17:12
Chautauqua Institution

Dayananda Saraswati: The profound journey of compassion

スワミ・ダヤナンダ・サラスワティ:思いやりへの深遠な道のり

Filmed:

スワミ・ダヤナンダ・サラスワティは、人間の成長と真実の思いやりを獲得することが隣り合った道であることを明らかにします。無力な幼少期から他人をいたわるという勇敢な行動まで、自己認識の段階を一つ一つ説明します。

- Vedantic teacher
Swami Dayananda Saraswati is an acclaimed spiritual teacher and the founder of AIM for Seva -- a charitable trust that works to relieve poverty across India. Full bio

A human child is born,
人間の子どもは産まれると
00:13
and for quite a long time
とても長い間
00:23
is a consumer.
消費者であり続けます
00:28
It cannot be consciously a contributor.
自ら社会に貢献することはできません
00:33
It is helpless.
無力で
00:45
It doesn't know how to survive,
どうやって生き残るかさえも知らない
00:47
even though it is endowed with an instinct to survive.
生きための本能を与えられてはいるのだけれど
00:50
It needs the help of mother, or a foster mother, to survive.
生き続ける 母親や乳母の助けが必要です
01:05
It can't afford to doubt the person who tends the child.
面倒を見てくれる人を疑うことはできません
01:21
It has to totally surrender,
完全に自分の身を明け渡さなくなくてはいけないのです
01:34
as one surrenders to an anesthesiologist.
私たちが麻酔医を完全に信頼するように
01:39
It has to totally surrender.
完全に身を明け渡さなくてはならないのです
01:44
That implies a lot of trust.
それには 信用が必要です
01:50
That implies the trusted person
信頼のおける人間が必要だということです
02:00
won't violate the trust.
その信頼を裏切ることはない人物
02:07
As the child grows,
成長するにつれて
02:10
it begins to discover
子どもは気づき始めます
02:15
that the person trusted is violating the trust.
信頼していた人間が その信頼を裏切っているということを
02:19
It doesn't know even the word "violation."
子どもは裏切りという言葉さえ知りません
02:25
Therefore, it has to blame itself,
だから 子どもは自分を責めることになるのです
02:30
a wordless blame,
無言の裏切り
02:36
which is more difficult to really resolve --
それを真に解決するのは さらに困難になります
02:39
the wordless self-blame.
無言で自分を責めるのです
02:51
As the child grows to become an adult:
子どもが成長し大人になると
02:57
so far, it has been a consumer,
それまでは ただの消費者にすぎなかったのですが
03:02
but the growth of a human being
しかし 人間の成長というものは
03:06
lies in his or her capacity to contribute,
どれだけ貢献できるか
03:09
to be a contributor.
貢献者になれるかということなのです
03:19
One cannot contribute unless one feels secure,
貢献をするには 自らが安全であり
03:23
one feels big,
自らが偉大であると思い
03:29
one feels: I have enough.
足りることを知る 必要があります
03:32
To be compassionate is not a joke.
思いやりをもつことは 取るに足りないことではありません
03:38
It's not that simple.
そんなに簡単ではないのです
03:42
One has to discover a certain bigness in oneself.
自分の中に存在する偉大さを感じなくてはならなりません
03:45
That bigness should be centered on oneself,
その偉大さは自分自身を中心にしていなくてはなりません
03:52
not in terms of money,
金銭ではなく
03:55
not in terms of power you wield,
振りかざす権力でもなく
03:58
not in terms of any status that you can command in the society,
社会を自在に操ることのできるどんな地位でもない
04:02
but it should be centered on oneself.
しかし 自分自身を中心としなくてはならないのです
04:10
The self: you are self-aware.
あなた自身が意識している 自己
04:15
On that self, it should be centered -- a bigness, a wholeness.
その自己の上に 中心 偉大 全体であらなければならないのです
04:19
Otherwise, compassion is just a word and a dream.
そうでなければ 思いやりとはただの言葉で 夢にすぎません
04:26
You can be compassionate occasionally,
時に 同情するよりも
04:36
more moved by empathy
共感することで
04:41
than by compassion.
思いやりを持つことができることがあります
04:45
Thank God we are empathetic.
私たちが共感できることは幸いです
04:52
When somebody's in pain, we pick up the pain.
ある人が痛みを感じていたら 痛みを感じることができます
04:56
In a Wimbledon final match,
ウインブルドンの決勝戦で
05:01
these two guys fight it out.
二人の選手が戦っています
05:08
Each one has got two games.
二人の選手はお互い2ゲームずつ取っており
05:11
It can be anybody's game.
どちらが勝つか 予想はできません
05:16
What they have sweated so far has no meaning.
これまでの努力は意味をもたないのです
05:19
One person wins.
どちらかの選手が勝つ
