English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Lakshmi Pratury: The lost art of letter-writing

ラクシュミ・プラチュアリの「文通」

Filmed
Views 542,551

ラクシュミ・プラチュアリが、彼女の父が生前が書いた一連のノートについて語り、失われた芸術「文通」を思い出させます。彼女の短いけれど、心のこもった話があなたにペンと紙を手に取る気を起こさせるかも知れません。

- Connector
Lakshmi Pratury is the host of The INK Conference and was the co-host of TEDIndia 2009. Full bio

Soそう I thought思想, "I will意志 talkトーク about death."
さて、「死について話そう」と思いましたが、
00:12
Seemed見えた to be〜する theその passion情熱 today今日.
今日は情熱的な日なので、
00:14
Actually実際に, it'sそれは notない about death.
実際に話すのは死についてではありません
00:16
It'sそれは inevitable必然的, terribleひどい, butだけど really本当に what I want欲しいです to talkトーク about is,
死は避けられない、恐ろしいものですが、私が本当に話したいのは、
00:18
I'm私は justちょうど fascinated魅惑的な by〜によって theその legacy遺産 people leave離れる whenいつ they彼ら die死ぬ.
ただ、人々が死ぬ時に残す遺産に魅了されたという話です
00:21
That'sそれは what I want欲しいです to talkトーク about.
それが私の話したい事です
00:24
Soそう Artアート Buchwaldブッフバルト left his legacy遺産 of humorユーモア with〜と aa videoビデオ
アート・バクワルドは彼のユーモアという彼の遺産を、ビデオで残しました
00:26
thatそれ appeared出現した soonすぐに after he died死亡しました, saying言って,
そのビデオは彼の死後、すぐに現れ
00:30
"Hiこんにちは! I'm私は Artアート Buchwaldブッフバルト, andそして I justちょうど died死亡しました."
「やあ!私はアート・バクワルドです。私はちょうど死んだところです」と言っています
00:32
Andそして Mikeマイク, who I met会った at〜で Galapagosガラパゴス, aa trip旅行 whichどの I won勝った at〜で TEDテッド,
そして、私がTEDで当てた旅行で、ガラパゴスで会ったマイクは、
00:36
is leaving去る notesノート on cyberspaceサイバースペース whereどこで he is chronicling時代遅れの
長年のガンを通しての旅の覚え書きを
00:41
his journey throughを通して cancer.
サイバースペースに残しています
00:45
Andそして myじぶんの fatherお父さん left me aa legacy遺産 of his handwriting手書き
それから、私の父は、手書きの手紙とノートを通して
00:48
throughを通して letters手紙 andそして aa notebookノート.
手書き文字という遺産を私に残しました
00:52
In theその last最終 two years of his life生活, whenいつ he wasあった sick病気,
彼は病気のとき、人生の最後の二年間に
00:54
he filled満たされた aa notebookノート with〜と his thoughts思考 about me.
一冊のノートを、私に対しての思いでいっぱいに満たしました
00:58
He wrote書きました about myじぶんの strengths強み, weaknesses弱点,
彼は私の強みや弱み、
01:02
andそして gentle優しい suggestions提案 forために improvement改善,
そして、改善の為の紳士的な忠告、
01:05
quoting引用 specific特定 incidentsインシデント, andそして held開催 aa mirror to myじぶんの life生活.
具体的な出来事を引用し、私の人生に模範を示しました
01:09
After he died死亡しました, I realized実現した thatそれ noいいえ one1 writes書き込み to me anymoreもう.
彼の死後、私にはもう手紙を書いてくれる人がいないということに気づかされました
01:15
Handwriting手書き is aa disappearing消えていく artアート.
手書き文字は消え行く芸術です
01:20
I'm私は allすべて forために emailEメール andそして thinking考え whilewhile typingタイピング,
私は全てをEメールで行い、考えながらタイプしますが、
01:23
butだけど whyなぜ give与える upアップ old古い habits習慣 forために new新しい?
なぜ新しいモノの為に古い習慣を諦めなければならないのでしょうか?
01:26
Whyなぜ can'tできない we我々 have持ってる letter文字 writing書き込み andそして emailEメール exchange交換 in our我々の lives人生?
なぜ、暮らしの中で、手紙とEメールのやりとりは行われないのでしょうか?
01:29
