No Data
TEDxOilSpill

Susan Shaw: The oil spill's toxic trade-off

油濁事故の毒の代償:スーザン・ショー

Filmed:

「海岸に油が届かないようにするために、油膜を分解する」 これがメキシコ湾で有毒な分解剤を散布する理由だと対策委員会は述べています。スーザン・ショーは海岸線を救うことが、深海において甚大な犠牲を払いながら行われている証拠を示します。

- Marine toxicologist
Susan Shaw is an internationally recognized marine toxicologist, author and explorer. Full bio

00:15
I am a marine toxicologist,
私は海洋毒性学者です
00:17
and I've been very, very concerned about the Gulf,
メキシコ湾の現状を大いに心配しています
特に 大量に使用されている
有毒な分散剤
00:20
particularly about the massive applications
00:23
of the toxic dispersants,
コレキシットについてです
00:25
the Corexits.
私は海洋汚染について
長きにわたり 研究を行い
00:27
I've been working on ocean pollution
00:29
for quite a long time --
海洋生物 特に海洋哺乳類に
及ぼす影響について
00:31
the impacts on marine life and particularly the impacts
調べてきました
00:34
on marine mammals.
研究の結果 海洋哺乳類は
00:36
As it turns out, marine mammals
00:38
are at the top of this food chain
私たちが莫大な量の有害物質を
年々注いでいる
00:40
that we're pouring millions of tons
00:43
of toxic substances into
食物連鎖の一番上に
存在していることが分かりました
00:45
every year.
そしてその哺乳類たちは
こんな状態です
00:47
And they are showing the signs of this.
こんな悲しいスライドで
胸が痛いですが
00:50
I'm sorry to have a sad slide like this,
世の中全てが幸せなわけではありません
00:52
but not everything is all that happy,
私の分野ではなおさらのことです
00:55
especially in my work.
海洋哺乳類の体には
00:59
They are loaded
数百種類ものあらゆる有害な化合物が
蓄積されていて
01:01
with toxic chemicals in their body,
01:03
hundreds of compounds,
深くショックを受けます
01:05
all kinds of compounds -- it's staggering.
そして 世界各地の
何万もの海洋哺乳類が
01:07
And they're dying off rather regularly,
01:09
tens of thousands around the world.
着実に絶滅に向かっています
彼らの約3分の1程度が
01:12
It's predicted they may go extinct --
01:14
about a third of them --
30年以内に絶滅すると
予測されています
01:16
within about 30 years.
私のプロジェクトは
大西洋の北西に沿って進められています
01:18
So my project is along the Northwest Atlantic.
01:21
It's called Seals as Sentinels.
「アザラシ指標」と名づけました
01:23
We're tracking pollution
私たちは食物網の最上位に位置する
海洋哺乳類と魚類の体内の汚染を
01:25
at the top of the food web, in marine mammals and fish.
経時的に調べています
01:28
It's a region-wide,
これは 地域規模で行われる
01:30
eco-toxicological investigation.
環境毒性調査です
いろいろな化合物を調べていますが
01:33
We're looking at a lot of compounds,
最近 大きく関心を寄せているのは
01:35
but recently been quite interested in
難燃剤 とくに臭素系難燃剤で
01:37
the flame retardants, the brominated flame retardants
これらは私たちが日常的に使用する
非常に沢山の物に含まれています
01:40
that are in many, many things
01:42
that we use in our everyday life,
01:44
from the cushions in the chairs
この難燃剤は
私たちが今座っている
椅子のクッションから
01:46
we're all sitting on
コンピュータやテレビなどの外装にも
01:48
to the plastic casings of our computers,
含まれています
01:51
our television sets and so on.
それで私たちは
01:53
So we are tracking
この化合物がどうやって
01:55
how do these things get from
製品から
最終堆積場の海にまで
01:57
the products into the ocean,
流れ込んだのかを追跡しています
01:59
which is the final sink for them.
