English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2003

Rodney Brooks: Robots will invade our lives

ロドニー・ブルックス「ロボットは我々の生活を侵略する」

Filmed
Views 605,555

2003年のこの予言的な講話において、ロボット研究者であるロドニー・ブルックスは、玩具から家事、そしてその先に至るまで、ロボットがどのように我々の生活において役割を果たして行くかを述べています。

- Roboticist
Rodney Brooks builds robots based on biological principles of movement and reasoning. The goal: a robot who can figure things out. Full bio

What I want欲しいです to telltell you君は about today今日 is howどうやって I see見る robotsロボット invading侵入する our我々の lives人生
本日お話ししたいのは
様々なレベルや時間尺度おいて
00:18
at〜で multiple複数 levelsレベル, over以上 multiple複数 timescalesタイムスケール.
ロボットが私たちの生活を
侵略していることついての私見です
00:23
Andそして whenいつ I look見える outでる in theその future未来, I can'tできない imagine想像する aa world世界, 500 years fromから now,
今から500年後の未来を考えると
00:26
whereどこで we我々 don'tしない have持ってる robotsロボット everywhereどこにでも.
至る所にロボットが存在する
世界しか想像できません
00:30
Assuming前提 --- despite何と allすべて theその dire恐ろしい predictions予測 fromから manyたくさんの people about our我々の future未来 ---
人類の運命に関する
悲観的な予測は別として
00:32
assuming前提 we're私たちは stillまだ aroundまわり, I can'tできない imagine想像する theその world世界 notない beingであること populated人口 with〜と robotsロボット.
我々がこの世に存在しているとすれば
ロボットもたくさんいるはずです
00:37
Andそして then次に theその question質問 is, wellよく, ifif they're彼らは going行く to be〜する hereここに in 500 years,
疑問は500年後に
この様に存在するであろうロボットが
00:41
are they彼ら going行く to be〜する everywhereどこにでも soonerより早く thanより thatそれ?
それ以前に
至る所に存在するようになるか
00:44
Are they彼ら going行く to be〜する aroundまわり in 50 years?
50年後にでも
既にそうなるかということです
00:46
Yeahええ, I think思う that'sそれは prettyかなり likelyおそらく --- there'sそこに going行く to be〜する lotsロット of robotsロボット everywhereどこにでも.
十分にありえると思います
ロボットはそこらじゅうに存在し
00:48
Andそして in fact事実 I think思う that'sそれは going行く to be〜する aa lotロット soonerより早く thanより thatそれ.
実際 もっと早い時期に
そうなると考えています
00:51
I think思う we're私たちは sortソート of on theその cuspカスプ of robotsロボット becoming〜になる common一般,
現在はロボット普及の
「幕開け」であるとも言えます
00:54
andそして I think思う we're私たちは sortソート of aroundまわり 1978 orまたは 1980 in personal個人的 computerコンピューター years,
丁度 1978年から1980年あたりの
パソコンがそうであったように
00:58
whereどこで theその first最初 few少数 robotsロボット are starting起動 to appear現れる.
ロボットが徐々に登場し始めると
思っています
01:04
Computersコンピュータ sortソート of came来た aroundまわり throughを通して gamesゲーム andそして toysおもちゃ.
コンピューターは はじめ
ゲームや玩具を通してやってきました
01:07
Andそして you君は know知っている, theその first最初 computerコンピューター most最も people had持っていました in theその house
家庭に一番先にやってきたのは
01:11
mayかもしれない have持ってる beenされている aa computerコンピューター to play遊びます Pongポン,
「Pong」が遊べる
コンピューターだったかもしれません
01:14
aa little少し microprocessorマイクロプロセッサ embedded埋め込み,
小さなマイクロプロセッサー内蔵のものです
01:16
andそして then次に otherその他 gamesゲーム thatそれ came来た after thatそれ.
他のゲームも次々に登場しました
01:18
Andそして we're私たちは starting起動 to see見る thatそれ same同じ sortソート of thingもの with〜と robotsロボット:
ロボットでも同じような事が
起こっています
01:21
LEGOレゴ Mindstorms, Furbies恐怖 --- who hereここに --- didした anyone誰でも hereここに have持ってる aa Furbyファービー?
LEGOマインドストームやファービー
ファービーを持っていた人は?
01:24
Yeahええ, there'sそこに 38 million百万 of themそれら sold売った worldwide世界的に.
いますね
全世界で3800万個も売れました
01:28
They彼ら are prettyかなり common一般. Andそして they're彼らは aa little少し tiny小さな robotロボット,
結構 流行っていました
これは とても小さな
01:31
aa simple単純 robotロボット with〜と some一部 sensorsセンサ,
センサー数個の シンプルなロボットで
01:33
aa little少し bitビット of processing処理 actuation起動.
ちょっとした情報処理や動きをします
01:35
On theその right thereそこ is another別の robotロボット doll人形, who you君は couldできた get取得する aa coupleカップル of years ago.
右側は数年前に売られていた
別の人形ロボットです
01:37
Andそして justちょうど asとして in theその early早い days日々,
コンピューターの初期
01:40
whenいつ thereそこ wasあった aa lotロット of sortソート of amateurアマチュア interactionインタラクション over以上 computersコンピュータ,
マニアの人たちが
コンピューターをいじっていた頃のように
01:42
you君は canできる now get取得する various様々な hackingハッキング kitsキット, how-to-hackハウツーハック books.
様々なハッキング・キットや本も売っています
01:47
Andそして on theその left thereそこ is aa platformプラットフォーム fromから Evolution進化 Roboticsロボット工学,
左側はEvolution Robotics社の
プラットフォームです
01:51
whereどこで you君は put置く aa PCpc on, andそして you君は programプログラム thisこの thingもの with〜と aa GUIグイ
PCをのせGUIでプログラムし
01:55
to wanderさまよう aroundまわり yourきみの house andそして do行う various様々な stuffもの.
家の中をウロウロさせて
いろんな事ができます
01:58
Andそして then次に there'sそこに aa higher高い price価格 pointポイント sortソート of robotロボット toysおもちゃ ---
もっと高額な
ロボット玩具のようなものもあって
02:01
theその Sonyソニー Aiboアイボ. Andそして on theその right thereそこ, is one1 thatそれ theその NEC必要 developed発展した,
ソニーのアイボ
右側はNECの開発した
02:04
theその PaPeRoペーパー, whichどの I don'tしない think思う they're彼らは going行く to release解放.
PaPeRoです
発売はされないと思いますが
02:08
Butだけど neverthelessそれにもかかわらず, thoseそれら sortsソート of thingsもの are outでる thereそこ.
