English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Natasha Tsakos: A multimedia theatrical adventure

ナターシャ・ザコスのマルチメディア劇場アドベンチャー

Filmed
Views 391,913

ナターシャ・ザコスが自己の一人芝居であるマルチメディアショー「Upwake」の一部をお届けします。3Dアニメーションと電子音に包まれた独創的な仮想世界の中でキャラクターのZeroに扮した彼女が夢と現実を織り交ぜます。

- Artist
The president and founder of NTiD inc., Natasha Tsakos brings a creative, innovative vision, and the art of orchestrating and synchronizing various disciplines, to the execution of high-leveled productions. Full bio

I love theater劇場.
私は演劇が大好きです
00:18
I love theその ideaアイディア thatそれ you君は canできる transform変換する, become〜になる somebody誰か elseelse
自分とは別の誰かを演じて全く別の視点から
00:21
andそして look見える at〜で life生活 with〜と aa completely完全に new新しい perspective視点.
人生を眺められることに魅力を感じます
00:24
I love theその ideaアイディア thatそれ people will意志 sit座る in one1 roomルーム forために aa coupleカップル of hours時間 andそして listen聴く.
人々が一ヶ所に集まって数時間劇に耳を傾けることもいいですね
00:27
Theその ideaアイディア thatそれ in thatそれ roomルーム at〜で thatそれ moment瞬間,
年齢 人種 肌の色 宗教などに拘らず
00:35
everyoneみんな, regardless関係なく of their彼らの age年齢, their彼らの gender性別, their彼らの raceレース, their彼らの color, their彼らの religion宗教,
その時間その場所では皆が一体となれるということは
00:37
comes来る together一緒に.
素晴しいことです
00:44
At〜で thatそれ moment瞬間, we我々 transcend超越する spaceスペース andそして time時間 together一緒に.
その時私達は空間と時間を共に超えるのです
00:46
Theater劇場 awakens目覚める our我々の senses感覚 andそして opens開く theその doorドア to our我々の imagination想像力.
演劇は私達のセンスを呼び覚まし イマジネーションへの扉を開いてくれます
00:50
Andそして our我々の ability能力 to imagine想像する is what makes作る us米国 explorers探検家.
この想像力が私達を新たなことに挑ませるのです
00:55
Our我々の ability能力 to imagine想像する makes作る us米国 inventors発明者 andそして creatorsクリエイター andそして uniqueユニークな.
この想像力が私達を発明家や創作者にし 私達に個性を与えるのです
00:58
I wasあった commissioned依頼された in 2003 to create作成する an original元の showショー,
私は2003年にオリジナルのショーの創作の依頼を受けて
01:04
andそして began始まった developing現像 "Upwake起床."
「Upwake」の制作に取り掛かりました
01:09
"Upwake起床" tells伝える theその storyストーリー of Zeroゼロ,
「Upwake」はスーツケースを片手に出社する
01:12
aa modern-day現代 businessビジネス manおとこ, going行く to work作業 with〜と his life生活 in aa suitcaseスーツケース,
現代のビジネスマンZeroの話です
01:14
stuck立ち往生 betweenの間に dream andそして reality現実 andそして notない ableできる to decipher解読する theその two.
Zeroは夢と現実の間にはまり込んで2つの区別がつけられません
01:18
I wanted欲しい "Upwake起床" to have持ってる theその same同じ audiovisual視聴覚 qualities品質 asとして aa movie映画 would〜する.
Upwakeの視覚聴覚効果に映画と同じクオリティを求めて
01:23
Andそして I wanted欲しい to let〜する myじぶんの imagination想像力 run走る wild野生.
また私は自由に想像を膨らませたかったのです
01:27
Soそう I began始まった drawingお絵かき theその storyストーリー thatそれ wasあった moving動く in myじぶんの head.
そこで頭を駆け巡っていた話を絵に起こし始めました
01:30
Ifif Antoineアントワーヌ de Saint-Exuperyサンデイ, theその author著者 of "Theその Little少し Prince王子," wereあった hereここに,
星の王子様の著者サン テグジュペリがここにいたら
01:38
he would〜する have持ってる drawn描かれた three holes inside内部 thatそれ boxボックス
箱の中に3つの穴を描いて
01:42