追跡は非常に複雑な経路です
02:01
And there's quite a complicated pathway for that
このような製品が古くなるにつれて
02:04
because, as these products age,
塵の中で濃縮されたり
02:06
they get concentrated in dust,
捨てられて
埋立地に持ち込まれたりして
02:08
and then they also get thrown out, so they go to the landfills.
最後に廃水処理施設に到着するからです
02:11
They wind up in waste water treatment plants.
ご存知の通り
私たちは毎年膨大な量の
02:14
As you all know, we throw out billions
コンピュータやテレビを処分しています
02:16
of computers and TVs every year.
そしてこれらは
電子機器廃棄場に行きます
02:18
And those go to e-waste dumps.
そのすべては地表水に紛れ込み
02:20
And all that gets into surface waters,
ついに最終堆積場である
海に到達します
02:22
eventually reaching the ocean, the final sink.
02:24
So, in our study,
私たちの研究では
ゼニガタアザラシの体から
02:26
we did find quite high levels, as we expected,
高濃度の難燃剤成分を
予想通りに検出し
02:29
of these flame retardants in the harbor seals' bodies.
報告書を作成しました
02:32
And we reported this.
この報告書により
私が本拠とするメイン州では
02:34
It led to a ban of this neuro-toxic flame retardant
神経毒性難燃剤
通称デカの使用が禁止されました
02:37
called Deca in Maine, where I am based,
そして 去年末には全米で
02:40
and also then a phase-out,
段階的廃止の決定が下されました
02:42
U.S.-wide, at the end of last year.
良い面だけみれば
02:45
But we said, well, on the bright side,
私たちのゼニガタアザラシが
02:47
our harbor seals at least will not be
少なくとも炎上することは
当分の間ないんでしょうけれどね
02:49
bursting into flame anytime soon.
それで私は毒性学者として
02:53
So then I got really curious,
私自身に非常に興味がわきました
02:55
myself, as a toxicologist,
研究室に血を寄付して
02:57
and I donated some blood to my lab
「よし やってみよう」と言いました
02:59
and said, "Okay, let's do it."
その結果 113種類の異なる化合物が
03:01
Well, we detected 113 different compounds
私の血から検出されました
03:04
in my blood.
皆さんの中で誰かが
この実験に参加したならば
03:06
And I must say, if any of you would have this done,
化合物が同様に分布した―
03:09
you'd probably find a similar profile,
カクテル(混合物)が検出されるでしょう
03:11
or cocktail, as they call it.
ですが私はなぜか
03:13
But I was the recipient
沢山の難燃剤に毒されていたのです
03:16
of a lot of flame retardant material for some reason.
その程度をお見せしますと
03:19
And just to point out the levels --
アメリカ人はヨーロッパ人に比べて
03:22
Americans have 10 to 40 times higher
体内にある難燃剤の濃度が
03:25
levels of these compounds in our bodies
10~40倍も高くなっています
03:27
than the Europeans.
なぜですかって?
03:29
Why? Because we are flame-retarding everything,
何もかもに防火処理をしており
03:32
and we have weak regulations
有害化学物質の規制も甘いからです
03:34
for toxic chemicals.
あろうことか私はハイエンドの1人なのです
03:36
But lo and behold, I'm one of the high-end individuals.
なんて運がいいんでしょうね
03:39
Lucky me.
ですが こう思いました
03:41
But then I thought,
火災が起きても
多分私は最後まで燃えないだろうって
03:43
well, in case of a fire, I might be the last one to ignite.
03:46
(Laughter)
(笑)
ともかく
これが私たちが調査している
03:49
So anyway, here's the problem --
現在のメキシコ湾の問題です
03:51
and it is a problem that we're looking at in the Gulf today --
この国は化学物質を
適切に規制していません
03:54
we're not regulating chemicals in this country properly.
03:57
We're hardly regulating them at all.
ほとんどしていないと言って良いでしょう
産業界に振り回されっぱなしです
04:00
And we're letting industry run the show.
