English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2008

Susan Blackmore: Memes and "temes"

スーザン・ブラックモア: ミームとテーム

Filmed
Views 740,406

スーザン・ブラックモアのミーム学:ウィルスのように脳から脳へと自己複製するアイデア。彼女は大胆な新理論を展開します:人類は新しい種類のミーム(テーム)を産みました。テームはテクノロジーによって広がっていきます ― そして、自分で生きていく方法を発明します

- Memeticist
Susan Blackmore studies memes -- those self-replicating "life forms" that spread themselves via human consciousness. We're now headed, she believes, toward a new form of meme, spread by the technology we've created. Full bio

Cultural文化的 evolution進化 is aa dangerous危険な child
文化の進化は 危険な子供です
00:18
forために anyどれか species to let〜する loose緩む on itsその planet惑星.
どんな種にとっても 野放しにしておくわけにはいきません
00:21
By〜によって theその time時間 you君は realize実現する what's何ですか happeningハプニング, theその child is aa toddler幼児,
何が起こっているか理解する頃には 幼児になっていて
00:24
upアップ andそして causing原因 havoc大混乱, andそして it'sそれは tooあまりにも late遅く to put置く itそれ backバック.
大惨事を引き起こし 後には引けません
00:28
We我々 humans人間 are Earth's地球の Pandoranパンドラン species.
人類は 地球上のパンドラの子孫です
00:34
We're私たちは theその onesもの who let〜する theその second二番 replicatorリプリケータ outでる of itsその boxボックス,
第2自己複製子をパンドラの箱から解き放ち
00:37
andそして we我々 can'tできない push押す itそれ backバック in.
もう戻すことが出来ないのです
00:42
We're私たちは seeing見る theその consequences結果 allすべて aroundまわり us米国.
その結果は私達の周り中に見られます
00:44
Now thatそれ, I suggest提案する, is theその view見る thatそれ
そこで私は ミーム学にまじめに取り組み
00:48
comes来る outでる of taking取る memeticsmemetics seriously真剣に.
そこから得た考えを提案します
00:52
Andそして itそれ gives与える us米国 aa new新しい way方法 of thinking考え about
それは この地球上だけでなく
00:54
notない onlyのみ what's何ですか going行く on on our我々の planet惑星,
宇宙のどこかで起こっているかもしれないことについて
00:56
butだけど what mightかもしれない be〜する going行く on elsewhere他の場所 in theその cosmos宇宙.
新しい考え方を提供します
00:58
Soそう first最初 of allすべて, I'd私は like好きな to sayいう something何か about memeticsmemetics
まず最初に ミーム学とミームの理論
01:01
andそして theその theory理論 of memesミームズ,
について話します
01:04
andそして secondly第二に, howどうやって thisこの mightかもしれない answer回答 questions質問 about who'sだれの outでる thereそこ,
次は この理論が 地球外に生命体が存在するのか という
01:06
ifif indeed確かに anyone誰でも is.
質問の答えとなりうるかです
01:11
Soそう, memeticsmemetics:
まず ミーム学
01:14
memeticsmemetics is founded設立 on theその principle原理 of Universalユニバーサル Darwinismダーウィニズム.
ミーム学は ダーウィンの学説の普遍化を原則とします
01:16
Darwinダーウィン had持っていました thisこの amazing素晴らしい ideaアイディア.
ダーウィンは驚くようなアイデアを持っていました
01:20
Indeed確かに, some一部 people sayいう
人はこう言います
01:23
it'sそれは theその bestベスト ideaアイディア anybody everこれまで had持っていました.
今までで最高のアイデアだ
01:25
Isn'tない thatそれ aa wonderful素晴らしい thought思想, thatそれ thereそこ couldできた be〜する suchそのような aa thingもの
「今までで最高のアイデア」というものがあるとは
01:28
asとして aa bestベスト ideaアイディア anybody everこれまで had持っていました?
素晴らしい考えじゃないですか?
01:32
Do行う you君は think思う thereそこ couldできた?
そんなものがあると思いますか?
01:34
Audience聴衆: Noいいえ.
聴衆:ない
01:35
(Laughter笑い)
(笑)
01:36
Susanスーザン Blackmoreブラックモア: Someone誰か says言う noいいえ, very非常に loudly大声で, fromから over以上 thereそこ.
その辺りで誰かが大声で「ない」と言いました
01:37
Wellよく, I sayいう yesはい, andそして ifif thereそこ is, I give与える theその prize to Darwinダーウィン.
私は「ある」と思います そして ダーウィンに賞を贈ります
01:39
Whyなぜ?
なぜでしょう?
01:43
Becauseなぜなら theその ideaアイディア wasあった soそう simple単純,
なぜなら アイデアはすごく単純で
01:45
andそして yetまだ itそれ explains説明する allすべて design設計 in theその universe宇宙.
尚且つ 宇宙のデザインすべてを説明するからです
01:48
I would〜する sayいう notない justちょうど biological生物学的 design設計,
生物設計のみならず
01:54
butだけど allすべて of theその design設計 thatそれ we我々 think思う of asとして human人間 design設計.
人間が設計したと思われるもの全てです
01:56
It'sそれは allすべて justちょうど theその same同じ thingもの happeningハプニング.
すべて同じ事なのです
01:58
What didした Darwinダーウィン sayいう?
ダーウィンは何と言ったでしょう?
02:00
I know知っている you君は know知っている theその ideaアイディア, naturalナチュラル selection選択,
自然選択は皆さんご存知ですね
02:02
butだけど let〜する me justちょうど paraphrase言い換え "Theその Origin原点 of Species," 1859,
「種の起源」1859年 の文章を
02:04
in aa few少数 sentences文章.
少し言い換えると
02:09
What Darwinダーウィン said前記 wasあった something何か like好きな thisこの:
ダーウィンはこう言いました
02:11
ifif you君は have持ってる creatures生き物 thatそれ vary変化する, andそして thatそれ can'tできない be〜する doubted疑わしい ---
もし 多様な生き物がいるならば --それは間違いないことだが --
02:14
I've私は beenされている to theその Galapagosガラパゴス, andそして I've私は measured測定された theその sizeサイズ of theその beaksくちばし
なぜながば ガラパコスへ行ってクチバシのサイズや亀の甲羅のサイズ
02:18
andそして theその sizeサイズ of theその turtleカメ shellsシェル andそして soそう on, andそして soそう on.
などを測り.....と続き
02:21
Andそして 100 pagesページ later後で.
それから100ページ目 --
02:23
(Laughter笑い)
(笑)
02:25
Andそして ifif thereそこ is aa struggle闘争 forために life生活,
もし これらの生物がほぼ全滅するような
02:27
suchそのような thatそれ nearlyほぼ allすべて of theseこれら creatures生き物 die死ぬ ---
生存競争があったなら --
02:31
andそして thisこの can'tできない be〜する doubted疑わしい, I've私は read読む Malthusマルサス
これも間違いないことだ なぜならば マルサスを読み
02:34
andそして I've私は calculated計算された howどうやって long長いです itそれ would〜する take取る forために elephants
象が制限なく繁殖を続けた場合 地球上が象だらけになるのに
02:37
to coverカバー theその whole全体 world世界 ifif they彼ら bred繁殖した unrestricted無制限の, andそして soそう on andそして soそう on.
