English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Bill Stone: I'm going to the moon. Who's with me?

ビル・ストーンが世界で最も深い洞窟を探検する

Filmed
Views 1,818,964

地球の最も深い洞窟を探検する独立の探検家ビル・ストーンが、宇宙用燃料を求めて月面を採掘するための、また土星の衛星エウロパを研究するための自律型ロボットの建造の努力について語ります。

- Explorer, inventor and outer space dreamer
Engineer and daredevil caver Bill Stone pushes the frontier -- through flooded tunnels, the remotest depths of the Earth and the limits of human endurance. Full bio

First最初 place場所 I'd私は like好きな to take取る you君は
最初にまず皆さんを
00:26
is what manyたくさんの believe信じる will意志 be〜する theその world's世界の deepest最も深い naturalナチュラル abyss深淵.
世界で最も深いと言われている地底にお連れします
00:27
Andそして I sayいう believe信じる becauseなぜなら thisこの processプロセス is stillまだ ongoing進行中の.
まだ確認されているわけではありませんが
00:31
Right now thereそこ are majorメジャー expeditions遠征 beingであること planned計画された forために next year
来年大規模な地底遠征が計画されています
00:34
thatそれ I'll私はよ talkトーク aa little少し bitビット about.
それについて少しお話しします
00:38
One1 of theその thingsもの that'sそれは changedかわった hereここに,
ジュール・ベルヌが
00:40
in theその last最終 150 years since以来 Julesジュール Verneベルネ
150年前にこのような地底についての
00:42
had持っていました greatすばらしいです science-fictionSF conceptsコンセプト of what theその underworldアンダーワールド wasあった like好きな,
素晴らしい空想科学のアイデアを持って以来、変わったのは
00:45
is thatそれ technology技術 has持っている enabled有効 us米国 to go行く to theseこれら places場所
技術革新により実際にそこへいけるようになったことです
00:48
thatそれ wereあった previously前に completely完全に unknown未知の andそして speculated推測 about.
以前は全く推測の域を出なかった場所へです
00:52
We我々 canできる now descend降下する thousands of metersメートル into theその Earth地球 with〜と relative相対 impunity免責.
現在我々は、比較的楽に地底何千メートルまで降りることができます
00:56
Along一緒に theその way方法 we've私たちは discovered発見された fantastic素晴らしい abysses深淵 andそして chambers部屋 soそう large
途中には素晴らしい地割れや空洞があり、非常に大きくて
01:01
thatそれ you君は canできる see見る forために hundreds数百 of metersメートル
何百メートルも一直線に
01:07
withoutなし aa breakブレーク in theその lineライン of sight視力.
見通すことができます
01:09
Whenいつ you君は go行く on aa thingもの like好きな thisこの, we我々 canできる usually通常 be〜する in theその fieldフィールド
これを続ける場合、大体は2~4ヶ月は
01:12
forために anywhereどこでも fromから two to four4つの months数ヶ月,
現場に居続けることになり
01:14
with〜と aa teamチーム asとして small小さい asとして 20 orまたは 30, to asとして big大きい asとして 150.
最低20~30、最大150人くらいのチームになります
01:16
Andそして aa lotロット of people ask尋ねる me, you君は know知っている,
よく聞かれるのですが:「こういう
01:21
what kind種類 of people do行う you君は get取得する forために aa projectプロジェクト like好きな thisこの?
計画にはどんな人を参加させるのか?」
01:25
Whilewhile our我々の selection選択 processプロセス
我々の人選過程はNASAほどは
01:27
is notない asとして rigorous厳しい asとして NASAナサ, it'sそれは nonethelessそれにもかかわらず thorough完全な.
厳格ではありませんが、それでも徹底しています
01:30
We're私たちは looking探している forために competence能力, discipline規律, endurance耐久, andそして strength.
有能で、自制心があり、持久力があり、体力のある人を求めています
01:33
In case場合 you'reあなたは wondering不思議, thisこの is our我々の strength testテスト.
興味があるなら、これが我々の体力テストです
01:38
(Laughter笑い)
(大岩を持ち上げているように見える写真:笑)
01:40
Butだけど we我々 alsoまた、 value espritエスプリ de corps軍団
しかし我々はまた
01:42
andそして theその ability能力 to diplomatically外交的に resolve解決する inter-personal個人間の conflict紛争
地の果てのものすごいストレス下での団結心と、個人間の
01:46
whilewhile under greatすばらしいです stress応力 in remote遠隔の locations場所.
対立を解消する対人スキルも重視します
01:50
We我々 have持ってる already既に gone行った far遠い beyond超えて theその limits限界 of human人間 endurance耐久.
我々は既に人間の持久性の限界を超えています
01:54
Fromから theその entranceエントランス, thisこの is nothing何も like好きな aa commercial商業の cave洞窟.
入口から見ています ここは観光用の洞窟とは全く違います
01:58
You'reあなたは looking探している at〜で Campキャンプ Two in aa place場所 calledと呼ばれる Jj2, notない Kk2, butだけど Jj2.
K2ならぬJ2という場所のキャンプを見ています
02:02
We're私たちは roughly大まかに two days日々 fromから theその entranceエントランス at〜で thatそれ pointポイント.
ここで入口から2日の距離です
02:06
Andそして it'sそれは kind種類 of like好きな aa high高い altitude高度 mountaineering登山 trip旅行 in reverse,
ちょうど高地登山を逆向きにやっているようなものです
02:10
exceptを除いて thatそれ you'reあなたは now runningランニング aa string文字列 of theseこれら thingsもの downダウン.
こういうモノを下向きに下ろしている以外は
02:14
Theその ideaアイディア is to tryお試しください to provide提供する some一部 measure測定 of physical物理的 comfort快適
つまり、じめじめと湿気っていて、寒くて、漆黒の闇でも
02:16
whilewhile you'reあなたは downダウン thereそこ, otherwiseさもないと in damp湿った, moist湿った, coldコールド conditions条件 in utterly全く darkダーク places場所.