05:26
The tennis etiquette is, both the players have to come to the net
二人の選手はネットに近づいて 握手する
05:32
and shake hands.
それがテニスの決まりになっています
05:42
The winner boxes the air
勝者が観客をとりこにし
05:47
and kisses the ground,
地面にキスをし
05:50
throws his shirt as though somebody is waiting for it.
まるで誰かが彼のシャツを待ち望んでいるかのように シャツを投げる
05:55
(Laughter)
(笑い)
05:59
And this guy has to come to the net.
そして 勝者はネット間際に来なくてはならなりません
06:02
When he comes to the net,
勝者がネット間際に来たとき
06:06
you see, his whole face changes.
彼の表情が変わります
06:09
It looks as though he's wishing that he didn't win.
まるで 自分が勝たなければよかったのにという顔をします
06:14
Why? Empathy.
それはなぜか? 共感です
06:19
That's human heart.
これが 人間の心というものなのです
06:24
No human heart is denied of that empathy.
人間の心を持っていれば 共感を否定することはありません
06:26
No religion can demolish that by indoctrination.
どんな宗教も洗脳で思いやりを人間から追い出すことはできません
06:32
No culture, no nation and nationalism --
どんな文化 国家 愛国心も
06:38
nothing can touch it
人間の共感を変えることはできないのです
06:44
because it is empathy.
それこそが共感なのだから
06:47
And that capacity to empathize
他人の気持ちを理解する能力とは
06:50
is the window through which you reach out to people,
人に救いの手を差し伸べるための窓口でもあります
06:56
you do something that makes a difference in somebody's life --
あなたが何か 人の人生を変えることをする
07:04
even words, even time.
(人生以外に)言葉でさえ 時間でさえも
07:09
Compassion is not defined in one form.
思いやりは 一つの定義があるわけではありません
07:14
There's no Indian compassion.
インド人だけの思いやりというものはなく
07:19
There's no American compassion.
アメリカ人だけの思いやりというものもありません
07:22
It transcends nation, the gender, the age.
人の心を思いやることは 国籍 性別 年齢に関係ないのです
07:26
Why? Because it is there in everybody.
なぜか?それは誰にでもあるものだからです
07:32
It's experienced by people occasionally.
時に 他人の思いやりを体験することがあります
07:43
Then this occasional compassion,
では この度々行われる思いやりとは
07:50
we are not talking about --
私たちが今考えている思いやりのことではありません
07:55
it will never remain occasional.
それは 時々起こる というものではないからです
07:59
By mandate, you cannot make a person compassionate.
強制で 人を思いやりのある人にすることはできません
08:02
You can't say, "Please love me."
「私を愛して下さい」と言うことはできません
08:10
Love is something you discover.
愛とは、あなたが発見するものだから
08:14
It's not an action,
愛は行動の一つではないのです
08:17
but in the English language, it is also an action.
しかし 英語では 愛とは行動でもあります
08:22
I will come to it later.
それについては後で話しましょう
08:27
So one has got to discover a certain wholeness.
人は、全体性というものに気付くはずです
08:31
I am going to cite the possibility of being whole,
全体なものになる可能性について話しますが
08:38
which is within our experience, everybody's experience.
それは私たちの体験の中にあり、すべての人間の体験の中にあるのです
08:45
In spite of a very tragic life,
どれほど ひどい人生であっても
08:52
one is happy in moments which are very few and far between.
ほんの希には幸せになることがあります
09:01
And the one who is happy,
幸せである人は
09:11
even for a slapstick joke,
たとえ それがドタバタ喜劇であったとしても
09:14
accepts himself and also the scheme of things in which one finds oneself.
自分と 自身の中にある自身のあり方を受け入れるでしょう
09:22
That means the whole universe,
宇宙全体を
09:31
known things and unknown things.
既知であろうと 未知であろうと
09:35
All of them are totally accepted
それらすべてを完全に受け入れるということです
09:39
because you discover your wholeness in yourself.
自分の中に 全体性を見つけるからです
09:45
The subject -- "me" --
主題 つまり私
09:51
and the object -- the scheme of things --
そして目的 つまり物事のあり方
09:55
fuse into oneness,
すべてが一つになり
09:58
an experience nobody can say, "I am denied of,"
誰も「私は否定されている」と言わないようになるのです
10:03
an experience common to all and sundry.
それは 誰にとっても当然のこととなるのです
10:09
That experience confirms that, in spite of all your limitations --
それによって 誰にもある制限
10:15
all your wants, desires, unfulfilled, and the credit cards
欲望、熱望、満たされない思い、クレジットカード