どれくらいかかるか計算し.....と続き
02:39
Andそして another別の 100 pagesページ later後で.
そのまた100ページ後
02:42
Andそして ifif theその very非常に few少数 thatそれ survive生き残ります passパス onto〜に their彼らの offspring子孫
もし 生き残った少数生物が 生存するのに
02:46
whateverなんでも itそれ wasあった thatそれ helped助けた themそれら survive生き残ります,
役立った要素を子孫に引き継げば
02:51
then次に thoseそれら offspring子孫 must必須 be〜する betterより良い adapted適合しました
その子孫は そのような状況に対して
02:54
to theその circumstances状況 in whichどの allすべて thisこの happened起こった
彼らの両親よりも 適応性が
02:56
thanより their彼らの parents wereあった.
高いはずだ
02:58
You君は see見る theその ideaアイディア?
分かりますか?
03:01
Ifif, ifif, ifif, then次に.
もし もし もし だとすれば というロジック...
03:03
He had持っていました noいいえ concept概念 of theその ideaアイディア of an algorithmアルゴリズム,
ダーウィンはアルゴリズム概念は持っていません
03:05
butだけど that'sそれは what he described記載された in thatそれ book,
でも 彼は著書の中でこう述べており
03:07
andそして thisこの is what we我々 now know知っている asとして theその evolutionary進化的 algorithmアルゴリズム.
現に私達は これを 進化のアルゴリズムと認識しています
03:10
Theその principle原理 is you君は justちょうど need必要 thoseそれら three thingsもの ---
基本的にはこの3つです
03:13
variation変化, selection選択 andそして heredity遺伝.
変化 選択 そして遺伝
03:17
Andそして asとして Danダン Dennettデネット puts置く itそれ, ifif you君は have持ってる thoseそれら,
ダニエル・ダネットが言うように これらの要素があれば
03:20
then次に you君は must必須 get取得する evolution進化.
進化は必ず起こります
03:24
Orまたは design設計 outでる of chaos混沌, withoutなし theその aid援助 of mindマインド.
無意識的に起こるカオスによる設計とも言えます
03:26
There'sそこに one1 wordワード I love on thatそれ slide滑り台.
このスライドのなかに 私の大好きな単語があります
03:31
What do行う you君は think思う myじぶんの favoriteお気に入り wordワード is?
なんだと思いますか?
03:33
Audience聴衆: Chaos混沌.
聴衆:カオス(混沌)
03:35
SBSB: Chaos混沌? Noいいえ. What? Mindマインド? Noいいえ.
カオス? 違います、何? マインド(意識)?違います
03:36
Audience聴衆: Withoutなし.
聴衆:Without
03:39
SBSB: Noいいえ, notない withoutなし.
いいえ without ではありません
03:40
(Laughter笑い)
(笑)
03:41
You君は tryお試しください themそれら allすべて in order注文: Mmmうーん...?
順番に言ってるでしょう?
03:42
Audience聴衆: Must必須.
聴衆:マスト(必須)
03:44
SBSB: Must必須, at〜で must必須. Must必須, must必須.
そうです マストです 必ず起こるのです
03:45
Thisこの is what makes作る itそれ soそう amazing素晴らしい.
だから素晴らしいのです
03:49
You君は don'tしない need必要 aa designerデザイナー,
デザイナーなど要りません
03:51
orまたは aa plan計画, orまたは foresight先見の明, orまたは anything何でも elseelse.
計画も 先見性も何もです
03:54
Ifif there'sそこに something何か thatそれ is copiedコピーされた with〜と variation変化
もし なにかが変化を伴ってコピーされ
03:57
andそして it'sそれは selected選択された, then次に you君は must必須 get取得する design設計 appearing出現する outでる of nowhereどこにも.
選択されるなら デザインがどこからともなく現れるのは 必須です
04:00
You君は can'tできない stopやめる itそれ.
止められません
04:04
Must必須 is myじぶんの favoriteお気に入り wordワード thereそこ.
マスト(必須)が私のお気に入りの単語です
04:06
Now, what's何ですか thisこの to do行う with〜と memesミームズ?
さて これがミームにどう関係するのでしょう?
04:11
Wellよく, theその principle原理 hereここに applies適用する to anything何でも
この法則は 変化や選択を伴うコピーをされる
04:13
thatそれ is copiedコピーされた with〜と variation変化 andそして selection選択.
すべてのものに当てはまります
04:18
We're私たちは soそう used中古 to thinking考え in terms条項 of biology生物学,
私達は 生物学の定義で考える癖がついており
04:19
we我々 think思う about genes遺伝子 thisこの way方法.
遺伝子についてもそのように考えます
04:22
Darwinダーウィン didn'tしなかった, of courseコース; he didn'tしなかった know知っている about genes遺伝子.
ダーウィンは 違いました 彼はもちろん遺伝子について知りませんでした
04:24
He talked話した mostly主に about animals動物 andそして plants植物,
彼はほとんど動物や植物について語りましたが
04:27
butだけど alsoまた、 about languages言語 evolving進化する andそして becoming〜になる extinct絶滅した.
進化し 消滅していく言語についても語りました
04:29
Butだけど theその principle原理 of Universalユニバーサル Darwinismダーウィニズム
でもダーウィン説の普遍化の原則は
04:32
is thatそれ anyどれか information情報 thatそれ is varied変化した andそして selected選択された
変化や選択を伴う全ての情報は
04:34
will意志 produce作物 design設計.
デザインを生み出すことにあります
04:38
Andそして thisこの is what Richardリチャード Dawkinsドーキンス wasあった on about
これは リチャード・ドーキンが彼のベストセラー
04:40
in his 1976 bestsellerベスト・セラー, "Theその Selfish利己的 Gene遺伝子."
「利己的な遺伝子」で語っています
04:42
Theその information情報 thatそれ is copiedコピーされた, he calledと呼ばれる theその replicatorリプリケータ.
彼が自己複製子と呼んでいる コピーされた情報は
04:45
Itそれ selfishly勝手に copiesコピー.
利己的にコピーします
04:49
Notない meaning意味 itそれ kind種類 of sits座る aroundまわり inside内部 cells細胞 going行く, "I want欲しいです to get取得する copiedコピーされた."
それは 細胞の中にいて 「コピーされたい」と言っていのではなく
04:51
Butだけど thatそれ itそれ will意志 get取得する copiedコピーされた ifif itそれ canできる,
機会があればコピーされます
04:55
regardless関係なく of theその consequences結果.
結果がどうであれ
04:57
Itそれ doesn'tしない careお手入れ about theその consequences結果 becauseなぜなら itそれ can'tできない,
それはコピーされた情報でしかなく 考えることが出来ないので
05:00
becauseなぜなら it'sそれは justちょうど information情報 beingであること copiedコピーされた.
結果なんてお構いなしです
05:03
Andそして he wanted欲しい to get取得する away離れて
そして彼は 皆がいつも遺伝子について考ることから
05:06
fromから everybodyみんな thinking考え allすべて theその time時間 about genes遺伝子,
逃れたがっており こう言いました
05:07
andそして soそう he said前記, "Is thereそこ another別の replicatorリプリケータ outでる thereそこ on theその planet惑星?"
