English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxRotterdam 2010

Geert Chatrou: A whistleblower you haven't heard

ちょっと聞いたことのない口笛の妙技

Filmed
Views 1,959,093

口笛の世界チャンピオンであるヘールト・チャトロウが、TEDxRotterdamでA・ホンホフの気まぐれな曲「エレオノーラ」と、彼自身の曲「美の饗宴」を披露します。そして素敵な幕間の語りでは、彼がこの道へと導かれた顛末を聞かせてくれます。

- Whistler
It all started as a practical joke: Geert Chatrou's sister-in-law entered him in the International Whistler's Convention in Louisburg, NC. To save face, he went … and won! Full bio

(Whistlingホイッスル)
(口笛)
00:16
(Applause拍手)
(拍手)
02:19
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
02:22
(Applause拍手)
(拍手)
02:24
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございます
02:26
Thatそれ wasあった whistlingホイッスル.
口笛をお聞きいただきました
02:28
I'm私は trying試す to do行う thisこの in English英語.
どうにか英語でお話ししようとしています
02:31
What is aa chubbyふわふわした, curly-hairedカワハラ guy fromから Hollandオランダ ---
「なんだこの丸ぽちゃ巻き毛のオランダ人は? なんで口笛吹いてるんだ?」
02:34
whyなぜ is he whistlingホイッスル?
そう お思いかもしれませんね
02:38
Wellよく actually実際に, I've私は [beenされている] whistlingホイッスル since以来 theその age年齢 of four4つの, about four4つの.
私は実際4歳の頃から口笛ばかり吹いていました
02:40
Myじぶんの dadパパ wasあった always常に whistlingホイッスル aroundまわり theその house,
父はいつも家で口笛を吹いていて
02:44
andそして I justちょうど thought思想 that'sそれは part of communicationコミュニケーション in myじぶんの family家族.
私はそれをコミュニケーションの一種だと思い
02:46
Soそう I whistledホイッスル along一緒に with〜と him.
一緒になって口笛を吹いていたのです
02:49
Andそして actually実際に, tillまで I wasあった 34,
そして34になった私はいつも
02:51
I always常に annoyed悩まされる andそして irritatedイライラしている people with〜と whistlingホイッスル,
口笛で周りの人を煩わせ 苛立たせていました
02:55
becauseなぜなら, to be〜する honest正直な,
正直 私の口笛は
02:59
myじぶんの whistlingホイッスル is aa kind種類 of deviant偏差 behavior動作.
ちょっと常軌を逸していました
03:01
I whistledホイッスル alone単独で. I whistledホイッスル in theその classroom教室.
1人の時も口笛 教室でも口笛
03:05
I whistledホイッスル on [myじぶんの] bike自転車. I whistledホイッスル everywhereどこにでも.
自転車に乗っても口笛 どこにいても口笛を吹いていたのです
03:08
Andそして I alsoまた、 whistledホイッスル at〜で aa Christmasクリスマス Eveイブ partyパーティー
義姉の家でクリスマスパーティがあったときにも
03:11
with〜と myじぶんの family-in-law義理の家庭.
口笛を吹いていました
03:14
Andそして they彼ら had持っていました some一部, in myじぶんの opinion意見,
彼らのかけるクリスマス音楽は
03:16
terribleひどい Christmasクリスマス music音楽.
私に言わせると ひどいものでした
03:19
Andそして whenいつ I hear聞く music音楽 thatそれ I don'tしない like好きな,
そして気に入らない曲を聴くと
03:21
I tryお試しください to make作る itそれ betterより良い.
もっと改善してやろうと思うのです
03:23
Soそう "Rudolphルドルフ theその Red-Nosed赤鼻 Reindeerトナカイ" --- you君は know知っている itそれ?
「赤鼻のトナカイ」はご存じですね?
03:26
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
03:29
Butだけど itそれ canできる alsoまた、 sound like好きな thisこの.
これは こんな風にだってできるのです
03:32
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
03:34
Butだけど during aa Christmasクリスマス partyパーティー ---
でもクリスマスの
03:37
at〜で dinnerディナー actually実際に --- it'sそれは very非常に annoying迷惑な.
ディナーの場では 耳障りだったようです
03:39
Soそう myじぶんの sister-in-law義理の姉妹
それで義姉に何度か
03:42
asked尋ねた me aa few少数 times, "Pleaseお願いします stopやめる whistlingホイッスル."
「口笛やめてくれない?」と注意されました
03:44
Andそして I justちょうど couldn'tできなかった.
でもやめられなかったのです
03:47
Andそして at〜で one1 pointポイント --- andそして I had持っていました some一部 wineワイン, I have持ってる to admit認める thatそれ ---
そしてワインで酔っていたこともあって
03:49
at〜で one1 pointポイント I said前記, "Ifif thereそこ wasあった aa contestコンテスト, I would〜する join参加する."
「もし口笛コンテストがあったら出てやるのにな」と言いました
03:52
Andそして two weeks later後で
その2週間後に義姉から
03:55
