English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

Serious Play 2008

Charles Elachi: The story behind the Mars Rovers

チャールズ・エラチ: 火星ローバー

Filmed
Views 561,938

"真剣な遊び 2008" 会場でチャールズ・エラチ博士がアメリカ航空宇宙局(NASA)の伝説的なジェット推進研究所(JPL) について火星ローバー計画の逸話やビデオを交えながら紹介します。

- Planetary scientist
Charles Elachi is the director of NASA's Jet Propulsion Laboratory, where he oversees space exploration programs such as the Mars Rovers. Full bio

I thought思想 I'd私は start開始 with〜と telling伝える you君は orまたは showing表示 you君は theその people who started開始した [Jetジェット Propulsion推進 Lab研究室].
ジェット推進研究所(JPL)の
設立者の話から始めましょう
00:16
Whenいつ they彼ら wereあった aa bunch of kids子供たち,
彼らは若い頃
00:20
they彼ら wereあった kind種類 of very非常に imaginative想像, very非常に adventurous冒険的な,
とても想像力と冒険心がありました
00:22
asとして they彼ら wereあった trying試す at〜で Caltechカルテック to mixミックス chemicals薬品
カリフォルニア工科大学では
00:25
andそして see見る whichどの one1 blows吹く upアップ moreもっと.
化学薬品を混ぜて爆破力を競いました
00:27
Wellよく, I don'tしない recommendお勧めする thatそれ you君は tryお試しください to do行う thatそれ now.
同じ事を試すのはお勧めしませんが
00:29
Naturally当然, they彼ら blew吹っ飛んだ upアップ aa shack小屋, andそして Caltechカルテック, wellよく, then次に,
当然彼らは小屋を吹き飛ばし
00:32
heyねえ, you君は go行く to theその Arroyoアロヨ andそして really本当に do行う allすべて yourきみの testsテスト in thereそこ.
大学は実験を続ける彼らを僻地に追放しました
00:34
Soそう, that'sそれは what we我々 callコール our我々の first最初 five employees従業員
これが「最初の5人の従業員」と呼ぶ
00:38
during theその teaお茶 breakブレーク, you君は know知っている, in hereここに.
メンバーの休憩中の様子です
00:41
Asとして I said前記, they彼ら wereあった adventurous冒険的な people.
申し上げたように彼らは冒険的です
00:44
Asとして aa matter問題 of fact事実, one1 of themそれら, who wasあった, kind種類 of, part of aa cultカルト
そのうちの一人は まるでカルトのごとく
00:46
whichどの wasあった notない tooあまりにも far遠い fromから hereここに on Orangeオレンジ Groveグローヴ,
ここからそう遠くないオレンジグローブで
00:50
andそして unfortunately残念ながら he blew吹っ飛んだ upアップ himself彼自身 becauseなぜなら he kept保管 mixing混合 chemicals薬品
最高の化合物を調合している最中に
00:54
andそして trying試す to figure数字 outでる whichどの onesもの wereあった theその bestベスト chemicals薬品.
痛ましい爆発事故を起こしました
00:58
Soそう, thatそれ gives与える you君は aa kind種類 of flavor風味
どんな種類の人達か
01:00
of theその kind種類 of people we我々 have持ってる thereそこ.
ご理解頂けるでしょう?
01:02
We我々 tryお試しください to avoid避ける blowing吹く ourselves自分自身 upアップ.
事故はもう起こさないよう注意しています
01:03
Thisこの one1 I thought思想 I'd私は showショー you君は.
これをご覧ください
01:05
Guess推測 whichどの one1 is aa JPLjpl employee従業員 in theその heartハート of thisこの crowd群集.
この中でJPL従業員は誰だと思いますか?
01:07
I tried試した to come来る like好きな him thisこの morning,
今朝は彼を真似して来ようとしましたが
01:10
butだけど asとして I walked歩いた outでる, then次に itそれ wasあった tooあまりにも coldコールド,
外に出たらあまりに寒かったので
01:13
andそして I said前記, I'd私は betterより良い put置く myじぶんの shirtシャツ backバック on.
シャツを着ることにしました
01:15
Butだけど moreもっと importantly重要なこと, theその reason理由 I wanted欲しい to showショー thisこの picture画像:
それよりも この写真をお見せしたかった理由は
01:17
look見える whereどこで theその otherその他 people are looking探している,
他の人が見ている方向と
01:20
andそして look見える whereどこで he is looking探している.
彼が見ている方向に注目して欲しいからです
01:22
Whereverどこにでも anybody elseelse looks外見, look見える somewhereどこかで elseelse,
他の誰がどこを見ていようと
01:25
andそして go行く do行う something何か different異なる, you君は know知っている, andそして doingやっている thatそれ.
別方向を見て違う事を試し続ける
01:27
Andそして that'sそれは kind種類 of what has持っている beenされている theその spirit精神 of what we我々 are doingやっている.
それこそが私たちの心意気です
01:30
Andそして I want欲しいです to telltell you君は aa quote見積もり fromから Ralphラルフ Emersonエマーソン
同僚のラルフ・エマーソンが
01:33
thatそれ one1 of myじぶんの colleagues同僚, you君は know知っている, put置く on myじぶんの wall in myじぶんの office事務所,
私のオフィスに張った言葉を引用します
01:36
andそして itそれ says言う, "Do行う notない go行く whereどこで theその pathパス mayかもしれない lead.
「行き先の決まった道を歩くのはやめよう
01:39
Go行く instead代わりに whereどこで thereそこ is noいいえ pathパス, andそして leave離れる aa trailトレイル."
未踏の地に足跡を残していこう」
01:42
Andそして that'sそれは myじぶんの recommendation勧告 to allすべて of you君は:
これは皆さんにぜひお勧めしたいです
01:44
look見える what everybodyみんな is doingやっている, what they彼ら are doingやっている;
皆が何をしているか観察して
01:46
go行く do行う something何か completely完全に different異なる.
全く違うことを試すのです
01:48
Don'tしない tryお試しください to improve改善する aa little少し bitビット on what somebody誰か elseelse is doingやっている,
他人の仕事を見て少し改良を加えても
01:50
becauseなぜなら thatそれ doesn'tしない get取得する you君は very非常に far遠い.
大したことはできません
01:53
In our我々の early早い days日々 we我々 used中古 to work作業 aa lotロット on rocketsロケット,
当初はロケット開発に専念しました
01:55
butだけど we我々 alsoまた、 used中古 to have持ってる aa lotロット of partiesパーティー, you君は know知っている.
一方でパーディもたくさんしました
01:58
Asとして you君は canできる see見る, one1 of our我々の partiesパーティー, you君は know知っている, aa few少数 years ago.
数年前のパーティの様子です
02:00
Butだけど then次に aa big大きい difference happened起こった about 50 years ago,
しかし50年前にスプートニクが発射された後は
02:04
after Sputnikスプートニク wasあった launched打ち上げ. We我々 launched打ち上げ theその first最初 Americanアメリカ人 satellite衛星,
大きな変化が訪れました
アメリカ初の衛星を発射したのです
02:07
andそして that'sそれは theその one1 you君は see見る on theその left in thereそこ.
左側にご覧頂いているものです
02:11
Andそして hereここに we我々 made 180 degrees change変化する:
そして180度の方針転換をした
02:13
we我々 changedかわった fromから aa rocketロケット house to be〜する an exploration探査 house.
ロケット開発から探査機関へ変換しました
02:15
Andそして thatそれ wasあった done完了 over以上 aa period期間 of aa coupleカップル of years,
変換は数年間で成し遂げ
02:19
andそして now we我々 are theその leading先導 organization組織, you君は know知っている,
今や国を代表する有数の
02:22
exploring探検する spaceスペース on allすべて of yourきみの behalf代わって.
宇宙探査機関になりました
02:24
Butだけど even偶数 whenいつ we我々 didした thatそれ, we我々 had持っていました to remind思い出させる ourselves自分自身,
ただ その間も過去の挫折を
02:27
sometimes時々 thereそこ are setbacks後退.
記憶に留める必要がありました
02:30
Soそう you君は see見る, on theその bottom, thatそれ rocketロケット wasあった supposed想定される to go行く upward上向き;
下の方にあるのは 上昇すべきロケットが
02:32
somehow何とか itそれ ended終了しました going行く sideways横に.
なぜか横倒しになってしまいました
02:35
Soそう that'sそれは what we我々 callコール theその misguided誤った missileミサイル.
いわば誘導失敗したミサイルです
02:37
Butだけど then次に alsoまた、, justちょうど to celebrate祝う thatそれ,
この出来事を記念して
02:40
we我々 started開始した an eventイベント at〜で JPLjpl forために "Missミス Guided案内された Missileミサイル."
「ミス誘導ミサイル」コンテストを始めました
02:42
Soそう, we我々 used中古 to have持ってる aa celebrationお祝い everyすべて year andそして select選択する ---
毎年お祭りをして勝者を選ぶ
02:45
thereそこ used中古 to be〜する competitionコンペ andそして paradesパレード andそして soそう on.
コンテストやパレード等をしたものです
02:48
It'sそれは notない very非常に appropriate適切な to do行う itそれ now. Some一部 people telltell me to do行う itそれ;
今では適切ではなくなりました
02:51
I think思う, wellよく, that'sそれは notない really本当に proper適切な, you君は know知っている, theseこれら days日々.
たしかに最近の風潮を考えると上品とは言えません
02:54
Soそう, we我々 do行う something何か aa little少し bitビット moreもっと serious深刻な.
そこで少し真面目になりました
02:58
Andそして that'sそれは what you君は see見る in theその last最終 Roseローズ Bowlボウル, you君は know知っている,
前回のローズボールに参加した時
03:00
whenいつ we我々 entered入った one1 of theその floats浮動.
皆さんがご覧になったものです
03:03
That'sそれは moreもっと on theその play遊びます side. Andそして on theその right side,
これはお遊びですが 右側のローバーは
03:05
that'sそれは theその Roverローバー justちょうど before we我々 finished完成した itsその testingテスト
最終テストを経て打ち上げのため
03:07
to take取る itそれ to theその Capeケープ to launch打ち上げ itそれ.
ケープカナベラルに輸送する直前です
03:10
Theseこれら are theその Roversローバー upアップ hereここに thatそれ you君は have持ってる on Mars火星 now.
火星に軟着陸した実物です
03:12
Soそう thatそれ kind種類 of tells伝える you君は about, kind種類 of, theその fun楽しい thingsもの,
楽しみながら同時に真剣に仕事する
03:15
you君は know知っている, andそして theその serious深刻な thingsもの thatそれ we我々 tryお試しください to do行う.
