English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Daphne Koller: What we're learning from online education

ダフニー・コラー 「オンライン教育が教えてくれること」

Filmed
Views 2,324,568

ダフニー・コラーは最も好奇心をそそる授業を無料でネットに公開するようトップクラスの大学を口説いています。単にサービスを提供するというだけでなく、それは人がいかに学ぶかを研究できる機会を与えます。キー入力、確認クイズ、フォーラムでの学生同士の議論、自己採点の宿題の1つひとつから、知識がいかに処理され、さらには吸収されるのかを示す、かつてないデータを収集できるのです。

- Educator
With Coursera, Daphne Koller and co-founder Andrew Ng are bringing courses from top colleges online, free, for anyone who wants to take them. Full bio

Like好きな manyたくさんの of you君は, I'm私は one1 of theその lucky幸運な people.
皆さんの多くと同じように
私は幸運に恵まれました
00:16
I wasあった bornうまれた to aa family家族 whereどこで education教育 wasあった pervasive普及して.
高い教育をみんな受けている
家庭に生まれました
00:19
I'm私は aa third-generation第三世代 PhDphd, aa daughter of two academics学者.
3代続きの博士で
両親はともに学者です
00:23
In myじぶんの childhood子供時代, I playedプレーした aroundまわり in myじぶんの father's父親 university大学 lab研究室.
子どもの頃は 大学にある父の
研究室を遊び場にしていました
00:27
Soそう itそれ wasあった taken撮影 forために granted付与された thatそれ I attend出席する some一部 of theその bestベスト universities大学,
だから いい大学に進むのも
当然のことのように思っていました
00:31
whichどの in turn順番 opened開かれた theその doorドア to aa world世界 of opportunity機会.
そしてそれが私に大きな
可能性を与えてくれました
00:35
Unfortunately残念ながら, most最も of theその people in theその world世界 are notない soそう lucky幸運な.
あいにくと世界の人の多くは
そんな幸運に恵まれてはいません
00:38
In some一部 parts部品 of theその world世界, forために example, South Africaアフリカ,
場所によっては たとえば
南アフリカなどでは
00:42
education教育 is justちょうど notない readily容易に accessibleアクセス可能な.
教育は容易に得られる
ものではありません
00:46
In South Africaアフリカ, theその educational教育的 systemシステム wasあった constructed建設された
教育システムは
アパルトヘイトの時代に
00:48
in theその days日々 of apartheidアパルトヘイト forために theその white minority少数.
少数の白人向けに
作られました
00:51
Andそして asとして aa consequence結果, today今日 thereそこ is justちょうど notない enough十分な spotsスポット
その結果 優れた
教育を受けることを望み
00:54
forために theその manyたくさんの moreもっと people who want欲しいです andそして deserve値する aa high高い quality品質 education教育.
それに値する人のための
場所が 不足しています
00:57
Thatそれ scarcity希少 ledLED to aa crisis危機 in January1月 of thisこの year
この希少性が 今年1月に
ヨハネスブルグ大学で起きた
01:01
at〜で theその University大学 of Johannesburgヨハネスブルグ.
事件に繋がりました
01:05
Thereそこ wereあった aa handful一握りの of positionsポジション left open開いた
大学入試の受付が 一部追加で
01:06
fromから theその standard標準 admissions入学 processプロセス, andそして theその night before
行われることになったとき
01:09
they彼ら wereあった supposed想定される to open開いた thatそれ forために registration登録,
そのチャンスを掴むため
01:11
thousands of people lined裏打ちされた upアップ outside外側 theその gateゲート in aa lineライン aa mileマイル long長いです,
列の先頭になりたいと思った
何千という人が
01:14
hoping望んでいる to be〜する first最初 in lineライン to get取得する one1 of thoseそれら positionsポジション.
登録開始の前夜 門の外に
何キロもの列を作りました
01:18
Whenいつ theその gatesゲート opened開かれた, thereそこ wasあった aa stampede刻まれた,
門が開いたとたん
人々が殺到して
01:22
andそして 20 people wereあった injured負傷した andそして one1 woman女性 died死亡しました.
20人が怪我をし 1人の女性が
亡くなりました
01:24
She彼女 wasあった aa mother who gave与えた her彼女 life生活
息子の人生に 少しでも
01:28
trying試す to get取得する her彼女 son息子 aa chanceチャンス at〜で aa betterより良い life生活.
良いチャンスを与えたいと
願った母親でした
01:30
Butだけど even偶数 in parts部品 of theその world世界 like好きな theその Unitedユナイテッド States
教育の場に事欠かない
アメリカのような場所でさえ
01:34
whereどこで education教育 is available利用可能な, itそれ mightかもしれない notない be〜する within以内 reachリーチ.
みんなに行き渡っている
わけではありません
01:37
Thereそこ has持っている beenされている muchたくさん discussed議論する in theその last最終 few少数 years
この何年か医療費の高騰が
01:41
about theその rising上昇する costコスト of health健康 careお手入れ.
よく話題に上りますが
01:44
What mightかもしれない notない be〜する quiteかなり asとして obvious明らか to people
あまり認識されていないのは
01:46
is thatそれ during thatそれ same同じ period期間 theその costコスト of higher高い education教育 tuition授業料
同じ時期に高等教育の費用が
01:49
has持っている beenされている increasing増加する at〜で almostほぼ twice二度 theその rateレート,
その2倍のペースで増え
01:53
forために aa total合計 of 559 percentパーセント since以来 1985.
1985年の5.6倍にも
なっていることです
01:55
Thisこの makes作る education教育 unaffordable手が足りない forために manyたくさんの people.
このため 教育が今や多くの人の
手が届かないものになっています
02:00
Finally最後に, even偶数 forために thoseそれら who do行う manage管理する to get取得する theその higher高い education教育,
そして どうにか高等教育を
受けることのできた人たちでさえ
02:04
theその doorsドア of opportunity機会 mightかもしれない notない open開いた.
機会が開かれているとは限りません
02:08
Onlyのみ aa little少し over以上 halfハーフ of recent最近 collegeカレッジ graduates卒業生
最近のアメリカの
大学卒業生で
02:11
in theその Unitedユナイテッド States who get取得する aa higher高い education教育
それだけの教育を実際に
必要とする仕事に
02:14
actually実際に are workingワーキング in jobsジョブ thatそれ require要求する thatそれ education教育.
就いているのは
半数強にすぎません
02:16
Thisこの, of courseコース, is notない true真実 forために theその students学生の
トップレベルの大学の
02:19
who graduate卒業 fromから theその top institutions機関,
卒業生を別にすると
02:21
butだけど forために manyたくさんの othersその他, they彼ら do行う notない get取得する theその value
多くの人が その時間と
労力に見合った恩恵を
02:23
forために their彼らの time時間 andそして their彼らの effort努力.
受けていないのです
02:26
Tomトム Friedmanフリードマン, in his recent最近 New新しい Yorkヨーク Times article記事,
トーマス・フリードマンが最近の
ニューヨークタイムズ紙のコラムで
02:29
captured捕獲, in theその way方法 thatそれ noいいえ one1 elseelse couldできた, theその spirit精神 behind後ろに our我々の effort努力.
私たちの活動の背後にある本質を
彼ならではの鋭さで捉えています
02:32
He said前記 theその big大きい breakthroughsブレークスルー are what happen起こる
「突如可能になったことと
どうしても必要とされていたものが
02:37
whenいつ what is suddenly突然 possible可能 meets会う what is desperately必死に necessary必要.
出会ったとき 大きなブレークスルー
は起きる」と彼は書きました
02:40
I've私は talked話した about what's何ですか desperately必死に necessary必要.
どうしても必要とされていたもの
についてはお話ししましたので
02:44
Let'sさあ talkトーク about what's何ですか suddenly突然 possible可能.
