English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2012

Jared Ficklin: New ways to see music (with color! and fire!)

ジャレド・フィックリン 「新しい音楽の見かた(色で見る! 炎で見る!)」

Filmed
Views 672,881

デザイナーのジャレド・フィックリンが、音楽を鮮烈に視覚化します。色による表現、さらにはTEDステージに初めて火を持ち込んで、音が私達にどのような感覚を与えるのかを明らかにします。さらにそこからスケートボード場の音の分析に進み、音が私達の創造性をどう高めるかを分析します。 ジャレド・フィックリンはフロッグ・デザインでユーザーインターフェースを設計しています。趣味として、光や形や火による音楽の表現を追求しています。

- Visualizer
In his day job, Jared Ficklin makes user interfaces at frog design. As a hobby, he explores what music looks like ... in light, in shapes, in fire. Full bio

Myじぶんの passions情熱
私が 情熱を注いでいるのは
音楽とテクノロジーと物作りです
00:16
are music音楽, technology技術 andそして making作る thingsもの.
私が 情熱を注いでいるのは
音楽とテクノロジーと物作りです
00:17
Andそして it'sそれは theその combination組み合わせ of theseこれら thingsもの
これらを組み合わせて
00:21
thatそれ has持っている ledLED me to theその hobby趣味 of sound visualization視覚化,
音を視覚化することが趣味になりました
00:24
andそして, on occasion機会, has持っている ledLED me to play遊びます with〜と fire火災.
時には 火も扱います
00:26
Thisこの is aa Rubens'ルーベンス ' tubeチューブ. It'sそれは one1 of manyたくさんの I've私は made over以上 theその years,
これはルーベンスチューブです
00:31
andそして I have持ってる one1 hereここに tonight今晩.
私が作った物の一つです ご覧ください
00:33
It'sそれは about an 8-foot-long- 足長 tubeチューブ of metal金属,
2.4mほどの金属管で
約100個の穴があり ―
00:35
it'sそれは got持っている aa hundred orまたは soそう holes on top,
2.4mほどの金属管で
約100個の穴があり ―
00:36
on thatそれ side is theその speakerスピーカー, andそして hereここに
片側はスピーカ
反対はタンクへの配管です
00:38
is some一部 lab研究室 tubingチュービング, andそして it'sそれは connected接続された to thisこの tankタンク
片側はスピーカ
反対はタンクへの配管です
00:39
of propaneプロパン.
プロパンガスです
00:41
Soそう, let'sさあ fire火災 itそれ upアップ andそして see見る what itそれ doesする.
それでは火をつけてみましょう
00:44
Soそう let'sさあ play遊びます aa 550-herz-herz frequency周波数
次に周波数550Hzの音を流します
00:53
andそして watch時計 what happens起こる.
ご覧ください
00:55
(Frequency周波数)
(音)
00:57
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとう (拍手)
01:05
It'sそれは okayはい to applaud賞賛 theその laws法律 of physics物理,
物理法則に拍手するのはいいとして
ここで起きたことは ―
01:08
butだけど essentially基本的に what's何ですか happeningハプニング hereここに
物理法則に拍手するのはいいとして
ここで起きたことは ―
01:10
--- (Laughter笑い) ---
(笑)
01:11
is theその energyエネルギー fromから theその sound via経由 theその air空気 andそして gasガス molecules分子
音のエネルギーが 空気とガスの分子を通して
01:13
is influencing影響を及ぼす theその combustion燃焼 propertiesプロパティ of propaneプロパン,
プロパンの燃焼性に影響を与え
01:17
creating作成 aa visible目に見える waveform波形,
波形を作り出します
01:20
andそして we我々 canできる see見る theその alternating交互の regions地域 of compression圧縮
圧力の高い部分と低い部分が
01:22
andそして rarefaction希薄化 thatそれ we我々 callコール frequency周波数,
交互に ― つまり周波数が見えます
01:24
andそして theその height高さ is showing表示 us米国 amplitude振幅.