なんとかいくらかでも快適にしようとしているのです
02:20
I should〜すべき mention言及 thatそれ everythingすべて you'reあなたは seeing見る hereここに, by〜によって theその way方法,
付け加えておきますが、ここに見えるもの全ては
02:26
is artificially人為的に illuminated照らされた at〜で greatすばらしいです effort努力.
ものすごく苦労して人工照明しているのです
02:29
Otherwiseさもないと itそれ is completely完全に darkダーク in theseこれら places場所.
そうしなければここは、完全な闇です
02:32
Theその deeperもっと深く you君は go行く, theその moreもっと you君は run走る into aa conflict紛争 with〜と water.
深く進めば進むほど水にぶち当たることになります
02:34
It'sそれは basically基本的に like好きな aa tree collecting収集する water coming到来 downダウン.
樹状構造になっていて、下に行くほど水が集まってくるのです
02:39
Andそして eventually最終的に you君は get取得する to places場所 whereどこで itそれ is formidable恐るべき andそして dangerous危険な
そしてついには、こういう恐ろしく危険な場所に到達し
02:43
andそして unfortunately残念ながら slidesスライド justちょうど don'tしない do行う justice正義.
スライドではよくわからないので
02:47
Soそう I've私は got持っている aa very非常に brief簡潔な clipクリップ hereここに thatそれ wasあった taken撮影 in theその late遅く 1980ss.
1980年代後半に撮ったビデオクリップをお見せします
02:50
Soそう descend降下する into Huautlaヒューアラ Plateau高原 in Mexicoメキシコ.
メキシコのワウトラ高地の地底に潜ります
02:55
(Videoビデオ)
(ビデオ)
02:58
Now I have持ってる to telltell you君は thatそれ theその techniques技術 beingであること shown示された hereここに
ここでお見せしているテクニックは、すでに
03:02
are obsolete時代遅れの andそして dangerous危険な.
旧式で危険で
03:05
We我々 would〜する notない do行う thisこの today今日 unless限り we我々 wereあった doingやっている itそれ forために film.
映画のためでもなければやりません
03:07
(Laughter笑い)
(笑)
03:11
Along一緒に thatそれ same同じ lineライン, I have持ってる to telltell you君は
同じように、お話ししておきますが
03:15
thatそれ with〜と theその spateあふれる of Hollywoodハリウッド movies映画 thatそれ came来た outでる last最終 year,
昨年ハリウッドから出たたくさんの映画のような
03:17
we我々 have持ってる never決して seen見た monstersモンスター underground地下 ---
怪物は、地底にはいません
03:20
at〜で least少なくとも theその kind種類 thatそれ eat食べる you君は.
少なくとも人を食うようなのは
03:24
Ifif thereそこ is aa monsterモンスター underground地下,
もしも地底に怪物がいるとしたら
03:26
itそれ is theその crushing粉砕する psychological心理的 remoteness遠隔
それは押しつぶされそうな心理的な孤立感で
03:30
thatそれ begins始まる to hitヒット everyすべて memberメンバー of theその teamチーム
入口から3日以上進めば
03:33
once一度 you君は crossクロス about three days日々 inboundインバウンド fromから theその nearest最も近い entranceエントランス.
チームメンバーのすべてに襲いかかります
03:35
Next year I'll私はよ be〜する leading先導 an international国際 teamチーム to Jj2.
来年私はJ2への国際チームを率います
03:40
We're私たちは going行く to be〜する shooting射撃 fromから minusマイナス 2,600 metersメートル ---
我々は地底2600メートルから始め
03:44
that'sそれは aa little少し over以上 8,600 feetフィート downダウン ---
―それは8600フィート強ですが―
03:46
at〜で 30 kilometersキロメートル fromから theその entranceエントランス.
入口から30キロメートル進みます
03:49
Theその lead crews乗組員 will意志 be〜する underground地下 forために pushing押して 30 days日々 straightまっすぐ.
先頭部隊は地底を連続30日以上突き進むことになり
03:51
I don'tしない think思う there'sそこに beenされている aa missionミッション like好きな thatそれ in aa long長いです time時間.
そんな長期ミッションはこれまではなかったはずです
03:55
Eventually最終的に, ifif you君は keepキープ going行く downダウン in theseこれら thingsもの,
こういうところをずっと降り続けていけば
03:58
probability確率 says言う thatそれ you'reあなたは going行く to run走る into aa place場所 like好きな thisこの.
おそらくはこういう場所に行き着きます
04:00
It'sそれは aa place場所 whereどこで there'sそこに aa fold in theその geologic地質学的 stratum
地層断面に、天井まで
04:03
thatそれ collects集める water andそして fills塗りつぶす to theその roofルーフ.
水がたまっている場所です
04:07
Andそして whenいつ you君は used中古 to find見つける theseこれら thingsもの,
こういう場所を見つけると
04:09
they彼ら would〜する put置く aa labelラベル on aa map地図 thatそれ said前記 terminalターミナル siphonサイフォン.
地図上に「ターミナルサイフォン」と印をつけます
04:12
Now I remember思い出す thatそれ term期間 really本当に wellよく forために two reasons理由.
その用語は二つの理由でとても良く覚えています
04:15
Number one1, it'sそれは theその name of myじぶんの rock bandバンド, andそして second二番,
まずそれは私のロックバンドの名前で、第二に
04:17
is becauseなぜなら theその confrontation対決 of theseこれら thingsもの
こういう場所と向き合うことによって
04:20
forced強制された me to become〜になる an inventor発明者.
私は発明家になったからです
04:23
Andそして we've私たちは since以来 gone行った on to develop開発する
そしてこういう場所を探検するための
04:25
manyたくさんの generations世代 of gadgetsガジェット forために exploring探検する places場所 like好きな thisこの.
ガジェットを何世代分も開発したのです
04:28
Thisこの is some一部 life-support生命維持 equipment装置 closed-cycle閉サイクル.
これは閉鎖循環型の生命維持装置で
04:31
Andそして you君は canできる useつかいます thatそれ now to go行く forために manyたくさんの kilometersキロメートル horizontally水平に
これを使って水平なら何キロも
04:34
underwater水中 andそして to depths深さ of 200 metersメートル straightまっすぐ downダウン underwater水中.
