English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2008

Craig Venter: On the verge of creating synthetic life

クレイグ・ベンター:目前に迫る合成生命の創造

Filmed
Views 1,009,659

「デジタル情報から新しい生命を創造することは可能だろうか?」クレイグ・ベンターはこの問いに、「できる、しかも割と近い将来に。」と答えます。彼は最新の研究を紹介しながら、もうすぐ人類は人工染色体の構築と、起動を実現できるようになることを約束します。

- Biologist, genetics pioneer
In 2001, Craig Venter made headlines for sequencing the human genome. In 2003, he started mapping the ocean's biodiversity. And now he's created the first synthetic lifeforms -- microorganisms that can produce alternative fuels. Full bio

You know, I've talked about some of these projects before --
以前、これらのプロジェクトに関してお話したと思います
00:19
about the human genome and what that might mean,
ヒトゲノムの解読や、新しいセットの遺伝子を発見することが
00:21
and discovering new sets of genes.
どのような意味を持つ事になるのかという事です
00:25
We're actually starting at a new point:
私たちは、更に新しい事を始めています
00:28
we've been digitizing biology,
私たちは、生物をデジタル化してきましたが
00:31
and now we're trying to go from that digital code
そのデジタル情報を用いて
00:35
into a new phase of biology
生命のデザインや合成を行うという
00:38
with designing and synthesizing life.
まったく新しい生物学を行おうとしています
00:40
So, we've always been trying to ask big questions.
私たちはいつも、大きな謎について問いかけています
00:43
"What is life?" is something that I think many biologists
「生命とは何か」という問いかけは、多くの生物学者が
00:48
have been trying to understand
様々な観点から理解しようと
00:50
at various levels.
していると思います
00:52
We've tried various approaches,
私たちは様々な手法を使って
00:54
paring it down to minimal components.
生命の最小構成要素を紐解いていきました
00:57
We've been digitizing it now for almost 20 years;
かれこれ20年近くデジタル化を進めています
01:01
when we sequenced the human genome,
ヒトゲノムを配列決定した時
01:03
it was going from the analog world of biology
生物学は一転してアナログなものから
01:05
into the digital world of the computer.
コンピューターを用いたデジタルな学問に変化しました
01:08
Now we're trying to ask, "Can we regenerate life
現在私たちは、このデジタルな世界の中で生命を再生させる
01:12
or can we create new life
もしくは新しい生命を創造することが
01:16
out of this digital universe?"
可能かどうかを問いかけています
01:18
This is the map of a small organism,
これは、マイコプラズマ ジェニタリウムという
01:21
Mycoplasma genitalium,
小さな生命体のゲノム地図で
01:24
that has the smallest genome for a species
数多くの種の中でも、研究室の中で自己複製が可能な
01:26
that can self-replicate in the laboratory,
最小ゲノムを持っています
01:29
and we've been trying to just see if
私たちは、これ以上に小さいゲノムを
01:32
we can come up with an even smaller genome.
用意することが出来るかどうか調べました
01:34
We're able to knock out on the order of 100 genes
およそ500遺伝子の中から、100遺伝子単位で
01:38
out of the 500 or so that are here.
遺伝子をノックアウトさせることに成功しました
01:40
When we look at its metabolic map,
この代謝マップを見ると
01:43
it's relatively simple
ヒトの代謝マップよりも
01:45
compared to ours --
比較的シンプルです
01:47
trust me, this is simple --
信じてください、これでもシンプルなんです
01:49
but when we look at all the genes
しかし、個別にノックアウトできる
01:51
that we can knock out one at a time,
全ての遺伝子を見渡してみると
01:53
it's very unlikely that this would yield
生きた細胞を生み出す
01:56
a living cell.
見込みはないことがわかりました
01:58
So we decided the only way forward
そこで、私たちはこの問題の打開策として
02:01
was to actually synthesize this chromosome
いくつかの基本的な疑問を問いかける上でも
02:03
so we could vary the components
この染色体を実際に合成し
02:06
to ask some of these most fundamental questions.
構成要素を変えることにしました
02:09
And so we started down the road of:
そこで、私たちはまず
02:13
