English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Willie Smits: How to restore a rainforest

ウィリー・スミッツの熱帯雨林再生計画

Filmed
Views 683,923

複雑な生態環境をうまく紡ぎ合わせることで、生物学者ウィリー・スミッツが、木々が伐採されたボルネオの熱帯雨林を再生する方法を見出しました。繊細なエコシステムを復元しながら、同時にオラウータンをも救う、革新的な計画案と実際の成果について語ります。

- Conservationist
Willie Smits has devoted his life to saving the forest habitat of orangutans, the "thinkers of the jungle." As towns, farms and wars encroach on native forests, Smits works to save what is left. Full bio

I wasあった walking歩く in theその market市場 one1 day with〜と myじぶんの wife,
ある日、市場を妻と歩いていたら、
00:18
andそして somebody誰か stuck立ち往生 aa cageケージ in myじぶんの face.
誰かが、ケージを目の前につきだしました。
00:21
Andそして in betweenの間に thoseそれら slitsスリット
かごの隙間から見えたのは
00:23
wereあった theその saddest悲しい eyes I've私は everこれまで seen見た.
とって悲愴な目をしたオラウータンの
00:25
Thereそこ wasあった aa very非常に sick病気 orangutanオランウータン baby赤ちゃん, myじぶんの first最初 encounter出会い.
赤ん坊でした。初めてオラウータンと出会った瞬間です。
00:27
Thatそれ eveningイブニング I came来た backバック to theその market市場 in theその darkダーク
その晩、暗くなった市場に戻ってみると、
00:30
andそして I heard聞いた "uhhああ, uhhああ,"
「ウー、ウー」という声が聞こえてきました。
00:33
andそして sure確かに enough十分な I found見つけた aa dying死ぬ orangutanオランウータン baby赤ちゃん on aa garbageゴミ heapヒープ.
思った通り、ゴミの山に捨てられたオラウータンの赤ん坊を見つけました。
00:36
Of courseコース, theその cageケージ wasあった salvagedサルベージした.
もちろん、私はゲージを持ち帰り、
00:41
I took取った upアップ theその little少し baby赤ちゃん,
赤ん坊を取り出して、
00:43
massagedマッサージ her彼女, forced強制された her彼女 to drinkドリンク
マッサージをしてやり、水を飲ませて
00:45
until〜まで she彼女 finally最後に started開始した breathing呼吸 normally通常は.
赤ん坊はようやく正常に呼吸ができるまでになりました。
00:48
Thisこの is Uceユース.
これがUceです
00:51
She's彼女は now living生活 in theその jungleジャングル of Sungaiサンガイ Wainワイン,
彼女は今、Sungai Wainのジャングルに住んでいます。
00:53
andそして thisこの is Matahariマタハリ, her彼女 second二番 son息子,
そしてこれが彼女の息子、Matahariです。
00:55
whichどの, by〜によって theその way方法, is alsoまた、 theその son息子 of theその second二番 orangutanオランウータン I rescued救出された, Dodoyドドイ.
Matahariは私が2番目に助けたDodoyの息子でもあるんですよ。
00:57
Thatそれ changedかわった myじぶんの life生活 quiteかなり dramatically劇的に,
この出来事が、私の人生を大きく変えました。
01:02
andそして asとして of today今日, I have持ってる almostほぼ 1,000 babies赤ちゃん in myじぶんの two centersセンター.
そして現在、1000の赤ん坊が私の2つの施設にいます。
01:04
(Applause拍手)
(拍手)
01:09
Noいいえ. Noいいえ. Noいいえ. Wrong違う.
いえ。いえ。違うんです!
01:11
It'sそれは horrible恐ろしい. It'sそれは aa proof証明 of our我々の failing失敗する to saveセーブ themそれら in theその wild野生.
悲惨な事なんです。野生に住む彼らを守れていない証拠なんですから。
01:13
It'sそれは notない good良い.
とても悲しいことなんです。
01:16
Thisこの is merely単に proof証明 of everyoneみんな failing失敗する to do行う theその right thingもの.
私たちが勝手な行動をしている証拠なんです。
01:18
Having持つ moreもっと thanより allすべて theその orangutansオランウータン in allすべて theその zoos動物園 in theその world世界 together一緒に,
世界中の動物園で飼育されている数よりも、たくさんのオラウータンが自然界にいながら、
01:22
justちょうど now like好きな victims犠牲者 forために everyすべて baby赤ちゃん,
こうしている今も、赤ん坊の犠牲者のように、
01:26
six6 have持ってる disappeared消えた fromから theその forest森林.
6頭が森から消え去りました。
01:29
Theその deforestation森林破壊, especially特に forために oil palm手のひら,
森林破壊。特に欧米向けの
01:32
to provide提供する biofuelバイオ燃料 forために Western西洋 countries
バイオ燃料のための油椰子栽培が
01:34
is what's何ですか causing原因 theseこれら problems問題.
問題を引き起こしています。
01:37
Andそして thoseそれら are theその peat泥炭 swamp沼地 forests森林 on 20 metersメートル of peat泥炭,
元の湿原森林は、20mもの泥炭層上にあって、
01:40
theその largest最大 accumulation累積 of organicオーガニック material材料 in theその world世界.
世界でもっとも広大な有機物質の堆積地なのです。
01:43
Whenいつ you君は open開いた thisこの forために growing成長する oil palms手のひら
これを油椰子栽培のために開拓すると、
01:46
you'reあなたは creating作成 CO共同2 volcanoes火山
CO2の火山を作ってしまいまい、
01:49
thatそれ are emitting発光する soそう muchたくさん CO共同2
多大なCO2が排出されるのです。
01:51
thatそれ myじぶんの country is now theその third三番 largest最大 emitterエミッタ of greenhouse温室 gassesガス in theその world世界,
そのおかげで、インドネシアは中国、アメリカについで
01:54
after China中国 andそして theその Unitedユナイテッド States.
3番目に温室効果ガスの排出量が多い国になりました。
01:59
Andそして we我々 don'tしない have持ってる anyどれか industry業界 at〜で allすべて ---
なんの大規模な産業もなしにです。
02:01
it'sそれは onlyのみ becauseなぜなら of thisこの deforestation森林破壊.
すべて森林破壊によるものなのです。
02:04
Andそして theseこれら are horrible恐ろしい imagesイメージ.
悲惨な状況を見ていただければ、わかると思います。
02:07
I'm私は notない going行く to talkトーク tooあまりにも long長いです about itそれ,
この事について長く話すつもりはありませんが、
02:10
butだけど thereそこ are soそう manyたくさんの of theその family家族 of Uceユース,
Uceの家族の多くは
02:12
whichどの are notない soそう fortunate幸運な to liveライブ outでる thereそこ in theその forest森林,
その森にしか住むことができず、
02:14
thatそれ stillまだ have持ってる to go行く throughを通して thatそれ processプロセス.
悲惨な状況下、生き抜かなければなりません。
02:18
Andそして I don'tしない know知っている anymoreもう whereどこで to put置く themそれら.
私も、もうどこに彼らを帰していいかわかりませんでした。
02:20
Soそう I decided決定しました thatそれ I had持っていました to come来る upアップ with〜と aa solution溶液 forために her彼女
そこで、彼女のためにも、解決策を見つけ出すことを決意したのです。
02:22
butだけど alsoまた、 aa solution溶液
解決策は
02:26
thatそれ will意志 benefit利益 theその people thatそれ are trying試す to exploit悪用する thoseそれら forests森林,
森林を伐採してきた人々にも有益なものでなければなりません。
02:28
to get取得する their彼らの hands on theその last最終 timber木材
木を切り倒すことが、
02:32
andそして thatそれ are causing原因, in thatそれ way方法,
生息地を破壊し、犠牲を増やすことに
02:35
theその loss損失 of habitat生息地 andそして allすべて thoseそれら victims犠牲者.
