English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2007

Ory Okolloh: How I became an activist

オリ・オコーラ:活動家になること

Filmed
Views 325,508

オリ・オコーラは人生と家族について、そしてケニアの国会でおこなわれていることをレポートするという英雄的な活動を始めるに至った経緯を語ります

- Blogger and activist
Ory Okolloh maintains the blog Mzalendo, providing an unprecedented look at the doings of Kenya's parliament -- information once unavailable to Kenyan citizens. Full bio

Soそう what's何ですか image画像 got持っている do行う with〜と itそれ?
これを見て何を思いますか?
00:18
Andそして I must必須 sayいう, I think思う Emekaエメカ is trying試す to send送信する
エメカはみなさんに多くのことを
00:21
aa lotロット of subliminal潜在的 messagesメッセージ,
訴えようとしたようで
00:23
becauseなぜなら I'm私は going行く to keepキープ harpingハープ on some一部 of theその issues問題
私もその話題のいくつかを
00:24
thatそれ have持ってる come来る upアップ.
繰り返します
00:26
Butだけど I'm私は going行く to tryお試しください andそして do行う something何か different異なる,
ただ私の試みとして
00:28
andそして tryお試しください andそして justちょうど close閉じる theその loopループ with〜と some一部 of myじぶんの personal個人的 stories物語,
個人的な体験で肉付けして
00:30
andそして tryお試しください andそして put置く aa face to aa lotロット of theその issues問題
これまで論じてきた課題を
00:35
thatそれ we've私たちは beenされている talking話す about.
まとめようと思います
00:37
Soそう, Africaアフリカ is aa complex複合体 continent大陸 full満員 of contradictions矛盾,
アフリカはたくさんの矛盾を
00:39
asとして you君は canできる see見る.
抱えています
00:42
We're私たちは notない theその onlyのみ onesもの.
他の国もそうですが
00:43
(Laughter笑い)
(笑い)
00:45
(Applause拍手)
(拍手)
00:48
Andそして you君は know知っている, it'sそれは amazing素晴らしい.
驚いたことに アフリカ大陸の
00:54
I mean平均, we我々 need必要 aa whole全体 conference会議
よい面を語る会議に
00:57
justちょうど devoted献身的な to telling伝える theその good良い stories物語 about theその continent大陸.
こんなにも時間が必要なのです
00:58
Justちょうど think思う about thatそれ, you君は know知っている?
どうしてでしょう?
01:01
Andそして thisこの is typically典型的には what we've私たちは beenされている talking話す about,
これはメディアに登場する
01:03
theその role役割 thatそれ theその mediaメディア plays演劇 in focusingフォーカス
私達の抱える課題の
01:06
justちょうど on theその negative stuffもの.
典型例です
01:08
Now, whyなぜ is thatそれ aa problem問題?
これがどうして問題なのか?
01:10
Aa typical典型的な disaster災害 storyストーリー:
アフリカの惨事といえば
01:13
disease疾患, corruption腐敗, poverty貧困.
病気 汚職 貧困です
01:16
Andそして some一部 of you君は mightかもしれない be〜する standing立っている hereここに thinking考え,
皆さんは
01:18
saying言って, "OKOK, you君は know知っている, Oryオーリー, you'reあなたは Harvard-educatedハーバード教育を受けた,
ハーバード大卒の恵まれた私は
01:21
andそして allすべて you君は privileged特権 people come来る hereここに, saying言って,
貧乏人のことは忘れて
01:25
'Forget忘れる theその poor貧しい people.
お金儲けの
01:28
Let'sさあ focusフォーカス on businessビジネス andそして theその markets市場, andそして whateverなんでも.'' "
話をすると思うかもしれません
01:29
Andそして they're彼らは allすべて, "There'sそこに theその 80 percentパーセント of Africansアフリカ人
アフリカ人の80%が
01:33
who really本当に need必要 help助けて."
支援を必要としています
01:35
Andそして I want欲しいです to telltell you君は thatそれ thisこの is myじぶんの storyストーリー, OKOK?
これは私の体験でもありながら
01:38
Andそして it'sそれは theその storyストーリー of manyたくさんの of theその Africansアフリカ人 who are hereここに.
他のアフリカ人にも共通する話です
01:42
We我々 start開始 with〜と poverty貧困.
貧困については
01:47
I didn'tしなかった grow成長する upアップ in theその slumsスラム orまたは anything何でも thatそれ dire恐ろしい,
スラム育ちでない私でも
01:48
butだけど I know知っている what itそれ is to grow成長する upアップ withoutなし having持つ moneyお金,
貧乏生活や家族を支えるのが
01:51
orまたは beingであること ableできる to supportサポート family家族.
どんなに大変な事かは分かります
01:54
Euvinユービン wasあった talking話す about bellwether先導者 signs兆候.
指標の話が先ほどありましたが
01:58
Theその bellwether先導者 forために whetherかどうか our我々の family家族 wasあった broke壊れた orまたは notない wasあった breakfast朝ごはん.
家庭の経済状況の指標は朝食です
02:00
You君は know知っている, whenいつ thingsもの wereあった good良い, we我々 had持っていました eggs andそして sausagesソーセージ.
卵や肉がでればいいですが
02:05
Whenいつ thingsもの wereあった bad悪い, we我々 had持っていました porridgeお粥.
苦しいときは おかゆだけ
02:08
Andそして like好きな manyたくさんの Africanアフリカ人 families家族,
他の家のように
02:11
myじぶんの parents couldできた never決して saveセーブ
私の両親も
02:13
becauseなぜなら they彼ら supportedサポートされる siblings兄弟, cousinsいとこ, you君は know知っている, their彼らの parents,
身内の暮らしを支えるので 貯金はなく
02:14
andそして thingsもの wereあった always常に dicey卑劣な.