様子がお分かりでしょう
03:18
Butだけど I said前記 I'm私は going行く to showショー you君は aa shortショート clipクリップ
これから短いビデオをご紹介します
03:20
of one1 of our我々の employees従業員 to kind種類 of give与える you君は an ideaアイディア
私たちの従業員の一人が持つ才能が
03:22
about some一部 of theその talent才能 thatそれ we我々 have持ってる.
お分かりになると思います
03:25
Videoビデオ: Morganモルガン Hendryヘンドリー: Beware注意する of Safety安全性 is
ビアウェア・オブ・セイフティ は
03:39
an instrumental道具 rock bandバンド.
ロックバンドの名前です
03:41
Itそれ branches on moreもっと theその experimental実験的 side.
比較的実験的な音楽を探究しています
03:43
There'sそこに theその improvisational即興 side of jazzジャズ.
即興的なジャズがあったり
03:46
There'sそこに theその heavy-hitting大打撃 sound of rock.
力強いロックのサウンドもあります
03:49
Beingであること ableできる to treat治療する sound asとして an instrument計器, andそして be〜する ableできる to dig掘る
音を楽器として扱い
電子機器とアコースティックを
03:52
forために moreもっと abstract抽象 sounds andそして thingsもの to play遊びます liveライブ,
混ぜて より抽象的なサウンドや
03:57
mixing混合 electronicsエレクトロニクス andそして acoustics音響.
ライブ演奏をします
03:59
Theその music's音楽 halfハーフ of me, butだけど theその otherその他 halfハーフ ---
音楽は私の半面です もう一方では
04:01
I landed着陸した probably多分 theその bestベスト gigギグ of allすべて.
素晴らしい仕事に就けました
04:05
I work作業 forために theその Jetジェット Propulsion推進 Lab研究室. I'm私は building建物 theその next Mars火星 Roverローバー.
私はジェット推進研究所で働き
火星ローバーを開発しています
04:08
Some一部 of theその most最も brilliantブリリアント engineersエンジニア I know知っている
私が知る最も優秀な技術者達は
04:11
are theその onesもの who have持ってる thatそれ sortソート of artistic芸術的 quality品質 about themそれら.
芸術の才能も長けています
04:14
You'veあなたは got持っている to do行う what you君は want欲しいです to do行う.
人は したいことをすべきです
04:18
Andそして anyone誰でも who tells伝える you君は you君は can'tできない, you君は don'tしない listen聴く to themそれら.
おまえは無理と言う人など聞く必要ない
04:20
Maybe多分 they're彼らは right -- I doubt疑問に思う itそれ.
彼らは正しいかもしれないが 疑わしいのさ
04:23
Telltell themそれら whereどこで to put置く itそれ, andそして then次に justちょうど do行う what you君は want欲しいです to do行う.
とにかく やりたいことをすればいい
04:26
I'm私は Morganモルガン Hendryヘンドリー. I am午前 NASAナサ.
私はモーガン・ヘンドリー
私はNASAです
04:28
Charlesチャールズ Elachiエラチェ: Now, moving動く fromから theその play遊びます stuffもの to theその serious深刻な stuffもの,
それでは余興から本題に移りましょう
04:34
always常に people ask尋ねる, whyなぜ do行う we我々 explore探検する?
どうして探索するのか といつも聞かれます
04:37
Whyなぜ are we我々 doingやっている allすべて of theseこれら missionsミッション andそして whyなぜ are we我々 exploring探検する themそれら?
ミッションを計画し探索する理由は何でしょう?
04:39
Wellよく, theその way方法 I think思う about itそれ is fairlyかなり simple単純.
私の考えは とてもシンプルです
04:42
Somehow何とか, 13 billion years ago thereそこ wasあった aa Big大きい Bang強打, andそして you'veあなたは heard聞いた
ご存じのとおり 130億年前に
04:44
aa little少し bitビット about, you君は know知っている, theその origin原点 of theその universe宇宙.
宇宙の起源であるビッグバンが起きました
04:47
Butだけど somehow何とか what strikesストライク everybody'sみんな imagination想像力 ---
非常に興味深いのは そのビッグバン以来
04:50
orまたは lotsロット of people's人々の imagination想像力 --- somehow何とか fromから thatそれ original元の Big大きい Bang強打
どういった経緯か 今日私たちが住む
04:53
we我々 have持ってる thisこの beautiful綺麗な world世界 thatそれ we我々 liveライブ in today今日.
世界は非常に素晴らしい
04:56
You君は look見える outside外側: you君は have持ってる allすべて thatそれ beauty美しさ thatそれ you君は see見る,
外には美しい景色が広がってますし
04:59
allすべて thatそれ life生活 thatそれ you君は see見る aroundまわり you君は,
生命に満ちあふれています
05:02
andそして hereここに we我々 have持ってる intelligentインテリジェントな people like好きな you君は andそして I
そして皆さんのような人間がいて
05:04
who are having持つ aa conversation会話 hereここに.
ここで知的な会話をしている
05:06
Allすべて thatそれ started開始した fromから thatそれ Big大きい Bang強打. Soそう, theその question質問 is:
全てはビッグバンから始まった
そこで疑問は
05:08
Howどうやって didした thatそれ happen起こる? Howどうやって didした thatそれ evolve進化する? Howどうやって didした theその universe宇宙 form?
どのように起きたのか? どのように進化したのか?
どのように宇宙が形成されたのか?
05:10
Howどうやって didした theその galaxies銀河 form? Howどうやって didした theその planets惑星 form?
どのように銀河ができたのか?
どのように惑星ができたのか?
05:15
Whyなぜ is thereそこ aa planet惑星 on whichどの thereそこ is life生活 whichどの have持ってる evolved進化した?
どうして生命を育む惑星ができたのか?
05:17
Is thatそれ very非常に common一般?
それは普通なことなのか?
05:20
Is thereそこ life生活 on everyすべて planet惑星 thatそれ you君は canできる see見る aroundまわり theその stars?
恒星を回る全ての惑星に生命は存在するのか?
05:22
Soそう we我々 literally文字通り are allすべて made outでる of stardustスターダスト.
文字通り私たちは星くずでできているのです
05:26
We我々 started開始した fromから thoseそれら stars; we我々 are made of stardustスターダスト.
私たちの原点は星です
私たちは星くずなのです
05:28
Soそう, next time時間 you君は are really本当に depressed落ち込んだ, look見える in theその mirror
ですから次に落ち込んだ時は鏡を覗いて
05:31
andそして you君は canできる look見える andそして sayいう, hiこんにちは, I'm私は looking探している at〜で aa star hereここに.
こう言えばいいのです
「今見ているのは星なんだ」
05:33
You君は canできる skipスキップ theその dustほこり part.
「くず」は省いて構いません
05:35
Butだけど literally文字通り, we我々 are allすべて made of stardustスターダスト.
文字通り 私たちは星くずで出来ています
05:37
Soそう, what we我々 are trying試す to do行う in our我々の exploration探査 is effectively効果的に
ですから私たちの探索は 今日存在するものが
05:39
write書きます theその book of howどうやって thingsもの have持ってる came来た about asとして they彼ら are today今日.
どのように出来たか本を書くようなものです
05:43
Andそして one1 of theその first最初, orまたは theその easiest最も簡単な, places場所 we我々 canできる go行く
そして私たちが探索するのに最も身近な
05:48
andそして explore探検する thatそれ is to go行く towards方向 Mars火星.
惑星が火星なのです
05:51
Andそして theその reason理由 Mars火星 takesテイク particular特に attention注意:
火星が特に興味深い理由のひとつは
05:53
it'sそれは notない very非常に far遠い fromから us米国.
遠くないことです
05:56
You君は know知っている, it'llそれはよ take取る us米国 onlyのみ six6 months数ヶ月 to get取得する thereそこ.
わずか6ヶ月で到達できます
05:58
Six6 to nine9人 months数ヶ月 at〜で theその right time時間 of theその year.
時期により6〜9ヶ月です 火星は地球より
06:00
It'sそれは aa planet惑星 somewhat幾分 similar類似 to Earth地球. It'sそれは aa little少し bitビット smaller小さい,
少し小さいですがよく似ています
06:03
butだけど theその land土地 mass質量 on Mars火星 is about theその same同じ
海を除いた
06:05
asとして theその land土地 mass質量 on Earth地球, you君は know知っている,
火星の陸地面積は
06:08
ifif you君は don'tしない take取る theその oceans into accountアカウント.
だいたい地球と同じです
06:09
Itそれ has持っている polar極地 capsキャップ. Itそれ has持っている an atmosphere雰囲気 somewhat幾分 thinnerシンナー thanより ours私たちのもの,
極冠があり 地球よりも若干薄い大気が存在し
06:11
soそう itそれ has持っている weather天気. Soそう, it'sそれは very非常に similar類似 to some一部 extentエクステント,
気象があります ある程度までとても似ています
06:16
andそして you君は canできる see見る some一部 of theその features特徴 on itそれ,
火星の地形がご覧になります
06:19
like好きな theその Grand壮大 Canyonキャニオン on Mars火星,
火星のグランド・キャニオンとも
言える渓谷があります
06:21
orまたは what we我々 callコール theその Grand壮大 Canyonキャニオン on Mars火星.
火星のグランド・キャニオンとも
言える渓谷があります
06:22
Itそれ is like好きな theその Grand壮大 Canyonキャニオン on Earth地球, exceptを除いて aa hell地獄 of aa lotロット larger大きい.
地球のグランド・キャニオンに
似ていますがとても巨大です
06:24
Soそう it'sそれは about theその sizeサイズ, you君は know知っている, of theその Unitedユナイテッド States.
アメリカ合衆国と同じくらいの大きさです
06:29
Itそれ has持っている volcanoes火山 on itそれ. Andそして that'sそれは Mountマウント Olympusオリンパス on Mars火星,
火山が存在し その一つオリンパス山は
06:32
whichどの is aa kind種類 of huge巨大 volcanic火山の shieldシールド on thatそれ planet惑星.
いわば巨大な盾状の火山です
06:37
Andそして ifif you君は look見える at〜で theその height高さ of itそれ
その標高を見ると
06:41
andそして you君は compare比較する itそれ to Mountマウント Everestエベレスト, you君は see見る, it'llそれはよ give与える you君は
エベレストと比較すれば
06:43
an ideaアイディア of howどうやって large thatそれ Mountマウント Olympusオリンパス, you君は know知っている, is,
オリンパス山がいかに巨大であるかお分かりでしょう
06:47
relative相対 to Mountマウント Everestエベレスト.
オリンパス山がいかに巨大であるかお分かりでしょう
06:51
Soそう, itそれ basically基本的に dwarfs小人, you君は know知っている, Mountマウント Everestエベレスト hereここに on Earth地球.
エベレストが隠れる位です
06:53
Soそう, thatそれ gives与える you君は an ideaアイディア of theその tectonic構造的な eventsイベント orまたは volcanic火山の eventsイベント
火星の地殻変動や火山活動の
規模を把握できます
06:56
whichどの have持ってる happened起こった on thatそれ planet惑星.