今朝ジャッキー・サビッツ [海洋生物学者] は
04:02
And Jackie Savitz spoke this morning
04:04
about Big Oil
大手石油会社と
04:06
and the propaganda
彼らのプロパガンダ
そしてどうやって私たちが
04:08
and how we're all brainwashed
彼らの嘘などに
洗脳されるのかを話しました
04:11
with their, you know, lies and so forth.
私たちのケースでは
04:14
Well, Big Chemical
大手化学会社となります
04:16
is what we're dealing with here.
彼らは企業秘密を保つ権利を許され
04:18
And they're allowed to keep trade secrets,
04:20
so they don't even give the ingredients out.
成分資料を提出する義務もありません
健康と安全に関するデータも出しません
04:23
Plus they don't give health and safety data,
04:25
so, consequently, they cannot be regulated
結果的に製品が市場に出る前に
彼らは規制を受けないのです
04:28
before they go to market.
推定無罪の原則のようなものです
04:31
So it's a case of innocent until proven guilty.
生産者側は立証責任を負いません
04:34
The burden of proof is not on the producer.
私は5月に
04:37
So I then was invited to go
メキシコ湾に招待されました
04:39
to the Gulf in May.
そこで私は分散剤が
04:41
I went down there on
海中でどう分布するかなどの
04:43
a preliminary investigation
予備調査をしに
04:45
to look into dispersants
そこへ行くことにしました
04:47
and how they're going into the water column and so forth.
今まで水の中に飛び込むような
クレイジーな毒性学者はいなかった―
04:49
And I was told that I was
04:51
the only toxicologist to date
と言われましたが
04:54
who was dumb enough to get into the water,
私はやりました
04:56
but I did.
私たちは化学防護スーツ等さえつけず
04:58
And we dove in the slick
05:00
without even HazMat gear.
油膜の中に飛び込みました
そして体調を崩しました
05:03
And I did get sick.
2日後 ひどい咽頭炎にかかりました
05:06
I got a ferocious sore throat two days later.
喉が燃えるかと思いました
05:09
I felt like my throat was on fire.
今は治ったんですけどね
05:12
But it did pass.
水に潜る途中で私が見たものは
05:14
And what I did see in the water as we went down,
とても大きな衝撃で
今も頭の中を駆け巡っています
05:17
what really shocked me -- and it's haunted me ever since --
油滴がまき散らされているのを見たのです
05:20
because I could see the droplets of oil dispersing.
さらに潜っていくと油滴の群は
05:23
And as you go down, they're catching all kinds of plankton,
ニシンのようなプランクトン食性魚類の餌で
小さな生命でもある―
05:26
bumping into,
05:28
you know, little wisps of life
05:30
that are the food for the planktivores,
あらゆる種類のプランクトンに
くっついたりぶつかったり
していました
05:33
the herring kind of fish.
海中深く潜って見たものは
05:36
And you could just see the web of death
まさに死の網だったのです
05:38
as you go down in the water column.
05:40
Well, you know, we got into this
この問題は最初
彼らの言葉を借りると
05:42
in the beginning
沼地と海底との
トレードオフとして始まりました
05:44
as a trade-off, they say,
05:46
between the wetlands versus the ocean depth.
私は最初から決定に反対していて
05:49
And I didn't agree with that
05:51
decision at the time; I still don't.
それは今も変わりません
その決定とは
沼地を保護するというものでした
05:53
The decision was to protect the marshes.
一度沼地にオイルが入ったら
取り除くことは不可能です
05:56
When the oil gets into the marshes, you can't get it out.
皆さんもご存知の通り
ごく最近まで
05:59
And as you know, there's been a very weak response,
実際に油を回収するという対応は
06:01
up until recently,
ほとんどありませんでした
06:03
to actually collect the oil.
事態はますます深刻になっています
06:05
It's gotten much more aggressive.
これはシナリオと
その得失評価についての
06:07
This is an Exxon slide showing what happens,
エクソン社のスライドです
06:10
the scenario and the trade-off.
このケースでは
水面に油が浮いています
06:12
So this shows oil on the surface.
