English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxBoston 2012

Kent Larson: Brilliant designs to fit more people in every city

ケント・ラーソン:より多くの人が都市に居住するための優れたデザイン

Filmed
Views 1,062,383

どうすればもっと多くの人々が過密にならずに、都市で暮らすことができるでしょうか。。ケント・ラーソンは、折り畳み式の車、間取りが簡単に変更できるアパートや、その他の発明を紹介しながら、未来の都市がまるで昔の小さな村のように機能する様子を語ります。

- Architect
Kent Larson designs new technologies that solve the biggest questions facing our cities. Full bio

I thought思想 I would〜する start開始 with〜と aa very非常に brief簡潔な
はじめに都市の発達の歴史を
00:17
history歴史 of cities都市.
簡単にご紹介しましょう
00:19
Settlements和解 typically典型的には began始まった
集落は井戸の周りに
00:21
with〜と people clusteredクラスタ化された aroundまわり aa wellよく, andそして theその sizeサイズ
人々が集まることから始まりました
00:24
of thatそれ settlement決済 wasあった roughly大まかに theその distance距離 you君は couldできた walk歩く
その大きさは 頭に水瓶を乗せて
00:27
with〜と aa potポット of water on yourきみの head.
歩ける距離だったのです
00:29
In fact事実, ifif you君は fly飛ぶ over以上 Germanyドイツ, forために example,
ドイツを飛行機から見下ろすと
00:31
andそして you君は look見える downダウン andそして you君は see見る theseこれら hundreds数百
無数の小さな村が見えるでしょう
00:35
of little少し villages, they're彼らは allすべて about aa mileマイル apart離れて.
それらは全て約1.6キロ離れているのです
00:36
You君は needed必要な easy簡単 accessアクセス to theその fieldsフィールド.
畑に歩いて行ける距離です
00:39
Andそして forために hundreds数百, even偶数 thousands of years,
何百年 何千年もの間
00:42
theその home自宅 wasあった really本当に theその centerセンター of life生活.
家が生活の中心でした
00:46
Life生活 wasあった very非常に small小さい forために most最も people.
生活は規模の小さなもので
00:48
Itそれ wasあった theその centerセンター of entertainment娯楽, of energyエネルギー production製造,
娯楽とエネルギー生産
00:51
of work作業, theその centerセンター of health健康 careお手入れ.
仕事と医療も家が中心でした
00:55
That'sそれは whereどこで babies赤ちゃん wereあった bornうまれた andそして people died死亡しました.
人は家で生まれ 家で死んだのです
00:58
Then次に, with〜と industrialization工業化, everythingすべて started開始した
工業化が進むと
01:02
to become〜になる centralized集中化された.
全てが集中しはじめました
01:05
You君は had持っていました dirty汚れた factories工場 thatそれ wereあった moved移動した
汚染物質を出す工場は
01:06
to theその outskirts郊外 of cities都市.
郊外に移り
01:09
Production製造 wasあった centralized集中化された in assemblyアセンブリ plants植物.
生産は組み立て工場で行われ
01:10
You君は had持っていました centralized集中化された energyエネルギー production製造.
エネルギー生産も集中化され
01:15
Learning学習 took取った place場所 in schools学校. Health健康 careお手入れ took取った place場所
教育は学校で
01:19
in hospitals病院.
医療は病院で行われました
01:21
Andそして then次に you君は had持っていました networksネットワーク thatそれ developed発展した.
ネットワークが発達しました
01:24
You君は had持っていました water, sewer下水道 networksネットワーク thatそれ allowed許可された forために thisこの
水道や下水道システムができ
01:26
kind種類 of uncheckedチェックされていない expansion拡張.
際限ない拡張を支えました
01:30
You君は had持っていました separated分離された functions機能, increasinglyますます.
機能がますます分化していき
01:33
You君は had持っていました railレール networksネットワーク thatそれ connected接続された residential居住の,
鉄道網が工業・商業・居住地を結びました
01:37
industrial工業用, commercial商業の areasエリア. You君は had持っていました autoオート networksネットワーク.
道路網も整備されました
01:39
In fact事実, theその modelモデル wasあった really本当に, give与える everybodyみんな aa car,
モデルとされたのは 皆に車を与え
01:42
buildビルドする roads道路 to everythingすべて, andそして give与える people aa place場所 to parkパーク
どこでも道路を作り 駐車場を設ける
01:46
whenいつ they彼ら get取得する thereそこ. Itそれ wasあった notない aa very非常に functional機能的 modelモデル.
あまり機能的なモデルではありませんが
01:48
Andそして we我々 stillまだ liveライブ in thatそれ world世界,
私たちはまだその世界で生活し
01:51
andそして thisこの is what we我々 end終わり upアップ with〜と.
その結果 こうなりました
01:54
Soそう you君は have持ってる theその sprawlスプロール of LA,
膨張するロサンゼルス市街地です
01:56
theその sprawlスプロール of Mexicoメキシコ Cityシティ.
これはメキシコ・シティー
01:58
You君は have持ってる theseこれら unbelievable信じられない new新しい cities都市 in China中国
中国の途方もない新都市
02:00
whichどの you君は mightかもしれない callコール towerタワー sprawlスプロール.
空中への膨張と言えましょう
02:03
They're彼らは allすべて building建物 cities都市 on theその modelモデル thatそれ we我々 invented発明された
中国の都市計画は50-60年代の欧米を
02:06
in theその ''50ss andそして ''60ss, whichどの is really本当に obsolete時代遅れの, I would〜する argue主張する,
モデルにしており 時代遅れです
02:09
andそして thereそこ are hundreds数百 andそして hundreds数百 of new新しい cities都市
無数の新都市が
02:12
thatそれ are beingであること planned計画された allすべて over以上 theその world世界.
