English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2005

Iqbal Quadir: How mobile phones can fight poverty

イクバル・カディーア 貧困と戦う携帯を語る

Filmed
Views 508,411

イクバル・カディーアが、草の根開発の英雄になるまでを語ります。子供の時の貧しいバングラデシュでの出来事やニューヨークでの銀行員当時のある経験から、地方に暮らす8千万のバングラデシュ人を携帯電話でつなぐ事業を成功させる物語です。

- Founder, GrameenPhone
Iqbal Quadir is an advocate of business as a humanitarian tool. With GrameenPhone, he brought the first commercial telecom services to poor areas of Bangladesh. His latest project will help rural entrepreneurs build power plants. Full bio

バングラデシュをしばしご覧下さい
00:25
I'll私はよ justちょうど take取る you君は to Bangladeshバングラデシュ forために aa minute.
本題に入る前に 一緒に考えてください
01:07
Before I telltell thatそれ storyストーリー, we我々 should〜すべき ask尋ねる ourselves自分自身 theその question質問:
なぜ貧困があるのか?
01:10
Whyなぜ doesする poverty貧困 exist存在する?
我々は多くの知識を持ち 科学は発展し
01:12
I mean平均, thereそこ is plentyたくさん of knowledge知識 andそして scientific科学的 breakthroughsブレークスルー.
ひとつの同じ星に暮らしているのに
01:17
We我々 allすべて liveライブ in theその same同じ planet惑星,
今も世界中に貧困がはびこっています
01:20
butだけど there'sそこに stillまだ aa greatすばらしいです deal対処 of poverty貧困 in theその world世界.
まず 私の視点を聞いて下さい
01:22
Andそして I think思う --- soそう I want欲しいです to throwスロー aa perspective視点 thatそれ I have持ってる,
今から話す事業や その他の事業が
01:26
soそう thatそれ we我々 canできる assess評価する thisこの projectプロジェクト, orまたは anyどれか otherその他 projectプロジェクト, forために thatそれ matter問題,
貧困撲滅や緩和に貢献しているのか
01:33
to see見る whetherかどうか it'sそれは contributing貢献する orまたは ---
見極めてみましょう
01:36
contributing貢献する to poverty貧困 orまたは trying試す to alleviate緩和する itそれ.
過去60年間 豊かな国は貧しい国を援助してきました
01:38
Richリッチ countries have持ってる beenされている sending送信 aid援助 to poor貧しい countries forために theその last最終 60 years.
でも全体的に見て失敗でした
01:43
Andそして by〜によって andそして large, thisこの has持っている failed失敗した.
この本を見て下さい
01:46
Andそして you君は canできる see見る thisこの book,
世界銀行に20年勤めた人が書いたもので
01:48
written書かれた by〜によって someone誰か who worked働いた in theその World世界 Bankバンク forために 20 years,
“この国の経済成長の理由は不明だが
01:51
andそして he finds見つけた economic経済的 growth成長 in thisこの country to be〜する elusive見つけにくい.
援助の結果ではない”と示しています
01:56
By〜によって andそして large, itそれ didした notない work作業.
それはなぜでしょうか
01:59
Soそう theその question質問 is, whyなぜ is thatそれ?
欧州の歴史が参考になると私は考えています
02:03
In myじぶんの mindマインド, thereそこ is something何か to learn学ぶ fromから theその history歴史 of Europeヨーロッパ.
昨日通りを歩いていて見つけたのですが
02:08
I mean平均, even偶数 hereここに, yesterday昨日 I wasあった walking歩く across横断する theその street通り,
5百年前に処刑された3人の主教を
02:12
andそして they彼ら showed示した three bishops司教 wereあった executed実行された 500 years ago,
通りの向かいで展示しています
02:16
right across横断する theその street通り fromから hereここに.
つまり 欧州で多くの闘争が繰り広げられ
02:18
Soそう myじぶんの pointポイント is, there'sそこに aa lotロット of struggle闘争 has持っている gone行った in Europeヨーロッパ,
市民は技術に支えられ力をつけました
02:22
whereどこで citizens市民 wereあった empowered権限を与えられた by〜によって technologiesテクノロジー.
市民は権力者が馬の背から降り
02:25
Andそして they彼ら demanded要求された authorities当局 fromから ---
市民と同じ土俵に立つことを求めました
02:28
to come来る downダウン fromから their彼らの high高い horses.
最後にはよりよい妥協が
02:31
Andそして in theその end終わり, there'sそこに betterより良い bargaining交渉
権力者と市民との間で成立し
02:34
betweenの間に theその authorities当局 andそして citizens市民,
民主主義や資本主義などが花開きました
02:37
andそして democracies民主主義, capitalism資本主義 --- everythingすべて elseelse flourished栄えた.
