English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2010

Peter Molyneux: Meet Milo, the virtual boy

ピーター・モリニューによるバーチャルボーイ 「マイロ」のデモ

Filmed
Views 736,172

ピーター・モリニューが、マイクロソフト社開発キネクト対応の待望ビデオゲーム「マイロ」のデモを行います。まるで本物の11歳のように鋭く感受性の高いこのバーチャルボーイは、見つめ、耳を傾け、学習し、そしてあなたを認識し、あなたに反応します。

- Game changer
The head of Microsoft's European games division, Peter Molyneux is building an astonishing new "virtual friend" who interacts with you. Full bio

Whenいつ I saw見た aa pieceピース of technology技術 calledと呼ばれる Kinectキネクト ---
以前はナタル と呼ばれていた―
00:16
itそれ wasあった calledと呼ばれる Natal出生 --- I wasあった inspiredインスピレーションを受けた,
キネクト というテクノロジを初めて見たとき
00:19
andそして I thought思想 forために aa moment瞬間,
これで ストーリーテリングの
00:22
maybe多分 it'sそれは possible可能
一方通行の味気無さが
00:24
to address住所 thatそれ one1 problem問題 of storytellingストーリーテリング,
なくなる!と思いました
00:26
to create作成する aa characterキャラクター
生きているかのように
00:29
whichどの seemed見えた alive生きている,
プレイヤーを認識でき
00:32
whichどの noticed気づいた me,
見つめ返してくる―
00:34
thatそれ couldできた look見える me in theその eyes
そんなキャラクタと共に
00:36
andそして feel感じる realリアル,
物語をつむぐことも
00:38
andそして sculpt彫刻 aa storyストーリー about our我々の relationship関係.
夢ではない!と思いました
00:40
Andそして soそう aa year ago,
1年前に私は
00:43
I showed示した thisこの offオフ
ゲーム展示会 “E3”で
00:46
at〜で aa computerコンピューター showショー calledと呼ばれる Ee3.
この技術のデモ映像を 公開しました
00:48
Andそして thisこの wasあった aa pieceピース of technology技術
クレアという女性が
00:51
with〜と someone誰か calledと呼ばれる Claireクレア interacting相互作用する with〜と thisこの boy男の子.
男の子と話すものでした
00:53
Andそして thereそこ wasあった aa huge巨大 row onlineオンライン
するとネット上で “できっこないさ!”
00:56
about, "Heyねえ, thisこの can'tできない be〜する realリアル."
という声が 飛び交いました
00:59
Andそして soそう I waited待った tillまで now
ですから 今日は
01:02
to have持ってる an actual実際の demoデモ
ゲームの実際のデモを
01:04
of theその realリアル techハイテク.
ご覧に入れようと思います
01:06
Now, thisこの techハイテク incorporates組み込む
このテクノロジには
01:08
three big大きい elements要素.
大きな要素が 3つあります
01:10
Theその first最初 is aa Kinectキネクト cameraカメラ,
1つ目は 11月発売の
01:12
whichどの will意志 be〜する outでる in November11月,
キネクトカメラです
01:14
some一部 incredible信じられない AI
2つ目は 優秀なAIです
01:17
thatそれ wasあった hidden隠された in theその dustyほこりの多い vaults金庫,
マイクロソフト社の片隅で
01:19
collecting収集する dustほこり
見向きもされず
01:22
in Microsoftマイクロソフト,
埃をかぶっていた物です
01:24
plusプラス our我々の quiteかなり crude原油
3つ目は 我々が
01:26
attempts試み at〜で AI
ライオンヘッド社でやっていた
01:28
at〜で aa company会社 calledと呼ばれる Lionheadライオンヘッド,
荒削りなAIの試みです
01:30
mixing混合 allすべて thoseそれら thingsもの together一緒に
これらを組み合わせ
01:33
justちょうど to get取得する to thisこの one1 simple単純 ideaアイディア:
コンピュータ上に
01:35
to create作成する aa realリアル, living生活
生きた人間を作り出す夢を
01:38
beingであること in aa computerコンピューター.