can we synthesize a chromosome?
「染色体を合成することは可能か」という命題に取り組みました
02:15
Can chemistry permit making
果たして化学で
02:19
these really large molecules
今まで見た事がないような
02:21
where we've never been before?
巨大分子を合成することが可能なのでしょうか
02:23
And if we do, can we boot up a chromosome?
もし可能な場合、染色体を「起動」させることは可能なのでしょうか
02:25
A chromosome, by the way, is just a piece of inert chemical material.
ちなみに、染色体は、ただの不活性化学物質に過ぎません
02:28
So, our pace of digitizing life has been increasing
私たちの生命のデジタル化に向けた研究は
02:32
at an exponential pace.
急激なペースで進展しました
02:35
Our ability to write the genetic code
私たちの遺伝コードを合成する能力は
02:38
has been moving pretty slowly
そこまで早くはないものの
02:41
but has been increasing,
着実に改善されてきています
02:43
and our latest point would put it on, now, an exponential curve.
そして最近の成果は、この研究を更に加速度的に進展させるでしょう
02:46
We started this over 15 years ago.
私たちはこの研究を15年前から始めました
02:51
It took several stages, in fact,
実際には、最初の実験を行う前に
02:53
starting with a bioethical review before we did the first experiments.
生命倫理に関する審査を始めとする数々の段階を踏まねばなりませんでした
02:56
But it turns out synthesizing DNA
実験で分かったのは、DNAを合成することは
03:00
is very difficult.
非常に難しいという事です
03:02
There are tens of thousands of machines around the world
世界には、30から50塩基程度の小さなDNAの断片を
03:04
that make small pieces of DNA --
合成する装置が何万台も
03:07
30 to 50 letters in length --
存在していますが
03:09
and it's a degenerate process, so the longer you make the piece,
DNAが変質しやすい関係上、長いDNA断片を合成すればするほど
03:12
the more errors there are.
多くのエラーを含んだ断片が出来てしまいます
03:15
So we had to create a new method
そこで、これらの小さな断片を結合させ、全てのエラーを修正させる
03:17
for putting these little pieces together and correct all the errors.
全く新しい手法を開発しなければなりませんでした
03:19
And this was our first attempt, starting with the digital information
これは、Phi X 174ゲノムのデジタル情報を元にゲノムを人工合成した
03:23
of the genome of phi X174.
私たちの初めての取り組みです
03:26
It's a small virus that kills bacteria.
これは、細菌を殺す小さなウイルスです
03:28
We designed the pieces, went through our error correction
私たちは、DNA断片を設計し、エラーの修正過程を経て
03:32
and had a DNA molecule
およそ、5000塩基程のDNA分子を
03:35
of about 5,000 letters.
合成することに成功しました
03:37
The exciting phase came when we took this piece of inert chemical
最も興奮したのは、この不活性化学分子を細菌の細胞内に
03:40
and put it in the bacteria,
注入した時に、細菌がその遺伝コードを
03:44
and the bacteria started to read this genetic code,
自発的に読み込み、ウイルス粒子が
03:46
made the viral particles.
産生された時でした
03:50
The viral particles then were released from the cells
このウイルス粒子は細胞外に放出され
03:52
and came back and killed the E. coli.
再び細胞内に侵入した後、大腸菌を殺したのです
03:54
I was talking to the oil industry recently
私は最近、石油業界の方々に対して講演を行いましたが
03:57
and I said they clearly understood that model.
彼らはこのモデルを明快に理解したと言っていました
04:00
(Laughter)
(笑)
04:03
They laughed more than you guys are. (Laughter)
彼らは皆さん以上に笑っていましたよ
04:06
And so, we think this is a situation
これは、生体システムにおいて
04:10
where the software can actually build its own hardware
ソフトウェアが自身のハードウェアを構築することができる
04:12
in a biological system.
状況に他なりません
04:15
But we wanted to go much larger:
しかし、私たちはもっと先を見据えていました
04:17
we wanted to build the entire bacterial chromosome --
細菌の染色体をまるごと作成したかったのです
04:19
it's over 580,000 letters of genetic code --
これは、58万文字もの遺伝コードに相当します
04:22
so we thought we'd build them in cassettes the size of the viruses
そこで、私たちはウイルスサイズのカセット型人工染色体を作り
04:26