andそして told言った you君は yourきみの sheep wasあった inside内部.
羊は中にいますよと言ったでしょうね
01:44
Becauseなぜなら, ifif you君は look見える closely密接に enough十分な, thingsもの will意志 beginベギン to appear現れる.
十分注意して見れば物事は浮かび上がってくるからです
01:47
Thisこの is notない aa boxボックス; theseこれら are theその renderingsレンダリング of myじぶんの imagination想像力
これは箱ではなく 私の頭から紙 紙からスクリーンそして
01:50
fromから head to paper to screen画面 to life生活.
それが現実化されるまでの私の空想を表現したものです
01:53
In "Upwake起床" buildings建物 wear着る suitsスーツ, Zeroゼロ tapタップ dancesダンス on aa giant巨人 keyboardキーボード,
「Upwake」では建物がスーツを着用し Zeroは巨大キーボード上で
01:57
clonesクローン himself彼自身 with〜と aa scannerスキャナ, tamesテムズ andそして whipsホイップ theその computerコンピューター miceマウス,
タップダンスしたり スキャナでクローンを作ったり マウスを飼いならしたり
02:02
sails away離れて into dreamscapeドリームスケープ fromから aa singleシングル pieceピース of paper andそして launches打ち上げ into spaceスペース.
紙切れから夢にスリップしたり 宇宙へと飛び出したりします
02:06
I wanted欲しい to create作成する environments環境 thatそれ moved移動した andそして morphedモーフィング like好きな an illusionist幻想主義者.
私は動きと変化のある舞台空間を奇術師のように演出したいと思いました
02:11
Go行く fromから one1 world世界 to another別の in aa second二番.
一瞬で別の世界へワープするのです
02:15
I wanted欲しい to have持ってる humorユーモア, beauty美しさ, simplicity単純さ andそして complexity複雑
ユーモア 美しさ 単純さ 複雑さがあり 思想が比喩的に表現されている
02:18
andそして useつかいます metaphors隠喩 to suggest提案する ideasアイデア.
ショーにしたかったのです
02:23
At〜で theその beginning始まり of theその showショー, forために example, Zeroゼロ deejaysディージェイズ dream andそして reality現実.
例えばショー序盤ではZeroは夢と現実をDJになって演奏します
02:25
Technology技術 is an instrument計器 thatそれ allowed許可された me to manifest目録 myじぶんの visionsビジョン
技術は私のビジョンを高画質でライブステージ上に
02:31
in high高い definition定義, liveライブ, on stageステージ.
映し出させてくれる道具です
02:35
Soそう today今日, I would〜する like好きな to talkトーク to you君は about theその relationship関係
そこで今日は皆さんに演劇と技術の
02:38
betweenの間に theater劇場 andそして technology技術.
関係について話をしたいと思います
02:42
Let'sさあ start開始 with〜と technology技術.
技術の方から始めましょう
02:45
(Fuseヒューズ blowing吹く)
(ヒューズ音)
02:48
Allすべて right. Let'sさあ start開始 with〜と theater劇場.
そういうことなら演劇からを始めましょう
02:52
(Laughter笑い)
(笑)
02:55
(Buzzing吹き鳴らす)
(ブーン)
03:19
(Clickクリック, clickクリック, bang強打)
(ヒュッ ヒュッ バン)
03:29
(Laughter笑い)
(笑)
03:58
(Applause拍手)
(拍手)
05:50
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
05:56
"Upwake起床" lasts続く 52 minutes andそして 54 seconds.
「Upwake」の上演時間は52分54秒です
05:58
I projectプロジェクト 3Dd animationアニメーション on allすべて theその four4つの surfaces表面 of theその stageステージ
3Dアニメーションをステージの4面全部に投影し
06:02
whichどの I interact相互作用する with〜と.
私がその映像とやりとりするわけです
06:06
Theその useつかいます of animationアニメーション andそして projection投影 wasあった aa processプロセス of discovery発見.
動画と投影を使うやり方では発見の連続でした
06:09
I didn'tしなかった useつかいます itそれ asとして aa special特別 effect効果, butだけど asとして aa partnerパートナー on stageステージ.
特殊効果としてではなく 舞台上のパートナーとして利用しました
06:12
Thereそこ are noいいえ special特別 effects効果 in "Upwake起床," noいいえ artifice工芸品.
「Upwake」には特殊効果は使われていません 技巧なしです
06:17
