English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2017

OK Go: How to find a wonderful idea

OK Go: 素晴らしいアイデアの見つけ方

Filmed
Views 1,624,338

無重力状態でダンスしたり、パフォーマンスを超スローモーションで見せたり、工場規模のルーブ・ゴールドバーグ・マシンを組み上げたり。OK Goは奇想天外なミュージックビデオのアイデアをどうやって考え出しているのでしょう? 曲 『This Too Shall Pass』と『The One Moment』のライブ演奏と合わせて、リードボーカルでギタリストのダミアン・クーラッシュが、このバンドの創作プロセスの裏側を案内し、ワクワク・ドキドキの見つけかたを教えてくれます。

- Band
A wildly creative band of music- and video-makers, OK Go is building a media empire on the back of endless, boundless ingenuity. Full bio

(Dominoesドミノ fall)
(ドミノ倒し)
00:21
(Toyおもちゃ car)
(おもちゃの車)
00:27
(Ball rollsロールズ)
(転がるボール)
00:29
(Music音楽: "Thisこの Tooあまりにも Shall〜する Passパス")
曲 This Too Shall Pass
(これもやがて過ぎ去る)
00:34
(Singing歌う)
Ooh ooh ooh ...
00:40
You君は know知っている you君は can'tできない keepキープ
letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
00:51
andそして you君は can'tできない keepキープ draggingドラッグ
thatそれ deadデッド weight重量 aroundまわり.
重荷を引きずり続けてちゃいけない
00:54
Ifif thereそこ ain'tない allすべて thatそれ muchたくさん to lugラグ aroundまわり
そんなに持ち歩くものがないなら
01:03
betterより良い run走る like好きな hell地獄
whenいつ you君は hitヒット theその ground接地
始めたとたんに
夢中で走り出したほうがいい
01:06
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
01:14
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
01:20
You君は can'tできない stopやめる theseこれら kids子供たち fromから dancingダンシング,
若い連中が踊るのを
止められやしないけど
01:26
butだけど whyなぜ would〜する you君は want欲しいです to,
どうして止める必要がある?
01:29
especially特に whenいつ you'reあなたは
already既に getting取得 yoursあなたの?
とくに自分のをもう
手にしているんだったら
01:31
(Xylophone木琴)
(シロフォン)
01:34
(Singing歌う) 'Cause'原因 ifif yourきみの mindマインド
don'tしない move動く andそして yourきみの knees don'tしない bend曲げる,
心を動かされず
膝が言うことを聞かないからと言って
01:38
wellよく don'tしない go行く blaming非難する theその kids子供たち again再び.
若者に難癖を付けないことだ
01:42
(Xylophone木琴)
(シロフォン)
01:45
(Singing歌う) Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
01:49
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
01:55
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
02:01
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
02:07
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
02:10
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
02:13
(Xylophone木琴)
(シロフォン)
02:18
(Singing歌う) Let〜する itそれ go行く,
放っておくさ
02:24
thisこの tooあまりにも shall〜する passパス
これもやがて過ぎ去る
02:28
Let〜する itそれ go行く,
放っておくさ
02:36
thisこの tooあまりにも shall〜する passパス
これもやがて過ぎ去る
02:40
You君は know知っている you君は can'tできない keepキープ
letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
02:47
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン ---
落ち込み続けてちゃいけない
02:51
thisこの tooあまりにも shall〜する passパス
これもやがて過ぎ去る
02:54
Ifif thereそこ ain'tない
allすべて thatそれ muchたくさん to lugラグ aroundまわり,
そんなに持ち歩くものがないなら
03:00
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン ---
落ち込み続けてちゃいけない
03:03
thisこの tooあまりにも shall〜する passパス
これもやがて過ぎ去る
03:06
Whenいつ theその morning comes来る ---
朝が来たらすぐに
03:10
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
03:12
noいいえ you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ
駄目だ 落ち込み続けてちゃ
03:15
Whenいつ theその morning comes来る ---
朝が来たらすぐに
03:16
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
03:18
noいいえ you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ
駄目だ 落ち込み続けてちゃ
03:21
Whenいつ theその morning comes来る ---
朝が来たらすぐに
03:22
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
03:24
noいいえ you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ
駄目だ 落ち込み続けてちゃ
03:27
Whenいつ theその morning comes来る ---
朝が来たらすぐに
03:29
you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ get取得する you君は downダウン,
落ち込み続けてちゃいけない
03:30
noいいえ you君は can'tできない keepキープ letting〜する itそれ
駄目だ 落ち込み続けてちゃ
03:33
Whenいつ theその morning comes来る
朝が来たらすぐに
03:35
(Paintペイント guns fire火災)
(ペンキ砲発射)
03:42
(Applause拍手)
(拍手)
03:44
Damianダミアン Kulashクラーシュ:
Thank感謝 you君は, thanksありがとう very非常に muchたくさん.
(ダミアン・クーラッシュ) どうも
ありがとうございます
03:52
We我々 are OKOK Go行く,
僕らは OK Go です
03:54
andそして we've私たちは beenされている together一緒に
asとして aa bandバンド since以来 1998.
