English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDSalon London Spring 2012

Georgette Mulheir: The tragedy of orphanages

ジョルジェット・ムルヘア 「孤児院の悲劇」

Filmed
Views 808,987

孤児院は多大な費用がかかる上、子どもの心と体に取り返しのつかないダメージを与える可能性があります。にもかかわらず、なぜこれほど多く存在するのでしょうか?ジョルジェット・ムルヘアは孤児院での悲劇を語ることを通して、支援が必要な子どもたちを別の方法で救い、孤児院に頼ることをやめるよう強く訴えます。

- CEO, Lumos
Georgette Mulheir is a pioneer for the movement to end child abuse in the form of orphanages. Full bio

Across横断する Europeヨーロッパ andそして Central中央 Asiaアジア,
ヨーロッパと中央アジアでは
00:17
approximately one1 million百万 children子供 liveライブ in large
およそ100万人の子ども達が
00:19
residential居住の institutions機関, usually通常 known既知の asとして orphanages孤児院.
大規模な居住型施設 ―
孤児院で 暮らします
00:22
Most最も people imagine想像する orphanages孤児院 asとして aa benign良性 environment環境
孤児院と聞くと
愛情あふれる温かな環境を
00:26
thatそれ careお手入れ forために children子供.
思い浮かべる人も多く
00:29
Othersその他 know知っている moreもっと about theその living生活 conditions条件 thereそこ,
孤児院の実態を
わかっている人ですら
00:31
butだけど stillまだ think思う they're彼らは aa necessary必要 evil悪の.
必要悪だと考えています
00:34
After allすべて, whereどこで elseelse would〜する we我々 put置く allすべて of thoseそれら children子供
両親のいない子どもを
そんなにたくさん
00:36
who don'tしない have持ってる anyどれか parents?
収容できる場所は
他にないからです
00:40
Butだけど 60 years of research研究 has持っている demonstrated実証済み
しかし 60年に渡る
研究で明らかになったのは
00:42
thatそれ separating分離する children子供 fromから their彼らの families家族
子どもを家族から引き離し
00:45
andそして placing配置 themそれら in large institutions機関
巨大な施設に入れることで
00:48
seriously真剣に harmsハザード their彼らの health健康 andそして development開発,
健康や発達が
損なわれるという事実です
00:50
andそして thisこの is particularly特に true真実 forために young若い babies赤ちゃん.
生後間もない赤ちゃんでは
特に顕著です
00:53
Asとして we我々 know知っている, babies赤ちゃん are bornうまれた
赤ちゃんは
00:56
withoutなし their彼らの full満員 muscle development開発,
筋肉も脳も未発達の状態で
00:58
andそして thatそれ includes含む theその brain.
生まれてきます
01:01
During theその first最初 three years of life生活, theその brain grows成長する
脳は 3才までに
成長を完了しますが
01:03
to itsその full満員 sizeサイズ, with〜と most最も of thatそれ growth成長 taking取る place場所
成長過程の大部分は
01:06
in theその first最初 six6 months数ヶ月. Theその brain develops発展する
生後6か月までに起ります
01:09
in response応答 to experience経験 andそして to stimulation刺激.
脳は経験と刺激に
応じて発達します
01:11
Everyすべて time時間 aa young若い baby赤ちゃん learns学ぶ something何か new新しい ---
赤ちゃんが新しい事を
学ぶたび たとえば ―
01:14
to focusフォーカス itsその eyes,
目の焦点を合わせる
01:18
to mimic模倣する aa movement移動 orまたは aa facialフェイシャル expression表現,
動きや表情をまねる
何かを手に取る
01:20
to pickピック something何か upアップ, to form aa wordワード orまたは to sit座る upアップ ---
単語を話す お座りする
そういった事を学ぶたびに
01:23
new新しい synapticシナプス connections接続 are beingであること built建てられた in theその brain.
新しいシナプスの結合が
脳で形成されます
01:27
New新しい parents are astonished驚いた by〜によって theその rapidity迅速性 of thisこの learning学習.
親になると 子どもの
学習の速さに驚きます
01:30
They彼ら are quiteかなり rightly正しく amazed驚く andそして delighted喜んで by〜によって their彼らの children's子供たち cleverness賢い.