経済的に不安定な生活でした
02:20
Now, whenいつ I wasあった bornうまれた, they彼ら realized実現した they彼ら had持っていました aa prettyかなり smartスマート kidキッド,
私が賢いと気付いた両親は
02:23
andそして they彼ら didn'tしなかった want欲しいです me to go行く to theその neighborhoodご近所 school学校,
無料で通える近所の学校へは
02:26
whichどの wasあった free無料.
行かせなかった
02:29
Andそして they彼ら adopted採用 aa very非常に interesting面白い
教育熱心だった両親は
02:30
approachアプローチ to education教育, whichどの wasあった
興味深いことに
02:33
they彼ら wereあった going行く to take取る me to aa school学校 thatそれ they彼ら canできる barelyかろうじて afford余裕.
我が家の家計ではとても許されない
02:35
Soそう they彼ら took取った me to aa privateプライベート, Catholicカトリック, elementary初等 school学校,
カトリック学校へ入学させました
02:39
whichどの setセット theその foundation財団 forために what ended終了しました upアップ beingであること myじぶんの careerキャリア.
それで私の現在があるわけです
02:42
Andそして what happened起こった wasあった,
小学校では
02:47
becauseなぜなら they彼ら couldできた afford余裕 itそれ sometimes時々, sometimes時々 notない,
授業料が払えなくなって
02:49
I got持っている kicked蹴った outでる prettyかなり muchたくさん everyすべて term期間.
よく追い出されました
02:52
You君は know知っている, someone誰か would〜する come来る in with〜と aa listリスト
授業料を払えない生徒のリストを持った
02:54
of theその people who haven't持っていない paid支払った school学校 fees手数料,
職員がやって来て
02:59
andそして whenいつ they彼ら started開始した getting取得 prettyかなり strict厳格な,
授業料を払うまで
03:01
you君は had持っていました to leave離れる, until〜まで yourきみの school学校 fees手数料 couldできた be〜する paid支払った.
来るなと言われるのです
03:03
Andそして I remember思い出す thinking考え, I mean平均,
だったら地元の学校に
03:05
whyなぜ don'tしない theseこれら guysみんな justちょうど take取る me to aa cheap安いです school学校?
通えば良いのにと思っていました
03:07
Becauseなぜなら you君は know知っている, asとして aa kidキッド
貧乏だと分かるのは
03:10
you'reあなたは embarrassed恥ずかしい andそして
恥ずかしかったのです
03:12
you'reあなたは sensitive敏感な, andそして everyoneみんな knows知っている
幼い頃は
03:16
you君は guysみんな don'tしない have持ってる moneyお金.
周りを気にしますから
03:17
Butだけど they彼ら kept保管 at〜で itそれ,
でも両親は家計が苦しくても
03:18
andそして I now understandわかる whyなぜ they彼ら didした what they彼ら didした.
私を私立校へ通わせたのです
03:22
They彼ら talkトーク about corruption腐敗.
汚職についてですが
03:25
In Kenyaケニア, we我々 have持ってる an entranceエントランス exam試験 to go行く into high高い school学校.
ケニアで高校に行くには入学試験があり
03:28
Andそして there'sそこに national全国 schools学校, whichどの are like好きな theその bestベスト schools学校,
最高レベルの国立高校と
03:34
andそして provincial schools学校.
州立の高校とがあります
03:37
Myじぶんの dream school学校 at〜で thatそれ time時間 wasあった Kenyaケニア High高い School学校,
国立のケニア高校を
03:39
aa national全国 school学校.
受けた私は
03:41
I missed逃した theその cutoff断つ by〜によって one1 pointポイント.
1点差で落ち
03:42
Andそして I wasあった soそう disappointed失望した, andそして I wasあった like好きな,
とてもがっかりしました
03:43
"Ohああ myじぶんの God, you君は know知っている, what am午前 I going行く to do行う?"
どうしようかと思っていると
03:46
Andそして myじぶんの fatherお父さん said前記, "OKOK, listen聴く.
父親がきて
03:49
Let'sさあ go行く andそして tryお試しください andそして talkトーク to theその headmistressヘッドマン.
1点足りないだけなら
03:50
You君は know知っている, it'sそれは justちょうど one1 pointポイント. I mean平均,
校長先生に話せば
03:52
maybe多分 she'llシェル let〜する you君は in ifif thatそれ slot'sスロットの stillまだ thereそこ."
入れるだろうと言いました
03:54
Soそう we我々 went行った to theその school学校,
父と学校へ行きましたが
03:57
andそして becauseなぜなら we我々 wereあった nobodies無名, andそして becauseなぜなら we我々 didn'tしなかった have持ってる privilege特権,
父はごく普通の市民で何の役職もなく
04:00
andそして becauseなぜなら myじぶんの fatherお父さん didn'tしなかった have持ってる theその right last最終 name,
立派な一族の出でもなかったので
04:06
he wasあった treated治療された like好きな dirt.
酷い扱いをされました
04:10
Andそして I sat座っている andそして listened聞いた to theその headmistressヘッドマン talkトーク to him, saying言って,
校長が父親に向かって言うのです
04:12
you君は know知っている, who do行う you君は think思う you君は are?
何ですって?
04:16
Andそして, you君は know知っている, you君は must必須 be〜する joking冗談 ifif you君は think思う
空きがあれば娘さんが入学できると
04:17
you君は canできる get取得する aa slotスロット.
