English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Read Montague: What we're learning from 5,000 brains

リード・モンタギュー: 5000人の脳からわかること

Filmed
Views 698,380

脳研究では、もうマウスや虫だけが実験材料ではない。機能的MRI(fMRI)を使うことで、「生きている」人間の、脳の活動を調べられるようになった。 この技術はどのように人同士が交流するときの複雑なシステムを解明してくれるのか。リード・モンタギューがその概要を紹介する。

- Behavioral Neuroscientist
What does "normal behavior" look like? To find out, Read Montague is imaging thousands of brains at work. Full bio

Otherその他 people. Everyoneみんな is interested興味がある in otherその他 people.
他人―
皆 他人に興味があります
00:16
Everyoneみんな has持っている relationships関係 with〜と otherその他 people,
誰もが周囲の人と関わり
00:19
andそして they're彼らは interested興味がある in theseこれら relationships関係
様々な理由から
人間関係に興味を持っています
00:21
forために aa variety品種 of reasons理由.
様々な理由から
人間関係に興味を持っています
00:22
Good良い relationships関係, bad悪い relationships関係,
良好な関係 険悪な関係
面倒な関係 不可解な関係
00:24
annoying迷惑な relationships関係, agnostic不可知論者 relationships関係,
良好な関係 険悪な関係
面倒な関係 不可解な関係
00:26
andそして what I'm私は going行く to do行う is focusフォーカス on theその central中央 pieceピース
そして今回は
人間関係の中で生じる
00:29
of an interactionインタラクション thatそれ goes行く on in aa relationship関係.
相互作用の中核に着目したいと思います
00:33
Soそう I'm私は going行く to take取る asとして inspirationインスピレーション theその fact事実 thatそれ we're私たちは allすべて
私は皆さんが他人との交流に
興味を持っていただけると思って話します
00:36
interested興味がある in interacting相互作用する with〜と otherその他 people,
私は皆さんが他人との交流に
興味を持っていただけると思って話します
00:38
I'm私は going行く to completely完全に stripストリップ itそれ of allすべて itsその complicating複雑な features特徴,
私は人間関係という
複雑な物を単純化し
00:41
andそして I'm私は going行く to turn順番 thatそれ objectオブジェクト, thatそれ simplified単純化した objectオブジェクト,
単純化したものを
科学的な測定器として使用しました
00:45
into aa scientific科学的 probeプローブ, andそして provide提供する theその early早い stagesステージ,
そして二つの脳が同時に交流している時
00:49
embryonic胚性の stagesステージ of new新しい insights洞察 into what happens起こる
何が起こっているかについて
00:53
in two brains頭脳 whilewhile they彼ら simultaneously同時に interact相互作用する.
まだ初期段階ですが
新しい知見を提供します
00:55
Butだけど before I do行う thatそれ, let〜する me telltell you君は aa coupleカップル of thingsもの
まずは どうやってそれができるのか
説明したいと思います
00:59
thatそれ made thisこの possible可能.
まずは どうやってそれができるのか
説明したいと思います
01:01
Theその first最初 is we我々 canできる now eavesdrop盗む safely安全に
今では 健康を害することなく
脳の活動が観察できます
01:03
on healthy健康 brain activityアクティビティ.
今では 健康を害することなく
脳の活動が観察できます
01:06
Withoutなし needles andそして radioactivity放射能,
針や放射線は使用せず
01:08
withoutなし anyどれか kind種類 of clinical臨床的 reason理由, we我々 canできる go行く downダウン theその street通り
医療目的なしに
あなたの隣人や友人が
01:11
andそして record記録 fromから yourきみの friends'友人の ' andそして neighbors'隣人たちは、 brains頭脳
様々な認知活動をしている間の
01:14
whilewhile they彼ら do行う aa variety品種 of cognitive認知 tasksタスク, andそして we我々 useつかいます
脳の活動を記録できます
01:17
aa method方法 calledと呼ばれる functional機能的 magnetic磁気 resonance共振 imagingイメージング.
使用するのは
”機能的磁気共鳴画像法”(fMRI)--
01:19
You'veあなたは probably多分 allすべて read読む about itそれ orまたは heard聞いた about in some一部
皆さん聞き覚えがあるかもしれません
01:23
incarnation化身. Let〜する me give与える you君は aa two-sentence2文 versionバージョン of itそれ.
一言二言で説明して差し上げましょう
01:26
Soそう we've私たちは allすべて heard聞いた of MRIsマリス. MRIsマリス useつかいます magnetic磁気 fieldsフィールド
MRIは聞いたことがありますよね
磁場と電磁波を利用し
01:30
andそして radio無線 waves andそして they彼ら take取る snapshotsスナップショット of yourきみの brain
MRIは聞いたことがありますよね
磁場と電磁波を利用し
01:33
orまたは yourきみの knee orまたは yourきみの stomach,
貴方の脳や膝
胃の写真を撮ります
01:35
grayscaleグレースケール imagesイメージ thatそれ are frozenフローズン in time時間.
白黒の時が停まった映像です
01:38
In theその 1990ss, itそれ wasあった discovered発見された you君は couldできた useつかいます
90年代 MRIを違う形で
使えることがわかりました
01:40
theその same同じ machines機械 in aa different異なる modeモード,
90年代 MRIを違う形で
使えることがわかりました
01:42
andそして in thatそれ modeモード, you君は couldできた make作る microscopic微視的 blood血液 flowフロー
脳内の様々部分の
微妙な血流を
01:45
movies映画 fromから hundreds数百 of thousands of sitesサイト independently独立して in theその brain.
