English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDMED 2010

Bruce Feiler: The council of dads

ブルース・ファイラー: 父親団

Filmed
Views 468,053

ガンと診断されたブルース・ファイラーは、幼い子供と妻のことを心配しました。そこで、親しい友人たちに「父親団」として、彼らが人生経験から得た知恵を、成長していくであろう双子の娘たちに与えてくれるよう頼んだのです。その様子を脱線をまじえて面白おかしく語っていますが、実に考えさせられる話です。

- Writer
Bruce Feiler is the author of "The Secrets of Happy Families," and the writer/presenter of the PBS miniseries "Walking the Bible." Full bio

Myじぶんの storyストーリー actually実際に began始まった whenいつ I wasあった four4つの years old古い
4歳の時のことからお話しましょう
00:15
andそして myじぶんの family家族 moved移動した to aa new新しい neighborhoodご近所
家族と共に引っ越しをしました
00:18
in our我々の hometown出身地 of Savannahサバンナ, Georgiaジョージア.
ジョージア州サバンナです
00:20
Andそして thisこの wasあった theその 1960ss
1960 年代のことで
00:22
whenいつ actually実際に allすべて theその streets通り in thisこの neighborhoodご近所
そのあたりの通りには どれも
00:24
wereあった named名前 after Confederate連合国 war戦争 generals将軍.
南軍の将軍にちなんだ名がついていました
00:26
We我々 lived住んでいました on Robertロバート Ee. Leeリー Boulevard大通り.
うちはロバート・E・リー通りにありました
00:29
Andそして whenいつ I wasあった five,
5歳の時 オレンジ色の
00:31
myじぶんの parents gave与えた me an orangeオレンジ Schwinnシュヴィン Sting-Rayスティングレイ bicycle自転車.
シュウイン・スティングレイ自転車を
買ってもらいました
00:33
Itそれ had持っていました aa swooping凍る bananaバナナ seatシート andそして thoseそれら ape hangerハンガー handlebarsハンドルバー
バナナ型のサドルと
高い変形ハンドルがついていて
00:36
thatそれ made theその riderライダー look見える like好きな an orangutanオランウータン.
乗るとオランウータンみたいに見えたので
あのハンドルを
00:39
That'sそれは whyなぜ they彼ら wereあった calledと呼ばれる ape hangersハンガー.
エイプ・ハンガー(猿吊り)と呼ぶのです
00:42
They彼ら wereあった actually実際に modeledモデル化された on hotrodホットロッド motorcyclesオートバイ of theその 1960ss,
あれは60 年代の改造バイクを
まねていたのですが
00:44
whichどの I'm私は sure確かに myじぶんの momママ didn'tしなかった know知っている.
母は そんなこと知らなかったでしょう
00:47
Andそして one1 day I wasあった exploring探検する thisこの cul-de-sac行き止まり
ある日 袋小路探検に出かけました
00:49
hidden隠された away離れて aa few少数 streets通り away離れて.
家からそう遠くない道の奥でした
00:52
Andそして I came来た backバック,
それから引き返してきて 向きを変え
00:54
andそして I wanted欲しい to turn順番 aroundまわり andそして get取得する backバック to thatそれ street通り moreもっと quickly早く,
もっと速くあの道に戻ろうと思い
00:56
soそう I decided決定しました to turn順番 aroundまわり in thisこの big大きい street通り
うちの近所にあった広い通りで
00:58
thatそれ intersected交差 our我々の neighborhoodご近所,
Uターンしようとしたところ
01:01
andそして whamうわー! I wasあった hitヒット by〜によって aa passing通過 sedanセダン.
ドーン!
通りかかった乗用車にはねられました
01:03
Myじぶんの mangled絡み合った body flew飛んだ in one1 direction方向,
ぼくの壊れた体は一方に
01:06
myじぶんの mangled絡み合った bike自転車 flew飛んだ in theその otherその他.
壊れた自転車は別の方向に飛ばされました
01:08
Andそして I lay寝る on theその pavement舗装 stretchingストレッチ over以上 thatそれ yellow lineライン,
ぼくは道路の黄色い線の上に倒れていました
01:11
andそして one1 of myじぶんの neighbors隣人 came来た runningランニング over以上.
近所の人が駆けてきて
01:14
"Andyアンドリー, Andyアンドリー, howどうやって are you君は doingやっている?" she彼女 said前記, usingを使用して theその name of myじぶんの olderより古い brother.
「アンディ、アンディ、大丈夫?」
兄の名前で呼んだんです
01:16
(Laughter笑い)
(笑)
01:19
"I'm私は Bruceブルース," I said前記, andそして promptly速やかに passed合格 outでる.
「ぼくはブルースだよ」と答えて
気を失いました
01:21
I broke壊れた myじぶんの left femur大腿骨 thatそれ day ---
あれで左の大腿骨が折れました -
01:24
it'sそれは theその largest最大 bone in yourきみの body ---
人間の体で一番大きい骨です -
01:26
andそして spent過ごした theその next two months数ヶ月 in aa body castキャスト
2ヶ月間 全身にギプスをはめていました
01:28
thatそれ went行った fromから myじぶんの chin to theその tip先端 of myじぶんの toeつま先
あごからつま先まですっぽりと
01:31
to myじぶんの right knee,
右は膝まで
01:33
andそして aa steel barバー went行った fromから myじぶんの right knee
それから右膝から左の足首まで
01:35
to myじぶんの left ankle足首.
スチールの棒が入りました
01:37
Andそして forために theその next 38 years,
その後の 38 年間
01:39
thatそれ accident事故 wasあった theその onlyのみ medically医学的に interesting面白い thingもの
健康の問題といえば
01:41
thatそれ everこれまで happened起こった to me.
あの事故のことだけだったのです
01:43
In fact事実, I made aa living生活 by〜によって walking歩く.
実際 ぼくは歩くことを仕事にしていました
01:46
I traveled旅行した aroundまわり theその world世界, entered入った different異なる cultures文化,
世界中を旅して
異なった文化の中に入り
01:48
wrote書きました aa seriesシリーズ of books about myじぶんの travels旅行,
そうした旅についての本を書きました
01:50
includingを含む "Walking歩く theその Bible聖書."
『聖書を歩く』はその一つです
01:52
I hostedホストされた aa televisionテレビ showショー by〜によって thatそれ name
PBS(全米ネットの公共放送)で
01:54
on PBSpbs.
同じタイトルの番組の案内役もしました
01:56
I wasあった, forために allすべて theその world世界, theその "walking歩く guy."
ぼくは「歩く男」として知られていました
01:58
Until〜まで, in Mayかもしれない 2008,
2008年の5月までは
02:01
aa routineルーチン visit訪問 to myじぶんの doctor医師
定期健診で お決まりの
02:04
andそして aa routineルーチン blood血液 testテスト
血液検査を受けたところ
02:06
produced生産された evidence証拠 in theその form of an alkalineアルカリ性の phosphataseホスファターゼ number
アルカリフォスファターゼの数値が異常で
02:08
thatそれ something何か mightかもしれない be〜する wrong違う with〜と myじぶんの bones骨格.
骨の何かがおかしいということになったのです
02:11
Andそして myじぶんの doctor医師, on aa whim気まずい, sent送られた me to get取得する aa full-body全身 bone scanスキャン,
先生が思いついて
全身スキャンをしてみたところ
02:15
whichどの showed示した thatそれ thereそこ wasあった some一部 growth成長 in myじぶんの left leg.
左足に腫瘍が見つかりました
02:18
Thatそれ sent送られた me to an X-rayX線, then次に to an MRImri.
それからX線検査 次にMRIと続き
02:21
Andそして one1 afternoon午後, I got持っている aa callコール fromから myじぶんの doctor医師.
ある日の午後 先生から電話がありました
02:24
"Theその tumor腫瘍 in yourきみの leg
「左足の腫瘍は
02:28
is notない consistent整合性のある with〜と aa benign良性 tumor腫瘍."
良性のものではないようです」
02:30
I stopped停止 walking歩く,
ぼくの足はぴたっと止まりました
02:32
andそして itそれ took取った myじぶんの mindマインド aa second二番 to convert変換する thatそれ doubleダブル negative
「良性のものではない」という否定形が
ずっと恐ろしいことを
02:34
into aa muchたくさん moreもっと horrifying恐ろしい negative.
意味するのだと すぐにわかりました
02:37
I have持ってる cancer.
ガンなんだ
02:39
Andそして to think思う thatそれ theその tumor腫瘍 wasあった in theその same同じ bone,
ガンは 38 年前の事故のときの
02:41
in theその same同じ place場所 in myじぶんの body
同じ部分
02:44
asとして theその accident事故 38 years earlier先に ---
あの骨にあったのです
02:46
itそれ seemed見えた like好きな tooあまりにも muchたくさん of aa coincidence一致.