so we could actually vary the cassettes
それらを実際に変化させることで
04:29
to understand
生きた細胞の
04:31
what the actual components of a living cell are.
構成要素とは何であるか理解しようと考えました
04:33
Design is critical,
染色体のデザインは決定的に重要あり
04:36
and if you're starting with digital information in the computer,
生命のデジタル情報をコンピューター上で設計する為には
04:38
that digital information has to be really accurate.
その情報は非常に精確でなければなりません
04:41
When we first sequenced this genome in 1995,
私たちがはじめてこのゲノムの塩基配列を1995年に決定した時
04:45
the standard of accuracy was one error per 10,000 base pairs.
その精度は、10万塩基につき、1塩基の誤差が含まれるものでした
04:48
We actually found, on resequencing it,
私たちは、再度配列決定を行った際
04:52
30 errors; had we used that original sequence,
実際に30塩基のエラーを見つけました オリジナルの配列を利用していたら
04:54
it never would have been able to be booted up.
人工染色体は生体内で機能しなかったでしょう
04:57
Part of the design is designing pieces
設計の一環としては
05:00
that are 50 letters long
50塩基長の配列が、他の50塩基長の配列と
05:02
that have to overlap with all the other 50-letter pieces
重複することで小さなサブユニットを
05:05
to build smaller subunits
形成するようにしていることです
05:08
we have to design so they can go together.
それぞれの配列が互いに重なり合うように設計しなければなりません
05:10
We design unique elements into this.
私たちはこれにユニークな要素を加えました
05:13
You may have read that we put watermarks in.
透かしを入れたのです
05:16
Think of this:
つまりこういう事です
05:18
we have a four-letter genetic code -- A, C, G and T.
遺伝コードは、A、C、G、Tの4文字です
05:20
Triplets of those letters
そのうちの3文字の組み合わせで
05:23
code for roughly 20 amino acids,
およそ20のアミノ酸に対応します
05:26
such that there's a single letter designation
それぞれのアミノ酸には、一文字の記号が
05:28
for each of the amino acids.
指定されています
05:31
So we can use the genetic code to write out words,
これにより、遺伝コードを用いて単語や、文章を
05:33
sentences, thoughts.
ゲノムに埋め込むことが出来るのです
05:36
Initially, all we did was autograph it.
私たちが最初に行ったのは、自分たちの名前を埋め込む事でした
05:39
Some people were disappointed there was not poetry.
ある人々は詩を埋め込まなかった事に落胆したようです
05:41
We designed these pieces so
私たちは、これらの断片を
05:44
we can just chew back with enzymes;
酵素を用いてつなぎ合わせられるように設計しました
05:46
there are enzymes that repair them and put them together.
これらの断片を修正しつつ、つなぎ合わせる酵素が存在します
05:50
And we started making pieces,
このような手順で、私たちはまず
05:53
starting with pieces that were 5,000 to 7,000 letters,
5千塩基から7千塩基長までの断片を用意し
05:55
put those together to make 24,000-letter pieces,
それらを繋ぎ合わせて、2万4千塩基長の断片を作り
05:59
then put sets of those going up to 72,000.
それぞれのセットを元に7万2千塩基長までの断片を作りました
06:03
At each stage, we grew up these pieces in abundance
それぞれの工程で、断片を多量に作ることで
06:07
so we could sequence them
それらの配列決定ができるようにしました
06:09
because we're trying to create a process that's extremely robust
なぜなら、私たちは一目で分かるような
06:11
that you can see in a minute.
非常に頑強な合成プロセスの構築を目指しているからです
06:14
We're trying to get to the point of automation.
この工程が自動化されるレベルにまで到達できることを目指しています
06:17
So, this looks like a basketball playoff.
これは、まるでバスケットボールのプレイオフのように見えます
06:20
When we get into these really large pieces
このように、10万塩基もの巨大な断片が
06:22
over 100,000 base pairs,
合成される段階に入ると
06:24
they won't any longer grow readily in E. coli --
たやすく大腸菌内に合成されなくなってしまいます
06:28
it exhausts all the modern tools of molecular biology --
分子生物における最新手法が通用しないことから
06:30
and so we turned to other mechanisms.
私たちは他のメカニズムに目を向けました
06:34
We knew there's a mechanism called homologous recombination
