English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2004

Golan Levin: Software (as) art

ゴラン・レヴィン ソフトウェアアート

Filmed
Views 608,895

エンジニアとアーティストであるゴラン・レヴィンが、視聴覚を使って出来ることとテクノロジーの限界を押し広げます。TEDの舞台で、彼がパフォーマンスするために作ったふたつのプログラムを発表します。

- Experimental audio-visual artist
Half performance artist, half software engineer, Golan Levin manipulates the computer to create improvised soundscapes with dazzling corresponding visuals. He is at the forefront of defining new parameters for art. Full bio

Imagine想像する spending支出 sevenセブン years at〜で MITミット andそして research研究 laboratories研究所,
想像してみて下さい。7年間MITの研究室に通って、
00:27
onlyのみ to find見つける outでる thatそれ you'reあなたは aa performanceパフォーマンス artistアーティスト.
分かったことが自分がパフォーミングアーティストということだけだなんて。
00:30
(Laughter笑い)
00:35
I'm私は alsoまた、 aa softwareソフトウェア engineerエンジニア,
私はソフトウェアエンジニアで、
00:39
andそして I make作る lotsロット of different異なる kinds種類 of artアート with〜と theその computerコンピューター.
いろいろな種類のアートをコンピューターでたくさん作っています。
00:42
Andそして I think思う theその mainメイン thingもの thatそれ I'm私は interested興味がある in
中でも私が特に興味を持っているのは、
00:44
is trying試す to find見つける aa way方法 of
コンピューターを
00:46
making作る theその computerコンピューター into aa personal個人的 modeモード of expression表現.
パーソナルな表現方法として活用できるようにすることです。
00:48
Andそして manyたくさんの of you君は outでる thereそこ are theその heads of Macromediaマクロメディア andそして Microsoftマイクロソフト,
ここにいる皆さんの多くはマクロメディアやマイクロソフトで活躍している方だと思いますが、
00:51
andそして in aa way方法 thoseそれら are myじぶんの baneベーン:
ある意味でそういった会社は私の悩みの種なんです。
00:56
I think思う there'sそこに aa greatすばらしいです homogenizing均質化する force
私が思うにソフトウェアは
00:58
thatそれ softwareソフトウェア imposes賦課する on people andそして limits限界 theその way方法 they彼ら think思う
型にはまった使い方をユーザーに強要していて
01:01
about what's何ですか possible可能 on theその computerコンピューター.
コンピューターに秘められた可能性を制限しています。
01:07
Of courseコース, it'sそれは alsoまた、 aa greatすばらしいです liberating解放する force thatそれ makes作る possible可能,
しかしソフトウェアは一部のことを可能にさせるような力も持ち合わせています。
01:09
you君は know知っている, publishing出版 andそして soそう forth前進, andそして standards基準, andそして soそう on.
ようするに、出版や基準を作ることへの手助けは大きいということです。
01:12
Butだけど, in aa way方法, theその computerコンピューター makes作る possible可能 muchたくさん moreもっと
しかしコンピューターはある意味で想像以上のことを可能にします。
01:15
thanより what most最も people think思う, andそして myじぶんの artアート has持っている justちょうど beenされている about
ほとんどの人が考える以上のことを可能にするのです。私のアートは、
01:19
trying試す to find見つける aa personal個人的 way方法 of usingを使用して theその computerコンピューター,
より個人的な観点からコンピューターを利用する方法を見つけようとしています。
01:22
andそして soそう I end終わり upアップ writing書き込み softwareソフトウェア to do行う thatそれ.
それを叶えるため、最終的にソフトウェアを作りました。
01:24
Chrisクリス has持っている asked尋ねた me to do行う aa shortショート performanceパフォーマンス,
クリスからショートパフォーマンスをするよう頼まれたので、
01:28
andそして soそう I'm私は going行く to take取る justちょうど thisこの time時間 --- maybe多分 10 minutes ---
大体10分位パフォーマンスをします。
01:30
to do行う thatそれ, andそして hopefullyうまくいけば at〜で theその end終わり have持ってる justちょうど aa moment瞬間
もし出来れば残りの時間で
01:33
to showショー you君は aa coupleカップル of myじぶんの otherその他 projectsプロジェクト in videoビデオ form.
他にやっているいくつかのプロジェクトについてビデオで紹介します。
01:35
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます。
13:11
(Applause拍手)
拍手
13:13
We've私たちは got持っている about aa minute left.
一分ほど時間が余りました。
13:24
I'd私は justちょうど like好きな to showショー aa clipクリップ fromから aa most最も recent最近 projectプロジェクト.
一番新しいプロジェクトをお見せしたいと思います。
13:26
I didした aa performanceパフォーマンス with〜と two singers歌手
二人のシンガーと一緒にパフォーマンスをしました
13:28
who specialize特化する in making作る strange奇妙な noisesノイズ with〜と their彼らの mouths.
彼らは口で変わった音をだすことを専門にしています。
13:31