つながっているのですから。
02:38
Soそう I created作成した theその place場所 Sambojaサンボヤ Lestariレスタリ,
そこで私は、Samboja Lestariという場所を作り上げました。
02:41
andそして theその ideaアイディア wasあった,
アイディアはというと、
02:43
ifif I canできる do行う thisこの on theその worst最悪 possible可能 place場所 thatそれ I canできる think思う of
もし、私が何も残されていない最悪の場所で
02:45
whereどこで thereそこ is really本当に nothing何も left,
成功することができたら、
02:48
noいいえ one1 will意志 have持ってる an excuse言い訳 to sayいう, "Yeahええ, butだけど ..."
もう誰も「うん、だけど、、」と言い訳はできなくなると思ったんです。
02:50
Noいいえ. Everyoneみんな should〜すべき be〜する ableできる to followフォローする thisこの.
みんな、できる事はあるのです。
02:54
Soそう we're私たちは in East Borneoボルネオ. Thisこの is theその place場所 whereどこで I started開始した.
ボルネオの東部、そこがプロジェクトを始めた場所です。
02:58
Asとして you君は canできる see見る there'sそこに onlyのみ yellow terrain地形.
ご覧の通り、黄色の土地しかありません。
03:03
There'sそこに nothing何も left --- justちょうど aa bitビット of grass thereそこ.
少し草が生えているだけで、何も残されていません。
03:05
In 2002 we我々 had持っていました about 50 percentパーセント of theその people jobless失業 thereそこ.
2002年、ここに住む約半数が失業者で
03:08
Thereそこ wasあった aa huge巨大 amount of crime犯罪.
犯罪も多発していました。
03:12
People spent過ごした soそう muchたくさん of their彼らの moneyお金 on health健康 issues問題 andそして drinking飲酒 water.
住民は、生活費の大半を治療費や、飲み水に費やしました。
03:14
Thereそこ wasあった noいいえ agricultural農業 productivity生産性 left.
農業的な生産力は何も残されていませんでした。
03:19
Thisこの wasあった theその poorest最貧 district地区 in theその whole全体 province
州の中で一番貧しいエリアで、
03:22
andそして itそれ wasあった aa total合計 extinction絶滅 of wildlife野生動物.
野生動植物は完全に絶滅していました。
03:25
Thisこの wasあった like好きな aa biological生物学的 desert砂漠.
そこは正に、生物が息絶えた砂漠でした。
03:28
Whenいつ I stood立っていた thereそこ in theその grass, it'sそれは hotホット --- notない even偶数 theその sound of insects昆虫 ---
とても暑く、そこに立ってみると、聞こえるのは昆虫の鳴き声ではなく、
03:30
justちょうど thisこの waving波打つ grass.
風にさらされる草のみでした。
03:34
Stillまだ, four4つの years later後で we我々 have持ってる created作成した jobsジョブ forために about 3,000 people.
しかし、4年後、私たちは3千人もの住人に仕事を提供するまでに至り、
03:36
Theその climate気候 has持っている changedかわった. I will意志 showショー you君は:
気候まで変えました。これからお見せします。
03:41
noいいえ moreもっと flooding洪水, noいいえ moreもっと fires火災.
洪水もなく、火災もなく、
03:44
It'sそれは noいいえ longerより長いです theその poorest最貧 district地区,
一番貧しい地域でもなくなりました。
03:46
andそして thereそこ is aa huge巨大 development開発 of biodiversity生物多様性.
そして生物の多様性も取り戻しました。
03:49
We've私たちは got持っている over以上 1,000 species. We我々 have持ってる 137 bird species asとして of today今日.
1千種の生物が住んでおり、現在137種の鳥類、
03:51
We我々 have持ってる 30 species of reptiles爬虫類.
30種の爬虫類がいます。
03:57
Soそう what happened起こった hereここに? We我々 created作成した aa huge巨大 economic経済的 failure失敗 in thisこの forest森林.
何が起こったのでしょう?人間はこの森で、経済的な失敗を犯していたのです。
03:59
Soそう basically基本的に theその whole全体 processプロセス of destruction破壊
基本的に、森林破壊の工程は
04:05
had持っていました gone行った aa bitビット slowerもっとゆっくり thanより what is happeningハプニング now with〜と theその oil palm手のひら.
石油枯渇問題の過程よりゆるやかなペースで起こっていました。
04:08
Butだけど we我々 saw見た theその same同じ thingもの.
しかし、結果的には同じです。
04:11
We我々 had持っていました slashスラッシュ andそして burn燃やす agriculture農業;
焼き畑農業をご存知ですよね。
04:13
people cannotできない afford余裕 theその fertilizer肥料,
農薬を買うことができない人々が、
04:15
soそう they彼ら burn燃やす theその trees andそして have持ってる theその mineralsミネラル available利用可能な thereそこ;
木々と、蓄積されたミネラルの半分を焼き払いました。
04:17
theその fires火災 become〜になる moreもっと frequent頻繁な,
森林火災が多くなり、
04:20
andそして after aa whilewhile you'reあなたは stuck立ち往生 with〜と an areaエリア of land土地
しばらくすると、痩せた土地だけが残され、
04:22
whereどこで thereそこ is noいいえ fertility生殖能力 left.
途方にくれることになります。
04:25
Thereそこ are noいいえ trees left.
1本の木もなくなってしまいます。
04:27
Stillまだ, in thisこの place場所, in thisこの grassland草原
しかし、この草地の丘に
04:29
whereどこで you君は canできる see見る our我々の very非常に first最初 office事務所 thereそこ on thatそれ hill,
私たちは最初のオフィスを建てて、
04:32
four4つの years later後で, thereそこ is thisこの one1 green blopブロー on theその Earth's地球の surface表面 ...
4年後、地球上に新しい緑のエリアが現れたのです。
04:35
(Applause拍手)
(拍手)
04:40
Andそして thereそこ are allすべて theseこれら animals動物, andそして allすべて theseこれら people happyハッピー,
そこでは、動物たちと、住人が共に幸せに暮らしています。
04:42
andそして there'sそこに thisこの economic経済的 value.
独自の経済力も兼ね備えています。
04:45
Soそう how'sどうやって? thisこの possible可能?
さて、どうやって?
04:47
Itそれ wasあった quiteかなり simple単純. Ifif you'llあなたは look見える at〜で theその stepsステップ:
各段階を踏むと、それほど難しくありません。
04:49
we我々 bought買った theその land土地, we我々 dealt配られた with〜と theその fire火災,
土地を買い、森林火災に対処し、
04:51
andそして then次に onlyのみ, we我々 started開始した doingやっている theその reforestation森林再生
その後に、農業と林業を合わせた
04:53
by〜によって combining結合する agriculture農業 with〜と forestry林業.
緑化に取り掛かりました。
04:56
Onlyのみ then次に we我々 setセット upアップ theその infrastructureインフラ andそして management管理 andそして theその monetary金銭的な.