動画で見ることが出来るようになりました
01:47
Okayはい, soそう what? In fact事実, theその soそう what is, in theその brain,
だから何か?
脳内の神経活動は
01:50
changes変更 in neuralニューラル activityアクティビティ, theその thingsもの thatそれ make作る yourきみの brain work作業,
つまり脳を機能させる活動―
01:54
theその thingsもの thatそれ make作る yourきみの softwareソフトウェア work作業 in yourきみの brain,
脳のソフトウェアの動作は
01:57
are tightlyしっかりと correlated相関 with〜と changes変更 in blood血液 flowフロー.
血流と相関関係にあります
01:59
You君は make作る aa blood血液 flowフロー movie映画, you君は have持ってる an independent独立した
血流を見れば
脳の活動がわかります
02:02
proxy代理 of brain activityアクティビティ.
血流を見れば
脳の活動がわかります
02:04
Thisこの has持っている literally文字通り revolutionized革命を起こした cognitive認知 science科学.
これは認知科学にとって革命です
02:06
Take取る anyどれか cognitive認知 domainドメイン you君は want欲しいです, memory記憶,
調べたい認知領域があるとします
02:09
motorモーター planningプランニング, thinking考え about yourきみの mother-in-law義理の母,
記憶 運動 姑のことを考える
02:11
getting取得 angry怒っている at〜で people, emotional感情の response応答, itそれ goes行く on andそして on,
誰かに起こる 感情的な 反応 等々
02:13
put置く people into functional機能的 MRImri devicesデバイス, andそして
これらの活動が脳内にどう分布するか
02:17
image画像 howどうやって theseこれら kinds種類 of variables変数 map地図 onto〜に brain activityアクティビティ.
人々をfMRI装置にかけることで
わかるのです
02:20
It'sそれは in itsその early早い stagesステージ, andそして it'sそれは crude原油 by〜によって some一部 measures措置,
fMRIは初期段階で
精度が荒いですが
02:24
butだけど in fact事実, 20 years ago, we我々 wereあった at〜で nothing何も.
20年前には何もなかったのです
02:26
You君は couldn'tできなかった do行う people like好きな thisこの. You君は couldn'tできなかった do行う healthy健康 people.
人を―健康な人を―
研究できなかったのです
02:29
That'sそれは caused原因 aa literalリテラル revolution革命, andそして it'sそれは opened開かれた us米国 upアップ
fMRIにより 文字通り革命が起き
02:31
to aa new新しい experimental実験的 preparation準備. Neurobiologists神経生物学者,
新たな実験材料を得ました
02:34
asとして you君は wellよく know知っている, have持ってる lotsロット of experimental実験的 prepsプリプレス,
神経学者は研究で
色々な実験材料を使用します
02:37
wormsワーム andそして rodentsげっ歯類 andそして fruitフルーツ flies飛行機 andそして thingsもの like好きな thisこの.
ミミズ ラット ハエ 等々
02:40
Andそして now, we我々 have持ってる aa new新しい experimental実験的 prep準備: human人間 beings存在.
そして新たな実験材料が
人間です
02:44
We我々 canできる now useつかいます human人間 beings存在 to study調査 andそして modelモデル
今では人間の脳の機能を
調べるために
02:47
theその softwareソフトウェア in human人間 beings存在, andそして we我々 have持ってる aa few少数
人間を使用でき
いくつかの
02:51
burgeoning急増する biological生物学的 measures措置.
生物学的な指標ができつつあります
02:54
Okayはい, let〜する me give与える you君は one1 example of theその kinds種類 of experiments実験 thatそれ people do行う,
さて ここで人々が行ってきた
実験の例を紹介しましょう
02:57
andそして it'sそれは in theその areaエリア of what you'dあなたは callコール valuation評価.
これは"評価"の分野で行われました
03:00
Valuation評価 is justちょうど what you君は think思う itそれ is, you君は know知っている?
”評価"とは皆さんが考えている通りで
03:03
Ifif you君は went行った andそして you君は wereあった valuing評価 two companies企業 againstに対して
もし2つの会社を比べた場合
03:05
one1 another別の, you'dあなたは want欲しいです to know知っている whichどの wasあった moreもっと valuable貴重な.
どちらの価値が高いか知りたくなります
03:08
Cultures文化 discovered発見された theその keyキー feature特徴 of valuation評価 thousands of years ago.
"評価"の特徴は千年も
昔から知られています
03:11
Ifif you君は want欲しいです to compare比較する orangesオレンジ to windshieldsフロントガラス, what do行う you君は do行う?
オレンジとフロントガラスを比べるには
どうしますか?できませんよね?
03:15
Wellよく, you君は can'tできない compare比較する orangesオレンジ to windshieldsフロントガラス.
オレンジとフロントガラスを比べるには
どうしますか?できませんよね?
03:17
They're彼らは immiscible混和しない. They彼ら don'tしない mixミックス with〜と one1 another別の.
これらはお互いに混ざり合いません
03:20
Soそう instead代わりに, you君は convert変換する themそれら to aa common一般 currency通貨 scale規模,
この場合 それらを同じ尺度に変換し
03:22
put置く themそれら on thatそれ scale規模, andそして value themそれら accordinglyそれに応じて.