真の発展に必要なことは
02:40
Andそして soそう you君は canできる see見る, theその realリアル processプロセス of ---
この本にも書かれているように
02:43
andそして thisこの is backed支持された upアップ by〜によって thisこの 500-page-ページ book ---
権力者に代わり市民が力を得ることです
02:47
thatそれ theその authorities当局 came来た downダウン andそして citizens市民 got持っている upアップ.
この視点から考えると この60年間
02:52
Butだけど ifif you君は look見える, ifif you君は have持ってる thatそれ perspective視点,
援助が逆方向に注がれていたと分かります
02:55
then次に you君は canできる see見る what happened起こった in theその last最終 60 years.
つまり援助によって権力者が力をつけ
02:58
Aid援助 actually実際に didした theその opposite反対の.
結果的に市民をのけ者にした
03:01
Itそれ empowered権限を与えられた authorities当局,
権力者は経済成長などいりませんでした
03:03
andそして, asとして aa result結果, marginalized疎外された citizens市民.
人々に税金を課し
03:06
Theその authorities当局 didした notない have持ってる theその reason理由 to make作る economic経済的 growth成長 happen起こる
国の事業資金を稼ぐ必要がなかったのです
03:09
soそう thatそれ they彼ら couldできた tax税金 people
海外から資金が得られたからです
03:12
andそして make作る moreもっと moneyお金 forために to run走る their彼らの businessビジネス.
事実 石油収入が豊富で
03:16
Becauseなぜなら they彼ら wereあった getting取得 itそれ fromから abroad海外.
市民の力が弱い国でも同じ事が起こっています
03:19
Andそして in fact事実, ifif you君は see見る oil-richオイルが豊富 countries,
ナイジェリアやサウジアラビアのような国です
03:23
whereどこで citizens市民 are notない yetまだ empowered権限を与えられた, theその same同じ thingもの goes行く ---
援助は石油や鉱物の収入と同じです
03:26
Nigeriaナイジェリア, Saudiサウジ Arabiaアラビア, allすべて sortsソート of countries.
権力者に力を与え 市民は活性化されない
03:29
Becauseなぜなら theその aid援助 andそして oil orまたは mineralミネラル moneyお金 acts行為 theその same同じ way方法.
市民の労働力や才能が活かされない
03:34
Itそれ empowers権限を与える authorities当局, withoutなし activating活性化する theその citizens市民 ---
そうであるなら 国の発展に最も必要なことは
03:38
their彼らの hands, legs, brains頭脳, what have持ってる you君は.
経済発展とは 人々の 人々による
03:42
Andそして ifif you君は agree同意する with〜と thatそれ, then次に I think思う theその bestベスト way方法 to improve改善する theseこれら countries
人々のためのもの と認識することです
03:48
is to recognize認識する thatそれ economic経済的 development開発 is of theその people,
人々のつながりが発展をもたらします
03:51
by〜によって theその people, forために theその people.
市民がつながり 組織化され より生産的になることで
03:54
Andそして thatそれ is theその realリアル networkネットワーク effect効果.
市民の声が社会に反映され
03:56
Ifif citizens市民 canできる networkネットワーク andそして make作る themselves自分自身 moreもっと organized組織された andそして productive生産的な,
世の中はよくなるのです
04:00
soそう thatそれ their彼らの voices are heard聞いた,
反して 世界で最も影響力のある機関-
04:02
soそう then次に thingsもの would〜する improve改善する.
世界銀行は 政府の 政府による
04:04
Andそして to contrastコントラスト thatそれ, you君は canできる see見る theその most最も important重要 institution機関 in theその world世界,
政府のための組織です
04:09
theその World世界 Bankバンク, is an organization組織 of theその government政府,
まさに正反対です
04:13
by〜によって theその government政府, forために theその governments政府.
以上が私の視点です それでは私の物語を始めましょう
04:16
Justちょうど see見る theその contrastコントラスト.
どうすれば市民が力を持てるのでしょう?
04:18
Andそして thatそれ is theその perspective視点 I have持ってる, andそして then次に I canできる start開始 myじぶんの storyストーリー.
携帯のような技術が使えます
04:23
Of courseコース, howどうやって would〜する you君は empower力を与える citizens市民?
英エコノミスト誌も最近認めていますが
04:26
Thereそこ couldできた be〜する allすべて sortsソート of technologiesテクノロジー. Andそして one1 is cell細胞 phones電話機.
私は12年前にこのアイデアを思いつきました
04:28
Recently最近 "Theその Economistエコノミスト" recognized認識された thisこの,
以後この事業に取り組んでいます
04:31
butだけど I stumbledつまずいた upon〜に theその ideaアイディア 12 years ago,
ニューヨークで投資銀行家を目指していた12年前
04:36
andそして that'sそれは what I've私は beenされている workingワーキング on.
多くの同業者とコンピュータネットワークでつながっていました
04:42
Soそう 12 years ago, I wasあった trying試す to be〜する an investment投資 bankerバンカー in New新しい Yorkヨーク.