06:14
You can see it getting up into the mangrove,
マングローブ地帯に上がっていきますが
サンゴや海草に
06:17
but it is not harming the corals
害を与えることはありません
06:20
or the sea grass, right.
ここに違うシナリオがあります
06:22
So here we have the other scenario.
もし油を分散させると
06:25
If you disperse, the sea grass and the corals
海草やサンゴは結構な被害を被りますが
06:27
are getting hit pretty hard,
マングローブ地帯は保存できます
06:29
but you're saving the mangrove.
06:31
So this, to me, is like going to the eye doctor, okay?
これはまるで眼科医に
行くみたいではありませんか?
06:34
Is it better with one or two?
1と2 どちらが良く見えますか?
06:37
(Laughter)
(笑)
問題はコレキシットが
06:39
The problem is that we have
私たちによって大量に放出され
06:41
released so darn much of this stuff,
あっという間に 200万ガロンに
06:43
we're climbing up to two million gallons
達しつつあるということです
06:46
very quickly.
プルーム(汚染物質)の問題もあります
06:49
And then there's the problem of the plumes.
プルームはないとされていましたが
06:52
What plumes?
プルームはあることが分かったのです
06:54
It turns out there are plumes.
独立研究者たちが見つけたのです
06:57
Independent researchers found that.
06:59
And then there's the looming,
そこには人体に悪影響を与える
差し迫った大きな問題があり
07:02
messy problem of human health,
人の健康への影響が報告されています
07:04
reported human health effects.
07:06
And actually, one of our federal officials
連邦政府のある当局者は
07:08
said that it was probably heat stress. So ...
それはおそらく熱中症だと言いましたが
短い時間ではあっても
07:13
Having been in that water
そこに入ったことがある私は
07:15
just for the short time I was there,
熱中症ではないと言い切れます
07:17
I can tell you, it is not heat stress.
現場では 水の中から
07:19
There are volumes of volatile
大量の揮発性油と溶媒を含む
07:21
petroleum fumes coming off that water,
07:24
plus the Corexit,
コレキシットのガスが昇っていました
07:26
which has solvent in it.
ですから当局者の見解は
全くの見当外れです
07:28
So it is not at all rational.
BP社のショーは今だに続いているのです
07:31
So what do we have? The BP show is going on.
私たちの関係者はコレキシットについて
07:34
Our officials complained about Corexit,
最も毒性が高い分散剤の1つだと
07:37
which is the most toxic
苦言を呈しています
07:40
line of dispersants.
しかし まだ彼らは分散剤を使い続けています
07:42
But heck, they're still using it,
07:44
and they used the most toxic one, the 9527,
最も毒性の高い 9527 を
供給が途切れるまで使い続け
07:47
until they ran out of supplies.
今 彼らは 9500 を使っています
07:50
Now they're on 9500.
9527 は 2-ブトキシエタノールを
含んだものであり
07:52
9527 had 2-butoxyethanol in it
内出血を起こします
07:55
that causes internal bleeding.
エクソンバルディーズ号油濁事故で
これを知りました
07:58
We know that from the Exxon Valdez spill, by the way.
つまり私たちは
流出した石油の上に
08:01
So what we're doing, we're putting compounds
石油系溶剤を含む化合物を
散布しているのです
08:04
with petroleum solvents onto a petroleum spill.
08:07
Does this make sense?
支離滅裂でしょう?
08:09
So this is the way it works.
この仕組みをお話しましょう
そしてここで起きる小さなことを説明します
08:11
And I want to show you this cute little thing that happens here.
それはミセルです
08:14
It's a micelle.
ミセルは油を囲んで形成されます
08:16
Micelles form around the oil.
08:19
And what happens first
まず最初に
溶剤が油の中に割って入り
08:21
is the solvents break into the oil,
油膜の中に
08:23
the lipid membrane,
界面活性剤が入っていきます
08:25
they let the surfactants in there.
