English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2002

Dean Kamen: To invent is to give

ディーン・ケーメン : 奉仕の発明

Filmed
Views 689,209

発明家ディーン・ケーメンは、セグウェイに関する持論を述べ、今取り組んでいる次の大きなアイディアの一部を紹介します。 (発展途上国で利用可能なエネルギー源と水の浄化装置)

- Inventor
Dean Kamen landed in the limelight with the Segway, but he has been innovating since high school, with more than 150 patents under his belt. Recent projects include portable energy and water purification for the developing world, and a prosthetic arm for maimed soldiers. Full bio

Asとして you君は pointed尖った outでる, everyすべて time時間 you君は come来る hereここに, you君は learn学ぶ something何か.
仰る通り ここではいつも
何か学ばされます
00:24
Thisこの morning, theその world's世界の experts専門家
今朝 確か
00:28
fromから I guess推測 three orまたは four4つの different異なる companies企業 on building建物 seats,
椅子を作る企業の内
3、4社から専門家が集まり
00:30
I think思う concluded結論 thatそれ ultimately最終的に, theその solution溶液 is, people shouldn'tすべきではない sit座る downダウン.
最終的に人々は座るべきではない
と結論付けたと思います
00:34
I couldできた have持ってる told言った themそれら thatそれ.
私からそう申し上げても良かったのですが
00:39
(Laughter笑い)
(笑)
00:41
Yesterday昨日, theその automotive自動車 guysみんな gave与えた us米国 some一部 new新しい insights洞察.
昨日は自動車業界の人達から
新しい洞察を得ました
00:43
They彼ら pointed尖った outでる thatそれ, I believe信じる itそれ wasあった betweenの間に 30 andそして 50 years fromから today今日,
30年から50年後 自動車の運転は
00:49
they彼ら will意志 be〜する steering操舵 cars by〜によって wire,
電子制御になるという指摘です
00:55
withoutなし allすべて thatそれ mechanical機械的 stuffもの.
機械的な機構を介さずに
00:58
(Laughter笑い)
(笑)
01:00
That'sそれは reassuring安心する.
これは心強いですね
01:02
(Applause拍手)
(拍手)
01:04
They彼ら then次に pointed尖った outでる thatそれ there'd赤い be〜する, sortソート of, theその otherその他 controlsコントロール by〜によって wire,
そして機械的機構がなくなる代わりに
01:08
to get取得する rid除去する of allすべて thatそれ mechanical機械的 stuffもの.
電線が使われると言います
01:13
That'sそれは prettyかなり good良い, butだけど whyなぜ notない get取得する rid除去する of theその wiresワイヤー?
素晴らしい話ですが
電線もなくしてしまいたいですよね?
01:15
Then次に you君は don'tしない need必要 anything何でも to controlコントロール theその car, exceptを除いて thinking考え about itそれ.
車を使うのに何も必要なくなります
ただ考えればいいのです
01:20
I would〜する love to talkトーク about theその technology技術,
私は技術について話すのが大好きです
01:28
andそして sometimeいつか, in what's何ですか past過去 theその 15 minutes,
そして時には
いままでの15分間のように
01:30
I'll私はよ be〜する happyハッピー to talkトーク to allすべて theその techno-geeksテクノギークス aroundまわり hereここに
ここにいる技術マニアの人達に
01:34
about what's何ですか in hereここに.
これの中身について話したいです
01:36
Butだけど ifif I had持っていました one1 thingもの to sayいう about thisこの, before we我々 get取得する to first最初,
しかし これに関して
1つだけ話をするとしたら
01:40
itそれ would〜する be〜する thatそれ fromから theその time時間 we我々 started開始した building建物 thisこの,
これを作り始めた時の話をしましょう
01:44
theその big大きい ideaアイディア wasn'tなかった theその technology技術.
着想の中心は技術ではありませんでした
01:50
Itそれ really本当に wasあった aa big大きい ideaアイディア in technology技術 whenいつ we我々 started開始した applying申請中 itそれ
障害者のための車椅子iBOTに
この技術を適用したときには
01:52
in theその iBOTibot forために theその disabled無効 communityコミュニティ.
技術が中心的でした
01:55
Theその big大きい ideaアイディア hereここに is, I think思う, aa new新しい pieceピース of aa solution溶液
しかし これの着想の中心は
01:57
to aa fairlyかなり big大きい problem問題 in transportation交通.
交通問題に対する
新しい解決策だと思います
02:03
Andそして maybe多分 to put置く thatそれ in perspective視点: there'sそこに soそう muchたくさん dataデータ on thisこの,
この問題に関する情報はあまりにも多く
様々な形で
02:07
I'll私はよ be〜する happyハッピー to give与える itそれ to you君は in different異なる formsフォーム.
皆さんに提供できます
02:12
You君は never決して know知っている what strikesストライク theその fancyファンシー of whom,
誰がどんなことに感銘を覚えるかは
分かりませんが
02:14
butだけど everybodyみんな is perfectly完全に willing喜んで to believe信じる theその car changedかわった theその world世界.
皆 自動車は世界を変えたと
信じていると思います
02:17
Andそして Henryヘンリー Fordフォード, justちょうど about 100 years ago, started開始した crankingクランキング outでる Modelモデル TsTS.
100年程前 ヘンリー・フォードは
T型フォードを作り始めました
02:22
What I don'tしない think思う most最も people think思う about
しかし 多くの人は この技術が
02:26
is theその contextコンテキスト of howどうやって technology技術 is applied適用された.
どのような状況で適用されたか
考えていないでしょう
02:28
Forために instanceインスタンス, in thatそれ time時間, 91 percentパーセント of Americaアメリカ
例えば 当時のアメリカの人口の91%は
02:32
lived住んでいました eitherどちらか on farms農場 orまたは in small小さい towns.
農場や小さな町に住んでいました
02:35
Soそう, theその car ---
自動車の出現 すなわち―
02:38
theその horseless馬鹿な carriageキャリッジ thatそれ replaced置き換えられた theその horseうま andそして carriageキャリッジ --- wasあった aa big大きい deal対処;
馬と馬車を置き換えた
馬なしの馬車は大事件でした
02:41
itそれ went行った twice二度 asとして fast速い asとして aa horseうま andそして carriageキャリッジ.
それは馬車の2倍の早さで移動でき
02:45
Itそれ wasあった halfハーフ asとして long長いです.
全長は半分
02:47
Andそして itそれ wasあった an environmental環境 improvement改善, becauseなぜなら, forために instanceインスタンス,
それはまた環境に優しい乗り物でした
例えば―
02:49
in 1903 they彼ら outlawed不法 horses andそして buggiesバギー in downtownダウンタウン Manhattanマンハッタン,
マンハッタンのダウンタウンでは
1903年に馬の乗り入れが禁止されました
02:53
becauseなぜなら you君は canできる imagine想像する what theその roads道路 look見える like好きな
何百万頭もの馬が行き来する道路が
どうなるか
02:58
whenいつ you君は have持ってる aa million百万 horses,
想像するのは簡単だと思います
03:01
andそして aa million百万 of themそれら urinating排尿する andそして doingやっている otherその他 thingsもの,
何百万頭もの馬の
排尿やその他の行為で
03:04
andそして theその typhoid腸チフス andそして otherその他 problems問題 created作成した wereあった almostほぼ unimaginable想像を絶する.