フロッピーディスクを交換する必要もなく より効率的に
04:45
We我々 had持っていました --- quiteかなり aa few少数 our我々の colleagues同僚 wereあった connected接続された by〜によって aa computerコンピューター networkネットワーク.
最新の情報を交換することが出来ました
04:53
Andそして we我々 got持っている moreもっと productive生産的な becauseなぜなら we我々 didn'tしなかった have持ってる to exchange交換 floppyフロッピー disksディスク;
ある時 ネットワークが故障しました
05:00
we我々 couldできた update更新 each otherその他 moreもっと oftenしばしば.
その時 1971年の出来事を思い出しました
05:04
Butだけど one1 time時間 itそれ broke壊れた downダウン.
当時私の国は戦争のさなかにあり
05:06
Andそして itそれ reminded思い出した me of aa day in 1971.
私たち家族はそれまで暮らしていた都会を離れ
05:10
Thereそこ wasあった aa war戦争 going行く on in myじぶんの country.
より安全な地方の田舎に引越していました
05:14
Andそして myじぶんの family家族 moved移動した outでる of an urban都市 place場所, whereどこで we我々 used中古 to liveライブ,
ある時 弟の薬を取りに行くよう母に頼まれました
05:17
to aa remote遠隔の rural農村 areaエリア whereどこで itそれ wasあった saferより安全な.
午前一杯16キロ歩き 薬屋に辿り着きましたが
05:21
Andそして one1 time時間 myじぶんの mother asked尋ねた me to get取得する some一部 medicine医学 forために aa younger若い sibling兄弟.
不在で 仕方なく半日歩いて戻りました
05:24
Andそして I walked歩いた 10 milesマイル orまたは soそう, allすべて morning, to get取得する thereそこ, to theその medicine医学 manおとこ.
全く無駄な一日でした
05:31
Andそして he wasn'tなかった thereそこ, soそう I walked歩いた allすべて afternoon午後 backバック.
ニューヨークの高層ビルの中にいた私は
05:34
Soそう I had持っていました another別の unproductive非生産的 day.
この2つの出来事を比較して
05:36
Soそう whilewhile I wasあった sitting座っている in aa tall背の高い building建物 in New新しい Yorkヨーク,
つながりこそが生産力を高めると気づいたのです
05:39
I put置く thoseそれら two experiences経験 together一緒に side by〜によって side,
近代的なオフィスも昔ながらの農村も同じなのです
05:42
andそして basically基本的に concluded結論 thatそれ connectivity接続性 is productivity生産性 ---
どういうことかと言うと
05:45
whetherかどうか it'sそれは in aa modernモダン office事務所 orまたは an underdeveloped未開発 village.
電話は貧困に対する武器になるということです
05:50
Soそう naturally当然, I --- theその implication含意 of thatそれ is
さて そうだとすると
05:53
thatそれ theその telephone電話 is aa weapon武器 againstに対して poverty貧困.
当時 何台の電話があったでしょうか?
05:58
Andそして ifif that'sそれは theその case場合, then次に theその question質問 is
調べてみると 当時のバングラデシュには
06:00
howどうやって manyたくさんの telephones電話 didした we我々 have持ってる at〜で thatそれ time時間?
5百人に1台だけでした
06:04
Andそして itそれ turnsターン outでる, thatそれ thereそこ wasあった one1 telephone電話 in Bangladeshバングラデシュ
それも都会のみでした
06:09
forために everyすべて 500 people.
1億人の人々が住む広大な地方には
06:11
Andそして allすべて thoseそれら phones電話機 wereあった in theその few少数 urban都市 places場所.
電話がなかったのです
06:15
Theその vast広大 rural農村 areasエリア, whereどこで 100 million百万 people lived住んでいました,
かなりの人月 人年の無駄ですね
06:18
thereそこ wereあった noいいえ telephones電話.
私が無駄にしたあの日のように
06:21
Soそう justちょうど imagine想像する howどうやって manyたくさんの man-months人月 orまたは man-years男年 are wasted無駄な,
月1日の無駄でも 1億人を掛け算すると
06:24
justちょうど like好きな I wasted無駄な aa day.
どれだけの資源が無駄になるか分かりますね
06:27
Ifif you君は justちょうど multiplyかける by〜によって 100 million百万 people, let'sさあ sayいう losing負け one1 day aa month,
つまり 貧富に関係なく平等にあるもの
06:31
whateverなんでも, andそして you君は see見る aa vast広大 amount of resourceリソース wasted無駄な.
それは一日の長さであり 24時間です
06:35
Andそして after allすべて, poor貧しい countries, like好きな richリッチ countries, one1 thingもの we've私たちは got持っている equal等しい,
この時間という貴重な資源を失うと
06:38
is their彼らの days日々 are theその same同じ length長さ: 24 hours時間.
