English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

E.O. Wilson: My wish: Build the Encyclopedia of Life

エドワード・オズボーン・ウィルソン: 地球の生命を守るためにできること

Filmed
Views 1,354,437

2007年 TEDプライズを受賞するにあたり、 エドワード・オズボーン・ウィルソン博士は生き物を代表して懇願をすると共に、我々が持つ世界中の生命の知識をインターネット百科事典に編修しようと提唱します。

- Biologist
Biologist E.O. Wilson explores the world of ants and other tiny creatures, and writes movingly about the way all creatures great and small are interdependent. Full bio

I have持ってる allすべて myじぶんの life生活 wondered疑問に思った what "mind-boggling心を震わせる" meant意味した.
長い間 「度肝を抜かれる」というのはどういうことか
気になっていました
00:26
After two days日々 hereここに, I declare宣言する myself私自身 boggled不安定な, andそして enormously巨大 impressed感動した,
ここ2日間 私は度肝を抜かれました
そしてとても感心しました
00:31
andそして feel感じる thatそれ you君は are one1 of theその greatすばらしいです hopes希望 ---
皆さんは科学技術において アメリカのみならず
00:41
notない justちょうど forために Americanアメリカ人 achievement成果 in science科学 andそして technology技術,
皆さんは科学技術において アメリカのみならず
00:47
butだけど forために theその whole全体 world世界.
世界の希望の星です
00:54
I've私は come来る, howeverしかしながら, on aa special特別 missionミッション on behalf代わって of myじぶんの constituency選挙区,
さて今日は私の仲間を代表して来ました
00:56
whichどの are theその 10-to-the--to-the-the-18th-powerパワー --- that'sそれは aa million百万 trillion1兆 ---
10の18乗 すなわち 100京を数える
昆虫や小動物のためにお願いをしたいのです
01:04
insects昆虫 andそして otherその他 small小さい creatures生き物, andそして to make作る aa plea嘆願 forために themそれら.
10の18乗 すなわち 100京を数える
昆虫や小動物のためにお願いをしたいのです
01:13
Ifif we我々 wereあった to wipeワイプ outでる insects昆虫 alone単独で, justちょうど thatそれ groupグループ alone単独で, on thisこの planet惑星 ---
もし地球上から全ての昆虫類を消してしまったら―
01:27
whichどの we我々 are trying試す hardハード to do行う ---
人間が一生懸命やっているように―
01:33
theその rest残り of life生活 andそして humanity人類 with〜と itそれ would〜する mostly主に disappear姿を消す fromから theその land土地.
残る全ての生物は人類を含めて
地球から消滅するでしょう
01:37
Andそして within以内 aa few少数 months数ヶ月.
それも数か月の内に
01:46
Now, howどうやって didした I come来る to thisこの particular特に positionポジション of advocacyアドボカシー?
私がこのような説を唱えるようになった
背景を述べましょう
01:48
Asとして aa little少し boy男の子, andそして throughを通して myじぶんの teenage十代 years,
私は幼少期 そして10代を通して
01:54
I becameなりました increasinglyますます fascinated魅惑的な by〜によって theその diversity多様性 of life生活.
生物の多様性にどんどん魅了されていきました
02:00
I had持っていました aa butterflyバタフライ period期間, aa snakeヘビ period期間, aa bird period期間, aa fish period期間, aa cave洞窟 period期間
チョウ時代 ヘビ時代 鳥時代 魚時代 洞窟時代を経て
02:03
andそして finally最後に andそして definitively確実に, an ant period期間.
最終的に確かな アリ時代を迎えました
02:15
By〜によって myじぶんの collegeカレッジ years, I wasあった aa devoted献身的な myrmecologist心筋梗塞専門医,
大学生の頃はアリ学に専念しました
02:19
aa specialistスペシャリスト on theその biology生物学 of antsアリ,
アリの生態の専門家になったのです
02:24
butだけど myじぶんの attention注意 andそして research研究 continued続ける to make作る journeys
一方 地球上の多様な生命全般への
興味と研究も継続しました
02:26
across横断する theその greatすばらしいです variety品種 of life生活 on Earth地球 in general一般 ---
一方 地球上の多様な生命全般への
興味と研究も継続しました
02:31
includingを含む allすべて thatそれ itそれ means手段 to us米国 asとして aa species, howどうやって little少し we我々 understandわかる itそれ
我々の種にとって どんな意味があるのか
生命について我々が いかに無知であるか
02:35
andそして howどうやって pressing押す aa danger危険 thatそれ our我々の activitiesアクティビティ have持ってる created作成した forために itそれ.
我々の活動が生命に及ぼす危険は何か
等を探究してきました
02:43
Outでる of thatそれ broaderより広い study調査 has持っている emerged出現した aa concern懸念 andそして an ambition野心,
そのような幅広い研究を踏まえ
懸念と野心が生まれ
02:50
crystallized結晶化した in theその wish望む thatそれ I'm私は about to make作る to you君は.
これからお話しする お願いが具体化したのです
02:55
Myじぶんの choice選択 is theその culmination頂点 of aa lifetime一生 commitmentコミットメント
私が歩んできたのは生物一途の人生です
03:00
thatそれ began始まった with〜と growing成長する upアップ on theその Gulf Coast海岸 of Alabamaアラバマ州, on theその Floridaフロリダ peninsula半島.