とうてい偶然とは思えませんでした
02:49
Soそう thatそれ afternoon午後, I went行った backバック to myじぶんの house,
さて その日の午後 家に帰ると
02:52
andそして myじぶんの three year-old identical同一 twinツイン daughters, Edenエデン andそして Tybeeタイビー Feilerフェイラー,
一卵性双子の娘たち
エデンとタイビー・ファイラーが
02:54
came来た runningランニング to meet会う me.
迎えに駆けてきました
02:57
They'd彼らは justちょうど turned回した three,
二人はちょうど3歳になったところで
02:59
andそして they彼ら wereあった into allすべて thingsもの pinkピンク andそして purple紫の.
ピンクと紫のものなら何でも大好きでした
03:01
In fact事実, we我々 calledと呼ばれる themそれら Pinkaliciousピンクゴージャスな andそして Purplicious愛情深い ---
ピンクちゃん、パープルちゃんと
呼んでいましたしね
03:03
althoughただし、 I must必須 sayいう, our我々の favoriteお気に入り nicknameニックネーム
でも ぼくのお気に入りのあだ名は
03:06
occurred発生した on their彼らの birthdayお誕生日, April4月 15thth.
二人の生まれた4月15日についたものです
03:08
Whenいつ they彼ら wereあった bornうまれた at〜で 6:14 andそして 6:46
2005 年4月15日の6時14分と46分に
03:10
on April4月 15, 2005,
二人が生まれてきたとき
いつもはにこりともしない
03:13
our我々の otherwiseさもないと grim恐るべき, humorlessユーモアのない doctor医師 looked見た at〜で his watch時計,
真面目な先生が腕時計を見て
03:16
andそして wasあった like好きな, "Hmmうーん, April4月 15thth --- tax税金 day.
「ふむ 4月15日 税金の書類提出期限か
03:18
Early早い filerファイラー andそして late遅く filerファイラー."
早期提出者と遅延提出者だな」
03:21
(Laughter笑い)
(笑)
03:24
Theその next day I came来た to see見る him. I wasあった like好きな, "Doctor医師, thatそれ wasあった aa really本当に good良い joke冗談で."
「先生 あれはいいジョークでしたね」
翌日 そう言うと
03:29
Andそして he wasあった like好きな, "You'reあなたは theその writerライター, kidキッド."
「筋書きを書いたのは そっちだろう」と言うんです
03:32
Anywayとにかく --- soそう they彼ら had持っていました justちょうど turned回した three,
ともかく 双子は3歳になったところでした
03:34
andそして they彼ら came来た andそして they彼ら wereあった doingやっている thisこの danceダンス they彼ら had持っていました justちょうど made upアップ
二人はやって来ると 即興で踊るんです
03:36
whereどこで they彼ら wereあった twirling旋回 fasterもっと早く andそして fasterもっと早く until〜まで they彼ら tumbled転落 to theその ground接地,
ぐるぐる回り どんどん速度を上げて
03:38
laughing笑い with〜と allすべて theその glee喜ぶ in theその world世界.
とうとう転んでしまって 笑っていました
03:41
I crumbled崩れた.
ぼくは泣きました
03:44
I kept保管 imagining想像する allすべて theその walksあるきます I mightかもしれない notない take取る with〜と themそれら,
この子たちと一緒に経験出来ない事が
次々と頭に浮かびました
03:46
theその artアート projectsプロジェクト I mightかもしれない notない mess混乱 upアップ,
この子達の工作を台無しにし
03:49
theその boyfriendsボーイフレンド I mightかもしれない notない scowl臆病者 at〜で,
ボーイフレンドをにらみつけ
03:51
theその aisles通路 I mightかもしれない notない walk歩く downダウン.
花嫁姿の娘と腕を組み
バージンロードを歩くことはないんだ
03:53
Would〜する they彼ら wonderワンダー who I wasあった, I thought思想.
娘たちは考えるだろうか
03:56
Would〜する they彼ら yearn憧れ forために myじぶんの approval承認,
ぼくがどんな人間だったか
ぼくの承認
03:58
myじぶんの love, myじぶんの voice音声?
ぼくの愛 ぼくの声を
いつか求めるだろうか
04:00
Aa few少数 days日々 later後で, I woke目が覚めた with〜と an ideaアイディア
数日後の朝 目覚めたとき
ある考えが浮かびました
04:03
of howどうやって I mightかもしれない give与える themそれら thatそれ voice音声.
娘たちにぼくの声を届ける方法です
04:05
I would〜する reachリーチ outでる to six6 men男性
ぼくは人生で出会った
04:07
fromから allすべて parts部品 of myじぶんの life生活
6人の男たちに声をかけ
04:09
andそして ask尋ねる themそれら to be〜する presentプレゼント
娘たちの人生の節目に
04:11
in theその passages通路 of myじぶんの daughters'娘たちは、 lives人生.
立ち会ってくれるよう頼むんです
04:13
"I believe信じる myじぶんの girls女の子 will意志 have持ってる plentyたくさん of opportunities機会 in their彼らの lives人生,"
「娘たちには様々なチャンスが訪れるだろう」
04:16
I wrote書きました theseこれら men男性.
ぼくは彼らに書きました
04:18
"They'll彼らは have持ってる loving愛する families家族 andそして welcoming歓迎 homes,
「愛する家族や温かい家庭をもつだろう
04:20
butだけど they彼ら mayかもしれない notない have持ってる me.
でも ぼくはその場にはいない
04:22
They彼ら mayかもしれない notない have持ってる their彼らの dadパパ.
娘たちには父親がいないだろう
04:24
Will意志 you君は help助けて be〜する their彼らの dadパパ?"
父親代わりになってくれないだろうか?」
04:26
Andそして I said前記 to myself私自身
そうして この男たちを
04:28
I would〜する callコール thisこの groupグループ of men男性 "theその Council評議会 of Dadsお父さん."
『父親団』と呼ぶことに決めたのです
04:30
Now asとして soonすぐに asとして I had持っていました thisこの ideaアイディア,
この考えが浮かぶとすぐ
04:34
I decided決定しました I wouldn'tしないだろう telltell myじぶんの wife. Okayはい.
妻には言わずにおくことにしました
それがいい
04:36
She's彼女は aa very非常に upbeatアップビート,
妻はとても前向きで
04:39
naturally当然 excited興奮した person.
生まれつき元気いっぱいです
04:41
There'sそこに thisこの ideaアイディア in thisこの culture文化 --- I don'tしない have持ってる to telltell you君は ---
この国の文化には-言うまでもないことでしょうが-
厄介事をある意味で
04:43
thatそれ you君は sortソート of "happyハッピー" yourきみの way方法 throughを通して aa problem問題.
明るく受け止めていくところがあります
04:46
We我々 should〜すべき focusフォーカス on theその positiveポジティブ.
良いことにだけ目を向けようとします
04:48
Myじぶんの wife, asとして I said前記, she彼女 grew成長しました upアップ outside外側 of Bostonボストン.
妻はボストン郊外で育ちました
04:50
She's彼女は got持っている aa big大きい smileスマイル. She's彼女は got持っている aa big大きい personality.
明るい笑顔で おおらかな性格です
04:52
She's彼女は got持っている big大きい hairヘア ---
髪はボリュームたっぷり
04:54
althoughただし、, she彼女 told言った me recently最近, I can'tできない sayいう she彼女 has持っている big大きい hairヘア,
妻が最近言うには
「髪にボリュームがあると言ってはダメ
04:56
becauseなぜなら ifif I sayいう she彼女 has持っている big大きい hairヘア,
髪がふくらんでいるなんて言ったら
04:59
people will意志 think思う she's彼女は fromから Texasテキサス.
テキサス出身だと思われるわ」
05:01
Andそして it'sそれは apparently明らかに okayはい to marry結婚する aa boy男の子 fromから Georgiaジョージア,
どうも ジョージアの男と結婚するのは良くても
05:03
butだけど notない to have持ってる hairヘア fromから Texasテキサス.
テキサス風の髪型はいけないらしいのです
05:05
Andそして actually実際に, in her彼女 defense防衛, ifif she彼女 wereあった hereここに right now,
妻の名誉の為に言っておきますが
05:08
she彼女 would〜する pointポイント outでる thatそれ, whenいつ we我々 got持っている married既婚 in Georgiaジョージア,
ぼくたちがジョージアで結婚した時
05:10
thereそこ wereあった three questions質問
結婚証明書の書類には
05:13
on theその marriage結婚 certificate証明書 licenseライセンス,
質問が三つあって
05:15
theその third三番 of whichどの wasあった, "Are you君は related関連する?"