Thereそこ are times whenいつ I want欲しいです to tradeトレード allすべて thoseそれら years
私には取り替えたい時間があります
01:33
thatそれ I wasあった tooあまりにも busy忙しい to sit座る with〜と myじぶんの dadパパ andそして chatチャット with〜と him,
忙しすぎて父のそばに座って話をすることもできなかった時間を、
01:39
andそして tradeトレード allすべて thoseそれら years forために one1 hug抱擁.
ただ一度抱きしめることに取り替えたいのです
01:43
Butだけど tooあまりにも late遅く.
しかし遅すぎました
01:49
Butだけど that'sそれは whenいつ I take取る outでる his letters手紙 andそして I read読む themそれら,
それでも、父からの手紙を取り出し読むとき、
01:51
andそして theその paper thatそれ touched触れた his handハンド is in mine鉱山,
彼の手が触れたその紙が私の手の中にあるとき、
01:57
andそして I feel感じる connected接続された to him.
彼とつながっている様に感じます
02:00
Soそう maybe多分 we我々 allすべて need必要 to leave離れる our我々の children子供
おそらく、我々はみな子ども達に、
02:03
with〜と aa value legacy遺産, andそして notない aa financial金融 one1.
価値ある遺産を残す必要があります。金銭的なものではなく
02:07
Aa value forために thingsもの with〜と aa personal個人的 touchタッチ ---
個人的に心打つ価値あるものを
02:10
an autographサイン book, aa soul-searching自分探し letter文字.
サイン帳や魂を探索する手紙など
02:13
Ifif aa fraction分数 of thisこの powerful強力な TEDテッド audience聴衆
もし、この有力なTEDの観衆のほんのわずかにでも
02:17
couldできた be〜する inspiredインスピレーションを受けた to buy購入 aa beautiful綺麗な paper ---
奇麗な紙を買い --
02:20
Johnジョン, it'llそれはよ be〜する aa recycledリサイクルされた one1 --- andそして write書きます aa beautiful綺麗な letter文字
ジョン、再生紙でもかまいません -- 愛する人に手紙を書く気を起こさせたなら、
02:22
to someone誰か they彼ら love, we我々 actually実際に mayかもしれない start開始 aa revolution革命
もしかしたら、子供たちを習字教室に行かせるという
02:27
whereどこで our我々の children子供 mayかもしれない go行く to penmanship習字 classesクラス.
革命を起こせるかもしれません
02:30
Soそう what do行う I plan計画 to leave離れる forために myじぶんの son息子?
さて、私は息子に何を残しましょう?
02:33
I collect集める autographサイン books, andそして thoseそれら of you君は authors著者
私はサイン帳を集めていて、
02:37
in theその audience聴衆 know知っている I hound猟犬 you君は forために themそれら ---
この観衆の中には、私が追いかけをしている人もいます
02:39
andそして CDsCD tooあまりにも, Tracyトレーシー.
CDもよ、トレーシー
02:42
I plan計画 to publish公開する myじぶんの own自分の notebookノート.
私は自分自身のノートを出版する予定です
02:44
Asとして I witnessed目撃した myじぶんの father's父親 body beingであること swallowed飲み込まれた by〜によって fire火災,
父の身体が火にのみこまれるのを目撃し、
02:48
I sat座っている by〜によって his funeral葬儀 pyreパイレ andそして wrote書きました.
私は彼の火葬の傍らに座って書きました
02:52
I have持ってる noいいえ ideaアイディア howどうやって I'm私は going行く to do行う itそれ,
どのようにそれを行うのか分かりませんが、
02:56
butだけど I am午前 committedコミットした to compilingコンパイルする his thoughts思考 andそして mine鉱山
彼と私の思いをノートにまとめ
02:57
into aa book, andそして leave離れる thatそれ published出版された book forために myじぶんの son息子.
息子に残すことを誓いました
03:00
I'd私は like好きな to end終わり with〜と aa few少数 verses of what I wrote書きました
私が父の火葬の時に書いた詩で、
03:04
at〜で myじぶんの father's父親 cremation火葬.
最後にしたいと思います
03:06
Andそして thoseそれら linguists言語学者, pleaseお願いします pardon恩赦 theその grammar文法,
言語学者のみなさん、文法についてはお許しください
03:08
becauseなぜなら I've私は notない looked見た at〜で itそれ in theその last最終 10 years.
なぜなら、この10年間一度も見直した事がないので
03:11
