English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDYouth 2013

Clayton Cameron: A-rhythm-etic. The math behind the beats

クレイトン・キャメロン: 数楽リズム―音楽のビートに隠された数学

Filmed
Views 1,035,486

さあ、一緒にその場で踊りましょう。ドラマーのクレイトン・キャメロンは、R&Bからラテン、ポップスまで、いろんな音楽をビートに分解します。ヒップホップとジャズが数学よりクールだということはありません―数学に基づいたリズムなのですから。

- Drummer
A pioneer in brush technique, drummer Clayton Cameron has toured with Sammy Davis Jr., Tony Bennett and jazz legend Kenny Burrell. Full bio

Howどうやって manyたくさんの of you君は love rhythmリズム?
リズムが好きな人は?
00:12
Ohああ yeahええ, ohああ yeahええ. Ohああ yeahええ. (Cheers乾杯)
オーケー、オーケー、オーケー(喝采)
00:16
(Drummingドラム)
(ドラム演奏)
00:18
I mean平均, I love allすべて kinds種類 of rhythmリズム.
僕は いろんなリズムが大好き
00:27
I like好きな to play遊びます jazzジャズ,
ジャズも好きだし
00:31
aa little少し funkファンク,
ファンクも
00:33
andそして hipヒップ hopホップ,
ヒップホップ
00:36
aa little少し popポップ, aa little少し Rr&Bb,
ポップスも R&Bも
00:40
aa little少し Latinラテン,
ラテンも演奏する
00:47
Africanアフリカ人.
アフリカ音楽も
00:54
Andそして thisこの groove right hereここに,
この最高のリズムは
01:05
comes来る fromから theその Crescent三日月 Cityシティ,
クレセントシティの伝統的パレード
01:13
theその old古い second二番 lineライン.
セカンド・ラインから
01:16
(Cheers乾杯)
(喝采)
01:18
Now, one1 thingもの allすべて thoseそれら rhythmsリズム have持ってる in common一般
いろんなリズムに共通していること
01:25
is math数学,
それは数学
01:31
andそして I callコール itそれ a-rhythm-eticリズム・エティック.
「数楽リズム」と呼ぶんだ
01:32
Canできる you君は repeat繰り返す after me? A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
僕の後に続いて 数楽リズム
―数楽リズム
01:35
Claytonクレイトン Cameronキャメロン: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
01:40
CCCC: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
Audience聴衆: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
数楽、数楽
―数楽、数楽
01:42
CCCC: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
01:44
CCCC: Yeahええ.
いいね
01:46
Now allすべて thoseそれら stylesスタイル of rhythmリズム
こうしたリズムはすべて
01:50
are allすべて counted数えられた in four4つの
4拍子でありながら
01:55
andそして then次に subdivided細分化された by〜によって three.
3で割れるんだ
01:59
What?
どういうこと?
02:02
Yeahええ. Three is aa magicマジック number.
3は魔法の数
02:04
Three is aa groovin'グルービン ' number.
3は いかした数で
02:08
Three is aa hip-hopヒップホップ kind種類 of number.
3は ヒップホップみたいなもの
02:10
Butだけど what doesする subdividing細分する by〜によって three mean平均?
でも 3で割り切れるってどういうこと?
02:14
Andそして counting数える offオフ by〜によって four4つの?
しかも 4拍子?
02:17
Wellよく, look見える, think思う of itそれ thisこの way方法.
こんな風に考えてみて
02:19
Aa measure測定 of music音楽 asとして aa dollarドル.
音楽の単位が ドルだとする
02:21
Now aa dollarドル has持っている four4つの quarters四半期, right?
1ドルは 25セント硬貨4枚と同じだね
02:25
Andそして soそう doesする aa 4/4 measure測定 of music音楽.
だから 音楽は4分の4拍子で
02:31
Itそれ has持っている four4つの quarter四半期 notesノート.
4つの音からなる
02:34
Now, howどうやって do行う you君は subdivide細分する?
これを どうやって割るのか?
02:38
Now let'sさあ envision想像 thisこの:
思い浮かべてほしいのは
02:40
three dollars'ドルは、 worth価値 of quarters四半期.
3ドル分の25セント硬貨
02:45
You君は would〜する have持ってる three groupsグループ of four4つの,
4拍のグループが3つできるね
02:48
andそして you君は would〜する countカウント itそれ,
それを数えてみよう
02:52
a-one-two-three-foura-one-two-three-four, one-two-three-four1 2 3 4,
1、2、3、4 1、2、3、4
02:54
one-two-three-four1 2 3 4. Together一緒に.
1、2、3、4 一緒に
02:56
Allすべて: A-one-two-three-foura-one-two-three-four,
one-two-three-four1 2 3 4, one-two-three-four1 2 3 4.
1、2、3、4
1、2、3、4 1、2、3、4
02:58
CCCC: Okayはい, now you君は feel感じる thatそれ?
どう リズムを感じたかな?
03:01
Now let'sさあ take取る thoseそれら three groupsグループ of four4つの
4拍のグループ 3つを入れ替えて
03:04
andそして make作る themそれら four4つの groupsグループ of three.
3拍のグループ 4つにしてみよう
03:09
Andそして listen聴く to thisこの.
聞いてみて
03:13
A-one-two-three-foura-one-two-three-four, one-two-three-four1 2 3 4,
1、2、3、4 1、2、3、4
03:15
one-two-three-four1 2 3 4, with〜と me.
1、2、3、4 一緒に
03:17
One-two-three-four1 2 3 4, one-two-three一二三, come来る on, y'all!
1、2、3、4 1、2、3、4 皆で
03:19
Allすべて: One-two-three-four1 2 3 4,
one-two-three-four1 2 3 4, one-two-three-four1 2 3 4, ahああ.
1、2、3、4 1、2、3、4 1、2、3、4
03:22
CCCC: Thereそこ you君は go行く.
いいね
03:27
Allすべて right, second二番 lineライン.
ほら セカンド・ラインだろ
03:28
One-two-three-four1 2 3 4, one-two-three一二三.
1、2、3、4 1、2、3、4
03:34
One-two-three-four1 2 3 4, one-two-three一二三.
1、2、3、4 1、2、3、4
03:38
One-two-three-four1 2 3 4, one-two-three一二三.
1、2、3、4 1、2、3、4
03:41
One-two-three-four1 2 3 4, one-two-three一二三. Yeahええ.
1、2、3、4 1、2、3、4 よし
03:44
Now, that'sそれは what I callコール a-rhythm-eticリズム・エティック.
これこそ 数楽リズムなんだ
03:48
Canできる you君は sayいう itそれ? A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
さあ一緒に 数楽リズム
―数楽リズム
03:51
CCCC: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
03:53
CCCC: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
Audience聴衆: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
数楽、数楽
―数楽、数楽
03:55
CCCC: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
03:57
CCCC: Yeahええ. Now pickピック theその swingスイング
beatビート, andそして do行う theその same同じ thingもの.
スイング・ビートに乗って もう一度
03:59
One1, two, one1, two, a-one-two-three-foura-one-two-three-four.
1、2、1、2 1、2、3、4
04:02
Yeahええ. Mmmm.
そう いいね
04:12
One-two-three一二三, one-two-three一二三,
one-two-three一二三, one-two-three一二三. Whooフー.
1、2、3 1、2、3
1、2、3 1、2、3
04:16
Soそう I want欲しいです to take取る theその second二番 lineライン beatビート
セカンド・ラインのビートと
04:21
andそして theその swingスイング beatビート andそして put置く themそれら together一緒に,
スイング・ビートを組み合せよう
04:25
andそして itそれ sounds something何か like好きな thisこの.
すると こんな感じだね
04:27
Ahaアハ.
うん
04:43
A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
04:44
CCCC: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
04:46
CCCC: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
Audience聴衆: A-rhythmリズム a-rhythmリズム.
数楽、数楽
―数楽、数楽
04:48
CCCC: A-rhythm-eticリズム・エティック.
Audience聴衆: A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
―数楽リズム
04:50
CCCC: Yeahええ. Hip-hopヒップホップ.
ヒップホップだ
04:52
Now it'sそれは usingを使用して aa fasterもっと早く groupグループ of three
3拍のグループを速いテンポですると
04:56
we我々 callコール aa triplet三つ組.
3連音符になるんだ
04:59
Triplet-tripletトリプレット - トリプレット. Sayいう itそれ with〜と me.
3連音符 一緒に
05:01
Allすべて: Triplet-tripletトリプレット - トリプレット.
3連音符
05:03
CCCC: Triplet-tripletトリプレット - トリプレット. Triplet-tripletトリプレット - トリプレット.
3連音符、3連音符
05:06
CCCC: Soそう I'll私はよ take取る allすべて theその rhythmsリズム
thatそれ you君は heard聞いた earlier先に,
これまで聞いたリズムをすべて
05:12
we'll私たちは put置く themそれら together一緒に, andそして they彼ら sound like好きな thisこの.
まとめると こんな風になるよ
05:16
A-rhythm-eticリズム・エティック.
数楽リズム
05:43
(Applause拍手)
(拍手)
05:45
Translated by Yuko Yoshida
Reviewed by Tomoyuki Suzuki

