English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2007

Hector Ruiz: The thinking behind 50x15

ヘクター・ルイズ: 「50×15」の背景にある考え

Filmed
Views 316,067

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ社(AMD)の会長であるヘクター・ルイズは、全ての人がインターネットにアクセスできるようにしたいと考えています。このトークで、彼は自身の異色の人生を語り、さらにAMDの「50×15」構想について説明します。これは2015年までに世界の50%を結びつけようと呼びかけるものです。

- CEO
The executive chairman of AMD, Hector Ruiz is devoted to his company's 50x15 initiative, which seeks to give 50 percent of the world's population access to the internet by 2015. Full bio

今日ここで皆さんに
お話ししたいのは
00:18
You君は know知っている, one1 of theその thingsもの thatそれ I'd私は like好きな to sayいう upfront前払い is thatそれ
私がここにいるのが
実に偶然なんだということです
00:22
I'm私は really本当に hereここに by〜によって accident事故.
TEDに出ていることが―
ではなくて
00:25
Andそして what I mean平均 --- notない at〜で TEDテッド --- thatそれ I'm私は ---
人生のこの時点で
自分がこの環境にいることは
00:28
at〜で thisこの pointポイント in myじぶんの life生活, truly真に myじぶんの setセット of circumstances状況
偶然によるものだと
心からそう考えています
00:32
I would〜する truly真に consider検討する an accident事故.
しかし今日お話ししたいのは
テクノロジーを使って
00:35
Butだけど what I'd私は like好きな to talkトーク to you君は about today今日
しかし今日お話ししたいのは
テクノロジーを使って
00:36
is perhapsおそらく aa way方法 in whichどの we我々 couldできた useつかいます technology技術
このような偶然を
頻繁に起こす方法です
00:41
to make作る thoseそれら accidents事故 happen起こる oftenしばしば.
なぜなら この偶然によって
今の自分があることを思い返すと
00:43
Becauseなぜなら I really本当に think思う, whenいつ I look見える backバック at〜で howどうやって I actually実際に ended終了しました upアップ
テクノロジーが大きな役割を果たしたと
本当に思うからです
00:50
in thisこの accident事故, technology技術 playedプレーした aa big大きい role役割 in thatそれ.
今日は少しだけ
私自身のことをお話しします
00:54
Soそう, what I'd私は like好きな to do行う today今日 is telltell you君は aa little少し bitビット about myself私自身,
どういう文脈での話かを伝えたいからです
00:58
becauseなぜなら I'd私は like好きな to put置く in contextコンテキスト what I'm私は going行く to telltell you君は.
そうすることで皆さんは
私が現在 最大の情熱を傾けているのが
01:01
Andそして I think思う you君は will意志 see見る whyなぜ theその two greatest最大 passions情熱 in myじぶんの life生活 today今日
「子供」と「教育」の2つである理由が
お分かりになるでしょう
01:07
are children子供 andそして education教育.
文脈とあわせて
それをお話しした後で
01:10
Andそして once一度 I put置く thatそれ in contextコンテキスト,
テクノロジーについても少し
お話しします
01:13
I'd私は like好きな to telltell you君は aa little少し bitビット about technology技術:
そのすごい可能性を
信じる理由についてです
01:15
whyなぜ I believe信じる technology技術 is aa tremendousすばらしい enablerイネーブラー;
これは先ほどの困難のいくつかに
取り組む上で 非常に強力な道具です
01:17
aa very非常に powerful強力な toolツール to help助けて address住所 some一部 of theseこれら challenges挑戦.
それから
クリスが紹介してくれたとおり
01:23
Then次に, about theその initiativeイニシアチブ thatそれ Chrisクリス mentioned言及した,
AMDが「50×15」構想の立ち上げを
決定したことについてお話しします
01:25
thatそれ we我々 decided決定しました to launch打ち上げ at〜で AMDamd thatそれ we我々 callコール 50xバツ15.
その後 最初に戻って
01:30
Andそして then次に I'll私はよ come来る backバック to theその beginning始まり,
もうちょっとだけお話をします
皆さんに納得してもらいたいので―
01:32
andそして telltell you君は aa little少し bitビット moreもっと --- hopefullyうまくいけば convince説得する you君は ---
今日の世界では
01:37
thatそれ I believe信じる thatそれ in today's今日の world世界,
ビジネスリーダーが
01:38
itそれ is really本当に important重要 forために businessビジネス leaders指導者
自分のビジネスだけでなく
01:41
notない onlyのみ to have持ってる an ideaアイディア of what their彼らの businessビジネス is allすべて about,
有意義なことへの情熱をもつことが
実に重要だという私の信念についてです
01:44
butだけど to have持ってる aa passion情熱 forために something何か thatそれ is meaningful意味のある.
これを念頭において
この話から始めさせて下さい
01:48
Soそう, with〜と thatそれ in mindマインド, first最初 of allすべて let〜する me telltell you君は,
私は5人きょうだいの一番上で
他の4人は女性です
01:51
I'm私は one1 of five children子供. I'm私は theその oldest最も古い, theその otherその他 four4つの are women女性.
女性ばかりの家庭で
育ちましたので
01:56
Soそう I grew成長しました upアップ in aa family家族 of women女性.
かなり心得ていますよ―
あっちの方はね
01:58
I learned学んだ aa lotロット about howどうやって to deal対処 with〜と thatそれ part of theその world世界.
(笑)
02:03
(Laughter笑い)
こう言えば皆さん
想像がつくと思うのですが
02:05
Andそして, asとして you君は canできる imagine想像する, ifif you君は canできる picture画像 thisこの:
私はメキシコのとても小さな村で
生まれました
02:10
I wasあった bornうまれた in aa very非常に small小さい village in Mexicoメキシコ,
不運にも
とても貧しい環境でした
02:12
in, unfortunately残念ながら, very非常に poor貧しい surroundings周囲,
両親は大学教育を
受けていませんでしたが
02:16
andそして myじぶんの parents didした notない have持ってる aa collegeカレッジ education教育.
幸いにも 私と4人の妹たちは
大学に行くことができました
02:18
Butだけど I wasあった fortunate幸運な to be〜する ableできる to have持ってる one1, andそして soそう wereあった myじぶんの four4つの sisters姉妹.
そう言うと
02:23
Thatそれ kind種類 of tells伝える you君は aa little少し bitビット of an ideaアイディア of theその emphasis重点
両親が教育を重視していたことが
伝わるでしょう
02:25
thatそれ myじぶんの parents placed置いた on education教育.
両親は学習に対しては
熱狂的でした
02:28
Myじぶんの parents wereあった fanatics狂信者 about learning学習,
また後でこのことに
触れましょう
02:30
andそして I'll私はよ come来る backバック to thatそれ aa little少し bitビット later後で.
しかし私が幼いころから
学習に触れ
02:33
Butだけど one1 of theその thingsもの thatそれ exposed露出した me early早い to learning学習,
子供時代を通じて好奇心を
たっぷりと育めたのは
02:37
andそして aa tremendousすばらしい curiosity好奇心 thatそれ wasあった instilled点滴した in me asとして aa child,
あるテクノロジーのおかげでもあります
ビクトローラ(蓄音機)です
02:42
wasあった throughを通して aa technology技術 whichどの is on theその screen画面 --- is aa Victrolavictrola.