世界中で計画されています
02:14
In China中国 alone単独で, 300 million百万 people,
今後15年間に中国だけでも
02:16
some一部 sayいう 400 million百万 people,
3億人から4億人が
02:18
will意志 move動く to theその cityシティ over以上 theその next 15 years.
都市に移動します
02:20
Thatそれ means手段 building建物 theその entire全体, theその equivalent同等
つまり15年間で 今の米国と
02:23
of theその entire全体 built建てられた infrastructureインフラ of theその Uあなた.Ss. in 15 years.
同規模のインフラを作るのです
02:26
Imagine想像する thatそれ.
大変ですね
02:29
Andそして we我々 should〜すべき allすべて careお手入れ about thisこの
都市生活者か否かに関係なく
02:29
whetherかどうか you君は liveライブ in cities都市 orまたは notない.
これは覚えておかねばなりません
02:32
Cities都市 will意志 accountアカウント forために 90 percentパーセント of theその population人口 growth成長,
人口増加の90%は都市です
02:34
80 percentパーセント of theその globalグローバル CO共同2, 75 percentパーセント of energyエネルギー useつかいます,
CO2増加の80% エネルギー使用の75%もしかり
02:37
butだけど at〜で theその same同じ time時間 it'sそれは whereどこで people want欲しいです to be〜する,
しかも 人々は好んで続々と
02:42
increasinglyますます.
都市に移住します
02:45
Moreもっと thanより halfハーフ theその people now in theその world世界 liveライブ in cities都市,
世界の人口の半分以上が都市に住み
02:47
andそして thatそれ will意志 justちょうど continue持続する to escalateエスカレート.
割合は今後増加します
02:50
Cities都市 are places場所 of celebrationお祝い, personal個人的 expression表現.
都市は祝祭と個人表現の場所です
02:52
You君は have持ってる theその flashフラッシュ mobsモブズ of pillow fights戦う thatそれ
枕投げのフラッシュモブなどはその例です
02:56
I've私は beenされている to aa coupleカップル. They're彼らは quiteかなり fun楽しい. (Laughter笑い)
私も数回参加したことがあります 楽しいですよ (笑)
02:59
You君は have持ってる — (Laughs笑う)
あなた方も?(笑)
03:01
Cities都市 are whereどこで most最も of theその wealth is created作成した,
都市は富の大部分が生まれる場所です
03:04
andそして particularly特に in theその developing現像 world世界,
特に発展途上国では
03:07
it'sそれは whereどこで women女性 find見つける opportunities機会. That'sそれは
都市は女性が活躍できる場所です
03:09
aa lotロット of theその reason理由 whyなぜ cities都市 are growing成長する very非常に quickly早く.
それで都市が急速に発達しているのです
03:11
Now there'sそこに some一部 trendsトレンド thatそれ will意志 impact影響 cities都市.
都市のあり方を変貌させる力があります
03:14
First最初 of allすべて, work作業 is becoming〜になる distributed配布された andそして mobileモバイル.
まず第一に労働が分散流動化します
03:17
Theその office事務所 building建物 is basically基本的に obsolete時代遅れの
オフィスビルは個人の労働の場としては
03:20
forために doingやっている privateプライベート work作業.
もやは時代遅れになり
03:22
Theその home自宅, once一度 again再び, becauseなぜなら of distributed配布された computation計算 ---
コンピュータとコミュニケーションの分散化によって
03:23
communicationコミュニケーション, is becoming〜になる aa centerセンター of life生活,
家が再び生活の中心となります
03:27
soそう it'sそれは aa centerセンター of production製造 andそして learning学習 andそして shoppingショッピング
生産 学び 購買
03:30
andそして health健康 careお手入れ andそして allすべて of theseこれら thingsもの thatそれ we我々 used中古
健康管理など家の外で行われると
03:33
to think思う of asとして taking取る place場所 outside外側 of theその home自宅.
考えていたものの中心となるのです
03:36
Andそして increasinglyますます, everythingすべて thatそれ people buy購入,
人々が購入するもの
03:39
everyすべて consumer消費者 product製品, in one1 way方法 orまたは another別の,
消費財は 何らかの形で
03:43
canできる be〜する personalizedパーソナライズド.
個別化されるのです
03:45
Andそして that'sそれは aa very非常に important重要 trend傾向 to think思う about.
この傾向は大変重要です
03:47
Soそう thisこの is myじぶんの image画像 of theその cityシティ of theその future未来.
これが私の想像する未来都市です
03:49
(Laughter笑い)
(笑)
03:52
In thatそれ it'sそれは aa place場所 forために people, you君は know知っている.
人々のための場所なのです
03:54
Maybe多分 notない theその way方法 people dressドレス, butだけど ---
服装は別にして
03:57
You君は know知っている, theその question質問 now is, howどうやって canできる we我々 have持ってる allすべて
今日の問題は都市が持つ
04:00
theその good良い thingsもの thatそれ we我々 identify識別する with〜と cities都市
良い側面を悪い側面を避けて
04:02
withoutなし allすべて theその bad悪い thingsもの?
どう実現するかです
04:05
Thisこの is Bangaloreバンガロール. Itそれ took取った me aa coupleカップル of hours時間
バンガロールです 昨年行ったとき
04:07
to get取得する aa few少数 milesマイル in Bangaloreバンガロール last最終 year.
数キロ進むのに数時間かかりました
04:09
Soそう with〜と cities都市, you君は alsoまた、 have持ってる congestion混雑 andそして pollution汚染
都市には渋滞と汚染
04:12
andそして disease疾患 andそして allすべて theseこれら negative thingsもの.
病気などのマイナス面がつきものです
04:14
Howどうやって canできる we我々 have持ってる theその good良い stuffもの withoutなし theその bad悪い?
どうしたら良い面だけを得られるでしょう
04:17
Soそう we我々 went行った backバック andそして started開始した looking探している at〜で theその greatすばらしいです cities都市
そこで車社会以前から発展した
04:19
thatそれ evolved進化した before theその cars.