実現しようとしました
01:41
Now, I'll私はよ be〜する honest正直な with〜と you君は
種を明かしますと
01:43
andそして sayいう thatそれ most最も of itそれ
この技術のほとんどは
01:46
is justちょうど aa trickトリック,
単なるトリックです
01:48
butだけど it'sそれは aa trickトリック thatそれ actually実際に works作品.
ですが 巧妙なトリックです
01:50
Soそう whyなぜ don'tしない we我々 go行く over以上 andそして have持ってる
では 早速
01:53
aa look見える at〜で theその demoデモ now.
デモに移りましょう
01:55
Thisこの is Dimitriディミトリ.
こちらは ディミトリです
01:57
Dimitriディミトリ, justちょうど waggle揺れる yourきみの arm aroundまわり.
手を 動かしてくれますか?
01:59
Now, you君は notice通知 he's彼は sitting座っている.
彼は座ったままです
02:02
Thereそこ are noいいえ controllersコントローラ,
コントローラもなければ
02:04
noいいえ keyboardsキーボード,
キーボードもありません
02:06
orまたは miceマウス,
マウスも ジョイスティックも
02:08
orまたは joysticksジョイスティック, orまたは joypadsジョイパッド.
ゲームパッドもありません
02:10
He is justちょうど going行く to useつかいます
彼が使うのは
02:13
his handハンド, his body andそして his voice音声,
自分の手と 体と 声だけです
02:15
justちょうど like好きな humans人間 interact相互作用する with〜と their彼らの hands, body andそして voice音声.
まるで 人間同士のコミュニケーションです
02:18
Soそう let'sさあ move動く forward前進.
続けて見ていきましょう
02:21
You'reあなたは going行く to meet会う Miloミロ forために theその first最初 time時間.
マイロを ご紹介します
02:23
We我々 had持っていました to give与える him aa problem問題
ここだけの話…
02:27
becauseなぜなら whenいつ we我々 first最初 created作成した Miloミロ,
生まれてきたとき
02:29
we我々 realized実現した thatそれ he came来た across横断する asとして aa little少し bitビット of aa bratかっこ,
マイロは ちょっと
02:31
to be〜する honest正直な with〜と you君は.
わがままでした
02:33
He wasあった quiteかなり aa know-it-allそれをすべて知っています,
知ったかぶりだし
02:35
andそして he wanted欲しい to kind種類 of make作る you君は laugh笑い.
お調子者でもあった彼に
02:37
Soそう theその problem問題 we我々 introduced導入された to him wasあった thisこの:
私たちは 課題を与えるべく
02:39
he's彼は justちょうど moved移動した house.
引越しをさせました
02:41
He's彼は moved移動した fromから Londonロンドン
ロンドンを離れ やってきたのは
02:43
to New新しい Englandイングランド, over以上 in Americaアメリカ.
アメリカのニューイングランドです
02:45
His parents are tooあまりにも busy忙しい
両親は とても忙しく
02:48
to listen聴く to his problems問題,
かまってくれないので マイロは
02:50
andそして that'sそれは whenいつ he starts開始する almostほぼ conjuring思い通りの you君は upアップ.
心の中に あなたを作り出します
02:52
Soそう hereここに he is
あなたは マイロの歩く
02:55
walking歩く throughを通して theその grass.
あちら側の世界と
02:57
Andそして you'reあなたは ableできる to interact相互作用する with〜と his world世界.
やりとりができます
02:59
Theその coolクール thingもの is, what we're私たちは doingやっている
あなたとの交流を通して
03:02
is we're私たちは changing変化 theその mindマインド
マイロの精神は 絶えず
03:05
of Miloミロ constantly常に.
影響を受けるので
03:07
Thatそれ means手段 noいいえ two people's人々の Milosマイロス
二人として 同じマイロは
03:09
canできる be〜する theその same同じ.
存在しません
03:12
You'reあなたは actually実際に sculpting彫刻 aa human人間 beingであること hereここに.
各プレイヤーが 人格を育みます
03:14
Soそう, he's彼は discovering発見する theその garden庭園.
