English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2013

Phil Hansen: Embrace the shake

フィル・ハンセン 「震えを受け入れる」

Filmed
Views 2,176,144

フィル・ハンセンは美術学校時代、激しい手の震えに襲われ、大好きだった点描画が描けなくなりました。完全に打ちのめされた彼は、目標を見失います。立ち直るきっかけは神経科の医師のこんな単純なアドバイスでした。「限界を受け入れなさい・・・そして乗り越えなさい。」

- Multimedia artist
Taking a cue from his own artistic journey, Phil Hansen challenges us to spark our creativity by thinking inside the box. Full bio

Soそう, whenいつ I wasあった in artアート school学校,
美術学校に通っていた時に
00:12
I developed発展した aa shake振る in myじぶんの handハンド,
手が震えるようになりました
00:14
andそして thisこの wasあった theその straightestまっすぐ lineライン I couldできた drawドロー.
できるだけ まっすぐ描いた
つもりでも こうです
00:16
Now in hindsight後見人, itそれ wasあった actually実際に good良い forために some一部 thingsもの,
思い返せば 震えが
役立つときもありました
00:19
like好きな mixing混合 aa canできる of paintペイント orまたは shaking振る aa Polaroidポラロイド,
ペンキを混ぜるとか
ポラロイド写真を振るとか
00:21
butだけど at〜で theその time時間 thisこの wasあった really本当に doomsday最悪の日.
でも 当時は何もかも
終わったと思いました
00:24
Thisこの wasあった theその destruction破壊 of myじぶんの dream of becoming〜になる an artistアーティスト.
芸術家になる夢が
断たれたのです
00:27
Theその shake振る developed発展した outでる of, really本当に,
震えの原因は
点描を極めようと
00:31
aa single-minded一心 pursuit追求 of pointillism点字主義,
長年 極小の点を
打ち続けた結果です
00:33
justちょうど years of making作る tiny小さな, tiny小さな dotsドット.
長年 極小の点を
打ち続けた結果です
00:35
Andそして eventually最終的に theseこれら dotsドット went行った fromから beingであること perfectly完全に round円形
完ぺきな丸だった点は
震えのせいで
00:38
to looking探している moreもっと like好きな tadpolesオタク, becauseなぜなら of theその shake振る.
オタマジャクシみたいな
形になっていきました
00:41
Soそう to compensate補償する, I'd私は holdホールド theその penペン tighterよりタイトな,
そうならないように
ペンを強く握ると
00:45
andそして thisこの progressively徐々に made theその shake振る worse悪化する,
震えがどんどん悪化するので
00:47
soそう I'd私は holdホールド theその penペン tighterよりタイトな stillまだ.
一層 強く握るようになります
00:50
Andそして thisこの becameなりました aa vicious悪質な cycleサイクル thatそれ ended終了しました upアップ
こんな悪循環が続き
激痛と関節の症状が出て
00:52
causing原因 soそう muchたくさん pain痛み andそして jointジョイント issues問題,
こんな悪循環が続き
激痛と関節の症状が出て
00:54
I had持っていました troubleトラブル holdingホールディング anything何でも.
ものを持てなくなりました
00:56
Andそして after spending支出 allすべて myじぶんの life生活 wanting欲しい to do行う artアート,
生涯 芸術を志してきたのに
00:59
I left artアート school学校, andそして then次に I left artアート completely完全に.
美術学校を退学し
芸術から離れました
01:02
Butだけど after aa few少数 years, I justちょうど couldn'tできなかった stay滞在 away離れて fromから artアート,
数年たっても
芸術が忘れられず
01:07
andそして I decided決定しました to go行く to aa neurologist神経科医 about theその shake振る
神経科に行くことにしたのですが
01:09
andそして discovered発見された I had持っていました permanent永久的な nerve神経 damage損傷.
治る見込みのない
神経障害とわかりました
01:11
Andそして he actually実際に took取った one1 look見える at〜で myじぶんの squiggly波打つ lineライン,
グチャグチャの線を見て
医師が言いました
01:14
andそして said前記, "Wellよく, whyなぜ don'tしない you君は justちょうど embrace擁する theその shake振る?"
「震えとうまく付き合っては?」
01:17
