English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2013

Sebastião Salgado: The silent drama of photography

セバスチャン・サルガド: 「写真が見せるサイレントドラマ」

Filmed
Views 1,616,908

経済学の博士号をもつセバスチャン・サルガドは、30代で写真を撮り始めて以来その虜になりました。彼は何年にもおよぶプロジェクトを通して、人間に焦点を当てて地球規模の物語を美しく描写し、その多くに死・破壊・腐敗といったテーマを取り入れています。ここでは、写真を撮る事で死の恐怖に追い込まれた極めて個人的な話や、地上で忘れ去られた人々や景観を撮影した最新作『Sebastião Salgado.Genesis』に収録された美しい写真をご覧いただきます。

- Photojournalist
Sebastião Salgado captures the dignity of the dispossessed through large-scale, long-term projects. Full bio

I'm私は notない sure確かに thatそれ everyすべて person hereここに
ここに いらっしゃる皆さんは
00:13
is familiar身近な with〜と myじぶんの picturesピクチャー.
私の写真をご存知でしょうか
00:15
I want欲しいです to start開始 to showショー justちょうど aa few少数 picturesピクチャー to you君は,
まずは何枚か ご覧ください
00:18
andそして after I'll私はよ speak話す.
その後 お話しさせていただきます
00:22
I must必須 speak話す to you君は aa little少し bitビット of myじぶんの history歴史,
私の生い立ちについて 少しお話しします
00:57
becauseなぜなら we'll私たちは be〜する speaking話し中 on thisこの
今日の ここでの講演に
01:01
during myじぶんの speechスピーチ hereここに.
関係するからです
01:03
I wasあった bornうまれた in 1944 in Brazilブラジル,
私は1944年に ブラジルで生まれました
01:06
in theその times thatそれ Brazilブラジル wasあった notない yetまだ aa market市場 economy経済.
当時 ブラジルは
まだ市場経済ではありませんでした
01:09
I wasあった bornうまれた on aa farmファーム,
私は 農家に生まれました
01:13
aa farmファーム thatそれ wasあった moreもっと thanより 50 percentパーセント rainforest雨林 [stillまだ].
農園の5割以上が まだ熱帯雨林でした
01:15
Aa marvelous素晴らしい place場所.
実に素晴らしい土地です
01:20
I lived住んでいました with〜と incredible信じられない birds, incredible信じられない animals動物,
素晴らしい鳥や動物達に
囲まれて暮らし ―
01:21
I swam泳いだ in our我々の small小さい rivers河川 with〜と our我々の caimansカイマン.
カイマン(ワニ)と一緒に
小さい川を泳いだりしました
01:25
Itそれ wasあった about 35 families家族 thatそれ lived住んでいました on thisこの farmファーム,
私達の農園には 35世帯ほどが暮らしていました
01:30
andそして everythingすべて thatそれ we我々 produced生産された on thisこの farmファーム, we我々 consumed消費された.
農園でとれた物は
全て自分達で食べ
01:33
Very非常に few少数 thingsもの went行った to theその market市場.
市場に出荷するものは
ほんのわずかでした
01:37
Once一度 aa year, theその onlyのみ thingもの thatそれ went行った to theその market市場
出荷するのは年に一度 ―
01:39
wasあった theその cattle thatそれ we我々 produced生産された,
私達が育てた肉牛だけでした
01:42
andそして we我々 made trips旅行 of about 45 days日々
何千頭もの牛達を引き連れ
01:43
to reachリーチ theその slaughterhouse屠殺場,
45日もかけて
01:46
bringing持参 thousands of head of cattle,
食肉処理場まで行きました
01:48
andそして about 20 days日々 traveling旅行 backバック
そして20日かけて
01:51
to reachリーチ our我々の farmファーム again再び.
農場に戻ってくるのです
01:53
Whenいつ I wasあった 15 years old古い,
私が15歳のとき
01:56
itそれ wasあった necessary必要 forために me to leave離れる thisこの place場所
そこを離れて
町に出ることになりました
01:58
andそして go行く to aa townタウン aa little少し bitビット biggerより大きい --- muchたくさん biggerより大きい ---
少し・・・いや
ずっと大きな町です
02:01
whereどこで I didした theその second二番 part of secondary二次的 school学校.
後期中等教育を受けるためです
02:05
Thereそこ I learned学んだ different異なる thingsもの.