でも こういったものが存在しています
02:11
Andそして we've私たちは seen見た, over以上 theその last最終 two orまたは three years, lawn-mowing芝刈り robotsロボット,
ここ数年 芝刈りロボットも出てきました
02:14
Husqvarnaハスクバーナ on theその bottom, Friendlyフレンドリーな Roboticsロボット工学 on top thereそこ, an Israeliイスラエル company会社.
下はHusqvarna社製
上はイスラエルのFriendly Robotics社製
02:18
Andそして then次に in theその last最終 12 months数ヶ月 orまたは soそう
そして 昨年あたりから
02:24
we've私たちは started開始した to see見る aa bunch of home-cleaning自宅清掃 robotsロボット appear現れる.
たくさんの 家庭用掃除ロボットを
見るようになりました
02:26
Theその top left one1 is aa very非常に niceいい home-cleaning自宅清掃 robotロボット
左上は とても素晴らしい
家庭用掃除ロボットで
02:30
fromから aa company会社 calledと呼ばれる Dysonダイソン, in theその Uあなた.Kk. Exceptを除いて itそれ wasあった soそう expensive高価な ---
イギリスのDyson社製です
ただ とても高額で
02:33
3,500 dollarsドル --- they彼ら didn'tしなかった release解放 itそれ.
3,500ドルです
市場には出ませんでしたが
02:37
Butだけど at〜で theその bottom left, you君は see見る Electroluxエレクトロルックス, whichどの is on sale販売.
でも左下のElectrolux社製のものは
販売されています
02:39
Another別の one1 fromから Karcherカーチャ.
Karcher社製の また別のものもあって
02:42
At〜で theその bottom right is one1 thatそれ I built建てられた in myじぶんの lab研究室
右下は 私の研究室で
02:44
about 10 years ago, andそして we我々 finally最後に turned回した thatそれ into aa product製品.
10年ほど前に作ったもので
最近製品化されました
02:46
Andそして let〜する me justちょうど showショー you君は thatそれ.
これをお見せしましょう
02:49
We're私たちは going行く to give与える thisこの away離れて I think思う, Chrisクリス said前記, after theその talkトーク.
後でこれは誰かに差し上げるとか
クリスは言っています
02:51
Thisこの is aa robotロボット thatそれ you君は canできる go行く outでる andそして buy購入, andそして thatそれ will意志 cleanクリーン upアップ yourきみの floor.
これは皆さんも購入できるロボットで
床を掃除します
02:55
Andそして itそれ starts開始する offオフ sortソート of justちょうど going行く aroundまわり in ever-increasing増え続ける circles.
だんだん円を大きく描きながら動き
03:05
Ifif itそれ hitsヒット something何か --- you君は people see見る thatそれ?
何かにぶつかると…見えました?
03:10
Now it'sそれは doingやっている wall-followingウォールフォロー, it'sそれは following以下 aroundまわり myじぶんの feetフィート
壁に沿って移動したり
私の足に沿って
03:14
to cleanクリーン upアップ aroundまわり me. Let'sさあ see見る, let'sさあ ---
周りを掃除してくれています
ではここで...
03:17
ohああ, who stoleストール myじぶんの Riceご飯 Krispiesクリスピー? They彼ら stoleストール myじぶんの Riceご飯 Krispiesクリスピー!
あれ?誰か僕のシリアルを盗みました?
シリアルが盗まれてしまいました!
03:21
(Laughter笑い)
(笑)
03:26
Don'tしない worry心配, relaxリラックス, noいいえ, relaxリラックス, it'sそれは aa robotロボット, it'sそれは smartスマート!
心配しないで 大丈夫ですよ
ロボットだから賢いんです!
03:32
(Laughter笑い)
(笑)
03:35
See見る, theその three-year-old3歳 kids子供たち, they彼ら don'tしない worry心配 about itそれ.
3歳の子供は心配しないんですよね
03:38
It'sそれは grown-ups大人たち thatそれ get取得する really本当に upset動揺.
大人だけが取り乱すんです
03:42
(Laughter笑い)
(笑)
03:44
We'll私たちは justちょうど put置く some一部 crapひどい hereここに.
では「ゴミ」を少しここに置いて
03:45
(Laughter笑い)
(笑)
03:47
Okayはい.
はい
03:51
(Laughter笑い)
(笑)
03:53
I don'tしない know知っている ifif you君は see見る --- soそう, I put置く aa bunch of Riceご飯 Krispiesクリスピー thereそこ,
見えにくいですが
ここにたくさんシリアルを置きました
03:57
I put置く some一部 penniesペニー, let'sさあ justちょうど shootシュート itそれ at〜で thatそれ, see見る ifif itそれ cleansきれいにする upアップ.
硬貨もいくつか置いて あれに向かって
動かしてみましょう 掃除するかどうか
04:00
Yeahええ, OKOK. Soそう ---
はい 大丈夫ですね では…
04:10
we'll私たちは leave離れる thatそれ forために later後で.
これはひとまず置いておきましょう
04:12
(Applause拍手)
(拍手)
04:16
Part of theその trickトリック wasあった building建物 aa betterより良い cleaningクリーニング mechanism機構, actually実際に;
難しかったのは 良い掃除メカニズムの
デザインでした
04:22
theその intelligenceインテリジェンス on boardボード wasあった fairlyかなり simple単純.
中の頭脳はかなり単純なものです
04:26
Andそして that'sそれは true真実 with〜と aa lotロット of robotsロボット.
概してこれは他のロボットでも同じです
04:30
We've私たちは allすべて, I think思う, become〜になる, sortソート of computational計算上の chauvinists信者,
私たちはある意味で
コンピュータ優位論者であるようで
04:32
andそして think思う thatそれ computation計算 is everythingすべて,
コンピュータ処理が全てと考えがちです
04:36
butだけど theその mechanics力学 stillまだ matter問題.
でも 機械部も大切なんです
04:38
Here'sここにいる another別の robotロボット, theその PackBotパックボット,
これは 別のロボット
PacBotというもので
04:40
thatそれ we've私たちは beenされている building建物 forために aa bunch of years.
ここ何年も作っているものです
04:43
It'sそれは aa military軍事 surveillance監視 robotロボット, to go行く in ahead前方に of troops ---
軍事用の偵察ロボットで
兵隊に先立って
04:45
looking探している at〜で caves洞窟, forために instanceインスタンス.
例えば 洞窟を偵察したりするものですが
04:51
Butだけど we我々 had持っていました to make作る itそれ fairlyかなり robustロバストな,
かなり頑丈に作る必要がありました
04:54
muchたくさん moreもっと robustロバストな thanより theその robotsロボット we我々 buildビルドする in our我々の labsラボ.