1998年からバンドとして
一緒に活動しています
03:56
Butだけど in theその last最終 decade10年,
でもこの10年ほどは
04:00
we've私たちは become〜になる known既知の asとして muchたくさん
forために theその elaborate精巧な music音楽 videosビデオ,
凝ったミュージックビデオで
知られるようになりました
04:01
like好きな theその one1 we我々 justちょうど saw見た,
今ご覧いただいたような
04:04
asとして forために theその songs they彼ら accompany付随する.
曲のためのビデオです
04:06
Soそう we我々 will意志 play遊びます along一緒に with〜と another別の
one1 of thoseそれら in aa few少数 minutes,
後でもう1曲
お聞かせしますが
04:08
butだけど in theその meantimeその間,
その前に
04:11
we我々 want欲しいです to address住所 thisこの question質問
thatそれ we我々 get取得する asked尋ねた allすべて theその time時間
いつも聞かれる質問に
答えたいと思います
04:13
butだけど we've私たちは really本当に never決して come来る upアップ
with〜と an adequate十分な answer回答 forために itそれ,
これまでずっと うまい答えが
見つけられずにいました
04:16
andそして thatそれ is, howどうやって do行う we我々
think思う of thoseそれら ideasアイデア?
あんなアイデアをどうやって
考え付くのか ということです
04:19
Theその videosビデオ are notない allすべて
Rubeルーベ Goldbergゴールドバーグ machines機械, by〜によって theその way方法.
ちなみにビデオが全部ルーブ・ゴールドバーグ・
マシンというわけではありません
04:23
Last最終 year we我々 didした aa danceダンス in zeroゼロ gravity重力,
去年は無重力状態でダンスしました
04:26
andそして once一度 we我々 setセット upアップ an obstacle障害 courseコース
何千という楽器で作った
04:28
outでる of thousands of musicalミュージカル
instruments楽器 in theその desert砂漠,
障害物コースを
砂漠に用意し
04:32
andそして then次に playedプレーした themそれら
by〜によって stuntスタント driving運転 aa car throughを通して themそれら.
それを走り抜ける車で弾く
というのもありました
04:34
(Laughter笑い)
(笑)
04:37
Forために one1 of theその videosビデオ,
また あるビデオでは
04:38
we我々 choreographed振り付け
hundreds数百 of people with〜と umbrellas
東京郊外の
廃墟の駐車場で
04:39
in an abandoned放棄された parkingパーキング lotロット outside外側 Tokyo東京,
傘を持った何百人という人に
振りを付け
04:42
andそして then次に filmed撮影された themそれら fromから aa drone無人機
aa halfハーフ aa mileマイル in theその air空気.
それを700メートル上空から
ドローンで撮影しました
04:44
Soそう it'sそれは allすべて of theseこれら ideasアイデア
thatそれ people are curious好奇心 about,
そういうアイデアについて
みんな興味を持つのですが
04:48
andそして theその reason理由 we've私たちは had持っていました soそう muchたくさん troubleトラブル
describing記述 howどうやって we我々 think思う of theseこれら ideasアイデア
アイデアをどう考え出すのか
説明が難しい理由は
04:52
is thatそれ itそれ doesn'tしない really本当に feel感じる
like好きな we我々 think思う of themそれら at〜で allすべて.
自分たちが考え出しているようには
感じないからです
04:56
Itそれ feels感じる like好きな we我々 find見つける themそれら.
むしろ見つけたという感じです
05:00
Andそして by〜によって way方法 of explanation説明 ---
説明になるかわかりませんが
05:03
wellよく, I have持ってる aa compulsive強迫的 habit習慣.
僕には抑えがたい癖があって
05:05
I play遊びます parallax視差 andそして perspective視点 gamesゲーム
with〜と myじぶんの eyes prettyかなり muchたくさん allすべて theその time時間,
自分の目を使って 視差や遠近法を
使った遊びをいつもやっています
05:09
andそして it'sそれは something何か I've私は beenされている doingやっている
since以来 I wasあった aa teenagerティーンエイジャー.
僕が10代の頃からずっとです
05:14
Andそして I think思う theその big大きい contributing貢献する
factor因子 mayかもしれない have持ってる beenされている
その大きな要因
かもしれないことに
05:16
thatそれ thisこの is howどうやって I decorated装飾
myじぶんの high高い school学校 bedroom寝室.
高校の頃 こんな風に部屋を
飾っていたというのがあります
05:19
(Laughter笑い)
(笑)
05:22
Andそして beingであること aa teenagerティーンエイジャー,
10代の子供として
この部屋でやっていたのは
05:23
what I didした in thereそこ, of courseコース,
wasあった justちょうど talkトーク on theその phone電話
ビックリするくらい長い時間
05:25
forために staggering驚異的な amounts金額 of time時間.