大都市を見てみました
04:22
Parisパリ wasあった aa seriesシリーズ of theseこれら little少し villages
パリは小さな村々からできていました
04:24
thatそれ came来た together一緒に, andそして you君は stillまだ see見る thatそれ structure構造 today今日.
村が合体し現在の形になりました
04:27
Theその 20 arrondissements都道府県 of Parisパリ
パリの20の行政区は
04:30
are theseこれら little少し neighborhoods近隣.
これらの小さな村々なのです
04:32
Most最も of what people need必要 in life生活 canできる be〜する
日常生活は
04:33
within以内 aa five-五- orまたは 10-minute-分 walk歩く.
徒歩で5分から10分の範囲で事足ります
04:35
Andそして ifif you君は look見える at〜で theその dataデータ, whenいつ you君は have持ってる thatそれ kind種類
データを見ると そのような構造の
04:38
of aa structure構造, you君は get取得する aa very非常に even偶数 distribution分布
パリの街には
04:40
of theその shopsお店 andそして theその physicians医師 andそして theその pharmacies薬局
商店 医院 薬局 カフェなどが
04:43
andそして theその cafesカフェ in Parisパリ.
均等に分布しています
04:46
Andそして then次に you君は look見える at〜で cities都市 thatそれ evolved進化した after
車社会を前提に発達した都市は
04:48
theその automobile自動車, andそして it'sそれは notない thatそれ kind種類 of aa patternパターン.
そのような構造ではありません
04:50
There'sそこに very非常に little少し that'sそれは within以内 aa five minute walk歩く
例えばピッツバーグは
04:53
of most最も areasエリア of places場所 like好きな Pittsburghピッツバーグ.
徒歩5分内にはほとんど何もありません
04:55
Notない to pickピック on Pittsburghピッツバーグ, butだけど most最も Americanアメリカ人 cities都市
ピッツバーグ以外の 多くのアメリカの
04:59
really本当に have持ってる evolved進化した thisこの way方法.
都市も同様に発達したのです
05:01
Soそう we我々 said前記, we'll私たちは, let'sさあ look見える at〜で new新しい cities都市, andそして we're私たちは involved関係する
そこで新しい街を考えてみましょう
05:04
in aa coupleカップル of new新しい cityシティ projectsプロジェクト in China中国.
今中国で新しい都市の設計に関わっています
05:08
Soそう we我々 said前記, let'sさあ start開始 with〜と thatそれ neighborhoodご近所 cell細胞.
住宅地の集合体から始めます
05:11
We我々 think思う of itそれ asとして aa compactコンパクト urban都市 cell細胞.
それを小さな都市構成単位とします
05:13
Soそう provide提供する most最も of what most最も people want欲しいです
生活に必要なものは
05:14
within以内 thatそれ 20-minute-分 walk歩く.
徒歩20分内にあります
05:17
Thisこの canできる alsoまた、 be〜する aa resilient弾力のある electrical電気 microgridマイクログリッド,
そこに柔軟で小さな電力網を設置し
05:18
communityコミュニティ heating加熱, powerパワー, communicationコミュニケーション networksネットワーク,
地域の暖房 電力 コミュニケーションを
05:22
etc., canできる be〜する concentrated濃縮 thereそこ.
集約できます
05:25
Stewartスチュワート Brandブランド would〜する put置く aa micro-nuclear微核核 reactorリアクター
スチュアート・ブランドならば 小型原子炉を
05:28
right in theその centerセンター, probably多分. (Laughter笑い)
中心に据えるでしょうね (笑)
05:30
Andそして he mightかもしれない be〜する right.
良い考えでしょう
05:32
Andそして then次に we我々 canできる form, in effect効果, aa meshメッシュ networkネットワーク.
そうすれば網目状のネットワークを作れます
05:34
It'sそれは something何か of an Internetインターネット typology類型学 patternパターン,
それはインターネットに似た構造で
05:38
soそう you君は canできる have持ってる aa seriesシリーズ of theseこれら neighborhoods近隣.
集合体をつなぎます
05:41
You君は canできる dialダイヤル upアップ theその density密度 --- about 20,000 people per〜ごと cell細胞
単位あたりの人口は
05:44
ifif it'sそれは Cambridgeケンブリッジ. Go行く upアップ to 50,000
ケンブリッジならば2万人
05:46
ifif it'sそれは Manhattanマンハッタン density密度. You君は connect接続する everythingすべて
マンハッタンならば5万人で
05:49
with〜と mass質量 transitトランジット andそして you君は provide提供する most最も of what most最も people
公共交通機関があり 必要なものは
05:51
need必要 within以内 thatそれ neighborhoodご近所.
その区域で手に入ります
05:54
You君は canできる beginベギン to develop開発する aa whole全体 typology類型学 of streetscapes街並み
道路の形状とそれに合った車の設計に
05:56
andそして theその vehicles乗り物 thatそれ canできる go行く on themそれら. I won't〜されません go行く throughを通して
着手できます 詳細は省きますが
06:00
allすべて of themそれら. I'll私はよ justちょうど showショー one1.
一つだけお見せしましょう
06:03
Thisこの is Boulderボルダー. It'sそれは aa greatすばらしいです example of kind種類 of aa mobility移動性
これはコロラドのボルダーです この通りは
06:06
parkwayパークウェイ, aa superhighwayスーパーハイウェイ forために joggersジョギング andそして bicyclists自転車主義者
ジョガーやサイクリスト専用の道路で
06:08
whereどこで you君は canできる go行く fromから one1 end終わり of theその cityシティ to theその otherその他
車道を横切らずに 街の端から端に
06:11
withoutなし crossing交差点 theその street通り, andそして they彼ら alsoまた、 have持ってる bike-sharing自転車共有,
移動できます シェアバイクも整備しています
06:14
whichどの I'll私はよ get取得する into in aa minute.