火星の地殻変動や火山活動の
規模を把握できます
07:00
Recently最近 fromから one1 of our我々の satellites衛星, thisこの showsショー thatそれ it'sそれは Earth-like地球のような ---
最近 人工衛星が地球上に似た
07:02
we我々 caught捕らえられた aa landslide地滑り occurring発生する asとして itそれ wasあった happeningハプニング.
地滑りが発生する様子を観測しました
07:05
Soそう itそれ is aa dynamic動的 planet惑星,
活動的な惑星なのです
07:09
andそして activityアクティビティ is going行く on asとして we我々 speak話す today今日.
活動は今も継続しています
07:11
Andそして theseこれら Roversローバー, people wonderワンダー now, what are they彼ら doingやっている today今日,
ローバーは今何をしているか知りたいですよね?
07:14
soそう I thought思想 I would〜する showショー you君は aa little少し bitビット what they彼ら are doingやっている.
そこで皆さんに現在の様子をご覧に入れましょう
07:17
Thisこの is one1 very非常に large craterクレーター. Geologists地質学者 love cratersクレーター,
巨大なクレーターです
地質学者はクレーターが大好きです
07:21
becauseなぜなら cratersクレーター are like好きな digging掘削 aa big大きい hole in theその ground接地
何の苦労もなく地面に大きな
07:24
withoutなし really本当に workingワーキング at〜で itそれ,
穴を掘ったようなもので
07:26
andそして you君は canできる see見る what's何ですか below以下 theその surface表面.
地表の下が見えるからです
07:28
Soそう, thisこの is calledと呼ばれる Victoriaビクトリア Craterクレーター,
これはヴィクトリア・クレーターと呼ばれています
07:30
whichどの is about aa few少数 footballフットボール fieldsフィールド in sizeサイズ.
サッカー場が数面分の大きさです
07:32
Andそして ifif you君は look見える at〜で theその top left, you君は see見る aa little少し teeny小さな darkダーク dotドット.
左上に小さな暗い点が見えます
07:34
Thisこの picture画像 wasあった taken撮影 fromから an orbiting周回する satellite衛星.
この写真は軌道上の衛星から撮影しました
07:38
Ifif I zoomズーム on itそれ, you君は canできる see見る: that'sそれは theその Roverローバー on theその surface表面.
拡大するとそれが地上のローバーなのです
07:40
Soそう, thatそれ wasあった taken撮影 fromから orbit軌道; we我々 had持っていました theその cameraカメラ zoomズーム on theその surface表面,
軌道上から撮影して地上を拡大すると
07:43
andそして we我々 actually実際に saw見た theその Roverローバー on theその surface表面.
実際にローバーを見ることが出来ました
07:46
Andそして we我々 actually実際に used中古 theその combination組み合わせ of theその satellite衛星 imagesイメージ
衛星からの映像とローバーの両方を
07:49
andそして theその Roverローバー to actually実際に conduct行動 science科学,
使って調査を行いました
07:53
becauseなぜなら we我々 canできる observe観察する large areasエリア
まず広域を観測し
07:56
andそして then次に you君は canできる get取得する thoseそれら Roversローバー to move動く aroundまわり
ローバーに指示して
07:58
andそして basically基本的に go行く to aa certainある locationロケーション.
任意の場所に移動させます
08:00
Soそう, specifically具体的に what we我々 are doingやっている now is
具体的にはローバーを
08:02
thatそれ Roverローバー is going行く downダウン in thatそれ craterクレーター.
クレーターに降下させています
08:05
Asとして I told言った you君は, geologists地質学者 love cratersクレーター.
地質学者はクレーターが大好きです
08:07
Andそして theその reason理由 is, manyたくさんの of you君は went行った to theその Grand壮大 Canyonキャニオン,
グランド・キャニオンに行った方は多いでしょうが
08:09
andそして you君は see見る in theその wall of theその Grand壮大 Canyonキャニオン, you君は see見る theseこれら layers.
グランド・キャニオンの壁には地層が見えます
08:12
Andそして what theseこれら layers --- that'sそれは what theその surface表面 used中古 to be〜する
地層というのは百万年 一千万年
08:16
aa million百万 years ago, 10 million百万 years ago,
一億万年前に地表であった部分であり
08:19
100 million百万 years ago, andそして you君は get取得する deposits預金 on top of themそれら.
そこには当時の堆積物があります
08:22
Soそう ifif you君は canできる read読む theその layers it'sそれは like好きな reading読書 yourきみの book,
地層を解読すれば歴史書を読むようなものです
08:24
andそして you君は canできる learn学ぶ theその history歴史 of what happened起こった in theその past過去
その場所で過去にどのような事が起きたのか
08:27
in thatそれ locationロケーション.
学ぶことが出来るのです
08:30
Soそう what you君は are seeing見る hereここに are theその layers on theその wall
これはクレーター壁面であり
08:32
of thatそれ craterクレーター, andそして theその Roverローバー is going行く downダウン now, measuring測定する, you君は know知っている,
ローバーはそこを降りながら
08:35
theその propertiesプロパティ andそして analyzing分析する theその rocks
地層の特性を
08:39
asとして it'sそれは going行く downダウン, you君は know知っている, thatそれ canyonキャニオン.
調査したり岩石を分析したりするのです
08:41
Now, it'sそれは kind種類 of aa little少し bitビット of aa challengeチャレンジ driving運転
このような坂を下るのは
08:44
downダウン aa slopeスロープ like好きな thisこの.
困難なことです
08:46
Ifif you君は wereあった thereそこ you君は wouldn'tしないだろう do行う itそれ yourselfあなた自身.
普通そんなことはしないでしょう
08:48
Butだけど we我々 really本当に made sure確かに we我々 testedテストされた thoseそれら Roversローバー
しかし私たちはローバーが
08:50
before we我々 got持っている themそれら downダウン --- orまたは thatそれ Roverローバー ---
降下を始める前に全ての機能が
08:52
andそして made sure確かに thatそれ it'sそれは allすべて workingワーキング wellよく.
万全であることを確認しました
08:55
Now, whenいつ I came来た last最終 time時間, shortlyまもなく after theその landing着陸 ---
前回 着陸後まもなく ここに来た時は
08:57
I think思う itそれ wasあった, like好きな, aa hundred days日々 after theその landing着陸 ---
たしか着陸後100日ほどでしたが
09:00
I told言った you君は I wasあった surprised驚いた thatそれ thoseそれら Roversローバー
みなさんにローバーが100日も
09:02
are lasting永続する even偶数 aa hundred days日々.
稼働したことは驚きだと申し上げました
09:04
Wellよく, hereここに we我々 are four4つの years later後で, andそして they're彼らは stillまだ workingワーキング.
そして4年経ちましたが今でも動いています
09:07
Now you君は sayいう, Charlesチャールズ, you君は are really本当に lying嘘つき to us米国, andそして soそう on,
眉唾だと言われるでしょう
09:09
butだけど that'sそれは notない true真実. We我々 really本当に believed信じる they彼ら wereあった going行く to last最終
でも違います 私たちは90〜100日程度しか
09:12
90 days日々 orまたは 100 days日々, becauseなぜなら they彼ら are solar太陽 powered動力,
持たないと考えていました
太陽光発電が動力で
09:14
andそして Mars火星 is aa dustyほこりの多い planet惑星, soそう we我々 expected期待される theその dustほこり
火星のような埃の多い惑星では
09:18
would〜する start開始 accumulating累積する on theその surface表面, andそして after aa whilewhile
表面に埃が積もり ローバーの作動に必要な
09:21
we我々 wouldn'tしないだろう have持ってる enough十分な powerパワー, you君は know知っている, to keepキープ themそれら warm暖かい.
電力を充分に得られないと思っていたのです
09:24
Wellよく, I always常に sayいう it'sそれは important重要 thatそれ you君は are smartスマート,
賢いことは大切ですが
09:27
butだけど everyすべて once一度 in aa whilewhile it'sそれは good良い to be〜する lucky幸運な.
時にはツキも味方します
09:29
Andそして that'sそれは what we我々 found見つけた outでる. Itそれ turned回した outでる thatそれ everyすべて once一度 in aa whilewhile
まさにツキがありました 火星では時折
09:32
thereそこ are dustほこり devils悪魔 whichどの come来る by〜によって on Mars火星, asとして you君は are seeing見る hereここに,
ご覧のようなつむじ風が発生して
09:35
andそして whenいつ theその dustほこり devil悪魔 comes来る over以上 theその Roverローバー, itそれ justちょうど cleansきれいにする itそれ upアップ.
ローバーの埃を吹き飛ばしてくれるのです
09:39
Itそれ is like好きな aa brandブランド new新しい car thatそれ you君は have持ってる,
まるで新車のような状態になり
09:42
andそして that'sそれは literally文字通り whyなぜ they彼ら have持ってる lasted持続した soそう long長いです.
長期間に渡り作動しているのです
09:45
Andそして now we我々 designed設計 themそれら reasonably合理的に wellよく,
もちろん それなりの設計をしました
09:48
butだけど that'sそれは exactly正確に whyなぜ they彼ら are lasting永続する thatそれ long長いです
つむじ風こそ 長い間機能していまだに
09:50
andそして stillまだ providing提供する allすべて theその science科学 dataデータ.
科学的データを提供できる理由なのです
09:54
Now, theその two Roversローバー, each one1 of themそれら is, kind種類 of, getting取得 old古い.
それでも 2台のローバーは古くなりつつあります
09:56
You君は know知っている, one1 of themそれら, one1 of theその wheels車輪 is stuck立ち往生, is notない workingワーキング,
一台の車輪が動かなくなっています
09:59
one1 of theその frontフロント wheels車輪, soそう what we我々 are doingやっている,
前輪の一つです そこで
10:02
we我々 are driving運転 itそれ backwards後方に.
バックで運転しています
10:04
Andそして theその otherその他 one1 has持っている arthritis関節炎 of theその shoulderショルダー jointジョイント, you君は know知っている,
別の一台は結合部の故障のため
10:06
it'sそれは notない workingワーキング very非常に wellよく, soそう it'sそれは walking歩く like好きな thisこの,
アームがうまく動かないので
10:08
andそして we我々 canできる move動く theその arm, you君は know知っている, thatそれ way方法.
騙しながら動かしています
10:11
Butだけど stillまだ they彼ら are producing生産する aa lotロット of scientific科学的 dataデータ.