始まりはフロリダ半島
アラバマ州のメキシコ湾岸でした
03:05
Asとして far遠い backバック asとして I canできる remember思い出す, I wasあった enchantedエンチャンテッド by〜によって theその naturalナチュラル beauty美しさ of thatそれ region領域
憶えている限りずっと その地域の自然の美しさと
03:12
andそして theその almostほぼ tropicalトロピカル exuberance盛り上がり of theその plants植物 andそして animals動物 thatそれ grow成長する thereそこ.
そこに生息する豊かな亜熱帯性動植物の虜でした
03:21
One1 day whenいつ I wasあった onlyのみ sevenセブン years old古い andそして fishing釣り,
まだ7歳だったある日 釣りをしていて
03:27
I pulled引っ張られた aa "pinfishナマズ," they're彼らは calledと呼ばれる, with〜と sharpシャープ dorsal背側 spines背骨, upアップ tooあまりにも hardハード andそして fast速い,
ピンフィッシュという鋭いトゲを持った
魚を早く強く引き揚げすぎ
03:31
andそして I blinded盲目 myself私自身 in one1 eye.
片目を失明してしまいました
03:39
I later後で discovered発見された I wasあった alsoまた、 hardハード of hearing聴覚,
後に聴力にも問題があることに気づきました
03:41
possiblyおそらく congenitally先天的に, in theその upperアッパー registersレジスタ.
おそらく先天性で 高音域が聞き取れないのです
03:44
Soそう in planningプランニング to be〜する aa professional専門家 naturalist自然主義者 ---
ですから 自然愛好家としての職業を選ぶ上で ―
03:47
I never決して considered考慮される anything何でも elseelse in myじぶんの entire全体 life生活 ---
一度も他の選択肢は考えませんでしたが ―
03:52
I found見つけた thatそれ I wasあった lousy怠け者 at〜で bird watching見ている andそして couldn'tできなかった trackトラック frogカエル callsコール eitherどちらか.
バードウォッチングは苦手だし
カエルの鳴き声も聞き分けられませんでした
03:55
Soそう I turned回した to theその teeming溢れる small小さい creatures生き物
そこで親指と人差し指の間に収まるほど小さくて
04:03
thatそれ canできる be〜する held開催 betweenの間に theその thumb親指 andそして forefinger人差し指:
群れをつくり私たちの生態系の基盤をなしている
04:07
theその little少し thingsもの thatそれ compose合成する theその foundation財団 of our我々の ecosystems生態系,
アリを選んだのです
この小さな生き物たちは
04:12
theその little少し thingsもの, asとして I like好きな to sayいう, who run走る theその world世界.
独自の世界を作り上げています
04:19
In soそう doingやっている, I reached到達した aa frontierフロンティア of biology生物学 soそう strange奇妙な, soそう richリッチ,
そんな研究をしてたどり着いたのは
あまりに奇抜で豊かな
04:24
thatそれ itそれ seemed見えた asとして thoughしかし itそれ exists存在する on another別の planet惑星.
まるで別の惑星のような 生物学の最前線でした
04:32
In fact事実, we我々 liveライブ on aa mostly主に unexplored未踏の planet惑星.
事実 私たちはほとんど未知の惑星に住んでいるのです
04:38
Theその greatすばらしいです majority多数 of organisms生物 on Earth地球 remain残る unknown未知の to science科学.
地球上の生命体の大部分は
科学の解明が進んでいません
04:42
In theその last最終 30 years, thanksありがとう to explorations探検 in remote遠隔の parts部品 of theその world世界
過去30年 世界の果ての探索や技術の進歩によって
04:47
andそして advances進歩 in technology技術,
過去30年 世界の果ての探索や技術の進歩によって
04:53
biologists生物学者 have持ってる, forために example, added追加された aa full満員 one-third3分の1 of theその known既知の frogカエル andそして otherその他 amphibian両生類 species,
生物学者は 分かっているカエル等
両生類の 1/3 にあたる新種を発見し
04:55
to bring持参する theその current現在 total合計 to 5,400,
その数は 現在 5,400 に増えました
05:05
andそして moreもっと continue持続する to pour注ぐ in.
他にも同様な成果があります
05:09
Two new新しい kinds種類 of whalesくじら have持ってる beenされている discovered発見された, along一緒に with〜と two new新しい antelopesアンテロープ,
2種のクジラ 2種のカモシカ 数十種のサル 
新種のゾウ そして新種のゴリラが発見されました
05:11
dozens数十 of monkeyモンキー species andそして aa new新しい kind種類 of elephant ---
2種のクジラ 2種のカモシカ 数十種のサル 
新種のゾウ そして新種のゴリラが発見されました
05:17
andそして even偶数 aa distinct明確な kind種類 of gorillaゴリラ.
2種のクジラ 2種のカモシカ 数十種のサル 
新種のゾウ そして新種のゴリラが発見されました
05:21
At〜で theその extreme極端な opposite反対の end終わり of theその sizeサイズ scale規模, theその classクラス of marineマリン bacteria細菌,
体の大きさの尺度では正反対側にいる
海洋バクテリアの新種
05:24
theその Prochlorococciプロクロロコクシ --- thatそれ will意志 be〜する on theその final最後の exam試験 ---
プロコロロココロイ (藍藻の一種)
これは期末試験に出ますよ
05:34
althoughただし、 discovered発見された onlyのみ in 1988, are now recognized認識された asとして likelyおそらく theその most最も abundant豊富 organisms生物 on Earth地球,
発見されたのは ごく最近の1988年ですが
今では地球上に最も豊富に存在し
05:40
andそして moreoverまた、, responsible責任ある forために aa large part of theその photosynthesis光合成 thatそれ occurs発生する in theその ocean海洋.
