English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2005

William McDonough: Cradle to cradle design

ウィリアム・マクダナー: 「ゆりかごからゆりかごへ」のデザイン

Filmed
Views 1,450,471

建築家とデザイナーとして環境意識の高いウィリアム・マクダナーが、もしデザイナーが「全ての子供たち、全ての種、全ての世代」を考慮したら、私たちの建物と製品はどう変わるかを問います。

- Architect
Architect William McDonough believes green design can prevent environmental disaster and drive economic growth. He champions “cradle to cradle” design, which considers a product's full life cycle -- from creation with sustainable materials to a recycled afterlife. Full bio

In 1962, with〜と Rachelレイチェル Carson'sカーソン "Silentサイレント Spring,"
1962年にレイチェル・カーソンの
『沈黙の春』が出版されましたが
00:26
I think思う forために people like好きな me in theその world世界 of theその making作る of thingsもの,
私のような物を作る世界にいる人たちには
00:30
theその canaryカナリア in theその mine鉱山 wasn'tなかった singing歌う.
鉱山のカナリアは鳴いてはいませんでした
00:35
Andそして soそう theその question質問 thatそれ we我々 mightかもしれない notない have持ってる birds
鳥がいないのかもしれないという問題は
00:39
becameなりました kind種類 of fundamental基本的な to thoseそれら of us米国 wanderingさまよう aroundまわり
消えてしまったマキバドリを探す人たちにとっては
00:42
looking探している forために theその meadowlarks牧草地 thatそれ seemed見えた to have持ってる allすべて disappeared消えた.
とても重要なことです
00:45
Andそして theその question質問 wasあった, wereあった theその birds singing歌う?
鳥は鳴いていたのでしょうか?
00:48
Now, I'm私は notない aa scientist科学者, that'llそれは be〜する really本当に clearクリア.
私は科学者とは程遠い人間です
00:51
Butだけど, you君は know知っている, we've私たちは justちょうど come来る fromから thisこの discussion討論 of what aa bird mightかもしれない be〜する.
先ほど鳥についての話をしましたが
00:55
What is aa bird?
鳥とは何でしょうか?
00:59
Wellよく, in myじぶんの world世界, thisこの is aa rubberゴム duckアヒル.
デザインの世界では こんなゴム製のアヒルも鳥です
01:00
Itそれ comes来る in Californiaカリフォルニア with〜と aa warning警告 ---
カリフォルニアでは
こんな警告付きで売っています
01:04
"Thisこの product製品 contains含まれる chemicals薬品 known既知の by〜によって theその State状態 of Californiaカリフォルニア
「この製品には カリフォルニア州政府が
癌や先天性欠損症
01:06
to cause原因 cancer andそして birth誕生 defects欠陥 orまたは otherその他 reproductive生殖 harm."
または他の生殖障害の原因になるとしている
化学物質が含まれています」
01:09
Thisこの is aa bird.
これが鳥です
01:16
What kind種類 of culture文化 would〜する produce作物 aa product製品 of thisこの kind種類
どんな文化がこのような製品を生み出し
01:19
andそして then次に labelラベル itそれ andそして sell売る itそれ to children子供?
こうしたラベルを付けて子供に売るのでしょうか?
01:22
I think思う we我々 have持ってる aa design設計 problem問題.
デザインに問題があるようです
01:27
Someone誰か heard聞いた theその six6 hours時間 of talkトーク thatそれ I gave与えた
NPRで放送された6時間に及ぶ私の講義
01:30
calledと呼ばれる "Theその Monticelloモンテチェッロ Dialogues対話" on NPRNPR, andそして sent送られた me thisこの asとして aa thank感謝 you君は note注意 ---
「モンティセロの対話」を聴いた人が
こんなお礼のメッセージを送ってきました—
01:35
"We我々 realize実現する thatそれ design設計 is aa signal信号 of intention意図,
「デザインは意図を表すものですが
01:41
butだけど itそれ alsoまた、 has持っている to occur発生する within以内 aa world世界,
デザインは この世界のために行なうものなので
01:43
andそして we我々 have持ってる to understandわかる thatそれ world世界 in order注文 to
その世界を理解して
01:46
imbueインベーヴ our我々の designsデザイン with〜と inherent固有の intelligenceインテリジェンス,
デザインに固有の知性を注ぎ込む
ことが必要ですが
01:50
andそして soそう asとして we我々 look見える backバック at〜で theその basic基本的な state状態 of affairs事務
デザインの原点を見返すためには
01:53
in whichどの we我々 design設計, we我々, in aa way方法, need必要 to go行く to theその primordial原始的 condition調子
大昔に戻り
惑星の制御システムと
01:58
to understandわかる theその operatingオペレーティング systemシステム andそして theその frameフレーム conditions条件 of aa planet惑星,
構成条件を理解する必要があり
02:03
andそして I think思う theその excitingエキサイティング part of thatそれ is theその good良い newsニュース that'sそれは thereそこ,
そうすることで気付く喜びは
02:08
becauseなぜなら theその newsニュース is theその newsニュース of abundance豊富,
私たちに与えられた豊かさであり
02:13
andそして notない theその newsニュース of limits限界,
限界ではないということで
02:16
andそして I think思う asとして our我々の culture文化 tortures拷問 itself自体 now
現在の文化は
02:18
with〜と tyrannies暴君 andそして concerns心配 over以上 limits限界 andそして fear恐れ,
限界 恐怖への懸念で溢れていますが
02:23
we我々 canできる add追加する thisこの otherその他 dimension寸法 of abundance豊富 thatそれ is coherentコヒーレントな,
太陽がもたらす豊かさという
02:28
driven駆動される by〜によって theその sun太陽, andそして start開始 to imagine想像する
別の次元を加えることで
02:33
what thatそれ would〜する be〜する like好きな to shareシェア."
何を共有できるのかを考えることが
できるのです」
02:35
Thatそれ wasあった aa niceいい thingもの to get取得する.
うれしいメッセージでした
02:42
Thatそれ wasあった one1 sentence.
すいぶ長い文章です
作家のヘンリー・ジェイムズも
02:44
Henryヘンリー Jamesジェームズ would〜する be〜する proud誇りに思う.
誇らしく思うことでしょう
02:48
Thisこの is --- I put置く itそれ downダウン at〜で theその bottom,
画面の下のものは
02:50
butだけど thatそれ wasあった extemporaneous即時, obviously明らかに.
私がちょっと付け足してみただけです
02:52
Theその fundamental基本的な issue問題 is thatそれ, forために me,
私にとって根本的に大切なのは
デザインが 人間の意図を表す―
02:55
design設計 is theその first最初 signal信号 of human人間 intentions意図.
最初のしるしだということです
02:58
Soそう what are our我々の intentions意図, andそして what would〜する our我々の intentions意図 be〜する ---
私たちの意図とは どのようなものでしょう ―
03:00
ifif we我々 wake目覚め upアップ in theその morning, we我々 have持ってる designsデザイン on theその world世界 ---
朝起きると 私たちは様々なデザインに
直面します―
03:04
wellよく, what would〜する our我々の intention意図 be〜する asとして aa species
地球を支配する生き物としての
03:07
now thatそれ we're私たちは theその dominant支配的 species?
人間の意図とは何でしょう?
03:09
Andそして it'sそれは notない justちょうど stewardshipスチュワードシップ andそして dominion支配 debateディベート,
管理か支配かと 言っているのではありません
03:11
becauseなぜなら really本当に, dominion支配 is implicit暗黙 in stewardshipスチュワードシップ ---
支配とは 管理の中にそれとなく
含まれるものですしー
03:14
becauseなぜなら howどうやって couldできた you君は dominate支配的 something何か you君は had持っていました killed殺された?
殺してしまっては支配できないでしょう?
03:20
Andそして stewardship'sスチュワードシップ implicit暗黙 in dominion支配,
また 管理はそれとなく
支配の中に含まれます
03:22
becauseなぜなら you君は can'tできない be〜する stewardスチュワード of something何か ifif you君は can'tできない dominate支配的 itそれ.