「ここに他の自己複製子はいる?」
05:10
Ahああ, yesはい, thereそこ is.
もちろん いますとも
05:13
Look見える aroundまわり you君は --- hereここに will意志 do行う, in thisこの roomルーム.
周りを見渡してください この部屋の
05:15
Allすべて aroundまわり us米国, stillまだ clumsily不器用な drifting漂流 about
周りの全てが まだ不器用に文化の原始スープに浮かぶ
05:18
in itsその primeval原生 soupスープ of culture文化, is another別の replicatorリプリケータ.
自己複製子です
05:21
Information情報 thatそれ we我々 copyコピー fromから person to person, by〜によって imitation模倣,
人から人へとコピーされる情報です
05:24
by〜によって language言語, by〜によって talking話す, by〜によって telling伝える stories物語,
模倣により 言葉により 物語により
05:29
by〜によって wearing着る clothes, by〜によって doingやっている thingsもの.
着ている服や 何かをすることによっても...
05:31
Thisこの is information情報 copiedコピーされた with〜と variation変化 andそして selection選択.
この情報は 変化と選択を伴ってコピーされます
05:34
Thisこの is design設計 processプロセス going行く on.
こういうデザインプロセスが生じています
05:39
He wanted欲しい aa name forために theその new新しい replicatorリプリケータ.
彼は新しい自己複製子に名前を付けようと
05:42
Soそう, he took取った theその Greekギリシャ語 wordワード "mimemeミメーム," whichどの means手段 thatそれ whichどの is imitated模倣した.
ギリシャ単語の “mimeme” を取り上げました 模倣という意味です
05:45
Remember思い出す thatそれ, that'sそれは theその coreコア definition定義:
定義の核心部を思い出してください
05:49
thatそれ whichどの is imitated模倣した.
それは模倣され
05:52
Andそして abbreviated省略された itそれ to memeミーム, justちょうど becauseなぜなら itそれ sounds good良い
簡略化され “Meme” (ミーム)と聞こえよくなり
05:53
andそして made aa good良い memeミーム, an effective効果的な spreading広がる memeミーム.
良いミーム としてミームを効果的に広めました
05:56
Soそう that'sそれは howどうやって theその ideaアイディア came来た about.
こうやって アイデアは出来上がったのです
05:59
It'sそれは important重要 to stickスティック with〜と thatそれ definition定義.
その定義に従うのは大切です
06:03
Theその whole全体 science科学 of memeticsmemetics is muchたくさん maligned邪悪な,
科学としてのミーム学全てが 激しく中傷を浴び
06:06
muchたくさん misunderstood誤解されました, muchたくさん feared恐れる.
ひどく誤解され 恐れらました
06:10
Butだけど aa lotロット of theseこれら problems問題 canできる be〜する avoided避ける
でも定義を覚えていれば これらの問題は
06:13
by〜によって remembering覚えている theその definition定義.
避けられます
06:16
Aa memeミーム is notない equivalent同等 to an ideaアイディア.
ミームはアイデアと同じではありません
06:18
It'sそれは notない an ideaアイディア. It'sそれは notない equivalent同等 to anything何でも elseelse, really本当に.
それはアイデアではなく それ以外の何と同じというわけでもありません
06:20
Stickスティック with〜と theその definition定義.
定義に従いましょう
06:22
It'sそれは thatそれ whichどの is imitated模倣した,
それは 模倣であるということ
06:24
orまたは information情報 whichどの is copiedコピーされた fromから person to person.
または 人から人へと伝えられた情報だということ
06:26
Soそう, let'sさあ see見る some一部 memesミームズ.
ミームの例を見てみましょう
06:30
Wellよく, you君は sirサー, you'veあなたは got持っている thoseそれら glasses眼鏡 hung吊るされた aroundまわり yourきみの neckネック
そこのあなた 眼鏡を首に下げてますね
06:31
in thatそれ particularly特に fetchingフェッチ way方法.
特におしゃれな感じで
06:34
I wonderワンダー whetherかどうか you君は invented発明された thatそれ ideaアイディア forために yourselfあなた自身,
それはあなたが自分で考え出したのでしょうか
06:36
orまたは copiedコピーされた itそれ fromから someone誰か elseelse?
それとも誰かの真似ですか?
06:38
Ifif you君は copiedコピーされた itそれ fromから someone誰か elseelse, it'sそれは aa memeミーム.
もし誰かの真似ならば それはミームです
06:40
Andそして what about, ohああ, I can'tできない see見る anyどれか interesting面白い memesミームズ hereここに.
他には...あまり面白そうなミームは見当たりませんね
06:43
Allすべて right everyoneみんな, who'sだれの got持っている some一部 interesting面白い memesミームズ forために me?
誰か面白いミームを教えてくれませんか?
06:46
Ohああ, wellよく, yourきみの earringsイヤリング,
あなたのイヤリング
06:49
I don'tしない suppose想定する you君は invented発明された theその ideaアイディア of earringsイヤリング.
あなたがイヤリングの発想を発明したわけじゃないですよね
06:51
You君は probably多分 went行った outでる andそして bought買った themそれら.
たぶん どこかで買ったのでしょう
06:53
Thereそこ are plentyたくさん moreもっと in theその shopsお店.
店にはもっと沢山ありますね
06:55
That'sそれは something何か that'sそれは passed合格 on fromから person to person.
これは 人から人へと伝わっていくものです
06:57
Allすべて theその stories物語 thatそれ we're私たちは telling伝える --- wellよく, of courseコース,
物語も全てです もちろん
06:59
TEDテッド is aa greatすばらしいです meme-festミームフェスト, masses大衆 of memesミームズ.
TEDは大きなミームの催しで ミーム集団です
07:02
Theその way方法 to think思う about memesミームズ, thoughしかし,
ミームを考えるなら
07:06
is to think思う, whyなぜ do行う they彼ら spread普及?
なぜ彼らは広がるのか 考えてください
07:08
They're彼らは selfish利己的 information情報, they彼ら will意志 get取得する copiedコピーされた, ifif they彼ら canできる.
彼らは自己的な情報で 出来るだけコピーされます
07:10
Butだけど some一部 of themそれら will意志 be〜する copiedコピーされた becauseなぜなら they're彼らは good良い,
その中には 良い情報だからコピーされるものもあります
07:14
orまたは true真実, orまたは useful有用, orまたは beautiful綺麗な.
または 本当だから 便利だから 感動的だから
07:17
Some一部 of themそれら will意志 be〜する copiedコピーされた even偶数 thoughしかし they're彼らは notない.
そうでないのにコピーされるものもあります
07:19
Some一部, it'sそれは quiteかなり hardハード to telltell whyなぜ.
なぜかははっきりとは分かりません
07:21
There'sそこに one1 particular特に curious好奇心 memeミーム whichどの I ratherむしろ enjoy楽しんで.
特に興味深いミームがあります
07:24
Andそして I'm私は gladうれしい to sayいう, asとして I expected期待される, I found見つけた itそれ whenいつ I came来た hereここに,
予想通り ここに来る途中に見つけました
07:27
andそして I'm私は sure確かに allすべて of you君は found見つけた itそれ, tooあまりにも.
