English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Gever Tulley: 5 dangerous things you should let your kids do

ゲーバー・タリー:子どもがすべき5つの危険なこと

Filmed
Views 4,409,989

工作の学校の創始者であるゲーバー・タリーが、子どもにさせるべき5つの危険なことについて語ります。2007年のTED Universityでの講演より。

- Tinkerer
The founder of the Tinkering School, Gever Tulley likes to build things with kids. Full bio

Welcomeようこそ to "Five Dangerous危険な Thingsもの You君は Should〜すべき Let〜する Yourきみの Children子供 Do行う."
「子どもにさせるべき5つの危険なこと」にようこそ
00:13
I don'tしない have持ってる children子供.
私には子どもがいません
00:18
I borrowかりて myじぶんの friends'友人の ' children子供, soそう
友人たちの子どもを借りています - だから
00:20
(Laughter笑い)
(笑い)
00:22
take取る allすべて thisこの advice助言 with〜と aa grain of salt.
これからの話は鵜呑みにしないで下さい
00:26
I'm私は Geverゲバ Tulleyタリー.
私はゲーバー・タリーです
00:28
I'm私は aa contract契約する computerコンピューター scientist科学者 by〜によって tradeトレード,
コンピュータ科学者をしていますが
00:31
butだけど I'm私は theその founder創業者 of something何か calledと呼ばれる theその Tinkering微妙な School学校.
工作の学校と呼ばれるところの創始者でもあります
00:35
It'sそれは aa summer programプログラム whichどの aims目的 to help助けて kids子供たち to learn学ぶ
そこはサマースクールで、子どもたちが
00:40
howどうやって to buildビルドする theその thingsもの thatそれ they彼ら think思う of.
思い描くものの作り方を学ぶ手助けをします
00:43
Soそう we我々 buildビルドする aa lotロット of thingsもの.
私たちはたくさんのものを作ります
00:46
Andそして I do行う put置く powerパワー toolsツール into theその hands of second-graders2年生.
小学校2年生にも電動工具を持たせます
00:48
Soそう ifif you'reあなたは thinking考え about sending送信 yourきみの kidキッド to Tinkering微妙な School学校,
だから、もしあなたがたの子どもを工作の学校に参加させたなら
00:51
they彼ら do行う come来る backバック bruised傷ついた, scraped削られた andそして bloody血まみれの.
打ち身や引っかき傷を作り、血を流して帰ってくるでしょう
00:55
Soそう, you君は know知っている, we我々 liveライブ in aa world世界
知っての通り、世の中では
01:00
that'sそれは subjected被害者 to everこれまで moreもっと stringentストリンジェントな child safety安全性 regulations規則.
子どもの安全規制がますます厳しくなっています
01:02
Thereそこ doesn'tしない seem思われる to be〜する anyどれか limit限界 on howどうやって crazy狂った
それがどれほどおかしなものになるのか、
01:06
child safety安全性 regulations規則 canできる get取得する.
際限がないように思えます
01:12
We我々 put置く suffocation窒息 warnings警告 on allすべて theその --- on everyすべて pieceピース of plasticプラスチック film
アメリカで製造されたり、アメリカで販売される製品に
01:14
manufactured製造された in theその Unitedユナイテッド States orまたは forために sale販売
つけられた全てのビニール・フィルムには
01:19
with〜と an item項目 in theその Unitedユナイテッド States.
窒息注意の警告が書かれています
01:21
We我々 put置く warnings警告 on coffeeコーヒー cupsカップ to telltell us米国
コーヒーカップには
01:23
thatそれ theその contents内容 mayかもしれない be〜する hotホット.
中身が熱いかもしれないという注意書きがあります
01:26
Andそして we我々 seem思われる to think思う thatそれ anyどれか item項目
それに私たちは、ゴルフボールよりも鋭いものは全て
01:29
sharperよりシャープな thanより aa golfゴルフ ball is tooあまりにも sharpシャープ
10歳以下の子どもにとっては鋭すぎると
01:33
forために children子供 under theその age年齢 of 10.
考えているかのようです
01:35
Soそう whereどこで doesする thisこの trend傾向 stopやめる?
この風潮はどこで止まるのでしょうか?
01:37