次に もう一方の
話をしましょう
02:46
What's何ですか suddenly突然 possible可能 wasあった demonstrated実証済み by〜によって
突如可能になったことを
明らかにしたのは
02:49
three big大きい Stanfordスタンフォード classesクラス,
スタンフォードの3つの
人気講義でした
02:52
each of whichどの had持っていました an enrollment登録 of 100,000 people orまたは moreもっと.
それぞれを10万人以上が受講したのです
これを理解するために
02:54
Soそう to understandわかる thisこの, let'sさあ look見える at〜で one1 of thoseそれら classesクラス,
その講義の1つで
私の同僚兼 共同創業者である
02:58
theその Machine機械 Learning学習 classクラス offered提供された by〜によって myじぶんの colleague同僚
アンドリュー・ンが受け持つ
03:01
andそして cofounder共同 - 創設者 Andrewアンドリュー Ngng.
授業を取り上げましょう
03:03
Andrewアンドリュー teaches教える one1 of theその biggerより大きい Stanfordスタンフォード classesクラス.
彼はスタンフォードでも
人気の授業である
03:05
It'sそれは aa Machine機械 Learning学習 classクラス,
「機械学習」を教えています
03:07
andそして itそれ has持っている 400 people enrolled登録された everyすべて time時間 it'sそれは offered提供された.
この授業は毎年400人が
受講登録していますが
03:08
Whenいつ Andrewアンドリュー taught教えた theその Machine機械 Learning学習 classクラス to theその general一般 publicパブリック,
それを一般の人に向けて
教えることにしたら
03:12
itそれ had持っていました 100,000 people registered登録された.
10万人が登録したのです
03:15
Soそう to put置く thatそれ number in perspective視点,
これがどれほど大きな
数字かというと
03:18
forために Andrewアンドリュー to reachリーチ thatそれ same同じ sizeサイズ audience聴衆
アンドリューが同じ数の学生を
03:20
by〜によって teaching教える aa Stanfordスタンフォード classクラス,
スタンフォードの教室で
教えようと思ったら
03:22
he would〜する have持ってる to do行う thatそれ forために 250 years.
250年教え続けなければ
ならないのです
03:24
Of courseコース, he'd彼は get取得する really本当に bored退屈な.
きっと飽きてしまうでしょうね
03:28
Soそう, having持つ seen見た theその impact影響 of thisこの,
この反響の大きさを
目の当たりにしたとき
03:31
Andrewアンドリュー andそして I decided決定しました thatそれ we我々 needed必要な to really本当に tryお試しください andそして scale規模 thisこの upアップ,
アンドリューと私は
これをスケールアップして
03:34
to bring持参する theその bestベスト quality品質 education教育 to asとして manyたくさんの people asとして we我々 couldできた.
最高のクオリティの教育を 可能な限り多くの人に
届ける努力をすべきだと思いました
03:37
Soそう we我々 formed形成された Courseraコースラ,
それでCourseraを設立して
03:41
whoseその goalゴール is to take取る theその bestベスト coursesコース
最高の大学の
最高の講師陣による
03:43
fromから theその bestベスト instructorsインストラクター at〜で theその bestベスト universities大学
最高の授業を
世界のすべての人に
03:46
andそして provide提供する itそれ to everyoneみんな aroundまわり theその world世界 forために free無料.
無償で提供することを
目標に掲げました
03:49
We我々 currently現在 have持ってる 43 coursesコース on theその platformプラットフォーム
現在4つの大学の多岐にわたる
03:53
fromから four4つの universities大学 across横断する aa range範囲 of disciplines分野,
43の授業を提供しています
03:56
andそして let〜する me showショー you君は aa little少し bitビット of an overview概要
どんなものか少し
03:59
of what thatそれ looks外見 like好きな.
ご覧いただきましょう
04:01
(Videoビデオ) Robertロバート Ghrist勇者: Welcomeようこそ to Calculus微積分.
解析の授業にようこそ
04:04
Ezekielエゼキエル Emanuelエマニュエル: Fifty五十 million百万 people are uninsured未保険.
保険を持たない人が
5千万人いるのです
04:05
Scottスコット Pageページ: Modelsモデル help助けて us米国 design設計 moreもっと effective効果的な institutions機関 andそして policiesポリシー.
モデルは効果的な組織や
政策を作る助けになります
04:07
We我々 get取得する unbelievable信じられない segregation分離.
信じがたい差別を
受けているのです
04:10
Scottスコット Klemmerクレーマー: Soそう Bushブッシュ imagined想像した thatそれ in theその future未来,
ブッシュは 将来人々が額にカメラを
04:13
you'dあなたは wear着る aa cameraカメラ right in theその centerセンター of yourきみの head.
付けるようになると想像したのです
04:15
Mitchellミッチェル Duneierデュニエール: Millsミル wants望む theその student学生 of sociology社会学 to develop開発する theその quality品質 of mindマインド ...
ミルズは その社会学の研究者に
心の資質を開発してほしかったのです・・・
04:17
RGrg: Hanging吊るす cableケーブル takesテイク on theその form of aa hyperbolic双曲線 cosine余弦.
垂れ下がったケーブルの形は
双曲線余弦関数になります
04:21
Nickニック Parlanteパーランテ: Forために each pixelピクセル in theその image画像, setセット theその red to zeroゼロ.
画像の各ピクセルについて
赤を0に設定します
04:25
Paulポール Offit打撃: ... Vaccineワクチン allowed許可された us米国 to eliminate排除する polioポリオ virusウイルス.
ワクチンはポリオウィルスの
撲滅を可能にしました
04:28
Danダン Jurafskyジュラフスキー: Doesする Lufthansaルフトハンザ serveサーブ breakfast朝ごはん andそして Sanサン Joseジョーズ? Wellよく, thatそれ sounds funny面白い.
“Does Lufthansa serve breakfast and San Jose?”
と言うと変に聞こえますよね
04:31
Daphneダフネ Kollerコーラー: Soそう thisこの is whichどの coinコイン you君は pickピック, andそして thisこの is theその two tossesトース.
どちらのコインを選ぶかということで
2回コイン投げをします
04:35
Andrewアンドリュー Ngng: Soそう in large-scale大規模な machine機械 learning学習, we'd結婚した like好きな to come来る upアップ with〜と computational計算上の ...
大規模機械学習によって
得たいのは計算的な・・・
04:38
(Applause拍手)
(拍手)
04:42
DKdk: Itそれ turnsターン outでる, maybe多分 notない surprisingly驚くほど,
当然のことだと思いますが
04:47
thatそれ students学生の like好きな getting取得 theその bestベスト contentコンテンツ
最高の大学の
最高のコンテンツが
04:50
fromから theその bestベスト universities大学 forために free無料.
ただで手に入ることを
学生は歓迎します
04:52
Since以来 we我々 opened開かれた theその websiteウェブサイト in February2月,
2月にこのウェブサイトを
開設して以来
04:55
we我々 now have持ってる 640,000 students学生の fromから 190 countries.
190カ国から64万人が
参加しています
04:57
We我々 have持ってる 1.5 million百万 enrollments登録,
受講登録数は150万
05:02
6 million百万 quizzesクイズ in theその 15 classesクラス thatそれ have持ってる launched打ち上げ
15の授業で600万の
小テストの回答があり
05:04
soそう far遠い have持ってる beenされている submitted提出済み, andそして 14 million百万 videosビデオ have持ってる beenされている viewed見た.
1400万回ビデオが
視聴されています
05:07
Butだけど it'sそれは notない justちょうど about theその numbers数字,
でも肝心なのは数ではなく
05:12
it'sそれは alsoまた、 about theその people.