研究室で普段作るロボットよりも
かなり頑丈にね
04:56
(Laughter笑い)
(笑)
05:03
On boardボード thatそれ robotロボット is aa PCpc runningランニング Linuxlinux.
ロボットの頭脳はLinux搭載のPCでして
05:12
Itそれ canできる withstand耐える aa 400Gg shockショック. Theその robotロボット has持っている local地元 intelligenceインテリジェンス:
400Gの衝撃に耐えることができます
ロボット自身が知能を持っていて
05:16
itそれ canできる flipフリップ itself自体 over以上, canできる get取得する itself自体 into communicationコミュニケーション range範囲,
自分を反転させたり 通信域に移動したり
05:22
canできる go行く upstairs二階 by〜によって itself自体, etet cetera同僚.
自力で階段を昇ったりすることなどができます
05:28
Okayはい, soそう it'sそれは doingやっている local地元 navigationナビゲーション thereそこ.
ここでは 現場でのナビゲーションを
行っています
05:38
Aa soldier兵士 gives与える itそれ aa commandコマンド to go行く upstairs二階, andそして itそれ doesする.
兵士が階段を昇る指令を出すと
それに従います
05:42
Thatそれ wasあった notない aa controlled制御された descent降下.
今のは意図的な落下ではありませんが…
05:49
(Laughter笑い)
(笑)
05:52
Now it'sそれは going行く to head offオフ.
今度は回避します
05:54
Andそして theその big大きい breakthrough画期的な forために theseこれら robotsロボット, really本当に, wasあった September9月 11thth.
これらのロボットの大きな転換点は
9・11の多発テロでした
05:56
We我々 had持っていました theその robotsロボット downダウン at〜で theその World世界 Tradeトレード Centerセンター late遅く thatそれ eveningイブニング.
あの夜遅く ワールドトレードセンターに
出動させましたが
06:01
Couldn'tできなかった do行う aa lotロット in theその mainメイン rubble瓦礫 pileパイル,
中心の瓦礫の山では
大したことは出来ませんでした
06:06
thingsもの wereあった justちょうど tooあまりにも --- thereそこ wasあった nothing何も left to do行う.
全てがとても…
できることはありませんでした
06:08
Butだけど we我々 didした go行く into allすべて theその surrounding周囲 buildings建物 thatそれ had持っていました beenされている evacuated避難した,
しかし 避難済みの周囲の建物に
全て入って行って
06:11
andそして searched検索された forために possible可能 survivors生存者 in theその buildings建物
危険すぎて入ることができない建物の中で
06:16
thatそれ wereあった tooあまりにも dangerous危険な to go行く into.
生存者の探索を行うことができました
06:19
Let'sさあ run走る thisこの videoビデオ.
この映像をご覧ください
06:21
Reporterレポーター: ...battlefield戦場 companionsコンパニオン are helping助ける to reduce減らす theその combat戦闘 risksリスク.
戦場の友が
戦闘リスクの軽減に役立っています
06:23
Nickニック Robertsonロバートソン has持っている thatそれ storyストーリー.
ニック・ロバートソンの報告です
06:26
Rodneyロッドニー Brooksブルック: Canできる we我々 have持ってる another別の one1 of theseこれら?
ロドニー:これをもうひとつもらえますか?
06:31
Okayはい, good良い.
ありがとう
06:38
Soそう, thisこの is aa corporal伍長 who had持っていました seen見た aa robotロボット two weeks previously前に.
これは2週間前に
ロボットをはじめて見た伍長です
06:43
He's彼は sending送信 robotsロボット into caves洞窟, looking探している at〜で what's何ですか going行く on.
ロボットを洞窟に送り込み
状況を確認しています
06:48
Theその robot'sロボットの beingであること totally完全に autonomous自律的.
ロボットは完全に自律して動きます
06:52
Theその worst最悪 thingもの that'sそれは happened起こった in theその cave洞窟 soそう far遠い
過去 洞窟内で起きた最悪の出来事は
06:54
wasあった one1 of theその robotsロボット fell落ちた downダウン ten metersメートル.
ロボットの1つが10m落下したことでした
06:58
Soそう one1 year ago, theその US米国 military軍事 didn'tしなかった have持ってる theseこれら robotsロボット.
米軍がこの様なロボットを
使うようになって まだ一年ですが
07:08
Now they're彼らは on activeアクティブ duty義務 in Afghanistanアフガニスタン everyすべて day.
現在アフガニスタンで
毎日のように活躍しています
07:11
Andそして that'sそれは one1 of theその reasons理由 they彼ら sayいう aa robotロボット invasion侵入 is happeningハプニング.
ロボットの侵略が起きていると
言われる理由のひとつです
07:13
There'sそこに aa sea change変化する happeningハプニング in howどうやって --- whereどこで technology's技術の going行く.
テクノロジーの未来もどんどん
変わって来ています
07:16
Thanksありがとう.
ありがとう
07:20
Andそして over以上 theその next coupleカップル of months数ヶ月,
数ヶ月先には
07:23
we're私たちは going行く to be〜する sending送信 robotsロボット in production製造
私達はロボットを油田に送り出し
07:25
downダウン producing生産する oil wells井戸 to get取得する thatそれ last最終 few少数 years of oil outでる of theその ground接地.
地中に残った数年分の石油を取り出すために
地下産出を行う予定です
07:28
Very非常に hostile敵対的な environments環境, 150˚ Cc, 10,000 PSIpsi.
150℃ 圧力も10,000psiという
とても過酷な環境です
07:32
Autonomous自律的 robotsロボット going行く downダウン, doingやっている thisこの sortソート of work作業.
自律型ロボットが地中に潜り
この種の仕事を行うのです
07:36
Butだけど robotsロボット like好きな thisこの, they're彼らは aa little少し hardハード to programプログラム.
しかし このようなロボットの制御は多少難しく
07:40
Howどうやって, in theその future未来, are we我々 going行く to programプログラム our我々の robotsロボット
将来 どの様にプログラムし
07:43
andそして make作る themそれら easierより簡単に to useつかいます?
ロボットを使いやすくするかが
課題になります
07:45
Andそして I want欲しいです to actually実際に useつかいます aa robotロボット hereここに ---
ここで 実際にロボットを見てみましょう
07:47
aa robotロボット named名前 Chrisクリス --- standスタンド upアップ. Yeahええ. Okayはい.
クリスという名前のロボットです
立ち上がって はい OK
07:50
Come来る over以上 hereここに. Now notice通知, he thinks考える robotsロボット have持ってる to be〜する aa bitビット stiff堅い.