あなた達も見たことでしょう
07:30
You君は go行く to yourきみの niceいい, poshポーズ, international国際 hotelホテル somewhereどこかで,
どこかの小奇麗な国際ホテルに行って
07:32
andそして you君は come来る in andそして you君は put置く downダウン yourきみの clothes
部屋に入って洋服を脱ぎ
07:36
andそして you君は go行く to theその bathroomバスルーム, andそして what do行う you君は see見る?
浴室へ行くと 何が見えますか?
07:38
Audience聴衆: Bathroomバスルーム soap石鹸.
聴衆:浴用石鹸
07:41
SBSB: Pardon恩赦?
何ですって?
07:42
Audience聴衆: Soap石鹸.
聴衆:石鹸
07:43
SBSB: Soap石鹸, yeahええ. What elseelse do行う you君は see見る?
そうね石鹸 それ以外に何がありますか?
07:44
Audience聴衆: (Inaudible聞き取れない)
聴衆:(聞き取り不可)
07:46
SBSB: Mmmうーん mmmうーん.
ふ〜む
07:47
Audience聴衆: Sinkシンク, toiletトイレ!
聴衆:洗面台 トイレ
07:48
SBSB: Sinkシンク, toiletトイレ, yesはい, theseこれら are allすべて memesミームズ, they're彼らは allすべて memesミームズ,
洗面台 トイレ そうですね これらはすべてミームです
07:49
butだけど they're彼らは sortソート of useful有用 onesもの, andそして then次に there'sそこに thisこの one1.
それらは便利なミームですが これもありますね
07:51
(Laughter笑い)
(笑)
07:54
What is thisこの one1 doingやっている?
これは何にためにあるのでしょう?
07:58
(Laughter笑い)
(笑)
08:00
Thisこの has持っている spread普及 allすべて over以上 theその world世界.
これは 世界中に広がりました
08:01
It'sそれは notない surprising驚くべき thatそれ you君は allすべて found見つけた itそれ
ここのトイレにあっても
08:03
whenいつ you君は arrived到着した in yourきみの bathroomsバスルーム hereここに.
驚きません
08:05
Butだけど I took取った thisこの photograph写真 in aa toiletトイレ at〜で theその backバック of aa tentテント
でもわたしは この写真を アッサムのジャングルにある
08:07
in theその eco-campエコキャンプ in theその jungleジャングル in Assamアッサム.
エコキャンプのテントの裏のトイレで撮りました
08:12
(Laughter笑い)
(笑)
08:14
Who folded折り畳まれた thatそれ thingもの upアップ thereそこ, andそして whyなぜ?
誰が何のために ここで これを折ったのでしょう?
08:16
(Laughter笑い)
(笑)
08:19
Some一部 people get取得する carried運ばれた away離れて.
中には調子に乗る人もいて
08:20
(Laughter笑い)
(笑)
08:22
Otherその他 people are justちょうど lazy怠惰な andそして make作る mistakes間違い.
一方 間違いを犯す人もいます
08:26
Some一部 hotelsホテル exploit悪用する theその opportunity機会 to put置く even偶数 moreもっと memesミームズ
ホテルの中には このミームを利用して この様に小さなステッカーで
08:29
with〜と aa little少し stickerステッカー.
さらなるミームを広めます
08:32
(Laughter笑い)
(笑)
08:34
What is thisこの allすべて about?
これは何を意味するのでしょう?
08:35
I suppose想定する it'sそれは thereそこ to telltell you君は thatそれ somebody's誰かの
多分 これは 誰かが部屋を掃除し
08:37
cleaned清掃された theその place場所, andそして it'sそれは allすべて lovely美しい.
すべて清潔ということを示唆するのでしょう
08:39
Andそして you君は know知っている, actually実際に, allすべて itそれ tells伝える you君は is thatそれ another別の person
でも実際は 場所から場所へと
08:41
has持っている potentially潜在的 spread普及 germs病原菌 fromから place場所 to place場所.
誰かが ばい菌を広めていることを示唆します
08:44
(Laughter笑い)
(笑)
08:47
Soそう, think思う of itそれ thisこの way方法.
こう考えてください
08:48
Imagine想像する aa world世界 full満員 of brains頭脳
脳みそだらけで それ以上にあふれかえるほどの
08:50
andそして far遠い moreもっと memesミームズ thanより canできる possiblyおそらく find見つける homes.
ミームがいる世界を想像してみてください
08:52
Theその memesミームズ are allすべて trying試す to get取得する copiedコピーされた ---
ミームはコピーされようと躍起で
08:55
trying試す, in inverted反転した commasコンマ --- i.ee.,
"躍起で" ということはつまり
08:58
that'sそれは theその shorthand簡略 forために, ifif they彼ら canできる get取得する copiedコピーされた, they彼ら will意志.
コピーできる限りコピーするのです
09:01
They're彼らは usingを使用して you君は andそして me asとして their彼らの propagating伝播する, copyingコピー machinery機械,
私やあなた達を 伝搬コピー機として使います
09:04
andそして we我々 are theその memeミーム machines機械.
だから私達はミームマシーンなのです
09:10
Now, whyなぜ is thisこの important重要?
さてこれが なぜ大切なのでしょう?
09:13
Whyなぜ is thisこの useful有用, orまたは what doesする itそれ telltell us米国?
なぜ便利なのか 何を意味しているのか?
09:15
Itそれ gives与える us米国 aa completely完全に new新しい view見る of human人間 origins起源
これは人類の起源の新しい見解と
09:17
andそして what itそれ means手段 to be〜する human人間,
人類の存在の意味を提唱します
09:21
allすべて conventional従来の theories理論 of cultural文化的 evolution進化,
文化の進化や人類の起源の
09:22
of theその origin原点 of humans人間,
従来の理論
09:26
andそして what makes作る us米国 soそう different異なる fromから otherその他 species.
何が我々を特殊にしているのか
09:28
Allすべて otherその他 theories理論 explaining説明する theその big大きい brain, andそして language言語, andそして toolツール useつかいます
他の理論は 大脳や言語そして道具の使用について説明し
09:32
andそして allすべて theseこれら thingsもの thatそれ make作る us米国 uniqueユニークな,
私達を特別な存在にしている これら全てのものは
09:34
are basedベース upon〜に genes遺伝子.
遺伝子にあると言います
09:36
Language言語 must必須 have持ってる beenされている useful有用 forために theその genes遺伝子.
言語は遺伝子にとって便利だったでしょう
09:39
Toolツール useつかいます must必須 have持ってる enhanced強化された our我々の survival生存, mating交配する andそして soそう on.
道具は私達が生き残ったり 子孫を残すのに役立ったでしょう
09:42
Itそれ always常に comes来る backバック, asとして Richardリチャード Dawkinsドーキンス complained不平を言う
リチャード・ドーキンズがずっと前に訴えたように
09:45
allすべて thatそれ long長いです time時間 ago, itそれ always常に comes来る backバック to genes遺伝子.
いつも 遺伝子に戻ってきます
09:48
Theその pointポイント of memeticsmemetics is to sayいう, "Ohああ noいいえ, itそれ doesn'tしない."