何か 見つけたようですね
03:19
You'reあなたは helping助ける him discover発見する theその garden庭園
お手伝い しましょうか
03:21
by〜によって justちょうど pointingポインティング outでる theseこれら snailsカタツムリ.
カタツムリを 指差してみましょう
03:23
Very非常に simple単純 at〜で theその start開始.
最初は とても単純です
03:27
By〜によって theその way方法, ifif you君は are aa boy男の子, it'sそれは snailsカタツムリ;
ちなみに男の子なら カタツムリで
03:29
ifif you'reあなたは aa girl女の子, it'sそれは butterflies
女の子なら チョウです 彼女ら―
03:32
becauseなぜなら what we我々 found見つけた wasあった thatそれ girls女の子 hate嫌い snailsカタツムリ.
カタツムリがダメ なんでしょう?
03:35
(Laughter笑い)
(笑)
03:38
Soそう remember思い出す, thisこの is theその first最初 time時間 you'veあなたは met会った him,
これが マイロとの出会いの場面です
03:44
andそして we我々 really本当に want欲しいです to drawドロー you君は in andそして make作る you君は moreもっと curious好奇心.
ゲームに引き込む工夫が 沢山あります
03:47
His face, by〜によって theその way方法,
彼の表情は完全に
03:52
is fully完全に AI-drivenAIドリブン.
AIで作られています
03:54
We我々 have持ってる completeコンプリート controlコントロール over以上 his blush赤面 responses反応,
たとえば 赤面の具合から
03:56
theその diameter直径 of his nostrils鼻孔
怒ったときの 鼻孔の直径まで
03:59
to denote意味する stress応力.
すべて制御されています
04:02
We我々 actually実際に do行う something何か calledと呼ばれる body matchingマッチング.
ボディ マッチングを採用しており
04:04
Ifif you'reあなたは leaning傾く forward前進,
プレイヤーが顔を近づけると
04:06
he will意志 tryお試しください andそして slightly少し change変化する
マイロは緊張して
04:08
theその neuro-linguistic神経言語学的 nature自然 of his face,
表情に変化が現れます
04:10
becauseなぜなら we我々 went行った outでる with〜と thisこの strong強い ideaアイディア:
これは 本物らしさを
04:13
howどうやって canできる we我々 make作る you君は believe信じる thatそれ something's何か realリアル?
追求した結果です
04:15
Now we've私たちは used中古 theその handハンド.
では 手の次に
04:18
Theその otherその他 thingもの to useつかいます is yourきみの body.
体での操作に移りましょう
04:20
Whyなぜ notない justちょうど, instead代わりに of pushing押して left andそして right
マウスや ゲームパッドを
04:23
with〜と aa mouseマウス orまたは with〜と aa joypadジョイパッド,
左右に押す代わりに
04:26
whyなぜ notない useつかいます yourきみの body justちょうど to leanリーン on theその chair椅子 ---
椅子に腰かけて
04:29
again再び, relaxedリラックスした?
リラックスしてください
04:31
You君は canできる leanリーン backバック,
ゆったり座っていても
04:33
butだけど theその cameraカメラ will意志 change変化する itsその perspective視点
プレイヤーの視線に応じて
04:35
depending依存する on whichどの way方法 you'reあなたは looking探している.
視界が変わります
04:37
Soそう Dimitri'sディミトリス now going行く to useつかいます ---
今から ディミトリが
04:41
he's彼は used中古 his handハンド; he's彼は used中古 his body.
手や 体の次に
04:43
He's彼は now going行く to useつかいます theその otherその他 thingもの whichどの is essential本質的な,
声を使った操作を
04:45
andそして that'sそれは his voice音声.
披露してくれます
04:48
Now, theその thingもの about voice音声 is,
音声操作と言えば
04:50
our我々の experience経験 with〜と voice音声 recognition認識
上手くいかない場合が
04:52
is prettyかなり awful補うステまにくるににステまし補うま, isn'tない itそれ?
多くありませんか?
04:54
Itそれ never決して works作品.
音声操作で 航空券を買うと
04:56
You君は order注文 an airline航空会社 ticketチケット; you君は end終わり upアップ in Timbuktuチームブレッド.