人間です
05:14
Whetherかどうか it'sそれは Akashアッカシ, who comes来る fromから aa small小さい townタウン in Indiaインド
インドの小さな村に
住むアカシュには
05:16
andそして would〜する never決して have持ってる accessアクセス in thisこの case場合
スタンフォードのような
クオリティの授業に
05:19
to aa Stanford-qualityスタンフォード品質 courseコース
接する機会もお金も
05:21
andそして would〜する never決して be〜する ableできる to afford余裕 itそれ.
ありませんでした
05:22
Orまたは Jennyジェニー, who is aa singleシングル mother of two
2人の子どもを持つ
シングルマザーの
05:25
andそして wants望む to honeホーン her彼女 skillsスキル
ジェニーは
能力を磨き
05:27
soそう thatそれ she彼女 canできる go行く backバック andそして completeコンプリート her彼女 master'sマスターズ degree.
大学に戻って修士号を
取りたいと思っています
05:29
Orまたは Ryanライアン, who can'tできない go行く to school学校,
ライアンは大学に
行くことができません
05:32
becauseなぜなら his immune免疫 deficient不完全な daughter
免疫不全の娘がいて
05:35
can'tできない be〜する risked危険にさらされた to have持ってる germs病原菌 come来る into theその house,
家に雑菌を持ち込む
リスクのため
05:37
soそう he couldn'tできなかった leave離れる theその house.
家を出られないのです
05:40
I'm私は really本当に gladうれしい to sayいう ---
最近ライアンから
連絡があり
05:42
recently最近, we've私たちは beenされている in correspondence対応 with〜と Ryanライアン ---
この話がハッピーエンド
になったと聞いて
05:44
thatそれ thisこの storyストーリー had持っていました aa happyハッピー endingエンディング.
とても喜んでいます
05:46
Baby赤ちゃん Shannonシャノン --- you君は canできる see見る her彼女 on theその left ---
赤ちゃんのシャノンは
左の子ですが
05:48
is doingやっている muchたくさん betterより良い now,
今ではずっと良くなり
05:50
andそして Ryanライアン got持っている aa jobジョブ by〜によって taking取る some一部 of our我々の coursesコース.
ライアンもCourseraで受けた授業を元に
仕事を得ることができました
05:51
Soそう what made theseこれら coursesコース soそう different異なる?
では Courseraの授業の
何が特別なのでしょう?
05:56
After allすべて, onlineオンライン courseコース contentコンテンツ has持っている beenされている available利用可能な forために aa whilewhile.
オンライン授業なら
別に以前からありました
05:58
What made itそれ different異なる wasあった thatそれ thisこの wasあった realリアル courseコース experience経験.
違っているのは これが本当の
授業体験を与えることです
06:02
Itそれ started開始した on aa given与えられた day,
特定の日に始まり
06:05
andそして then次に theその students学生の would〜する watch時計 videosビデオ on aa weekly毎週 basis基礎
学生は 毎週毎週ビデオを見て
06:07
andそして do行う homework宿題 assignments割り当て.
宿題をします
06:11
Andそして theseこれら would〜する be〜する realリアル homework宿題 assignments割り当て
本当の宿題で
06:12
forために aa realリアル gradeグレード, with〜と aa realリアル deadline締め切り.
本当の成績と 本当の
締め切りがあります
06:14
You君は canできる see見る theその deadlines締め切り andそして theその usage使用法 graphグラフ.
これは 締め切り日と
サイト利用者数ですが
06:18
Theseこれら are theその spikesスパイク showing表示
グラフで突き出している部分は
06:20
thatそれ procrastination怠慢 is globalグローバル phenomenon現象.
先延ばしが世界的な現象である
ことを示しています
06:22
(Laughter笑い)
(笑)
06:26
At〜で theその end終わり of theその courseコース,
授業の最後に学生は
06:28
theその students学生の got持っている aa certificate証明書.
修了証を受け取ります
06:30
They彼ら couldできた presentプレゼント thatそれ certificate証明書
それを就職活動先に提示して
06:32
to aa prospective将来 employer雇用者 andそして get取得する aa betterより良い jobジョブ,
より良い仕事を得ることもでき
06:34
andそして we我々 know知っている manyたくさんの students学生の who didした.
既にそうしている人たちがいます
06:36
Some一部 students学生の took取った their彼らの certificate証明書
この修了証を入学先の
06:38
andそして presented提示された thisこの to an educational教育的 institution機関 at〜で whichどの they彼ら wereあった enrolled登録された
学校に出して 単位として
認めてもらっている
06:40
forために actual実際の collegeカレッジ creditクレジット.
人もいます
06:43
Soそう theseこれら students学生の wereあった really本当に getting取得 something何か meaningful意味のある
だから学生たちは
かけた時間と
06:45
forために their彼らの investment投資 of time時間 andそして effort努力.
労力に対して 実のある
結果を得ているのです
06:47
Let'sさあ talkトーク aa little少し bitビット about some一部 of theその componentsコンポーネント
では授業の構成について
06:50
thatそれ go行く into theseこれら coursesコース.
少し見ていきましょう
06:52
Theその first最初 component成分 is thatそれ whenいつ you君は move動く away離れて
教室の物理的制約を離れ
06:54
fromから theその constraints制約 of aa physical物理的 classroom教室
コンテンツを最初から
06:57
andそして design設計 contentコンテンツ explicitly明示的 forために an onlineオンライン formatフォーマット,
オンライン向けに
デザインするなら
06:59
you君は canできる breakブレーク away離れて fromから, forために example,
たとえば1時間単位の講義を
07:02
theその monolithicモノリシック one-hour一時間 lecture講義.
バラしてしまうこともできます
07:05
You君は canできる breakブレーク upアップ theその material材料, forために example,
1つのコンセプトを
07:07
into theseこれら shortショート, modularモジュラー units単位 of eight8 to 12 minutes,
8分から12分で説明する
小さなユニットに
07:09
each of whichどの representsは表す aa coherentコヒーレントな concept概念.
教材を分割することができます
07:12
Students学生の canできる traverseトラバース thisこの material材料 in different異なる ways方法,
学生は各々の背景知識や
関心に応じて
07:15
depending依存する on their彼らの backgroundバックグラウンド, their彼らの skillsスキル orまたは their彼らの interests関心.
違う順序で 教材を
見ていくことができます
07:18
Soそう, forために example, some一部 students学生の mightかもしれない benefit利益
例えば ある学生には
07:21
fromから aa little少し bitビット of preparatory予備的な material材料
他の学生が既に知っている
前提知識を与える
07:24
thatそれ otherその他 students学生の mightかもしれない already既に have持ってる.
準備的な教材が役に
立つかもしれません
07:27
Otherその他 students学生の mightかもしれない be〜する interested興味がある in aa particular特に
あるいは自分で学んでいける
07:29
enrichment富化 topicトピック thatそれ they彼ら want欲しいです to pursue追求する individually個別に.
進んだ内容の教材に興味を持つ
学生もいるかもしれません
07:31
Soそう thisこの formatフォーマット allows許す us米国 to breakブレーク away離れて
ですから この形式によって
07:34
fromから theその one-size-fits-allワンサイズフィット modelモデル of education教育,
全員に一律同じものを押しつける
従来のモデルを打ち壊し
07:38
andそして allows許す students学生の to followフォローする aa muchたくさん moreもっと personalizedパーソナライズド curriculumカリキュラム.
個人個人に合ったカリキュラムを
組めるようになるのです
07:40
Of courseコース, we我々 allすべて know知っている asとして educators教育者
私たちは教育者ですから
07:44
thatそれ students学生の don'tしない learn学ぶ by〜によって sitting座っている andそして passively受動的に watching見ている videosビデオ.
黙ってビデオを見ているだけでは
学べないことを知っています
07:47
Perhapsおそらく one1 of theその biggest最大 componentsコンポーネント of thisこの effort努力
私たちのアプローチにおける
最大の要素は
07:50
is thatそれ we我々 need必要 to have持ってる students学生の
学習内容を本当に
理解するための
07:53
who practice練習 with〜と theその material材料
練習問題を課している
07:56
in order注文 to really本当に understandわかる itそれ.