こっちへ来て ロボットだから 堅苦しく
しなくてはと思っているようですね
07:57
He sortソート of doesする thatそれ. Butだけど I'm私は going行く to ---
そんな風に見えますが
ここで...
08:01
Chrisクリス Andersonアンダーソン: I'm私は justちょうど Britishイギリス人. RBrb: Ohああ.
単にイギリス人だからですよ
なるほど
08:04
(Laughter笑い)
(笑)
08:06
(Applause拍手)
(拍手)
08:08
I'm私は going行く to showショー thisこの robotロボット aa task仕事. It'sそれは aa very非常に complex複合体 task仕事.
このロボットにタスク(作業)を見せます
とても複雑なタスクです
08:10
Now notice通知, he noddedうなずき thereそこ, he wasあった giving与える me some一部 indication表示
頷きましたね
ここで何かを私に伝えているわけです
08:13
he wasあった understanding理解 theその flowフロー of communicationコミュニケーション.
コミュニケーションの流れを
理解したのだとわかります
08:16
Andそして ifif I'd私は said前記 something何か completely完全に bizarre奇妙な
私が突拍子もないことを言ったとすると
08:19
he would〜する have持ってる looked見た askance頼む at〜で me, andそして regulated規制された theその conversation会話.
顔をしかめて
会話を調整したでしょう
08:21
Soそう now I brought持ってきた thisこの upアップ in frontフロント of him.
ここで これを彼の前にかざしてみます
08:24
I'd私は looked見た at〜で his eyes, andそして I saw見た his eyes looked見た at〜で thisこの bottleボトル top.
彼の目を見て ボトルの頭を見たと
確認します
08:27
Andそして I'm私は doingやっている thisこの task仕事 hereここに, andそして he's彼は checking点検 upアップ.
そしてここでタスクを行い
彼はそれを見ています
08:31
His eyes are going行く backバック andそして forth前進 upアップ to me, to see見る what I'm私は looking探している at〜で ---
彼は 私の目と 私の見ているものを
交互に見ています
08:33
soそう we've私たちは got持っている shared共有 attention注意.
つまり 注意を共有しているわけです
08:36
Andそして soそう I do行う thisこの task仕事, andそして he looks外見, andそして he looks外見 to me
タスクを置こうなうと
それ見ると同時に 私のことも見て
08:38
to see見る what's何ですか happeningハプニング next. Andそして now I'll私はよ give与える him theその bottleボトル,
次に何が起こるか理解しようとしています
ここでボトルを渡します
08:41
andそして we'll私たちは see見る ifif he canできる do行う theその task仕事. Canできる you君は do行う thatそれ?
ここでタスクができるでしょうか
できますか?
08:45
(Laughter笑い)
(笑)
08:47
Okayはい. He's彼は prettyかなり good良い. Yeahええ. Good良い, good良い, good良い.
OK 上手ですね
はい 上手 上手
08:50
I didn'tしなかった showショー you君は howどうやって to do行う thatそれ.
それは教えてないよ
08:54
Now see見る ifif you君は canできる put置く itそれ backバック together一緒に.
では 元に戻せるか見てみましょう
08:56
(Laughter笑い)
(笑)
08:58
Andそして he thinks考える aa robotロボット has持っている to be〜する really本当に slowスロー.
ロボットはゆっくり動くと
思っているみたいですね
09:00
Good良い robotロボット, that'sそれは good良い.
いいロボットだ よくできました
09:01
Soそう we我々 saw見た aa bunch of thingsもの thereそこ.
さあ これでいろいろ解りました
09:03
We我々 saw見た whenいつ we're私たちは interacting相互作用する,
相互のやりとりでは
09:06
we're私たちは trying試す to showショー someone誰か howどうやって to do行う something何か, we我々 direct直接 their彼らの visualビジュアル attention注意.
何かやり方を見せるとき
相手の視線の注意を引きます
09:09
Theその otherその他 thingもの communicates通信する their彼らの internal内部 state状態 to us米国,
相手は自分の状態を伝え
09:13
whetherかどうか he's彼は understanding理解 orまたは notない, regulates規制する aa socialソーシャル interactionインタラクション.
理解したかどうかとか
対話を調整します
09:17
Thereそこ wasあった shared共有 attention注意 looking探している at〜で theその same同じ sortソート of thingもの,
同じものを見ることで
注意が共有され
09:20
andそして recognizing認識 socially社会的に communicated伝えられた reinforcement強化 at〜で theその end終わり.
最後には対話で
褒められたのを認識するのもわかりました
09:22
Andそして we've私たちは beenされている trying試す to put置く thatそれ into our我々の lab研究室 robotsロボット
現在 これを研究室のロボットに
取り入れようとしています
09:26
becauseなぜなら we我々 think思う thisこの is howどうやって you'reあなたは going行く to want欲しいです to interact相互作用する with〜と robotsロボット in theその future未来.
これが将来ロボットとやりとりする
望ましい方法だと思います
09:29
I justちょうど want欲しいです to showショー you君は one1 technicalテクニカル diagram hereここに.
ここで技術的な図をひとつお見せします
09:33
Theその most最も important重要 thingもの forために building建物 aa robotロボット thatそれ you君は canできる interact相互作用する with〜と socially社会的に
対話できるロボットをつくる上で最も重要なのが
09:35
is itsその visualビジュアル attention注意 systemシステム.
視覚的な注意喚起システムです
09:39
Becauseなぜなら what itそれ pays払う attention注意 to is what it'sそれは seeing見る
なぜなら 注意を払っている対象は
それが見たり
09:41
andそして interacting相互作用する with〜と, andそして what you'reあなたは understanding理解 what it'sそれは doingやっている.
関連している対象であり
ロボットの行動を理解するものだからです
09:44
Soそう in theその videosビデオ I'm私は about to showショー you君は,
今からお見せする映像では
09:47
you'reあなたは going行く to see見る aa visualビジュアル attention注意 systemシステム on aa robotロボット
ロボットの視覚的な注意喚起システムを
ご覧いただきます
09:50
whichどの has持っている --- itそれ looks外見 forために skin toneトーン in HSVHSV spaceスペース,
これは…HSV色空間で
肌色を探すので
09:54
soそう itそれ works作品 across横断する allすべて human人間 colorings着色料.
全ての人種の色に対応していてます
09:58
Itそれ looks外見 forために highly高く saturated飽和した colors, fromから toysおもちゃ.
玩具の鮮やかなを見つけ出したり
10:02
Andそして itそれ looks外見 forために thingsもの thatそれ move動く aroundまわり.