I took取った itそれ outでる forために theその first最初 time時間 to come来る hereここに.
ここに来るために初めて持ち出しました
03:13
"Picture画像 in aa frameフレーム, ashes in aa bottleボトル,
「額の中の写真、ビンの中の灰、
03:16
boundless無限 energyエネルギー confined閉じ込められた in theその bottleボトル,
限りないエネルギーがビンの中に閉じ込められ、
03:20
forcing強制 me to deal対処 with〜と reality現実,
現実と向き合う事を私に強いてくる、
03:23
forcing強制 me to deal対処 with〜と beingであること grown成長した upアップ.
成長する事を私に強いてくる
03:26
I hear聞く you君は andそして I know知っている thatそれ you君は would〜する want欲しいです me to be〜する strong強い,
私には聞こえる 私に強くいてほしいと望んでいる事がわかる、
03:29
butだけど right now, I am午前 beingであること sucked吸い込まれた downダウン, surrounded囲まれた
でも今は、私は吸い取られ、
03:33
andそして suffocated窒息した by〜によって theseこれら raging激怒する emotional感情の waters,
増え行く感情の水に取り囲まれ息ができない,
03:37
craving渇望 to cleanse浄化する myじぶんの soul, trying試す to emerge出現する
魂を洗い清めたいと切望し、
03:40
on aa firm当社 footing足跡 one1 moreもっと time時間, to keepキープ on fighting戦う andそして flourishing繁栄する
もう一度、華麗に戦い続けるための足場を求めている
03:43
justちょうど asとして you君は taught教えた me.
ちょうどあなたが教えたように
03:49
Yourきみの encouraging励ます whispersささやき in myじぶんの whirlpoolジェットバス of despair絶望,
絶望の渦の中であなたの励ますようなささやき声が、
03:51
holdingホールディング me andそして heaving泳ぐ me to shores海岸 of sanity正気,
正気の岸辺へ私を支え持ち上げている
03:55
to liveライブ again再び andそして to love again再び."
もう一度生きるために、そして愛するために」
04:00
Thank感謝 you君は.
ありがとう
04:02
Translated by Mina Kiyuna
Reviewed by Akira KAKINOHANA

▲Back to top

About the speaker:

Lakshmi Pratury - Connector
Lakshmi Pratury is the host of The INK Conference and was the co-host of TEDIndia 2009.

Why you should listen

After two decades in marketing, venture capitalism and social entreprenuership, Lakshmi Pratury turned her focus toward linking her home country of India more tightly with the American community. Her firm, Ixoraa Media, runs meetings and events to spark dialogue and make connections. In 2009, she co-hosted TEDIndia and saw such a warm response to the conference that she founded The INK Conference, in partnership with TED, that would pick up where TEDIndia left off. Watch the INKTalks channel  to see some of the brilliant ideas shared at the INK Conference. Pratury blogs at Lakshmi's Lounge.

She worked at Intel for 12 years as a marketer and evangelist, then moved to a VC firm, Global Capitalist Partners. At GCP, she focused on connecting India's legendary software-development community with US tech. She began to focus more strictly on relationship-building with her move to the America India Foundation, where she founded the AIF's Digital Equalizer program, offering technology education to some 80,000 children and 2,000 teachers in India. She also launched the AIF Summit for social entrepreneurs from India.

More profile about the speaker
Lakshmi Pratury | Speaker | TED.com