その尺度を使用して評価をします
03:24
Wellよく, yourきみの brain has持っている to do行う something何か justちょうど like好きな thatそれ asとして wellよく,
こういう処理をするのが
脳の仕事です
03:27
andそして we're私たちは now beginning始まり to understandわかる andそして identify識別する
そしえ我々は評価に携わる脳の器官を
03:30
brain systemsシステム involved関係する in valuation評価,
明らかにしつつあります
03:33
andそして one1 of themそれら includes含む aa neurotransmitter神経伝達物質 systemシステム
その一つが
神経伝達物質系です
03:35
whoseその cells細胞 are located所在地 in yourきみの brainstem脳幹
脳幹に位置する細胞によって―
03:38
andそして deliver配信する theその chemical化学 dopamineドーパミン to theその rest残り of yourきみの brain.
ドーパミンという化学物質が
脳全体に放出されます
03:40
I won't〜されません go行く throughを通して theその details詳細 of itそれ, butだけど that'sそれは an important重要
詳しくは説明しませんが
03:44
discovery発見, andそして we我々 know知っている aa good良い bitビット about thatそれ now,
これは重要な発見であり
03:46
andそして it'sそれは justちょうど aa small小さい pieceピース of itそれ, butだけど it'sそれは important重要 becauseなぜなら
神経伝達物質系は小さいが重要です
03:48
thoseそれら are theその neuronsニューロン thatそれ you君は would〜する lose失う ifif you君は had持っていました Parkinson'sパーキンソン病 disease疾患,
これらの神経細胞が
パーキンソン病やドラッグの使用で
03:50
andそして they're彼らは alsoまた、 theその neuronsニューロン thatそれ are hijackedハイジャックされた by〜によって literally文字通り
損なわれたり支配されます
03:54
everyすべて drugドラッグ of abuse乱用, andそして thatそれ makes作る senseセンス.
そしてこれは非常に納得できます
03:56
Drugs薬物 of abuse乱用 would〜する come来る in, andそして they彼ら would〜する change変化する
ドラッグを使用すると
評価の基準が変化し―
03:58
theその way方法 you君は value theその world世界. They彼ら change変化する theその way方法
ドラッグを使用すると
評価の基準が変化し―
04:00
you君は value theその symbolsシンボル associated関連する with〜と yourきみの drugドラッグ of choice選択,
ドラッグが 何よりも
大事なものになります
04:02
andそして they彼ら make作る you君は value thatそれ over以上 everythingすべて elseelse.
ドラッグが 何よりも
大事なものになります
04:05
Here'sここにいる theその keyキー feature特徴 thoughしかし. Theseこれら neuronsニューロン are alsoまた、
しかし 神経伝達物質系の真の特徴は
04:08
involved関係する in theその way方法 you君は canできる assign割り当てます value to literally文字通り abstract抽象 ideasアイデア,
抽象的な概念の 評価にも
関係していることです
04:11
andそして I put置く some一部 symbolsシンボル upアップ hereここに thatそれ we我々 assign割り当てます value to
私たちは様々な理由から
これらのような物に価値をつけます
04:14
forために various様々な reasons理由.
私たちは様々な理由から
これらのような物に価値をつけます
04:16
We我々 have持ってる aa behavioral行動的 superpower超大国 in our我々の brain,
私達の脳のスーパーパワーがあり
04:19
andそして itそれ at〜で least少なくとも in part involves関係する dopamineドーパミン.
それにはドーパミンが関係しています
04:22
We我々 canできる deny否定する everyすべて instinct本能 we我々 have持ってる forために survival生存 forために an ideaアイディア,
人間だけが概念のために
―それが些細なものでも―
04:23
forために aa mereほんの ideaアイディア. Noいいえ otherその他 species canできる do行う thatそれ.
生存本能までも
否定できてしまいます
04:28
In 1997, theその cultカルト Heaven's天国 Gateゲート committedコミットした mass質量 suicide自殺
1997年 カルト宗教の
集団自殺がありました
04:32
predicated述語 on theその ideaアイディア thatそれ thereそこ wasあった aa spaceship宇宙船
ヘール・ボップ彗星の尾に隠れている
04:35
hiding隠蔽 in theその tail of theその then-visible目に見える comet彗星 Hale-Boppハレボップ
宇宙船が 魂を別世界に
連れて行ってくれるという
04:37
waiting待っている to take取る themそれら to theその next levelレベル. Itそれ wasあった an incredibly信じられないほど tragic悲劇的な eventイベント.
考えに憑りつかれてのことでした
悲劇的な出来事です
04:41
Moreもっと thanより two thirds3分の1 of themそれら had持っていました collegeカレッジ degrees.
彼らの3分の2は
大学を出ていました
04:46
Butだけど theその pointポイント hereここに is they彼ら wereあった ableできる to deny否定する their彼らの instincts本能 forために survival生存
しかし ここでの重要な点は
生存のために発達した―
04:49
usingを使用して exactly正確に theその same同じ systemsシステム thatそれ wereあった put置く thereそこ
神経伝達物質系を使い
生存本能が―
04:53
to make作る themそれら survive生き残ります. That'sそれは aa lotロット of controlコントロール, okayはい?
否定されたことです
これにはかなりのコントロールが必要です
04:56
One1 thingもの thatそれ I've私は left outでる of thisこの narrative物語
この話で一つ抜けているのは
05:00
is theその obvious明らか thingもの, whichどの is theその focusフォーカス of theその rest残り of myじぶんの
ここからの主題である
05:02
little少し talkトーク, andそして thatそれ is otherその他 people.