Soそう I didした. I went行った home自宅, I grabbed捕まえた aa pencil鉛筆,
だから震えを受け入れて
家に帰って鉛筆を持ち
01:20
andそして I justちょうど started開始した letting〜する myじぶんの handハンド shake振る andそして shake振る.
手が震えるにまかせて
01:23
I wasあった making作る allすべて theseこれら scribble落書き picturesピクチャー.
グニャグニャの線で絵を描きました
01:25
Andそして even偶数 thoughしかし itそれ wasn'tなかった theその kind種類 of artアート
私が追求してきたものとは
01:27
thatそれ I wasあった ultimately最終的に passionate情熱的な about, itそれ feltフェルト greatすばらしいです.
ちょっと違いましたが
それでも最高の気分でした
01:29
Andそして moreもっと importantly重要なこと, once一度 I embraced包まれた theその shake振る,
震えを受け入れてしまえば
01:33
I realized実現した I couldできた stillまだ make作る artアート.
制作を続けられると
わかったことも大きかった
01:35
I justちょうど had持っていました to find見つける aa different異なる approachアプローチ
求める作品をつくるには
01:37
to making作る theその artアート thatそれ I wanted欲しい.
違う方法を探すだけで
よかったのです
01:39
Now, I stillまだ enjoyed楽しんだ theその fragmentation断片化 of pointillism点字主義,
でも点描の断片性 つまり ―
01:41
seeing見る theseこれら little少し tiny小さな dotsドット come来る together一緒に
小さな点が集まって
01:44
to make作る thisこの unified統一された whole全体.
イメージが
できていくのが好きでした
01:46
Soそう I began始まった experimenting実験する with〜と otherその他 ways方法 to fragment断片 imagesイメージ
だから 別の方法でイメージの
断片化を試みていきました
01:48
whereどこで theその shake振る wouldn'tしないだろう affect影響を与える theその work作業,
震えの影響がない方法です
01:51
like好きな dipping浸漬 myじぶんの feetフィート in paintペイント andそして walking歩く on aa canvasキャンバス,
絵の具に足を突っ込んで
キャンバス上を歩いたり
01:53
orまたは, in aa 3Dd structure構造 consisting〜する of two-by-fours2行4列,
角材でできた3次元の建造物に
01:57
creating作成 aa 2Dd image画像 by〜によって burning燃焼 itそれ with〜と aa blowtorchブロー.
2次元のイメージをバーナーで
焼き付けたりしました
02:01
I discovered発見された thatそれ, ifif I worked働いた on aa larger大きい scale規模 andそして with〜と biggerより大きい materials材料,
大きな素材で
大規模な作品を作ると
02:06
myじぶんの handハンド really本当に wouldn'tしないだろう hurt傷つける,
手は痛みませんでした
02:10
andそして after having持つ gone行った fromから aa singleシングル approachアプローチ to artアート,
たった一つの技法から
離れることで
02:12
I ended終了しました upアップ having持つ an approachアプローチ to creativity創造性
自分の芸術の枠組みを
くつがえす ―
02:16
thatそれ completely完全に changedかわった myじぶんの artistic芸術的 horizons地平線.
創造力の高め方を
手に入れたのです
02:18
Thisこの wasあった theその first最初 time時間 I'd私は encountered遭遇した thisこの ideaアイディア
このとき初めて思いました
02:22
thatそれ embracing抱きしめる aa limitation制限 couldできた actually実際に driveドライブ creativity創造性.
「限界を受け入れても
創造力は高まる」って
02:24
At〜で theその time時間, I wasあった finishing仕上げ upアップ school学校,
当時は学校を去る直前でした
02:29
andそして I wasあった soそう excited興奮した to get取得する aa realリアル jobジョブ andそして finally最後に afford余裕 new新しい artアート supplies用品.
仕事をして新しい画材が
やっと買えると 興奮していました
02:32
I had持っていました thisこの horrible恐ろしい little少し setセット of toolsツール, andそして I feltフェルト like好きな
私は粗末な道具しか
持っていなかったので
02:35
I couldできた do行う soそう muchたくさん moreもっと with〜と theその supplies用品
専門家向けの画材があれば
02:39
I thought思想 an artistアーティスト wasあった supposed想定される to have持ってる.
