English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2008

Peter Ward: A theory of Earth's mass extinctions

ピーター・ウォード が語る大量絶滅

Filmed
Views 841,527

大量絶滅の原因は隕石衝突説が有力視されますが、『メディア仮説』の著者、ピーター・ウォード博士は地球上の大量絶滅の多くは微生物が引き起したと唱えます。毒性の悪者である硫化水素には医学的に興味深い応用分野がある、と博士は言います。

- Paleontologist
Peter D. Ward studies life on Earth -- where it came from, how it might end, and how utterly rare it might be. Full bio

Soそう, I want欲しいです to start開始 outでる with〜と
最初に子供の頃見た
00:18
thisこの beautiful綺麗な picture画像 fromから myじぶんの childhood子供時代.
この美しい絵から始めましょう
00:20
I love theその science科学 fictionフィクション movies映画.
私はサイエンス・フィクションが大好きです
00:22
Hereここに itそれ is: "Thisこの Island Earth地球."
これは『宇宙水爆戦』 (原題:This Island Earth)
00:24
Andそして leave離れる itそれ to Hollywoodハリウッド to get取得する itそれ justちょうど right.
ハリウッドは頼もしいですね
00:26
Two-and-a-half2・1/2 years in theその making作る.
たった2年半で出来たという
00:28
(Laughter笑い)
(笑)
00:30
I mean平均, even偶数 theその creationists創造論者 give与える us米国 6,000,
創造説論者でさえ6千年と言うのに
00:33
butだけど Hollywoodハリウッド goes行く to theその chase追跡.
さすがハリウッドですね
00:36
Andそして in thisこの movie映画, we我々 see見る what we我々 think思う is outでる thereそこ:
この映画に登場するのは
想像上の存在です
00:38
flying飛行 saucersソーサー andそして aliens宇宙人.
宇宙船や宇宙人です
00:42
Everyすべて world世界 has持っている an alienエイリアン, andそして everyすべて alienエイリアン world世界 has持っている aa flying飛行 saucer,
どの世界にも宇宙人がいて
そこには宇宙船があります
00:45
andそして they彼ら move動く about with〜と greatすばらしいです speed速度. Aliens宇宙人.
そして超高速で飛行します
宇宙人たち
00:48
Wellよく, Donドン Brownleeブラウンリー, myじぶんの friend友人, andそして I finally最後に got持っている to theその pointポイント
私の友人ドン・ブラウンリーと私は
00:53
whereどこで we我々 got持っている tired疲れた of turning旋回 on theその TVテレビ
毎晩テレビをつけると宇宙船が
00:56
andそして seeing見る theその spaceships宇宙船 andそして seeing見る theその aliens宇宙人 everyすべて night,
登場するのにうんざりして
00:59
andそして tried試した to write書きます aa counter-argument反論 to itそれ,
反論を書くことにしました
01:02
andそして put置く outでる what doesする itそれ really本当に take取る forために an Earth地球 to be〜する habitable住みやすい,
そして地球が居住可能な条件は何か
01:05
forために aa planet惑星 to be〜する an Earth地球, to have持ってる aa place場所
地球であるための条件は何か
01:09
whereどこで you君は couldできた probably多分 get取得する notない justちょうど life生活, butだけど complexity複雑,
単なる生命ではなく非常に長い進化を経て
01:11
whichどの requires要求する aa huge巨大 amount of evolution進化,
高等な生命体を育む
01:14
andそして thereforeしたがって、 constancy恒常 of conditions条件.
恒常性がある環境とは
何かを論述しました
01:16
Soそう, in 2000 we我々 wrote書きました "Rareまれな Earth地球." In 2003, we我々 then次に asked尋ねた,
2000年に私たちは『レアアース』
を執筆し 2003年には
01:19
let'sさあ notない think思う about whereどこで Earthsアース are in spaceスペース, butだけど howどうやって long長いです has持っている Earth地球 beenされている Earth地球?
他に地球を探すのではなく 今の地球が
どの位続いているのか問いかけました
01:22
Ifif you君は go行く backバック two billion years,
20億年さかのぼると地球は
01:27
you'reあなたは notない on an Earth-like地球のような planet惑星 anyどれか moreもっと.
もはや地球らしくありません
01:29
What we我々 callコール an Earth-like地球のような planet惑星 is actually実際に aa very非常に shortショート interval間隔 of time時間.
地球らしき惑星はごく短い
期間しか存在していないのです
01:31
Wellよく, "Rareまれな Earth地球" actually実際に
『レアアース』のおかげで
01:35
taught教えた me an awful補うステまにくるににステまし補うま lotロット about meeting会議 theその publicパブリック.
多くの人々と会い たくさん学ぶことができました
01:37
Right after, I got持っている an invitation招待 to go行く to aa science科学 fictionフィクション conventionコンベンション,
出版直後サイエンス・フィクションの
集会に招かれました
01:40
andそして with〜と allすべて greatすばらしいです earnestness熱心 walked歩いた in.
私は熱意を持って参加しました
01:43
Davidデビッド Brinブリン wasあった going行く to debateディベート me on thisこの,
デイヴィッド・ブリンと討論会を行う予定でした
01:46
andそして asとして I walked歩いた in, theその crowd群集 of aa hundred started開始した booingブーイング lustily厄介な.
到着すると百人程の聴衆から
思い切りブーイングを受けました
01:48
I had持っていました aa girl女の子 who came来た upアップ who said前記, "Myじぶんの dadパパ says言う you'reあなたは theその devil悪魔."
少女が近づいてきて言うのです
“パパは あなたを悪魔って言うのよ”
01:52
You君は cannotできない take取る people's人々の aliens宇宙人 away離れて fromから themそれら
宇宙人のイメージを壊してしまうと
01:55
andそして expect期待する to be〜する anybody's誰でも friends友達.
みんなに嫌われるんです
01:59
Wellよく, theその second二番 part of thatそれ, soonすぐに after ---
その後さらに事件が起きました
02:03
andそして I wasあった talking話す to Paulポール Allenアレン; I saw見た him in theその audience聴衆,
聴衆に見かけたポール・アレンと話をしていて
02:05
andそして I handed手渡された him aa copyコピー of "Rareまれな Earth地球."
『レアアース』を一冊渡した時です
02:08
Andそして Jillジル Tarterタータ wasあった thereそこ, andそして she彼女 turned回した to me,
隣にいたジル・ターターが私の方に振り向いて
02:10
andそして she彼女 looked見た at〜で me justちょうど like好きな thatそれ girl女の子 in "Theその Exorcistエクソシスト."
まるで「エクソシスト」の少女のように言うのです
02:14
Itそれ wasあった, "Itそれ burns火傷! Itそれ burns火傷!"
“やめて~!”
02:17
Becauseなぜなら SETIセット doesn'tしない want欲しいです to hear聞く thisこの.
SETI(地球外知的生命体探査協会)
には迷惑なのです
02:19
SETIセット wants望む thereそこ to be〜する stuffもの outでる thereそこ.
SETIは宇宙に様々なものが
存在すると思っています
02:21
I really本当に applaud賞賛 theその SETIセット efforts尽力, butだけど we我々 have持ってる notない heard聞いた anything何でも yetまだ.
SETIの努力は称賛しますが
まだ何も傍受していません
02:24
Andそして I really本当に do行う think思う we我々 have持ってる to start開始 thinking考え
何が良い惑星で 何が悪い惑星か
02:27
about what's何ですか aa good良い planet惑星 andそして what isn'tない.
本当に考え始めるべきだと私は思います
02:29
Now, I throwスロー thisこの slide滑り台 upアップ becauseなぜなら itそれ indicates指示する to me thatそれ,
さて このスライドを出した理由は
02:32
even偶数 ifif SETIセット doesする hear聞く something何か, canできる we我々 figure数字 outでる what they彼ら said前記?