見当違いなとこへ飛ばされたり…
04:58
Soそう we've私たちは tackled取り組む thatそれ problem問題,
私たちは それを克服し
05:02
andそして we've私たちは come来る upアップ with〜と aa solution溶液, whichどの we'll私たちは see見る in aa second二番.
こちらを実現させました
05:04
Miloミロ: I couldできた justちょうど squishスカッシュ itそれ.
マイロ:踏み潰そうかな…
05:07
Peterピーター Molyneuxモリヌー: What are you君は going行く to do行う, Dimitriディミトリ?
ピーター:どうします ディミトリ?
05:09
Female女性 Voice音声: Squashing押しつぶす aa snailカタツムリ mayかもしれない notない seem思われる important重要,
女性:潰すか否かの
05:11
butだけど remember思い出す, even偶数 thisこの choice選択
小さな選択も
05:13
will意志 affect影響を与える howどうやって Miloミロ develops発展する.
マイロの人格形成に 影響します
05:15
Do行う you君は want欲しいです Miloミロ to squashスカッシュ itそれ?
踏み潰させますか?
05:18
Whenいつ you君は see見る theその microphoneマイクロフォン,
マイクが表示されたら
05:20
sayいう ... (PM午後: Squashスカッシュ.) ... yesはい to decide決めます.
“はい” と言いましょう (ピーター:潰せ)
05:22
Dimitriディミトリ: Go行く on, Miloミロ. Squashスカッシュ itそれ.
ディミトリ:よし マイロ 潰せ!
05:24
PM午後: Noいいえ. That'sそれは theその wrong違う thingもの to do行う.
ピーター:あらら 悪い子ですね(笑)
05:27
Now look見える at〜で his response応答.
マイロの行動 見ました?
05:29
He said前記, "Go行く on, Miloミロ. Squashスカッシュ itそれ."
“よし マイロ 潰せ” に反応しましたね
05:31
What we're私たちは usingを使用して thereそこ is,
ここで使われているのは
05:34
we're私たちは usingを使用して something何か, aa pieceピース of technology技術 calledと呼ばれる Tellme教えてください.
マイクロソフト社が買収した
05:36
It'sそれは aa company会社 thatそれ Microsoftマイクロソフト acquired獲得しました some一部 years ago.
Tellme という技術です
05:38
We've私たちは got持っている aa databaseデータベース of words言葉 whichどの we我々 recognize認識する.
言語データベースが
05:41
We我々 pickピック thoseそれら words言葉 outでる.
プレイヤーの話す
05:43
We我々 alsoまた、 reference参照 thatそれ
言葉を拾ったら
05:45
with〜と theその tonation調子 databaseデータベース
声調データベースが
05:47
thatそれ we我々 buildビルドする upアップ of Dimitri'sディミトリス voice音声,
そのトーンを識別した上で
05:49
orまたは theその user'sユーザーの voice音声.
その意味が解釈されます
05:52
Now we我々 need必要 to have持ってる aa bitビット moreもっと engagementエンゲージメント,
もう少し 遊んでみましょう
05:54
andそして again再び, what we我々 canできる do行う
体を使った操作を
05:57
is we我々 canできる look見える at〜で theその body.
見てみましょう
05:59
Andそして we'll私たちは do行う thatそれ in aa second二番.
こういう感じです
06:01
Miloミロ: I wonderワンダー howどうやって deep深い itそれ is.
マイロ:深いのかな?
06:03
Deep深い.
深いや…
06:13
PM午後: Okayはい. Soそう what we're私たちは going行く to do行う now
ピーター:では 今から
06:16
is teach教える Miloミロ to skimスキム stones.
マイロに 水切りを
06:18
We're私たちは actually実際に teaching教える him.
教えましょう
06:21
It'sそれは very非常に, very非常に interesting面白い
興味深い点ですが
06:23
thatそれ men男性, moreもっと thanより women女性,
男性はここで すぐに
06:25
tend傾向がある to be〜する moreもっと competitive競争する hereここに.
