English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2005

Paul Bennett: Design is in the details

ポール・ベネット: デザインは細部に宿る

Filmed
Views 767,413

示唆に富む、傑出した楽しくなるような製品をいくつか示しながら、イギリスのブランディングとデザインの巨匠であるポール・ベネットが、デザインは必ずしも壮大な取り組みである必要はなく、小さいが普遍的で見落とされている問題を解決することが出来ることを説明します。

- Designer; creative director, Ideo
As a creative director at Ideo, Paul Bennett reminds us that design need not invoke grand gestures or sweeping statements to be successful, but instead can focus on the little things in life, the obvious, the overlooked. Full bio

Hello. Actually, that's "hello" in Bauer Bodoni
こんにちは
タイポグラフィーにうるさい方のために言うと
00:25
for the typographically hysterical amongst us.
この「こんにちは」には
バウアー・ボドニ書体が使われています
00:29
One of the threads that seems to have come through
この数日を通して 強調されている
00:32
loud and clear in the last couple of days
話題のひとつは
00:35
is this need to reconcile what the Big wants --
「大きなもの」と「小さなもの」の
調和の必要性です
00:38
the "Big" being the organization, the system, the country --
組織やシステム、国家といった
「大きなもの」が望むことと
00:42
and what the "Small" wants -- the individual, the person.
個々の人といった
「小さなもの」が望むことの調和です
00:48
And how do you bring those two things together?
どうすればこの2つを両立できるでしょうか
00:51
Charlie Ledbetter, yesterday, I thought, talked very articulately
昨日 チャーリー・リードビーターは
00:53
about this need to bring consumers, to bring people
消費者や個人を もの作りのプロセスに
参加させることの重要性を
00:55
into the process of creating things.
明瞭に説明してくれたと思います
00:59
And that's what I want to talk about today.
そしてそれが今日私の話したいことです
01:01
So, bringing together the Small to help facilitate and create the Big,
「小さなもの」を集めて
「大きなもの」の創造を促し手助けすること
01:04
I think, is something that we believe in -- something I believe in,
これは私たちが信じていることです
01:10
and something that we kind of bring to life
そしてまた
IDEO(アイディオ)での仕事を通じて
01:13
through what we do at Ideo.
私たちが実践していることでもあります
01:15
I call this first chapter -- for the Brits in the room --
最初の項目を イギリスの皆さんにちなんで
01:18
the "Blinding Glimpse of the Bleeding Obvious."
「あまりにも当たり前のこと」としました
01:20
Often, the good ideas are so staring-at-you-right-in-the-face
しばしば いいアイディアは
当たり前のように目の前にあるため
01:22
that you kind of miss them. And I think, a lot of times,
それに気づくことができません
01:26
what we do is just, sort of, hold the mirror up to our clients, and sort of go,
思うに多くの場合 私たちがしているのは
鏡をクライアントに向けて
01:29
"Duh! You know, look what's really going on."
「実際に起きていることを見てください」
と言うようなことです
01:32
And rather than talk about it in the theory,
理屈から説明する代わりに
01:35
I think I'm just going to show you an example.
例をお見せしたいと思います
01:37
We were asked by a large healthcare system in Minnesota
私たちはミネソタにある
大きな医療グループから
01:39
to describe to them what their patient experience was.
患者の経験が どのようなものか
調査せよと依頼されました
01:44
And I think they were expecting --
彼らはいろいろなコンサルタントと一緒に
01:47
they'd worked with lots of consultants before --
仕事をした経験から
01:49
I think they were expecting some kind of hideous org chart
数千もの丸や
システム的なあれやこれやが書き込まれた
01:50
with thousands of bubbles and systemic this, that and the other,
ぞっとするような組織図や
いろいろな種類の地図状のものを
01:53
and all kinds of mappy stuff.
調査結果として想像していたのだと思います
01:57
Or even worse, some kind of ghastly death-by-Powerpoint thing
あるいは更に悪いことに
目を引くグラフその他諸々から成るパワーポイントで
01:59
with WowCharts and all kinds of, you know, God knows, whatever.
止めを刺されたプレゼン資料を
想定していたのかもしれません
02:03
The first thing we actually shared with them was this.
実際に彼らと最初に共有したものはこれでした
02:07