支配できないものは管理もできないからです
03:24
Soそう theその question質問 is, what is theその first最初 question質問 forために designersデザイナー?
デザイナーが
最初に考えるべき問題とは何でしょう?
03:26
Now, asとして guardians保護者 --- let'sさあ sayいう theその state状態, forために example,
たとえば 国家など 殺害したり騙したりする
03:32
whichどの reserves埋蔵量 theその right to kill殺します, theその right to be〜する duplicitous重複した andそして soそう on ---
権利を持つ守護者に
03:35
theその question質問 we're私たちは asking尋ねる theその guardianガーディアン at〜で thisこの pointポイント is
現在 我われが尋ねたいのは
03:40
are we我々 meant意味した, howどうやって are we我々 meant意味した,
どのようにすれば地域社会の平和を保ち
03:43
to secure安全な local地元 societies社会, create作成する world世界 peace平和
世界平和を作り出し 環境を守れるのだろう
03:45
andそして saveセーブ theその environment環境?
ということです
03:47
Butだけど I don'tしない know知っている thatそれ that'sそれは theその common一般 debateディベート.
でも これが一般的に
話し合われているかは知りません
03:49
Commerceコマース, on theその otherその他 handハンド, is relatively比較的 quickクイック,
一方 商業はとても展開が速く
03:52
essentially基本的に creative創造的な, highly高く effective効果的な andそして efficient効率的な,
非常に創造的で かつ効果的・効率的で
03:56
andそして fundamentally根本的に honest正直な, becauseなぜなら we我々 can'tできない exchange交換
そして非常に正直です
03:58
value forために very非常に long長いです ifif we我々 don'tしない trust信頼 each otherその他.
価値の交換は 相互の信頼がなければ
長続きしないからです
04:01
Soそう we我々 useつかいます theその toolsツール of commerceコマース primarily主に forために our我々の work作業,
そこで 商業的なツールを
主に仕事で使いますが
04:05
butだけど theその question質問 we我々 bring持参する to itそれ is,
商業に対して問いたいのは
04:07
howどうやって do行う we我々 love allすべて theその children子供 of allすべて species forために allすべて time時間?
「どうすれば全ての世代の全ての種の子孫を
愛することができるか?」ということです
04:09
Andそして soそう we我々 start開始 our我々の designsデザイン with〜と thatそれ question質問.
この疑問を出発点として
デザインを考える必要があります
04:13
Becauseなぜなら what we我々 realize実現する today今日 is thatそれ modernモダン culture文化
なぜなら 現代の文明は
04:16
appears登場する to have持ってる adopted採用 aa strategy戦略 of tragedy悲劇.
悲劇に終わるシナリオを選んでいるからです
04:18
Ifif we我々 come来る hereここに andそして sayいう, "Wellよく, I didn'tしなかった intend意図する
「発展の代償に温暖化を引き起こす
つもりなんてなかったんだ」
04:21
to cause原因 globalグローバル warming温暖化 on theその way方法 hereここに,"
「発展の代償に温暖化を引き起こす
つもりなんてなかったんだ」
04:23
andそして we我々 sayいう, "That'sそれは notない part of myじぶんの plan計画,"
と言ったとしても
04:24
then次に we我々 realize実現する it'sそれは part of our我々の de facto事実 plan計画.
実際そうしているのです
04:26
Becauseなぜなら it'sそれは theその thingもの that'sそれは happeningハプニング becauseなぜなら we我々 have持ってる noいいえ otherその他 plan計画.
他の選択肢を用意しなかったから
こうなったのです
04:29
Andそして I wasあった at〜で theその White House forために President大統領 Bushブッシュ,
私はホワイトハウスでブッシュ大統領に会い
04:32
meeting会議 with〜と everyすべて federal連邦 department部門 andそして agency代理店,
全ての連邦省・連邦機関と面談し
04:34
andそして I pointed尖った outでる thatそれ they彼ら appear現れる to have持ってる noいいえ plan計画.
無計画さを指摘しました
04:36
Ifif theその end終わり gameゲーム is globalグローバル warming温暖化, they're彼らは doingやっている greatすばらしいです.
もし温暖化が目的なら
彼らは上手くやっています
04:40
Ifif theその end終わり gameゲーム is mercury水銀 toxification毒性 of our我々の children子供
大気浄化法をやめて
石炭火力発電所の風下に住む子供たちを
04:42
downwindダウンウィンド of coal石炭 fire火災 plants植物 asとして they彼ら scuttled落ち込んだ theその Cleanクリーン Air空気 Act行為,
水銀中毒にしたいのであれば
04:45
then次に I see見る thatそれ our我々の education教育 programsプログラム should〜すべき be〜する explicitly明示的 defined定義された asとして,
教育政策のスローガンは
こう書き換えられるべきです
04:48
"Brain death forために allすべて children子供. Noいいえ child left behind後ろに."
「みんなを脳死にしよう~」(拍手)
04:52
(Applause拍手)
「みんなを脳死にしよう~」(拍手)
04:54
Soそう, theその question質問 is, howどうやって manyたくさんの federal連邦 officials関係者
連邦政府の役人のうち
オハイオやペンシルバニアに
04:58
are ready準備完了 to move動く to Ohioオハイオ州 andそして Pennsylvaniaペンシルベニア with〜と their彼らの families家族?
家族連れで すすんで引っ越す人が
どれほどいるでしょうか?
05:02
Soそう ifif you君は don'tしない have持ってる an endgameエンドゲーム of something何か delightful楽しい,
問題に良い解決法もない状態は
05:05
then次に you'reあなたは justちょうど moving動く chessチェス pieces作品 aroundまわり,
キングを取ることを知らずに ただチェスの駒を
動かしているようなものです
05:09
ifif you君は don'tしない know知っている you'reあなたは taking取る theその kingキング.
キングを取ることを知らずに ただチェスの駒を
動かしているようなものです
05:11
Soそう perhapsおそらく we我々 couldできた develop開発する aa strategy戦略 of change変化する,
私たちは 現状を変化させる戦略を練るべきです
05:12
whichどの requires要求する humility謙虚. Andそして in myじぶんの businessビジネス asとして an architect建築家,
それには謙虚さが必要です
05:15
it'sそれは unfortunate残念な theその wordワード "humility謙虚" andそして theその wordワード "architect建築家"
私は建築家ですが 残念ながら
「謙虚さ」と「建築家」という言葉がー
05:18
have持ってる notない appeared出現した in theその same同じ paragraph段落 since以来 "Theその Fountainheadファウンテンヘッド."
同じ文章に出てくるのは
小説『水源』だけです
05:22
Soそう ifif anybody hereここに has持っている troubleトラブル with〜と theその concept概念 of design設計 humility謙虚,
謙虚なデザインというコンセプトに
共感できない人は このことを思い出してください
05:25
reflect反映する on thisこの --- itそれ took取った us米国 5,000 years
車輪付きのスーツケースが生まれるのに
05:30
to put置く wheels車輪 on our我々の luggage荷物.
5,000年もかかったのです
05:33
Soそう, asとして Kevinケビン Kellyケリー pointed尖った outでる, thereそこ is noいいえ endgameエンドゲーム.
ケビン・ケリーが言うように 最終的にどうするかと
言うものは存在せず
05:37
Thereそこ is an infinite無限 gameゲーム, andそして we're私たちは playing遊ぶ in thatそれ infinite無限 gameゲーム.
私たちが行っているのは無限に続く
ゲームなのです
05:42
Andそして soそう we我々 callコール itそれ "cradle受け台 to cradle受け台,"
そこで「ゆりかごからゆりかごへ」
というものを考えました
05:46
andそして our我々の goalゴール is very非常に simple単純.
目的はとても単純です
05:48
Thisこの is what I presented提示された to theその White House.
これをホワイトハウスに提示しました
05:49
Our我々の goalゴール is aa delightfully楽しく diverse多様, safe安全, healthy健康 andそして justちょうど world世界,
私たちの目的は
空気、水、土、権力がクリーンな―
05:51
with〜と cleanクリーン air空気, cleanクリーン water, soil土壌 andそして powerパワー ---
多様で安全で健康で公正な世界を
05:54
economically経済的に, equitably公平に, ecologically生態学的に andそして elegantlyエレガントに enjoyed楽しんだ, period期間.