Whenいつ we我々 round円形 everyすべて cornerコーナー andそして eliminate排除する everyすべて sharpシャープ objectオブジェクト,
あらゆる場所をまわって全ての尖ったものや
01:41
everyすべて pokeyポケイ bitビット in theその world世界,
刺さるものを取り去ったならば
01:46
then次に theその first最初 time時間 thatそれ kids子供たち come来る in contact接触 with〜と anything何でも sharpシャープ
子どもたちが初めて何か鋭いものや
01:49
orまたは notない made outでる of round円形 plasticプラスチック,
丸いプラスチック製のもの以外の何かに接した時
01:53
they'll彼らは hurt傷つける themselves自分自身 with〜と itそれ.
彼らはそれで怪我をするでしょう
01:56
Soそう, asとして theその boundaries境界 of what we我々 determine決定する asとして theその safety安全性 zoneゾーン
安全ゾーンの範囲を狭めるにつれて
01:59
grow成長する everこれまで smaller小さい, we我々 cutカット offオフ our我々の children子供 fromから valuable貴重な opportunities機会
我々は子どもたちを身の回りの世界との接し方を学ぶ
02:05
to learn学ぶ howどうやって to interact相互作用する with〜と theその world世界 aroundまわり themそれら.
貴重な機会から遠ざけているのです
02:11
Andそして despite何と allすべて of our我々の bestベスト efforts尽力 andそして intentions意図,
それに我々が精一杯努力したとしても
02:14
kids子供たち are always常に going行く to figure数字 outでる
子どもたちはいつも
02:18
howどうやって to do行う theその most最も dangerous危険な thingもの they彼ら canできる,
自分たちにできる一番危険なことを見つけようとします
02:19
in whateverなんでも environment環境 they彼ら canできる.
たとえどんな環境であっても
02:22
Soそう despite何と theその provocative挑発的な titleタイトル, thisこの presentationプレゼンテーション is really本当に about safety安全性
だから、挑発的なタイトルをつけてはいますが、このプレゼンテーションは
02:25
andそして about some一部 simple単純 thingsもの thatそれ we我々 canできる do行う
実は安全と、子どもたちの創造性を育み
02:32
to raise上げる our我々の kids子供たち to be〜する creative創造的な, confident自信を持って
彼らに自信を持たせ、身の回りの環境をコントロールできるように
02:36
andそして in controlコントロール of theその environment環境 aroundまわり themそれら.
するための育て方についての話なのです
02:42
Andそして what I now presentプレゼント to you君は is an excerpt抜粋 fromから aa book in progress進捗.
これから私が紹介するのは執筆中の本からの抜粋です
02:45
Theその book is calledと呼ばれる "50 Dangerous危険な Thingsもの."
その本は「50の危険なこと」という題名です
02:51
Thisこの is five dangerous危険な thingsもの.
これから話すのは5つです
02:53
Thingもの number one1 --- play遊びます with〜と fire火災.
一つ目 ‐ 火を使って遊びなさい
02:55
Learning学習 to controlコントロール one1 of theその most最も elemental元素の forces in nature自然
自然界の最も基本的な力のひとつをコントロールすることを学ぶのは
02:58
is aa pivotal重要な moment瞬間 in anyどれか child's子供の personal個人的 history歴史.
どんな子どもの人生にとっても極めて重要な瞬間です
03:03
Whetherかどうか we我々 remember思い出す itそれ orまたは notない,
覚えていようがいまいが
03:07
it'sそれは aa --- it'sそれは theその first最初 time時間 we我々 really本当に get取得する
それは私たちが謎めいた自然の力のひとつを
03:09
controlコントロール of one1 of theseこれら mysterious不思議な thingsもの.
初めてコントロールした時なのです
03:12
Theseこれら mysteries are onlyのみ revealed明らかに
それらの謎が解き明かされるのは
03:15
to thoseそれら who get取得する theその opportunity機会 to play遊びます with〜と itそれ.
火で遊ぶ機会を得た者に対してのみです
03:17
Soそう, playing遊ぶ with〜と fire火災.
火で遊ぶこと
03:19
Thisこの is like好きな one1 of theその greatすばらしいです thingsもの we我々 everこれまで discovered発見された, fire火災.
それは私たちがこれまでに発見した偉大なことのひとつです
03:22