もっと色々な事が
できると思ったのです
02:41
I actually実際に didn'tしなかった even偶数 have持ってる aa regular定期的 pairペア of scissorsはさみ.
普通のハサミすらなくて
02:44
I wasあった usingを使用して theseこれら metal金属 shearsせん断 until〜まで I stoleストール aa pairペア
職場から1丁
勝手に持ってくるまで ―
02:46
fromから theその office事務所 thatそれ I worked働いた at〜で.
金ばさみを使っていました
02:48
Soそう I got持っている outでる of school学校, I got持っている aa jobジョブ, I got持っている aa paycheck給料,
学校を出て 職に就き
給料をもらうと
02:51
I got持っている myself私自身 to theその artアート store格納,
画材屋にでかけて
02:53
andそして I justちょうど went行った nutsナッツ buying買う supplies用品.
狂ったように画材を
買いあさりました
02:55
Andそして then次に whenいつ I got持っている home自宅, I sat座っている downダウン
家に帰ると腰をおろして
02:58
andそして I setセット myself私自身 to task仕事 to really本当に tryお試しください to create作成する something何か
制作に取りかかろうとしました
03:00
justちょうど completely完全に outside外側 of theその boxボックス.
既存の枠に
とらわれない作品です
03:03
Butだけど I sat座っている thereそこ forために hours時間, andそして nothing何も came来た to mindマインド.
ところが何時間たっても
何も思い浮かばないのです
03:06
Theその same同じ thingもの theその next day, andそして then次に theその next,
次の日も その次の日も同じで
03:10
quickly早く slipping滑る into aa creative創造的な slumpスランプ.
作品が作れなくなって
しまったのです
03:13
Andそして I wasあった in aa darkダーク place場所 forために aa long長いです time時間, unableできない to create作成する.
長い間 スランプの暗闇から
抜け出せませんでした
03:16
Andそして itそれ didn'tしなかった make作る anyどれか senseセンス, becauseなぜなら I wasあった finally最後に ableできる
わけがわかりません
やっと必要なものを
03:21
to supportサポート myじぶんの artアート, andそして yetまだ I wasあった creatively創造的 blankブランク.
買えるようになったのに
創造性が消えたのです
03:23
Butだけど asとして I searched検索された aroundまわり in theその darkness,
でも 暗闇の中で気づきました
03:28
I realized実現した I wasあった actually実際に paralyzed麻痺した by〜によって allすべて of theその choices選択肢
経験した事がないほど
選択の幅が広がったせいで
03:30
thatそれ I never決して had持っていました before.
途方に暮れていたのです
03:33
Andそして itそれ wasあった then次に thatそれ I thought思想 backバック to myじぶんの jitteryびっくりする hands.
その瞬間 自分の震える手を
思い出しました
03:36
Embrace擁する theその shake振る.
震えを受け入れよう
03:40
Andそして I realized実現した, ifif I everこれまで wanted欲しい myじぶんの creativity創造性 backバック,
創造性を取り戻したいなら
03:42
I had持っていました to quit終了する trying試す soそう hardハード to think思う outside外側 of theその boxボックス
枠にとらわれないように
努力するのではなく
03:45
andそして get取得する backバック into itそれ.
枠の中に戻らなければ
03:49
I wondered疑問に思った, couldできた you君は become〜になる moreもっと creative創造的な, then次に,
そして こう考えました
03:51
by〜によって looking探している forために limitations限界?
制約を課すと
創造性は高まるだろうか?
03:54
What ifif I couldできた onlyのみ create作成する with〜と aa dollar'sドルの worth価値 of supplies用品?
1ドル分の画材だけで
作品を作るとしたら?
03:56
At〜で thisこの pointポイント, I wasあった spending支出 aa lotロット of myじぶんの evenings夕方 in ---
この頃 ― 今もそうですが
04:02
wellよく, I guess推測 I stillまだ spend費やす aa lotロット of myじぶんの evenings夕方 in Starbucksスターバックス
夕方はスターバックスで
過ごすことが多く
04:04
butだけど I know知っている you君は canできる ask尋ねる forために an extra余分な cupカップ ifif you君は want欲しいです one1,
カップを余分にくれることを
知っていたので
04:07