豊かな国となんら変わりなく
06:41
Soそう ifif you君は lose失う thatそれ precious貴重な resourceリソース,
莫大な損失です
06:44
whereどこで you君は are somewhat幾分 equal等しい to theその richerより豊かな countries,
そこで 私は何か証拠がないか探し始めました
06:47
that'sそれは aa huge巨大 waste廃棄物.
つながりが本当に生産性を向上させるのか?
06:50
Soそう I started開始した looking探している forために anyどれか evidence証拠 thatそれ ---
証拠に限りはありましたが このグラフを見つけました
06:54
doesする connectivity接続性 really本当に increase増加する productivity生産性?
ITU ジュネーブにある国際電気電信連合が作成したものです
06:58
Andそして I couldn'tできなかった find見つける muchたくさん, really本当に, butだけど I found見つけた thisこの graphグラフ produced生産された by〜によって theその ITUitu,
興味深いことを示しています
07:02
whichどの is theその International国際 Telecommunication電気通信 Union連合, basedベース in Genevaジュネーブ.
ここを見て下さい 横軸は所得レベルです
07:08
They彼ら showショー an interesting面白い thingもの.
米国や英国はこのあたり 図の外になります
07:11
Thatそれ you君は see見る, theその horizontal水平 axis is whereどこで you君は place場所 yourきみの country.
縦軸は電話1台の経済効果です
07:15
Soそう theその Unitedユナイテッド States orまたは theその UKイギリス would〜する be〜する hereここに, outside外側.
大変小さいですね
07:18
Andそして soそう theその impact影響 of one1 new新しい telephone電話,
一方 一人当たりのGNPが
07:22
whichどの is on theその vertical垂直 axis, is very非常に little少し.
5百ドルや3百ドルの貧しい国だと
07:27
Butだけど ifif you君は come来る backバック to aa poorer貧しい country, whereどこで theその GNPgnp per〜ごと capita一人 is,
5~6千ドルの大きな経済効果があります
07:30
let'sさあ sayいう, 500 dollarsドル, orまたは 300 dollarsドル,
では 一方
07:33
then次に theその impact影響 is huge巨大: 6,000 dollarsドル. Orまたは 5,000 dollarsドル.
バングラデシュで電話設置に幾らかかるか?
07:40
Theその question質問 wasあった,
調べると2千ドルでした
07:41
howどうやって muchたくさん didした itそれ costコスト to installインストール aa new新しい telephone電話 in Bangladeshバングラデシュ?
2千ドル払い 10年使えるとします
07:45
Itそれ turnsターン outでる: 2,000 dollarsドル.
1年5千ドルなら10年で5万ドルです
07:49
Soそう ifif you君は spend費やす 2,000 dollarsドル, andそして let'sさあ sayいう theその telephone電話 lasts続く 10 years,
これはもう明らかに相当の品物です
07:52
andそして ifif 5,000 dollarsドル everyすべて year --- soそう that'sそれは 50,000 dollarsドル.
事実 デジタル革命が進んでいますから
07:55
Soそう obviously明らかに thisこの wasあった aa gadgetガジェット to have持ってる.
仮に電話の設置費用が下がれば
07:59
Andそして of courseコース, ifif theその costコスト of installingインストールする aa telephone電話 is going行く downダウン,
これは益々素晴しい
08:04
becauseなぜなら there'sそこに aa digitalデジタル revolution革命 going行く on,
私も経済学をかじっていましたが
08:06
then次に itそれ would〜する be〜する even偶数 moreもっと dramatic劇的.
アダム スミス曰く 専門化が生産性を高める
08:10
Andそして I knew知っていた aa little少し economics経済 by〜によって then次に ---
では どうすれば専門化が進むか?
08:13
itそれ says言う Adamアダム Smithスミス taught教えた us米国 thatそれ specialization専門化 leadsリード to productivity生産性.
私が魚も獲る農家だとしましょう
08:16
Butだけど howどうやって would〜する you君は specialize特化する?
仕事の相方も同様に色んな仕事をする
08:19
Let'sさあ sayいう I'm私は aa fisherman漁師 andそして aa farmer農家.
専門を伸ばし相互依存するには
08:23
Andそして Chrisクリス is aa fisherman漁師 farmer農家. Bothどちらも are generalistsジェネラリスト.
二人がつながっていることが不可欠です
08:29
Soそう theその pointポイント is thatそれ we我々 couldできた onlyのみ --- theその onlyのみ way方法 we我々 couldできた depend依存する on each otherその他,
二人が近所に住んでれば 彼の家に歩いて行けばいい
08:33
is ifif we我々 canできる connect接続する with〜と each otherその他.
でも経済活動は狭い範囲に制限されます
08:36
Andそして ifif we我々 are neighbors隣人, I couldできた justちょうど walk歩く over以上 to his house.
拡大するには 川が必要です
08:41
Butだけど then次に we我々 are limiting制限する our我々の economic経済的 sphere to something何か very非常に small小さい areaエリア.