ことかもしれません
07:58
There'sそこに beenされている aa range範囲 of studies研究 thatそれ demonstrate実証する theその importance重要度 of thisこの.
練習問題の重要性は 多くの
研究によって示されています
08:01
Thisこの one1 thatそれ appeared出現した in Science科学 last最終 year, forために example,
たとえばこれは 去年の
08:04
demonstrates説明する thatそれ even偶数 simple単純 retrieval検索 practice練習,
サイエンス誌に
載った研究ですが
08:07
whereどこで students学生の are justちょうど supposed想定される to repeat繰り返す
習ったことを
単に繰り返すだけの
08:10
what they彼ら already既に learned学んだ
単純な復習問題が
08:13
gives与える considerablyかなり improved改善された results結果
他の学習方法よりも
08:14
on various様々な achievement成果 testsテスト downダウン theその lineライン
試験結果を大きく向上させる
08:16
thanより manyたくさんの otherその他 educational教育的 interventions介入.
ということが分かりました
08:18
We've私たちは tried試した to buildビルドする in retrieval検索 practice練習 into theその platformプラットフォーム,
復習問題や その他の練習問題を
08:23
asとして wellよく asとして otherその他 formsフォーム of practice練習 in manyたくさんの ways方法.
いろいろ組み込んでいます
08:25
Forために example, even偶数 our我々の videosビデオ are notない justちょうど videosビデオ.
ビデオも単なるビデオではありません
08:28
Everyすべて few少数 minutes, theその videoビデオ pauses一時停止する
数分ごとに止まって
08:32
andそして theその students学生の get取得する asked尋ねた aa question質問.
学生に質問を投げかける
ようになっています
08:34
(Videoビデオ) SPsp: ... Theseこれら four4つの thingsもの. Prospect見通し theory理論, hyperbolic双曲線 discounting割引,
この4つ プロスペクト理論
双曲割引
08:36
status状態 quoくそ biasバイアス, baseベース rateレート biasバイアス. They're彼らは allすべて wellよく documented文書化された.
現状のバイアス
基準率の無視です
08:38
Soそう they're彼らは allすべて wellよく documented文書化された deviations偏差 fromから rationalラショナル behavior動作.
いずれもよく知られた
合理的行動からの逸脱です
08:41
DKdk: Soそう hereここに theその videoビデオ pauses一時停止する,
ここでビデオが止まって
08:44
andそして theその student学生 typesタイプ in theその answer回答 into theその boxボックス
学生は回答欄に答えを書いて
送信します
08:46
andそして submits提出する. Obviously明らかに they彼ら weren'tなかった paying払う attention注意.
(不正解 もう一度)
どうも注意して聞いてなかったようです
08:48
(Laughter笑い)
(笑)
08:51
Soそう they彼ら get取得する to tryお試しください again再び,
もう一度やって
08:52
andそして thisこの time時間 they彼ら got持っている itそれ right.
今度は正解しました
08:54
There'sそこに an optional任意 explanation説明 ifif they彼ら want欲しいです.
必要なら補足説明を
見ることもできます
08:57
Andそして now theその videoビデオ moves動き on to theその next part of theその lecture講義.
それから講義が
先へと進みます
08:59
Thisこの is aa kind種類 of simple単純 question質問
これは私が教室で
聞くような
09:03
thatそれ I asとして an instructorインストラクター mightかもしれない ask尋ねる in classクラス,
簡単な質問ですが
09:05
butだけど whenいつ I ask尋ねる thatそれ kind種類 of aa question質問 in classクラス,
教室での場合
80%の学生は
09:07
80 percentパーセント of theその students学生の
まだ私の言ったことを
09:10
are stillまだ scribbling落書き theその last最終 thingもの I said前記,
書き取っている最中で
09:11
15 percentパーセント are zonedゾーニング outでる on Facebookフェイスブック,
15%はFacebookに没頭しており
09:13
andそして then次に there'sそこに theその smartyスマートな pantsズボン in theその frontフロント row
最前列にいる賢い学生が
09:16
who blurtsぼやけ outでる theその answer回答
他の人たちに
09:19
before anyone誰でも elseelse has持っている had持っていました aa chanceチャンス to think思う about itそれ,
考える間も与えず
答えてしまいます
09:20
andそして I asとして theその instructorインストラクター am午前 terriblyひどく gratified満足
教師としては
せめて誰か答えの
09:22
thatそれ somebody誰か actually実際に knew知っていた theその answer回答.
分かる人がいれば
それでよしとします
09:25
Andそして soそう theその lecture講義 moves動き on before, really本当に,
だから ほとんどの学生が
質問されたことに
09:27
most最も of theその students学生の have持ってる even偶数 noticed気づいた thatそれ aa question質問 had持っていました beenされている asked尋ねた.
気付きもしないうちに
授業は先に進んでしまいます
09:29
Hereここに, everyすべて singleシングル student学生
でもCourseraでは
すべての学生が
09:33
has持っている to engage従事する with〜と theその material材料.
質問に取り組む
ことになります
09:36
Andそして of courseコース theseこれら simple単純 retrieval検索 questions質問
もちろんこの
単純な復習問題が
09:38
are notない theその end終わり of theその storyストーリー.
すべてではありません
09:40
One1 needsニーズ to buildビルドする in muchたくさん moreもっと meaningful意味のある practice練習 questions質問,
もっと突っ込んだ
練習問題も必要で
09:42
andそして one1 alsoまた、 needsニーズ to provide提供する theその students学生の with〜と feedbackフィードバック
学生にフィードバックを
09:45
on thoseそれら questions質問.
与える必要もあります
09:47
Now, howどうやって do行う you君は gradeグレード theその work作業 of 100,000 students学生の
でも10万人の宿題を
教育助手を1万人も使わずに
09:49
ifif you君は do行う notない have持ってる 10,000 TAsタス?
どうやって採点したら
いいのでしょう?
09:52
Theその answer回答 is, you君は need必要 to useつかいます technology技術
答えはテクノロジーを使う
09:55
to do行う itそれ forために you君は.
ということです
09:57
Now, fortunately幸いにも, technology技術 has持っている come来る aa long長いです way方法,
幸いテクノロジーの
進歩によって
09:59
andそして we我々 canできる now gradeグレード aa range範囲 of interesting面白い typesタイプ of homework宿題.
様々なタイプの宿題の採点が
できるようになっています
10:01
In addition添加 to multiple複数 choice選択
ご覧いただいたような
10:05
andそして theその kinds種類 of shortショート answer回答 questions質問 thatそれ you君は saw見た in theその videoビデオ,
選択肢式の問題や
答えの短い質問のほか
10:06
we我々 canできる alsoまた、 gradeグレード math数学, mathematical数学 expressions表現
数式や微分の問題も
10:09
asとして wellよく asとして mathematical数学 derivations導出.
採点できます
10:13
We我々 canできる gradeグレード modelsモデル, whetherかどうか it'sそれは
様々なモデルも
採点できます
10:15
financial金融 modelsモデル in aa businessビジネス classクラス
経営の授業での
金融モデルや
10:17
orまたは physical物理的 modelsモデル in aa science科学 orまたは engineeringエンジニアリング classクラス
科学や工学の授業での
物理モデル
10:20
andそして we我々 canできる gradeグレード some一部 prettyかなり sophisticated洗練された programmingプログラミング assignments割り当て.
それに結構込み入った
プログラミング課題も採点できます
10:23
Let〜する me showショー you君は one1 that'sそれは actually実際に prettyかなり simple単純
単純ですが視覚的な例を
10:26
butだけど fairlyかなり visualビジュアル.
