sponsored links
TED2003

Lee Smolin: Science and democracy

リー・スモーリン: 科学と社会

February 2, 2003

物理学者 リー・スモーリン氏が科学界がどのようにして機能しているか話します。科学者は自分が信じることのために「できる限り強く戦い、討論し合う」と言っていますが、同時に何が正しいかは次世代が決めるということは皆が受け入れています。そして民主主義も同じようにして成り立っていると語ります。

Lee Smolin - Physicist
Lee Smolin is a theoretical physicist, working mainly in the field of quantum gravity. He's a founding member of the Perimeter Institute for Theoretical Physics in Canada, and the author of The Trouble With Physics. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
So, about three years ago I was in London,
3年前 私がロンドンにいた頃
00:12
and somebody called Howard Burton came to me and said,
ハワード・バートンという方に
声をかけていただきました
00:16
I represent a group of people,
「私の代表するグループが
00:21
and we want to start an institute in theoretical physics.
論理物理学の研究所を
立ち上げたいと考えている
00:23
We have about 120 million dollars, and we want to do it well.
資金は1億2千万ドルで
是非とも成功させたい
00:27
We want to be in the forefront fields,
最先端の研究を行い
00:32
and we want to do it differently.
従来と違うやり方で進めたい
00:34
We want to get out of this thing
若い人がいろんなアイデアを持っているのに
00:36
where the young people have all the ideas, and the old people have all the power
年寄りが科学の方向性を決定している
00:38
and decide what science gets done.
現状から 抜け出そうじゃないか」
00:41
It took me about 25 seconds to decide that that was a good idea.
これは素晴らしい考えだと
私は25秒で判断しました
00:44
Three years later, we have the Perimeter Institute for Theoretical Physics
3年後 カナダ オンタリオ州のウォータールーに
ペリメター理論物理学研究所が
00:47
in Waterloo, Ontario. It’s the most exciting job I’ve ever had.
創設されました こんなエキサイティングな
仕事は人生初めてです
00:52
And it’s the first time I’ve had a job where I’m afraid to go away
仕事を休むのが怖いのも初めてです
00:57
because of everything that’s going to happen in this week when I’m here.
ここにいる1週間の間にも
何を見逃してしまうかと心配です
01:01
(Laughter)
(笑)
01:05
But in any case, what I’m going to do in my little bit of time
さて 今日はここで少しの時間を頂き
私たちが日常
01:07
is take you on a quick tour of some of the things
論じ合ったり 考えていることを
01:11
that we talk about and we think about.
紹介させていただきます
01:14
So, we think a lot about what really makes science work?
「科学はどう成り立っているか?」
私たちはこれをよく考えます
01:17
The first thing that anybody who knows science,
科学を知り 科学に関わってきた人の
頭にまず浮かぶのは
01:20
and has been around science,
科学を知り 科学に関わってきた人の
頭にまず浮かぶのは
01:23
is that the stuff you learn in school as a scientific method
学校で習う 科学的方法は
01:24
is wrong. There is no method.
間違いで 決まった方法は
ないということです
01:26
On the other hand, somehow we manage to reason together
その一方で 我われは
コミュニティとして
01:29
as a community, from incomplete evidence
不完全な証拠から
皆が同意する結論を
01:33
to conclusions that we all agree about.
なんとか導き出します
01:36
And this is, by the way, something that a democratic society also has to do.
これは民主主義社会でも
なされるべきことです
01:39
So how does it work?
これがどう機能するかというと
01:43
Well, my belief is that it works
私の考えではこれが成り立つのは
01:45
because scientists are a community bound together by an ethics.
科学者のコミュニティを統一する
倫理があるからです
01:48
And here are some of the ethical principles.
いくつかの倫理原則がこちらです
01:52
I’m not going to read them all to you because I’m not in teacher mode.
全部説明はしません
今日は 講義ではなく
01:54
I’m in entertain, amaze mode.
お楽しみが目的ですから
01:57
(Laughter)
(笑)
02:00
But one of the principles is that everybody
この原則のうち一つは
コミュニティに属する誰しもが
02:03
who is part of the community gets to fight and argue
自分たちが信じることのためにいくらでも
02:07
as hard as they can for what they believe.
戦い 議論できるというものです
02:10
But we’re all disciplined by the understanding
しかし 誰が正しいかを決めるのは
02:13
that the only people who are going to decide, you know,
30年後 50年後の
02:16
whether I’m right or somebody else is right,
次の世代のコミュニティに属する
人たちであると
02:18
are the people in our community in the next generation,
皆が理解していることによって
02:21
in 30 and 50 years.
規律が保たれています
02:24
So it’s this combination of respect
つまり この伝統とコミュニティに
02:26