それでも大量の科学的データを提供しています
10:13
Now, during thatそれ whole全体 period期間, aa number of people got持っている excited興奮した,
これまでの間 多くの科学界以外の人も
10:16
you君は know知っている, outside外側 theその science科学 communityコミュニティ about theseこれら Roversローバー,
これらのローバーに大いに興奮しました
10:19
soそう I thought思想 I'd私は showショー you君は aa videoビデオ justちょうど to give与える you君は aa reflection反射
そこで科学界以外の人々が
10:23
about howどうやって theseこれら Roversローバー are beingであること viewed見た by〜によって people
ローバーをどのように受け止めたか
10:26
otherその他 thanより theその science科学 communityコミュニティ.
ビデオでご紹介します
10:29
Soそう let〜する me go行く on theその next shortショート videoビデオ.
どうぞ ご覧ください
10:32
By〜によって theその way方法, thisこの videoビデオ is prettyかなり accurate正確 of howどうやって theその landing着陸 took取った place場所, you君は know知っている,
ところで このビデオは4年前の着陸時の
様子をとても正確に表現しています
10:34
about four4つの years ago.
ところでこのビデオは4年前の着陸時の
様子をとても正確に表現しています
10:39
Videoビデオ: Okayはい, we我々 have持ってる parachuteパラシュート aligned整列した.
パラシュートがそろって開いた
10:40
Okayはい, deploy展開する theその airbagsエアバッグ. Open開いた.
エアバッグ展開 開け
10:42
Cameraカメラ. We我々 have持ってる aa picture画像 right now.
カメラ 映像が到着しました
10:46
Yeahええ!
やった!
10:51
CEシー: That'sそれは about what happened起こった in theその Houstonヒューストン operation操作 roomルーム. It'sそれは exactly正確に like好きな thisこの.
ヒューストンのオペレーション・ルームの様子です
全くこの通りでした
10:53
Videoビデオ: Now, ifif thereそこ is life生活, theその Dutchオランダの will意志 find見つける itそれ.
火星人を探すのはオランダ人に任せよう
10:58
What is he doingやっている?
何やってるんだ?
11:09
What is thatそれ?
なんだこれは?
11:12
CEシー: Notない tooあまりにも bad悪い.
悪くないでしょう?
11:24
Soそう anywayとにかく, let〜する me continue持続する on showing表示 you君は aa little少し bitビット
それでは火星の美しさについて
11:34
about theその beauty美しさ of thatそれ planet惑星.
もう少し紹介しましょう
11:37
Asとして I said前記 earlier先に, itそれ looked見た very非常に muchたくさん like好きな Earth地球,
述べた通り とても地球に似ています
11:38
soそう you君は see見る sand dunes砂丘.
砂丘がご覧になれます
11:41
Itそれ looks外見 like好きな I couldできた have持ってる told言った you君は theseこれら are picturesピクチャー taken撮影
サハラ砂漠かどこかだと
11:43
fromから theその Saharaサハラ Desert砂漠 orまたは somewhereどこかで, andそして you'dあなたは have持ってる believed信じる me,
言ったとしても 皆さん信じることでしょう
11:45
butだけど theseこれら are picturesピクチャー taken撮影 fromから Mars火星.
しかしこれは火星の写真なのです
11:48
Butだけど one1 areaエリア whichどの is particularly特に intriguing興味をそそる forために us米国
特に興味深い地域と言えば
11:49
is theその northern北部 region領域, you君は know知っている, of Mars火星, close閉じる to theその North Poleポール,
火星の北部 北極点に近い所です
11:52
becauseなぜなら we我々 see見る ice capsキャップ, andそして we我々 see見る theその ice capsキャップ shrinking収縮
まるでカナダ北部にあるような
11:55
andそして expanding拡大する, soそう it'sそれは very非常に muchたくさん like好きな you君は have持ってる in northern北部 Canadaカナダ.
極冠氷があり 拡大したり縮小したりします
11:58
Andそして we我々 wanted欲しい to find見つける outでる --- andそして we我々 see見る allすべて kinds種類 of glacial氷河 features特徴 on itそれ.
氷河の特徴的地形が観測できます
12:02
Soそう, we我々 wanted欲しい to find見つける outでる, actually実際に,
実際私たちはその氷が
12:05
what is thatそれ ice made of, andそして couldできた thatそれ have持ってる embedded埋め込み in itそれ
何で出来ていているのか
有機物が含まれているか
12:07
some一部 organicオーガニック, you君は know知っている, material材料.
調査しようとしました
12:11
Soそう we我々 have持ってる aa spacecraft宇宙船 whichどの is heading見出し towards方向 Mars火星,
フェニックスと呼ぶ宇宙船が
12:14
calledと呼ばれる Phoenixフェニックス, andそして thatそれ spacecraft宇宙船 will意志 land土地
火星に向かっており 今からちょうど
12:16
17 days日々, sevenセブン hours時間 andそして 20 seconds fromから now,
17日と7時間20秒で着陸する予定です
12:19
soそう you君は canできる adjust調整する yourきみの watch時計.
時計をセットしておいて下さい
12:23
Soそう it'sそれは on Mayかもしれない 25 aroundまわり justちょうど before five o'clock our我々の time時間 hereここに
だいたい西海岸時間で5月25日5時前に
12:25
on theその West西 Coast海岸, actually実際に we我々 will意志 be〜する landing着陸 on another別の planet惑星.
別の惑星に着陸します
12:29
Andそして asとして you君は canできる see見る, thisこの is aa picture画像 of theその spacecraft宇宙船 put置く on Mars火星,
これは火星に降り立った宇宙船の想像図ですが
12:32
butだけど I thought思想 thatそれ justちょうど in case場合 you'reあなたは going行く to missミス thatそれ showショー, you君は know知っている,
17日後の着陸ショーを
12:36
in 17 days日々, I'll私はよ showショー you君は, kind種類 of,
ご覧になれない方のために
12:39
aa little少し bitビット of what's何ですか going行く to happen起こる.
その様子を ご覧に入れます
12:41
Videoビデオ: That'sそれは what we我々 callコール theその sevenセブン minutes of terrorテロ.
ご紹介するのは「恐怖の7分間」です
12:43
Soそう theその plan計画 is to dig掘る in theその soil土壌 andそして take取る samplesサンプル
計画では地表を掘ってサンプルを採集し
13:00
thatそれ we我々 put置く themそれら in an ovenオーブン andそして actually実際に heat themそれら
オーブンに入れて加熱します
13:02
andそして look見える what gasesガス will意志 come来る fromから itそれ.
そして噴出するガスを測定するのです
13:05
Soそう thisこの wasあった launched打ち上げ about nine9人 months数ヶ月 ago.
約9ヶ月前に打ち上げられました
13:07
We'll私たちは be〜する coming到来 in at〜で 12,000 milesマイル per〜ごと hour時間, andそして in sevenセブン minutes
時速約2万キロで突入し7分後に
13:13
we我々 have持ってる to stopやめる andそして touchタッチ theその surface表面 very非常に softlyやわらかく
着陸船を破損することなく
13:17
soそう we我々 don'tしない breakブレーク thatそれ lander着陸船.
地表に軟着陸させるのです
13:20
Benベン Cichyシチュー: Phoenixフェニックス is theその first最初 Mars火星 Scoutスカウト missionミッション.
フェニックスは初の火星偵察計画です
13:38
It'sそれは theその first最初 missionミッション that'sそれは going行く to tryお試しください to land土地
初めて火星の北極近くに着陸し
13:40
near近く theその North Poleポール of Mars火星, andそして it'sそれは theその first最初 missionミッション
これも初めて地球以外の
13:42
that'sそれは actually実際に going行く to tryお試しください andそして reachリーチ outでる andそして touchタッチ water
惑星に存在する水に触れる計画です
13:44
on theその surface表面 of another別の planet惑星.
惑星に存在する水に触れる計画です
13:47
Lynnリン Craigクレイグ: Whereどこで thereそこ tends傾向がある to be〜する water, at〜で least少なくとも on Earth地球,
少なくとも地球では水がある所に
13:49
thereそこ tends傾向がある to be〜する life生活, andそして soそう it'sそれは potentially潜在的 aa place場所
生命が存在する傾向があるので 火星でも
13:52
whereどこで life生活 couldできた have持ってる existed存在した on theその planet惑星 in theその past過去.
過去に生命が存在した可能性があるのは水中です
13:55
Erikエリク Baileyベイリー: Theその mainメイン purpose目的 of EDLエドル is to take取る aa spacecraft宇宙船 thatそれ is traveling旅行
大気圏突入から軟着陸では時速2万キロで
14:03
at〜で 12,500 milesマイル an hour時間 andそして bring持参する itそれ to aa screeching泣き叫ぶ halt停止する
飛ぶ宇宙船を非常に短時間で減速し
優しく停止させることが求められます
14:06
in aa soft柔らかい way方法 in aa very非常に shortショート amount of time時間.
飛ぶ宇宙船を非常に短時間で減速し
優しく停止させることが求められます
14:12
BC紀元前: We我々 enter入る theその Martian殉教者 atmosphere雰囲気.
火星の大気圏に突入します
14:16
We're私たちは 70 milesマイル above上の theその surface表面 of Mars火星.
火星の地表から112キロの高度です
14:18
Andそして our我々の lander着陸船 is safely安全に tucked押し込んだ inside内部 what we我々 callコール an aeroshellエアロシェル.
着陸船はエアロシェルと呼ぶ中に格納されています
14:20
EBeb: Looks外見 kind種類 of like好きな an ice creamクリーム cone円錐, moreもっと orまたは lessもっと少なく.
アイスクリームのコーンのような形です
14:23
BC紀元前: Andそして on theその frontフロント of itそれ is thisこの heat shieldシールド,
前部の皿に見える部分には
14:25
thisこの saucer-looking皿のように見える thingもの thatそれ has持っている about aa half-inch半インチ
耐熱処理が施され厚さ1センチほどの
14:27
of essentially基本的に what's何ですか corkコルク on theその frontフロント of itそれ,
耐熱効果を持つコルクに覆われています
14:30
whichどの is our我々の heat shieldシールド.
耐熱効果を持つコルクに覆われています
14:32
Now, thisこの is really本当に special特別 corkコルク,
この非常に特殊なコルクは
14:33
andそして thisこの corkコルク is what's何ですか going行く to protect保護する us米国
大気圏突入時の過酷な
14:35
fromから theその violent暴力的な atmospheric大気 entryエントリ thatそれ we're私たちは about to experience経験.
衝撃から宇宙船を守るのです
14:37
Rob奪う Groverグローバー: Friction摩擦 really本当に starts開始する to buildビルドする upアップ on theその spacecraft宇宙船,
大気を宇宙船が通過する際
14:41
andそして we我々 useつかいます theその friction摩擦 whenいつ it'sそれは flying飛行 throughを通して theその atmosphere雰囲気
摩擦が発生するのでそれを利用して
14:44
to our我々の advantage利点 to slowスロー us米国 downダウン.