三番目は「あなたたちは親族ですか」だったんです
05:17
(Laughter笑い)
(笑)
05:20
I said前記, "Look見える, in Georgiaジョージア at〜で least少なくとも we我々 want欲しいです to know知っている.
「ジョージアでは はっきりさせるんだ
05:23
In Arkansasアーカンソー they彼ら don'tしない even偶数 ask尋ねる."
アーカンソーじゃあ 訊きもしないのにな」
05:25
What I didn'tしなかった telltell her彼女 is, ifif she彼女 said前記, "Yesはい," you君は couldできた jumpジャンプ.
黙ってましたが「はい」と答えていたら
すぐ結婚できたんですよ
05:28
You君は don'tしない need必要 theその 30-day-日 waiting待っている period期間.
30日間の待機期間なしに
05:30
Becauseなぜなら you君は don'tしない need必要 theその get-to-know-youあなたに知ってもらう sessionセッション at〜で thatそれ pointポイント.
それ以上 お互いを知り合う必要は
ないんですからね
05:32
Soそう I wasn'tなかった going行く to telltell her彼女 about thisこの ideaアイディア,
父親団のことは内緒のつもりでしたが
05:35
butだけど theその next day I couldn'tできなかった controlコントロール myself私自身, I told言った her彼女.
次の日 我慢できなくて打ち明けました
05:37
Andそして she彼女 loved愛された theその ideaアイディア,
妻は 良い考えだ と言いましたが
05:39
butだけど she彼女 quickly早く started開始した rejecting拒否する myじぶんの nominees候補者.
すぐに ぼくの選んだ候補者が だめだと言うのです
05:41
She彼女 wasあった like好きな, "Wellよく, I love him, butだけど I would〜する never決して ask尋ねる him forために advice助言."
「いい人だけど
あの人の助言は欲しくないわ」なんてね
05:45
Soそう itそれ turned回した outでる thatそれ starting起動 aa council評議会 of dadsお父さん
結局 父親団を始めたおかげで
05:48
wasあった aa very非常に efficient効率的な way方法 to find見つける outでる
妻がぼくの友人達をどう評価しているかを
05:50
what myじぶんの wife really本当に thought思想 of myじぶんの friends友達.
手っ取り早く知ることができたのです
05:52
(Laughter笑い)
(笑)
05:54
Soそう we我々 decided決定しました thatそれ we我々 needed必要な aa setセット of rulesルール,
それで一定の基準を設けることにしました
05:56
andそして we我々 came来た upアップ with〜と aa number.
いくつかのルールを作ったのです
05:58
Andそして theその first最初 one1 wasあった noいいえ family家族, onlyのみ friends友達.
まず 身内はだめ 友人だけ
06:00
We我々 thought思想 our我々の family家族 would〜する already既に be〜する thereそこ.
身内はいつだってそばにいるんだから
06:02
Second二番, men男性 onlyのみ.
第二には男だけ
06:04
We我々 wereあった trying試す to fill埋める theその dad-spaceお父さんの宇宙 in theその girls'女の子たちは、 lives人生.
娘たちの人生で父親の抜けた穴を
埋めようとしているんだから
06:06
Andそして then次に third三番, sortソート of aa dadパパ forために everyすべて side.
第三は あらゆる面をカバーできるような父親
06:08
We我々 kind種類 of went行った throughを通して myじぶんの personality
ぼくという人間について話し合い
06:11
andそして tried試した to get取得する aa dadパパ who represented代表的な each different異なる thingもの.
それぞれの面を担う父親を選ぼうとしました
06:13
Soそう what happened起こった wasあった I wrote書きました aa letter文字 to each of theseこれら men男性.
そこで 一人一人に手紙を書いたんです
06:15
Andそして ratherむしろ thanより send送信する itそれ,
それも郵送ではなく
06:17
I decided決定しました to read読む itそれ to themそれら in person.
相手の前で読み上げることにしました
06:19
Lindaリンダ, myじぶんの wife, joked冗談を言った thatそれ itそれ wasあった like好きな having持つ six6 different異なる marriage結婚 proposals提案.
妻のリンダは 6人にプロポーズしているようだと笑いました
06:22
I sortソート of friend-married友人と結婚した each of theseこれら guysみんな.
つまり 6人の友人と縁を結んだわけです
06:25
Andそして theその first最初 of theseこれら guysみんな wasあった Jeffジェフ Schumlinシュムリン.
最初の1人はジェフ・シュムリンでした
06:28
Now Jeffジェフ ledLED thisこの trip旅行 I took取った to Europeヨーロッパ
ジェフは80 年代の初め 高校卒業後
06:30
whenいつ I graduated卒業した fromから high高い school学校 in theその early早い 1980ss.
ヨーロッパ旅行をした時のリーダーでした
06:32
Andそして on thatそれ first最初 day we我々 wereあった in thisこの youth若者 hostelホステル in aa castle.
初日に お城にあるユースホステルに
泊まりました
06:35
Andそして I snuckスヌック outでる behind後ろに,
こっそり裏に行くと
06:38
andそして thereそこ wasあった aa moat, aa fenceフェンス andそして aa fieldフィールド of cows.
堀とフェンスがあり 牛のいる草原が見えました
06:40
Andそして Jeffジェフ came来た upアップ beside me andそして said前記,
ジェフはそばにやって来て言いました
06:43
"Soそう, have持ってる you君は everこれまで beenされている cow tipping転倒?"
「牛を転がしたことあるかい?」
06:45
I wasあった like好きな, "Cow tipping転倒?
「牛を転がすって?」とぼく
06:47
He wasあった like好きな, "Yeahええ. Cows sleep睡眠 standing立っている upアップ.
「ああ 牛は立ったまま眠るんだ
06:49
Soそう ifif you君は approachアプローチ themそれら fromから behind後ろに, downダウン wind,
だから 後ろの風下から近づいて
ぐいと押したら
06:51
you君は canできる push押す themそれら over以上 andそして they彼ら go行く thudくそ in theその mud."
牛は泥の中にどさっと倒れるんだ」
06:54
Soそう before I had持っていました aa chanceチャンス to determine決定する whetherかどうか thisこの wasあった right orまたは notない,
それが良いことか悪いことか考える間もなく
06:56
we我々 had持っていました jumped飛び降りた theその moat, we我々 had持っていました climbed登った theその fenceフェンス,
堀を飛び越え
フェンスをよじ登り
06:59
we我々 wereあった tiptoeing催涙 throughを通して theその dung
糞の間をこっそりと進み
07:01
andそして approaching接近する some一部 poor貧しい, dozing居眠り cow.
何も知らずに眠っている牝牛に近づきました -
07:03
Soそう aa few少数 weeks after myじぶんの diagnosis診断,
さて ガンの診断が出てから数週間後
07:07
we我々 went行った upアップ to Vermontバーモント,
ぼくたちはバーモント州に行き
07:09
andそして I decided決定しました to put置く Jeffジェフ asとして theその first最初 person in theその Council評議会 of Dadsお父さん.
ジェフを父親団の最初のメンバーに
することにしました
07:11
Andそして we我々 went行った to thisこの apple林檎 orchardオーチャード, andそして I read読む him thisこの letter文字.
りんご園に行き
手紙を読み上げました
07:14
"Will意志 you君は help助けて be〜する their彼らの dadパパ?"
「娘たちの父親役をしてくれないか」
07:17
Andそして I got持っている to theその end終わり --- he wasあった crying泣く andそして I wasあった crying泣く ---
読み終えて--
ジェフも ぼくも泣いてました
07:19
andそして then次に he looked見た at〜で me, andそして he said前記, "Yesはい."
ジェフは「いいよ」と言いました
07:21
I wasあった like好きな, "Yesはい?"
「いいよ」だって?
07:23
I kind種類 of had持っていました forgotten忘れた thereそこ wasあった aa question質問 at〜で theその heartハート of myじぶんの letter文字.
手紙の大事な部分が問いだったことを
忘れていたのです
07:25
Andそして frankly率直に, althoughただし、 I keepキープ getting取得 asked尋ねた thisこの,
正直 これはよく訊かれることですが
07:27
itそれ never決して occurred発生した to me thatそれ anybody would〜する turn順番 me downダウン
断られるかもしれないなんて
07:29
under theその circumstances状況.
一切考えていませんでした
事情が事情ですから
07:31
Andそして then次に I asked尋ねた him aa question質問, whichどの I ended終了しました upアップ asking尋ねる to allすべて theその dadsお父さん
次に ある質問をしました
他の「父親」みんなにも同じことを尋ね
07:34
andそして ended終了しました upアップ really本当に encouraging励ます me to write書きます thisこの storyストーリー downダウン in aa book.