soそう I decided決定しました to ask尋ねる forために 50.
50個もらうことにしました
04:10
Surprisingly驚くほど, they彼ら justちょうど handed手渡された themそれら right over以上,
すぐにくれて驚きました
04:12
andそして then次に with〜と some一部 pencils鉛筆 I already既に had持っていました,
持っていた鉛筆を使って
04:14
I made thisこの projectプロジェクト forために onlyのみ 80 centsセント.
たった80セントで
この作品を作りました
04:16
Itそれ really本当に becameなりました aa moment瞬間 of clarification明確化 forために me
すべてを理解した瞬間でした
04:19
thatそれ we我々 need必要 to first最初 be〜する limited限られた
限界を超えるためには
04:22
in order注文 to become〜になる limitless無限.
まず最初に制約が
必要だったのです
04:25
I took取った thisこの approachアプローチ of thinking考え inside内部 theその boxボックス
私は枠の中で考えることを
04:28
to myじぶんの canvasキャンバス, andそして wondered疑問に思った what ifif, instead代わりに of
キャンバスにも応用しました
04:30
paintingペインティング on aa canvasキャンバス, I couldできた onlyのみ paintペイント on myじぶんの chest?
キャンバスではなく
自分の体にしか描けなかったら?
04:32
Soそう I painted描きました 30 imagesイメージ, one1 layer at〜で aa time時間,
30種類のイメージを
一層ずつ重ねて
04:35
one1 on top of another別の,
描いていきました
04:38
with〜と each picture画像 representing代理人 an influence影響 in myじぶんの life生活.
全部 私の人生に
影響を与えたものの絵です
04:39
Orまたは what ifif, instead代わりに of paintingペインティング with〜と aa brushみがきます,
あるいは筆ではなく
04:43
I couldできた onlyのみ paintペイント with〜と karate空手 chopsチョップ? (Laughter笑い)
空手チョップだけで
描くとしたら? (笑)
04:46
Soそう I'd私は dip浸漬 myじぶんの hands in paintペイント,
自分の手を絵の具に漬けて
04:49
andそして I justちょうど attacked攻撃された theその canvasキャンバス,
キャンバスを攻撃しました
04:50
andそして I actually実際に hitヒット soそう hardハード thatそれ I bruised傷ついた aa jointジョイント in myじぶんの pinkieピンキー
本気で叩いたので
小指の関節にアザができ
04:52
andそして itそれ wasあった stuck立ち往生 straightまっすぐ forために aa coupleカップル of weeks.
2週間も消えませんでした
04:54
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(笑) (拍手)
04:57
Orまたは, what ifif instead代わりに of relying信頼 on myself私自身,
あるいは作品の主題を
自分以外の誰かに
05:01
I had持っていました to rely頼りにする on otherその他 people
考えてもらわなければ
ならなかったら?
05:05
to create作成する theその contentコンテンツ forために theその artアート?
考えてもらわなければ
ならなかったら?
05:07
Soそう forために six6 days日々, I lived住んでいました in frontフロント of aa webcamウェブカメラ.
6日間ウェブカメラの
前で暮らしました
05:09
I slept寝た on theその floor andそして I ate食べた takeout取り出す,
床に寝起きし
テイクアウトの食事をとりながら
05:12
andそして I asked尋ねた people to callコール me andそして shareシェア aa storyストーリー with〜と me
みんなに呼びかけました
「私に電話をして ―
05:15
about aa life-changing生活変化 moment瞬間.
人生が変わった瞬間の
話をしてほしい」って
05:17
Their彼らの stories物語 becameなりました theその artアート
みんなの話を
回転式のキャンバスに
05:20
asとして I wrote書きました themそれら onto〜に theその revolving回転する canvasキャンバス.
書いていくと
芸術作品になりました
05:22
(Applause拍手)
(拍手)
05:26
Orまたは what ifif instead代わりに of making作る artアート to display表示,
作品を作って
展示するのではなく
05:30
I had持っていました to destroy破壊する itそれ?
破壊しなければ
ならないとしたら?
05:35
Thisこの seemed見えた like好きな theその ultimate究極 limitation制限,
これが究極の制約でしょう
05:37
beingであること an artistアーティスト withoutなし artアート.
芸術家なのに作品がないんです