for the tradition and community we’re in,
対する敬意と
コミュニティが
02:29
and rebellion that the community requires to get anywhere,
前進するために必要な反逆的な力の
02:31
that makes science work.
組み合わせにより
科学が成り立っています
02:34
And being in this process of being in a community
そして この事実を共有して
結論を導き出す
02:37
that reasons from shared evidence to conclusions,
プロセスとコミュニティに
参加することは
02:42
I believe, teaches us about democracy.
民主主義に関して色々と
教えてくれると思います
02:46
Not only is there a relationship between the ethics of science
科学界の一員としての倫理と
民主主義社会の
02:50
and the ethics of being a citizen in democracy,
市民としての倫理の間に
関係があるだけではなく
02:53
but there has been, historically, a relationship
歴史的にも 人の空間や 時間
02:56
between how people think about space and time, and what the cosmos is,
宇宙の成り立ちに対する考え方と
自分たちの生活する社会に対する
02:59
and how people think about the society that they live in.
考え方の間にも関係があったのです
03:05
And I want to talk about three stages in that evolution.
そこで今日は これらが進化してきた過程の
3つのステージを紹介します
03:09
The first science of cosmology that was anything like science
初期の宇宙論の中で
科学と呼べるようなものは
03:14
was Aristotelian science, and that was hierarchical.
アリストテレスの思想でした
これは階層的な思想で
03:18
The earth is in the center, then there are these crystal spheres,
宇宙の中心に地球が位置しており
その周りに太陽
03:22
the sun, the moon, the planets and finally the celestial sphere,
月 他の惑星等が位置する遊星天が
さらにその外には 星が存在する
03:26
where the stars are. And everything in this universe has a place.
恒星天がありました
全てのものが決められた位置に存在したのです
03:30
And Aristotle’s law of motion was that everything
アリストテレスの運動法則によれば
全ての物は
03:34
goes to its natural place, which was of course,
本来あるべき場所に
向かって動きます
03:37
the rule of the society that Aristotle lived in,
これはアリストテレスが生きていた
社会のルールそのものであり
03:39
and more importantly, the medieval society that, through Christianity,
さらに重要なことに キリスト教を通して
03:43
embraced Aristotle and blessed it.
アリストテレスの考えは中世の社会に
広く受け入れられました
03:46
And the idea is that everything is defined.
これは 全てが
定義されているという考えです
03:50
Where something is, is defined with respect to this last sphere,
物体の位置は
一番外側の恒星天を基準に定義され
03:53
the celestial sphere, outside of which is this eternal,
その外には 終わりのない
03:58
perfect realm, where lives God,
完璧な世界があり
そこに神が存在し
04:00
who is the ultimate judge of everything.
全てを決定しているというものです
04:03
So that is both Aristotelian cosmology,
これがアリストテレスの宇宙論なのであり
04:06
and in a certain sense, medieval society.
ある意味で中世社会だったのです
04:08
Now, in the 17th century there was a revolution in thinking about
そして 17世紀になるとニュートンが
空間、時間と運動の
04:11
space and time and motion and so forth of Newton.
考え方に革命を起こします
そして同時期には
04:16
And at the same time there was a revolution in social thought
ジョン・ロックとその仲間が
社会論に革命を起こしました
04:20
of John Locke and his collaborators.
これらは密接に関係しています
04:24
And they were very closely associated.
これらは密接に関係しています
04:27
In fact, Newton and Locke were friends.
実はニュートンとロックは友人であり
04:28
Their way of thinking about space and time and motion on the one hand,
一方の時間と空間に対する考え方と
もう片方の社会に対する
04:31
and a society on the other hand, were closely related.
考え方は密接に関係していました
04:36
And let me show you.
説明しましょう
04:40
In a Newtonian universe, there’s no center -- thank you.
ニュートンの宇宙論には
中心がありません -- ありがたい
04:41
There are particles and they move around
この理論では物質は固定された
04:46
with respect to a fixed, absolute framework of space and time.
時空座標の中で動いています
04:49
It’s meaningful to say absolutely where something is in space,
物が空間のどこにあるかを
絶対的に定義するのは
04:54
because that’s defined, not with respect to say, where other things are,
大きな意味があります
他の物の位置とは関係なく
04:58
but with respect to this absolute notion of space,
ニュートンの神である絶対的な
05:02
which for Newton was God.
空間が基準になるからです
05:04
Now, similarly, in Locke’s society there are individuals
同じく ロックの描く社会は
ある種の人権や所有権を持つ
05:06
who have certain rights, properties in a formal sense,
市民により構成されており
05:11