ミーム学のポイントは「いや違う」ということです
09:51
Thereそこ are two replicatorsレプリケータ now on thisこの planet惑星.
地球上には2つの自己複製子があります
09:55
Fromから theその moment瞬間 thatそれ our我々の ancestors祖先,
たぶん 250万年程前に
09:58
perhapsおそらく two andそして aa halfハーフ million百万 years ago orまたは soそう,
私達の祖先が模倣を初めた瞬間から
10:01
began始まった imitating模倣する, thereそこ wasあった aa new新しい copyingコピー processプロセス.
新しいコピーのプロセスができました
10:03
Copyingコピー with〜と variation変化 andそして selection選択.
変化と選択を伴ったコピー
10:07
Aa new新しい replicatorリプリケータ wasあった let〜する loose緩む, andそして itそれ couldできた never決して be〜する ---
新しい自己複製子が解き放たれ
10:09
right fromから theその start開始 --- itそれ couldできた never決して be〜する
最初から
10:14
thatそれ human人間 beings存在 who let〜する loose緩む thisこの new新しい creature生き物,
この新しい創造物を解き放った人類は
10:15
couldできた justちょうど copyコピー theその useful有用, beautiful綺麗な, true真実 thingsもの,
便利で綺麗で本当のものだけをコピーし
10:20
andそして notない copyコピー theその otherその他 thingsもの.
それ以外のものはコピーしなかたわけではありません
10:23
Whilewhile their彼らの brains頭脳 wereあった having持つ an advantage利点 fromから beingであること ableできる to copyコピー ---
彼らの脳はコピーする長所をもっており--
10:25
lighting点灯 fires火災, keeping維持 fires火災 going行く, new新しい techniques技術 of hunting狩猟,
火を起こす事 燃やし続ける事 新しい狩猟法
10:28
theseこれら kinds種類 of thingsもの ---
といったものから
10:33
inevitably必然的に they彼ら wereあった alsoまた、 copyingコピー puttingパッティング feathers羽毛 in their彼らの hairヘア,
必然的に 羽を頭に飾ったり
10:35
orまたは wearing着る strange奇妙な clothes, orまたは paintingペインティング their彼らの faces,
奇妙な服を着たり 顔を塗りたくったり
10:38
orまたは whateverなんでも.
何でもコピーしました
10:40
Soそう, you君は get取得する an arms武器 raceレース betweenの間に theその genes遺伝子
遺伝子とミームの間の軍拡競争になります
10:41
whichどの are trying試す to get取得する theその humans人間 to have持ってる small小さい economical経済的 brains頭脳
遺伝子は人間の脳を小さく経済的にして
10:45
andそして notない waste廃棄物 their彼らの time時間 copyingコピー allすべて thisこの stuffもの,
全てコピーするなんて面倒は取らないようにする一方で
10:49
andそして theその memesミームズ themselves自分自身, like好きな theその sounds thatそれ people made andそして copiedコピーされた ---
人が出してコピーする音
10:51
in otherその他 words言葉, what turned回した outでる to be〜する language言語 ---
-- それが言葉になるわけですが --
10:56
competing競合する to get取得する theその brains頭脳 to get取得する biggerより大きい andそして biggerより大きい.
といったミームは 脳をどんどん大きくしようとします
10:58
Soそう, theその big大きい brain, on thisこの theory理論, is driven駆動される by〜によって theその memesミームズ.
この理論では 脳が大きいのはミームのせい となります
11:01
Thisこの is whyなぜ, in "Theその Memeミーム Machine機械," I calledと呼ばれる itそれ memetic催眠 driveドライブ.
だから私は「ミームマシーンとしての私」の中で ミーム学的原動力と呼びました
11:05
Asとして theその memesミームズ evolve進化する, asとして they彼ら inevitably必然的に must必須,
ミームが進化すると --それは必然なのですが--
11:09
they彼ら driveドライブ aa biggerより大きい brain thatそれ is betterより良い at〜で copyingコピー theその memesミームズ
ミームをコピーしやすいように
11:12
thatそれ are doingやっている theその driving運転.
脳も大きくなります
11:16
Thisこの is whyなぜ we've私たちは ended終了しました upアップ with〜と suchそのような peculiar特有の brains頭脳,
だから 私達の脳は特殊に進化し
11:18
thatそれ we我々 like好きな religion宗教, andそして music音楽, andそして artアート.
私たちは宗教や音楽そして芸術が好きなのです
11:22
Language言語 is aa parasite寄生虫 thatそれ we've私たちは adapted適合しました to,
この見解において 言語は私たちの中にある
11:25
notない something何か thatそれ wasあった thereそこ originally元々 forために our我々の genes遺伝子,
寄生虫のようなもので 遺伝子のために
11:28
on thisこの view見る.
最初からあったわけではありません
11:30
Andそして like好きな most最も parasites寄生虫, itそれ canできる beginベギン dangerous危険な,
そしてほとんどの寄生虫のように 危険になる恐れもありますが
11:32
butだけど then次に itそれ coevolvescoevolves andそして adapts適応する,
一緒に進化し 適応し
11:35
andそして we我々 end終わり upアップ with〜と aa symbiotic共生 relationship関係
この新しい寄生虫と共生関係を
11:38
with〜と thisこの new新しい parasite寄生虫.
築いてきました
11:40
Andそして soそう, fromから our我々の perspective視点,
私達は
11:41
we我々 don'tしない realize実現する thatそれ that'sそれは howどうやって itそれ began始まった.
そうやって始まったと気付きません
11:43
Soそう, thisこの is aa view見る of what humans人間 are.
これが 人類における見解です
11:46
Allすべて otherその他 species on thisこの planet惑星 are gene遺伝子 machines機械 onlyのみ,
それ以外の地球上の種は全て遺伝子マシーンのみで
11:49
they彼ら don'tしない imitate模倣する at〜で allすべて wellよく, hardlyほとんど at〜で allすべて.
彼らはほとんど複製しません
11:52
We我々 alone単独で are gene遺伝子 machines機械 andそして memeミーム machines機械 asとして wellよく.
遺伝子マシーンでありミームマシーンでもあるのは我々のみです
11:55
Theその memesミームズ took取った aa gene遺伝子 machine機械 andそして turned回した itそれ into aa memeミーム machine機械.
ミームは遺伝子マシーンを拾い上げミームマシーンに変換しました
12:00
Butだけど that'sそれは notない allすべて.
でも それだけじゃありません
12:04
We我々 have持ってる aa new新しい kind種類 of memesミームズ now.
新しい種類のミームがあります
12:06
I've私は beenされている wondering不思議 forために aa long長いです time時間,
長い間不思議に思ってました
12:09
since以来 I've私は beenされている thinking考え about memesミームズ aa lotロット,
ミームについてよく考えるのですが
12:10
is thereそこ aa difference betweenの間に theその memesミームズ thatそれ we我々 copyコピー ---
私達がコピーするミームの間にも違いがあるのか --
12:12
theその words言葉 we我々 speak話す to each otherその他,
お互いかわす言葉
12:14
theその gesturesジェスチャー we我々 copyコピー, theその human人間 thingsもの ---
私達がコピーする身振りや人がすること--
12:16
andそして allすべて theseこれら technological技術的 thingsもの aroundまわり us米国?