生物には、自身のDNAをつなげ、修復する
06:38
that biology uses to repair DNA
相同組み替えというメカニズムが
06:41
that can put pieces together.
存在します
06:44
Here's an example of it:
これはその例です
06:47
there's an organism called
300万ラドの
06:48
Deinococcus radiodurans
放射線に耐えられる
06:49
that can take three millions rads of radiation.
デイノコッカス ラディオデュランスという生物がいます
06:51
You can see in the top panel, its chromosome just gets blown apart.
図の上半分を見て頂くと、染色体が粉々になっていることがわかります
06:54
Twelve to 24 hours later, it put it
12時間から24時間後
06:58
back together exactly as it was before.
染色体は以前と同じように修復されます
07:01
We have thousands of organisms that can do this.
多くの生物種はこのような特徴をもっています
07:03
These organisms can be totally desiccated;
これらは完全な乾燥状態を生き抜くことが可能で
07:06
they can live in a vacuum.
真空でも生きることが出来ます
07:08
I am absolutely certain that life can exist in outer space,
私は、生物が宇宙空間に存在し、移動して、新しい水性の環境を
07:11
move around, find a new aqueous environment.
見つけ出す事ができることを確信しています
07:14
In fact, NASA has shown a lot of this is out there.
実際に、NASAは宇宙に生物が存在する説を多く提示しています
07:17
Here's an actual micrograph of the molecule we built
これは私たちがこれらのプロセスを用いて合成した分子の
07:21
using these processes, actually just using yeast mechanisms
実際の顕微鏡写真です イースト菌のメカニズムを利用し
07:25
with the right design of the pieces we put them in;
デザインした染色体の断片を細胞内に送り込みました
07:29
yeast puts them together automatically.
イースト菌はそれらを自動的に繋げ合わせました
07:32
This is not an electron micrograph;
これは電子顕微鏡写真ではなく
07:35
this is just a regular photomicrograph.
光学顕微鏡写真です
07:37
It's such a large molecule
あまりにも巨大な分子のため
07:39
we can see it with a light microscope.
光学顕微鏡で見ることができます
07:41
These are pictures over about a six-second period.
これらの写真は大体6秒間隔で撮影されました
07:44
So, this is the publication we had just a short while ago.
これはつい最近、私たちが発表したものです
07:47
This is over 580,000 letters of genetic code;
これは58万塩基以上もの遺伝コードで構成されています
07:51
it's the largest molecule ever made by humans of a defined structure.
人類の手によって生み出された最大の分子であり
07:54
It's over 300 million molecular weight.
分子量は、3億以上です
07:59
If we printed it out at a 10 font with no spacing,
もし、スペース無しでフォントサイズを10に指定し印刷した場合
08:02
it takes 142 pages
この遺伝コードを
08:05
just to print this genetic code.
印刷するだけで、142ページ必要となります
08:07
Well, how do we boot up a chromosome? How do we activate this?
それでは、この染色体を機能させるにはどうすればよいでしょうか
08:11
Obviously, with a virus it's pretty simple;
ウイルスの場合は非常に簡単です
08:14
it's much more complicated dealing with bacteria.
細菌を扱う場合は、はるかに複雑になります
08:17
It's also simpler when you go
私たちのように
08:20
into eukaryotes like ourselves:
真核生物の場合も簡単です
08:22
you can just pop out the nucleus
細胞から細胞核を抜き出し
08:24
and pop in another one,
別の細胞核を入れるという
08:26
and that's what you've all heard about with cloning.
皆さんがご存知のクローン技術を行うのです
08:28
With bacteria and Archaea, the chromosome is integrated into the cell,
細菌や古細菌の場合は、染色体は細胞内に一体化しているのですが
08:31
but we recently showed that we can do a complete transplant
最近、私たちは、細胞内の染色体を
08:35
of a chromosome from one cell to another
別の細胞に完全に移植し、機能させることが
08:39
and activate it.
できることを証明しました
08:41
We purified a chromosome from one microbial species --
私たちは、まず単一の微生物種の染色体を精製しました
08:44
roughly, these two are as distant as human and mice --
大雑把に言うと、移植先と移植元は、ヒトとマウスと同じくらい異なる種です
08:48
we added a few extra genes