競争に持っていこうとします
06:27
They're彼らは fine細かい with〜と teaching教える Miloミロ forために theその first最初 few少数 throwsスロー,
最初の数回 教えると
06:30
butだけど then次に they彼ら want欲しいです to beatビート Miloミロ,
すぐに 負かしにかかります
06:33
whereどこで women女性,
それに比べ 女性は
06:35
they're彼らは moreもっと nurturing育てる about thisこの.
丁寧に育成しようとします
06:37
Okayはい, thisこの is skimmingスキミング stones.
水切りを やってみましょう
06:43
Howどうやって do行う you君は skimスキム stones?
やり方は 簡単です
06:45
You君は standスタンド upアップ,
まずは 立って
06:48
andそして you君は skimスキム theその stone.
石で 水を切る
06:51
It'sそれは thatそれ simple単純.
簡単ですね
06:53
Justちょうど recognizing認識 yourきみの body,
このテクノロジは
06:55
recognizing認識 theその body's身体 motions動き, theその techハイテク,
あなたの位置や 動きから
06:57
understanding理解 thatそれ you'veあなたは gone行った
座っていたあなたが
06:59
fromから sitting座っている downダウン to standing立っている upアップ.
今は立っていることを 把握します
07:01
Again再び, allすべて of thisこの is done完了
ちょうど人間がやるように
07:04
in theその way方法 us米国 humans人間 do行う thingsもの,
そう把握するのです
07:06
andそして that'sそれは crucially決定的に important重要
このテクノロジが マイロを
07:08
ifif we我々 want欲しいです Miloミロ to appear現れる realリアル.
より人間らしく しています
07:11
Female女性 Voice音声: See見る ifif you君は canできる inspireインスピレーション him to do行う anyどれか betterより良い.
女性:もっと上達させましょう
07:13
Tryお試しください hittingヒッティング theその boatボート.
ボートを狙いましょう
07:21
Miloミロ: Ahhhああ. Soそう close閉じる.
マイロ:ああ… 惜しい
07:25
PM午後: That'sそれは Dimitriディミトリ at〜で his most最も competitive競争する.
ピーター:勝負モード全開のディミトリに
07:33
Now beaten殴られた an 11-year-old-歳 child. Wellよく done完了.
打ち負かされた11歳…お見事です(笑)
07:35
Miloミロ: Okayはい.
マイロ:はーい
07:39
PM午後: Soそう, Milo'sミロの beingであること calledと呼ばれる backバック in by〜によって his parents,
ピーター:マイロが両親に呼ばれました
07:42
giving与える us米国 time時間 to be〜する alone単独で
せっかくなので
07:45
andそして to help助けて him outでる.
少し 別行動しましょう
07:47
Basically基本的に --- theその bitビット thatそれ we我々 missed逃した at〜で theその start開始 ---
実は マイロは両親から
07:49
his parents had持っていました asked尋ねた him to cleanクリーン upアップ his roomルーム.
部屋を片付けるよう 言われていました
07:51
Andそして we're私たちは going行く to help助けて him with〜と thisこの now.
ここは 私たちの出番です
07:54
Butだけど thisこの is going行く to be〜する an introduction前書き,
部屋をきれいにして
07:56
andそして thisこの is allすべて about theその deep深い psychology心理学 thatそれ we're私たちは trying試す to useつかいます.
彼の深層心理に 働きかけましょう
07:58
We're私たちは trying試す to introduce紹介する you君は
とうとうマイロと
08:01
to what I believe信じる is theその most最も wonderful素晴らしい part,
言葉を交わす時が来ました
08:03
you君は beingであること ableできる to talkトーク
これが このテクノロジの
08:06
in yourきみの naturalナチュラル voice音声 to Miloミロ.
醍醐味だと思っています
08:08
Now, to do行う thatそれ, we我々 needed必要な aa setセット upアップ,
これには 場面設定が
08:11
like好きな aa magician's魔術師 trickトリック.
必要でしたので
08:13
Andそして what we我々 didした wasあった,
私たちはマイロに
08:15
we我々 needed必要な to give与える Miloミロ thisこの big大きい problem問題.