ただ電話で話している
ということです
05:27
Soそう I wasあった in thisこの visualビジュアル maelstrom騒ぎ
この視覚的な大渦巻きの中で
05:31
justちょうど prettyかなり muchたくさん
usually通常 sitting座っている in one1 place場所,
たいてい1つの場所に
ずっと座っていて
05:33
andそして I guess推測 justちょうど
theその overload過負荷 in general一般 ---
たぶん僕の脳が過多な情報に
05:35
myじぶんの brain kind種類 of tried試した
to make作る senseセンス of itそれ, andそして I would〜する ---
意味づけしようとしていたん
じゃないかと思います
05:38
Ifif I couldできた move動く myじぶんの head offオフ
to one1 side aa little少し bitビット,
頭を少し横にずらすと
05:41
theその edgeエッジ of theその desk
would〜する lineライン upアップ justちょうど perfectly完全に
机の端が
向こうの壁のポスターと
05:44
with〜と thatそれ posterポスター on theその opposite反対の wall;
ピッタリ揃うとか
05:46
orまたは ifif I put置く myじぶんの thumb親指 outでる,
親指を立てて
05:48
I couldできた close閉じる first最初 myじぶんの left eye
andそして then次に myじぶんの right,
左目と右目を交互に瞑ると
05:49
andそして myじぶんの thumb親指 would〜する bounceバウンス backバック andそして forth前進
親指がジミ・ヘンドリクスの
左目と右目を
05:52
betweenの間に Jimiジミ Hendrix'sヘンドリックスズ
left eye andそして his right.
行ったり来たりするとか
05:54
(Laughter笑い)
(笑)
05:56
Itそれ wasあった notない aa conscious意識的な thingもの, of courseコース,
別に意識して
やっているわけではなく
05:57
thisこの is justちょうど kind種類 of theその equivalent同等
of doodling落書き whilewhile you'reあなたは talking話す,
おしゃべりしながら
落書きをするようなもので
05:59
andそして it'sそれは stillまだ something何か
I do行う allすべて theその time時間.
そういうのをいつも
やっているんです
06:03
Thisこの is myじぶんの wife, Kristinクリスティン ---
これは妻のクリスティンですが —
06:05
(Applause拍手)
(拍手)
06:06
Yeahええ!
どうも
06:07
Wooうん!
ウーウーッ!
06:09
Andそして it'sそれは notない uncommon珍しい
thatそれ we我々 are outでる at〜で dinnerディナー,
食事に出かけることは
珍しくありませんが
06:11
andそして in theその middle中間 of aa greatすばらしいです conversation会話
she'llシェル justちょうど stopやめる mid-sentence中間文,
話している途中に
彼女がふと口をつぐむことがあって
06:14
andそして whenいつ she彼女 stops停止 is whenいつ I realize実現する
thatそれ I'm私は theその one1 who'sだれの acting演技 weird奇妙な
そこで僕は自分が何か
変なことをやっていたと気付くんです
06:18
becauseなぜなら I'm私は like好きな bobbingボビング andそして weaving織る.
屈んだり体をずらしたりして
06:21
Andそして what I'm私は trying試す to do行う
is get取得する thatそれ ficusフィカス backバック thereそこ
どうにか向こうにある
イチジクの木が
06:23
to stickスティック outでる of her彼女 head like好きな aa ponytailポニーテール.
ポニーテールみたいに彼女の頭に
生えて見えるようにできないかと
06:26
(Laughter笑い)
(笑)
06:28
Theその pointポイント of telling伝える you君は
allすべて thisこの is thatそれ ---
こんな話をしているのも
06:30
forために me thisこの is what itそれ feels感じる like好きな
to have持ってる an ideaアイディア.
僕にはこれが アイデアが浮かぶのと
同じように感じるからです
06:33
It'sそれは like好きな they're彼らは made
of theseこれら disparate異なる parts部品,
いろんなパーツや塊が
06:35
theseこれら disparate異なる chunksチャンク
sortソート of floatingフローティング outでる thereそこ.
そこら中に散らばっていて
06:39
Andそして ifif you'reあなたは receptive受容性の
andそして you'reあなたは observant注意深い,
感受性や観察力があれば
06:41
andそして crucially決定的に, ifif you'reあなたは
in exactly正確に theその right place場所,
そして重要なのは
ちょうどいい場所にいることですが
06:44
you君は canできる get取得する themそれら to justちょうど lineライン upアップ.
それらを一致させることができます
06:47
Soそう ifif you君は get取得する used中古 to ---
もし自分の仕事が
06:50
ifif it'sそれは yourきみの jobジョブ
to think思う of ideasアイデア thisこの way方法,
こんな風にアイデアを
考えることだとしたら
06:51
they'll彼らは start開始 beckoning手招き to you君は
アイデアが向こうから
手招きするようになります
06:54
theその way方法 thatそれ Jimi'sジミーズ eyes
beckoned誘惑された fromから thatそれ posterポスター,
ポスターから差し招く
ジミの目のように
06:56
orまたは theその ficusフィカス beckons手を振る
fromから behind後ろに Kristin'sクリスティンズ head.
あるいは彼女の背後の
イチジクの木のように
06:59
Writing書き込み music音楽 feels感じる like好きな thatそれ processプロセス
justちょうど over以上 andそして over以上 again再び,
音楽を作るのも そのプロセスを
繰り返しているように感じます
07:01
like好きな you'veあなたは got持っている aa bunch of sounds
orまたは aa groove orまたは aa chordコード progression進行
沢山の音や グルーヴ感や
コード進行があって
07:04
andそして you'reあなたは justちょうど looking探している
forために thatそれ thingもの on theその otherその他 side,
ただ向こうにある何かを
07:09
thatそれ little少し chunkチャンク over以上 thereそこ,
thatそれ puzzleパズル pieceピース thatそれ clicksクリック数 right in.