仮にSETIが何か傍受したら
私たちに解読できるでしょうか?
02:35
Becauseなぜなら thisこの wasあった aa slide滑り台 thatそれ wasあった passed合格
というのも このスライドは
02:39
betweenの間に theその two majorメジャー intelligencesインテリジェンス on Earth地球 --- aa Macマック to aa PCpc ---
地球上の2つの知性の塊である
マックとPCの間を往復したのです
02:41
andそして itそれ can'tできない even偶数 get取得する theその letters手紙 right ---
文字すら正しく表示されません
02:45
(Laughter笑い)
(笑)
02:48
--- soそう howどうやって are we我々 going行く to talkトーク to theその aliens宇宙人?
これでどうやって宇宙人と会話するのでしょう?
02:50
Andそして ifif they're彼らは 50 light years away離れて, andそして we我々 callコール themそれら upアップ,
もし宇宙人が50光年先にいるとして
私たちが呼びかけて
02:52
andそして you君は blahああ, blahああ, blahああ, blahああ, blahああ,
バババババ... と言ったとします
02:55
andそして then次に 50 years later後で itそれ comes来る backバック andそして they彼ら sayいう, Pleaseお願いします repeat繰り返す?
すると50年後に返信があって
相手曰く “繰返して下さい”
02:57
I mean平均, thereそこ we我々 are.
...てな訳です
03:00
Our我々の planet惑星 is aa good良い planet惑星 becauseなぜなら itそれ canできる keepキープ water.
私たちの惑星は水を保有できる
良い惑星です
03:02
Mars火星 is aa bad悪い planet惑星, butだけど it'sそれは stillまだ good良い enough十分な forために us米国 to go行く thereそこ
火星は悪い惑星ですが
私たちが行って地表に住むのは
03:05
andそして to liveライブ on itsその surface表面 ifif we're私たちは protected保護された.
保護する物があれば可能です
03:09
Butだけど Venus金星 is aa very非常に bad悪い --- theその worst最悪 --- planet惑星.
しかし金星は劣悪です 最悪の惑星です
03:11
Even偶数 thoughしかし it'sそれは Earth-like地球のような, andそして even偶数 thoughしかし early早い in itsその history歴史
地球らしき惑星であり 太古には
03:14
itそれ mayかもしれない very非常に wellよく have持ってる harbored隠された Earth-like地球のような life生活,
地球らしき生命も存在したかも知れませんが
03:17
itそれ soonすぐに succumbed負けた to runaway逃げる greenhouse温室 ---
やがて充満する二酸化炭素の
03:20
that'sそれは an 800 degrees [Fahrenheit華氏] surface表面 ---
温室効果で気温が上昇し続け
03:23
becauseなぜなら of rampant猛烈な carbon炭素 dioxide二酸化炭素.
地表は 400℃を超えました
03:25
Wellよく, we我々 know知っている fromから astrobiologyastrobiology thatそれ we我々 canできる really本当に now predict予測する
天体生物学のおかげで今では
03:28
what's何ですか going行く to happen起こる to our我々の particular特に planet惑星.
私たちの惑星が どうなるか予測できます
03:31
We我々 are right now in theその beautiful綺麗な Oreoオレオ
私たちの地球惑星は生命の観点では
03:34
of existence存在 --- of at〜で least少なくとも life生活 on Planet惑星 Earth地球 ---
最初の過酷な微生物時代を終えて
03:37
following以下 theその first最初 horrible恐ろしい microbial微生物 age年齢.
現在オレオ・クッキーのクリームの中に
いるようなものです
03:40
In theその Cambrianカンブリア紀 explosion爆発, life生活 emerged出現した fromから theその swamps沼地,
カンブリア爆発で湿地帯で生命が生まれ
03:43
complexity複雑 arose起きた,
より高等になりました
03:46
andそして fromから what we我々 canできる telltell, we're私たちは halfway中途半端 throughを通して.
現在 私たちは中間地点にいます
03:48
We我々 have持ってる asとして muchたくさん time時間 forために animals動物 to exist存在する on thisこの planet惑星
この惑星上に存在する全ての動物は
03:51
asとして they彼ら have持ってる beenされている hereここに now,
今後もしばらくは存続するでしょうが
03:54
tillまで we我々 hitヒット theその second二番 microbial微生物 age年齢.
それは次の微生物時代までです
03:56
Andそして thatそれ will意志 happen起こる, paradoxically逆説的 ---
地球温暖化とは逆説的に
03:58
everythingすべて you君は hear聞く about globalグローバル warming温暖化 ---
何が起きるかというと
04:00
whenいつ we我々 hitヒット CO共同2 downダウン to 10 parts部品 per〜ごと million百万,
二酸化炭素濃度が 10ppm を下回ると
04:02
we我々 are noいいえ longerより長いです going行く to have持ってる to have持ってる plants植物
光合成をする植物は
04:05
thatそれ are allowed許可された to have持ってる anyどれか photosynthesis光合成, andそして thereそこ go行く animals動物.
生存できなくなり それに伴って動物も消滅します
04:07
Soそう, after thatそれ we我々 probably多分 have持ってる sevenセブン billion years.
その後地球は70億年存続しますが
04:11
Theその Sun太陽 increases増加する in itsその intensity強度, in itsその brightness輝度,
やがて太陽の輝きが増し 最終的には
04:13
andそして finally最後に, at〜で about 12 billion years after itそれ first最初 started開始した,
始まりから120億年を経過した段階で
04:16
theその Earth地球 is consumed消費された by〜によって aa large Sun太陽,
地球は巨大な太陽に吸収され
04:21
andそして thisこの is what's何ですか left.
残るのは これだけになります
04:24
Soそう, aa planet惑星 like好きな us米国 is going行く to have持ってる an age年齢 andそして an old古い age年齢,
従って 私たちの惑星にも寿命があり老化しますが
04:27
andそして we我々 are in itsその goldenゴールデン summer age年齢 right now.
現在は その絶頂期なのです
04:31
Butだけど there'sそこに two fates運命 to everythingすべて, isn'tない thereそこ?
しかし全てには2つの運命がありますよね
04:35
Now, aa lotロット of you君は are going行く to die死ぬ of old古い age年齢,
皆さんの多くは寿命で死亡するでしょう
04:37
butだけど some一部 of you君は, horribly恐ろしく enough十分な, are going行く to die死ぬ in an accident事故.
しかし何人かは惨いことに事故死するのです
04:40
Andそして that'sそれは theその fate運命 of aa planet惑星, tooあまりにも.
惑星の運命も同様です
04:43
Earth地球, ifif we're私たちは lucky幸運な enough十分な --- ifif itそれ doesn'tしない get取得する hitヒット by〜によって aa Hale-Boppハレボップ,
向こう70億年に渡り 幸運にも
04:45
orまたは gets取得 blasted爆破された by〜によって some一部 supernova超新星 nearby近所の
ヘール・ボップ彗星が衝突せず
近くでスーパーノバ爆発がない限り
04:49
in theその next sevenセブン billion years --- we'll私たちは find見つける under yourきみの feetフィート.
地球は私たちの足元にあります
04:53
Butだけど what about accidental偶然 death?
しかし事故死はどうでしょう?
04:56
Wellよく, paleontologists古生物学者 forために theその last最終 200 years
古生物学者は過去2百年に渡り
04:58
have持ってる beenされている chartingチャート作成 death. It'sそれは strange奇妙な ---
死を解析してきました 奇妙なことに
05:00
extinction絶滅 asとして aa concept概念 wasn'tなかった even偶数 thought思想 about
キュヴィエ男爵が初めてマストドンを
05:02
until〜まで Baron男爵 Cuvierキュビエ in Franceフランス found見つけた thisこの first最初 mastodonマストドン.
発見するまで絶滅の概念はありませんでした
05:05
He couldn'tできなかった match一致 itそれ upアップ to anyどれか bones骨格 on theその planet惑星,