I'll play this until your eyeballs completely dissolve.
皆さんが飽きるまで
この映像を再生しましょう
02:13
This is 59 seconds into the film.
59秒後
02:17
This is a minute 59.
1分59秒後
02:23
3:19.
3:19
02:28
I think something happens. I think a head may appear in a second.
この辺で何かが起こると思います
頭が一瞬見えると思います
02:29
5:10.
5:10
02:33
5:58.
5:58
02:35
6:20.
6:20
02:37
We showed them the whole cut,
映像を最初から最後まで見ても 彼らは
これが何なのか全く理解できませんでした
02:39
and they were all completely, what is this?
映像を最初から最後まで見ても 彼らは
これが何なのか全く理解できませんでした
02:40
And the point is when you lie in a hospital bed all day,
要するに病院のベッドに一日中いるとき
出来ることといったら
02:43
all you do is look at the roof, and it's a really shitty experience.
天井を見ることくらいで
これは非常につらい経験だということです
02:54
And just putting yourself in the position of the patient --
そして自分を患者の立場に置くことは ―
02:58
this is Christian, who works with us at Ideo.
これはアイディオで一緒に働く
クリスチャンです
03:02
He just lay in the hospital bed,
彼はただ横になり
03:04
and, kind of, stared at the polystyrene ceiling tiles
ポリスチレンの天井のパネルを
本当に長い時間
03:05
for a really long time.
見つめていました
03:08
That's what it's like to be a patient in the hospital.
それが病院の患者になるということです
03:09
And they were sort, you know, blinding glimpse of bleeding obvious.
そしてこれは
「あまりにも当たり前のこと」のひとつでした
03:12
Oh, my goodness. So, looking at the situation
なんということでしょう
従って状況を
03:15
from the point of view of the person out --
外部の人間の目から見ること
つまり
03:18
as opposed to the traditional position of the organization in --
いままでの組織の内から見るやり方とは
逆に捉えることは
03:21
was, for these guys, quite a revelation.
彼らにとって
非常に驚くべき経験でした
03:25
And so, that was a really catalytic thing for them.
だからこそ
それは彼らにとって示唆に富むことでした
03:28
So they snapped into action.
すぐ手が打たれました
03:32
They said, OK, it's not about systemic change.
必要なのはシステム全体の変更ではない
と彼らは理解しました
03:33
It's not about huge, ridiculous things that we need to do.
やるべきなのは壮大で
途方もないことではなく
03:36
It's about tiny things that can make a huge amount of difference.
大きな差を生み出すことができる
小さなことなのだと
03:38
So we started with them prototyping some really little things
そこで私たちは
大きなインパクトを与えられる
03:41
that we could do to have a huge amount of impact.
本当に小さなものの試作を彼らと始めました
03:45
The first thing we did was we took a little bicycle mirror
最初にしたことは 自転車用の小さなミラーを
03:47
and we Band-Aided it here, onto a gurney, a hospital trolley,
病院のストレッチャーに貼り付けることでした
03:51
so that when you were wheeled around by a nurse or by a doctor,
これで運ばれるときに
医者や看護師とコミュニケーションをとれます
03:56
you could actually have a conversation with them.
これで運ばれるときに
医者や看護師とコミュニケーションをとれます
04:00
You could, kind of, see them in your rear-view mirror,
このバックミラーで彼らを見られるので
04:01
so it created a tiny human interaction.
小さな交流が生まれました
04:03
Very small example of something that they could do.
これは彼らにできたことの非常に小さな例です
04:06
Interestingly, the nurses themselves, sort of, snapped into action --
興味深いことに看護師が行動を起こしました
04:09
said, OK, we embrace this. What can we do?
「この方針に賛成です
私たちに何ができるか考えましょう」 と
04:12
The first thing they do is they decorated the ceiling.
最初に看護師たちがしたのは
天井を装飾することでした
04:15
Which I thought was really -- I showed this to my mother recently.
私はこれが本当に―
最近母にこれを見せました
04:18
I think my mother now thinks that I'm some sort of interior decorator.
母は私がインテリアデザイナーだと
思っているでしょうね
04:20
It's what I do for a living, sort of Laurence Llewelyn-Bowen.
そのとおり
ローレンス・ルウェリン=ボーエンの類ですね―
04:23
Not particularly the world's best design solution
これはデザインの専門家からみれば
04:26
for those of us who are real, sort of, hard-core designers,
世界一すばらしいものではないと思います