次に私たちは、この染色体を選択的に抽出できるように
08:51
so we could select for this chromosome,
新たにいくつかの遺伝子を加えました
08:53
we digested it with enzymes
そして不要なタンパク質を取り除くため
08:55
to kill all the proteins,
酵素を用いました
08:57
and it was pretty stunning when we put this in the cell --
私たちの高度に洗練されたイラストに対して
08:59
and you'll appreciate
皆さんは感心されるかと思いますが
09:02
our very sophisticated graphics here.
この染色体を細胞内に加えた時の瞬間は驚くべきものでした
09:04
The new chromosome went into the cell.
この新しい染色体は見事に、細胞内に移植されたのです
09:07
In fact, we thought this might be as far as it went,
実は、私たちはこの段階で行ける所まで行ったと
09:10
but we tried to design the process a little bit further.
考えていましたが、更に先の過程まで取り組む事にしました
09:12
This is a major mechanism of evolution right here.
皆さんがご覧になっているのは進化の主要なメカニズムそのものです
09:15
We find all kinds of species
どこからともなく、2つ目や3つ目の
09:18
that have taken up a second chromosome
染色体を自身の細胞に取り込み
09:20
or a third one from somewhere,
数千種類もの新しい特性を
09:22
adding thousands of new traits
即座に獲得したあらゆる種類の種を
09:24
in a second to that species.
今までに発見しています
09:26
So, people who think of evolution
進化というものを、単一の遺伝子が一つずつ
09:28
as just one gene changing at a time
変化するものであると考えられている人たちは
09:30
have missed much of biology.
生物学のほんの一面しかご存知ないものと思われます
09:32
There are enzymes called restriction enzymes
DNAを切断する制限酵素という
09:35
that actually digest DNA.
酵素が存在します
09:37
The chromosome that was in the cell
細胞内における既存の染色体には
09:39
doesn't have one;
制限酵素遺伝子は存在しませんでしたが
09:41
the chromosome we put in does.
細胞内に加えた染色体には存在しました
09:43
It got expressed and it recognized
その制限酵素遺伝子が発現し
09:45
the other chromosome as foreign material,
既存の染色体を異物と認識して切断した為
09:47
chewed it up, and so we ended up
最終的には、新しく導入した染色体のみが
09:50
just with a cell with the new chromosome.
細胞内に存在することになりました
09:52
It turned blue because of the genes we put in it.
青色に染まったのは私たちが加えた遺伝子に関係します
09:56
And with a very short period of time,
そして非常に短い時間のうちに
09:59
all the characteristics of one species were lost
元の生物種が持っていた全ての特徴は失われ
10:01
and it converted totally into the new species
私たちが細胞内に導入した新しいソフトウェアによって
10:04
based on the new software that we put in the cell.
まったく新しい生物種に生まれ変わったのです
10:07
All the proteins changed,
全てのタンパク質は変化し
10:10
the membranes changed;
細胞膜も変化しました
10:12
when we read the genetic code, it's exactly what we had transferred in.
遺伝コードを配列解析したとき、それは私たちが移植した染色体そのものでした
10:14
So, this may sound like genomic alchemy,
まるでゲノムを対象とした錬金術に聞こえるかもしれませんが
10:18
but we can, by moving the software of DNA around,
ソフトウェアとしてのDNAを移し替える事によって
10:21
change things quite dramatically.
細胞の性質を劇的に変化させることが出来るのです
10:25
Now I've argued, this is not genesis;
これは生命を単純に生み出す研究ではありません
10:29
this is building on three and a half billion years of evolution.
35億年もの進化の上に作られた研究であることを私は先ほど言いました
10:31
And I've argued that we're about to perhaps
そして、私たちはもうすぐ
10:36
create a new version of the Cambrian explosion,
このデジタルデザインを元に
10:38
where there's massive new speciation
膨大な種の分化に伴う
10:41
based on this digital design.
新しいタイプのカンブリア爆発を引き起こすことになるでしょう
10:45
Why do this?
なぜこのような事を研究するのでしょうか
10:47
I think this is pretty obvious in terms of some of the needs.
この研究にはいくつかのニーズがあることから理由は明確だと思います
10:49
We're about to go from six and a half
次の40年の間に人口は
10:51
to nine billion people over the next 40 years.
65億人から90億人まで増加すると予測されています
10:53