下へなら200メートルを一気に進むことができます
04:37
Whenいつ you君は do行う thisこの kind種類 of stuffもの it'sそれは like好きな doingやっている EVAエバ.
これはEVA、つまり
04:41
It'sそれは like好きな doingやっている extra-vehicular余分な車両 activityアクティビティ in spaceスペース,
宇宙での船外活動をするようなもので、
04:44
butだけど at〜で muchたくさん greater大きい distances距離, andそして at〜で muchたくさん greater大きい physical物理的 peril危険.
しかしはるかに長距離を、より大きな肉体的な危険を伴います
04:47
Soそう itそれ makes作る you君は think思う about howどうやって to design設計 yourきみの equipment装置
つまりここでは、安全な場所からはるかに離れた所で使う
04:51
forために long長いです range範囲, away離れて fromから aa safe安全 haven避難所.
機具のデザインについて考えることになります
04:53
Here'sここにいる aa clipクリップ fromから aa National全国 Geographic地理的 movie映画
これはナショナルジオグラフィックの映画で
04:56
thatそれ came来た outでる in 1999.
1999年に発表されました
04:58
(Videoビデオ) Narratorナレーター: Exploration探査 is aa physical物理的 processプロセス
(ビデオ)ナレーター:「探検とは、これまで誰も
05:00
of puttingパッティング yourきみの foot in places場所 whereどこで humans人間 have持ってる never決して stepped足踏みした before.
足を踏み入れたことのない場所に行くことです
05:02
Thisこの is whereどこで theその last最終 little少し nuggetナゲット of totally完全に unknown未知の territory地域 remains残っている on thisこの planet惑星.
ここは地球上に残された全く未知の世界です
05:06
To experience経験 itそれ is aa privilege特権.
これを体験できるのは特別なことです」
05:11
Billビル Stone: Thatそれ wasあった taken撮影 in Wakullaワクラ Springsスプリング, Floridaフロリダ.
ビル・ストーン(BS):これはフロリダのワクラ湧水で撮影されました
05:18
Coupleカップル of thingsもの to note注意 about thatそれ movie映画. Everyすべて pieceピース of equipment装置
映画についていくつか:あそこでご覧になった道具は
05:22
thatそれ you君は saw見た in thereそこ didした notない exist存在する before 1999.
1999年以前はどれも存在しませんでした
05:26
Itそれ wasあった developed発展した within以内 aa two-year2年 period期間 andそして used中古 on actual実際の exploratory探索的な projectsプロジェクト.
あれはそれ以前の2年以内に開発され、探検計画に用いられたのです
05:28
Thisこの gadgetガジェット you君は see見る right hereここに wasあった calledと呼ばれる theその digitalデジタル wall mapperマッパ,
ここに見えるのは「デジタル壁面地図作製器」と呼ばれ
05:33
andそして itそれ produced生産された theその first最初 three-dimensional三次元 map地図 anybody has持っている everこれまで done完了
洞窟の三次元マップを初めて作成し
05:36
of aa cave洞窟, andそして itそれ happened起こった to be〜する underwater水中 in Wakullaワクラ Springsスプリング.
それはたまたまワクラ湧水だったのです
05:40
Itそれ wasあった thatそれ gadgetガジェット thatそれ serendipitously偶然に opened開かれた aa doorドア
このガジェットが、まるで魔法のように
05:43
to another別の unexplored未踏の world世界.
未知の世界への扉を開いたのです
05:47
Thisこの is Europaユーロパ.
これはエウロパです
05:48
Carolynカロリン Porcoポルコ mentioned言及した another別の one1 calledと呼ばれる Enceladusエンケラドス theその otherその他 day.
先日カロリン・ポルコさんが別の惑星エンケラドスの話をしましたね
05:52
Thisこの is one1 of theその places場所 whereどこで planetary遊星の scientists科学者
ここは、惑星科学者が、惑星の表面下の大洋中で
05:56
believe信じる thereそこ is aa highest最高 probability確率 of theその detection検出
地球以外での生物発見の確率が最も高いと
05:59
of theその first最初 life生活 offオフ earth地球 in theその ocean海洋 thatそれ exists存在する below以下 thereそこ.
考えている場所の一つです
06:01
Forために thoseそれら who have持ってる never決して seen見た thisこの storyストーリー,
この話を一度も見たことのない人のために
06:05
Jimジム Cameronキャメロン produced生産された aa really本当に wonderful素晴らしい IMAXイマックス movie映画
ジム(ジェームズ)・キャメロンがIMAX映写システム用の、実に
06:07
coupleカップル of years ago, calledと呼ばれる "Aliens宇宙人 of theその Deep深い."
素晴らしい映画「深海のエイリアン」を作りました
06:10
Thereそこ wasあった aa brief簡潔な clipクリップ ---
これはその短いクリップです
06:12
(Videoビデオ) Narratorナレーター: Aa missionミッション to explore探検する under theその ice of Europaユーロパ
(ビデオ)ナレーター:エウロパの氷の下を探索するミッションは
06:16
would〜する be〜する theその ultimate究極 roboticロボット challengeチャレンジ.
ロボット技術の究極の挑戦になるでしょう
06:18
Europaユーロパ is soそう far遠い away離れて thatそれ even偶数 at〜で theその speed速度 of light,
エウロパは非常に遠くにあるため、光の速さでも
06:24
itそれ would〜する take取る moreもっと thanより an hour時間 forために theその commandコマンド justちょうど to reachリーチ theその vehicle車両.
命令が探査機に届くのに1時間以上かかります
06:30
Itそれ has持っている to be〜する smartスマート enough十分な to avoid避ける terrain地形 hazardsハザード
探査機は、地表の危険物を避け
06:34
andそして to find見つける aa good良い landing着陸 siteサイト on theその ice.
氷の上のちょうど良い着陸点を見つけなければなりません
06:37
Now we我々 have持ってる to get取得する throughを通して theその ice.