このことから この体験を本にすることに
なったのですが
07:37
Andそして thatそれ wasあった, "What's何ですか theその one1 pieceピース of advice助言
その質問とは「君はぼくの娘たちに
07:40
you君は would〜する give与える to myじぶんの girls女の子?"
どんな助言をしてくれるのか」です
07:42
Andそして Jeff'sジェフの advice助言 wasあった,
ジェフの助言は こうです
07:44
"Be〜する aa traveller旅行者, notない aa touristツーリスト.
「観光客ではなく 旅人になりなさい
07:46
Get取得する offオフ theその busバス. Seekシーク outでる what's何ですか different異なる.
バスから降りて 新しいことを探しなさい
07:48
Approachアプローチ theその cow."
牝牛に近づいてごらん」
07:51
"Soそう it'sそれは 10 years fromから now," I said前記,
ぼくは言いました
「じゃあ 10年後
07:53
"andそして myじぶんの daughters are about to take取る their彼らの first最初 trip旅行 abroad海外, andそして I'm私は notない hereここに.
娘たちが初めて海外旅行に行くことになったとする
07:55
What would〜する you君は telltell themそれら?"
ぼくはもういない
君は何て言うんだい?」
07:58
He said前記, "I would〜する approachアプローチ thisこの journey
ジェフは言いました
「ぼくなら この旅を
08:00
asとして aa young若い child mightかもしれない approachアプローチ aa mud puddle水たまり.
子どもが水たまりに近づくみたいにするね
08:02
You君は canできる bend曲げる over以上 andそして look見える at〜で yourきみの reflection反射 in theその mirror
身をかがめて
自分の姿が映っているのを見る
08:04
andそして maybe多分 run走る yourきみの finger andそして make作る aa small小さい ripple波紋,
たぶん 指を水の中で動かして
さざなみを立ててみるよ
08:07
orまたは you君は canできる jumpジャンプ in andそして thrashスラッシュ aroundまわり
飛び込んで
ばしゃばしゃ歩くのもいい
08:10
andそして see見る what itそれ feels感じる like好きな, what itそれ smells臭い like好きな."
その感触や匂いを確かめるんだ」
08:12
Andそして asとして he talked話した he had持っていました thatそれ glint輝き in his eye
彼の眼には
あの時と同じ輝きがありました
08:15
thatそれ I first最初 saw見た backバック in Hollandオランダ ---
昔 オランダで初めて見た
08:17
theその glint輝き thatそれ says言う, "Let'sさあ go行く cow tipping転倒,"
「牛を転ばせに行こう」と
言った時の目
08:19
even偶数 thoughしかし we我々 never決して didした tip先端 theその cow,
ぼくたちは結局 牛を転ばせなかったし
08:21
even偶数 thoughしかし noいいえ one1 tipsヒント theその cow,
誰も牛を転ばせなくても
08:24
even偶数 thoughしかし cows don'tしない sleep睡眠 standing立っている upアップ.
牛は立ったまま眠っていなくても
08:26
He said前記, "I want欲しいです to see見る you君は backバック hereここに girls女の子, at〜で theその end終わり of thisこの experience経験,
それでも「君たちが泥んこになって
帰るのを楽しみにしているよ」と
08:30
covered覆われた in mud."
ジェフは言うつもりなのです
08:33
Two weeks after myじぶんの diagnosis診断, aa biopsy生検 confirmed確認済み
診断の二週間後
組織検査の結果が出て
08:38
I had持っていました aa seven-inch7インチ osteosarcoma骨肉腫
18 センチの骨肉腫が
08:40
in myじぶんの left femur大腿骨.
左の大腿骨で見つかりました
08:42
Six6 hundred Americansアメリカ人 aa year get取得する an osteosarcoma骨肉腫.
アメリカでは年間 600人が骨肉腫と宣告されます
08:44
Eighty-five85 percentパーセント are under 21.
その85 %は21 歳以下
08:47
Onlyのみ aa hundred adults大人 aa year
成人で骨肉腫になるのは
08:49
get取得する one1 of theseこれら diseases病気.
100人だけ
08:51
Twenty20 years ago, doctors医師 would〜する have持ってる cutカット offオフ myじぶんの leg andそして hoped望んでいた,
20年前なら医者はぼくの脚を切断し
再発しないことを
08:53
andそして thereそこ wasあった aa 15 percentパーセント survival生存 rateレート.
祈ったでしょう
生存率は15 %でした
08:56
Andそして then次に in theその 1980's〜の, they彼ら determined決定
それが 1980 年代になって
08:59
thatそれ one1 particular特に cocktailカクテル of chemo化学療法薬 couldできた be〜する effective効果的な,
ある薬の組み合わせがよく効く
ということがわかりました
09:01
andそして within以内 weeks I had持っていました started開始した thatそれ regimenレジメン.
数週間のうちにその治療法を始めました
09:04
Andそして since以来 we我々 are in aa medical医療 roomルーム,
入院してから 4ヶ月半
09:07
I went行った throughを通して four4つの andそして aa halfハーフ months数ヶ月 of chemo化学療法薬.
化学療法を受けました
09:09
Actually実際に I had持っていました Cisplatinシスプラチン, Doxorubicinドキソルビシン
シスプラチン ドキソルビシン
09:11
andそして very非常に high-dose高用量 Methotrexateメトトレキセート.
それに大量のメトトレキサート
09:13
Andそして then次に I had持っていました aa 15-hour〜時間 surgery手術
その後 15 時間に及ぶ手術で
09:16
in whichどの myじぶんの surgeon外科医, Drドクター. Johnジョン Healeyヒーリー
NYのスローン・ケタリング記念病院の
09:18
at〜で Memorial記念碑 Sloan-Ketteringスローンケタリング Hospital病院 in New新しい Yorkヨーク,
ジョン・ヒーリー先生が
09:20
took取った outでる myじぶんの left femur大腿骨
ぼくの左大腿骨を取り除き
09:22
andそして replaced置き換えられた itそれ with〜と titaniumチタン.
チタニウムと交換しました
09:24
Andそして ifif you君は didした see見る theその Sanjayサンジェイ special特別,
CNNのサンジェイの特別番組を見た方なら
09:27
you君は saw見た theseこれら enormous巨大な screwsネジ
ぼくの骨盤に取り付けた
09:29
thatそれ they彼ら screwedねじ込まれた into myじぶんの pelvis骨盤.
特大のネジを見ているでしょう
09:31
Then次に he took取った myじぶんの fibula腓骨 fromから myじぶんの calfカーフ,
次に ふくらはぎから腓骨を取り出し
09:33
cutカット itそれ outでる andそして then次に relocated移転した itそれ to myじぶんの thigh大腿,
切って 大腿骨に移植しました
09:36
whereどこで itそれ now lives人生.
今もありますよ
09:39
Andそして what he actually実際に didした wasあった he de-vascularized脱血管化した itそれ fromから myじぶんの calfカーフ
さらに
ふくらはぎから血管組織を取りだし
09:41
andそして re-vascularized再血管新生した itそれ in myじぶんの thigh大腿
大腿骨に血管組織を移し
09:44
andそして then次に connected接続された itそれ
それを膝と腰の
09:46
to theその good良い parts部品 of myじぶんの knee andそして myじぶんの hipヒップ.
健康な部分につないだのです
09:48
Andそして then次に he took取った outでる aa third三番 of myじぶんの quadriceps四頭筋 muscle.
それから大腿四頭筋を1/3 取り除いた
09:51
Thisこの is aa surgery手術 soそう rareまれな
これは非常に珍しい手術で
09:54
onlyのみ two human人間 beings存在 have持ってる survived生き残った itそれ before me.
ぼくの前にこれを受けて生き残ったのは
二人しかいませんでした
09:56
Andそして myじぶんの reward褒賞 forために surviving生き残る itそれ
大手術を生き延びたご褒美は
09:59
wasあった to go行く backバック forために four4つの moreもっと months数ヶ月 of chemo化学療法薬.
さらに4ヶ月間の化学療法でした
10:01
Itそれ wasあった, asとして we我々 said前記 in myじぶんの house,
うちの家族の間では
10:04
aa lost失われた year.
「失われた1年」と呼んでいます
10:06
Becauseなぜなら in thoseそれら opening開ける weeks, we我々 allすべて had持っていました nightmares悪夢.
最初の何週間か
ぼくたちは 悪い夢を見ました
10:08
Andそして one1 night I had持っていました aa nightmare悪夢 thatそれ I wasあった walking歩く throughを通して myじぶんの house,
ある晩の悪夢で ぼくは
10:11
sat座っている at〜で myじぶんの desk andそして saw見た photographs写真 of someone誰か else's他の children子供
家の中を歩き回り
自分の机に向かって座ると
10:13
sitting座っている on myじぶんの desk.