速度を落とします
14:47
BC紀元前: Fromから thisこの pointポイント, we're私たちは going行く to decelerate減速する fromから 12,500 milesマイル an hour時間
ここから時速2万キロを
14:50
downダウン to 900 milesマイル an hour時間.
時速1500キロまで減速します
14:55
EBeb: Theその outside外側 canできる get取得する almostほぼ asとして hotホット asとして theその surface表面 of theその Sun太陽.
外部は太陽の表面と同じ位熱くなります
14:57
RGrg: Theその temperature温度 of theその heat shieldシールド canできる reachリーチ 2,600 degrees Fahrenheit華氏.
耐熱部分の温度は1400℃になります
14:59
EBeb: Theその inside内部 doesn'tしない get取得する very非常に hotホット.
内部は熱くなりません
15:05
Itそれ probably多分 gets取得 about roomルーム temperature温度.
おそらく室温と同程度でしょう
15:07
Richardリチャード Kornfeldコーンフェルト: Thereそこ is thisこの window of opportunity機会
パラシュートを展開するタイミングがきました
15:10
within以内 whichどの we我々 canできる deploy展開する theその parachuteパラシュート.
パラシュートを展開するタイミングがきました
15:13
EBeb: Ifif you君は fire火災 theその 'chute'シュート tooあまりにも early早い, theその parachuteパラシュート itself自体 couldできた fail失敗します.
早過ぎるとパラシュートは機能しません
15:16
Theその fabricファブリック andそして theその stitchingステッチング couldできた justちょうど pull引く apart離れて.
生地と縫い目が破れてしまいます
15:19
Andそして thatそれ would〜する be〜する bad悪い.
それはダメです
15:24
BC紀元前: In theその first最初 15 seconds after we我々 deploy展開する theその parachuteパラシュート,
パラシュートが開いて15秒後に
15:26
we'll私たちは decelerate減速する fromから 900 milesマイル an hour時間
時速1500キロから時速400キロという
15:29
to aa relatively比較的 slowスロー 250 milesマイル an hour時間.
比較的遅い速度まで減速します
15:31
We我々 noいいえ longerより長いです need必要 theその heat shieldシールド to protect保護する us米国
大気圏突入の際に機体を守った
耐熱シールドは もう必要ないので切り離します
15:34
fromから theその force of atmospheric大気 entryエントリ, soそう we我々 jettison放棄 theその heat shieldシールド,
大気圏突入の際に機体を守った
耐熱シールドは もう必要ないので切り離します
15:36
exposing露出 forために theその first最初 time時間 our我々の lander着陸船 to theその atmosphere雰囲気 of Mars火星.
そこで初めて着陸船が火星の大気に触れます
15:40
LClc: After theその heat shieldシールド has持っている beenされている jettisoned投獄された andそして theその legs are deployed展開された,
耐熱シールドを切り離し脚が展開されると
15:43
theその next stepステップ is to have持ってる theその radarレーダー systemシステム beginベギン to detect検出する
次にレーダーシステムがフェニックスの
地表からの高度を計測し始めます
15:47
howどうやって far遠い Phoenixフェニックス really本当に is fromから theその ground接地.
次にレーダーシステムがフェニックスの
地表からの高度を計測し始めます
15:51
BC紀元前: We've私たちは lost失われた 99 percentパーセント of our我々の entryエントリ velocity速度.
大気圏突入時点から99%減速しています
15:55
Soそう, we're私たちは 99 percentパーセント of theその way方法 to whereどこで we我々 want欲しいです to be〜する.
着陸まで99%の行程が終わったのです
15:58
Butだけど thatそれ last最終 one1 percentパーセント, asとして itそれ always常に seems思われる to be〜する, is theその trickyトリッキー part.
しかしこの場合でも 残り1%が非常に難しいのです
16:01
EBeb: Now theその spacecraft宇宙船 actually実際に has持っている to decide決めます
ここで宇宙船は いつパラシュートを
16:04
whenいつ it'sそれは going行く to get取得する rid除去する of itsその parachuteパラシュート.
切り離すか決定します
16:07
BC紀元前: We我々 separate別々の fromから theその lander着陸船 going行く 125 milesマイル an hour時間
時速200キロで落下する宇宙船を
16:09
at〜で roughly大まかに aa kilometerキロメートル above上の theその surface表面 of Mars火星: 3,200 feetフィート.
火星の地表から1キロ上空で切り離します
16:11
That'sそれは like好きな taking取る two Empire帝国 State状態 Buildings建物
ちょうどエンパイア・ステートビルを
二つ縦に重ねた位です
16:15
andそして stackingスタッキング themそれら on top of one1 another別の.
ちょうどエンパイア・ステートビルを
二つ縦に重ねた位です
16:17
EBeb: That'sそれは whenいつ we我々 separate別々の fromから theその backバック shellシェル,
その時点で後部シェルから切り離し
16:18
andそして we're私たちは now in free-fallフリーフォール.
宇宙船は自由落下に入ります
16:20
It'sそれは aa very非常に scary怖い moment瞬間; aa lotロット has持っている to happen起こる
まさに恐怖の瞬間です
とても多くのことが瞬時に起きます
16:24
in aa very非常に shortショート amount of time時間.
まさに恐怖の瞬間です
とても多くのことが瞬時に起きます
16:26
LClc: Soそう it'sそれは in aa free-fallフリーフォール,
宇宙船は自由落下しながら
16:30
butだけど it'sそれは alsoまた、 trying試す to useつかいます allすべて of itsその actuatorsアクチュエータ
全ての機器を使って着陸するのに
適正な姿勢を保ちます
16:32
to make作る sure確かに thatそれ it'sそれは in theその right positionポジション to land土地.
全ての機器を使って着陸するのに
適正な姿勢を保ちます
16:36
EBeb: Andそして then次に itそれ has持っている to light upアップ itsその enginesエンジン, right itself自体,
そしてエンジンを点火し 姿勢を正し
16:39
andそして then次に slowlyゆっくり slowスロー itself自体 downダウン andそして touchタッチ downダウン on theその ground接地 safely安全に.
ゆっくりとスピードを緩めながら
安全に着陸するのです
16:43
BC紀元前: Earth地球 andそして Mars火星 are soそう far遠い apart離れて thatそれ itそれ takesテイク over以上 ten minutes
地球と火星は信号が届くのに
16:53
forために aa signal信号 fromから Mars火星 to get取得する to Earth地球.
10分以上かかるほど離れています
16:57
Andそして EDLエドル itself自体 is allすべて over以上 in aa matter問題 of sevenセブン minutes.
この一連の操作は7分ほどの出来事です
16:59
Soそう by〜によって theその time時間 you君は even偶数 hear聞く fromから theその lander着陸船 thatそれ EDLエドル has持っている started開始した
ですから大気圏突入を始めた信号を
受信した時には全てが終わっています
17:02
it'llそれはよ already既に be〜する over以上.
ですから大気圏突入を始めた信号を
受信した時には全てが終わっています
17:05
EBeb: We我々 have持ってる to buildビルドする large amounts金額 of autonomy自律性 into theその spacecraft宇宙船
安全に着陸するために
17:06
soそう thatそれ itそれ canできる land土地 itself自体 safely安全に.
宇宙船に高度な自律性を
持たせる必要があります
17:09
BC紀元前: EDLエドル is thisこの immense巨大, technically技術的に challenging挑戦 problem問題.
火星軟着陸は技術的に非常に困難です
17:12
It'sそれは about getting取得 aa spacecraft宇宙船 that'sそれは hurtling荒れ狂う throughを通して deep深い spaceスペース
宇宙空間を飛んできた宇宙船を
17:14
andそして usingを使用して allすべて thisこの bagバッグ of tricksトリック to somehow何とか figure数字 outでる
考え得る全ての技術を用いて
17:17
howどうやって to get取得する itそれ downダウン to theその surface表面 of Mars火星 at〜で zeroゼロ milesマイル an hour時間.
火星の地表に着陸させるのですから
17:19
It'sそれは thisこの immensely非常に excitingエキサイティング andそして challenging挑戦 problem問題.
刺激的で挑戦のしがいがあります
17:22
CEシー: Hopefullyうまくいけば itそれ allすべて will意志 happen起こる theその way方法 you君は saw見た itそれ in hereここに.
ご覧頂いたように事が運べばいいのですが
17:33
Soそう itそれ will意志 be〜する aa very非常に tense時制 moment瞬間, you君は know知っている,
宇宙船が別の惑星に
17:37
asとして we我々 are watching見ている thatそれ spacecraft宇宙船 landing着陸 on another別の planet惑星.
着陸する瞬間は とても緊張するでしょう
17:39
Soそう now let〜する me talkトーク about theその next thingsもの thatそれ we我々 are doingやっている.
では私たちの次の計画についてご紹介します
17:43
Soそう we我々 are in theその processプロセス, asとして we我々 speak話す, of actually実際に designing設計
現在私たちは次に火星に送り込むローバーの
17:45
theその next Roverローバー thatそれ we我々 are going行く to be〜する sending送信 to Mars火星.
設計を進めています
17:48
Soそう I thought思想 I would〜する go行く aa little少し bitビット andそして telltell you君は, kind種類 of,
設計段階の状況を
17:50
theその stepsステップ we我々 go行く throughを通して.
少しご紹介しましょう
17:52
It'sそれは very非常に similar類似 to what you君は do行う whenいつ you君は design設計 yourきみの product製品.
皆さんの製品企画にも共通することです
17:54
Asとして you君は saw見た aa little少し bitビット earlier先に,
ご覧頂いたように
17:57
whenいつ we我々 wereあった doingやっている theその Phoenixフェニックス one1,
フェニックス計画では
17:59
we我々 have持ってる to take取る into accountアカウント theその heat thatそれ we我々 are going行く to be〜する facing直面する.
直面する熱の対策をする必要がありました
18:00
Soそう we我々 have持ってる to study調査 allすべて kinds種類 of different異なる materials材料,
考え得る全ての素材や形状を研究しました
18:03
theその shape形状 thatそれ we我々 want欲しいです to do行う.
考え得る全ての素材や形状を研究しました
18:05
In general一般 we我々 don'tしない tryお試しください to pleaseお願いします theその customer顧客 hereここに.
顧客を満足させようとする訳ではありません
18:07
What we我々 want欲しいです to do行う is to make作る sure確かに we我々 have持ってる an effective効果的な, you君は know知っている,
実用的かつ効率的な機器を確実に制作しようと
18:09
an efficient効率的な kind種類 of machine機械.
思っているのです
18:12
First最初 we我々 start開始 by〜によって we我々 want欲しいです to have持ってる our我々の employees従業員
はじめに従業員にはできる限り
18:14
to be〜する asとして imaginative想像 asとして they彼ら canできる.