そこでは これまでと違うことを学びました
02:08
Brazilブラジル wasあった starting起動 to urbanize都市化する, industrialize工業化する,
ブラジルでは都市化と産業化が
始まっていました
02:11
andそして I knew知っていた theその politics政治. I becameなりました aa little少し bitビット radicalラジカル,
政治に興味があったので
少し急進的になりました
02:14
I wasあった aa memberメンバー of leftist左翼 partiesパーティー,
左派政党の党員を経て
02:18
andそして I becameなりました an activist活動家.
その後 活動家になりました
02:21
I [went行った to] university大学 to become〜になる an economistエコノミスト.
経済学者になるために
大学に進学し
02:24
I [didした] aa master'sマスターズ degree in economics経済.
経済学の修士号を取得しました
02:27
Andそして theその most最も important重要 thingもの in myじぶんの life生活
また 私の人生において
最も重要なことも
02:30
alsoまた、 happened起こった in thisこの time時間.
この時期に起こりました
02:33
I met会った an incredible信じられない girl女の子
素晴らしい女性と出会ったのです
02:35
who becameなりました myじぶんの lifelong生涯 bestベスト friend友人,
生涯に渡る親友になって
02:37
andそして myじぶんの associate関連付ける in everythingすべて thatそれ I have持ってる done完了 tillまで now,
私がしてきたことには
何でも協力してくれた ―
02:41
myじぶんの wife, Lléliaリリア Wanickワニック Salgadoサルガド.
妻のレリア・ワニック・サルガドです
02:45
Brazilブラジル radicalized根絶 very非常に strongly強く.
ブラジルは政治面で急進的になり
02:48
We我々 fought戦った very非常に hardハード againstに対して theその dictatorship独裁,
私達は独裁政治に果敢に戦いました
02:50
in aa moment瞬間 itそれ wasあった necessary必要 to us米国:
そのうち私達は
02:53
Eitherどちらか go行く into clandestinity秘密 with〜と weapons兵器 in handハンド,
武器を手にゲリラになるか
祖国を去るかを選ぶ必要に迫られました
02:55
orまたは leave離れる Brazilブラジル. We我々 wereあった tooあまりにも young若い,
私達はまだ若かったし
02:59
andそして our我々の organization組織 thought思想 itそれ wasあった betterより良い forために us米国 to go行く outでる,
所属していた組織は
私達が国を出た方が良いと考えたため
03:01
andそして we我々 went行った to Franceフランス,
フランスへ行って
私は経済学の博士号を取り ―
03:06
whereどこで I didした aa PhDphd in economics経済,
フランスへ行って
私は経済学の博士号を取り ―
03:07
Lléilaila becameなりました an architect建築家.
レリアは建築家になりました
03:09
I worked働いた after forために an investment投資 bankバンク.
私は その後 投資銀行で働きました
03:11
We我々 made aa lotロット of trips旅行, financed資金提供 development開発,
世界銀行がアフリカで行った
開発向け資金援助の ―
03:14
economic経済的 projectsプロジェクト in Africaアフリカ with〜と theその World世界 Bankバンク.
経済プロジェクトに携わり
たくさん旅をしました
03:17
Andそして one1 day photography写真 made aa total合計 invasion侵入 in myじぶんの life生活.
そんな時 完全に写真の虜になり
03:20
I becameなりました aa photographer写真家,
私は写真家になりました
03:24
abandoned放棄された everythingすべて andそして becameなりました aa photographer写真家,
全てを投げ出して
03:25
andそして I started開始した to do行う theその photography写真
写真を撮り始めました
03:27
thatそれ wasあった important重要 forために me.
これは私にとって重要なことでした
03:30
Manyたくさんの people telltell me thatそれ you君は are aa photojournalistフォトジャーナリスト,
多くの人が私のことを
報道写真家とか
03:33
thatそれ you君は are an anthropologist人類学者 photographer写真家,
人類学の写真家とか
03:35
thatそれ you君は are an activist活動家 photographer写真家.
活動家でもある写真家と呼びますが
03:38
Butだけど I didした muchたくさん moreもっと thanより thatそれ.
私はそれ以上のことをやりました
03:41
I put置く photography写真 asとして myじぶんの life生活.