経済的にも公平の観点からも環境面からも
美的にも楽しめるようにすることです
05:57
(Applause拍手)
(拍手)
06:01
What don'tしない you君は like好きな about thisこの?
良いでしょう?
06:04
Whichどの part of thisこの don'tしない you君は like好きな?
悪い所なんてないでしょう?
06:07
Soそう we我々 realized実現した we我々 want欲しいです full満員 diversity多様性,
多様性は大切だと考えたのです
06:09
even偶数 thoughしかし itそれ canできる be〜する difficult難しい to remember思い出す what De Gaulleガーレ said前記
かつて ドゴールは
06:11
whenいつ asked尋ねた what itそれ wasあった like好きな to be〜する President大統領 of Franceフランス.
フランス大統領の仕事について
06:14
He said前記, "What do行う you君は think思う it'sそれは like好きな trying試す to run走る aa country with〜と 400 kinds種類 of cheeseチーズ?"
「400種のチーズを持つフランスの統治は至難である」と
述べていましたが...
06:16
Butだけど at〜で theその same同じ time時間, we我々 realize実現する thatそれ our我々の products製品 are notない safe安全 andそして healthy健康.
それに 現在の製品は 危険で
健康に悪いと気付きました
06:20
Soそう we've私たちは designed設計 products製品
そこで 私たちは製品をデザインし
06:23
andそして we我々 analyzed分析された chemicals薬品 downダウン to theその parts部品 per〜ごと million百万.
化学物質の含有量をppmのレベルでテストしました
06:25
Thisこの is aa baby赤ちゃん blanket毛布 by〜によって Pendletonペンドルトン thatそれ will意志 give与える yourきみの child nutrition栄養
このペンデルトンのベビー毛布は
将来のアルツハイマー病の原因となるのではなく
06:27
instead代わりに of Alzheimer'sアルツハイマー病 later後で in life生活.
子供の体によい素材でできています
06:30
We我々 canできる ask尋ねる ourselves自分自身, what is justice正義,
自分自身に問うてみましょう 正義とは何か
06:32
andそして is justice正義 blindブラインド, orまたは is justice正義 blindness失明?
正義は盲目なのか あるいは無知なのか?
06:34
Andそして at〜で what pointポイント didした thatそれ uniform統一 turn順番 fromから white to black?
そして正義はいつ白から黒になったのか?
06:38
Water has持っている beenされている declared宣言された aa human人間 right by〜によって theその Unitedユナイテッド Nations.
水は人権だと国連は宣言しました
06:43
Air空気 quality品質 is an obvious明らか thingもの to anyone誰でも who breathes呼吸する.
呼吸をすれば空気の質もわかります
06:46
Is thereそこ anybody hereここに who doesn'tしない breathe呼吸する?
この中で呼吸をしない人はいませんね?
06:48
Cleanクリーン soil土壌 is aa criticalクリティカルな problem問題 --- theその nitrification硝化, theその deadデッド zonesゾーン
きれいな土も大切な問題です
06:51
in theその Gulf of Mexicoメキシコ.
メキシコ湾の硝化とデットゾーンです
06:54
Aa fundamental基本的な issue問題 that'sそれは notない beingであること addressed対処する.
まだ取り組まれていない根本的な問題です
06:56
We've私たちは seen見た theその first最初 form of solar太陽 energyエネルギー
太陽エネルギーとして
06:58
that'sそれは beatビート theその hegemony覇権 of fossil化石 fuels燃料 in theその form of wind
化石燃料に負けないものも出てきました
風力です
07:00
hereここに in theその Greatすばらしいです Plains平野, andそして soそう thatそれ hegemony覇権 is leaving去る.
大草原地帯で成功し
化石燃料の覇権を奪いつつあります
07:03
Andそして ifif we我々 remember思い出す Sheikhシェイク Yamaniヤマニ whenいつ he formed形成された OPECオペテック,
ザキ・ヤマニが石油輸出国機構(OPEC)を
結成したとき
07:06
they彼ら asked尋ねた him, "Whenいつ will意志 we我々 see見る theその end終わり of theその age年齢 of oil?"
「石油の時代はいつ終わるのだろう?」と
聞かれましたが
07:09
I don'tしない know知っている ifif you君は remember思い出す his answer回答, butだけど itそれ wasあった,
彼がこう言ったのを覚えていますか
07:12
"Theその Stone Age年齢 didn'tしなかった end終わり becauseなぜなら we我々 ran走った outでる of stones."
「石器時代が終わったのは
石がなくなったからではないのだ」
07:15
We我々 see見る thatそれ companies企業 acting演技 ethically倫理的に in thisこの world世界
倫理を重視する会社は そうでない会社よりも
よい業績を上げています
07:19
are outperforming優れたパフォーマンス thoseそれら thatそれ don'tしない.
倫理を重視する会社は そうでない会社よりも
よい業績を上げています
07:23
We我々 see見る theその flows流れ of materials材料 in aa ratherむしろ terrifying恐ろしい prospect見通し.
物流については見通しはかなり暗いものです
07:24
Thisこの is aa hospital病院 monitorモニター fromから Losロス Angelesアンゼルス, sent送られた to China中国.
これはロスアンジェルスから中国に送られた
病院のモニターです
07:29
Thisこの woman女性 will意志 expose公開する herself自分自身 to toxic毒性 phosphorousリン,
この女性は自身を有毒なリンにさらし
07:32
release解放 four4つの poundsポンド of toxic毒性 lead into her彼女 childrens'子供たちは、 environment環境,
自らの子供の周りに 銅から分離した
2キロ近い有毒の鉛を
07:35
whichどの is fromから copper.
まき散らしています
07:38
On theその otherその他 handハンド, we我々 see見る greatすばらしいです signs兆候 of hope希望.
一方で 大きな希望も見えています
07:40
Here'sここにいる Drドクター. Venkataswamyベンカタスワミー in Indiaインド, who'sだれの figured思った outでる
インドのヴェンカタスワミー医師は
07:42
howどうやって to do行う mass-produced大量生産 health健康.
健康を広く普及させる方法を考え出しました
07:45
He has持っている given与えられた eyesight視力 to two million百万 people forために free無料.
200万人の視力を無償で回復させたのです
07:47
We我々 see見る in our我々の material材料 flows流れ thatそれ car steels don'tしない become〜になる car steel again再び
一度車に使われた鋼鉄が 再び車の鋼鉄に
なることはありません
07:51
becauseなぜなら of theその contaminants汚染物質 of theその coatingsコーティング ---
コーティングにビスマス アンチモン 銅などの
07:54
bismuthビスマス, antimonyアンチモン, copper andそして soそう on.
汚染物質を含んでいるからです
07:56
They彼ら become〜になる building建物 steel.
建物の鉄骨になります
07:58
On theその otherその他 handハンド, we're私たちは workingワーキング with〜と Berkshireベルクシャー Hathawayハサウェイ,
でも 私たちはウォーレン・バフェットの
07:59
Warrenウォーレン Buffettバフェット andそして Shawショー Carpetカーペット,
バークシャー・ハサウェイと 世界最大の
じゅうたん会社ショー・カーペットと共同で
08:01
theその largest最大 carpetカーペット company会社 in theその world世界.
バークシャー・ハサウェイと 世界最大の
じゅうたん会社ショー・カーペットと共同で
08:04
We've私たちは developed発展した aa carpetカーペット thatそれ is continuously連続的に recyclableリサイクル可能な,
小さなかけらまで
08:05
downダウン to theその parts部品 per〜ごと million百万.
何度も再利用できるカーペットを開発しました
08:08
Theその upperアッパー is Nylonナイロン 6 thatそれ canできる go行く backバック to caprolactamカプロラクタム,
上段がカプロラクタムに戻すことができる
ナイロン6
08:11
theその bottom, aa polyolephineポリオレフィン --- infinitely無限に recyclableリサイクル可能な thermoplastic熱可塑性.