界面活性剤は
08:27
The surfactants -- which are like things
ファストフードの包装等に使われていますが
08:29
we use on fast food wrappers --
油滴の周りを取り囲み
08:31
they grab around the droplets of oil,
微小の粒を作ります
08:33
and they make little, tiny droplets
きれいで小さな
08:35
with nice, little
界面活性剤が縁取ります
08:37
surfactant edges to them.
ミセルについて覚えておくべきことは
08:39
The thing to remember about the micelles --
この小さくて浮遊する
毒物の滴は
08:42
these little floating
08:44
globules of toxin --
08:46
is they are there to deliver.
届けるためにあるのです
FedEx の配達員みたいなものです
08:48
They're like the FedEx guys.
08:50
And if you're a fish,
皆さんが魚であれば
あなたの滴が
午前に届かなければ
08:52
and you haven't gotten your glob in the morning,
午後には届くでしょう
08:54
you're going to get it in the afternoon,
皆さんの住所を知っているからです
08:56
because they've got your number.
毒物学の見地からいえば
08:58
So from a toxicology perspective,
これはとても恐ろしいことです
09:01
this is really awful
コレキシットと分散された油は
09:03
because Corexit and the dispersed oil
結合することで
単独の場合よりも
09:06
are much more toxic together
もっと強力な毒になるからです
09:08
than either alone.
通常は複数の毒素への曝露量は
09:10
And usually the exposure
09:12
is a combined exposure.
それぞれの合計になります
しかし分散剤は 私が説明したとおり
09:14
The dispersants -- as I was saying --
油膜を分解するのが仕事であり
09:17
their job is to break down
09:19
the lipid membrane.
分散剤に含まれる溶剤は
これを非常に効率的にします
09:21
The solvents in them do that very efficiently.
09:24
So they break down
そして分散剤は
私たちの体内の油膜―
09:26
lipid membranes in our body,
皮膚から臓器に至るまでの細胞を
分解するのです
09:28
starting with cells of the skin,
09:30
the cells of organs.
09:32
So it actually hastens
つまり分散剤は
油が体内により容易に早く
吸収されることを助けるのです
09:34
oil getting into the body
09:36
easily and readily.
油は何百もの炭化水素化合物や
09:38
Oil contains hundreds of hydrocarbon compounds
その他の化合物を含んでおり
09:41
and other compounds
体のあらゆる臓器に有毒です
09:43
that are toxic to every organ in the body.
そのため分散剤と合わさった場合
09:46
And so with the dispersants combined,
09:48
you have this very synergistic
皆さんは非常に相乗的な
09:50
combined toxicity.
複合毒性にさらされるのです
コレキシット自体も石油系溶剤や
09:53
Corexit also contains petroleum solvents
09:55
and many other toxic compounds.
たくさんの毒性化合物を含みます
09:57
And I'm part of a chat group,
私は毒性学者と化学者が集まる
09:59
which is a national group
全国組織のチャットグループの
一員なのですが
10:02
of toxicologists and chemists
この組織は 基本的に
10:05
that are, you know, basically
製品の中に何が含まれるのか
10:07
turning cartwheels trying to figure out what's in this stuff,
化学品の働きと相互作用を
解明するために活動しています
10:10
and what is it doing and what are the interactions
相互作用により生まれる
副産物の大半は
10:13
of these chemicals, most of which we don't know,
元の化合物よりも毒性が高く
10:16
and what are their byproducts,
10:18
which are usually more toxic than the parent compound.
私たちが知らないものです
私たちはコレキシット 9500 が
10:21
So we did find that Corexit 9500
ヒ素やクロムなどの重金属を含むこと―
10:23
contains heavy metals, arsenic and chromium --
そしてヒ素はガンを引き起こすのに
10:26
arsenic at high enough levels
十分な量であることを発見しました
10:29
to have cancer-causing effects.
これは私たちが調査する
安全データシートですが
10:33
So this is what we have to look at,
10:36
these, you know, ridiculous safety data sheets,
おかしなことに
そのことに関する記載は
ほとんどありません
10:39
which have nothing on them much.
現在 化学会社は
コレキシットに含まれる
10:42
And now they were forced to release the ultimate list
化学品の完全リストを
公表するように求められています
10:45
of everything that's in Corexit.