04:28
but nonetheless, a fabulous empathic solution for people.
しかし 人びとにとっては
すばらしくまた共感できるアイディアです
04:30
Things that they started doing themselves --
彼らが自分たちで始めたこと ―
04:36
like changing the floor going into the patient's room
例えば患者の部屋に通じる床を変えて
04:38
so that it signified, "This is my room. This is my personal space" --
「ここは私の部屋です 個人的な空間です」
とわかるようにすることは
04:41
was a really interesting sort of design solution to the problem.
問題に対する本当に興味深い解決策でした
04:46
So you went from public space to private space.
公共の空間からプライベートな空間が
生まれました
04:48
And another idea, again, that came from one of the nurses -- which I love --
もうひとつ看護師が思いついた
アイディアで 私のお気に入りはこれです
04:50
was they took traditional, sort of, corporate white boards,
会社で使うような 普通のホワイトボードを
04:53
then they put them on one wall of the patient's room,
患者の部屋の壁に取り付けて
04:57
and they put this sticker there.
このシールを貼りました
04:59
So that what you could actually do was go into the room
これによって 部屋に入って
05:01
and write messages to the person who was sick in that room,
その部屋の患者に
メッセージを書き残すことができます
05:04
which was lovely.
すばらしいことです
05:07
So, tiny, tiny, tiny solutions that made a huge amount of impact.
小さな小さなアイディアが
大きなインパクトを作り出しました
05:08
I thought that was a really, really nice example.
これはとても素敵な例だと思います
05:13
So this is not particularly a new idea,
身の回りにあるものの中に
改善のヒントを見つけ
05:17
kind of, seeing opportunities in things that are around you
それを解決策に変えることは
05:19
and snapping and turning them into a solution.
特に新しいアイディアではありません
05:23
It's a history of invention based around this.
発明の歴史はこのような例にあふれています
05:25
I'm going to read this because I want to get these names right.
名前を間違わないよう メモしてきました
05:28
Joan Ganz Cooney saw her daughter -- came down on a Saturday morning,
ジョーン・ガンツ・クーニーは
ある土曜日の朝起きて階下に降りたとき
05:30
saw her daughter watching the test card,
自分の娘が放送が始まるのを待つ間
05:34
waiting for programs to come on one morning
試験放送のテストパターンを
見ているのに気づき
05:36
and from that came Sesame Street.
そこからセサミストリートが生まれました
05:39
Malcolm McLean was moving from one country to another
マルコム・マクリーンは
国から国へと移動するなか
05:43
and was wondering why it took these guys so long
なぜ船に荷物を積み込むのに
05:47
to get the boxes onto the ship.
こんなに時間が掛かるのか不思議に思い
05:49
And he invented the shipping container.
コンテナを発明しました
05:52
George de Mestral -- this is not bugs all over a Birkenstock --
ジョルジュ・デ・メストラルは―
サンダルに付いているのは虫ではありません
05:55
was walking his dog in a field and got covered in burrs,
犬を野原で散歩させていて
ひっつき虫 つまり
05:59
sort of little prickly things, and from that came Velcro.
刺のある小さなものだらけになり
そこからマジックテープが生まれました
06:02
And finally, for the Brits, Percy Shaw -- this is a big British invention --
そして最後に皆さん イギリスの大発明です
パーシー・ショウは
06:09
saw the cat's eyes at the side of the road,
ある夜 家に帰る途中で
06:14
when he was driving home one night and from that came the Catseye.
道路の脇で光る猫の目を見かけて
道路反射鋲を発明しました
06:15
So there's a whole series of just using your eyes,
このように ただ目を使って
06:20
seeing things for the first time, seeing things afresh
初めて見たとき
新鮮な目でものを見直したとき
06:22
and using them as an opportunity to create new possibilities.
それを新しい可能性を創造するための
機会として利用した多くの例があります
06:25
Second one, without sounding overly Zen,
2点目は― 宗教の話じゃないですが
06:29
and this is a quote from the Buddha:
これは仏陀の言葉です
06:31
"Finding yourself in the margins, looking to the edges of things,
「自らを周縁に置き
そこからものごとを見極めるのは
06:33
is often a really interesting place to start."
ものごとを始めるうえで
本当に興味深い立ち位置である」
06:37