机の上に知らない子の写真が
飾られてあるのです
10:16
Andそして I remember思い出す aa particular特に one1 night thatそれ, whenいつ you君は told言った thatそれ storyストーリー of ---
また ある夜 ヌーランド先生が -
10:18
I don'tしない know知っている whereどこで you君は are Drドクター. Nulandナランド ---
今どこにおられるのか -
その先生が
10:21
of Williamウィリアム Sloaneスローン Coffin ---
ウィリアム・スローン・コフィンのことを
10:23
itそれ made me think思う of itそれ.
話してくれて
ぼくは考え込みました
10:25
Becauseなぜなら I wasあった in theその hospital病院 after, I think思う itそれ wasあった myじぶんの fourth第4 round円形 of chemo化学療法薬
あれは4回目の化学療法の後だと思いますが
10:27
whenいつ myじぶんの numbers数字 went行った to zeroゼロ, andそして I had持っていました basically基本的に noいいえ immune免疫 systemシステム.
数値がゼロ つまり
事実上免疫力がなくなったのです
10:30
Andそして they彼ら put置く me in an infectious感染性の disease疾患 ward at〜で theその hospital病院.
そこで病院の感染症病棟に移されました
10:33
Andそして anybody who came来た to see見る me had持っていました to coverカバー themselves自分自身 in aa maskマスク
面会に来る人は 皆マスクをつけ
10:36
andそして coverカバー allすべて of theその extraneous無関係な parts部品 of their彼らの body.
全身をカバーしていなければなりません
10:39
Andそして one1 night I got持っている aa callコール fromから myじぶんの mother-in-law義理の母
ある夜 義母から電話があって
10:43
thatそれ myじぶんの daughters, at〜で thatそれ time時間 three andそして aa halfハーフ,
当時3歳半だった娘たちが
10:45
wereあった missing行方不明 me andそして feeling感じ myじぶんの absence不在.
ぼくのいないのを寂しがっていると言うのです
10:47
Andそして I hung吊るされた upアップ theその phone電話,
通話が終わると
10:50
andそして I put置く myじぶんの face in myじぶんの hands,
ぼくは両手に顔を埋め
10:52
andそして I screamed叫んだ thisこの silentサイレント scream悲鳴.
声にならない悲鳴を上げました
10:54
Andそして what you君は said前記, Drドクター. Nulandナランド --- I don'tしない know知っている whereどこで you君は are ---
ヌーランド先生がおっしゃったことを
10:58
made me think思う of thisこの today今日.
思い出しました
11:00
Becauseなぜなら theその thought思想 thatそれ came来た to myじぶんの mindマインド
なぜって 頭に浮かんだのは
11:02
wasあった thatそれ theその feeling感じ thatそれ I had持っていました
あのときの気持ちは
11:04
wasあった like好きな aa primalプライマル scream悲鳴.
原初の叫びのようだったからです
11:06
Andそして what wasあった soそう striking印象的な ---
何がそんなに印象的だったのかというと -
11:08
andそして one1 of theその messagesメッセージ I want欲しいです to leave離れる you君は hereここに with〜と today今日 ---
そして今日 ここでみなさんに
お伝えしたいことの一つは -
11:10
is theその experience経験.
あの経験なのです
11:13
Asとして I becameなりました lessもっと少なく andそして lessもっと少なく human人間 ---
ぼくがどんどん人間らしくなくなっていき -
11:15
andそして at〜で thisこの moment瞬間 in myじぶんの life生活, I wasあった probably多分 30 poundsポンド lessもっと少なく thanより I am午前 right now.
あの時点でおそらく今より
15 キロほど軽かったでしょう
11:18
Of courseコース, I had持っていました noいいえ hairヘア andそして noいいえ immune免疫 systemシステム.
もちろん毛は抜け落ち 免疫機能もなし
11:21
They彼ら wereあった actually実際に puttingパッティング blood血液 inside内部 myじぶんの body.
実際 輸血も行われていました
11:24
At〜で thatそれ moment瞬間 I wasあった lessもっと少なく andそして lessもっと少なく human人間,
どんどん人間らしさが失われていき
11:27
I wasあった alsoまた、, at〜で theその same同じ time時間,
しかし同時に
11:29
maybe多分 theその most最も human人間 I've私は everこれまで beenされている.
最も人間的であったのかもしれません
11:31
Andそして what wasあった soそう striking印象的な about thatそれ time時間
あの頃 一番驚いたのは
11:34
wasあった, instead代わりに of repulsing反発する people,
人々がぼくを嫌がるどころか
11:37
I wasあった actually実際に proving証明する to be〜する aa magnet磁石 forために people.
引き寄せられるように やって来たことです
11:39
People wereあった incredibly信じられないほど drawn描かれた.
驚くほど 来ましたよ
11:41
Whenいつ myじぶんの wife andそして I had持っていました kids子供たち, we我々 thought思想 itそれ would〜する be〜する all-hands-on-deckオールハンズオンデッキ.
娘たちが生まれた時
みんなが集まって来るだろうと思ったのですが
11:43
Instead代わりに, itそれ wasあった everybodyみんな runningランニング theその otherその他 way方法.
実際は 皆逃げて行きました
11:46
Andそして whenいつ I had持っていました cancer, we我々 thought思想 it'dそれは be〜する everybodyみんな runningランニング theその otherその他 way方法.
それが ガンになって
疎遠になるだろうと思っていたのに
11:48
Instead代わりに, itそれ wasあった all-hands-on-deckオールハンズオンデッキ.
皆が駆けつけて来たんです
11:51
Andそして whenいつ people came来た to me,
そうして やって来ると
11:53
ratherむしろ thanより beingであること incredibly信じられないほど turned回した offオフ by〜によって what they彼ら saw見た ---
ぼくの様子に気分を悪くするどころかー
11:55
I wasあった like好きな aa living生活 ghost幽霊 ---
ぼくは幽霊みたいだったのですよ -
11:57
they彼ら wereあった incredibly信じられないほど moved移動した
逆にひどく心を動かされ
11:59
to talkトーク about what wasあった going行く on in their彼らの own自分の lives人生.
自分たちの人生について話してくれるんです
12:01
Cancer, I found見つけた, is aa passportパスポート to intimacy親密.
つまり ガンは人の心へのパスポートだったんです
12:04
Itそれ is an invitation招待, maybe多分 even偶数 aa mandate委任,
招待状 いや委任状かも知れません
12:07
to enter入る theその most最も vital重要な arenasアリーナ of human人間 life生活,
人間にとって最も重要な場所
12:09
theその most最も sensitive敏感な andそして theその most最も frightening恐ろしい,
最もデリケートで恐ろしい場所
12:12
theその onesもの thatそれ we我々 never決して want欲しいです to go行く to,
けっして行きたくない場所へのね
12:14
butだけど whenいつ we我々 do行う go行く thereそこ,
しかし そこへ行くと
12:16
we我々 feel感じる incredibly信じられないほど transformed変形した whenいつ we我々 do行う.
大きな変化が起こったことに気づきます
12:18
Andそして thisこの alsoまた、 happened起こった to myじぶんの girls女の子 asとして they彼ら began始まった to see見る,
娘たちにも起こりました
あの子達も理解するようになり
12:21
andそして, we我々 thought思想, maybe多分 becameなりました an ounceオンス moreもっと compassionate思いやりのある.
ほんの少し 今までより
思いやりの心を持つようになりました
12:24
One1 day, myじぶんの daughter Tybeeタイビー,
ある日 娘のタイビーがやって来て
12:27
Tybeeタイビー came来た to me, andそして she彼女 said前記, "I have持ってる soそう muchたくさん love forために you君は in myじぶんの body, daddyパパ,
「パパ、大好きだって気持ちがいっぱいで
12:29
I can'tできない stopやめる giving与える you君は hugs抱擁 andそして kissesキス.
パパをぎゅーって抱っこしてキスしたいの
12:32
Andそして whenいつ I have持ってる noいいえ moreもっと love left, I justちょうど drinkドリンク milkミルク,
その気持ちがなくなったら ミルクを飲むの
12:34
becauseなぜなら that'sそれは whereどこで love comes来る fromから."
『大好き』はミルクで出来てるんだから」
12:37
(Laughter笑い)
(笑)
12:39
Andそして one1 night myじぶんの daughter Edenエデン came来た to me.
ある晩 娘のエデンがやって来ました
12:41
Andそして asとして I lifted持ち上げられた myじぶんの leg outでる of bedベッド,
ぼくがベッドの外に脚を出すと
12:43
she彼女 reached到達した forために myじぶんの crutches松葉杖 andそして handed手渡された themそれら to me.