10:48
And guess what,
しかしなぜでしょう
多くの成分が記載されていません
10:50
tons of stuff is missing.
誘導体 誘導体と書かれているのは
10:52
Derivatives, derivatives, these are whole big groups
多数の化合物です
ソルビタンもそう
10:55
of many, many compounds, these sorbitans.
そしてさらに溶剤である
10:58
And then you get down to the petroleum distillates,
石油の蒸留物も
11:00
which are the solvents,
何百もあります
11:02
hundreds of them.
それらは特定されていません
なぜでしょう
11:04
They are not identified. And why?
企業秘密だからです
11:07
Trade secrets again.
BP社はショーを続けており
11:09
BP's running the show,
Nalco社がこれを裏で行っています
11:11
and the Nalco company, this is all they have to do.
今日に至るまで 成分は公表されておらず
11:14
So far these ingredients have not been released,
毒性学者達は本当に怒り狂っています
11:17
and toxicologists are actually going nuts
どのような相互作用や
11:20
because we cannot predict with certainty
どのような毒素の結果をもたらすか
11:23
what the interactions
正確に予想することができないからです
11:25
and toxic results are going to be.
しかし私たちはお分かりの通り
11:27
But we do have quite a lot at risk
本当に大きなリスクに直面しています
11:29
down there, as we all know,
33 箇所の野生生物保護区や
11:31
the 33 wildlife refuges,
多くの野生生物や
11:34
so much wildlife
魚や生物多様性が危機に瀕しています
11:36
and fish and diversity.
私たちは過去の油濁事故から学んでいます
11:38
So we know from previous spills.
11:40
And then part of this is just
過去の事故で起こったことは
11:42
part of my bad dreams.
私の悪夢の一部でもあります
今回は私の苦悩の一部を
11:44
And I appreciate being able
皆さんと共有できることを
11:46
to vent some of my
ありがたく思っています
11:48
anguish upon you.
私たちは さんご礁は
大きな影響を受けることを知っています
11:50
What we do know is that the corals are going to get hit hard.
11:54
And this is a study that was done
これは豪州 タスマニアの海岸で
起こった事故に関して
11:56
on the Australian coast,
11:58
the coast of Tasmania.
行われた研究です
さんご礁はご存知の通り
12:01
Corals are, you know, the home to
全ての海洋生物の
約4分の1の住処です
12:03
about a quarter of all marine species.
12:05
And with the Corexit
そしてコレキシットと石油によって
12:08
and the oil,
さんごの繁殖能力は
ゼロになってしまいます
12:10
there's zero percent fertilization.
石油だけなら 98% の繁殖能力です
12:13
With oil alone, there's 98 percent fertilization.
12:16
So they're a very sensitive species
つまり さんごは
この組み合わせの影響を
12:18
to this combo.
非常に受けやすい生物なのです
12:20
Here's another group.
ここに別のグループがいます
水柱の中で簡単に見ることができるのですが
12:22
I could see myself easily in the water column.
プランクトンとその捕食者です
12:25
The plankton and the plankton eaters,
ご存知の通り
小さなニシンのような魚が
12:27
you know, these are the little herring fish
12:29
that go through the water column with their mouths open,
水柱の中を口を開けたまま往来し
見境なく餌をとり
12:32
feeding indiscriminately
同時に この茶色の有毒物質のプリンを
12:34
and just lapping up
12:36
this brown pudding of toxic stuff.
ガツガツと食べています
別の研究から分かっていますが
12:40
And we do know from other studies
これは非常に毒性の高い塊です
12:42
that this is a highly toxic mixture.
石油とコレキシットが一緒になると
12:44
See the oil and Corexit is causing death
石油単体の場合よりも
12:47
at a much, much lower dose
ずっと ずっと少量で死を起こします
12:50
than oil alone.
これが私たちが現時点で知っている
12:52
That's probably as far as what we do know
12:54
about toxic effects.