さて、氷を通り抜けなくてはなりません
06:49
You君は need必要 aa melt溶かす probeプローブ.
融解探査機がいります
06:52
It'sそれは basically基本的に aa nuclear-heated核暖房 torpedo魚雷.
これは基本的には原子力推進の魚雷で
06:54
Theその ice couldできた be〜する anywhereどこでも fromから three to 16 milesマイル deep深い.
氷の厚さは5~25キロメートルあります
07:07
Week週間 after week週間, theその melt溶かす probeプローブ will意志 sinkシンク of itsその own自分の weight重量
何週間も。融解探査機は
07:11
throughを通して theその ancient古代 ice, until〜まで finally最後に ---
自重で太古の氷を通って沈んでいき、ついに
07:14
Now, what are you君は going行く to do行う whenいつ you君は reachリーチ theその surface表面 of thatそれ ocean海洋?
海水面に到達したら何をすれば良いか?
07:23
You君は need必要 an AUVauv, an autonomous自律的 underwater水中 vehicle車両.
自律型の水中探査機(AUV)が必要です
07:29
Itそれ needsニーズ to be〜する one1 smartスマート puppy子犬, ableできる to navigateナビゲートする
それは子犬のように賢く、異星の海の中で
07:34
andそして make作る decisions決定 on itsその own自分の in an alienエイリアン ocean海洋.
自分で判断し進んでいきます
07:36
BSBS: What Jimジム didn'tしなかった know知っている whenいつ he released解放された thatそれ movie映画
BS:この映画を作ったとき、ジムが知らなかったのは
07:41
wasあった thatそれ six6 months数ヶ月 earlier先に NASAナサ had持っていました funded資金提供 aa teamチーム I assembled組み立てられた
この映画の6ヶ月前に、NASAが私の組織したチームに資金提供し
07:43
to develop開発する aa prototypeプロトタイプ forために theその Europaユーロパ AUVauv.
エウロパ用のAUVの試作が始まったことです
07:48
I mean平均, I cutカット throughを通して three years of engineeringエンジニアリング meetings会議, design設計
つまり、3年にわたる技術ミーティング、設計、
07:51
andそして systemシステム integration統合, andそして introduced導入された DEPTHX深さ ---
システム構築によりDEPTHXが完成したのです
07:56
Deep深い Phreatic水晶 Thermalサーマル Explorer冒険者.
「深部地下水熱探査機」です
07:59
Andそして asとして theその movie映画 says言う, thisこの is one1 smartスマート puppy子犬.
この映画が示すように、それは賢い子犬で
08:01
It'sそれは got持っている 96 sensorsセンサ, 36 onboard機内で computersコンピュータ,
96のセンサーと36のコンピュータを搭載し
08:04
100,000 lines of behavioral行動的 autonomy自律性 codeコード,
10万行の自律行動プログラムを持ち
08:09
packsパック moreもっと thanより 10 kilosキロ of TNTtnt in electrical電気 onboard機内で equivalent同等.
搭載した電子機器に10キロのTNT火薬を積み込であります
08:12
Thisこの is theその targetターゲット siteサイト,
これが目標地点で
08:17
theその world's世界の deepest最も深い hydrothermal熱水 spring at〜で Cenoteセノテ Zacatonザカトン in northern北部 Mexicoメキシコ.
メキシコ北部のセノーテ・ザカトンの熱水泉です
08:19
It'sそれは beenされている explored探検した to aa depth深さ of 292 metersメートル
そこは水深292メートルまで探査されており
08:24
andそして beyond超えて thatそれ nobody誰も knows知っている anything何でも.
その下は誰も知りません
08:27
Thisこの is part of DEPTHX's深さの missionミッション.
それがDEPTHXのミッションの一部です
08:30
Thereそこ are two primary一次 targetsターゲット we're私たちは doingやっている hereここに.
ここでも主な目標は二つで
08:32
One1 is, howどうやって do行う you君は do行う science科学 autonomy自律性 underground地下?
地下でどのように自律的な科学活動を行うか?
08:34
Howどうやって do行う you君は take取る aa robotロボット andそして turn順番 itそれ into aa fieldフィールド microbiologist微生物学者?
ロボットをどうやって現場の微生物学者にするか?
08:36
Thereそこ are moreもっと stagesステージ involved関係する hereここに
ここでのステージの多くは
08:40
thanより I've私は got持っている time時間 to telltell you君は about, butだけど basically基本的に we我々 driveドライブ
お話しする時間がありませんが、基本的には
08:42
throughを通して theその spaceスペース, we我々 populate人口 itそれ with〜と environmental環境 variables変数 ---
そこを動き回り、環境の変数つまり
08:44
sulphideスルフィド, halideハライド, thingsもの like好きな thatそれ.
硫化物、ハロゲン化物などの比率を調べるのです
08:48
We我々 calculate計算する gradient勾配 surfaces表面, andそして driveドライブ theその botボット over以上 to aa wall
我々は表面の傾斜を計算し、壁の上を通って
08:50
whereどこで there'sそこに aa high高い probability確率 of life生活.
生命の存在確率の高い場所に行くのです
08:53
We我々 move動く along一緒に theその wall, in what's何ですか calledと呼ばれる proximity近接 operationsオペレーション,
壁に沿って移動し、近接運用を行い
08:55
looking探している forために changes変更 in color.
色の変化を探します
08:57
Ifif we我々 see見る something何か thatそれ looks外見 interesting面白い, we我々 pull引く itそれ into aa microscope顕微鏡.
何か興味深そうな場所を見つけると、それを顕微鏡に入れて観察します
08:59
Ifif itそれ passesパス theその microscopic微視的 testテスト, we我々 go行く forために aa collectionコレクション.
顕微鏡でのテストを通過すると、採集にかかります
09:02
We我々 eitherどちらか drawドロー in aa liquid液体 sampleサンプル,
単純に液体サンプルを採取するか
09:06
orまたは we我々 canできる actually実際に take取る aa solid固体 coreコア fromから theその wall.
壁から塊を取ることもできます
09:08
Noいいえ hands at〜で theその wheelホイール.