引き起こされる腸チフス等の問題は
想像を絶するものでした
03:08
Soそう theその car wasあった theその cleanクリーン environmental環境 alternative代替 to aa horseうま andそして buggyバギー.
車は馬や馬車に対する
環境に優しい代替手段でした
03:14
Itそれ alsoまた、 wasあった aa way方法 forために people to get取得する fromから their彼らの farmファーム to aa farmファーム,
それはまた人々が農場から別の農場へ
農場から町へ ―
03:18
orまたは their彼らの farmファーム to aa townタウン, orまたは fromから aa townタウン to aa cityシティ.
町から大きな町へと移動する手段でした
03:22
Itそれ allすべて made senseセンス, with〜と 91 percentパーセント of theその people living生活 thereそこ.
91%の人が農場で生活していた時代には
すべて当然のことでした
03:25
By〜によって theその 1950ss, we我々 started開始した connecting接続する allすべて theその towns together一緒に
1950年代になると
町を道路でつなげるようになりました
03:30
with〜と what aa lotロット of people claim請求 is theその eighth第8 wonderワンダー of theその world世界, theその highwayハイウェイ systemシステム.
多くの人が世界の8番目の不思議とよぶ
高速道路網のことです
03:34
Andそして itそれ is certainly確かに aa wonderワンダー.
そしてこれは確かに驚くべき偉業です
03:38
Andそして by〜によって theその way方法, asとして I take取る shotsショット at〜で old古い technologiesテクノロジー,
ところで 古い技術を話題にする際
皆さんに―
03:41
I want欲しいです to assure保証する everybodyみんな, andそして particularly特に theその automotive自動車 industry業界 ---
特に我々をサポートしてくれている
自動車業界の方々に対して
03:45
who'sだれの beenされている very非常に supportive支持的な of us米国 ---
確認しておきたいことがあります
03:49
thatそれ I don'tしない think思う thisこの in anyどれか way方法 competes競争する with〜と airplanes飛行機, orまたは cars.
それはこの乗り物が飛行機や自動車と
競合しないということです
03:51
Butだけど think思う about whereどこで theその world世界 is today今日.
ただ今日の世界の状勢を
考えてみてください
03:59
50 percentパーセント of theその globalグローバル population人口 now lives人生 in cities都市.
全人口の50%が都市で生活しています
04:03
That'sそれは 3.2 billion people.
それは32億人に相当します。
04:06
We've私たちは solved解決した allすべて theその transportation交通 problems問題
我々は交通に関する問題を
04:10
thatそれ have持ってる changedかわった theその world世界 to get取得する itそれ to whereどこで we我々 are today今日.
全て解決し 世界を変え
今のこの世界にいます
04:12
500 years ago, sailingセーリング ships started開始した getting取得 reliable信頼性のある enough十分な;
500年前に帆船が十分実用的になり
04:15
we我々 found見つけた aa new新しい continent大陸.
我々は新しい大陸を発見しました
04:18
150 years ago, locomotives機関車 got持っている efficient効率的な enough十分な, steam蒸気 powerパワー,
150年前 蒸気機関車が十分効率的になり
04:20
thatそれ we我々 turned回した theその continent大陸 into aa country.
大陸が国家に変わりました
04:24
Over以上 theその last最終 hundred years, we我々 started開始した building建物 cars,
100年前から我々は自動車を作り始め
04:27
andそして then次に over以上 theその 50 years we've私たちは connected接続された everyすべて cityシティ to everyすべて otherその他 cityシティ
50年をかけとても効率的な方法で
04:30
in an extraordinarily異常に efficient効率的な way方法,
全ての都市をつなぎました
04:33
andそして we我々 have持ってる aa very非常に high高い standard標準 of living生活 asとして aa consequence結果 of thatそれ.
その結果 非常に高い水準の
生活を享受しています
04:35
Butだけど during thatそれ entire全体 processプロセス, moreもっと andそして moreもっと people have持ってる beenされている bornうまれた,
しかし その過程で
より多くの人が生まれ より多くの人が―
04:38
andそして moreもっと andそして moreもっと people are moving動く to cities都市.
都市に移住しました
04:43
China中国 alone単独で is going行く to move動く four4つの to six6 hundred million百万 people
中国単独でも 4億から6億人の人々が
今後15年で
04:45
into cities都市 in theその next decade10年 andそして aa halfハーフ.
都市に移動すると考えられます
04:49
Andそして soそう, nobody誰も, I think思う, would〜する argue主張する thatそれ airplanes飛行機, in theその last最終 50 years,
そして飛行機がここ50年で大陸や国々を
04:53
have持ってる turned回した theその continent大陸 andそして theその country now into aa neighborhoodご近所.
隣人同士に変えたことに
誰も異論はありません
04:59
Andそして ifif you君は justちょうど look見える at〜で howどうやって technology技術 has持っている beenされている applied適用された,
技術の使われ方を見ると
05:03
we've私たちは solved解決した allすべて theその long-range長距離, high-speed高速, high-volume大音量,
長距離、高速、大量、重量物の
移動に関する問題は
05:05
large-weight大重量 problems問題 of moving動く thingsもの aroundまわり.
全て解決したと言えます
05:09
Nobody誰も would〜する want欲しいです to give与える themそれら upアップ.
誰もそれを手放さないでしょう
05:12
Andそして I certainly確かに wouldn'tしないだろう want欲しいです to give与える upアップ myじぶんの airplane飛行機,
私も 飛行機、ヘリコプター
05:14
orまたは myじぶんの helicopterヘリコプター, orまたは myじぶんの Humveeハムベ, orまたは myじぶんの Porscheポルシェ.
SUVやポルシェを
手放したいとは思いません
05:17
I love themそれら allすべて. I don'tしない keepキープ anyどれか of themそれら in myじぶんの living生活 roomルーム.
それらは大切で
居間の飾り物ではありません
05:21
Theその fact事実 is, theその last最終 mileマイル is theその problem問題,
しかし 実際は最後の1マイルが
問題として残っています
05:24
andそして halfハーフ theその world世界 now lives人生 in dense高密度 cities都市.
現在 全人口の半分は
密度の高い都市に住み
05:29
Andそして people spend費やす, depending依存する on who they彼ら are,
人々は 個人差はありますが
05:32
betweenの間に 90 andそして 95 percentパーセント of their彼らの energyエネルギー getting取得 aroundまわり on foot.
90から95%のエネルギーを
歩いての移動に費やしています
05:34
I think思う there'sそこに --- I don'tしない know知っている what dataデータ would〜する impress印象づける you君は,
どのようなデータに
興味をもたれるか分かりませんが
05:39
butだけど howどうやって about, 43 percentパーセント of theその refined洗練された fuel燃料 produced生産された in theその world世界
例えば 世界中で生産される燃料の43%は
05:42
is consumed消費された by〜によって cars in metropolitanメトロポリタン areasエリア in theその Unitedユナイテッド States.