親が子ども達の能力に
感心したり 喜んだりするのは当然です
01:34
They彼ら communicate通信する their彼らの delight喜び to their彼らの children子供,
親は喜びを子どもに伝え
01:39
who respond応答する with〜と smiles笑顔,
子どもは笑顔と
01:42
andそして aa desire慾望 to achieve達成する moreもっと andそして to learn学ぶ moreもっと.
もっとやりたい もっと学びたい
という希望で応えます
01:44
Thisこの formingフォーミング of theその powerful強力な attachmentアタッチメント betweenの間に child andそして parent
親子間に
愛情が芽生えることで
01:48
provides提供する theその building建物 blocksブロック forために physical物理的, socialソーシャル,
身体的 社会的 ―
01:52
language言語, cognitive認知 andそして psychomotor精神運動 development開発.
言語 認知 精神運動面の
発達の基礎ができます
01:55
Itそれ is theその modelモデル forために allすべて future未来 relationships関係 with〜と friends友達,
親子関係は 将来の
人間関係 つまり友人や
01:58
with〜と partnersパートナー andそして with〜と their彼らの own自分の children子供.
パートナーや我が子との
関係の基礎になります
02:03
Itそれ happens起こる soそう naturally当然 in most最も families家族
ほとんどの家庭で
関係は自然にできあがり―
02:06
thatそれ we我々 don'tしない even偶数 notice通知 itそれ. Most最も of us米国 are unaware認識しない
意識されません
02:08
of itsその importance重要度 to human人間 development開発 andそして, by〜によって extension拡張,
親子関係が人間の発達や
02:11
to theその development開発 of aa healthy健康 society社会.
健全な社会の発展に
重要だと気づきにくいのです
02:15
Andそして it'sそれは onlyのみ whenいつ itそれ goes行く wrong違う thatそれ we我々 start開始 to realize実現する
関係に問題が生じて はじめて ―
02:18
theその importance重要度 of families家族 to children子供.
子どもにとって家庭が
重要だとわかるのです
02:20
In August8月, 1993, I had持っていました myじぶんの first最初 opportunity機会 to witness証人
1993年の8月に
私が初めて目にしたのは
02:23
on aa massive大規模 scale規模 theその impact影響 on children子供
子どもが施設に収容され
十分に世話されないため
02:27
of institutionalization制度化 andそして theその absence不在 of parenting子育て.
大きな影響を
受けている様子でした
02:31
Thoseそれら of us米国 who remember思い出す theその newspaper新聞 reportsレポート
1989年の革命後の
02:36
thatそれ came来た outでる of Romaniaルーマニア after theその 1989 revolution革命
ルーマニアでの
新聞報道が記憶にある方は
02:38
will意志 recall想起 theその horrors恐怖 of theその conditions条件 in some一部 of thoseそれら institutions機関.
施設の劣悪な状況を
思い出せるでしょう
02:42
I wasあった asked尋ねた to help助けて theその directorディレクター of aa large institution機関 to
私は依頼されて
大規模施設の所長を援助し
02:46
help助けて prevent防ぐ theその separation分離 of children子供 fromから their彼らの families家族.
子どもを家族と
別れさせない活動をしました
02:49
Housingハウジング 550 babies赤ちゃん, thisこの wasあった Ceausescu'sセウセスクス showショー orphanage孤児院,
550人の赤ちゃんを収容する
チャウシェスクのモデル孤児院だったので
02:53
andそして soそう I'd私は beenされている told言った theその conditions条件 wereあった muchたくさん betterより良い.
状況は他より ずっと良いと
聞かされていました
02:57
Having持つ worked働いた with〜と lotsロット of young若い children子供, I expected期待される
私は小さい子どもがいる
現場で働いてきたので
03:00
theその institution機関 to be〜する aa riot暴動 of noiseノイズ,
施設は騒々しいだろうと
予想していました
03:02
butだけど itそれ wasあった asとして silentサイレント asとして aa convent修道院.