創造性を発揮してもらおうとしました
18:16
Andそして we我々 really本当に love beingであること close閉じる to theその artアート centerセンター, becauseなぜなら we我々 have持ってる,
アートセンターに近いのが非常に好ましいです
18:18
asとして aa matter問題 of fact事実, one1 of theその alumni同窓生 fromから theその artアート centerセンター,
実際にアートセンター卒業生の
18:22
Ericエリック Nyquistナイキスト, had持っていました put置く aa seriesシリーズ of displaysディスプレイ,
エリック・ニキストは私たちの
18:24
far-out遠くまで displaysディスプレイ, you君は know知っている,
ミッション 宇宙船設計室に
18:26
in our我々の what we我々 callコール missionミッション design設計 orまたは spacecraft宇宙船 design設計 roomルーム,
素晴らしい作品を展示して
18:28
justちょうど to get取得する people to think思う wildly激しく about thingsもの.
私たちに様々な発想を促しました
18:31
We我々 have持ってる aa bunch of Legosレゴス. Soそう, asとして I said前記,
山ほどのレゴもあります
18:33
thisこの is aa playground遊び場 forために adults大人, whereどこで they彼ら sit座る downダウン andそして tryお試しください to play遊びます
まさに大人の遊び場です
18:36
with〜と different異なる shapes andそして different異なる designsデザイン.
座り込んでは様々な形状やデザインを考えています
18:39
Then次に we我々 get取得する aa little少し bitビット moreもっと serious深刻な, soそう we我々 have持ってる
そして段々と より真剣になっていきます
18:43
what we我々 callコール our我々の CADCAD/CAMsカム andそして allすべて theその engineersエンジニア who are involved関係する,
CAD/CAM技師 技術者 科学者が参画して
18:46
orまたは scientists科学者 who are involved関係する, who know知っている about thermalサーマル propertiesプロパティ,
熱の性質 設計 大気の特性
パラシュートについて
18:49
know知っている about design設計, know知っている about atmospheric大気 interactionインタラクション, parachutesパラシュート,
チームで詳細な検討を検討し
18:52
allすべて of theseこれら thingsもの, whichどの they彼ら work作業 in aa teamチーム effort努力
コンピューターで ある程度まで
18:55
andそして actually実際に design設計 aa spacecraft宇宙船 in aa computerコンピューター to some一部 extentエクステント,
私たちの要求する仕様に適合する
18:58
soそう to see見る, doesする thatそれ meet会う theその requirement要件 thatそれ we我々 need必要.
宇宙船を設計します
19:02
On theその right, alsoまた、, we我々 have持ってる to take取る into accountアカウント
一方 目指している惑星の
19:05
theその environment環境 of theその planet惑星 whereどこで we我々 are going行く.
環境も考慮する必要があります
19:07
Ifif you君は are going行く to Jupiter木星, you君は have持ってる aa very非常に high-radiation高放射線,
木星に行くとすれば そこは非常に放射線の強い
19:09
you君は know知っている, environment環境. It'sそれは about theその same同じ radiation放射線 environment環境
環境です 木星近辺の
19:12
close閉じる by〜によって Jupiter木星 asとして inside内部 aa nuclear reactorリアクター.
放射線量は原子炉の内部と同程度です
19:14
Soそう justちょうど imagine想像する: you君は take取る yourきみの Pp.Cc. andそして throwスロー itそれ into aa nuclear reactorリアクター
皆さんのパソコンを原子炉に放り込んでも正常に
19:17
andそして itそれ stillまだ has持っている to work作業.
稼働しないといけない様なものです
19:20
Soそう theseこれら are kind種類 of some一部 of theその little少し challenges挑戦, you君は know知っている,
こういった様々な大小の問題に
19:22
thatそれ we我々 have持ってる to face.
私たちは直面しているのです
19:24
Ifif we我々 are doingやっている entryエントリ, we我々 have持ってる to do行う testsテスト of parachutesパラシュート.
大気圏突入に備えてパラシュート試験もします
19:27
You君は saw見た in theその videoビデオ aa parachuteパラシュート breaking壊す. Thatそれ would〜する be〜する aa bad悪い day,
ビデオでパラシュートが
破壊するシーンがありました
19:29
you君は know知っている, ifif thatそれ happened起こった, soそう we我々 have持ってる to testテスト,
実際に起きたら最悪ですから試験します
19:32
becauseなぜなら we我々 are deploying展開する thisこの parachuteパラシュート at〜で supersonic超音速 speedsスピード.
このパラシュートは超音速で展開します
19:35
We我々 are coming到来 at〜で extremely極端な high高い speedsスピード, andそして we我々 are deploying展開する themそれら
超高速な状態から展開して減速する
19:38
to slowスロー us米国 downダウン. Soそう we我々 have持ってる to do行う allすべて kinds種類 of testsテスト.
従って有りとあらゆる試験ををします
19:41
To give与える you君は an ideaアイディア of theその sizeサイズ, you君は know知っている, of thatそれ parachuteパラシュート
パラシュートを立っている人と比較すると
19:43
relative相対 to theその people standing立っている thereそこ.
その大きさが分かると思います
19:46
Next stepステップ, we我々 go行く andそして actually実際に buildビルドする some一部 kind種類 of testテスト modelsモデル
次に実験機を制作しそれを
19:48
andそして actually実際に testテスト themそれら, you君は know知っている, in theその lab研究室 at〜で JPLjpl,
JPLの火星ヤードと呼ぶ実験場所に
19:52
in what we我々 callコール our我々の Mars火星 Yardヤード.
運び込んで試験をします
19:55
We我々 kickキック themそれら, we我々 hitヒット themそれら, we我々 dropドロップ themそれら,
蹴ったり叩いたり落としたりして
19:57
justちょうど to make作る sure確かに we我々 understandわかる howどうやって, whereどこで would〜する they彼ら breakブレーク.
どこがどう壊れるか検証して確認します
19:59
Andそして then次に we我々 backバック offオフ, you君は know知っている, fromから thatそれ pointポイント.
そして懸念点を修正するのです
20:03
Andそして then次に we我々 actually実際に do行う theその actual実際の building建物 andそして theその flightフライト.
そして実際に本番機を制作し飛行させます
20:09
Andそして thisこの next Roverローバー thatそれ we're私たちは flying飛行 is about theその sizeサイズ of aa car.
次に飛ばすローバーは乗用車位の大きさです
20:13
Thatそれ big大きい shieldシールド thatそれ you君は see見る outside外側,
外側の大きなシールドが
20:17
that'sそれは aa heat shieldシールド whichどの is going行く to protect保護する itそれ.
ローバーを熱から守ります
20:19
Andそして thatそれ will意志 be〜する basically基本的に built建てられた over以上 theその next year,
来年にかけて制作し
20:21
andそして itそれ will意志 be〜する launched打ち上げ June六月 aa year fromから now.
1年後の6月に発射する予定です
20:24
Now, in thatそれ case場合, becauseなぜなら itそれ wasあった aa very非常に big大きい Roverローバー,
とても大きなローバーなので
20:27
we我々 couldn'tできなかった useつかいます airbagsエアバッグ.
エアバッグを使えませんでした
20:30
Andそして I know知っている manyたくさんの of you君は, kind種類 of, last最終 time時間 afterwardsその後 said前記
前回多くの人がエアバッグは
20:32
wellよく, thatそれ wasあった aa coolクール thingもの to have持ってる --- thoseそれら airbagsエアバッグ.
とても名案だったと言ってくれました
20:34
Unfortunately残念ながら thisこの Roverローバー is, like好きな, ten times theその sizeサイズ of theその, you君は know知っている,
残念なことに今回のローバーは前のローバーの
20:37
mass-wise大衆的な, of theその otherその他 Roverローバー, orまたは three times theその mass質量.
大きさは10倍 重さは3倍あります
20:40
Soそう we我々 can'tできない useつかいます airbagsエアバッグ. Soそう we我々 have持ってる to come来る upアップ with〜と
そのためエアバッグは使えません
20:43
another別の ingenious独創的な ideaアイディア of howどうやって do行う we我々 land土地 itそれ.
何か他の巧妙な着陸手段が必要です
20:45
Andそして we我々 didn'tしなかった want欲しいです to take取る itそれ propulsively推進的 allすべて theその way方法 to theその surface表面
地表を汚染しないためにも
20:47
becauseなぜなら we我々 didn'tしなかった want欲しいです to contaminate汚染する theその surface表面;
送り込む物質を減らそうとしました
20:51
we我々 wanted欲しい theその Roverローバー to immediatelyすぐに land土地 on itsその legs.
ローバーの脚部で直に着陸させたかったのです
20:53
Soそう we我々 came来た upアップ with〜と thisこの ingenious独創的な ideaアイディア,
そこで地球でもヘリコプターで使っている
20:56
whichどの is used中古 hereここに on Earth地球 forために helicoptersヘリコプター.
アイディアを用いることにしました
20:58
Actually実際に, theその lander着陸船 will意志 come来る downダウン to about 100 feetフィート andそして hoverホバー
実際着陸船は地表30メートルほどで 一旦停止し
21:02
above上の thatそれ surface表面 forために 100 feetフィート, andそして then次に we我々 have持ってる aa sky craneクレーン
そしてスカイクレーンを使って
21:06
whichどの will意志 take取る thatそれ Roverローバー andそして land土地 itそれ downダウン on theその surface表面.
ローバーを地表に降ろします
21:09
Hopefullyうまくいけば itそれ allすべて will意志 work作業, you君は know知っている, itそれ will意志 work作業 thatそれ way方法.
思惑通りにいくことを祈っています
21:11
Andそして thatそれ Roverローバー will意志 be〜する moreもっと kind種類 of like好きな aa chemist化学者.
今回のローバーは化学者のようものです
21:14
What we我々 are going行く to be〜する doingやっている with〜と thatそれ Roverローバー asとして itそれ drivesドライブ aroundまわり,
ローバーを走行させてすることは
21:17
it'sそれは going行く to go行く andそして analyze分析する theその chemical化学 composition組成 of rocks.
岩石の化学物質の構成の解析です
21:20
Soそう itそれ will意志 have持ってる an arm whichどの will意志 take取る samplesサンプル,
ローバーにはアームがありサンプルを採取して
21:23
put置く themそれら in an ovenオーブン, crush粉砕する andそして analyze分析する themそれら.
オーブンに入れ砕き解析します
21:26
Butだけど alsoまた、, ifif thereそこ is something何か thatそれ we我々 cannotできない reachリーチ
高くて届かない所にある検体を
21:28
becauseなぜなら itそれ is tooあまりにも high高い on aa cliff, we我々 have持ってる aa little少し laserレーザ systemシステム
採取するにはレーザーシステムを展開して
21:31
whichどの will意志 actually実際に zapザップ theその rock, evaporate蒸発させる some一部 of itそれ,
岩石に投射し気化した成分を
21:34
andそして actually実際に analyze分析する what's何ですか coming到来 fromから thatそれ rock.