高さは振幅を表します
01:26
Soそう let'sさあ change変化する theその frequency周波数 of theその sound,
それでは音の周波数を変えて
01:28
andそして watch時計 what happens起こる to theその fire火災.
炎がどう変化するか見てみましょう
01:30
(Higher高い frequency周波数)
(周波数を上げる)
01:31
Soそう everyすべて time時間 we我々 hitヒット aa resonant共鳴する frequency周波数 we我々 get取得する aa standing立っている wave
共振周波数になると定在波が生じて
01:42
andそして thatそれ emergent緊急の sine正弦 curve曲線 of fire火災.
炎のサイン曲線が表れます
01:45
Soそう let'sさあ turn順番 thatそれ offオフ. We're私たちは indoors屋内.
室内なので もう消しましょう
01:47
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとう (拍手)
01:48
I alsoまた、 have持ってる with〜と me aa flame火炎 table.
「フレイムテーブル」も持ってきました
01:54
It'sそれは very非常に similar類似 to aa Rubens'ルーベンス ' tubeチューブ, andそして it'sそれは alsoまた、 used中古
ルーベンスチューブと同様に
01:56
forために visualizing視覚化する theその physical物理的 propertiesプロパティ of sound,
音の物理特性を視覚化できます
01:58
suchそのような asとして eigenmodes固有モード, soそう let'sさあ fire火災 itそれ upアップ
たとえば固有モードです
02:00
andそして see見る what itそれ doesする.
火を点けて どうなるか見てみましょう
02:02
Oohああ. (Laughter笑い)
おっ (笑)
02:08
Okayはい. Now, whilewhile theその table comes来る upアップ to pressure圧力,
テーブルの圧力が上がる間に
指摘しておきたいのは
02:12
let〜する me note注意 hereここに thatそれ theその sound is notない traveling旅行
音は直線状に進むのではなく
02:15
in perfect完璧な lines. It'sそれは actually実際に traveling旅行 in allすべて directions行き方,
あらゆる方向に進むということです
02:17
andそして theその Rubens'ルーベンス ' tube'sチューブの aa little少し like好きな bisecting二等分 thoseそれら waves
ルーベンスチューブが音波を
線状に切り出すのに対して
02:20
with〜と aa lineライン, andそして theその flame火炎 table'sテーブルの aa little少し like好きな
フレイムテーブルは音波を
02:23
bisecting二等分 thoseそれら waves with〜と aa plane飛行機,
平面的に切り出すと言えます
02:25
andそして itそれ canできる showショー aa little少し moreもっと subtle微妙 complexity複雑, whichどの is whyなぜ
複雑さを細かく表せるので
ジェフ・ファリーナのギター演奏を
02:27
I like好きな to useつかいます itそれ to watch時計 Geoffジオフ Farinaファリーナ play遊びます guitarギター.
見るにはうってつけです
02:31
(Music音楽)
(音楽)
02:33
Allすべて right, soそう it'sそれは aa delicate繊細 danceダンス.
繊細なダンスのようです
03:15
Ifif you君は watch時計 closely密接に — (Applause拍手)
よく見ると ― (拍手)
03:17
Ifif you君は watch時計 closely密接に, you君は mayかもしれない have持ってる seen見た
固有モードが見えたかも知れません
03:19
some一部 of theその eigenmodes固有モード, butだけど alsoまた、 you君は mayかもしれない have持ってる seen見た
炎とジャズは
03:22
thatそれ jazzジャズ music音楽 is betterより良い with〜と fire火災.
相性がいいことにも気づくでしょう
03:25
Actually実際に, aa lotロット of thingsもの are betterより良い with〜と fire火災 in myじぶんの world世界,
火と相性がいいものはたくさんあります
03:29
butだけど theその fire's火事 justちょうど aa foundation財団.
ただ 火は土台に過ぎません
03:31
Itそれ showsショー very非常に wellよく thatそれ eyes canできる hear聞く,
目でも聞けることを 火が示しているのです
03:34
andそして thisこの is interesting面白い to me becauseなぜなら
目でも聞けることを 火が示しているのです
03:35
technology技術 allows許す us米国 to presentプレゼント sound to theその eyes
私が面白いと思うのは
テクノロジーを使って
03:36
in ways方法 thatそれ accentuate強調する theその strength of theその eyes
目の特性を生かしながら
音を見えるようにできること ―
03:39
forために seeing見る sound, suchそのような asとして theその removal除去 of time時間.