▲Back to top

About the speaker:

Clayton Cameron - Drummer
A pioneer in brush technique, drummer Clayton Cameron has toured with Sammy Davis Jr., Tony Bennett and jazz legend Kenny Burrell.

Why you should listen

Clayton Cameron holds a unique title: Brush Master. That's because this percussionist prefers brushes to sticks, and has spent his career perfecting the art of brush technique. Cameron grew up in Los Angeles and started drumming at a young age on empty oatmeal boxes. After college, he moved to Las Vegas, where he was hired as the drummer for Sammy Davis Jr.'s big band. "It would be Sammy's tap dancing night after night that would inspire my brush playing," says Cameron.

During his tenure with Sammy Davis Jr., Cameron played with Dean Martin and Frank Sinatra. And, after moving to New York, he struck up a longterm friendship with Tony Bennett, and spent 15 years touring with the master. Cameron recorded 15 albums with Bennett, including his Grammy-winning Tony Bennett Unplugged.

Cameron has also worked with jazz legend Kenny Burrell, who encouraged him to teach at UCLA's Herb Alpert School of Music. In addition, Cameron released his debut album in 2012, Here's to the Messengers: Tribute to Art Blakey, and formed his own group, Jazz eXplosion. Cameron has also released several DVDs over the years as well as a book, Brushworks

More profile about the speaker
Clayton Cameron | Speaker | TED.com