写真を我が人生と考えています
03:44
I lived住んでいました totally完全に inside内部 photography写真
長期的なプロジェクトを通して
03:47
doingやっている long長いです term期間 projectsプロジェクト,
私は完全に写真の中に生きています
03:49
andそして I want欲しいです to showショー you君は justちょうど aa few少数 picturesピクチャー
ここで数枚の写真を見ていただきます
03:51
of --- again再び, you'llあなたは see見る inside内部 theその socialソーシャル projectsプロジェクト,
私が携わった社会プロジェクトの
様子がわかると思います
03:54
thatそれ I went行った to, I published出版された manyたくさんの books
これらの写真については
04:00
on theseこれら photographs写真,
多くの本を出版しました
04:02
butだけど I'll私はよ justちょうど showショー you君は aa few少数 onesもの now.
でも 今は少しだけ お見せします
04:05
In theその ''90ss, fromから 1994 to 2000,
1994年から2000年にかけて
04:54
I photographed撮影した aa storyストーリー calledと呼ばれる Migrations移行.
『大移動(Migrations)』の
物語を写真に撮り
04:58
Itそれ becameなりました aa book. Itそれ becameなりました aa showショー.
写真集と展覧会になりました
05:01
Butだけど during theその time時間 thatそれ I wasあった photographing撮影 thisこの,
でも この写真を撮影しているとき
05:03
I lived住んでいました throughを通して aa very非常に hardハード moment瞬間 in myじぶんの life生活, mostly主に in Rwandaルワンダ.
人生で とても辛い時期を
主にルワンダで過ごしていました
05:06
I saw見た in Rwandaルワンダ total合計 brutality残忍.
ルワンダでは最悪の
残虐行為を目にしました
05:12
I saw見た deaths by〜によって thousands per〜ごと day.
毎日 数千人が死ぬのを目の当たりにし
05:16
I lost失われた myじぶんの faith信仰 in our我々の species.
人類への信頼を失いました
05:19
I didn'tしなかった believe信じる thatそれ itそれ wasあった possible可能 forために us米国 to liveライブ anyどれか longerより長いです,
人類はもう存続できないと思いました
05:22
andそして I started開始した to be〜する attacked攻撃された by〜によって myじぶんの own自分の Staphylococcusブドウ球菌.
それから私は自らの
ブドウ球菌に冒され始めました
05:26
I started開始した to have持ってる infection感染 everywhereどこにでも.
いたる所が感染しました
05:32
Whenいつ I made love with〜と myじぶんの wife, I had持っていました noいいえ sperm精子 thatそれ came来た outでる of me;
妻と愛し合った時には
精液の代わりに―
05:35
I had持っていました blood血液.
血が流れました
05:39
I went行った to see見る aa friend's友人の doctor医師 in Parisパリ,
パリにいる友人の医者のところに行き
05:42
told言った him thatそれ I wasあった completely完全に sick病気.
すっかり病気になってしまったと言いました
05:45
He made aa long長いです examination検査, andそして told言った me, "Sebastianセバスチャン,
長い検査の後 こう言われました
05:48
you君は are notない sick病気, yourきみの prostate前立腺 is perfect完璧な.
「セバスチャン 君は病気じゃない
前立腺も完ぺきだ ―
05:51
What happened起こった is, you君は saw見た soそう manyたくさんの deaths thatそれ you君は are dying死ぬ.
でも死を見過ぎたせいで
君自身が死につつあるんだ ―
05:54
You君は must必須 stopやめる. Stopやめる.
もうやめたまえ ―
05:58
You君は must必須 stopやめる becauseなぜなら on theその contrary反対の, you君は will意志 be〜する deadデッド."
さもないと本当に死んでしまうよ」
06:01
Andそして I made theその decision決定 to stopやめる.
それでやめることを決断したのです
06:06
I wasあった really本当に upset動揺 with〜と photography写真,
私は写真にも
世界のあらゆるものにも
06:09
with〜と everythingすべて in theその world世界,
本当に腹を立てていました
06:12
andそして I made theその decision決定 to go行く backバック to whereどこで I wasあった bornうまれた.
そこで生まれ故郷に帰る決意をしました
06:14
Itそれ wasあった aa big大きい coincidence一致.
その頃はちょうど
06:18
Itそれ wasあった theその moment瞬間 thatそれ myじぶんの parents becameなりました very非常に old古い.
両親が高齢になった
時期と重なっていました
06:19
I have持ってる sevenセブン sisters姉妹. I'm私は one1 of theその onlyのみ men男性 in myじぶんの family家族,
私には7人の姉妹がいて
男性は私だけです
06:23
andそして they彼ら made together一緒に theその decision決定
だからレリアと私が家族の土地を
06:26
to transfer転送 thisこの land土地 to Lléilaila andそして myself私自身.