下段はポリオレフィン 何度でも再利用できる
熱可塑性物質です
08:14
Now ifif I wasあった aa bird, theその building建物 on myじぶんの left is aa liability責任.
さて 私が鳥だとすると 左側の建物は
障害物です
08:17
Theその building建物 on myじぶんの right, whichどの is our我々の corporate企業 campusキャンパス forために Theその Gapギャップ
右側の建物は Gapの企業キャンパス
なのですが
08:21
with〜と an ancient古代 meadow草原, is an asset資産 --- itsその nestingネスティング grounds根拠.
古くからの草地もあり 好ましい場所です
営巣地にもなります
08:24
Here'sここにいる whereどこで I come来る fromから. I grew成長しました upアップ in Hongホン Kongコン,
ここが私の出身地です 香港で育ちました
08:29
with〜と six6 million百万 people in 40 square平方 milesマイル.
100平方キロに600万人が暮らす街です
08:31
During theその dryドライ seasonシーズン, we我々 had持っていました four4つの hours時間 of water everyすべて fourth第4 day.
乾期には給水が4日おきに4時間しか
ありませんでした
08:33
Andそして theその relationship関係 to landscape風景 wasあった thatそれ of farmers農民 who have持ってる beenされている
この地の風景は
同じ場所を4,000年も耕してきた
08:37
farming農業 theその same同じ pieceピース of ground接地 forために 40 centuries世紀.
農民たちが作り上げたものです
08:40
You君は can'tできない farmファーム theその same同じ pieceピース of ground接地 forために 40 centuries世紀
土地の栄養の流れがわからなければ
08:44
withoutなし understanding理解 nutrient栄養素 flowフロー.
4,000年もの間 同じ場所で農業を
営むことはできません
08:46
Myじぶんの childhood子供時代 summers wereあった in theその Pugetピュージェット Sound of Washingtonワシントン,
子供時代の夏はワシントンのピュジェット湾で
08:49
among theその first最初 growth成長 andそして big大きい growth成長.
さまざまな体験をしました
08:52
Myじぶんの grandfather祖父 had持っていました beenされている aa lumberjack木こり in theその Olympicsオリンピック,
祖父はオリンピック山脈で木を伐採していたので
08:54
soそう I have持ってる aa lotロット of tree karmaカルマ I am午前 workingワーキング offオフ.
私は木に善い行いをしなくてはいけないんです
08:56
I went行った to Yaleイェール forために graduate卒業 school学校,
大学院はイェールに行き このような―
09:01
studied研究した in aa building建物 of thisこの styleスタイル by〜によって Le Corbusierコルビュジエ,
建築界ではブルータリズムと呼ばれる
09:03
affectionately愛情深く known既知の in our我々の businessビジネス asとして Brutalism残虐行為.
ル・コルビュジエ流の建物で学んでいました
09:05
Ifif we我々 look見える at〜で theその world世界 of architecture建築,
ミース・ファン・デル・ローエによる
09:09
we我々 see見る with〜と Mies'ミー ' 1928 towerタワー forために Berlinベルリン,
1928年のベルリンの塔という
プロジェクトがありますが
09:12
theその question質問 mightかもしれない be〜する, "Wellよく, where'sどこですか theその sun太陽?"
「太陽はどこ?」と聞かれるかもしれません
09:15
Andそして thisこの mightかもしれない have持ってる worked働いた in Berlinベルリン, butだけど we我々 built建てられた itそれ in Houstonヒューストン,
ベルリンには向いていたのかもしれませんが
建てられたのはヒューストンで
09:17
andそして theその windows are allすべて closed閉まっている. Andそして with〜と most最も products製品
窓はすべて閉め切りでした
また ほとんどの製品が―
09:20
appearing出現する notない to have持ってる beenされている designed設計 forために indoor屋内 useつかいます,
屋内で使うためのデザインでは
なかったので
09:23
thisこの is actually実際に aa vertical垂直 gasガス chamberチャンバー.
実際のところ 背の高いガス処刑室のような
建物でした
09:25
Whenいつ I went行った to Yaleイェール, we我々 had持っていました theその first最初 energyエネルギー crisis危機,
イェールに在学中 最初の石油危機が
起こりました
09:28
andそして I wasあった designing設計 theその first最初 solar-heated太陽熱 house in Irelandアイルランド
当時 私はアイルランド初の
太陽熱暖房の住宅を
09:31
asとして aa student学生, whichどの I then次に built建てられた ---
設計していて その後実際に建てました
09:33
whichどの would〜する give与える you君は aa senseセンス of myじぶんの ambition野心.
そういうことがしたかったのです
09:35
Andそして Richardリチャード Meierマイヤー, who wasあった one1 of myじぶんの teachers教師,
指導教官の一人だったリチャード・マイヤーが
09:37
kept保管 coming到来 over以上 to myじぶんの desk to give与える me criticism批判,
私の机に何度もやって来て 批判しました
09:39
andそして he would〜する sayいう, "Billビル, you'veあなたは got持っている to understand-わかる- ---
「ビル 君は分かっていない
09:41
solar太陽 energyエネルギー has持っている nothing何も to do行う with〜と architecture建築."
太陽エネルギーは建築とは
何の関係もないのだ」と
09:43
I guess推測 he didn'tしなかった read読む Vitruvius光栄.
ウィトルウィウスを読んだことがないのでしょう
09:51
In 1984, we我々 didした theその first最初 so-calledいわゆる "green office事務所" in Americaアメリカ
1984年 私たちは環境保護基金に頼まれ
アメリカで初めての「グリーン・オフィス」を作りました
09:53
forために Environmental環境 Defense防衛.
1984年 私たちは環境保護基金に頼まれ
アメリカで初めての「グリーン・オフィス」を作りました
09:57
We我々 started開始した asking尋ねる manufacturersメーカー what wereあった in their彼らの materials材料.
建築素材の生産者に原料を尋ねると
「企業秘密だが 合法的なものだ」と追い払われました
09:58
They彼ら said前記, "They're彼らは proprietary独自の, they're彼らは legal法的, go行く away離れて."
建築素材の生産者に原料を尋ねると
「企業秘密だが 合法的なものだ」と追い払われました
10:01
Theその onlyのみ indoor屋内 quality品質 work作業 done完了 in thisこの country at〜で thatそれ time時間
当時唯一のオフィス環境調査は
10:03
wasあった sponsoredスポンサー by〜によって Rr.Jj. Reynoldsレイノルズ Tobaccoタバコ Company会社,
R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーが
資金援助したもので
10:05
andそして itそれ wasあった to prove証明する thereそこ wasあった noいいえ danger危険
職場での間接喫煙には
10:08
fromから secondhand中古 smoke in theその workplace職場.
危険がないと証明するためのものでした
10:09
Soそう, allすべて of aa sudden突然, hereここに I am午前, graduating卒業する fromから high高い school学校 in 1969,
私が 1969年に高校を卒業したときに
10:12
andそして thisこの happens起こる, andそして we我々 realize実現する thatそれ "away離れて" went行った away離れて.
この写真が公開され
「どこか」がなくなってしまいました
10:16
Remember思い出す we我々 used中古 to throwスロー thingsもの away離れて, andそして we'd結婚した pointポイント to away離れて?
以前は いろいろな物を「どこか」に
捨てていたものです
10:19
Andそして yetまだ, NOAAノアア has持っている now shown示された us米国, forために example ---
でも未だに --
これはアメリカ海洋大気庁の写真ですが --
10:23
you君は see見る thatそれ little少し blue thingもの above上の Hawaiiハワイ?
ハワイの上に小さく青い印が見えますね
10:25
That'sそれは theその Pacificパシフィック Gyre旋回.
太平洋環流です
10:27
Itそれ wasあった recently最近 draggedドラッグされた forために planktonプランクトン by〜によって scientists科学者,
プランクトン研究のため
ここでサンプルを集めると
10:28
andそして they彼ら found見つけた six6 times asとして muchたくさん plasticプラスチック asとして planktonプランクトン.