同様な骨が他に存在せず
05:08
andそして he said前記, Ahaアハ! It'sそれは extinct絶滅した.
彼は絶滅を唱えたのです
05:10
Andそして very非常に soonすぐに after, theその fossil化石 record記録 started開始した yielding収穫
その後すぐに高等な生命体が残した
05:12
aa very非常に good良い ideaアイディア of howどうやって manyたくさんの plants植物 andそして animals動物 thereそこ have持ってる beenされている
興味深い化石を調査をすることで
05:15
since以来 complex複合体 life生活 really本当に began始まった to leave離れる
化石に残る植物や動物が
05:18
aa very非常に interesting面白い fossil化石 record記録.
何種類存在したか 分かるようになりました
05:20
In thatそれ complex複合体 record記録 of fossils化石,
化石の複雑な記録の中には
05:23
thereそこ wereあった times whenいつ lotsロット of stuffもの
とても多くの生命体が突然死滅したと
05:26
seemed見えた to be〜する dying死ぬ outでる very非常に quickly早く,
思える時期がありました
05:28
andそして theその fatherお父さん/mother geologists地質学者
それを見た先代の地質学者は
05:30
calledと呼ばれる theseこれら "mass質量 extinctions絶滅."
“大量絶滅”と呼びました
05:32
Allすべて along一緒に itそれ wasあった thought思想 to be〜する eitherどちらか an act行為 of God
長い間その原因は 神の仕業か
05:34
orまたは perhapsおそらく long長いです, slowスロー climate気候 change変化する,
長期間に渡る気象変動と考えられました
05:36
andそして thatそれ really本当に changedかわった in 1980,
1980年 その考えが大きく変わりました
05:38
in thisこの rocky岩場 outcrop露頭 near近く Gubbioグッビオ,
ウォルター・アルバレスが グッビオ近くの岩層を
05:40
whereどこで Walterウォルター Alvarezアルバレス, trying試す to figure数字 outでる
調査し 白亜紀の生物を含んだ白い岩石と
05:43
what wasあった theその time時間 difference betweenの間に theseこれら white rocks,
その上層の第三紀の化石を含んだ
05:46
whichどの held開催 creatures生き物 of theその Cretaceous白亜系 period期間,
ピンク色の岩石の年代差を
05:49
andそして theその pinkピンク rocks above上の, whichどの held開催 Tertiary三次 fossils化石.
解明しようとしました
05:51
Howどうやって long長いです didした itそれ take取る to go行く fromから one1 systemシステム to theその next?
そして 一つの地質時代から次へ移行するのに
どれ程の時間を要したかを
05:53
Andそして what they彼ら found見つけた wasあった something何か unexpected予想外の.
彼らが発見したのは予想外のことでした
05:57
They彼ら found見つけた in thisこの gapギャップ, in betweenの間に, aa very非常に thin薄いです clay粘土 layer,
彼らは地層の境目に とても薄い粘土層を発見しました
05:59
andそして thatそれ clay粘土 layer --- thisこの very非常に thin薄いです red layer hereここに ---
その粘土層は ―このとても薄い赤い層ですが―
06:02
is filled満たされた with〜と iridiumイリジウム.
イリジウムを含んでいます
06:05
Andそして notない justちょうど iridiumイリジウム; it'sそれは filled満たされた with〜と glassyガラス質の spherules小球,
そしてイリジウムだけでなく
ガラス状の小球体もあります
06:07
andそして it'sそれは filled満たされた with〜と quartz石英 grains穀類
さらに石英粒子も含んでいます
06:10
thatそれ have持ってる beenされている subjected被害者 to enormous巨大な pressure圧力: shockショック quartz石英.
石英粒子は強烈な圧力が
掛かかった 衝撃石英です
06:12
Now, in thisこの slide滑り台 theその white is chalkチョーク,
このスライドにある白い部分は白亜です
06:16
andそして thisこの chalkチョーク wasあった deposited寄託 in aa warm暖かい ocean海洋.
白亜は温暖な海で堆積しました
06:18
Theその chalkチョーク itself'sそれ自体 composed構成された by〜によって planktonプランクトン
白亜自体はプランクトンが
06:21
whichどの has持っている fallen倒れた downダウン fromから theその sea surface表面 onto〜に theその sea floor,
海面から海底に沈んで堆積して
できたので ここに見える
06:23
soそう thatそれ 90 percentパーセント of theその sediment堆積物 hereここに is skeletonスケルトン of living生活 stuffもの,
沈殿物の90%は生命体の残骸です
06:27
andそして then次に you君は have持ってる thatそれ millimeter-thickミリメートル厚 red layer,
そしてミリ単位幅の赤い層と
06:30
andそして then次に you君は have持ってる black rock.
それに黒い岩石があります
06:32
Andそして theその black rock is theその sediment堆積物 on theその sea bottom
黒い岩石は海底にプランクトンが
06:34
in theその absence不在 of planktonプランクトン.
なかった時の堆積物です
06:37
Andそして that'sそれは what happens起こる in an asteroid小惑星 catastrophe災害,
隕石が衝突した結果こうなります
06:39
becauseなぜなら that'sそれは what thisこの wasあった, of courseコース. Thisこの is theその famous有名な K-Tカイト.
これが証拠です 有名なK-T隕石は
06:43
Aa 10-kilometer-キロメートル body hitヒット theその planet惑星.
長さ10Kmあり 地球に衝突しました
06:46
Theその effects効果 of itそれ spread普及 thisこの very非常に thin薄いです impact影響 layer allすべて over以上 theその planet惑星,
その痕跡が地球全体に
この大変薄い層として拡がり
06:48
andそして we我々 had持っていました very非常に quickly早く theその death of theその dinosaurs恐竜,
恐竜が突然に死滅し
06:52
theその death of theseこれら beautiful綺麗な ammonitesアンモナイト,
これら美しいアンモナイトも死滅しました
06:55
Leconteicerasレコンテセラス hereここに, andそして Celaecerasセレエラス over以上 hereここに,
これはリトセラス
これはセラセラスです
06:57
andそして soそう muchたくさん elseelse.
そして その他の生物も
06:59
I mean平均, itそれ must必須 be〜する true真実,
これは真実に間違いないです
07:01
becauseなぜなら we've私たちは had持っていました two Hollywoodハリウッド blockbusters大ヒット作 since以来 thatそれ time時間,
2つのハリウッド映画がヒットしたし
07:03
andそして thisこの paradigmパラダイム, fromから 1980 to about 2000,
1980年~2000年の間に唱えられた理論は
07:06
totally完全に changedかわった howどうやって we我々 geologists地質学者 thought思想 about catastrophes惨事.
私たち地質学者の大変動に関する
考え方を根本から変えました
07:09
Prior前の to thatそれ, uniformitarianism同等主義 wasあった theその dominant支配的 paradigmパラダイム:
それ以前は斉一説が主流な理論でした
07:14
theその fact事実 thatそれ ifif anything何でも happens起こる on theその planet惑星 in theその past過去,
つまり 地球で過去に起きた事象は
07:17
thereそこ are present-day現代 processesプロセス thatそれ will意志 explain説明する itそれ.
それを説明できる作用が
今日も存在するという説です
07:20
Butだけど we我々 haven't持っていない witnessed目撃した aa big大きい asteroid小惑星 impact影響,
しかし私たちは隕石衝突を目撃していないので
07:24
soそう thisこの is aa typeタイプ of neo-catastrophism新破局論,
これは いわば新しい絶滅論です
07:27
andそして itそれ took取った about 20 years forために theその scientific科学的 establishment確立
そして科学界が隕石衝突説-
07:29
to finally最後に come来る to gripsグリップ: yesはい, we我々 wereあった hitヒット;
大量絶滅の原因が隕石衝突だったことを
07:32
andそして yesはい, theその effects効果 of thatそれ hitヒット caused原因 aa majorメジャー mass質量 extinction絶滅.