お考えですか?
04:21
Andそして I had持っていました gone行った to school学校 with〜と otherその他 girls女の子, who wereあった kids子供たち of politicians政治家,
同級生だった政治家の娘達は
04:22
andそして who had持っていました done完了 muchたくさん, muchたくさん worse悪化する thanより I didした,
私よりずっと成績が悪くても
04:27
andそして they彼ら had持っていました slotsスロット thereそこ.
国立高校に進学しました
04:29
Andそして there'sそこに nothing何も worse悪化する thanより seeing見る yourきみの parent
親が自分の前で
04:32
beingであること humiliated屈辱 in frontフロント of you君は, you君は know知っている?
バカにされるのは 嫌な気分でした
04:34
Andそして we我々 left, andそして I swore誓う to myself私自身,
それで決心しました
04:37
andそして I wasあった like好きな, "I'm私は never決して, everこれまで going行く to have持ってる
どんな時も 他人に頼ったり
04:39
to beg請う forために anything何でも in myじぶんの life生活."
しないとね
04:42
They彼ら calledと呼ばれる me two weeks later後で, they're彼らは like好きな,
後に合格の連絡があっても
04:43
ohああ, yeahええ, you君は canできる come来る now. Andそして I told言った themそれら to stuffもの itそれ.
「他の人を入れて」と言ってしまいました
04:45
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(笑い)(拍手)
04:50
Final最後の storyストーリー, andそして I sortソート of have持ってる to speak話す quickly早く.
次は病気の話を
04:52
Disease疾患.
手短に
04:56
Myじぶんの fatherお父さん, who I've私は beenされている talking話す about, died死亡しました of AIDSエイズ in 1999.
父は1999年にエイズで亡くなりました
04:57
He never決して told言った anyone誰でも thatそれ he had持っていました AIDSエイズ,
不名誉な病気なので
05:04
his fear恐れ of theその stigma汚名 wasあった soそう strong強い.
病名をずっと隠していましたが
05:06
Andそして I'm私は prettyかなり muchたくさん theその one1 who figured思った itそれ outでる, becauseなぜなら I wasあった aa nerdオタク.
当時アメリカに住んで勉強していた私には
05:09
Andそして I wasあった in theその States at〜で theその time時間,
分かりました
05:14
andそして they彼ら calledと呼ばれる me. He wasあった very非常に sick病気, theその first最初 time時間 he got持っている sick病気.
最初に発病したとき電話で
05:16
Andそして he had持っていました Cryptococcalクリプトコッカス meningitis髄膜炎.
薬の名前をきいたので
05:19
Andそして soそう I went行った on to Googlegoogle, Cryptococcalクリプトコッカス meningitis髄膜炎, you君は know知っている.
オンラインで調べたのです
05:22
Becauseなぜなら of doctor-patient医者 - 患者 privilege特権,
医者から詳しい説明は
05:25
they彼ら couldn'tできなかった really本当に telltell us米国 what wasあった going行く on.
されませんでしたが
05:28
Butだけど they彼ら wereあった like好きな, you君は know知っている, thisこの is aa long-term長期 thingもの.
簡単には直らない感じでした
05:29
Andそして whenいつ I went行った onlineオンライン andそして looked見た at〜で theその infectious感染性の ---
インターネットで父の病気についての
05:32
read読む about theその disease疾患,
記事をたくさん読んで
05:36
I prettyかなり muchたくさん realized実現した what wasあった going行く on.
その後の経過が分かりました
05:40
Theその first最初 time時間 he got持っている sick病気, he recovered回復した.
最初の症状は落ち着いたものの
05:42
Butだけど what happened起こった wasあった thatそれ he had持っていました to be〜する on medication投薬
投薬が必要になりました
05:45
thatそれ, at〜で thatそれ time時間 --- Diflucanジフルカン, whichどの in theその States
米国の企業が開発した薬は
05:47
is used中古 forために yeast酵母 infections感染症 --- costコスト 30 dollarsドル aa pillピル.
一錠あたり30ドルもしましたが
05:50
He had持っていました to be〜する on thatそれ pillピル forために theその rest残り of his life生活.
飲み続けなければ 命にかかわります
05:54
You君は know知っている, soそう moneyお金 ran走った outでる.
お金が続かなくなって
06:00
He got持っている sick病気 again再び.
病気が再発しました
06:02
Andそして upアップ until〜まで thatそれ time時間, he had持っていました aa friend友人 who used中古 to travel旅行 to Indiaインド,
インドへよく旅行する父の友人に
06:04
andそして he used中古 to importインポート, bring持参する him, couldできた
安い後発製品を手に入れてもらい
06:08
get取得する him aa genericジェネリック versionバージョン of itそれ.
それを飲むことで
06:12
Andそして thatそれ kept保管 him going行く.
何とか生きながらえていましたが
06:14
Butだけど theその moneyお金 ran走った outでる.
それも買えなくなり
06:16
He got持っている sick病気 again再び. He got持っている sick病気 on aa Friday金曜日.
金曜日に 症状が出ました
06:18
At〜で thatそれ time時間, thereそこ wasあった onlyのみ one1 bankバンク thatそれ had持っていました ATMsatms in Kenyaケニア,
しかし当時はATMもなく
06:21
andそして we我々 couldできた notない get取得する cash現金. Theその family家族 couldn'tできなかった get取得する cash現金
私たち家族は現金が手元になかったので
06:24
forために him to start開始 theその treatment処理 until〜まで Monday月曜.
月曜日まで治療ができません
06:31
Theその hospital病院 put置く him on aa water drip滴下 forために three days日々.