これには後で詳しく触れます
06:19
Thisこの is even偶数 aa moreもっと interesting面白い solution溶液 in Seoulソウル, Korea韓国.
これはさらに興味深いソウルでの試みです
06:20
They彼ら took取った theその elevated上昇した highwayハイウェイ, they彼ら got持っている rid除去する of itそれ,
ここでは高架道路を取り去ってしまいました
06:23
they彼ら reclaimed再生された theその street通り, theその river downダウン below以下,
遊歩道とその脇を流れる川を取り戻し
06:26
below以下 theその street通り, andそして you君は canできる go行く fromから one1 end終わり of Seoulソウル
遊歩道を歩けばソウル市の端から端まで
06:30
to theその otherその他 withoutなし crossing交差点 aa pathway経路 forために cars.
車道を横断せずに行くことができます
06:33
Theその Highlineハイライン in Manhattanマンハッタン is very非常に similar類似.
マンハッタンの高架鉄道跡も同様です
06:37
You君は have持ってる theseこれら rapidly急速に emerging新興 bike自転車 lanesレーン
自転車専用レーンは世界中で見かけます
06:41
allすべて over以上 theその world世界. I lived住んでいました in Manhattanマンハッタン forために 15 years.
私はマンハッタンに15年住んでいます
06:45
I went行った backバック aa coupleカップル of weekends週末 ago, took取った thisこの photograph写真
この写真は数週間前のものです
06:48
of theseこれら fabulous素晴らしい new新しい bike自転車 lanesレーン thatそれ they彼ら have持ってる installedインストール済み.
すばらしい自転車レーンが整備されていますね
06:51
They're彼らは stillまだ notない to whereどこで Copenhagenコペンハーゲン is, whereどこで something何か
でもコペンハーゲンはさらに優れています
06:55
like好きな 42 percentパーセント of theその trips旅行 within以内 theその cityシティ
コペンハーゲン市内の交通量の
06:59
are by〜によって bicycle自転車. It'sそれは mostly主に justちょうど becauseなぜなら they彼ら have持ってる
42%は自転車です 自転車用インフラが
07:02
fantastic素晴らしい infrastructureインフラ thereそこ.
すばらしく完備しているのです
07:04
We我々 actually実際に didした exactly正確に theその wrong違う thingもの in Bostonボストン.
ボストンは大きな誤りを犯しました
07:07
We我々 --- theその Big大きい Dig掘る --- (Laughter笑い)
ビッグディグ計画により (笑)
07:10
Soそう we我々 got持っている rid除去する of theその highwayハイウェイ butだけど we我々 created作成した aa trafficトラフィック island
高速道路を廃止しましたが できた安全地帯は
07:14
andそして it'sそれは certainly確かに notない aa mobility移動性 pathway経路 forために anything何でも
車以外にはなんの役にも
07:18
otherその他 thanより cars.
立ちません
07:21
Mobility移動性 on demandデマンド is something何か we've私たちは beenされている thinking考え
需要対応型の交通手段を
07:23
about, soそう we我々 think思う we我々 need必要 an ecosystem生態系
我々は考えてきました シェアできる乗り物と
07:25
of theseこれら shared-use共有使用 vehicles乗り物 connected接続された to mass質量 transitトランジット.
公共交通機関を接続する仕組みが要ります
07:27
Theseこれら are some一部 of theその vehicles乗り物 thatそれ we've私たちは beenされている workingワーキング on.
このような乗り物を現在開発中です
07:31
Butだけど shared共有 useつかいます is really本当に keyキー. Ifif you君は shareシェア aa vehicle車両,
シェアすることは非常に大切です シェアすれば
07:34
you君は canできる have持ってる at〜で least少なくとも four4つの people useつかいます one1 vehicle車両,
1台の車に1人ではなく
07:37
asとして opposed反対 to one1.
4人が乗ることができます
07:40
We我々 have持ってる Hubway脇道 hereここに in Bostonボストン, theその Vvélib'lib ' systemシステム in Parisパリ.
ボストンではハブウェイ パリにはヴェリブシステムがあります
07:42
We've私たちは beenされている developing現像 at〜で theその Mediaメディア Lab研究室 thisこの little少し
メディアラボではこの小さな都市向けの
07:47
cityシティ car thatそれ is optimized最適化した forために shared共有 useつかいます in cities都市.
車を開発しています 都市でのシェアユース専用車です
07:51
We我々 got持っている rid除去する of allすべて theその useless役に立たない thingsもの like好きな enginesエンジン
エンジンや変速機のような無駄なものは省き
07:55
andそして transmissionsトランスミッション. We我々 moved移動した everythingすべて to theその wheels車輪,
すべてを車輪の中に収めました
07:58
soそう you君は have持ってる theその driveドライブ motorモーター, theその steering操舵 motorモーター,
車輪の中に駆動や操舵のためのモーター
08:01
theその breaking壊す allすべて in theその wheelホイール.
減速装置などが入っています
08:03
Thatそれ left theその chassisシャーシ unencumbered妨げられない, soそう you君は canできる do行う thingsもの
車台が自由になり 折りたたむこともできます
08:05
like好きな fold, soそう you君は canできる fold thisこの little少し vehicle車両 upアップ
この小さな車を折りたたんで
08:07
to occupy占める aa tiny小さな little少し footprintフットプリント.
小さくしまうこともできます
08:10
Thisこの wasあった aa videoビデオ thatそれ wasあった on Europeanヨーロッパ televisionテレビ last最終 week週間
このビデオは先週ヨーロッパのテレビで放映されました
08:14
showing表示 theその Spanishスペイン語 Minister大臣 of Industry業界 driving運転
スペインの産業大臣が
08:17
thisこの little少し vehicle車両, andそして whenいつ it'sそれは folded折り畳まれた, itそれ canできる spinスピン.
この車を運転しています たたむと回転もできます
08:22
You君は don'tしない need必要 reverse. You君は don'tしない need必要 parallel平行 parkingパーキング.