It'sそれは asとして lavish豪華な andそして intricate複雑な asとして itそれ is simple単純 andそして minimal最小限.
最小限かつ単純であると同時に複雑で深みがあります
06:20
Three hundred andそして forty-four44 framesフレーム, four4つの andそして aa halfハーフ years andそして commissions手数料 later後で,
一人芝居として始めたものが 344フレームといくつかの委託と4年半の時を経て
06:25
what started開始した asとして aa one1 person showショー becameなりました aa collaborative協力的 work作業
才能溢れる19人のアーティスト達との
06:30
of nineteen19 most最も talented才能のある artistsアーティスト.
共同作品となりました
06:34
Andそして hereここに are some一部 excerpts抜粋.
いくつかのシーンをお見せします
06:36
(Applause拍手)
(拍手)
09:22
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
09:27
Soそう thisこの is, relatively比較的, aa new新しい showショー thatそれ we're私たちは now beginning始まり to tourツアー.
これはツアーを始めたばかりの比較的新しいショーです
09:29
Andそして in Austinオースティン, Texasテキサス,
テキサス州のオースティンの学校で
09:32
I wasあった asked尋ねた to give与える small小さい demonstrationsデモ in schools学校 during theその afternoon午後.
午後に簡単な実演を行なう依頼を受けたのですが
09:34
Whenいつ I arrived到着した at〜で one1 of theその schools学校, I certainly確かに didした notない expect期待する thisこの:
そのうち一校を訪れた際 予期していなかった光景が目に飛び込んできました
09:37
Six6 hundred kids子供たち, packed詰め込まれた in aa gymnasiumジム, waiting待っている.
体育館いっぱいに600人の生徒が待っていたのです
09:42
I wasあった aa little少し nervous神経質な performing実行する withoutなし animationアニメーション, costumeコスチューム --- really本当に --- andそして make-up化粧.
アニメーション コスチューム 更にメイクもなしで演じるのは少し不安でした
09:45
Butだけど theその teachers教師 came来た to me afterwardその後 andそして told言った me
しかし後から先生方がここまで集中している子供達を
09:50
they彼ら hadn'tなかった seen見た theその kids子供たち thatそれ attentive注意深い.
見たことがなかったと話してくれました
09:53
Andそして I think思う theその reason理由 whyなぜ is thatそれ I wasあった ableできる to useつかいます their彼らの language言語 andそして their彼らの reality現実
これは彼らの言葉や現実で演じて彼らを別の世界に
09:55
in order注文 to transport輸送 themそれら into another別の.
連れて行くことができたからだと思っています
09:59
Something何か happened起こった along一緒に theその way方法.
このような中 あることが起こりました
10:03
Zeroゼロ becameなりました aa person andそして notない justちょうど aa characterキャラクター in aa play遊びます.
Zeroは劇中の登場人物でなく1人の人間になったのです
10:05
Zeroゼロ doesする notない speak話す, is neitherどちらも manおとこ norまた woman女性.
Zeroは喋りませんし性別もありません
10:08
Zeroゼロ is Zeroゼロ, aa little少し heroヒーロー of theその 21stセント Century世紀,
ZeroはZeroで 21世紀の小さなヒーローなのです
10:12
andそして Zeroゼロ canできる touchタッチ soそう manyたくさんの moreもっと people thanより I possiblyおそらく couldできた.
そしてZeroは私がするよりももっと多くの人々の心にふれることができます
10:16
It'sそれは asとして muchたくさん about bringing持参 new新しい disciplines分野 inside内部 thisこの boxボックス
それはこの枠組みに新たな領域を導入すると同時に
10:21
asとして itそれ is about taking取る theater劇場 outでる of itsその boxボックス.
演劇を枠組みから取り出すということです
10:25
Asとして aa street通り performer出演者, I have持ってる learned学んだ thatそれ everybodyみんな wants望む to connect接続する.
私は大道芸人をしていて 人は皆分かり合いたいのだと学びました
10:30
Andそして thatそれ usually通常, ifif you'reあなたは aa bitビット extraordinary特別な, ifif you'reあなたは notない exactly正確に of human人間 appearance外観,
私が少し変わっていて人間のような見かけでなければ