エデンは松葉杖を取って渡してくれたんです
12:45
In fact事実, ifif I clingしがみつく to one1 memory記憶 of thisこの year,
あの年の記憶を一つだけ留めるとしたら
12:48
itそれ would〜する be〜する walking歩く downダウン aa darkened暗くなった hallway廊下
明かりの消えた廊下を松歩いたことでしょう
12:50
with〜と five spongyスポンジ fingers
娘の柔らかい指がつかんだ
12:52
graspingつかむ theその handleハンドル underneath下の myじぶんの handハンド.
杖の横木をそっと握って歩いたのです
12:54
I didn'tしなかった need必要 theその crutch松葉杖 anymoreもう,
松葉杖は もう要りませんでした
12:56
I wasあった walking歩く on air空気.
最高の気分でした
12:58
Andそして one1 of theその profound深遠な thingsもの thatそれ happened起こった
最も意義深い出来事の一つは
13:01
wasあった thisこの act行為 of actually実際に connecting接続する to allすべて theseこれら people.
そうした人々と実際につながるということでした
13:03
Andそして itそれ made me think思う --- andそして I'll私はよ justちょうど note注意 forために theその record記録 ---
ぼくは考えました
念のため言うと -
13:06
one1 wordワード thatそれ I've私は onlyのみ heard聞いた once一度 actually実際に
昨日 皆で一緒に
13:08
wasあった whenいつ we我々 wereあった allすべて doingやっている Tonyトニー Robbinsロビンズ yogaヨガ yesterday昨日 ---
トニー・ロビンズのヨガをしていた時
一度だけ出た言葉
13:10
theその one1 wordワード thatそれ has持っている notない beenされている mentioned言及した in thisこの seminarセミナー actually実際に
このセミナーでは使わなかった言葉
13:13
is theその wordワード "friend友人."
それは「友」です
13:15
Andそして yetまだ fromから everythingすべて we've私たちは beenされている talking話す about ---
でも話題に上る
13:17
complianceコンプライアンス, orまたは addiction中毒, orまたは weight重量 loss損失 ---
親切 中毒 減量 といったことには
13:19
we我々 now know知っている thatそれ communityコミュニティ is important重要,
コミュニティーが大事だと わかっています
13:21
andそして yetまだ it'sそれは one1 thingもの we我々 don'tしない actually実際に bring持参する in.
それなのにそのことについては話さない
13:23
Andそして thereそこ wasあった something何か incredibly信じられないほど profound深遠な
親しい友人達と一緒に座り
13:26
about sitting座っている downダウン with〜と myじぶんの closest最も近い friends友達
彼らがどんなに大切な存在であるかを話すのは
13:28
andそして telling伝える themそれら what they彼ら meant意味した to me.
とても大事なことだったのです
13:30
Andそして one1 of theその thingsもの thatそれ I learned学んだ is thatそれ over以上 time時間,
長い間に ぼくが学んだことの一つは
13:32
particularly特に men男性, who used中古 to be〜する non-communicative非コミュニケーション,
特に男たちが
以前はなかなか口を開かなかったのに
13:34
are becoming〜になる moreもっと andそして moreもっと communicativeコミュニケーション的.
どんどん話をするようになっている事です
13:37
Andそして thatそれ particularly特に happened起こった --- thereそこ wasあった one1 in myじぶんの life生活 ---
そして特にぼくの人生では
13:39
is thisこの Council評議会 of Dadsお父さん
それが父親団なんです
13:41
thatそれ Lindaリンダ said前記, what we我々 wereあった talking話す about,
リンダは ぼくたちの話す内容は
13:43
it'sそれは like好きな what theその momsママ talkトーク about at〜で school学校 drop-off落ちる.
母親たちが子供を送り学校の外で
話すのと同じだと言うんです
13:45
Andそして noいいえ one1 captures捕獲 thisこの modernモダン manhood男らしい to me
この現代的男性の典型は ぼくにとっては
13:48
moreもっと thanより Davidデビッド Black.
ディヴィッド・ブラックです
13:50
Now Davidデビッド is myじぶんの literary文学 agentエージェント.
ぼくの出版エージェントです
13:52
He's彼は about five-foot5フィート three andそして aa halfハーフ on aa good良い day,
身長は カウボーイブーツをはいて立っても
13:54
standing立っている fully完全に upright直立 in cowboyカウボーイ bootsブーツ.
せいぜい 160 センチ
13:56
Andそして on kind種類 of theその manly-maleマンリー・オス frontフロント, he answers答え theその phone電話 ---
電話に出るときには いかにも男っぽく -
13:58
I canできる sayいう thisこの I guess推測 becauseなぜなら you'veあなたは done完了 itそれ hereここに ---
皆さんも経験があるかと思いますが -
14:01
he answers答え theその phone電話, "Yo, motherfuckerおなら."
「おう なんだよ」と言うんです
14:03
He gives与える boring退屈な speechesスピーチ about obscureあいまいな bottlesボトル of wineワイン,
有名でないワインについて
退屈な講釈をし
14:06
andそして on his 50thth birthdayお誕生日 he bought買った aa convertibleコンバーチブル sportsスポーツ car ---
50歳の誕生日に
オープンスポーツカーを買いました
14:09
althoughただし、, like好きな aa lotロット of men男性, he's彼は impatientせっかち; he bought買った itそれ on his 49thth.
男はせっかちですから 49 歳の誕生日に買ったのですがね
14:12
Butだけど like好きな aa lotロット of modernモダン men男性, he hugs抱擁, he bakes焼く,
でも 今どきの男らしく
抱き合い パンを焼き
14:15
he leaves work作業 early早い to coachコーチ Little少し Leagueリーグ.
少年野球のコーチで早退したりもします
14:18
Someone誰か asked尋ねた me ifif he cried泣いた whenいつ I asked尋ねた him to be〜する in theその council評議会 of dadsお父さん.
父親団に誘った時
彼が泣いたか訊かれたことがあります
14:20
I wasあった like好きな, "Davidデビッド cries泣く whenいつ you君は invite招待する him to take取る aa walk歩く."
こう答えました
「あいつは散歩に誘われても泣くよ」
14:23
(Laughter笑い)
(笑)
14:25
Butだけど he's彼は aa literary文学 agentエージェント,
でも 彼は出版エージェントです
14:27
whichどの means手段 he's彼は aa brokerブローカ of dreams in aa world世界 whereどこで most最も dreams don'tしない come来る true真実.
夢がほぼ実現しない世界で
夢を売る仕事なのです
14:29
Andそして thisこの is what we我々 wanted欲しい him to captureキャプチャー ---
ディヴィッドに示してもらいたかったのは
14:32
what itそれ means手段 to have持ってる setbacks後退 andそして then次に aspirations願望.
挫折し 再び努力するとは
どういうことか です
14:34
Andそして I said前記, "What's何ですか theその most最も valuable貴重な thingもの you君は canできる give与える to aa dreamer夢見る人?"
「夢見る者に与えられる
最も価値あるものは何だろう」と訊くと
14:37
Andそして he said前記, "Aa belief信念 in themselves自分自身."
「自分を信じることだ」と答えます
14:40
"Butだけど whenいつ I came来た to see見る you君は," I said前記, "I didn'tしなかった believe信じる in myself私自身.
「でも ぼくは最初 自分を信じていなかったんだぜ
14:43
I wasあった at〜で aa wall."
壁にぶちあたっていたんだ」と言うと
彼は
14:45
He said前記, "I don'tしない see見る theその wall," andそして I'm私は telling伝える you君は theその same同じ,
「壁なんか見えないね」と言うんです
その通りです
14:47
Don'tしない see見る theその wall.
壁を見るんじゃない
14:49
You君は mayかもしれない encounter出会い one1 fromから time時間 to time時間,
壁にぶつかることは あるでしょう
14:51
butだけど you'veあなたは got持っている to find見つける aa way方法 to get取得する over以上 itそれ, aroundまわり itそれ, orまたは throughを通して itそれ.
それを乗り越え 迂回し
通り抜ける方法を探すんです
14:53
Butだけど whateverなんでも you君は do行う, don'tしない succumb負ける to itそれ.
ともかく負けるんじゃない
14:55
Don'tしない give与える in to theその wall.
壁に道をふさがせるんじゃない
14:58
Myじぶんの home自宅 is notない far遠い fromから theその Brooklynブルックリン Bridgeブリッジ,
うちはブルックリン橋から遠くないところにあり
15:02
andそして during theその year andそして aa halfハーフ I wasあった on crutches松葉杖,
松葉杖をついていた1年半の間
15:05
itそれ becameなりました aa sortソート of symbolシンボル to me.
あれが一種のシンボルになりました
15:07
Soそう one1 day near近く theその end終わり of myじぶんの journey,
ぼくの旅路の終わり近くのある日
15:09
I said前記, "Come来る on girls女の子, let'sさあ take取る aa walk歩く across横断する theその Brooklynブルックリン Bridgeブリッジ."