ご覧いただきましょう
10:28
Thisこの is fromから Stanford'sスタンフォード Computerコンピューター Science科学 101 classクラス,
これはスタンフォード大の
「コンピュータ科学入門」の
10:30
andそして theその students学生の are supposed想定される to color-correct色補正
課題ですが 学生は
赤いぼんやりした画像の
10:32
thatそれ blurryぼやけた red image画像.
色を変えます
10:34
They're彼らは typingタイピング their彼らの programプログラム into theその browserブラウザ,
ブラウザ上でプログラムを書いて
10:35
andそして you君は canできる see見る they彼ら didn'tしなかった get取得する itそれ quiteかなり right, Ladyレディ Liberty自由 is stillまだ seasickシーシック.
正しくないと 自由の女神が
船酔いしたような画像になります
10:37
Andそして soそう, theその student学生 tries試行する again再び, andそして now they彼ら got持っている itそれ right, andそして they're彼らは told言った thatそれ,
もう一度トライして ちゃんと書けたら
それと分かり
10:41
andそして they彼ら canできる move動く on to theその next assignment割り当て.
次の課題へと進みます
10:45
Thisこの ability能力 to interact相互作用する actively積極的に with〜と theその material材料
能動的に課題に取り組み
答えが正しいか
10:48
andそして be〜する told言った whenいつ you'reあなたは right orまたは wrong違う
間違っているか
分かるというのは
10:51
is really本当に essential本質的な to student学生 learning学習.
学習のために
欠かせないことです
10:52
Now, of courseコース we我々 cannotできない yetまだ gradeグレード
もちろん全ての授業の
10:56
theその range範囲 of work作業 thatそれ one1 needsニーズ forために allすべて coursesコース.
全ての課題の採点が
できるわけではありません
10:58
Specifically具体的に, what's何ですか lacking欠けている is theその kind種類 of criticalクリティカルな thinking考え work作業
特に人文 社会科学 経営学などの
11:01
thatそれ is soそう essential本質的な in suchそのような disciplines分野
批判的思考力を見るような
11:04
asとして theその humanities人文科学, theその socialソーシャル sciences科学, businessビジネス andそして othersその他.
課題の採点には適しません
11:06
Soそう we我々 tried試した to convince説得する, forために example,
そこで選択式の出題方法も
11:09
some一部 of our我々の humanities人文科学 faculty学部
そんなに悪くはないと
11:12
thatそれ multiple複数 choice選択 wasあった notない suchそのような aa bad悪い strategy戦略.
人文の先生たちを
説得してみましたが
11:13
Thatそれ didn'tしなかった go行く over以上 really本当に wellよく.
あまりうまくは
いきませんでした
11:16
Soそう we我々 had持っていました to come来る upアップ with〜と aa different異なる solution溶液.
それで別な解決法を
見つける必要がありました
11:18
Andそして theその solution溶液 we我々 ended終了しました upアップ usingを使用して is peerピア grading格付け.
その解決法は 学生が
互いを採点するというものです
11:21
Itそれ turnsターン outでる thatそれ previous studies研究 showショー,
このサドラー&グッドのような
11:24
like好きな thisこの one1 by〜によって Saddlerサドラー andそして Good良い,
過去の研究結果から
相互採点は
11:26
thatそれ peerピア grading格付け is aa surprisingly驚くほど effective効果的な strategy戦略
再現可能な採点
結果が得られる
11:28
forために providing提供する reproducible再現可能な grades成績.
驚くほど効果的な方法
だと分かりました
11:30
Itそれ wasあった tried試した onlyのみ in small小さい classesクラス,
小規模でしか
11:34
butだけど thereそこ itそれ showed示した, forために example,
試されていませんが
ここに出ているように
11:35
thatそれ theseこれら student-assigned学生が割り当てた grades成績 on theその y-axisy軸
y 軸の学生による採点は
11:37
are actually実際に very非常に wellよく correlated相関
x 軸の教師による採点と
11:39
with〜と theその teacher-assigned教師割り当てられた gradeグレード on theその x-axisx軸.
非常に高い相関を
示しています
11:41
What's何ですか even偶数 moreもっと surprising驚くべき is thatそれ self-grades自己成績,
さらに驚くのは
自己採点結果で
11:43
whereどこで theその students学生の gradeグレード their彼らの own自分の work作業 critically批判的に ---
学生に自分で採点させると—
11:46
soそう long長いです asとして you君は incentivizeインセンティブを与える themそれら properly正しく
自分に満点をつけたり
しないよう適切に
11:48
soそう they彼ら can'tできない give与える themselves自分自身 aa perfect完璧な scoreスコア ---
動機付けする
必要がありますが—
11:50
are actually実際に even偶数 betterより良い correlated相関 with〜と theその teacher先生 grades成績.
教師の採点と より高い
相関を示すのです
11:52
Andそして soそう thisこの is an effective効果的な strategy戦略
ですから これは大規模な
採点に使える
11:55
thatそれ canできる be〜する used中古 forために grading格付け at〜で scale規模,
効果的な戦略であり
11:57
andそして is alsoまた、 aa useful有用 learning学習 strategy戦略 forために theその students学生の,
学生にとっても有用な
学習方法です
11:59
becauseなぜなら they彼ら actually実際に learn学ぶ fromから theその experience経験.
採点の体験から学ぶ
ことができるからです
12:02
Soそう we我々 now have持ってる theその largest最大 peer-gradingピア・グレーディング pipelineパイプライン everこれまで devised考案された,
私たちは今や 史上最大の
相互採点システムを持っており
12:04
whereどこで tens数十 of thousands of students学生の
何万人という学生が
12:09
are grading格付け each other'sその他の work作業,
互いの課題を採点し
12:11
andそして quiteかなり successfully正常に, I have持ってる to sayいう.
極めて良い結果が
得られています
12:12
Butだけど thisこの is notない justちょうど about students学生の
学生たちはもっぱら自室で
12:15
sitting座っている alone単独で in their彼らの living生活 roomルーム workingワーキング throughを通して problems問題.
1人問題に取り組む
わけではありません
12:18
Aroundまわり each one1 of our我々の coursesコース,
それぞれの授業に 受講生の
12:21
aa communityコミュニティ of students学生の had持っていました formed形成された,
コミュニティができあがり
12:22
aa globalグローバル communityコミュニティ of people
世界中の学生が
12:25
aroundまわり aa shared共有 intellectual知的 endeavor努力.
互いの成果を共有しています
12:26
What you君は see見る hereここに is aa self-generated自己生成 map地図
ご覧いただいているのは
12:29
fromから students学生の in our我々の Princetonプリンストン Sociology社会学 101 courseコース,
プリンストン大の
「社会学入門」の学生の
12:32
whereどこで they彼ら have持ってる put置く themselves自分自身 on aa world世界 map地図,
所在を示した地図で
Courseraがいかに広く
12:35
andそして you君は canできる really本当に see見る theその globalグローバル reachリーチ of thisこの kind種類 of effort努力.
世界で利用されているか
分かります
12:37
Students学生の collaborated協力して in theseこれら coursesコース in aa variety品種 of different異なる ways方法.
学生たちは様々な方法で
互いに協力し合っています
12:40
First最初 of allすべて, thereそこ wasあった aa question質問 andそして answer回答 forumフォーラム,
第一に Q&Aフォーラムがあって
12:45
whereどこで students学生の would〜する poseポーズ questions質問,
学生が何か質問を投げると
12:48
andそして otherその他 students学生の would〜する answer回答 thoseそれら questions質問.
他の学生が答えます
12:50
Andそして theその really本当に amazing素晴らしい thingもの is,
これが素晴らしいのは
12:52
becauseなぜなら thereそこ wereあった soそう manyたくさんの students学生の,
学生の数が非常に多いため
12:54
itそれ means手段 thatそれ even偶数 ifif aa student学生 posedポーズされた aa question質問
質問が投げられたのが
12:56
at〜で 3 o'clock in theその morning,
明け方の3時だろうと
12:58
somewhereどこかで aroundまわり theその world世界,
世界のどこかには
13:00
thereそこ would〜する be〜する somebody誰か who wasあった awake起きている
起きていて同じ問題に
取り組んでいる
13:01
andそして workingワーキング on theその same同じ problem問題.