バックも縦列駐車も不要です
08:24
You君は justちょうど spinスピン andそして go行く directly直接 in. (Laughter笑い)
回転して直進します (笑)
08:28
Soそう we've私たちは beenされている workingワーキング with〜と aa company会社 to
ある企業と商品化を進めています
08:31
commercialize商業化する thisこの. Myじぶんの PhDphd student学生 Ryanライアン Chin presented提示された
博士課程のライアン・チンが2年前に
08:33
theseこれら early早い ideasアイデア two years ago at〜で aa TEDxtedx conference会議.
このアイディアをTEDxで紹介しました
08:35
Soそう what's何ですか interesting面白い is, then次に ifif you君は beginベギン to add追加する
さらに加えて 新たな機能たとえば
08:40
new新しい thingsもの to itそれ, like好きな autonomy自律性, you君は get取得する outでる of theその car,
自律性を与えれば 目的地に着いて
08:44
you君は parkパーク at〜で yourきみの destination, you君は patパット itそれ on theその buttバット,
駐車するとき 車体を軽くたたけば
08:46
itそれ goes行く andそして itそれ parks公園 itself自体, itそれ charges料金 itself自体,
自走して駐車し 充電しはじめます
08:49
andそして you君は canできる get取得する something何か like好きな sevenセブン times
現在の車に比べると 同じ面積に
08:52
asとして manyたくさんの vehicles乗り物 in aa given与えられた areaエリア asとして conventional従来の cars,
7倍の数の車を駐車することができます
08:54
andそして we我々 think思う thisこの is theその future未来. Actually実際に we我々 couldできた do行う thisこの today今日.
未来と思うでしょうが 今日でも可能です
09:00
It'sそれは notない really本当に aa problem問題.
全く問題ありません
09:02
We我々 canできる combine結合する shared共有 useつかいます andそして folding折畳み andそして autonomy自律性
シェアと 折りたたみと 自律性の技術を
09:05
andそして we我々 get取得する something何か like好きな 28 times theその land土地 utilization利用
組み合わせて用いれば 土地の利用効率は
09:09
with〜と thatそれ kind種類 of strategy戦略.
28倍にもなります
09:11
One1 of our我々の graduate卒業 students学生の then次に says言う, wellよく,
院生の一人が言いました
09:14
howどうやって doesする aa driverlessドライバーレス car communicate通信する with〜と pedestrians歩行者?
無人車と歩行者の意志疎通はどうしましょう
09:16
You君は have持ってる nobody誰も to make作る eye contact接触 with〜と.
目を合わせる相手がいません
09:20
You君は don'tしない know知っている ifif it'sそれは going行く to run走る you君は over以上.
車にひかれるかもしれません
09:22
Soそう he's彼は developing現像 strategies戦略 soそう theその vehicle車両 canできる
この院生は車が歩行者に話しかける
09:23
communicate通信する with〜と pedestrians歩行者, soそう --- (Laughter笑い)
装置を開発しています (笑)
09:26
Soそう theその headlightsヘッドライト are eyeballs眼球, theその pupils生徒 canできる dilate広げる,
ヘッドライトが眼球 瞳孔も開きます
09:30
we我々 have持ってる directional指向性の audioオーディオ, we我々 canできる throwスロー sound
指向性音声で通行人に
09:33
directly直接 at〜で people.
話しかけることもできます
09:35
What I love about thisこの projectプロジェクト is he solved解決した aa problem問題
このプロジェクトのすごさは
09:37
thatそれ hasn't持っていない, thatそれ doesn'tしない exist存在する yetまだ, soそう --- (Laughter笑い)
将来の問題を解決してしまったことです (笑)
09:39
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(笑) (拍手)
09:43
We我々 alsoまた、 think思う thatそれ we我々 canできる democratize民主化する accessアクセス to bike自転車 lanesレーン.
自転車レーンをより公平に利用することも検討中です
09:45
You君は know知っている, bike自転車 lanesレーン are mostly主に used中古 by〜によって young若い guysみんな
今はもっぱら若い連中
09:49
in stretchy伸縮性のある pantsズボン, you君は know知っている. Soそう --- (Laughter笑い)
サイクル・パンツをはいた連中ばかりですね (笑)
09:50
We我々 think思う we我々 canできる develop開発する aa vehicle車両 thatそれ operates動作する
自転車レーン用の新しい乗り物があれば
09:54
on bike自転車 lanesレーン, accessibleアクセス可能な to elderly高齢者 andそして disabled無効,
高齢者 障がい者 スカートの女性
09:57
women女性 in skirtsスカート, businesspeople社会人, andそして address住所 theその issues問題
ビジネスマンが利用でき いろんな問題―
10:00
of energyエネルギー congestion混雑, mobility移動性, agingエージング andそして obesity肥満
エネルギー 交通 高齢化 肥満などを
10:04
simultaneously同時に. That'sそれは our我々の challengeチャレンジ.
一気に解決しようと奮闘中です
10:07
Thisこの is an early早い design設計 forために thisこの little少し three-wheel三輪車,
これは3輪自転車のプロトタイプです
10:09
it'sそれは an electronic電子 bike自転車. You君は have持ってる to pedalペダル
電動自転車で 自転車レーンではペダルを
10:12
to operate操作する itそれ in aa bike自転車 laneLANE, butだけど ifif you'reあなたは an olderより古い person,
こぐ必要がありますが 高齢の方には
10:15
that'sそれは aa switchスイッチ. Ifif you'reあなたは aa healthy健康 person,
スイッチがあります 健康な方ならば
10:19
you君は mightかもしれない have持ってる to work作業 really本当に hardハード to go行く fast速い.
頑張れば速度がでます
10:22
You君は canできる dialダイヤル in 40 caloriesカロリー going行く into work作業
出社時には40カロリーにセット
10:24
andそして 500 going行く home自宅, whenいつ you君は canできる take取る aa showerシャワー.