そして、インフラ、管理方法、経済支援を立ち上げました。
04:59
Butだけど we我々 made sure確かに thatそれ in everyすべて stepステップ of theその way方法
どの段階でも、地域の人々の携わりを
05:03
theその local地元 people wereあった going行く to be〜する fully完全に involved関係する
欠くことはありませんでした。
05:06
soそう thatそれ noいいえ outside外側 forces would〜する be〜する ableできる to interfere干渉する with〜と thatそれ.
そうする事で、外部からの抗力を防ぐことができ、
05:09
Theその people would〜する become〜になる theその defendersディフェンダー of thatそれ forest森林.
住民が、森を保護する側になったのです。
05:13
Soそう we我々 do行う theその "people, profit利益, planet惑星" principles原則,
”住民、利益、地球”を原則とし、
05:17
butだけど we我々 do行う itそれ in addition添加
それに付け加えるのは、
05:19
to aa sure確かに legal法的 status状態 ---
法的なステータスです。
05:21
becauseなぜなら ifif theその forest森林 belongs所属 to theその state状態,
もし森林が国のものであれば、
05:23
people sayいう, "Itそれ belongs所属 to me, itそれ belongs所属 to everyoneみんな."
人は口々に、自分のものだ、みんなのものだと言だすからです。
05:25
Andそして then次に we我々 apply適用する allすべて theseこれら otherその他 principles原則
そして、他の原理も応用しました。例えば、
05:28
like好きな transparency透明性, professional専門家 management管理, measurable測定可能な results結果,
計画の透明性や、プロの管理計算の結果。
05:31
scalabilityスケーラビリティ, [unclear不明], etc.
スケーラビリティなどです。
05:35
What we我々 didした wasあった we我々 formulated処方された recipesレシピ ---
私たちは、何もない状態から、
05:38
howどうやって to go行く fromから aa starting起動 situation状況 whereどこで you君は have持ってる nothing何も
目標のある状態を作り上げていく
05:41
to aa targetターゲット situation状況.
レシピを作ったのです。
05:44
You君は formulate公式化する aa recipeレシピ basedベース upon〜に theその factors要因 you君は canできる controlコントロール,
まずは、コントロールできる要素から、レシピ作りが始まります。
05:46
whetherかどうか itそれ be〜する theその skillsスキル orまたは theその fertilizer肥料 orまたは theその plant工場 choice選択.
技術だったり、農薬や、植物のチョイスなどです。
05:51
Andそして then次に you君は look見える at〜で theその outputs出力 andそして you君は start開始 measuring測定する what comes来る outでる.
それからの生産高に注目して、得られたものを記録します。
05:55
Now in thisこの recipeレシピ you君は alsoまた、 have持ってる theその costコスト.
そしてこのレシピにはコストも含まれます。
06:00
You君は alsoまた、 know知っている howどうやって muchたくさん labor労働 is needed必要な.
必要な労働量も考慮します。
06:02
Ifif you君は canできる dropドロップ thisこの recipeレシピ on theその map地図
もし、このレシピを地図上に描くのならば、
06:05
on aa sandy砂の soil土壌, on aa clay粘土 soil土壌,
砂地や、粘土
06:08
on aa steep急な slopeスロープ, on flat平らな soil土壌,
斜面や、平地など、それぞれに
06:10
you君は put置く thoseそれら different異なる recipesレシピ; ifif you君は combine結合する themそれら,
適したレシピが必要です。それらを混合することによって
06:12
outでる of thatそれ comes来る aa businessビジネス plan計画,
ビジネスプランや作業計画が
06:15
comes来る aa work作業 plan計画, andそして you君は canできる optimize最適化する itそれ
出来上がります。
06:17
forために theその amount of labor労働 you君は have持ってる available利用可能な orまたは forために theその amount of fertilizer肥料 you君は have持ってる,
持ち合わせている労働力と、農薬を念頭において計画を進める事が
06:20
andそして you君は canできる do行う itそれ.
成功への鍵です。
06:24
Thisこの is howどうやって itそれ looks外見 like好きな in practice練習. We我々 have持ってる thisこの grass we我々 want欲しいです to get取得する rid除去する of.
これが実際の効果です。まず雑草を根元から
06:26
Itそれ exudes滲出物 [unclear不明]-like〜のような compounds化合物 fromから theその rootsルーツ.
取り除きます。
06:30
Theその acaciaアカシア trees are of aa very非常に low低い value
アカシアは一見重要でないように思われますが、
06:33
butだけど we我々 need必要 themそれら to restoreリストア theその micro-climate微気候, to protect保護する theその soil土壌
地域の天候を保ち、土壌を保護するため、そして
06:36
andそして to shake振る outでる theその grasses.
草地を改良するために必要なのです。
06:39
Andそして after eight8 years they彼ら mightかもしれない actually実際に yield産出 some一部 timber木材 ---
8年後には、木材として利用もできます。
06:42
thatそれ is, ifif you君は canできる preserve保存する itそれ in theその right way方法,
きちんと保管してやれば、竹の皮と共に
06:45
whichどの we我々 canできる do行う with〜と bamboo peelsピール.
建築資材として利用することができます。
06:48
It'sそれは an old古い temple-building寺院建築 technique技術 fromから Japan日本
日本の古寺建設の技術に用いられていますが、
06:50
butだけど bamboo is very非常に fire-susceptible火災に弱い.
竹はとても火に弱く
06:53
Soそう ifif we我々 would〜する plant工場 thatそれ in theその beginning始まり
もし、初期に植えていたら、
06:55
we我々 would〜する have持ってる aa very非常に high高い riskリスク of losing負け everythingすべて again再び.
またすべてを失ってしまう可能性が高かったのです。
06:57
Soそう we我々 plant工場 itそれ later後で, along一緒に theその waterways水路
そこで後に、水際に植えました。
07:01
to filterフィルタ theその water, provide提供する theその raw products製品
水をろ過し、木材が手に入る頃に
07:03
justちょうど in time時間 forために whenいつ theその timber木材 becomes〜になる available利用可能な.
資材を提供してくれます。
07:05
Soそう theその ideaアイディア is: howどうやって to integrate統合する theseこれら flows流れ
一定の空間で、限られた手段を用いて
07:08
in spaceスペース, over以上 time時間 andそして with〜と theその limited限られた means手段 you君は have持ってる.
変わりゆく過程をどう融合させるかがポイントです。
07:11
Soそう we我々 plant工場 theその trees, we我々 plant工場 theseこれら pineapplesパイナップル
植林をして、パイナップルを植えました。
07:16
andそして beans andそして gingerショウガ in betweenの間に, to reduce減らす theその competitionコンペ forために theその trees,
そして、生姜と豆を中間に育て、木々の生存競争を減少させました。
07:18
theその crop作物 fertilizer肥料. Organicオーガニック material材料 is useful有用 forために theその agricultural農業 crops作物,
使った有機農薬は、農産物や人にやさしく、
07:22
forために theその people, butだけど alsoまた、 helps助けて theその trees. Theその farmers農民 have持ってる free無料 land土地,
木々の成長も助けます。住民は自由に使える土地を手にし、
07:27
theその systemシステム yields収量 early早い income所得, theその orangutansオランウータン get取得する healthy健康 foodフード
初期段階での収入源を確保し、オラウータンは健康的な餌を得ました。
07:30
andそして we我々 canできる speed速度 upアップ ecosystem生態系 regeneration再生
そして、生態系の再生過程を早める事にも成功しました。
07:34
whilewhile even偶数 saving貯蓄 some一部 moneyお金.
同時に資金を貯めながら。
07:37
Soそう beautiful綺麗な. What aa theory理論.