受け入れるには 20年を要しました
07:34
Wellよく, thereそこ are five majorメジャー mass質量 extinctions絶滅
過去5億年の間には5つの主要な
07:39
over以上 theその last最終 500 million百万 years, calledと呼ばれる theその Big大きい Five.
大量絶滅が発生しビッグファイブと呼ばれます
07:41
They彼ら range範囲 fromから 450 million百万 years ago
五大絶滅の最初は 4.5億年前で
07:44
to theその last最終, theその K-Tカイト, number four4つの,
最後は4で示す K-Tです
07:47
butだけど theその biggest最大 of allすべて wasあった theその Pp, orまたは theその Permianペルミアン extinction絶滅,
最大だったのは P で示すペルム紀絶滅で
07:49
sometimes時々 calledと呼ばれる theその mother of allすべて mass質量 extinctions絶滅.
時々全ての大量絶滅の祖と呼ばれます
07:53
Andそして everyすべて one1 of theseこれら has持っている beenされている subsequently続いて blamed非難された
そして各々の絶滅は大型の隕石衝突に
07:55
on large-body大体 impact影響.
起因すると考えられました
07:58
Butだけど is thisこの true真実?
しかし本当でしょうか?
08:00
Theその most最も recent最近, theその Permianペルミアン, wasあった thought思想 to have持ってる beenされている an impact影響
ペルム紀絶滅の原因が
隕石衝突とする理由は
08:03
becauseなぜなら of thisこの beautiful綺麗な structure構造 on theその right.
右側にある美しい構造物です
08:06
Thisこの is aa Buckminsterfullereneバックミンスターフラーレン, aa carbon-炭素-60.
バックミンスターフラーレン C60構造です
08:08
Becauseなぜなら itそれ looks外見 like好きな thoseそれら terribleひどい geodesic測地線 domesドーム
60年代に有名だった今は悪名高き
08:11
of myじぶんの late遅く beloved愛する ''60ss,
ジオデシック・ドームに似ているので
08:14
they're彼らは calledと呼ばれる "buckyballsバッキーボール."
バッキーボールと呼ばれます
08:16
Thisこの evidence証拠 wasあった used中古 to suggest提案する
2.5億年前ペルム紀末に
08:18
thatそれ at〜で theその end終わり of theその Permianペルミアン, 250 million百万 years ago, aa comet彗星 hitヒット us米国.
隕石が地上に落下した際に
その圧力によって
08:20
Andそして whenいつ theその comet彗星 hitsヒット, theその pressure圧力 produces生産する theその buckyballsバッキーボール,
バッキーボールが形成され
その成分に地上では希少だが
08:24
andそして itそれ captures捕獲 bitsビット of theその comet彗星.
宇宙には豊富にある
08:27
Helium-ヘリウム-3: very非常に rareまれな on theその surface表面 of theその Earth地球, very非常に common一般 in spaceスペース.
ヘリウム3が含まれることから
隕石衝突説の根拠となりました
08:29
Butだけど is thisこの true真実?
しかし本当でしょうか?
08:34
In 1990, workingワーキング on theその K-Tカイト extinction絶滅 forために 10 years,
1990年 K-T絶滅を既に10年研究していた私は
08:36
I moved移動した to South Africaアフリカ to beginベギン work作業 twice二度 aa year
南アフリカに移り住んで
08:40
in theその greatすばらしいです Karooカルー desert砂漠.
年に2度カルー砂漠で調査を続けました
08:43
I wasあった soそう lucky幸運な to watch時計 theその change変化する of thatそれ South Africaアフリカ
あの南アフリカが 新生南アフリカになる様子を
08:45
into theその new新しい South Africaアフリカ asとして I went行った year by〜によって year.
毎年体験できたことは幸運でした
08:48
Andそして I worked働いた on thisこの Permianペルミアン extinction絶滅,
そしてボーア人墓地近くでキャンプをして
08:51
campingキャンプ by〜によって thisこの Boerボア graveyard墓地 forために months数ヶ月 at〜で aa time時間.
一回に何か月も滞在し
ペルム紀絶滅を研究しました
08:53
Andそして theその fossils化石 are extraordinary特別な.
化石は類い稀なものでした
08:56
You君は know知っている, you'reあなたは gazing凝視する upon〜に yourきみの very非常に distant遠い ancestors祖先.
遠い祖先を見ているのです
08:59
Theseこれら are mammal-like哺乳動物のような reptiles爬虫類.
化石は哺乳類に似た爬虫類です
09:01
They彼ら are culturally文化的に invisible目に見えない. We我々 do行う notない make作る movies映画 about theseこれら.
一般には知られない動物で
映画にも登場しません
09:03
Thisこの is aa Gorgonopsianゴルゴネシス, orまたは aa Gorgonゴルゴン.
これは ゴルゴノプスや
ゴルゴンと呼ばれます
09:06
That'sそれは an 18-inch-インチ long長いです skull頭蓋骨 of an animal動物
この動物の頭蓋骨は45cm あります
09:08
thatそれ wasあった probably多分 sevenセブン orまたは eight8 feetフィート, sprawledひっくり返った like好きな aa lizardトカゲ,
体長はおそらく 2~2.5m
体つきはトカゲで
09:12
probably多分 had持っていました aa head like好きな aa lionライオン.
頭部はおそらくライオンのようでした
09:16
Thisこの is theその top carnivore肉食動物, theその T-RexT-レックス of itsその time時間.
最強の食肉種 ティラノサウルス級です
09:18
Butだけど there'sそこに lotsロット of stuffもの.
さらに多くの物があります
09:20
Thisこの is myじぶんの poor貧しい son息子, Patrickパトリック.
私のかわいそうな息子のパトリック
09:22
(Laughter笑い)
(笑)
09:24
Thisこの is calledと呼ばれる paleontological古生物学 child abuse乱用.
古生物学的子供のいじめです
09:25
Holdホールド stillまだ, you'reあなたは theその scale規模.
じっとして 寸法代わりだから
09:28
(Laughter笑い)
(笑)
09:30
Thereそこ wasあった big大きい stuffもの backバック then次に.
当時 巨大な生物が存在しました
09:36
Fifty-five五十五 species of mammal-like哺乳動物のような reptiles爬虫類.
哺乳類に似た爬虫類が 55種確認されました
09:39
Theその age年齢 of mammals哺乳類 had持っていました wellよく andそして truly真に started開始した
哺乳類の時代が 2.5億年前に
09:42
250 million百万 years ago ...
始まったのも束の間
09:45
... andそして then次に aa catastrophe災害 happened起こった.
大変動が起きたのです
09:47
Andそして what happens起こる next is theその age年齢 of dinosaurs恐竜.
次に来たのは恐竜の時代です
09:50
Itそれ wasあった allすべて aa mistake間違い; itそれ should〜すべき have持ってる never決して happened起こった. Butだけど itそれ didした.
全ては間違いでした
起きてはならない事が起きたのです
09:52
Now, luckily幸運にも,
しかし幸いにも―
09:56
thisこの Thrinaxodonスライナキドン, theその sizeサイズ of aa robinロビン egg hereここに:
これはトリナクソドン
コマドリの卵位の大きさです
09:58
thisこの is aa skull頭蓋骨 I've私は discovered発見された justちょうど before taking取る thisこの picture画像 ---
この写真を撮る直前に私が発見しました
10:01
there'sそこに aa penペン forために scale規模; it'sそれは really本当に tiny小さな ---
ペンと比べると とても小さいです
10:04
thisこの is in theその Lower低い Triassicトリアス, after theその mass質量 extinction絶滅 has持っている finished完成した.
三畳紀前期は大量絶滅が終わった後です
10:06
You君は canできる see見る theその eye socketソケット andそして you君は canできる see見る theその little少し teeth in theその frontフロント.
眼窩と鼻先にある小さな歯が見えます
10:10
Ifif thatそれ doesする notない survive生き残ります, I'm私は notない theその thingもの giving与える thisこの talkトーク.
もしこいつが存続しなかったら
私はここで講演していません
10:13