動くものを探します
10:04
Andそして itそれ weights重み thoseそれら together一緒に into an attention注意 window,
それらを視野の中で比較し
10:06
andそして itそれ looks外見 forために theその highest-scoring最高得点 place場所 ---
最も高いスコアの箇所を見つけます
10:09
theその stuffもの whereどこで theその most最も interesting面白い stuffもの is happeningハプニング ---
最も興味深い出来事が起きている箇所に
10:11
andそして thatそれ is what itsその eyes then次に segueセグエ to.
そして そこに目をすみやかに移し
10:13
Andそして itそれ looks外見 right at〜で thatそれ.
それを注視します
10:17
At〜で theその same同じ time時間, some一部 top-downトップダウン sortソート of stuffもの:
同時に トップダウン的に
10:19
mightかもしれない decide決めます thatそれ it'sそれは lonely寂しい andそして look見える forために skin toneトーン,
寂しいので 肌色を探そうと判断したり
10:22
orまたは mightかもしれない decide決めます thatそれ it'sそれは bored退屈な andそして look見える forために aa toyおもちゃ to play遊びます with〜と.
退屈なので 遊ぶための玩具を
探そうと判断したりするので
10:25
Andそして soそう theseこれら weights重み change変化する.
ウエイトがかわります
10:28
Andそして over以上 hereここに on theその right,
そして この右側は
10:30
thisこの is what we我々 callコール theその Stevenスティーブン Spielbergスピルバーグ memorial記念碑 moduleモジュール.
私達がスティーブン・スピルバーグの
記念モジュールと呼ぶ…
10:32
Didした people see見る theその movie映画 "AI"? (Audience聴衆: Yesはい.)
「AI」という映画をご覧になりました?
(観客:はい)
10:35
RBrb: Yeahええ, itそれ wasあった really本当に bad悪い, butだけど ---
ひどい映画でしたが
10:37
remember思い出す, especially特に whenいつ Haleyヘイリー Joelジョエル Osment職業, theその little少し robotロボット,
特に ハーレイ・ジョエル・オスメントの扮した
小さなロボットが
10:39
looked見た at〜で theその blue fairy妖精 forために 2,000 years withoutなし taking取る his eyes offオフ itそれ?
ひと時も目を離さずに 青い妖精を
2000年もの間 見続けたのも
10:43
Wellよく, thisこの gets取得 rid除去する of thatそれ,
これは それに対処する答えです
10:47
becauseなぜなら thisこの is aa habituation習慣 Gaussianガウス的 thatそれ gets取得 negative,
なぜなら これは負に作用する
ガウス的な馴化でありまして
10:49
andそして moreもっと andそして moreもっと intense激しい asとして itそれ looks外見 at〜で one1 thingもの.
一つのものを見続けると
10:53
Andそして itそれ gets取得 bored退屈な, soそう itそれ will意志 then次に look見える away離れて at〜で something何か elseelse.
結果的に 飽きてしまい
何か他のものを見るようになります
10:56
Soそう, once一度 you'veあなたは got持っている thatそれ --- andそして here'sここにいる aa robotロボット, here'sここにいる Kismetキスメット,
簡単な説明でしたが
これがロボットの Kismetです
10:59
looking探している aroundまわり forために aa toyおもちゃ. You君は canできる telltell what it'sそれは looking探している at〜で.
おもちゃを探しています
何を見ているかわかりますね
11:03
You君は canできる estimate推定 itsその gaze視線 direction方向 fromから thoseそれら eyeballs眼球 coveringカバーする itsその cameraカメラ,
カメラを覆っている目玉から
目線の方向を推測できます
11:07
andそして you君は canできる telltell whenいつ it'sそれは actually実際に seeing見る theその toyおもちゃ.
おもちゃを見つける様子が
わかります
11:12
Andそして it'sそれは got持っている aa little少し bitビット of an emotional感情の response応答 hereここに.
ちょっと感情的な反応を示しましたね
11:15
(Laughter笑い)
(笑)
11:17
Butだけど it'sそれは stillまだ going行く to pay支払う attention注意
しかし 注意は継続しています
11:18
ifif something何か moreもっと significant重要な comes来る into itsその fieldフィールド of view見る ---
もし もっと面白いものが視野に入れば
11:20
suchそのような asとして Cynthiaシンシア Breazeal怠惰, theその builderビルダー of thisこの robotロボット, fromから theその right.
例えば右にいる このロボットの
生みの親であるシンシア・ブリジールなどに
11:24
Itそれ sees見える her彼女, pays払う attention注意 to her彼女.
気づくと そちらに注意を払います
11:28
Kismetキスメット has持っている an underlying根底にある, three-dimensional三次元 emotional感情の spaceスペース,
Kismetは内的な3次元の感情空間を持っていて
11:33
aa vectorベクター spaceスペース, of whereどこで itそれ is emotionally感情的に.
それは感情の位置を示すベクトル空間で
11:37
Andそして at〜で different異なる places場所 in thatそれ spaceスペース, itそれ expresses表現する ---
その空間のどこにいるかを表現します
11:40
canできる we我々 have持ってる theその volumeボリューム on hereここに?
音声を出してもらえますか?
11:46
Canできる you君は hear聞く thatそれ now, outでる thereそこ? (Audience聴衆: Yeahええ.)
聞こえますか?(観客:はい)
11:48
Kismetキスメット: Do行う you君は really本当に think思う soそう? Do行う you君は really本当に think思う soそう?
本当にそう思う?本当にそう思う?
11:50
Do行う you君は really本当に think思う soそう?
本当にそう思う?
11:57
RBrb: Soそう it'sそれは expressing表現する itsその emotion感情 throughを通して itsその face
表情と声の調子を通して
12:00
andそして theその prosody韻律 in itsその voice音声.
感情を表現するのです
12:03
Andそして whenいつ I wasあった dealing対処する with〜と myじぶんの robotロボット over以上 hereここに,
ここで私がロボットとやりとりしていた際
12:05
Chrisクリス, theその robotロボット, wasあった measuring測定する theその prosody韻律 in myじぶんの voice音声,
ロボットのクリスが私の声の調子を
測っていたように
12:09
andそして soそう we我々 have持ってる theその robotロボット measure測定 prosody韻律 forために four4つの basic基本的な messagesメッセージ
声の調子で表現される
4種の基本メッセージを測るようにしました
12:12
thatそれ mothers母親の give与える their彼らの children子供 pre-linguistically言語学的に前の.
これは言葉以前に
母親が子供に伝えるものです
12:17
Hereここに we've私たちは got持っている naiveナイーブ subjects科目 praising賛美 theその robotロボット:
ここでは事前情報のない被験者が
ロボットを褒めています
12:21
Voice音声: Niceいい robotロボット.