「おいで ブルックリン橋を渡ろう」と
15:11
We我々 setセット outでる on crutches松葉杖.
娘たちに言ったのです
15:14
I wasあった on crutches松葉杖, myじぶんの wife wasあった next to me,
ぼくは松葉杖をついていました
15:16
myじぶんの girls女の子 wereあった doingやっている theseこれら rockstarロックスター posesポーズ upアップ ahead前方に.
妻が横にいて
娘たちは前の方でロックスターのようなポーズ
15:18
Andそして becauseなぜなら walking歩く wasあった one1 of theその first最初 thingsもの I lost失われた,
ぼくが最初に失ったのは歩く能力だったので
15:21
I spent過ごした most最も of thatそれ year
その年の間中 考えていたのは
15:24
thinking考え about thisこの most最も elemental元素の of human人間 acts行為.
この最も基本的な人間の能力のことでした
15:26
Walking歩く upright直立, we我々 are told言った,
ぼくたちが教わったのは 直立歩行が
15:28
is theその threshold閾値 of what made us米国 human人間.
人間を人間たらしめたものだということです
15:30
Andそして yetまだ, forために theその four4つの million百万 years humans人間 have持ってる beenされている walking歩く upright直立,
それなのに 人類は
400万年も直立歩行をしてきて
15:33
theその act行為 is essentially基本的に unchanged変わらない.
基本的にまだ同じことをしているのです
15:36
Asとして myじぶんの physical物理的 therapistセラピスト likes好きな人 to sayいう,
理学療法士がよくいうことですが
15:38
"Everyすべて stepステップ is aa tragedy悲劇 waiting待っている to happen起こる."
「どの一歩も 事故につながる可能性がある」
15:40
You君は nearlyほぼ fall with〜と one1 leg,
片方の足で転びそうになり
15:43
then次に you君は catchキャッチ yourselfあなた自身 with〜と theその otherその他.
もう一方で踏みとどまろうとする
15:45
Andそして theその biggest最大 consequence結果 of walking歩く on crutches松葉杖 ---
松葉杖を使うようになると何が違うかというと--
15:48
asとして I didした forために aa year andそして aa halfハーフ ---
ぼくはそれを1年半しましたが-
15:50
is thatそれ you君は walk歩く slowerもっとゆっくり.
歩く速度が遅くなるということです
15:52
You君は hurry急いで,
急ぐと
15:54
you君は get取得する whereどこで you'reあなたは going行く, butだけど you君は get取得する thereそこ alone単独で.
目的地には着きますが
ひとりで到着するのです
15:56
You君は go行く slowスロー, you君は get取得する whereどこで you'reあなたは going行く,
ゆっくり歩いても 目的地に着きます
15:59
butだけど you君は get取得する thereそこ with〜と thisこの communityコミュニティ
でも 途中で関わりを持った人々と
16:01
you君は built建てられた along一緒に theその way方法.
一緒に行き着くのです
16:03
At〜で theその riskリスク of admission入場料, I wasあった never決して nicerより良い
正直言うと 松葉杖をついていた頃のぼくは
16:05
thanより theその year I wasあった on crutches松葉杖.
それ以前よりもずっと良い人間でした
16:07
200 years ago,
200年前
16:09
aa new新しい typeタイプ of pedestrian歩行者 appeared出現した in Parisパリ.
パリに新しいタイプの歩行者が登場しました
16:11
He wasあった calledと呼ばれる aa "flaneurフラヌール," one1 who wandersさまよう theその arcadesアーケード.
のらくら者 アーケードをうろつきまわる人です
16:14
Andそして itそれ wasあった theその customカスタム of thoseそれら flaneursフラヌール
そうしたのらくら者は通常
16:17
to showショー they彼ら wereあった men男性 of leisure余暇
有閑階級であることを誇示するために
16:20
by〜によって taking取る turtlesカメ forために walksあるきます
亀を連れ 亀の速度に
16:22
andそして letting〜する theその reptile爬虫類 setセット theその paceペース.
合わせて歩いたのです
16:24
Andそして I justちょうど love thisこの odeオード to slowスロー moving動く.
この ゆったりとした移動を称える言葉が好きで
16:27
Andそして it'sそれは become〜になる myじぶんの own自分の mottoモットー forために myじぶんの girls女の子.
娘たちへの教訓にしているのです
16:29
Take取る aa walk歩く with〜と aa turtleカメ.
亀と散歩しなさい
16:32
Behold見よ theその world世界 in pause一時停止する.
立ち止まり見よ世界を
16:34
Andそして thisこの ideaアイディア of pausing一時停止する
この立ち止まるということが
16:37
mayかもしれない be〜する theその singleシングル biggest最大 lessonレッスン I took取った fromから myじぶんの journey.
ぼくの経験から得た
最高の教訓なのだと思います
16:39
There'sそこに aa quote見積もり fromから Mosesモーセ
自由の鐘の側面には
16:42
on theその side of theその Liberty自由 Bellベル,
モーセの言葉が刻まれています
16:44
andそして itそれ comes来る fromから aa passage通路 in theその book of Leviticusレビ記,
これはレビ記からの引用なのですが
16:46
thatそれ everyすべて sevenセブン years you君は should〜すべき let〜する theその land土地 lay寝る fallow休閑.
7年目には土地に安息を与えなければならない
16:49
Andそして everyすべて sevenセブン setsセット of sevenセブン years,
そして 7年を7つ数えた時には
16:52
theその land土地 gets取得 an extra余分な year of rest残り
1年余分に土地に安息を与える
16:54
during whichどの time時間 allすべて families家族 are reunited再会された
その時 一族がみな再会し
16:57
andそして people surrounded囲まれた with〜と theその onesもの they彼ら love.
家族の集いをするのです
16:59
Thatそれ 50thth year is calledと呼ばれる theその jubileeジャンビリー year,
この50年目の年はヨベルの年と呼ばれ
17:02
andそして it'sそれは theその origin原点 of thatそれ term期間.
50年祭の起源なのです
17:05
Andそして thoughしかし I'm私は shyシャイ of 50,
ぼくはまだ50歳になっていませんが
17:07
itそれ captures捕獲 myじぶんの own自分の experience経験.
これはまさにぼくの経験そのままです
17:09
Myじぶんの lost失われた year wasあった myじぶんの jubileeジャンビリー year.
失われた1年は
ぼくにとってはヨベルの年でした
17:11
By〜によって laying敷設 fallow休閑,
1年間の休みをとることによって
17:14
I planted植え付けた theその seeds種子 forために aa healthierより健康的 future未来
よりよい未来のための種をまき
17:16
andそして wasあった reunited再会された with〜と theその onesもの I love.
愛する者たちと再会したのです
17:18
Come来る theその one1 year anniversary記念日 of myじぶんの journey,
旅の1周年を記念する日
外科医の
17:21
I went行った to see見る myじぶんの surgeon外科医, Drドクター. Johnジョン Healeyヒーリー ---
ジョン・ヒーリー先生を訪ねました
17:23
andそして by〜によって theその way方法, Healeyヒーリー, greatすばらしいです name forために aa doctor医師.
ヒーリーって
お医者さんにぴったりな名前ですね
17:25
He's彼は theその president大統領 of theその International国際 Society社会 of Limb手足 Salvageサルベージ,
先生は 国際四肢救済協会の会長ですが
17:29
whichどの is theその least少なくとも euphemistic婉曲 term期間 I've私は everこれまで heard聞いた.
これは なんともあけすけな団体名ですねえ
17:32
Andそして I said前記, "Drドクター. Healeyヒーリー, ifif myじぶんの daughters come来る to you君は one1 day
ぼくは言いました
「先生 ぼくの娘がある日やって来て
17:35
andそして sayいう, 'What'何 should〜すべき I learn学ぶ fromから myじぶんの daddy'sパパ storyストーリー?''
『父のことから何を学ぶべきでしょう』と
17:38
what would〜する you君は telltell themそれら?"
尋ねたら なんとおっしゃいますか」
17:40
He said前記, "I would〜する telltell themそれら what I know知っている,
先生は
「知っていることを話します
17:42
andそして thatそれ is everybodyみんな dies死ぬ,
つまり 人間はみな死ぬ
17:44
butだけど notない everybodyみんな lives人生.
でも みんなが『生きる』わけではない
17:48
I want欲しいです you君は to liveライブ."