海洋での光合成の大部分を担う
生命体として知られています
05:49
Theseこれら bacteria細菌 wereあった notない uncoveredカバーされていない soonerより早く
このバクテリアが最近まで発見されなかったのは
05:56
becauseなぜなら they彼ら are alsoまた、 among theその smallest最小 of allすべて Earth's地球の organisms生物 ---
地球上最小な生命体で
06:00
soそう minute thatそれ they彼ら cannotできない be〜する seen見た with〜と conventional従来の optical光学的 microscopy顕微鏡検査.
あまりにも小さく通常の光学顕微鏡では
見えなかったからです
06:05
Yetまだ life生活 in theその sea mayかもしれない depend依存する on theseこれら tiny小さな creatures生き物.
しかし海の生態系は この小さな小さな生物の
おかげで成り立っているのです
06:11
Theseこれら examples are justちょうど theその first最初 glimpse垣間見る of our我々の ignorance無知 of life生活 on thisこの planet惑星.
これらの例は 私たちが地球の生命に
無知であることを示しています
06:15
Consider検討する theその fungi真菌 --- includingを含む mushroomsきのこ, rusts錆びる, molds金型 andそして manyたくさんの disease-causing病気を引き起こす organisms生物.
菌類を見てみましょう
キノコ サビ カビ そして病原体となる生物
06:20
60,000 species are known既知の to science科学,
6万種が知られていますが
150万種が存在すると考えられています
06:27
butだけど moreもっと thanより 1.5 million百万 have持ってる beenされている estimated推定 to exist存在する.
6万種が知られていますが
150万種が存在すると考えられています
06:31
Consider検討する theその nematode線虫 roundworm回虫, theその most最も abundant豊富 of allすべて animals動物.
最も多く存在する動物 線虫を見てみましょう
06:35
Four4つの outでる of five animals動物 on Earth地球 are nematode線虫 wormsワーム ---
地球上の 4/5 の動物は線虫です
06:41
ifif allすべて solid固体 materials材料 exceptを除いて nematode線虫 wormsワーム wereあった to be〜する eliminated除去された,
もしも 線虫以外の全ての固体を取り除いたとしても
06:49
you君は couldできた stillまだ see見る theその ghostly幽霊 outlineアウトライン of most最も of itそれ in nematode線虫 wormsワーム.
線虫の在り処で消えた固体の輪郭を
見ることができるでしょう
06:53
About 16,000 species of nematode線虫 wormsワーム
1万6千の線虫種がこれまで
発見され 調査されました
07:00
have持ってる beenされている discovered発見された andそして diagnosed診断された by〜によって scientists科学者;
1万6千の線虫種がこれまで
発見され 調査されました
07:05
thereそこ couldできた be〜する hundreds数百 of thousands of themそれら, even偶数 millions何百万, stillまだ unknown未知の.
100万近い線虫の新種が
これから見つかるかもしれません
07:08
Thisこの vast広大 domainドメイン of hidden隠された biodiversity生物多様性 is increased増加した stillまだ furtherさらに
未知の生物の多様性は バクテリアという
ダーク・マターが加わると さらに広がります
07:13
by〜によって theその darkダーク matter問題 of theその biological生物学的 world世界 of bacteria細菌,
未知の生物の多様性は バクテリアという
ダーク・マターが加わると さらに広がります
07:18
whichどの within以内 justちょうど theその last最終 severalいくつかの years
最近数年間に発見された
07:24
stillまだ wereあった known既知の fromから onlyのみ about 6,000 species of bacteria細菌 worldwide世界的に.
バクテリアは世界中でわずか 6千種です
07:30
Butだけど thatそれ number of bacteria細菌 species canできる be〜する found見つけた in one1 gramグラム of soil土壌,
これは1グラムの土にいるバクテリアの種類と同程度で
07:37
justちょうど aa little少し handful一握りの of soil土壌, in theその 10 billion bacteria細菌 thatそれ would〜する be〜する thereそこ.
1千億種は存在するとされるバクテリアの
ほんの一握りにすぎません
07:43
It'sそれは beenされている estimated推定 thatそれ aa singleシングル tonトン of soil土壌 --- fertile肥沃な soil土壌 ---
1トンの肥沃な土には4百万種のバクテリアがいると
推定されますが そのほとんどは解明されていません
07:52
contains含まれる approximately four4つの million百万 species of bacteria細菌, allすべて unknown未知の.
1トンの肥沃な土には4百万種のバクテリアがいると
推定されますが そのほとんどは解明されていません
07:57
Soそう theその question質問 is: what are they彼ら allすべて doingやっている?
そんなにたくさんのバクテリアは
いったい何をしているのでしょう?
08:05
Theその fact事実 is, we我々 don'tしない know知っている.
実は誰も知らないのです
08:13
We我々 are living生活 on aa planet惑星 with〜と aa lotロット of activitiesアクティビティ, with〜と reference参照 to our我々の living生活 environment環境,
私たちは自らの生態系で 他の生物が営む活動を
信用するか推測するしかありません
08:16
done完了 by〜によって faith信仰 andそして guess推測 alone単独で.
私たちは自らの生態系で 他の生物が営む
活動を信用するか推測するしかありません
08:25
Our我々の lives人生 depend依存する upon〜に theseこれら creatures生き物.