Andそして thisこの justちょうど came来た offオフ last最終 September9月 at〜で ARSars Electronicaエレクトロニカ;
このパフォーマンスは昨年の9月にアルス・エレクトロニカで発表されました。
13:34
we我々 repeated繰り返し itそれ in Englandイングランド.
イギリスでも発表しました。
13:37
Andそして theその ideaアイディア is to visualize視覚化する their彼らの speechスピーチ andそして song behind後ろに themそれら
シンガーが口から発する音とその背後にある歌を大きなスクリーンで
13:39
with〜と aa large screen画面.
視覚化することが狙いでした。
13:42
We我々 used中古 aa computerコンピューター visionビジョン tracking追跡 systemシステム
私たちはコンピューターの人物追跡システムを使い
13:43
in order注文 to know知っている whereどこで they彼ら wereあった.
シンガーの位置を把握しました。
13:45
Andそして since以来 we我々 know知っている whereどこで their彼らの heads are,
彼らの頭がどこにあるか分かっていたので、
13:47
andそして we我々 have持ってる aa wireless無線 micマイク on themそれら
彼らにワイヤレスマイクを付け
13:48
thatそれ we're私たちは processing処理 theその sound fromから,
音を処理させ
13:50
we're私たちは ableできる to create作成する visualizations視覚化
視覚化させることが出来ました。
13:51
whichどの are linkedリンクされた very非常に tightlyしっかりと to what they're彼らは doingやっている with〜と their彼らの speechスピーチ.
この視覚化は、彼らが音を出すことと非常に密接に繋がっています。
13:53
Thisこの will意志 take取る about 30 seconds orまたは soそう.
これは大体30秒くらいです。
13:56
He's彼は making作る aa, kind種類 of, cheek-flapping頬の羽ばたき sound.
彼は頬を叩くような音を出しています。
14:01
Wellよく, suffice十分な itそれ to sayいう it'sそれは notない allすべて like好きな thatそれ, butだけど that'sそれは part of itそれ.
これは一部分で全部がこんな感じではありませんが、十分でしょう
14:43
Thanksありがとう very非常に muchたくさん. There'sそこに always常に lotsロット moreもっと.
ありがとうございます。もっと紹介したいことはありますが・・・
14:46
I'm私は overtime時間とともに, soそう I justちょうど wanted欲しい to sayいう you君は canできる, ifif you'reあなたは in New新しい Yorkヨーク,
時間が過ぎてしまいましたが、もしニュ-ヨークにいる方がいるなら、
14:48
you君は canできる checkチェック outでる myじぶんの work作業 at〜で theその Whitneyホイットニー Biennial二年ごと next week週間,
来週Whitney Biennialで行われる私のワークを見ることが出来ます。
14:50
andそして alsoまた、 at〜で Bitformsビットフォーム Galleryギャラリー in Chelseaチェルシー.
またChelseaのBitforms Galleryでもやります。
14:52
Andそして with〜と thatそれ, I think思う I should〜すべき give与える upアップ theその stageステージ,
それではこの辺で終わりにしたいと思います。
14:55
soそう, thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
ありがとうございました。
14:57
Translated by Ran Ishizuka
Reviewed by Jun Sasaki

▲Back to top

About the speaker:

Golan Levin - Experimental audio-visual artist
Half performance artist, half software engineer, Golan Levin manipulates the computer to create improvised soundscapes with dazzling corresponding visuals. He is at the forefront of defining new parameters for art.

Why you should listen

Having worked as an academic at MIT and a researcher specializing in computer technology and software engineering, Golan Levin now spends most of his time working as a performance artist. Rest assured his education hasn't gone to waste, however, as Levin blends high tech and customized software programs to create his own extraordinary audio and visual compositions. The results are inordinately experimental sonic and visual extravaganzas from the furthest left of the field.

Many of his pieces force audience participation, such as Dialtones: A Telesymphony, a concert from 2001 entirely composed of the choreographed ringtones of his audience. Regularly exhibiting pieces in galleries around the world, and also working as an Assistant Professor of Electronic Time-Based Art at Carnegie Mellon University, Levin is unapologetically pushing boundaries to define a brave new world of what is possible.

His latest piece, Double-Taker (Snout), is installed at the Pittsburg Museum of Art.

More profile about the speaker
Golan Levin | Speaker | TED.com