存分に生きなさい」
17:51
I wrote書きました aa letter文字 to myじぶんの girls女の子
ぼくは娘たちに手紙を書きました
17:53
thatそれ appears登場する at〜で theその end終わり of myじぶんの book, "Theその Council評議会 of Dadsお父さん,"
それは『父親団』の巻末に載せ
17:55
andそして I listedリストされた theseこれら lessonsレッスン,
『父親』たちからの教えも列挙しています
17:57
aa few少数 of whichどの you'veあなたは heard聞いた hereここに today今日:
その幾つかはここでお話しした通りです
17:59
Approachアプローチ theその cow, packパック yourきみの flipflopsビーチサンダル,
牛に近づきなさい
ゴムぞうりを持って行きなさい
18:01
don'tしない see見る theその wall,
壁を見るんじゃない
18:03
liveライブ theその questions質問,
問を生きなさい
18:05
harvest収穫 miracles奇跡.
奇跡を収穫しなさい
18:07
Asとして I looked見た at〜で thisこの listリスト --- to me itそれ wasあった sortソート of like好きな aa psalm詩篇 book of living生活 ---
このリストを見ると -
生きるための詩篇のように見えますが -
18:09
I realized実現した, we我々 mayかもしれない have持ってる done完了 itそれ forために our我々の girls女の子,
これは娘たちのためにしたことなのだけれど
18:12
butだけど itそれ really本当に changedかわった us米国.
実際は ぼくたちが変わったのです
18:15
Andそして thatそれ is, theその secret秘密 of theその Council評議会 of Dadsお父さん,
父親団の秘密はここにあります
18:17
is thatそれ myじぶんの wife andそして I didした thisこの
つまり妻とぼくは これを
18:19
in an attempt試みる to help助けて our我々の daughters,
娘たちを助けるためにしたのですが
18:21
butだけど itそれ really本当に changedかわった us米国.
実際はぼくたちが変わったのです
18:24
Soそう I standスタンド hereここに today今日
それで ぼくは今日ここに立っています
18:26
asとして you君は see見る now, walking歩く withoutなし crutches松葉杖 orまたは aa cane.
ご覧のように 松葉杖も杖もなしで歩けます
18:28
Andそして last最終 week週間 I had持っていました myじぶんの 18-month-月 scansスキャン.
先週 18 ヶ月目のスキャンを受けました
18:32
Andそして asとして you君は allすべて know知っている,
ご存知のように
18:34
anybody with〜と cancer has持っている to get取得する follow-upファローアップ scansスキャン.
ガンになった者は 定期的にスキャンを受けます
18:36
In myじぶんの case場合 it'sそれは quarterly四半期ごと.
ぼくの場合 年に4回です
18:38
Andそして allすべて theその collective集団 minds in thisこの roomルーム, I dareあえて sayいう,
みなさんの知恵を全て集めても
18:40
canできる never決して find見つける aa solution溶液 forために scan-xietyスキャン不安.
スキャンへの不安を消す方法は
見つけられないでしょう
18:42
Asとして I wasあった going行く thereそこ, I wasあった wondering不思議, what would〜する I sayいう
検査に向かう最中
どんな結果が出たら
18:45
depending依存する on what happened起こった hereここに.
何と言おうか と考えていました
18:47
I got持っている good良い newsニュース thatそれ day,
その日の結果は良好でした
18:51
andそして I standスタンド hereここに today今日 cancer-freeがんのない,
今は「元」ガン患者としてここにいます
18:53
walking歩く withoutなし aid援助
支えなしに歩き
18:55
andそして hobblingちょこちょこ forward前進.
ともかくも進んでいます
18:57
Andそして I justちょうど want欲しいです to mention言及 briefly簡単に in passing通過 --- I'm私は past過去 myじぶんの time時間 limit限界 ---
ちょっとお知らせしたいのですが --
時間を過ぎてますね
19:00
butだけど I justちょうど want欲しいです to briefly簡単に mention言及 in passing通過
ちょっとだけ付け加えさせて下さい
19:03
thatそれ one1 of theその niceいい thingsもの thatそれ canできる come来る outでる of aa conference会議 like好きな thisこの
講演していると 良いことが起こります
19:05
is, at〜で aa similar類似 meeting会議,
似たような集まりで
19:07
backバック in theその spring,
この春に ぼくたちのことを知った
19:09
Anneアニー Wojcickiウォーシッキー heard聞いた about our我々の storyストーリー
アン・ウォジツキさんが
19:11
andそして very非常に quickly早く --- in aa spanスパン of three weeks ---
すばやく行動して--
ほんの3週間で
19:13
put置く theその full満員 resourcesリソース of 23andMeアンドミー,
23andMe の総力を挙げ
19:15
andそして we我々 announced発表 an initiativeイニシアチブ in July7月
7月に計画を発表しました
19:17
to get取得する to decodeデコード theその genomeゲノム
心臓組織の腫瘍や骨肉腫を
19:20
of anybody, aa living生活 person
持つ人はだれでも
19:22
with〜と aa heartハート tissue組織, bone sarcoma肉腫.
その遺伝情報を調べるというのです
19:25
Andそして she彼女 told言った me last最終 night, in theその three months数ヶ月 since以来 we've私たちは done完了 itそれ,
先週 彼女から聞いたのですが
計画開始から3ヶ月で
19:28
we've私たちは gotten得た 300 people who've誰が contributed貢献した to thisこの programプログラム.
300人がこの計画に参加したということです
19:31
Andそして theその epidemiologists疫学者 hereここに will意志 telltell you君は,
疫学の先生方はご存知のことですが
19:34
that'sそれは halfハーフ theその number of people who get取得する theその disease疾患
これはアメリカで一年にこの病気と診断される
19:36
in one1 year in theその Unitedユナイテッド States.
人の半数に当たります
19:38
Soそう ifif you君は go行く to 23andMeアンドミー,
ですから 23andMe か
19:40
orまたは ifif you君は go行く to councilofdads議会議院.comcom, you君は canできる clickクリック on aa linkリンク.
councilofdads.com に行ったら
リンクをクリックしてください
19:42
Andそして we我々 encourage奨励します anybody to join参加する thisこの effort努力.
この運動にぜひ協力してもらいたいのです
19:45
Butだけど I'll私はよ justちょうど close閉じる what I've私は beenされている talking話す about
最後に ひとつだけお話しして
19:48
by〜によって leaving去る you君は with〜と thisこの messageメッセージ:
終わりにします
19:51
Mayかもしれない you君は find見つける an excuse言い訳 to reachリーチ outでる to some一部 long-lost長く失われた pal仲間,
長いこと連絡が途絶えていた友人や
19:53
orまたは to thatそれ collegeカレッジ roommateルームメイト,
大学時代のルームメイト
19:55
orまたは to some一部 person you君は mayかもしれない have持ってる turned回した away離れて fromから.
疎遠になった人達に なんとか連絡できますように
19:57
Mayかもしれない you君は find見つける aa mud puddle水たまり to jumpジャンプ in someplaceどこか,
どこかに飛び込める水たまりが
見つかりますように
19:59
orまたは find見つける aa way方法 to get取得する over以上, aroundまわり, orまたは throughを通して anyどれか wall
みなさんと夢とを隔てる壁を 乗り越え
20:02
thatそれ standsスタンド betweenの間に you君は andそして one1 of yourきみの dreams.
迂回し あるいは通り抜ける方法が
見つかりますように
20:04
Andそして everyすべて now andそして then次に,
そして たまには
20:07
find見つける aa friend友人, find見つける aa turtleカメ,
友や 亀と一緒に
20:09
andそして take取る aa long長いです, slowスロー walk歩く.
ゆっくりと長い散歩が出来ますように
20:11
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ありがとうございました
20:14
(Applause拍手)
(拍手)
20:17
Translated by Masako Sato
Reviewed by Yuriko Hida

▲Back to top

About the speaker:

Bruce Feiler - Writer
Bruce Feiler is the author of "The Secrets of Happy Families," and the writer/presenter of the PBS miniseries "Walking the Bible."

Why you should listen

Bruce Feiler is the author of nine books, including Walking the BibleAbraham, and America’s Prophet. He is also the writer/presenter of the PBS miniseries Walking the Bible. His book The Council of Dads tells the uplifting story of how friendship and community can help one survive life’s greatest challenges. Most recently Feiler published The Secrets of Happy Families, in which he calls for a new approach to family dynamics, inspired by cutting-edge techniques gathered from experts in the disciplines of science, business, sports and the military.

Feiler’s early books involve immersing himself in different cultures and bringing other worlds vividly to life. These include Learning to Bow, an account of the year he spent teaching in rural Japan; Looking for Class, about life inside Oxford and Cambridge; and Under the Big Top, which depicts the year he spent performing as a clown in the Clyde Beatty-Cole Bros. Circus.
 
Walking the Bible describes his perilous, 10,000-mile journey retracing the Five Books of Moses through the desert. The book was hailed as an “instant classic” by the Washington Post and “thoughtful, informed, and perceptive” by the New York Times.

More profile about the speaker
Bruce Feiler | Speaker | TED.com