05:39
Thisこの destruction破壊 ideaアイディア turned回した into aa yearlong一年 projectプロジェクト
このアイデアから生まれたのが
1年かけて取り組んだ ―
05:42
thatそれ I calledと呼ばれる Goodbyeさようなら Artアート,
「さよなら アート」です
05:44
whereどこで each andそして everyすべて pieceピース of artアート had持っていました to be〜する destroyed破壊されました after itsその creation創造.
作品はすべて
出来上がったら破壊します
05:46
In theその beginning始まり of Goodbyeさようなら Artアート, I focused集中した on
最初は自分で壊していました
05:50
forced強制された destruction破壊, like好きな thisこの image画像 of Jimiジミ Hendrixヘンドリックス,
例えばジミ・ヘンドリックスの
イメージを
05:52
made with〜と over以上 7,000 matchesマッチ.
7,000本以上のマッチで作りました
05:55
(Laughter笑い)
(笑)
05:57
Then次に I opened開かれた itそれ upアップ to creating作成 artアート thatそれ wasあった destroyed破壊されました naturally当然.
その後 自然に崩壊する
作品を加えました
05:58
I looked見た forために temporary一時的 materials材料,
はかなく消える素材を
探しました
06:02
like好きな spitting吐き出す outでる foodフード ---
吐き出した食べ物や
06:04
(Laughter笑い) —
(笑)
06:06
sidewalk歩道 chalkチョーク
歩道に描いたチョークの絵 ―
06:11
andそして even偶数 frozenフローズン wineワイン.
凍らせたワインまでありました
06:14
Theその last最終 iteration反復 of destruction破壊
破壊の最後のバージョンでは
06:18
wasあった to tryお試しください to produce作物 something何か thatそれ didn'tしなかった actually実際に exist存在する in theその first最初 place場所.
初めから存在しないものを
作ろうとしました
06:20
Soそう I organized組織された candlesろうそく on aa table, I lit点灯 themそれら, andそして then次に blew吹っ飛んだ themそれら outでる,
テーブルにろうそくを並べ
火をつけた後 消します
06:24
then次に repeated繰り返し thisこの processプロセス over以上 andそして over以上 with〜と theその same同じ setセット of candlesろうそく,
これを一組のろうそくに
何度も繰り返し
06:28
then次に assembled組み立てられた theその videosビデオ into theその larger大きい image画像.
撮影したビデオを集めて
大きな画像にしました
06:31
Soそう theその end終わり image画像 wasあった never決して visible目に見える asとして aa physical物理的 whole全体.
最終的なイメージの全体を
実際に見ることはできません
06:35
Itそれ wasあった destroyed破壊されました before itそれ everこれまで existed存在した.
存在する前に破壊されたのです
06:40
In theその courseコース of thisこの Goodbyeさようなら Artアート seriesシリーズ,
「さよなら アート」のシリーズでは
06:44
I created作成した 23 different異なる pieces作品
23点の作品を作りました
06:46
with〜と nothing何も left to physically物理的に display表示.
展示できる物は
何も残っていません
06:49
What I thought思想 would〜する be〜する theその ultimate究極 limitation制限
私が究極の制約と
考えていたものは
06:52
actually実際に turned回した outでる to be〜する theその ultimate究極 liberation解放,
実際には究極の自由でした
06:55
asとして each time時間 I created作成した,
作品を作るたびに破壊することで
06:58
theその destruction破壊 brought持ってきた me backバック to aa neutral中性 place場所
私は中立の状態に戻り
07:00
whereどこで I feltフェルト refreshedリフレッシュされた andそして ready準備完了 to start開始 theその next projectプロジェクト.
新鮮な気持ちで
次の作品に取りかかれます
07:02
Itそれ didした notない happen起こる overnight一晩.
でも簡単ではありません
07:06
Thereそこ wereあった times whenいつ myじぶんの projectsプロジェクト failed失敗した to get取得する offオフ theその ground接地,
制作が軌道に乗らないことや
07:08
orまたは, even偶数 worse悪化する, after spending支出 tonsトン of time時間 on themそれら
膨大な時間を費やしたのに
07:11
theその end終わり image画像 wasあった kind種類 of embarrassing恥ずかしい.