父はこれを廃品置き場で見つけ
02:47
Myじぶんの fatherお父さん found見つけた thatそれ in aa junkyard廃品,
修理して動くようにしました
そしてどういう訳か―
02:50
andそして wasあった ableできる to repair修復 itそれ andそして make作る itそれ work作業. Andそして somehow何とか ---
今から思うと 父が
世界の動向に
02:55
to thisこの day, I frankly率直に don'tしない know知っている howどうやって he wasあった soそう aware承知して
なぜそんなに詳しかったのか
分かりませんが―
02:57
of what wasあった going行く on in theその world世界 --- butだけど,
年端もいかない私を
傍らに座るように言い
02:59
by〜によって inviting招待する me to sit座る downダウン with〜と him whenいつ I wasあった onlyのみ aa few少数 years old古い,
ビクトーラにモーツァルトのレコードをかけ
教えてくれたものでした
03:03
andそして playing遊ぶ records記録 in thisこの Victrolavictrola by〜によって Mozartモーツァルト, andそして he would〜する telltell me
モーツァルトがいかに これまでの
クラシック作曲家の中で最もロマンティックか
03:07
howどうやって Mozartモーツァルト wasあった theその most最も romanticロマンチック of allすべて theその classicクラシック composers作曲家 everこれまで,
父の大好きな『月の光』が
どんなものか―
03:12
andそして howどうやって Claireクレア de Lune, whichどの wasあった one1 of his favoritesお気に入り,
これがクラシック音楽に
私が真に触れた経験でした
03:14
wasあった aa realリアル exposure暴露 to me to classicalクラシック music音楽.
父はヨハン・シュトラウスについてや
彼がどのようにワルツを作曲し
03:18
He explained説明した to me about Johannジョハン Straussストラウス, andそして howどうやって he created作成した theその waltzesワルツ
世界的に有名になったか
説明してくれました
03:23
thatそれ becameなりました soそう famous有名な in theその world世界.
歴史についても少し
教えてくれたものです
03:25
Andそして would〜する telltell me aa little少し bitビット about history歴史 tooあまりにも,
チャイコフスキーの
『1812年』を
03:27
whenいつ he'd彼は play遊びます theその 1812 Overture序曲 by〜によって Tchaikovskyチャイコフスキー
小さなビクトローラで聴きながら
父はロシアという国のことや
03:31
on thisこの little少し Victrolavictrola, andそして he would〜する telltell me about Russiaロシア
当時ロシアで
何が起きたかについて
03:34
andそして allすべて theその thingsもの thatそれ wereあった happeningハプニング in Russiaロシア at〜で thoseそれら times
そしてどうこの曲が
03:37
andそして whyなぜ thisこの music音楽,
その歴史を表現しているか
教えてくれました
03:38
in some一部 way方法, represented代表的な aa little少し bitビット of thatそれ history歴史.
父は多くの好奇心を
まだ子供の私に植え付けました
03:42
Andそして even偶数 asとして aa child, he wasあった ableできる to instill注入する in me aa lotロット of curiosity好奇心.
皆さんにはこれが
ハイテク機器には見えないでしょう
03:46
Andそして perhapsおそらく to you君は thisこの product製品 mayかもしれない notない look見える like好きな high高い techハイテク,
でもこれが出現した40年代半ば
父にとっては ハイテクの1つでした
03:50
butだけど ifif you君は canできる imagine想像する theその time時間 whenいつ thisこの occurred発生した ---
でもこれが出現した40年代半ば
父にとっては ハイテクの1つでした
03:53
itそれ wasあった in theその midミッド ''40ss --- thisこの wasあった really本当に, in his view見る, aa prettyかなり pieceピース of high高い techハイテク.
さらにこの経験から
くみ取るべき
04:00
Wellよく, one1 of theその thingsもの thatそれ is really本当に criticalクリティカルな to tryお試しください to
実に重要なことの1つは―
04:08
distill蒸留する fromから thatそれ experience経験 is thatそれ in addition添加 to thatそれ,
よくこう訊かれるんです
04:12
people ask尋ねる me andそして sayいう, "Wellよく,
「ご両親は 子供のあなたに
どう接しておられたんですか?」
04:13
howどうやって didした yourきみの parents treat治療する you君は whenいつ you君は wereあった aa child?"
いつも「実にキツかった」と
私は答えます
04:16
Andそして I always常に said前記 thatそれ they彼ら wereあった really本当に toughタフ on me.
大抵の人が思う意味での
キツさ―
04:19
Andそして notない toughタフ in theその senseセンス thatそれ most最も people think思う of,
つまり怒鳴られるとか
殴られるとかではなく
04:21
whereどこで yourきみの parents yellエール at〜で you君は orまたは hitヒット you君は orまたは whateverなんでも.
こういう意味です
私が大人になるまで
04:26
They彼ら wereあった toughタフ in theその senseセンス thatそれ, asとして I grew成長しました upアップ,
父母はいつも
こんなことを言っていました
04:28
bothどちらも myじぶんの mother andそして fatherお父さん would〜する always常に sayいう to me,
次の2つの事を忘れちゃいけない
すごく大事なことだよ と
04:32
it'sそれは really本当に important重要 thatそれ you君は always常に remember思い出す two thingsもの.
まず 「夜ベッドに入る時
04:35
First最初 of allすべて, whenいつ you君は go行く to bedベッド at〜で night,
1日を振り返って
04:37
you'veあなたは got持っている to look見える backバック on theその day andそして make作る sure確かに thatそれ you君は feltフェルト
その日 何かに
自分が貢献したか
04:40
theその day wasあった aa day whichどの you君は contributed貢献した something何か, andそして
ベストを尽くしたかを
確認しなさい」
04:44
thatそれ you君は didした everythingすべて you君は couldできた to do行う itそれ theその bestベスト way方法 you君は couldできた.
両親の言った2番目はこれです
「お前のことを信じているよ
04:48
Andそして theその second二番 thingもの they彼ら said前記: andそして we我々 trust信頼 you君は,
お前はどこにいようと
どこに行こうと
04:51
thatそれ noいいえ matter問題 whereどこで you君は are orまたは whereどこで you君は go行く,
いつも正しいことを
しているだろう」
04:53
you君は will意志 always常に do行う theその right thingもの.
どの位の方が
お子さんへこう言われるでしょう
04:55
Now, I don'tしない know知っている howどうやって manyたくさんの of you君は have持ってる everこれまで done完了 thatそれ with〜と yourきみの kids子供たち,
もしそうされているなら
本当ですよ
04:57
butだけど ifif you君は do行う, pleaseお願いします trust信頼 me,
それは子供に与えうる最大の
プレッシャーです
05:01
it'sそれは theその most最も pressure圧力 you君は canできる put置く on aa child, to sayいう ---
(笑)
05:03
(Laughter笑い)
「私たちは お前がいつも
正しいことをすると信じているよ」
05:04
--- we我々 trust信頼 you君は thatそれ you君は will意志 always常に do行う theその right thingもの.