ところが修道院のように静かです
03:05
Itそれ wasあった hardハード to believe信じる thereそこ wereあった anyどれか children子供 thereそこ at〜で allすべて,
子どもがいるとは
とても思えないのに
03:07
yetまだ theその directorディレクター showed示した me into roomルーム after roomルーム,
所長が案内してくれる
どの部屋にも
03:10
each containing含有 row upon〜に row of cotsベビーベッド,
無数のベッドが
並んでいます
03:13
in each of whichどの lay寝る aa child staring凝視する into spaceスペース.
子どもがベッドに横たわり
ぼんやりと宙を眺めています
03:16
In aa roomルーム of 40 newborns新生児, notない one1 of themそれら wasあった crying泣く.
40人の新生児がいる部屋でも
泣き声は聞こえません
03:22
Yetまだ I couldできた see見る soiled汚れた nappiesおむつ, andそして I couldできた see見る
おむつが汚れている様子や
03:25
thatそれ some一部 of theその children子供 wereあった distressed苦しい,
むずかる様子は見ましたが
03:27
butだけど theその onlyのみ noiseノイズ wasあった aa low低い, continuous連続 moan息子.
聞こえるのは子ども達が
力なく発するうめき声だけ
03:29
Theその head nurseナース told言った me proudly誇らしげに,
保育士長が誇らしげに言いました
03:33
"You君は see見る, our我々の children子供 are very非常に well-behavedよく振る舞う."
「子ども達は とても
お行儀がいいでしょう」
03:35
Over以上 theその next few少数 days日々, I began始まった to realize実現する
その後 数日でわかりました
03:38
thatそれ thisこの quietness静か wasあった notない exceptional例外的.
静かなのは そこだけではないのです
03:41
Theその newly新しく admitted認められた babies赤ちゃん would〜する cry泣く forために theその first最初 few少数 hours時間,
赤ちゃんが入所すると
最初の数時間は泣きます
03:43
butだけど their彼らの demands要求 wereあった notない met会った, andそして soそう eventually最終的に
でも欲求が
満たされないとわかると
03:47
they彼ら learned学んだ notない to bother気にする. Within以内 aa few少数 days日々,
泣かなくなるのです
赤ちゃんは数日で
03:49
they彼ら wereあった listless無情な, lethargic無気力, andそして staring凝視する into spaceスペース
無気力 無関心で
宙を眺めるだけになります
03:51
like好きな allすべて theその othersその他.
どの子も同じです
03:55
Over以上 theその years, manyたくさんの people andそして newsニュース reportsレポート
長年 多くの人や新聞報道が
03:57
have持ってる blamed非難された theその personnel人員 in theその institutions機関
施設の職員を批判してきました
04:00
forために theその harm caused原因 to theその children子供, butだけど oftenしばしば, one1 memberメンバー
彼らが子どもに
害を与えているというのです
04:02
of staffスタッフ is caring思いやりのある forために 10, 20, andそして even偶数 40 children子供.
でも職員1人で10〜20人
時には40人の子どもを世話するのです
04:05
Henceそれゆえに they彼ら have持ってる noいいえ optionオプション butだけど to implement実装する aa regimented統制された programプログラム.
だから決められた計画を
実施するのが精一杯です
04:09
Theその children子供 must必須 be〜する woken目覚めた at〜で 7 andそして fed給餌した at〜で 7:30.
子どもを7時に起こし
7時30分に食事を与えます
04:13
At〜で 8, their彼らの nappiesおむつ must必須 be〜する changedかわった, soそう aa staffスタッフ memberメンバー
8時にはおむつを替えるので
04:17
mayかもしれない have持ってる onlyのみ 30 minutes to feedフィード 10 orまたは 20 children子供.
担当する10〜20人に
食事を与える時間はわずか30分です
04:20
Ifif aa child soils土壌 itsその nappyおむつ at〜で 8:30, he will意志 have持ってる to wait待つ
子どもが8時30分に
おむつを汚してしまうと
04:23
severalいくつかの hours時間 before itそれ canできる be〜する changedかわった again再び.
取り替えてもらうまでに
数時間待たねばなりません
04:27
Theその child's子供の daily毎日 contact接触 with〜と another別の human人間 beingであること
子どもが他の人間と
触れ合う時間は
04:30
is reduced削減 to aa few少数 hurried急いで minutes of feeding給餌 andそして changing変化,
食事とおむつ交換の時だけ
1日わずか数分に限られ
04:32
andそして otherwiseさもないと their彼らの onlyのみ stimulation刺激 is theその ceiling天井,
それ以外の刺激と言えば
04:37
theその walls orまたは theその barsバー of their彼らの cotsベビーベッド.