すばらしいセオリーでしょう!
07:39
Butだけど is itそれ really本当に thatそれ easy簡単?
でも簡単なことではないんです。
07:41
Notない really本当に, becauseなぜなら ifif you君は looked見た at〜で what happened起こった in 1998,
1998年に何が起こったかを見ていただければわかると思います。
07:44
theその fire火災 started開始した.
火災が起こったんです。
07:47
Thisこの is an areaエリア of about 50 million百万 hectaresヘクタール.
約5千万ヘクターの土地がこれです。
07:49
January1月.
1月
07:51
February2月.
2月
07:53
March行進.
3月
07:55
April4月.
4月
07:57
Mayかもしれない.
5月
07:58
We我々 lost失われた 5.5 million百万 hectaresヘクタール in justちょうど aa matter問題 of aa few少数 months数ヶ月.
550万ヘクターもの土地をたった数ヶ月で失ってしまいました。
07:59
Thisこの is becauseなぜなら we我々 have持ってる 10,000 of thoseそれら underground地下 fires火災
1万もの地下火災が起こったからなんです。
08:03
thatそれ you君は alsoまた、 have持ってる in Pennsylvaniaペンシルベニア hereここに in theその Unitedユナイテッド States.
ここ、アメリカのペンシルベニアでも起こりますよね。
08:06
Andそして once一度 theその soil土壌 gets取得 dried乾燥した, you'reあなたは in aa dryドライ seasonシーズン --- you君は get取得する cracks亀裂,
土壌が干上がって、乾期に入ると、地面にひび割れが生じます。
08:10
oxygen酸素 goes行く in, flames come来る outでる andそして theその problem問題 starts開始する allすべて over以上 again再び.
酸素が入っていって、火災が起こる。ふりだしに戻ってしまうのです。
08:13
Soそう howどうやって to breakブレーク thatそれ cycleサイクル?
このサイクルをどう打破しましょうか?
08:17
Fire火災 is theその biggest最大 problem問題.
火災は一番やっかいな問題です。
08:19
Thisこの is what itそれ looked見た like好きな forために three months数ヶ月.
3ヶ月この状態でした。
08:21
Forために three months数ヶ月, theその automatic自動 lightsライト outside外側 didした notない go行く offオフ
3ヶ月間、自動点灯ライトが消えることはありませんでした。
08:24
becauseなぜなら itそれ wasあった thatそれ darkダーク.
それほどずっと暗かったんです。
08:27
We我々 lost失われた allすべて theその crops作物. Noいいえ children子供 gained得られた weight重量 forために over以上 aa year;
すべての農産物を失い、子供達の体重は1年以上増えず、
08:29
they彼ら lost失われた 12 IQiq pointsポイント. Itそれ wasあった aa disaster災害
IQレベルも低下し、最悪の状態でした。
08:33
forために orangutansオランウータン andそして people.
オラウータンにも住民にも。
08:36
Soそう theseこれら fires火災 are really本当に theその first最初 thingsもの to work作業 on.
火災に対処することが最も重要になるのです。
08:38
Thatそれ wasあった whyなぜ I put置く itそれ asとして aa singleシングル pointポイント upアップ thereそこ.
ですから、ここにキーポイントとして挙げました。
08:41
Andそして you君は need必要 theその local地元 people forために thatそれ becauseなぜなら theseこれら grasslands草原,
地域住民の協力も重要です。
08:44
once一度 they彼ら start開始 burning燃焼 ... Itそれ goes行く throughを通して itそれ like好きな aa windstorm暴風
一旦彼らが草原を焼き始めると、それが風のように広がり、
08:47
andそして you君は lose失う again再び theその last最終 bitビット of ash andそして nutrients栄養素
残された灰や栄養は、雨によって海に流され
08:51
to theその first最初 rainfall降雨 --- going行く to theその sea
失うことになり。海では
08:54
killing殺す offオフ theその coralコーラル reefsサンゴ礁 thereそこ.
サンゴ礁を破壊する原因にもなるのです。
08:56
Soそう you君は have持ってる to do行う itそれ with〜と theその local地元 people.
地域住民との連携が欠かせません。
08:59
Thatそれ is theその short-term短期 solution溶液 butだけど you君は alsoまた、 need必要 aa long-term長期 solution溶液.
これらの短期解決策の他に、長期解決策も必要です。
09:01
Soそう what we我々 didした is, we我々 created作成した
そこで、私たちは
09:04
aa ringリング of sugarシュガー palms手のひら aroundまわり theその areaエリア.
エリアを円状に囲むように砂糖椰子を植えました。
09:06
Theseこれら sugarシュガー palms手のひら turn順番 outでる to be〜する fire-resistant耐火性 ---
砂糖椰子は火に強く
09:09
alsoまた、 flood-resistant耐水性, by〜によって theその way方法 ---
洪水予防になり
09:12
andそして they彼ら provide提供する aa lotロット of income所得 forために local地元 people.
そして、住民の収入源にもなります。
09:14
Thisこの is what itそれ looks外見 like好きな:
このような植物で
09:18
theその people have持ってる to tapタップ themそれら twice二度 aa day --- justちょうど aa millimeterミリメートル sliceスライス ---
小さな切込みを入れて、1日2回、樹液を取り出します。
09:20
andそして theその onlyのみ thingもの you君は harvest収穫 is sugarシュガー water,
二酸化炭素に雨、そして少しの日光から
09:23
carbon炭素 dioxide二酸化炭素, rain fall andそして aa little少し bitビット of sunshine日光.
砂糖水が得られるのです。
09:26
In principle原理, you君は make作る thoseそれら trees into
これらの木を、植物の
09:30
biological生物学的 photovoltaic光起電性 cells細胞.
光電池にしてしまうというのが原理です。
09:32
Andそして you君は canできる create作成する soそう muchたくさん energyエネルギー fromから thisこの ---
たくさんのエネルギーが得られるんですよ。
09:35
they彼ら produce作物 three times moreもっと energyエネルギー per〜ごと hectareヘクタール per〜ごと year,
1年、1ヘクターにつき3倍ものエネルギーを提供してくれます。
09:38
becauseなぜなら you君は canできる tapタップ themそれら on aa daily毎日 basis基礎.
毎日樹液を採取できるからです。
09:43
You君は don'tしない need必要 to harvest収穫 [unclear不明]
他の植物や農産物を
09:45
orまたは anyどれか otherその他 of theその crops作物.
収穫する必要もありません。
09:47
Soそう thisこの is theその combination組み合わせ whereどこで we我々 have持ってる allすべて thisこの genetic遺伝的な potential潜在的な in theその tropics熱帯,
これは、満ち溢れた熱帯の、生態系の可能性と
09:49
whichどの is stillまだ unexploited未踏の, andそして doingやっている itそれ in combination組み合わせ with〜と technology技術.
テクノロジーをうまく組み合わせた結果です。
09:53
Butだけど alsoまた、 yourきみの legal法的 side needsニーズ to be〜する in very非常に good良い order注文.
しかし。成功を導くには、きちんとした法的手続きも必要です。
09:57
Soそう we我々 bought買った thatそれ land土地,
ですから、土地を買い
10:01
andそして hereここに is whereどこで we我々 started開始した our我々の projectプロジェクト ---
そこでプロジェクトを始めたというわけです。
10:03
in theその middle中間 of nowhereどこにも.