Something何か elseelse is, becauseなぜなら ifif thatそれ doesn'tしない survive生き残ります, we我々 are notない hereここに;
つまりこいつが存続しなかったら
私たち人類は存在しないのです
10:18
thereそこ are noいいえ mammals哺乳類. It'sそれは thatそれ close閉じる; one1 species ekesエークス throughを通して.
哺乳類は存在しません 実に際どい
存続は この種のおかげです
10:22
Wellよく, canできる we我々 sayいう anything何でも about theその patternパターン of who survives生き残る andそして who doesn'tしない?
では誰が存続して 誰がしなかったか
何かパターンはあるのでしょうか?
10:26
Here'sここにいる sortソート of theその end終わり of thatそれ 10 years of work作業.
それが私の10年間に及ぶ研究の成果です
10:29
Theその ranges範囲 of stuffもの --- theその red lineライン is theその mass質量 extinction絶滅.
様々なことがあります
赤い線が大量絶滅ですが
10:31
Butだけど we've私たちは got持っている survivors生存者 andそして thingsもの thatそれ get取得する throughを通して,
生存して乗り越えた者もいます
10:34
andそして itそれ turnsターン outでる theその thingsもの thatそれ get取得する throughを通して preferentially優先的に are coldコールド bloods.
分かったのは乗り越えた者は
どちらかというと冷血動物です
10:36
Warm-blooded熱烈な animals動物 take取る aa huge巨大 hitヒット at〜で thisこの time時間.
温血動物はこの時期ほぼ淘汰されました
10:40
Theその survivors生存者 thatそれ do行う get取得する throughを通して
乗り越えた生存者たちは
10:45
produce作物 thisこの world世界 of crocodile-likeワニのような creatures生き物.
ワニのような生物が取り囲む世界を形成しました
10:47
There'sそこに noいいえ dinosaurs恐竜 yetまだ; justちょうど thisこの slowスロー, saurianサリアン, scaly鱗片状, nasty不快な,
恐竜は まだ出現せず ただゆっくり動く
トカゲのように鱗を持った醜い動物たちが
10:50
swampy沼地 place場所 with〜と aa coupleカップル of tiny小さな mammals哺乳類 hiding隠蔽 in theその fringesフリンジ.
湿地帯を取り囲み周辺に わずかだけ
哺乳類が隠れ棲んでいました
10:54
Andそして thereそこ they彼ら would〜する hide隠す forために 160 million百万 years,
そこで哺乳類は 1.6億年間隠れ続けるのです
10:59
until〜まで liberated解放された by〜によって thatそれ K-Tカイト asteroid小惑星.
そしてK-T隕石により解放されました
11:02
Soそう, ifif notない impact影響, what?
衝突説以外に説明はないでしょうか?
あります
11:05
Andそして theその what, I think思う, is thatそれ we我々 returned戻ってきた, over以上 andそして over以上 again再び,
地球は先カンブリア時代 のような
微生物時代に戻るたびに
11:07
to theその Pre-Cambrianプレカンブリアン world世界, thatそれ first最初 microbial微生物 age年齢,
大量絶滅が起きたのではないかと
11:11
andそして theその microbes微生物 are stillまだ outでる thereそこ.
そしてその微生物は依然存在します
11:14
They彼ら hate嫌い we我々 animals動物.
微生物は動物が嫌いです
11:16
They彼ら really本当に want欲しいです their彼らの world世界 backバック.
微生物の世界を復活させたいのです
11:18
Andそして they've彼らは tried試した over以上 andそして over以上 andそして over以上 again再び.
復活しようと何度も試みたのです
11:20
Thisこの suggests提案する to me thatそれ life生活 causing原因 theseこれら mass質量 extinctions絶滅
つまり大量絶滅は生命が原因で
11:24
becauseなぜなら itそれ didした is inherently本質的に anti-Gaian反ガイアン.
起きたことは本質的に反ガイア的です
11:27
Thisこの whole全体 Gaiaガイア ideaアイディア, thatそれ life生活 makes作る theその world世界 betterより良い forために itself自体 ---
生命体が働きかけて世界を
良くするというガイア的な考え―
11:30
anybody beenされている on aa freeway高速道路 on aa Friday金曜日 afternoon午後 in Losロス Angelesアンゼルス
金曜午後にロスアンジェルスの
高速道路を走行した人で
11:35
believing信じる in theその Gaiaガイア theory理論? Noいいえ.
ガイア理論を信じる人います? いません
11:39
Soそう, I really本当に suspect容疑者 there'sそこに an alternative代替,
そこで私は代替案があると思うのです
11:41
andそして thatそれ life生活 doesする actually実際に tryお試しください to do行う itself自体 in ---
生命体は実は自滅しあうことがあります
11:44
notない consciously意識的に, butだけど justちょうど becauseなぜなら itそれ doesする.
無意識的にそうするのです
11:46
Andそして here'sここにいる theその weapon武器, itそれ seems思われる, thatそれ itそれ didした soそう over以上 theその last最終 500 million百万 years.
これが5億年間使用してきた
武器と思われるものです
11:48
Thereそこ are microbes微生物 whichどの, throughを通して their彼らの metabolism代謝,
微生物の中には代謝により
硫化水素を
11:52
produce作物 hydrogen水素 sulfideスルフィド,
発生するものがいます
11:55
andそして they彼ら do行う soそう in large amounts金額.
しかも大量に発生します
11:57
Hydrogen水素 sulfideスルフィド is very非常に fatal致命的な to we我々 humans人間.
硫化水素は私たち人間にとっては致死性が高いです
12:00
Asとして small小さい asとして 200 parts部品 per〜ごと million百万 will意志 kill殺します you君は.
わずか200ppmでも死亡に至ります
12:03
You君は onlyのみ have持ってる to go行く to theその Black Sea andそして aa few少数 otherその他 places場所 --- some一部 lakes ---
黒海やその他 数か所の湖に行くと
12:09
andそして get取得する downダウン, andそして you'llあなたは find見つける thatそれ theその water itself自体 turnsターン purple紫の.
水面が紫色に染まるのを見られます
12:13
Itそれ turnsターン purple紫の fromから theその presence存在 of numerous多数 microbes微生物
紫色になるのは 日光と硫化水素を栄養源とする
12:17
whichどの have持ってる to have持ってる sunlight太陽光 andそして have持ってる to have持ってる hydrogen水素 sulfideスルフィド,
多くの微生物が存在するからです
12:20
andそして we我々 canできる detect検出する their彼らの presence存在 today今日 --- we我々 canできる see見る themそれら ---
今日その存在が確認できます 実際に見えます
12:23
butだけど we我々 canできる alsoまた、 detect検出する their彼らの presence存在 in theその past過去.
しかも過去に それらの微生物が
12:27
Andそして theその last最終 three years have持ってる seen見た
存在したことが確認できます
過去3年の間に
12:29
an enormous巨大な breakthrough画期的な in aa brand-new真新しい fieldフィールド.
全く新しい分野で革新的進歩がありました
12:31
I am午前 almostほぼ extinct絶滅した ---
私は絶滅危惧種です
12:34
I'm私は aa paleontologist古生物学者 who collects集める fossils化石.
私は化石を収集する古生物学者です
12:36
Butだけど theその new新しい wave of paleontologists古生物学者 --- myじぶんの graduate卒業 students学生の ---
しかし私の学院生など新種の古生物学者は
12:38
collect集める biomarkersバイオマーカー.
生体指標を収集します
12:41
They彼ら take取る theその sediment堆積物 itself自体, they彼ら extractエキス theその oil fromから itそれ,
彼らは堆積岩を収集しそれから直接
油性物質を抽出します
12:43
andそして fromから thatそれ they彼ら canできる produce作物 compounds化合物
それから特定の微生物群の
12:47
whichどの turn順番 outでる to be〜する very非常に specific特定 to particular特に microbial微生物 groupsグループ.
特徴を持つ化合物を生成できるのです
12:49
It'sそれは becauseなぜなら lipids脂質 are soそう toughタフ, they彼ら canできる get取得する preserved保存された in sediment堆積物