天井と壁とベッドの柵だけなのです
04:40
Since以来 myじぶんの first最初 visit訪問 to Ceausescu'sセウセスクス institution機関,
初めてチャウシェスクの
施設を訪れてから
04:44
I've私は seen見た hundreds数百 of suchそのような places場所 across横断する 18 countries,
チェコ共和国や
スーダンをはじめ 18か国で
04:47
fromから theその Czechチェコ Republic共和国 to Sudanスーダン.
数百か所の施設を見てきました
04:50
Across横断する allすべて of theseこれら diverse多様 lands土地 andそして cultures文化,
土地や文化が
多様であっても
04:53
theその institutions機関, andそして theその child's子供の journey throughを通して themそれら,
施設や そこでの子どもの暮らしは
04:56
is depressingly憂鬱な similar類似.
憂鬱になるほどよく似ています
04:59
Lack欠如 of stimulation刺激 oftenしばしば leadsリード to self-stimulating自己刺激的 behaviors行動
外からの刺激が少ないため
自己刺激行動 ―
05:02
like好きな hand-flappingハンドフラッピング, rockingロッキング backバック andそして forth前進,
手をヒラヒラさせたり
前後に揺れたり
05:05
orまたは aggression侵略, andそして in some一部 institutions機関, psychiatric精神科 drugs薬物
攻撃的になる様子が見られます
施設によっては そんな行動を
05:08
are used中古 to controlコントロール theその behavior動作 of theseこれら children子供,
向精神薬で制御したり
05:11
whilstしばらく in othersその他, children子供 are tied結ばれた upアップ to prevent防ぐ themそれら
自分や他者を傷つけないように
05:14
fromから harming害を与える themselves自分自身 orまたは othersその他.
縛ったりするのです
05:17
Theseこれら children子供 are quickly早く labeledラベルされた asとして having持つ disabilities障害
こんな子どもは「障害者」として
05:19
andそして transferred移転した to another別の institution機関 forために children子供 with〜と disabilities障害.
障害児用の施設に送られます
05:22
Most最も of theseこれら children子供 will意志 never決して leave離れる theその institution機関 again再び.
一度 施設に入ると
出所する事はまれです
05:25
Forために thoseそれら withoutなし disabilities障害, at〜で age年齢 three,
障害のない子どもでも
3才になると
05:30
they're彼らは transferred移転した to another別の institution機関, andそして at〜で age年齢 sevenセブン,
別の施設に送られ
さらに7才で
05:32
to yetまだ another別の. Segregated分離された accordingに従って to age年齢 andそして gender性別,
次の施設に送られます
年令と性別で分けられるので
05:35
they彼ら are arbitrarily任意に separated分離された fromから their彼らの siblings兄弟,
兄弟姉妹ですら
離ればなれになります
05:39
oftenしばしば withoutなし even偶数 aa chanceチャンス to sayいう goodbyeさようなら.
別れを言う間さえ
与えられないことも
05:41
There'sそこに rarelyまれに enough十分な to eat食べる. They彼ら are oftenしばしば hungry空腹.
食べ物は不十分で
飢えることもしばしばです
05:45
Theその olderより古い children子供 bullyいじめ theその little少し onesもの. They彼ら learn学ぶ to
年上の子が小さい子をいじめます
05:48
survive生き残ります. They彼ら learn学ぶ to defend守る themselves自分自身, orまたは they彼ら go行く under.
子ども達は生きる術として
身を守るために屈服します
05:51
Whenいつ they彼ら leave離れる theその institution機関, they彼ら find見つける itそれ really本当に difficult難しい
施設を出ると
社会に適応する ―
05:54
to cope対処する andそして to integrate統合する into society社会.