Blinkered vision tends to produce, I think, blinkered solutions.
視野の狭い理解は
視野の狭い解決策を生むように思います
06:40
So, looking wide, using your peripheral vision,
だから視界の端まで使って
視野を広げてものを見ることは
06:44
is a really interesting place to look for opportunity.
解決の糸口を探す
とても良いやり方と言えます
06:47
Again, another medical example here.
ここでも別の医療の例を挙げます
06:50
We were asked by a device producer --
私たちは装置メーカーから―
06:53
we did the Palm Pilot and the Treo.
パームやトレオをはじめアイディオでは
06:56
We did a lot of sexy tech at Ideo --
魅力的な技術に数多く取り組んできました―
06:58
they'd seen this and they wanted a sexy piece of technology
彼らはそのことを知っていて
医療診断に利用できる
07:00
for medical diagnostics.
魅力的な装置のデザインを頼んできました
07:03
This was a device that a nurse uses
これは看護師が使用する装置で
07:05
when they're doing a spinal procedure in hospital.
病院で脊髄の手術をおこなう時に
07:07
They'll ask the nurses to input data.
データ入力をするためのものです
07:09
And they had this vision of the nurse, kind of, clicking away
彼らがイメージしていたのは 看護師が
07:11
on this aluminum device
アルミ製の装置を
07:13
and it all being incredibly, sort of, gadget-lustish.
クリックで操作するもので
ガジェット好きにはたまらないものでした
07:14
When we actually went and watched this procedure taking place --
私たちが実際のこの手術を観察したところ
07:19
and I'll explain this in a second --
すぐにご説明しますが―
07:23
it became very obvious that there was a human dimension to this
彼らは気づいていませんでしたが
そこには
07:25
that they really weren't recognizing.
人間的な次元があるということが
明らかになってきました
07:29
When you're having a four-inch needle inserted into your spine --
人は脊髄に10センチの針を
差し込まれているときに―
07:32
which was the procedure that this device's data was about;
この装置の扱うデータはすべて
この処置に関するもので
07:36
it was for pain management -- you're shit scared; you're freaking out.
これは苦痛を和らげるためのものでしたが―
患者は心底恐れ びくびくしています
07:40
And so the first thing that pretty much every nurse did,
このような状況なので
看護師が皆 最初にしたのは
07:44
was hold the patient's hand to comfort them. Human gesture --
患者の手を握って安心させることでした
人間的な行動です―
07:48
which made the fabulous two-handed data input completely impossible.
このため両方の手を利用したデータ入力は
全く不可能でした
07:52
So, the thing that we designed, much less sexy
そこで私たちがデザインしたものは
魅力にはかなり欠けるものの
07:58
but much more human and practical, was this.
より人間的で実際的なものでした
08:02
So, it's not a Palm Pilot by any stretch of the imagination,
どう見てもパームには
似ても似つきませんが
08:07
but it has a thumb-scroll so you can do everything with one hand.
親指スクロールを備えていて
すべての操作が片手で可能でした
08:09
So, again, going back to this -- the idea that a tiny human gesture
ここでも話は戻ります
小さくとも人間的な動作に着目したアイディアが
08:12
dictated the design of this product.
この製品のデザインを決定しました
08:18
And I think that's really, really important.
これは非常に重要なことだと思います
08:21
So, again, this idea of workarounds.
再びこの「ワークアラウンド」という考えです
08:24
We use this phrase "workarounds" a lot,
私たちはこの言葉をよく使います
08:26
sort of, looking around us. I was actually looking around the TED
周りをよく見るという意味です
このTEDでも私は
08:28
and just watching all of these kind of things happen
周囲でこの類の出来事が起こるのを
08:30
while I've been here.
観察していました
08:32
This idea of the way that people cobble together solutions in our life --
人びとが日常生活で解決策を
継ぎ合わせていく方法に関するアイディアと
08:33
and the things we kind of do in our environment
私たちが置かれた環境でおこなう
どこか無意識ではあるものの
08:37
that are somewhat subconscious but have huge potential --
巨大な可能性を秘めたものごとを
08:40
is something that we look at a lot.
私たちはよく目にします
08:42
We wrote a book recently, I think you might have received it,
私たちは最近 『考えなしの行動?』
という本を書きました
08:44
called "Thoughtless Acts?"
もう手にされたでしょうか
08:47