たとえば時間を無視できることです
03:42
Soそう hereここに, I'm私は usingを使用して aa renderingレンダリング algorithmアルゴリズム to paintペイント
私はレンダリングアルゴリズムを使って
03:45
theその frequencies周波数 of theその song "Smells臭い Like好きな Teen十代 Spirit精神"
ニルヴァーナの曲
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の
03:48
in aa way方法 thatそれ theその eyes canできる take取る themそれら in
周波数を 目で見えるように
1つのイメージにしました
03:51
asとして aa singleシングル visualビジュアル impression印象, andそして theその technique技術
周波数を 目で見えるように
1つのイメージにしました
03:53
will意志 alsoまた、 showショー theその strengths強み of theその visualビジュアル cortex皮質
この技術を使うと大脳視覚野が
03:55
forために patternパターン recognition認識.
パターン認識に
優れていることもわかります
03:57
Soそう ifif I showショー you君は another別の song offオフ thisこの albumアルバム,
同じアルバムの別の曲を見ると
ニルヴァーナが反復を用いていることが
03:58
andそして another別の, yourきみの eyes will意志 easily簡単に pickピック outでる
同じアルバムの別の曲を見ると
ニルヴァーナが反復を用いていることが
04:00
theその useつかいます of repetition繰り返し by〜によって theその bandバンド Nirvana涅槃,
よくわかります
04:04
andそして in theその frequency周波数 distribution分布, theその colors,
周波数の分布 つまり色から
04:07
you君は canできる see見る theその clean-dirty-cleanきれいな汚れをきれいにする sound
このバンドの特長である
清-濁-清 という音のパターンがわかります
04:09
thatそれ they彼ら are famous有名な forために,
このバンドの特長である
清-濁-清 という音のパターンがわかります
04:12
andそして hereここに is theその entire全体 albumアルバム asとして aa singleシングル visualビジュアル impression印象,
これはアルバム全体を1つのイメージにしたものです
04:13
andそして I think思う thisこの impression印象 is prettyかなり powerful強力な.
とても力強いイメージです
04:17
At〜で least少なくとも, it'sそれは powerful強力な enough十分な thatそれ
どのくらい力強いかというと
04:19
ifif I showショー you君は theseこれら four4つの songs,
次の4曲を見て ―
04:20
andそして I remind思い出させる you君は thatそれ thisこの is "Smells臭い Like好きな Teen十代 Spirit精神,"
ちなみにこれが「スメルズ・ライク・
ティーン・スピリット」ですが ―
04:22
you君は canできる probably多分 correctly正しく guess推測, withoutなし listening聞いている
音を聞かなくても おおむね正しく
04:24
to anyどれか music音楽 at〜で allすべて, thatそれ theその song
筋金入りのニルヴァーナ・ファンが
気に入りそうなのはこの曲 ―
04:27
aa die死ぬ hardハード Nirvana涅槃 fanファン would〜する enjoy楽しんで is thisこの song,
筋金入りのニルヴァーナ・ファンが
気に入りそうなのはこの曲 ―
04:28
"I'll私はよ Stickスティック Aroundまわり" by〜によって theその Foofoo Fighters戦闘機,
フー・ファイターズの「アイル・
スティック・アラウンド」だと言える程です
04:30
whoseその lead singer歌手 is Daveデイブ Grohlグロース,
リード・シンガーのデイヴ・グロールは
04:33
who wasあった theその drummerドラマー in Nirvana涅槃.
ニルヴァーナのドラマーをしていました
04:35
Theその songs are aa little少し similar類似, butだけど mostly主に
2曲は確かに似ていますが
04:38
I'm私は justちょうど interested興味がある in theその ideaアイディア thatそれ somedayいつか maybe多分
もっぱら私が関心があるのは
04:40
we'll私たちは buy購入 aa song becauseなぜなら we我々 like好きな theその way方法 itそれ looks外見.