友達とビールを
飲みに行く時も
05:07
Whenいつ I wasあった outでる with〜と myじぶんの friends友達 drinking飲酒 beerビール,
この言葉が常に
頭にあったんです
05:09
I always常に wasあった very非常に aware承知して of thoseそれら words言葉 ---
(笑)
05:11
(Laughter笑い)
そして非常に慎重に行動しました
05:13
--- andそして very非常に careful慎重に. One1 of theその thingsもの thatそれ has持っている happened起こった with〜と technology技術
テクノロジーは
05:18
is thatそれ itそれ canできる onlyのみ be〜する helpful役に立つ ifif itそれ is useful有用, of courseコース,
当然のことながら
それが役に立つものであり
アクセスしやすく
05:24
butだけど itそれ canできる onlyのみ be〜する helpful役に立つ tooあまりにも ifif it'sそれは accessibleアクセス可能な,
手頃な価格でないと
意味がありません
05:27
andそして itそれ canできる onlyのみ be〜する helpful役に立つ ifif it'sそれは affordable手頃な価格.
今日の世界では 役に立ち
手頃で アクセスしやすいというのは
05:30
Andそして in today's今日の world世界, beingであること useful有用, affordable手頃な価格 andそして accessibleアクセス可能な
既存の多くのテクノロジーに
必ずしも当てはまる訳ではありません
05:33
is notない necessarily必ずしも what happens起こる
既存の多くのテクノロジーに
必ずしも当てはまる訳ではありません
05:36
in aa lotロット of theその technology技術 thatそれ is done完了 today今日.
ですから我が社の
05:38
Soそう, one1 of our我々の passions情熱 in our我々の company会社,
そして私の個人的情熱は
一生懸命取り組んで
05:41
andそして now one1 of myじぶんの personal個人的 passions情熱, is to be〜する ableできる to really本当に work作業 hardハード
テクノロジーを役立ち アクセスしやすく
手頃なものにすることに注がれています
05:44
at〜で making作る theその technology技術 useful有用, accessibleアクセス可能な andそして affordable手頃な価格.
私にとっては
それは とんでもなく重要です
05:49
Andそして to me, thatそれ is very非常に, very非常に criticalクリティカルな.
今や テクノロジーは
ビクトーラの時代から大きく変わりました
05:52
Now, technology技術 has持っている changedかわった aa lotロット since以来 theその Victrolavictrola days日々.
我々は今や非常にパワフルな
コンピューターを持っています
05:55
You君は know知っている, we我々 now have持ってる, of courseコース, incredibly信じられないほど powerful強力な computersコンピュータ.
インターネットは
キラー・アプリケーションと呼ばれますが
06:00
Aa tremendousすばらしい thingもの thatそれ people refer参照する to asとして aa killerキラー appアプリ is calledと呼ばれる theその Internetインターネット.
率直に言って
我々はそう思っていません
06:03
Althoughただし、 frankly率直に speaking話し中, we我々 don'tしない believe信じる theその Internetインターネット is theその killerキラー appアプリ.
インターネットは実際のところ
06:07
What we我々 believe信じる is thatそれ theその Internetインターネット, frankly率直に,
人や考えをつなぐものです
06:09
is aa connection接続 of people andそして ideasアイデア.
インターネットは単に
06:11
Theその Internetインターネット happens起こる to be〜する justちょうど theその medium
人やアイデアをつなぐ媒体であるに
すぎないのです
06:13
in whichどの thoseそれら people andそして ideasアイデア get取得する connected接続された.
その人やアイデアをつなぐ力は
素晴らしいものです
06:16
Andそして theその powerパワー of connecting接続する people andそして ideasアイデア canできる be〜する prettyかなり awesome驚くばかり.
ですから
この変化を通じて
06:19
Andそして soそう, we我々 believe信じる thatそれ throughを通して allすべて theその changes変更 thatそれ have持ってる occurred発生した,
重要な機会に
今日 我々は直面しています
06:24
thatそれ we're私たちは faced直面する today今日 with〜と aa tremendousすばらしい opportunity機会.
人やアイデアをもっと強く
結びつけることができれば―
06:26
Ifif we我々 canできる connect接続する people andそして ideasアイデア moreもっと intensely激しく --- andそして althoughただし、
とはいえ 今日の市場には
製品がありすぎる訳ですが
06:33
you'veあなたは seen見た aa plethora過多 andそして aa myriad無数 of products製品
私にとって重要な点は
次のような事です
06:36
thatそれ have持ってる come来る to theその market市場 today今日, theその keyキー to me is
製品のうちどれ位のものが
役に立ち
06:41
howどうやって manyたくさんの of theseこれら products製品 are ableできる to provide提供する people connectivity接続性, in aa useful有用 way方法,
アクセスしやすく 手頃なつながりを
提供できているか?
06:48
accessibilityアクセシビリティ, in an easy簡単 manner方法,
アクセスしやすく 手頃なつながりを
提供できているか?
06:52
andそして alsoまた、 affordability手頃な価格, thatそれ
このテクノロジーを所有するための
経済的地位や
06:54
regardless関係なく of theその economic経済的 status状態 thatそれ aa person couldできた have持ってる,
購入する機会の有無には
かかわらずにですよ?
06:58
thatそれ they彼ら couldできた have持ってる theその opportunity機会 to afford余裕 thisこの technology技術.
このことに目を向けた時
我々は
07:01
Soそう, whenいつ you君は look見える at〜で thatそれ, we我々 said前記, wellよく, we我々 would〜する like好きな to, then次に,
もう少しそれを実現できる
構想を練りたいと考えました
07:05
enable有効にする thatそれ aa little少し bitビット. We我々 would〜する like好きな to create作成する an initiativeイニシアチブ.
そうして数年前
AMDでは
07:08
Andそして aa coupleカップル of years ago at〜で AMDamd,
このアイデア つまり
07:11
we我々 came来た upアップ with〜と thisこの ideaアイディア of saying言って,
「50×15」構想が生まれました
07:13
what ifif we我々 create作成する thisこの initiativeイニシアチブ we我々 callコール 50xバツ15,
ここで目的としているのは
2015年までに
07:16
whereどこで we我々 are going行く to aim目的, thatそれ by〜によって theその year 2015,
世界の半分を
インターネットに接続できるようにして
07:20
halfハーフ of theその world世界 will意志 be〜する connected接続された to theその Internetインターネット
人や考えを
つなぎあわせることです
07:23
soそう thatそれ people andそして ideasアイデア canできる get取得する connected接続された.
我々だけで できるとは
思っていませんでした
07:25
We我々 knew知っていた we我々 couldn'tできなかった do行う itそれ by〜によって ourselves自分自身, andそして by〜によって noいいえ means手段
そんなことを言うつもりは
決してありませんでした
07:27
didした we我々 everこれまで intend意図する to imply暗示する thatそれ we我々 at〜で AMDamd couldできた do行う itそれ alone単独で.
いつも感じていたのは
07:31
We我々 always常に feltフェルト thatそれ thisこの wasあった something何か thatそれ couldできた be〜する done完了
これは政府や企業
07:34
throughを通して partnershipsパートナーシップ with〜と governments政府, industry業界,
教育機関 無数の企業 時にライバル社とさえ
パートナーにならねば不可能だということです
07:37
educational教育的 institutions機関, aa myriad無数 of otherその他 companies企業 andそして, frankly率直に, even偶数 competitors競合他社.