それに これらのテクノロジーは?
12:18
I have持ってる always常に, until〜まで now, calledと呼ばれる themそれら allすべて memesミームズ,
私は今まで 全てミームと呼んでました
12:20
butだけど I do行う honestly正直 think思う now
でも 今思うのは
12:24
we我々 need必要 aa new新しい wordワード forために technological技術的 memesミームズ.
テクノロジーミームに新しい名前が必要だということ
12:27
Let'sさあ callコール themそれら techno-memesテクノメムス orまたは temestemes.
テクノミームまたはテームと呼びましょう
12:30
Becauseなぜなら theその processesプロセス are getting取得 different異なる.
それは 工程が違ってきたからです
12:33
We我々 began始まった, perhapsおそらく 5,000 years ago, with〜と writing書き込み.
私達は5000年程前 書くことから始めました
12:37
We我々 put置く theその storageストレージ of memesミームズ outでる thereそこ on aa clay粘土 tabletタブレット,
粘土板にミームを保管しましたが
12:40
butだけど in order注文 to get取得する true真実 temestemes andそして true真実 temeテム machines機械,
本当のテームや本当のテームマシーンを出すには
12:48
you君は need必要 to get取得する theその variation変化, theその selection選択 andそして theその copyingコピー,
変化 選択 コピーが人を介さず
12:50
allすべて done完了 outside外側 of humans人間.
なされることが必要です
12:53
Andそして we're私たちは getting取得 thereそこ.
それは もうすぐそこです
12:55
We're私たちは at〜で thisこの extraordinary特別な pointポイント whereどこで we're私たちは nearlyほぼ thereそこ,
私たちは それにもうすぐ手が届くただならぬ起点にいて
12:57
thatそれ thereそこ are machines機械 like好きな thatそれ.
そのようなマシーンはあるのです
12:59
Andそして indeed確かに, in theその shortショート time時間 I've私は already既に beenされている at〜で TEDテッド,
私がTEDに来てからの短い時間で
13:01
I see見る we're私たちは even偶数 closerクローザー thanより I thought思想 we我々 wereあった before.
私達が今までよりもずっと近くなっていると感じました
13:03
Soそう actually実際に, now theその temestemes are forcing強制 our我々の brains頭脳
事実 テームは私達の脳を
13:05
to become〜になる moreもっと like好きな temeテム machines機械.
テームマシンのようにしようとしているのです
13:11
Our我々の children子供 are growing成長する upアップ very非常に quickly早く learning学習 to read読む,
私達の子供は発育が早く 読むのを覚えたり
13:13
learning学習 to useつかいます machinery機械.
機械の使い方を覚えるのも早いです
13:16
We're私たちは going行く to have持ってる allすべて kinds種類 of implantsインプラント,
私達の周りはあらゆる種類の埋め込みや
13:18
drugs薬物 thatそれ force us米国 to stay滞在 awake起きている allすべて theその time時間.
眠れなくさせる麻薬で溢れ返っています
13:19
We'll私たちは think思う we're私たちは choosing選択 theseこれら thingsもの,
私たちは自分でこれを選択したように思いますが
13:22
butだけど theその temestemes are making作る us米国 do行う itそれ.
実はテームに操作されているのです
13:24
Soそう, we're私たちは at〜で thisこの cuspカスプ now
私たちは第3の自己複製子を
13:28
of having持つ aa third三番 replicatorリプリケータ on our我々の planet惑星.
この世に送り出す尖端にいます
13:29
Now, what about what elseelse is going行く on outでる thereそこ in theその universe宇宙?
さて この地球の外では何がおこっているのでしょう?
13:34
Is thereそこ anyone誰でも elseelse outでる thereそこ?
他の生命体は?
13:39
People have持ってる beenされている asking尋ねる thisこの question質問 forために aa long長いです time時間.
人類はこの質問をずっと抱えています
13:41
We've私たちは beenされている asking尋ねる itそれ hereここに at〜で TEDテッド already既に.
このTEDでも話されています
13:44
In 1961, Frankフランク Drakeドレーク made his famous有名な equation方程式,
1961年 フランク・ドレークが有名な方程式を提案しましたが
13:46
butだけど I think思う he concentrated濃縮 on theその wrong違う thingsもの.
私は間違った方向に偏っていると思います
13:50
It'sそれは beenされている very非常に productive生産的な, thatそれ equation方程式.
この方程式はとても有益でした
13:52
He wanted欲しい to estimate推定 Nn,
彼は"私達の銀河系中で
13:54
theその number of communicativeコミュニケーション的 civilizations文明 outでる thereそこ in our我々の galaxy銀河,
コンタクトが 可能な地球外生命体の数" Nを推定しようと
13:56
andそして he included含まれる in thereそこ theその rateレート of star formation形成,
方程式に 恒星誕生の確率や
14:00
theその rateレート of planets惑星, butだけど crucially決定的に, intelligenceインテリジェンス.
惑星の確率そして極めて重要に知性を含めました
14:04
I think思う that'sそれは theその wrong違う way方法 to think思う about itそれ.
私は彼が間違っていると思います
14:08
Intelligenceインテリジェンス appears登場する allすべて over以上 theその place場所, in allすべて kinds種類 of guises見せかけ.
知性はそこら中の全てのものに見られます
14:12
Human人間 intelligenceインテリジェンス is onlyのみ one1 kind種類 of aa thingもの.
人類の知性はその中の一種にすぎません
14:15
Butだけど what's何ですか really本当に important重要 is theその replicatorsレプリケータ you君は have持ってる
本当に重要なのはあなたの持つ自己複製子
14:17
andそして theその levelsレベル of replicatorsレプリケータ, one1 feeding給餌 on theその one1 before.
そして 自己複製子の発展段階 --一つ一つ進んでいくものです
14:20
Soそう, I would〜する suggest提案する thatそれ we我々 don'tしない think思う intelligenceインテリジェンス,
ですから 知性ではなく 自己複製子について
14:24
we我々 think思う replicatorsレプリケータ.
考えることを提案します
14:29
Andそして on thatそれ basis基礎, I've私は suggested示唆 aa different異なる kind種類 of equation方程式.
そのことから 私は別の方程式を提案しました
14:31
Aa very非常に simple単純 equation方程式.
とても単純です
14:34
Nn, theその same同じ thingもの,
Nは同じです
14:36
theその number of communicativeコミュニケーション的 civilizations文明 outでる thereそこ
"私達の銀河系にいると推定されるコンタクトが可能な
14:38
[thatそれ] we我々 mightかもしれない expect期待する in our我々の galaxy銀河.
地球外生命体の数"
14:41
Justちょうど start開始 with〜と theその number of planets惑星 thereそこ are in our我々の galaxy銀河.
銀河系にある惑星の数から始めます
14:43
Theその fraction分数 of thoseそれら whichどの get取得する aa first最初 replicatorリプリケータ.
最初の自己複製子を出す割合
14:47
Theその fraction分数 of thoseそれら thatそれ get取得する theその second二番 replicatorリプリケータ.
第2の自己複製子を出す割合
14:51
Theその fraction分数 of thoseそれら thatそれ get取得する theその third三番 replicatorリプリケータ.