曲を見た目で買う日が
来るかもしれないという発想です
04:41
Allすべて right, now forために some一部 moreもっと sound dataデータ.
さらに音のデータを見ましょう
04:46
Thisこの is dataデータ fromから aa skateスケート parkパーク,
これはスケートボード場で録音しました
04:47
andそして thisこの is Mabelマーベル Davisデビス skateスケート parkパーク
テキサス州オースチンにある ―
04:49
in Austinオースティン, Texasテキサス. (Skateboardスケートボード sounds)
メイベル・デイビス・スケートパークです
(スケートボードの音)
04:51
Andそして theその sounds you'reあなたは hearing聴覚 came来た fromから eight8
今 聞こえる音は
04:54
microphonesマイク attached添付された to obstacles障害 aroundまわり theその parkパーク,
障害物に取り付けた
8つのマイクで録りました
04:55
andそして itそれ sounds like好きな chaos混沌, butだけど actually実際に
雑音のようですが 実際は
04:57
allすべて theその tricksトリック start開始 with〜と aa very非常に distinct明確な slap平手打ち,
どの技も特徴的な音で始まり ―
04:59
butだけど successful成功した tricksトリック end終わり with〜と aa popポップ,
成功するとポンという音 ―
05:03
whereas一方、 unsuccessful失敗した tricksトリック
失敗すると こすれる音や
05:04
moreもっと of aa scratchスクラッチ andそして aa tumble転落,
転がる音で終わります
05:06
andそして tricksトリック on theその railレール will意志 ringリング outでる like好きな aa gongゴング, andそして
レールに乗る技はゴングのように響き
05:08
voices occupy占める very非常に uniqueユニークな frequencies周波数 in theその skateスケート parkパーク.
人の声は特徴的な周波数を占めます
05:12
Soそう ifif we我々 wereあった to renderレンダリングする theseこれら sounds visually視覚的に,
だから ここの音を視覚化したら
05:15
we我々 mightかもしれない end終わり upアップ with〜と something何か like好きな thisこの.
こんな感じになります
05:17
Thisこの is allすべて 40 minutes of theその recording録音,
これが40分にわたる録音の全てです
05:18
andそして right away離れて theその algorithmアルゴリズム tells伝える us米国
このアルゴリズムでわかることは
05:21
aa lotロット moreもっと tricksトリック are missed逃した thanより are made,
技の多くは失敗し
05:23
andそして alsoまた、 aa trickトリック on theその railsレール is aa lotロット moreもっと likelyおそらく
レールを使った技は
05:25
to produce作物 aa cheer応援, andそして ifif you君は look見える really本当に closely密接に,
歓声を伴うことが多いということです
さらに細かく見ると
05:27
we我々 canできる teaseからかう outでる trafficトラフィック patternsパターン.
移動パターンを知ることができます
05:30
You君は see見る theその skatersスケーター oftenしばしば trickトリック in thisこの direction方向. Theその obstacles障害 are easierより簡単に.
スケーターはこの方向に滑ります
この方が障害が簡単だからです
05:32
Andそして in theその middle中間 of theその recording録音, theその micsマイク pickピック thisこの upアップ,
これは録音中盤でマイクがとらえました
05:38
butだけど later後で in theその recording録音, thisこの kidキッド showsショー upアップ,
ところが後半で少年が現れ ―
05:39
andそして he starts開始する usingを使用して aa lineライン at〜で theその top of theその parkパーク
上にあるコースを使い
トール・レールの上で
05:42
to do行う some一部 very非常に advanced高度な tricksトリック on something何か
とても難しい技を始めました
05:45
calledと呼ばれる theその tall背の高い railレール.
とても難しい技を始めました
05:47
Andそして it'sそれは fascinating魅力的な. At〜で thisこの moment瞬間 in time時間,
興味深いことに この瞬間 ―
05:48
allすべて theその rest残り of theその skatersスケーター turn順番 their彼らの lines 90 degrees
他のスケーター全員がコースの方向を
90度変えて彼に場所を譲ったのです
05:50
to stay滞在 outでる of his way方法.