and those are defined with respect to some absolute,
これらの権利は
他にどのような考えを持つ人がいるか
05:14
abstract notions of rights and justice, and so forth,
社会がどのような歴史をたどってきたか
といった
05:18
which are independent of what else has happened in the society.
その他の側面とは無関係に
抽象的で絶対的な権利と正義の
05:22
Of who else there is, of the history and so forth.
概念によって定義づけられています
05:27
There is also an omniscient observer
また全てを見通す 全知全能の
05:30
who knows everything, who is God,
観察者がいます 神です
05:33
who is in a certain sense outside the universe,
神はある意味宇宙の外側にいます
05:35
because he has no role in anything that happens,
中の出来事には関与しませんからね
05:38
but is in a certain sense everywhere,
しかしある意味ではどこにでもいます
05:40
because space is just the way that God knows
空間は神が
何がどこにあるかを知るために
05:42
where everything is, according to Newton, OK?
存在するからです
ニュートンによれば そうなります
05:45
So this is the foundations of what’s called, traditionally,
この様な思想が
古典的自由主義や
05:49
liberal political theory and Newtonian physics.
ニュートン物理学の基礎になっていました
05:53
Now, in the 20th century we had a revolution
そして20世紀には革命がありました
05:57
that was initiated at the beginning of the 20th century,
この革命は20世紀の初めに起こり
06:01
and which is still going on.
まだ続いています
06:04
It was begun with the invention
革命は相対性理論と
量子力学の発見から始まりました
06:07
of relativity theory and quantum theory.
革命は相対性理論と
量子力学の発見から始まりました
06:08
And merging them together to make the final quantum theory
そしてそれらを組み合わせた
06:11
of space and time and gravity, is the culmination of that,
量子重力理論はその集大成であり
理論の完成にむけて
06:14
something that’s going on right now.
現在も研究が続いています
06:19
And in this universe there’s nothing fixed and absolute. Zilch, OK.
この宇宙論では固定されていて
絶対的な物はありません 「ゼロ」です
06:21
This universe is described by being a network of relationships.
この宇宙は関係の
ネットワークで説明できます
06:26
Space is just one aspect, so there’s no meaning to say
空間は関係の1つに過ぎず
絶対的な位置
06:31
absolutely where something is.
と言うものは意味を持ちません
06:34
There’s only where it is relative to everything else that is.
位置というのは相対的な
概念でしかないのです
06:36
And this network of relations is ever-evolving.
そしてこの関係のネットワークは
進化し続けているので
06:39
So we call it a relational universe.
これを相関的な宇宙と呼んでいます
06:43
All properties of things are about these kinds of relationships.
物体の性質は全て
様々な関係に因るものであり
06:45
And also, if you’re embedded in such a network of relationships,
もし あなたが関係のネットワークに
06:49
your view of the world has to do with what information
組み込まれていたら
あなたから見た世界は全て
06:52
comes to you through the network of relations.
ネットワークを通した情報で構成されます
全知全能の観察者や
06:56
And there’s no place for an omniscient observer
ネットワークを通した情報で構成されます
全知全能の観察者や
06:58
or an outside intelligence knowing everything and making everything.
全てを知り 創造した
天上の知性の居場所はありません
07:01
So this is general relativity, this is quantum theory.
これが相対性理論であり
量子力学なのです
07:06
This is also, if you talk to legal scholars,
法律家と話してみると これはさらに
07:09
the foundations of new ideas in legal thought.
法律の考え方の新しい基礎になっています
彼らは同じことを考えていたのです
07:12
They’re thinking about the same things.
法律の考え方の新しい基礎になっています
彼らは同じことを考えていたのです
07:16
And not only that, they make the analogy
さらに言えば 彼らはよく相対性理論や
07:17
to relativity theory and cosmology often.
量子力学との類似を持ち出します
07:20
So there’s an interesting discussion going on there.
それが面白い話に発展しています
07:23
This last view of cosmology is called the relational view.
この最後の宇宙論の考え方は
相関的な視点と言われています
07:26
So the main slogan here is that there’s nothing outside the universe,
これが提唱するのは
「宇宙の外には何も存在しない」
07:31
which means that there’s no place
つまり 宇宙の外に何かを
07:34
to put an explanation for something outside.
存在させる余地はないということです
07:36
So in such a relational universe,
このような相関的な宇宙では
07:40
if you come upon something that’s ordered and structured,
秩序や構造を持つ物を見れば
例えば
07:42
like this device here, or that device there,
この機器 あちらの機器
07:46
or something beautiful, like all the living things,
美しいもの 例えばすべての生命
07:48