病院の点滴台で3日間寝かされるだけ
06:34
Andそして finally最後に, we我々 figured思った, wellよく, OKOK,
ならば公立の病院に行き
06:39
we'd結婚した betterより良い justちょうど tryお試しください andそして take取る him to aa publicパブリック hospital病院.
治療してもらおうと
06:42
At〜で least少なくとも he'll地獄 get取得する treated治療された
家族で決めて
06:44
whilewhile we我々 tryお試しください to figure数字 outでる theその moneyお金 situation状況.
お金の相談をしました
06:45
Andそして he died死亡しました whenいつ theその ambulance救急車 wasあった coming到来
しかし 救急車は間に合わず
06:47
to theその hospital病院 to take取る him.
結局 父は亡くなりました
06:49
Andそして, you君は know知っている, now, imagine想像する ifif --- andそして I couldできた go行く on andそして on ---
まだまだいくらでも お話できます
06:52
imagine想像する ifif thisこの is allすべて you君は know知っている about me.
これを聞いて 皆さんは
06:57
Howどうやって would〜する you君は look見える at〜で me?
私のことを見ながら
07:00
With〜と pity残念, you君は know知っている. Sadness悲しみ.
かわいそうだと同情するでしょう
07:04
Andそして thisこの is howどうやって you君は look見える at〜で Africaアフリカ.
アフリカも同情されているのです
07:08
Thisこの is theその damage損傷 itそれ causes原因.
それで損をしているのは
07:11
You君は don'tしない see見る theその otherその他 side of me.
私がブロガーであるとか
07:13
You君は don'tしない see見る theその bloggerブロガー,
ハーバード大卒の弁護士で
07:15
you君は don'tしない see見る theその Harvard-educatedハーバード教育を受けた lawyer弁護士,
活発な人柄だ
07:16
theその vibrant活気のある person, you君は know知っている?
という面が見過ごされることです
07:18
Andそして I justちょうど wanted欲しい to personalizeパーソナライズする thatそれ.
個人的に考えてみましょう
07:21
Becauseなぜなら we我々 talkトーク about itそれ in big大きい terms条項,
話が大きくなると
07:23
andそして you君は wonderワンダー, you君は know知っている, soそう what?
他人事にしか思えず
07:25
Butだけど it'sそれは damaging損害を与える.
いい面も見えません
07:28
Andそして I'm私は notない uniqueユニークな, right?
私だけではなく
07:31
Imagine想像する ifif allすべて you君は knew知っていた about Williamウィリアム
あなたの知人にも
07:33
wasあった theその fact事実 thatそれ he grew成長しました upアップ in aa poor貧しい village.
貧しい村で育った少年がいる
07:35
Andそして you君は didn'tしなかった know知っている about theその windmill風車, you君は know知っている?
風車のことは知らなくても
07:38
Andそして I wasあった justちょうど moved移動した.
話を聞いただけで
07:41
I wasあった actually実際に crying泣く during his presentationプレゼンテーション.
私は泣いてしまいました
07:43
He wasあった like好きな, I tryお試しください andそして I make作る.
挑戦して成し遂げた彼は
07:46
I wasあった like好きな Nikeナイキ should〜すべき hire雇う him, you君は know知っている, "Justちょうど do行う itそれ!"
ナイキに就職できますね
07:48
(Laughter笑い)
(笑い)
07:51
Andそして thisこの is, again再び, theその pointポイント I'm私は trying試す to make作る.
要するに人々は
07:54
Whenいつ you君は focusフォーカス justちょうど on theその disasters災害 ---
惨事にばかり目を向け
07:55
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(笑い)(拍手)
07:57
--- we're私たちは ignoring無視する theその potential潜在的な.
可能性を見ようとしないのです
08:08
Soそう, what is to be〜する done完了?
ではどうすれば良いのか
08:11
First最初 of allすべて,
先ず最初に
08:15
Africansアフリカ人, we我々 need必要 to get取得する betterより良い at〜で telling伝える our我々の stories物語.
自分達の体験を話しましょう
08:16
We我々 heard聞いた about thatそれ yesterday昨日.
アフリカでいつも
08:19
We我々 had持っていました some一部 of themそれら thisこの morning.
見聞きすることを
08:21
Andそして thisこの is an example, you君は know知っている,
伝えるのです
08:23
bloggingブログ is one1 way方法 of doingやっている thatそれ.
ブログも有効です
08:25
Afrigatorアライグマ is an aggregatorアグリゲータ of Africanアフリカ人 blogsブログ
アフリカ人のブログを集めた
08:27
thatそれ wasあった developed発展した in South Africaアフリカ.
南アのサイトがあります
08:30
Soそう we我々 need必要 to start開始 getting取得 betterより良い.
私達の発展のために
08:33
Ifif noいいえ one1 elseelse will意志 telltell our我々の stories物語, let'sさあ do行う itそれ.
自分から現状を話しましょう
08:34
Andそして going行く backバック to theその pointポイント I wasあった trying試す to make作る,
これはスワヒリ語の
08:37
thisこの is theその Swahiliスワヒリ語 Wikipediaウィキペディア.
ウィキペデイアです
08:38
Swahiliスワヒリ語 is spoken話された by〜によって about 50 million百万 people in East Africaアフリカ.
アフリカで5000万人が話す言葉なのに
08:42
Itそれ onlyのみ has持っている five contributors寄稿者.
書いているのは5人だけ
08:46
Four4つの of themそれら are white males男性 --- non-native非ネイティブ speakersスピーカー.