カチッとはまる パズルのピースを
探している感じです
07:11
Andそして whenいつ itそれ doesする clickクリック,
そしてそれが
うまくはまるときには
07:15
itそれ doesn'tしない feel感じる like好きな you君は
thought思想 upアップ thatそれ puzzleパズル pieceピース,
そのパズルのピースは
自分で考えたようにではなく
07:16
itそれ feels感じる like好きな you君は found見つけた itそれ ---
見つけたように感じるんです
07:19
like好きな itそれ wasあった aa setセット of relationships関係
thatそれ you君は unlockedロックされていない.
関連か何かを
解明したかのように
07:21
Butだけど with〜と theその videosビデオ in particular特に,
でも特にビデオということで言うと
07:25
we're私たちは usually通常 looking探している
forために thisこの specific特定 feeling感じ
僕たちは通常
07:28
whichどの is wonderワンダー.
「すごい」という感覚を
求めています
07:30
Andそして there'sそこに always常に aa component成分
of surprise驚き to wonderワンダー,
そして その中にはいつも
驚きの要素があります
07:31
soそう we're私たちは notない justちょうど looking探している forために good良い ideasアイデア,
だから ただ良いアイデアを
探しているんじゃなくて
07:34
we're私たちは looking探している forために good良い ideasアイデア
thatそれ surprise驚き us米国 in some一部 way方法.
何かの形で驚かせてくれるような
アイデアを探しています
07:37
Andそして thisこの causes原因 something何か of aa problem問題,
これはある問題を引き起こします
07:40
becauseなぜなら ...
というのも —
07:42
theその processプロセス thatそれ we我々 allすべて useつかいます to make作る stuffもの,
ものを作り上げるプロセスには
07:45
itそれ actually実際に has持っている aa very非常に strong強い biasバイアス
againstに対して surprising驚くべき ideasアイデア.
驚くようなアイデアを抑える
強い傾向あります
07:47
Theその processプロセス I'm私は talking話す about
is theその one1 you君は allすべて know知っている ---
僕が言っているプロセスは
07:51
we我々 allすべて do行う itそれ allすべて theその time時間.
みんながいつも
やっているものです
07:53
You君は think思う of an ideaアイディア.
まずアイデアを考える
07:55
You君は justちょうど sit座る andそして think思う
of yourきみの brilliantブリリアント ideaアイディア
ただ座って
素晴らしいアイデアを考えます
07:56
andそして then次に you君は come来る upアップ with〜と aa plan計画
それから そのアイデアを実現するための
07:58
forために howどうやって you'reあなたは going行く to make作る
thatそれ ideaアイディア happen起こる.
プランを考える
08:00
Andそして then次に with〜と thatそれ plan計画 in mindマインド,
そのプランを念頭に置いて
08:02
you君は go行く backバック andそして double-checkダブルチェック
yourきみの original元の ideaアイディア
元のアイデアを再確認し
08:04
andそして maybe多分 revise修正する itそれ,
改良するなら改良し
08:06
andそして then次に bouncingバウンス backバック andそして forth前進
betweenの間に theその ideaアイディア andそして theその plan計画,
アイデアからプランへ
プランからアイデアへと
08:07
theその plan計画 andそして theその ideaアイディア,
行ったり来たりして
08:10
eventually最終的に you君は come来る upアップ
with〜と aa truly真に greatすばらしいです plan計画.
最終的に
素晴らしいプランが得られます
08:11
Andそして then次に once一度 you君は have持ってる thatそれ,
andそして onlyのみ then次に,
それが得られて初めて
08:14
do行う you君は go行く outでる andそして you君は execute実行する.
出かけていって実行します
08:16
Andそして thisこの is like好きな ---
これは
08:18
thisこの is sortソート of aa flawless完璧な systemシステム
リソースを最大限に
生かすという点で
08:20
in terms条項 of maximizing最大化する yourきみの resourcesリソース,
完璧なシステムです
08:22
becauseなぜなら thisこの --- superスーパー cheap安いです.
なにしろアイデアを考えるのに
お金はかかりません
08:24
Thinking考え usually通常 costsコスト very非常に little少し,
この部分のコストは
ごくわずかですが
08:27
butだけど thisこの is really本当に expensive高価な
most最も of theその time時間,
この実施の部分には
すごくお金がかかります
08:29
soそう by〜によって theその time時間 you君は get取得する thereそこ,
だからその時点では
08:31
you君は want欲しいです to make作る sure確かに
you'reあなたは superスーパー prepared準備された
準備万端にしておいて
08:32
andそして you君は canできる squeeze絞る everyすべて last最終 dropドロップ
outでる of what you'veあなたは got持っている.
最後の一滴まで
絞り出せるようにします
08:35
Butだけど thereそこ are problems問題 with〜と thisこの,
しかし これには問題があって
08:37
andそして math数学 will意志 help助けて us米国
reveal明らかにする theその biggest最大 one1.
最大の問題を
数学が明らかにしてくれます
08:39
Go行く backバック to thatそれ videoビデオ
thatそれ we我々 justちょうど showed示した you君は.
先ほどご覧いただいた
ビデオに戻りましょう
08:42
Thatそれ Rubeルーベ Goldbergゴールドバーグ machine機械,
あのルーブ・ゴールドバーグ・マシンには
08:45
itそれ had持っていました about 130 interactionsインタラクション in itそれ.