シャワーを浴びれる帰宅時には500カロリーにセット
10:26
We我々 hope希望 to have持ってる thatそれ built建てられた thisこの fall.
この秋までには完成させたいと思っています
10:28
Housingハウジング is another別の areaエリア whereどこで we我々 canできる really本当に improve改善する.
他に改善できるのは住宅事情です
10:32
Mayor市長 Meninoメニノ in Bostonボストン says言う lack欠如 of affordable手頃な価格 housingハウジング
ボストン市長メニーノ氏は ボストンにとって
10:36
forために young若い people is one1 of theその biggest最大 problems問題
最大の問題のひとつは 若者向けの
10:40
theその cityシティ faces.
住宅不足だと言っています
10:43
Developers開発者 sayいう, okayはい, we'll私たちは buildビルドする little少し teeny小さな apartmentsアパート.
業者はちっちゃなアパートを建てると言います
10:44
People sayいう, we我々 don'tしない really本当に want欲しいです to liveライブ in aa little少し teeny小さな
人々は 個性のない小さなアパートを
10:47
conventional従来の apartmentアパート.
敬遠します
10:50
Soそう we're私たちは saying言って let'sさあ buildビルドする aa standardized標準化された chassisシャーシ,
私たちの提案は シャーシを自動車のように
10:51
muchたくさん like好きな our我々の car. Let'sさあ bring持参する advanced高度な technology技術
標準化することです そこに先進技術を
10:55
into theその apartmentアパート, technology-enabledテクノロジー対応 infill充填,
組み入れてみましょう 革新的な家具調度です
10:59
give与える people theその toolsツール within以内 thisこの open-loftオープンロフト chassisシャーシ
各自のニーズ 価値観 生活様式に応じた間取りを
11:04
to go行く throughを通して aa processプロセス of defining定義する what their彼らの needsニーズ
この枠組みの中で設計します
11:09
andそして values andそして activitiesアクティビティ are, andそして then次に
設計図にしたがって カスタマイズされた
11:11
aa matchingマッチング algorithmアルゴリズム will意志 match一致 aa uniqueユニークな assemblyアセンブリ
間仕切りや家具やキャビネットを
11:15
of integrated統合された infill充填 componentsコンポーネント, furniture家具, andそして cabinetryキャビネット,
取りそろえ 組み合わせていきます
11:18
thatそれ are personalizedパーソナライズド to thatそれ individual個人, andそして they彼ら give与える themそれら
洗練された対話型アプリのおかげで
11:22
theその toolsツール to go行く throughを通して theその processプロセス andそして to refineリファイン itそれ,
住む人はあたかも
11:26
andそして it'sそれは something何か like好きな workingワーキング with〜と an architect建築家,
建築家と共同作業するように
11:28
whereどこで theその dialogue対話 starts開始する whenいつ you君は give与える an alternative代替
さまざまな選択肢を検討しながら
11:31
to aa person to react反応する to.
詳細を設計できます
11:35
Now, theその most最も interesting面白い implementation実装 of thatそれ forために us米国
この中でも最も興味深いのは
11:37
is whenいつ you君は canできる beginベギン to have持ってる roboticロボット walls, soそう
ロボット壁を利用することです
11:43
yourきみの spaceスペース canできる convert変換する fromから exercise運動 to aa workplace職場,
エクササイズ部屋も仕事部屋に早変わりします
11:45
ifif you君は run走る aa virtualバーチャル company会社.
仮想会社経営者向けです
11:49
You君は have持ってる guestsゲスト over以上, you君は have持ってる two guestroomsゲストルーム
泊まり客があれば
11:50
thatそれ are developed発展した.
ゲストルームを作ることができます
11:53
You君は have持ってる aa conventional従来の one-bedroomひとつのべっどるーむ arrangement配置
必要に応じて通常の1ベッドルームも可能です
11:55
whenいつ you君は need必要 itそれ. Maybe多分 that'sそれは most最も of theその time時間.
おそらくそうしておくのが普通でしょうが
11:59
You君は have持ってる aa dinnerディナー partyパーティー. Theその table folds折り畳み outでる
ディナーパーティがしたければ
12:01
to fitフィット 16 people in otherwiseさもないと aa conventional従来の one-bedroomひとつのべっどるーむ,
変更して16名の客をもてなすこともできます
12:03
orまたは maybe多分 you君は want欲しいです aa danceダンス studioスタジオ.
ダンススタジオにだってできますよ
12:07
I mean平均, architects建築家 have持ってる beenされている thinking考え about theseこれら ideasアイデア
建築家が長年持っていた発想です
12:09
forために aa long長いです time時間. What we我々 need必要 to do行う now,
今我々が挑戦しているのは
12:11
develop開発する thingsもの thatそれ canできる scale規模 to thoseそれら 300 million百万 Chinese中国語
都市での快適な生活を望んでいる
12:14
people thatそれ would〜する like好きな to liveライブ in theその cityシティ,
3億人に上る中国人に提供可能な
12:19
andそして very非常に comfortably快適に.
方法を開発することです
12:22
We我々 think思う we我々 canできる make作る aa very非常に small小さい apartmentアパート
先ほどの技術を使えば 小さなアパートを
12:24
thatそれ functions機能 asとして ifif it'sそれは twice二度 asとして big大きい
その2倍の大きさに使うことができます
12:27
by〜によって utilizing利用する theseこれら strategies戦略. I don'tしない believe信じる in smartスマート homes.
スマートホームはダメです
12:29
That'sそれは sortソート of aa bogus concept概念.
役立たずのアイディアです
12:33
I think思う you君は have持ってる to buildビルドする dumbダム homes
スマートではない家を建てて
12:35
andそして put置く smartスマート stuffもの in itそれ. (Laughter笑い)
スマートなものを入れてください (笑)
12:37
Andそして soそう we've私たちは beenされている workingワーキング on aa chassisシャーシ of theその wall itself自体.