他のスケーター全員がコースの方向を
90度変えて彼に場所を譲ったのです
05:54
You君は see見る, there'sそこに aa subtle微妙 etiquetteエチケット in theその skateスケート parkパーク,
パークには細かい作法があり
05:55
andそして it'sそれは ledLED by〜によって keyキー influencersインフルエンサー,
影響力をもつ人がいます
05:58
andそして they彼ら tend傾向がある to be〜する theその kids子供たち who canできる do行う theその bestベスト tricksトリック,
そういう人は 腕がすごいとか
赤いパンツ姿と相場は決まっています
05:59
orまたは wear着る red pantsズボン, andそして on thisこの day theその micsマイク picked選んだ thatそれ upアップ.
この日マイクが捉えたのは
そんな作法です
06:03
Allすべて right, fromから skateスケート physics物理 to theoretical理論的 physics物理.
次はスケートボードの物理から
理論物理学へ移りましょう
06:05
I'm私は aa big大きい fanファン of Stephenスティーブン Hawking鷹狩り,
私はスティーブン・ホーキングの大ファンで
06:09
andそして I wanted欲しい to useつかいます allすべて eight8 hours時間
ケンブリッジでの講義8時間分を使って
オマージュを制作しようと考えました
06:11
of his Cambridgeケンブリッジ lecture講義 seriesシリーズ to create作成する an homage敬意.
ケンブリッジでの講義8時間分を使って
オマージュを制作しようと考えました
06:12
Now, in thisこの seriesシリーズ he's彼は speaking話し中 with〜と theその aid援助 of aa computerコンピューター,
この連続講義で ホーキング氏は
コンピュータを使って話しています
06:15
whichどの actually実際に makes作る identifying識別 theその ends終わり of sentences文章
だから文の終わりを特定するのは簡単です
06:18
fairlyかなり easy簡単. Soそう I wrote書きました aa steering操舵 algorithmアルゴリズム.
そこで私はステアリング
アルゴリズムを作りました
06:21
Itそれ listens聞く to theその lecture講義, andそして then次に itそれ uses用途
これで講義を取り込み ―
06:24
theその amplitude振幅 of each wordワード to move動く aa pointポイント on theその x-axisx軸,
個々の語の振幅を用いて
X軸上の点を動かします
06:26
andそして itそれ uses用途 theその inflection屈曲 of sentences文章
さらに文の音調の変化をとらえて
06:29
to move動く aa same同じ pointポイント upアップ andそして downダウン on theその y-axisy軸.
その点をY軸にそって上下させます
06:31
Andそして theseこれら trend傾向 lines, you君は canできる see見る, there'sそこに moreもっと questions質問
この傾向線を見ると 物理法則について
06:34
thanより answers答え in theその laws法律 of physics物理,
解答より 疑問の方が
多いことがわかります
06:36
andそして whenいつ we我々 reachリーチ theその end終わり of aa sentence,
文末に達すると
06:38
we我々 place場所 aa star at〜で thatそれ locationロケーション.
そこに星を付けます
06:40
Soそう there'sそこに aa lotロット of sentences文章, soそう aa lotロット of stars,
文が多いので たくさん星があります
06:43
andそして after renderingレンダリング allすべて of theその audioオーディオ, thisこの is what we我々 get取得する.
音声を全て表示すると こうなります
06:45
Thisこの is Stephenスティーブン Hawking's鷹の universe宇宙.
これがスティーブン・ホーキングの宇宙です
06:48
(Applause拍手)
(拍手)
06:51
It'sそれは allすべて eight8 hours時間 of theその Cambridgeケンブリッジ lecture講義 seriesシリーズ
8時間に渡るケンブリッジでの講義を
06:58
taken撮影 in asとして aa singleシングル visualビジュアル impression印象,
一枚のイメージにしたものです
07:00
andそして I really本当に like好きな thisこの image画像,
私はこれを大変気に入っていますが
07:02
butだけど aa lotロット of people think思う it'sそれは fake.