可動部分が130ほどあります
08:47
Thatそれ wasあった 130 thingsもの
プラン通りに動いてもらう
必要のあるものが
08:49
thatそれ we我々 had持っていました to have持ってる go行く
accordingに従って to our我々の plan計画.
130あるわけです
08:52
Soそう let'sさあ assume想定する thatそれ we我々 want欲しいです
to make作る aa new新しい videoビデオ now,
同じように複雑な
新しいビデオを作ることにして
08:55
similarly同様に complex複合体 --- 130 moving動く parts部品.
それには作動する部分が
130あるとしましょう
08:58
Ifif we're私たちは really本当に good良い plannersプランナー
in thatそれ systemシステム,
僕らが良いプランナーなら
09:02
itそれ seems思われる like好きな maybe多分
we我々 couldできた be〜する good良い enough十分な
システムの各部分に
09:05
to get取得する everyすべて part of thatそれ systemシステム
to be〜する 90 percentパーセント reliable信頼性のある.
90%の信頼性を
確保できるかもしれません
09:08
90 percentパーセント sounds good良い, right?
90%は良い数字に
見えますよね?
09:13
Wellよく, it'sそれは notない.
でも違います
09:14
It'sそれは terribleひどい actually実際に.
Theその numbers数字 sayいう soそう.
実際ひどいもので
計算すればわかります
09:16
Theその chanceチャンス of getting取得 allすべて 130 thingsもの
to notない fail失敗します at〜で theその same同じ time時間
130のものが
どれも失敗しない確率は
09:18
is .9 forために 90 percentパーセント to theその 130thth powerパワー.
0.9の130乗で
09:23
Soそう calculate計算する thatそれ outでる andそして you君は get取得する ...
これを計算してみると
09:26
(Ding)
(チーン)
09:28
.000001,
0.000001
09:29
whichどの is one1 ten-thousandth10分の1
of one1 percentパーセント,
これは1万分の1%ということです
09:35
soそう yourきみの chanceチャンス forために success成功
is literally文字通り one1 in aa million百万.
成功の確率は
文字通り100万に1つです
09:38
(Whistleホイッスル)
(ヒュー)
09:41
(Laughter笑い)
(笑)
09:43
I mean平均 that'sそれは notない aa gambleギャンブル I want欲しいです to take取る,
そんな見込みのない賭は
したくありませんから
09:45
soそう let'sさあ ratchetラチェット upアップ
thatそれ reliability信頼性 to 99 percentパーセント.
信頼性を99%に
引き上げることにしましょう
09:47
.99 to theその 130thth powerパワー is ...
0.99の130乗は
09:51
(Ding)
(チーン)
09:54
.27 --- 27 percentパーセント.
27%です
09:55
Significantly有意に lessもっと少なく daunting大変なこと ---
ずっとマシになりました
09:57
like好きな thisこの mightかもしれない even偶数 be〜する usable使用可能な.
これならいけるかもと
思えるくらいに
09:59
Butだけど really本当に think思う about thatそれ.
でも考えてください
10:00
Howどうやって manyたくさんの parts部品 of yourきみの lives人生
are 99 percentパーセント reliable信頼性のある?
身近なもので 99%信頼性が
あるものがどれくらいあるか?
10:02
Andそして couldできた you君は really本当に get取得する 130 of themそれら
allすべて in one1 place場所 at〜で once一度?
しかも そういうものを130も
同時に1カ所に集められるものか?
10:06
Andそして ifif you君は really本当に couldできた,
できたとしても
10:11
doesn'tしない itそれ seem思われる
like好きな you君は deserve値する to succeed成功する?
成功するはずだと思えますか?
10:13
Like好きな thatそれ is ---
本当にうまくいくと
10:16
thatそれ thingもの is going行く to work作業, right?
思えるでしょうか?
10:17
Butだけど noいいえ, itそれ actually実際に fails失敗する three times
moreもっと oftenしばしば thanより itそれ succeeds成功する.
実際 失敗する確率が
成功の3倍あります
10:19
Soそう theその upshot立ち上がり of allすべて thisこの
結論として言えるのは
10:22
is thatそれ ifif yourきみの projectプロジェクト
is prettyかなり complex複合体 ---
もしプロジェクトが
かなり複雑な場合
10:24
like好きな, you君は know知っている,
everyすべて ambitious意欲的な projectプロジェクト is ---
野心的なプロジェクトは
みんなそうでしょうが
10:27
ifif you'veあなたは got持っている aa lotロット of moving動く parts部品,
作動部分が沢山ある場合には
10:30
you'reあなたは basically基本的に constrained拘束された
to justちょうど reshuffling再交渉 ideasアイデア
100%当てになると
実証済みのアイデアを
10:32
thatそれ have持ってる already既に demonstrably明白に
proven証明された thatそれ they're彼らは 100 percentパーセント reliable信頼性のある.
ただ組み替えてやることしか
できないということです
10:36
Soそう now go行く backバック to me sitting座っている
with〜と myじぶんの thumb親指 in theその air空気
何か驚くようなものを
揃わせてやろうと
10:41
trying試す to lineライン upアップ something何か surprising驚くべき.
座って親指を立てている
僕に戻りましょう
10:43
Ifif theその onlyのみ thingsもの I'm私は allowed許可された
to consider検討する in theその first最初 place場所
考えても良い唯一のものが
10:45
are ideasアイデア thatそれ have持ってる already既に beenされている done完了
over以上 andそして over以上 andそして over以上 again再び,
繰り返しやられてきた
アイデアだけなのだとしたら
10:48
I am午前 screwedねじ込まれた.