プランクトンの6倍もの
プラスチックが見つかりました
10:30
Whenいつ asked尋ねた, they彼ら said前記, "It'sそれは kind種類 of like好きな aa giant巨人 toiletトイレ thatそれ doesn'tしない flush流す."
発見した研究者は
「流れない巨大トイレのようだ」と言いました
10:34
Perhapsおそらく that'sそれは away離れて.
これが「どこか」だったのです
10:39
Soそう we're私たちは looking探している forために theその design設計 rulesルール of thisこの ---
これはどのように
デザインされているのでしょう
10:40
thisこの is theその highest最高 biodiversity生物多様性 of trees in theその world世界, Irianイラン人 Jayaジャヤ,
イリアンジャヤには
世界一 多様な木が生えています
10:42
259 species of tree, andそして we我々 described記載された thisこの
259種の木があります
書籍「ゆりかごからゆりかごへ」の中に
10:44
in theその book, "Cradle受け台 to Cradle受け台."
紹介してあります
10:48
Theその book itself自体 is aa polymerポリマー. Itそれ is notない aa tree.
実はこの本そのものはポリマーです
木ではありません
10:49
That'sそれは theその name of theその first最初 chapter --- "Thisこの Book is Notない aa Tree."
それが最初の章のタイトルです—
「この本は木ではない」
10:53
Becauseなぜなら in poetics, asとして Margaretマーガレット Atwoodアットウッド pointed尖った outでる,
詩人のマーガレット·アトウッドが
指摘したように
10:56
"we我々 write書きます our我々の history歴史 on theその skin of fish
本を書く為に森林を破壊することは
10:59
with〜と theその blood血液 of bearsクマ."
「 熊の血で魚の皮の上に歴史を書く」
ようなものなのです
11:01
Andそして with〜と soそう muchたくさん polymerポリマー, what we我々 really本当に need必要
ポリマーは沢山あるので
11:04
is technicalテクニカル nutrition栄養, andそして to useつかいます something何か
技術的な栄養が必要なだけです
それなのに 木のような --
11:05
asとして elegantエレガント asとして aa tree --- imagine想像する thisこの design設計 assignment割り当て:
素晴らしいものを使っている
これをデザインするとしたら?
11:08
Design設計 something何か thatそれ makes作る oxygen酸素, sequesters隔離 carbon炭素,
酸素を作り 炭素を隔離し
11:11
fixes修正 nitrogen窒素, distills蒸留 water, accrues発生する solar太陽 energyエネルギー asとして fuel燃料,
窒素を固定し 水を蒸留し 太陽エネルギーを
燃料として貯蔵し
11:13
makes作る complex複合体 sugars andそして foodフード, creates作成する microclimates微視的な,
複合糖類や食物を作り 小規模な気候を作り
11:17
changes変更 colors with〜と theその seasons季節 andそして self-replicates自己複製.
四季ごとに色を変え自己複製をするものなど
デザインできるでしょうか
11:21
Wellよく, whyなぜ don'tしない we我々 knockノック thatそれ downダウン andそして write書きます on itそれ?
それを切り倒して
ものを書くのに使うわけです
11:27
(Laughter笑い)
(笑)
11:29
Soそう, we're私たちは looking探している at〜で theその same同じ criteria基準
私たちも一般の人と
同じ基準に注目します
11:35
asとして most最も people --- you君は know知っている, canできる I afford余裕 itそれ?
買える値段だろうか?
11:37
Doesする itそれ work作業? Do行う I like好きな itそれ?
ちゃんと動くだろうか?気に入るだろうか?
11:39
We're私たちは adding追加する theその Jeffersonianジェファーソニア人 agenda議題, andそして I come来る fromから Charlottesvilleチャールズヴィル,
ジェファーソンが取り組むべきと
考えたものを追加します
11:41
whereどこで I've私は had持っていました theその privilege特権 of living生活 in aa house designed設計 by〜によって Thomasトーマス Jeffersonジェファーソン.
私はシャーロッツビル出身です 光栄なことに
トーマス・ジェファーソンが設計した家に住んでいました
11:43
We're私たちは adding追加する life生活, liberty自由 andそして theその pursuit追求 of happiness幸福.
生命 自由 幸福の追求という基準も
考えることにしましょう
11:47
Now ifif we我々 look見える at〜で theその wordワード "competitionコンペ,"
「競争」という言葉は
11:53
I'm私は sure確かに most最も of you'veあなたは used中古 itそれ.
ほとんどの人が使ったことがあると思いますが
11:54
You君は know知っている, most最も people don'tしない realize実現する itそれ comes来る fromから
その大多数は これが
11:56
theその Latinラテン competere競争相手, whichどの means手段 strive努力する together一緒に.
「一緒に努力する」という ラテン語competereから
来たことは知りません
11:57
Itそれ means手段 theその way方法 Olympicオリンピック athletesアスリート train列車 with〜と each otherその他.
オリンピック選手が一緒に練習するような
意味合いです
12:00
They彼ら get取得する fitフィット together一緒に, andそして then次に they彼ら compete競争する.
共にに鍛え そして競い合うのです
テニスのウィリアムズ姉妹は―
12:03
Theその Williamsウィリアムズ sisters姉妹 compete競争する --- one1 wins勝つ Wimbledonウィンブルドン.
競い合い 片方がウィンブルドンで優勝しました
12:06
Soそう we've私たちは beenされている looking探している at〜で theその ideaアイディア of competitionコンペ
競争とは
12:08
asとして aa way方法 of cooperating協力する in order注文 to get取得する fitフィット together一緒に.
共に鍛え 協力し合うための手段なのです
12:11
Andそして theその Chinese中国語 government政府 has持っている now ---
そして中国政府は今—
12:15
I work作業 with〜と theその Chinese中国語 government政府 now ---
私は今中国政府と仕事をしていますー
12:16
has持っている taken撮影 thisこの upアップ.
このことに注目しています
12:18
We're私たちは alsoまた、 looking探している at〜で survival生存 of theその fittest適性検査,
適者生存を求める中
12:20
notない in justちょうど competitionコンペ terms条項 in our我々の modernモダン contextコンテキスト
相手を打ち破り 倒すという
12:22
of destroy破壊する theその otherその他 orまたは beatビート themそれら to theその ground接地,
現代的な意味での競争だけでなく
12:24
butだけど really本当に to fitフィット together一緒に andそして buildビルドする nichesニッチ
共に鍛え ニッチを作り
12:27
andそして have持ってる growth成長 thatそれ is good良い.
よい形で成長するということです
12:29
Now most最も environmentalists環境保護主義者 don'tしない sayいう growth成長 is good良い,
でも 環境保護主義者の多くは
成長に批判的です
12:31
becauseなぜなら, in our我々の lexiconレキシコン, asphaltアスファルト is two words言葉: assigning割り当て blame責任.
「アスファルト」は「問題を与える (assigning. fault)」
と考える人もいます
12:33
Butだけど ifif we我々 look見える at〜で asphaltアスファルト asとして our我々の growth成長,
でもアスファルトを成長だと考えると
12:38
then次に we我々 realize実現する thatそれ allすべて we're私たちは doingやっている is destroying破壊
我われのやることは 地球の大元となる―
12:41
theその planetary's惑星 fundamental基本的な underlying根底にある operatingオペレーティング systemシステム.
制御システムの破壊だとわかります
12:43
Soそう whenいつ we我々 see見る Ee equals等しい mcmc squared二乗された come来る along一緒に, fromから aa poet's詩人 perspective視点,
「E=mc²」という方程式など
詩人の目で見ると
12:47
we我々 see見る energyエネルギー asとして physics物理, chemistry化学 asとして mass質量,
エネルギー (E) は物理 化学は質量 (m)ですが
12:52
andそして allすべて of aa sudden突然, you君は get取得する thisこの biology生物学.