ですからこれは実に高尚な構想です
考えようによってはね
07:42
Soそう, itそれ is really本当に aa ratherむしろ lofty高尚な initiativeイニシアチブ,
ですからこれは実に高尚な構想です
考えようによってはね
07:47
ifif you君は want欲しいです to think思う thatそれ way方法,
しかし我々は 数年のうちに
実現のめどを立てねばなりません
07:48
butだけど we我々 feltフェルト thatそれ we我々 had持っていました to put置く aa realリアル stakeステーク upアップ in theその years ahead前方に,
この計画は大胆かつ
勇気のあるもので
07:52
thatそれ wasあった bold大胆な enough十分な andそして courageous勇気のある enough十分な
物事をこれまでとは違う方法で行うことを
我々に強いるものです
07:55
thatそれ itそれ would〜する force us米国 allすべて to think思う of ways方法 to do行う thingsもの differently異なって.
すぐ後に この話に戻りますね
なぜなら
07:58
Andそして I'll私はよ come来る backバック to thatそれ in aa minute, becauseなぜなら I think思う
これまでの結果は
注目すべきものだからです
08:00
theその results結果 soそう far遠い have持ってる beenされている remarkable顕著,
そして私が本当に
楽しみにしているのは
08:04
andそして I canできる onlyのみ anticipate予期する andそして get取得する realリアル excited興奮した about
2015年までの8年間で
何が起こるのかということです
08:07
what I think思う is going行く to happen起こる in theその next eight8 years,
2015年までの8年間で
何が起こるのかということです
08:10
whilewhile we我々 get取得する to theその 2015 initiativeイニシアチブ.
現在の状況は?
08:14
Whereどこで are we我々 today今日?
これは年次変化です
出典はGapminder.com 我々の友人です
08:15
That'sそれは year by〜によって year. Thisこの comes来る fromから our我々の friends友達 at〜で Gapminderギャップマイダー.comcom.
このサイトを
ご覧になったことが無い方
08:20
Thoseそれら of you君は who've誰が never決して looked見た at〜で their彼らの websiteウェブサイト,
ぜひ見て下さい
非常に印象的です
08:22
you君は should〜すべき look見える at〜で itそれ. It'sそれは really本当に impressive印象的な. Andそして you君は canできる see見る
インターネットの普及が年を経るごとに
変化する様子が分かります
08:26
howどうやって theその Internetインターネット penetration浸透 has持っている changedかわった over以上 theその years.
この数値から
08:29
Andそして soそう whenいつ we我々 gave与えた ourselves自分自身 thisこの scorecardスコアカード to sayいう
2015年までの目標に関し
08:32
wellよく, whereどこで are we我々 related関連する to our我々の goalゴール towards方向 2015,
明らかになってきたことが
3つあります
08:36
theその thingもの thatそれ becomes〜になる apparent見かけ上 is three pieces作品.
1つ目は
08:39
One1 is theその Western西洋 world世界,
西ヨーロッパとアメリカを主とする
西側諸国が
08:41
defined定義された mostly主に by〜によって Western西洋 Europeヨーロッパ andそして theその Unitedユナイテッド States,
著しく進歩したことです
08:44
has持っている made an awful補うステまにくるににステまし補うま lotロット of progress進捗.
これらの国での
ネット接続状況は
08:46
Theその connectivity接続性 in theseこれら parts部品 of theその world世界
驚くほどで しかも
拡大を続けています
08:48
are really本当に truly真に phenomenal驚異的 andそして continue持続する to increase増加する.
実際 100%に達するのに
08:51
Asとして aa matter問題 of fact事実, we我々 think思う reaching到達 100 percentパーセント is very非常に doable実行可能な,
2015年までかからない可能性さえ
十分あります
08:55
even偶数 before theその 2015 timeframe時間枠. In otherその他 parts部品 of emerging新興 countries,
インドや中国などの新興国では
09:01
suchそのような asとして Indiaインド andそして China中国, theその progress進捗 has持っている beenされている good良い ---
堅調な進歩が見られます
しかし
09:04
has持っている beenされている solid固体, has持っている beenされている good良い. Butだけど in places場所 thatそれ are notない asとして developed発展した,
アフリカやラテンアメリカの国など
それほど発展していない国では
09:09
places場所 like好きな Africaアフリカ, Latinラテン Americaアメリカ andそして otherその他 places場所 in theその world世界,
進歩はかなり遅いんです
実際のところ
09:14
theその progress進捗 has持っている beenされている ratherむしろ slowスロー. Asとして aa matter問題 of fact事実,
私は最近
南アフリカを訪ね
09:17
I wasあった justちょうど recently最近 visiting訪問する South Africaアフリカ.
ムベキ大統領と
ディスカッションする機会を持ちました
09:20
I had持っていました theその opportunity機会 to have持ってる aa discussion討論 with〜と President大統領 Mbekiメベキ,
我々が議論したことの1つは
09:24
andそして one1 of theその thingsもの thatそれ we我々 talked話した about is, what is itそれ
ネット接続率の目標に向かうスピードを
いったい何が妨げているのかです
09:26
that'sそれは keeping維持 thisこの connectivity接続性 goalゴール fromから moving動く ahead前方に fasterもっと早く?
1つの答えは
南アフリカでは
09:30
Andそして one1 of theその reasons理由 is, in South Africaアフリカ,
ブロードバンド接続に
月額百ドルかかることです
09:33
itそれ costsコスト 100 dollarsドル aa month to have持ってる aa broadbandブロードバンド connectivity接続性.
このコストでは
たとえアメリカでも無理です
09:37
Itそれ is impossible不可能, even偶数 in theその Unitedユナイテッド States, forために thatそれ costコスト,
到達目標のネット接続率には
届かないでしょう
09:42
to be〜する ableできる to enable有効にする theその connectivity接続性 thatそれ we're私たちは allすべて trying試す to reachリーチ.
それで我々は
協力者を得ることによって
09:45
Soそう, we我々 talked話した about ways方法 in whichどの perhapsおそらく one1 couldできた partnerパートナー
このテクノロジーにかかるコストを
下げる方法を議論しました
09:49
to be〜する ableできる to bring持参する theその costコスト of thisこの technology技術 downダウン.
この表をご覧下さい
09:52
Soそう, whenいつ you君は look見える at〜で thisこの chartチャート,
このグラフは横軸が
対数になっています
09:53
you君は look見える at〜で theその very非常に last最終 --- it'sそれは aa logarithmic対数 chartチャート on aa horizontal水平 scale規模 ---
一番端を見て下さい
09:56
you君は look見える at〜で theその very非常に end終わり:
2015年に50%の接続率というのは
非常に遠い道のりですが
09:58
we've私たちは got持っている quiteかなり aa long長いです way方法 to go行く to get取得する to theその 2015 goalゴール of 50 percentパーセント.
我々はワクワクし
やる気に満ちています
10:02
Butだけど we're私たちは excited興奮した in our我々の company会社; we're私たちは motivated意欲的な.
それこそが
物事の推進力だと思います
10:04
We我々 really本当に think思う it'sそれは aa phenomenal驚異的 driverドライバ of thingsもの,
我々に物事を違う方法で行わせる力です
そして我々が楽しみにしているのは
10:08
to force us米国 to do行う thingsもの differently異なって, andそして we我々 look見える forward前進 to beingであること ableできる to actually実際に,
世界中の数多くの
パートナーと協力して
10:13
workingワーキング with〜と soそう manyたくさんの partnersパートナー aroundまわり theその world世界,
この目標を達成することです
10:15
to be〜する ableできる to reachリーチ thatそれ goalゴール.
さて 「50×15」構想について
1つ説明したいことがあります
10:18
Now, one1 of theその thingsもの I'd私は like好きな to explain説明する [about] 50xバツ15,
実に重要なことですが
これはチャリティではありません
10:22
whichどの I think思う is really本当に criticalクリティカルな, is thatそれ itそれ is notない aa charity慈善団体.