そのうち4人は白人男性です
08:49
Theその otherその他 person is --- Ndesanjondesanjo, ifif you'reあなたは hereここに, standスタンド upアップ ---
もう1人は ここにいるかもしれませんが
08:53
is aa Tanzanianタンザニア語, [theその] first最初 Swahiliスワヒリ語 bloggerブロガー.
タンザニア人ブロガーです
08:58
He's彼は theその onlyのみ Africanアフリカ人 who'sだれの contributing貢献する to thisこの.
アフリカ人は彼だけです
09:01
People, pleaseお願いします. We我々 can'tできない whine泣き叫ぶ andそして complain文句を言う
しかし西洋人が書いていることを
09:04
theその West西 is doingやっている thisこの.
非難してはいけません
09:08
What are we我々 doingやっている?
スワヒリ語を話す他の人も
09:09
Whereどこで are theその rest残り of theその Swahiliスワヒリ語 speakersスピーカー?
声を上げるのです
09:12
Whyなぜ are we我々 notない generating生成する our我々の own自分の contentコンテンツ?
自分の国を創るために
09:14
You君は know知っている, it'sそれは notない enough十分な to complain文句を言う. We我々 need必要 to act行為.
批判ではなく行動するのです
09:16
Reutersロイター now integrates統合する Africanアフリカ人 blogsブログ
ロイターはアフリカ欄の充実のため
09:20
into their彼らの coverageカバレッジ of Africaアフリカ.
アフリカ人のブログを集めています
09:23
Soそう, that'sそれは aa start開始,
他にも今までに
09:25
andそして we've私たちは heard聞いた of allすべて their彼らの otherその他 initiativesイニシアチブ.
いろいろな活動がありました
09:26
Theその cheetahチーター generation世代.
偽の援助をもちかけて
09:29
Theその aid援助 approachアプローチ, you君は know知っている, is flawed欠陥がある.
気を引いた「チーター ジェネレーション」
09:30
Andそして after allすべて theその hoopla狂犬病 of Liveライブ 8,
ライブ8もありましたね
09:34
we're私たちは stillまだ notない anywhereどこでも in theその picture画像.
それでも良い将来は見えません
09:36
Noいいえ, you'reあなたは notない.
あなたは違いますから
09:39
(Laughter笑い)
(笑い)
09:41
Butだけど theその pointポイント I'm私は trying試す to make作る, thoughしかし,
分かって欲しいのは
09:53
is thatそれ it'sそれは notない enough十分な forために us米国 to criticize批判する.
批判だけではダメだということです
09:55
Andそして forために thoseそれら of you君は in theその diasporaディアスポラ
祖国を離れて暮らし
09:59
who are struggling苦しい with〜と whereどこで should〜すべき I be〜する,
将来は故郷に戻るか
10:01
should〜すべき I move動く backバック,
外国にとどまるか
10:03
should〜すべき I stay滞在?
悩んでいるならば
10:04
You君は know知っている, justちょうど jumpジャンプ.
祖国に戻ってください
10:05
Theその continent大陸 needsニーズ you君は.
アフリカにはあなたが必要です
10:07
Andそして I can'tできない emphasize強調する thatそれ enough十分な, you君は know知っている.
いいですか
10:10
I walked歩いた away離れて fromから aa jobジョブ with〜と one1 of theその top firms企業 in Dd.Cc.,
私はワシントンDCの一流企業で
10:12
Covingtonコヴィントン andそして Burlingバーリング, six6 figures数字.
働いていました
10:17
With〜と two paychecks給料, orまたは three paychecks給料,
給料も良かったので
10:19
I couldできた solve解決する aa lotロット of myじぶんの family's家族の problems問題.
家族にかなり仕送りしていました
10:21
Butだけど I walked歩いた away離れて fromから thatそれ, becauseなぜなら myじぶんの passion情熱 wasあった hereここに,
しかし私は会社を辞めました
10:24
andそして becauseなぜなら I wanted欲しい to do行う thingsもの thatそれ wereあった fulfilling充足する.
私が必要とされている場所で
10:28
Andそして becauseなぜなら I'm私は needed必要な hereここに, you君は know知っている?
役に立つ事をしたかったのです
10:31
I probably多分 canできる win勝つ aa prize forために theその most最も ways方法
ハーバード法学部を出て
10:35
to useつかいます aa Harvardハーバード Law法律 School学校 degree
私が今していることは
10:38
becauseなぜなら of allすべて theその thingsもの I'm私は doingやっている.
とても立派な仕事です
10:40
One1 is becauseなぜなら I'm私は prettyかなり aggressive積極的な,
積極的に
10:42
andそして I tryお試しください andそして find見つける, you君は know知っている, opportunities機会.
チャンスを生かし
10:43
Butだけど thereそこ is suchそのような aa need必要, you君は know知っている?
知識を役立てています
10:46
I'm私は aa corporate企業 lawyer弁護士 most最も of theその time時間
普段は
10:49
forために an organization組織 calledと呼ばれる Enablisエナブリス
顧問弁護士として
10:50
thatそれ supportsサポート entrepreneurs起業家 in South Africaアフリカ.
南アや東アフリカの
10:52
We're私たちは now moving動く into East Africaアフリカ.
起業家を支援しています
10:55
Andそして we我々 give与える themそれら businessビジネス development開発 servicesサービス,
融資や株式発行を通じて
10:58
asとして wellよく asとして financing資金調達 loanローン andそして equity株式.
事業の発展を助けているのです
11:01
I've私は alsoまた、 setセット upアップ aa projectプロジェクト in Kenyaケニア,
ケニアでは国会議員の
11:05
andそして what we我々 do行う is we我々 trackトラック theその performanceパフォーマンス
実績追跡プロジェクトを
11:07
of Kenyanケニアン MPsmps.