米国の都市近郊における
車での移動で消費されています
05:48
Three million百万 people die死ぬ everyすべて year in cities都市 due支払う to bad悪い air空気,
そして都市では 300万人の人々が毎年
汚れた空気が原因で死亡しています
05:54
andそして almostほぼ allすべて particulate微粒子 pollution汚染 on thisこの planet惑星
この地球の粒子状物質による
汚染の大半を
05:59
is produced生産された by〜によって transportation交通 devicesデバイス, particularly特に sitting座っている in cities都市.
輸送機械 特に都市での移動用のものが
生じています
06:02
Andそして again再び, I sayいう thatそれ notない to attack攻撃 anyどれか industry業界,
繰り返しますが 私は特定の業界を
批判するつもりはありません
06:07
I think思う --- I really本当に do行う --- I love myじぶんの airplane飛行機,
飛行機は大好きですし
06:11
andそして cars on highwaysハイウェイ moving動く 60 milesマイル an hour時間
高速道路を時速60マイルで
移動する自動車は
06:14
are extraordinarily異常に efficient効率的な,
技術的な観点からも
06:17
bothどちらも fromから an engineeringエンジニアリング pointポイント of view見る,
エネルギー消費や実用性の観点からも
06:19
an energyエネルギー consumption消費 pointポイント of view見る, andそして aa utilityユーティリティー pointポイント of view見る.
非常に効率の高いものです
06:22
Andそして we我々 allすべて love our我々の cars, andそして I do行う.
皆 車を気に入っていて
私自身もそうです
06:25
Theその problem問題 is, you君は get取得する into theその cityシティ andそして you君は want欲しいです to go行く four4つの blocksブロック,
しかし 都市のなかで
4ブロックほど移動したいとき
06:28
it'sそれは neitherどちらも fun楽しい norまた efficient効率的な norまた productive生産的な.
車は楽しくも、効率的でも、
生産的でもありません
06:32
It'sそれは notない sustainable持続可能な.
持続可能でもありません
06:35
Ifif --- in China中国, in theその year 1998, 417 million百万 people used中古 bicycles自転車;
中国では1998年時点で
4億1700万人が自転車を使い
06:37
1.7 million百万 people used中古 cars.
170万人が自動車を使っていました
06:43
Ifif five percentパーセント of thatそれ population人口 becameなりました, quote見積もり, middle中間 classクラス,
もし人口の5%がいわゆる中間層となり
06:47
andそして wanted欲しい to go行く theその way方法 we've私たちは gone行った in theその last最終 hundred years
我々が過去100年間 歩んできたような
生活を選んだとして
06:51
at〜で theその same同じ time時間 thatそれ 50 percentパーセント of their彼らの population人口 are moving動く into cities都市
同時に人口の50%が
6週毎に
06:56
of theその sizeサイズ andそして density密度 of Manhattanマンハッタン, everyすべて six6 weeks ---
マンハッタンと同じ面積と人口密度を
持つ都市に流入すると
06:59
itそれ isn'tない sustainable持続可能な environmentally環境的に;
環境的に持続不可能です
07:03
itそれ isn'tない sustainable持続可能な economically経済的に --- thereそこ justちょうど ain'tない enough十分な oil ---
それは経済的にも不可能です
単純に石油が足りません
07:05
andそして it'sそれは notない sustainable持続可能な politically政治的に.
そして 政治的にも持続不可能です
07:09
I mean平均, what are we我々 fighting戦う over以上 right now?
我々は今 何のために争っていますか?
07:11
We我々 canできる make作る itそれ complicated複雑な, butだけど what's何ですか theその world世界 fighting戦う over以上 right now?
問題を複雑にすることもできますが
今 世界は何を巡り争っていますか?
07:13
Soそう itそれ seemed見えた to me thatそれ somebody誰か had持っていました to work作業 on thatそれ last最終 mileマイル,
私には 誰かが最後の1マイルの問題を
解決しなければばらないように見えました
07:17
andそして itそれ wasあった dumbダム luck. We我々 wereあった workingワーキング on iBOTsイボット,
そして幸い 私はiBOTを開発していました
07:24
butだけど once一度 we我々 made thisこの, we我々 instantly即座に decided決定しました
iBOTが出来た時に気付きました
07:27
itそれ couldできた be〜する aa greatすばらしいです alternative代替 to jetジェット skisスキー. You君は don'tしない need必要 theその water.
これは水を必要としない
ジェットスキーになると
07:29
Orまたは snowmobilesスノーモービル. You君は don'tしない need必要 theその snow.
あるいは雪を必要としないスノーモービル
07:33
Orまたは skiingスキー. It'sそれは justちょうど fun楽しい, andそして people love to move動く aroundまわり doingやっている fun楽しい thingsもの.
あるいはスキー それはただ楽しく
人々はレジャーとして動きまわるのが好きです
07:35
Andそして everyすべて one1 of thoseそれら industries産業, by〜によって theその way方法 ---
そして今上げた産業の全てが―
07:42
justちょうど golfゴルフ cartsカート alone単独で is aa multi-billion-dollar数十億ドル industry業界.
ゴルフカートだけをとっても
何十億ドルというビジネスです
07:44
Butだけど ratherむしろ thanより go行く licenseライセンス thisこの offオフ, whichどの is what we我々 normally通常は do行う,
しかし これを通常通り
ライセンスする代わりに
07:47
itそれ seemed見えた to me thatそれ ifif we我々 put置く allすべて our我々の effort努力 notない into theその technology技術,
また技術に全精力をつぎ込む代わりに
07:50
butだけど into an understanding理解 of aa world世界 that'sそれは solved解決した allすべて itsその otherその他 problems問題,
今の世の中を理解する手段として
使おうと思いました
07:54
butだけど has持っている somehow何とか come来る to accept受け入れる thatそれ cities都市 --- whichどの,
世界の問題がほとんど解決された今でも
都市の問題はそのまま残されています
07:58
right backバック fromから ancient古代 Greeceギリシャ on, wereあった meant意味した to walk歩く aroundまわり,
古代ギリシャ時代から
都市の移動手段は徒歩で
08:03
cities都市 thatそれ wereあった architected建築された andそして built建てられた forために people ---
徒歩に適するよう設計されていました
08:06
now have持ってる aa footprintフットプリント thatそれ,
今は違います
08:09
whilewhile we've私たちは solved解決した everyすべて otherその他 transportation交通 problem問題 ---
他の交通問題は全て解決済です
08:11
andそして it'sそれは like好きな Moore'sムーア law法律.
まるでムーアの法則のように
08:13
I mean平均, look見える at〜で theその time時間 itそれ took取った to crossクロス aa continent大陸 in aa Conestogaコーステガ wagonワゴン,
ほろ馬車で大陸を横断するのに
要する時間と 鉄道や飛行機を
08:15
then次に on aa railroad鉄道, then次に an airplane飛行機.