この操作に人は介入しません
09:11
Thisこの is allすべて behavioral行動的 autonomy自律性 hereここに
ロボットによって
09:12
that'sそれは beingであること conducted導かれた by〜によって theその robotロボット on itsその own自分の.
全て自律的に行われます
09:14
Theその realリアル hat帽子 trickトリック forために thisこの vehicle車両, thoughしかし,
この探査機の本当のハットトリックは
09:17
is aa disruptive破壊的な new新しい navigationナビゲーション systemシステム we've私たちは developed発展した,
我々が開発した革命的な制御システムで
09:19
known既知の asとして 3Dd SLAMスラム, forために simultaneous同時 localizationローカリゼーション andそして mappingマッピング.
3D SLAMといい、位置特定と地図作製を同時に行えます
09:22
DEPTHX深さ is an all-seeing全部見る eyeball眼球.
DEPTHXは全方位型の眼です
09:26
Itsその sensorセンサー beams look見える bothどちらも forward前進 andそして backward後方に at〜で theその same同じ time時間,
センサーが前も後ろも同時に見ていて
09:28
allowing許す itそれ to do行う new新しい exploration探査
それまでに探索した場所を
09:32
whilewhile it'sそれは stillまだ achieving達成する geometric幾何学的 sensor-lockセンサロック
立体的にセンサーで位置固定している間に
09:35
on what it'sそれは gone行った throughを通して already既に.
次の探索を始められるのです
09:37
What I'm私は going行く to showショー you君は next
次にお見せするのは
09:38
is theその first最初 fully完全に autonomous自律的 roboticロボット exploration探査 underground地下
世界で初めての、完全自律型ロボットによる
09:41
that'sそれは everこれまで beenされている done完了.
地下探索です
09:45
Thisこの Mayかもしれない, we're私たちは going行く to go行く fromから minusマイナス 1,000 metersメートル in Zacatonザカトン,
今年の5月に、我々はザカトンの地下1000メートルから開始して
10:36
andそして ifif we're私たちは very非常に lucky幸運な, DEPTHX深さ will意志 bring持参する backバック theその first最初
上手くいけばDEPTHXが、初めて、ロボットで発見された
10:39
robotically-discoveredロボット的に発見された division分割 of bacteria細菌.
細菌の種類を持ち帰るでしょう
10:42
Theその next stepステップ after thatそれ is to testテスト itそれ in Antarticaアンティルティカ andそして then次に,
そのテストが済んだら次は南極で、そして次は
10:45
ifif theその funding資金調達 continues続ける andそして NASAナサ has持っている theその resolution解決 to go行く,
資金が続いてNASAがOKを出せば
10:48
we我々 couldできた potentially潜在的 launch打ち上げ by〜によって 2016, andそして by〜によって 2019
2016年までに発射して2019年までに
10:51
we我々 mayかもしれない have持ってる theその first最初 evidence証拠 of life生活 offオフ thisこの planet惑星.
地球外の生命の最初の証拠を得るかもしれません
10:55
What then次に of manned有人 spaceスペース exploration探査?
では有人宇宙探査はどうなのか?
10:59
Theその government政府 recently最近 announced発表 plans予定 to returnリターン to theその moon by〜によって 2024.
政府は2024年までに月へ再び行くとアナウンスしました
11:04
Theその successful成功した conclusion結論 of thatそれ missionミッション will意志 result結果
そのミッションが成功するとどうなるかというと
11:08
in infrequentまれな visitation訪問 of theその moon by〜によって aa small小さい number
政府の科学者とパイロットが数人で
11:11
of government政府 scientists科学者 andそして pilotsパイロット.
ごくたまに月に行く、ということになります
11:15
Itそれ will意志 leave離れる us米国 noいいえ furtherさらに along一緒に in theその general一般 expansion拡張
それでは、一般人が宇宙に広がる余地は
11:17
of humanity人類 into spaceスペース thanより we我々 wereあった 50 years ago.
50年前とさほど変わらず少ないのです
11:21
Something何か fundamental基本的な has持っている to change変化する
我々が生きている間に普通に宇宙に行くには
11:24
ifif we我々 are to see見る common一般 accessアクセス to spaceスペース in our我々の lifetime一生.
何かが根本的に変わらなくてはなりません
11:26
What I'm私は going行く to showショー you君は next are aa coupleカップル of controversial議論の余地のある ideasアイデア.
次にお示しするのは、いくつかの議論の余地のあるアイデアです
11:29
Andそして I hope希望 you'llあなたは bearくま with〜と me andそして have持ってる some一部 faith信仰
これからお話しすることを辛抱して聞いていただき
11:33
thatそれ there'sそこに credibility信頼性 behind後ろに what we're私たちは going行く to sayいう hereここに.
その話の背景を信用してもらえると良いのですが
11:35
Thereそこ are three underpinnings基礎 of workingワーキング in spaceスペース privately私的に.
プライベートに宇宙に行くには3つのサポートがいります
11:39
One1 of themそれら is theその requirement要件
そのうちの一つは、経済的な
11:46
forために economical経済的 earth-to-space地球 - 宇宙 transport輸送.
地球―宇宙間の交通手段です
11:48
Theその Bertバート Rutansルタン andそして Richardリチャード Bransonsブランズンズ of thisこの world世界
バート・ルータンとリチャード・ブランソンがこれを
11:51
have持ってる got持っている thisこの in their彼らの sights観光スポット andそして I salute敬礼 themそれら.
視野に入れていて、私は彼らを尊敬します
11:54
Go行く, go行く, go行く.
いけ、いけ、やってくれ!
11:56
Theその next thingもの we我々 need必要 are places場所 to stay滞在 on orbit軌道.
二つ目は、軌道上で滞在できるスペースです
11:58
Orbital軌道 hotelsホテル to start開始 with〜と, butだけど workshopsワークショップ forために theその rest残り of us米国 later後で on.
初めは軌道上のホテルですが、しかし後には我々の作業場になります
12:01
Theその final最後の missing行方不明 pieceピース, theその realリアル paradigm-busterパラダイム・バスター, is thisこの:
最後に欠けているものは、本物のパラダイム破壊者ですが、これです
12:04
aa gasガス station on orbit軌道.