イメージの出来が
ひどいこともあります
07:13
Butだけど having持つ committedコミットした to theその processプロセス, I continued続ける on,
でもこのプロセスを熱心に続けると
07:16
andそして something何か really本当に surprising驚くべき came来た outでる of thisこの.
本当にすごいことが起こります
07:19
Asとして I destroyed破壊されました each projectプロジェクト,
作品を壊して学んだのは
07:21
I wasあった learning学習 to let〜する go行く,
「気にしない」ことです
07:24
let〜する go行く of outcomes結果, let〜する go行く of failures失敗,
結果を気にせず
失敗を気にせず
07:26
andそして let〜する go行く of imperfections不完全.
欠点も気にしない
07:30
Andそして in returnリターン, I found見つけた aa processプロセス of creating作成 artアート
そして代わりに発見したのは
07:32
that'sそれは perpetual永遠の andそして unencumbered妨げられない by〜によって results結果.
結果に左右されず絶え間なく
芸術を創造するプロセスです
07:35
I found見つけた myself私自身 in aa state状態 of constant定数 creation創造,
常に創造できるようになり
07:39
thinking考え onlyのみ of what's何ですか next
次に作るものだけを考え
07:41
andそして coming到来 upアップ with〜と moreもっと ideasアイデア thanより everこれまで.
アイデアは
どんどん思いつきました
07:44
Whenいつ I think思う backバック to myじぶんの three years away離れて fromから artアート,
アートという夢から離れていた ―
07:46
away離れて fromから myじぶんの dream, justちょうど going行く throughを通して theその motions動き,
3年間を振り返ると
やっていたのは形だけで
07:49
instead代わりに of trying試す to find見つける aa different異なる way方法 to continue持続する thatそれ dream,
夢を追い続けるため
他の方法を探すわけでもなく
07:52
I justちょうど quit終了する, I gave与えた upアップ.
ただ あきらめていました
07:56
Andそして what ifif I didn'tしなかった embrace擁する theその shake振る?
震えを受け入れていなかったら
どうなっていたことか・・・
07:59
Becauseなぜなら embracing抱きしめる theその shake振る forために me
震えを受け入れる事は
08:03
wasn'tなかった justちょうど about artアート andそして having持つ artアート skillsスキル.
芸術やテクニックだけの
問題ではないからです
08:04
Itそれ turned回した outでる to be〜する about life生活, andそして having持つ life生活 skillsスキル.
それは人生や生きる技術に
関係していたのです
08:07
Becauseなぜなら ultimately最終的に, most最も of what we我々 do行う
私達がしていることは
ほとんど ―
08:11
takesテイク place場所 hereここに, inside内部 theその boxボックス, with〜と limited限られた resourcesリソース.
手段が限られた
枠の範囲内で行われるからです
08:14
Learning学習 to be〜する creative創造的な within以内 theその confines閉じ込める of our我々の limitations限界
制約の中で 創造性を
発揮する術を学ぶことが
08:19
is theその bestベスト hope希望 we我々 have持ってる to transform変換する ourselves自分自身
私達が自分を変え
全体として世界を変える ―
08:23
andそして, collectively集合的に, transform変換する our我々の world世界.
最も確かな道なのです
08:27
Looking探している at〜で limitations限界 asとして aa sourceソース of creativity創造性
限界を創造性の源と
とらえることで
08:31
changedかわった theその courseコース of myじぶんの life生活.
私の人生は変わりました
08:35
Now, whenいつ I run走る into aa barrierバリア
今でも壁にぶち当たったり
08:38
orまたは I find見つける myself私自身 creatively創造的 stumped切り詰められた,
創造の過程で途方に暮れ ―
08:39
I sometimes時々 stillまだ struggle闘争,
苦しむこともあります
08:43
butだけど I continue持続する to showショー upアップ forために theその processプロセス
でも プロセスにしたがって
08:44
andそして tryお試しください to remind思い出させる myself私自身 of theその possibilities可能性,
可能性を探ろうとします
08:46
like好きな usingを使用して hundreds数百 of realリアル, liveライブ wormsワーム to make作る an image画像,
たとえば 本物の生きた