継ぐことになりました
06:28
Whenいつ we我々 received受け取った thisこの land土地, thisこの land土地 wasあった asとして deadデッド asとして I wasあった.
譲り受けた時 土地は
私同様 死につつありました
06:31
Whenいつ I wasあった aa kidキッド, itそれ wasあった moreもっと thanより 50 percentパーセント rainforest雨林.
私が子供だった頃は
半分以上が熱帯雨林でしたが
06:36
Whenいつ we我々 received受け取った theその land土地,
土地を受け継いだ時は
06:40
itそれ wasあった lessもっと少なく thanより halfハーフ aa percentパーセント rainforest雨林,
熱帯雨林は0.5%にも
満たなかったのです
06:41
asとして in allすべて myじぶんの region領域.
周辺はどこも同じ状況でした
06:45
To buildビルドする development開発, Brazilianブラジル人 development開発,
ブラジルでは開発の結果 ―
06:47
we我々 destroyed破壊されました aa lotロット of our我々の forest森林.
多くの森林が破壊されました
06:49
Asとして you君は didした hereここに in theその Unitedユナイテッド States,
ここアメリカでも インドでも ―
06:52
orまたは you君は didした in Indiaインド, everywhereどこにでも in thisこの planet惑星.
地上のいたる所で破壊が行われました
06:54
To buildビルドする our我々の development開発,
発展のために
06:56
we我々 come来る to aa huge巨大 contradiction矛盾
身の周りの環境を壊すという
06:58
thatそれ we我々 destroy破壊する aroundまわり us米国 everythingすべて.
大きな矛盾が生まれました
07:00
Thisこの farmファーム thatそれ had持っていました thousands of head of cattle
かつて農園には数千頭の
牛がいましたが
07:04
had持っていました justちょうど aa few少数 hundreds数百,
わずか数百頭になっていて
07:08
andそして we我々 didn'tしなかった know知っている howどうやって to deal対処 with〜と theseこれら.
どう対処したらいいか
途方に暮れました
07:10
Andそして Lléilaila came来た upアップ with〜と an incredible信じられない ideaアイディア, aa crazy狂った ideaアイディア.
そんな時 レリアが素晴らしい
クレイジーなアイデアを思いつきました
07:12
She彼女 said前記, whyなぜ don'tしない you君は put置く backバック theその rainforest雨林 thatそれ wasあった hereここに before?
彼女は言いました
「熱帯雨林を復活させたら?
07:16
You君は sayいう thatそれ you君は wereあった bornうまれた in paradiseパラダイス.
あなたの生まれ故郷の
07:21
Let'sさあ buildビルドする theその paradiseパラダイス again再び.
パラダイスを
もう一度作りましょう」
07:22
Andそして I went行った to see見る aa good良い friend友人
そこで森林工学に詳しい
07:25
thatそれ wasあった engineeringエンジニアリング forests森林
親しい友人に会って
07:28
to prepare準備する aa projectプロジェクト forために us米国,
プロジェクトの準備を始めました
07:30
andそして we我々 started開始した. We我々 started開始した to plant工場, andそして thisこの
それから植樹を始めました
07:31
first最初 year we我々 lost失われた aa lotロット of trees, second二番 year lessもっと少なく,
1年目は大量に枯れましたが
翌年は枯れる本数が減り
07:34
andそして slowlyゆっくり, slowlyゆっくり thisこの deadデッド land土地 started開始した to be〜する bornうまれた again再び.
死に絶えた土地が
ゆっくり再生を始めました
07:38
We我々 started開始した to plant工場 hundreds数百 of thousands of trees,
私達は何十万本もの
木々を植え始めました
07:43
onlyのみ local地元 species, onlyのみ nativeネイティブ species,
ただし土着の種だけに限定して
07:46
whereどこで we我々 built建てられた an ecosystem生態系 identical同一 to theその one1 thatそれ wasあった destroyed破壊されました,
破壊された生態系を蘇らせました
07:50
andそして theその life生活 started開始した to come来る backバック in an incredible信じられない way方法.
すると生命が驚くべき形で
再生し始めました
07:53
Itそれ wasあった necessary必要 forために us米国 to transform変換する our我々の land土地
私達は この土地を
国立公園にする必要がありました
07:58
into aa national全国 parkパーク.
私達は この土地を
国立公園にする必要がありました
08:00
We我々 transformed変形した. We我々 gave与えた thisこの land土地 backバック to nature自然.