問題を起こさせました
08:17
Soそう asとして Dimitriディミトリ
ディミトリが 片付けを始めると
08:19
starts開始する tidying整える upアップ,
両親とマイロの
08:22
you君は canできる overhearオーバーヘア aa conversation会話
言い争いが
08:24
thatそれ Milo'sミロの having持つ with〜と his parents.
聞こえてくるはずです
08:26
Milo'sミロの Momママ: Ohああ, you'veあなたは got持っている gravyグレービー allすべて over以上 theその floor. (Miloミロ: I didn'tしなかった mean平均 to!)
母:なによ このシミ! (マイロ:わざとじゃないさ)
08:28
Milo'sミロの Momママ: Thatそれ carpetカーペット is brandブランド new新しい.
母:これ新品なのよ!
08:30
PM午後: Soそう he's彼は justちょうど spilledこぼれた
ピーター:どうやら ソーセージを
08:32
aa plateプレート of sausagesソーセージ on theその floor,
新品の絨毯に落として
08:34
on theその brand-new真新しい carpetカーペット.
叱られたようですね
08:36
We've私たちは allすべて done完了 itそれ asとして parents; we've私たちは allすべて done完了 itそれ asとして children子供.
誰にでも 経験のある話です
08:38
Now's aa chanceチャンス forために Dimitriディミトリ
ここで ディミトリの出番です
08:41
to kind種類 of reassure安心する andそして calm落ち着いた Miloミロ downダウン.
元気付けてやりましょう
08:43
It'sそれは allすべて beenされている tooあまりにも muchたくさん forために him.
マイロは今 大変なのです
08:45
He's彼は justちょうど moved移動した house. He's彼は got持っている noいいえ friends友達.
まだ 友達もいません
08:47
Now is theその time時間
だから 今こそが
08:50
whenいつ we我々 open開いた thatそれ portalポータル
あちらと こちらを繋ぐ
08:52
andそして allow許す you君は to talkトーク to Miloミロ.
扉を開く時なのです
08:54
Female女性 Voice音声: Whyなぜ don'tしない you君は tryお試しください saying言って something何か encouraging励ます
女性:どうぞマイロを
08:57
to cheer応援 Miloミロ upアップ.
励ましてやってください
09:00
Dimitriディミトリ: Come来る on, Miloミロ. You君は know知っている what parents are like好きな.
なあ マイロ 元気出せよ
09:02
They're彼らは always常に getting取得 stressed強調された.
親なんてみんな あんなさ
09:04
Miloミロ: What do行う they彼ら want欲しいです to come来る hereここに forために anywayとにかく?
どうして ここへ来たんだろう?
09:08
We我々 don'tしない know知っている anyone誰でも.
知り合いも いないのに…
09:12
Dimitriディミトリ: Wellよく, you'veあなたは got持っている aa new新しい school学校 to go行く to.
新しい学校に 行くんだろ
09:15
You'reあなたは going行く to meet会う loads負荷 of coolクール, new新しい friends友達.
良い友達が いっぱいできるぞ
09:17
Miloミロ: I justちょうど really本当に missミス myじぶんの old古い house, that'sそれは allすべて.
前の家が 恋しいんだ それだけさ…
09:22
Dimitriディミトリ: Wellよく, thisこの is aa prettyかなり awesome驚くばかり house, Miloミロ.
この家も悪くないぞ マイロ
09:28
You'veあなたは got持っている aa coolクール garden庭園 to play遊びます in andそして aa pond.
庭もあるし 池もあるだろ
09:30
Miloミロ: Itそれ wasあった good良い skimmingスキミング stones.
水切り 楽しかったよ
09:37
Thisこの looks外見 niceいい.
あれ この部屋…
09:47
You君は cleaned清掃された upアップ myじぶんの roomルーム.
掃除してくれたの?
09:50
Thanksありがとう.
ありがとう
09:52
PM午後: Soそう after three-quarters4分の3 of an hour時間,
ピーター:45分程で マイロは
09:54
he recognizes認識する you君は.
初めてあなたに気が付きます
09:56
Andそして I promise約束する you君は, ifif you'reあなたは sitting座っている in frontフロント of thisこの screen画面,
これを実際に体験すると
09:58
thatそれ is aa truly真に wonderful素晴らしい moment瞬間.