いいロボットね
12:26
You'reあなたは suchそのような aa cute可愛い little少し robotロボット.
小さくてかわいいロボットね
12:29
(Laughter笑い)
(笑)
12:31
RBrb: Andそして theその robot'sロボットの reacting反応する appropriately適切に.
そして ロボットは適切に反応しています
12:33
Voice音声: ...very非常に good良い, Kismetキスメット.
よくできたわ Kismet
12:35
(Laughter笑い)
(笑)
12:40
Voice音声: Look見える at〜で myじぶんの smileスマイル.
私の笑顔を見て
12:42
RBrb: Itそれ smiles笑顔. She彼女 imitates模倣する theその smileスマイル. Thisこの happens起こる aa lotロット.
笑顔になります 笑顔を真似するんです
これは頻繁に起こります
12:46
Theseこれら are naiveナイーブ subjects科目.
これらは事前情報のない被験者です
12:49
Hereここに we我々 asked尋ねた themそれら to get取得する theその robot'sロボットの attention注意
ロボットの気を引いて
12:51
andそして indicate示す whenいつ they彼ら have持ってる theその robot'sロボットの attention注意.
ロボットの気が引けたら
知らせるように頼みました
12:54
Voice音声: Heyねえ, Kismetキスメット, ahああ, thereそこ itそれ is.
Kismet はい そうね
12:57
RBrb: Soそう she彼女 realizes実現する she彼女 has持っている theその robot'sロボットの attention注意.
彼女はロボットの注意が
得られたとわかりました
13:01
Voice音声: Kismetキスメット, do行う you君は like好きな theその toyおもちゃ? Ohああ.
おもちゃが好き?
13:08
RBrb: Now, hereここに they're彼らは asked尋ねた to prohibit禁止する theその robotロボット,
さて ここではロボットを咎めるよう
頼みました
13:13
andそして thisこの first最初 woman女性 really本当に pushesプッシュ theその robotロボット into an emotional感情の cornerコーナー.
この最初の女性はほんとうにロボットを
感情的に追い詰めます
13:15
Voice音声: Noいいえ. Noいいえ. You'reあなたは notない to do行う thatそれ. Noいいえ.
だめ だめ
やっちゃいけません だめ
13:19
(Laughter笑い)
(笑)
13:24
Notない appropriate適切な. Noいいえ. Noいいえ.
そんなのだめ だめ だめ
13:27
(Laughter笑い)
(笑)
13:33
RBrb: I'm私は going行く to leave離れる itそれ at〜で thatそれ.
これくらいにしておきましょう
13:36
We我々 put置く thatそれ together一緒に. Then次に we我々 put置く in turn順番 taking取る.
これらを組み合わせ
順番交替を追加しました
13:38
Whenいつ we我々 talkトーク to someone誰か, we我々 talkトーク.
誰かと話す際 まず話して
13:40
Then次に we我々 sortソート of raise上げる our我々の eyebrows眉毛, move動く our我々の eyes,
次に 眉を上げたり 目を動かしたりして
13:43
give与える theその otherその他 person theその ideaアイディア it'sそれは their彼らの turn順番 to talkトーク.
相手に会話の順番が来たと気づかせます
13:47
Andそして then次に they彼ら talkトーク, andそして then次に we我々 passパス theその batonバトン backバック andそして forth前進 betweenの間に each otherその他.
そうして相手が話し そして交互に
かわるがわる話します
13:50
Soそう we我々 put置く thisこの in theその robotロボット.
これをロボットに組み込みました
13:54
We我々 got持っている aa bunch of naiveナイーブ subjects科目 in,
何も知らない被験者を
何人も用意して
13:56
we我々 didn'tしなかった telltell themそれら anything何でも about theその robotロボット,
ロボットのことは何も教えず
13:58
sat座っている themそれら downダウン in frontフロント of theその robotロボット andそして said前記, talkトーク to theその robotロボット.
ロボットの前に座らせ
会話をしてもらいました
14:00
Now what they彼ら didn'tしなかった know知っている wasあった,
彼らが知らないのは
14:02
theその robotロボット wasn'tなかった understanding理解 aa wordワード they彼ら said前記,
ロボットは実は言葉を全く理解せず
14:04
andそして thatそれ theその robotロボット wasn'tなかった speaking話し中 English英語.
話しているのも英語ではない
という事です
14:06
Itそれ wasあった justちょうど saying言って randomランダム English英語 phonemes音素.
ランダムな英語の音素を話すだけです
14:09
Andそして I want欲しいです you君は to watch時計 carefully慎重に, at〜で theその beginning始まり of thisこの,
この冒頭の部分を
良く見て頂きたいのですが
14:11
whereどこで thisこの person, Ritchieリッチー, who happened起こった to talkトーク to theその robotロボット forために 25 minutes ---
この方 リッチーはロボットと
25分も会話をしました
14:13
(Laughter笑い)
(笑)
14:17
--- says言う, "I want欲しいです to showショー you君は something何か.
「見せたいものがあるんだ
14:19
I want欲しいです to showショー you君は myじぶんの watch時計."
この時計を見せたいんだ」と言って
14:21
Andそして he bringsもたらす theその watch時計 centerセンター, into theその robot'sロボットの fieldフィールド of visionビジョン,
彼は時計をロボットの
視界の中心に持ってきて
14:23
pointsポイント to itそれ, gives与える itそれ aa motionモーション cue合図,
指さし 動かして示し
14:28
andそして theその robotロボット looks外見 at〜で theその watch時計 quiteかなり successfully正常に.
ロボットに時計を見せる事に成功します
14:30
We我々 don'tしない know知っている whetherかどうか he understood理解された orまたは notない thatそれ theその robotロボット ---
気が付いていたかわかりませんが
14:32
Notice通知 theその turn-takingターン.
ロボットは順番交替もしています
14:36
Ritchieリッチー: OKOK, I want欲しいです to showショー you君は something何か. OKOK, thisこの is aa watch時計
「見せたいものがあるんだ
これは時計
14:38
thatそれ myじぶんの girlfriendガールフレンド gave与えた me.
僕の彼女がくれたんだ」
14:41
Robotロボット: Ohああ, coolクール.
「あら、いい」
14:44
Ritchieリッチー: Yeahええ, look見える, it'sそれは got持っている aa little少し blue light in itそれ tooあまりにも. I almostほぼ lost失われた itそれ thisこの week週間.
「そうだろ 見て 中に青いライトも
あるんだ 先週失くしそうになったよ」
14:46
(Laughter笑い)
(笑)
14:51
RBrb: Soそう it'sそれは making作る eye contact接触 with〜と him, following以下 his eyes.