第3の自己複製子を出す割合
14:55
Becauseなぜなら it'sそれは onlyのみ theその third三番 replicatorリプリケータ that'sそれは going行く to reachリーチ outでる ---
なぜなら 第3自己複製子のみが--
14:58
sending送信 information情報, sending送信 probesプローブ, getting取得 outでる thereそこ,
情報や 宇宙探査機を送ったり そこに行ったり
15:01
andそして communicatingコミュニケーション with〜と anywhereどこでも elseelse.
誰とでもコンタクトとったり出きるからです
15:04
OKOK, soそう ifif we我々 take取る thatそれ equation方程式,
さて もし 私達がこの方程式を採用したら
15:06
whyなぜ haven't持っていない we我々 heard聞いた fromから anybody outでる thereそこ?
なぜ 宇宙人から何のコンタクトもないのでしょう?
15:09
Becauseなぜなら everyすべて stepステップ is dangerous危険な.
それは すべてのステップが危険だからです
15:14
Getting取得 aa new新しい replicatorリプリケータ is dangerous危険な.
新しい自己複製子を取り入れることは危険なことです
15:18
You君は canできる pull引く throughを通して, we我々 have持ってる pulled引っ張られた throughを通して,
乗り越えることはできます 私たちは乗り越えてきました
15:21
butだけど it'sそれは dangerous危険な.
でも とても危険です
15:23
Take取る theその first最初 stepステップ, asとして soonすぐに asとして life生活 appeared出現した on thisこの earth地球.
地球上に生命体が生まれたてすぐ 第一歩を踏み出しました
15:25
We我々 mayかもしれない take取る theその Gaianガイアン view見る.
ガイア説の立場を取ってもいいです
15:28
I loved愛された Peterピーター Ward'sワード talkトーク yesterday昨日 --- it'sそれは notない Gaianガイアン allすべて theその time時間.
昨日のペーター・ワードの話はとてもおもしろかったです -- ガイア説以外もありますね
15:30
Actually実際に, life生活 formsフォーム produce作物 thingsもの thatそれ kill殺します themselves自分自身.
事実 生命体はそれ自体を破滅するものを生み出します
15:33
Wellよく, we我々 didした pull引く throughを通して on thisこの planet惑星.
私たちはこの地球上で乗り越えました
15:36
Butだけど then次に, aa long長いです time時間 later後で, billions何十億 of years later後で,
でもそれから 何十億年経って
15:39
we我々 got持っている theその second二番 replicatorリプリケータ, theその memesミームズ.
第2の自己複製子ミームが出現しました
15:41
Thatそれ wasあった dangerous危険な, allすべて right.
これは危険でしたね
15:44
Think思う of theその big大きい brain.
大きな脳を考えてみましょう
15:46
Howどうやって manyたくさんの mothers母親の do行う we我々 have持ってる hereここに?
ここに母親は何人いますか?
15:48
You君は know知っている allすべて about big大きい brains頭脳.
あなた方は大きな脳について全て知ってますね
15:51
They彼ら are dangerous危険な to give与える birth誕生 to,
彼らを産むのは危険なことです
15:53
are agonizing苦しむ to give与える birth誕生 to.
ひどい苦痛を伴います
15:55
(Laughter笑い)
(笑)
15:57
Myじぶんの catネコ gave与えた birth誕生 to four4つの kittens子猫, purringごろごろ allすべて theその time時間.
私の猫は4匹の子猫を産みました いつもゴロゴロ言っています
15:59
Ahああ, mmmm --- slightly少し different異なる.
えっと 少々違いますね
16:01
(Laughter笑い)
(笑)
16:03
Butだけど notない onlyのみ is itそれ painful痛い, itそれ kills殺す lotsロット of babies赤ちゃん,
でも痛いだけではなく 沢山の赤ちゃんが死に
16:05
itそれ kills殺す lotsロット of mothers母親の,
たくさんの母親も命を落とします
16:08
andそして it'sそれは very非常に expensive高価な to produce作物.
生産にとても高く付きます
16:10
Theその genes遺伝子 are forced強制された into producing生産する allすべて thisこの myelinミエリン,
遺伝子は 脳内の神経細胞の軸索を取り囲むミエリンを強制的に作らされています
16:12
allすべて theその fat脂肪 to myelinateミエリン酸塩 theその brain.
脳内を活性化させる脂肪です
16:14
Do行う you君は know知っている, sitting座っている hereここに,
ここに座っている間に あなたの脳は
16:16
yourきみの brain is usingを使用して about 20 percentパーセント of yourきみの body's身体 energyエネルギー output出力
体重の2%の重さしかないのにエネルギー支出量の20%を
16:18
forために two percentパーセント of yourきみの body weight重量?
使用していることをご存知ですか
16:22
It'sそれは aa really本当に expensive高価な organ器官 to run走る.
とても高い臓器です
16:24
Whyなぜ? Becauseなぜなら it'sそれは producing生産する theその memesミームズ.
なぜ?それはミームを生み出すからです
16:26
Now, itそれ couldできた have持ってる killed殺された us米国 offオフ. Itそれ couldできた have持ってる killed殺された us米国 offオフ,
それは私達全てを殺すこともできました
16:28
andそして maybe多分 itそれ nearlyほぼ didした, butだけど you君は see見る, we我々 don'tしない know知っている.
そうしかかったのかもしれません それは分かりません
16:32
Butだけど maybe多分 itそれ nearlyほぼ didした.
でも たぶん近いところだったでしょう
16:34
Has持っている itそれ beenされている tried試した before?
前にそうしたことがあるか?
16:36
What about allすべて thoseそれら otherその他 species?
その他たくさんの種はどうでしょう?
16:37
Louiseルイス Leakeyリーキー talked話した yesterday昨日
ルイーズ・リーキー が昨日話しました
16:39
about howどうやって we're私たちは theその onlyのみ one1 in thisこの branchブランチ left.
私達がこの枝に唯一残っているのはなぜか
16:41
What happened起こった to theその othersその他?
その他には何がおこったのか?
16:44
Couldできた itそれ be〜する thatそれ thisこの experiment実験 in imitation模倣,
もしかすると この複製実験
16:46
thisこの experiment実験 in aa second二番 replicatorリプリケータ,
この第2自己複製子の実験は
16:48
is dangerous危険な enough十分な to kill殺します people offオフ?
人々を死に至らす程危険なのかも?
16:50
Wellよく, we我々 didした pull引く throughを通して, andそして we我々 adapted適合しました.
でも 私たちは乗り越え 適応しました
16:54
Butだけど now, we're私たちは hittingヒッティング, asとして I've私は justちょうど described記載された,
でも 今 私たちは 私が今言ったように
16:56
we're私たちは hittingヒッティング theその third三番 replicatorリプリケータ pointポイント.
第3の自己複製子地点に来ています
16:59
Andそして thisこの is even偶数 moreもっと dangerous危険な ---
そして これは もっと危険です --
17:01
wellよく, it'sそれは dangerous危険な again再び.
また 危険 ですね
17:04
Whyなぜ? Becauseなぜなら theその temestemes are selfish利己的 replicatorsレプリケータ
なぜでしょう? それは テームが利己的な自己複製子で
17:06
andそして they彼ら don'tしない careお手入れ about us米国, orまたは our我々の planet惑星, orまたは anything何でも elseelse.