立ち上げました
11:09
Myじぶんの partnerパートナー, Mm, who'sだれの aa techハイテク guru教祖, hackedハッキングされた WordPressワードプレス.
仲間のMが用意したサーバー費用に
11:10
Itそれ costsコスト us米国, like好きな, 20 dollarsドル aa month justちょうど forために hostingホスティング.
月に20ドルかかりますが
11:14
Everythingすべて elseelse on thereそこ is aa labor労働 of love.
その他の作業はみんな無償で
11:16
We've私たちは manually手動で entered入った allすべて theその dataデータ thereそこ.
ひとつひとつデータを入力しました
11:20
Andそして you君は canできる get取得する profilesプロファイル of each MPmp,
各人の経歴や国会質問などが
11:22
questions質問 they've彼らは asked尋ねた in parliament議会.
調べられます
11:25
We我々 have持ってる aa commentコメント function関数,
コメント欄に
11:27
whereどこで people canできる ask尋ねる their彼らの MPsmps questions質問.
質問を書き込めば
11:29
Thereそこ are some一部 MPsmps who participate参加する,
国会で質問してくれる
11:31
andそして come来る backバック andそして ask尋ねる.
議員もいます
11:33
Andそして basically基本的に, we我々 started開始した thisこの becauseなぜなら we我々 wereあった tired疲れた
これまでは政治家を批判することに
11:34
of complaining文句を言う about our我々の politicians政治家.
国民は疲れきっていました
11:36
You君は know知っている, I believe信じる thatそれ accountability説明責任 stems fromから demandデマンド.
国民が要求しなければ政治家は説明しません
11:39
You'reあなたは notない justちょうど going行く to be〜する accountable説明責任
政治家の良心に期待しても
11:42
outでる of theその goodness良さ of yourきみの heartハート.
無駄です
11:44
Andそして we我々 asとして Africansアフリカ人 need必要 to start開始 challenging挑戦 our我々の leaders指導者.
アフリカ人も議員の行動に
11:45
What are they彼ら doingやっている?
注目しましょう
11:48
You君は know知っている, they're彼らは notない going行く to change変化する
今のままでは
11:50
justちょうど outでる of nowhereどこにも.
何も変わりません
11:51
Soそう we我々 need必要 new新しい policiesポリシー, we我々 need必要 ---
私達に必要な新しい政策
11:53
where'sどこですか thatそれ coming到来 fromから, you君は know知っている?
それは誰が作るのか?
11:55
Another別の thingもの is thatそれ theseこれら leaders指導者
国の指導者達は
11:57
are aa reflection反射 of our我々の society社会.
社会を映す鏡なのです
11:59
We我々 talkトーク about Africanアフリカ人 governments政府
アフリカの政府で
12:02
like好きな they've彼らは beenされている dropped落とした fromから Mars火星, you君は know知っている?
会議をするのは火星人ではなく
12:04
They彼ら come来る fromから us米国.
私達と同じ人間です
12:07
Andそして what is itそれ about our我々の society社会 thatそれ is generating生成する leaders指導者 thatそれ we我々 don'tしない like好きな?
国民が嫌う政治家を選ぶ社会を
12:09
Andそして howどうやって canできる we我々 change変化する thatそれ?
変えるためには?
12:13
Soそう Mzalendoマザレンド wasあった one1 small小さい way方法 we我々 thought思想 we我々 couldできた start開始
指導者に説明責任を果たさせるように
12:15
inspiring感動的な people to start開始 holdingホールディング their彼らの leaders指導者 accountable説明責任.
「ムザレンド」は国民の教育を始めています
12:19
Whereどこで do行う we我々 go行く fromから hereここに?
お集まりのみなさん
12:23
I believe信じる in theその powerパワー of ideasアイデア.
意見を共有するのは
12:25
I believe信じる in theその powerパワー of sharing共有 knowledge知識.
素晴らしいことです
12:27
Andそして I'd私は ask尋ねる allすべて of you君は, whenいつ you君は leave離れる hereここに, pleaseお願いします justちょうど shareシェア,
みなさんが帰宅され ここで得た知恵を
12:29
andそして keepキープ theその ideasアイデア thatそれ you'veあなたは gotten得た outでる of hereここに going行く,
誰かに話してもらうことで
12:34
becauseなぜなら itそれ canできる make作る aa difference.
将来が変わるかもしれません
12:37
Theその otherその他 thingもの I want欲しいです to urge衝動 you君は to do行う
そしてまたぜひとも
12:40
is take取る an interest利子 in theその individual個人.
個人の話に耳を傾けてください
12:42
I've私は had持っていました lotsロット of conversations会話 about thingsもの I think思う
アフリカに必要なことを
12:45
need必要 to be〜する happeningハプニング in Africaアフリカ.
いろいろ話しましたが
12:48
People are like好きな, "OKOK, ifif you君は don'tしない do行う aid援助,
私は援助活動はしない
12:50
I'm私は aa bleeding出血 heartハート liberalリベラル, what canできる I do行う?"
血気盛んなリベラル派だと
12:52
Andそして whenいつ I talkトーク about myじぶんの ideasアイデア, they're彼らは like好きな,
思われそうです
12:55
"BButbbut it'sそれは notない scalableスケーラブルな, you君は know知っている.
確かに私の考えを
12:56
Give与える me something何か I canできる do行う with〜と Paypalペイパル."
お金で計るのは
12:58
It'sそれは notない thatそれ easy簡単, you君は know知っている?