利用した場合を比べてみてください
08:20
Everyすべて otherその他 form of transportation's交通機関 beenされている improved改善された.
ほとんど全ての
交通手段は改善されましたが
08:23
In 5,000 years, we've私たちは gone行った backwards後方に in getting取得 aroundまわり cities都市.
5000年の間に都市のなかの
移動手段は退行しました
08:27
They've彼らは gotten得た biggerより大きい; they're彼らは spread普及 outでる.
都市は大きくなり
広がりました
08:31
Theその most最も expensive高価な realリアル estateエステート on thisこの planet惑星 in everyすべて cityシティ ---
この地球の都市で
最も高価な不動産の中で―
08:34
Wilshireウィルシャー Boulevard大通り, orまたは Fifth五番目 Avenueアベニュー, orまたは Tokyo東京, orまたは Parisパリ ---
ロサンゼルスのウィルシャ-ブルバード、
ニューヨークの五番街、東京、パリ ―
08:39
theその most最も expensive高価な realリアル estateエステート is their彼らの downtownsダウンタウン.
もっとも高価な場所はダウンタウンです
08:43
65 percentパーセント of theその landmass陸地 of our我々の cities都市 are parked駐車した cars.
世界中で最も大きな20の都市で
土地面積の65%が
08:46
Theその 20 largest最大 cities都市 in theその world世界.
駐車場に使われています
08:50
Soそう you君は wonderワンダー, what ifif cities都市 couldできた give与える to their彼らの pedestrians歩行者
都市の歩行者に
都市間の移動と同じ利便性を
08:52
what we我々 take取る forために granted付与された asとして we我々 now go行く betweenの間に cities都市?
与えることができたら
どうなるでしょうか?
08:57
What ifif you君は couldできた make作る themそれら fun楽しい, attractive魅力的, cleanクリーン,
その手段を楽しくて、魅力的で
クリーンで、環境に優しく
09:01
environmentally環境的に friendlyフレンドリーな?
出来たらとうでしょうか?
09:05
What ifif itそれ would〜する make作る itそれ aa little少し bitビット moreもっと palatable口当たりの良い
もう少し これを使いやすい環境にし
09:09
to have持ってる accessアクセス via経由 thisこの, asとして thatそれ last最終 linkリンク to mass質量 transitトランジット,
大量輸送の最後のリンクとして
使用することが出来れば
09:12
to get取得する outでる to yourきみの cars soそう we我々 canできる allすべて liveライブ in theその suburbs郊外
皆 車を使える郊外に家をもち
09:18
andそして useつかいます our我々の cars theその way方法 we我々 want欲しいです,
本来の用途で車を利用し
09:21
andそして then次に have持ってる our我々の cities都市 energized励まされた again再び?
都市部を活性化できるのでは
ないでしょうか?
09:23
We我々 thought思想 itそれ would〜する be〜する really本当に neatきちんとした to do行う thatそれ,
実現すれば本当に素晴らしいと思います
09:28
andそして one1 of theその problems問題 we我々 really本当に wereあった worried心配している about
そこで我々が特に頭を悩ませたのは
09:30
is: howどうやって do行う we我々 get取得する legal法的 on theその sidewalk歩道?
どうしたら歩道の利用が
合法的になるか?でした
09:32
Becauseなぜなら technically技術的に I've私は got持っている motorsモーター; I've私は got持っている wheels車輪 --- I'm私は aa motorモーター vehicle車両.
これは 技術的にはモーターと
車輪があるため乗り物になります
09:35
I don'tしない look見える like好きな aa motorモーター vehicle車両.
実際は乗り物のようには見えません
09:39
I have持ってる theその same同じ footprintフットプリント asとして aa pedestrian歩行者;
利用する面積は歩行者と同じです
09:41
I have持ってる theその same同じ uniqueユニークな capability能力
混雑のなかでも他の歩行者と
09:43
to deal対処 with〜と otherその他 pedestrians歩行者 in aa crowded混雑した spaceスペース.
共存する能力を有します
09:47
I took取った thisこの downダウン to Ground接地 Zeroゼロ,
私はこれをグランドゼロに持ち込んで
09:49
andそして knockedノックアウト myじぶんの way方法 throughを通して crowds群衆 forために an hour時間.
歩行者の中を1時間ほど移動しました
09:51
I'm私は aa pedestrian歩行者. Butだけど theその law法律 typically典型的には lags遅れ technology技術 by〜によって aa generation世代 orまたは two,
実際のところ私は歩行者ですが
法律は大抵 技術に1・2世代遅れています
09:54
andそして ifif we我々 get取得する told言った we我々 don'tしない belong属する on theその sidewalk歩道, we我々 have持ってる two choices選択肢.
歩道での利用が許可されない場合は
2つの選択肢がありました
09:59
We're私たちは aa recreationalレクリエーション vehicle車両 thatそれ doesn'tしない really本当に matter問題,
1つは 娯楽用の乗り物にする
10:05
andそして I don'tしない spend費やす myじぶんの time時間 doingやっている thatそれ kind種類 of stuffもの.
しかし 私は娯楽用の乗り物に
時間を掛ける気はありません
10:07
Orまたは maybe多分 we我々 should〜すべき be〜する outでる in theその street通り
もう1つは車道を移動すること
10:12
in frontフロント of aa Greyhoundグレイハウンド busバス orまたは aa vehicle車両.
グレイハウンドバスや
自動車の前を走るということです
10:14
We've私たちは beenされている soそう concerned心配している about thatそれ,
この問題は本当に心配だったので
10:18
we我々 went行った to theその Postmaster郵便局長 General一般 of theその Unitedユナイテッド States,
米国の郵政長官のところに行きました
10:20
asとして theその first最初 person we我々 everこれまで showed示した on theその outside外側,
これを最初に公開した
外部の人の一人です
10:22
andそして said前記, "Put置く yourきみの people on itそれ. Everybodyみんな trusts信託 their彼らの postman郵便配達員.
そして「これを使ってください
郵便局員は信頼されてますし
10:25
Andそして they彼ら belong属する on theその sidewalks歩道, andそして they'll彼らは useつかいます itそれ seriously真剣に."
彼らは歩道を移動し これを真面目に
仕事に利用してくれます」と言いました
10:29
He agreed同意した. We我々 went行った to aa number of police警察 departments部門
長官は同意しました
また 警官を市民の身近に―
10:34
thatそれ want欲しいです their彼らの police警察 officers役員 backバック in theその neighborhoodご近所
戻したいと考える警察署にも行きました
10:37
on theその beatビート, carrying運ぶ 70 poundsポンド of stuffもの. They彼ら love itそれ.
70 ポンドの装備を載せることも出来
気にいるに違いありません
10:39
Andそして I can'tできない believe信じる aa policeman警官 is going行く to give与える themselves自分自身 aa ticketチケット.