僕は終わりです
10:52
Howeverしかしながら, thereそこ are ways方法 aroundまわり thisこの,
しかし回避策があります
10:56
becauseなぜなら we我々 allすべて know知っている thatそれ thereそこ are
tonsトン of untried未遂 ideasアイデア stillまだ outでる thereそこ,
試されたことのないアイデアは
山ほどあり
10:57
andそして plentyたくさん of themそれら will意志 turn順番 outでる
to be〜する everyすべて bitビット asとして reliable信頼性のある asとして we我々 need必要,
必要な信頼性があるものも
たくさんあるでしょう
11:02
it'sそれは justちょうど thatそれ we我々 don'tしない yetまだ know知っている
they彼ら are reliable信頼性のある
この計画の段階では
11:05
whenいつ we我々 are at〜で thisこの planningプランニング phase段階.
それに信頼性があるとは
まだ知らないだけです
11:08
Soそう what we我々 do行う is we我々 tryお試しください
to identify識別する some一部 place場所
それで僕らがするのは
11:10
whereどこで thereそこ mightかもしれない justちょうど be〜する
aa tonトン of thoseそれら untried未遂 ideasアイデア.
未挑戦のアイデアが集中している
場所を見つけるということです
11:13
We我々 tryお試しください to find見つける aa sandboxサンドボックス
砂場を見つけようとし
11:17
andそして then次に we我々 gambleギャンブル
aa whole全体 bunch of our我々の resourcesリソース
山ほどのリソースをそれに賭け
11:19
on getting取得 in thatそれ sandboxサンドボックス andそして playing遊ぶ.
そしてその砂場で遊ぶのです
11:21
(Laughter笑い)
(笑)
11:24
Becauseなぜなら we我々 have持ってる to trust信頼
thatそれ it'sそれは theその processプロセス in theその sandboxサンドボックス
驚くようなものであり
11:26
thatそれ will意志 reveal明らかにする to us米国
whichどの ideasアイデア are notない onlyのみ surprising驚くべき,
かつ驚くほど高い
信頼性があるアイデアがどれか
11:29
butだけど surprisingly驚くほど reliable信頼性のある.
砂場のプロセスが明らかにしてくれると
信じる必要があります
11:33
Soそう some一部 of theその sandboxesサンドボックス
thatそれ we've私たちは started開始した videosビデオ with〜と.
僕らがビデオで試した
砂場の例です
11:35
Let'sさあ play遊びます with〜と optical光学的 illusions幻想.
目の錯覚で遊んでみよう
11:38
Let'sさあ tryお試しください to danceダンス on moving動く surfaces表面.
動く地面の上で踊ってみよう
11:42
Let'sさあ tryお試しください to make作る toastトースト
with〜と aa laserレーザ cutterカッター.
レーザーカッターで
トーストを焼いてみよう
11:44
Orまたは let'sさあ do行う something何か in one1
of thoseそれら zero-gravity無重力 airplanes飛行機.
無重力飛行機に乗って
何かやってみよう
11:48
Butだけど then次に instead代わりに
of actually実際に trying試す to sit座る thereそこ
その何かが どんなものか
11:53
andそして think思う outでる what thatそれ something何か is,
座って考えるかわりに
11:55
we我々 spent過ごした aa full満員 third三番 of our我々の budget予算
getting取得 in an actual実際の Vomit吐き気 Comet彗星
予算の丸々1/3を使って
「嘔吐彗星」に実際に乗り
11:57
andそして bouncingバウンス offオフ theその walls forために aa week週間.
1週間も 壁と壁の間で
バウンドしていました
12:01
Soそう thisこの mayかもしれない seem思われる to you君は like好きな testingテスト,
これはテストのように
見えるかもしれませんが
12:04
butだけど itそれ really本当に isn'tない,
そうではありません
12:08
becauseなぜなら at〜で thisこの pointポイント
we我々 don'tしない yetまだ know知っている what our我々の ideaアイディア is,
この時点ではアイデアが何なのか
まだ分かっていないからです
12:09
we我々 don'tしない have持ってる aa plan計画 to be〜する testingテスト.
テストすべきプランが
ありません
12:12
Soそう we're私たちは justちょうど ---
それでただ
12:15
we're私たちは justちょうど playing遊ぶ,
遊んでいるんです
12:17
we're私たちは justちょうど trying試す everythingすべて
we我々 canできる think思う of,
考えつく
あらゆることを試します
12:18
becauseなぜなら we我々 need必要 to get取得する thisこの ideaアイディア spaceスペース
filled満たされた upアップ with〜と aa chaos混沌
そのアイデア空間を
高校時代の僕の部屋みたいに
12:20
like好きな theその one1 in myじぶんの high高い school学校 bedroom寝室.
混沌で満たす
必要があるんです
12:24
Becauseなぜなら then次に, ifif we我々 canできる
do行う theその bobボブ andそして weave織る thingもの,
そこで屈んだり体をずらしたり
12:26
ifif we我々 canできる put置く our我々の thumbs親指 upアップ
andそして get取得する justちょうど aa few少数 thingsもの to lineライン upアップ ---
親指を立ててみたりして
何かがピッタリ揃ったなら
12:29
(Ding)
(チーン)
12:33
chancesチャンス are noいいえ one1 elseelse has持っている everこれまで made
thoseそれら same同じ thingsもの lineライン upアップ before.