事業としての取り組みです
10:27
Itそれ is actually実際に aa businessビジネス ventureベンチャー.
ネット未接続の世界に存在する
ある小さなセグメントを見てみましょう
10:30
Let'sさあ take取る aa small小さい segmentセグメント of thisこの, of thisこの unconnected未接続 world世界,
それは教育市場です
10:35
andそして callコール itそれ theその education教育 market市場.
小学生について考えると
10:37
Whenいつ you君は look見える at〜で elementary-school小学校 children子供,
世界中にいる
何百万という子供が
10:39
we我々 have持ってる hundreds数百 andそして hundreds数百 of millions何百万 of children子供 aroundまわり theその world世界
ネットに接続できるようになれば
莫大な利益を得られます
10:43
thatそれ couldできた benefit利益 tremendously驚くほど
ネットに接続できるようになれば
莫大な利益を得られます
10:44
fromから beingであること ableできる to be〜する connected接続された to theその Internetインターネット.
したがって
10:47
Thereforeしたがって、, whenいつ we我々 see見る thatそれ, we我々 see見る an opportunity機会
このセグメントのニーズにフィットした
事業を始めることにしました
10:50
to have持ってる aa businessビジネス thatそれ addressesアドレス theその need必要 of thatそれ segmentセグメント.
我々がこの企画を始めた
本当に最初の頃から
10:55
Andそして whenいつ we我々 embarked着手した in thisこの initiativeイニシアチブ, fromから theその very非常に beginning始まり
非常にはっきりこう言ってきました―
これはチャリティじゃない
10:57
we我々 said前記 itそれ very非常に clearlyはっきりと: thisこの is notない aa charity慈善団体.
事業活動だと
11:01
Thisこの is really本当に aa businessビジネス ventureベンチャー,
これは このセグメントで非常に扱いが
難しかった部分です
11:02
one1 thatそれ addressesアドレス aa very非常に challenging挑戦 segmentセグメント of theその market市場.
過去3年間で学びましたが
11:06
Becauseなぜなら what we我々 have持ってる learned学んだ in theその last最終 three years
このセグメントにおいても
11:07
is thatそれ thisこの segmentセグメント of theその market市場, whetherかどうか it'sそれは education教育
発展途上国においても
11:11
orまたは under-developed未開発 nations, eitherどちらか way方法, it'sそれは aa segmentセグメント thatそれ demands要求
信じられないほど
高品質で信頼でき
11:15
incredibly信じられないほど high高い quality品質, incredibly信じられないほど high高い reliability信頼性,
非常に低いコストで
アクセスできることが要求されるんです
11:19
tremendousすばらしい low低い costコスト andそして accessアクセス, andそして aa lotロット of challenges挑戦
多くの困難が伴いました
当事者でないと
11:24
thatそれ frankly率直に, withoutなし actually実際に doingやっている itそれ,
非常に理解が難しいでしょうね
11:27
itそれ would〜する be〜する very非常に difficult難しい to understandわかる, andそして
すぐ後でお話ししますね
11:29
I'll私はよ explain説明する thatそれ in justちょうど aa minute.
この構想の焦点は シンプルで
アクセスしやすく人間中心の解決法です
11:32
Itそれ is an initiativeイニシアチブ thatそれ is focused集中した on simple単純, accessibleアクセス可能な andそして human-centric人間中心の solutionsソリューション.
どういうことかというと
11:36
What we我々 mean平均 by〜によって thatそれ is,
PCが大まかに言って
1980年に発明され
11:38
you君は know知っている, frankly率直に, theその PCpc wasあった invented発明された in 1980, roughly大まかに speaking話し中
それから20年あまり
実のところ 変化は見られません
11:42
moreもっと orまたは lessもっと少なく, andそして forために 20-odd-odd years, itそれ hasn't持っていない changedかわった.
大抵の場所で PCはグレーか黒の箱で
見た感じどれも一緒です
11:47
Itそれ is stillまだ, in most最も places場所, aa grayグレー orまたは black boxボックス, andそして itそれ looks外見 theその same同じ.
率直に言って―
これを言うと怒る顧客もいますが
11:52
Andそして frankly率直に --- andそして I know知っている thatそれ sometimes時々 I offend怒る some一部 of myじぶんの customers顧客
本当のところ
11:56
whenいつ I sayいう thisこの, butだけど I truly真に mean平均 itそれ ---
PCの上に貼ってある
ラベルをはがしたら
11:58
ifif you君は couldできた take取る theその name of theその computerコンピューター offオフ theその top of itそれ,
どのメーカー製か
見分けがつかないでしょう
12:02
itそれ would〜する be〜する very非常に difficult難しい to judge裁判官 who made itそれ,
高度に汎用品化しているからです
1つ1つ違う製品なんですけどね
12:04
becauseなぜなら they're彼らは allすべて highly高く commoditized商品化された butだけど they're彼らは allすべて different異なる.
つまり人間中心的アプローチは
そこにはありませんでしたが
12:08
Soそう, thereそこ has持っている notない beenされている aa human-centric人間中心の approachアプローチ
それがこのセグメントでは
必要とされるんです
12:10
to addressingアドレッシング thisこの segmentセグメント of theその market市場,
ですからこのことを考えるのは
絶対に重要です
12:12
soそう we我々 really本当に believe信じる itそれ is criticalクリティカルな to think思う of itそれ.
午前中に聞いたトークのなかに
12:15
Itそれ reminded思い出した me aa lotロット of theその talkトーク we我々 heard聞いた thisこの morning, about thisこの
アフリカ向けにデザインされた
手術室の機械の話がありました
12:19
operatingオペレーティング roomルーム machinery機械 thatそれ wasあった designed設計 specifically具体的に forために Africaアフリカ.
我々がここで話しているのは
それに非常に似たことです
12:24
We're私たちは talking話す about something何か very非常に similar類似 hereここに.
地理的事情に合わせた
アプローチの必要性です
12:27
Andそして itそれ has持っている to be〜する basedベース on aa geo-sensitiveジオセンシティブな approachアプローチ.
どういうことかというと
世界には
12:29
What I mean平均 by〜によって thatそれ is thatそれ in some一部 parts部品 of theその world世界,
テクノロジーの開発に
政府が中心的役割を果たす地域と
12:32
theその government政府 plays演劇 aa keyキー role役割 in theその development開発 of technology技術.
そうでない地域があります
12:35
In otherその他 parts部品, itそれ doesn'tしない.
製造業を支えるインフラの整った地域もあれば
12:36
In otherその他 parts部品 of theその world世界, you君は have持ってる an infrastructureインフラ
製造業を支えるインフラの整った地域もあれば
12:39
thatそれ allows許す forために manufacturing製造 to take取る place場所.
ない地域もあります
そうすると我々は
12:42
In otherその他 parts部品, itそれ doesn'tしない. Andそして then次に we我々 have持ってる to be〜する sensitive敏感な
地域の事情に合わせて
テクノロジーの開発や
12:45
about howどうやって thisこの technology技術 canできる be〜する developed発展した
それを活用した実践を
行う必要があります
12:48
andそして put置く into actionアクション in thoseそれら regions地域.