学生がいるということです
13:03
Andそして soそう, in manyたくさんの of our我々の coursesコース,
そのため Courseraの
13:05
theその median中央値 response応答 time時間 forために aa question質問
Q&Aフォーラムにおける
13:07
on theその question質問 andそして answer回答 forumフォーラム wasあった 22 minutes.
質問への回答時間の中央値は
たったの22分です
13:10
Whichどの is notない aa levelレベル of serviceサービス I have持ってる everこれまで offered提供された to myじぶんの Stanfordスタンフォード students学生の.
そのようなレベルのサービスは
スタンフォードではとても提供できません
13:13
(Laughter笑い)
(笑)
13:18
Andそして you君は canできる see見る fromから theその student学生 testimonialsお客様の声
学生の声から分かるように
13:19
thatそれ students学生の actually実際に find見つける
このオンラインコミュニティの
13:21
thatそれ becauseなぜなら of thisこの large onlineオンライン communityコミュニティ,
規模のおかけで
13:23
they彼ら got持っている to interact相互作用する with〜と each otherその他 in manyたくさんの ways方法
学生の交流は 実際の
教室におけるよりも
13:25
thatそれ wereあった deeperもっと深く thanより they彼ら didした in theその contextコンテキスト of theその physical物理的 classroom教室.
広く深いものになっています
13:28
Students学生の alsoまた、 self-assembled自己組織化された,
学生たちはまた
13:32
withoutなし anyどれか kind種類 of intervention介入 fromから us米国,
教師の側からの
働きかけなしに
13:34
into small小さい study調査 groupsグループ.
小さな学習グループを
自主的に作っています
13:36
Some一部 of theseこれら wereあった physical物理的 study調査 groupsグループ
あるものは地域限定の
学習グループで
13:38
along一緒に geographical地理的 constraints制約
毎週集まって
13:41
andそして met会った on aa weekly毎週 basis基礎 to work作業 throughを通して problem問題 setsセット.
課題に取り組んでいます
13:42
Thisこの is theその Sanサン Franciscoフランシスコ study調査 groupグループ,
これはサンフランシスコの
グループですが
13:45
butだけど thereそこ wereあった onesもの allすべて over以上 theその world世界.
同じようなものが
世界中にあります
13:47
Othersその他 wereあった virtualバーチャル study調査 groupsグループ,
一方バーチャルな
学習グループもあって
13:49
sometimes時々 along一緒に language言語 lines orまたは along一緒に cultural文化的 lines,
言語や文化によって
まとまっているものもあれば
13:51
andそして on theその bottom left thereそこ,
左下のもののような
13:54
you君は see見る our我々の multicultural多文化 universalユニバーサル study調査 groupグループ
他の文化圏の人との
交流を望む
13:56
whereどこで people explicitly明示的 wanted欲しい to connect接続する
ユニバーサルな
多文化の
14:00
with〜と people fromから otherその他 cultures文化.
学習グループもあります
14:01
Thereそこ are some一部 tremendousすばらしい opportunities機会
このようなフレームワークから
得られる可能性には
14:04
to be〜する had持っていました fromから thisこの kind種類 of frameworkフレームワーク.
膨大なものがあります
14:06
Theその first最初 is thatそれ itそれ has持っている theその potential潜在的な of giving与える us米国
第一に人間の学習について
14:10
aa completely完全に unprecedented前例のない look見える
かつてない洞察を得られる
14:13
into understanding理解 human人間 learning学習.
可能性です
14:16
Becauseなぜなら theその dataデータ thatそれ we我々 canできる collect集める hereここに is uniqueユニークな.
ここで集められるデータは
独特のものです
14:18
You君は canできる collect集める everyすべて clickクリック, everyすべて homework宿題 submission提出,
何万という学生による
あらゆるクリック
14:22
everyすべて forumフォーラム post役職 fromから tens数十 of thousands of students学生の.
あらゆる宿題の提出 あらゆるフォーラム
投稿データを集められます
14:26
Soそう you君は canできる turn順番 theその study調査 of human人間 learning学習
人間の学習の研究を
14:30
fromから theその hypothesis-driven仮説主導型 modeモード
仮説駆動でなく
14:32
to theその data-drivenデータ駆動型 modeモード, aa transformation変換 thatそれ,
データ駆動で行うことができます
14:34
forために example, has持っている revolutionized革命を起こした biology生物学.
これは生物学に革命を
もたらしたのと同じ変化です
14:37
You君は canできる useつかいます theseこれら dataデータ to understandわかる fundamental基本的な questions質問
これらのデータを使って
根本的な疑問に答えることができます
14:40
like好きな, what are good良い learning学習 strategies戦略
効果的な優れた学習戦略と
14:44
thatそれ are effective効果的な versus onesもの thatそれ are notない?
そうでないものは何か?
14:45
Andそして in theその contextコンテキスト of particular特に coursesコース,
個々の授業内容についても
14:48
you君は canできる ask尋ねる questions質問
学生がよくする勘違いに
14:50
like好きな, what are some一部 of theその misconceptions誤解 thatそれ are moreもっと common一般
どんなものがあり
どうすれば避けられるか
14:52
andそして howどうやって do行う we我々 help助けて students学生の fix修正する themそれら?
考えることができます
14:55
Soそう here'sここにいる an example of thatそれ,
これはアンドリューの
14:57
alsoまた、 fromから Andrew'sアンドリューズ Machine機械 Learning学習 classクラス.
機械学習の授業の例ですが
14:59
Thisこの is aa distribution分布 of wrong違う answers答え
ある課題に対する
15:01
to one1 of Andrew'sアンドリューズ assignments割り当て.
間違った答えの
分布を示しています
15:03
Theその answers答え happen起こる to be〜する pairsペア of numbers数字,
答えが2つの数字の
組み合わせだったので
15:05
soそう you君は canできる drawドロー themそれら on thisこの two-dimensional二次元 plotプロット.
二次元平面に
プロットできました
15:07
Each of theその little少し crosses十字架 thatそれ you君は see見る is aa different異なる wrong違う answer回答.
小さな×印のそれぞれが
間違った答えを表しています
15:09
Theその big大きい crossクロス at〜で theその top left
左上の大きな×印では
15:13
is whereどこで 2,000 students学生の
2千人の学生が
15:15
gave与えた theその exact正確 same同じ wrong違う answer回答.
同じ間違った答えをしています
15:17
Now, ifif two students学生の in aa classクラス of 100
100人の教室で2人の学生が
15:20
give与える theその same同じ wrong違う answer回答,
同じ間違いをしても
15:22
you君は would〜する never決して notice通知.
気付かないでしょうが
15:24
Butだけど whenいつ 2,000 students学生の give与える theその same同じ wrong違う answer回答,
2千人が同じ間違いをすれば
15:25
it'sそれは kind種類 of hardハード to missミス.
見落としようがありません
15:28
Soそう Andrewアンドリュー andそして his students学生の went行った in,
それでアンドリューと学生たちは
15:29
looked見た at〜で some一部 of thoseそれら assignments割り当て,
このような課題を調べて
15:32
understood理解された theその rootルート cause原因 of theその misconception誤解,
勘違いの原因を突き止めました
15:33
andそして then次に they彼ら produced生産された aa targeted目標 errorエラー messageメッセージ
そして学生が それと
同じ間違いをしたときに
15:37
thatそれ would〜する be〜する provided提供された to everyすべて student学生
エラーメッセージを
15:40
whoseその answer回答 fell落ちた into thatそれ bucketバケツ,
出すようにしました
15:42
whichどの means手段 thatそれ students学生の who made thatそれ same同じ mistake間違い
だから学生は
この勘違いに対して
15:44
would〜する now get取得する personalizedパーソナライズド feedbackフィードバック
専用のフィードバックを受け
15:46
telling伝える themそれら howどうやって to fix修正する their彼らの misconception誤解 muchたくさん moreもっと effectively効果的に.