all of you guys in the room --
この部屋にいる皆様
(「皆様」に男性を指すGuysを使用)
07:50
"guys" in physics, by the way, is a generic term: men and women.
ちなみにGuysは物理学で一般的に
男性 女性を両方を示します
07:53
(Laughter)
(笑)
07:58
Then you want to know, you’re a person,
あなたはそれらがどのようにして
作られたか
08:01
you want to know how is it made.
興味を持つはずです
人間ですから
08:04
And in a relational universe the only possible explanation was, somehow it made itself.
相関的な宇宙論によれば 物質は自らを
作った以外説明がつきません
08:06
There must be mechanisms of self-organization
この宇宙には何らかの
自己形成のメカニズムが存在するはずです
08:11
inside the universe that make things.
この宇宙には何らかの
自己形成のメカニズムが存在するはずです
08:14
Because there’s no place to put a maker outside,
なぜならアリストテレスやニュートンの
08:16
as there was in the Aristotelian and the Newtonian universe.
宇宙論のように宇宙の外の
創造主を組み込む余地がないからです
08:19
So in a relational universe we must have processes of self-organization.
ですので 相関的な宇宙論には
自己形成というプロセスが必要です
08:23
Now, Darwin taught us that there are processes of self-organization
ダーウィンは私たちが
見ているもの全てを説明するのに
08:27
that suffice to explain all of us and everything we see.
十分な自己形成のプロセスを
提示してくれましたから
08:33
So it works. But not only that,
自己形成は可能なのです
08:37
if you think about how natural selection works,
さらに言えば 自然選択の
仕組みについて考えてみると
08:39
then it turns out that natural selection
自然選択というのは
08:43
would only make sense in such a relational universe.
相関的な宇宙論の中でのみ
説明できるものなのです
08:45
That is, natural selection works on properties,
なぜなら自然選択というのは
種とまた別の種の
08:49
like fitness, which are about relationships
関係によって成り立つ
適合性などの
08:53
of some species to some other species.
特性に作用するからです
08:56
Darwin wouldn’t make sense in an Aristotelian universe,
ダーウィンの考えは
アリストテレスの宇宙論だけでなく
08:59
and wouldn’t really make sense in a Newtonian universe.
ニュートンの宇宙論でも納得の行く
説明はできません
09:03
So a theory of biology based on natural selection
なので 自然選択をベースとした
生物学の理論は
09:07
requires a relational notion of
生物学的なシステムの特性が
09:12
what are the properties of biological systems.
相関性を持つことが必要です
09:15
And if you push that all the way down, really,
そして さらに突き詰めていくと
09:18
it makes the best sense in a relational universe
相関性の宇宙においては
全ての特性が互いに
09:21
where all properties are relational.
関連していると考えるのが
自然でしょう
09:24
Now, not only that, but Einstein taught us
さらに言えば アインシュタインは
09:27
that gravity is the result of the world being relational.
重力は世界のあらゆるものが
相関性を持つから存在すると説きました
09:30
If it wasn’t for gravity, there wouldn’t be life,
重力がなければ
生命は存在しません
09:36
because gravity causes stars to form and live for a very long time,
なぜなら重力によって星は誕生し
長い時間生き永らえ 何十億年も
09:39
keeping pieces of the world, like the surface of the Earth,
地球の表面のような
世界の断片を
09:45
out of thermal equilibrium for billions of years so life can evolve.
生命が進化できるよう
熱力学的平衡から守ってきたのです
09:48
In the 20th century,
そして 20世紀には
09:52
we saw the independent development of two big themes in science.
我々は科学の分野で二つの大きな
テーマが独立して発展したのを見てきました
09:54
In the biological sciences, they explored
生物学では 秩序や複雑性 構造等が
09:59
the implications of the notion that order and complexity
自己形成しているのではないかという
10:03
and structure arise in a self-organized way.
新たな概念を切り開きました
10:06
That was the triumph of Neo-Darwinism and so forth.
それはネオダーウィニズム等の
新たな理論の成功につながり
10:10
And slowly, that idea is leaking out to the cognitive sciences,
徐々にですが 認知科学や
人間科学
10:14
the human sciences, economics, et cetera.
経済学などの域に
浸透していっています
10:19
At the same time, we physicists
同時に 私たち物理学者は
10:23
have been busy trying to make sense of
量子論や相対性理論を理解し
10:25
and build on and integrate the discoveries
組み合わせ 発展させるのに
10:28
of quantum theory and relativity.
時間を費やしてきました
10:31
And what we’ve been working out is the implications, really,
そして現在 明らかにしようとしているのは
10:33
of the idea that the universe is made up of relations.
宇宙は関係により
成り立っているというアイデアです
10:37
21st-century science is going to be driven
21世紀の科学は 次の2つの
10:40