To put it in context for myself:
私自身を例としますと
10:56
I was born in 1946.
私は1946年生まれです
10:58
There are now three people on the planet
今は、この星に住む人々の中で
11:00
for every one of us that existed in 1946;
三人に一人は、1946年の頃を生きた世代です
11:02
within 40 years, there'll be four.
40年後には四人に一人という数になります
11:06
We have trouble feeding, providing fresh, clean water,
65億人を対象として、全員に安全な水と
11:09
medicines, fuel
薬や、燃料を
11:12
for the six and a half billion.
提供することは困難な状態です
11:14
It's going to be a stretch to do it for nine.
90億人になったら更に困難が予想されます
11:17
We use over five billion tons of coal,
私たちは、50億トンもの石炭を消費し
11:19
30 billion-plus barrels of oil --
300億バレル以上もの石油を消費します
11:22
that's a hundred million barrels a day.
これは、一日1億バレルの消費量に相当します
11:25
When we try to think of biological processes
この状況を解決する生物学的プロセスや
11:29
or any process to replace that,
別のプロセスを考えた時
11:31
it's going to be a huge challenge.
それは、途方もなく大きな挑戦になるでしょう
11:34
Then of course, there's all that
そして、当然のことながら、それらの
11:36
CO2 from this material
物質から大気中に二酸化炭素が
11:38
that ends up in the atmosphere.
排出されることとなります
11:40
We now, from our discovery around the world,
私たちは現在、世界中の発見によって
11:43
have a database with about 20 million genes,
およそ2千万の遺伝子のデータベースを持っていますが
11:45
and I like to think of these as the design components of the future.
これらを私は、未来への構成要素であると考えています
11:49
The electronics industry only had a dozen or so components,
エレクトロニクス産業において、ほんの一握りの構成要素から
11:53
and look at the diversity that came out of that.
生まれた多様性に目を向けてみてください
11:56
We're limited here primarily
私たちは、生物学的現実と
12:00
by a biological reality
私たち自身の想像力によって
12:02
and our imagination.
最初から制約を設けてしまっています
12:04
We now have techniques,
今、私たちは結合ゲノミクスと私たちが呼ぶ
12:07
because of these rapid methods of synthesis,
新しい研究領域の基礎となる
12:09
to do what we're calling combinatorial genomics.
高速な化学物質の合成技術を持っています
12:12
We have the ability now to build a large robot
今では、一日で100万もの染色体を
12:16
that can make a million chromosomes a day.
生成する巨大ロボットを製造する能力も私達は持ち合わせています
12:19
When you think of processing these 20 million different genes
2千万種類の異なる遺伝子を選別したり
12:23
or trying to optimize processes
オクタンや、新しいワクチンをはじめ、薬剤を生成するために
12:26
to produce octane or to produce pharmaceuticals,
代謝経路を最適化しようと考える場合
12:28
new vaccines,
私たちは
12:31
we can just with a small team,
ほんの少人数の研究チームと
12:34
do more molecular biology
分子生物学的実験を行うことで
12:37
than the last 20 years of all science.
この20年間で蓄積された科学以上の成果を上げる事が出来ます
12:39
And it's just standard selection:
様々なデザインの選択が可能となります
12:42
we can select for viability,
生存能力の向上をはじめ
12:44
chemical or fuel production,
化学物質や燃料生成
12:46
vaccine production, etc.
ワクチン生成など、様々なデザインの選択が可能です
12:48
This is a screen snapshot
これは、私たちが開発している
12:50
of some true design software
生物のデザインソフトウェアの画面ショットで
12:53
that we're working on to actually be able to sit down
生物種の設計をコンピューター上で
12:56
and design species in the computer.
椅子に座りながら取り組むことができるものです
12:59
You know, we don't know necessarily what it'll look like:
その生物種が実際どのような姿となるのかは、分かりかねますが
13:03
we know exactly what their genetic code looks like.
その生物種の遺伝コードがどのような配列を持っているかは、確実に分かります
13:06
We're focusing on now fourth-generation fuels.
私たちは、今、第4世代の燃料に関心を寄せています
13:09
You've seen recently, corn to ethanol
最近は、トウモロコシからエタノールを精製することが
13:15
is just a bad experiment.
非常に効率の悪い実験であることを、皆さんもご存知のはずです