脂質はとても強いため堆積岩の中で
12:53
andそして last最終 theその hundreds数百 of millions何百万 of years necessary必要,
何百万年もの間保存されます
12:57
andそして be〜する extracted抽出された andそして telltell us米国 who wasあった thereそこ.
抽出後そこに誰がいたか分かります
13:00
Andそして we我々 know知っている who wasあった thereそこ. At〜で theその end終わり of theその Permianペルミアン,
そうして特定できました ペルム紀の終わり
13:02
at〜で manyたくさんの of theseこれら mass質量 extinction絶滅 boundaries境界,
大量絶滅境界の多くで
13:05
thisこの is what we我々 find見つける: isorenierateneイソレニエラテン. It'sそれは very非常に specific特定.
我々が発見したのはイソレニエラテン
とても特有です
13:07
Itそれ canできる onlyのみ occur発生する ifif theその surface表面 of theその ocean海洋 has持っている noいいえ oxygen酸素,
海面に酸素がなくて硫化水素が
13:11
andそして is totally完全に saturated飽和した with〜と hydrogen水素 sulfideスルフィド ---
溶液から気化する位 充満する
13:15
enough十分な, forために instanceインスタンス, to come来る outでる of solution溶液.
条件でのみ発見できるのです
13:18
Thisこの ledLED Leeリー Kumpクンプ, andそして othersその他 fromから Pennペン State状態 andそして myじぶんの groupグループ,
これに基づきペンシルバニア州立大学の
リー・カンプはじめ私のグループは
13:21
to propose提案する what I callコール theその Kumpクンプ Hypothesis仮説:
カンプ仮説と呼ぶ 次の提言をしました
13:25
manyたくさんの of theその mass質量 extinctions絶滅 wereあった caused原因 by〜によって lowering低下 oxygen酸素,
大量絶滅の多くは高濃度二酸化炭素により
13:28
by〜によって high高い CO共同2. Andそして theその worst最悪 effect効果 of globalグローバル warming温暖化, itそれ turnsターン outでる:
酸素が減り地球温暖化の最悪の結果として
13:31
hydrogen水素 sulfideスルフィド beingであること produced生産された outでる of theその oceans.
海洋から硫化水素が発生したことである
13:35
Wellよく, what's何ですか theその sourceソース of thisこの?
この証拠は どこにあるのか?
13:38
In thisこの particular特に case場合, theその sourceソース over以上 andそして over以上 has持っている beenされている flood洪水 basalts玄武岩.
この特定の事例についての
手掛りは常に洪水玄武岩です
13:40
Thisこの is aa view見る of theその Earth地球 now, ifif we我々 extractエキス aa lotロット of itそれ.
これは地球の現在の姿です
大部分を取り除くと
13:44
Andそして each of theseこれら looks外見 like好きな aa hydrogen水素 bomb爆弾;
水素爆弾のような形になります
13:47
actually実際に, theその effects効果 are even偶数 worse悪化する.
実は影響はもっとひどいのです
13:49
Thisこの is whenいつ deep-Earth深い地球 material材料 comes来る to theその surface表面,
こうなるのは地球内部深くにある物質が
13:51
spreadsスプレッド outでる over以上 theその surface表面 of theその planet惑星.
地上に達し地上に広がった時です
13:54
Wellよく, it'sそれは notない theその lava溶岩 thatそれ kills殺す anything何でも,
溶岩流が直接の死因ではありません
13:56
it'sそれは theその carbon炭素 dioxide二酸化炭素 thatそれ comes来る outでる with〜と itそれ.
一緒に放出される二酸化炭素のせいです
13:59
Thisこの isn'tない Volvosボルボス; thisこの is volcanoes火山.
これはボルボでなくて火山です
14:01
Butだけど carbon炭素 dioxide二酸化炭素 is carbon炭素 dioxide二酸化炭素.
でも二酸化炭素は二酸化炭素です
14:04
Soそう, theseこれら are new新しい dataデータ Rob奪う Bernerベルナー andそして I --- fromから Yaleイェール --- put置く together一緒に,
そしてエール大学のロブ・バーナーと
14:07
andそして what we我々 tryお試しください to do行う now is
私が収集したデータがあり
14:10
trackトラック theその amount of carbon炭素 dioxide二酸化炭素 in theその entire全体 rock record記録 ---
それに基づき 色々な方法を駆使して
14:12
andそして we我々 canできる do行う thisこの fromから aa variety品種 of means手段 ---
岩石全体の記録から二酸化炭素の量を把握し
14:15
andそして put置く allすべて theその red lines hereここに,
私が温暖化大量絶滅と呼ぶ
14:18
whenいつ theseこれら --- what I callコール greenhouse温室 mass質量 extinctions絶滅 --- took取った place場所.
絶滅が起きた赤い線の状況を分析しました
14:20
Andそして there'sそこに two thingsもの thatそれ are really本当に evident明らか hereここに to me,
極めて明確な事実を2つ発見しました
14:23
is thatそれ theseこれら extinctions絶滅 take取る place場所 whenいつ CO共同2 is going行く upアップ.
これらの絶滅は二酸化炭素が
上昇している時期に起きたこと
14:25
Butだけど theその second二番 thingもの that'sそれは notない shown示された on hereここに:
そして二つ目は ここにはありませんが
14:28
theその Earth地球 has持っている never決して had持っていました anyどれか ice on itそれ
二酸化炭素が 1,000ppmを
14:31
whenいつ we've私たちは had持っていました 1,000 parts部品 per〜ごと million百万 CO共同2.
超した時期は地球には
氷が存在しなかったことです
14:34
We我々 are at〜で 380 andそして climbingクライミング.
現在 380ppmで上昇中です
14:38
We我々 should〜すべき be〜する upアップ to aa thousand in three centuries世紀 at〜で theその most最も,
今後3世紀もすれば 1,000ppmに達するでしょう
14:40
butだけど myじぶんの friend友人 Davidデビッド Battistiバチスティ in Seattleシアトル says言う he thinks考える aa 100 years.
しかしシアトルの友人デイビッド・
バッティスティの意見は 100年です
14:43
Soそう, thereそこ goes行く theその ice capsキャップ,
やがて氷がすべて解けます
14:47
andそして thereそこ comes来る 240 feetフィート of sea levelレベル rise上昇.
すると海面が70メートル上昇します
14:49
I liveライブ in aa view見る house now;
私の家は高台にありますが
14:53
I'm私は going行く to have持ってる waterfrontウォーターフロント.
やがて海岸沿いになるでしょう
14:55
Allすべて right, what's何ですか theその consequence結果? Theその oceans probably多分 turn順番 purple紫の.
さて結末は何でしょう?
海洋は恐らく紫色になるでしょう
14:57
Andそして we我々 think思う thisこの is theその reason理由 thatそれ complexity複雑 took取った soそう long長いです
私たちは これが高等な生命が発展するのに
15:01
to take取る place場所 on planet惑星 Earth地球.
長期間要した理由と考えます
15:04
We我々 had持っていました theseこれら hydrogen水素 sulfideスルフィド oceans forために aa very非常に greatすばらしいです long長いです period期間.
極めて長期間 海洋は硫化水素に満ちていました
15:06
They彼ら stopやめる complex複合体 life生活 fromから existing既存の.
そのために高度な生命が存在しなかったのです
15:09
We我々 know知っている hydrogen水素 sulfideスルフィド is erupting噴火する presently現在 aa few少数 places場所 on theその planet惑星.
硫化水素は今でも地球上の
数か所で噴出し続けています
15:13
Andそして I throwスロー thisこの slide滑り台 in --- thisこの is me, actually実際に, two months数ヶ月 ago ---
これは2カ月前に撮った私の写真です
15:18
andそして I throwスロー thisこの slide滑り台 in becauseなぜなら hereここに is myじぶんの favoriteお気に入り animal動物, chamberedチャンバー nautilusノーチラス.
お気に入りの動物 オウムガイと
一緒なのでお見せしました
15:22