大変さを知ります
05:58
In Moldovaモルドバ, young若い women女性 raised育った in institutions機関
モルドバでは
施設で育った女性は
06:01
are 10 times moreもっと likelyおそらく to be〜する trafficked人身売買された thanより their彼らの peers同僚,
そうでない女性の10倍の確率で
人身売買の対象になります
06:04
andそして aa Russianロシア study調査 found見つけた thatそれ two years after leaving去る institutions機関,
ロシアでの調査では
施設を出て2年後までに
06:08
young若い adults大人, 20 percentパーセント of themそれら had持っていました aa criminal犯罪者 record記録,
20%が犯罪を犯し
06:12
14 percentパーセント wereあった involved関係する in prostitution売春,
14%が売春に関わり
06:17
andそして 10 percentパーセント had持っていました taken撮影 their彼らの own自分の lives人生.
10%が自殺するそうです
06:20
Butだけど whyなぜ are thereそこ soそう manyたくさんの orphans孤児 in Europeヨーロッパ
近年 戦争や災害のないヨーロッパに
06:24
whenいつ thereそこ hasn't持っていない beenされている aa greatすばらしいです deal対処 of war戦争 orまたは disaster災害 in recent最近 years?
何故これほど多くの孤児が
いるのでしょうか?
06:27
In fact事実, moreもっと thanより 95 percentパーセント of theseこれら children子供 have持ってる living生活 parents,
実は孤児の親の95%以上は
生きています
06:31
andそして societies社会 tend傾向がある to blame責任 theseこれら parents
親は自分の子を捨てたと
06:35
forために abandoning放棄する theseこれら children子供, butだけど research研究 showsショー thatそれ
世間から非難されますが
調査によれば
06:37
most最も parents want欲しいです their彼らの children子供, andそして thatそれ theその primary一次 driversドライバー
ほとんどの親は
子どもと暮らしたいのです
06:40
behind後ろに institutionalization制度化
子どもを施設に送る 主な理由は
06:43
are poverty貧困, disability障害 andそして ethnicity民族性.
貧困 障害 民族的な問題です
06:46
Manyたくさんの countries have持ってる notない developed発展した inclusive包括的な schools学校,
多くの国では障害児を
受け入れる学校がなく
06:50
andそして soそう even偶数 children子供 with〜と aa very非常に mildマイルド disability障害
障害の程度が軽くても
06:53
are sent送られた away離れて to aa residential居住の special特別 school学校,
6~7才で 寄宿制の
06:56
at〜で age年齢 six6 orまたは sevenセブン.
特別支援学校に送られます
06:58
Theその institution機関 mayかもしれない be〜する hundreds数百 of milesマイル away離れて fromから theその family家族 home自宅.
施設は自宅から
何百キロも離れている場合もあり
07:00
Ifif theその family's家族の poor貧しい, they彼ら find見つける itそれ difficult難しい to visit訪問,
貧しい家庭なら
訪問もままならないため
07:04
andそして gradually徐々に theその relationship関係 breaks休憩 downダウン.
親子関係が
次第に壊れてしまいます
07:07
Behind後ろに each of theその million百万 children子供 in institutions機関,
施設にいる どの子にも
07:11
thereそこ is usually通常 aa storyストーリー of parents who are desperate絶望的な
必死なのに万策尽きた
親がいるのです
07:14
andそして feel感じる they've彼らは run走る outでる of optionsオプション, like好きな Nataliaナタリア in Moldovaモルドバ,
モルドバのナタリアも
そんな親の一人です
07:18
who onlyのみ had持っていました enough十分な moneyお金 to feedフィード her彼女 baby赤ちゃん,
赤ちゃんを養う
ギリギリのお金しかなく
07:23
andそして soそう had持っていました to send送信する her彼女 olderより古い son息子 to theその institution機関;
上の息子を施設に
送らねばなりませんでした
07:26
orまたは Desiデシ, in Bulgariaブルガリア, who looked見た after her彼女 four4つの children子供
ブルガリアのデシには
子どもが4人いましたが
07:29
at〜で home自宅 until〜まで her彼女 husband died死亡しました,
夫が亡くなり フルタイムで
07:32
butだけど then次に she彼女 had持っていました to go行く outでる to work作業 full満員 time時間,
働かねばならなくなりました
07:34
andそして with〜と noいいえ supportサポート, feltフェルト she彼女 had持っていました noいいえ optionオプション
支援もなく
障害のある子どもを
07:37
butだけど to place場所 aa child with〜と disabilities障害 in an institution機関;
施設に入れるしか
ありませんでした
07:39
orまたは theその countless無数 young若い girls女の子 tooあまりにも terrified恐ろしい to telltell their彼らの parents
また無数の若い女性が
親に妊娠を知られることを恐れて
07:43
they're彼らは pregnant妊娠している, who leave離れる their彼らの babies赤ちゃん in aa hospital病院;
病院に赤ん坊を置き去りにします
07:46
orまたは theその new新しい parents, theその young若い coupleカップル who have持ってる
親になったばかりのカップルが
07:49
justちょうど found見つけた outでる thatそれ their彼らの firstborn先生 child has持っている aa disability障害,
初めての子どもに障害が
あるとわかっても
07:52
andそして instead代わりに of beingであること provided提供された with〜と positiveポジティブ messagesメッセージ
医者は子どもの可能性について
07:57
about their彼らの child's子供の potential潜在的な, are told言った by〜によって theその doctors医師,
前向きなことを言ってはくれません
08:00
"Forget忘れる her彼女, leave離れる her彼女 in theその institution機関,
「この子の事は忘れて
施設に入れなさい
08:03
go行く home自宅 andそして make作る aa healthy健康 one1."