I received受け取った aa textテキスト messageメッセージ: "You'reあなたは going行く to Americaアメリカ."
メールを受け取りました 「アメリカには行くのよね?」
03:57
(Laughter笑い)
(笑)
04:00
Soそう, okayはい, I'm私は going行く to Americaアメリカ.
「アメリカなら行ってみたいけど
04:02
I would〜する love to, butだけど whyなぜ?
なんでまた?」
04:04
Soそう I immediatelyすぐに calledと呼ばれる her彼女 upアップ, of courseコース.
不思議に思って電話しました
04:06
She彼女 Googledグーグル,
義姉はGoogleで調べて
04:09
andそして she彼女 found見つけた thisこの World世界 Whistlingホイッスル Championshipチャンピオンシップ
世界口笛選手権が
04:11
in Americaアメリカ, of courseコース.
アメリカであるのを見つけたのです
04:13
She彼女 didn'tしなかった expect期待する me to go行く thereそこ.
義姉は私が行くとは思っておらず
04:17
Andそして I would〜する have持ってる lost失われた myじぶんの face.
私は顔をなくすことになるわけです
04:20
I don'tしない know知っている ifif that'sそれは correct正しい English英語.
英語で正しい言い方なのか分かりませんが
04:23
Butだけど theその Dutchオランダの people hereここに will意志 understandわかる what I mean平均.
オランダ人なら言いたいこと分かりますよね
04:25
(Laughter笑い)
(笑)
04:27
I lost失われた myじぶんの face.
私は顔をなくすのです
04:30
(Applause拍手)
(拍手)
04:32
Andそして she彼女 thought思想, "He will意志 never決して go行く thereそこ."
「本当に行くわけがない」と思っているので
04:35
Butだけど actually実際に I didした.
行ってやることにしました
04:37
Soそう I went行った to Louisburgルイスバーグ, North Carolinaキャロライナ,
ノースカロライナ州ルイスバーグ
04:39
southeast南東 Unitedユナイテッド States,
アメリカの南東部にある町です
04:41
andそして I entered入った theその world世界 of whistlingホイッスル.
そして「口笛の世界」に参加し
04:45
Andそして I alsoまた、 entered入った theその world世界 championshipチャンピオンシップ,
口笛世界選手権2004に出場して
04:48
andそして I won勝った thereそこ in 2004.
優勝しました
04:50
(Applause拍手)
(拍手)
04:53
Thatそれ wasあった
もちろんそれは
04:56
greatすばらしいです fun楽しい, of courseコース.
すごく楽しい経験でした
04:58
Andそして to defend守る myじぶんの titleタイトル ---
そして柔道家やスポーツマンみたいに
05:01
like好きな judokas柔道 do行う andそして sportsmenスポーツマン ---
タイトルを防衛するため
05:03
I thought思想, wellよく let'sさあ go行く backバック in 2005,
2005年にも参加して
05:06
andそして I won勝った again再び.
また優勝しました
05:08
Then次に I couldn'tできなかった participate参加する forために aa few少数 years.
その後何年かは参加できなかったのですが
05:11
Andそして in 2008 I entered入った again再び
2008年に東京であった大会に
05:13
in Japan日本, Tokyo東京, andそして I won勝った again再び.
また参加して 再び優勝しました
05:15
Soそう what happened起こった now
そして今
05:18
is I'm私は standing立っている hereここに in Rotterdamロッテルダム, in theその beautiful綺麗な cityシティ, on aa big大きい stageステージ,
この美しい街ロッテルダムで 大きなステージに立ち
05:21
andそして I'm私は talking話す about whistlingホイッスル.
口笛の話をしているわけです
05:24
Andそして actually実際に I earn獲得する myじぶんの moneyお金 whistlingホイッスル at〜で theその moment瞬間.
実際私は口笛で収入を得るようになり
05:26
Soそう I quit終了する myじぶんの day jobジョブ asとして aa nurseナース.
看護師の仕事は辞めました
05:30
(Applause拍手)
(拍手)
05:33
Andそして I tryお試しください to liveライブ myじぶんの dream ---
そして夢にかけようとしています・・・
05:38
wellよく, actually実際に, itそれ wasあった never決して myじぶんの dream, butだけど itそれ sounds soそう good良い.
別に夢じゃなかったんですが そう言うと何かかっこいいでしょう?
05:40
(Laughter笑い)
(笑)
05:43
Okayはい, I'm私は notない theその onlyのみ one1 whistlingホイッスル hereここに.
さて 口笛を吹くのは私だけじゃありませんよ
05:45
You君は sayいう, "Huhハァッ, what do行う you君は mean平均?"
「どういう意味?」とお思いですか?
05:47
Wellよく actually実際に, you君は are going行く to whistleホイッスル along一緒に.
皆さんにも一緒に吹いていただきます
05:49
Andそして then次に always常に theその same同じ thingもの happens起こる:
こう言うといつも同じ反応が起きます
05:55
people are watching見ている each otherその他 andそして think思う, "Ohああ, myじぶんの God.
互いに顔を見合わせて
05:58
Whyなぜ? Canできる I go行く away離れて?"
「おいおい 勘弁してくれよ」と思うのです
06:00
Noいいえ, you君は can'tできない.
駄目 逃げられませんよ
06:02
Actually実際に it'sそれは very非常に simple単純.
実際簡単です
06:06
Theその trackトラック thatそれ I will意志 whistleホイッスル
吹くのは
06:08