全く何もないところから。
10:05
Andそして ifif you君は zoomズーム in aa bitビット you君は canできる see見る thatそれ allすべて of thisこの areaエリア
もう少し拡大してみると、エリア全体が、土の種類によって
10:07
is divided分割された into stripsストリップ thatそれ go行く over以上 different異なる typesタイプ of soil土壌,
分類されているのがご覧いただけると思います。
10:11
andそして we我々 wereあった actually実際に monitoringモニタリング,
そして、資金を費やし
10:14
measuring測定する everyすべて singleシングル tree in theseこれら 2,000 hectaresヘクタール, 5,000 acresエーカー.
2千ヘクター(5千エーカー)の土地に生える全ての木の測定をしています。
10:17
Andそして thisこの forest森林 is quiteかなり different異なる.
この森は別格なんです。
10:23
What I really本当に didした wasあった I justちょうど followed続く nature自然,
私はただ、自然の法則に従いました。
10:26
andそして nature自然 doesn'tしない know知っている monocultures単一の文化,
自然の法則に”単作”は存在せず、
10:28
butだけど aa naturalナチュラル forest森林 is multilayered多層.
”多様性”が不可欠です。
10:31
Thatそれ means手段 thatそれ bothどちらも in theその ground接地 andそして above上の theその ground接地
地中でも地面上でも。
10:34
itそれ canできる make作る betterより良い useつかいます of theその available利用可能な light,
それが、日光の有効利用を可能にし
10:36
itそれ canできる store格納 moreもっと carbon炭素 in theその systemシステム, itそれ canできる provide提供する moreもっと functions機能.
二酸化炭素の貯蓄量を増やして、最大限に機能します。
10:39
Butだけど, it'sそれは moreもっと complicated複雑な. It'sそれは notない thatそれ simple単純, andそして you君は have持ってる to work作業 with〜と theその people.
しかし、それはとても複雑で、ここでも住民との協力が大切になるのです。
10:44
Soそう, justちょうど like好きな nature自然,
そこで、自然界のように
10:48
we我々 alsoまた、 grow成長する fast速い planting植付 trees andそして underneath下の thatそれ,
成長の早い木を植え、その根元には
10:51
we我々 grow成長する theその slowerもっとゆっくり growing成長する, primary-grain一次粒子 forest森林 trees of aa very非常に high高い diversity多様性
成長が遅く、日光を有効活用する、バラエティーに富んだ熱帯樹を
10:54
thatそれ canできる optimally最適に useつかいます thatそれ light. Then次に,
植えました。そして、
11:00
what is justちょうど asとして important重要: get取得する theその right fungi真菌 in thereそこ
忘れてはいけないのが、適した菌類を共生させてやることです。
11:02
thatそれ will意志 grow成長する into thoseそれら leaves, bring持参する backバック theその nutrients栄養素
木の葉が枯れ落ちても、菌類がそれらの分解を助け
11:06
to theその rootsルーツ of theその trees thatそれ have持ってる justちょうど dropped落とした thatそれ leaf within以内 24 hours時間.
葉が落ちてから24時間以内に、再び根に栄養を還元してくれます。
11:09
Andそして they彼ら become〜になる like好きな nutrient栄養素 pumpsパンプス.
やがてこれらが栄養ポンプとなります。
11:13
You君は need必要 theその bacteria細菌 to fix修正する nitrogen窒素,
窒素固定にはバクテリアが必要ですし
11:15
andそして withoutなし thoseそれら microorganisms微生物, you君は won't〜されません have持ってる anyどれか performanceパフォーマンス at〜で allすべて.
それらの微生物なしでは、なんの効果も期待できません。
11:18
Andそして then次に we我々 started開始した planting植付 --- onlyのみ 1,000 trees aa day.
その後、1日1千本の植林を始めました。
11:23
We我々 couldできた have持ってる planted植え付けた manyたくさんの, manyたくさんの moreもっと, butだけど we我々 didn'tしなかった want欲しいです to
もっと多くの木を植えることもできましたが、あえて避けました。
11:27
becauseなぜなら we我々 wanted欲しい to keepキープ theその number of jobsジョブ stable安定した.
長期の安定した労働を保持したかったからです。
11:30
We我々 didn'tしなかった want欲しいです to lose失う theその people
ここで働くことになる住民を
11:33
thatそれ are going行く to work作業 in thatそれ plantationプランテーション.
失いたくなかったのです。
11:36
Andそして we我々 do行う aa lotロット of work作業 hereここに.
とても努力しました。
11:40
We我々 useつかいます indicatorインジケータ plants植物 to look見える at〜で what soil土壌 typesタイプ,
土壌の種類を見分けるために、指標植物を使いました。
11:42
orまたは what vegetables野菜 will意志 grow成長する, orまたは what trees will意志 grow成長する hereここに.
どの野菜や木が育つかを調べてみたんです。
11:45
Andそして we我々 have持ってる monitored監視される everyすべて singleシングル one1 of thoseそれら trees fromから spaceスペース.
1本1本の木を、宇宙からチェックしました。
11:48
Thisこの is what itそれ looks外見 like好きな in reality現実;
実際にはこういった感じです。
11:53
you君は have持ってる thisこの irregular不規則な ringリング aroundまわり itそれ,
100メーター幅の土地を
11:55
with〜と stripsストリップ of 100 metersメートル wideワイド, with〜と sugarシュガー palms手のひら
円状に砂糖椰子で囲むことによって、
11:57
thatそれ canできる provide提供する income所得 forために 648 families家族.
648世帯に収入をもたらしています。
12:01
It'sそれは onlyのみ aa small小さい part of theその areaエリア.
このエリア内には小さな
12:04
Theその nursery保育園, in hereここに, is quiteかなり different異なる.
ユニークな育苗所があります。
12:07
Ifif you君は look見える at〜で theその number of tree species we我々 have持ってる in Europeヨーロッパ, forために instanceインスタンス,
例えば、ヨーロッパ生息する木々の種類と比べてみましょう。
12:10
fromから theその Urals尿 upアップ to Englandイングランド, you君は know知っている howどうやって manyたくさんの?
ウラルからイングランドまでの地域で、どれくらいだと思います?
12:13
165.
165なんです。
12:16
In thisこの nursery保育園, we're私たちは going行く to grow成長する 10 times moreもっと thanより theその number of species.
この育苗所ではその10倍の数の種を育てています。
12:18
Canできる you君は imagine想像する?
驚きでしょう?
12:22
You君は do行う need必要 to know知っている what you君は are workingワーキング with〜と,
扱う植物のことを熟知する事も大切ですが、
12:24
butだけど it'sそれは thatそれ diversity多様性 whichどの makes作る itそれ work作業.
自然界の”多様性”こそが、成功への鍵なのです。
12:26
Thatそれ you君は canできる go行く fromから thisこの zeroゼロ situation状況,
ゼロの状態から改善するためには、
12:29
by〜によって planting植付 theその vegetables野菜 andそして theその trees, orまたは directly直接, theその trees
野菜を育て、草地だったところに
12:32
in theその lines in thatそれ grass thereそこ,
木々を植え
12:36
puttingパッティング upアップ theその bufferバッファ zoneゾーン, producing生産する yourきみの compost堆肥,
緩衝地帯を作り、堆肥を生産し、
12:38
andそして then次に making作る sure確かに thatそれ at〜で everyすべて stageステージ of thatそれ upアップ growing成長する forest森林
そして、どの森林再生段階でも、農産物の生産を
12:41
thereそこ are crops作物 thatそれ canできる be〜する used中古.