高速道路や電話が必要です
08:45
Butだけど in order注文 to expand拡大する thatそれ, you君は need必要 aa river,
いずれにせよ つながりによって相互依存が可能になり
08:48
orまたは you君は need必要 aa highwayハイウェイ, orまたは you君は need必要 telephone電話 lines.
相互依存が専門化を促し
08:50
Butだけど in anyどれか eventイベント, it'sそれは connectivity接続性 thatそれ leadsリード to dependability信頼性.
さらに生産性が向上します
08:55
Andそして thatそれ leadsリード to specialization専門化.
私はこの課題に取り組み始め
08:57
Thatそれ leadsリード to productivity生産性.
バングラデシュとニューヨークを行き来しました
08:59
Soそう theその question質問 wasあった, I started開始した looking探している at〜で thisこの issue問題,
バングラデシュに十分な電話がないのは
09:03
andそして going行く backバック andそして forth前進 betweenの間に Bangladeshバングラデシュ andそして New新しい Yorkヨーク.
沢山の理由があると人々は言いました
09:05
Thereそこ wereあった aa lotロット of reasons理由 people told言った me
1つは購買力がないこと
09:09
whyなぜ we我々 don'tしない have持ってる enough十分な telephones電話.
貧しい人は確かに購買力に乏しい
09:12
Andそして one1 of themそれら is theその lacking欠けている buying買う powerパワー.
でも電話が生産手段なら心配無用です
09:14
Poor貧しい people apparently明らかに don'tしない have持ってる theその powerパワー to buy購入.
つまり アメリカで車を購入する時
09:17
Butだけど theその pointポイント is, ifif it'sそれは aa production製造 toolツール, whyなぜ do行う we我々 have持ってる to worry心配 about thatそれ?
わずかばかりの頭金を払って
09:20
I mean平均, in Americaアメリカ, people buy購入 cars,
車を手に入れ 仕事に行く
09:23
andそして they彼ら put置く very非常に little少し moneyお金 downダウン.
仕事によって給料が入る
09:26
They彼ら get取得する aa car, andそして they彼ら go行く to work作業.
給料で車の費用は時間をかけて払えばいい
09:29
Theその work作業 pays払う themそれら aa salary給料;
車があれば元が取れる
09:32
theその salary給料 allows許す themそれら to pay支払う forために theその car over以上 time時間.
電話も生産手段であれば
09:35
Theその car pays払う forために itself自体.
購買力の心配は無用です
09:36
Soそう ifif theその telephone電話 is aa production製造 toolツール,
頭金を払うのは簡単ではないかもしれない
09:39
then次に we我々 don'tしない quiteかなり have持ってる to worry心配 about theその purchasing購買 powerパワー.
そこで ある種の共有ができないかと考えました
09:42
Andそして of courseコース, even偶数 ifif that'sそれは true真実, then次に what about initial初期 buying買う powerパワー?
米国では誰もが銀行を必要としますが
09:47
Soそう then次に theその question質問 is, whyなぜ can'tできない we我々 have持ってる some一部 kind種類 of shared共有 accessアクセス?
銀行を買う人はほとんどいません
09:52
In theその Unitedユナイテッド States, we我々 have持ってる --- everybodyみんな needsニーズ aa banking銀行業 serviceサービス,
つまり銀行は 地域に貢献しているのです
09:56
butだけど very非常に few少数 of us米国 are trying試す to buy購入 aa bankバンク.
同じことを電話でもできるのではないか?
09:59
Soそう it'sそれは --- aa bankバンク tends傾向がある to serveサーブ aa whole全体 communityコミュニティ.
衣食住の基本的ニーズが優先だと言う人もいましたが
10:03
Soそう we我々 couldできた do行う thatそれ forために telephones電話.
それは過保護で
10:06
Andそして alsoまた、 people told言った me thatそれ we我々 have持ってる aa lotロット of important重要 primary一次 needsニーズ to meet会う:
干渉的な考えです
10:11
foodフード, clothing衣類, shelterシェルター, whateverなんでも.
まず収入を確保することが大事で
10:14
Butだけど again再び, it'sそれは very非常に paternalistic父親主義的な.
何が必要かは 個々がを決めるべきなのです
10:16
You君は should〜すべき be〜する raising募集 income所得
本当の問題はインフラの不足でした
10:19
andそして let〜する people decide決めます what they彼ら want欲しいです to do行う with〜と their彼らの moneyお金.
新しいものの導入には基盤インフラが必要です
10:24
Butだけど theその realリアル problem問題 is theその lack欠如 of otherその他 infrastructuresインフラ.
米国ではインターネット利用者が急増しましたが
10:27
See見る, you君は need必要 some一部 kind種類 of infrastructureインフラ to bring持参する aa new新しい thingもの.
みんなコンピュータを持っていて
10:32
Forために instanceインスタンス, theその Internetインターネット wasあった booming急騰する in theその Uあなた.Ss.
モデムや電話線もあったので
10:35
becauseなぜなら thereそこ wereあった --- thereそこ wereあった people who had持っていました computersコンピュータ.