土地を改良して
自然の状態に戻し
08:02
Itそれ becameなりました aa national全国 parkパーク.
国立公園になりました
08:05
We我々 created作成した an institution機関 calledと呼ばれる Institutoinstituto Terraテラ,
Instituto Terra という団体を設立して
08:06
andそして we我々 built建てられた aa big大きい environmental環境 projectプロジェクト to raise上げる moneyお金 everywhereどこにでも.
資金を集めるため大規模な
環境プロジェクトを始めました
08:10
Hereここに in Losロス Angelesアンゼルス, in theその Bay Areaエリア in Sanサン Franciscoフランシスコ,
ここロスやサンフランシスコの
ベイ・エリアでも活動しています
08:15
itそれ becameなりました tax税金 deductible控除可能 in theその Unitedユナイテッド States.
米国では税金控除の対象です
08:18
We我々 raised育った moneyお金 in Spainスペイン, in Italyイタリア, aa lotロット in Brazilブラジル.
これまで スペインやイタリア
ブラジルでも多くの資金を集めました
08:21
We我々 worked働いた with〜と aa lotロット of companies企業 in Brazilブラジル
ブラジルでは資金を投入してくれる ―
08:24
thatそれ put置く moneyお金 into thisこの projectプロジェクト, theその government政府.
多くの企業や行政と活動しています
08:26
Andそして theその life生活 started開始した to come来る, andそして I had持っていました aa big大きい wish望む
人生が輝き始め
08:28
to come来る backバック to photography写真, to photograph写真 again再び.
もう一度 写真を撮りたいという
大きな夢に立ち返りました
08:33
Andそして thisこの time時間, myじぶんの wish望む wasあった notない to photograph写真 anymoreもう
でも 今回撮ろうとしたのは
08:36
justちょうど one1 animal動物 thatそれ I had持っていました photographed撮影した allすべて myじぶんの life生活: us米国.
生涯を通じて撮影してきた
我々人間ではありません
08:39
I wished望む to photograph写真 theその otherその他 animals動物,
他の生き物や風景 ―
08:44
to photograph写真 theその landscapes風景,
他の生き物や風景 ―
08:46
to photograph写真 us米国, butだけど us米国 fromから theその beginning始まり,
そして人間の中でも
自然と共存していた頃の
08:48
theその time時間 we我々 lived住んでいました in equilibrium平衡 with〜と nature自然.
原初の姿でした
08:52
Andそして I went行った. I started開始した in theその beginning始まり of 2004,
2004年の初頭から始めて
08:54
andそして I finished完成した at〜で theその end終わり of 2011.
2011年に終了しました
08:59
We我々 created作成した an incredible信じられない amount of picturesピクチャー,
膨大な数の写真が生まれ
09:02
andそして theその result結果 --- Lléliaリリア didした theその design設計 of allすべて myじぶんの books,
レリアが本と展覧会のデザインを
09:05
theその design設計 of allすべて myじぶんの showsショー. She彼女 is theその creator創作者 of theその showsショー.
全て手がけました
彼女は言わば創造主です
09:08
Andそして what we我々 want欲しいです with〜と theseこれら picturesピクチャー
こうした写真の狙いは
09:11
is to create作成する aa discussion討論 about what we我々 have持ってる thatそれ is pristine原始的 on theその planet惑星
地球上に原初の姿のまま残っているものや
09:14
andそして what we我々 must必須 holdホールド on thisこの planet惑星
人類が生き残り
自然と調和した生活を送るために ―
09:20
ifif we我々 want欲しいです to liveライブ, to have持ってる some一部 equilibrium平衡 in our我々の life生活.
地球上に残すべきものについて
09:22
Andそして I wanted欲しい to see見る us米国
議論を起こすことでした
09:26
whenいつ we我々 used中古, yesはい, our我々の instruments楽器 in stone.
また人間が石器を使うところを
見たかったのです
09:28
We我々 exist存在する yetまだ. I wasあった last最終 week週間
そう そんな光景がまだ存在します
09:34
at〜で theその Brazilianブラジル人 National全国 Indianインディアン Foundation財団,
先週ブラジル国立先住民保護財団に
行ったのですが
09:36
andそして onlyのみ in theその Amazonアマゾン we我々 have持ってる about 110 groupsグループ
アマゾン川流域だけで
隔絶した生活を送る ―
09:39
of Indiansインド人 thatそれ are notない contacted接触した yetまだ.