他人についての話です
05:04
Theseこれら same同じ valuation評価 systemsシステム are redeployed再展開された
人間関係の 評価にも
先ほどと同じような
05:06
whenいつ we're私たちは valuing評価 interactionsインタラクション with〜と otherその他 people.
評価システム―神経伝達物質系―
が使われています
05:09
Soそう thisこの same同じ dopamineドーパミン systemシステム thatそれ gets取得 addicted中毒 to drugs薬物,
このドーパミンシステムは
人をドラッグに溺れさせ
05:12
thatそれ makes作る you君は freezeフリーズする whenいつ you君は get取得する Parkinson'sパーキンソン病 disease疾患,
パーキンソン病患者を静止させ
05:15
thatそれ contributes貢献する to various様々な formsフォーム of psychosis精神病,
様々な精神異常の原因となり
05:17
is alsoまた、 redeployed再展開された to value interactionsインタラクション with〜と otherその他 people
そして 人間関係を評価するのに
使われるのです
05:20
andそして to assign割り当てます value to gesturesジェスチャー thatそれ you君は do行う
誰かと交流している時の
ジェスチャーに
05:24
whenいつ you'reあなたは interacting相互作用する with〜と somebody誰か elseelse.
評価を付けるのです
05:27
Let〜する me give与える you君は an example of thisこの.
例を挙げたいと思います
05:30
You君は bring持参する to theその table suchそのような enormous巨大な processing処理 powerパワー
皆さんは知らず知らずのうちに
この分野で―
05:32
in thisこの domainドメイン thatそれ you君は hardlyほとんど even偶数 notice通知 itそれ.
かなりの処理能力を
発揮しています
05:35
Let〜する me justちょうど give与える you君は aa few少数 examples. Soそう here'sここにいる aa baby赤ちゃん.
ここに赤ちゃんがいます
05:38
She's彼女は three months数ヶ月 old古い. She彼女 stillまだ poopsポップス in her彼女 diapersおむつ andそして she彼女 can'tできない do行う calculus微積分.
彼女は生後3ヶ月 オムツをして
微分積分はできません
05:40
She's彼女は related関連する to me. Somebody誰か will意志 be〜する very非常に gladうれしい thatそれ she's彼女は upアップ hereここに on theその screen画面.
私の親族で ここに映っていることを
喜んでいる誰かがいます
05:43
You君は canできる coverカバー upアップ one1 of her彼女 eyes, andそして you君は canできる stillまだ read読む
彼女の片方の目を
隠してみてください
05:47
something何か in theその otherその他 eye, andそして I see見る sortソート of curiosity好奇心
片方の目には好奇心が見え
逆の目には―
05:49
in one1 eye, I see見る maybe多分 aa little少し bitビット of surprise驚き in theその otherその他.
ちょっとした驚きが見えると思います
05:52
Here'sここにいる aa coupleカップル. They're彼らは sharing共有 aa moment瞬間 together一緒に,
カップルの写真
楽しい時間を共有してます そして―
05:55
andそして we've私たちは even偶数 done完了 an experiment実験 whereどこで you君は canできる cutカット outでる
実験により写真の一部を切り抜いても
楽しい時間を共有していることが
05:59
different異なる pieces作品 of thisこの frameフレーム andそして you君は canできる stillまだ see見る
実験により写真の一部を切り抜いても
楽しい時間を共有していることが
06:00
thatそれ they're彼らは sharing共有 itそれ. They're彼らは sharing共有 itそれ sortソート of in parallel平行.
読み取れることが分かりました
06:03
Now, theその elements要素 of theその sceneシーン alsoまた、 communicate通信する thisこの
写真の色々な情報がヒントをくれますが
06:05
to us米国, butだけど you君は canできる read読む itそれ straightまっすぐ offオフ their彼らの faces,
顔の表情から 最も簡単に読み取れます
06:08
andそして ifif you君は compare比較する their彼らの faces to normal正常 faces, itそれ would〜する be〜する aa very非常に subtle微妙 cue合図.
しかし 普段の表情との違いは微妙です
06:10
Here'sここにいる another別の coupleカップル. He's彼は projecting投影する outでる at〜で us米国,
別のカップル
彼は私達に対し感情を映し出していて
06:14
andそして she's彼女は clearlyはっきりと projecting投影する, you君は know知っている,
彼女が映し出してる感情は明らかです
06:17
love andそして admiration感嘆 at〜で him.
彼への愛と称賛
06:20
Here'sここにいる another別の coupleカップル. (Laughter笑い)
そして また別のカップル(笑)
06:22
Andそして I'm私は thinking考え I'm私は notない seeing見る love andそして admiration感嘆 on theその left. (Laughter笑い)
左側には 愛と称賛は
見られないようです(笑)
06:26
In fact事実, I know知っている thisこの is his sisterシスター, andそして you君は canできる justちょうど see見る
実際には 姉と弟です
そして弟は多分
06:31
him saying言って, "Okayはい, we're私たちは doingやっている thisこの forために theその cameraカメラ,
”仲良しなのはカメラの前だけで
06:33
andそして then次に afterwardsその後 you君は stealスチール myじぶんの candyキャンディー andそして you君は punchパンチ me in theその face." (Laughter笑い)
”この後 僕のアメを取り上げて
顔にパンチするんだろ”と言っています (笑)
06:36
He'll地獄 kill殺します me forために showing表示 thatそれ.
写真を見せたことには後で酷く怒るでしょう
さて これらからわかることは―
06:42
Allすべて right, soそう what doesする thisこの mean平均?