10:33
then次に people will意志 feel感じる inclined傾斜 to participate参加する andそして to feel感じる outでる loud大声で.
人は大抵積極的に参加し楽しもうとします
10:38
It'sそれは asとして thoughしかし you君は made something何か resonate共鳴する within以内 themそれら.
観客との間に共鳴する何かが芽生えているみたいです
10:42
It'sそれは asとして thoughしかし theその mystery神秘 of theその person they're彼らは interacting相互作用する with〜と andそして connecting接続する
謎の人物と接して交流することが観客が少し心を開く
10:45
allows許す themそれら to be〜する themselves自分自身 justちょうど aa bitビット moreもっと.
手助けになっているようです
10:49
Becauseなぜなら throughを通して yourきみの maskマスク, they彼ら let〜する theirsそれらの go行く.
こちらがマスクをしていると向こうはマスクを外すからです
10:52
Beingであること human人間 is an artアート form.
人間でいることは芸術の1つの形です
10:55
I know知っている theater劇場 canできる improve改善する theその quality品質 of people's人々の lives人生,
私は演劇が人の人生を豊かにしたり
10:58
andそして I know知っている theater劇場 canできる heal癒し.
人を癒したり出来ると知っています
11:00
I've私は worked働いた asとして aa doctor医師 clownピエロ in aa hospital病院 forために two years.
以前2年間病院で臨床道化師として働いていました
11:02
I have持ってる seen見た sick病気 kids子供たち andそして sad悲しい parents andそして doctors医師
病気の子供と悲しげなその子らの親と医師が
11:05
be〜する lifted持ち上げられた andそして transported運ばれた in moments瞬間 of pureピュア joy喜び.
屈託なく笑う瞬間救われているのを見てきています
11:08
I know知っている theater劇場 unitesユニット us米国.
演劇は人と人を繋げることができるのです
11:11
Zeroゼロ wants望む to engage従事する theその generation世代 of today今日 andそして tomorrow明日,
Zeroは今日と明日の世代に行動を起こしてもらおうと
11:14
telltell various様々な stories物語 throughを通して different異なる mediums媒体.
異なる媒体から多種多様な話を語ります
11:18
Comic漫画 books. Quantum量子 physics物理 videoビデオ gamesゲーム.
漫画本 量子物理学テレビゲーム
11:22
Andそして Zeroゼロ wants望む to go行く to theその moon.
そしてZeroは月に行きたいと思っています
11:25
In 2007, Zeroゼロ launched打ち上げ aa green campaignキャンペーン,
2007年に緑のキャンペーンを開始し
11:27
suggesting提案する his friends友達 andそして fansファン to turn順番 offオフ their彼らの electricity電気
仲間やファンに毎週日曜日7:53pmから8:00pmまで
11:29
everyすべて Sunday日曜日 fromから 7:53 to 8:00 pp.mm.
電気を消すことを提案しました
11:33
Theその ideaアイディア is simple単純, basic基本的な. It'sそれは notない original元の,
単純で基本的な考えで オリジナリティは
11:36
butだけど it'sそれは important重要, andそして it'sそれは important重要 to participate参加する.
ありませんが重要です 参加することが大切なのです
11:40
Thereそこ is aa revolution革命.
革命が起こっています
12:30
It'sそれは aa human人間 andそして technological技術的 revolution革命.
これは人類と技術の革命なのです
12:33
It'sそれは motionモーション andそして emotion感情.
動きと感情であり
12:36
It'sそれは information情報.
情報でもあります
12:38
It'sそれは visualビジュアル. It'sそれは musicalミュージカル. It'sそれは sensorialセンシアル.
視覚的で音楽的 感覚的かつ概念的
12:40
It'sそれは conceptual概念的な. It'sそれは universalユニバーサル. It'sそれは beyond超えて words言葉 andそして numbers数字.
普遍的な言葉や数字を超越したものです
12:43
It'sそれは happeningハプニング.
この革命が今起こっているのです
12:46
Theその naturalナチュラル progression進行 of science科学 andそして artアート
科学と芸術が互いに歩み寄る自然な発展が
12:48
finding所見 each otherその他 to betterより良い touchタッチ andそして define定義する theその human人間 experience経験.
人間の経験をより良いものにしています
12:50
Thereそこ is aa revolution革命 in theその way方法 thatそれ we我々 think思う,