毒性についてのすべてです
12:56
But my bad dreams go like this.
しかし私の悪夢はさらに続きます
この食魚性の魚―
12:59
The piscivorous fish,
スギやハタやブリなどの大きな魚が
13:01
the cobia, grouper, amberjacks, those big fish,
マグロやサメも含めて
13:04
also the tuna and sharks,
この茶色のプリンにやられてしまいます
13:06
are going to hit by this.
13:08
And the gills are quite sensitive.
彼らのえらは非常に繊細で
呼吸器官がとても傷つきやすいのです
13:10
The respiratory system is very sensitive.
13:12
Think about it with
考えてみてください
コレキシットが膜にあたり
13:14
the Corexit hitting the membranes,
えらに詰まるのです
13:17
and it will clog up the gills,
するとこれらの魚達は
13:20
and then these animals are going to be
13:22
getting something like what you call
化学肺炎と呼ばれる状態になり
13:24
chemical pneumonia,
この化合物を吸収しようとします
13:26
trying to aspirate the compounds.
コレキシットは体内に吸収されると
13:29
It also will cause internal bleeding
13:31
upon ingestion.
内出血を起こします
私は肺呼吸の哺乳類をとても心配しています
13:33
I'm very worried about the air-breathing mammals because I study them,
研究対象であるからだけでなく
13:36
but also, the way their going to be exposed
彼らは息をするため水面に来るたびに
13:38
is every time they come to the surface to take a breath,
揮発性の蒸気に晒され
これを吸い込むからです
13:41
they're going to inhale these volatile fumes.
13:44
And what does happen with that eventually
その結果として
13:46
is pneumonia sets in
肺炎にかかり
肝臓 腎臓 脳までが損傷を受けます
13:49
and liver, kidney, brain damage.
13:52
The Corexit
コレキシットが
石油を体内の全ての膜に
13:54
is transporting the oil
全ての器官に
13:56
into every membrane
届けるのです
13:58
and every system of the body.
そしてたくさんの不快な症状が起こります
14:00
And you're having
14:02
a lot of different unpleasant effects,
14:04
but burns to the eyes and mouth,
目や口の炎症だけではなく
皮膚の腫瘍や病班なども起こります
14:07
skin ulcers, lesions.
14:09
And I think, personally,
個人的な見解ですが
14:11
that we have not begun to see
私たちはまだ
メキシコ湾の野生生物への
14:13
the impacts of this spill
油濁の本当の影響を目にしていません
14:15
on the wildlife of the Gulf.
14:17
We started hypothesizing:
私たちは仮説を立て始めました
私たちは何を知っているのか
14:19
what do we know?
栄養カスケードに何が起こるのか
14:21
what do with think would be a trophic cascade?
つまりある生物が死滅した時に
14:23
which means that somebody gets wiped out,
それを捕食していた
14:25
and then everything above
上位の全ての生物が影響を受ける
という仮説です
14:27
that's eating those guys will crash.
14:29
So our thought was --
私たちの仮説は
シンプルな考え方ですが
14:32
this is a simple thinking process, but ...
実際にはプランクトンやその捕食者の
14:34
obviously the plankton, the planktivores,
レベルまでしか理解できていません
14:37
and that's about as far as we got.
そして私たちは栄養カスケードの分析が
上手くできていませんでした
14:39
And then it turns out we're not very good at figuring this stuff out.
14:42
This is what the Exxon Valdez scientists thought would happen,
これがエクソン・バルディーズ号の科学者達が
考えていた栄養カスケードです
14:45
this trophic cascade
昆布やニシンがいなくなると
14:47
where you lose the kelp and the herring
それより上位の魚が死滅すると考えていました
14:49
and other fishes and going up.
彼らはこの栄養カスケードの頂点に
14:51
They thought that eventually the killer whale
シャチがいると考えていました
14:53
would be at the top of this cascade.
実際に起こったことは
14:55
And then here's what really happened,
より複雑でもっと固有のものでした
14:57
much more complicated, much more specific.