by the integration of these two ideas:
考えが組み合さって
進歩していくでしょう
10:43
the triumph of relational ways of thinking
1つめは 世界のあらゆるものが
関係し合っている
10:46
about the world, on the one hand,
という考えが明らかになること
10:49
and self-organization or Darwinian ways of thinking about the world,
もう1つは 自己形成
つまり ダーウィン的な世界観です
10:51
on the other hand.
もう1つは 自己形成
つまり ダーウィン的な世界観です
10:54
And also, is that in the 21st century
さらに 21世紀には
10:57
our thinking about space and time and cosmology,
我々の空間や時間
宇宙に対する考え方とともに
10:59
and our thinking about society are both going to continue to evolve.
社会に対する考え方も
進化し続けるでしょう
11:04
And what they’re evolving towards is the union
その進化も同じ2つの大きな概念 --
11:09
of these two big ideas, Darwinism and relationalism.
ダーウィニズムと
相関性論の統合に向かっています
11:11
Now, if you think about democracy from this perspective,
そしてこのような視点から
民主主義について考えてみると
11:15
a new pluralistic notion of democracy would be one that recognizes
新しい民主主義の概念は多元的で
たくさんの異なるが人間が存在し
11:21
that there are many different interests, many different agendas,
それぞれが異なる視点 関心を持ち
11:26
many different individuals, many different points of view.
異なる課題をかかえていることを
認識するものとなるでしょう
11:29
Each one is incomplete, because you’re embedded
関係のネットワークに
組み込まれているため
11:33
in a network of relationships.
個々の存在は不完全です
11:37
Any actor in a democracy is embedded
民主主義を演じる役者は皆
ネットワークの一員です
11:39
in a network of relationships.
民主主義を演じる役者は皆
ネットワークの一員です
11:41
And you understand some things better than other things,
物事に対する皆の理解の度合いは
11:42
and because of that there’s a continual jostling
様々です
なので押し合い圧し合いや
11:45
and give and take, which is politics.
ギブアンドテークは終わることがありません
それが政治なのです
11:49
And politics is, in the ideal sense,
そして政治とは 理想的には
11:54
the way in which we continually address
常に様々な関係の
ネットワークに働きかけながら
11:56
our network of relations in order to achieve
より良い人生 よりよい社会を
12:00
a better life and a better society.
達成するための手段であるべきです
12:03
And I also think that science will never go away and --
そして 私は科学が消えゆく事はない
と信じています そして
12:06
I’m finishing on this line.
この言葉で終わろうと思います
12:12
(Laughter)
(このような民主主義は多元的かつ
実験的であるべきだ)(笑)
12:14
In fact, I’m finished. Science will never go away.
これで終わりです
科学が消えゆく事はありません
12:18
Translator:Toshinobu Masai
Reviewer:Makoto Ikeo

sponsored links

Lee Smolin - Physicist
Lee Smolin is a theoretical physicist, working mainly in the field of quantum gravity. He's a founding member of the Perimeter Institute for Theoretical Physics in Canada, and the author of The Trouble With Physics.

Why you should listen

Lee Smolin's bachelor's degree was in physics and philosophy -- twin passions that have complemented one another throughout his blazing career as a theoretical physicist. As his website bio is careful to state, "His main contributions to research so far are to the field of quantum gravity." He's made contributions in many other fields, including cosmology, quantum mechanics, elementary particle physics and theoretical biology, and is the author of (among other books) The Trouble With Physics, a work that questions the very basis of the prevailing string theory.

Taking a step back from work on specific problems in physics, Smolin's work examines the scientific process itself and its place in the world. In all of his three books, Life of the CosmosThree Roads to Quantum Gravity and The Trouble with Physics, he wrestles with the philosophical implications of what contemporary physics has shown us to be true. As we come to understand more about how the world works, he asks, how will our worldview change?

Smolin is a founding member of and a researcher at the Perimeter Institute for Theoretical Physics, in Ontario, Canada (whose Executive Director is 2008 TED Prize winner Neil Turok).

The original video is available on TED.com
sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.