壁のシャーシを研究してきました
12:40
You君は know知っている, standardized標準化された platformプラットフォーム with〜と theその motorsモーター
標準化された壁にモーターと
12:47
andそして theその battery電池 whenいつ itそれ operates動作する, little少し solenoidsソレノイド
バッテリーを組み込み 低圧電流で動かし
12:49
thatそれ will意志 lockロック itそれ in place場所 andそして get取得する low-voltage低い電圧 powerパワー.
円筒コイルで定位置に固定します
12:52
We我々 think思う thisこの canできる allすべて be〜する standardized標準化された, andそして then次に people
これらは全て標準化でき
12:55
canできる personalizeパーソナライズする theその stuffもの thatそれ goes行く into thatそれ wall,
使う人がカスタマイズして壁に組み込めます
12:58
andそして like好きな theその car, we我々 canできる integrate統合する allすべて kinds種類 of sensingセンシング
車と同じように 人を感知するあらゆるセンサーを
13:01
to be〜する aware承知して of human人間 activityアクティビティ, soそう ifif there'sそこに aa baby赤ちゃん orまたは
組み入れるので 子供や子犬がいても
13:04
aa puppy子犬 in theその way方法, you君は won't〜されません have持ってる aa problem問題. (Laughter笑い)
問題ありません (笑)
13:07
Soそう theその developers開発者 sayいう, wellよく thisこの is greatすばらしいです. Okayはい,
業者は皆 大賛成です
13:12
soそう ifif we我々 have持ってる aa conventional従来の building建物,
部屋が2倍に使えるのならば
13:15
we我々 have持ってる aa fixed一定 envelopeエンベロープ, maybe多分 we我々 canできる put置く in 14 units単位.
これまでと同じ建物に
13:17
Ifif they彼ら function関数 asとして ifif they're彼らは twice二度 asとして big大きい,
14区画の代わりに
13:21
we我々 canできる get取得する 28 units単位 in.
28区画を取ることができます
13:23
Thatそれ means手段 twice二度 asとして muchたくさん parkingパーキング, thoughしかし.
そうすると駐車場も2倍必要になります
13:25
Parking's駐車場 really本当に expensive高価な. It'sそれは about 70,000 dollarsドル
駐車場料金は大変高額です 建屋の中に
13:26
per〜ごと spaceスペース to buildビルドする aa conventional従来の parkingパーキング spotスポット
従来型の駐車場を作ると
13:30
inside内部 aa building建物.
一区画7万ドルもします
13:33
Soそう ifif you君は canできる have持ってる folding折畳み andそして autonomy自律性,
車に折りたたみと自律性の機能を持たせると
13:34
you君は canできる do行う thatそれ in one1 seventh第七 of theその spaceスペース.
従来の1/7のスペースしか必要ありません
13:38
Thatそれ goes行く downダウン to 10,000 dollarsドル per〜ごと car,
駐車料金は1台あたり1万ドルで
13:41
justちょうど forために theその costコスト of theその parkingパーキング.
済むことになります
13:43
You君は add追加する shared共有 useつかいます, andそして you君は canできる even偶数 go行く furtherさらに.
カーシェアを組み入れると さらに安価になります
13:44
We我々 canできる alsoまた、 integrate統合する allすべて kinds種類 of advanced高度な technology技術
この過程に先端技術を組み込めます
13:48
throughを通して thisこの processプロセス. There'sそこに aa pathパス to market市場
独創的な会社には家庭向けテクノロジーの
13:51
forために innovative革新的な companies企業 to bring持参する technology技術 into theその home自宅.
市場を開拓するチャンスにもなります
13:54
In thisこの case場合, aa projectプロジェクト we're私たちは doingやっている with〜と Siemensジーメンス,
この例ではシーメンスと共同開発を行い
13:58
we我々 have持ってる sensorsセンサ on allすべて theその furniture家具, allすべて theその infill充填,
家具やすべての調度品にセンサーを取り付けました
14:00
thatそれ understands理解する whereどこで people are andそして what they're彼らは doingやっている.
人がどこにいて何をしているかがわかります
14:03
Blue light is very非常に efficient効率的な, soそう we我々 have持ってる theseこれら tunable調整可能な
青色光のエネルギー効率が良いので
14:05
24-bit-ビット LEDLED lighting点灯 fixtures備品.
24 ビットの LED 照明器具を導入しています
14:08
Itそれ recognizes認識する whereどこで theその person is, what they're彼らは doingやっている,
人の位置を知り何をしているかを検知し
14:11
fills塗りつぶす outでる theその light whenいつ necessary必要 to full満員 spectrumスペクトラム white light,
必要に応じて白色光に変わります
14:15
andそして saves保存する maybe多分 30, 40 percentパーセント in energyエネルギー consumption消費,
従来型の最新調光システムに比較して
14:19
we我々 think思う, over以上 even偶数 conventional従来の state-of-the-art最先端
30%から40%の電力を
14:25
lighting点灯 systemsシステム.
節約できると考えています
14:28
Thisこの justちょうど showsショー you君は theその dataデータ thatそれ comes来る fromから theその sensorsセンサ
これは家具に埋め込んだ
14:31
thatそれ are embedded埋め込み in theその furniture家具.
センサーが取得するデータです
14:34
We我々 don'tしない really本当に believe信じる in camerasカメラ to do行う thingsもの in homes.
家庭内ではカメラは不適当です
14:36
We我々 think思う theseこれら little少し wireless無線 sensorsセンサ are moreもっと effective効果的な.
これらのワイヤレスセンサーがより効果的です
14:39
We我々 think思う we我々 canできる alsoまた、 personalizeパーソナライズする sunlight太陽光.
採光もカスタマイズできます
14:43
That'sそれは sortソート of theその ultimate究極 personalizationパーソナライゼーション in some一部 ways方法.