そして警官が自分に違反切符を
切るとは思えません
10:43
(Laughter笑い)
(笑)
10:47
Soそう we've私たちは beenされている workingワーキング really本当に, really本当に hardハード,
本当に一生懸命働きました
10:50
butだけど we我々 knew知っていた thatそれ theその technology技術 would〜する notない be〜する asとして hardハード to develop開発する
しかし 技術の開発は
真に重要なことと
10:52
asとして an attitude姿勢 about what's何ですか important重要, andそして howどうやって to apply適用する theその technology技術.
技術の適用方法を浸透させる事ほど
難しくないのは分かっていました
10:55
We我々 went行った outでる andそして we我々 found見つけた some一部 visionary先見の明 people
我々は先見の明があり
設計・開発を進める
11:00
with〜と enough十分な moneyお金 to let〜する us米国 design設計 andそして buildビルドする theseこれら thingsもの,
資金を十分に提供できる
投資家に出会いました
11:03
andそして in hopefullyうまくいけば enough十分な time時間 to get取得する themそれら accepted受け入れられた.
彼らが待ってくれる間に
これが受け入れられることを願います
11:08
Soそう, I'm私は happyハッピー, really本当に, I am午前 happyハッピー to talkトーク about thisこの technology技術 asとして muchたくさん asとして you君は want欲しいです.
本当にこの技術に関しては
皆さんの好きなだけ話が出来ます
11:12
Andそして yesはい, it'sそれは really本当に fun楽しい, andそして yesはい, you君は should〜すべき allすべて go行く outでる andそして tryお試しください itそれ.
そしてこれは本当に面白いので
是非 試していただきたいです
11:17
Butだけど ifif I couldできた ask尋ねる you君は to do行う one1 thingもの,
しかし1つお願いさせて頂くならば
11:21
it'sそれは notない to think思う about itそれ asとして aa pieceピース of technology技術,
これを一技術として捉えないでください
11:23
butだけど justちょうど imagine想像する thatそれ, althoughただし、 we我々 allすべて understandわかる somehow何とか
我々はなぜか
重量4000ポンドの時速60マイルで
11:25
thatそれ it'sそれは reasonable合理的な thatそれ we我々 useつかいます our我々の 4,000-pound-ポンド machine機械,
移動可能なマシン―
どこにでも行くところが
11:29
whichどの canできる go行く 60 milesマイル an hour時間,
出来るマシンを―
なぜか最後の1マイルを移動するのに
11:33
thatそれ canできる bring持参する you君は everywhereどこにでも you君は want欲しいです to go行く,
出来るマシンを―
なぜか最後の1マイルを移動するのに
11:35
andそして somehow何とか it'sそれは alsoまた、 what we我々 used中古 forために theその last最終 mileマイル,
使っているということを考えてください
11:37
andそして it'sそれは broken壊れた, andそして itそれ doesn'tしない work作業.
それは破綻していて 機能していません
11:43
One1 of theその moreもっと excitingエキサイティング thingsもの thatそれ occurred発生した to us米国
これが受け入れられる
かもしれないと感じた
11:46
about whyなぜ itそれ mightかもしれない get取得する accepted受け入れられた, happened起こった outでる hereここに in Californiaカリフォルニア.
最も嬉しい出来事は
ここカリフォルニアで起きました
11:49
Aa few少数 weeks ago, after we我々 launched打ち上げ itそれ,
数週間前 これが公開された後
11:54
we我々 wereあった hereここに with〜と aa newsニュース crewクルー on Veniceベニス Beachビーチ, zippingジッパー upアップ andそして backバック,
取材に来た方とベニスビーチで
これを乗り回していました
11:56
andそして he's彼は marveling驚く at〜で theその technology技術,
彼はこの技術に驚嘆していました
12:01
andそして meanwhile一方で bicycles自転車 are zippingジッパー by〜によって,
自転車がスケートボードが
12:03
andそして skateboardersスケートボーダー are zippingジッパー by〜によって,
すごい勢いで横を通り過ぎるなか
12:05
andそして aa little少し old古い ladyレディ --- I mean平均, ifif you君は looked見た in theその dictionary辞書,
小さな老婦人が私の所に来ました
12:07
aa little少し old古い ladyレディ --- came来た by〜によって me ---
文字通りの小さな老婦人でした
12:11
andそして now thatそれ I'm私は on thisこの, I'm私は theその height高さ of aa normal正常 adult大人 now ---
私は平均的な成人男性の身長があり
これに乗っていましたから
12:14
andそして she彼女 justちょうど stops停止, andそして theその cameraカメラ is thereそこ, andそして she彼女 looks外見 upアップ at〜で me
そして 彼女は立ち止まり
横でカメラが回っているなか
12:18
andそして says言う, "Canできる I tryお試しください thatそれ?"
「試してもいいですか?」
と聞きました
12:24
Andそして what wasあった I --- you君は know知っている, howどうやって are you君は going行く to sayいう anything何でも?
そして私は
他に答えが浮かばないので
12:27
Andそして soそう I said前記, "Sure確かに."
「どうぞ」と言いました
12:30
Soそう I get取得する offオフ, andそして she彼女 gets取得 on, andそして with〜と aa little少し bitビット of theその usual通常の, ahああ,
なので私が降りて 彼女が乗って
少ししてコツをつかんだあと
12:32
then次に she彼女 turnsターン aroundまわり, andそして she彼女 goes行く about 20 feetフィート,
彼女は方向を変えて
20フィートほど移動し
12:38
andそして she彼女 turnsターン backバック aroundまわり, andそして she's彼女は allすべて smiles笑顔.
方向をまた変えて 楽しそうにしながら
12:43
Andそして she彼女 comes来る backバック to me andそして she彼女 stops停止, andそして she彼女 says言う,
また戻ってきて こう言いました
12:46
"Finally最後に, they彼ら made something何か forために us米国."
「やっと欲しかったものを作ってくれた」
12:52
Andそして theその cameraカメラ is looking探している downダウン at〜で her彼女.
カメラは彼女を撮っていました
12:56
I'm私は thinking考え, "Wowワオ, thatそれ wasあった greatすばらしいです ---
私は「これはすばらしい」と思いました
12:58
(Laughter笑い)
(笑)
13:00
--- pleaseお願いします ladyレディ, don'tしない sayいう another別の wordワード."
どうか もう何も言わないでください
13:01
(Laughter笑い)
(笑)
13:03
Andそして theその cameraカメラ is downダウン at〜で her彼女,
カメラは彼女を捉えていました
13:06
andそして thisこの guy has持っている to put置く theその microphoneマイクロフォン in her彼女 face,
撮影チームはマイクを彼女に向けました
13:08
said前記, "What do行う you君は mean平均 by〜によって thatそれ?"
「それはどういう意味ですか」
13:10
Andそして I figured思った, "It'sそれは allすべて over以上 now,"
「もうおしまいだ」と感じました
13:12
andそして she彼女 looks外見 upアップ andそして she彼女 says言う, "Wellよく,"
彼女は顏を上げ 応えました
「その…」
13:14
she's彼女は stillまだ watching見ている theseこれら guysみんな go行く; she彼女 says言う, "I can'tできない rideライド aa bike自転車," noいいえ,
彼女は顔を上げたまま
「私はバイクに乗れません」
13:18
she彼女 says言う, "I can'tできない useつかいます aa skateboardスケートボード, andそして I've私は never決して used中古 rollerローラー bladesブレード,"
「スケートボードやローラーブレードも
使ったことがありません」
13:21
she彼女 knew知っていた themそれら by〜によって name;
言葉に聞き覚えがあっただけです
13:25
she彼女 says言う, "Andそして it'sそれは beenされている 50 years since以来 I rode乗った aa bicycle自転車."