いい加減だと考える人が多いので
07:04
Soそう I made aa moreもっと interactiveインタラクティブ versionバージョン,
インタラクティブ版を作りました
07:06
andそして theその way方法 I didした thatそれ is I used中古 their彼らの positionポジション in time時間
講義における時間的な位置を使って
07:08
in theその lecture講義 to place場所 theseこれら stars into 3Dd spaceスペース,
三次元空間に 星を配置し
07:13
andそして with〜と some一部 customカスタム softwareソフトウェア andそして aa Kinectキネクト,
自作のソフトとKinectで
07:16
I canできる walk歩く right into theその lecture講義.
講義の中に入ることができるようにしました
07:18
I'm私は going行く to wave throughを通して theその Kinectキネクト hereここに
Kinectに向けて手を振り 操作します
07:21
andそして take取る controlコントロール, andそして now I'm私は going行く to reachリーチ outでる
Kinectに向けて手を振り 操作します
07:23
andそして I'm私は going行く to touchタッチ aa star, andそして whenいつ I do行う,
手を伸ばして星に触れると
07:24
itそれ will意志 play遊びます theその sentence
その星を生成した元の文が再生できます
07:28
thatそれ generated生成された thatそれ star.
その星を生成した元の文が再生できます
07:30
Stephenスティーブン Hawking鷹狩り: Thereそこ is one1, andそして onlyのみ one1, arrangement配置
「各部分が完全な像を構成するような
07:31
in whichどの theその pieces作品 make作る aa completeコンプリート picture画像.
唯一の配置があります」
07:35
Jaredジャレド Ficklinフィクリン: Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとう (拍手)
07:38
Thereそこ are 1,400 stars.
ここには1,400個の星があります
07:42
It'sそれは aa really本当に fun楽しい way方法 to explore探検する theその lecture講義,
講義を楽しく探究できます
07:45
andそして, I hope希望, aa fittingフィッティング homage敬意.
オマージュにふさわしいでしょうか
07:47
Allすべて right. Let〜する me close閉じる with〜と aa work作業 in progress進捗.
最後に制作中の作品をご覧ください
07:48
I think思う, after 30 years, theその opportunity機会 exists存在する
クローズド・キャプションの登場から30年 ―
07:54
to create作成する an enhanced強化された versionバージョン of closed閉まっている captioning字幕.
強化版を作る機会を得ました
07:57
Now, we've私たちは allすべて seen見た aa lotロット of TEDTalksテッドトーク onlineオンライン,
みんなTEDトークをオンラインで見ますが
07:59
soそう let'sさあ watch時計 one1 now with〜と theその sound turned回した offオフ
音を消して クローズド・キャプションを ―
08:01
andそして theその closed閉まっている captioning字幕 turned回した on.
ONにしたものを見てみましょう
08:04
There'sそこに noいいえ closed閉まっている captioning字幕 forために theその TEDテッド themeテーマ song,
TEDのテーマ曲には字幕がありません
08:08
andそして we're私たちは missing行方不明 itそれ, butだけど ifif you'veあなたは watched見た enough十分な of theseこれら,
字幕がなくても たくさん見ていれば
08:10
you君は hear聞く itそれ in yourきみの mind's心の ear,
頭の中で
08:12
andそして then次に applause拍手 starts開始する.
テーマと拍手が聞こえるでしょう
08:13
Itそれ usually通常 begins始まる hereここに, andそして itそれ grows成長する andそして then次に itそれ falls落ちる.
ここで始まり 盛り上がって消えます
08:16
Sometimes時々 you君は get取得する aa little少し star applause拍手,
拍手が特に大きい時もあります
08:18
andそして then次に I think思う even偶数 Billビル Gatesゲート takesテイク aa nervous神経質な breath呼吸,
ビル・ゲイツですら不安そうに息をしてから
08:20
andそして theその talkトーク begins始まる.
トークが始まります
08:23
Allすべて right, soそう let'sさあ watch時計 thisこの clipクリップ again再び.
もう一度ビデオを見ましょう
08:25
Thisこの time時間, I'm私は notない going行く to talkトーク at〜で allすべて.