私たちの考え方 ものごとの
12:55
in theその way方法 thatそれ we我々 shareシェア, andそして theその way方法 thatそれ we我々 express表現する our我々の stories物語,
共有の仕方 そして私たちの物語や発展の表現の仕方にも
12:57
our我々の evolution進化.
革命が見られます
13:02
Thisこの is aa time時間 of communicationコミュニケーション, connection接続 andそして creative創造的な collaborationコラボレーション.
コミュニケーション コネクション 創造的なコラボレーションの時代です
13:05
Charlieチャーリー Chaplinチャプリン innovated革新 motionモーション picturesピクチャー
チャーリー チャップリンは映画の革新を行い
13:11
andそして told言った stories物語 throughを通して music音楽, silence沈黙, humorユーモア andそして poetry.
物語を音楽 沈黙 ユーモア 詩 を通じて伝えました
13:15
He wasあった socialソーシャル, andそして his characterキャラクター, Theその Tramp不運, spokeスポーク to millions何百万.
彼は社交的で 彼のキャラクターTrampは何百万もの人に訴えかけました
13:23
He gave与えた entertainment娯楽, pleasure喜び andそして relief救済 to soそう manyたくさんの human人間 beings存在
エンターテイメント 歓楽 安心が最も必要とされた時代に
13:28
whenいつ they彼ら needed必要な itそれ theその most最も.
多くの人々にそれを与えました
13:34
We我々 are notない hereここに to question質問 theその possible可能; we我々 are hereここに to challengeチャレンジ theその impossible不可能.
何が可能か問うのではなく不可能に挑戦するために私たちはいるのです
13:37
In theその science科学 of today今日, we我々 become〜になる artistsアーティスト.
今日の科学界では私たちは芸術家になり
13:43
In theその artアート of today今日, we我々 become〜になる scientists科学者.
今日の芸術界では科学者になります
13:46
We我々 design設計 our我々の world世界. We我々 invent発明する possibilities可能性.
私達は世界をデザインし可能性を創作しています
13:50
We我々 teach教える, touchタッチ andそして move動く.
私達は指導し ふれ合い 人の心を動かします
13:54
Itそれ is now thatそれ we我々 canできる useつかいます theその diversity多様性 of our我々の talents才能
今こそ私達の多様な才能を大いに発揮して
13:59
to create作成する intelligentインテリジェントな, meaningful意味のある andそして extraordinary特別な work作業. It'sそれは now.
知的で有意義なすばらしいものを創作する時なのです
14:02
(Ringing鳴る)
(リンリン)
14:09
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
14:12
(Applause拍手)
(拍手)
14:14
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Sawa Horibe

▲Back to top

About the speaker:

Natasha Tsakos - Artist
The president and founder of NTiD inc., Natasha Tsakos brings a creative, innovative vision, and the art of orchestrating and synchronizing various disciplines, to the execution of high-leveled productions.

Why you should listen
Natasha Tsakos is a conceptual director, show creator, and performer who works in a brave new form of theater, where sound, computer-generated images and the performer move in sync to create a dreamlike yet sharply real stage environment. Within this space of total possibility, the Geneva-native muses on the deepest questions of the human soul.

A Swiss-born artist living in the US, Tsakos's works include the cross-disciplinary spectacle ZO, with a cast of 355 young performers; Up Wake, a live 3D animated show about a clown named Zero; OMEN, which covers five billion years of history in twenty minutes; and many, many more.
More profile about the speaker
Natasha Tsakos | Speaker | TED.com