sponsored links
TED Studio

Camille A. Brown: A visual history of social dance in 25 moves

カミーユ・A・ブラウン: 25のムーブから見る、アメリカの大衆ダンスの歴史

June 1, 2016

なぜ私たちは踊るのでしょう? アメリカのアフリカ系「大衆ダンス(social dance)」は、奴隷となったアフリカ人が文化的伝統を存続させ、囚われの身でも心の中は自由であるという感覚を保つ手段として始まりましたが、アイデンティティや独立性を肯定するその本質は今でも残っています。振付師で教育者のTEDフェロー、カミーユ・A・ブラウンが、集団が共に踊ることで自己を解放したり自己表現したりすると何が起こるのか、生のパフォーマンス映像をふんだんに使いながら掘り下げていく、ハジけるようなビデオです。

Camille A. Brown - Choreographer and educator
Camille A. Brown leads her dance company through excavations of ancestral stories, both timeless and traditional, that connect history with contemporary culture. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
これは「バップ」です
00:06
This is the Bop.
バップは 大衆ダンスの
スタイルの一つです
00:09
The Bop is a type of social dance.
ダンスは ことばであり
00:15
Dance is a language,
そして大衆ダンスは
コミュニティが生んだ表現です
00:16
and social dance is an expression
that emerges from a community.
大衆ダンスは 特定の人の振付に
従うものではありません
00:21
A social dance isn't choreographed
by any one person.
起源を突き止めることもできません
00:24
It can't be traced to any one moment.
各ダンススタイルには それぞれ
決まったステップがありますが
00:27
Each dance has steps
that everyone can agree on,
肝心なのは 個人がアイデンティティを
自由に表現することです
00:30
but it's about the individual
and their creative identity.
ですから
00:35
Because of that,
大衆ダンスというものは
00:36
social dances bubble up,
変化しながら
00:38
they change
またたく間に広まるのです
00:39
and they spread like wildfire.
その歴史は 人間の記憶に残る限りの
昔にさかのぼります
00:42
They are as old as our remembered history.
アメリカのアフリカ系の
大衆ダンスを見れば
00:47
In African-American social dances,
200年以上にわたり
00:49
we see over 200 years
アフリカをルーツとする伝統が
歴史に及ぼしてきた影響がわかります
00:51
of how African and African-American
traditions influenced our history.
現在は常に過去を含むものです
00:58
The present always contains the past.
過去は今の私たちや
01:01
And the past shapes who we are
私たちの未来をも形づくります
01:03
and who we will be.
(手拍子)
01:05
(Clapping)
「ジュバ・ダンス」はアフリカ人奴隷の
プランテーション農園での
01:09
The Juba dance was born
from enslaved Africans' experience
経験から生まれました
01:12
on the plantation.
アメリカ大陸に連れてこられ
01:14
Brought to the Americas,
共通言語を奪われたアフリカ人奴隷が
01:15
stripped of a common spoken language,
自分たちの故郷を忘れないために
踊ったダンスです
01:17
this dance was a way for enslaved Africans
to remember where they're from.
当時はこんな様子だったと思われます
01:22
It may have looked something like this.
太ももを叩き
01:30
Slapping thighs,
すり足で
01:31
shuffling feet
手を叩き
01:33
and patting hands:
このようにして彼らは
主人のドラム禁止令をかいくぐり
01:34
this was how they got around
the slave owners' ban on drumming,
複雑なリズムを即興で生み出しました
01:38
improvising complex rhythms
これはまさしく彼らの先祖たちが
ドラムを使って
01:41
just like ancestors did
with drums in Haiti
ハイチや西アフリカのヨルバで
していたことです
01:44
or in the Yoruba communities
of West Africa.
このダンスの意義とは
文化的伝統を存続させ
01:50
It was about keeping
cultural traditions alive
囚われの身ながらも 心の中で
自由の感覚を保つことでした
01:53
and retaining a sense of inner freedom
01:56
under captivity.
同じく 支配をぶち壊そうとする精神が
生み出したダンスがあります
01:59
It was the same subversive spirit
that created this dance:
「ケークウォーク」です
02:04
the Cakewalk,
南部の上流社交界の人々に特徴的だった
振る舞い方を風刺したダンスです
02:05
a dance that parodied the mannerisms
of Southern high society --
奴隷たちが主人を
公然と茶化す方法の一つでした
02:09
a way for the enslaved
to throw shade at the masters.
ケークウォークの何が面白いかって
02:12
The crazy thing about this dance
奴隷が主人のために
踊るダンスだったことです
02:14
is that the Cakewalk
was performed for the masters,
主人は馬鹿にされているなんて
疑ってもいないのですからね
02:17
who never suspected
they were being made fun of.
さあ これは見覚えがあるかもしれません
02:23
Now you might recognize this one.
1920年代に生まれた—
02:25
1920s --
「チャールストン」
02:26
the Charleston.
チャールストンとは
即興と音楽性が全てでした
02:31
The Charleston was all about
improvisation and musicality,
ここから発展して
「リンディーホップ」や
02:35
making its way into Lindy Hop,
「スウィングダンス」
02:37
swing dancing
そして「キッド&プレイ」—
02:38
and even the Kid n Play,
元は「ファンキー・チャールストン」
と呼ばれていたものです
02:39
originally called the Funky Charleston.
サウスカロライナ州チャールストン近郊にある
結束の固い黒人コミュニティで生まれ
02:47
Started by a tight-knit Black community
near Charleston, South Carolina,
チャールストンは
ダンスホールを席巻しました
02:51
the Charleston permeated dance halls
02:53
where young women suddenly had
the freedom to kick their heels
ここで突如 若い女性は
かかとを振り上げ 足をバタつかせ
踊る自由を手にしたわけです
02:56
and move their legs.
大衆ダンスの本質は
コミュニティと絆にあります
03:03
Now, social dance is about
community and connection;
特定のステップが分かることは
03:06
if you knew the steps,
03:08
it meant you belonged to a group.
特定の集団の一員であることを
意味しました
03:10
But what if it becomes a worldwide craze?
でもこれが世界規模の流行になったら
どうでしょう?
「ツイスト」にいきましょう
03:13
Enter the Twist.
ツイストの歴史が19世紀にまで
たどれるのは驚きに値しません
03:14
It's no surprise that the Twist
can be traced back to the 19th century,
奴隷制時代に コンゴから
アメリカに持ち込まれました
03:19
brought to America from the Congo
03:21
during slavery.
でも50年代後半
03:22
But in the late '50s,
公民権運動の直前 ツイストは
03:24
right before the Civil Rights Movement,
チャビー・チェッカーと
ディック・クラークにより有名になりました
03:26
the Twist is popularized
by Chubby Checker and Dick Clark.
突然誰も彼もが
ツイストを踊りだしました
03:29
Suddenly, everybody's doing the Twist:
白人のティーンエイジャーも
03:32
white teenagers,
ラテンアメリカの子どももです
03:33
kids in Latin America,
そしてツイストは
音楽や映画にも登場し始めました
03:35
making its way into songs and movies.
大衆ダンスを通じて
03:38
Through social dance,
集団と集団の間の境界は
薄れていくものなのです
03:39
the boundaries between groups
become blurred.
この流れは80年代
そして90年代に続きます
03:45
The story continues in the 1980s and '90s.
「ヒップホップ」の出現に伴って
03:48
Along with the emergence of hip-hop,
アメリカのアフリカ系大衆ダンスは
いっそう注目されるようになり
03:51
African-American social dance
took on even more visibility,
長い歴史を引き継ぎながら
03:55
borrowing from its long past,
文化を形づくり また
文化によって形づくられます
03:57
shaping culture and being shaped by it.
今日 これらのダンスは進化・成長し
広がり続けています
04:08
Today, these dances continue
to evolve, grow and spread.
なぜ私たちは踊るのでしょう?
04:14
Why do we dance?
体を動かし
04:15
To move,
己を解放し
04:16
to let loose,
表現するためです
04:17
to express.
なぜ私たちは一緒に踊るのでしょう?
04:19
Why do we dance together?
癒され
04:21
To heal,
昔に思いを馳せ
04:22
to remember,
意思表示するためです
「私たちは共通のことばを話し
04:23
to say: "We speak a common language.
確かに存在し
04:26
We exist
自由なのだ」と
04:27
and we are free."
Translator:Naoko Fujii
Reviewer:Riaki Poništ