It'sそれは beenされている on thisこの planet惑星 since以来 theその animals動物 first最初 started開始した --- 500 million百万 years.
この動物は5億年の太古から生存しています
15:26
Thisこの is aa tracking追跡 experiment実験, andそして anyどれか of you君は scubaスキューバ diversダイバー,
追跡調査をしている所です
スキューバ・ダイバーにとって
15:30
ifif you君は want欲しいです to get取得する involved関係する in one1 of theその coolest最も冷たい projectsプロジェクト everこれまで,
最高のプロジェクトに参加したいなら これです
15:33
thisこの is offオフ theその Greatすばらしいです Barrierバリア Reefリーフ.
ここはグレート・バリア・リーフの近くです
15:36
Andそして asとして we我々 speak話す now,
そしてこの瞬間にも
15:38
theseこれら nautilusノーチラス are tracking追跡 outでる their彼らの behaviors行動 to us米国.
オウムガイは彼らの軌跡を私たちに伝えてくれるのです
15:39
Butだけど theその thingもの about thisこの is thatそれ everyすべて once一度 in aa whilewhile
ただし時折ダイバーには
15:42
we我々 diversダイバー canできる run走る into troubleトラブル,
危険が待ち受けています
15:46
soそう I'm私は going行く to do行う aa little少し thought思想 experiment実験 hereここに.
少し考えてみましょう
15:48
Thisこの is aa Greatすばらしいです White Shark thatそれ ate食べた some一部 of myじぶんの trapsトラップ.
仕掛けを食いちぎったホウジロザメです
15:50
We我々 pulled引っ張られた itそれ upアップ; upアップ itそれ comes来る. Soそう, it'sそれは outでる thereそこ with〜と me at〜で night.
釣り上げたところです
夜になってもサメがいます
15:53
Soそう, I'm私は swimming水泳 along一緒に, andそして itそれ takesテイク offオフ myじぶんの leg.
泳いでいた私は脚を
食いちぎられたとします
15:56
I'm私は 80 milesマイル fromから shore海岸, what's何ですか going行く to happen起こる to me?
海岸から 120キロ離れています
私はどうなるのでしょう?
15:59
Wellよく now, I die死ぬ.
死ぬでしょう
16:02
Five years fromから now, thisこの is what I hope希望 happens起こる to me:
今から5年後 こうなると期待します
16:04
I'm私は taken撮影 backバック to theその boatボート, I'm私は given与えられた aa gasガス maskマスク:
船に引き上げられ ガスマスクが被せられます
16:06
80 parts部品 per〜ごと million百万 hydrogen水素 sulfideスルフィド.
80ppmの硫化水素を吸入します
16:09
I'm私は then次に thrownスローされた in an ice pond, I'm私は cooled冷却された 15 degrees lower低い
そして氷水につけられます
体温が15度低下した状態で
16:12
andそして I couldできた be〜する taken撮影 to aa criticalクリティカルな careお手入れ hospital病院.
救命救急病院に搬送されます
16:16
Andそして theその reason理由 I couldできた do行う thatそれ is becauseなぜなら we我々 mammals哺乳類
これが可能な理由は私たち哺乳類は
16:20
have持ってる gone行った throughを通して aa seriesシリーズ of theseこれら hydrogen水素 sulfideスルフィド eventsイベント,
これまで幾多の硫化水素放出を経験してきたので
16:22
andそして our我々の bodies have持ってる adapted適合しました.
身体が適応しているからです
16:25
Andそして we我々 canできる now useつかいます thisこの asとして what I think思う will意志 be〜する aa majorメジャー medical医療 breakthrough画期的な.
実現すれば大きな医療革新になるでしょう
16:27
Thisこの is Markマーク Rothロース. He wasあった funded資金提供 by〜によって DARPAダーパ.
マーク・ロスです 国防総省国防高等研究事業局
(DARPA)の
16:31
Tried試した to figure数字 outでる howどうやって to saveセーブ Americansアメリカ人 after battlefield戦場 injuries負傷.
依頼を受け戦場で負傷した
米兵を救う研究をしています
16:33
He bleeds出血 outでる pigs.
豚を失血させます
16:37
He puts置く in 80 parts部品 per〜ごと million百万 hydrogen水素 sulfideスルフィド ---
80ppmの硫化水素を投与します
16:39
theその same同じ stuffもの thatそれ survived生き残った theseこれら past過去 mass質量 extinctions絶滅 ---
過去の大量絶滅を生き延びたのと同じ条件です
16:42
andそして he turnsターン aa mammal哺乳類 into aa reptile爬虫類.
哺乳類が爬虫類に変身します
16:45
"I believe信じる we我々 are seeing見る in thisこの response応答 theその result結果 of mammals哺乳類 andそして reptiles爬虫類
“この反応こそ哺乳類と爬虫類が何度となく
16:47
having持つ undergone行った aa seriesシリーズ of exposures曝露 to Hh2Ss."
硫化水素に触れてきた結果だと確信します”
16:51
I got持っている thisこの emailEメール fromから him two years ago;
このEメールは2年前に受け取ったものです 彼曰く
16:54
he said前記, "I think思う I've私は got持っている an answer回答 to some一部 of yourきみの questions質問."
“いくつかの質問に答えが出たと思う”
16:56
Soそう, he now has持っている taken撮影 miceマウス downダウン
彼は今ではネズミで実験をしています
16:59
forために asとして manyたくさんの asとして four4つの hours時間, sometimes時々 six6 hours時間,
実験は4時間から時には6時間に及びます
17:01
andそして theseこれら are brand-new真新しい dataデータ he sent送られた me on theその way方法 over以上 hereここに.
ここに移動中に もらった最新のデータです
17:05
On theその top, now, thatそれ is aa temperature温度 record記録 of aa mouseマウス who has持っている gone行った throughを通して ---
一番上の線は実験中の普通のネズミの体温です
17:07
theその dotted点在 lineライン, theその temperatures温度.
点線は実験中の室温を示します
17:12
Soそう, theその temperature温度 starts開始する at〜で 25 centigrade摂氏,
室温は 25℃から段々と低下し始めます
17:14
andそして downダウン itそれ goes行く, downダウン itそれ goes行く.
室温は 25℃から段々と低下し始めます
17:16
Six6 hours時間 later後で, upアップ goes行く theその temperature温度.
そして6時間後上昇し元に戻ります
17:17
Now, theその same同じ mouseマウス is given与えられた 80 parts部品 per〜ごと million百万 hydrogen水素 sulfideスルフィド
さて同じネズミに 80ppm の硫化水素を投与します
17:19
in thisこの solid固体 graphグラフ,
そのグラフが実線です
17:24
andそして look見える what happens起こる to itsその temperature温度.
体温がどうなるか見てください
17:26
Itsその temperature温度 drops落ちる.
体温が低下します
17:28
Itそれ goes行く downダウン to 15 degrees centigrade摂氏 fromから 35,
35℃から 15℃まで下がります
17:30
andそして comes来る outでる of thisこの perfectly完全に fine細かい.
そして 異常なく回復するのです
17:34
Hereここに is aa way方法 we我々 canできる get取得する people to criticalクリティカルな careお手入れ.
これが人を救命救急施設に搬送する方法です
17:37
Here'sここにいる howどうやって we我々 canできる bring持参する people coldコールド enough十分な to last最終 tillまで we我々 get取得する criticalクリティカルな careお手入れ.
こうすれば低い体温を維持しながら
救命救急施設に搬送できるのです
17:40
Now, you'reあなたは allすべて thinking考え, yeahええ, what about theその brain tissue組織?
皆さん思っていることでしょう
脳組織は大丈夫なのかと
17:46
Andそして soそう thisこの is one1 of theその greatすばらしいです challenges挑戦 thatそれ is going行く to happen起こる.
克服すべき大きな問題になるでしょう
17:50
You'reあなたは in an accident事故. You'veあなたは got持っている two choices選択肢:
事故に遭ったとします 選択肢は二つです