確保します。
12:46
In theその beginning始まり, maybe多分 pineapplesパイナップル andそして beans andそして cornコーン;
最初は、パイナップルや豆、とうもろこし。
12:48
in theその second二番 phase段階, thereそこ will意志 be〜する bananasバナナ andそして papayasパパイヤ;
その次に、バナナとパパイヤ。
12:50
later後で on, thereそこ will意志 be〜する chocolateチョコレート andそして chiliesチリ.
その後はカカオやチリ。
12:53
Andそして then次に slowlyゆっくり, theその trees start開始 taking取る over以上,
そして徐々に木が生い茂り、
12:56
bringing持参 in produce作物 fromから theその fruits果物, fromから theその timber木材, fromから theその fuel燃料 wood木材.
フルーツ、木材、薪などの農産物が手に入るようになります、
12:58
Andそして finally最後に, theその sugarシュガー palm手のひら forest森林 takesテイク over以上
最後には、砂糖椰子が成長し、
13:02
andそして provides提供する theその people with〜と permanent永久的な income所得.
永続的な収入源となります。
13:05
On theその top left, underneath下の thoseそれら green stripesストライプ,
左上の、緑色のストライプ下の、
13:07
you君は see見る some一部 white dotsドット --- thoseそれら are actually実際に individual個人 pineappleパイナップル plants植物
白い斑点は、個々のパイナップルの株で、
13:10
thatそれ you君は canできる see見る fromから spaceスペース.
宇宙からでも見えるんです。
13:14
Andそして in thatそれ areaエリア we我々 started開始した growing成長する some一部 acaciaアカシア trees
このエリアには、アカシアの木も育てました。
13:16
thatそれ you君は justちょうど saw見た before.
先ほどお見せしましたよね。
13:21
Soそう thisこの is after one1 year.
さて、これが1年後の様子です。
13:23
Andそして thisこの is after two years.
そして2年後。
13:25
Andそして that'sそれは green. Ifif you君は look見える fromから theその towerタワー ---
これは塔の上から見た図です。
13:27
thisこの is whenいつ we我々 start開始 attacking攻撃 theその grass.
この時期に草の除去に取り掛かりました。
13:30
We我々 plant工場 in theその seedlings
バナナや、パパイヤといった
13:33
mixed混合 with〜と theその bananasバナナ, theその papayasパパイヤ, allすべて theその crops作物 forために theその local地元 people,
地域住民のための農産物の苗木を、植え付け、空いた間隔では
13:35
butだけど theその trees are growing成長する upアップ fast速い in betweenの間に asとして wellよく.
木々がどんどん大きくなります。
13:39
Andそして three years later後で, 137 species of birds are living生活 hereここに.
そして3年後、137種の鳥類の住処となるのです。
13:42
(Applause拍手)
(拍手)
13:45
Soそう we我々 lowered低下した air空気 temperature温度 three to five degrees Celsius摂氏.
そしてさらに、気温を3~5℃下げることにもつながりました。
13:51
Air空気 humidity湿度 is upアップ 10 percentパーセント.
湿度は10%上昇し、
13:55
Cloud coverカバー --- I'm私は going行く to showショー itそれ to you君は --- is upアップ.
後ほどお見せしますが、雲量も増え、
13:57
Rainfall降雨 is upアップ.
降水量が増えました。
13:59
Andそして allすべて theseこれら species andそして income所得.
全てが、収入源につながります。
14:01
Thisこの ecolodgeエコロッジ thatそれ I built建てられた hereここに,
私がここに建てたエコロッジ、
14:03
three years before, wasあった an empty空の, yellow fieldフィールド.
3年前までは褐色の荒野の中にありました。
14:05
Thisこの transponderトランスポンダ thatそれ we我々 operate操作する with〜と theその Europeanヨーロッパ Spaceスペース Agency代理店 ---
欧州宇宙機関と共同でオペレートするこの応答機は
14:08
itそれ gives与える us米国 theその benefit利益 thatそれ everyすべて satellite衛星 thatそれ comes来る over以上 to calibrate校正する itself自体
上空を通過する全ての衛星の情報を処理し、
14:12
is taking取る aa picture画像.
画像にします。
14:16
Thoseそれら picturesピクチャー we我々 useつかいます to analyze分析する howどうやって muchたくさん carbon炭素, howどうやって theその forest森林 is developing現像,
その画像を元に、二酸化炭素量や、森林再生の経過などを分析します。
14:18
andそして we我々 canできる monitorモニター everyすべて tree usingを使用して satellite衛星 imagesイメージ throughを通して our我々の cooperation協力.
この衛星画像を利用して、全ての木々を観察することも可能です。
14:22
We我々 canできる useつかいます theseこれら dataデータ now
そしてこのデータを、
14:28
to provide提供する otherその他 regions地域 with〜と recipesレシピ andそして theその same同じ technology技術.
森再生方法や技術と共に、他の地域に提供できるまでになりました。
14:30
We我々 actually実際に have持ってる itそれ already既に with〜と Googlegoogle Earth地球.
すでにGoogle Earthで利用されています。
14:34
Ifif you君は would〜する useつかいます aa little少し bitビット of yourきみの technology技術 to put置く tracking追跡 devicesデバイス in trucksトラック,
データの変化を処理する技術と、
14:36
andそして useつかいます Googlegoogle Earth地球 in combination組み合わせ with〜と thatそれ,
Google Earthを駆使すれば、
14:40
you君は couldできた directly直接 telltell what palm手のひら oil has持っている beenされている sustainably持続可能な produced生産された,
どのパームオイルが環境にやさしく生産されたか、どの企業が
14:43
whichどの company会社 is stealing窃盗 theその timber木材,
木を切り倒しているのかもわかります。
14:47
andそして you君は couldできた saveセーブ soそう muchたくさん moreもっと carbon炭素
熱帯雨林は地球上最大の
14:50
thanより with〜と anyどれか measure測定 of saving貯蓄 energyエネルギー hereここに.
二酸化炭素貯蔵庫なのです。
14:52
Soそう thisこの is theその Sambojaサンボヤ Lestariレスタリ areaエリア.
これがSamboja地域です。
14:55
You君は measure測定 howどうやって theその trees grow成長する backバック,
森が再生していくのも見て取れますが、
14:58
butだけど you君は canできる alsoまた、 measure測定 theその biodiversity生物多様性 coming到来 backバック.
さらに、生態系の多様性が蘇ってくるのもわかります。
15:00
Andそして biodiversity生物多様性 is an indicatorインジケータ of howどうやって muchたくさん water canできる be〜する balancedバランス,
その多様性によって、どれだけの水または薬草が
15:04
howどうやって manyたくさんの medicines canできる be〜する kept保管 hereここに.
保たれているのかがわかります。
15:08
Andそして finally最後に I made itそれ into theその rain machine機械
そして、私は自然の降水機を作りあげました。
15:11
becauseなぜなら thisこの forest森林 is now creating作成 itsその own自分の rain.
この森自身が雨を降らせているのです。
15:14
Thisこの nearby近所の cityシティ of Balikpapanバリクパパン has持っている aa big大きい problem問題 with〜と water;
近くにあるBalikpapanの町は水に悩まされていました。
15:17
it'sそれは 80 percentパーセント surrounded囲まれた by〜によって seawater海水,
8割を海水に囲まれていて
15:21
andそして we我々 have持ってる now aa lotロット of intrusion侵入 thereそこ.