It's been all about these kind of thoughtless things that people do,
それは人びとが考えないうちにする行動と
08:48
which have huge intention and huge opportunity.
そこに含まれる大きな意図
さらに大きな機会に関する本です
08:51
Why do we all follow the line in the street?
なぜ私たちはみんな
道に引かれた線に沿って歩くのか
08:54
This is a picture in a Japanese subway.
これは日本の地下鉄の写真です
08:57
People consciously follow things even though, why, we don't know.
人の真似をしているのは意識しています
なぜそうするのかを知らなくても
08:59
Why do we line up the square milk carton with the square fence?
なぜ四角い牛乳パックを
四角いフェンスに並べるのか
09:05
Because we kind of have to -- we're just compelled to.
ある意味そうしなければならないから-
そうせずにはいられないのです
09:09
We don't know why, but we do.
何故かはわかりませんが
そうしちゃうのです
09:13
Why do we wrap the teabag string around the cup handle?
なぜティーパックの紐を
カップの持ち手に巻き付けるのか
09:17
Again, we're sort of using the world around us
ここでも私たちは周りの世界を利用して
問題を解決するための
09:20
to create our own design solutions.
自分たちのデザインを作り上げています
09:23
And we're always saying to our clients: "You should look at this stuff.
私たちはいつもクライアントに
「これを見るべきです」
09:25
This stuff is really important. This stuff is really vital."
「本当に重要 不可欠です」
と言っています
09:28
This is people designing their own experiences.
これは人びとが自分の経験を
デザインしているということです
09:30
You can draw from this.
ここから学べることがあります
09:32
We sort of assume that because there's a pole in the street,
道にポールがあると
09:36
that it's okay to use it, so we park our shopping cart there.
ショッピングカートを
そこに置いてもいいと想定します
09:38
It's there for our use, on some level.
ある意味 それは
私たちが使うためにあるのです
09:43
So, again, we sort of co-opt our environment
私たちはこのような
いろいろなことをするために
09:45
to do all these different things.
身のまわりの環境を選び取ります
09:47
We co-opt other experiences --
他の経験についてもそう-
あるものを選び 他のものに転換します
09:50
we take one item and transfer it to another.
他の経験についてもそう-
あるものを選び 他のものに転換します
09:51
And this is my favorite one. My mother used to say to me,
私の大好きな例は
母がよく言ったものです
09:55
"Just because your sister jumps in the lake doesn't mean you have to."
「お姉さんが池に飛び込んだからって
あなたまでしなくていいの」
09:57
But, of course, we all do. We all follow each other every day.
実際は皆そうします
いつも人の後に続くのです
10:00
So somebody assumes
誰かが何かをしたら
10:02
that because somebody else has done something,
自分たちもそれをすることが
10:03
that's permission for them to do the same thing.
許されていると想定します
10:05
And there's almost this sort of semaphore around us all the time.
ほとんどいつもこのようなサインが
私たちの周りにあります
10:08
I mean, shopping bag equals "parking meter out of order."
例えば 買い物袋は「パーキングメーター故障中」
の意味だとかです
10:11
And we all, kind of, know how to read these signals now.
皆 そのようなサインを読み取れます
10:14
We all talk to one another in this highly visual way
私たちは皆 何をしているか意識しないまま
10:16
without realizing what we're doing.
非常に視覚的な方法で他者と
コミュニケーションをしています
10:19
Third section is this idea of not knowing,
3点目は このような 「知らない」という
アイディアに関してです
10:22
of consciously putting yourself backwards.
自分の見方を意識して退けるのです
10:26
I talk about unthinking situations all the time.
私は「考えを持たない」状況について
いつも話をします
10:28
Sort of having beginner's mind, scraping your mind clean
初心者のつもりで 自分の先入観をなくして
10:31
and looking at things afresh.
ものごとを新鮮な気持ちで見るのです
10:33
A friend of mine was a designer at IKEA,
友達の1人がイケアのデザイナーでした
10:35
and he was asked by his boss
彼は上司から
子供向けの収納システムの
10:38
to help design a storage system for children.
デザインを頼まれました
10:40
This is the Billy bookcase -- it's IKEA's biggest selling product.
これがビリー本棚です
イケアで最も売れている製品です
10:43
Hammer it together. Hammer it together with a shoe, if you're me,
私と同じであれば
この本棚を組み立てるのは
10:46