私たちの命が他生物に依存しているにも関わらずです
08:29
To take取る an example close閉じる to home自宅: thereそこ are over以上 500 species of bacteria細菌 now known既知の ---
身近な例をあげると 500以上の人体に良い
バクテリアが皆さんの口やのどに共生しています
08:33
friendlyフレンドリーな bacteria細菌 --- living生活 symbiotically共生的に in yourきみの mouth andそして throat
身近な例をあげると 500以上の人体に良い
バクテリアが皆さんの口やのどに共生しています
08:41
probably多分 necessary必要 to yourきみの health健康 forために holdingホールディング offオフ pathogenic病原性 bacteria細菌.
病原性のバクテリアを撃退し
健康を保つために大切と考えられています
08:46
At〜で thisこの pointポイント I think思う we我々 have持ってる aa little少し impressionistic印象主義的 film
ここで印象的な映像をご紹介しましょう
08:53
thatそれ wasあった made especially特に forために thisこの occasion機会.
今回 特別に作りましたのでご覧ください
08:57
Andそして I'd私は like好きな to showショー itそれ.
今回 特別に作りましたのでご覧ください
08:59
Assisted支援された in thisこの by〜によって Billieビリー Holiday休日.
歌はビリー・ホリディです
09:02
(Videoビデオ)
(ビデオ)
09:05
Andそして thatそれ mayかもしれない be〜する justちょうど theその beginning始まり!
これはほんの始まりです
11:07
Theその virusesウイルス, thoseそれら quasi-organisms準生物 among whichどの are theその prophagesプロファージ,
疑似生物であるウイルスの中には プロファージがいます
11:10
theその gene遺伝子 weavers製織業者 thatそれ promote促進する theその continued続ける evolution進化 in theその lives人生 of theその bacteria細菌,
プロファージは遺伝子を織りなし
バクテリアの進化を手助けします
11:16
are aa virtually事実上 unknown未知の frontierフロンティア of modernモダン biology生物学, aa world世界 unto〜へ themselves自分自身.
最新の生物学でもその実態は
ほとんど解明されていません
11:23
What constitutes構成する aa viralウイルス性の species is stillまだ unresolved未解決,
ウイルスの種の特性は謎のままです
11:32
althoughただし、 they're彼らは obviously明らかに of enormous巨大な importance重要度 to us米国.
私たちにとって非常に重要であるにも関わらず
11:36
Butだけど thisこの muchたくさん we我々 canできる sayいう: theその variety品種 of genes遺伝子 on theその planet惑星 in virusesウイルス
しかし分かったこともあります ウイルスの
遺伝子の数は他の生命全体を恐らく超えるでしょう
11:40
exceeds超過する, orまたは is likelyおそらく to exceed超過する, thatそれ in allすべて of theその rest残り of life生活 combined結合された.
しかし分かったこともあります ウイルスの
遺伝子の数は他の生命全体を恐らく超えるでしょう
11:46
Nowadays今日は, in addressingアドレッシング microbial微生物 biodiversity生物多様性,
今日 微生物の多様性を研究する様子は
11:54
scientists科学者 are like好きな explorers探検家 in aa rowboat漕艇 launched打ち上げ onto〜に theその Pacificパシフィック Ocean海洋.
太平洋に小さなボートで漕ぎ出すようなものです
11:58
Butだけど thatそれ is changing変化 rapidly急速に with〜と theその aid援助 of new新しい genomicゲノム technology技術.
しかしそれは 最新のゲノム技術のおかげで
急速に変化してきています
12:04
Already既に itそれ is possible可能 to sequenceシーケンス theその entire全体 genetic遺伝的な codeコード of aa bacterium細菌 in under four4つの hours時間.
既にバクテリアの遺伝子コード全体を
4時間あまりで配列することが可能になりました
12:09
Soonすぐに we我々 will意志 be〜する in aa positionポジション to go行く forth前進 in theその fieldフィールド with〜と sequencersシーケンサー on our我々の backsバック ---
もうすぐ 配列分析器を背にして
野外調査に出かけることも可能になるでしょう
12:16
to huntハント bacteria細菌 in tiny小さな crevices割れ目 of theその habitat's生息地の surface表面
あたかも双眼鏡を持って鳥の観察にいくように
バクテリアの生息する小さな割れ目を探索するのです
12:22
in theその way方法 you君は go行く watching見ている forために birds with〜と binoculars双眼鏡.
あたかも双眼鏡を持って鳥の観察にいくように
バクテリアの生息する小さな割れ目を探索するのです
12:28
What will意志 we我々 find見つける asとして we我々 map地図 theその living生活 world世界, asとして, finally最後に, we我々 get取得する thisこの underway進行中 seriously真剣に?
ようやく世界中の生命体を把握することが
可能になると何が分かるのでしょうか?
12:32
Asとして we我々 move動く past過去 theその relatively比較的 gigantic巨大 mammals哺乳類, birds, frogsカエル andそして plants植物
比較的大きな哺乳類 鳥 カエル 植物から
12:40
to theその moreもっと elusive見つけにくい insects昆虫 andそして otherその他 small小さい invertebrates無脊椎動物 andそして then次に beyond超えて
捉えどころがない昆虫 小さな無脊椎動物
12:45
to theその countless無数 millions何百万 of organisms生物 in theその invisible目に見えない living生活 world世界
そして人間の体内に共生する無数の
目に見えない生命体を全て把握できたなら?
12:51
envelopedエンベロープ andそして living生活 within以内 humanity人類?
そして人間の体内に共生する無数の
目に見えない生命体を全て把握できたなら?