最後に
非常に重要なことですが―
12:50
Andそして theその last最終 pieceピース, whichどの is really本当に important重要 ---
これは我々の意見であって
広く共有されている訳ではなく
12:53
andそして thisこの is an opinion意見 thatそれ we我々 have持ってる, notない shared共有 by〜によって manyたくさんの,
いや 我々だけなのかも
しれませんが―
12:57
thisこの is one1 whereどこで we我々 seem思われる to standスタンド alone単独で, on thisこの one1 ---
我々の信念では
この構想の最大の成功には
13:00
is thatそれ we我々 really本当に believe信じる thatそれ theその greatest最大 success成功 of thisこの initiativeイニシアチブ
地元密着の統合的・包括的な
生態系モデルが必要なのです
13:03
canできる come来る by〜によって fostering育成 local地元, integrated統合された, end-to-end端から端まで ecosystems生態系.
この例を使わせて下さい
13:08
What I mean平均 by〜によって thatそれ, andそして let〜する me useつかいます thisこの example,
南アフリカ共和国です
最近行ったので
13:10
theその country of South Africaアフリカ, becauseなぜなら I wasあった justちょうど thereそこ,
この国の問題のいくつかに
ちょっとは通じていますからね
13:13
thereforeしたがって、 I'm私は aa little少し bitビット familiar身近な with〜と some一部 of theその challenges挑戦 they彼ら have持ってる.
ここは人口4千5百万の
新興国です
13:17
It'sそれは aa country of 45 million百万 people. It'sそれは an economy経済 that'sそれは emerging新興.
大きな成長が始まりつつあります
13:21
It'sそれは beginning始まり to grow成長する tremendously驚くほど.
この国はネット接続のコストを
下げることを目指しています
13:23
They彼ら have持ってる an objective目的 to lowering低下 theその costコスト of connectivity接続性.
国内にPCを
製造する会社があります
13:26
They彼ら have持ってる aa computerコンピューター company会社 thatそれ makes作る computersコンピュータ in South Africaアフリカ.
ソフトウェア開発を訓練する環境も
大学に整えられつつあります
13:29
They're彼らは developing現像 aa software-trainingソフトウェアトレーニング environment環境 in their彼らの universities大学.
素晴らしい
理想的な場所です
13:33
What aa place場所, what an ideal理想的な place場所
学校に必要なハードウェアとソフトウェアの
生態系を作れるのです
13:35
to create作成する an ecosystem生態系 thatそれ couldできた buildビルドする theその hardwareハードウェア andそして theその softwareソフトウェア
さらに驚いたことに
南アフリカ共和国では
13:38
needed必要な forために their彼らの schools学校. Andそして to myじぶんの surprise驚き, I learned学んだ in South Africaアフリカ
18の方言が使われているそうです
2つだと思っていたのに―
13:42
they彼ら have持ってる 18 dialects方言, I always常に thought思想 they彼ら onlyのみ had持っていました two ---
英語とアフリカ語かと―
しかし実は18もあると判明しました
13:45
English英語 andそして Afrikaansアフリカーンス語 --- butだけど itそれ turnsターン outでる they彼ら have持ってる 18 dialects方言.
このかなり複雑な教育システムの
ニーズを満たすためには
13:49
Andそして to be〜する ableできる to meet会う theその needsニーズ of thisこの ratherむしろ complex複合体 educational教育的 systemシステム,
内部から活動を起こすしか
ありません
13:55
itそれ couldできた onlyのみ be〜する done完了 fromから inside内部.
このセグメントは
13:59
I don'tしない think思う thisこの segmentセグメント of theその market市場 canできる be〜する addressed対処する
外国から来た企業が
製品を持ち込んで売るやり方で
14:02
by〜によって companies企業 parachutingパラシュート fromから another別の place場所 of theその world世界,
扱えるものでは
ないように思います
14:06
andそして justちょうど dumpingダンピング product製品 andそして selling販売 into theその markets市場.
このように 
多くの人口を抱え
14:08
Soそう, we我々 believe信じる thatそれ in thoseそれら regions地域 of theその world世界
このように 
多くの人口を抱え
14:11
whereどこで theその population人口 is large,
事業を支えるインフラの整った地域では
14:12
andそして there'sそこに an infrastructureインフラ thatそれ canできる provide提供する itそれ,
地元密着の統合的・包括的な
システムは
14:15
thatそれ aa local地元, integrated統合された, end-to-end端から端まで systemシステム
事業を成功させる上で
実に重要と確信しています
14:17
is really本当に criticalクリティカルな forために itsその success成功.
これは我々がコンピューターを
支給した教室の写真です
14:20
Thisこの is aa picture画像 of aa classroom教室 thatそれ we我々 outfitted装備された with〜と computersコンピュータ
私の母国
メキシコの学校です
14:24
in Mexicoメキシコ, in myじぶんの home自宅 country.
この教室があるのは
ミチョアカン州の学校です
14:27
Thisこの particular特に classroom教室 happens起こる to be〜する in theその state状態 of Michoacanミコカン.
メキシコに詳しい方は
ご存じでしょうが
14:30
Thoseそれら of you君は thatそれ mightかもしれない be〜する familiar身近な with〜と Mexicoメキシコ ---
ミチョアカンは非常に
カラフルな州です
14:32
Michoacanミコカン is aa very非常に colorfulカラフル state状態.
子供はとてもカラフルな服を
着ていますし
14:34
Children子供 dressドレス with〜と very非常に colorfulカラフル, colorfulカラフル clothes,
これが子供たちやPCに及ぼす影響は
驚くべきものです
14:38
andそして itそれ is incredible信じられない to see見る theその powerパワー thatそれ thisこの has持っている in theその hands of kids子供たち,
これを言っておかねばなりません
14:44
in aa computerコンピューター. Andそして I have持ってる to telltell you君は thatそれ it'sそれは
テクノロジーのアクセスしやすさや
ネット接続が
14:49
soそう easy簡単 to appreciate感謝する theその impact影響 thatそれ accessアクセス to technology技術
この子らの生活や教育に及ぼす影響は
明らかに価値のあるものです
14:52
andそして connectivity接続性 canできる have持ってる in theその lives人生 andそして education教育 of theseこれら kids子供たち.
我々は最近 ある学校内に
学習ラボを開設しました
14:58
We我々 justちょうど recently最近 opened開かれた aa learning学習 laboratory研究室 in aa school学校
南アフリカの
西ケープ州にある
15:01
in theその West西 Capeケープ in South Africaアフリカ,
ネルソン・マンデラ・スクールにです
15:05
in aa school学校 that'sそれは calledと呼ばれる Nelsonネルソン Mandelaマンデラ School学校,
PCにアクセスできる子供たちの表情や
その活動は
15:08
andそして whenいつ you君は see見る theその faces andそして activitiesアクティビティ of theseこれら children子供
本当にものすごいことですよね
15:14
beingであること ableできる to accessアクセス computersコンピュータ, it'sそれは justちょうど phenomenal驚異的.
そして最近
彼らが手紙をくれて
15:16
Andそして recently最近, they've彼らは written書かれた us米国 letters手紙,
この影響に関する
興奮ぶりを教えてくれました
15:19
telling伝える us米国 howどうやって excited興奮した they彼ら are about theその impact影響
彼らの生活や
教育に関する夢
15:21
thatそれ thisこの has持っている had持っていました on their彼らの lives人生, on their彼らの educational教育的 dreams,
能力に及ぼした影響は
驚くべきもののようです
15:26
on their彼らの capabilities能力, andそして it'sそれは justちょうど phenomenal驚異的.