軌道上のガソリンスタンドです
12:10
It'sそれは notない going行く to look見える like好きな thatそれ.
こんな形はしてないでしょうが (笑)
12:13
Ifif itそれ existed存在した, itそれ would〜する change変化する allすべて future未来 spacecraft宇宙船 design設計 andそして spaceスペース missionミッション planningプランニング.
もしそれがあれば、今後の宇宙船のデザインとミッションの立て方を変えてしまうでしょう
12:15
Now, to give与える you君は aa chanceチャンス to understandわかる
さて、この言葉になぜ力があるかを
12:21
whyなぜ thereそこ is powerパワー in thatそれ statementステートメント,
皆さんに理解していただくために
12:24
I've私は got持っている to give与える you君は theその basics基本 of Spaceスペース 101.
宇宙に関する入門講座を行いましょう
12:27
Andそして theその first最初 thingもの is everythingすべて you君は do行う in spaceスペース you君は pay支払う by〜によって theその kilogramキログラム.
まず、あなたが宇宙でやることは全て、キログラム単位で支払いします
12:29
Anybody drinkドリンク one1 of theseこれら hereここに thisこの week週間?
この会場に来てペットボトルの水を飲まれましたか?
12:37
You'dあなたは pay支払う 10,000 dollarsドル forために thatそれ in orbit軌道.
軌道では、これには100万円の値段がつきます
12:40
That'sそれは moreもっと thanより you君は pay支払う forために TEDテッド,
TEDに払うよりも高いですよね
12:44
ifif Googlegoogle dropped落とした their彼らの sponsorshipスポンサーシップ.
もしグーグルがスポンサーから降りたらわかりませんが
12:46
(Laughter笑い)
(笑)
12:48
Theその second二番 is moreもっと thanより 90 percentパーセント of theその weight重量 of aa vehicle車両 is in propellant推進薬.
次に、乗り物の重量の90%以上は、燃料なのです
12:51
Thusしたがって, everyすべて time時間 you'dあなたは want欲しいです to do行う anything何でも in spaceスペース,
なので、あなたが何か宇宙でやりたいと思うと
12:56
you君は are literally文字通り blowing吹く away離れて enormous巨大な sums合計 of moneyお金
あなたがアクセルを踏むたびに、莫大なお金を
13:00
everyすべて time時間 you君は hitヒット theその acceleratorアクセル.
燃やしているようなものです
13:04
Notない even偶数 theその guysみんな at〜で Teslaテスラ canできる fight戦い thatそれ physics物理.
テスラ自動車の人でもこの物理法則ににはかないません
13:06
Soそう, what ifif you君は couldできた get取得する yourきみの gasガス at〜で aa 10thth theその price価格?
もし燃料を10分の1の値段で買えたらどうでしょう
13:09
Thereそこ is aa place場所 whereどこで you君は canできる.
それができる場所があります
13:15
In fact事実, you君は canできる get取得する itそれ betterより良い --- you君は canできる get取得する itそれ at〜で 14 times lower低い
実際、それを14倍まで安くすることができます
13:18
ifif you君は canできる find見つける propellant推進薬 on theその moon.
もしも燃料が月にあるのなら、です
13:21
Thereそこ is aa little-knownあまり知られていない missionミッション thatそれ wasあった launched打ち上げ
今から13年前、米国防総省がほとんど知られていない
13:24
by〜によって theその Pentagon五角形, 13 years ago now, calledと呼ばれる Clementineクレメンタイン.
ミッションを開始しました 「クレメンタイン」です
13:26
Andそして theその most最も amazing素晴らしい thingもの thatそれ came来た outでる of thatそれ missionミッション
そのミッションから得られた最も面白い発見は
13:30
wasあった aa strong強い hydrogen水素 signature署名 at〜で Shackletonシャックルトン craterクレーター
月の南極のシャクルトンクレーターに非常に強い
13:33
on theその south poleポール of theその moon.
水素の形跡があるということでした
13:36
Thatそれ signal信号 wasあった soそう strong強い,
その信号は非常に強く
13:38
itそれ couldできた onlyのみ have持ってる beenされている produced生産された by〜によって 10 trillion1兆 tonsトン of water
何百万、何十億年の間に、10兆トンの水が
13:40
buried埋葬された in theその sediment堆積物, collected集めました over以上 millions何百万 andそして billions何十億 of years
小惑星や彗星が衝突で堆積した物質に埋もれていなければ
13:44
by〜によって theその impact影響 of asteroids小惑星 andそして comet彗星 material材料.
あり得ないほどのものです
13:48
Ifif we're私たちは going行く to get取得する thatそれ, andそして make作る thatそれ gasガス station possible可能,
もしそこにあるものを利用し、ガソリンスタンドを作るには
13:55
we我々 have持ってる to figure数字 outでる ways方法 to move動く large volumes of payloadペイロード throughを通して spaceスペース.
宇宙空間越しに大量の貨物を運ぶ方法を考案する必要があります
13:59
We我々 can'tできない do行う thatそれ right now.
今はまだそれができない
14:02
Theその way方法 you君は normally通常は buildビルドする aa systemシステム right now is you君は have持ってる aa tubeチューブ stackスタック
今そのために作れるシステムは、多段筒型のロケットを
14:04
thatそれ has持っている to be〜する launched打ち上げ fromから theその ground接地,
地面から打ち上げ
14:07
andそして resistレジスト allすべて kinds種類 of aerodynamic空力 forces.
あらゆる空力抵抗に打ち勝たなくてはならない
14:09
We我々 have持ってる to beatビート thatそれ.
それを突破しなくてはならない
14:11
We我々 canできる do行う itそれ becauseなぜなら in spaceスペース thereそこ are noいいえ aerodynamics空力.
宇宙空間なら空気抵抗はないのでそれができます
14:13
We我々 canできる go行く andそして useつかいます inflatableインフレータブル systemsシステム forために almostほぼ everythingすべて.