「最後に自転車に乗ったのは
50年前です」
13:27
Then次に she彼女 looks外見 upアップ, she's彼女は looking探している upアップ, andそして she彼女 says言う,
そして今度は上を見上げて言いました
13:30
"Andそして I'm私は 81 years old古い, andそして I don'tしない driveドライブ aa car anymoreもう.
「81才なので 自動車ももう運転しません」
13:34
I stillまだ have持ってる to get取得する to theその store格納, andそして I can'tできない carryキャリー aa lotロット of thingsもの."
「でも買い物はしないといけないけど
沢山物は持てません」
13:38
Andそして itそれ suddenly突然 occurred発生した to me, thatそれ among myじぶんの manyたくさんの fears恐怖,
そして急に気づきました
私たちが持つ色々な懸念は
13:42
wereあった notない justちょうど thatそれ theその bureaucracy官僚 andそして theその regulatorsレギュレーター
役所や為政者や立法者に
理解されない
13:46
andそして theその legislators立法者 mightかもしれない notない get取得する itそれ ---
というものだけではなかったと
13:49
itそれ wasあった thatそれ, fundamentally根本的に, you君は believe信じる there'sそこに pressure圧力 among theその people
本質的なのは 歩道という
人間に残された貴重なスペースを
13:52
notない to invade侵入する theその most最も precious貴重な little少し bitビット of spaceスペース left,
侵してほしくないと
人々が思っている
13:57
theその sidewalks歩道 in theseこれら cities都市.
可能性があることでした
14:00
Whenいつ you君は look見える at〜で theその 36 inchesインチ of legal法的 requirement要件 forために sidewalk歩道,
36インチという法律で定められた
歩道の幅と
14:02
then次に theその eight8 foot forために theその parked駐車した car, then次に theその three lanesレーン,
8フィートの駐車レーン
3つの車線 そして
14:06
andそして then次に theその otherその他 eight8 feetフィート --- it'sそれは ---
向かいの8フィートを比べると
14:09
thatそれ little少し pieceピース is allすべて that'sそれは thereそこ.
歩道に与えられたスペースは
微々たるものです
14:11
Butだけど she彼女 looks外見 upアップ andそして says言う thisこの,
しかし彼女は見上げながら
先ほどの言葉を言ってくれました
14:15
andそして itそれ occurs発生する to me, wellよく, kids子供たち aren'tない going行く to mindマインド theseこれら thingsもの,
しかし彼女は見上げながら
先ほどの言葉を言ってくれました
14:17
andそして they彼ら don'tしない vote投票, andそして businessビジネス people andそして then次に young若い adults大人
子供は特に気にしないでしょう
投票もしませんし 若者や
14:19
aren'tない going行く to mindマインド theseこれら thingsもの --- they're彼らは prettyかなり coolクール ---
ビジネスマンにとっては洒落たものと
14:23
soそう I guess推測 subliminally潜在的に I wasあった worried心配している
映るかもしれない―
無意識に私は
14:25
thatそれ it'sそれは theその olderより古い population人口 that'sそれは going行く to worry心配.
年配の人々の批判を
心配していたようです
14:27
Soそう, having持つ seen見た thisこの, andそして having持つ worried心配している about itそれ forために eight8 years,
8年間の心配の後
この出来事に出会い
14:30
theその first最初 thingもの I do行う is pickピック upアップ myじぶんの phone電話 andそして ask尋ねる our我々の marketingマーケティング andそして regulatory規制上の guysみんな,
すぐにマーケティングと
規制関係のメンバーに電話しました
14:35
callコール AARPあかん, get取得する an appointment予定 right away離れて.
全米退職者協会と
アポをとり 彼らにこれを
14:39
We've私たちは got持っている to showショー themそれら thisこの thingもの.
紹介出来るようにしてくれと
14:42
Andそして they彼ら took取った itそれ to Washingtonワシントン; they彼ら showed示した themそれら;
そしてワシントンにいき
これを紹介しました
14:44
andそして they're彼らは going行く to be〜する involved関係する now,
今では彼らも巻き込み
14:47
watching見ている howどうやって theseこれら thingsもの get取得する absorbed吸収された in aa number of cities都市,
いくつかの都市で これがうまく
機能するかを見ています
14:49
like好きな Atlantaアトランタ, whereどこで we're私たちは doingやっている trials試行 to see見る ifif itそれ really本当に canできる, in fact事実,
例えば アトランタでのトライアルで
これが本当に
14:53
help助けて re-energize再活性化する their彼らの downtownダウンタウン.
都市を再度活性化できるか
検証しています
14:57
(Applause拍手)
(拍手)
15:00
Theその bottom lineライン is, whetherかどうか you君は believe信じる theその Unitedユナイテッド Nations,
重要なことは
国連やその他のシンクタンクを
15:07
orまたは anyどれか of theその otherその他 think思う tanksタンク ---
信じるならば
15:12
in theその next 20 years, allすべて human人間 population人口 growth成長 on thisこの planet惑星
これからの20年間 世界中の人口増加は
15:14
will意志 be〜する in cities都市.
都市に集中します
15:18
In Asiaアジア alone単独で, itそれ will意志 be〜する over以上 aa billion people.
アジアだけでも 数十億人にのぼります
15:20
They彼ら learned学んだ to start開始 with〜と cell細胞 phones電話機.
彼らは始めから携帯電話を使用していました
つまり―
15:23
They彼ら didn'tしなかった have持ってる to take取る theその 100-year-年 trip旅行 we我々 took取った.
我々が100年かけた
道筋を辿らずに済んだのです
15:27
They彼ら start開始 at〜で theその top of theその technology技術 foodフード chain.
彼らは技術の最先端からスタートしました
15:30
We've私たちは got持っている to start開始 building建物 cities都市 andそして human人間 environments環境
我々は都市や人の住環境を
密度が高く 豊かで
15:33
whereどこで aa 150-pound-ポンド person canできる go行く aa coupleカップル of milesマイル
緑があり 150ポンドの人間が
簡単に数マイル
15:36
in aa dense高密度, richリッチ, green-space緑地 environment環境,
移動できるものに
していかなければなりません
15:39
withoutなし beingであること in aa 4,000-pound-ポンド machine機械 to do行う itそれ.
4000 ポンドの機械を利用せずにです
15:42
Cars wereあった notない meant意味した forために parallel平行 parkingパーキング;
自動車の作りは縦列駐車に不適切です
15:46
they're彼らは wonderful素晴らしい machines機械 to go行く betweenの間に cities都市, butだけど justちょうど think思う about itそれ:
街から街へ移動する時
車はすばらしいものですが
15:49
we've私たちは solved解決した allすべて theその long-range長距離, high-speed高速 problems問題.