生物はどこかということになります
12:54
Andそして we我々 have持ってる plentyたくさん of energyエネルギー, soそう we'll私たちは solve解決する thatそれ problem問題,
私たちはエネルギーをたくさん持っているので
その問題は解決できるでしょう
12:56
butだけど theその biology生物学 problem's問題の trickyトリッキー, becauseなぜなら asとして we我々 put置く throughを通して
ですが 生物学の問題はやっかいです
12:59
allすべて theseこれら toxic毒性 materials材料 thatそれ we我々 disgorge解体する,
なぜなら 私たちが吐き出した有毒物質は
13:02
we我々 will意志 never決して be〜する ableできる to recover回復します thatそれ.
二度と元に戻すことができないからです
13:05
Andそして asとして Francisフランシス Crickクリック pointed尖った outでる, nine9人 years
ワトソン氏と共にDNAを発見した9年後に
13:07
after discovering発見する DNADNA with〜と Mr. Watsonワトソン,
フランシス・クリックが指摘したように
13:09
thatそれ life生活 itself自体 has持っている to have持ってる growth成長 asとして aa precondition前提条件 ---
生命は成長することが前提条件であり
13:12
itそれ has持っている to have持ってる free無料 energyエネルギー, sunlight太陽光
無償のエネルギー つまり日光を必要とし
13:16
andそして itそれ needsニーズ to be〜する an open開いた systemシステム of chemicals薬品.
オープンな化学システムを持っています
13:18
Soそう we're私たちは asking尋ねる forために human人間 artifice工芸品 to become〜になる aa living生活 thingもの,
人間が目指しているのは
人造の生き物です
13:21
andそして we我々 want欲しいです growth成長, we我々 want欲しいです free無料 energyエネルギー fromから sunlight太陽光
成長し
日光から無償エネルギーを得
13:24
andそして we我々 want欲しいです an open開いた metabolism代謝 forために chemicals薬品.
オープンな代謝で化学反応を行なうものです
13:26
Then次に, theその question質問 becomes〜になる notない growth成長 orまたは noいいえ growth成長,
問題とすべきは 成長するかどうかではなく
13:29
butだけど what do行う you君は want欲しいです to grow成長する?
何を成長させたいのかということです
13:31
Soそう instead代わりに of justちょうど growing成長する destruction破壊,
破壊を成長させるのではなく
13:34
we我々 want欲しいです to grow成長する theその thingsもの thatそれ we我々 mightかもしれない enjoy楽しんで,
楽しめそうなものを成長させれば良いのです
13:36
andそして somedayいつか theその FDAFDA will意志 allow許す us米国 to make作る Frenchフランス語 cheeseチーズ.
FDAの許可が下りれば
フランスチーズだって作れるでしょう
13:38
Soそう thereforeしたがって、, we我々 have持ってる theseこれら two metabolisms代謝,
つまり 代謝には2種類あるのです
13:41
andそして I worked働いた with〜と aa Germanドイツ人 chemist化学者, Michaelマイケル Braungartブレーンガート,
ドイツの化学者マイケル・ブラウンガートと共に
13:45
andそして we've私たちは identified特定された theその two fundamental基本的な metabolisms代謝.
2種類の根本的な代謝を特定しました
13:47
Theその biological生物学的 one1 I'm私は sure確かに you君は understandわかる,
生物的な代謝はよく知られていますが
13:49
butだけど alsoまた、 theその technicalテクニカル one1, whereどこで we我々 take取る materials材料
代謝には 技術的なものもあります
13:51
andそして put置く themそれら into closed閉まっている cyclesサイクル.
物質の循環サイクルです
13:53
We我々 callコール themそれら biological生物学的 nutrition栄養 andそして technicalテクニカル nutrition栄養.
私たちはこれを生物的栄養と技術的栄養と
呼んでいます
13:55
Technicalテクニカル nutrition栄養 will意志 be〜する in an order注文 of magnitudeマグニチュード of biological生物学的 nutrition栄養.
将来 技術的栄養は生物的栄養と
同等の規模となります
13:58
Biological生物学的 nutrition栄養 canできる supply供給 about 500 million百万 humans人間,
生物的栄養が養える人数は 5億人程度です
14:02
whichどの means手段 thatそれ ifif we我々 allすべて wore着て Birkenstocksビルケンシュトック andそして cottonコットン,
皆がビルケンシュトックを履き
とコットンを身に着けたら
14:05
theその world世界 would〜する run走る outでる of corkコルク andそして dryドライ upアップ.
コルク不足になり 底をついてしまうので
14:07
Soそう we我々 need必要 materials材料 in closed閉まっている cyclesサイクル,
循環サイクルに利用できる物質が必要ですが
14:10
butだけど we我々 need必要 to analyze分析する themそれら downダウン to theその parts部品 per〜ごと million百万
癌や先天異常 染色体異常
14:12
forために cancer, birth誕生 defects欠陥, mutagenic突然変異誘発性の effects効果,
免疫系の異常 を引き起こすかや
14:14
disruption混乱 of our我々の immune免疫 systemsシステム, biodegradation生分解, persistence永続性,
どの様に分解されるか
重金属を含んでいるか
14:17
heavyヘビー metal金属 contentコンテンツ, knowledge知識 of howどうやって we're私たちは making作る themそれら
どのように生産されるかを
14:20
andそして their彼らの production製造 andそして soそう on.
細かく分析しなくてはいけません
14:23
Our我々の first最初 product製品 wasあった aa textile繊維 whereどこで we我々 analyzed分析された 8,000 chemicals薬品
私たちの最初の製品は 繊維業界で使われる
8,000種類の化学物質を分析して
14:25
in theその textile繊維 industry業界.
作り出した織物でした
14:29
Usingを使用して thoseそれら intellectual知的 filtersフィルター, we我々 eliminated除去された [7,962.]
分析結果を生かして7,962種類を排除し
14:30
We我々 wereあった left with〜と 38 chemicals薬品.
38種の化学物質が残りました
14:35
We我々 have持ってる since以来 databasedデータベース theその 4000 most最も commonly一般的に used中古 chemicals薬品
その後 繊維の生産によく使われる
14:37
in human人間 manufacturing製造, andそして we're私たちは releasing解放する thisこの databaseデータベース into theその publicパブリック in six6 weeks.
4,000種の化学物質をデータベース化しました
6週間後に公開する予定です
14:40
Soそう designersデザイナー allすべて over以上 theその world世界 canできる analyze分析する their彼らの products製品
これを使って世界中のデザイナーが
14:45
downダウン to theその parts部品 per〜ごと million百万 forために human人間 andそして ecological生態学的 health健康.
自分の製品の健康や環境への影響を
細かく分析できるようになります
14:47
(Applause拍手)
(拍手)
14:52
We've私たちは developed発展した aa protocolプロトコル soそう thatそれ companies企業 canできる send送信する
これと同じメッセージを 企業が
サプライチェーンを通じて広めていける
14:57
theseこれら same同じ messagesメッセージ allすべて theその way方法 throughを通して their彼らの supply供給 chainsチェーン,
仕組みを開発しました
これまで仕事をした企業の価値は
15:00
becauseなぜなら whenいつ we我々 asked尋ねた most最も companies企業 we我々 work作業 with〜と --- about aa trillion1兆 dollarsドル
合計100兆円ほどになりますが
材料がどこから来たのかを聞くと
15:03
--- andそして sayいう, "Whereどこで doesする yourきみの stuffもの come来る fromから?" They彼ら sayいう, "Suppliersサプライヤー."
「供給業者から」という答えが返ってきます
15:06
"Andそして whereどこで doesする itそれ go行く?"
製品の行き先を尋ねると
「消費者へ」
15:08
"Customers顧客."
製品の行き先を尋ねると
「消費者へ」
15:10
Soそう we我々 need必要 some一部 help助けて thereそこ.
少し手助けが必要です
15:11
Soそう theその biological生物学的 nutrients栄養素, theその first最初 fabricsファブリック ---
生物的栄養の例は
まず織物ですが
15:12
theその water coming到来 outでる wasあった cleanクリーン enough十分な to drinkドリンク.
工場の排水は飲めるほどきれいです
15:14
Technicalテクニカル nutrients栄養素 --- thisこの is forために Shawショー Carpetカーペット, infinitely無限に reusable再利用可能な carpetカーペット.