彼の目を追いかけて
彼とアイ・コンタクトをとっています
14:55
Ritchieリッチー: Canできる you君は do行う theその same同じ thingもの? Robotロボット: Yeahええ, sure確かに.
「まねできる?」
「ええ もちろん」
14:58
RBrb: Andそして they彼ら successfully正常に have持ってる thatそれ sortソート of communicationコミュニケーション.
こんな具合で
コミュニケーションに成功しました
15:00
Andそして here'sここにいる another別の aspectアスペクト of theその sortsソート of thingsもの thatそれ Chrisクリス andそして I wereあった doingやっている.
クリスと私がやった
また別のこともお見せします
15:02
Thisこの is another別の robotロボット, Cogコグ.
これは別の「コグ」というロボットで
15:06
They彼ら first最初 make作る eye contact接触, andそして then次に, whenいつ Christieクリスティ looks外見 over以上 at〜で thisこの toyおもちゃ,
最初にアイ・コンタクトをして
次に クリスティーが玩具に目をやると
15:08
theその robotロボット estimates見積り her彼女 gaze視線 direction方向
ロボットは彼女の視線を推測して
15:14
andそして looks外見 at〜で theその same同じ thingもの thatそれ she's彼女は looking探している at〜で.
彼女が見ているのと同じ物を見ます
15:16
(Laughter笑い)
(笑)
15:18
Soそう we're私たちは going行く to see見る moreもっと andそして moreもっと of thisこの sortソート of robotロボット
この種のロボットが さらに多く
15:19
over以上 theその next few少数 years in labsラボ.
研究されるようになるでしょ
15:22
Butだけど then次に theその big大きい questions質問, two big大きい questions質問 thatそれ people ask尋ねる me are:
そこで大きな疑問が出てきます
私が聞かれる2つの大きな疑問は
15:24
ifif we我々 make作る theseこれら robotsロボット moreもっと andそして moreもっと human-like人間のような,
これらのロボットが更にもっと
人間に近づいたら
15:29
will意志 we我々 accept受け入れる themそれら, will意志 we我々 --- will意志 they彼ら need必要 rights権利 eventually最終的に?
彼らを受け入れられるでしょうか?
将来 彼らにも権利が必要になるでしょうか?
15:31
Andそして theその otherその他 question質問 people ask尋ねる me is, will意志 they彼ら want欲しいです to take取る over以上?
もう一つ良く訊かれるのが
ロボットは人間にとって代わろうとするか?
15:36
(Laughter笑い)
(笑)
15:39
Andそして on theその first最初 --- you君は know知っている, thisこの has持っている beenされている aa very非常に Hollywoodハリウッド themeテーマ
最初の疑問は
ハリウッドの映画によくある
15:40
with〜と lotsロット of movies映画. You君は probably多分 recognize認識する theseこれら characters文字 hereここに ---
テーマです
これらのキャラクターはお馴染みですが
15:43
whereどこで in each of theseこれら cases症例, theその robotsロボット want欲しいです moreもっと respect尊敬.
いずれの場合も
ロボット達は尊厳を求めています
15:46
Wellよく, do行う you君は everこれまで need必要 to give与える robotsロボット respect尊敬?
ロボットに権利を与える必要があるでしょうか?
15:50
They're彼らは justちょうど machines機械, after allすべて.
たかが機械です
15:54
Butだけど I think思う, you君は know知っている, we我々 have持ってる to accept受け入れる thatそれ we我々 are justちょうど machines機械.
でも 良く考えれば
私たちだって機械です
15:56
After allすべて, that'sそれは certainly確かに what modernモダン molecular分子 biology生物学 says言う about us米国.
分子科学者の目でみると
そうなります
16:00
You君は don'tしない see見る aa description説明 of howどうやって, you君は know知っている,
例えば「A」という分子がやってきて
16:05
Molecule分子 Aa, you君は know知っている, comes来る upアップ andそして docksドック with〜と thisこの otherその他 molecule分子.
他の分子と結合するなんて
説明はありませんが
16:08
Andそして it'sそれは moving動く forward前進, you君は know知っている, propelled推進された by〜によって various様々な charges料金,
いろいろな力がはたらいて
進んできて
16:12
andそして then次に theその soul stepsステップ in andそして tweaks微調整 thoseそれら molecules分子 soそう thatそれ they彼ら connect接続する.
そこに魂がやってきて分子が
きちんとつながる様になっている
16:15
It'sそれは allすべて mechanistic機械論的. We我々 are mechanism機構.
全て機械的なのです
私たちは機械です
16:19
Ifif we我々 are machines機械, then次に in principle原理 at〜で least少なくとも,
もし我々が機械なら
少なくとも原則的には
16:22
we我々 should〜すべき be〜する ableできる to buildビルドする machines機械 outでる of otherその他 stuffもの,
他のものから機械を作って
16:25
whichどの are justちょうど asとして alive生きている asとして we我々 are.
私たちの様に生きてるものを
作れるはずです
16:29
Butだけど I think思う forために us米国 to admit認める thatそれ,
でも それを認めるには
16:33
we我々 have持ってる to give与える upアップ on our我々の special-ness特別な, in aa certainある way方法.
自分たちが 特別な存在である事を
あきらめなければなりません
16:35
Andそして we've私たちは had持っていました theその retreat退却 fromから special-ness特別な
これまでも この特別性から
後退してきました
16:38
under theその barrage弾幕 of science科学 andそして technology技術 manyたくさんの times
少なくとも過去数百年渡り
科学と技術の攻撃を受け何度もです
16:40
over以上 theその last最終 few少数 hundred years, at〜で least少なくとも.
少なくとも過去数百年渡り
科学と技術の攻撃を受け何度もです
16:43
500 years ago we我々 had持っていました to give与える upアップ theその ideaアイディア
500年前には宇宙の中心であるという考えを
16:45
thatそれ we我々 are theその centerセンター of theその universe宇宙
捨てなければなりませんでした
16:47
whenいつ theその earth地球 started開始した to go行く aroundまわり theその sun太陽;
地球が太陽の中心を周りはじめたときにです
16:50
150 years ago, with〜と Darwinダーウィン, we我々 had持っていました to give与える upアップ theその ideaアイディア we我々 wereあった different異なる fromから animals動物.
150年前には ダーウィンによって
他の動物と違うという考えを
捨てなければなりませんでした
16:52
Andそして to imagine想像する --- you君は know知っている, it'sそれは always常に hardハード forために us米国.