どんなことにも膨張式のシステムが使える
14:16
Thisこの is an ideaアイディア thatそれ, again再び, came来た outでる of Livermore肝臓 backバック in 1989,
これもまた1989年に、ローレンス・リバモア研究所で生まれたアイデアで
14:20
with〜と Drドクター. Lowellローウェル Wood's木材 groupグループ.
ローウェル・ウッド博士のグループによります
14:24
Andそして we我々 canできる extend拡張する thatそれ now to justちょうど about everythingすべて.
そして今ではそれをあらゆることに拡張できます
14:26
Bobボブ Bigelowビッグロー currently現在 has持っている aa testテスト article記事 in theその orbit軌道.
ボブ・ビグロウは軌道上にテスト用モジュールを持っています
14:30
We我々 canできる go行く muchたくさん furtherさらに.
もっと遠くにも行けます
14:32
We我々 canできる buildビルドする spaceスペース tugsタグボート, orbiting周回する platformsプラットフォーム forために holdingホールディング cryogens寒剤 andそして water.
宇宙タグボートや、冷却剤や水を保持する軌道上の基地を作れます
14:33
There'sそこに another別の thingもの.
ほかにもあります
14:38
Whenいつ you'reあなたは coming到来 backバック fromから theその moon,
月から戻ってくるには
14:40
you君は have持ってる to deal対処 with〜と orbital軌道 mechanics力学.
軌道工学を扱う必要があります
14:42
Itそれ says言う you'reあなたは moving動く 10,000 feetフィート per〜ごと second二番 fasterもっと早く
それによれば、ガソリンスタンドに戻ってくるには
14:44
thanより you君は really本当に want欲しいです to be〜する to get取得する backバック to yourきみの gasガス station.
予定の速度より秒速3キロメートル速く移動しているのです
14:46
You君は got持っている two choices選択肢.
二つの選択肢があります
14:49
You君は canできる burn燃やす rocketロケット fuel燃料 to get取得する thereそこ, orまたは you君は canできる do行う something何か really本当に incredible信じられない.
ロケット燃料を使うか、非常に信じがたい何かの方法を使うかです
14:51
You君は canできる dive潜水 into theその stratosphere成層圏,
いったん成層圏に突入し
14:55
andそして precisely正確に dissipate消散する thatそれ velocity速度, andそして come来る backバック outでる to theその spaceスペース station.
正確に速度を落とし、また軌道上の宇宙ステーションへ昇ってくるのです
14:57
Itそれ has持っている never決して beenされている done完了.
誰もまだやったことがありません
15:01
It'sそれは riskyリスキーな andそして it'sそれは going行く to be〜する one1 hell地獄 of aa rideライド ---
危険で、ディズニーランド並みにひどい
15:02
betterより良い thanより Disneyディズニー.
乗り物になるでしょう
15:06
Theその traditional伝統的な approachアプローチ to spaceスペース exploration探査
宇宙探検の伝統的な手法では
15:08
has持っている beenされている thatそれ you君は carryキャリー allすべて theその fuel燃料 you君は need必要
緊急時に全員が帰還するための燃料を
15:10
to get取得する everybodyみんな backバック in case場合 of an emergency緊急.
全て搭載しておく必要があります
15:12
Ifif you君は tryお試しください to do行う thatそれ forために theその moon,
もし月に行くのにその方法を取るなら
15:14
you'reあなたは going行く to burn燃やす aa billion dollarsドル in fuel燃料 alone単独で sending送信 aa crewクルー outでる thereそこ.
宇宙飛行士一人をそこに送るのに燃料だけでも10億ドル分が必要です
15:16
Butだけど ifif you君は send送信する aa mining鉱業 teamチーム thereそこ,
しかし、もし月に掘削チームを送り
15:20
withoutなし theその returnリターン propellant推進薬, first最初 ---
始めから帰りの燃料は持たずに―
15:22
(Laughter笑い)
(笑)
15:24
Didした anyどれか of you君は guysみんな hear聞く theその storyストーリー of Cortezコルテス?
皆さんはエルナン・コルテスの話を知っていますか?
15:29
Thisこの is notない like好きな thatそれ. I'm私は muchたくさん moreもっと like好きな Scottyスコッチ.
これはそういう話ではありません 私はどちらかというとスタートレックのスコッティ機関士に近いんです
15:33
I like好きな thisこの equipment装置, you君は know知っている, andそして I really本当に value itそれ
私はこの道具(宇宙船)が好きです 非常に価値があると思います
15:35
soそう we're私たちは notない going行く to burn燃やす theその gearギヤ.
機具を燃やさなくてよいのですから
15:38
Butだけど, ifif you君は wereあった truly真に bold大胆な you君は couldできた get取得する itそれ thereそこ, manufacture製造 itそれ,
しかし、もしあなたが非常に大胆で、その宇宙船で月へ到達し、燃料基地を作ることができたら
15:40
andそして itそれ would〜する be〜する theその most最も dramatic劇的 demonstrationデモンストレーション
それはこれまでの地球外での
15:44
thatそれ you君は couldできた do行う something何か worthwhile価値がある offオフ thisこの planet惑星
全ての価値ある出来事のうちでも、もっともドラマチックな
15:46
thatそれ has持っている everこれまで beenされている done完了.
デモになるでしょう
15:48
There'sそこに aa myth神話 thatそれ you君は can'tできない do行う anything何でも in spaceスペース
宇宙では、1兆ドルと20年かけなければ
15:50
forために lessもっと少なく thanより aa trillion1兆 dollarsドル andそして 20 years.
なにも出来ない、という俗説があります
15:53
That'sそれは notない true真実.
それは正しくない
15:57
In sevenセブン years, we我々 couldできた pull引く offオフ
7年すれば、我々は
15:58
an industrial工業用 missionミッション to Shackletonシャックルトン andそして demonstrate実証する
シャクルトンへの工業的ミッションを成功させ
16:00
thatそれ you君は couldできた provide提供する commercial商業の reality現実 outでる of thisこの in low-earth低地 orbit軌道.