侵食も多くなってきました。
15:24
Now we我々 looked見た at〜で theその clouds above上の thisこの forest森林;
この森の上空の雲を見てみましょう
15:26
we我々 looked見た at〜で theその reforestation森林再生 areaエリア, theその semi-openセミオープン areaエリア andそして theその open開いた areaエリア.
reinforestエリア、semi-openエリア、openエリアがありますね。
15:29
Andそして look見える at〜で theseこれら imagesイメージ.
このイメージを見てください。
15:33
I'll私はよ justちょうど run走る themそれら very非常に quickly早く throughを通して.
ささっと流してしまいますが、
15:36
In theその tropics熱帯, raindrops雨滴 are notない formed形成された fromから ice crystals結晶,
熱帯では、雨粒は温帯でのように、氷の結晶から
15:38
whichどの is theその case場合 in theその temperate温帯 zonesゾーン,
できるのではなく、
15:41
you君は need必要 theその trees with〜と [unclear不明], chemicals薬品 thatそれ come来る outでる of theその leaves of theその trees
木の葉から放出される物質が雨粒の
15:43
thatそれ initiate開始する theその raindrops雨滴.
もとになるのです。
15:48
Soそう you君は create作成する aa coolクール place場所 whereどこで clouds canできる accumulate累積する,
雲が蓄積されるひんやりとした場所と、木が雨を降らせるのに
15:50
andそして you君は have持ってる theその trees to initiate開始する theその rain.
必要なのです。
15:54
Andそして look見える, there'sそこに now 11.2 percentパーセント moreもっと clouds ---
そして、見てください。3年後には雲が
15:56
already既に, after three years.
11.2%増えました。
16:00
Ifif you君は look見える at〜で rainfall降雨, itそれ wasあった already既に upアップ 20 percentパーセント at〜で thatそれ time時間.
降水量に着目すると、3年目には既に20%増で、
16:02
Let'sさあ look見える at〜で theその next year,
翌年も
16:07
andそして you君は canできる see見る thatそれ thatそれ trend傾向 is continuing続ける.
増え続けています。
16:09
Whereどこで at〜で first最初 we我々 had持っていました aa small小さい capキャップ of higher高い rainfall降雨,
最初は狭い範囲で降水量が増加し、
16:11
thatそれ capキャップ is now widening拡大 andそして getting取得 higher高い.
その範囲は広がり降水量も多くなってきています、
16:14
Andそして ifif we我々 look見える at〜で theその rainfall降雨 patternパターン
雨の降り方ですが、
16:17
above上の Sambojaサンボヤ Lestariレスタリ, itそれ used中古 to be〜する theその driest最も乾いた place場所,
Samboja Lestari上はかつて最も乾いていました。
16:20
butだけど now you君は see見る consistently一貫して see見る aa peakピーク of rain formingフォーミング thereそこ.
しかし現在では、雨量が最も多い地帯になりました。
16:24
Soそう you君は canできる actually実際に change変化する theその climate気候.
実際に天候を変えることは可能なんです。
16:28
Whenいつ thereそこ are tradeトレード winds of courseコース theその effect効果 disappears消える,
もちろん、貿易風の影響で効果は消え去りますが、
16:32
butだけど afterwardsその後, asとして soonすぐに asとして theその wind stabilizes安定化する,
一旦風が落ち着くと、
16:36
you君は see見る again再び thatそれ theその rainfall降雨 peaksピーク come来る backバック above上の thisこの areaエリア.
雨の波が、この地域上に再び現れます。
16:39
Soそう to sayいう itそれ is hopeless絶望的な is notない theその right thingもの to do行う,
「絶望的だ」と言いきってしまうのは、間違っています。
16:43
becauseなぜなら we我々 actually実際に canできる make作る thatそれ difference
実際、現状打破できるのですから。
16:48
ifif you君は integrate統合する theその various様々な technologiesテクノロジー.
あらゆる技術を組み合わせる事で。
16:50
Andそして it'sそれは niceいい to have持ってる theその science科学, butだけど itそれ stillまだ depends依存する mostly主に upon〜に theその people,
サイエンスも大切ですが、大半は住民の協力や、自身の努力や
16:54
on yourきみの education教育.
教育によるものです。
16:58
We我々 have持ってる our我々の farmer農家 schools学校.
農業学校も設立しましたが、
17:00
Butだけど theその realリアル success成功 of courseコース, is our我々の bandバンド ---
一番の成功はやはり、このバンドでしょう。
17:02
becauseなぜなら ifif aa baby赤ちゃん is bornうまれた, we我々 will意志 play遊びます, soそう everyone's誰もが our我々の family家族
赤ちゃんが産まれると、みんなで演奏して歓迎します。
17:04
andそして you君は don'tしない make作る troubleトラブル with〜と yourきみの family家族.
結局は、家族が一番大切なのです。
17:08
Thisこの is howどうやって itそれ looks外見.
さて、これを見ていただくと、
17:10
We我々 have持ってる thisこの road道路 going行く aroundまわり theその areaエリア,
道路がありますよね。そのおかげで
17:12
whichどの bringsもたらす theその people electricity電気 andそして water fromから our我々の own自分の areaエリア.
住民に電力と水を供給できるようになりました。
17:14
We我々 have持ってる theその zoneゾーン with〜と theその sugarシュガー palms手のひら,
砂糖椰子の栽培エリアもありますし、
17:18
andそして then次に we我々 have持ってる thisこの fenceフェンス with〜と very非常に thorny先天性 palms手のひら
トゲ椰子でフェンスも作りました。
17:20
to keepキープ theその orangutansオランウータン --- thatそれ we我々 provide提供する with〜と aa place場所 to liveライブ in theその middle中間 ---
オラウータンの住処を中央に確保し、人間のスペースと
17:22
andそして theその people apart離れて.
隔離するためです。
17:27
Andそして inside内部, we我々 have持ってる thisこの areaエリア forために reforestation森林再生
フェンス内には、森林再生エリアがあり、
17:29
asとして aa gene遺伝子 bankバンク to keepキープ allすべて thatそれ material材料 alive生きている,
生物の育成を保持する、遺伝子バンクの役割があります。
17:31
becauseなぜなら forために theその last最終 12 years
過去12年間
17:34
notない aa singleシングル seedling of theその tropicalトロピカル hardwood広葉樹 trees has持っている grown成長した upアップ
たった一本として熱帯に生息する堅木が育たなかったのです。
17:36
becauseなぜなら theその climatic気候 triggersトリガー have持ってる disappeared消えた.
これも気候変動によるものでした。
17:40
Allすべて theその seeds種子 get取得する eaten食べた.
種はすべて食べられてしまいますし。
17:43
Soそう now we我々 do行う theその monitoringモニタリング on theその inside内部 ---
そこで、内部のモニタリングを徹底します。
17:45
fromから towersタワーズ, satellites衛星, ultralights超軽量.
塔から、衛生から、そしてグライダーから。
17:47
Each of theその families家族 thatそれ have持ってる sold売った their彼らの land土地 now get取得する aa pieceピース of land土地 backバック.
一旦土地を手放した人達は、再び自分達の土地を取り戻し、
17:50
Andそして itそれ has持っている two niceいい fencesフェンス of tropicalトロピカル hardwood広葉樹 trees ---
熱帯樹木のフェンスも作りました。
17:54
you君は have持ってる theその shadeシェード trees planted植え付けた in year one1,
1年目に日陰用の木を植え、
17:58
then次に you君は underplanted植え込まれた with〜と theその sugarシュガー palms手のひら,
その後、砂糖椰子を植えて
18:00
andそして you君は plant工場 thisこの thorny先天性 fenceフェンス.