17:53
you'reあなたは going行く to die死ぬ, orまたは you'reあなたは going行く to take取る theその hydrogen水素 sulfideスルフィド
死ぬか 硫化水素を吸引して
例えば75%の確率で
17:55
andそして, sayいう, 75 percentパーセント of you君は is saved保存された, mentally精神的に.
精神上は生き残るか
17:58
What are you君は going行く to do行う?
あなただったら どうしますか?
18:01
Do行う we我々 allすべて have持ってる to have持ってる aa little少し buttonボタン saying言って, Let〜する me die死ぬ?
死ぬ意思を示す小さな
バッジを持ち歩くのでしょうか?
18:03
Thisこの is coming到来 towards方向 us米国,
やがて この時代がやってくるのです
18:06
andそして I think思う thisこの is going行く to be〜する aa revolution革命.
まさに革命的になるでしょう
18:08
We're私たちは going行く to saveセーブ lives人生, butだけど there'sそこに going行く to be〜する aa costコスト to itそれ.
生命を救えますが コストもあります
18:10
Theその new新しい view見る of mass質量 extinctions絶滅 is, yesはい, we我々 wereあった hitヒット,
大量絶滅の新発見は 確かに衝突があり
18:13
andそして, yesはい, we我々 have持ってる to think思う about theその long長いです term期間,
そして長期的観点も必要なことです
18:15
becauseなぜなら we我々 will意志 get取得する hitヒット again再び.
将来また衝突があるでしょう
18:17
Butだけど there'sそこに aa far遠い worse悪化する danger危険 confronting対峙する us米国.
しかし私たちは もっと重大な危険に瀕しています
18:19
We我々 canできる easily簡単に go行く backバック to theその hydrogen水素 sulfideスルフィド world世界.
硫化水素の世界に 簡単に逆戻りし兼ねません
18:21
Give与える us米国 aa few少数 millennia千年 ---
何千年もすれば―
18:24
andそして we我々 humans人間 should〜すべき last最終 thoseそれら few少数 millennia千年 ---
今後何千間人類は存続するでしょうが―
18:26
will意志 itそれ happen起こる again再び? Ifif we我々 continue持続する, it'llそれはよ happen起こる again再び.
それが再び繰返すのでしょうか
私たちがこのまま進めば繰返します
18:28
Howどうやって manyたくさんの of us米国 flew飛んだ hereここに?
ここに来るのに何人が飛行機を使いましたか?
18:32
Howどうやって manyたくさんの of us米国 have持ってる gone行った throughを通して
私たち何人が今年飛行機を
18:34
our我々の entire全体 Kyoto京都 quotaクォータ
利用しただけで京都議定書の排出枠を
18:36
justちょうど forために flying飛行 thisこの year?
使い切りましたか?
18:39
Howどうやって manyたくさんの of you君は have持ってる exceeded超過した itそれ? Yeahええ, I've私は certainly確かに exceeded超過した itそれ.
何人が超えましたか?
私は間違いなく超えました
18:41
We我々 have持ってる aa huge巨大 problem問題 facing直面する us米国 asとして aa species.
私たちは種として巨大な問題に直面しています
18:44
We我々 have持ってる to beatビート thisこの.
それに勝たねばなりません
18:47
I want欲しいです to be〜する ableできる to go行く backバック to thisこの reefリーフ. Thank感謝 you君は.
私はこのサンゴ礁に戻りたいです
ありがとうございます
18:49
(Applause拍手)
(拍手)
18:53
Chrisクリス Andersonアンダーソン: I've私は justちょうど got持っている one1 question質問 forために you君は, Peterピーター.
ひとつだけ質問があります
18:59
Am午前 I understanding理解 you君は right, thatそれ what you'reあなたは saying言って hereここに
あなたが言っていることは
19:01
is thatそれ we我々 have持ってる in our我々の own自分の bodies
私たちの体内に硫化水素への
19:03
aa biochemical生化学的 response応答 to hydrogen水素 sulfideスルフィド
生化学的な反応が埋め込まれており
19:05
thatそれ in yourきみの mindマインド proves証明する thatそれ thereそこ have持ってる beenされている past過去 mass質量 extinctions絶滅
それが過去の大量絶滅は気象変動が
19:09
due支払う to climate気候 change変化する?
原因とする証拠だというのですか?
19:12
Peterピーター Ward: Yeahええ, everyすべて singleシングル cell細胞 in us米国
はい 私たちの細胞には危機的状況に
19:14
canできる produce作物 minute quantities of hydrogen水素 sulfideスルフィド in greatすばらしいです crises危機.
直面すると微量の硫化水素を
放出する能力が備わっています
19:16
Thisこの is what Rothロース has持っている found見つけた outでる.
ロスが発見しました
19:20
Soそう, what we're私たちは looking探している at〜で now: doesする itそれ leave離れる aa signal信号?
そこで今研究しているのは
その形跡を発見できるか?
19:21
Doesする itそれ leave離れる aa signal信号 in bone orまたは in plant工場?
骨や植物の中にその形跡があるか?
19:23
Andそして we我々 go行く backバック to theその fossil化石 record記録 andそして we我々 couldできた tryお試しください to detect検出する
化石をさらに調査して
過去に そのような出来事が
19:25
howどうやって manyたくさんの of theseこれら have持ってる happened起こった in theその past過去.
何回あったか研究しています
19:28
CAca: It'sそれは simultaneously同時に
信じられない医療技術です
19:30
an incredible信じられない medical医療 technique技術, butだけど alsoまた、 aa terrifying恐ろしい ...
しかし同時に恐ろしい...
19:32
PWPW: Blessing祝福 andそして curse呪い.
福音であり 呪縛です
19:35
Translated by Akira Kan
Reviewed by Jarred Tucker

▲Back to top

About the speaker:

Peter Ward - Paleontologist
Peter D. Ward studies life on Earth -- where it came from, how it might end, and how utterly rare it might be.

Why you should listen

Paleontologist and astrobiologist Peter D. Ward studies the Cretaceous-Tertiary extinction event (the one that killed the dinosaurs) and other mass extinctions. He is a leader in the intriguing new field of astrobiology, the study of the origin, distribution and evolution of life in the universe.

In his book Rare Earth he theorizes that complex life itself is so rare, it's quite possible that Earth is the only planet that has any. But, he theorizes, simple life may exist elsewhere -- and possibly be more common than we think.

His upcoming book, The Medea Hypothesis, makes a bold argument that even here on Earth, life has come close to being wiped out several times. Contrary to the "Gaia hypothesis" of a self-balancing, self-perpetuating circle of life, Ward's Medea hypothesis details the scary number of times that life has come close to flatlining, whether due to comet strikes or an overabundance of bacteria.

In March 2009, Ward's 8-hour television series, Animal Armageddon, premieres on Animal Planet Network.

In April 2013, Ward published a surprisingly moving essay about his life's obsession: the chambered nautilus >>

More profile about the speaker
Peter Ward | Speaker | TED.com