約110の先住民の集団がいます
09:43
We我々 must必須 protect保護する theその forest森林 in thisこの senseセンス.
だから私達は
森を守らねばなりません
09:45
Andそして with〜と theseこれら picturesピクチャー, I hope希望 thatそれ we我々 canできる create作成する
そして 私の写真によって
09:48
information情報, aa systemシステム of information情報.
知識体系を作りたいのです
09:53
We我々 tried試した to do行う aa new新しい presentationプレゼンテーション of theその planet惑星,
私達は地球を新しい視点から
見せようとしてきました
09:55
andそして I want欲しいです to showショー you君は now justちょうど aa few少数 picturesピクチャー
ここでプロジェクトの写真を
09:59
of thisこの projectプロジェクト, pleaseお願いします.
何枚かご覧ください
10:01
Wellよく, thisこの — (Applause拍手) —
(拍手)
11:59
Thank感謝 you君は. Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとう
12:01
Thisこの is what we我々 must必須 fight戦い hardハード
今ご覧いただいたようなものを守るため
12:09
to holdホールド like好きな itそれ is now.
私達は全力で戦わなければいけません
12:12
Butだけど thereそこ is another別の part thatそれ we我々 must必須 together一緒に rebuild再構築する,
でも他にも一丸となって
再生すべきものがあります
12:14
to buildビルドする our我々の societies社会, our我々の modernモダン family家族 of societies社会,
社会や その中に生きる
現代家族を築くことです
12:18
we我々 are at〜で aa pointポイント whereどこで we我々 cannotできない go行く backバック.
私達は もう後戻りできません
12:22
Butだけど we我々 create作成する an incredible信じられない contradiction矛盾.
一方で大きな矛盾を生んでいます
12:24
To buildビルドする allすべて thisこの, we我々 destroy破壊する aa lotロット.
今あるものを築くため 多くを破壊しています
12:27
Our我々の forest森林 in Brazilブラジル, thatそれ antiqueアンティーク forest森林
ブラジルにある私達の森は
12:29
thatそれ wasあった theその sizeサイズ of Californiaカリフォルニア,
カリフォルニア州ほどの広さの原始林ですが
12:31
is destroyed破壊されました today今日 93 percentパーセント.
その93%が破壊されています
12:34
Hereここに, on theその West西 Coast海岸, you'veあなたは destroyed破壊されました yourきみの forest森林.
ここ西海岸でも森が破壊されていますね?
12:37
Aroundまわり hereここに, noいいえ? Theその redwoodレッドウッド forests森林 are gone行った.
この辺のアメリカスギは消滅しました
12:40
Gone行った very非常に fast速い, disappeared消えた.
あっという間に消えてしまいました
12:43
Coming到来 theその otherその他 day fromから Atlantaアトランタ, hereここに, two days日々 ago,
2日前アトランタを経由して
ここに来たとき
12:45
I wasあった flying飛行 over以上 deserts砂漠
砂漠の上を飛行しました
12:47
thatそれ we我々 made, we我々 provoked誘惑された with〜と our我々の own自分の hands.
この砂漠は 私達自身が
生み出したものです
12:49
Indiaインド has持っている noいいえ moreもっと trees. Spainスペイン has持っている noいいえ moreもっと trees.
インドにはもう木々がありません
スペインも同様です
12:52
Andそして we我々 must必須 rebuild再構築する theseこれら forests森林.
私達は森を再生しなければいけません
12:55
Thatそれ is theその essenceエッセンス of our我々の life生活, theseこれら forests森林.
私達の命の源は森です
12:58
We我々 need必要 to breathe呼吸する. Theその onlyのみ factory工場
私達は呼吸しなければなりませんが
13:02
capable可能な to transform変換する CO共同2 into oxygen酸素,
二酸化炭素を酸素に変えられるのは
13:06
are theその forests森林.
森だけなのです
13:10
Theその onlyのみ machine機械 capable可能な to captureキャプチャー theその carbon炭素
森だけが二酸化炭素を
吸収できるのです
13:12
thatそれ we我々 are producing生産する, always常に,
私達は常に二酸化炭素を出しています
13:16
even偶数 ifif we我々 reduce減らす themそれら, everythingすべて thatそれ we我々 do行う, we我々 produce作物 CO共同2,
いくら排出量を減らしても
私達が活動するたびに
13:19
are theその trees.