インターネットのようなアイデアが簡単に広まりました
10:38
They彼ら had持っていました modemsモデム.
貧しい国はこうしたものがない
10:40
They彼ら had持っていました telephone電話 lines, soそう it'sそれは very非常に easy簡単 to bring持参する in aa new新しい ideaアイディア, like好きな theその Internetインターネット.
例えば 信用調査をする方法がなかったし
10:44
Butだけど that'sそれは what's何ですか lacking欠けている in aa poor貧しい country.
集金してくれる銀行もほとんどない
10:47
Soそう forために example, we我々 didn'tしなかった have持ってる ways方法 to have持ってる creditクレジット checks小切手,
で 貧困者向けのグラミン銀行に目を向けました
10:49
few少数 banks銀行 to collect集める bills紙幣, etc.
1,100の支店を持ち 1万2千人のスタッフと230万人の借り手がいる
10:54
Butだけど that'sそれは whyなぜ I noticed気づいた Grameenグラム Bankバンク, whichどの is aa bankバンク forために poor貧しい people,
この支店網を
10:57
andそして had持っていました 1,100 branches, 12,000 employees従業員, 2.3 million百万 borrowers借り手.
携帯基地局にしたネットワーク化を考えました
11:04
Andそして they彼ら had持っていました theseこれら branches.
途中を省きますが 私は乗り出したわけです
11:06
I thought思想 I couldできた put置く cell細胞 towersタワーズ andそして create作成する aa networkネットワーク.
まず グラミン銀行に出向いて提案しました
11:11
Andそして anywayとにかく, to cutカット theその time時間 shortショート --- soそう I started開始した ---
”支店網をつなげれば効率的にできますよ”
11:15
I first最初 went行った to themそれら andそして said前記,
でも 彼らは電話のない国で発展を遂げた組織です
11:18
"You君は know知っている, perhapsおそらく I couldできた connect接続する allすべて yourきみの branches andそして make作る you君は moreもっと efficient効率的な."
組織は分権化されていました
11:21
Butだけど you君は know知っている, they彼ら have持ってる, after allすべて, evolved進化した in aa country withoutなし telephones電話,
その必要性があったのでしょう
11:25
soそう they彼ら are decentralized分権化された. I mean平均, of courseコース thereそこ mightかもしれない be〜する otherその他 good良い reasons理由,
支店間のネットワーク化で混乱するより
11:30
butだけど thisこの wasあった one1 of theその reasons理由 --- they彼ら had持っていました to be〜する.
今のままでよいと彼らは考えた
11:32
Andそして soそう they彼ら wereあった notない thatそれ interested興味がある to connect接続する allすべて their彼らの branches,
そこで銀行のしくみに焦点を絞ってみました
11:36
andそして then次に to be〜する --- andそして rock theその boatボート.
銀行でお金を借ります
11:38
Soそう I started開始した focusingフォーカス. What is itそれ thatそれ they彼ら really本当に do行う?
彼女は牛を買い 牛はミルクを出します
11:42
Soそう what happens起こる is thatそれ somebody誰か borrows借りる moneyお金 fromから theその bankバンク.
ミルクを村人に売り それで銀行に返済します
11:45
She彼女 typically典型的には buys買う aa cow. Theその cow gives与える milkミルク.
これが典型的な商売―食料流通のしくみです
11:49
Andそして she彼女 sells売る theその milkミルク to theその villagers村人, andそして pays払う offオフ theその loanローン.
携帯が牛になると閃いた
11:53
Andそして thisこの is aa businessビジネス forために her彼女, butだけど it'sそれは milkミルク forために everybodyみんな elseelse.
つまり 彼女は2百ドルを銀行から借りる
11:58
Andそして suddenly突然 I realized実現した thatそれ aa cell細胞 phone電話 couldできた be〜する aa cow.
電話を購入し その電話をみんなに使ってもらう
12:00
Becauseなぜなら some一部 way方法 she彼女 couldできた borrowかりて 200 dollarsドル fromから theその bankバンク,
それを商売にするのです
12:04
get取得する aa phone電話 andそして have持ってる theその phone電話 forために everybodyみんな.
グラミン銀行に手紙を出し しばらくして返事がきました
12:07
Andそして it'sそれは aa businessビジネス forために her彼女.
”少し突飛な話ですが 筋は通っていますね
12:10
Soそう I wrote書きました to theその bankバンク, andそして they彼ら thought思想 forために aa whilewhile, andそして they彼ら said前記,
実現可能なら事業化させましょう”
12:14
"It'sそれは aa little少し crazy狂った, butだけど logical論理的.
私は仕事を辞め バングラデシュに帰ってきました
12:16
Ifif you君は think思う itそれ canできる be〜する done完了, come来る andそして make作る itそれ happen起こる."
ベンガリ語でみんなの電話という意味の
12:20
Soそう I quit終了する myじぶんの jobジョブ; I went行った backバック to Bangladeshバングラデシュ.