技術的栄養の例は ショーカーペットの
何度でも再利用できるじゅうたんです
15:16
Here'sここにいる nylonナイロン going行く backバック to caprolactamカプロラクタム backバック to carpetカーペット.
ナイロンから カプロラクタムに戻り
またカーペットになります
15:20
Biotechnicalバイオテクノロジー nutrients栄養素 --- theその Modelモデル Uあなた forために Fordフォード Motorモーター,
バイオテクノロジーの栄養の例は
フォードのモデルUがあります
15:23
aa cradle受け台 to cradle受け台 car --- concept概念 car.
「ゆりかごからゆりかごへ」を体現する車です
15:26
Shoes forために Nikeナイキ, whereどこで theその uppersアッパー are polyestersポリエステル, infinitely無限に recyclableリサイクル可能な,
このナイキの靴は 上部は
無限に再利用可能なポリエステル
15:28
theその bottomsボトムズ are biodegradable生分解性 soles靴底.
下部は生分解されるな靴底で出来ています
15:32
Wear着る yourきみの old古い shoes in, yourきみの new新しい shoes outでる.
古い靴が 新しい靴に生み変わるのです
15:35
Thereそこ is noいいえ finish仕上げ lineライン.
終点はありません
15:37
Theその ideaアイディア hereここに of theその car is thatそれ some一部 of theその materials材料
この車の理念は繰り返し使う材料と
15:39
go行く backバック to theその industry業界 forever永遠に, some一部 of theその materials材料 go行く backバック to soil土壌 ---
土に戻す材料の組み合わせです
15:41
it'sそれは allすべて solar-powered太陽光発電.
全て太陽エネルギーで動きます
15:44
Here'sここにいる aa building建物 at〜で Oberlinオバリン Collegeカレッジ we我々 designed設計
私たちがオーバリン大学でデザインした建物です
15:46
thatそれ makes作る moreもっと energyエネルギー thanより itそれ needsニーズ to operate操作する andそして purifies浄化する itsその own自分の water.
太陽光で発電し 水の浄化を行い
自ら使用する以上のエネルギーを作り出します
15:48
Here'sここにいる aa building建物 forために Theその Gapギャップ, whereどこで theその ancient古代 grasses
カリフォルニア州サンブルーノにある
15:52
of Sanサン Brunoブルーノ, Californiaカリフォルニア, are on theその roofルーフ.
Gapの建物では 屋上を古くから地元にある
草で緑化しています
15:54
Andそして thisこの is our我々の projectプロジェクト forために Fordフォード Motorモーター Company会社.
フォード・モーター向けのプロジェクトでは
15:58
It'sそれは theその revitalization活性化 of theその River Rougeルージュ in Dearborn嫌な.
ディアボーンのリバールージュ工場を
再生させました
16:00
Thisこの is obviously明らかに aa color photograph写真.
これはカラー写真です
16:02
Theseこれら are our我々の toolsツール. Theseこれら are howどうやって we我々 sold売った itそれ to Fordフォード.
こうしたツールを売りにして
フォード社との契約を結びました
16:06
We我々 saved保存された Fordフォード 35 million百万 dollarsドル doingやっている itそれ thisこの way方法, day one1,
この方法で フォード社は初日から
35億円も節約することができました
16:10
whichどの is theその equivalent同等 of theその Fordフォード Taurusおうし座
フォード・トーラスの利益率は4%なので
16:13
at〜で aa four4つの percentパーセント marginマージン of an order注文 forために 900 million百万 dollarsドル worth価値 of cars.
900億円分の売り上げに相当する額です
16:15
Hereここに itそれ is. It'sそれは theその world's世界の largest最大 green roofルーフ, 10 andそして aa halfハーフ acresエーカー.
これは世界最大のグリーン・ルーフ
10.5エーカーほどの面積です
16:19
Thisこの is theその roofルーフ, saving貯蓄 moneyお金,
この屋根がお金を節約するのです
16:22
andそして thisこの is theその first最初 species to arrive到着する hereここに. Theseこれら are killdeer殺人者.
最初にやってきたのはフタオビチドリでした
16:25
They彼ら showed示した upアップ in five days日々.
5日目で現れました
16:29
Andそして we我々 now have持ってる 350-pound-ポンド autoオート workers労働者
今では 160キロある工場の作業員たちが
16:32
learning学習 bird songs on theその Internetインターネット.
インターネットで鳥の歌を学んでいます
16:34
We're私たちは developing現像 now protocolsプロトコル forために cities都市 ---
私たちは 新しい都市の形を
考えています
16:38
that'sそれは theその home自宅 of technicalテクニカル nutrients栄養素.
都市は 技術的栄養の拠点ですが
16:40
Theその country --- theその home自宅 of biological生物学的. Andそして puttingパッティング themそれら together一緒に.
これを 地方 -- 生物的なものの拠点と
組み合わせるのです
16:42
Andそして soそう I will意志 finish仕上げ by〜によって showing表示 you君は aa new新しい cityシティ
この例として最後に
新しい都市を紹介しましょう
16:45
we're私たちは designing設計 forために theその Chinese中国語 government政府.
中国政府のために
デザインしている都市です
16:47
We're私たちは doingやっている 12 cities都市 forために China中国 right now,
現在 中国の12都市で
「ゆりかごからゆりかごへ」に基づいた
16:49
basedベース on cradle受け台 to cradle受け台 asとして templatesテンプレート.
街のデザインを行っています
16:52
Our我々の assignment割り当て is to develop開発する protocolsプロトコル forために theその housingハウジング
12年間で4億人のための
16:54
forために 400 million百万 people in 12 years.
住宅計画を作り上げるのです
16:57
We我々 didした aa mass質量 energyエネルギー balanceバランス --- ifif they彼ら useつかいます brickレンガ,
大量のエネルギー収支を計算しました
16:59
they彼ら will意志 lose失う allすべて their彼らの soil土壌 andそして burn燃やす allすべて their彼らの coal石炭.
レンガを使うと 土壌は失われ
石炭も枯渇してしまうので
17:01
They'll彼らは have持ってる cities都市 with〜と noいいえ energyエネルギー andそして noいいえ foodフード.
エネルギーも食べ物もない
都市ができあがります
17:04
We我々 signed署名された aa Memorandumメモ of Understanding理解 ---
中国で「ゆりかごからゆりかごへ」を
実現するため
17:06
here'sここにいる Madamマダム Deng Nanナノ, Deng Xiaoping'sxiaoping's daughter ---
― ここに鄧小平の娘と鄧楠夫人がいます ―
17:08
forために China中国 to adopt採用 cradle受け台 to cradle受け台.
覚書に署名しました
17:10
Becauseなぜなら ifif they彼ら toxify有毒 themselves自分自身, beingであること theその lowest-cost最低コスト producerプロデューサー,
中国が 土地や空気を汚染しながら
低コストで製品を作り
17:12
send送信する itそれ to theその lowest-cost最低コスト distribution分布 --- Wal-Martウォルマート ---
安売りチェーンのウォルマートで販売され
17:16
andそして then次に we我々 send送信する themそれら allすべて our我々の moneyお金, what we'll私たちは discover発見する is thatそれ
人々がそれを買うのであれば
17:18
we我々 have持ってる what, effectively効果的に, whenいつ I wasあった aa student学生,
結果として起こるのは 冷戦時代の
17:21
wasあった calledと呼ばれる mutually互いに assured保証された destruction破壊.
「相互確証破壊」と同じです
17:24
Now we我々 do行う itそれ by〜によって molecule分子. Theseこれら are our我々の cities都市.
現在 分子レベルでやっているだけです
これが私たちの計画案
17:27
We're私たちは building建物 aa new新しい cityシティ next to thisこの cityシティ; look見える at〜で thatそれ landscape風景.
この街の隣に新しい都市を作っています
17:30
Thisこの is theその siteサイト.
これがその敷地です
17:33
We我々 don'tしない normally通常は do行う green fieldsフィールド, butだけど thisこの one1 is about to be〜する built建てられた,
通常は緑地には建てないのですが
建設予定になっていたので
17:35
soそう they彼ら brought持ってきた us米国 in to intercede仲介する.