いばらのフェンスを建てます。
18:03
Andそして after aa few少数 years, you君は canできる remove除去する some一部 of thoseそれら shadeシェード trees.
数年後には、日陰用の木は収穫できるまでになり、
18:05
Theその people get取得する thatそれ acaciaアカシア timber木材 whichどの we我々 have持ってる preserved保存された with〜と theその bamboo peelはがす,
アカシア木材と保存しておいた竹を用いて
18:09
andそして they彼ら canできる buildビルドする aa house, they彼ら have持ってる some一部 fuel燃料 wood木材 to cookクック with〜と.
家を建てたり、火をおこす燃料にもなります。
18:13
Andそして they彼ら canできる start開始 producing生産する fromから theその trees asとして manyたくさんの asとして they彼ら like好きな.
この木材のおかげで、たくさんの事が可能になり、
18:16
They彼ら have持ってる enough十分な income所得 forために three families家族.
3家族分の収入をも、もたらします。
18:20
Butだけど whateverなんでも you君は do行う in thatそれ programプログラム, itそれ has持っている to be〜する fully完全に supportedサポートされる by〜によって theその people,
このプログラムは、すべてにおいて住民のサポートが大切です。
18:24
meaning意味 thatそれ you君は alsoまた、 have持ってる to adjust調整する itそれ to theその local地元, cultural文化的 values.
すなわち、地域や文化に適したものでなければいけません。
18:28
Thereそこ is noいいえ simple単純 one1 recipeレシピ forために one1 place場所.
それぞれの土地に適応したレシピが必要です。
18:32
You君は alsoまた、 have持ってる to make作る sure確かに thatそれ itそれ is very非常に difficult難しい to corrupt破損した ---
綿密に
18:36
thatそれ it'sそれは transparentトランスペアレント.
必要があります。
18:40
Like好きな hereここに, in Sambojaサンボヤ Lestariレスタリ,
Samboja Lestariの場合、
18:42
we我々 divide分ける thatそれ ringリング in groupsグループ of 20 families家族.
1区域の土地を20家族に分けました。
18:44
Ifif one1 memberメンバー trespasses不法侵入 theその agreement契約,
もし、1人が約束を破って
18:47
andそして doesする cutカット downダウン trees,
木を伐採したら、
18:49
theその otherその他 19 membersメンバー have持ってる to decide決めます what's何ですか going行く to happen起こる to him.
ほかの19家族が、その1人の処分を考えます。
18:51
Ifif theその groupグループ doesn'tしない take取る actionアクション,
もしグループが何もしなかったら、
18:54
theその otherその他 33 groupsグループ have持ってる to decide決めます what is going行く to happen起こる to theその groupグループ
ほかの33のグループが計画を乱しているグループの
18:56
thatそれ doesn'tしない comply遵守する with〜と thoseそれら greatすばらしいです dealsお得 thatそれ we我々 are offering募集 themそれら.
処分を考えます。
19:00
In North Sulawesiスラウェシ島 itそれ is theその cooperative協力的 ---
協調性のある
19:04
they彼ら have持ってる aa democratic民主的 culture文化 thereそこ,
民主的な文化では
19:07
soそう thereそこ you君は canできる useつかいます theその local地元 justice正義 systemシステム to protect保護する yourきみの systemシステム.
その地域の道徳を生かして、計画を練るとよいでしょう。
19:09
In summary概要, ifif you君は look見える at〜で itそれ, in year one1 theその people canできる sell売る their彼らの land土地
まとめると、1年目に住民は土地を売って、収入を得ます。
19:14
to get取得する income所得, butだけど they彼ら get取得する jobsジョブ backバック in theその construction建設 andそして theその reforestation森林再生,
そして、彼らに建設業や森林再生の仕事や、オラウータンの世話
19:17
theその workingワーキング with〜と theその orangutansオランウータン, andそして they彼ら canできる useつかいます theその waste廃棄物 wood木材 to make作る handicraft手芸.
木工工芸品作成の仕事に就いてもらいます。
19:22
They彼ら alsoまた、 get取得する free無料 land土地 in betweenの間に theその trees,
植林した木の間の土地は無償で住民に返し、
19:26
whereどこで they彼ら canできる grow成長する their彼らの crops作物.
農作物を育ててもらいます。
19:29
They彼ら canできる now sell売る part of thoseそれら fruits果物 to theその orangutanオランウータン projectプロジェクト.
育った果物の一部はオラウータン救済計画が買い取ります。
19:31
They彼ら get取得する building建物 material材料 forために houses,
建築材も手に入りますし、
19:35
aa contract契約する forために selling販売 theその sugarシュガー,
砂糖椰子を売る契約もできます。
19:37
soそう we我々 canできる produce作物 huge巨大 amounts金額 of ethanolエタノール andそして energyエネルギー locallyローカルに.
その結果、地域で燃料を作り出すことが可能になります。
19:39
They彼ら get取得する allすべて theseこれら otherその他 benefits利点: environmentally環境的に, moneyお金,
環境改善をしながら、お金や教育などの利益が得られる
19:43
they彼ら get取得する education教育 --- it'sそれは aa greatすばらしいです deal対処.
すばらしい計画なのです。
19:46
Andそして everythingすべて is basedベース upon〜に thatそれ one1 thingもの ---
すべては1つの理念に基づいています。
19:48
make作る sure確かに thatそれ forest森林 remains残っている thereそこ.
森を守るということです。
19:51
Soそう ifif we我々 want欲しいです to help助けて theその orangutansオランウータン ---
オラウータンを助けたかったら、
19:54
what I actually実際に setセット outでる to do行う ---
これは私が実際やったことですが、
19:57
we我々 must必須 make作る sure確かに thatそれ theその local地元 people are theその onesもの thatそれ benefit利益.
地域の人々こそに、利益がある計画を立てることが大切です。
20:00
Now I think思う theその realリアル keyキー to doingやっている itそれ, to give与える aa simple単純 answer回答,
シンプルですが、一番のキーポイントは
20:04
is integration統合.
"調和"です。
20:08
I hope希望 --- ifif you君は want欲しいです to know知っている moreもっと, you君は canできる read読む moreもっと.
詳しく知りたい方はもっと読んでみてください。
20:10
(Applause拍手)
(拍手)
20:14
Translated by Akari Takenishi
Reviewed by Hikari Fukuda

▲Back to top

About the speaker:

Willie Smits - Conservationist
Willie Smits has devoted his life to saving the forest habitat of orangutans, the "thinkers of the jungle." As towns, farms and wars encroach on native forests, Smits works to save what is left.

Why you should listen

Willie Smits works at the complicated intersection of humankind, the animal world and our green planet. In his early work as a forester in Indonesia, he came to a deep understanding of that triple relationship, as he watched the growing population of Sulawesi move into (or burn for fuel) forests that are home to the orangutan. These intelligent animals were being killed for food, traded as pets or simply failing to thrive as their forest home degraded.

Smits believes that to rebuild orangutan populations, we must first rebuild their forest habitat -- which means helping local people find options other than the short-term fix of harvesting forests to survive. His Masarang Foundation raises money and awareness to restore habitat forests around the world -- and to empower local people. In 2007, Masarang opened a palm-sugar factory that uses thermal energy to turn sugar palms (fast-growing trees that thrive in degraded soils) into sugar and even ethanol, returning cash and power to the community and, with luck, starting the cycle toward a better future for people, trees and orangs.

More profile about the speaker
Willie Smits | Speaker | TED.com