より効果的に 勘違いを解消できます
15:48
Soそう thisこの personalizationパーソナライゼーション is something何か thatそれ one1 canできる then次に buildビルドする
このようなパーソナライゼーションは
15:53
by〜によって having持つ theその virtue美徳 of large numbers数字.
規模によって可能になったものです
15:56
Personalizationパーソナライゼーション is perhapsおそらく
パーソナライゼーションは
16:00
one1 of theその biggest最大 opportunities機会 hereここに asとして wellよく,
ここで一番大きな
可能性かもしれません
16:02
becauseなぜなら itそれ provides提供する us米国 with〜と theその potential潜在的な
30年来の問題を
16:04
of solving解決する aa 30-year-old-歳 problem問題.
解決できるかも
しれないのですから
16:07
Educational教育的 researcher研究者 Benjaminベンジャミン Bloom咲く, in 1984,
教育の研究者ベンジャミン・
ブルームは 1984年に
16:09
posedポーズされた what's何ですか calledと呼ばれる theその 2 sigmaシグマ problem問題,
2シグマ問題という
問題を提起しました
16:13
whichどの he observed観察された by〜によって studying勉強する three populations人口.
3種類のグループの観察から
見出されたものです
16:15
Theその first最初 is theその population人口 thatそれ studied研究した in aa lecture-based講義ベース classroom教室.
第一のグループは教室での
講義で学習します
16:18
Theその second二番 is aa population人口 of students学生の thatそれ studied研究した
第二のグループも
16:22
usingを使用して aa standard標準 lecture-based講義ベース classroom教室,
通常の授業で学習しますが
16:24
butだけど with〜と aa mastery-basedマスターベイベースの approachアプローチ,
習得度アプローチを使い
16:26
soそう theその students学生の couldn'tできなかった move動く on to theその next topicトピック
前の課題を習得しなければ
16:28
before demonstratingデモ mastery習熟 of theその previous one1.
次の課題には進めません
16:30
Andそして finally最後に, thereそこ wasあった aa population人口 of students学生の
三番目はチューターからの
16:33
thatそれ wereあった taught教えた in aa one-on-one一対一 instruction命令 usingを使用して aa tutor家庭教師.
個別指導で教わるグループです
16:36
Theその mastery-basedマスターベイベースの population人口 wasあった aa full満員 standard標準 deviation偏差,
習得度ベースのグループは
16:40
orまたは sigmaシグマ, in achievement成果 scores得点 betterより良い
通常の講義ベースのグループよりも
16:44
thanより theその standard標準 lecture-based講義ベース classクラス,
得点が標準偏差(σ)の分だけ
良くなり
16:46
andそして theその individual個人 tutoring教授 gives与える you君は 2 sigmaシグマ
個別指導のグループでは
16:48
improvement改善 in performanceパフォーマンス.
成績が2σ良くなっています
16:50
To understandわかる what thatそれ means手段,
どういうことかというと
16:52
let'sさあ look見える at〜で theその lecture-based講義ベース classroom教室,
講義ベースの場合の点数の
16:54
andそして let'sさあ pickピック theその median中央値 performanceパフォーマンス asとして aa threshold閾値.
中央値を閾値としたとき
講義ベースのグループでは
16:56
Soそう in aa lecture-based講義ベース classクラス,
中央値を閾値としたとき
講義ベースのグループでは
16:58
halfハーフ theその students学生の are above上の thatそれ levelレベル andそして halfハーフ are below以下.
半数がそれより上
半数がそれより下になりますが
17:00
In theその individual個人 tutoring教授 instruction命令,
個別指導のグループでは
17:04
98 percentパーセント of theその students学生の are going行く to be〜する above上の thatそれ threshold閾値.
98%がこの閾値よりも
上になります
17:06
Imagine想像する ifif we我々 couldできた teach教える soそう thatそれ 98 percentパーセント of our我々の students学生の
98%の学生が平均以上
になる教育というのを
17:11
would〜する be〜する above上の average平均.
考えてみてください
17:14
Henceそれゆえに, theその 2 sigmaシグマ problem問題.
これが2σ問題です
17:17
Becauseなぜなら we我々 cannotできない afford余裕, asとして aa society社会,
社会として学生全員に
17:20
to provide提供する everyすべて student学生 with〜と an individual個人 human人間 tutor家庭教師.
人間のチューターを割り当てる
ことは 不可能ですが
17:22
Butだけど maybe多分 we我々 canできる afford余裕 to provide提供する each student学生
学生全員にコンピュータや
スマートフォンを
17:26
with〜と aa computerコンピューター orまたは aa smartphoneスマートフォン.
提供することなら
できるでしょう
17:28
Soそう theその question質問 is, howどうやって canできる we我々 useつかいます technology技術
問題はテクノロジーによって
17:30
to push押す fromから theその left side of theその graphグラフ, fromから theその blue curve曲線,
左の青い曲線を
右の緑の曲線に
17:32
to theその right side with〜と theその green curve曲線?
どこまで近づけられるか
ということです
17:35
Mastery習熟 is easy簡単 to achieve達成する usingを使用して aa computerコンピューター,
習得度ベースの学習は コンピュータで
容易に実現できます
17:38
becauseなぜなら aa computerコンピューター doesn'tしない get取得する tired疲れた
コンピュータは
17:40
of showing表示 you君は theその same同じ videoビデオ five times.
同じビデオを5回
繰り返すのを厭いません
17:42
Andそして itそれ doesn'tしない even偶数 get取得する tired疲れた of grading格付け theその same同じ work作業 multiple複数 times,
同じ問題を 繰り返し
採点するのも厭いません
17:45
we've私たちは seen見た thatそれ in manyたくさんの of theその examples thatそれ I've私は shown示された you君は.
それはご覧いただいた例の通りです
17:48
Andそして even偶数 personalizationパーソナライゼーション
パーソナライゼーションもまた
17:51
is something何か thatそれ we're私たちは starting起動 to see見る theその beginnings始まり of,
可能になり始めています
17:53
whetherかどうか it'sそれは via経由 theその personalizedパーソナライズド trajectory軌道 throughを通して theその curriculumカリキュラム
ご覧いただいたような
パーソナライズされたカリキュラムや
17:55
orまたは some一部 of theその personalizedパーソナライズド feedbackフィードバック thatそれ we've私たちは shown示された you君は.
パーソナライズされたフィードバックを
提供することができます
17:58
Soそう theその goalゴール hereここに is to tryお試しください andそして push押す,
ここでのゴールは
18:02
andそして see見る howどうやって far遠い we我々 canできる get取得する towards方向 theその green curve曲線.
緑の曲線に向かって どこまで
押し進められるかということです
18:04
Soそう, ifif thisこの is soそう greatすばらしいです, are universities大学 now obsolete時代遅れの?
これがそんなに素晴らしいものなら
大学は陳腐化するのでしょうか?
18:08
Wellよく, Markマーク Twainツイン certainly確かに thought思想 soそう.
マーク・トウェインは
確かにそう考えていました
18:13
He said前記 thatそれ, "Collegeカレッジ is aa place場所 whereどこで aa professor's教授の lecture講義 notesノート
彼はこう言っています
「大学というのは
18:16
go行く straightまっすぐ to theその students'学生の' lecture講義 notesノート,
教授の講義ノートが 学生の講義ノートへと
両者の頭脳を介さずに変換される場所である」
18:19
withoutなし passing通過 throughを通して theその brains頭脳 of eitherどちらか."