今度は私はしゃべりません
08:30
There'sそこに stillまだ going行く to be〜する noいいえ audioオーディオ,
音声はありませんが
08:32
butだけど what I am午前 going行く to do行う is I'm私は going行く to renderレンダリングする theその sound
音を視覚的に描画して
08:33
visually視覚的に in realリアル time時間 at〜で theその bottom of theその screen画面.
画面下部にリアルタイムで表示します
08:35
Soそう watch時計 closely密接に andそして see見る what yourきみの eyes canできる hear聞く.
皆さんの目は
何を「聞く」ことができるでしょうか
08:39
Thisこの is fairlyかなり amazing素晴らしい to me.
すごいことだと思います
09:03
Even偶数 on theその first最初 view見る, yourきみの eyes will意志 successfully正常に
1度見ただけでも
パターンが見つけられますが
09:05
pickピック outでる patternsパターン, butだけど on repeated繰り返し views再生回数,
何度か見ると 皆さんの脳は
09:08
yourきみの brain actually実際に gets取得 betterより良い
パターンを情報に置き換えることに慣れ
09:12
at〜で turning旋回 theseこれら patternsパターン into information情報.
パターンを情報に置き換えることに慣れ
09:13
You君は canできる get取得する theその toneトーン andそして theその timbre音色
音調や音質 話すペースが
わかるようになります
09:15
andそして theその paceペース of theその speechスピーチ,
音調や音質 話すペースが
わかるようになります
09:17
thingsもの thatそれ you君は can'tできない get取得する outでる of closed閉まっている captioning字幕.
字幕からはとらえられないものです
09:18
Thatそれ famous有名な sceneシーン in horrorホラー movies映画
ホラー映画でありがちな ―
09:20
whereどこで someone誰か is walking歩く upアップ fromから behind後ろに
何者かが後ろから迫ってくる場面も
09:22
is something何か you君は canできる see見る,
見えるようになります
09:25
andそして I believe信じる thisこの information情報 would〜する be〜する something何か
これらの情報は
09:27
thatそれ is useful有用 at〜で times whenいつ theその audioオーディオ is turned回した offオフ
音声がオフの場合や
聞こえない場合に役立つでしょう
09:29
orまたは notない heard聞いた at〜で allすべて, andそして I speculate推測する thatそれ deaf聴覚障害者 audiences観客
また耳が聞こえない人は
聞こえる人に比べて
09:32
mightかもしれない actually実際に even偶数 be〜する betterより良い
音を見ることに
09:35
at〜で seeing見る sound thanより hearing聴覚 audiences観客.
長けていると思うのです
09:36
I don'tしない know知っている. It'sそれは aa theory理論 right now.
まだ仮説で はっきりわかりません
09:38
Actually実際に, it'sそれは allすべて justちょうど an ideaアイディア.
単なるアイデアです
09:40
Andそして let〜する me end終わり by〜によって saying言って thatそれ sound moves動き in allすべて directions行き方,
最後になりますが ―
音はあらゆる方向に広がります
09:41
andそして soそう do行う ideasアイデア.
アイデアも同じです
09:45
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとうございます (拍手)
09:47
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Jared Ficklin - Visualizer
In his day job, Jared Ficklin makes user interfaces at frog design. As a hobby, he explores what music looks like ... in light, in shapes, in fire.

Why you should listen

Jared Ficklin is a Senior Principal Design Technologist at frog, where he builds user experiences for clients, playing with interactions including touch and multi-touch, and applying physics to enhance the user experience. A passion for music and making things introduced him to the hobby of sound visualization, which has led him on occasion to play with fire. (As Flash on the Beach puts it, "Jared Ficklin’s sonic experiments stood out for their individuality, drama and casual disregard for health and safety.") Every March in Austin, Texas, Ficklin organizes the frog party, a collective social experiment for a few thousand people attending SXSW Interactive. It's a form of playful R&D for social technology. And he has spent 10 years helping fund, design and  build quality free public skateparks for Austin as part of the Austin Public Skatepark Action Committee. 

More profile about the speaker
Jared Ficklin | Speaker | TED.com