写真を見せたことには後で酷く怒るでしょう
さて これらからわかることは―
06:44
Itそれ means手段 we我々 bring持参する an enormous巨大な amount of processing処理 powerパワー to theその problem問題.
私たちは 評価にかなりの
処理能力を使うということです
06:46
Itそれ engages従事する deep深い systemsシステム in our我々の brain, in dopaminergicドーパミン作動性
それには脳の深部にある
ドーパミン系―
06:50
systemsシステム thatそれ are thereそこ to make作る you君は chase追跡 sexセックス, foodフード andそして salt.
私たちが生きるために
セックスや食べ物を
06:53
They彼ら keepキープ you君は alive生きている. Itそれ gives与える themそれら theその pieパイ, itそれ gives与える
求めさせるシステムが関与しています
そして―
06:56
thatそれ kind種類 of aa behavioral行動的 punchパンチ whichどの we've私たちは calledと呼ばれる aa superpower超大国.
それが私たちの
行動の原動力となります
06:59
Soそう howどうやって canできる we我々 take取る thatそれ andそして arrangeアレンジ aa kind種類 of stagedステージされた
ではどのように実験を組み立てれば
このドーパミン系を―
07:02
socialソーシャル interactionインタラクション andそして turn順番 thatそれ into aa scientific科学的 probeプローブ?
人間関係の測定器として
使用できるのか?
07:06
Andそして theその shortショート answer回答 is gamesゲーム.
答えはゲームをさせることです
07:08
Economic経済的 gamesゲーム. Soそう what we我々 do行う is we我々 go行く into two areasエリア.
経済ゲームをさせます
二つの分野に進出し―
07:11
One1 areaエリア is calledと呼ばれる experimental実験的 economics経済. Theその otherその他 areaエリア is calledと呼ばれる behavioral行動的 economics経済.
一つは実験経済学
もう一つは行動経済学
07:16
Andそして we我々 stealスチール their彼らの gamesゲーム. Andそして we我々 contrive考案する themそれら to our我々の own自分の purposes目的.
彼らのゲームを拝借して
研究に利用しています
07:19
Soそう thisこの showsショー you君は one1 particular特に gameゲーム calledと呼ばれる an ultimatum最終的な gameゲーム.
ゲームは”最後通牒ゲーム”
と言います
07:23
Red person is given与えられた aa hundred dollarsドル andそして canできる offer提供
赤は100ドル与えられ
青とどのように分割するか提案できます
07:26
aa splitスプリット to blue. Let'sさあ sayいう red wants望む to keepキープ 70,
赤は100ドル与えられ
青とどのように分割するか提案できます
07:28
andそして offersオファー blue 30. Soそう he offersオファー aa 70--30 splitスプリット with〜と blue.
赤の提案が 赤:70 青:30
だとしましょう
07:32
Controlコントロール passesパス to blue, andそして blue says言う, "I accept受け入れる itそれ,"
そして主導権は青に移り
青が"承諾"と言えば
07:36
in whichどの case場合 he'd彼は get取得する theその moneyお金, orまたは blue says言う,
二人はお金を受け取ります
07:38
"I reject拒絶する itそれ," in whichどの case場合 noいいえ one1 gets取得 anything何でも. Okayはい?
青が”拒否”と言うと
両者は何も受け取れません
07:40
Soそう aa rationalラショナル choice選択 economistエコノミスト would〜する sayいう, wellよく,
経済学者がいう合理的な選択によると
07:45
you君は should〜すべき take取る allすべて non-zeroゼロ以外 offersオファー.
”ゼロ”以外は全て承諾すべきです
07:48
What do行う people do行う? People are indifferent無関心 at〜で an 80--20 splitスプリット.
でも実際 80-20の提案で
選択は中立になります
07:50
At〜で 80--20, it'sそれは aa coinコイン flipフリップ whetherかどうか you君は accept受け入れる thatそれ orまたは notない.
80-20では 相手が
”受諾”するかは五分五分
07:54
Whyなぜ is thatそれ? You君は know知っている, becauseなぜなら you'reあなたは pissed怒った offオフ.
なぜか?
分かりますよね?怒るからです
07:57
You'reあなたは mad怒っている. That'sそれは an unfair不公正 offer提供, andそして you君は know知っている what an unfair不公正 offer提供 is.
明らかに不公平な提案に
怒っているからです
08:00
Thisこの is theその kind種類 of gameゲーム done完了 by〜によって myじぶんの lab研究室 andそして manyたくさんの aroundまわり theその world世界.
この手の実験は
世界中で行われています
08:04
Thatそれ justちょうど gives与える you君は an example of theその kind種類 of thingもの thatそれ
これはこの手のゲームが
どのような―
08:07
theseこれら gamesゲーム probeプローブ. Theその interesting面白い thingもの is, theseこれら gamesゲーム
測定器になれるかの一例です
また面白いことに
08:09
require要求する thatそれ you君は have持ってる aa lotロット of cognitive認知 apparatus装置 on lineライン.
これらのゲームには
多くの認知能力が求められます
08:13
You君は have持ってる to be〜する ableできる to come来る to theその table with〜と aa proper適切な modelモデル of another別の person.
まず 相手に関する
適切なモデルが必要です
08:17
You君は have持ってる to be〜する ableできる to remember思い出す what you'veあなたは done完了.
自分のしたことを記憶し
実行に移すためには少し勇気が必要です
08:20
You君は have持ってる to standスタンド upアップ in theその moment瞬間 to do行う thatそれ.