教授の講義ノートが 学生の講義ノートへと
両者の頭脳を介さずに変換される場所である」
18:20
(Laughter笑い)
(笑)
18:23
I beg請う to differ異なる with〜と Markマーク Twainツイン, thoughしかし.
私はマーク・トウェインに
異を唱えたいと思います
18:27
I think思う what he wasあった complaining文句を言う about is notない
彼が難じているのは
大学というよりは
18:29
universities大学 butだけど ratherむしろ theその lecture-based講義ベース formatフォーマット
多くの大学が多大な
時間を費やしている
18:32
thatそれ soそう manyたくさんの universities大学 spend費やす soそう muchたくさん time時間 on.
講義ベースの形式です
18:35
Soそう let'sさあ go行く backバック even偶数 furtherさらに, to Plutarchプルタルコ,
さらに遡ってプルタルコスは
こう言っています
18:38
who said前記 thatそれ, "Theその mindマインド is notない aa vessel容器 thatそれ needsニーズ filling充填,
「心というのは 満たすべき
容れ物ではなく
18:41
butだけど wood木材 thatそれ needsニーズ igniting点火する."
焚き付けるべき
木のようなものである」
18:43
Andそして maybe多分 we我々 should〜すべき spend費やす lessもっと少なく time時間 at〜で universities大学
大学は学生の頭に講義内容を
18:45
filling充填 our我々の students'学生の' minds with〜と contentコンテンツ
詰め込もうとするのではなく
18:47
by〜によって lecturing講義 at〜で themそれら, andそして moreもっと time時間 igniting点火する their彼らの creativity創造性,
実際の対話を通じて
彼らのクリエイティビティや
18:50
their彼らの imagination想像力 andそして their彼らの problem-solving問題解決 skillsスキル
想像力や問題解決能力を
焚き付けることに
18:54
by〜によって actually実際に talking話す with〜と themそれら.
もっと時間を費やすべきでしょう
18:57
Soそう howどうやって do行う we我々 do行う thatそれ?
どうしたら そうできるのでしょう?
18:59
We我々 do行う thatそれ by〜によって doingやっている activeアクティブ learning学習 in theその classroom教室.
教室での能動的学習です
19:01
Soそう there'sそこに beenされている manyたくさんの studies研究, includingを含む thisこの one1,
ここに挙げたものをはじめ
沢山の研究があるのですが
19:04
thatそれ showショー thatそれ ifif you君は useつかいます activeアクティブ learning学習,
能動的学習を使い
19:07
interacting相互作用する with〜と yourきみの students学生の in theその classroom教室,
教室で学生との交流を持つと
19:09
performanceパフォーマンス improves改善する on everyすべて singleシングル metricメトリック ---
あらゆる指標で
結果が改善されます
19:11
on attendance出席, on engagementエンゲージメント andそして on learning学習
出席率 参加の度合い
19:14
asとして measured測定された by〜によって aa standardized標準化された testテスト.
標準テストで評価した学習度
19:16
You君は canできる see見る, forために example, thatそれ theその achievement成果 scoreスコア
ご覧のように この実験で
19:18
almostほぼ doubles二重 in thisこの particular特に experiment実験.
達成度のスコアは
ほとんど倍になっています
19:20
Soそう maybe多分 thisこの is howどうやって we我々 should〜すべき spend費やす our我々の time時間 at〜で universities大学.
これが大学で時間をかけるべき
ことなのかもしれません
19:23
Soそう to summarize要約する, ifif we我々 couldできた offer提供 aa top quality品質 education教育
まとめになりますが
最高の教育を
19:27
to everyoneみんな aroundまわり theその world世界 forために free無料,
世界中の人に無償で
提供できたなら
19:32
what would〜する thatそれ do行う? Three thingsもの.
何が起きるでしょう?
3つあります
19:34
First最初 itそれ would〜する establish確立します education教育 asとして aa fundamental基本的な human人間 right,
第一に教育が 基本的人権
として確立されるでしょう
19:37
whereどこで anyone誰でも aroundまわり theその world世界
動機と能力を持った
19:40
with〜と theその ability能力 andそして theその motivation動機
世界中の誰もが
19:41
couldできた get取得する theその skillsスキル thatそれ they彼ら need必要
自分や家族やコミュニティに
19:43
to make作る aa betterより良い life生活 forために themselves自分自身,
より良い生活をもたらすために
19:45
their彼らの families家族 andそして their彼らの communitiesコミュニティ.
必要なスキルを手にできる権利です
19:47
Second二番, itそれ would〜する enable有効にする lifelong生涯 learning学習.
第二に 生涯学習が
可能になるでしょう
19:49
It'sそれは aa shame thatそれ forために soそう manyたくさんの people,
多くの人が 高校や大学を
卒業したときに
19:52
learning学習 stops停止 whenいつ we我々 finish仕上げ high高い school学校 orまたは whenいつ we我々 finish仕上げ collegeカレッジ.
学びやめてしまうのは
残念なことです
19:53
By〜によって having持つ thisこの amazing素晴らしい contentコンテンツ be〜する available利用可能な,
素晴らしい学習コンテンツが
19:57
we我々 would〜する be〜する ableできる to learn学ぶ something何か new新しい
提供されることで
望むときにはいつでも
19:59
everyすべて time時間 we我々 wanted欲しい,
新しいことを学び
20:02
whetherかどうか it'sそれは justちょうど to expand拡大する our我々の minds
視野を広げたり
20:03
orまたは it'sそれは to change変化する our我々の lives人生.
生活を変えることができます
20:04
Andそして finally最後に, thisこの would〜する enable有効にする aa wave of innovation革新,
そして最後に 新たなイノベーションの
波を生み出すでしょう
20:06
becauseなぜなら amazing素晴らしい talent才能 canできる be〜する found見つけた anywhereどこでも.
ものすごい才能を持った人が
どこにいるか分かりません
20:10
Maybe多分 theその next Albertアルバート Einsteinアインシュタイン orまたは theその next Steveスティーブ Jobsジョブ
明日のアインシュタインや
明日のスティーブ・ジョブズは
20:13
is living生活 somewhereどこかで in aa remote遠隔の village in Africaアフリカ.
アフリカの僻地の村に
いるかもしれません
20:16
Andそして ifif we我々 couldできた offer提供 thatそれ person an education教育,
その人たちに教育を
提供できたなら
20:18
they彼ら would〜する be〜する ableできる to come来る upアップ with〜と theその next big大きい ideaアイディア
彼らは次の大いなる
アイデアを生み出し
20:21
andそして make作る theその world世界 aa betterより良い place場所 forために allすべて of us米国.
すべての人のため 世界をより良い場所に
変えてくれることでしょう
20:23
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございました
20:26
(Applause拍手)
(拍手)
20:27
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Mieko Akai

▲Back to top

About the speaker:

Daphne Koller - Educator
With Coursera, Daphne Koller and co-founder Andrew Ng are bringing courses from top colleges online, free, for anyone who wants to take them.

Why you should listen

A 3rd generation Ph.D who is passionate about education, Stanford professor Daphne Koller is excited to be making the college experience available to anyone through her startup, Coursera. With classes from 85 top colleges, Coursera is an innovative model for online learning. While top schools have been putting lectures online for years, Coursera's platform supports the other vital aspect of the classroom: tests and assignments that reinforce learning.

At the Stanford Artificial Intelligence Laboratory, computer scientist Daphne Koller studies how to model large, complicated decisions with lots of uncertainty. (Her research group is called DAGS, which stands for Daphne's Approximate Group of Students.) In 2004, she won a MacArthur Fellowship for her work, which involves, among other things, using Bayesian networks and other techniques to explore biomedical and genetic data sets.

More profile about the speaker
Daphne Koller | Speaker | TED.com