ゴノフォンという会社を設立し
12:23
I created作成した aa company会社 in Americaアメリカ calledと呼ばれる Gonofoneゴノホネ,
米国投資家の資金を集めました
12:26
whichどの in Bengaliベンガル語 means手段 "people's人々の phone電話."
私は世界を飛び回りました
12:29
Andそして angel天使 investors投資家 in Americaアメリカ put置く in moneyお金 into thatそれ.
あちこちで断られました
12:31
I flew飛んだ aroundまわり theその world世界.
貧しい国の最貧層が対象なので
12:33
After about aa million百万 --- I mean平均, I got持っている rejected拒否された fromから lotsロット of places場所,
無理もありません
12:36
becauseなぜなら I wasあった notない onlyのみ trying試す to go行く to aa poor貧しい country,
世界中を飛び回り 髪の毛をたっぷり失い
12:39
I wasあった trying試す to go行く to theその poor貧しい of theその poor貧しい country.
ついにグラミンフォンを設立しました
12:41
After about aa million百万 milesマイル, andそして aa meaningful意味のある ---
ノルウェーの電話会社が
12:45
aa substantial実質的な loss損失 of hairヘア, I eventually最終的に put置く together一緒に aa consortiumコンソーシアム, andそして ---
ノウハウを提供し
12:48
whichどの involved関係する theその Norwegianノルウェー語 telephone電話 company会社,
グラミン銀行が地方展開に必要なインフラを提供しました
12:52
whichどの provided提供された theその know-howノーハウ,
経緯は省きますが これが現在の受信地域です
12:55
andそして theその Grameenグラム Bankバンク provided提供された theその infrastructureインフラ to spread普及 theその serviceサービス.
ほとんどの地域をカバーしています
13:01
To make作る theその storyストーリー shortショート, hereここに is theその coverageカバレッジ of theその country.
バングラデシュにも 過疎地域があります
13:05
You君は canできる see見る it'sそれは prettyかなり muchたくさん covered覆われた.
でも 今年は更に約3億ドルの投資を行い
13:08
Even偶数 in Bangladeshバングラデシュ, thereそこ are some一部 empty空の places場所.
過疎地域にもサービスを広げるつもりです
13:11
Butだけど we我々 are alsoまた、 investing投資 aroundまわり another別の 300 million百万 dollarsドル thisこの year
先ほどお話した牛のモデルですが
13:15
to extend拡張する thatそれ coverageカバレッジ.
11万5千人が 電話サービスを近所の人たちに
13:20
Now, about thatそれ cow modelモデル I talked話した about.
提供しています
13:23
Thereそこ are about 115,000 people who are retailing小売業 telephone電話 servicesサービス
5万2千の村 つまり8千万人が利用しています
13:29
in their彼らの neighborhoods近隣.
これらの電話が稼ぎ出す収入は
13:31
Andそして it'sそれは servingサービング 52,000 villages, whichどの represent代表する about 80 million百万 people.
グラミンフォンに1億ドルをもたらし
13:37
Andそして theseこれら phones電話機 are generating生成する
販売員の収入は1日2ドル 年間で7百ドルになります
13:41
about 100 million百万 dollarsドル forために theその company会社.
電話は万能ですから
13:44
Andそして two dollarsドル profit利益 per〜ごと entrepreneur起業家 per〜ごと day, whichどの is like好きな 700 dollarsドル per〜ごと year.
所得や福祉を向上させます
13:53
Andそして of courseコース, it'sそれは very非常に beneficial有益 in aa lotロット of ways方法.
グラミンフォンは350万人の加入者を持つ―
13:55
Itそれ increases増加する income所得, improves改善する welfare福祉, etc.
最大手の電話会社になりました
13:58
Andそして theその result結果 is, right now, thisこの company会社 is theその largest最大 telephone電話 company会社,
先ほどの11万5千台の電話が
14:02
with〜と 3.5 million百万 subscribers加入者,
全体3分の1の通話を担っています
14:05
115,000 of theseこれら phones電話機 I talked話した about ---
2004年の税引き利益は1億2千万ドル
14:07
thatそれ produces生産する about aa third三番 of theその trafficトラフィック in theその networkネットワーク.
かなり莫大な税額を課されました
14:12
Andそして 2004, theその netネット profit利益, after taxes税金 ---
当社は政府財政に1億9千万ドルの貢献をしました
14:16
very非常に serious深刻な taxes税金 --- wasあった 120 million百万 dollarsドル.
ここで検討してみましょう
14:20
Andそして theその company会社 contributed貢献した about 190 million百万 dollarsドル to theその government政府 coffers財布.
政府の経済向上事業は必要か?
14:26
Andそして again再び, hereここに are some一部 of theその lessonsレッスン.
実は 民間企業にも実行可能なのです
14:28
"Theその government政府 needsニーズ to provide提供する economically経済的に viable実行可能な servicesサービス."