難しいことです
13:00
Andそして sometimes時々 justちょうど taking取る an interest利子 in theその individual個人,
しかしたまには仲間や同僚の意見に
13:02
in theその fellowsフェロー you'veあなたは met会った, andそして theその businesspeople社会人 you'veあなたは met会った,
耳を傾けてください
13:06
itそれ canできる make作る aa huge巨大 difference, especially特に in Africaアフリカ,
だいぶ考えが変わるはずです
13:09
becauseなぜなら usually通常 theその individual個人 in Africaアフリカ
アフリカの人々は
13:11
carries運ぶ aa lotロット of people behind後ろに themそれら.
支えあって生活しています
13:13
Practically事実上. I mean平均, whenいつ I wasあった aa first-year1年目 student学生 in law法律 school学校,
私がロースクールの一年生のとき
13:15
myじぶんの mom'sママ businessビジネス had持っていました collapsed崩壊した, soそう I wasあった supportingサポートする her彼女.
母が失業し 私が母を手伝いました
13:20
Myじぶんの sisterシスター wasあった struggling苦しい to get取得する throughを通して undergrad大学生.
私は大学生の妹の
13:24
I wasあった helping助ける her彼女 pay支払う her彼女 tuition授業料.
学費を払い
13:26
Myじぶんの cousinいとこ ran走った outでる of school学校 fees手数料, andそして she's彼女は really本当に smartスマート.
貧しかった優秀ないとこの
13:28
I wasあった paying払う her彼女 school学校 fees手数料.
学費を払いました
13:31
Aa cousinいとこ of mine鉱山 died死亡しました of AIDSエイズ, left an orphan孤児,
いとこがエイズで亡くなると
13:32
soそう we我々 said前記, wellよく, what are we我々 going行く to do行う with〜と her彼女?
残された子どもを
13:35
You君は know知っている, she's彼女は now myじぶんの baby赤ちゃん sisterシスター.
母が引き取りました
13:37
Andそして becauseなぜなら of theその opportunities機会 thatそれ wereあった afforded与えられた to me,
私はこれらの人々を
13:39
I am午前 ableできる to liftリフト allすべて thoseそれら people.
救えたからです
13:41
Soそう, don'tしない underestimate過小評価する thatそれ.
そうした事が大切なのです
13:43
An example. Thisこの manおとこ changedかわった myじぶんの life生活.
私の人生を変えたのは
13:47
He's彼は aa professor教授. He's彼は now at〜で Vanderbiltバンダービルト.
バンダービルト大学の
13:49
He's彼は an undergrad大学生 professor教授, Mitchellミッチェル Seligsonセリグソン.
ミッチェル教授でした
13:51
Andそして becauseなぜなら of him, I got持っている into Harvardハーバード Law法律 School学校,
教授に ハーバード進学を
13:54
becauseなぜなら he took取った an interest利子.
勧められました
13:56
I wasあった taking取る aa classクラス of his, andそして he wasあった justちょうど like好きな,
とても熱心に授業を聴いていたので
13:57
thisこの is an overeager肥満者 student学生,
冷めた態度の米国人の中で
14:01
whichどの we我々 don'tしない normally通常は get取得する in theその Unitedユナイテッド States,
目立ってしまい
14:03
becauseなぜなら everyoneみんな elseelse is cynicalシニカル andそして jaded疲れた.
個人的に呼び出されました
14:05
He calledと呼ばれる me to his office事務所 andそして said前記,
進路をきかれて
14:09
"What do行う you君は want欲しいです to do行う whenいつ you君は grow成長する upアップ?"
弁護士になりたいと
14:10
I said前記, "I want欲しいです to be〜する aa lawyer弁護士."
私が言うと
14:11
Andそして he wasあった like好きな, "Whyなぜ? You君は know知っている,
米国は弁護士が多すぎるのに
14:12
we我々 don'tしない need必要 another別の lawyer弁護士 in theその Unitedユナイテッド States."
どうしてかと言われ
14:15
Andそして he tried試した to talkトーク me outでる of itそれ,
理由を話しました
14:17
butだけど itそれ wasあった like好きな, "OKOK, I know知っている nothing何も about applying申請中 to law法律 school学校,
教授は政治学専攻で法学部は
14:19
I'm私は poli-sciポリスキ Phph.Dd.
分からないが
14:22
Butだけど, you君は know知っている, let'sさあ figure数字 outでる what I need必要 you君は to do行う,
できる限りの協力を
14:23
what I need必要 to do行う to help助けて you君は outでる."
約束してくれました
14:27
Itそれ wasあった like好きな, "Whereどこで do行う you君は want欲しいです to go行く?"
どの学校が良いか
14:28
Andそして to me at〜で thatそれ time時間 university大学 ---
尋ねられた私は
14:30
I wasあった at〜で University大学 of Pittsピッチ forために undergrad大学生,
当時通っていた大学は
14:31
andそして thatそれ wasあった like好きな heaven天国, OKOK,
ケニアの大学に比べれば
14:33
becauseなぜなら compared比較した to what couldできた have持ってる beenされている in Kenyaケニア.
天国のようだったので
14:35
Soそう I'm私は like好きな, "Yeahええ, I'm私は justちょうど applying申請中 to Pittピット forために law法律 school学校."
そこの名前を言いました
14:37
He wasあった like好きな, "Whyなぜ? You君は know知っている, you'reあなたは smartスマート,
すると教授は
14:40
you君は have持ってる allすべて theseこれら thingsもの going行く forために you君は."
君はもっと賢いのにと言ったのです
14:42
Andそして I'm私は like好きな, "Becauseなぜなら I'm私は hereここに andそして it'sそれは cheap安いです,
でも 学費も安いし
14:44
andそして you君は know知っている, I kind種類 of like好きな Pittsburghピッツバーグ."