吸入し岩石の成分を解析します
21:37
Soそう it'sそれは aa little少し bitビット like好きな "Star Wars戦争," you君は know知っている, butだけど it'sそれは realリアル.
まるでスターウォーズのようですが本物です
21:39
It'sそれは realリアル stuffもの.
現実のものです
21:42
Andそして alsoまた、 to help助けて you君は, to help助けて theその communityコミュニティ
そして私たちの一助になるよう
21:44
soそう you君は canできる do行う ads広告 on thatそれ Roverローバー, we我々 are going行く to train列車 thatそれ Roverローバー
ローバーに広告を掲載し
ローバーを訓練して
21:46
to actually実際に in addition添加 to do行う thisこの, to actually実際に serveサーブ cocktailsカクテル,
火星でカクテルを
サーブできるようにします
21:50
you君は know知っている, alsoまた、 on Mars火星.
火星でカクテルを
サーブできるようにします
21:53
Soそう that'sそれは kind種類 of giving与える you君は an ideaアイディア of theその kind種類 of, you君は know知っている,
火星でしている楽しいことを
お分かり頂けたかと思います
21:55
fun楽しい thingsもの we我々 are doingやっている on Mars火星.
火星でしている楽しいことを
お分かり頂けたかと思います
21:58
I thought思想 I'd私は go行く to "Theその Lord of theその Ringsリング" now
次に土星に行ってみましょう
21:59
andそして showショー you君は some一部 of theその thingsもの we我々 have持ってる thereそこ.
いくつか分かっていることをご紹介します
22:02
Now, "Theその Lord of theその Ringsリング" has持っている two thingsもの playedプレーした throughを通して itそれ.
土星には二つとても興味深い点があります
22:04
One1, it'sそれは aa very非常に attractive魅力的 planet惑星 ---
まずとても魅力的な惑星であること
22:07
itそれ justちょうど has持っている theその beauty美しさ of theその ringsリング andそして soそう on.
とても美しいリングをもっています
22:10
Butだけど forために scientists科学者, alsoまた、 theその ringsリング have持ってる aa special特別 meaning意味,
科学者にとっても このリングは特別なんです
22:12
becauseなぜなら we我々 believe信じる they彼ら represent代表する, on aa small小さい scale規模,
リングは太陽系が どのように形成されたか
22:15
howどうやって theその Solar太陽 Systemシステム actually実際に formed形成された.
小規模で示していると考えています
22:18
Some一部 of theその scientists科学者 believe信じる thatそれ theその way方法 theその Solar太陽 Systemシステム formed形成された,
一部の科学者は太陽系が形成されて
22:21
thatそれ theその Sun太陽 whenいつ itそれ collapsed崩壊した andそして actually実際に created作成した theその Sun太陽,
太陽が凝縮して生まれた際に
22:25
aa lotロット of theその dustほこり aroundまわり itそれ created作成した ringsリング
塵が周囲にリングを形成し
22:29
andそして then次に theその particles粒子 in thoseそれら ringsリング accumulated蓄積された together一緒に,
リングの粒子が お互いに堆積しながら
22:31
andそして they彼ら formed形成された biggerより大きい rocks, andそして then次に that'sそれは howどうやって theその planets惑星,
次第に大きな岩石になり やがて
惑星が形成されたと考えています
22:34
you君は know知っている, wereあった formed形成された.
次第に大きな岩石になり やがて
惑星が形成されたと考えています
22:37
Soそう, theその ideaアイディア is, by〜によって watching見ている Saturn土星 we're私たちは actually実際に watching見ている
つまり土星を観測することでリアルタイムに
22:38
our我々の solar太陽 systemシステム in realリアル time時間 beingであること formed形成された on aa smaller小さい scale規模,
小規模な太陽系の誕生を把握できます
22:41
soそう it'sそれは like好きな aa testテスト bedベッド forために itそれ.
いわばテスト環境です
22:44
Soそう, let〜する me showショー you君は aa little少し bitビット
では土星系システムを
22:46
on what thatそれ Saturnianサトウニア systemシステム looks外見 like好きな.
少しご紹介しましょう
22:48
First最初, I'm私は going行く to fly飛ぶ you君は over以上 theその ringsリング.
まずリングの上にお連れします
22:51
By〜によって theその way方法, allすべて of thisこの is realリアル stuffもの.
もちろん これらは実写です
22:54
Thisこの is notない animationアニメーション orまたは anything何でも like好きな thisこの.
アニメーション等ではありません
22:56
Thisこの is actually実際に taken撮影 fromから theその satellite衛星
カッシーニという土星を
22:58
thatそれ we我々 have持ってる in orbit軌道 aroundまわり Saturn土星, theその Cassiniカッシーニ.
周回する衛星から撮影しました
23:00
Andそして you君は see見る theその amount of detail詳細 thatそれ is in thoseそれら ringsリング,
リングを構成する粒子の詳細が見えます
23:03
whichどの are theその particles粒子.
リングを構成する粒子の詳細が見えます
23:06
Some一部 of themそれら are agglomerating凝集 together一緒に to form larger大きい particles粒子.
粒子はお互いに衝突して より大きくなります
23:07
Soそう that'sそれは whyなぜ you君は have持ってる theseこれら gaps隙間, is becauseなぜなら aa small小さい satellite衛星, you君は know知っている,
その結果小さな衛星が形成されると
23:10
is beingであること formed形成された in thatそれ locationロケーション.
そこに溝ができるのです
23:14
Now, you君は think思う thatそれ thoseそれら ringsリング are very非常に large objectsオブジェクト.
リングは とても大きな物体だと思うでしょう
23:17
Yesはい, they彼ら are very非常に large in one1 dimension寸法;
ええ 直径は非常に大きいです
23:19
in theその otherその他 dimension寸法 they彼ら are paper thin薄いです. Very非常に, very非常に thin薄いです.
しかし厚さは とてもとても薄いのです
23:21
What you君は are seeing見る hereここに is theその shadow of theその ringリング on Saturn土星 itself自体.
これはリングが土星に影を作っているところです
23:24
Andそして that'sそれは one1 of theその satellites衛星
そこで形成された衛星の一つが見えます
23:28
whichどの wasあった actually実際に formed形成された on thatそれ one1.
そこで形成された衛星の一つが見えます
23:29
Soそう, think思う about itそれ asとして aa paper-thin紙の薄い,
とても薄い
23:32
huge巨大 areaエリア of manyたくさんの hundreds数百 of thousands of milesマイル, whichどの is rotating回転する.
巨大なリングが回転しているのです
23:34
Andそして we我々 have持ってる aa wideワイド variety品種 of kind種類 of satellites衛星 whichどの will意志 form,
様々な種類の衛星が将来形成され
23:39
each one1 looking探している very非常に different異なる andそして very非常に odd奇妙な, andそして thatそれ keeps維持する
ひとつひとつが とても個性豊かなので
23:42
scientists科学者 busy忙しい forために tens数十 of years trying試す to explain説明する thisこの,
科学者達は何十年もかけて研究しています
23:45
andそして telling伝える NASAナサ we我々 need必要 moreもっと moneyお金 soそう we我々 canできる explain説明する
これら物体の形状や生い立ちを理解するには
23:48
what theseこれら thingsもの look見える like好きな, orまたは whyなぜ they彼ら formed形成された thatそれ way方法.
より多くの予算が必要だとNASAに求めています
23:51
Wellよく, thereそこ wereあった two satellites衛星 whichどの wereあった particularly特に interesting面白い.
特に興味深い二つの衛星があります
23:53
One1 of themそれら is calledと呼ばれる Enceladusエンケラドス.
ひとつはエンケラドスです
23:56
It'sそれは aa satellite衛星 whichどの wasあった allすべて made of ice,
全て氷の衛星です
23:58
andそして we我々 measured測定された itそれ fromから orbit軌道. Made of ice.
衛星の軌道から計測しました
24:01
Butだけど thereそこ wasあった something何か bizarre奇妙な about itそれ.
しかもとても奇妙なことがあるのです
24:03
Ifif you君は look見える at〜で theseこれら stripesストライプ in hereここに, what we我々 callコール tiger stripesストライプ,
虎縞のように見える地域の
24:05
whenいつ we我々 flew飛んだ over以上 themそれら, allすべて of aa sudden突然 we我々 saw見た
上空を通過する際に計測すると
24:09
an increase増加する in theその temperature温度, whichどの said前記 thatそれ thoseそれら stripesストライプ
惑星の他の部分に比べ
24:11
are warmer暖かい thanより theその rest残り of theその planet惑星.
温度が突然上昇するのです
24:14
Soそう asとして we我々 flew飛んだ by〜によって away離れて fromから itそれ, we我々 looked見た backバック. Andそして guess推測 what?
通過した後に振り返ると
間欠泉が吹き出ているのを
24:16
We我々 saw見た geysers間欠泉 coming到来 outでる.
発見しました
24:21
Soそう thisこの is aa Yellowstoneイエローストーン, you君は know知っている, of Saturn土星.
まさに土星のイエローストーンです
24:23
We我々 are seeing見る geysers間欠泉 of ice whichどの are coming到来 outでる of thatそれ planet惑星,
氷の間欠泉が噴出していることで
24:25
whichどの indicate示す thatそれ most最も likelyおそらく thereそこ is an ocean海洋, you君は know知っている,
内部に海があるのが推測できます
24:29
below以下 theその surface表面.
内部に海があるのが推測できます
24:31
Andそして somehow何とか, throughを通して some一部 dynamic動的 effect効果, we're私たちは having持つ theseこれら geysers間欠泉
運よく大きな動きをする間欠泉が
24:33
whichどの are beingであること, you君は know知っている, emitted放出された fromから itそれ.
放出される瞬間を捉えられました
24:36
Andそして theその reason理由 I showed示した theその little少し arrowarrow thereそこ,
この小さい矢印は約50キロを
24:39
I think思う thatそれ should〜すべき sayいう 30 milesマイル,
指していますが
24:41
we我々 decided決定しました aa few少数 months数ヶ月 ago to actually実際に fly飛ぶ theその spacecraft宇宙船
数か月前に間欠泉の噴煙の中に
24:43
throughを通して theその plumeプルーム of thatそれ geyser間欠泉
宇宙船を通過させることにしました
24:46
soそう we我々 canできる actually実際に measure測定 theその material材料 thatそれ itそれ is made of.
噴煙の構成物を解明するためです
24:48
Thatそれ wasあった [unclear不明] alsoまた、 --- you君は know知っている, becauseなぜなら we我々 wereあった worried心配している
当然リスクのある試みでしたが
24:53
about theその riskリスク of itそれ, butだけど itそれ worked働いた prettyかなり wellよく.