Fromから playing遊ぶ with〜と itそれ, they彼ら learn学ぶ some一部 basic基本的な principles原則 about fire火災,
火で遊ぶことにより、子どもたちは火について、
03:28
about intake摂取, about combustion燃焼, about exhaust排気.
また吸気、燃焼、排気についての基本原理を学びます
03:31
Theseこれら are theその three workingワーキング elements要素 of fire火災
これらは上手に火をコントロールするために
03:35
thatそれ you君は have持ってる to have持ってる to have持ってる aa good良い controlled制御された fire火災.
必要な3つの要素です
03:37
Andそして you君は canできる think思う of theその open-pitオープンピット fire火災 asとして aa laboratory研究室.
露天の火は研究所のようなものです
03:40
You君は don'tしない know知っている what they're彼らは going行く to learn学ぶ fromから playing遊ぶ with〜と itそれ.
子どもたちがそれで遊ぶことから何を学ぶのかはわかりません
03:45
You君は know知っている, let〜する themそれら foolばか aroundまわり with〜と itそれ on their彼らの own自分の terms条項 andそして trust信頼 me,
でも、彼らのやり方で火と遊ばせてみなさい すると
03:47
they're彼らは going行く to learn学ぶ thingsもの
子どもたちは「ドーラといっしょに大冒険」のおもちゃで遊んでも
03:53
thatそれ you君は can'tできない get取得する outでる of playing遊ぶ with〜と Doraドラ theその Explorer冒険者 toysおもちゃ.
得られないようなことを学ぶでしょう
03:55
Number two --- own自分の aa pocketknifeポケットナイフ.
二つ目 ‐ ポケットナイフを持ちなさい
04:01
Pocketknivesポケットナイフ are kind種類 of drifting漂流 outでる of our我々の cultural文化的 consciousness意識,
ポケットナイフは私たちの文化意識から流れ出てしまっているかのようです
04:04
whichどの I think思う is aa terribleひどい thingもの.
それはひどいことだと思います
04:09
(Laughter笑い)
(笑い)
04:11
Yourきみの first最初 --- yourきみの first最初 pocketknifeポケットナイフ is like好きな theその first最初 universalユニバーサル toolツール thatそれ you'reあなたは given与えられた.
初めてのポケットナイフは自分に与えられた初めての万能ツールです
04:15
You君は know知っている, it'sそれは aa spatulaスパチュラ, it'sそれは aa pry揚げる barバー,
それはヘラでもあり、バールでもあり、
04:20
it'sそれは aa screwdriverねじ回し andそして it'sそれは aa blade.
ネジ回しでもあり、刃でもあります
04:23
Andそして it'sそれは aa --- it'sそれは aa powerful強力な andそして empowering力を与える toolツール.
そしてそれは - それは力強くまた力を与えてくれる道具でもあります
04:26
Andそして in aa lotロット of cultures文化 they彼ら give与える knivesナイフ ---
多くの文化では幼児になるとすぐに
04:31
like好きな, asとして soonすぐに asとして they're彼らは toddlers幼児 they彼ら have持ってる knivesナイフ.
ナイフを与えられます
04:34
Theseこれら are Inuitイヌイット children子供 cutting切断 whale blubber塊茎.
これはイヌイットの子どもたちが鯨の脂身を切っているところです
04:36
I first最初 saw見た thisこの in aa Canadianカナディアン Film Boardボード film whenいつ I wasあった 10,
私は10歳の時にこれをカナダ映画庁の映画で見て、
04:40
andそして itそれ left aa lasting永続する impression印象, to see見る babies赤ちゃん playing遊ぶ with〜と knivesナイフ.
赤ん坊がナイフで遊んでいるというのは以来ずっと心に残っていました
04:44
Andそして itそれ showsショー thatそれ kids子供たち canできる develop開発する an extended拡張された senseセンス of self自己
子どもたちはとても幼い時でも道具を通して自らの能力が
04:48
throughを通して aa toolツール at〜で aa very非常に young若い age年齢.
広がっていくのを感じることができるのです
04:52
You君は lay寝る downダウン aa coupleカップル of very非常に simple単純 rulesルール ---
2,3のとても簡単な決まりごとを作ってください
04:54
always常に cutカット away離れて fromから yourきみの body, keepキープ theその blade sharpシャープ, never決して force itそれ
いつも体から離して切ることや、刃を鋭くしておくこと、そして無理をしないこと
04:57
--- andそして theseこれら are thingsもの kids子供たち canできる understandわかる andそして practice練習 with〜と.