究極のカスタマイズと言えるでしょうね
14:46
Soそう we我々, we've私たちは looked見た at〜で articulating関節運動する mirrors of theその facadeファサード
建物正面の鏡を調整して
14:48
thatそれ canできる throwスロー shaftsシャフト of sunlight太陽光 anywhereどこでも into theその spaceスペース,
部屋のどこへでも太陽光を導くことができます
14:51
thereforeしたがって、 allowing許す you君は to shadeシェード most最も of theその glassガラス
暑い日には ガラス扉のほとんどに
14:55
on aa hotホット day like好きな today今日.
ブラインドをかけることもできます
14:58
In thisこの case場合, she彼女 picksピック upアップ her彼女 phone電話, she彼女 canできる map地図
ここではスマホで操作し 食事を用意する
15:00
foodフード preparation準備 at〜で theその kitchenキッチン island to aa particular特に
キッチンへと光を導いています
15:03
locationロケーション of sunlight太陽光. An algorithmアルゴリズム will意志 keepキープ itそれ in thatそれ locationロケーション
プログラムによって 食事の準備中
15:07
asとして long長いです asとして she's彼女は engaged従事する in thatそれ activityアクティビティ.
光はその場を照らしつづけます
15:11
Thisこの canできる be〜する combined結合された with〜と LEDLED lighting点灯 asとして wellよく.
これはLED照明と組み合わせることもできます
15:14
We我々 think思う workplaces職場 should〜すべき be〜する shared共有.
仕事場は共有されるべきです
15:18
I mean平均, thisこの is really本当に theその workplace職場 of theその future未来, I think思う.
これは将来の仕事場の形です
15:20
Thisこの is Starbucksスターバックス, you君は know知っている. (Laughter笑い)
これはご存じスタバです (笑)
15:22
Maybe多分 aa third三番Andそして you君は see見る everybodyみんな has持っている their彼らの backバック
皆壁に背中を向けて
15:24
to theその wall andそして they彼ら have持ってる foodフード andそして coffeeコーヒー downダウン theその way方法
食べ物とコーヒーが手前にあります
15:27
andそして they're彼らは in their彼らの own自分の little少し personal個人的 bubbleバブル.
皆それぞれの個人スペースで仕事をしています
15:29
We我々 need必要 shared共有 spacesスペース forために interactionインタラクション andそして collaborationコラボレーション.
交流と協働の共有空間も必要ですが
15:33
We're私たちは notない doingやっている aa very非常に good良い jobジョブ with〜と thatそれ.
まだ成功していません
15:35
At〜で theその Cambridgeケンブリッジ Innovation革新 Centerセンター, you君は canできる have持ってる
ケンブリッジイノベーションセンターでは
15:38
shared共有 desksデスク. I've私は spent過ごした aa lotロット of time時間 in Finlandフィンランド
机を共有しています フィンランドのアアルト大学の
15:40
at〜で theその design設計 factory工場 of Aaltoアールト University大学,
デザイン工房で研究しましたが
15:43
whereどこで theその they彼ら have持ってる aa shared共有 shopショップ andそして shared共有 Fablabファブラブ,
そこには共有の作業場とファブラボ
15:46
shared共有 quiet静か spacesスペース,
休憩室
15:49
electronicsエレクトロニクス spacesスペース,
電子機器実験室
15:51
recreationレクリエーション places場所.
レクリエーション室があります
15:53
We我々 think思う ultimately最終的に allすべて of thisこの stuffもの canできる come来る together一緒に,
最終的にはこれらのものが一つになって
15:55
aa new新しい modelモデル forために mobility移動性, aa new新しい modelモデル forために housingハウジング,
新たな移動性 新たな住居 職と住の新たな
15:59
aa new新しい modelモデル forために howどうやって we我々 liveライブ andそして work作業,
モデルができあがり
16:02
aa pathパス to market市場 forために advanced高度な technologiesテクノロジー,
先端技術の市場になると思います
16:05
butだけど in theその end終わり theその mainメイン thingもの we我々 need必要 to focusフォーカス on
しかし結局 最も大切なものは人々です
16:07
are people. Cities都市 are allすべて about people.
都市の主人公は人々です
16:10
They're彼らは places場所 forために people.
都市は人々のためにあります
16:12
There'sそこに noいいえ reason理由 whyなぜ we我々 can'tできない dramatically劇的に improve改善する
都市の居住性や創造性は
16:14
theその livability居住性 andそして creativity創造性 of cities都市 like好きな they've彼らは done完了
必ず劇的に向上できます
16:16
in Melbourneメルボルン with〜と theその lanewaysランウェイ whilewhile
メルボルンではレーンウェイを刷新して
16:19
at〜で theその same同じ time時間 dramatically劇的に reducing還元する CO共同2 andそして energyエネルギー.
CO2とエネルギーを大幅に削減しました
16:23
It'sそれは aa globalグローバル imperative命令的. We我々 have持ってる to get取得する thisこの right.
世界的な課題として解決が求められます
16:27
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとう(拍手)
16:31
Translated by Haruo Nishinoh
Reviewed by Akira Kan

▲Back to top

About the speaker:

Kent Larson - Architect
Kent Larson designs new technologies that solve the biggest questions facing our cities.

Why you should listen

Kent Larson has been the director of the MIT House_n  research consortium in the School of Architecture and Planning since 1998 and is also the current director of the MIT Media Lab's Changing Places group. Both projects are dedicated to developing technologies that solve contemporary issues in the home, the workplace, and the city. Larson practiced architecture in New York City for 15 years and wrote for several architectural publications and the New York Times. In 2000, his book, Louis I. Kahn: Unbuilt Masterworks, was selected among the Ten Best Books in Architecture by the New York Times Review of Books. His current work has three focusses: responsive urban housing, ubiquitous technologies, and living lab experiments to test his group's designs in practical environments.

More profile about the speaker
Kent Larson | Speaker | TED.com