私達のことや 地球や その他いろいろのことなぞ お構いなしだからです
17:10
They're彼らは justちょうど information情報, whyなぜ would〜する they彼ら?
彼らはただの情報だからです
17:13
They彼ら are usingを使用して us米国 to suck吸う upアップ theその planet's惑星の resourcesリソース
彼らは私達を使って地球の資源を吸い取り
17:17
to produce作物 moreもっと computersコンピュータ,
より多くのコンピューターを生産させ
17:19
andそして moreもっと of allすべて theseこれら amazing素晴らしい thingsもの we're私たちは hearing聴覚 about hereここに at〜で TEDテッド.
TEDで聞くようなこれらの素晴らしいことをより多く生み出します
17:21
Don'tしない think思う, "Ohああ, we我々 created作成した theその Internetインターネット forために our我々の own自分の benefit利益."
「インターネットは私達が自分たちの利益のために作った」なんて思わないことです
17:24
That'sそれは howどうやって itそれ seems思われる to us米国.
私達にはそのように映るだけです
17:28
Think思う, temestemes spreading広がる becauseなぜなら they彼ら must必須.
テームが広がるのは必然だと考えてください
17:30
We我々 are theその old古い machines機械.
私たちは古い機械です
17:34
Now, are we我々 going行く to pull引く throughを通して?
さて 私たちは乗り越えられるでしょうか?
17:36
What's何ですか going行く to happen起こる?
いったい何がおこるのでしょう?
17:38
What doesする itそれ mean平均 to pull引く throughを通して?
乗り越えるとはどういう意味なのか?
17:40
Wellよく, thereそこ are kind種類 of two ways方法 of pulling引っ張る throughを通して.
二種類の乗り越え方があります
17:42
One1 thatそれ is obviously明らかに happeningハプニング allすべて aroundまわり us米国 now,
一つは既に私達のまわりでおこっているように
17:45
is thatそれ theその temestemes turn順番 us米国 into temeテム machines機械,
テームに私達をテームマシーンとさせること
17:47
with〜と theseこれら implantsインプラント, with〜と theその drugs薬物,
埋め込みや麻薬を使って
17:51
with〜と us米国 merging合併 with〜と theその technology技術.
テクノロジーと一緒になり
17:53
Andそして whyなぜ would〜する they彼ら do行う thatそれ?
なぜ彼らはそうするか?
17:56
Becauseなぜなら we我々 are self-replicating自己複製.
それは私達が自己複製するからです
17:58
We我々 have持ってる babies赤ちゃん.
私たちは子供を産みます
18:00
We我々 make作る new新しい onesもの, andそして soそう it'sそれは convenient便利 to piggybackピギーバック on us米国,
私たちは新しく作るので 便乗すれば便利だからです
18:02
becauseなぜなら we're私たちは notない yetまだ at〜で theその stageステージ on thisこの planet惑星
なぜなら 私達の地球上では
18:05
whereどこで theその otherその他 optionオプション is viable実行可能な.
他の選択肢がまだ顕著になっていないからです
18:09
Althoughただし、 it'sそれは closerクローザー, I heard聞いた thisこの morning,
と言っても近くはなってきています
18:11
it'sそれは closerクローザー thanより I thought思想 itそれ wasあった.
今朝 思ったよりも近いと聞きました
18:13
Whereどこで theその temeテム machines機械 themselves自分自身 will意志 replicate複製する themselves自分自身.
テームマシーンは彼ら自身を自己複製します
18:15
Thatそれ way方法, itそれ wouldn'tしないだろう matter問題 ifif theその planet's惑星の climate気候
そうすることで 地球上の気候が不安定になって
18:18
wasあった utterly全く destabilized不安定化した,
人が住めなくなっても
18:22
andそして itそれ wasあった noいいえ longerより長いです possible可能 forために humans人間 to liveライブ hereここに.
お構いなしなのです
18:24
Becauseなぜなら thoseそれら temeテム machines機械, they彼ら wouldn'tしないだろう need必要 ---
なぜならこれらのテームマシーンは
18:26
they're彼らは notない squishyかすかな, wet湿った, oxygen-breathing酸素呼吸,
感傷的で じめっとし 酸素呼吸をする
18:28
warmth-requiring温かみのある creatures生き物.
暖かい体液の流れた生き物ではないからです
18:30
They彼ら couldできた carryキャリー on withoutなし us米国.
彼らは私達なしで存在できます
18:33
Soそう, thoseそれら are theその two possibilities可能性.
二つの可能性があります
18:35
Theその second二番, I don'tしない think思う we're私たちは thatそれ close閉じる.
二番目は 私たちはそこまで来ているとは思いません
18:38
It'sそれは coming到来, butだけど we're私たちは notない thereそこ yetまだ.
来るけれども まだ先のことです
18:42
Theその first最初, it'sそれは coming到来 tooあまりにも.
最初のものは 来るでしょう
18:44
Butだけど theその damage損傷 thatそれ is already既に beingであること done完了
でも この地球にすでにもたらされた損傷が
18:46
to theその planet惑星 is showing表示 us米国 howどうやって dangerous危険な theその third三番 pointポイント is,
第3ポイントが どれほど危険かを示しています
18:49
thatそれ third三番 danger危険 pointポイント, getting取得 aa third三番 replicatorリプリケータ.
第3ポイントとは 第3自己複製子のことです
18:54
Andそして will意志 we我々 get取得する throughを通して thisこの third三番 danger危険 pointポイント,
そしてこの第3ポイントを
18:58
like好きな we我々 got持っている throughを通して theその second二番 andそして like好きな we我々 got持っている throughを通して theその first最初?
第2 第1段階を通過したように切る抜けられるでしょうか?
19:00
Maybe多分 we我々 will意志, maybe多分 we我々 won't〜されません.
大丈夫かどうか
19:04
I have持ってる noいいえ ideaアイディア.
私には分かりません
19:06
(Applause拍手)
(拍手)
19:13
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Thatそれ wasあった an incredible信じられない talkトーク.
クリス・アンダーソン:信じられないようなお話でした
19:24
SBSB: Thank感謝 you君は. I scared怖い myself私自身.
自分でも怖くなったわ
19:26
CAca: (Laughter笑い)
クリス:(笑)
19:28
Translated by Kayo Mizutani
Reviewed by Masaaki Ueno

▲Back to top

About the speaker:

Susan Blackmore - Memeticist
Susan Blackmore studies memes -- those self-replicating "life forms" that spread themselves via human consciousness. We're now headed, she believes, toward a new form of meme, spread by the technology we've created.

Why you should listen

Susan Blackmore is dedicated to understanding the scientific nature of consciousness. Her latest work centers on the existence of memes -- little bits of knowledge, lore, habit that seem to spread themselves using human brains as mere carriers. She's exploring the existence of a new class of meme, spread by human technology. It's temporarily named the "teme."

She has written about memes, consciousness, and near-death experiences; has appeared on the British Big Brother to discuss the psychology of the participants; and writes for the Guardian UK.

More profile about the speaker
Susan Blackmore | Speaker | TED.com