自分のしたことを記憶し
実行に移すためには少し勇気が必要です
08:23
Then次に you君は have持ってる to update更新 yourきみの modelモデル basedベース on theその signalsシグナル coming到来 backバック,
そして相手の反応を受け
モデルを更新し
08:24
andそして you君は have持ってる to do行う something何か thatそれ is interesting面白い,
興味を引くことを
しなければいけない
08:28
whichどの is you君は have持ってる to do行う aa kind種類 of depth深さ of thought思想 assayアッセイ.
これは非常に深い思考が必要です
まずは―
08:31
Thatそれ is, you君は have持ってる to decide決めます what thatそれ otherその他 person expects期待する of you君は.
相手が期待していることを判断し
相手の中にある―
08:33
You君は have持ってる to send送信する signalsシグナル to manage管理する yourきみの image画像 in their彼らの mindマインド.
自分のイメージを管理するために
シグナルを送ります
08:36
Like好きな aa jobジョブ interviewインタビュー. You君は sit座る across横断する theその desk fromから somebody誰か,
就職面接に似ていますね
先入観を持った
08:39
they彼ら have持ってる some一部 prior前の image画像 of you君は,
面接官の前に座り
08:42
you君は send送信する signalsシグナル across横断する theその desk to move動く their彼らの image画像
その先入観が
自分が望むイメージに
08:44
of you君は fromから one1 place場所 to aa place場所 whereどこで you君は want欲しいです itそれ to be〜する.
修正されるようシグナルを送る
08:46
We're私たちは soそう good良い at〜で thisこの we我々 don'tしない really本当に even偶数 notice通知 itそれ.
皆こういったことが上手すぎて
自分達では気づきませんが
08:50
Theseこれら kinds種類 of probesプローブ exploit悪用する itそれ. Okayはい?
私たちの測定器を使うことで
気づくことが出来るのです
08:54
In doingやっている thisこの, what we've私たちは discovered発見された is thatそれ humans人間
この研究で 人は社交的な場では
カナリアだと気づきました
08:57
are literalリテラル canariesカナリアス in socialソーシャル exchanges交換.
この研究で 人は社交的な場では
カナリアだと気づきました
08:59
Canariesカナリアス used中古 to be〜する used中古 asとして kind種類 of biosensorsバイオセンサー in mines鉱山.
カナリアは炭鉱では
感知器として使用されました
09:02
Whenいつ methaneメタン built建てられた upアップ, orまたは carbon炭素 dioxide二酸化炭素 built建てられた upアップ,
メタンが増加したり
二酸化炭素が増加したり
09:05
orまたは oxygen酸素 wasあった diminished減少した, theその birds would〜する swoon気絶
酸素が減少すると
この鳥は人よりも早く気絶し
09:09
before people would〜する --- soそう itそれ acted行動した asとして an early早い warning警告 systemシステム:
警報システムとして働きます
09:13
Heyねえ, get取得する outでる of theその mine鉱山. Thingsもの aren'tない going行く soそう wellよく.
”このままだとやばい
炭鉱から出るんだ”と
09:15
People come来る to theその table, andそして even偶数 theseこれら very非常に blunt鈍い,
人々はテーブルに座り
数字をやり取りするだけの 単純で―
09:18
stagedステージされた socialソーシャル interactionsインタラクション, andそして they彼ら, andそして there'sそこに justちょうど
人々はテーブルに座り
数字をやり取りするだけの 単純で―
09:21
numbers数字 going行く backバック andそして forth前進 betweenの間に theその people,
手順が決まった 交流をするだけで
09:24
andそして they彼ら bring持参する enormous巨大な sensitivities感度 to itそれ.
そこに多大な神経を使います
09:27
Soそう we我々 realized実現した we我々 couldできた exploit悪用する thisこの, andそして in fact事実,
私たちはそれを利用できることに気づき
09:29
asとして we've私たちは done完了 thatそれ, andそして we've私たちは done完了 thisこの now in
実際に実験をしてきました
何千人―
09:32
manyたくさんの thousands of people, I think思う on theその order注文 of
きっと5~6,000人に
実験したと思います
09:34
five orまたは six6 thousand. We我々 actually実際に, to make作る thisこの
でも データを生物学的な測定とするには
もっとたくさんの数が必要です
09:37
aa biological生物学的 probeプローブ, need必要 biggerより大きい numbers数字 thanより thatそれ,
でも データを生物学的な測定とするには
もっとたくさんの数が必要です
09:39
remarkably著しく soそう. Butだけど anywayとにかく,
かなりの数が必要です
しかし 何はともあれ
09:42
patternsパターン have持ってる emerged出現した, andそして we've私たちは beenされている ableできる to take取る
パターンは見えてきていて
09:45
thoseそれら patternsパターン, convert変換する themそれら into mathematical数学 modelsモデル,
そのパターンを
数学的モデルに変換し そこから―
09:47
andそして useつかいます thoseそれら mathematical数学 modelsモデル to gain利得 new新しい insights洞察
人の交流に関する新しい知見が
09:51
into theseこれら exchanges交換. Okayはい, soそう what?
得られてきました
だから 何か?
09:54
Wellよく, theその soそう what is, that'sそれは aa really本当に niceいい behavioral行動的 measure測定,
つまり これは有効な
行動の測定方法だということです
09:56
theその economic経済的 gamesゲーム bring持参する to us米国 notions概念 of optimal最適な play遊びます.
ゲームは私たちに最適な
手段について教えてくれます
09:59
We我々 canできる compute計算する thatそれ during theその gameゲーム.