そして想像するに…いつもながら厳しいことですが
16:57
Recently最近 we've私たちは beenされている battered殴られた with〜と theその ideaアイディア thatそれ maybe多分
近年 こんな考えもつきつけられています
17:00
we我々 didn'tしなかった even偶数 have持ってる our我々の own自分の creation創造 eventイベント, hereここに on earth地球,
我々は地球で生まれたのでは
ないかもしれない
17:03
whichどの people didn'tしなかった like好きな muchたくさん. Andそして then次に theその human人間 genomeゲノム said前記,
これは皆嫌います
そして人間の遺伝子は
17:05
maybe多分 we我々 onlyのみ have持ってる 35,000 genes遺伝子. Andそして thatそれ wasあった really本当に ---
3500個しかないなんて言われると
17:08
people didn'tしなかった like好きな thatそれ, we've私たちは got持っている moreもっと genes遺伝子 thanより thatそれ.
そんなはずでない
もっとあるはずだと感じるものです
17:11
We我々 don'tしない like好きな to give与える upアップ our我々の special-ness特別な, soそう, you君は know知っている,
このように人間の特別性を
あきらめたくないので
17:14
having持つ theその ideaアイディア thatそれ robotsロボット couldできた really本当に have持ってる emotions感情,
ロボットが本当に感情を持つ可能性や
17:17
orまたは thatそれ robotsロボット couldできた be〜する living生活 creatures生き物 ---
生き物と考えられるとなると
17:19
I think思う is going行く to be〜する hardハード forために us米国 to accept受け入れる.
受け入れがたいものになるでしょう
17:21
Butだけど we're私たちは going行く to come来る to accept受け入れる itそれ over以上 theその next 50 years orまたは soそう.
でも ここ50年ぐらいで
これを受け入れるようになるでしょう
17:23
Andそして theその second二番 question質問 is, will意志 theその machines機械 want欲しいです to take取る over以上?
次の疑問は 機械が我々に
とって代わるかということですが
17:27
Andそして hereここに theその standard標準 scenarioシナリオ is thatそれ we我々 create作成する theseこれら thingsもの,
一般的なシナリオとしては
我々が彼らを創造し
17:30
they彼ら grow成長する, we我々 nurture育成 themそれら, they彼ら learn学ぶ aa lotロット fromから us米国,
彼らが育ち 我々が育成し
彼らが我々から多くを学習し
17:35
andそして then次に they彼ら start開始 to decide決めます thatそれ we're私たちは prettyかなり boring退屈な, slowスロー.
いつかしら我々をのろまで
退屈だと判断するようになる
17:38
They彼ら want欲しいです to take取る over以上 fromから us米国.
我々にとって代わりたいとなるわけです
17:42
Andそして forために thoseそれら of you君は thatそれ have持ってる teenagersティーンエイジャー, you君は know知っている what that'sそれは like好きな.
10代のお子さんをお持ちなら
よくわかると思います
17:44
(Laughter笑い)
(笑)
17:47
Butだけど Hollywoodハリウッド extends拡張する itそれ to theその robotsロボット.
ハリウッドでは この感情を
ロボットに延長するわけですが
17:48
Andそして theその question質問 is, you君は know知っている,
でも ここで不思議に思うのは
17:51
will意志 someone誰か accidentally誤って buildビルドする aa robotロボット thatそれ takesテイク over以上 fromから us米国?
一体誰が 人間をのっとる
ロボットを間違って作るかということです
17:54
Andそして that'sそれは sortソート of like好きな thisこの lone孤独 guy in theその backyard裏庭,
庭で一人でゴチャゴチャやって
17:58
you君は know知っている --- "I accidentally誤って built建てられた aa 747."
「間違って747を作っちまった!」という感じで
18:01
I don'tしない think思う that'sそれは going行く to happen起こる.
それは起きないでしょう
18:04
Andそして I don'tしない think思う ---
そして…
18:06
(Laughter笑い)
(笑)
18:08
--- I don'tしない think思う we're私たちは going行く to deliberately故意に buildビルドする robotsロボット
故意に危険なロボットを作るということは
18:09
thatそれ we're私たちは uncomfortable不快な with〜と.
あり得ないでしょう
18:12
We'll私たちは --- you君は know知っている, they're彼らは notない going行く to have持ってる aa superスーパー bad悪い robotロボット.
すごく悪いロボットが登場する前に
18:14
Before thatそれ has持っている to come来る to be〜する aa mildly軽度 bad悪い robotロボット,
なんとなく悪いロボットが登場するはずですし
18:16
andそして before thatそれ aa notない soそう bad悪い robotロボット.
その前には大して悪くはないロボットが
いるはずです
18:19
(Laughter笑い)
(笑)
18:21
Andそして we're私たちは justちょうど notない going行く to let〜する itそれ go行く thatそれ way方法.
だから これを放っておくわけありません
18:22
(Laughter笑い)
(笑)
18:24
Soそう, I think思う I'm私は going行く to leave離れる itそれ at〜で thatそれ: theその robotsロボット are coming到来,
結論としては ロボットはやってきます
18:25
we我々 don'tしない have持ってる tooあまりにも muchたくさん to worry心配 about, it'sそれは going行く to be〜する aa lotロット of fun楽しい,
でも心配する程の事はありません
楽しいものになるでしょう
18:31
andそして I hope希望 you君は allすべて enjoy楽しんで theその journey over以上 theその next 50 years.
これからの50年の旅を
楽しみましょう
18:34
(Applause拍手)
(拍手)
18:38
Translated by Shungo Haraguchi
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Rodney Brooks - Roboticist
Rodney Brooks builds robots based on biological principles of movement and reasoning. The goal: a robot who can figure things out.

Why you should listen

Former MIT professor Rodney Brooks studies and engineers robot intelligence, looking for the holy grail of robotics: the AGI, or artificial general intelligence. For decades, we've been building robots to do highly specific tasks -- welding, riveting, delivering interoffice mail -- but what we all want, really, is a robot that can figure things out on its own, the way we humans do.

Brooks realized that a top-down approach -- just building the biggest brain possible and teaching it everything we could think of -- would never work. What would work is a robot who learns like we do, by trial and error, and with many separate parts that learn separate jobs. The thesis of his work which was captured in Fast, Cheap and Out of Control,went on to become the title of the great Errol Morris documentary.

A founder of iRobot, makers of the Roomba vacuum, Brooks is now founder and CTO of Rethink Robotics, whose mission is to apply advanced robotic intelligence to manufacturing and physical labor. Its first robots: the versatile two-armed Baxter and one-armed Sawyer. Brooks is the former director of CSAIL, MIT's Computers Science and Artificial Intelligence Laboratory.

 
More profile about the speaker
Rodney Brooks | Speaker | TED.com