10:24
and layoffs
そしてレイオフ(一時解雇)
10:29
and, finally, baldness --
そして最後にハゲ
10:34
you can be happy.
それらにも関わらず、あなたは幸せだと思えるのです
10:38
But the extension of the logic is
この論理を延長すると
10:42
that you don't need to fulfill your desire to be happy.
幸せになるためには欲望を満たす必要はないことになります
10:47
You are the very happiness, the wholeness that you want to be.
あなた自身こそが あなたが欲している幸いであり 全体であるからです
10:53
There's no choice in this:
ほかに選択はありません
10:59
that only confirms the reality
全体は 正にあなたであり
11:01
that the wholeness cannot be different from you,
あなた以下のものではあり得ない
11:07
cannot be minus you.
という事実を 再確認できます
11:14
It has got to be you.
それはあなたでなくてはならない
11:18
You cannot be a part of wholeness
あなたは全体の一部なのではなく
11:21
and still be whole.
あなたが全体なのです
11:24
Your moment of happiness reveals that reality,
あなたが幸せだと思う一瞬一瞬によって
11:27
that realization, that recognition:
その現実 その実感 その認識が新たになります
11:31
"Maybe I am the whole.
私は全体であるのかもしれない
11:36
Maybe the swami is right.
スワミは正しいかもしれない
11:39
Maybe the swami is right." You start your new life.
スワミは正しいのかもしれない そこから新しい人生が始まります
11:42
Then everything becomes meaningful.
そうすれば すべてが意味のあるものになる
11:53
I have no more reason to blame myself.
私には自分を責める理由がない
11:59
If one has to blame oneself, one has a million reasons plus many.
自分を責めなければならないなら 理由は百万でも思いつくでしょう
12:03
But if I say, in spite of my body being limited --
自分の体が制限されているにも関わらず
12:09
if it is black it is not white, if it is white it is not black:
黒であれば白ではない 白であれば黒ではない
12:15
body is limited any which way you look at it. Limited.
どちらから見るかによって 身体は制限されています
12:24
Your knowledge is limited, health is limited,
あなたの知識は制限されている 健康も制限されている
12:30
and power is therefore limited,
だからパワーも制限されていて
12:34
and the cheerfulness is going to be limited.
陽気さも制限されてしまうでしょう
12:37
Compassion is going to be limited.
そして思いやりも制限されてしまうのです
12:42
Everything is going to be limitless.
すべてが無制限になろうとしています
12:45
You cannot command compassion
人を思いやることができるのは
12:50
unless you become limitless, and nobody can become limitless,
あなたが制限を取り払ったとき そうすれば誰もが制限を無くすことができる
12:56
either you are or you are not. Period.
無くせるか 無くせないか それだけなのです
13:00
And there is no way of your being not limitless too.
そして 人は制限を取り払わずにはいられない
13:05
Your own experience reveals, in spite of all limitations, you are the whole.
あらゆる制限に関わらず 経験によって 人は自らが全体であることを知ります
13:14
And the wholeness is the reality of you
あなたが世界と向き合うとき
13:24
when you relate to the world.
その全体こそ あなたの現実でもあるのです
13:29
It is love first.
まず 愛があります
13:31
When you relate to the world,
あなたが世界と向き合うとき
13:34
the dynamic manifestation of the wholeness
その全体が 活き活きと現れるものこそ
13:36
is, what we say, love.
私たちが愛と呼ぶものなのです
13:41
And itself becomes compassion
あなたが向き合った対象がその感情を呼び起こしたのなら
13:46
if the object that you relate to evokes that emotion.
それこそが思いやりとなるのです
13:50
Then that again transforms into giving, into sharing.
そして 与えること 共有することに姿を変えます
14:01
You express yourself because you have compassion.
思いやりがあるからこそ 自らを表現するのです
14:11
To discover compassion, you need to be compassionate.
思いやりを発見するには 思いやりのある人間になる必要があります
14:17
To discover the capacity to give and share,
与え 共有する余裕を見つけるためには
14:23
you need to be giving and sharing.
与え 共有しなければならないのです
14:28
There is no shortcut: it is like swimming by swimming.
近道はありません 泳がないで泳ぐことはできません
14:30
You learn swimming by swimming.
泳ぐことで泳ぎを学ぶのです
14:35
You cannot learn swimming on a foam mattress and enter into water.
マットレスの上で泳ぎを練習してから 水に入ることなどできないないのです
14:39
(Laughter)
(笑い)
14:43
You learn swimming by swimming. You learn cycling by cycling.
泳いで泳ぎ方を学ぶ 自転車に乗って自転車に乗れる
14:45