12:56
Already既に what wereあった thought思想 to be〜する bacteria細菌 forために generations世代
長い間 バクテリアと考えられてきた領域は
ふたつに大きく分類されることが分かってきました
13:00
have持ってる beenされている found見つけた to compose合成する, instead代わりに, two greatすばらしいです domainsドメイン of microorganisms微生物:
長い間 バクテリアと考えられてきた領域は
ふたつに大きく分類されることが分かってきました
13:06
true真実 bacteria細菌 andそして one-celled1セル organisms生物 theその archaea古代,
真のバクテリアと単細胞生物のアーキアです
13:12
whichどの are closerクローザー thanより otherその他 bacteria細菌 to theその eukaryota真核生物, theその groupグループ thatそれ we我々 belong属する to.
アーキアは他のバクテリアよりも
我々が属する真核生物により近いのです
13:16
Some一部 serious深刻な biologists生物学者, andそして I countカウント myself私自身 among themそれら,
真面目な生物学者の幾人かは― 私も含めて
13:23
have持ってる begun始まった to wonderワンダー thatそれ among theその enormous巨大な andそして stillまだ unknown未知の diversity多様性 of microorganisms微生物,
広範で未知の微生物の中に もしかしたら
13:28
one1 mightかもしれない --- justちょうど mightかもしれない --- find見つける aliens宇宙人 among themそれら.
本当に もしかしたらなのですが
エイリアンがいるのでは と疑い始めています
13:37
True真実 aliens宇宙人, stocks株式 thatそれ arrived到着した fromから outerアウター spaceスペース.
宇宙のかなたからやってきた本物のエイリアンです
13:42
They've彼らは had持っていました billions何十億 of years to do行う itそれ,
やってくる時間は何十億年もありました
13:47
butだけど especially特に during theその earliest早い period期間 of biological生物学的 evolution進化 on thisこの planet惑星.
この惑星で生物の進化が始まる頃に
そんな可能性が高かったと思われます
13:49
We我々 do行う know知っている thatそれ some一部 bacterial細菌性の species thatそれ have持ってる earthly地上の origin原点
分かっているのは
地球上に棲む数種類のバクテリアは
13:56
are capable可能な of almostほぼ unimaginable想像を絶する extremes極端な of temperature温度
想像を絶する極端な温度等の劣悪な環境にも順応します
14:00
andそして otherその他 harsh厳しい changes変更 in environment環境,
想像を絶する極端な温度等の劣悪な環境にも順応します
14:08
includingを含む hardハード radiation放射線 strong強い enough十分な andそして maintained維持された long長いです enough十分な to crack亀裂 theその Pyrexパイレックス vessels船舶
時間をかけたらパイレックス容器さえ割ってしまう
強力な放射線に耐えるバクテリアもいます
14:11
aroundまわり theその growing成長する population人口 of bacteria細菌.
時間をかけたらパイレックス容器さえ割ってしまう
強力な放射線に耐えるバクテリアもいます
14:19
Thereそこ mayかもしれない be〜する aa temptation誘惑 to treat治療する theその biosphere生物圏 holistically全体的に
私たちはともすれば 生命体を全体的に見て
構成する種をお互いに識別せずに
14:22
andそして theその species thatそれ compose合成する itそれ asとして aa greatすばらしいです fluxフラックス of entities実体
私たちはともすれば 生命体を全体的に見て
構成する種をお互いに識別せずに
14:28
hardlyほとんど worth価値 distinguishing区別する one1 fromから theその otherその他.
全体像を捉えようとする誘惑にかられますが
14:34
Butだけど each of theseこれら species, even偶数 theその tiniest最も小さい Prochlorococciプロクロロコクシ,
とても小さな プロコロロココロイ も含めて
あらゆる種は 進化の傑作なのです
14:38
are masterpieces傑作 of evolution進化.
とても小さな プロコロロココロイ も含めて
あらゆる種は 進化の傑作なのです
14:43
Each has持っている persisted持続された forために thousands to millions何百万 of years.
それぞれの種が何百万年と生き延びてきたのです
14:45
Each is exquisitely絶妙に adapted適合しました to theその environment環境 in whichどの itそれ lives人生,
それぞれが見事に住環境に適合してきたのです
14:51
interlocked連動した with〜と otherその他 species to form ecosystems生態系 upon〜に whichどの our我々の own自分の lives人生 depend依存する
種はお互いに共存して 生態系を形成し
私たちも その生態系に依存しているのです
14:55
in ways方法 we我々 have持ってる notない begun始まった even偶数 to imagine想像する.
その全体像は 未だに想像すらできないのです
15:02
We我々 will意志 destroy破壊する theseこれら ecosystems生態系 andそして theその species composing作曲する themそれら
私たちは生態系と それを支える種を破壊して
15:06
at〜で theその peril危険 of our我々の own自分の existence存在 ---
自らを危険に晒しています
15:10
andそして unfortunately残念ながら we我々 are destroying破壊 themそれら with〜と ingenuity独創性 andそして ceaseless絶え間ない energyエネルギー.
そして残念なことに 計画的に
留まることなく 破壊を繰り返しているのです
15:13
Myじぶんの own自分の epiphany出生 asとして aa conservationist自然保護主義者 came来た in 1953, whilewhile aa Harvardハーバード graduate卒業 student学生,
私が自然保護活動家になろうと決心したのは
1953年 ハーバードの大学院生として
15:22
searching検索 forために rareまれな antsアリ found見つけた in theその mountain forests森林 of Cubaキューバ,
キューバの森林地帯に生息する
貴重なアリを探しあてた時です
15:32
antsアリ thatそれ shine輝く in theその sunlight太陽光 ---
そのアリは太陽の光を受けて輝くのです
15:36
metallic金属性の green orまたは metallic金属性の blue, accordingに従って to species, andそして one1 species, I discovered発見された, metallic金属性の goldゴールド.