13:17
We have second- and third-generation fuels
砂糖からもっと高付加価値の燃料である
13:19
that will be coming out relatively soon
オクタンや、ブタノールなど
13:21
that are sugar, to much higher-value fuels
第2、第3世代の燃料が
13:24
like octane or different types of butanol.
近々登場することになると思います
13:27
But the only way we think that biology
一方、私たちが考える
13:30
can have a major impact without
食料の生産コストの増大と供給量の制限をかけない
13:33
further increasing the cost of food and limiting its availability
効果的な生物学的手法は
13:36
is if we start with CO2 as its feedstock,
二酸化炭素を原料にする所から始まります
13:39
and so we're working with designing cells to go down this road.
現在私たちは、この目的に即した細胞を設計しており
13:42
And we think we'll have the first fourth-generation fuels
第四世代の燃料を18ヶ月後には発表できると
13:47
in about 18 months.
考えています
13:50
Sunlight and CO2 is one method ...
日光と二酸化炭素を利用するのは一つの手法ですが
13:52
(Applause)
(拍手)
13:54
but in our discovery around the world,
私たちの発見によって
13:59
we have all kinds of other methods.
様々な別の手法も利用できるようになりました
14:01
This is an organism we described in 1996.
これは、1996年に私たちが発表した生物種です
14:03
It lives in the deep ocean,
1.5マイル程の深海において
14:07
about a mile and a half deep,
熱湯に近い水温の中で
14:09
almost at boiling-water temperatures.
生息しています
14:11
It takes CO2 to methane
この生物種は二酸化炭素を
14:13
using molecular hydrogen as its energy source.
水素分子をエネルギー源として、メタンを生成します
14:16
We're looking to see if we can take
私たちは、いくつかの場所から
14:19
captured CO2,
収集した
14:21
which can easily be piped to sites,
二酸化炭素を簡単に一カ所に集め
14:23
convert that CO2 back into fuel
それらを燃料に変換することが
14:25
to drive this process.
可能かどうか研究を続けています
14:28
So, in a short period of time,
非常に短期間の間に
14:31
we think that we might be able to increase
「生命とは何か」という命題を
14:33
what the basic question is of "What is life?"
より深めることになると私たちは考えます
14:37
We truly, you know,
皆さんもご存知のように
14:40
have modest goals
私たちは全ての石油化学産業を
14:42
of replacing the whole petrol-chemical industry --
入れ替えるという非常に控えめな目標を持っています
14:44
(Laughter) (Applause)
(笑) (拍手)
14:47
Yeah. If you can't do that at TED, where can you? --
ええ、TEDで出来なければ、どこでやれるでしょうか
14:50
(Laughter)
(笑)
14:53
become a major source of energy ...
エネルギー源の主要な生産手法となることの他に
14:55
But also, we're now working on using these same tools
更に私たちは同じ技術を用いて
14:57
to come up with instant sets of vaccines.
ワクチンの即時生産手法の開発を行っています
15:00
You've seen this year with flu;
この年はインフルエンザの流行が記憶に新しい所ですが
15:03
we're always a year behind and a dollar short
私たちは、いつも効果のあるワクチンを用意するまでに
15:05
when it comes to the right vaccine.
予算面でも一年出遅れてしまいます
15:08
I think that can be changed
これは、前もって組み合わせワクチンを
15:10
by building combinatorial vaccines in advance.
設計しておくことで事態は変わると考えます
15:12
Here's what the future may begin to look like
これは、将来の生物進化系統樹を示すものです
15:16
with changing, now, the evolutionary tree,
合成細菌、合成古細菌、そしていずれは登場するであろう
15:19
speeding up evolution
合成真核生物により
15:23
with synthetic bacteria, Archaea
進化を促進された生物が新たに加わった
15:25
and, eventually, eukaryotes.
新しい進化系統樹を示しています
15:28
We're a ways away from improving people:
人間を改良するという目標は果てしなく遠い道のりです
15:32
our goal is just to make sure that we have a chance
私たちの目標は、今後その目標に到達できるまで
15:34
to survive long enough to maybe do that. Thank you very much.
長生きすることです ありがとうございました
15:37
(Applause)
(拍手)
15:40
Translated by Yuki Okada
Reviewed by Masahiro Kyushima