必ず排出されるのです
13:23
I put置く theその question質問 --- three orまたは four4つの weeks ago,
3~4週間前 思いついたことがあります
13:24
we我々 saw見た in theその newspapers新聞
ノルウェーで数百万匹の魚が
死んだという記事を読んだ時です
13:29
millions何百万 of fish thatそれ die死ぬ in Norwayノルウェー.
ノルウェーで数百万匹の魚が
死んだという記事を読んだ時です
13:30
Aa lack欠如 of oxygen酸素 in theその water.
水中の酸素が不足したことが死因でした
13:33
I put置く to myself私自身 theその question質問, ifif forために aa moment瞬間,
それでこんなことを考えたのです
13:36
we我々 will意志 notない lack欠如 oxygen酸素 forために allすべて animal動物 species,
人間を含む全ての生き物が
酸素不足になることがないから
13:39
ours私たちのもの included含まれる --- thatそれ would〜する be〜する very非常に complicated複雑な forために us米国.
事態が見えにくいのではないか
13:43
Forために theその water systemシステム, theその trees are essential本質的な.
水システムにおいても 木々は重要です
13:46
I'll私はよ give与える you君は aa small小さい example thatそれ you'llあなたは understandわかる very非常に easily簡単に.
分かりやすくなるように
ちょっとした例をあげましょう
13:50
You君は happyハッピー people thatそれ have持ってる aa lotロット of hairヘア on yourきみの head,
皆さんのように髪の毛が
たくさんあるハッピーな方は
13:54
ifif you君は take取る aa showerシャワー, itそれ takesテイク you君は
シャワーを浴びた後
ドライヤーを使わなければ
13:58
two orまたは three hours時間 to dryドライ yourきみの hairヘア
髪が乾くのに
14:01
ifif you君は don'tしない useつかいます aa dryerドライヤー machine機械.
2~3時間かかります
14:05
Me, one1 minute, it'sそれは dryドライ. Theその same同じ with〜と theその trees.
ところが私の場合は1分で乾きます
14:07
Theその trees are theその hairヘア of our我々の planet惑星.
木々は いわば地上の髪の毛です
14:12
Whenいつ you君は have持ってる rain in aa place場所 thatそれ has持っている noいいえ trees,
木々が無い場所に雨が降れば
14:14
in justちょうど aa few少数 minutes, theその water arrives到着 in theその streamストリーム,
雨水は数分で河川に流れ込み
14:18
bringsもたらす soil土壌, destroying破壊 our我々の water sourceソース,
土壌を流し 水源を破壊し ―
14:22
destroying破壊 theその rivers河川,
河川を壊して
14:24
andそして noいいえ humidity湿度 to retain保持する.
水分は保たれません
14:26
Whenいつ you君は have持ってる trees, theその rootルート systemシステム holds保持 theその water.
ところが木々があれば
根が水を留め
14:28
Allすべて theその branches of theその trees, theその leaves thatそれ come来る downダウン
落ち葉や枝が
14:32
create作成する aa humid湿気の多い areaエリア,
湿度の高い場所を作り
14:35
andそして they彼ら take取る months数ヶ月 andそして months数ヶ月 under theその water, go行く to theその rivers河川,
数か月かかって
地下水に下りて川に届きます
14:37
andそして maintain維持する our我々の sourceソース, maintain維持する our我々の rivers河川.
こんな風に 私達の源である
川が維持されます
14:41
Thisこの is theその most最も important重要 thingもの,
最も大切なことは―
14:45
whenいつ we我々 imagine想像する thatそれ we我々 need必要 water forために everyすべて activityアクティビティ in life生活.
あらゆる活動において
水が必要だと理解することです
14:47
I want欲しいです to showショー you君は now, to finish仕上げ,
それでは最後に
14:51
justちょうど aa few少数 picturesピクチャー thatそれ forために me
何枚か写真をお見せします
14:53
are very非常に important重要 in thatそれ direction方向.
未来にとって大切なものです
14:56
You君は remember思い出す thatそれ I told言った you君は,
先ほどお話したように
14:59
whenいつ I received受け取った theその farmファーム fromから myじぶんの parents
両親から私のパラダイスだった
15:01
thatそれ wasあった myじぶんの paradiseパラダイス, thatそれ wasあった theその farmファーム.
農園を譲り受けた時 ―
15:03
Land土地 completely完全に destroyed破壊されました, theその erosion侵食 thereそこ, theその land土地 had持っていました dried乾燥した.