実に感動的です
10:01
Andそして we're私たちは ready準備完了 now
さあ ぜひとも
10:04
to telltell aa storyストーリー about his childhood子供時代 andそして his life生活,
マイロの人生の
10:06
andそして itそれ goes行く on,
物語をつむいでください
10:08
andそして he has持っている, you君は know知っている, manyたくさんの adventures冒険.
マイロは たくさんの冒険をします
10:10
Some一部 of thoseそれら adventures冒険 are aa little少し bitビット darkダーク orまたは on theその darkerより暗い side.
中には やばいのもありますが
10:12
Some一部 of thoseそれら adventures冒険 are wonderfullyすばらしい encouraging励ます ---
勇気づけられる冒険も いっぱいです
10:15
he's彼は got持っている to go行く to school学校.
学校にも通います
10:17
Theその coolクール thingもの is
そして何より これは
10:19
thatそれ we're私たちは doingやっている asとして wellよく:
あなたの物語でもあるのです
10:21
asとして you君は interact相互作用する with〜と him,
こちらにある物を
10:23
you'reあなたは ableできる to put置く thingsもの into his world世界; he recognizes認識する objectsオブジェクト.
マイロに理解させることもできます
10:25
His mindマインド is basedベース in aa cloud.
彼の“心”は クラウド内に
10:28
Thatそれ means手段 Milo'sミロの mindマインド,
存在します つまり―
10:31
asとして millions何百万 of people useつかいます itそれ,
何百万人が 使うごとに
10:33
will意志 get取得する smarterスマートな andそして clevererより洗練された.
どんどん 賢くなっていくのです
10:35
He'll地獄 recognize認識する moreもっと objectsオブジェクト
物体の認識力も 上がり
10:37
andそして thusしたがって understandわかる moreもっと words言葉.
言語能力も 上がります
10:39
Butだけど forために me,
私は 大きな
10:41
thisこの is aa wonderful素晴らしい opportunity機会
感動を覚えます
10:43
whereどこで technology技術, at〜で last最終, canできる be〜する connected接続された with〜と,
とうとう 邪魔物なく
10:45
whereどこで I am午前 noいいえ longerより長いです restrained拘束された
テクノロジと繋がれるのです
10:48
by〜によって theその finger I holdホールド in myじぶんの handハンド ---
コントローラが消えましたし
10:50
asとして far遠い asとして aa computerコンピューター game'sゲーム concerned心配している ---
ストーリーテリングの観点から言えば
10:52
orまたは by〜によって theその blandnessやさしさ of notない beingであること noticed気づいた
一方通行だった味気無さが
10:54
ifif you'reあなたは watching見ている aa film orまたは aa book.
一気に解消されました
10:56
Andそして I love thoseそれら revolutions回転,
こういう大変革が 大好きです
10:59
andそして I love theその future未来 thatそれ Miloミロ bringsもたらす.
マイロがもたらす未来も 大好きです
11:02
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん indeed確かに.
ご清聴ありがとうございました
11:04
(Applause拍手)
(拍手)
11:06
Translated by Caoli Price
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Peter Molyneux - Game changer
The head of Microsoft's European games division, Peter Molyneux is building an astonishing new "virtual friend" who interacts with you.

Why you should listen

Game geeks have been buzzing about Project Natal for, seemingly, ever -- Microsoft's now-in-development gaming device that goes the Wii one better by allowing your whole body to become the joystick, using touchless, visual-recognition interface technology. What kind of game will be played on this immersive new equipment? Peter Molyneux is working on one that redefines the whole notion of "game" -- Milo.

Milo is a little boy (there's also to be a little girl, Kate) who quite simply acts like a little boy, learning your name, talking with you, going on walks around the lake. It's an immersive, slightly uncanny experience, as seen in the single year-old demo that's still blowing minds on YouTube. Molyneux himself is a game-industry legend who has created many titles. In 1997 he founded Lionhead Studios, makers of Fable, a role-playing game. Microsoft bought Lionhead in 2006, and will release the much-anticipated Fable III in the fall.

More profile about the speaker
Peter Molyneux | Speaker | TED.com