相談を引き受けたのです
17:39
Thisこの is their彼らの plan計画.
これが彼らの案です
17:41
It'sそれは aa rubberゴム stamp切手 gridグリッド thatそれ they彼ら laid敷かれた right on thatそれ landscape風景.
ゴム印のようなグリッドを土地の上に
配置しています
17:43
Andそして they彼ら brought持ってきた us米国 in andそして said前記, "What would〜する you君は do行う?"
私たちを迎え入れ 「あなたたちならどうする?」
と尋ねました
17:46
Thisこの is what they彼ら would〜する end終わり upアップ with〜と, whichどの is another別の color photograph写真.
最終的にはこのような姿になるでしょう
これもカラー写真です
17:49
Soそう thisこの is theその existing既存の siteサイト, soそう thisこの is what itそれ looks外見 like好きな now,
これが現在の敷地の姿でー
17:53
andそして here'sここにいる our我々の proposal提案.
こちらが私たちの提案です
17:56
(Applause拍手)
(拍手)
17:58
Soそう theその way方法 we我々 approachedアプローチした thisこの
このプロジェクトにあたって
18:02
is we我々 studied研究した theその hydrology水文学 very非常に carefully慎重に.
地域の水の分布や使われ方に注意を払い
18:04
We我々 studied研究した theその biota生物相, theその ancient古代 biota生物相,
現在と過去の生物相を学び
18:06
theその current現在 farming農業 andそして theその protocolsプロトコル.
農業の現状と慣習を研究しました
18:08
We我々 studied研究した theその winds andそして theその sun太陽 to make作る sure確かに everybodyみんな in theその cityシティ
風と太陽の動きを研究し
都市の住民たちが
18:10
will意志 have持ってる fresh新鮮な air空気, fresh新鮮な water andそして direct直接 sunlight太陽光
どの建物に住もうとも 新鮮な空気と
きれいな水 明るい太陽光を
18:12
in everyすべて singleシングル apartmentアパート at〜で some一部 pointポイント during theその day.
1日何時間かは満喫できるようにしました
18:18
We我々 then次に take取る theその parks公園 andそして lay寝る themそれら outでる asとして ecological生態学的 infrastructureインフラ.
また 公園を環境面でのインフラとして
位置づけました
18:21
We我々 lay寝る outでる theその building建物 areasエリア.
商業用の建物と多目的の建物を
統合するように
18:25
We我々 start開始 to integrate統合する commercial商業の andそして mixed混合 useつかいます
配置すると
18:28
soそう theその people allすべて have持ってる centersセンター andそして places場所 to be〜する.
街に中心が生まれますし 人の居場所もできます
18:29
Theその transportation交通 is allすべて very非常に simple単純,
交通はとてもシンプルです
18:32
everybody'sみんな within以内 aa five-minute5分 walk歩く of mobility移動性.
皆が5分以内の移動圏にいるからです
18:34
We我々 have持ってる aa 24-hour〜時間 street通り, soそう thatそれ there'sそこに always常に aa place場所 that'sそれは alive生きている.
24時間オープンの通りがあり
常に活気のある場所が生まれます
18:37
Theその waste廃棄物 systemsシステム allすべて connect接続する.
廃棄施設は全て繋がっています
18:42
Ifif you君は flush流す aa toiletトイレ, yourきみの feces糞便 will意志 go行く to theその sewage下水 treatment処理 plants植物,
トイレを流すと 排泄物は汚水処理場に運ばれ
18:44
whichどの are sold売った asとして assets資産, notない liabilities負債.
不要物でなく 資源として売られます
18:49
Becauseなぜなら who wants望む theその fertilizer肥料 factory工場 thatそれ makes作る naturalナチュラル gasガス?
天然ガスを作る肥料工場など
誰が欲しがるでしょう?
18:51
Theその waters are allすべて taken撮影 in to construct構成する theその wetlands湿地 forために habitat生息地 restorations修復物.
トイレからの水は全て集められ 生息地を修復する
ための湿地帯作りに使われます
18:55
Andそして then次に itそれ makes作る naturalナチュラル gasガス, whichどの then次に goes行く backバック into theその cityシティ
そして天然ガスを作り
19:00
to powerパワー theその fuel燃料 forために theその cooking料理 forために theその cityシティ.
料理の燃料として都市に戻ります
19:04
Soそう thisこの is --- theseこれら are fertilizer肥料 gasガス plants植物.
これが肥料ガス工場です
19:08
Andそして then次に theその compost堆肥 is allすべて taken撮影 backバック
全ての堆肥は街の建物の屋根に戻され
19:10
to theその roofs屋根 of theその cityシティ, whereどこで we've私たちは got持っている farming農業,
そこで農業が行われます
19:13
becauseなぜなら what we've私たちは done完了 is lifted持ち上げられた upアップ theその cityシティ,
私たちの計画は 街を持ち上げ
19:15
theその landscape風景, into theその air空気 to --- to restoreリストア theその nativeネイティブ landscape風景
その地の風景を 屋根の上にー
19:19
on theその roofs屋根 of theその buildings建物.
復元することです
19:26
Theその solar太陽 powerパワー of allすべて theその factory工場 centersセンター
全ての工場と 工業地帯にある
太陽電池を設置した屋根が
19:28
andそして allすべて theその industrial工業用 zonesゾーン with〜と their彼らの light roofs屋根 powers theその cityシティ.
都市に電力を供給します
19:31
Andそして thisこの is theその concept概念 forために theその top of theその cityシティ.
街全体の屋根はこうなります
19:34
We've私たちは lifted持ち上げられた theその earth地球 upアップ onto〜に theその roofs屋根.
従来の土壌を屋根の上に持ち上げ
19:36
Theその farmers農民 have持ってる little少し bridges to get取得する fromから one1 roofルーフ to theその next.
農業者は屋根から屋根へと
小さな橋を渡って移動します
19:40
We我々 inhabit住む theその cityシティ with〜と work作業/liveライブ spaceスペース on allすべて theその ground接地 floors.
一階部分は仕事と生活のための
スペースになります
19:44
Andそして soそう thisこの is theその existing既存の cityシティ, andそして thisこの is theその new新しい cityシティ.
これが現在の街で こちらが新しい街です
19:48
(Applause拍手)
(拍手)
19:53
Translated by Airi Kobayashi
Reviewed by Wataru Narita

▲Back to top

About the speaker:

William McDonough - Architect
Architect William McDonough believes green design can prevent environmental disaster and drive economic growth. He champions “cradle to cradle” design, which considers a product's full life cycle -- from creation with sustainable materials to a recycled afterlife.

Why you should listen

Architect William McDonough practices green architecture on a massive scale. In a 20-year project, he is redesigning Ford's city-sized River Rouge truck plant and turning it into the Rust Belt's eco-poster child, with the world's largest "living roof" for reclaiming storm runoff. He has created buildings that produce more energy and clean water than they use. He is building the future of design on the site of the future of exploration: the NASA Sustainability Base. Oh, and he's designing seven entirely new and entirely green cities in China.

Bottom-line economic benefits are another specialty of McDonough's practice. A tireless proponent of the idea that absolute sustainability and economic success can go hand-in-hand, he's designed buildings for the Gap, Nike, Frito-Lay and Ford that have lowered corporate utility bills by capturing daylight for lighting, using natural ventilation instead of AC, and heating with solar or geothermal energy. They're also simply nicer places to work, surrounded by natural landscaping that gives back to the biosphere, showcasing their innovative culture.

In 2002, McDonough co-wrote Cradle to Cradle, which proposes that designers think as much about what happens at the end of a product's life cycle as they do about its beginning. (The book itself is printed on recyclable plastic.) From this, he is developing the Cradle to Cradle community, where like-minded designers and businesspeople can grow the idea. In 2012, McDonough began collaborating with Stanford University Libraries on a “living archive” of his work and communications. He has been awarded three times by the US government, and in 2014, McDonough was appointed as Chair of the Meta-Council on the Circular Economy by the World Economic Forum.

More profile about the speaker
William McDonough | Speaker | TED.com