― これらは子どもたちが理解できますし、実行できることです
05:02
Andそして yeahええ, they're彼らは going行く to cutカット themselves自分自身.
確かに子どもたちは怪我をするでしょう
05:05
I have持ってる some一部 terribleひどい scars傷跡 on myじぶんの legs fromから whereどこで I stabbed刺した myself私自身.
私の足には自分でやったひどい切り傷がいくつかあります
05:06
Butだけど you君は know知っている, they're彼らは young若い. They彼ら heal癒し fast速い.
でも子どもたちは若いので治りも早いのです
05:10
(Laughter笑い)
(笑い)
05:12
Number three --- throwスロー aa spear.
三つ目 - 槍を投げなさい
05:16
Itそれ turnsターン outでる thatそれ our我々の brains頭脳 are actually実際に wired有線 forために throwing投げ thingsもの
私たちの脳は実のところ物を投げることとつながっています
05:19
andそして, like好きな muscles筋肉, ifif you君は don'tしない useつかいます parts部品 of yourきみの brain,
そして筋肉のように、もし脳の一部を使わなければ
05:23
they彼ら tend傾向がある to atrophy萎縮 over以上 time時間.
その部分はやがて退化します
05:28
Butだけど whenいつ you君は exercise運動 themそれら,
でももし使われれば
05:31
anyどれか given与えられた muscle adds追加する strength to theその whole全体 systemシステム
どんな筋肉でも全体を力強くします
05:34
andそして thatそれ applies適用する to yourきみの brain tooあまりにも.
脳でも同じことが言えるのです
05:36
Soそう practicing練習する throwing投げ thingsもの has持っている beenされている shown示された to
物を投げる練習をすることは前頭葉と側頭葉を
05:39
stimulate刺激する theその frontal正面 andそして parietal頭頂壁 lobes,
刺激することがわかっていて、
05:43
whichどの have持ってる to do行う with〜と visualビジュアル acuity視力, 3Dd understanding理解,
それは視覚の鋭敏さや三次元の理解力、そして構造的な問題解決力と
05:46
andそして structural構造的 problem問題 solving解決する, soそう itそれ gives与える aa senseセンス ---
関連があります だから物を投げるのは意味があることなのです
05:51
itそれ helps助けて develop開発する their彼らの visualization視覚化 skillsスキル andそして their彼らの predictive予測的 ability能力.
それは子どもたちの視覚化能力や予測力を伸ばすのに役立つのです
05:56
Andそして throwing投げ is aa combination組み合わせ of analytical分析的な andそして physical物理的 skillスキル,
投げるというのは分析力と身体の技能が合わさった行為です
06:01
soそう it'sそれは very非常に good良い forために thatそれ kind種類 of whole-body全身 trainingトレーニング.
だから全身のトレーニングにはとてもよいのです
06:06
Theseこれら kinds種類 of target-basedターゲットベース practice練習 alsoまた、
こうしたターゲットのある訓練は
06:10
helps助けて kids子供たち develop開発する attention注意 andそして concentration濃度 skillsスキル.
子どもたちの注意力や集中力を伸ばすのにも有効です
06:16
Soそう thoseそれら are greatすばらしいです.
物を投げるのはすごいことなのです
06:21
Number four4つの --- deconstruct解体する appliances家電.
四つ目 - 電化製品を分解しなさい
06:23
Thereそこ is aa world世界 of interesting面白い thingsもの inside内部 yourきみの dishwasher食器洗い機.
家の皿洗い機の中には面白いものが詰まった世界が広がっています
06:27
Next time時間 you'reあなたは about to throwスロー outでる an applianceアプライアンス, don'tしない throwスロー itそれ outでる.
次に何かの電化製品を処分する時には、捨てるのではなく
06:31
Take取る itそれ apart離れて with〜と yourきみの kidキッド, orまたは send送信する him to myじぶんの school学校
子どもと一緒に分解するか、子どもを私の学校に来させてください
06:36
andそして we'll私たちは take取る itそれ apart離れて with〜と themそれら.
そうすれば私たちが一緒に分解しますから
06:39
Even偶数 ifif you君は don'tしない know知っている what theその parts部品 are,
知らない部品だったとしても
06:41
puzzling困惑 outでる what they彼ら mightかもしれない be〜する forために
それが何なのかを解き明かすことは