種によってメタリック・グリーンやメタリック・ブルー
中にはメタリック・ゴールドの種も発見しました
15:38
I found見つけた myじぶんの magical魔法の antsアリ, butだけど onlyのみ after aa toughタフ climb登る into theその mountains山々
まさに魔法のアリでした 野生の森林がわずかに残る
山深く分け入って やっとのことで発見しました
15:46
whereどこで theその last最終 of theその nativeネイティブ Cubanキューバン forests森林 hung吊るされた on,
まさに魔法のアリでした 野生の森林がわずかに残る
山深く分け入って やっとのことで発見しました
15:51
andそして wereあった then次に --- andそして stillまだ are --- beingであること cutカット backバック.
そんな場所でも自然破壊は進んでいます
15:55
I realized実現した then次に thatそれ theseこれら species
そして気づいたのです
数百万年の進化を経たこれらの種や
16:01
andそして aa large part of theその otherその他 uniqueユニークな, marvelous素晴らしい animals動物 andそして plants植物 on thatそれ island ---
その島に生息する珍しくて素晴らしい動植物の多くが
16:04
andそして thisこの is true真実 of practically事実上 everyすべて part of theその world世界 ---
世界の他の地域と同様に
16:10
whichどの took取った millions何百万 of years to evolve進化する, are in theその processプロセス of disappearing消えていく forever永遠に.
永遠に消え去ろうとしているのでした
16:15
Andそして soそう itそれ is everywhereどこにでも one1 looks外見.
そんなことがそこら中で起こっているのです
16:20
Theその human人間 juggernautジャガーノート is permanently永久に eroding侵食する Earth's地球の ancient古代 biosphere生物圏 by〜によって aa combination組み合わせ of forces
人間という重戦車が力を尽くして
地球の古代から存在する生物圏を侵略しているのです
16:25
thatそれ canできる be〜する summarized要約 by〜によって theその acronym略語 "HIPPOヒッポ," theその animal動物 hippoヒッポ.
その様子は "HIPPO" という略語で表せます
動物のサイと同じです
16:33
Hh is forために habitat生息地 destruction破壊, includingを含む climate気候 change変化する forced強制された by〜によって greenhouse温室 gasesガス.
H は生息地 (Habitat) の破壊です
温室効果ガスによる気象変動もそのひとつです
16:38
I is forために theその invasive侵襲的 species like好きな theその fire火災 antsアリ, theその zebraシマウマ musselsムール貝, broomほうき grasses
I は外来種 (Invasive species) です
カミアリ カワホトトギスガイ メリケンカルカヤ
16:45
andそして pathogenic病原性 bacteria細菌 andそして virusesウイルス thatそれ are flooding洪水 everyすべて country, andそして at〜で an exponential指数関数的 rateレート --- that'sそれは theその I.
そして病原性のバクテリアやウイルスが
世界各国で爆発的な割合で増えています
16:53
Theその Pp, theその first最初 one1 in "HIPPOヒッポ," is forために pollution汚染.
"HIPPO" 一つ目の P は公害 (Pollution) です
17:04
Theその second二番 is forために continued続ける population人口, human人間 population人口 expansion拡張.
二つ目は止まらない人口増加 (Population) です
17:08
Andそして theその final最後の letter文字 is Oo, forために over-harvesting過剰収穫 ---
最後の O は乱獲 (Over-harvesting) です
17:14
driving運転 species into extinction絶滅 by〜によって excessive過度の hunting狩猟 andそして fishing釣り.
過剰な狩猟や水揚げのため絶滅に追いやるのです
17:17
Theその HIPPOヒッポ juggernautジャガーノート we我々 have持ってる created作成した, ifif unabated控えめな, is destined運命の ---
HIPPO 重戦車に 歯止めをかけなければ
17:21
accordingに従って to theその bestベスト estimates見積り of ongoing進行中の biodiversity生物多様性 research研究 ---
現在の生物多様性研究に基づく予測では
17:27
to reduce減らす halfハーフ of Earth's地球の stillまだ surviving生き残る animal動物 andそして plant工場 species
現在地球上に存在する動植物の半数を 今世紀末までに
絶滅あるいは絶滅危惧に追いやると言われています
17:31
to extinction絶滅 orまたは criticalクリティカルな endangerment危機 by〜によって theその end終わり of theその century世紀.
現在地球上に存在する動植物の半数を 今世紀末までに
絶滅あるいは絶滅危惧に追いやると言われています
17:36
Human-forced人間に強い climate気候 change変化する alone単独で --- again再び, ifif unabated控えめな ---
人間の活動に起因する気象変動
これも歯止めをかけなければ
17:41
couldできた eliminate排除する aa quarter四半期 of surviving生き残る species during theその next five decades数十年.
現存する種の 1/4 を向こう50年以内に
絶滅に追いやる としています
17:46
What will意志 we我々 andそして allすべて future未来 generations世代 lose失う
環境が このまま悪化すると
私たちと私たちの子孫が失うのは何でしょうか?
17:52
ifif muchたくさん of theその living生活 environment環境 is thusしたがって degraded劣化した?
環境が このまま悪化すると
私たちと私たちの子孫が失うのは何でしょうか?