because they're impossible to assemble.
かなり難しい作業となります
10:48
But big selling bookcase. How do we replicate this for children?
しかしこれは非常に売れている本棚です
どうすれば子供版をつくれるでしょうか
10:50
The reality is when you actually watch children,
子供達を実際に観察すると
10:56
children don't think about things like storage in linear terms.
子供達の収納に関する考え方は
一筋縄ではいかないことがわかります
10:59
Children assume permission in a very different way.
子供達はしてもいいことを
とても異なった角度から想定します
11:02
Children live on things. They live under things.
子供達はものの上でも
下でも過ごします
11:05
They live around things,
彼らはものに囲まれて過ごします
11:07
and so their spatial awareness relationship,
空間に対する認識との関係も
11:09
and their thinking around storage is totally different.
収納に関する考えも非常に異なります
11:12
So the first thing you have to do -- this is Graham, the designer --
そこで最初にすべきことは―
これはデザイナーのグレアムです
11:14
is, sort of, put yourself in their shoes. And so, here he is
子供達の立場になってみるということです
11:17
sitting under the table.
なので彼は机の下に座っています
11:20
So, what came out of this?
ここから何が生まれたでしょうか
11:22
This is the storage system that he designed.
これが彼がデザインした収納システムです
11:24
So what is this? I hear you all ask. No, I don't.
これはなんだと皆さんが言うのが聞こえます
いや聞こえません
11:27
(Laughter)
(笑)
11:30
It's this, and I think this is a particularly lovely solution.
こういうものです
とてもいいデザインだと思います
11:32
So, you know, it's a totally different way of looking at the situation.
ご覧のように これは状況を
全く別の角度で捉えたものです
11:36
It's a completely empathic solution --
これは共感的な解決策です
11:39
apart from the fact that teddy's probably not loving it.
クマくんは気に入らないでしょうが
11:43
(Laughter)
(笑)
11:45
But a really nice way of re-framing the ordinary,
これは日常的な出来事を捉え直す
とてもいい方法です
11:49
and I think that's one of the things.
それがまずひとつです
11:54
And putting yourself in the position of the person,
そしてその人の立場に
自分を置いてみることです
11:55
and I think that's one of the threads that I've heard again
これはこのカンファレンスの話題のひとつで
11:58
from this conference is how do we put ourselves
どのようにしてその人の立場に立ち
12:00
in other peoples' shoes and really feel what they feel?
その人と同じように感じるのか
そしてその後で
12:02
And then use that information to fuel solutions?
その情報を使って
どう解決策を見つけ出すかということです
12:04
And I think that's what this is very much about.
これがまさにその見事な例だと思います
12:07
Last section: green armband. We've all got them.
最後の点です
皆さんグリーンバンドをお持ちだと思います
12:11
It's about this really.
この話はグリーンバンドに関係しています
12:15
I mean, it's about picking battles big enough to matter
「影響力の点で十分大きく 且つ
12:17
but small enough to win.
勝てそうな小さい戦いを選ぶ」
ということです
12:19
Again, that's one of the themes
これはこのカンファレンスで
強調されてきたテーマのひとつでしょう
12:21
that I think has come through loud and clear in this conference
これはこのカンファレンスで
強調されてきたテーマのひとつでしょう
12:22
is: Where do we start? How do we start? What do we do to start?
どこから始めるか どのように始めるか
始めるために何をするか
12:25
So, again, we were asked to design a water pump
私たちはApproTECというケニアの会社から
12:29
for a company called ApproTEC, in Kenya.
ポンプをデザインする依頼をもらいました
12:33
They're now called KickStart.
いまはKickStartという会社になっています
12:35
And, again, as designers,
そしてデザイナーとして
12:38
we wanted to make this thing incredibly beautiful
これをとても美しい物にしようと
12:39
and spend a lot of time thinking of the form.
ポンプの形を考えるのに多くの時間を掛けました
12:41
And that was completely irrelevant.
全く見当違いでした
12:44
When you put yourself in the position of these people,
このポンプを使う人々の立場に自分を置けば
12:45
things like the fact that this has to be able to fold up
このポンプが折りたたみ可能で
12:50
and fit on a bicycle, become much more relevant
自転車で運ぶことができるということの方が