家に帰って
健康な子を作ればいい」
08:06
Thisこの state状態 of affairs事務 is neitherどちらも necessary必要 norまた is itそれ inevitable必然的.
でも こんな事は避けられます
08:09
Everyすべて child has持っている theその right to aa family家族, deserves〜に値する
全ての子どもには
家族をもつ権利があり
08:13
andそして needsニーズ aa family家族, andそして children子供 are amazingly驚くほど resilient弾力のある.
家族が必要です
子どもには素晴らしい回復力があり
08:16
We我々 find見つける thatそれ ifif we我々 get取得する themそれら outでる of institutions機関 andそして into loving愛する
早い段階で
施設から出して
08:20
families家族 early早い on, they彼ら recover回復します their彼らの developmental発達する delays遅れ,
愛情豊かな家庭を与えれば
発達の遅れを取り戻し
08:22
andそして go行く on to lead normal正常, happyハッピー lives人生.
普通の幸せな暮らしを送れます
08:26
It'sそれは alsoまた、 muchたくさん cheaper安い to provide提供する supportサポート to families家族
さらに家族に対する支援は
08:29
thanより itそれ is to provide提供する institutions機関.
施設を供給するより低コストです
08:32
One1 study調査 suggests提案する thatそれ aa family家族 supportサポート serviceサービス
調査によれば
家族支援サービスのコストは
08:35
costsコスト 10 percentパーセント of an institutional制度的 placement配置,
施設に送るコストのわずか1割です
08:38
whilstしばらく good良い quality品質 foster育てる careお手入れ
また優れた養子システムでも
08:41
costsコスト usually通常 about 30 percentパーセント.
3割ほどしかかかりません
08:43
Ifif we我々 spend費やす lessもっと少なく on theseこれら children子供 butだけど on theその right servicesサービス,
適切な支援を提供しつつ
コストを下げることで
08:46
we我々 canできる take取る theその savings節約 andそして reinvest再投資 themそれら in high高い quality品質
重度の障害をもつ子ども達向けの
08:49
residential居住の careお手入れ forために thoseそれら few少数 children子供 with〜と extremely極端な complex複合体 needsニーズ.
質の高い居住型ケアに
資金を分配できるのです
08:53
Across横断する Europeヨーロッパ, aa movement移動 is growing成長する to shiftシフト theその focusフォーカス
ヨーロッパでは
ケアの質が低い―
08:58
andそして transfer転送 theその resourcesリソース fromから large institutions機関
大規模施設よりも
子どもを保護し
09:02
thatそれ provide提供する poor貧しい quality品質 careお手入れ to community-basedコミュニティベース servicesサービス
子どもの能力を伸ばせる
地域型サービスを発展させようと
09:05
thatそれ protect保護する children子供 fromから harm andそして allow許す themそれら to develop開発する
関心がよせられ
資金も移行しています
09:09
to their彼らの full満員 potential潜在的な. Whenいつ I first最初 started開始した to work作業 in Romaniaルーマニア
ルーマニアでは
私が最初に働いた20年ほど前には
09:12
nearlyほぼ 20 years ago, thereそこ wereあった 200,000 children子供 living生活
施設に20万人の子どもがいて
09:16
in institutions機関, andそして moreもっと entering入る everyすべて day.