17:56
Huge巨大 potential潜在的な sourcesソース of scientific科学的 information情報 yetまだ to be〜する gathered集まった,
膨大な量の未知なる科学的情報
18:02
muchたくさん of our我々の environmental環境 stability安定
環境の保全
想像できないような効能を持つ 新薬や新製品
18:06
andそして new新しい kinds種類 of pharmaceuticals医薬品 andそして new新しい products製品 of unimaginable想像を絶する strength andそして value ---
環境の保全
想像できないような効能を持つ 新薬や新製品
18:10
allすべて thrownスローされた away離れて.
それらが全て失われます
18:17
Theその loss損失 will意志 inflict与える aa heavyヘビー price価格
富 安全 そして精神面でも
膨大な損失が出続けることでしょう
18:20
in wealth, securityセキュリティ andそして yesはい, spirituality精神性 forために allすべて time時間 to come来る,
富 安全 そして精神面でも
膨大な損失が出続けることでしょう
18:23
becauseなぜなら previous cataclysms大災害 of thisこの kind種類 ---
似たような大変動としては
18:30
theその last最終 one1, thatそれ ended終了しました theその age年齢 of dinosaurs恐竜 ---
前回 恐竜時代の終焉がありましたが
18:32
took取った, normally通常は, five to 10 million百万 years to repair修復.
修復には5百~1千万年を要しました
18:35
Sadly悲しいことに, our我々の knowledge知識 of biodiversity生物多様性 is soそう incomplete不完全な
悲しいことに私の生物多様性の知識は不完全で
18:41
thatそれ we我々 are at〜で riskリスク of losing負け aa greatすばらしいです deal対処 of itそれ before itそれ is even偶数 discovered発見された.
このままでは発見する機会もなく
全て失ってしまう危機にあるのです
18:45
Forために example, even偶数 in theその Unitedユナイテッド States, theその 200,000 species known既知の currently現在
例えば米国では 20万種が確認されていますが
18:50
actually実際に has持っている beenされている found見つけた to be〜する onlyのみ partial部分的な in coverageカバレッジ;
生態の詳細を把握しているのは一部に過ぎず
18:59
itそれ is mostly主に unknown未知の to us米国 in basic基本的な biology生物学.
生物学的な知識は極めて限られているのです
19:06
Onlyのみ about 15 percentパーセント of theその known既知の species have持ってる beenされている studied研究した wellよく enough十分な to evaluate評価する their彼らの status状態.
わずか約15% の種でしか
種の状態を判断しうる程の研究がされていません
19:11
Of theその 15 percentパーセント evaluated評価された, 20 percentパーセント are classified分類された asとして "in peril危険,"
しかも調査が進んだ 15% 中 20% は危険な状態
19:18
thatそれ is, in danger危険 of extinction絶滅.
すなわち絶滅に瀕しています
19:24
That'sそれは in theその Unitedユナイテッド States.
これは米国の例です
19:26
We我々 are, in shortショート, flying飛行 blindブラインド into our我々の environmental環境 future未来.
端的にいうと 我々は環境の将来に向けて
目隠し飛行している様なものです
19:28
We我々 urgently緊急に need必要 to change変化する thisこの.
この状況は早急に変えなくてはいけません
19:35
We我々 need必要 to have持ってる theその biosphere生物圏 properly正しく explored探検した
生物圏を正しく把握して理解した上で
的確に管理する必要があります
19:37
soそう thatそれ we我々 canできる understandわかる andそして competently有能に manage管理する itそれ.
生物圏を正しく把握して理解した上で
的確に管理する必要があります
19:41
We我々 need必要 to settle解決する downダウン before we我々 wreck難破 theその planet惑星.
地球を破壊する前に落ち着かなくてはいけません
19:45
Andそして we我々 need必要 thatそれ knowledge知識.
私たちにはそういう知識が必要なのです
19:49
Thisこの should〜すべき be〜する aa big大きい science科学 projectプロジェクト equivalent同等 to theその Human人間 Genomeゲノム Projectプロジェクト.
この科学プロジェクトは
ヒトゲノム計画に匹敵する規模になります
19:50
Itそれ should〜すべき be〜する thought思想 of asとして aa biological生物学的 moonshotムーンショット with〜と aa timetable時刻表.
生物学的な月探査計画と考えるべきです
19:55
Soそう thisこの bringsもたらす me to myじぶんの wish望む forために TEDstersテダー,
そこで 本日 TED参加者と
世界中の聴衆の皆さんへの お願いです
20:00
andそして to anyone誰でも elseelse aroundまわり theその world世界 who hears聞く thisこの talkトーク.
そこで 本日 TED参加者と
世界中の聴衆の皆さんへの お願いです
20:04
I wish望む we我々 will意志 work作業 together一緒に to help助けて create作成する theその keyキー toolsツール
皆で一緒に 地球上の生物多様性の
保護に役立つツールを作りましょう
20:07
thatそれ we我々 need必要 to inspireインスピレーション preservation保存 of Earth's地球の biodiversity生物多様性.
皆で一緒に 地球上の生物多様性の
保護に役立つツールを作りましょう
20:13
Andそして let〜する us米国 callコール itそれ theその "Encyclopedia百科事典 of Life生活."
そのツールを「生命の百科事典」と呼びます
20:17
What is theその "Encyclopedia百科事典 of Life生活?" Aa concept概念 thatそれ has持っている already既に taken撮影 holdホールド
「生命の百科事典」とは何か?
構想は既に出来上がり 真剣な検討が始まっています
20:21
andそして is beginning始まり to spread普及 andそして be〜する looked見た at〜で seriously真剣に?
「生命の百科事典」とは何か?