土地は完全に破壊され
浸食がすすみ 乾燥していました
15:06
Butだけど you君は canできる see見る in thisこの picture画像,
でも写真でわかる通り ―
15:11
we我々 wereあった starting起動 to construct構成する an educational教育的 centerセンター
私達はこの時 教育センターの
建設を始めていました
15:14
thatそれ becameなりました quiteかなり aa large environmental環境 centerセンター in Brazilブラジル.
これはブラジル有数の大きな
環境センターになりました
15:18
Butだけど you君は see見る aa lotロット of small小さい spotsスポット in thisこの picture画像.
点のように見える部分が
たくさんあるのが見えるでしょう
15:23
In each pointポイント of thoseそれら spotsスポット, we我々 had持っていました planted植え付けた aa tree.
私達が木を植えた場所です
15:27
Thereそこ are thousands of trees.
数千もの木々を植えました
15:31
Now I'll私はよ showショー you君は theその picturesピクチャー made exactly正確に in theその same同じ pointポイント
全く同じ場所で
今から2か月前に撮った ―
15:32
two months数ヶ月 ago.
写真をご覧ください
15:36
(Applause拍手)
(拍手)
15:39
I told言った you君は in theその beginning始まり thatそれ itそれ wasあった necessary必要
冒頭でお話ししましたが
15:48
forために us米国 to plant工場 about 2.5 million百万 trees
私達は 生態系を再生するために
15:50
of about 200 different異なる species
約200種からなるー
15:55
in order注文 to rebuild再構築する theその ecosystem生態系.
250万の木々を植えなければなりませんでした
15:57
Andそして I'll私はよ showショー you君は theその last最終 picture画像.
最後の写真を ご覧いただきます
16:01
We我々 are with〜と two million百万 trees in theその ground接地 now.
この土地で 200万の木々を育てました
16:03
We我々 are doingやっている theその sequestration隔離
この木々のおかげで
16:06
of about 100,000 tonsトン of carbon炭素 with〜と theseこれら trees.
約10万トンの二酸化炭素を隔離しています
16:08
Myじぶんの friends友達, it'sそれは very非常に easy簡単 to do行う. We我々 didした itそれ, noいいえ?
皆さん これは本当に簡単なことです
私達だって できたんです
16:12
By〜によって an accident事故 thatそれ happened起こった to me,
自分に降りかかった災難をきっかけに
16:17
we我々 went行った backバック, we我々 built建てられた an ecosystem生態系.
母国に戻って 生態系を再生させました
16:19
We我々 hereここに inside内部 theその roomルーム,
ここにお越しの皆さんも
16:23
I believe信じる thatそれ we我々 have持ってる theその same同じ concern懸念,
同じ不安を抱えているでしょう
16:25
andそして theその modelモデル thatそれ we我々 created作成した in Brazilブラジル,
私達がブラジルで創ったモデルは
16:29
we我々 canできる transplant移植 itそれ hereここに.
ここでも使えるものです
16:31
We我々 canできる apply適用する itそれ everywhereどこにでも aroundまわり theその world世界, noいいえ?
世界中で応用できますよね?
16:33
Andそして I believe信じる thatそれ we我々 canできる do行う itそれ together一緒に.
皆さんと一緒に
このモデルを広められるはずです
16:36
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございました
16:39
(Applause拍手)
(拍手)
16:40
Translated by Mari Arimitsu
Reviewed by Kazunori Akashi

▲Back to top

About the speaker:

Sebastião Salgado - Photojournalist
Sebastião Salgado captures the dignity of the dispossessed through large-scale, long-term projects.

Why you should listen

A gold miner in Serra Pelada, Brazil; a Siberian Nenet tribe that lives in -35°C temperatures; a Namibian gemsbok antelope. These are just a few of the subjects from Sebastião Salgado’s immense collection of work devoted to the world’s most dispossessed and unknown.

Brazilian-born Salgado, who shoots only using Kodak film, is known for his incredibly long-term projects, which require extensive travel and extreme lifestyle changes. Workers took seven years to complete and contained images of manual laborers from 26 countries, while Migrations took six years in 43 different countries on all seven continents. Most recently Salgado completed Genesis, an ambitious eight-year project that spanned 30 trips to the world’s most pristine territories, land untouched by technology and modern life. Among Salgado’s many travels for Genesis was a two-month hike through Ethiopia, spanning 500 miles with 18 pack donkeys and their riders. In the words of Brett Abbott, a Getty Museum curator, Salgado’s approach can only be described as “epic.”

More profile about the speaker
Sebastião Salgado | Speaker | TED.com