長距離を高速に移動する問題は
すでに解決済みです
15:53
Theその Greeksギリシャ went行った fromから theその theater劇場 of Dionysusジオニソス to theその Parthenonパルテノン in their彼らの sandalsサンダル.
古代ギリシャ人はデュオニソス劇場から
パルテノン神殿までサンダルで移動しました
15:58
You君は do行う itそれ in yourきみの sneakersスニーカー.
あなたは運動靴で移動します
16:03
Notない muchたくさん has持っている changedかわった.
あまり進歩しているとは言えません
16:05
Ifif thisこの thingもの goes行く onlyのみ three times asとして fast速い asとして walking歩く --- three times ---
もしこれが徒歩よりたった3倍速ければ
―3倍でいいのです―
16:07
aa 30-minute-分 walk歩く becomes〜になる 10 minutes.
徒歩30分は10分になります
16:12
Yourきみの choice選択, whenいつ living生活 in aa cityシティ, ifif it'sそれは now 10 minutes ---
都市で生活している際の選択として
10分になれば―
16:14
becauseなぜなら at〜で 30 minutes you君は want欲しいです an alternative代替, whetherかどうか it'sそれは aa busバス, aa train列車 ---
なぜなら30分だとバスや電車といった
別の手段を選びます
16:19
we've私たちは got持っている to buildビルドする an infrastructureインフラ --- aa light railレール ---
そしたら線路等インフラが必要です
16:23
orまたは you'reあなたは going行く to keepキープ parkingパーキング thoseそれら cars.
もしくは車を駐車し続けるかです
16:25
Butだけど ifif you君は couldできた put置く aa pinピン in most最も cities都市,
地図で都市の上にピンを置いて
16:27
andそして imagine想像する howどうやって far遠い you君は couldできた, ifif you君は had持っていました theその time時間, walk歩く in one1 half-hour30分, it'sそれは theその cityシティ.
そこから30分歩けば どこまで行けるか
想像してみてください
16:30
Ifif you君は couldできた make作る itそれ fun楽しい, andそして make作る itそれ eight8 orまたは 10 minutes,
それを楽しく 8~10分程度にできたら
16:36
you君は can'tできない find見つける yourきみの car, un-parkパークを解除する yourきみの car, move動く yourきみの car,
移動をするのに 車を探し 発進し 運転し
16:38
re-park再駐車 yourきみの car andそして go行く somewhereどこかで;
また駐車するのは考えにくいですよね
16:41
you君は can'tできない get取得する to aa cabタクシー orまたは aa subway地下鉄.
タクシーや地下鉄も使いません
16:43
We我々 couldできた change変化する theその way方法 people allocate割り当て their彼らの resourcesリソース,
我々が何に資源を注ぎ込むかを
この星の―
16:46
theその way方法 thisこの planet惑星 uses用途 itsその energyエネルギー,
エネルギー利用を
変えることができます
16:49
make作る itそれ moreもっと fun楽しい.
それも もっと面白くできます
16:52
Andそして we're私たちは hoping望んでいる to some一部 extentエクステント history歴史 will意志 sayいう we我々 wereあった right.
いつか歴史は 我々が正しかったと
証明して欲しいものです
16:54
That'sそれは Segwayセグウェイ. Thisこの is aa Stirlingスターリング cycleサイクル engineエンジン;
それがセグウェイでした
これはスターリングエンジンです
16:59
thisこの had持っていました beenされている confused混乱した by〜によって aa lotロット of thingsもの we're私たちは doingやっている.
これは我々のいろいろな
活動と混同されています
17:02
Thisこの little少し beast, right now, is producing生産する aa few少数 hundred wattsワット of electricity電気.
この機械は今 数百ワットの電気を
発電しています
17:06
Yesはい, itそれ couldできた be〜する attached添付された to thisこの,
そして こいつに取り付け可能です
17:11
andそして yesはい, on aa kilogramキログラム of propaneプロパン,
そして1キログラムのプロパンガスで
17:13
you君は couldできた driveドライブ fromから New新しい Yorkヨーク to Bostonボストン ifif you君は soそう choose選択する.
ニューヨークからボストンまで
移動することができます
17:16
Perhapsおそらく moreもっと interesting面白い about thisこの little少し engineエンジン is it'llそれはよ burn燃やす anyどれか fuel燃料,
このエンジンの最も興味深い所は
どんな燃料でも利用できる点です
17:21
becauseなぜなら some一部 of you君は mightかもしれない be〜する skeptical懐疑的な
中には このエンジンが
17:25
about theその capability能力 of thisこの to have持ってる an impact影響,
世界にインパクトを与えることを
疑う人もいるかもしれません
17:27
whereどこで most最も of theその world世界 you君は can'tできない simply単に plugプラグ into yourきみの 120-volt-ボルト outlet出口.
世界のほとんどの場所では単純に120Vの
電源は利用できませんから
17:31
We've私たちは beenされている workingワーキング on thisこの,
実際 我々はこのエンジンを
17:35
actually実際に, asとして an alternative代替 energyエネルギー sourceソース,
iBotを動かす 代替エネルギー減として
17:37
starting起動 way方法 backバック with〜と Johnsonジョンソン & Johnsonジョンソン, to run走る an iBOTibot,
ジョンソン&ジョンソンと開発してきました
17:39
becauseなぜなら theその bestベスト batteries電池 you君は couldできた get取得する ---
なぜなら 現在入手可能な
最も性能のよい電池は
17:41
10 watt-hoursワット時 per〜ごと kilogramキログラム in lead,
鉛蓄電池で10ワット時
17:45
20 watt-hoursワット時 per〜ごと kilogramキログラム nickel-cadmiumニッケルカドミウム,
ニッケルカドミム電池で20ワット時
17:47
40 watt-hoursワット時 per〜ごと kilogramキログラム in nickel-metalニッケルメタル hydrideヒドリド,
ニッケル水素電池で40ワット時
17:49
60 watt-hoursワット時 per〜ごと kilogramキログラム in lithiumリチウム,
リチウム電池で60ワット時
17:51
8,750 watt-hoursワット時 of energyエネルギー in everyすべて kilogramキログラム of propaneプロパン orまたは gasolineガソリン ---
プロパンあるいはガソリンだと1キロあたり
8750ワット時になります
17:54
whichどの is whyなぜ nobody誰も drivesドライブ electric電気の cars.
だから 誰も電気自動車を利用しません
17:59
Butだけど, in anyどれか eventイベント, ifif you君は canできる burn燃やす itそれ with〜と theその same同じ efficiency効率 ---
しかし もし同じ効率でどんな燃料でも
燃焼させることができるのであれば
18:01
becauseなぜなら it'sそれは external外部 combustion燃焼 --- asとして yourきみの kitchenキッチン stoveレンジ,
コンロと同じく外部の燃料を利用するので
18:07
ifif you君は canできる burn燃やす anyどれか fuel燃料, itそれ turnsターン outでる to be〜する prettyかなり neatきちんとした.