土地柄も好きだと言うと
14:46
Like好きな, that'sそれは theその dumbest愚かな reason理由 I've私は everこれまで heard聞いた
そんな受験生なんて
14:49
forために applying申請中 to law法律 school学校.
聞いたことがないと言われました
14:51
Andそして, you君は know知っている, soそう he took取った me under his wing, andそして he encouraged奨励 me.
そして教授は私をこう励ましてくれました
14:53
Andそして he said前記, "Look見える, you君は canできる get取得する into Harvardハーバード,
「あなたほど優秀なら
14:57
you'reあなたは thatそれ good良い, OKOK?
ハーバードに入れる
14:59
Andそして ifif they彼ら don'tしない admit認める you君は, they're彼らは theその onesもの who are messed乱された upアップ."
君を入学させないなら 向こうが間違っている」
15:00
Andそして he built建てられた me upアップ, you君は know知っている?
それでその気になりました
15:05
Andそして thisこの is justちょうど an illustration.
これは ほんの一例で
15:07
You君は canできる meet会う otherその他 individuals個人 hereここに.
ここにいる他の人も
15:09
We我々 justちょうど need必要 aa push押す.
ほんの一歩
15:11
That'sそれは allすべて I needed必要な wasあった aa push押す to go行く to theその next levelレベル.
踏み出せば 次の段階に進めるのです
15:12
Basically基本的に, I want欲しいです to end終わり with〜と myじぶんの visionビジョン forために Africaアフリカ, you君は know知っている?
最後に私が描くアフリカ像をお話します
15:18
Aa gentleman紳士 spokeスポーク yesterday昨日 about theその indignity侮辱
昨日 一人の紳士が
15:25
of us米国 having持つ to leave離れる theその continent大陸
アフリカ大陸を離れざるを得なかったことで
15:27
soそう thatそれ we我々 canできる fulfill満たす our我々の potential潜在的な.
才能を発揮できたと言いました
15:32
You君は know知っている, myじぶんの visionビジョン is thatそれ myじぶんの daughter,
私は娘を含めた
15:35
andそして anyどれか otherその他 Africanアフリカ人 child beingであること bornうまれた today今日,
アフリカ人の子ども達に
15:37
canできる be〜する whoever誰でも they彼ら want欲しいです to be〜する hereここに,
アフリカを離れることなく
15:41
withoutなし having持つ to leave離れる.
やりたい仕事をし
15:45
Andそして they彼ら canできる have持ってる theその possibility可能性 of transcending超越する
生まれた環境から抜け出して
15:47
theその circumstances状況 under whichどの they彼ら wereあった bornうまれた.
上のレベルに行って欲しい
15:51
That'sそれは one1 thingもの you君は Americansアメリカ人 take取る forために granted付与された, you君は know知っている?
米国人なら誰でも
15:54
Thatそれ you君は canできる grow成長する upアップ, you君は know知っている, notない soそう good良い circumstances状況,
生まれた環境が悪ければ
15:57
andそして you君は canできる move動く.
引っ越せばいいと考えます
16:01
Justちょうど becauseなぜなら you君は are bornうまれた in rural農村 Arkansasアーカンソー, whateverなんでも,
アーカンサス生まれと言うことに
16:04
thatそれ doesn'tしない define定義する who you君は are.
深い意味はない
16:08
Forために most最も Africansアフリカ人 today今日, whereどこで you君は liveライブ, orまたは whereどこで you君は wereあった bornうまれた,
しかし多くのアフリカ人にとっては
16:09
andそして theその circumstances状況 under whichどの you君は wereあった bornうまれた,
生まれた環境によって人生が
16:15
determine決定する theその rest残り of yourきみの life生活.
決まってしまうのです
16:18
I would〜する like好きな to see見る thatそれ change変化する,
この状況を変えて下さい
16:20
andそして theその change変化する starts開始する with〜と us米国.
私達が変えるのです
16:22
Andそして asとして Africansアフリカ人, we我々 need必要 to take取る responsibility責任 forために our我々の continent大陸.
アフリカ人として責任を持ちましょう
16:24
Thank感謝 you君は.
ありがとう
16:28
(Applause拍手)
(拍手)
16:29
Translated by Chieko Tamakawa
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Ory Okolloh - Blogger and activist
Ory Okolloh maintains the blog Mzalendo, providing an unprecedented look at the doings of Kenya's parliament -- information once unavailable to Kenyan citizens.

Why you should listen

Ory Okolloh is a blogger and open-government activist. She runs Mzalendo, a pioneering civic website that tracks the performance of Kenya's Parliament and its Parliamentarians. With a vote tracker, articles and opinion pieces, the site connects Kenyans to their leaders and opens the lid on this powerful and once-secretive body. (This is a Parliament that finally agreed to have its procedings televised in August 2008.)

Okolloh's own blog is called Kenyan Pundit, and it tracks her work with Mzalendo and her other efforts as part of the rebuilding of Kenya, following the post-election violence in late 2007 (she collected a powerful series of diaries of the violence, dozens of essays from Kenyans and others -- well worth a read).

Okolloh is part of a wave of young Africans who are using the power of blogging, SMS and web-enabled openness to push their countries forward and help Africans to truly connect. Tools like Ushahidi help to link a people whose tribal differences, as Okolloh points out again and again, are often cynically exploited by a small group of leaders. Only by connecting Africans can this cycle be broken.

More profile about the speaker
Ory Okolloh | Speaker | TED.com