You learn cooking by cooking,
料理して料理を覚える
14:49
having some sympathetic people around you
あなたの料理を食べてくれる
14:51
to eat what you cook.
思いやりのある人間に囲まれていれば
14:54
(Laughter)
(笑い)
14:56
And, therefore, what I say,
だからこそ私は
15:04
you have to fake it and make it.
できなくても始めてみなさいと 言いたいのです
15:08
(Laughter)
(笑い)
15:10
You need to.
そうする必要があるのです
15:17
My predecessor meant that.
先人が言っていました
15:20
You have to act it out.
まず 態度に表さなければならない
15:26
You have to act compassionately.
思いやりを態度に表さなければならないと
15:31
There is no verb for compassion,
思いやり(compassion)の動詞は英語にはありません
15:38
but you have an adverb for compassion.
しかし 副詞があります
15:43
That's interesting to me.
これは面白いと思います
15:47
You act compassionately.
思いやりをもって(compassionately)行動する
15:51
But then, how to act compassionately if you don't have compassion?
でも 思いやりがないのに どうやって行動すればいいのでしょう
15:57
That is where you fake.
まず やってみるのです
16:01
You fake it and make it. This is the mantra of the United States of America.
できなくても始めてみる これこそが米国の信条なのです
16:04
(Laughter)
(笑い)
16:08
You fake it and make it.
とにかく始めてみる
16:13
You act compassionately as though you have compassion:
思いやりがあるかのように 思いやりをもって行動する
16:17
grind your teeth,
歯をくいしばって
16:20
take all the support system.
あなたが持ってるすべての力を振り絞って
16:23
If you know how to pray, pray.
どうやって祈るか知ってますよね
16:25
Ask for compassion.
思いやりを授かるように祈って下さい
16:29
Let me act compassionately.
思いやりのある人間になれますように
16:32
Do it.
やってみて下さい
16:35
You'll discover compassion
あなたは自分の中に思いやりを見つけるでしょう
16:37
and also slowly a relative compassion,
そして少しずつ 思いやりに似たようなものが
16:39
and slowly, perhaps if you get the right teaching,
正しい学び方をすれば 少しずつでも見つけることができます
16:44
you'll discover compassion is a dynamic manifestation
思いやりとは あなた自身の活き活きとした描写であり
16:48
of the reality of yourself, which is oneness, wholeness,
単一性であり 全体性であり
16:53
and that's what you are.
あなたそのものである ことに気付くでしょう
16:59
With these words, thank you very much.
ここまでにいたします ありがとうございました
17:01
(Applause)
(拍手)
17:04
Translated by Mariko Imada
Reviewed by Kazuyuki Shimatani

▲Back to top

About the Speaker:

Dayananda Saraswati - Vedantic teacher
Swami Dayananda Saraswati is an acclaimed spiritual teacher and the founder of AIM for Seva -- a charitable trust that works to relieve poverty across India.

Why you should listen

Swami Dayananda Saraswati has been teaching the traditional wisdom of Vedanta for more than four decades, in India and around the world. His success as a teacher is evident in the successes of his students -- over 100 are now swamis themselves, and highly respected as scholars and teachers. Within the Hindu community, he has worked to create harmony, founding the Hindu Dharma Acharya Sabha, where heads of different sects can come together learn from each other. In the larger religious community, he has also made huge strides towards cooperation, convening the first World Congress for the Preservation of Religious Diversity.

However, Swami Saraswati’s work is not limited to the religious community. He is the founder and an active executive member of the All India Movement (AIM) for Seva. Since 2000, AIM has been bringing medical assistance, education, food and infrastructure to people living in the most remote areas of India. Growing up in a small, rural village himself, the Swami understood the particular challenges to accessing aid faced by those outside of the cities. Today, AIM for Seva estimates that they have been able to help over two million people in need.

More profile about the speaker
Dayananda Saraswati | Speaker | TED.com