それをゲームの間 計算し
10:02
Andそして we我々 canできる useつかいます thatそれ to sortソート of carve刻む upアップ theその behavior動作.
行動をモデルとして形作ることが出来ます
10:05
Here'sここにいる theその coolクール thingもの. Six6 orまたは sevenセブン years ago,
6,7年前 我々はチームを作りました
10:08
we我々 developed発展した aa teamチーム. Itそれ wasあった at〜で theその time時間 in Houstonヒューストン, Texasテキサス.
最初はテキサスのヒューストンに
10:12
It'sそれは now in Virginiaバージニア andそして Londonロンドン. Andそして we我々 built建てられた softwareソフトウェア
今はヴァージニアとロンドンにあります
10:15
that'llそれは linkリンク functional機能的 magnetic磁気 resonance共振 imagingイメージング devicesデバイス
そしてfMRI装置を
インターネットでつなげる
10:18
upアップ over以上 theその Internetインターネット. I guess推測 we've私たちは done完了 upアップ to six6 machines機械
ソフトを開発しました
当時は6台接続出来ましたが
10:21
at〜で aa time時間, butだけど let'sさあ justちょうど focusフォーカス on two.
まず 2台に着目しましょう
10:25
Soそう itそれ synchronizes同期する machines機械 anywhereどこでも in theその world世界.
つまり 世界中の機械が接続できるので
10:27
We我々 synchronize同期する theその machines機械, setセット themそれら into theseこれら
接続したうえで 中の人を交流させ
10:30
stagedステージされた socialソーシャル interactionsインタラクション, andそして we我々 eavesdrop盗む on bothどちらも
交流する二人の脳を同時に
10:34
of theその interacting相互作用する brains頭脳. Soそう forために theその first最初 time時間,
見ることが出来ます
10:36
we我々 don'tしない have持ってる to look見える at〜で justちょうど averages平均 over以上 singleシングル individuals個人,
初めて 個々の平均や
コンピューターを相手にした―
10:37
orまたは have持ってる individuals個人 playing遊ぶ computersコンピュータ, orまたは tryお試しください to make作る
人を調べ
そこから推論を導くのではなく
10:41
inferences推論 thatそれ way方法. We我々 canできる study調査 individual個人 dyadsダイアド.
二人一組で調べられる
ようになりました
10:44
We我々 canできる study調査 theその way方法 thatそれ one1 person interacts相互作用する with〜と another別の person,
人が他人と交流する様を
より多くの―
10:47
turn順番 theその numbers数字 upアップ, andそして start開始 to gain利得 new新しい insights洞察
被験者で調べ
認知能力に関する―
10:49
into theその boundaries境界 of normal正常 cognition認知,
新しい知見が得られ始めています
10:52
butだけど moreもっと importantly重要なこと, we我々 canできる put置く people with〜と
もっと重要な実験として
精神疾患や―
10:54
classically古典的に defined定義された mental精神的な illnesses病気, orまたは brain damage損傷,
脳障害を持つ患者に
先ほどのような交流をさせて
10:57
into theseこれら socialソーシャル interactionsインタラクション, andそして useつかいます theseこれら asとして probesプローブ of thatそれ.
交流に必要な能力とは何かを
測定できます
11:00
Soそう we've私たちは started開始した thisこの effort努力. We've私たちは made aa few少数 hitsヒット,
実験は始まったばかりですが
初期段階の発見がいくつか出てきました
11:04
aa few少数, I think思う, embryonic胚性の discoveries発見.
実験は始まったばかりですが
初期段階の発見がいくつか出てきました
11:06
We我々 think思う there'sそこに aa future未来 to thisこの. Butだけど it'sそれは our我々の way方法
私たちはこの研究の
将来に期待しています
11:09
of going行く in andそして redefining再定義する, with〜と aa new新しい lexiconレキシコン,
この研究で精神疾患に関して
11:12
aa mathematical数学 one1 actually実際に, asとして opposed反対 to theその standard標準
従来とは違う
数学的な新しい定義を
11:14
ways方法 thatそれ we我々 think思う about mental精神的な illness病気,
打ち立てられると思います
11:18
characterizing特徴づける theseこれら diseases病気, by〜によって usingを使用して theその people
これらの疾患の特性を
人々を―
11:21
asとして birds in theその exchanges交換. Thatそれ is, we我々 exploit悪用する theその fact事実
カナリアとして使い 調べるのです
すなわち―
11:23
thatそれ theその healthy健康 partnerパートナー, playing遊ぶ somebody誰か with〜と majorメジャー depressionうつ病,
うつ病 自閉症
注意欠陥多動性障害の患者と―
11:26
orまたは playing遊ぶ somebody誰か with〜と autism自閉症 spectrumスペクトラム disorder障害,
うつ病 自閉症
注意欠陥多動性障害の患者と―
11:30
orまたは playing遊ぶ somebody誰か with〜と attention注意 deficit赤字 hyperactivity多動 disorder障害,
健常者が行うゲームを分析します
11:33
we我々 useつかいます thatそれ asとして aa kind種類 of biosensorバイオセンサー, andそして then次に we我々 useつかいます
健常者を感知器として利用し
プログラムを使い
11:37
computerコンピューター programsプログラム to modelモデル thatそれ person, andそして itそれ gives与える us米国
患者のモデリングを行うことで
11:40
aa kind種類 of assayアッセイ of thisこの.