それと同じものを これまで揃わせた人は
たぶんいないんです
12:34
Andそして whenいつ we're私たちは done完了 with〜と thatそれ projectプロジェクト,
そうやってプロジェクトを
完成させたとき
12:39
people will意志 ask尋ねる us米国 again再び
howどうやって we我々 thought思想 of thatそれ ideaアイディア,
どうやってアイデアを
考えついたのか聞かれても
12:41
andそして we'll私たちは be〜する stumped切り詰められた,
becauseなぜなら fromから our我々の perspective視点,
言葉につまってしまいます
12:43
itそれ doesn'tしない feel感じる like好きな
we我々 thought思想 of itそれ at〜で allすべて,
僕らからすると
考え付いたという感じはなくて
12:46
itそれ justちょうど feels感じる like好きな we我々 found見つけた itそれ.
ただ見つけたように
感じるんです
12:48
Soそう we'll私たちは play遊びます another別の videoビデオ forために you君は now
andそして theその song along一緒に with〜と itそれ.
これから皆さんにビデオをもう1つ
生演奏付でご覧いただきます
12:49
Thisこの is forために theその song "Theその One1 Moment瞬間,"
The One Moment (その一瞬) という曲で
12:53
andそして forために thisこの one1,
theその sandboxサンドボックス wasあった ballistics弾道 andそして math数学.
そのための砂場は
弾道と数学でした
12:54
Soそう I spent過ごした aa full満員 month puttingパッティング together一緒に
aa giant巨人 spreadsheetスプレッドシート forために thisこの.
そのために丸ひと月
巨大なスプレッドシートと睨めっこしていました
12:59
Itそれ wasあった like好きな myじぶんの playspace演劇空間
wasあった 400 lines long長いです
僕の遊び場は
13:04
andそして 25 columns wideワイド ---
400行25列の表で
13:07
whichどの I presume推定する thatそれ ifif anybody is going行く
to understandわかる thatそれ, it'sそれは thisこの crowd群集.
それを理解できる人がいるとしたら
ここにいる人たち以外にないでしょう
13:10
(Laughter笑い)
(笑)
13:14
Nothing何も is betterより良い
thanより aa giant巨人 spreadsheetスプレッドシート, right?
巨大なスプレッドシートみたいに
いいものはないですよね?
13:15
(Laughter笑い)
(笑)
13:17
Wellよく, thank感謝 you君は everyoneみんな, very非常に muchたくさん.
皆さんありがとうございました
13:19
We我々 are OKOK Go行く,
僕らは OK Go
13:20
andそして thisこの is calledと呼ばれる "Theその One1 Moment瞬間."
曲は The One Moment です
13:22
(Applause拍手)
(拍手)
13:23
[Theその One1 Moment瞬間]
[その一瞬]
13:27
(Explosions爆発)
(爆発音)
13:30
[What you君は justちょうど saw見た wasあった realリアル
[今見たものは現実であり —
13:36
andそして itそれ took取った 4.2 seconds]
4.2秒の間に起きた]
13:38
(Videoビデオ) Let〜する me know知っている whenいつ it'sそれは safe安全.
(ビデオ) 大丈夫になったら教えて
13:39
(Percussionパーカッション)
(打楽器)
13:42
[Here'sここにいる theその same同じ moment瞬間 ...
[これは同じ瞬間を —
13:43
slowed減速した downダウン.]
スローダウンしたもの]
13:46
(Music音楽)
(演奏)
13:48
(Guitarギター)
(ギター)
13:54
(Singing歌う) You'reあなたは right,
君は正しい
14:17
there'sそこに nothing何も moreもっと lovely美しい,
このすべてが
14:20
there'sそこに nothing何も moreもっと profound深遠な
終わりを迎えるという
14:24
thanより theその certainty確実,
確かさほど
14:28
thanより theその certainty確実
thatそれ allすべて of thisこの will意志 end終わり
愛らしく深遠なものは何もない
14:30
Thatそれ allすべて of thisこの will意志 end終わり
このすべてが終わる
14:39
Soそう open開いた yourきみの arms武器 to me,
だから僕に腕を広げて
14:44
open開いた yourきみの arms武器 to me
僕に腕を広げて
14:46
Andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題,
これが大切な時になるんだ
14:48
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 thingもの we我々 remember思い出す,
これが記憶に残るものになるんだ
14:51
andそして thisこの will意志 be〜する
theその reason理由 to have持ってる beenされている hereここに,
これがこの場所にいた理由になるんだ
14:55
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題 ---
これが大切な時になるんだ
14:59
Ohああ ...