is calledと呼ばれる "Ffête de la Belleベル."
「美の饗宴」という
06:10
It'sそれは about 80 minutes long長いです.
80分ほどの曲です
06:12
Noいいえ, noいいえ, noいいえ. It'sそれは four4つの minutes long長いです.
冗談です 4分の曲です
06:15
Andそして I want欲しいです to first最初 rehearseリハーサル with〜と you君は yourきみの whistlingホイッスル.
最初にちょっと口笛の練習をしましょう
06:18
Soそう I whistleホイッスル theその toneトーン.
こう吹いてください
06:22
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
06:24
(Laughter笑い)
(笑)
06:26
Sorryごめんなさい. I forgot忘れた one1 thingもの.
すいません 1つ言い忘れていました
06:28
You君は whistleホイッスル theその same同じ toneトーン asとして me.
私と音程を合わせてください
06:31
(Laughter笑い)
(笑)
06:33
I heard聞いた aa wideワイド variety品種 of tonesトーン.
随分いろんな音がありましたよ
06:35
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
06:41
Thisこの is very非常に promising有望.
すごく有望ですね
06:56
Thisこの is very非常に promising有望.
有望ですよ
06:58
I'll私はよ ask尋ねる theその technicians技術者 to start開始 theその music音楽.
技師の方に音楽をスタートしてもらいましょう
07:00
Andそして ifif it'sそれは started開始した, I justちょうど pointポイント whereどこで you君は whistleホイッスル along一緒に,
始まったら 口笛を吹く部分をお教えします
07:03
andそして we我々 will意志 see見る what happens起こる.
どうなるかお楽しみ
07:06
Ohああ, hahハハ.
おっと しまった
07:13
I'm私は soそう sorryごめんなさい, technicians技術者.
技師は私でした
07:15
(Laughter笑い)
(笑)
07:17
I'm私は soそう used中古 to thatそれ.
いつもやってもらっていたものですから
07:21
I start開始 itそれ myself私自身.
自分でやります
07:23
Okayはい, hereここに itそれ is.
さあ 始めましょう
07:26
(Laughter笑い)
(笑)
07:28
(Music音楽)
(音楽)
07:30
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
07:33
Okayはい.
どうぞ
07:48
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
07:51
It'sそれは easy簡単, isn'tない itそれ?
簡単でしょう
08:38
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
08:41
Now comes来る theその soloソロ. I propose提案する I do行う thatそれ myself私自身.
ここからソロです 私が吹かせていただきます
09:15
(Whistlingホイッスル)
(口笛)
09:21
(Applause拍手)
(拍手)
11:34
Max最大 Westermanウェスターマン: Geertゲルト Chatrouチャットルー, theその World世界 Championチャンピオン [of] Whistlingホイッスル.
口笛世界チャンピオンのヘールト・チャトロウでした
11:45
Geertゲルト Chatrouチャットルー: Thank感謝 you君は. Thank感謝 you君は.
どうもありがとうございました
11:48
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Jun Sasaki

▲Back to top

About the speaker:

Geert Chatrou - Whistler
It all started as a practical joke: Geert Chatrou's sister-in-law entered him in the International Whistler's Convention in Louisburg, NC. To save face, he went … and won!

Why you should listen

Geert Chatrou has been whistling as long as he can remember. He plays the recorder and flute, but prefers whistling -- using only his lips as an instrument. In 2004 he won the whistling World Championships, and returned in 2005 to successfully defend his title. The 2008 World Championships were held in Japan, and Chatrou proved to be the world's best once again.

Chatrou was part of a prizewinning documentary about the 2004 International Whistling Convention, made by Emmy winners Kate Davis and David Heilbroner. This documentary, called "Pucker Up: The Fine Art of Whistling," has been screened in over 40 countries. Together with the Dutch group Ocobar, Chatrou made his debut album, "Chatroubadour" in 2005, with all songs specially written to fit his virtuoso whistling. In 2008, Chatrou released his latest album, "Ornithology," which brings out the "whistlability" of different music styles -- from jazz to klezmer to classic to pop.

More profile about the speaker
Geert Chatrou | Speaker | TED.com