数は日に日に増加していました
09:20
Now, thereそこ are lessもっと少なく thanより 10,000, andそして
ところが現在では1万人を割り込み
09:23
family家族 supportサポート servicesサービス are provided提供された across横断する theその country.
国中で家族支援サービスが
提供されています
09:25
In Moldovaモルドバ, despite何と extreme極端な poverty貧困 andそして theその terribleひどい effects効果
モルドバでは
極度の貧困と世界金融危機の
09:29
of theその globalグローバル financial金融 crisis危機, theその numbers数字 of children子供
影響にもかかわらず入所者数は
09:33
in institutions機関 has持っている reduced削減 by〜によって moreもっと thanより 50 percentパーセント
この5年間で
50%以上 減っています
09:36
in theその last最終 five years, andそして theその resourcesリソース are beingであること
その結果 資金が
家族支援サービスや
09:38
redistributed再分配された to family家族 supportサポート servicesサービス andそして inclusive包括的な schools学校.
「インクルーシブ教育」に
割り振られているのです
09:42
Manyたくさんの countries have持ってる developed発展した national全国 actionアクション plans予定 forために change変化する.
多くの国が変革のための
行動計画を策定しています
09:46
Theその Europeanヨーロッパ Commission手数料 andそして otherその他 majorメジャー donorsドナー
欧州委員会や
他の主な支援団体は
09:50
are finding所見 ways方法 to divert転向 moneyお金 fromから institutions機関
施設向けだった資金を
09:52
towards方向 family家族 supportサポート, empowering力を与える communitiesコミュニティ
家族支援や
地域の子育て支援に
09:56
to look見える after their彼らの own自分の children子供.
向けはじめています
09:59
Butだけど thereそこ is stillまだ muchたくさん to be〜する done完了 to end終わり theその systematic系統的
それでも子どもを施設に
入れさせないために
10:01
institutionalization制度化 of children子供.
すべきことは 山ほどあります
10:04
Awareness-raising意識向上 is required必須 at〜で everyすべて levelレベル of society社会.
社会のあらゆる層で
意識を高める活動が必要です
10:06
People need必要 to know知っている theその harm thatそれ institutions機関 cause原因 to children子供,
施設は子どもに害を与えること ―
10:10
andそして theその betterより良い alternatives代替案 thatそれ exist存在する.
そして 代替案があることを
知らせなければなりません
10:13
Ifif we我々 know知っている people who are planningプランニング to supportサポート orphanages孤児院,
孤児院を支援しようとする人がいたら
10:16
we我々 should〜すべき convince説得する themそれら to supportサポート family家族 servicesサービス instead代わりに.
代わりに家族支援サービスを
支援するよう説得すべきです
10:19
Together一緒に, thisこの is theその one1 form of child abuse乱用
孤児院は虐待の一種で
10:23
thatそれ we我々 couldできた eradicate根絶する in our我々の lifetime一生.
私たちの世代でなくせるはずです
10:26
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとうございます (拍手)
10:29
(Applause拍手)
(拍手)
10:32
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

Georgette Mulheir - CEO, Lumos
Georgette Mulheir is a pioneer for the movement to end child abuse in the form of orphanages.

Why you should listen

We know that the early years of a person's life are critical for social and cognitive development, and that the adults present during that time have a strong influence on this growth -- so why is it so common for society to separate child and parent? Why are 1 million children across Europe and Central Asia living in large orphanages, which are harmful to their health and psyches? Georgette Mulheir wants to put an end to this practice. She works tirelessly as the CEO of Lumos, an NGO founded by JK Rowling dedicated to ending worldwide systematic institutionalization. For the past 20 years Mulheir has worked primarily in Central and Eastern Europe to shift resources away from orphanages and toward alternate family services, such as foster care and day support. Since she started working in Romania in 1993, the landscape there has improved dramatically -- from 200,000 children in orphanages to 20,000.

More profile about the speaker
Georgette Mulheir | Speaker | TED.com