06:43
is aa really本当に good良い practice練習 forために theその kids子供たち
子どもたちにとってとてもよい訓練です
06:46
to get取得する sortソート of theその senseセンス thatそれ they彼ら canできる take取る thingsもの apart離れて,
彼らは物を分解できるんだという意識を持つようになりますし
06:49
andそして noいいえ matter問題 howどうやって complex複合体 they彼ら are,
どんなに複雑な物でも
06:55
they彼ら canできる understandわかる parts部品 of themそれら andそして thatそれ means手段 thatそれ eventually最終的に,
その一部がわかれば最終的には全体を理解できるんだ
06:57
they彼ら canできる understandわかる allすべて of themそれら.
と思うようになるでしょう
07:01
It'sそれは aa senseセンス of knowability知性, thatそれ something何か is knowable知る.
それは、何かを知ることができるという意識です
07:03
Soそう theseこれら black boxesボックス thatそれ we我々 liveライブ with〜と andそして take取る forために granted付与された
私たちが当たり前のように接しているこれらの謎の箱は
07:07
are actually実際に complex複合体 thingsもの made by〜によって otherその他 people
誰かが作ったかなり複雑な物なのですが
07:10
andそして you君は canできる understandわかる themそれら.
あなたはそれを理解することができるのです
07:14
Number five --- two-parter2人掛け人.
五つ目 - ここは2つあります
07:16
Breakブレーク theその Digitalデジタル Millenniumミレニアム Copyright著作権 Act行為.
まず、デジタル著作権法に違反しなさい
07:20
(Laughter笑い)
(笑い)
07:22
Thereそこ are laws法律 beyond超えて safety安全性 regulations規則
安全規制のほかにも
07:25
thatそれ attempt試みる to limit限界 howどうやって we我々 canできる interact相互作用する with〜と theその thingsもの
私たちと自らの所有する物 -この場合はデジタル・メディア- との間の
07:28
thatそれ we我々 own自分の --- in thisこの case場合, digitalデジタル mediaメディア.
接し方を制限しようとする法律があります
07:31
It'sそれは aa very非常に simple単純 exercise運動 --- buy購入 aa song on ITunesitunes, write書きます itそれ to aa CDCD,
とても簡単な練習です - iTunesで曲を買い、それをCDに書き込み、
07:34
then次に ripRIP theその CDCD to an MPmp3 andそして play遊びます itそれ on yourきみの very非常に same同じ computerコンピューター.
そのCDをMP3にリッピングして同じパソコンで曲をかけて下さい
07:41
You'veあなたは justちょうど broken壊れた aa law法律.
法律に違反したことになります
07:44
Technically技術的に theその RIAAリア canできる come来る andそして persecute迫害 you君は.
法的には全米レコード協会がやってきてあなたを処罰することができます
07:46
It'sそれは an important重要 lessonレッスン forために kids子供たち to understandわかる ---
一部の法律には偶然に違反してしまうことがあること
07:50
thatそれ some一部 of theseこれら laws法律 get取得する broken壊れた by〜によって accident事故
そして法律には解釈が必要だということを学ぶのは
07:52
andそして thatそれ laws法律 have持ってる to be〜する interpreted解釈された.
子どもたちにとって大切なレッスンです
07:56
Andそして it'sそれは something何か we我々 oftenしばしば talkトーク about with〜と theその kids子供たち
それは、我々が物と戯れながらそれをこじ開け
07:58
whenいつ we're私たちは fooling欺く aroundまわり with〜と thingsもの andそして breaking壊す themそれら open開いた
分解して何か別な目的に使ったり、
08:01
andそして taking取る themそれら apart離れて andそして usingを使用して themそれら forために otherその他 thingsもの ---
車で出かけたりする時に
08:05
andそして alsoまた、 whenいつ we我々 go行く outでる andそして driveドライブ aa car.
子どもに話すようなことです
08:08
Driving運転 aa car is aa --- is aa really本当に empowering力を与える act行為 forために aa young若い child,
車を運転すること - それは小さな子どもにとって本当にわくわくするような行為です
08:14
soそう thisこの is theその ultimate究極.
これは究極です
08:18
(Laughter笑い)
(笑い)
08:20