構想は既に出来上がり 真剣な検討が始まっています
20:25
Itそれ is an encyclopedia百科事典 thatそれ lives人生 on theその Internetインターネット
これはインターネット上に存在する百科事典です
20:29
andそして is contributed貢献した to by〜によって thousands of scientists科学者 aroundまわり theその world世界.
世界中の何千もの科学者が貢献します
20:32
Amateursアマチュア canできる do行う itそれ alsoまた、.
アマチュアの人も参加できます
20:37
Itそれ has持っている an indefinitely無限に expandable拡張可能な pageページ forために each species.
あらゆる種の記述は無限に拡張可能です
20:40
Itそれ makes作る allすべて keyキー information情報 about life生活 on Earth地球 accessibleアクセス可能な to anyone誰でも,
地球上の生物に関する全ての情報は 誰でも
世界中どこからでも見たい時に参照できます
20:45
on demandデマンド, anywhereどこでも in theその world世界.
地球上の生物に関する全ての情報は 誰でも
世界中どこからでも見たい時に参照できます
20:51
I've私は written書かれた about thisこの ideaアイディア before,
このアイデアについて以前に書きました
20:53
andそして I know知っている thereそこ are people in thisこの roomルーム who have持ってる expended消費された significant重要な effort努力 on itそれ in theその past過去.
既に多大な貴重な時間を割いてくれている方々が
この会場にもいらっしゃいます
20:57
Butだけど what excites興奮する me is thatそれ since以来 I first最初 put置く forward前進 thisこの particular特に ideaアイディア in thatそれ form,
うれしいことに このアイデアを発案して以来
科学は目覚ましく発展しました
21:04
science科学 has持っている advanced高度な.
うれしいことに このアイデアを発案して以来
科学は目覚ましく発展しました
21:12
Technology技術 has持っている moved移動した forward前進.
科学技術も進展しました
21:14
Today今日, theその practicalities実用性 of making作る suchそのような an encyclopedia百科事典,
今日では このような百科事典を作ることは
掲載する情報量に関わらず充分に可能です
21:17
regardless関係なく of theその magnitudeマグニチュード of theその information情報 put置く into itそれ, are within以内 reachリーチ.
今日では このような百科事典を作ることは
掲載する情報量に関わらず充分に可能です
21:21
Indeed確かに, in theその past過去 year, aa groupグループ of influential影響力のある scientific科学的 institutions機関
昨年 有力な科学機関のいくつかが共同で
この夢の実現に向けて行動を開始しました
21:27
have持ってる begun始まった mobilizing動員する to realize実現する thisこの dream.
昨年 有力な科学機関のいくつかが共同で
この夢の実現に向けて行動を開始しました
21:31
I wish望む you君は would〜する help助けて themそれら.
皆さんにはぜひ ご支援をお願いします
21:35
Workingワーキング together一緒に, we我々 canできる make作る thisこの realリアル.
一緒に努力すれば 夢がかないます
21:38
Theその encyclopedia百科事典 will意志 quickly早く pay支払う forために itself自体 in practical実用的な applicationsアプリケーション.
この百科事典は実用的な適用において
すぐに効果をあげるでしょう
21:42
Itそれ will意志 address住所 transcendent超越的 qualities品質 in theその human人間 consciousness意識, andそして senseセンス of human人間 need必要.
人間の必然性や自意識の超越性に貢献するでしょう
21:47
Itそれ will意志 transform変換する theその science科学 of biology生物学 in ways方法 of obvious明らか benefit利益 to humanity人類.
人類に明確な利益をもたらす役割は
生物学の概念を変えるでしょう
21:53
Andそして most最も of allすべて, itそれ canできる inspireインスピレーション aa new新しい generation世代 of biologists生物学者
さらには 次世代の生物学者を感化するでしょう
21:59
to continue持続する theその questクエスト thatそれ started開始した, forために me personally個人的に, 60 years ago:
私個人としては 60年前に歩き始めた路
22:04
to searchサーチ forために life生活, to understandわかる itそれ andそして finally最後に, above上の allすべて, to preserve保存する itそれ.
生命を探究し 理解し そして保全する路を
進んでいくように
22:09
Thatそれ is myじぶんの wish望む. Thank感謝 you君は.
それが私の願いです
ありがとうございました
22:14
Translated by Akira Kan
Reviewed by Naomi Nakayama

▲Back to top

About the speaker:

E.O. Wilson - Biologist
Biologist E.O. Wilson explores the world of ants and other tiny creatures, and writes movingly about the way all creatures great and small are interdependent.

Why you should listen

One of the world's most distinguished scientists, E.O. Wilson is a professor and honorary curator in entomology at Harvard. In 1975, he published Sociobiology: The New Synthesis, a work that described social behavior, from ants to humans.

Drawing from his deep knowledge of the Earth's "little creatures" and his sense that their contribution to the planet's ecology is underappreciated, he produced what may be his most important book, The Diversity of Life. In it he describes how an intricately interconnected natural system is threatened by man's encroachment, in a crisis he calls the "sixth extinction" (the fifth one wiped out the dinosaurs).

With his most recent book, The Creation, he wants to put the differences of science- and faith-based explanations aside "to protect Earth's vanishing natural habitats and species ...; in other words, the Creation, however we believe it came into existence." A recent documentary called Behold the Earth illustrates this human relationship to nature, or rather separation from an originally intended human bond with nature, through music, imagery, and thoughtful words from both Christians and scientists, including Wilson. 

More profile about the speaker
E.O. Wilson | Speaker | TED.com