我々は現在
30人の技術者を
15:28
We我々 have持ってる now deployed展開された 30 different異なる technologists技術者
18か国に配置し
15:32
in 18 different異なる countries, andそして we我々 have持ってる beenされている ableできる
何百万もの人をつなぎ
15:33
to connect接続する millions何百万 of people in an effort努力 to continue持続する to learn学ぶ
このセグメントのニーズと需要の
把握に努めているところです
15:37
what thisこの particular特に segmentセグメント of theその market市場 needsニーズ andそして demands要求.
これも言っておかねばなりません
15:40
Andそして I have持ってる to telltell you君は thatそれ althoughただし、
何百万人と言っても
15:42
millions何百万 doesn'tしない sound like好きな aa lotロット
ネット接続が必要な人が何十億といるのを
思えば ものの数ではありません
15:43
in terms条項 of theその billions何十億 thatそれ need必要 to be〜する connected接続された,
これは始まったばかりで
我々は多くを学んでいる最中です
15:46
it'sそれは aa start開始. Andそして we我々 are learning学習 aa lotロット.
非常によく
学びつつあるのは
15:49
Andそして we're私たちは learning学習 aa tremendousすばらしい amount about
このセグメントに必要で効果的なものは
何なのかについてです
15:51
what we我々 believe信じる thisこの segmentセグメント needsニーズ to be〜する ableできる to be〜する effective効果的な.
1つの例は「1人に1台ノートPC」計画です
15:54
One1 example of thisこの has持っている beenされている theその One1 Laptopラップトップ per〜ごと Child.
ご存じかもしれませんね
15:57
Some一部 of you君は are familiar身近な with〜と thisこの.
これはMITと企業グループ間で結ばれた
パートナーシップです
15:58
Thisこの is aa partnershipパートナーシップ betweenの間に MITミット andそして aa groupグループ of companies企業 ---
GoogleやRed Hatが関与し
AMDはキー・プレイヤーです
16:02
Googlegoogle is involved関係する, Red Hat帽子 --- andそして AMDamd is aa keyキー playerプレーヤー.
この「1人に1台ノートPC」の機器は
16:05
Theその electronicsエレクトロニクス behind後ろに theその One1 Laptopラップトップ per〜ごと Child
AMDの技術である
マイクロプロセッサーを使用しています
16:08
are basedベース on AMDamd technology技術; it'sそれは aa microprocessorマイクロプロセッサ.
しかしこのグループが
いかに創造的かをお話ししましょう
16:11
Butだけど to give与える you君は an ideaアイディア howどうやって creative創造的な thisこの groupグループ of people canできる be〜する,
「1人に1台ノートPC」の
目的の1つは
16:15
one1 of theその objectives目的 of theその One1 Laptopラップトップ per〜ごと Child
バッテリー寿命10時間の
達成です
16:17
is to be〜する ableできる to achieve達成する aa 10-hour〜時間 battery電池 life生活.
というのも学校の1日は
16:19
Becauseなぜなら itそれ wasあった feltフェルト thatそれ aa school学校 day
少なくとも8時間あり
16:21
would〜する last最終 at〜で least少なくとも eight8 hours時間, andそして
子供にはノートPCと一緒に
16:24
you君は wanted欲しい theその child to have持ってる theその ability能力 to useつかいます theその laptopラップトップ
1日中過ごさせてあげたいでしょう
バッテリーの充電なしにね
16:27
forために at〜で least少なくとも one1 full満員 day withoutなし having持つ to recharge再充電する itそれ.
技術者はこの点に
驚くほどの改良を施し
16:31
Theその engineersエンジニア have持ってる done完了 aa phenomenal驚異的 amount of innovation革新 on thisこの part,
この製品のバッテリーは
今や15時間もちます
16:33
andそして battery電池 life生活 on thisこの product製品 is now 15 hours時間 ---
人々の成しえた
革新的な仕事のおかげです
16:37
justちょうど throughを通して aa lotロット of innovative革新的な work作業 people have持ってる done完了
彼らが情熱的・意欲的に
取り組んでくれたからこそです
16:39
becauseなぜなら they're彼らは passionate情熱的な andそして motivated意欲的な to be〜する ableできる to do行う thisこの.
これが今年の末までには
16:43
We我々 expect期待する thisこの to be〜する deployed展開された towards方向 theその end終わり of thisこの year,
教育現場に提供される
見込みなので
16:45
andそして we're私たちは very非常に excited興奮した at〜で theその opportunities機会 thatそれ thisこの is going行く to offer提供
我々はワクワクしています
16:48
in theその fieldフィールド of education教育.
これは教育市場に
特にねらいを定めた製品です
16:50
It'sそれは aa highly高く focused集中した product製品 aimed目標 at〜で strictly厳密に theその education教育 market市場,
発展途上国だけでなく
16:56
notない onlyのみ in theその developing現像 countries, butだけど actually実際に
先進国もターゲットです
なぜなら
16:59
in theその developed発展した regions地域 asとして wellよく, becauseなぜなら
アメリカの
いくつかの地域でも
17:02
thereそこ are parts部品 of theその Unitedユナイテッド States whereどこで thisこの canできる have持ってる
教育をもっと楽しく効果的にする上で
大きな影響を及ぼし得るからです
17:04
alsoまた、 aa huge巨大 impact影響 on theその ability能力 to make作る education教育 moreもっと fun楽しい andそして moreもっと efficient効率的な.
我々はTEDとも
パートナーシップを結んでいます
17:09
We我々 alsoまた、 have持ってる partnered提携 with〜と TEDテッド
アーキテクチャー・フォー・
ヒューマニティーや
17:11
in thisこの projectプロジェクト, with〜と Architecture建築 forために Humanity人類,
TEDプライズ受賞者の
キャメロン・シンクレアと共に
17:13
andそして along一緒に with〜と theその TEDテッド Prize winner勝者 Cameronキャメロン Sinclairシンクレア,
コンテストを計画しています
建設業界の方々に
17:16
we're私たちは having持つ aa contestコンテスト thatそれ we我々 have持ってる issued発行済み to theその architectural建築 communityコミュニティ
新興国のコンピュータ・ラボにふさわしい
デザインを考えてもらうんです
17:20
to come来る upアップ with〜と theその bestベスト design設計 forために aa computerコンピューター lab研究室 forために an emerging新興 region領域.
この計画の一員になれて
我々は非常に感激しています
17:25
Andそして we're私たちは really本当に thrilled興奮した about theその opportunity機会 to be〜する part of thisこの,
この実にエキサイティングな活動の
結果がとても楽しみです
17:29
andそして can'tできない wait待つ to see見る what comes来る outでる of thisこの excitingエキサイティング, excitingエキサイティング activityアクティビティ.
さてここで冒頭の話に
戻らせて頂いてから
17:34
Let〜する me come来る backバック to theその beginning始まり,
このプレゼンテーションを
終えたいと思います
17:36
to end終わり thisこの presentationプレゼンテーション.
産業やビジネスにおいて
実に大事だと私が考えていることに
17:39
I'll私はよ telltell you君は thatそれ one1 of theその thingsもの
産業やビジネスにおいて
実に大事だと私が考えていることに
17:41
thatそれ I feel感じる is really本当に criticalクリティカルな forために us米国 in industry業界, in businessビジネス,
問題解決に情熱をもって
あたることがあります
17:44
is to be〜する ableできる to be〜する passionate情熱的な about solving解決する theseこれら problems問題.