それはすばらしいことになります
18:10
Itそれ makes作る justちょうど enough十分な electricity電気 to, forために instanceインスタンス, do行う thisこの,
例えばこの様なことをするのに
必要な電力を作り
18:13
whichどの at〜で night is enough十分な electricity電気, in theその rest残り of theその world世界,
しかも それは夜を照らすのに
十分な電力で―
18:16
asとして Mr. Hollyホリー --- Drドクター. Hollyホリー --- pointed尖った outでる,
ホリー博士が指摘したように
18:19
canできる run走る computersコンピュータ andそして aa light bulbバルブ.
コンピュータと電灯を動かすことができます
18:22
Butだけど moreもっと interestingly興味深いことに, theその thermodynamics熱力学 of thisこの sayいう,
もっと興味深いことは
熱力学の法則によって
18:25
you'reあなたは never決して going行く to get取得する moreもっと thanより 20 percentパーセント efficiency効率.
20%以上の効率を
得ることはできませんが
18:29
Itそれ doesn'tしない matter問題 muchたくさん --- itそれ says言う ifif you君は get取得する 200 wattsワット of electricity電気,
それはすなわち 200ワットの電力と
18:32
you'llあなたは get取得する 700 orまたは 800 wattsワット of heat.
700から800ワットの熱を
手にいれることになります
18:35
Ifif you君は wanted欲しい to boil煮る water andそして re-condense再凝縮する itそれ at〜で aa rateレート of 10 gallonsガロン an hour時間,
水を沸騰させて 1時間あたり10ガロンの
蒸留水を作るためには
18:38
itそれ takesテイク about 25, aa little少し over以上 25.3 kilowattキロワット ---
約25キロワットの25.3キロワット―
18:43
25,000 wattsワット of continuous連続 powerパワー --- to do行う itそれ.
2万5千ワットのエネルギーが
必要となります
18:46
That'sそれは soそう muchたくさん energyエネルギー, you君は couldn'tできなかった afford余裕 to desalinate脱塩する
この国で こんなエネルギーで水を
きれいにするのは合理的ではありません
18:50
orまたは cleanクリーン water in thisこの country thatそれ way方法.
この国で こんなエネルギーで水を
きれいにするのは合理的ではありません
18:52
Certainly確かに, in theその rest残り of theその world世界, yourきみの choice選択 is to devastate荒廃する theその place場所,
世界の他の場所では その場所を破壊して
18:54
turning旋回 everythingすべて thatそれ will意志 burn燃やす into heat, orまたは drinkドリンク theその water that'sそれは available利用可能な.
燃やせるものをすべて燃すか
水をそのまま飲むことになります
18:58
Theその number one1 cause原因 of death on thisこの planet惑星 among humans人間 is bad悪い water.
世界で最も多い死因は
汚れた水によるものです
19:03
Depending依存する on whoseその numbers数字 you君は believe信じる,
数字には幅がありますが
19:07
it'sそれは betweenの間に 60 andそして 85,000 people per〜ごと day.
1日あたり6万から8万5千人です
19:09
We我々 don'tしない need必要 sophisticated洗練された heartハート transplants移植 aroundまわり theその world世界.
世界には洗練された
心臓移植医療ではなく
19:12
We我々 need必要 water.
水が必要なのです
19:15
Andそして women女性 shouldn'tすべきではない have持ってる to spend費やす four4つの hours時間 aa day looking探している forために itそれ,
そして 女性に水を探すために
4時間もかけさせたり
19:17
orまたは watching見ている their彼らの kids子供たち die死ぬ.
子供が死ぬのを見せてはいけません
19:20
We我々 figured思った outでる howどうやって to put置く aa vapor-compression蒸気圧縮 distiller蒸留器 on thisこの thingもの,
我々はこれと真空圧縮蒸留器の
組み合わせに成功しました
19:22
with〜と aa counter-flow逆流 heat exchanger交換器 to take取る theその waste廃棄物 heat,
向流式熱交換器で無駄になる
熱を利用します
19:25
then次に usingを使用して aa little少し bitビット of theその electricity電気 controlコントロール thatそれ processプロセス,
そして生成される電力の
ごく一部を利用して制御をおこない
19:28
andそして forために 450 wattsワット, whichどの is aa little少し moreもっと thanより halfハーフ of itsその waste廃棄物 heat,
無駄になる熱の半分強にあたる
450ワットで
19:32
itそれ will意志 make作る 10 gallonsガロン an hour時間 of distilled蒸留した water
冷却に利用する水から1時間当たり
19:38
fromから anything何でも thatそれ comes来る into itそれ to coolクール itそれ.
10ガロンの蒸留水ができます
19:40
Soそう ifif we我々 put置く thisこの boxボックス on hereここに in aa few少数 years,
数年後 この箱がここに付ければ
19:42
couldできた we我々 have持ってる aa solution溶液 to transportation交通, electricity電気,
交通手段 電力 コミュニケーション
そして飲料水の
19:45
andそして communicationコミュニケーション, andそして maybe多分 drinkable飲むことができる water
問題までも解決できる可能性があります
19:51
in aa sustainable持続可能な packageパッケージ thatそれ weighs重く 60 poundsポンド?
持続可能な60ポンドの装置で
19:55
I don'tしない know知っている, butだけど we'll私たちは tryお試しください itそれ.
本当に出来るかは分かりませんが
挑戦は続けます そろそろ終わりますね
19:59
I betterより良い shutシャット upアップ.
本当に出来るかは分かりませんが
挑戦は続けます そろそろ終わりますね
20:01
(Applause拍手)
(拍手)
20:03
Translated by Shigeto Oeda
Reviewed by Makoto Ikeo

▲Back to top

About the speaker:

Dean Kamen - Inventor
Dean Kamen landed in the limelight with the Segway, but he has been innovating since high school, with more than 150 patents under his belt. Recent projects include portable energy and water purification for the developing world, and a prosthetic arm for maimed soldiers.

Why you should listen

Dean Kamen is an innovator, but not just of things. He hopes to revolutionize attitudes, quality of life, awareness. While an undergraduate, he developed the first portable infusion device, which delivers drug treatments that once required round-the-clock hospital care. And, through his DEKA Research and Development, which he cofounded in 1982, he developed a portable dialysis machine, a vascular stent, and the iBOT -- a motorized wheelchair that climbs stairs (Stephen Colbert took one for a spin).

Yes, he's a college dropout, but he's a huge believer in education, and in 1989 established the nonprofit FIRST (For Inspiration and Recognition of Science and Technology) to inspire teenagers to pursue careers in science. FIRST sponsors lively annual competitions, where students form teams to create the best robot.

His focus now is on off-grid electricity and water purification for developing countries; another recent project, previewed at TED2007, is a prosthetic arm for maimed soldiers (read an update here). He's also working on a power source for the wonderful Think car. And, with more funding in the works, we haven't seen the last of the Segway.

More profile about the speaker
Dean Kamen | Speaker | TED.com