sponsored links

Camille A. Brown - Choreographer and educator
Camille A. Brown leads her dance company through excavations of ancestral stories, both timeless and traditional, that connect history with contemporary culture.

Why you should listen

Camille A. Brown is a prolific choreographer, making a personal claim on history through the lens of a modern Black female perspective.

The artistic director of Camille A. Brown & Dancers, Brown is a four-time Princess Grace Award winner, 2016 Jacob's Pillow Dance Award recipient, 2016 Guggenheim Fellowship recipient, 2015 USA Jay Franke & David Herro Fellow, 2015 TED Fellow and 2015 Doris Duke Artist Award recipient. Her company, Camille A. Brown & Dancers, received a 2014 Bessie Award for Outstanding Production for the work Mr. TOL E. RAncE (2012) and recently received a 2016 Bessie Nomination for Outstanding Production of her work, BLACK GIRL: Linguistic Play (2015).

Brown's work has been commissioned by Alvin Ailey American Dance Theater, Philadanco!, Complexions and Urban Bush Women, among others. Her theater credits as Choreographer include Broadway's A Streetcar Named Desire, Fortress of Solitude (Lucille Lortel Nomination), Shakespeare's The Winter's Tale, Cabin in the Sky for New York City Center Encores!, Jonathan Larson's tick, tick...BOOM! starring Lin Manuel Miranda, and BELLA: An American Tall Tale, among others.

Brown is the founder of two initiatives, The Gathering and BLACK GIRL SPECTRUM (BGS). As a teacher, she seeks to amplify cultural and creative empowerment through dance, dialogue, and popular education tools.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.