問題をスプレッドシート上において
17:48
I don'tしない think思う it'sそれは enough十分な to be〜する ableできる to put置く themそれら on aa spreadsheetスプレッドシート,
数字を眺めて 「うまくいってるぞ」
とか言うので十分とは思いません
17:51
andそして look見える at〜で numbers数字 andそして sayいう, yesはい, that'sそれは aa good良い businessビジネス.
情熱を持つことが必要だと
深く確信しています
17:54
I really本当に believe信じる thatそれ you君は have持ってる to have持ってる aa passion情熱 forために itそれ.
さらに私が父母から
学んだことの1つは―
17:57
Andそして one1 of theその thingsもの thatそれ I learned学んだ, tooあまりにも, fromから myじぶんの parents ---
ちょっとしたエピソードがあります
父の話です
17:59
andそして I'll私はよ give与える you君は aa little少し anecdote逸話 --- especially特に fromから myじぶんの fatherお父さん.
理解するのに
多少時間がかかりましたけどね
18:03
Andそして itそれ took取った me aa whilewhile to understandわかる itそれ,
私の大学進学にあたり
父はこう言ったんです
18:05
butだけど he said前記 to me, whenいつ I went行った to collegeカレッジ, he said前記,
「お前は我が家で大学に行く
初めての人間だ
18:07
"You'reあなたは theその first最初 person in theその family家族 to go行く to collegeカレッジ.
お前が理解して
おかねばならないのは
18:09
Andそして it'sそれは really本当に important重要 you君は understandわかる
文明が進歩するためには
18:12
thatそれ forために civilization文明 to make作る progress進捗,
各世代は1つ前の世代よりも
よい人生を送らねばならないということだ
18:14
each generation世代 has持っている to do行う betterより良い thanより theその last最終 one1.
したがって これはお前が俺たちより
良い人生を歩む機会なんだ」
18:18
Andそして thereforeしたがって、, thisこの is yourきみの opportunity機会 to do行う betterより良い thanより myじぶんの generation世代."
正直 父の言うことが
当時 ちゃんと理解できたか分かりません
18:22
Frankly率直に, I don'tしない know知っている thatそれ I really本当に understood理解された what he told言った me at〜で theその time時間.
私は大学にすごく行きたくて
女の子を探して それから勉強して
18:26
I wasあった eager熱心な to go行く offオフ to collegeカレッジ, andそして go行く find見つける girls女の子, andそして study調査,
勉強は二の次 でも私は
大学を卒業して それから恋をしました
18:30
andそして girls女の子, andそして study調査, butだけど then次に I finished完成した collegeカレッジ andそして I fell落ちた in love.
卒業して 結婚を決めました
18:37
I graduated卒業した. I decided決定しました to get取得する married既婚.
結婚式の日
父がやって来てまた言いました
18:40
Andそして on myじぶんの wedding結婚式 day, myじぶんの fatherお父さん came来た to me again再び andそして said前記, "You君は know知っている,
「もう一度言うぞ 各世代は
18:43
I'm私は going行く to remind思い出させる you君は again再び, thatそれ each generation世代
1つ前の世代より良い人生を
歩まねばならない
18:46
has持っている to do行う betterより良い thanより theその last最終 one1.
お前は俺より良い夫に
ならねばならない
18:48
You君は have持ってる to be〜する aa betterより良い husband thanより I wasあった,
進歩とは そういうことだからだ」
ようやく分かり始めました
18:50
becauseなぜなら that'sそれは howどうやって you君は make作る progress進捗." Andそして now he began始まった to make作る senseセンス.
父がとても良い夫だと
知っていましたからね
18:54
Becauseなぜなら I knew知っていた what aa greatすばらしいです husband he wasあった,
父はまた私にプレッシャーを
かけ始めた訳です
18:56
andそして now he wasあった once一度 again再び beginning始まり to put置く pressure圧力 on me,
私が子供の時にしたようにね
数年後 子供ができました
19:00
like好きな he didした whenいつ I wasあった aa little少し kidキッド. Andそして then次に aa few少数 years later後で, I had持っていました aa child,
第1子です
そしてまた
19:04
myじぶんの first最初 child, andそして again再び, myじぶんの fatherお父さん comes来る
病院にやってきた父は
ガラス窓ごしに
19:08
to theその hospital病院, andそして we're私たちは looking探している at〜で theその glassガラス,
赤ん坊を見て
言いました
19:11
andそして see見る allすべて theその children子供 on theその otherその他 side, andそして he said前記,
「もう一度言う 各世代はより良い人生を
歩まねばならない
19:14
"I've私は got持っている to remind思い出させる you君は again再び, thatそれ forために each generation世代 to do行う betterより良い,
お前は俺よりも良い父親に
ならねばならない」
19:18
you'reあなたは going行く to have持ってる to be〜する aa betterより良い fatherお父さん thanより I wasあった."
これで分かってきました
これは恐ろしい難題だったんです
19:21
That'sそれは whenいつ itそれ dawned夜明け on me theその tremendousすばらしい challengeチャレンジ
父が私にそれを課したんです
彼は偉大な父だったからです
19:24
thatそれ he wasあった placing配置 on me, becauseなぜなら he wasあった aa greatすばらしいです fatherお父さん.
しかし大事なことは
父が私の情熱を育んだことです
19:27
Butだけど theその keyキー is thatそれ he instilled点滴した in me aa passion情熱
おかげで毎朝起きると
もっと良いことをしたいと思い
19:30
to really本当に get取得する upアップ everyすべて day in theその morning andそして want欲しいです to do行う betterより良い,
人生における私の役割は
19:35
to really本当に get取得する upアップ andそして think思う thatそれ myじぶんの role役割 in life生活
Fortune誌の選ぶ500企業の
CEOだけではないと思うんです
19:38
is notない justちょうど to be〜する theその CEO最高経営責任者(CEO of aa Fortune 500 company会社.
私の役割は
将来いつか振り返った時に
19:41
It'sそれは got持っている to be〜する thatそれ somedayいつか I canできる look見える backバック,
世界がより良くなっているよう
ささやかな貢献をしていくことです
19:43
andそして thisこの place場所 is truly真に betterより良い throughを通して some一部 small小さい contribution貢献
これは我々1人1人に
できることでしょう
19:47
thatそれ perhapsおそらく each of us米国 couldできた make作る.
どうもありがとうございました
19:49
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
(拍手)
19:51
(Applause拍手)
Translated by Naoko Fujii
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the speaker:

Hector Ruiz - CEO
The executive chairman of AMD, Hector Ruiz is devoted to his company's 50x15 initiative, which seeks to give 50 percent of the world's population access to the internet by 2015.

Why you should listen

Hector Ruiz is executive chairman of Advanced Micro Devices, Inc. Born in Piedras Negras, Mexico, Dr. Ruiz is passionate about the role of technology in education and empowering the underprivileged. At the 2004 World Economic Forum in Davos, he announced AMD's 50x15 Initiative, a commitment to provide 50 percent of the world's population with basic Internet access by the year 2015.

Ruiz contends that his company's 50x15 initiative is "not only possible; it is perhaps the most important transformational event we will experience in our lifetime."

More profile about the speaker
Hector Ruiz | Speaker | TED.com