うまくいきました
24:56
We我々 flew飛んだ at〜で theその top of itそれ, andそして we我々 found見つけた thatそれ thereそこ is aa fairフェア amount of
噴煙の頂点部を通過しましたが
24:58
organicオーガニック material材料 whichどの is beingであること emitted放出された in combination組み合わせ with〜と theその ice.
氷と共に有機物が噴出するのを観測できました
25:01
Andそして over以上 theその next few少数 years, asとして we我々 keepキープ orbiting周回する, you君は know知っている, Saturn土星,
そして土星を何年か周回するうち
25:05
we我々 are planningプランニング to get取得する closerクローザー andそして closerクローザー downダウン to theその surface表面
表面に近づきながら より正確な観測をする
25:09
andそして make作る moreもっと accurate正確 measurements測定値.
計画です
25:12
Now, another別の satellite衛星 alsoまた、 attracted引き寄せた aa lotロット of attention注意,
タイタンも大きな注目を集めています
25:14
andそして that'sそれは Titanチタン. Andそして theその reason理由 Titanチタン is particularly特に interesting面白い,
タイタンが興味深い理由は
25:16
it'sそれは aa satellite衛星 biggerより大きい thanより our我々の moon, andそして itそれ has持っている an atmosphere雰囲気.
タイタンが月よりも大きく大気があるからです
25:19
Andそして thatそれ atmosphere雰囲気 is very非常に --- asとして dense高密度 asとして our我々の own自分の atmosphere雰囲気.
私たちの大気と同じ位濃い密度なのです
25:24
Soそう ifif you君は wereあった on Titanチタン, you君は would〜する feel感じる theその same同じ pressure圧力
ですからタイタンでは地球上と同じ位の
25:27
thatそれ you君は feel感じる in hereここに. Exceptを除いて it'sそれは aa lotロット colderより寒い,
大気圧を感じるのです
ただし とても寒く
25:30
andそして thatそれ atmosphere雰囲気 is heavily重く made of methaneメタン.
大気はメタンでできています
25:34
Now, methaneメタン gets取得 people allすべて excited興奮した, becauseなぜなら it'sそれは organicオーガニック material材料,
メタンが注目を浴びたのは有機物だからです
25:37
soそう immediatelyすぐに people start開始 thinking考え,
そのため多くの人は
25:40
couldできた life生活 have持ってる evolved進化した in thatそれ locationロケーション,
有機物が大量に存在すれば
25:42
whenいつ you君は have持ってる aa lotロット of organicオーガニック material材料.
生命が進化した可能性を考えました
25:45
Soそう people believe信じる now thatそれ Titanチタン is most最も likelyおそらく what we我々 callコール
今ではタイタンは前生物的な惑星と呼ばれています
25:47
aa pre-bioticプレバイオティック planet惑星, becauseなぜなら it'sそれは soそう coldコールド organicオーガニック material材料 didした notない get取得する
あまりの寒さのため 有機物が生命の誕生と進化に
25:51
to theその stageステージ of becoming〜になる biological生物学的 material材料,
必要な生命の素材に
25:57
andそして thereforeしたがって、 life生活 couldできた have持ってる evolved進化した on itそれ.
発展しなかったと考えられます
25:59
Soそう itそれ couldできた be〜する Earth地球, frozenフローズン three billion years ago
そのためタイタンは生命が生まれる前に冷凍した
26:01
before life生活 actually実際に started開始した on itそれ.
30億年前の地球と見られます
26:05
Soそう that'sそれは getting取得 aa lotロット of interest利子, andそして to showショー you君は some一部 example
興味を引く話題なので私たちが
26:07
of what we我々 didした in thereそこ, we我々 actually実際に dropped落とした aa probeプローブ,
実行したことを話します 欧州の同僚が開発した
26:10
whichどの wasあった developed発展した by〜によって our我々の colleagues同僚 in Europeヨーロッパ, we我々 dropped落とした aa probeプローブ
探査機を土星の軌道上から落下しました
26:14
asとして we我々 wereあった orbiting周回する Saturn土星.
探査機を土星の軌道上から落下しました
26:16
We我々 dropped落とした aa probeプローブ in theその atmosphere雰囲気 of Titanチタン.
タイタンの大気に突入させたのです
26:19
Andそして thisこの is aa picture画像 of an areaエリア asとして we我々 wereあった coming到来 downダウン.
降下中に撮影した地形の写真です
26:21
Justちょうど looked見た like好きな theその coast海岸 of Californiaカリフォルニア forために me.
私にはカリフォルニアの海岸に見えます
26:24
You君は see見る theその rivers河川 whichどの are coming到来 along一緒に theその coast海岸,
海岸沿いに川も見えます
26:26
andそして you君は see見る thatそれ white areaエリア whichどの looks外見 like好きな Catalinaカタリナ Island,
白い部分は まるでカタリナ島みたいです
26:29
andそして thatそれ looks外見 like好きな an ocean海洋.
あれは海のようですね
26:31
Andそして then次に with〜と an instrument計器 we我々 have持ってる on boardボード, aa radarレーダー instrument計器,
そして搭載しているレーダー機器で
26:33
we我々 found見つけた thereそこ are lakes like好きな theその Greatすばらしいです Lakes in hereここに,
五大湖に似た湖も見つけました
26:36
soそう itそれ looks外見 very非常に muchたくさん like好きな Earth地球.
本当に地球に似ているのです
26:39
Itそれ looks外見 like好きな thereそこ are rivers河川 on itそれ, thereそこ are oceans orまたは lakes,
川や海や湖があり 雲が発生して
26:40
we我々 know知っている thereそこ are clouds. We我々 think思う it'sそれは raining alsoまた、 on itそれ.
雨も降ると考えられます
26:44
Soそう it'sそれは very非常に muchたくさん like好きな theその cycleサイクル on Earth地球 exceptを除いて
地球における水循環にとても似ていますが
26:47
becauseなぜなら it'sそれは soそう coldコールド, itそれ couldできた notない be〜する water, you君は know知っている,
水ではありません 寒すぎて
26:49
becauseなぜなら water would〜する have持ってる frozenフローズン.
水は凍ってしまうからです
26:52
What itそれ turned回した outでる, thatそれ allすべて thatそれ we我々 are seeing見る, allすべて thisこの liquid液体,
このような液体は実は
26:54
[is made of] hydrocarbon炭化水素 andそして ethaneエタン andそして methaneメタン,
炭化水素 エタン メタンです
26:56
similar類似 to what you君は put置く in yourきみの car.
私たちの車の燃料に似ています
26:59
Soそう hereここに we我々 have持ってる aa cycleサイクル of aa planet惑星 whichどの is like好きな our我々の Earth地球,
地球に似た液体循環がありますが
27:01
butだけど is allすべて made of ethaneエタン andそして methaneメタン andそして organicオーガニック material材料.
エタン メタン等 有機物の惑星です
27:05
Soそう ifif you君は wereあった on Mars火星 --- sorryごめんなさい, on Titanチタン,
ですからタイタンでは
27:09
you君は don'tしない have持ってる to worry心配 about four-dollar4ドル gasolineガソリン.
ガソリンの価格を心配する必要はないのです
27:12
You君は justちょうど driveドライブ to theその nearest最も近い lake, stickスティック yourきみの hoseホース in itそれ,
近くの湖まで行ってホースを入れ
27:14
andそして you'veあなたは got持っている yourきみの car filled満たされた upアップ.
車を満タンにすればいいのです
27:16
On theその otherその他 handハンド, ifif you君は light aa match一致
ただしマッチを擦って火を起こすと
27:19
theその whole全体 planet惑星 will意志 blowブロー upアップ.
惑星ごと爆発してしまうでしょう
27:21
Soそう in closing閉鎖, I said前記 I want欲しいです to close閉じる by〜によって aa coupleカップル of picturesピクチャー.
最後に数枚の写真をご紹介します
27:25
Andそして justちょうど to kind種類 of put置く us米国 in perspective視点,
宇宙の概念が少し分かることでしょう
27:28
thisこの is aa picture画像 of Saturn土星 taken撮影 with〜と aa spacecraft宇宙船
これは土星の裏側から太陽の方向を
27:31
fromから behind後ろに Saturn土星, looking探している towards方向 theその Sun太陽.
向いて撮影した写真です
27:34
Theその Sun太陽 is behind後ろに Saturn土星, soそう we我々 see見る what we我々 callコール "forward前進 scattering散乱,"
土星の裏側に太陽があるので
「前方散乱」を観測できます
27:36
soそう itそれ highlightsハイライト allすべて theその ringsリング. Andそして I'm私は going行く to zoomズーム.
全ての土星の輪がはっきり見えます
ズームアップしてみます
27:40
Thereそこ is aa --- I'm私は notない sure確かに you君は canできる see見る itそれ very非常に wellよく,
はっきり見えないでしょうが
27:43
butだけど on theその top left, aroundまわり 10 o'clock,
左上10時くらいの方角にある
27:46
thereそこ is aa little少し teeny小さな dotドット, andそして that'sそれは Earth地球.
小さな点が地球です
27:48
You君は barelyかろうじて canできる see見る ourselves自分自身. Soそう what I didした, I thought思想 I'd私は zoomズーム on itそれ.
ほとんど見えませんね そこで
27:51
Soそう asとして you君は zoomズーム in, you君は know知っている, you君は canできる see見る Earth地球, you君は know知っている,
ズームアップすると地球が見えてきます
27:55
justちょうど in theその middle中間 hereここに. Soそう we我々 zoomedズーム allすべて theその way方法 on theその artアート centerセンター.
アートセンターが見えるまでズームします
27:59
Soそう thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ご清聴有難うございました
28:06
Translated by Ichiro Nishimura
Reviewed by Akira Kan

▲Back to top

About the speaker:

Charles Elachi - Planetary scientist
Charles Elachi is the director of NASA's Jet Propulsion Laboratory, where he oversees space exploration programs such as the Mars Rovers.

Why you should listen

Charles Elachi is the director of NASA's Jet Propulsion Lab at Caltech. He leads JPL's efforts to build robots that explore space -- including the surprisingly long-lived Mars Rovers. In the wake of the Rovers' success (and even fame), it's worth remembering that they grew out of some troubled earlier attempts to reach Mars. Elachi's careful management of the Rover program, wrote the US News and World Report, was a key piece of its success. And Elachi gives equal credit to some extraordinary luck.

As JPL's director for space and Earth science programs from 1982 to 2000, and then its head since then, he's led the development of many new instruments and programs for observing Earth and exploring the planets. It's in part thanks to him that, as of May 2008, we have 17 different robots exploring space. His own academic specialty is active microwave remote sensing and electromagnetic theory.

More profile about the speaker
Charles Elachi | Speaker | TED.com