岩に張り付いている
15:00
Actually the kelp
昆布やフジツボの多くは
15:02
and the barnacles that attach to the rock
コレキシットと油の混合により
15:05
were decimated by the combination
15:07
of Corexit and the oil.
予想通りの損害を受けました
それらは岩に接着する力の弱い
15:11
They were replaced by invasive species,
侵入種に取って代わられました
15:14
which had less holding power to the rock.
そこに嵐が来て
15:17
Storms came along.
彼らを岩からはがしたのです
15:19
They ripped out of the rock.
そしてそれがウミガモにとって
すべての食料源でした
15:21
And this was the entire food web for the sea ducks.
その結果 ご存知の通り
エクソン・バルディーズ号の事故により
15:24
And as you know, we lost about 300,000 sea ducks
15:27
from the Exxon Valdez spill,
30万羽のウミガモが失われ
15:29
and they haven't come back.
いまだに戻って来ていません
現在 私たちは
15:32
So we are launching
独立研究を立ち上げています
15:34
an independent study.
「独立」というのは
「一人で」という意味ではありません
15:36
And by independent, I do not mean alone;
ここでいう独立とは
15:39
I mean independent in the sense
例えば今メキシコ湾で起こっている
15:41
of not tied to
犯罪現場の機密のようなものに
15:44
the kind of crime-scene secrecy
縛られないということです
15:46
that's going on in the Gulf now.
私たちは毒性の影響を
評価しようとしていますが
15:48
But we are actually going to be assessing toxic impacts,
この研究を賢く行うためには
15:51
but we need lots and lots of partners
多くのパートナーが必要です
15:53
to do this intelligently.
何人かパートナーを紹介します
15:55
We have some of the partners lined up.
デービッド・ガロ [海洋学者] も
その1人ですし
15:57
And Dave Gallo signed on.
シルビア・アール [海洋学者] もいます
15:59
Sylvia's in here.
そして皆さんの中でも
手伝ってくれる人がいることを望みます
16:02
And we hope that some of you will help us.
皆さんに問います―
私たちは知るべきでは?
16:05
My question to you is: why shouldn't we know?
私たちの知る権利は?
16:07
Don't we have the right to know?
私たちには当然知る権利があります
16:09
Surely we have the right to learn
メキシコ湾で経験する損失をです
16:12
what loss we are going through in the Gulf.
16:15
And my wish would be --
私の望み―
メキシコ湾岸での重大目標は
16:18
for the gulf prize -- would be
16:20
that we have the truth.
真実を知ることです
16:23
Whatever it is, please let us have the truth.
どのようなものであれ
私たちに真実をつかませてください
16:26
And to get there,
そこにたどり着くためには
アセスメント(事前影響評価)が必要です
16:28
we need to do the assessment.
皆さんと問題共有でき感謝します
ありがとう
16:31
So I appreciate being here. Thank you.
16:33
(Applause)
(拍手)
Translated by Natsuhiko Mizutani
Reviewed by Yuka Rieser

▲Back to top

About the Speaker:

Susan Shaw - Marine toxicologist
Susan Shaw is an internationally recognized marine toxicologist, author and explorer.

Why you should listen

For two decades, Susan Shaw has investigated the effects of environmental chemicals in marine animals. She is credited as the first scientist to show that flame-retardant chemicals in consumer products have contaminated marine mammals and commercially important fish stocks in the northwest Atlantic Ocean.

An outspoken and influential voice on ocean pollution, Shaw dove in the Gulf oil slick in May and observed first-hand how oil and dispersants are impacting life in the water column. The experience prompted her to call for a collaborative, Gulf-wide effort to track effects as the toxins ripple through the food web. She was instrumental in creating the Consensus Statement opposing further use of dispersants in the Gulf.

Shaw serves on the International Panel on Chemical Pollution, a select group of scientists urging policymakers to improve management of toxic chemicals. She travels throughout the US, Europe and Asia as a speaker on the ocean crisis and chemical pollution.

More profile about the speaker
Susan Shaw | Speaker | TED.com