精神疾患の評価が出来ます
11:43
Early早い days日々, andそして we're私たちは justちょうど beginning始まり, we're私たちは setting設定 upアップ sitesサイト
まだ始めたばかりですが
世界中に施設を開設しています
11:45
aroundまわり theその world世界. Hereここに are aa few少数 of our我々の collaborating協力する sitesサイト.
まだ始めたばかりですが
世界中に施設を開設しています
11:47
Theその hubハブ, ironically皮肉なことに enough十分な,
中心地の一つは皮肉にも
11:51
is centered中心 in little少し Roanokeロアノーク, Virginiaバージニア.
バージニアの小さな町
ロアノークにあります
11:53
There'sそこに another別の hubハブ in Londonロンドン, now, andそして theその rest残り
もう一つのハブがロンドンにあり
11:56
are getting取得 setセット upアップ. We我々 hope希望 to give与える theその dataデータ away離れて
残りも開設中です
いつかはデータを世界中に―
11:58
at〜で some一部 stageステージ. That'sそれは aa complicated複雑な issue問題
公開したいのですが
それには複雑な問題があります
12:02
about making作る itそれ available利用可能な to theその rest残り of theその world世界.
しかし 私たちの研究は
私たち人間を―
12:06
Butだけど we're私たちは alsoまた、 studying勉強する justちょうど aa small小さい part
興味深い存在にしている―
12:09
of what makes作る us米国 interesting面白い asとして human人間 beings存在, andそして soそう
理由のほんの一部しか見ていません
12:11
I would〜する invite招待する otherその他 people who are interested興味がある in thisこの
ですので 興味があれば研究に―
12:13
to ask尋ねる us米国 forために theその softwareソフトウェア, orまたは even偶数 forために guidanceガイダンス
参加して頂きたい
ソフトウェアとその使用方法は
12:15
on howどうやって to move動く forward前進 with〜と thatそれ.
喜んで教えます
12:18
Let〜する me leave離れる you君は with〜と one1 thought思想 in closing閉鎖.
最後に―
12:20
Theその interesting面白い thingもの about studying勉強する cognition認知
認知能力を研究する上で
12:22
has持っている beenされている thatそれ we've私たちは beenされている limited限られた, in aa way方法.
興味深いのは 我々は常に
限定されていたことです
12:24
We我々 justちょうど haven't持っていない had持っていました theその toolsツール to look見える at〜で interacting相互作用する brains頭脳
最近まで 交流する人の脳を
同時に見る術はありませんでした
12:28
simultaneously同時に.
最近まで 交流する人の脳を
同時に見る術はありませんでした
12:31
Theその fact事実 is, thoughしかし, thatそれ even偶数 whenいつ we're私たちは alone単独で,
しかし 実際 私たち人間は
12:32
we're私たちは aa profoundly深く socialソーシャル creature生き物. We're私たちは notない aa solitary孤独な mindマインド
一人の時でも社会的な生き物です
私たちの脳は―
12:34
built建てられた outでる of propertiesプロパティ thatそれ kept保管 itそれ alive生きている in theその world世界
他人と関わりない世界で発達した
孤独な存在では―
12:39
independent独立した of otherその他 people. In fact事実, our我々の minds
ありません
実際 私たちの脳は―
12:43
depend依存する on otherその他 people. They彼ら depend依存する on otherその他 people,
他人に依存します
脳は他人に依存し―
12:47
andそして they're彼らは expressed表現された in otherその他 people,
他人の中でこそ―
12:50
soそう theその notion概念 of who you君は are, you君は oftenしばしば don'tしない know知っている
自己が表現されます
他人との交流があるまでは―
12:51
who you君は are until〜まで you君は see見る yourselfあなた自身 in interactionインタラクション with〜と people
それが味方であれ 敵対する人であれ
12:55
thatそれ are close閉じる to you君は, people thatそれ are enemies of you君は,
自分にとってよくわからない人であれ―
12:58
people thatそれ are agnostic不可知論者 to you君は.
自分が何者かは分からないものです
13:00
Soそう thisこの is theその first最初 sortソート of stepステップ into usingを使用して thatそれ insight洞察力
この洞察に基づき
それを道具として使い
13:03
into what makes作る us米国 human人間 beings存在, turning旋回 itそれ into aa toolツール,
人間とは何かを 明らかにし
精神疾患を解明する
13:06
andそして trying試す to gain利得 new新しい insights洞察 into mental精神的な illness病気.
この研究は
その最初の一歩です
13:10
Thanksありがとう forために having持つ me. (Applause拍手)
ありがとうございました
13:12
(Applause拍手)
(拍手)
13:15
Translated by Hidehito Sumitomo
Reviewed by Makoto Ikeo

▲Back to top

About the speaker:

Read Montague - Behavioral Neuroscientist
What does "normal behavior" look like? To find out, Read Montague is imaging thousands of brains at work.

Why you should listen

Until recently, the world's curiosity about our brains seemed to focus on abnormal behavior. Which of course left a big question unanswered: Do we even know what "normal behavior" is? Through the landmark Roanoke Brain Study, Read Montague is hoping to find that out, exploring the everyday tasks of brains -- making decisions, understanding social context, and relating to others -- by neuroimaging some 5,000 people, ages 18-85, over a period of many years.

Montague's teams in Virginia and in London lead fascinating research in computational neuroscience (how the brain's "machinery" works), offering insight into the relationship between the social and cognitive functions. For instance, a recent study from his group found that in small social groups, some people will alter the expression of their IQ in reaction to social pressures -- revising, in almost all cases, downward.

More profile about the speaker
Read Montague | Speaker | TED.com