地球の低位軌道上でガソリンスタンドを実現できるかもしれません
16:02
We're私たちは living生活 in one1 of theその most最も excitingエキサイティング times in history歴史.
我々は歴史上最も刺激的な時代に生きています
16:07
We're私たちは at〜で aa magical魔法の confluence合流 whereどこで privateプライベート wealth
我々は個人の富と想像力が宇宙へのアクセスの
16:10
andそして imagination想像力 are driving運転 theその demandデマンド forために accessアクセス to spaceスペース.
必要性を促進している奇跡のような時代の合流点にいるのです
16:12
Theその orbital軌道 refueling給油 stations I've私は justちょうど described記載された
今お話しした軌道上のガソリンスタンドは
16:16
couldできた create作成する an entirely完全に new新しい industry業界 andそして provide提供する theその final最後の keyキー
宇宙への扉を一般人の探検のために開く鍵をもたらす
16:19
forために opening開ける spaceスペース to theその general一般 exploration探査.
全く新しい産業になるかもしれません
16:22
To bustバスト theその paradigmパラダイム aa radically根本的に different異なる approachアプローチ is needed必要な.
パラダイムを破壊するには全く違ったアプローチが必要です
16:26
We我々 canできる do行う itそれ by〜によって jump-startingジャンプスタート with〜と an industrial工業用
我々は産業版のルイス・クラーク探検隊を
16:30
Lewisルワイス andそして Clarkクラーク expedition遠征 to Shackletonシャックルトン craterクレーター,
シャクルトンクレーターへ派遣し
16:32
to mine鉱山 theその moon forために resourcesリソース, andそして demonstrate実証する
月の地下資源を採掘し、それにより
16:35
they彼ら canできる form theその basis基礎 forために aa profitable収益性の高い businessビジネス on orbit軌道.
利益の出る軌道上のビジネスの基礎を作ることがでると示すことができます
16:37
Talkトーク about spaceスペース always常に seems思われる to be〜する hung吊るされた on ambiguitiesあいまいさ
宇宙に関する話は常に目的とタイミングが
16:41
of purpose目的 andそして timingタイミング.
あいまいなままになることがあります
16:44
I would〜する like好きな to close閉じる hereここに by〜によって puttingパッティング aa stakeステーク in theその sand at〜で TEDテッド.
私はここTEDで砂に杭を打ち込んでおしまいにします
16:46
I intend意図する to lead thatそれ expedition遠征.
私はそのミッションを指揮するつもりです
16:51
(Applause拍手)
(拍手)
16:53
Itそれ canできる be〜する done完了 in sevenセブン years with〜と theその right backingバッキング.
正しい支援があれば7年でできるかもしれません
17:01
Thoseそれら who join参加する me in making作る itそれ happen起こる will意志 become〜になる aa part of history歴史
この計画の成功のために私と仲間になる人は、歴史の一部となり
17:04
andそして join参加する otherその他 bold大胆な individuals個人 fromから time時間 past過去
過去からの偉大な人たちの列に連なるでしょう
17:08
who, had持っていました they彼ら beenされている hereここに today今日, would〜する have持ってる heartily心から approved承認された.
そして彼らは、今ここにいれば、心からこれに賛同するでしょう
17:10
Thereそこ wasあった once一度 aa time時間 whenいつ people didした bold大胆な thingsもの to open開いた theその frontierフロンティア.
過去には、人々が、開拓するために大胆なことをする時代がありました
17:15
We我々 have持ってる collectively集合的に forgotten忘れた thatそれ lessonレッスン.
我々は皆そのことを忘れています
17:20
Now we're私たちは at〜で aa time時間 whenいつ boldness大胆さ is required必須 to move動く forward前進.
我々は今また、前進するために大胆さが必要な時代にあります
17:25
100 years after Sirサー Ernestエルネスト Shackletonシャックルトン wrote書きました theseこれら words言葉,
アーネスト・シャクルトン卿がこの言葉を話した100年後、
17:31
I intend意図する to plant工場 an industrial工業用 flagフラグ on theその moon
私は産業の旗を月に立て
17:35
andそして completeコンプリート theその final最後の pieceピース
我々の時代、我々全てに
17:37
thatそれ will意志 open開いた theその spaceスペース frontierフロンティア, in our我々の time時間, forために allすべて of us米国.
宇宙への扉を開く最後の一コマを完成させたいのです
17:40
Thank感謝 you君は.
ありがとう
17:44
(Applause拍手)
(拍手)
17:45
Translated by Masahiro Kyushima
Reviewed by Masaaki Ueno

▲Back to top

About the speaker:

Bill Stone - Explorer, inventor and outer space dreamer
Engineer and daredevil caver Bill Stone pushes the frontier -- through flooded tunnels, the remotest depths of the Earth and the limits of human endurance.

Why you should listen

Engineer and daredevil explorer Bill Stone is obsessed with discovery. After years of crawling through the deepest unexplored caves on the planet, he's building robots to go where he can't. His company Stone Aerospace built DepthX, an autonomous robot, which descended 1,099 feet down Mexico's deepest watery sinkhole. In 2009, Stone and his team completed a successful mission to Antarctica. ENDURANCE, an expedition sponsored by NASA, was developed to explore and map under the ice of Lake Bonney in Antarctica. But this was just a test for the real mission (which is explained in a  National Geographic documentary, Journey to an Alien Moon): building a probe with NASA to bore through miles of ice on Jupiter's moon Europa, then swim through the buried Europan sea in search of alien life.

He's also hoping to singlehandedly jump-start commercial human space exploration by offering spacefarers affordable fuels and consumables extracted from the moon. His new Shackleton Energy Company, or SEC, intends to raise $15 billion (as he points out, this is about the cost of a North Sea oil production platform complex) to mine ice thought to be trapped on the moon's southern pole at Shackleton Crater, and to sell derived products (including propellants and other consumables) on the moon and in low earth orbit (LEO) to international consumers.

Read about his 2014 expedition to the Chevé system, perhaps the deepest cave on Earth.

More profile about the speaker
Bill Stone | Speaker | TED.com