Forために thoseそれら of you君は who aren'tない comfortable快適 actually実際に breaking壊す theその law法律,
実際に法律違反することはあまり気が進まないという人は
08:22
you君は canできる driveドライブ aa car with〜と yourきみの child.
子どもと一緒に運転すればいいのです
08:26
Thisこの is --- thisこの is aa greatすばらしいです stageステージ forために aa kidキッド.
これは子どもにとってはものすごい舞台です
08:29
Thisこの happens起こる about theその same同じ time時間
子どもが車に夢中になるのは
08:32
thatそれ they彼ら get取得する latchedラッチされた onto〜に thingsもの like好きな dinosaurs恐竜,
彼らが恐竜のようなもの、
08:34
theseこれら big大きい thingsもの in theその outside外側 world世界
外の世界にある大きな物を
08:37
thatそれ they're彼らは trying試す to get取得する aa gripグリップ on.
理解しようとするのと同じ時期のことです
08:39
Aa car is aa similar類似 objectオブジェクト, andそして they彼ら canできる get取得する in aa car andそして driveドライブ itそれ.
車も同じようなもので、しかも子どもたちは車に乗りこんで運転することができるのです
08:41
Andそして that'sそれは aa really本当に, like好きな --- itそれ gives与える themそれら aa handleハンドル on aa world世界
それは正に、子どもたちに普段はできないような
08:46
in aa way方法 thatそれ they彼ら wouldn'tしないだろう --- thatそれ they彼ら don'tしない oftenしばしば have持ってる accessアクセス to.
方法で世界に触れる機会を与えることになるのです
08:50
Soそう --- andそして it'sそれは perfectly完全に legal法的.
そしてそれは完全に合法的です
08:55
Find見つける aa big大きい empty空の lotロット, make作る sure確かに there'sそこに nothing何も in itそれ
広い空き地を見つけて、そこに何もないことと
08:57
andそして it'sそれは on privateプライベート propertyプロパティ, andそして let〜する themそれら driveドライブ yourきみの car.
それが私有地であることを確認し、子どもたちに車を運転させなさい
08:59
It'sそれは very非常に safe安全 actually実際に.
実際それはとても安全です
09:03
Andそして it'sそれは fun楽しい forために theその whole全体 family家族.
それに家族全員が楽しめるでしょう
09:05
(Laughter笑い)
(笑い)
09:07
Soそう, let'sさあ see見る.
そうですね
09:09
I think思う that'sそれは itそれ. That'sそれは number five andそして aa halfハーフ. OKOK.
これで終わりです これが5番目と半分です 以上
09:11
Translated by Wataru Narita
Reviewed by Masahiro Kyushima

▲Back to top

About the speaker:

Gever Tulley - Tinkerer
The founder of the Tinkering School, Gever Tulley likes to build things with kids.

Why you should listen

Gever Tulley writes the best Twitters: Just landed my paraglider in an empty field behind Santa 8arbara. ... Making amazing tshirts with a laser cutter at the maker faire in austin. ... Washing fruit, putting sheets on bunkbeds, and grinding up aluminum foil in a cheap blender ... Updating the school blog, trying to figure out how many cubic feet of air are in a 5 gallon cylinder at 200 PSI. ... Trying to figure out if the tinker kids are going to be able to get molten iron from magnetite sand ...

A software engineer, Gever Tulley is the co-founder of the Tinkering School, a weeklong camp where lucky kids get to play with their very own power tools. He's interested in helping kids learn how to build, solve problems, use new materials and hack old ones for new purposes. He's also a certified paragliding instructor.

More profile about the speaker
Gever Tulley | Speaker | TED.com