ああ・・・
15:03
(Guitarギター)
(ギター)
15:05
(Singing歌う) Soそう whilewhile theその mud
reclaims再利用 our我々の footprints足跡,
泥が僕らの足跡を
埋め戻している間に
15:11
andそして whilewhile our我々の bones骨格 keepキープ looking探している backバック
道を飲み込んでいく繁みを
15:18
at〜で theその overgrowth過成長
that'sそれは swallowing嚥下する theその pathパス ---
僕らの骨が振り返り続ける間に
15:22
butだけど forために theその grace猶予 of God go行く we我々,
神の加護がなかったら
15:25
butだけど forために theその grace猶予 of God go行く we我々
神の加護がなかったら
15:29
Butだけど forために theその grace猶予 of time時間 andそして chanceチャンス
andそして entropy'sエントロピー cruel残酷な hands ---
時と機会の恩寵と
エントロピーの残酷な手がなかったら —
15:33
Soそう open開いた yourきみの arms武器 to me,
だから僕に腕を広げて
15:38
open開いた yourきみの arms武器 to me
僕に腕を広げて
15:40
Andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題,
これが大切な時になるんだ
15:42
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 thingもの we我々 remember思い出す,
これが記憶に残るものになるんだ
15:46
andそして thisこの will意志 be〜する
theその reason理由 to have持ってる beenされている hereここに,
これがこの場所にいた理由になるんだ
15:49
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題
これが大切な時になるんだ
15:53
Ohああ ...
ああ・・・
15:57
Soそう won't〜されません you君は stay滞在 hereここに with〜と me
だから ここに僕と残らないか
16:01
andそして we'll私たちは buildビルドする
'til'まで we've私たちは blisteredブリスター our我々の hands
手にマメができるまで作ろう
16:03
Soそう won't〜されません you君は stay滞在 hereここに with〜と me
andそして we'll私たちは buildビルドする us米国 some一部 temples寺院,
ここに僕と残って
寺院を作ろうよ
16:09
buildビルドする us米国 some一部 castles,
お城を作ろうよ
16:13
buildビルドする us米国 some一部 monumentsモニュメント
記念碑を作ろうよ
16:15
andそして burn燃やす themそれら allすべて right downダウン
そして全部焼き払おう
16:17
(Music音楽)
(間奏)
16:20
(Singing歌う) Soそう open開いた yourきみの arms武器 to me
だから僕に腕を広げて
16:30
Andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題,
これが大切な時になるんだ
16:34
andそして thisこの will意志 be〜する
theその reason理由 to have持ってる beenされている hereここに,
これがこの場所にいた理由になるんだ
16:38
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 thingもの we我々 remember思い出す,
これが記憶に残るものになるんだ
16:42
andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題
これが大切な時になるんだ
16:46
Soそう won't〜されません you君は stay滞在 hereここに with〜と me,
だから ここに僕と残らないか
16:50
we'll私たちは buildビルドする 'til'まで we我々 blisterブリスター our我々の hands
手にマメができるまで作ろう
16:52
Andそして thisこの will意志 be〜する
theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題 ---
これが大切な時になるんだ
16:54
Soそう won't〜されません you君は stay滞在 hereここに with〜と me
andそして buildビルドする us米国 some一部 temples寺院 ---
だから ここに僕と残って
寺院を作ろうよ
16:57
Thisこの will意志 be〜する theその one1
moment瞬間 thatそれ matters問題 ---
これが大切な時になるんだ
17:02
Buildビルドする us米国 some一部 temples寺院 ---
寺院を作ろうよ
17:06
Theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題 ---
大切な時になるんだ
17:07
Buildビルドする us米国 some一部 monumentsモニュメント ---
記念碑を作ろうよ
17:09
Theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題
大切な時になるんだ
17:11
Buildビルドする us米国 some一部 temples寺院 ---
寺院を作ろうよ
17:13
Theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題.
大切な時になるんだ
17:15
Buildビルドする us米国 some一部 monumentsモニュメント ---
記念碑を作ろうよ
17:17
Theその one1 moment瞬間 thatそれ matters問題, ohああ
大切な時になるんだ
ああ・・・
17:19
(Guitarギター)
(ギター)
17:21
(Applause拍手)
(拍手)
17:26
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Maki Sugimoto MD

▲Back to top

About the speaker:

OK Go - Band
A wildly creative band of music- and video-makers, OK Go is building a media empire on the back of endless, boundless ingenuity.

Why you should listen
Singer and video director Damian Kulash, Jr. and bassist Tim Nordwind met at summer camp in 1987, and a decade later they formed OK Go. With Dan Konopka as drummer and Andy Ross as guitarist and resident computer programmer, they've built a unique career at the intersection of music, visual art, technology, and science. They're among an emerging class of artists whose 21st-century brand of experimental creativity dissolves the traditional boundaries between disciplines.

"When our band started, music and art were actually different things," says Kulash. "Musicians made plastic discs and artists made objects for galleries. Now we all make ones and zeros, so the categorical distinctions don’t make much sense anymore."

OK Go have collaborated with dance companies and tech giants, cosmonauts and Muppets, scientists and entrepreneurs. Their videos have been encoded on strands of actual DNA. They've penned New York Times op-eds and testified before the US Congress, and they were President Obama's selection to perform at his 50th birthday party.

OK Go received The Smithsonian American Ingenuity Award for Visual Art, and they've been honored with a Grammy, three MTV Video Music Awards, eleven Cannes Lions, a CLIO, three UK Music Video Awards, two Webby Awards and have had their work presented at The Guggenheim, MoCA, LACMA, The Hirschhorn, The Hammer Museum and Seattle’s Museum of Pop Culture. Their latest video is "The One Moment," directed by Kulash.
More profile about the speaker
OK Go | Speaker | TED.com