政府が企業を補助する必要があると―
14:30
Actually実際に, thisこの is an instanceインスタンス whereどこで privateプライベート companies企業 canできる provide提供する thatそれ.
考える人もいますが
14:33
"Governments政府 need必要 to subsidize助成する privateプライベート companies企業."
企業が納税で政府を助けているのです
14:36
Thisこの is what some一部 people think思う.
貧しい人々は受益者でしかない?
14:38
Andそして actually実際に, privateプライベート companies企業 help助けて governments政府 with〜と taxes税金.
いいえ 貧しい人々も資源なのです
14:41
"Poor貧しい people are recipients受信者."
貧困地域のサービスはコスト高?
14:43
Poor貧しい people are aa resourceリソース.
貧しい人の関与がコストを下げるのです
14:46
"Servicesサービス costコスト tooあまりにも muchたくさん forために theその poor貧しい."
彼らは教育もなく力にならない?
14:48
Their彼らの involvement関与 reduces減少する theその costコスト.
有能で向学心もある逆境に強い人たちです
14:52
"Theその poor貧しい are uneducated未教育 andそして cannotできない do行う muchたくさん."
実際驚くほどでした
14:55
They彼ら are very非常に eager熱心な learners学習者 andそして very非常に capable可能な survivors生存者.
多くが電話の使い方を1日で覚えました
14:58
I've私は beenされている very非常に surprised驚いた.
貧しい国には援助が必要?
15:00
Most最も of themそれら learn学ぶ howどうやって to operate操作する aa telephone電話 within以内 aa day.
いいえ必要なのはビジネスです
15:03
"Poor貧しい countries need必要 aid援助."
当社のもたらした経済効果の5%だけでも
15:06
Businessesビジネス --- thisこの one1 company会社 has持っている raised育った theその ---
海外援助の総額を上回るGNP拡大効果をあげました
15:09
ifif theその ideal理想的な figures数字 are even偶数 five percentパーセント true真実, thisこの one1 company会社
先にも話したように
15:14
is raising募集 theその GNPgnp of theその country muchたくさん moreもっと thanより theその aid援助 theその country receives受け取る.
援助には政府と市民を分断する弊害があるのです
15:19
Andそして asとして I wasあった trying試す to showショー you君は, asとして far遠い asとして I'm私は concerned心配している,
こちらは米国人発明家ディーン ケーメンとの新事業です
15:22
aid援助 doesする damages損害 becauseなぜなら itそれ removes除去する theその government政府 fromから itsその citizens市民.
彼は発電機を作ってきたのですが
15:27
Andそして thisこの is aa new新しい projectプロジェクト I have持ってる with〜と Deanディーン Kamen仮面, theその famous有名な inventor発明者 in Americaアメリカ.
今 バングラデシュの二つの村で実験をしています
15:31
He has持っている produced生産された some一部 powerパワー generators発電機,
牛の糞から発生する―
15:34
whichどの we我々 are now doingやっている an experiment実験 in Bangladeshバングラデシュ,
バイオガスで動く発電機です
15:38
in two villages whereどこで cow manure肥料 is producing生産する biogasバイオガス,
1つの発電機で20家庭分の電気を販売しています
15:41
whichどの is runningランニング theseこれら generators発電機.
これはまだほんの実験です
15:45
Andそして each of theseこれら generators発電機 is selling販売 electricity電気 to 20 houses each.
どう発展していくかまだ分かりませんが
15:48
It'sそれは justちょうど an experiment実験.
すでに動き始めています
15:52
We我々 don'tしない know知っている howどうやって far遠い itそれ will意志 go行く,
以上です ありがとう
15:53
butだけど it'sそれは going行く on.
15:55
Thank感謝 you君は.
Translated by Hiroyuki Mori
Reviewed by Aiko McLean

▲Back to top

About the speaker:

Iqbal Quadir - Founder, GrameenPhone
Iqbal Quadir is an advocate of business as a humanitarian tool. With GrameenPhone, he brought the first commercial telecom services to poor areas of Bangladesh. His latest project will help rural entrepreneurs build power plants.

Why you should listen

As a kid in rural Bangladesh in 1971, Iqbal Quadir had to walk half a day to another village to find the doctor -- who was not there. Twenty years later he felt the same frustration while working at a New York bank, using diskettes to share information during a computer network breakdown. His epiphany: In both cases, "connectivity is productivity." Had he been able to call the doctor, it would have saved him hours of walking for nothing.

Partnering with microcredit pioneer GrameenBank, in 1997 Quadir established GrameenPhone, a wireless operator now offering phone services to 80 million rural Bangladeshi. It's become the model for a bottom-up, tech-empowered approach to development. "Phones have a triple impact," Quadir says. "They provide business opportunities; connect the village to the world; and generate over time a culture of entrepreneurship, which is crucial for any economic development."

More profile about the speaker
Iqbal Quadir | Speaker | TED.com