのです。
09:39
And then Spock turns round, he goes,
するとスポックが不意に、こう言います。
09:43
"James, I know all of the Brahms waltzes,
「ジェームス、俺はブラームスのワルツは全て知っているが
09:45
and I don't believe this is one of them in the category."
これはブラームスの曲じゃない」
09:50
That's where I'm at.
私がやっているのは、まさにそういうことです。
09:54
I want to hear the waltzes Brahms didn't write.
ブラームスが作らなかったワルツを聞きたいのです。
09:56
I want to hear the pieces that Horowitz didn't play.
ホロヴィッツが弾かなかった曲を聴きたいのです。
10:00
But I believe we're on a path now, when we get to data,
私たちが今やっているのは、データを集めて
10:04
that we can distill styles, and templates, and formulas, and all these kinds of things,
スタイル、テンプレート、公式といったものを抽出することです。
10:09
again, that you've seen happen in the computer graphics world.
同様のことが以前、コンピュータグラフィクスの世界で起きました。
10:13
It's now coming in this world.
それが今、音楽の世界でも起きているのです。
10:16
The transition will be this one.
変化はこんな具合です。
10:18
It says right now, we think music is notes and how they're played.
今私たちは「音楽=音符+それがどう演奏されるか」だと思っていますが、
10:20
And I believe this is coming.
それが「音楽=データ+アルゴリズム」になるのです。
10:23
Because what you've just heard was a computer playing data --
さっき聞いていただいたのは、コンピュータが演奏したデータで、
10:25
no Glenn Gould in the room.
グレン・グールドは部屋にはいません。
10:30
But yet, it was human.
それでも、人間的なのです。
10:32
And I believe you'll get to the next step, the real dream of listeners.
じきに次のステップに、リスナーの真の夢にたどり着くでしょう。
10:34
Every time you listen to a recording today,
これまで、録音を聞く時はいつも
10:37
every time you take out your iPod and whatever,
iPodなり何なりを使う時はいつも
10:40
every time you listen to it, it's the same thing -- it's frozen.
聴くのは同じものです。固まっています。
10:42
Wouldn't it be cool if every time you listened, it could be different?
もし曲を聞くたびに違っていたら、素敵じゃありませんか?
10:47
This morning, you're sadder, you want to hear your song,
今朝悲しい気分なら、いつもの曲を
10:51
the same song, played sadder than you did yesterday.
昨日よりも悲しく演奏されるのが聞きたい、
10:54
You want to hear it played by different musicians.
違う音楽家の演奏で聞きたい、
10:56
You want to hear it in different rooms and whatever.
違う部屋で聞きたい、など。「スタートレック」的な思いは、
10:58
We've seen all these "Star Treks," and they're all holodeck episodes as well.
仮想現実的な出来事でもあるのです。
11:01
Every time I listen to that, I get goose bumps.
聴くたびに鳥肌がたちます。
11:03
It's so amazing, it's so exciting.
素晴らしくてわくわくします。
11:06
Every time I listen to that recording it's like, "Oh my God,
録音を聞くたびに、こんな風なのです「何てことだ。
11:09
I can't believe I'm in the same room. I can't believe this is happening."
同じ部屋に居るなんて!これが実際に起こっているなんて!」
11:11
It's a way better experience
今まで聴いてきたどんな形よりも
11:13
than whatever you're used to listening to, in whatever form.
ずっと素晴らしい経験です。
11:15
And lastly, I will wrap up with one minute of Art Tatum.
最後は、アート・テイタムの1分で締めたいと思います。
11:17
So I've really overshot my budget here.
これはかなり予算オーバーしました。
11:22
We made a new recording of him
シュライン・オーディトリアムでの彼の演奏を
11:24
playing in the Shrine Auditorium in September.
9月に新しく録音したんです。
11:27
It was a concert he recorded in the Shrine Auditorium in 1949.
もとは1950年のシュライン・オーディトリアムで録音されたコンサートです。
11:30
And I've got to tell you, we have this lab
私たちが組み立てたり計測したりする研究室は
11:34
where we build and measure everything, back in Raleigh, North Carolina,
ノースカロライナ州のローリーという街にあるんですが、その一式を
11:36
and we flew out to Los Angeles.
持ってロサンゼルスまで飛んだのです。
11:39
And as the president of the company,
私は会社の社長として
11:42
I didn't feel real comfortable about where we were.
その場に居て、全く落ち着きませんでした。
11:44
That's a real uncomfortable feeling,
本当に気が気ではなかったのです。
11:47
when all the equipment's come out and a whole Sony team,
全ての機材を搬入し、ソニーのチーム全員と
11:49
and people are going to be sitting there in the audience.
人々が客席に座ろうとしている時までは。
11:51
And we put the piano on the sweet spot of the stage in the Shrine,
ステージで一番いい音がする場所にピアノを置いて
11:53
which has not changed since 1949, still seats 6,000 people.
1949年から変わらない、6000人収容する劇場ステージで
11:57
And on the sweet spot on the stage, Tatum starts playing ...
テイタムが演奏を始めました。
12:01
and every note, every beat, every slur, every accent, every pedal
音符、ビート、スラー、アクセント、ペダル操作
12:04
was perfect, because he played it for that room on that day.
全てが完璧でした。なぜなら彼はその日その場所で演奏していたのですから。
12:10
And we captured all that data all over again.
そして私たちは、全てのデータを再び保存しました。
12:14
And I want you to hear that right now.
それを今、聞いて頂きましょう
12:16
And fortunately, it's right in here.
幸い、ちょうどここにあります。
12:18
This is an encore he used to do.
この曲は彼が良くアンコールに使ったものです。
12:20
It's one minute long.
1分間の
12:23
It's an Irish jig, and I want you to hear his humor.
アイルランドのジグ(フォークダンス)です。彼のユーモアをお聞きください。
12:25
(Music)
(音楽)
12:27
(Applause)
(拍手)
13:23
And that's just what the live audience did.
いまと同じ拍手を、当時の観客もしたんですよ。
13:24
(Applause)
(拍手)
13:27
So thank you very much, Michael, thank you for the opportunity.
どうもありがとうマイケル、この機会に感謝します。
13:29
Translator:Mizuki Anzai
Reviewer:Masanao Yamada

sponsored links

John Q. Walker - Musician and inventor
Software entrepreneur John Q. Walker uses computers to bring piano legends back to life -- digitally reconstructing their performances from audio tracks and playing them on real instruments, live.

Why you should listen

Glenn Gould, Thelonious Monk, Art Tatum: legends of live piano performance lost to time. But John Q. Walker asks us to imagine hearing those great, departed musicians play again today, just as they would in person. Such is the promise of Walker's company, Zenph Studios, which builds technology to re-create live music performances. Piano tracks are converted into precise keystrokes and pedal motions -- then played back on computer-controlled grand pianos.

Before founding Zenph in 2002, Walker was a leading developer of VoIP, and was influential in the creation of the IEEE 802 local-area network (LAN) and the 802.11 wireless LAN (“Wi-Fi”) standards. He is himself a devoted pianist.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.