12:52
than the form of it. The way it's produced,
形よりも重要になります
またこのポンプは
12:55
it has to be produced with indigenous manufacturing methods
その土地のやり方で その土地の材料から
12:57
and indigenous materials.
作られます
13:00
So it had to be looked at completely from the point of view of the user.
従って全てを
利用者の視点で見る必要がありました
13:02
We had to completely transfer ourselves over to their world.
私たちは自分たちを
完全に彼らの世界に置く必要がありました
13:06
So what seems like a very clunky product
ですので無骨な感じのする製品が
13:10
is, in fact, incredibly useful.
実際には信じられないくらい
有用なものでした
13:12
It's powered a bit like a Stairmaster -- you pump up and down on it.
これは踏み台昇降運動器具のようなもので
踏むとポンプの働きをします
13:15
Children can use it. Adults can use it. Everybody uses it.
子供達も使えます 大人も使えます
誰でも使う事ができます
13:18
It's turning these guys -- again, one of the themes --
それは彼らを―
これもテーマのひとつですが
13:21
it's turning them into entrepreneurs.
起業家に変えます
13:24
These guys are using this very successfully.
彼らはこれを非常に上手に使います
13:27
And for us, it's been great
このデザインで多くの賞を獲得し
私たちもすばらしい経験ができました
13:29
because it's won loads of design awards.
このデザインで多くの賞を獲得し
私たちもすばらしい経験ができました
13:30
So we actually managed to reconcile the needs of the design company,
私たちはデザイン会社のニーズと
会社のなかの個人のニーズを
13:31
the needs of the individuals in the company,
なんとか調和させることができました
13:34
to feel good about a product we were actually designing,
デザインした製品に誇りをもつと同時に
13:36
and the needs of the individuals we were designing it for.
デザインしたものを利用する人々の
ニーズにも応えられました
13:38
There it is, pumping water from 30 feet.
約10メートルの高さから
このポンプで放水しているところです
13:43
So as a final gesture we handed out these bracelets
そこで最後のアクションとして
今朝皆さんにグリーンバンドをお配りしました
13:47
to all of you this morning.
そこで最後のアクションとして
今朝皆さんにグリーンバンドをお配りしました
13:52
We've made a donation on everybody's behalf here
私たちが皆さんに代わって
KickStartの次のプロジェクトに
13:53
to kick start, no pun intended, their next project.
「スタート」用資金を
寄付させていただきました
13:56
Because, again, I think, sort of, putting our money where our mouth is, here.
いままでお話ししたようなことに
お金を寄付することは
14:00
We feel that this is an important gesture.
非常に重要なアクションだと感じています
14:04
So we've handed out bracelets. Small is the new big.
こうして小さなことが
新しい大きなことになります
14:06
I hope you'll all wear them.
気に入っていただければ幸いです
以上です ありがとうございました
14:08
So that's it. Thank you.
気に入っていただければ幸いです
以上です ありがとうございました
14:09
(Applause)
(拍手)
14:12
Translated by Shigeto Oeda
Reviewed by Naoko Fujii

▲Back to top

About the speaker:

Paul Bennett - Designer; creative director, Ideo
As a creative director at Ideo, Paul Bennett reminds us that design need not invoke grand gestures or sweeping statements to be successful, but instead can focus on the little things in life, the obvious, the overlooked.

Why you should listen

As creative director at the influential design and innovation company Ideo, Paul Bennett manages to keep his eye on the little things that matter, though his clients are among the biggest in the world (Procter & Gamble and Pepsi, to name but two). "Small is the new big,"Bennett says. And his design approach reflects this philosophy. For often, it's not the biggest ideas that have the most impact, but the small, the personal, and the intimate.

Trained as a graphic designer, Bennett is a pragmatic design evangelist, preaching fervently that design can make the world a better place, and providing playful, inspired examples of how it does.

More profile about the speaker
Paul Bennett | Speaker | TED.com