▲Back to top

About the speaker:

Craig Venter - Biologist, genetics pioneer
In 2001, Craig Venter made headlines for sequencing the human genome. In 2003, he started mapping the ocean's biodiversity. And now he's created the first synthetic lifeforms -- microorganisms that can produce alternative fuels.

Why you should listen

Craig Venter, the man who led the private effort to sequence the human genome, is hard at work now on even more potentially world-changing projects.

First, there's his mission aboard the Sorcerer II, a 92-foot yacht, which, in 2006, finished its voyage around the globe to sample, catalouge and decode the genes of the ocean's unknown microorganisms. Quite a task, when you consider that there are tens of millions of microbes in a single drop of sea water. Then there's the J. Craig Venter Institute, a nonprofit dedicated to researching genomics and exploring its societal implications.

In 2005, Venter founded Synthetic Genomics, a private company with a provocative mission: to engineer new life forms. Its goal is to design, synthesize and assemble synthetic microorganisms that will produce alternative fuels, such as ethanol or hydrogen. He was on Time magzine's 2007 list of the 100 Most Influential People in the World.

In early 2008, scientists at the J. Craig Venter Institute announced that they had manufactured the entire genome of a bacterium by painstakingly stitching together its chemical components. By sequencing a genome, scientists can begin to custom-design bootable organisms, creating biological robots that can produce from scratch chemicals humans can use, such as biofuel. And in 2010, they announced, they had created "synthetic life" -- DNA created digitally, inserted into a living bacterium, and remaining alive.

More profile about the speaker
Craig Venter | Speaker | TED.com