ミミズで絵を描く ―
08:50
usingを使用して aa pushpin押しピン to tattoo入れ墨 aa bananaバナナ,
画びょうでバナナに
タトゥーを入れる ―
08:54
orまたは paintingペインティング aa picture画像 with〜と hamburgerハンバーガー greaseグリース.
ハンバーガーの
脂で絵を描く・・・
08:59
(Laughter笑い)
(笑)
09:05
One1 of myじぶんの most最も recent最近 endeavors努力
最近 取り組んでいるのは
09:07
is to tryお試しください to translate翻訳する theその habits習慣 of creativity創造性 thatそれ I've私は learned学んだ
私が学んだ
創造性を高める習慣を
09:08
into something何か othersその他 canできる replicate複製する.
他の人でもまねできるように
翻訳することです
09:12
Limitations限界 mayかもしれない be〜する theその most最も unlikely起こりそうもない of places場所
制約の中では 創造性を
生かすのが難しいかも知れません
09:15
to harnessハーネス creativity創造性, butだけど perhapsおそらく
でもマンネリから抜け出し
09:19
one1 of theその bestベスト ways方法 to get取得する ourselves自分自身 outでる of ruts,
カテゴリーを再検討し
09:22
rethink再考する categoriesカテゴリ andそして challengeチャレンジ accepted受け入れられた norms規範.
一般に認められた規範を疑う
最高の方法でしょう
09:26
Andそして instead代わりに of telling伝える each otherその他 to seize押収する theその day,
だから「今を楽しもう」を
合い言葉にするより
09:30
maybe多分 we我々 canできる remind思い出させる ourselves自分自身 everyすべて day
毎日こう考えるのはどうでしょう
09:33
to seize押収する theその limitation制限.
「制約を楽しもう」
09:37
Thank感謝 you君は.
ありがとう
09:40
(Applause拍手)
(拍手)
09:41
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Yuko Yoshida

▲Back to top

About the speaker:

Phil Hansen - Multimedia artist
Taking a cue from his own artistic journey, Phil Hansen challenges us to spark our creativity by thinking inside the box.

Why you should listen

As an art student, Phil Hansen’s intense style of pointillism led to a tremor in his hand and a diagnosis of nerve damage. Devastated, he dropped out and lost his way ... until a neurologist suggested he “embrace the shake.” That piece of advice tweaked Hansen’s point of view and sent him on a quest to invent different approaches to making art by embracing personal and universal limitations.

Hansen challenged himself to create art using unconventional materials (dandelion puffs, matches, live worms, hamburger grease) and canvases (a stack of Satrbucks cups, his torso, bananas). The resulting time-lapse videos of his creative processes are his meta-art, showing that art is action, not just results. Through an integrated view of what sparks creativity, Hansen has devoted himself to teaching others the approaches to creativity that have changed both his outlook and his artistic endeavors. You can read more in his 2012 book, Tattoo a Banana.

Hansen has just started a new project via Kickstarter, inviting people to share their stories of overcoming limitations with him. Anyone who calls him at 651-321-4996 and tells him their story will become a part of the work, the creation of which is watchable on a live feed

More profile about the speaker
Phil Hansen | Speaker | TED.com